"人工ニューラルネットワークの世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:TC 7375)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"人工ニューラルネットワークの世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The global Artificial Neural Network market size to grow at a CAGR of 20.5% during the forecast period
The Artificial Neural Network (ANN) market size is expected to grow from USD 117 million in 2019 to USD 296 million by 2024, at a Compound Annual Growth Rate (CAGR) of 20.5% during the forecast period. The ANN market is driven by enhanced processing power, learning ability, and speed of neural networks to drive the growth of the market. However, Difficulty in tracking the outcomes of in-process stages can hinder the growth of the ANN market.

Solutions segment to grow at a higher CAGR during the forecast period
The ANN market is segmented based on components, such as solutions, platform/API, and services. The solution segment is expected to grow at a rapid pace during the forecast period. An efficient ANN solutions offer greater flexibility to developers for programming owing to the ability to design and train customized deep neural networks, and it also provides interfaces to common programming language. ANN solutions help organizations to perform such cognitive functions as problem-solving and machine learning.

Manufacturing segment to grow at the highest CAGR during the forecast period
The ANN market by industry vertical has been segmented into Banking, Financial Services, and Insurance (BFSI), telecommunication and IT, retail and eCommerce, healthcare and life sciences, manufacturing, government and defense, transportation and logistics, and others (media and entertainment, travel and hospitality, and education). The manufacturing segment is projected to grow at the highest CAGR during the forecast period, owing to the growing demand to predict the mechanical proprieties of processed products based on given technological parameters.

APAC to grow at the highest CAGR during the forecast period
Asia Pacific (APAC) is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period. The increasing investments by the tech companies in major APAC countries, such as China India, South Korea, Japan, Australia and New Zealand (ANZ), and Rest of APAC, growing government regulations and initiatives are expected to drive the growth of the market in APAC.

In-depth interviews were conducted with Chief Executive Officers (CEOs), innovation and technology directors, system integrators, and executives from various key organizations operating in the ANN market.
 By Company: Tier I: 15%, Tier II: 42%, and Tier III: 43%
 By Designation: C-Level Executives: 62%, Directors: 20%, and Others: 18%
 By Region: North America: 42%, APAC: 32%, Europe: 21%, MEA: 5%, and Latin America: 5%

The report includes the study of the key players offering ANN solutions and services. It profiles major vendors in the global ANN market. The major vendors include Google (US), IBM (US), Oracle (US), Microsoft (US), Intel (US), Qualcomm (US), Alyuda (US), Ward Systems (US), GMDH, LLC (US), Starmind (Switzerland), NeuralWare (US), Neurala (US), and Clarifai (US). It also includes an in-depth competitive analysis of the key players in the ANN market, along with their company profiles, business overviews, product offerings, recent developments, and market strategies.

Research coverage
The market study covers the ANN market across segments. It aims at estimating the market size and the growth potential of this market, across different segments, such as provider, application, organization size, and region. The study also includes an in-depth competitive analysis of the key players in the market, along with their company profiles, key observations related to product and business offerings, recent developments, and key market strategies.

