"グリコール酸の世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:CH 1544)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"グリコール酸の世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The growth in glycolic acid demand is majorly driven by its increasing consumption in the cosmetics and personal care industry, particularly in the anti-aging and anti-pollution skincare segment.”
The glycolic acid market size is estimated to be USD 280 million in 2019 and is projected to reach USD 395 million by 2024, at a CAGR of 7.2%. The rapidly developing and growing demand for glycolic acid in the cosmetics industry, specifically as a preferred ingredient in anti-aging, anti-pollution, and over the counter skincare products is expected to drive the market demand for glycolic acid during the forecast period. In addition, the considerable consumption of glycolic acid as a keratolytic agent for the treatment of dermatological diseases will further contribute to driving its market demand.

Apart from these household and industrial cleaners are also major consumers of glycolic acid the expansion of which is witnessed in developing regions owing to economic development, rising population, growing per capita income and increasing standards of living thus contributing in the development of the glycolic acid market. However, the added disadvantage of skin damage if not used with care and in accurate concentration can act as a restraint for the market growth.

“Cosmetic is the fastest-growing grade of glycolic acid.”
Cosmetic is the fastest-growing grade of the glycolic acid market globally during the forecast period. The huge preference of cosmetic grade glycolic acid in personal care and cosmetics products owing its unmatched ability to treat skin problems including fine lines, irregular pigmentation, age spots, and enlarged pores along with unique advantages in hair care with the proven benefits of hair moisturization, softness, strength and others are expected to drive the cosmetic grade glycolic acid demand in future.

“Personal care & dermatology is the largest application of glycolic acid.”
Personal care & dermatology is the most extensive application of glycolic acid. The increasing demand for glycolic acid-based night peeling concentration, sleep-in mask, acne face & body scrub, and others products along with rising per capita spending and growing beauty needs with the increase in the standard of living are some of the factors expected to drive the glycolic acid demand in personal care & dermatology application.

“APAC is the largest and the fastest-growing market for glycolic acid.”
APAC is projected to register the highest growth rate during the forecast period owing to the presence of major glycolic acid markets such as China and Japan as well as emerging economies such as India, South Korea, Thailand, and Indonesia. The region is expected to witness substantial demand for glycolic acid during the forecasted period owing to the robust growth and development witnessed in the sectors such as cosmetics and personal care, manufacturing, healthcare, industrial and others. Further, the development of the country’s economy, trade, and FDI along with minimal rules and regulatory standards governing the business operations makes the region a highly attractive market for different end-use industries of glycolic acid thus boosting the market demand.

Extensive primary interviews were conducted in the process of determining and verifying sizes of different types, end-user of the glycolic acid market gathered through secondary research.

The breakdown of primary interviews is given below:
• By Company Type: Tier 1 – 60%, Tier 2 – 20%, and Tier 3 – 20%
• By Designation: C-Level Executives – 9%, Director-Level – 27%, and Others – 64%
• By Region: North America – 20%, Europe – 20%, APAC – 40%, South America – 10%, and MEA – 10%
The key companies profiled in this report on the glycolic acid market include The Chemours Company (US), China Petrochemical Corporation (China), CABB Group (Germany), Zhonglan Industry Co., Ltd. (China), Water Chemical Co., Ltd (China), Xinhua Pharm (China), Phibro Animal Health Corporation (US), Avid Organics (India), Hebei Chengxin Co., Ltd. (China), Hefei TNJ Chemical Industry Co., Ltd. (China).

Research Coverage
The glycolic acid market has been segmented based on grade, application, and region. This report covers the glycolic acid market and forecasts its market size until 2024. It also provides detailed information on company profiles and competitive strategies adopted by the key players to strengthen their position in the glycolic acid market. The report also provides insights into the drivers and restraints in the glycolic acid market along with opportunities and challenges. The report also includes profiles of top manufacturers in the glycolic acid market.

Reasons to Buy the Report
The report is expected to help market leaders/new entrants in the following ways:
1. This report segments the glycolic acid market and provides the closest approximations of revenue numbers for the overall market and its segments across different verticals and regions.
