"グリオキサールの世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:CH 7366)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"グリオキサールの世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The glyoxal market is projected to register a CAGR of 4.3%, in terms of value, between 2019 and 2024.”
The glyoxal market size is projected to grow from USD 265 million in 2019 to USD 326 million by 2024, at a CAGR of 4.3%. The increasing demand for textiles owing to increase in urbanization, change in lifestyle, growing population, and increasing disposable incomes in emerging economies are the major drivers for the glyoxal industry. Another driving factor includes the novel application of glyoxal in packaging and chemical industry in terms of sustainable packaging and as an intermediate for the synthesis of a wide range of organic molecules. However, the fluctuations in the availability and prices of raw material such as ethylene, ethylene glycol, acetaldehyde, and others can hinder the growth of the market.

“Intermediate segment is expected to be the fastest-growing application of glyoxal, during the forecast period.”
A chemical intermediate is a molecule that aids to derive other chemicals. The major advantage of glyoxal as an intermediate is its suitability to derive a wide range of chemicals, pharmaceutical products, and agrochemicals. Glyoxal is used for organic synthesis of a wide range of chemicals, such as glyoxylic acid, imidazole, and allantoin, among others. The growing middle-class population, increased consumption of pharmaceuticals as a result of the rising number of cases of non-communicable disease, and high use of fertilizers & pesticides to improve agricultural yield, together will drive the demand for glyoxal as an intermediate.

“Textile is estimated to be the largest end-use industry of glyoxal, during the forecast period.”
Textile was the largest end-use industry for glyoxal in 2018. Glyoxal is used for crosslinking application in the textile industry to improve crease-resistance of clothing and apparels. The global textile market is dependent on economies, such as Mexico, Peru, China, and India, among others, that offer high quality of cotton, integrated value chain, and competitive labor cost. The demand for textiles is growing as a result of the increasing global population, improving organized retailing in emerging markets, and the availability of online ordering. These factors fuel the demand for glyoxal in the textile industry.

“APAC is projected to be the largest glyoxal market during the forecast period.”
APAC was the most promising market for glyoxal in 2018, and the trend is expected to continue during the forecast period. The growing population, increasing demand for textiles-based products, growth in apparel exports, value chain integration in the textile industry and competitive chemical industry in terms of raw material, labor cost and skilled labor are driving the Asia Pacific glyoxal market. Shifting demographics such as aging population, rising demand for agricultural products from growing population and industrialization are responsible for the high growth scenarios in the chemical, pharmaceutical, and agrochemical sectors, which in turn, drives the glyoxal market growth. In addition, rapid developments in the field of sustainable packaging necessitate the use of glyoxal as a biodegradable crosslinking agent for paper and other types of eco-friendly packaging.

The market sizes estimated in this study were validated through primary interviews conducted with various industry experts globally. These primary sources are divided into three categories:
• By Company Type: Tier I – 25%, Tier II – 50%, and Tier III – 25%
• By Designation: C Level – 20%, Director Level – 30%, and Others – 50%
• By Region: North America – 20%, Europe – 30%, APAC – 25%, South America – 25%, Middle East & Africa – 10%
The report profiles several leading players of the glyoxal market that include BASF SE (Germany), Merck KGaA (Germany), Thermo Fisher Scientific Inc. (US), WeylChem International GmbH (Germany) and Haihang Group (China). The report also includes detailed information about various growth strategies adopted by these key players to strengthen their position in the market.

RESEARCH COVERAGE
The objective of this study is to define, describe, and forecast the glyoxal market based on various segmentations and strategically analyze these market segments with respect to individual growth trends, growth prospects, and contribution to the overall growth. In this report, the glyoxal market has been segmented based on application, end-use industry, and region.

KEY BENEFITS OF BUYING THE REPORT
The report is expected to help market leaders/new entrants in the glyoxal market in the following ways:
1. This report comprehensively segments the glyoxal industry and provides the closest approximations for the sizes of different segments and subsegments of the market across different verticals and regions.
