"スマートビルの世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:TC 3445)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"スマートビルの世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Rising adoption of IoT-enabled building management system, rising awareness of space utilization increased industry standards and regulations, are expected to drive the overall growth of the Smart building market across the globe.
The smart building market is projected to grow from USD 60.7 billion in 2019 to USD 105.8 billion by 2024, at a Compound Annual Growth Rate (CAGR) of 11.7% from 2019 to 2024. Rising adoption of IoT-enabled building management system and raising awareness of space utilization to drive the growth of the market across the globe. However, the lack of cooperation among standard bodies and uniform technology among smart building solutions is expected to restrict the growth of the market across the globe.

Based on solution type, the energy management segment is expected to grow with the fastest growth rate during the forecast period
The energy management segment is projected to grow with the most rapid growth rate in 2019 to 2024.Energy management solutions for smart building help to reduce and monitor the energy consumption of the building. Keeping operational expenses low is a continuous challenge for owners and managers of multistory buildings, schools, or building complexes. Some of the infrastructure available for managing energy in buildings is designed for large systems and not for managers with smaller budgets, resulting in high costs of adoption and integration.

Based on building type, the commercial building segment is expected to lead the Smart building market in 2019.
The commercial building segment is expected to lead the smart building market in 2019. Energy performance of commercial buildings is a significant challenge for the commercial sector as these buildings consume higher energy and also generate more waste in the form of carbon and other solid wastes. Therefore, appropriate and tailor-made solutions are needed for optimized energy performance to reduce building energy consumption without compromising comfort or security.

The Asia Pacific (APAC) smart building market is projected to grow at the highest CAGR during the forecast period.
The APAC smart building market is projected to grow at the highest CAGR during the forecast period. The growth of the market in Asia Pacific can be attributed to innovative building technologies are getting traction in the APAC region due to presence of various smart building market vendors to use such technology for gaining competitive advantage. Multiple governments in this region have started promoting smart building practices due to rising environmental concerns and the growing need for energy savings. For instance, China has invested heavily into over 2,500 green building projects, and Singapore has decided to aim for 80% cent of its buildings to be certified as Green, under its Green Mark scheme by 2030.

In-depth interviews were conducted with Chief Executive Officers (CEOs), marketing directors, innovation and technology directors, and executives from various key organizations operating in the Smart building market.
• By Company Type: Tier 1 – 62%, Tier 2 – 23%, and Tier 3 – 15%
• By Designation: C-level – 38%, Directors – 30%, and Others – 32%
• By Region: North America – 40%, Europe – 15%, Asia Pacific – 35%, Middle East and Africa – 5%, Latin America – 5%
The major vendors covered in the Smart building market include Honeywell (US), Johnson Controls (US), Cisco (US), Hitachi (Japan), Siemens (Germany), IBM (US), Schneider Electric (Germany),Intel (US),Huawei (China),ABB (Switzerland),L&T Technology Service (India),75F (US), Telit (Switzerland), Pointgrab (Israel), LogicLadder (India), Spacewell (Belgium), PTC (US), Avenet (US), Softdell (US), Spaceti (Czech Republic).

Research coverage
The market study covers the Smart building market across different segments. It aims at estimating the market size and the growth potential of this market across different segments based on component, solutions ,service, building type, and region. The study also includes an in-depth competitive analysis of the key market players, along with their company profiles, key observations related to product and business offerings, recent developments, and key market strategies.