2. This report is expected to help stakeholders understand the pulse of the glycolic acid market and provide information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities influencing the market growth.
3. This report is expected to help stakeholders obtain an in-depth understanding of the competitive landscape of the glycolic acid market and gain insights to improve the position of their businesses. The competitive landscape section includes detailed information on strategies, such as new product development and expansions.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"グリコール酸の世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 15)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Glycolic Acid Segmentation
1.3.2 Regions Covered
1.3.3 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 18)
2.1 Research Data
2.2 Base Number Calculation
2.2.1 Supply-Side Approach
2.2.2 Demand-Side Approach
2.3 Market Size Estimation
2.3.1 Market Size Estimation Methodology: Bottom-Up Approach
2.3.2 Market Size Estimation Methodology: Top-Down Approach
2.4 Primary Data
2.4.1 Key Data From Primary Sources
2.4.2 Breakdown of Primary Interviews
2.5 Assumptions
3 Executive Summary (Page No. – 22)
4 Premium Insights (Page No. – 25)
4.1 Attractive Opportunities in the Glycolic Acid Market
4.2 Glycolic Acid Market in APAC, By Grade and Country, 2018
4.3 Glycolic Acid Market, By Grade, 2018
4.4 Glycolic Acid Market, Regional Share
5 Market Overview (Page No. – 27)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Growing Demand for Glycolic Acid in the Cosmetic Industry
5.2.1.2 Increasing Glycolic Acid Consumption in Varied Applications
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Skin Problems Caused By the Use of Glycolic Acid-Based Cosmetic Products
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Growing Demand for Biodegradable Polymers to Increase the Glycolic Acid Consumption
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Stringent Regulations Regarding the Usage of Glycolic Acid
5.3 Porter’s Five Forces Analysis
5.3.1 Bargaining Power of Suppliers
5.3.2 Threat of New Entrants
5.3.3 Threat of Substitutes
5.3.4 Bargaining Power of Buyers
5.3.5 Intensity of Competitive Rivalry
5.4 Macroeconomic Indicators
5.5 Personal Care Sector Revenue
6 Glycolic Acid Market, By Purity (Page No. – 33)
6.1 Introduction
6.1.1 Glycolic Acid 99%
6.1.1.1 Huge Demand for Glycolic Acid 99% in the Medical Application Will Impact the Market Growth
6.1.2 Glycolic Acid 70%
6.1.2.1 Glycolic Acid 70% is Majorly Used in Dermatology and Industrial Cleaning Applications
6.1.3 Glycolic Acid 30%
6.1.3.1 The Demand for Glycolic Acid 30% in Skin Peel Application Under in the Cosmetic Industry is Likely to Increase
6.1.4 Others
6.1.4.1 Glycolic Acid 60%
6.1.4.2 Glycolic Acid 57%
7 Glycolic Acid Market, By Grade (Page No. – 35)
7.1 Introduction
7.1.1 Cosmetic Grade
7.1.1.1 Increasing Demand for Skincare Creams Owing to Adverse Climatic Condition and Growing Old Age Population Will Have Positive Impacts on the Market 37