2. This report is expected to help stakeholders in obtaining an improved understanding of their competitors and gain insights about their businesses. The competitive landscape section includes detailed information about strategies such as merger & acquisition, and investment & expansion, which were undertaken by various key players to enhance their position in the glyoxal market.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"グリオキサールの世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 16)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Market Segmentation
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Unit Considered
1.6 Stakeholders
1.7 Limitations
2 Research Methodology (Page No. – 19)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.1.2.3 Breakdown of Primary Interviews
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.2 Top-Down Approach
2.3 Data Triangulation
2.3.1 Glyoxal Market Analysis Through Primary Interviews
2.4 Limitations
2.5 Assumptions
3 Executive Summary (Page No. – 28)
4 Premium Insights (Page No. – 31)
4.1 Attractive Opportunities in the Glyoxal Market
4.2 Glyoxal Market Size, By Application
4.3 Glyoxal Market Size, By End-Use Industry
4.4 Glyoxal Market, By Major Countries
4.5 APAC Glyoxal Market, By Application and Country, 2018
5 Market Overview (Page No. – 34)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Rise in Disposable Income and Changing Lifestyle in Emerging Economies Driving the Demand for Textiles
5.2.1.2 Increasing Use of Glyoxal as an Intermediate in Chemical, Pharmaceutical and Agriculture Industries.
5.2.1.3 Growing Use of Glyoxal in Manufacture of Food & Beverage Packaging
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Volatility in the Price of Raw Material
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Growth in Global Demand for Sustainable Packaging Solutions Such as Bioplastics
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Relative Inefficiency in Sulfide Scavenging Operations Restricting Use of Glyoxal