Key benefits of buying the report
The report is expected to help the market leaders/new entrants in this market by providing them information on the closest approximations of the revenue numbers for the overall Smart building market and its segments. This report is also expected to help stakeholders understand the competitive landscape and gain insights to improve the position of their businesses and to plan suitable go-to-market strategies. The report also aims at helping stakeholders understand the pulse of the market and provide them with information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"スマートビルの世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 20)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.2.1 Inclusion and Exclusion
1.3 Market Scope
1.3.1 Market Segmentation
1.4 Years Considered for the Study
1.5 Currency Considered
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 23)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Breakdown of Primary Profiles
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.2 Market Breakdown and Data Triangulation
2.3 Market Size Estimation
2.3.1 Top-Down Approach
2.3.2 Bottom-Up Approach
2.4 Market Forecast
2.5 Competitive Leadership Mapping Research Methodology
2.6 Research Assumptions and Limitations
2.6.1 Assumptions for the Study
2.6.2 Limitations of the Study
3 Executive Summary (Page No. – 31)
4 Premium Insights (Page No. – 34)
4.1 Attractive Opportunities in the Smart Building Market
4.2 Market Top 3 Solutions and Regions
4.3 Market By Region
4.4 Market Investment Scenario
5 Market Overview and Industry Trends (Page No. – 37)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Rising Adoption of Iot-Enabled Building Management System
5.2.1.2 Rising Awareness With Regard to Space Utilization
5.2.1.3 Increased Industry Standards and Regulations
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Lack of Cooperation Among Standard Bodies
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Emergence of 5g Technology
5.2.3.2 Rising Smart City Trend
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Lack of Technology Alignment and Skilled Professionals
5.2.4.2 Rising Privacy and Security Concerns Owing to Iot-Enabled Devices
5.3 Case Studies
6 Smart Building Market By Component (Page No. – 42)
6.1 Introduction
6.2 Solutions
6.2.1 Solutions Help Solve the Critical Challenges for Building Operations
6.3 Services
6.3.1 Need for Consistent Performance of Solutions to Increase the Demand for Services in the Market
7 Smart Building Market By Solution (Page No. – 46)
7.1 Introduction
7.2 Building Infrastructure Management
7.2.1 Parking Management System
7.2.1.1 Parking Management System Helps to Manage Multiple Parking Facilities at a Time to Reduce Parking Complexities in Buildings
7.2.2 Smart Water Management System
7.2.2.1 Need for Efficiently Managing Water Resources to Increase the Demand for Smart Water Management Systems
7.2.3 Elevators and Escalators Management System
7.2.3.1 Smart Elevators Would Solve Elevator Failures and Increase the Life of Elevators
7.3 Security and Emergency Management
7.3.1 Access Control System
7.3.1.1 Access Control Software Works With Smart Building Automation Systems to Regulate Mechanical Systems and Provide Security Features That Keep Buildings Secure
7.3.2 Video Surveillance System
7.3.2.1 Video Surveillance Systems Provide Increased Visibility for Organizations That Want to Safeguard Their People, Assets, and Buildings
7.3.3 Safety System
7.3.3.1 Safety Systems Help to Control Accidents and Public Safety
7.4 Energy Management
7.4.1 HVAC Control System
7.4.1.1 Smart HVAC Technology Reduces Energy Costs, Lessens the Workload on Facilities Staff, and Provides Better Comfort Conditions
7.4.2 Lighting System
7.4.2.1 Smart Lighting Management Helps Reduce Energy Consumption in Buildings
7.5 Network Management
7.5.1 Network Management Helps to Run the Overall System Smoothly and Without Failure of the Control System
7.6 Workforce Management
