"ボアスコープの世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:SE 7373)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"ボアスコープの世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“Borescope market to exhibit significant growth during 2019–2024”
The borescope market size is estimated to grow from USD 674 million in 2019 to USD 837 million by 2024 at a CAGR of 4.4%. The key factors driving the growth of the market include the requirement of high operational productivity and the growing need for power generation plant maintenance. However, the development of substitute technology is a key restraining factor for market growth.

“Video borescope market to witness high growth potential during the forecast period”
Video borescope uses a miniature video camera at the end of the flexible tube. The end of the insertion tube includes a light source, which makes it possible to capture videos or still images deep within equipment and engines. Video borescopes use CCD or CMOS camera sensors, which provide high-quality images compared with other types of borescopes. High demand for video borescopes is attributed to their use for the inspection of pumps, motors, generators, gearboxes, and maritime surveying.

“3 mm to 6mm borescope market to grow at the highest CAGR during the forecast period”
The growth of borescopes with diameters ranging from 3 mm to 6 mm can be attributed mainly to their increased use in industries such as automotive, power generation, aviation, and manufacturing for weld inspections and industrial inspections.

“Borescope market for automotive to grow at the highest CAGR during the forecast period”
The automotive industry is expected to continue to dominate the market due to the increasing number of vehicles across the world. Major countries are focusing on electric mobility with the help of government initiatives for zero- and low-emission vehicles. Thus, borescopes are increasingly being used for the inspection of mufflers, linings, transmission systems, and frames, among others.

“Asia Pacific to be the fastest-growing market for borescope during the forecast period”
The infrastructure advancements and adoption of automation in manufacturing industries in countries such as China and India are likely to boost the demand for borescopes in APAC. Countries in the region have shale gas activities and approved projects for the production of commercial aircraft, which is expected to lead the manufacturing of in-house large passenger planes. The projects for aircraft and nuclear power plants are likely to boost the demand for borescopes used for inspection of turbines, generators, and landing gears.

Profile break-up of primary participants for the report is given below:
• By Company Type – Tier 1 = 25%, Tier 2 = 35%, and Tier 3 = 40%
• By Designation – C Level = 33%, Director Level = 48%, and Manager Level = 19%
• By Region – North America = 18%, Europe = 35%, APAC = 40%, and RoW = 7%
The key players in the market include Olympus (Japan), SKF (Sweden), Baker Hughes (US), FLIR (US), Stanlay (India), FLUKE (US), Vizaar (Germany), AIT (US), Gradient Lens Corporation (US), and JME Technologies (US).

The global borescope market is segmented into type, diameter, angle, industry, and geography. The market based on type is segmented into video borescopes, flexible borescopes, endoscopes, semi-rigid borescopes, and rigid borescopes. Based on diameter, the market has split into 0 mm to 3 mm, 3 mm to 6 mm, 6 mm to 10 mm, and above 10mm. Based on angle, the market has split into 0° to 90°, 90° to 180°, and 180° to 360°. The industries that are included in the study of the market include automotive, aviation, power generation, oil & gas, manufacturing, chemicals, food & beverages, pharmaceuticals, and others. The market is segmented into four regions—North America, Europe, Asia Pacific (APAC), and the Rest of the World (RoW).

Reasons to buy the report:
• Illustrative segmentation, analysis, and forecast for markets based on type, diameter, angle, industry, and region have been conducted to give an overall view of the borescope market.
• The value chain analysis has been performed to provide an in-depth insight into the borescope industry.
• Major drivers, restraints, opportunities, and challenges for the borescope market have been detailed in this report.