5.2.4.2 Harmful Effects of Overexposure to Glyoxal as It is A Class 3 Mutagen
5.3 Porter’s Five Forces Analysis
5.3.1 Threat of New Entrants
5.3.2 Threat of Substitutes
5.3.3 Bargaining Power of Buyers
5.3.4 Bargaining Power of Suppliers
5.3.5 Intensity of Competitive Rivalry
6 Glyoxal Market, By Application (Page No. – 40)
6.1 Introduction
6.2 Crosslinking
6.2.1 Growth of Textile Industry Augmenting the Demand for Glyoxal
6.3 Intermediates
6.3.1 APAC is the Fastest-Growing Market for Glyoxal in Intermediates Application
6.4 Others
6.4.1 Stringent Regulations Regarding Sulfide Scavenging to Fuel the Demand for Glyoxal
7 Glyoxal Market, By End-Use Industry (Page No. – 48)
7.1 Introduction
7.2 Textile
7.2.1 Growth in Disposable Income in Emerging Economies to Fuel the Demand for Glyoxal
7.3 Derivatives
7.3.1 Rise in Use of Glyoxal for Organic Synthesis to Drive the Market in Derivatives Segment
7.4 Paper
7.4.1 Growing Demand for Sustainable Packaging Solutions to Drive the Demand for Glyoxal
7.5 Oil & Gas
7.5.1 Growing Extraction of Oil & Gas to Propel the Demand for Glyoxal
7.6 Leather
7.6.1 APAC Accounts for Largest Share of Glyoxal Market in Leather Industry
7.7 Cosmetic/Personal Care
7.7.1 APAC to Be the Largest Consumer of Glyoxal in Cosmetics Industry
7.8 Others
8 Glyoxal Market, By Region (Page No. – 62)
8.1 Introduction
8.2 North America
8.2.1 US
8.2.1.1 Growing Demand for Sustainable Packaging Solution to Fuel the Glyoxal Market
8.2.2 Mexico
8.2.2.1 Rising Textile Exports to Propel the Demand for Glyoxal
8.2.3 Canada
8.2.3.1 Surging Demand for Comfortable Clothing to Boost the Demand for Glyoxal
8.3 Europe
8.3.1 Germany
8.3.1.1 Investments in Chemical Sector to Increase Demand for Glyoxal
8.3.2 France
8.3.2.1 Growing Domestic Demand for Cosmetics to Propel the Demand for Glyoxal
8.3.3 Italy
8.3.3.1 Intermediates Application is the Fastest-Growing Consumer of Glyoxal in Italy
8.3.4 Russia
8.3.4.1 Growing Chemical and Oil & Gas Industries to Drive the Market
8.3.5 UK
8.3.5.1 Crosslinking is the Largest Application of Glyoxal in the UK
8.3.6 Rest of Europe
8.4 APAC
8.4.1 China
8.4.1.1 Rapid Economical Growth and Increasing Industrial Base to Boost the Demand for Glyoxal
8.4.2 India
8.4.2.1 Rapid Growth in the Chemical Industry to Propel the Glyoxal Market
8.4.3 Japan
8.4.3.1 Growing Demand for Pharmaceuticals to Drive the Glyoxal Market
8.4.4 Vietnam
8.4.4.1 Rising Influx of Foreign Brand in Clothing to Augment the Demand for Glyoxal
8.4.5 Rest of APAC
8.5 Middle East & Africa
8.5.1 Saudi Arabia
8.5.1.1 Intermediates Segment is the Largest Consumer of Glyoxal in Saudi Arabia
8.5.2 South Africa
8.5.2.1 Industrial Development to Drive the Glyoxal Market in South Africa
8.5.3 Rest of Middle East & Africa
8.6 South America
8.6.1 Brazil
8.6.1.1 Textile Industry Growth to Drive the Glyoxal Market
8.6.2 Peru
8.6.2.1 Growing Agricultural Activities to Drive the Glyoxal Market in Peru
8.6.3 Rest of South America
9 Competitive Landscape (Page No. – 98)
9.1 Overview
9.2 Competitive Leadership Mapping, 2018
9.2.1 Visionary Leaders
9.2.2 Innovators