7.6.1 Workforce Management Helps to Manage and Monitor the Workforce Within the Facility
8 Smart Building Market By Service (Page No. – 58)
8.1 Introduction
8.2 Consulting
8.2.1 Consulting Services Help Understand the Significance of the Smart Building Solutions
8.3 Integration and Deployment
8.3.1 Need for Integrating Different Components on a Single Platform to Increase the Demand for Integration and Deployment Services
8.4 Support and Maintenance
8.4.1 Need for Efficient and Seamless Operations of the Smart Building Solutions to Increase the Demand for Support and Maintenance Services
9 Smart Building Market By Building Type (Page No. – 63)
9.1 Introduction
9.2 Residential
9.2.1 Increasing Awareness of Safety and Security to Drive the Demand for Smart Solutions in Residential Buildings
9.3 Commercial
9.3.1 Office Buildings
9.3.1.1 Growing Demand for Smart Building Solutions to Provide Safe and Efficient Operations in Office Buildings
9.3.2 Retail and Public Assembly Buildings
9.3.2.1 Higher Demand for Smart Building Solutions in Commercial Buildings to Efficiently Manage Commercial Facilities and Track Public Across the Facility
9.3.3 Hospital and Healthcare Facilities
9.3.3.1 Smart Building Solution Helps in Patient Monitoring and Better Management of Hospital Facilities
9.3.4 Airports and Railway Stations
9.3.4.1 Smart Building Solutions Help to Keep the Airports and Railway Stations Safe and More Efficient
9.3.5 Others
9.4 Industrial
9.4.1 Smart Building Solutions Help Industries Become More Efficient and Productive
10 Smart Building Market By Region (Page No. – 72)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.2.1 United States
10.2.1.1 Supportive Government Plans for Energy Optimization to Fuel the Growth of the Smart Building Market in the US
10.2.2 Canada
10.2.2.1 Government Initiatives to Support the Green Building Initiatives to Fuel the Growth of Smart Building in Canada
10.3 Europe
10.3.1 United Kingdom
10.3.1.1 Initiatives of Smart Cities to Fuel the Growth of Smart Buildings in the UK
10.3.2 Germany
10.3.2.1 Increasing Adoption of IoT to Fuel the Growth of Smart Buildings in Germany
10.3.3 Rest of Europe
10.4 Asia Pacific
10.4.1 China
10.4.1.1 Government Initiatives for the Adoption of Building Automation Solution Fueling the Growth of Smart Buildings in China
10.4.2 Japan
10.4.2.1 Technology Advancements in Various Sectors to Fuel the Growth of the Smart Building Market in Japan
10.4.3 Australia
10.4.3.1 Growing Investment From Commercial Property Owners and Government for the Development of Smart Cities Leading to Adoption of Smart Building in Australia
10.4.4 Rest of Asia Pacific
10.5 Middle East and Africa
10.5.1 Israel
10.5.1.1 Rise in Adoption of Connected Technologies to Increase the Demand for Smart Buildings in Israel
10.5.2 United Arab Emirates
10.5.2.1 Government Initiatives to Fuel the Growth of Smart Buildings in the UAE
10.5.3 Rest of Middle East and Africa
10.6 Latin America
10.6.1 Brazil
10.6.1.1 Growing Initiatives of the Government for Technological Adoption to Fuel the Growth of Smart Building in Brazil
10.6.2 Mexico
10.6.2.1 Growing Initiatives of Green Buildings to Fuel the Growth of Smart Building in Mexico
10.6.3 Rest of Latin America
11 Competitive Landscape (Page No. – 113)
11.1 Competitive Leadership Mapping
11.1.1 Visionary Leaders
11.1.2 Innovators
11.1.3 Dynamic Differentiators
11.1.4 Emerging Companies
12 Company Profiles (Page No. – 115)
12.1 Cisco
(Business Overview, Products & Solutions, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
12.2 IBM
12.3 Hitachi
12.4 Honeywell
12.5 Siemens
12.6 Schneider Electric
12.7 Johnson Controls
12.8 Intel
12.9 Huawei
12.10 ABB
12.11 Pointgrab
12.12 Larsen & Toubro Technology Services
12.13 75F
12.14 Telit
12.15 LogicLadder
12.16 Spacewell
12.17 PTC
12.18 Avnet
12.19 Softdel
12.20 Spaceti
*Details on Business Overview, Products & Solutions, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not be Captured in Case of Unlisted Companies.