7.1.2 Technical Grade
7.1.2.1 Huge Consumption of Glycolic Acid in Industrial Cleaning Application With Special Reference to Boiler Cleaning is Expected to Drive the Market
8 Glycolic Acid Market, By Application (Page No. – 40)
8.1 Introduction
8.1.1 Personal Care & Dermatology
8.1.1.1 Growing Demand for Anti-Aging and Anti-Pollution Products Will Drive the Market
8.1.2 Industrial
8.1.2.1 The Consumption of Glycolic Acid is Increasing in Industrial Cleaning Application Due to Its Beneficial Properties
8.1.3 Household
8.1.3.1 Increasing Demand for Effective and Efficient Household Cleaners With Antimicrobial Properties Will Drive the Market
8.1.4 Others
8.1.4.1 Dyeing & Tanning
8.1.4.2 Adhesive
8.1.4.3 Agriculture
8.1.4.4 Medical
8.1.4.5 Food
9 Glycolic Acid Market, By Region (Page No. – 46)
9.1 Introduction
9.2 APAC
9.2.1 China
9.2.1.1 The Country has A Strong Manufacturing Base of Glycolic Acid
9.2.2 Japan
9.2.2.1 The Presence of Major Cosmetic and Manufacturing Industries Will Drive the Glycolic Acid Market
9.2.3 India
9.2.3.1 The Rapidly Growing Economy of the Country Will Influence the Different Application Industries of Glycolic Acid
9.2.4 South Korea
9.2.4.1 The Presence of Large Industrial Sector Will Drive the Glycolic Acid Market
9.2.5 Thailand
9.2.5.1 Growing Industrial and Personal Care Industry Will Increase the Demand for Glycolic Acid
9.2.6 Indonesia
9.2.6.1 Presence of Major Cosmetics and Beauty Products Market Will Drive the Glycolic Acid Market
9.2.7 Rest of APAC
9.3 North America
9.3.1 US
9.3.1.1 Increasing Demand for Vegan Cosmetic Products Will Significantly Support the Market Growth
9.3.2 Canada
9.3.2.1 The Demand for Different Skincare Products is Increasing in the Country
9.3.3 Mexico
9.3.3.1 The Presence of the Prominent Cosmetic Industry Will Augment the Demand for Glycolic Acid
9.4 Europe
9.4.1 Germany
9.4.1.1 The Country’s Large Cosmetic Market Will Positively Impact the Glycolic Acid Market Growth
9.4.2 UK
9.4.2.1 Increasing Awareness Toward Skincare Products Will Drive the Glycolic Acid Market
9.4.3 Italy
9.4.3.1 The Consumption of Glycolic Acid in the Beauty & Personal Care and Manufacturing Industries is Significantly High
9.4.4 France
9.4.4.1 The Country is A Major Cosmetic Hub, Which Definitely Will Support the Glycolic Acid Market
9.4.5 Spain
9.4.5.1 The Growing Beauty & Personal Care Industry Will Drive the Glycolic Acid Market
9.4.6 Russia
9.4.6.1 The Country is Witnessing Strong Demand for Different Skincare Products
9.4.7 Turkey
9.4.7.1 The Presence of Strong Industrial Sector Will Increase the Glycolic Acid Demand
9.4.8 Rest of Europe
9.5 Middle East & Africa
9.5.1 Saudi Arabia
9.5.1.1 Increasing Demand for Halal-Certified and Organic Products Will Positively Impact the Market
9.5.2 UAE
9.5.2.1 The Growing Cosmetic & Personal Care Sector Will Drive the Glycolic Acid Market
9.5.3 South Africa
9.5.3.1 Presence of Industries Including Personal Care, Industrial Manufacturing, Textile, and Others Will Drive the Market