9.2.3 Dynamic Differentiators
9.2.4 Emerging Companies
9.3 Strength of Product Portfolio
9.4 Business Strategy Excellence
9.5 Market Ranking of Key Players
9.5.1 BASF SE
9.5.2 Merck KGaA
9.5.3 Thermo Fisher Scientific Inc.
9.5.4 WeylChem International GmbH
9.5.5 Haihang Group
9.6 Competitive Situation & Trends
9.6.1 Merger & Acquisition
9.6.2 Investment & Expansion
10 Company Profiles (Page No. – 106)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
10.1 BASF SE
10.2 Merck KGaA
10.3 Thermo Fisher Scientific Inc.
10.4 WeylChem International GmbH
10.5 Haihang Group
10.6 Amzole India Pvt. Ltd.
10.7 Onichem
10.8 Taicang Guangze Fine Chemical Co., Ltd.
10.9 Tokyo Chemical Industry Co., Ltd.
10.10 Toronto Research Chemicals
10.11 Other Companies
10.11.1 Cangzhou Goldlion Chemicals Co., Ltd.
10.11.2 Finetech Industry Limited
10.11.3 Fuyang Fengchi Chemical Co., Ltd.
10.11.4 Huang’gang Jinweikang Chemicals Co., Ltd.
10.11.5 Hubei Hongyuan Pharmaceutical Technology Co., Ltd.
10.11.6 Hubei Shunhui Bio-Technology Co., Ltd.
10.11.7 Novochem
10.11.8 Oakwood Products, Inc.
10.11.9 Oswal Udhyog Group
10.11.10 Otto Chemie Pvt Ltd
10.11.11 Penta Manufacturing Company
10.11.12 Sancai Industry Co., Ltd.
10.11.13 Spectrum Chemical Mfg. Corp.
10.11.14 Zehao Industry Co., Ltd.
10.11.15 ZL Chemical (Jinan) Co., Ltd.
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
11 Appendix (Page No. – 123)
11.1 Discussion Guide
11.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets Subscription Portal
11.3 Available Customizations
11.4 Related Reports
11.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】グリオキサールの世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年10月15日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】CH 7366
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】化学
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
グリオキサールの世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • モンゴルのプラスチック製モノフィラメントおよび棒市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 地上から空へのオンボードコネクティビティの世界市場:コンポーネント別(ハードウェア、サービス)、技術別(衛星、空対地)用途別(エンターテイメント、通信)、最終用途別(海上、鉄道、航空、路上輸送)
    当調査レポートでは、地上から空へのオンボードコネクティビティの世界市場について調査・分析し、イントロダクション、エグゼクティブサマリ-、市場概要、コンポーネント別分析、用途別分析、最終用途別分析、地域別分析、企業概要などを含め以下の構成でお届けします。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・地上から空へのオンボードコネクティビティの世界市場:コンポーネント別(ハードウェア、サービス) ・地上から空へのオンボードコネクティビティの世界市場:用途別(エンターテイメント、通信) ・地上から空へのオンボードコネクティビティの世界市場:最終用途別(海上、鉄道、航空、路上輸送) ・地上から空へのオンボードコネクティビティの世界市場:地域別 ・企業概要
  • 桂皮油の世界市場:タイプ別(セイロン産シナモン、中国産シナモン、その他)、用途別(医療、アロマテラピー、パーソナルケア用品)、地域別予測
    本資料は、桂皮油の世界市場について調べ、桂皮油の世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(セイロン産シナモン、中国産シナモン、その他)分析、用途別(医療、アロマテラピー、パーソナルケア用品)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはNew Health Group Inc、Young Living Essential Oils、Floracopeia、Mountain Rose Herbs、Bulk Apothecary、Plant Therapy、Eden Botanicals、Piping Rock、The Plant Guru、Sun Essential Oils、などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・桂皮油の世界市場概要 ・桂皮油の世界市場環境 ・桂皮油の世界市場動向 ・桂皮油の世界市場規模 ・桂皮油の世界市場規模:タイプ別(セイロン産シナモン、中国産シナモン、その他) ・桂皮油の世界市場規模:用途別(医療、アロマテラピー、パーソナルケア用品) …