• The report includes a detailed competitive landscape along with key players, in-depth analysis, and revenue of key players.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"ボアスコープの世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 15)
1.1 Study Objectives
1.2 Definition
1.3 Study Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Market Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 18)
2.1 Introduction
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 List of Major Secondary Sources
2.1.1.2 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Breakdown of Primaries
2.1.2.2 Key Data From Primary Sources
2.1.3 Secondary and Primary Research
2.1.3.1 Key Industry Insights
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.1.1 Approach for Arriving at Market Size Using Bottom-Up Analysis
2.2.2 Top-Down Approach
2.2.2.1 Approach for Arriving at Market Size Using Bottom-Up Analysis
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Research Assumptions
3 Executive Summary (Page No. – 27)
4 Premium Insights (Page No. – 31)
4.1 Market, 2019–2024 (USD Million)
4.2 Market, By Type
4.3 Market, By Diameter
4.4 Market, By Angle
4.5 Market, By Industry and Region
4.6 Market, By Geography
5 Market Overview (Page No. – 35)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 High Operational Productivity
5.2.1.2 Power Generation Plant Maintenance
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Development of Substitute Technology
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Large Scale Development of Infrastructure
5.2.3.2 Emergence of Electric Vehicles
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Increasing Training Cost Due to Lack of Skilled Workforce
5.3 Value Chain Analysis
6 Borescope Market, By Type (Page No. – 39)
6.1 Introduction
6.2 Video Borescopes
6.2.1 Video Borescopes to Lead Market During Forecast Period
6.3 Flexible Borescopes
6.3.1 Market for Flexible Borescopes With Diameters Ranging From 3mm to 6mm to Hold Largest Size During Forecast Period
6.4 Endoscopes
6.4.1 Market for Endoscopes With Diameters Ranging From 3mm to 6mm to Grow at Highest Rate During Forecast Period
6.5 Semi-Rigid Borescopes
6.5.1 Semi-Rigid Borescopes With Diameters Ranging From 0 mm to 3 mm to Hold Second-Largest Share During Forecast Period
6.6 Rigid Borescopes
6.6.1 High Resolution and Easy Operation of Rigid Borescopes Makes Them Popular Type of Borescopes
7 Borescope Market, By Diameter (Page No. – 59)
7.1 Introduction
7.2 Borescopes With Diameters Ranging From 0 mm to 3 mm
7.2.1 Market for Video Borescopes With Diameters Ranging From 0 mm to 3 mm to Hold Largest Size During Forecast Period
7.3 Borescopes With Diameters Ranging From 3 mm to 6 mm
7.3.1 Market for Borescopes With Diameters Ranging From 3 mm to 6 mm Held Largest Size of Overall Market in 2018
7.4 Borescopes With Diameters Ranging From 6 mm to 10 mm
7.4.1 Market for Video Borescopes With Diameters Ranging From 6 mm to 10 mm to Grow at Highest CAGR From 2019 to 2024
7.5 Borescopes With Diameters Above 10 mm
7.5.1 Market for Flexible Borescopes With Diameters Above 10 mm to Grow at Highest CAGR During Forecast Period
8 Borescope Market, By Angle (Page No. – 66)
8.1 Introduction