Key Benefits of Buying the Report
The report will help the market leaders/new entrants in this market with information on the closest approximations of the revenue numbers for the overall ANN market and the sub-segments. This report will help stakeholders understand the competitive landscape and gain more insights to position their businesses better and to plan suitable go-to-market strategies. The report also helps stakeholders understand the pulse of the market and provides them with information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"人工ニューラルネットワークの世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 18)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.4 Years Considered for the Study
1.5 Currency Considered
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 22)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Breakup of Primary Profiles
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.2 Market Breakup and Data Triangulation
2.3 Market Size Estimation
2.3.1 Top-Down Approach
2.3.2 Bottom-Up Approach
2.4 Market Forecast
2.5 Microquadrant Research Methodology
2.5.1 Vendor Inclusion Criteria
2.6 Assumptions for the Study
2.7 Limitations of the Study
3 Executive Summary (Page No. – 30)
4 Premium Insights (Page No. – 34)
4.1 Attractive Opportunities in the Artificial Neural Network Market
4.2 Market Share By Region
4.3 Market By Industry Vertical and Region
4.4 Best Market to Invest, By Region, 2019
5 Market Overview and Industry Trends (Page No. – 37)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Enhanced Processing Power, Learning Ability, and Speed of Neural Networks to Drive the Growth of the Market
5.2.1.2 Increasing Demand to Detect Complex Nonlinear Relationships Between Variables and Recognize Patterns in Big Data
5.2.1.3 Demand to Train Large Volumes of Data Sets With Low Supervision to Drive the Market
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Difficulty in Tracking the Outcomes of In-Process Stages
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Increasing use of ANN in IoT and Data Analytics
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Extrapolation Issues in ANN Being a Drawback to the Market
5.3 Regulatory Implications
5.3.1 General Data Protection Regulation
5.3.2 Health Insurance Portability and Accountability Act
5.4 Expected Applications of ANN-Integrated Systems
5.4.1 Data Mining and Archiving
5.4.2 Analytical Software
5.4.3 Optimization Software
5.4.4 Visualization Software
5.5 Ecosystem of Artificial Neural Network
5.6 Types of Artificial Neural Network
5.6.1 Recurrent Neural Network
5.6.2 Convolutional Neural Network
5.6.3 Feedforward Neural Network
6 Artificial Neural Network Market By Component (Page No. – 44)
6.1 Introduction
6.2 Solution
6.2.1 Open-Source Software Solution to Drive the Adoption of Artificial Neural Network in Research, Forecasting/Prediction, and Visualizations Areas
6.3 Platform/Api
6.3.1 Availability of Flexible APIS to Drive the Adoption of Artificial Neural Network in Different Industries
6.4 Services
6.4.1 Managed Services
6.4.1.1 Increasing Need for Monitoring and Maintaining Tool Operations and Reducing Overhead Costs to Drive the Growth of Managed Services in the Market
6.4.2 Professional Services
6.4.2.1 Consulting
6.4.2.1.1 Technicalities Involved in Implementing Artificial Neural Network Tools and Services to Boost the Growth of Consulting Services
6.4.2.2 Deployment and Integration
6.4.2.2.1 Growing Need to Overcome System-Related Issues Effectively to Drive the Growth of Deployment and Integration Services
6.4.2.3 Support and Maintenance
6.4.2.3.1 Growing Deployment of Artificial Neural Network Software to Drive the Demand for Support and Maintenance Services
7 Artificial Neural Network Market By Application (Page No. – 53)
7.1 Introduction
7.2 Image Recognition
7.2.1 Rising Need for Efficient Techniques to Process and Categorize Objects in Variety of Fields to Drive the Growth of the Image Recognition Segment
7.3 Signal Recognition
7.3.1 Classification and Feature Extraction Algorithm to Fuel the Growth of the Signal Recognition Application in the Market
7.4 Data Mining
7.4.1 Demand for Predictive Analytics to Fuel the Growth of Data Mining Application in the Market
7.5 Others
8 Artificial Neural Network Market By Deployment Mode (Page No. – 59)
8.1 Introduction
8.2 Cloud
8.2.1 Cost-Effectiveness and Scalability of Cloud Deployment Mode to Boost the Growth of This Segment
8.3 On-Premises
8.3.1 Data-Sensitive Organizations Prefer the On-Premises Deployment Mode for Artificial Neural Network Software
9 Artificial Neural Network Market By Organization Size (Page No. – 63)
9.1 Introduction
9.2 Small and Medium-Sized Enterprises