  • 使い捨てパンツの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、使い捨てパンツの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、使い捨てパンツの世界市場規模及び予測、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • IoTソフトウェア市場およびOEMエコシステム:機会、課題、市場予測
  • トルコの風力発電市場2016:発電能力、生産、均等化発電原価(LCOE)、投資動向、規制、企業分析
  • 中国の骨盤内視鏡市場2015
    本調査レポートでは、中国の骨盤内視鏡市場2015について調査・分析し、骨盤内視鏡の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • BPaaSの世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、BPaaSの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、ビジネスプロセス別分析、企業規模別分析、産業別分析、地域別分析、BPaaSの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • LNGタンカーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、LNGタンカーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、LNGタンカーの世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 廃棄物系バイオマスの世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、廃棄物系バイオマスの世界市場について調査・分析し、廃棄物系バイオマスの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 廃棄物系バイオマスの世界市場:市場動向分析 - 廃棄物系バイオマスの世界市場:競争要因分析 - 廃棄物系バイオマスの世界市場:エンドユーザー別 ・自治体による発電 ・輸送燃料 ・オンサイト発電 - 廃棄物系バイオマスの世界市場:種類別 ・工業廃水 ・農業廃水 ・埋立ガス ・下水 - 廃棄物系バイオマスの世界市場:主要地域別分析 - 廃棄物系バイオマスの北米市場規模(アメリカ市場等) - 廃棄物系バイオマスのヨーロッパ市場規模 - 廃棄物系バイオマスのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・廃棄物系バイオマスの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • キノコの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、キノコの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、キノコの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、カテゴリー別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 特殊油脂の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、特殊油脂の世界市場について調査・分析し、特殊油脂の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別特殊油脂シェア、市場規模推移、市場規模予測、特殊油脂種類別分析(カカオ代用脂、その他)、特殊油脂用途別分析(家庭用、飲食店用、工業用、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・特殊油脂の市場概観 ・特殊油脂のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・特殊油脂のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・特殊油脂の世界市場規模 ・特殊油脂の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・特殊油脂のアメリカ市場規模推移 ・特殊油脂のカナダ市場規模推移 ・特殊油脂のメキシコ市場規模推移 ・特殊油脂のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・特殊油脂のドイツ市場規模推移 ・特殊油脂のイギリス市場規模推移 ・特殊油脂のロシア市場規模推移 ・特殊油脂のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・特殊油脂の日本市場規模推移 ・特殊油脂の中国市場規模推移 …
  • 本態性血小板血症(Essential Thrombocythemia):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における本態性血小板血症(Essential Thrombocythemia)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、本態性血小板血症(Essential Thrombocythemia)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・本態性血小板血症(Essential Thrombocythemia)の概要 ・本態性血小板血症(Essential Thrombocythemia)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の本態性血小板血症(Essential Thrombocythemia)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・本態性血小板血症(Essen …
  • 動物飼料用微量ミネラルの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、動物飼料用微量ミネラルの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、動物飼料用微量ミネラル市場規模、製品別(有機元素、無機元素)分析、家畜別(反芻動物、家禽、豚、その他)分析、種類別(亜鉛、鉄、マンガン、銅、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・動物飼料用微量ミネラルの世界市場概要 ・動物飼料用微量ミネラルの世界市場環境 ・動物飼料用微量ミネラルの世界市場動向 ・動物飼料用微量ミネラルの世界市場規模 ・動物飼料用微量ミネラルの世界市場:業界構造分析 ・動物飼料用微量ミネラルの世界市場:製品別(有機元素、無機元素) ・動物飼料用微量ミネラルの世界市場:家畜別(反芻動物、家禽、豚、その他) ・動物飼料用微量ミネラルの世界市場:種類別(亜鉛、鉄、マンガン、銅、その他) ・動物飼料用微量ミネラルの世界市場:地域別市場規模・分析 ・動物飼料用微量ミネラルのアメリカ市場規模・予測 ・動物飼料用微量ミネラルのヨーロッパ市 …