8.2 0° to 90°
8.2.1 Borescopes With Viewing Angles 0° to 90° to Hold Largest Market Share During Forecast Period
8.3 90° to 180°
8.3.1 Borescopes With Viewing Angles 90° to 180° Offer Flexibility
8.4 180° to 360°
8.4.1 Borescopes With Viewing Angles 180° to 360° Articulate in All Directions
9 Borescope Market, By Industry (Page No. – 70)
9.1 Introduction
9.2 Automotive
9.2.1 Adoption of Video Borescopes for Regular Automotive Maintenance
9.3 Aviation
9.3.1 Use of Borescopes for Inspecting Engines, Brakes, and Wings of Aircraft
9.4 Power Generation
9.4.1 Implementation of Borescopes for Inspecting Corrosion, Erosion, Welding, and Other Defects in Power Equipment
9.5 Oil & Gas
9.5.1 Use of Borescopes for Inspection of Storage Tanks, Flares, Crude Units, and Many Other Components
9.6 Manufacturing
9.6.1 Borescopes Ensure Maximum Efficiency of Machinery During Production
9.7 Chemicals
9.7.1 Utilization of Borescopes for Inspecting Processing Equipment Such as Filters, Heat Exchangers, Pumps, and Mixers
9.8 Food & Beverages
9.8.1 Adoption of Borescopes for Testing Common Problems Related to Cleanliness and Contamination
9.9 Pharmaceuticals
9.9.1 Requirement of Borescopes for Non-Destructive Testing to Ensure Quality of Pipelines
9.10 Others
10 Geographic Analysis (Page No. – 85)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.2.1 Us
10.2.1.1 US to Hold Largest Market Size of Market in North America During Forecast Period
10.2.2 Canada
10.2.2.1 Canada to Be Fastest-Growing Country in North American Market
10.2.3 Mexico
10.2.3.1 Mexican Market to Be Driven By Growing Food & Beverages and Automotive Industries
10.3 Europe
10.3.1 Germany
10.3.1.1 Increasing Vehicle Production to Drive Market in Germany
10.3.2 UK
10.3.2.1 Rising Demand for Renewable Energy to Create Demand for Borescopes in Uk
10.3.3 France
10.3.3.1 Growing Power and Aviation Industries to Boost Demand for Borescopes in France
10.3.4 Rest of Europe
10.3.4.1 Expanding Manufacturing Capabilities in Rest of European Countries to Create Demand for Borescopes
10.4 APAC
10.4.1 China
10.4.1.1 China to Be Leading and Fastest-Growing Market in APAC
10.4.2 Japan
10.4.2.1 Increasing Growth in Automotive and Aviation Sectors to Boost Market for Non-Destructive Testing
10.4.3 India
10.4.3.1 Rising Fdi to Grow Industrial and Manufacturing Sectors of India
10.4.4 Rest of APAC
10.4.4.1 Growing Mining Industry in Australia to Drive Demand for Borescopes
10.5 RoW
10.5.1 South America
10.5.1.1 Leading Emerging Economies to Account for Largest Market Share of South America
10.5.2 Africa
10.5.2.1 Growing Transportation and Construction Sectors to Create Demand for Borescopes in Africa
10.5.3 Middle East
10.5.3.1 Rising Investments in Oil & Gas Sector to Drive Market in Middle East
11 Competitive Landscape (Page No. – 108)
11.1 Overview
11.2 Ranking of Players in Market
11.3 Competitive Leadership Mapping, 2019
11.3.1 Visionaries
11.3.2 Innovators
11.3.3 Dynamic Differentiators
11.3.4 Emerging Companies
11.4 Competitive Situations & Trends
11.4.1 Product Launches
11.4.2 Collaborations, Expansions, and Partnerships, 2017-2019
12 Company Profiles (Page No. – 115)
12.1 Key Players
12.1.1 Baker Hughes
12.1.1.1 Business Overview