9.5.4 Rest of the Middle East & Africa
9.6 South America
9.6.1 Brazil
9.6.1.1 The Prominent Industrial Sector Will Drive the Market of Glycolic Acid
9.6.2 Argentina
9.6.2.1 The Country has Strong Manufacturing and Industrial Sectors, Which Will Drive the Market
9.6.3 Rest of South America
10 Competitive Landscape (Page No. – 91)
10.1 Introduction
10.2 Market Ranking of Glycolic Acid Manufacturers
10.3 Competitive Situations & Trends
10.3.1 Expansion
10.3.2 New Product Development
11 Company Profiles (Page No. – 93)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis MnM View)*
11.1 The Chemours Company
11.2 CABB Group Gmbh
11.3 China Petrochemical Corporation
11.4 Water Chemical Co., Ltd
11.5 Zhonglan Industry Co., Ltd.
11.6 Xinhua Pharm
11.7 Phibro Animal Health Corp.
11.8 Hebei Chengxin Co., Ltd.
11.9 Hefei TNJ Chemical Industry Co., Ltd.
11.1 Avid Organics
12 Additional Company Profiles (Page No. – 113)
12.1 Jiaxing Jlight Chemicals Co., Ltd.
12.2 Wuhan Biocar Bio-Pharm Co., Ltd.
12.3 Xinji City Taida Sinopec Co., Ltd.
12.4 Crosschem LP
12.5 Sancaiindustry
12.6 Mehul Dye Chem Industries
12.7 Siddharth Chlorochem
12.8 Hangzhou Lingrui Chemical Co., Ltd.
12.9 Cangzhou Goldlion Chemicals Co.,Ltd
12.1 Velocity Chemicals Ltd.
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
13 Appendix (Page No. – 116)
13.1 Discussion Guide
13.2 Available Customizations
13.3 Related Reports
13.1 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】グリコール酸の世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年10月15日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】CH 1544
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】化学
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
グリコール酸の世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 大規模LNG基地の世界市場
    当調査レポートでは、大規模LNG基地の世界市場について調査・分析し、大規模LNG基地の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 宇宙デブリ監視及び除去の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、宇宙デブリ監視及び除去の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、宇宙デブリ監視及び除去の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は宇宙デブリ監視及び除去の世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.46%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Airbus • ASTROSCALE• Boeing• Lockheed Martin• RSC Energia等です。
  • 世界の縫合線市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、縫合線のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・縫合線の概要 ・縫合線の開発動向:開発段階別分析 ・縫合線の開発動向:セグメント別分析 ・縫合線の開発動向:領域別分析 ・縫合線の開発動向:規制Path別分析 ・縫合線の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別縫合線の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・縫合線の最近動向
  • 発電機レンタルの米州市場
    当調査レポートでは、発電機レンタルの米州市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、発電機レンタルの米州市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 有機肥料の世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、有機肥料の世界市場について調査・分析し、有機肥料の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・有機肥料の世界市場規模:形状別分析 ・有機肥料の世界市場規模:原材料種類別分析 ・有機肥料の世界市場規模:資源別分析 ・有機肥料の世界市場規模:作物種類別分析 ・有機肥料の世界市場規模:用途別分析 ・有機肥料の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 中国の防護服市場2015