  • アナリティクス・アズ・ア・サービス(AaaS)の世界市場:構成要素別(ソリューション、サービス)、分析種類別(予測分析、規範的分析、診断分析、記述的分析)、展開種類別(プライベートクラウド、パブリッククラウド、ハイブリッドクラウド)、業種別(BFSI、小売、政府、公共セクター、IT&テレコミュニケーション、輸送&ロジスティクス、製造、その他)
    本調査レポートでは、アナリティクス・アズ・ア・サービス(AaaS)の世界市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、構成要素別(ソリューション、サービス)分析、分析種類別(予測分析、規範的分析、診断分析、記述的分析)分析、展開種類別(プライベートクラウド、パブリッククラウド、ハイブリッドクラウド)分析、業種別(BFSI、小売、政府、公共セクター、IT&テレコミュニケーション、輸送&ロジスティクス、製造、その他)分析、地域別分析、競争状況、企業概要などを総合的、多面的にまとめております。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・アナリティクス・アズ・ア・サービス(AaaS)の世界市場:構成要素別(ソリューション、サービス) ・アナリティクス・アズ・ア・サービス(AaaS)の世界市場:分析種類別(予測分析、規範的分析、診断分析、記述的分析) ・アナリティクス・アズ・ア・サービス(AaaS)の世界市場:展開種類別(プライベートクラウド、パブリッククラウド、ハイブリッドクラウド) ・アナリティクス・アズ・ア・サービス(AaaS)の世界市場:業種 …
  • サーマルプリントの世界市場予測(~2023年):サーマルプリンター、用品
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、サーマルプリントの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、提供方式別分析、プリンタ種類別分析、フォーマットタイプ別分析、印刷技術別分析、サーマルプリントの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • システムトレードの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、システムトレードの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、システムトレードの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 塗料用添加剤の世界市場2017-2021:建築、工業、木材・家具、自動車、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、塗料用添加剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、塗料用添加剤の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は塗料用添加剤の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.12%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はAkzo Nobel、Arkema、Ashland、BASF、The Dow Chemical等です。
  • チラーの世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、チラーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、需要先別分析、地域別分析、チラーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ウェアラブル電子機器の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、ウェアラブル電子機器の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ウェアラブル電子機器市場規模、コンポーネント別(オーディオ、バッテリー、カメラ、コントロール、インタフェース、メモリ、PCBs、電源、その他)分析、製品別(アイウェア、ボディウェア、ネックウェア、リストウェア、フットウェア、その他)分析、用途別(医療、エンターテイメント、防衛、家電、企業・産業、その他)分析、技術別(コンピューティング技術、ディスプレイ技術)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ ウェアラブル電子機器の世界市場:市場動向分析 ・ ウェアラブル電子機器の世界市場:競争要因分析 ・ ウェアラブル電子機器の世界市場:コンポーネント別(オーディオ、バッテリー、カメラ、コントロール、インタフェース、メモリ、PCBs、電源、その他) ・ ウェアラブル電子機器の世界市場:製品別(アイウェア、ボディウェア、ネックウェア、リストウェア、フットウェア、その他) ・ …
  • 出退勤システム管理の世界市場:近接型カード、生体認証
    当調査レポートでは、出退勤システム管理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、出退勤システム管理の世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • マルチパラメータ患者監視装置の世界市場
    当調査レポートでは、マルチパラメータ患者監視装置の世界市場について調査・分析し、マルチパラメータ患者監視装置の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 配電ユニットの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、配電ユニットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別(ベーシック、メーター、スイッチ、モニター、ATS、ホットスワップ、デュアルサーキット)分析、相別(単相&3相)分析、定格電力別(最大120V、120〜240V、240〜400V、400V以上)分析、エンドユーザー別分析、配電ユニットの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、配電ユニットの世界市場規模が2019年37億ドルから2024年52億ドルまで年平均7.1%成長すると予測しています。