12.1.1.2 Products Offered
12.1.1.3 SWOT Analysis
12.1.2 Flir
12.1.2.1 Business Overview
12.1.2.2 Products Offered
12.1.2.3 SWOT Analysis
12.1.3 Fluke
12.1.3.1 Business Overview
12.1.3.2 Product Offered
12.1.3.3 Recent Developments
12.1.3.4 SWOT Analysis
12.1.4 Olympus
12.1.4.1 Business Overview
12.1.4.2 Products Offered
12.1.4.3 Recent Developments
12.1.4.4 SWOT Analysis
12.1.5 SKF
12.1.5.1 Business Overview
12.1.5.2 Products Offered
12.1.5.3 Recent Developments
12.1.5.4 SWOT Analysis
12.1.6 Advance Inspection Technologies
12.1.6.1 Business Overview
12.1.6.2 Products Offered
12.1.7 Gradient Lens Corporation
12.1.7.1 Business Overview
12.1.7.2 Products Offered
12.1.8 Jme Technologies
12.1.8.1 Business Overview
12.1.8.2 Products Offered
12.1.9 Stanlay
12.1.9.1 Business Overview
12.1.9.2 Product Offered
12.1.10 Vizaar
12.1.10.1 Business Overview
12.1.10.2 Products Offered
12.1.10.3 Recent Developments
12.2 Other Key Players
12.2.1 Lenox
12.2.2 Moritex
12.2.3 Nexxis
12.2.4 PCE Instruments
12.2.5 RF Systems
12.2.6 SPI Engineering
12.2.7 Storz
12.2.8 Teslong
12.2.9 USA Borescope
12.2.10 Yateks
13 Appendix (Page No. – 136)
13.1 Insights of Industry Experts
13.2 Discussion Guide
13.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.4 Available Customizations
13.5 Related Reports
13.6 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】ボアスコープの世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年10月15日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】SE 7373
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】半導体及び電子
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
ボアスコープの世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • グルコースバイオセンサの世界市場
    当調査レポートでは、グルコースバイオセンサの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・グルコースバイオセンサの世界市場:エンドユーザー別分析/市場規模 ・グルコースバイオセンサの世界市場:種類別分析/市場規模 ・グルコースバイオセンサの世界市場:地域別分析/市場規模 ・グルコースバイオセンサのアメリカ市場規模予測 ・グルコースバイオセンサのヨーロッパ市場規模予測 ・グルコースバイオセンサのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 薄膜電池の世界市場2020-2024:エンドユーザー別、地域別
    「薄膜電池の世界市場2020-2024」は、薄膜電池について市場概要、市場規模、エンドユーザー別(スマートカード、医療機器、スマートウェアラブル、その他)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題・トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・薄膜電池の世界市場:エンドユーザー別(スマートカード、医療機器、スマートウェアラブル、その他) ・顧客状況 ・地域状況 ・市場の要因・課題・トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • 圧力発信器の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、圧力発信器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、圧力発信器の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 工業用アナンシエーターの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、工業用アナンシエーターの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、工業用アナンシエーター市場規模、種類別(専用型、従来型装置)分析、製品別(タテ型、ヨコ型)分析、エンドユーザー別(組立製造業、プロセス工業)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 工業用アナンシエーターの世界市場:市場動向分析 ・ 工業用アナンシエーターの世界市場:競争要因分析 ・ 工業用アナンシエーターの世界市場:種類別(専用型、従来型装置) ・ 工業用アナンシエーターの世界市場:製品別(タテ型、ヨコ型) ・ 工業用アナンシエーターの世界市場:エンドユーザー別(組立製造業、プロセス工業) ・ 工業用アナンシエーターの世界市場:主要地域別分析 ・ 工業用アナンシエーターの北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 工業用アナンシエーターのヨーロッパ市場規模 ・ 工業用アナンシエーターのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・工業用アナンシエーターの世界 …
  • 自動車用照明の世界市場予測(~2027年)