    本調査レポートでは、中国の防護服市場2015について調査・分析し、防護服の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 肺線維症(Pulmonary Fibrosis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、肺線維症(Pulmonary Fibrosis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・肺線維症(Pulmonary Fibrosis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・肺線維症(Pulmonary Fibrosis)のフェーズ3治験薬の状況 ・肺線維症(Pulmonary Fibrosis)治療薬の市場規模(販売予測) ・肺線維症(Pulmonary Fibrosis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・肺線維症(Pulmonary Fibrosis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の肺線維症(Pulmonary Fibrosis)治療薬剤
  • レベル発信器の世界市場予測(~2020):静電容量式、レーダー式、超音波式、差圧式、磁歪式
    当調査レポートでは、レベル発信器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、産業別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ポリグリコール酸の世界市場
    当調査レポートでは、ポリグリコール酸の世界市場について調査・分析し、ポリグリコール酸の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 再帰反射材の世界市場:技術別、製品別(フィルム、シート、テープ、ペンキ、インク、塗料、その他)、用途別、地域別予測
    本資料は、再帰反射材の世界市場について調べ、再帰反射材の世界規模、市場動向、市場環境、技術別分析、製品別(フィルム、シート、テープ、ペンキ、インク、塗料、その他)分析、用途別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・再帰反射材の世界市場概要 ・再帰反射材の世界市場環境 ・再帰反射材の世界市場動向 ・再帰反射材の世界市場規模 ・再帰反射材の世界市場規模:技術別 ・再帰反射材の世界市場規模:製品別(フィルム、シート、テープ、ペンキ、インク、塗料、その他) ・再帰反射材の世界市場規模:用途別 ・再帰反射材の世界市場:地域別市場規模・分析 ・再帰反射材の北米市場規模・予測 ・再帰反射材のアメリカ市場規模・予測 ・再帰反射材のヨーロッパ市場規模・予測 ・再帰反射材のアジア市場規模・予測 ・再帰反射材の日本市場規模・予測 ・再帰反射材の中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • 特殊殺生物剤の世界市場:抗菌剤、殺虫剤
    当調査レポートでは、特殊殺生物剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、特殊殺生物剤の世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • パイプライン及びプロセスサービスの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、パイプライン及びプロセスサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、資産種類別(パイプライン:伝送、配信、プロセス:FPS、精製および石油化学、ガス貯蔵および処理)分析、運用別(試運転および試運転、保守、廃止措置)分析、パイプライン及びプロセスサービスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、パイプライン及びプロセスサービスの世界市場規模が2019年33億ドルから2024年40億ドルまで年平均4.3%成長すると予測しています。
  • 農業用機器の世界市場:用途別(収穫・脱穀、種蒔き・植え付け)、製品別(トラクター、収穫機)、地域別、セグメント予測
    本調査レポートでは、農業用機器の世界市場について調査・分析し、農業用機器の世界市場動向、農業用機器の世界市場規模、市場予測、セグメント別農業用機器市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • LNG(液化天然ガス)の世界市場展望(~2020):LNGターミナル容量および投資予測
  • バッグインボックス型容器の世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、バッグインボックス型容器の世界市場について調査・分析し、バッグインボックス型容器の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・バッグインボックス型容器の世界市場規模:用途別分析 ・バッグインボックス型容器の世界市場規模:受注別分析 ・バッグインボックス型容器の世界市場規模:材料別分析 ・バッグインボックス型容器の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • セルフクリーニングガラスの世界市場予測(~2023年):水性、油性
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、セルフクリーニングガラスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、コーティングタイプ(水性、油性)別分析、用途(住宅建設、非住宅建設、ソーラーパネル、自動車)別分析、セルフクリーニングガラスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • エポキシ化大豆油の世界市場予測(~2026):原材料別、用途別(可塑剤、UV硬化用途、燃料添加剤)、最終用途別
    当調査レポートでは、エポキシ化大豆油の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、原材料別分析、用途別分析、最終用途別分析、地域別分析、エポキシ化大豆油の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • リン酸亜鉛の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、リン酸亜鉛の世界市場について調査・分析し、リン酸亜鉛の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別リン酸亜鉛シェア、市場規模推移、市場規模予測、リン酸亜鉛種類別分析(高含有、低含有)、リン酸亜鉛用途別分析(水性防食塗料、溶剤系防食塗料、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・リン酸亜鉛の市場概観 ・リン酸亜鉛のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・リン酸亜鉛のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・リン酸亜鉛の世界市場規模 ・リン酸亜鉛の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・リン酸亜鉛のアメリカ市場規模推移 ・リン酸亜鉛のカナダ市場規模推移 ・リン酸亜鉛のメキシコ市場規模推移 ・リン酸亜鉛のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・リン酸亜鉛のドイツ市場規模推移 ・リン酸亜鉛のイギリス市場規模推移 ・リン酸亜鉛のロシア市場規模推移 ・リン酸亜鉛のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・リン酸亜鉛の日本市場規 …