  • アレルギー診断及び治療の世界市場予測
    本調査レポートでは、アレルギー診断及び治療の世界市場について調査・分析し、アレルギー診断及び治療の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • ヨーロッパの医療EDI(電子データ交換)市場
  • データセンター向けサービスの世界市場予測(~2022)
    当調査レポートでは、データセンター向けサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、種類別分析、需要先別分析、データセンター別分析、地域別分析、データセンター向けサービスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 小型自動車用安全システムの世界市場予測(~2030)
    ※本調査レポートでは、小型自動車用安全システムの世界市場について調査・分析し、小型自動車用安全システムの世界市場及び主要地域の市場規模、市場予測、最新技術動向、市場シェア、主要企業(メーカー)の概要(戦略、展望を含む)、業界動向、外部環境分析(Pester)等の情報をお届けしています。
  • バルブポジショナの世界市場
    当調査レポートでは、バルブポジショナの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バルブポジショナの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • トップ10ケアケミカルの世界市場予測(~2021):カラー化粧品、パーソナルケア成分、活性成分、香料成分、業務用I&I洗浄剤、界面活性剤、軟化エステル、化粧用顔料、化粧品防腐剤、エトキシレート
  • メキシコの麻酔器市場動向(~2021)
  • 韓国の微生物培養市場動向(~2021)
  • 融合助剤の世界市場:樹脂の種類別(アルキド樹脂、アクリル樹脂、ビニル樹脂、エポキシ樹脂、ポリウレタン樹脂、不飽和ポリエステル樹脂、飽和ポリエステル樹脂、アミノ樹脂、その他)、技術別(溶剤型塗料、水性塗料、粉体塗料、その他)、用途別、地域別予測
  • 保険産業におけるビックデータ市場
  • 世界のデータセンターバスダクト市場規模・予測2017-2025:商品別(PDU・その他)、エンドユーズ別(BFSI、IT・テレコム、政府、電力、ヘルスケア・小売)、地域別(北米、ヨーロッパ、太平洋アジア、ラテンアメリカ、その他の国)
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のデータセンターバスダクト市場について調査・分析し、世界のデータセンターバスダクト市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のデータセンターバスダクト関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 世界の吸収性ガラスマット(AGM)バッテリー市場:電圧別(2〜4ボルト、6〜8ボルト、12ボルト以上)、種類別(静止、動機)、エンドユーザー別(OEM、アフターマーケット)、用途別(自動車、UPS、エネルギー貯蔵、産業)、地域別
    MarketsandMarkets社は、吸収性ガラスマット(AGM)バッテリーの世界市場規模が2019年102億ドルから2025年139億ドルまで年平均5.3%成長すると予測しています。当資料では、世界の吸収性ガラスマット(AGM)バッテリー市場を統合的に調査・分析し、市場概要、電圧別(2–4 V、6–8 V、12 V以上)分析、種類別(静止、動機)分析、エンドユーザー別(OEM、アフターマーケット)分析、用途別(自動車、UPS、産業、エネルギー貯蔵、その他)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などで構成されております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界の吸収性ガラスマット(AGM)バッテリー市場:電圧別(2–4 V、6–8 V、12 V以上) ・世界の吸収性ガラスマット(AGM)バッテリー市場:種類別(静止、動機) ・世界の吸収性ガラスマット(AGM)バッテリー市場:エンドユーザー別(OEM、アフターマーケット) ・世界の吸収性ガラスマット(AGM)バッテリー市場:用途別(自動車、UPS、産業、エネルギー貯蔵、その …
  • 泡消火剤の世界市場:水性皮膜形成泡、耐アルコール水性皮膜形成泡、たん白泡薬剤、合成界面活性剤泡、その他
    当調査レポートでは、泡消火剤の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、泡消火剤市場規模、製品別(水性皮膜形成泡、耐アルコール水性皮膜形成泡、たん白泡薬剤、合成界面活性剤泡、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Angus International Safety Group, DIC CORPORATION, Fabrik chemischer Präparate von Dr. Richard Sthamer, Johnson Controls, The Solberg Companyなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・泡消火剤の世界市場概要 ・泡消火剤の世界市場環境 ・泡消火剤の世界市場動向 ・泡消火剤の世界市場規模 ・泡消火剤の世界市場:業界構造分析 ・泡消火剤の世界市場:製品別(水性皮膜形成泡、耐アルコール水性皮膜形成泡、たん白泡薬剤、合成界面活性剤泡、その他) ・泡消火剤の世界市場:地域別市場規模・分析 ・泡消火剤の北米市 …
  • 耐久医療機器(DME)のアメリカ市場
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、耐久性のある医療機器(DME)のアメリカ市場について調査・分析し、耐久性のある医療機器(DME)のアメリカ市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、耐久性のある医療機器(DME)のアメリカ関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • がん治療用モノクローナル抗体(MAb)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、がん治療用モノクローナル抗体(MAb)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、がん治療用モノクローナル抗体(MAb)の世界市場規模及び予測、種類別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 遺伝子パネルの世界市場:製品別、地域別