    当調査レポートでは、自動車用照明の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、技術別(ハロゲン、LED、キセノン)分析、位置別(フロント、サイド、リア、インテリア)分析、用途別(ヘッド、サイド、テール、フォグ、DRL、CHMSL、ダッシュボード、グローブボックス、読書、ドーム、リアビューミラー)分析、適応照明別分析、自動車用照明の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、自動車用照明の世界市場規模が2019年184億万ドルから2027年233億万ドルまで年平均3.0%成長すると予測しています。
  • スマート教育の世界市場2020-2024
    「スマート教育の世界市場2020-2024」は、スマート教育について市場概要、市場規模、製品別(コンテンツ、ソフトウェア、ハードウェア)分析、エンドユーザー別(高等教育、幼稚園から高校まで)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題・トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・スマート教育の世界市場:製品別(コンテンツ、ソフトウェア、ハードウェア) ・スマート教育の世界市場:エンドユーザー別(高等教育、幼稚園から高校まで) ・顧客状況 ・地域状況 ・市場の要因・課題・トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • 世界の医療用はさみ市場2015
    本調査レポートでは、世界の医療用はさみ市場2015について調査・分析し、医療用はさみの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 食品原料滅菌の世界市場
    当調査レポートでは、食品原料滅菌の世界市場について調査・分析し、食品原料滅菌の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 食品原料滅菌の世界市場:市場動向分析 - 食品原料滅菌の世界市場:競争要因分析 - 食品原料滅菌の世界市場:方式別 ・蒸気 ・熱 ・放射 ・その他 - 食品原料滅菌の世界市場:用途別 ・穀物および豆類 ・乳製品原料 ・ドライフルーツおよび乾燥野菜 ・肉(鶏肉を含む) ・ナッツ ・シーフード ・スパイス、ハーブ、シーズニング ・茶葉のブレンド - 食品原料滅菌の世界市場:主要地域別分析 - 食品原料滅菌の北米市場規模(アメリカ市場等) - 食品原料滅菌のヨーロッパ市場規模 - 食品原料滅菌のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・食品原料滅菌の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 世界の手術用メッシュ市場2015
    本調査レポートでは、世界の手術用メッシュ市場2015について調査・分析し、手術用メッシュの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • サイバー戦争の世界市場2018–2025:用途別(防衛、政府、航空宇宙、家庭、コーポレート)、地域別
    本調査レポートでは、サイバー戦争の世界市場について調査・分析し、サイバー戦争の世界市場動向、サイバー戦争の世界市場規模、市場予測、セグメント別サイバー戦争市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 液晶ポリマー(LCP)の世界市場分析:用途別(電気・電子、産業機械、自動車)、セグメント予測、- 2020
    本調査レポートでは、液晶ポリマー(LCP)の世界市場について調査・分析し、液晶ポリマー(LCP)の世界市場動向、液晶ポリマー(LCP)の世界市場規模、市場予測、セグメント別液晶ポリマー(LCP)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 幹細胞技術及び用途の世界市場
    当調査レポートでは、幹細胞技術及び用途の世界市場について調査・分析し、幹細胞技術及び用途の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・幹細胞技術及び用途の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・幹細胞技術及び用途の世界市場:セグメント別市場分析 ・幹細胞技術及び用途の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • GaAs(ヒ化ガリウム)デバイスの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、GaAs(ヒ化ガリウム)デバイスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、GaAs(ヒ化ガリウム)デバイスの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 米国のセクシャルウェルネス(性的健康増強)市場2016-2020
    当調査レポートでは、米国のセクシャルウェルネス(性的健康増強)市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、米国のセクシャルウェルネス(性的健康増強)市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • グリオキサールの世界市場分析:用途別(繊維、皮革、樹脂・ポリマー、化粧品、製紙包装、石油・ガス)、セグメント予測
    本調査レポートでは、グリオキサールの世界市場について調査・分析し、グリオキサールの世界市場動向、グリオキサールの世界市場規模、市場予測、セグメント別グリオキサール市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 熱ラミネート用フィルムの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、熱ラミネート用フィルムの世界市場について調査・分析し、熱ラミネート用フィルムの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別熱ラミネート用フィルムシェア、市場規模推移、市場規模予測、熱ラミネート用フィルム種類別分析(BOPPベース、BOPETベース、BOPAベース、その他)、熱ラミネート用フィルム用途別分析(工業印刷、商業印刷、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・熱ラミネート用フィルムの市場概観 ・熱ラミネート用フィルムのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・熱ラミネート用フィルムのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・熱ラミネート用フィルムの世界市場規模 ・熱ラミネート用フィルムの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・熱ラミネート用フィルムのアメリカ市場規模推移 ・熱ラミネート用フィルムのカナダ市場規模推移 ・熱ラミネート用フィルムのメキシコ市場規模推移 ・熱ラミネート用フィルムのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) …