13 Appendix (Page No. – 148)
13.1 Discussion Guide
13.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.3 Available Customizations
13.4 Related Reports
13.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】スマートビルの世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年10月15日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】TC 3445
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】電気通信及びIT
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
スマートビルの世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • サファイアガラスの世界市場
    当調査レポートでは、サファイアガラスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、サファイアガラスの世界市場規模及び予測、用途別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 遠隔電子ユニット(REU)の世界市場予測(~2022年):操縦面、ランディングギ、燃料システム、防氷システム
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、遠隔電子ユニット(REU)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、用途別分析、需要先別分析、プラットフォーム別分析、地域別分析、遠隔電子ユニット(REU)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 解剖病理学の世界市場予測(~2021):装置(組織処理システム、ミクロトーム)、消耗品(試薬、抗体)、組織病理学、細胞病理学
    当調査レポートでは、解剖病理学の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品・サービス別分析、用途別分析、地域別分析、解剖病理学の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • オランダの整形外科装置市場見通し
  • 生物製剤の世界市場分析:由来別(微生物、哺乳類)、製品別(モノクローナル抗体、ワクチン、組換えタンパク質、アンチセンス、RNAi、分子治療)、病気の種類別、製造法別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、生物製剤の世界市場について調査・分析し、生物製剤の世界市場動向、生物製剤の世界市場規模、市場予測、セグメント別生物製剤市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の自動車センタリンク市場2016
    本調査レポートでは、世界の自動車センタリンク市場2016について調査・分析し、自動車センタリンクの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • タンカーの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、タンカーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、タンカー市場規模、船舶種類別(超巨大タンカー(ULCC)・ 巨大タンカー(VLCC)、スエズマックス、アフラマックス、パナマックス、小型、中型)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ タンカーの世界市場:市場動向分析 ・ タンカーの世界市場:競争要因分析 ・ タンカーの世界市場:船舶種類別(超巨大タンカー(ULCC)・ 巨大タンカー(VLCC)、スエズマックス、アフラマックス、パナマックス、小型、中型) ・ タンカーの世界市場:主要地域別分析 ・ タンカーの北米市場規模(アメリカ市場等) ・ タンカーのヨーロッパ市場規模 ・ タンカーのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・タンカーの世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • 組み込みプロセッサの世界市場:タイプ別(マイクロプロセッサ、マイクロコントローラ、デジタル信号プロセッサ、eFPGAなど)、用途別(コンシューマーエレクトロニクス、自動車、産業、ヘルスケア、IT&テレコム、航空宇宙および防衛、その他)
    当調査レポートでは、組み込みプロセッサの世界市場について調査・分析し、イントロダクション、エグゼクティブサマリ-、市場概要、タイプ別分析、用途別分析、地域別分析、競合分析、企業概要などを含め以下の構成でお届けします。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・組み込みプロセッサの世界市場:タイプ別(マイクロプロセッサ、マイクロコントローラ、デジタル信号プロセッサ、eFPGAなど) ・組み込みプロセッサの世界市場:用途別(コンシューマーエレクトロニクス、自動車、産業、ヘルスケア、IT&テレコム、航空宇宙および防衛、その他) ・組み込みプロセッサの世界市場:地域別 ・競合分析 ・企業概要
  • フルレイヤーパレタイジングロボット市場の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、フルレイヤーパレタイジングロボット市場の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、フルレイヤーパレタイジングロボット市場市場規模、製品別(ソフトウェア、サービス、ハードウェア)分析、エンドユーザー別(食品・飲料、医薬品、エレクトロニクス・半導体、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、ABB, FANUC, Kawasaki Heavy Industries, Midea Group, YASKAWA ELECTRICなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・フルレイヤーパレタイジングロボット市場の世界市場概要 ・フルレイヤーパレタイジングロボット市場の世界市場環境 ・フルレイヤーパレタイジングロボット市場の世界市場動向 ・フルレイヤーパレタイジングロボット市場の世界市場規模 ・フルレイヤーパレタイジングロボット市場の世界市場:業界構造分析 ・フルレイヤーパレタイジングロボット市場の世界市場:製品別(ソフトウェア、サービス …
  • 音楽の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、音楽の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、音楽の世界市場規模及び予測、音楽収益源別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • フレキシブルディスプレイ(FD)の世界市場予測(~2022年):OLED、量子ドット、LED、電子ペーパー