    本レポートは、遺伝子パネルの市場実態を調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、製品別(小パネルテスト、大パネルテスト)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析を掲載しています。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・遺伝子パネルの世界市場:製品別(小パネルテスト、大パネルテスト) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • バイオイメージングの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、バイオイメージングの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、バイオイメージング市場規模、種類別(医療用超音波検査、エラストグラフィー、X線ラジオグラフィー、MRI、その他)分析、技術別(分子技術、医療技術)分析、用途別(実験室、病院、診断センター、診療所、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ バイオイメージングの世界市場:市場動向分析 ・ バイオイメージングの世界市場:競争要因分析 ・ バイオイメージングの世界市場:種類別(医療用超音波検査、エラストグラフィー、X線ラジオグラフィー、MRI、その他) ・ バイオイメージングの世界市場:技術別(分子技術、医療技術) ・ バイオイメージングの世界市場:用途別(実験室、病院、診断センター、診療所、その他) ・ バイオイメージングの世界市場:主要地域別分析 ・ バイオイメージングの北米市場規模(アメリカ市場等) ・ バイオイメージングのヨーロッパ市場規模 ・ バイオイメ …
  • 世界の蛇管市場2015
    本調査レポートでは、世界の蛇管市場2015について調査・分析し、蛇管の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 微小中空ガラス球状体の世界市場
  • ワイヤレス機内エンターテイメント(W-IFE)の世界市場:機体別(ナローボディ、ワイドボディ、リージョナルジェット)、取り付け別(レトロフィット、ラインフィット)、ハードウェア別、技術別、地域別予測
    本資料は、ワイヤレス機内エンターテイメント(W-IFE)の世界市場について調べ、ワイヤレス機内エンターテイメント(W-IFE)の世界規模、市場動向、市場環境、機体別(ナローボディ、ワイドボディ、リージョナルジェット)分析、取り付け別(レトロフィット、ラインフィット)分析、ハードウェア別分析、技術別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ワイヤレス機内エンターテイメント(W-IFE)の世界市場概要 ・ワイヤレス機内エンターテイメント(W-IFE)の世界市場環境 ・ワイヤレス機内エンターテイメント(W-IFE)の世界市場動向 ・ワイヤレス機内エンターテイメント(W-IFE)の世界市場規模 ・ワイヤレス機内エンターテイメント(W-IFE)の世界市場規模:機体別(ナローボディ、ワイドボディ、リージョナルジェット) ・ワイヤレス機内エンターテイメント(W-IFE)の世界市場規模:取り付け別(レトロフィット、ラインフィット) ・ワイヤレス機内エンターテイメ …
  • 血小板減少症(Thrombocytopenia):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における血小板減少症(Thrombocytopenia)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、血小板減少症(Thrombocytopenia)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・血小板減少症(Thrombocytopenia)の概要 ・血小板減少症(Thrombocytopenia)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の血小板減少症(Thrombocytopenia)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・血小板減少症(Thrombocytopenia)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価 …
  • 医療産業向けBPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)の世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、医療産業向けBPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、プロバイダー別分析、プレイヤー別分析、サービス別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 900シリーズ調理器具のヨーロッパ市場
  • 世界のポリアセタール(POM)市場2015
    本調査レポートでは、世界のポリアセタール(POM)市場2015について調査・分析し、ポリアセタール(POM)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 溶接用消防カバー(ブランケット)の世界市場
    当調査レポートでは、溶接用消防カバー(ブランケット)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、溶接用消防カバー(ブランケット)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 水の微生物検査の世界市場予測(~2022年):バクテリア、原虫、ウイルス
    当調査レポートでは、水の微生物検査の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、 病原体別分析、水の種類別分析、産業別分析、地域別分析、水の微生物検査の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 近距離無線通信(NFC)の世界市場分析:製品別(SDカード、SIMカード、NFCカバー、NFC IC、NFCタグ、NFCリーダー)、用途別(アクセス制御、発券、データ共有、医療機器、取引、製品識別)、セグメント予測
    本調査レポートでは、近距離無線通信(NFC)の世界市場について調査・分析し、近距離無線通信(NFC)の世界市場動向、近距離無線通信(NFC)の世界市場規模、市場予測、セグメント別近距離無線通信(NFC)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"