  • 免疫調節剤の世界市場分析:製品別(免疫抑制剤、免疫刺激剤、ワクチン、抗体)、用途別(腫瘍学、呼吸器、HIV)、地域別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、免疫調節剤の世界市場について調査・分析し、免疫調節剤の世界市場動向、免疫調節剤の世界市場規模、市場予測、セグメント別免疫調節剤市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 脳梗塞(Stroke):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、脳梗塞(Stroke)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・脳梗塞(Stroke):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・脳梗塞(Stroke)のフェーズ3治験薬の状況 ・脳梗塞(Stroke)治療薬の市場規模(販売予測) ・脳梗塞(Stroke)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・脳梗塞(Stroke)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の脳梗塞(Stroke)治療薬剤
  • 世界の動物医療産業2016-2020
  • 外科用シーラントおよび接着剤の世界市場分析:タイプ別(天然・生物学的接着剤・シーラント、合成および半合成接着剤)、用途別、地域別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、外科用シーラントおよび接着剤の世界市場について調査・分析し、外科用シーラントおよび接着剤の世界市場動向、外科用シーラントおよび接着剤の世界市場規模、市場予測、セグメント別外科用シーラントおよび接着剤市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 精液分析機器の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、精液分析機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、精液分析機器の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 寝室用家具の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、寝室用家具の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、寝室用家具市場規模、流通経路別(実店舗販売、オンライン販売)分析、製品別(ベッド・寝台・ロフト・ヘッドボード、ワードローブ、マットレス・サポーター、チェスト・たんす、ドレッサー、椅子・ベンチ、ナイトテーブル、ウォールシェルフ)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・寝室用家具の世界市場概要 ・寝室用家具の世界市場環境 ・寝室用家具の世界市場動向 ・寝室用家具の世界市場規模 ・寝室用家具の世界市場:業界構造分析 ・寝室用家具の世界市場:流通経路別(実店舗販売、オンライン販売) ・寝室用家具の世界市場:製品別(ベッド・寝台・ロフト・ヘッドボード、ワードローブ、マットレス・サポーター、チェスト・たんす、ドレッサー、椅子・ベンチ、ナイトテーブル、ウォールシェルフ) ・寝室用家具の世界市場:地域別市場規模・分析 ・寝室用家具のアメリカ市場規模・予測 ・寝室用家具のヨーロッ …
  • 業務用コーヒーメーカーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、業務用コーヒーメーカーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、業務用コーヒーメーカーの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 交通安全(ロードセーフティ)の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、交通安全(ロードセーフティ)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、ソリューション別(赤色灯、スピード、バスレーン、セクションエンフォースメント、ALPR / ANPR、およびインシデント検出・対応)分析、サービス別(コンサルティング&トレーニング、システムインテグレーション&デプロイ、サポート&メンテナンス)分析、交通安全(ロードセーフティ)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、交通安全(ロードセーフティ)の世界市場規模が2019年30億ドルから2024年47億ドルまで年平均9.3%成長すると予測しています。
  • 自動力率制御装置(APFC)の世界市場予測(~2022年):リレー、コンデンサ、ディスプレイ、マイクロコントローラ、スイッチ、レジスター
    当調査レポートでは、自動力率制御装置(APFC)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、構成要素別分析、産業別分析、地域別分析、自動力率制御装置(APFC)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国の光学パターン付きウエハー検査装置市場2015
    本調査レポートでは、中国の光学パターン付きウエハー検査装置市場2015について調査・分析し、光学パターン付きウエハー検査装置の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 電気絶縁材料の世界市場:熱可塑性物質、エポキシ樹脂、セラミック
    当調査レポートでは、電気絶縁材料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、電気絶縁材料の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 石油&ガスにおけるパイプライン及び輸送自動化の世界市場予測・分析2020-2024