9.2.1 Need for Viable Cloud-Based Cost-Effective Solutions to Drive the Adoption of Artificial Neural Network in Small and Medium-Sized Enterprises
9.3 Large Enterprises
9.3.1 Increasing Adoption of Advanced Technologies to Drive the Adoption of Artificial Neural Network in Large Enterprises
10 Artificial Neural Network Market By Industry Vertical (Page No. – 67)
10.1 Introduction
10.2 Banking, Financial Services and Insurance
10.2.1 Growing Focus on Financial Standards and Compliance With Regulations to Drive the Market
10.3 Retail and Ecommerce
10.3.1 Growing Demand to Identify Customer Behavior in Real Time to Fuel the Growth of the Retail and Ecommerce Industry Vertical
10.4 Telecommunications and It
10.4.1 Increasing Demand to Provide Improved Services for a Growing Customer Base to Boost the Adoption of the Market
10.5 Healthcare and Life Sciences
10.5.1 Growing Demand to Achieve Better Patient Experience and Personalized Treatment in Real Time to Fuel the Growth of the Healthcare and Life Sciences Industry Vertical
10.6 Manufacturing
10.6.1 Growing Need to Extend the Lifespan of Factory Equipment and Reduce the Risk of Production Delays to Fuel the Growth of the Artificial Neural Network Application in the Manufacturing Industry Vertical
10.7 Transportation and Logistics
10.7.1 Demand to Reduce Cost and Management of the Overall Supply Chain Flow to Drive the Growth of the Market
10.8 Government and Defense
10.8.1 Growing Demand for Enhanced Data Security and Advanced Intelligence to Drive the Market
10.9 Others
11 Artificial Neural Network Market By Region (Page No. – 77)
11.1 Introduction
11.2 North America
11.2.1 United States
11.2.1.1 Government’s Focus on Innovation and Research to Fuel the Adoption of Artificial Neural Network Software in the United States
11.2.2 Canada
11.2.2.1 Increase in Investments and Research Activities to Drive Artificial Neural Network Software and Services Adoption in Canada
11.3 Europe
11.3.1 United Kingdom
11.3.1.1 Government Focus on Innovation and Research to Fuel the Adoption of Artificial Neural Network Software in the United Kingdom
11.3.2 Germany
11.3.2.1 Growing Investments By Tech-Giants to Provide Opportunities for the Development of Artificial Neural Network Software
11.3.3 France
11.3.3.1 Focus on R&D and Heavy Inflow of Capital From Global Players and Investors to Drive the Artificial Neural Network Market Growth in France
11.3.4 Italy
11.3.4.1 Government Initiatives to Increase the Adoption of Artificial Neural Network in Manufacturing and Finance Sector to Help Market Growth
11.3.5 Spain
11.3.5.1 Government Smart City Initiatives Contributing to the Growth of the Market in Spain
11.3.6 Rest of Europe
11.4 Asia Pacific
11.4.1 China
11.4.1.1 Increasing Focus on Integrating Artificial Intelligence and Deep Learning Technologies to Drive the Adoption of Artificial Neural Network Software in China
11.4.2 Japan
11.4.2.1 Existing Market and Already Adopted Technology to Boost the Market in Japan
11.4.3 South Korea
11.4.3.1 Government Initiatives and Support Toward the Adoption of Artificial Intelligence to Drive the Market Growth
11.4.4 India
11.4.4.1 Advent of Neural Network Startups in India to Drive the Growth of the Market
11.4.5 Australia and New Zealand
11.4.5.1 Growth in Infrastructure Developments and the Adoption of Connected Devices to Drive the Market
11.4.6 Rest of Asia Pacific
11.5 Middle East and Africa
11.5.1 Middle East
11.5.1.1 Advanced Analytics Coupled With AI Adoption to Drive the Artificial Neural Network Market in the United Arab Emirates
11.5.2 Africa
11.5.2.1 Transformation in the Overall Infrastructure Industry to Boost the Adoption of Artificial Neural Network Tools in South Africa
11.6 Latin America
11.6.1 Brazil
11.6.1.1 Investments By Multinational Companies to Drive the Market Growth in Brazil
11.6.2 Mexico
11.6.2.1 Government Initiatives and Increasing Demand for Artificial Neural Network Software and Services to Trigger the Market Growth in Mexico
11.6.3 Rest of Latin America
12 Competitive Landscape (Page No. – 115)
12.1 Microquadrant Overview
12.1.1 Visionaries
12.1.2 Innovators
12.1.3 Dynamic Differentiators
12.1.4 Emerging Companies
12.2 Competitive Benchmarking
12.2.1 Business Strategy Excellence of Major Players in the Market
12.2.2 Strength of Solution Offerings of Major Players in the Market
12.3 Ranking of Players, 2019
13 Company Profiles (Page No. – 119)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
13.1 Introduction
13.2 Google
13.3 IBM
13.4 Microsoft
13.5 Oracle
13.6 Intel
13.7 Qualcomm
13.8 Alyuda
13.9 Ward Systems
13.10 GMDH, LLC
13.11 Starmind
13.12 Neuralware
13.13 Neurala
13.14 Clarifai
*Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not be Captured in Case of Unlisted Companies.