  • 建設用化学品のアジア・MEA(中東・アフリカ)市場
  • 蒸気タービンの世界市場分析:容量別( 750MW)、用途別(電力・公益事業、工業用)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中南米、中東、アフリカ)、セグメント予測、2014 – 2025
    本調査レポートでは、蒸気タービンの世界市場について調査・分析し、蒸気タービンの世界市場動向、蒸気タービンの世界市場規模、市場予測、セグメント別蒸気タービン市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 乳酸の世界市場
    当調査レポートでは、乳酸の世界市場について調査・分析し、乳酸の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 水素添加炭化水素樹脂の世界市場2016-2026
    当調査レポートでは、水素添加炭化水素樹脂の世界市場について調査・分析し、水素添加炭化水素樹脂の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 1. レポート概要 2. 水素添加炭化水素樹脂の概要 3. 水素添加炭化水素樹脂の世界市場2016-2026 4. 用途別の水素添加炭化水素樹脂世界市場2016-2026 5. 需要先産業別の水素添加炭化水素樹脂世界市場2016-2026 6. 主要国の水素添加炭化水素樹脂市場予測2016-2026 7. 水素添加炭化水素樹脂市場のSWOT分析2016-2026 8. 専門家の意見 9. 水素添加炭化水素樹脂市場における主要企業2016 10. 結論
  • クラウドコンピューティングの世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、クラウドコンピューティングの世界市場について調べ、クラウドコンピューティングの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、クラウドコンピューティングの市場規模をセグメンテーション別(サービス別(SaaS、IaaS、PaaS)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社はクラウドコンピューティングの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均16%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・クラウドコンピューティングの市場状況 ・クラウドコンピューティングの市場規模 ・クラウドコンピューティングの市場予測 ・クラウドコンピューティングの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:サービス別(SaaS、IaaS、PaaS) ・クラウドコンピューティングの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 帯状疱疹治療薬の世界市場2019-2023
    疾患管理のための革新的なワクチンの登場により、帯状疱疹治療薬の需要が高まっています。ワクチンが開発されるまで、帯状方針の治療は薬物治療しかありませんでした。 しかし、製薬業者は帯状疱疹の治療・予防するための新しい治療法を開発することに力を注いできました。 例えば、2017年10月、グラクソ・スミスクラインは帯状疱疹の治療薬であるShingrixの治療を開始しました。 Shingrixは、唯一の高齢者の帯状疱疹用に承認されたワクチンであるZOSTAVAXよりはるかに効果があります。 Technavioのアナリストは、帯状疱疹治療薬の世界市場が2023年までに約14%のCAGRで成長すると予測しています。 主な分析対象企業は、Abbott、GlaxoSmithKline、Merck、Novartisなどです。 当調査レポートでは、帯状疱疹治療薬の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、帯状疱疹治療薬市場規模、製品別(ワクチン接種、薬物療法)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼク …
  • 樺花粉アレルギー(Birch Pollen Allergy):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における樺花粉アレルギー(Birch Pollen Allergy)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、樺花粉アレルギー(Birch Pollen Allergy)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・樺花粉アレルギー(Birch Pollen Allergy)の概要 ・樺花粉アレルギー(Birch Pollen Allergy)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の樺花粉アレルギー(Birch Pollen Allergy)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・樺花粉アレルギー(Birch Pollen Allergy)治療薬の評価    …
  • 人工知能(AI)チップの世界市場:チップタイプ別(GPU、ASIC、FPGA、CPUなど)、用途別(自然言語処理(NLP)、ロボット、コンピュータービジョン、ネットワークセキュリティなど)
    本資料は、人工知能(AI)チップの世界市場について調べ、人工知能(AI)チップの世界規模、市場シェア、市場動向、市場環境、チップタイプ別(GPU、ASIC、FPGA、CPUなど)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・人工知能(AI)チップの世界市場概要 ・人工知能(AI)チップの世界市場環境 ・人工知能(AI)チップの世界市場動向 ・人工知能(AI)チップの世界市場規模 ・人工知能(AI)チップの世界市場:市場シェア ・人工知能(AI)チップの世界市場:チップタイプ別(GPU、ASIC、FPGA、CPUなど) ・人工知能(AI)チップの世界市場:用途別(自然言語処理(NLP)、ロボット、コンピュータービジョン、ネットワークセキュリティなど) ・人工知能(AI)チップの世界市場:地域別市場規模・分析 ・人工知能(AI)チップの北米市場規模・予測 ・人工知能(AI)チップのアメリカ市場規模・予測 ・人工知能(AI)チップのヨーロッパ市場規模・予測 …
  • データレジリエンシー(耐障害性)の世界市場:構成要素別(ソリューション、サービス)、導入方式別、企業規模別、産業別、地域別予測