    Technavio社の本調査レポートでは、石油&ガスにおけるパイプライン及び輸送自動化の世界市場について調べ、石油&ガスにおけるパイプライン及び輸送自動化の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、石油&ガスにおけるパイプライン及び輸送自動化の市場規模をセグメンテーション別(用途別(パイプライン、LNG&ターミナル)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は石油&ガスにおけるパイプライン及び輸送自動化の世界市場規模が2020-2024期間中に年平均4%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・石油&ガスにおけるパイプライン及び輸送自動化の市場状況 ・石油&ガスにおけるパイプライン及び輸送自動化の市場規模 ・石油&ガスにおけるパイプライン及び輸送自動化の市場予測 ・石油&ガスにおけるパイプライン及び輸送自動化の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(パイプライン、LNG&ターミナル) ・石油&ガスにおけるパイプライン及び輸送自動化の顧客状況 ・主要地域別市場規模 …
  • イギリスの心血管用デバイス市場(~2021)
  • 世界のMriコイル市場2015
    本調査レポートでは、世界のMriコイル市場2015について調査・分析し、Mriコイルの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 複合材料製ドア&窓の世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、複合材料製ドア&窓の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、複合材料種類別分析、用途別分析、地域別分析、複合材料製ドア&窓の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 機能性食品成分のアジア太平洋市場ー産業および機会分析ー2016-2026
  • 耐水性接着剤およびシーラントの世界市場:シリコーン、ポリウレタン、アクリル樹脂、エポキシ樹脂、ポリスルフィド
    当調査レポートでは、耐水性接着剤およびシーラントの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 放射線皮膚炎の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、放射線皮膚炎の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、放射線皮膚炎市場規模、流通経路別(オンライン薬局、小売薬局、病院薬局)分析、製品別(経口薬、包帯、局所用)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 放射線皮膚炎の世界市場:市場動向分析 ・ 放射線皮膚炎の世界市場:競争要因分析 ・ 放射線皮膚炎の世界市場:流通経路別(オンライン薬局、小売薬局、病院薬局) ・ 放射線皮膚炎の世界市場:製品別(経口薬、包帯、局所用) ・ 放射線皮膚炎の世界市場:主要地域別分析 ・ 放射線皮膚炎の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 放射線皮膚炎のヨーロッパ市場規模 ・ 放射線皮膚炎のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・放射線皮膚炎の世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • インフルエンザ菌感染症(Haemophilus Influenzae Infections):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、インフルエンザ菌感染症(Haemophilus Influenzae Infections)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・インフルエンザ菌感染症(Haemophilus Influenzae Infections):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・インフルエンザ菌感染症(Haemophilus Influenzae Infections)のフェーズ3治験薬の状況 ・インフルエンザ菌感染症(Haemophilus Influenzae Infections)治療薬の市場規模(販売予測) ・インフルエンザ菌感染症(Haemophilus Influenzae Infections)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・インフルエンザ菌感染症(Haemophilus Influenzae Infections)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中のインフルエンザ菌感染症( …
  • アメリカの産業用ロボット市場
    当調査レポートでは、アメリカの産業用ロボット市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アメリカの産業用ロボット市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 回路保護の世界市場2017-2021:回路遮断器、ヒューズ
    当調査レポートでは、回路保護の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、回路保護の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のトウモロコシ種子市場2016
    本調査レポートでは、世界のトウモロコシ種子市場2016について調査・分析し、トウモロコシ種子の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 防腐剤・殺菌剤の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、防腐剤・殺菌剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、防腐剤・殺菌剤の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • スウェーデンの肩関節および小関節再建装置市場見通し
  • ゲルマニウムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ゲルマニウムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ゲルマニウム市場規模、用途別(光ファイバ、赤外線光学、重合触媒、エレクトロニクス・太陽光、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、5N Plus, JSC Germanium, Teck Resources, umicore, YUNNAN CHIHONG Zn&Ge, YUNNAN GERMANIUMなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ゲルマニウムの世界市場概要 ・ゲルマニウムの世界市場環境 ・ゲルマニウムの世界市場動向 ・ゲルマニウムの世界市場規模 ・ゲルマニウムの世界市場:業界構造分析 ・ゲルマニウムの世界市場:用途別(光ファイバ、赤外線光学、重合触媒、エレクトロニクス・太陽光、その他) ・ゲルマニウムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ゲルマニウムの北米市場規模・予測 ・ゲルマニウムのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・ゲルマニウムのアジア太平洋 …