14 Company Profiles (Page No. – 145)
14.1 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
14.2 Available Customizations
14.3 Related Reports
14.4 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】人工ニューラルネットワークの世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年10月15日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】TC 7375
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】電気通信及びIT
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
人工ニューラルネットワークの世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 先進運転支援システム(ADAS)の世界市場
    本調査レポートでは、先進運転支援システム(ADAS)の世界市場について調査・分析し、先進運転支援システム(ADAS)の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 世界のモレキュラーシーブ市場2016
    本調査レポートでは、世界のモレキュラーシーブ市場2016について調査・分析し、モレキュラーシーブの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • バスバーの世界市場:材料の種類別(アルミニウム、銅、真鍮)、用途別(産業、商業、住宅)
    本市場調査レポートではバスバーについて、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、材料の種類別(アルミニウム、銅、真鍮)分析、用途別(産業、商業、住宅)分析、地域別分析、企業概要に区分して収録しています。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・バスバーの世界市場:材料の種類別(アルミニウム、銅、真鍮) ・バスバーの世界市場:用途別(産業、商業、住宅) ・バスバーの世界市場:地域別 ・企業概要
  • メイクアップベースの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、メイクアップベースの世界市場について調べ、メイクアップベースの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、メイクアップベースの市場規模をセグメンテーション別(製品別(ファウンデーション、コンシーラー、パウダー)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はメイクアップベースの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均5%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・メイクアップベースの市場状況 ・メイクアップベースの市場規模 ・メイクアップベースの市場予測 ・メイクアップベースの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(ファウンデーション、コンシーラー、パウダー) ・メイクアップベースの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米 ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 機械安全の世界市場予測(~2025年):安全センサー、安全PLC、安全モジュール/コントローラ/リレー、Eストップデバイス
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、機械安全の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、構成要素(安全センサー、安全PLC、安全モジュール/コントローラ/リレー、Eストップデバイス)別分析、用途別分析、産業別分析、地域別分析、機械安全の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • アドレナリン作用取り込み阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるアドレナリン作用取り込み阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・アドレナリン作用取り込み阻害剤の概要 ・アドレナリン作用取り込み阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のアドレナリン作用取り込み阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・アドレナリン作用取り込み阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・アドレナリン作用取り込み阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 船舶用インフォテインメントの世界市場2017-2021:旅客船インフォテインメント、貨物船インフォテインメント
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、船舶用インフォテインメントの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、船舶用インフォテインメントの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は船舶用インフォテインメントの世界市場が2017-2021年期間中に年平均11.44%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Eaton、Robert Bosch、Wärtsilä、West Coast Canvas、Zenitel等です。
  • 世界の単層コンデンサ市場2015
    本調査レポートでは、世界の単層コンデンサ市場2015について調査・分析し、単層コンデンサの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、地域別生産規模分析、販売チャネル分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のソフトコンタクトレンズ市場2015