    本資料は、データレジリエンシー(耐障害性)の世界市場について調べ、データレジリエンシー(耐障害性)の世界規模、市場動向、市場環境、構成要素別(ソリューション、サービス)分析、導入方式別分析、企業規模別分析、産業別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・データレジリエンシー(耐障害性)の世界市場概要 ・データレジリエンシー(耐障害性)の世界市場環境 ・データレジリエンシー(耐障害性)の世界市場動向 ・データレジリエンシー(耐障害性)の世界市場規模 ・データレジリエンシー(耐障害性)の世界市場規模:構成要素別(ソリューション、サービス) ・データレジリエンシー(耐障害性)の世界市場規模:導入方式別 ・データレジリエンシー(耐障害性)の世界市場規模:企業規模別 ・データレジリエンシー(耐障害性)の世界市場規模:産業別 ・データレジリエンシー(耐障害性)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・データレジリエンシー(耐障害性)の北米市場規模・予測 ・データレ …
  • 燃料ディスペンサーの世界市場の見通し2017-2023
    当調査レポートでは、燃料ディスペンサーの世界市場について調査・分析し、燃料ディスペンサーの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・燃料ディスペンサーの世界市場規模:ディスペンサー種類別分析 ・燃料ディスペンサーの世界市場規模:燃料種類別分析 ・燃料ディスペンサーの世界市場規模:技術別分析 ・燃料ディスペンサーの世界市場規模:用途別分析 ・燃料ディスペンサーの世界市場規模:設置別分析 ・燃料ディスペンサーの世界市場規模:設計別分析 ・燃料ディスペンサーの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 聴覚障害(Hearing Disorders):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における聴覚障害(Hearing Disorders)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、聴覚障害(Hearing Disorders)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・聴覚障害(Hearing Disorders)の概要 ・聴覚障害(Hearing Disorders)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の聴覚障害(Hearing Disorders)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・聴覚障害(Hearing Disorders)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子 …
  • G-CSF製剤バイオシミラーの世界市場:種類別(ヒト成長ホルモン、エリスロポエチン、モノクローナル抗体、インスリン、インターフェロン、顆粒球コロニー刺激因子)、用途別(血液疾患、腫瘍性疾患、慢性・自己免疫疾患、成長ホルモン欠乏症)、地域別予測
    本資料は、G-CSF製剤バイオシミラーの世界市場について調べ、G-CSF製剤バイオシミラーの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(ヒト成長ホルモン、エリスロポエチン、モノクローナル抗体、インスリン、インターフェロン、顆粒球コロニー刺激因子)分析、用途別(血液疾患、腫瘍性疾患、慢性・自己免疫疾患、成長ホルモン欠乏症)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはPfizer 、Novartis、Roche、Merck & Co.、Sanofi、Johnson & Johnson、Gilead Science、GlaxoSmithKline、AbbVie、Amgen、AstraZeneca 、Bayerなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・G-CSF製剤バイオシミラーの世界市場概要 ・G-CSF製剤バイオシミラーの世界市場環境 ・G-CSF製剤バイオシミラーの世界市場動向 ・G-CSF製剤バイオシミラーの世界市場規模 ・G-CSF製剤バイオシミラーの世界市場 …
  • ボンディングフィルムの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、ボンディングフィルムの世界市場について調査・分析し、ボンディングフィルムの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - ボンディングフィルムの世界市場:市場動向分析 - ボンディングフィルムの世界市場:競争要因分析 - ボンディングフィルムの世界市場:フィルムタイプ別 ・アクリル ・エポキシ ・ポリウタレン ・その他 - ボンディングフィルムの世界市場:技術別 ・高圧硬化 ・加熱硬化 ・その他の技術 - ボンディングフィルムの世界市場:エンドユーザー別 ・包装 ・電気・電子 ・運輸業 ・その他のエンドユーザー - ボンディングフィルムの世界市場:主要地域別分析 - ボンディングフィルムの北米市場規模(アメリカ市場等) - ボンディングフィルムのヨーロッパ市場規模 - ボンディングフィルムのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・ボンディングフィルムの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • ウエハ製造装置の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ウエハ製造装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ウエハ製造装置の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 東南アジアのデータセンター冷却市場2016-2020
    当調査レポートでは、東南アジアのデータセンター冷却市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、東南アジアのデータセンター冷却市場規模及び予測、冷却システム別分析、冷却技術別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • アメリカの神経診断・モニタリング装置市場2016-2020
    当調査レポートでは、アメリカの神経診断・モニタリング装置市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アメリカの神経診断・モニタリング装置市場規模及び予測、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、医療費償還シナリオ、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ドローン対策の世界市場分析:対策方法別(破壊式、非破壊式)、防衛タイプ別(検知・破壊、検知のみ)、エンドユーザー別(軍用・防衛、商用、自治体)、地域別、セグメント予測 2014 – 2024