  • レーダーセンサーの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、レーダーセンサーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、レーダーセンサー市場規模、用途別(自動車用、航空宇宙及び防御用、産業用、その他)分析、製品別(非撮像センサー、撮像センサー)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・レーダーセンサーの世界市場概要 ・レーダーセンサーの世界市場環境 ・レーダーセンサーの世界市場動向 ・レーダーセンサーの世界市場規模 ・レーダーセンサーの世界市場:業界構造分析 ・レーダーセンサーの世界市場:用途別(自動車用、航空宇宙及び防御用、産業用、その他) ・レーダーセンサーの世界市場:製品別(非撮像センサー、撮像センサー) ・レーダーセンサーの世界市場:地域別市場規模・分析 ・レーダーセンサーの北米市場規模・予測 ・レーダーセンサーのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・レーダーセンサーのアジア太平洋市場規模・予測 ・レーダーセンサーの主要国分析 ・レーダーセンサーの世界市場:意思決定 …
  • 陸地地震装置・取得の世界市場予測
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、陸地地震装置・取得の世界市場について調査・分析し、陸地地震装置・取得の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・陸地地震装置・取得の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・陸地地震装置・取得の世界市場:セグメント別市場分析 ・陸地地震装置・取得の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • コンベアベルトの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、コンベアベルトの世界市場について調査・分析し、コンベアベルトの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別コンベアベルトシェア、市場規模推移、市場規模予測、コンベアベルト種類別分析(重荷重コンベアベルト、軽荷重コンベアベルト)、コンベアベルト用途別分析(鉱業、工業、食料生産業界、農業、ロジスティックス/倉庫業、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・コンベアベルトの市場概観 ・コンベアベルトのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・コンベアベルトのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・コンベアベルトの世界市場規模 ・コンベアベルトの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・コンベアベルトのアメリカ市場規模推移 ・コンベアベルトのカナダ市場規模推移 ・コンベアベルトのメキシコ市場規模推移 ・コンベアベルトのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・コンベアベルトのドイツ市場規模推移 ・コンベアベルトのイギリス市場規模推移 ・コンベア …
  • 世界の分取器市場2016
    本調査レポートでは、世界の分取器市場2016について調査・分析し、分取器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の剥離紙市場2015
    本調査レポートでは、世界の剥離紙市場2015について調査・分析し、剥離紙の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 植付機の世界市場予測(~2022年):エアシーダー、播種機、プランター
    当調査レポートでは、植付機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、デザイン別分析、作物種類別分析、地域別分析、植付機の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ピレスロイドの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、ピレスロイドの世界市場について調査・分析し、ピレスロイドの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - ピレスロイドの世界市場:市場動向分析 - ピレスロイドの世界市場:競争要因分析 - ピレスロイドの世界市場:穀種別 果物及び野菜 穀類 脂肪種子及び豆類 その他の穀種 - ピレスロイドの世界市場:有効成分別 パルメチン サイパーメスリン ビフェンスリン ラムダシハロスリン シフルスリン デルタメトリン その他のピレスロイド - ピレスロイドの世界市場:用途別 穀物外基盤 穀物基盤 - ピレスロイドの世界市場:主要地域別分析 - ピレスロイドの北米市場規模(アメリカ市場等) - ピレスロイドのヨーロッパ市場規模 - ピレスロイドのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・ピレスロイドの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 遺伝子治療の世界市場:研究開発および売上予測2016-2026
    当調査レポートでは、遺伝子治療の世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・遺伝子治療の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・遺伝子治療の世界市場:疾患別市場分析 ・遺伝子治療の研究開発パイプライン分析・予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • テキスタイル用化学品の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、テキスタイル用化学品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、繊維(天然、合成)分析、製品タイプ(コーティング剤・繊維用のり剤、着色剤・助剤、仕上げ剤、のり抜き剤、界面活性剤)分析、用途(アパレル、ホームテキスタイル、テクニカルテキスタイル)分析、テキスタイル用化学品の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"