    本調査レポートでは、世界のソフトコンタクトレンズ市場2015について調査・分析し、ソフトコンタクトレンズの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ベーキング成分(ベーカリー&シリアル)の北米市場:市場規模、成長、予測分析
  • 炭酸カルシウムの世界市場2014–2025:用途別(紙、塗料・コーティング剤、プラスチック、接着剤・シーラント)、地域別(北米、ヨーロッパ、太平洋アジア、MEA、CSA)
    本調査レポートでは、炭酸カルシウムの世界市場について調査・分析し、炭酸カルシウムの世界市場動向、炭酸カルシウムの世界市場規模、市場予測、セグメント別炭酸カルシウム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 過圧揚水の世界市場:タイプ別(水圧破砕、セメンチング)、抗井タイプ別(水平井、垂直井、傾斜井)、地域別予測
    本資料は、過圧揚水の世界市場について調べ、過圧揚水の世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(水圧破砕、セメンチング)分析、抗井タイプ別(水平井、垂直井、傾斜井)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・過圧揚水の世界市場概要 ・過圧揚水の世界市場環境 ・過圧揚水の世界市場動向 ・過圧揚水の世界市場規模 ・過圧揚水の世界市場規模:タイプ別(水圧破砕、セメンチング) ・過圧揚水の世界市場規模:抗井タイプ別(水平井、垂直井、傾斜井) ・過圧揚水の世界市場:地域別市場規模・分析 ・過圧揚水の北米市場規模・予測 ・過圧揚水のアメリカ市場規模・予測 ・過圧揚水のヨーロッパ市場規模・予測 ・過圧揚水のアジア市場規模・予測 ・過圧揚水の日本市場規模・予測 ・過圧揚水の中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • アプリケーション制御におけるベンダー比較分析2016
  • 貯水装置の世界市場予測(~2024年)
    MarketsandMarkets社は、貯水装置の世界市場規模が2019年156億ドルから2024年205億ドルまで年平均5.6%成長すると予測しています。当調査レポートでは、貯水装置の世界市場について調査・分析し、市場概要、材料別(コンクリート、スチール、グラスファイバー、プラスチック、その他)分析、用途別(水圧破砕貯蔵&収集、オンサイト水&廃水収集、飲料水貯蔵、火災抑制予備&貯蔵、雨水収集&収集、その他)分析、エンドユーズ産業別(市町村、産業、商業、住宅)分析、地域別(アジア太平洋、北米、ヨーロッパなど)分析、競合環境、企業概要、付録などを含め次の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・貯水装置の世界市場:材料別(コンクリート、スチール、グラスファイバー、プラスチック、その他) ・貯水装置の世界市場:用途別(水圧破砕貯蔵&収集、オンサイト水&廃水収集、飲料水貯蔵、火災抑制予備&貯蔵、雨水収集&収集、その他) ・貯水装置の世界市場:エンドユーズ産業別(市町村、産業、商業、住宅) ・貯水装置の世界市場:地 …
  • 体育技術の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、体育技術の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、体育技術の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • オーストリアの整形外科手術用動力機器市場見通し
  • ナチュラルキラー細胞治療法の世界市場:NK細胞療法、NK細胞向け抗体
    当調査レポートでは、ナチュラルキラー細胞治療法の世界市場について調査・分析し、市場概要、治療法別(NK細胞療法およびNK細胞指向性抗体)分析、用途別(がん、消化器疾患、免疫増殖性疾患、その他)分析、エンドユーザー別(研究センター&研究所、病院、その他)分析、地域別分析、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・ナチュラルキラー細胞治療法の世界市場:治療法別(NK細胞療法およびNK細胞指向性抗体) ・ナチュラルキラー細胞治療法の世界市場:用途別(がん、消化器疾患、免疫増殖性疾患、その他) ・ナチュラルキラー細胞治療法の世界市場:エンドユーザー別(研究センター&研究所、病院、その他) ・ナチュラルキラー細胞治療法の世界市場:地域別 ・企業動向
  • 航空試験機器の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、航空試験機器の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、航空試験機器市場規模、製品別(電力試験、気圧試験、電気的試験、水圧試験)分析、航空機種類別(無人、有人)分析、種類別(戦術航法装置(TACAN)試験機、RADAR試験セット、距離測定器試験、バッテリー試験機、TCAD試験セット)分析、エンドユーザー別(商業、軍事)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 航空試験機器の世界市場:市場動向分析 ・ 航空試験機器の世界市場:競争要因分析 ・ 航空試験機器の世界市場:製品別(電力試験、気圧試験、電気的試験、水圧試験) ・ 航空試験機器の世界市場:航空機種類別(無人、有人) ・ 航空試験機器の世界市場:種類別(戦術航法装置(TACAN)試験機、RADAR試験セット、距離測定器試験、バッテリー試験機、TCAD試験セット) ・ 航空試験機器の世界市場:エンドユーザー別(商業、軍事) ・ 航空試験機器の世界市場:主要地域別分析 ・ 航 …
  • タイのアクリル酸市場(~2019)
  • 粘膜炎(Mucositis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における粘膜炎(Mucositis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、粘膜炎(Mucositis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・粘膜炎(Mucositis)の概要 ・粘膜炎(Mucositis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の粘膜炎(Mucositis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・粘膜炎(Mucositis)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・粘膜炎(Mucositis)治療薬開発 …