    当調査レポートでは、フレキシブルディスプレイ(FD)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、用途別分析、技術別分析、パネルサイズ別分析、地域別分析、フレキシブルディスプレイ(FD)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ニュートリコスメティクスの世界市場
    当調査レポートでは、ニュートリコスメティクスの世界市場について調査・分析し、ニュートリコスメティクスの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 世界のターボ圧力送風機市場2015
    本調査レポートでは、世界のターボ圧力送風機市場2015について調査・分析し、ターボ圧力送風機の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ラグジュアリーセグメント用自動運転車の世界市場予測(~2030年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ラグジュアリーセグメント用自動運転車の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、車両タイプ別分析、需要先別分析、燃料種類別分析、構成品別分析、ラグジュアリーセグメント用自動運転車の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • サウジアラビアの医療市場動向(~2022)
  • 搾乳器の世界市場
    当調査レポートでは、搾乳器の世界市場について調査・分析し、搾乳器の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 偽造防止包装の世界市場分析:製品別{秘密保持(セキュリティラベル、不可視印刷)、顕性、法医学、追跡(機械可読データ、RFID)}、用途別(医薬品、衣料)、セグメント予測 2014-2025
    本調査レポートでは、偽造防止包装の世界市場について調査・分析し、偽造防止包装の世界市場動向、偽造防止包装の世界市場規模、市場予測、セグメント別偽造防止包装市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • パッケージ変電所の世界市場:電圧タイプ別(36kV~150kV、36kV未満)、用途別(インフラー、工業、電力整備・発電、その他)、地域別予測
    本資料は、パッケージ変電所の世界市場について調べ、パッケージ変電所の世界規模、市場動向、市場環境、電圧タイプ別(36kV~150kV、36kV未満)分析、用途別(インフラー、工業、電力整備・発電、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・パッケージ変電所の世界市場概要 ・パッケージ変電所の世界市場環境 ・パッケージ変電所の世界市場動向 ・パッケージ変電所の世界市場規模 ・パッケージ変電所の世界市場規模:電圧タイプ別(36kV~150kV、36kV未満) ・パッケージ変電所の世界市場規模:用途別(インフラー、工業、電力整備・発電、その他) ・パッケージ変電所の世界市場:地域別市場規模・分析 ・パッケージ変電所の北米市場規模・予測 ・パッケージ変電所のアメリカ市場規模・予測 ・パッケージ変電所のヨーロッパ市場規模・予測 ・パッケージ変電所のアジア市場規模・予測 ・パッケージ変電所の日本市場規模・予測 ・パッケージ変電所の中国市場規模・予測 ・ …
  • Anti-CD70抗体のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるAnti-CD70抗体のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・Anti-CD70抗体の概要 ・Anti-CD70抗体のパイプライン概要 ・企業別開発中のAnti-CD70抗体 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・Anti-CD70抗体の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・Anti-CD70抗体開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 人事管理(HRM)の世界市場2014-2025:ソフトウェア別、サービス別、展開別(ホステッド、オンプレミス)、組織規模別(大企業、中小企業)エンドユーズ別
    本調査レポートでは、人事管理(HRM)の世界市場について調査・分析し、人事管理(HRM)の世界市場動向、人事管理(HRM)の世界市場規模、市場予測、セグメント別人事管理(HRM)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • PPAR-ベータ/デルタアゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるPPAR-ベータ/デルタアゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・PPAR-ベータ/デルタアゴニストの概要 ・PPAR-ベータ/デルタアゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のPPAR-ベータ/デルタアゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・PPAR-ベータ/デルタアゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・PPAR-ベータ/デルタアゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ゴムタイヤ式門型(RTG)クレーンの世界市場分析:タイプ別(8輪車、16輪車)、電源別(ディーゼル、電気、ハイブリッド)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、MEA)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、ゴムタイヤ式門型(RTG)クレーンの世界市場について調査・分析し、ゴムタイヤ式門型(RTG)クレーンの世界市場動向、ゴムタイヤ式門型(RTG)クレーンの世界市場規模、市場予測、セグメント別ゴムタイヤ式門型(RTG)クレーン市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 一方向テープ(UDテープ)の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、一方向テープ(UDテープ)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、繊維種類(ガラス、炭素)別分析、樹脂別分析、需要先(産業)別分析、地域別分析、一方向テープ(UDテープ)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ハラルフードの世界市場2014-2025:製品別(肉・代替物、牛乳・乳製品、果物・野菜、穀物製品)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、MEA、CSA)