    本調査レポートでは、ドローン対策の世界市場について調査・分析し、ドローン対策の世界市場動向、ドローン対策の世界市場規模、市場予測、セグメント別ドローン対策市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 産業用分配システム及び装置の世界市場
    当調査レポートでは、産業用分配システム及び装置の世界市場について調査・分析し、産業用分配システム及び装置の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 医療ITセキュリティの世界市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、医療ITセキュリティの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別分析、サービス別分析、アプリケーション別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • カーボンナノチューブの北米市場
  • mGlu2アンタゴニスト(拮抗薬)のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるmGlu2アンタゴニスト(拮抗薬)のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・mGlu2アンタゴニスト(拮抗薬)の概要 ・mGlu2アンタゴニスト(拮抗薬)のパイプライン概要 ・企業別開発中のmGlu2アンタゴニスト(拮抗薬) ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・mGlu2アンタゴニスト(拮抗薬)の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・mGlu2アンタゴニスト(拮抗薬)開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • Network-as-a-Service(クラウド式ネットワークサービス)の世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、Network-as-a-Service(クラウド式ネットワークサービス)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、構成要素別分析、アプリケーション別分析、産業別分析、地域別分析、Network-as-a-Service(クラウド式ネットワークサービス)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のワックス市場2015
    本調査レポートでは、世界のワックス市場2015について調査・分析し、ワックスの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、地域別生産規模分析、販売チャネル分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 細菌性肺炎(Bacterial Pneumonia):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、細菌性肺炎(Bacterial Pneumonia)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・細菌性肺炎(Bacterial Pneumonia):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・細菌性肺炎(Bacterial Pneumonia)のフェーズ3治験薬の状況 ・細菌性肺炎(Bacterial Pneumonia)治療薬の市場規模(販売予測) ・細菌性肺炎(Bacterial Pneumonia)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・細菌性肺炎(Bacterial Pneumonia)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の細菌性肺炎(Bacterial Pneumonia)治療薬剤
  • ルテインの世界市場予測(~2022年):形状、原料、用途、製造方式、地域別分析
  • 認知評価・トレーニングの世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、認知評価・トレーニングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、評価種類別分析、構成要素別分析、用途別分析、産業別分析、認知評価・トレーニングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のコイル塗装市場:ポリエステル、ポリウレタン、フッ化ポリビニリデン、プラスチゾル
  • 世界の最小侵襲手術(MIS)用デバイス開発動向:医療機器パイプライン分析2015
    当調査レポートでは、最小侵襲手術(MIS)用デバイスのグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・最小侵襲手術(MIS)用デバイスの概要 ・最小侵襲手術(MIS)用デバイスの開発動向:開発段階別分析 ・最小侵襲手術(MIS)用デバイスの開発動向:セグメント別分析 ・最小侵襲手術(MIS)用デバイスの開発動向:領域別分析 ・最小侵襲手術(MIS)用デバイスの開発動向:規制Path別分析 ・最小侵襲手術(MIS)用デバイスの開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別最小侵襲手術(MIS)用デバイスの開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・最小侵襲手術(MIS)用デバイスの最近動向
  • 蒸発凝縮ユニットの世界市場予測:冷却、空調
    当調査レポートでは、蒸発凝縮ユニットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、需要先別分析、用途別分析、地域別分析、蒸発凝縮ユニットの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 卵包装容器の世界市場:成型紙、PET、ポリスチレン
    当調査レポートでは、卵包装容器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、卵包装容器の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ボトル入り湧水の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ボトル入り湧水の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ボトル入り湧水の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • チリの外傷固定装置市場見通し
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"