    本調査レポートでは、ハラルフードの世界市場について調査・分析し、ハラルフードの世界市場動向、ハラルフードの世界市場規模、市場予測、セグメント別ハラルフード市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 試験室用分析機器の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、試験室用分析機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、試験室用分析機器の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 水処理用化学物質および技術の世界市場
    当調査レポートでは、水処理用化学物質および技術の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・水処理用化学物質および技術の世界市場:製品別分析/市場規模 ・水処理用化学物質および技術の世界市場:地域別分析/市場規模 ・水処理用化学物質および技術のアメリカ市場規模予測 ・水処理用化学物質および技術のヨーロッパ市場規模予測 ・水処理用化学物質および技術のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 臭素誘導体の世界市場ー産業および機会分析ー2016-2026:臭化ナトリウム、臭化カルシウム、臭化亜鉛、TBBPA、DBDPE
  • 住血吸虫症(Schistosomiasis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における住血吸虫症(Schistosomiasis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、住血吸虫症(Schistosomiasis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・住血吸虫症(Schistosomiasis)の概要 ・住血吸虫症(Schistosomiasis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の住血吸虫症(Schistosomiasis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・住血吸虫症(Schistosomiasis)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 …
  • 整形外科用医療機器の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、整形外科用医療機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、整形外科用医療機器の世界市場規模及び予測、用途別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • エッセンシャルオイルの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、エッセンシャルオイルの世界市場について調査・分析し、エッセンシャルオイルの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - エッセンシャルオイルの世界市場:市場動向分析 - エッセンシャルオイルの世界市場:競争要因分析 - エッセンシャルオイルの世界市場:用途別 ・クリーニング・ホーム ・食品・飲料 ・SPA・リラクゼーション ・医療用 ・アロマテラピー ・その他 - エッセンシャルオイルの世界市場:製品別 ・レモン ・ユーカリ ・クローブリーフ ・コーンミント ・スペアミント ・ペパーミント ・オレンジ ・ライム ・シトロネラ ・その他 - エッセンシャルオイルの世界市場:主要地域別分析 - エッセンシャルオイルの北米市場規模(アメリカ市場等) - エッセンシャルオイルのヨーロッパ市場規模 - エッセンシャルオイルのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・エッセンシャルオイルの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 扇風機の世界市場予測・分析2020-2024
    Technavio社の本調査レポートでは、扇風機の世界市場について調べ、扇風機の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、扇風機の市場規模をセグメンテーション別(製品別(天井扇風機、床扇風機、壁掛け扇風機)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は扇風機の世界市場規模が2020-2024期間中に年平均3%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・扇風機の市場状況 ・扇風機の市場規模 ・扇風機の市場予測 ・扇風機の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(天井扇風機、床扇風機、壁掛け扇風機) ・扇風機の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • ギリシャの膝関節再建装置市場見通し
  • グルジアのプラスチックシート/プレート/フィルム市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • スウェーデンの末梢血管用装置市場見通し
  • 熱可塑性複合材料の世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、熱可塑性複合材料の世界市場について調査・分析し、熱可塑性複合材料の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・熱可塑性複合材料の世界市場規模:樹脂別分析 ・熱可塑性複合材料の世界市場規模:製品別分析 ・熱可塑性複合材料の世界市場規模:繊維別分析 ・熱可塑性複合材料の世界市場規模:用途別分析 ・熱可塑性複合材料の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 商用車の世界市場:製品別(バス・コーチ、LCV)、最終用途別(工業、鉱業、建設、物流)、セグメント予測
    商用車の世界市場は2025年には2兆2700億米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率7.1%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、中国、インド、トルコなどの新興国のインフラ整備への支出の増加に相まって、都市化の加速化などが考えられます。一部のサプライヤーは、研究開発の向上に注力する一方、業務効率化の向上に努めており、市場成長を促進する上で重要な役割を果たすと期待されています。本調査レポートでは、商用車の世界市場について調査・分析し、商用車の世界市場動向、商用車の世界市場規模、市場予測、セグメント別商用車市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のクロロプレンゴム(CR)市場2016
    本調査レポートでは、世界のクロロプレンゴム(CR)市場2016について調査・分析し、クロロプレンゴム(CR)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 入墨除去の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、入墨除去の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、入墨除去の世界市場規模及び予測、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のデジタル式乳房用X線診断装置市場2015
    本調査レポートでは、世界のデジタル式乳房用X線診断装置市場2015について調査・分析し、デジタル式乳房用X線診断装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 運輸業におけるGISの世界市場2016-2020:GISソフトウェア、GISデータ、GISサービス
    当調査レポートでは、運輸業におけるGISの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、運輸業におけるGISの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ポリアクリル酸エチルの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ポリアクリル酸エチルの世界市場について調査・分析し、ポリアクリル酸エチルの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ポリアクリル酸エチルシェア、市場規模推移、市場規模予測、ポリアクリル酸エチル種類別分析(ポリアクリル酸エチル28、ポリアクリル酸エチル32、ポリアクリル酸エチル40、その他)、ポリアクリル酸エチル用途別分析(シリコンゴム、高純度シリカ、ビトリファイ結合剤、シリカゲル材、塗料・コーティング、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ポリアクリル酸エチルの市場概観 ・ポリアクリル酸エチルのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ポリアクリル酸エチルのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ポリアクリル酸エチルの世界市場規模 ・ポリアクリル酸エチルの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ポリアクリル酸エチルのアメリカ市場規模推移 ・ポリアクリル酸エチルのカナダ市場規模推移 ・ポリアクリル酸エチルのメキシコ市場規模推移 ・ポリアクリル酸エチルのヨーロッ …
  • スマートフォン・タブレット用アクセサリー及び周辺機器の世界市場
    当調査レポートでは、スマートフォン・タブレット用アクセサリー及び周辺機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマートフォン・タブレット用アクセサリー及び周辺機器の世界市場規模及び予測、種類別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • キャンプ用品のアメリカ市場2017-2021
    当調査レポートでは、キャンプ用品のアメリカ市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、キャンプ用品のアメリカ市場規模及び予測、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 皮膚科用医薬品の世界市場予測
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、皮膚科用医薬品の世界市場について調査・分析し、皮膚科用医薬品の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・皮膚科用医薬品の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・皮膚科用医薬品の世界市場:セグメント別市場分析 ・皮膚科用医薬品の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • メキシコの整形外科用補装具処置動向(~2021)
  • パーソナルケア製品のアメリカ市場
  • 世界のセキュリティソリューショング市場:提供別(製品(防火、ビデオ監視、アクセス制御)およびサービス(システム統合、リモート監視、防火、VSaaS、ACaaS))、業種別、地域別
    MarketsandMarkets社は、セキュリティソリューショングの世界市場規模が2019年2579億ドルから2024年3976億ドルまで年平均9.0%成長すると予測しています。本書は、世界のセキュリティソリューショング市場について調査・分析し、市場概要、提供別(セキュリティ製品、サービス)分析、業種別(商業、住宅、政府、交通、小売、銀行、金融、教育、産業、エネルギー&ユーティリティ、スポーツ&レジャー、ヘルスケア、軍事&防衛)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界のセキュリティソリューショング市場:提供別(セキュリティ製品、サービス) ・世界のセキュリティソリューショング市場:業種別(商業、住宅、政府、交通、小売、銀行、金融、教育、産業、エネルギー&ユーティリティ、スポーツ&レジャー、ヘルスケア、軍事&防衛) ・世界のセキュリティソリューショング市場:地域別 ・競合環境 ・企業概要 ・付録
  • 海中マニホールドの世界市場
    当調査レポートでは、海中マニホールドの世界市場について調査・分析し、海中マニホールドの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • セルフレジ装置の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、セルフレジ装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、提供方式別分析、設置方式別分析、モデル種類別分析、地域別分析、セルフレジ装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ラテラルフローアッセイの世界市場予測(~2023年)
    ラテラルフローアッセイの世界市場は、2018年の60億米ドルから2023年には87億米ドルに達し、この期間中5.9%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、感染症の高罹患率、急速に増加する高齢者人口、ラテラルフローアッセイ装置の在宅使用の増加、ポイントオブケア検査に対する需要の増加などが考えれられます。一方で、既存の診断方法からの変更に消極的なこと、医療機器に対する物品税、および厳格かつ時間のかかる規制方針により、市場の成長は抑制される可能性があります。当調査レポートでは、ラテラルフローアッセイの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、用途(臨床検査、動物用検査、食品安全)分析、製品(リーダー、キット)分析、技術分析、エンドユーザー分析、ラテラルフローアッセイの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"