  • 自動車テレマティクスの世界市場:チャンネル別(OEMおよびアフターマーケット)、車両別(商用車、乗用車、および2輪車)、用途別(車両/資産管理、ナビゲーションおよび位置情報システム、インフォテインメントシステム、保険テレマティック、安全およびセキュリティ、V2X、および その他)、接続ソリューション別(組み込み、統合されたスマートフォン、およびテザー)
    当調査レポートでは、自動車テレマティクスの世界市場について調査・分析し、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、チャンネル別分析、車両別分析、用途別分析、接続ソリューション別分析、地域別分析、企業概要などを含め以下の構成でお届けします。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・自動車テレマティクスの世界市場:チャンネル別(OEMおよびアフターマーケット) ・自動車テレマティクスの世界市場:車両別(商用車、乗用車、および2輪車) ・自動車テレマティクスの世界市場:用途別(車両/資産管理、ナビゲーションおよび位置情報システム、インフォテインメントシステム、保険テレマティック、安全およびセキュリティ、V2X、および その他) ・自動車テレマティクスの世界市場:接続ソリューション別(組み込み、統合されたスマートフォン、およびテザー) ・自動車テレマティクスの世界市場:地域別分析 ・企業概要
  • 肥大型心筋症(HCM)治療薬の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、肥大型心筋症(HCM)治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、疾患概要、肥大型心筋症(HCM)治療薬の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、製品パイプライン分析、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 末梢動脈疾患(PAD)/末梢血管疾患(PVD):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、末梢動脈疾患(PAD)/末梢血管疾患(PVD)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・末梢動脈疾患(PAD)/末梢血管疾患(PVD):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・末梢動脈疾患(PAD)/末梢血管疾患(PVD)のフェーズ3治験薬の状況 ・末梢動脈疾患(PAD)/末梢血管疾患(PVD)治療薬の市場規模(販売予測) ・末梢動脈疾患(PAD)/末梢血管疾患(PVD)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・末梢動脈疾患(PAD)/末梢血管疾患(PVD)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の末梢動脈疾患(PAD)/末梢血管疾患(PVD)治療薬剤
  • 乳房デジタルトモシンセシス(DBT)の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、乳房デジタルトモシンセシス(DBT)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、乳房デジタルトモシンセシス(DBT)の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は乳房デジタルトモシンセシス(DBT)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均11.05%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Hologic、GE Healthcare、Philips Healthcare、Siemens Healthcare、FUJIFILM、IMS - Internazionale Medico Scientifica等です。
  • フェンスの世界市場分析:材料別(金属、木材、プラスチック・複合材、コンクリート)、用途別(住居、農業、産業)、エンドユーザー別、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、フェンスの世界市場について調査・分析し、フェンスの世界市場動向、フェンスの世界市場規模、市場予測、セグメント別フェンス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • クラウドベースコンタクトセンターの世界市場見通し2016-2022:データ統合&記録、チャット品質&モニタリング、コールルーティング&キューイング、実時間決定、要員最適化
    当調査レポートでは、クラウドベースコンタクトセンターの世界市場について調査・分析し、クラウドベースコンタクトセンターの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・クラウドベースコンタクトセンターの世界市場:市場動向分析 ・クラウドベースコンタクトセンターの世界市場:競争要因分析 ・クラウドベースコンタクトセンターの世界市場:ソリューション別分析/市場規模 ・クラウドベースコンタクトセンターの世界市場:サービス別分析/市場規模 ・クラウドベースコンタクトセンターの世界市場:用途別分析/市場規模 ・クラウドベースコンタクトセンターの世界市場:導入別分析/市場規模 ・クラウドベースコンタクトセンターの世界市場:組織別分析/市場規模 ・クラウドベースコンタクトセンターの世界市場:需要先別分析/市場規模 ・クラウドベースコンタクトセンターの世界市場:地域別分析/市場規模 ・クラウドベースコンタクトセンターの北米市場規模 ・クラウドベースコンタクトセンターの欧州市場規模 ・クラウドベースコンタクトセンターのアジア市場規模 ・ク …
  • オーガニック・ナチュラルフェミニンケアの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、オーガニック・ナチュラルフェミニンケアの世界市場について調査・分析し、オーガニック・ナチュラルフェミニンケアの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別オーガニック・ナチュラルフェミニンケアシェア、市場規模推移、市場規模予測、オーガニック・ナチュラルフェミニンケア種類別分析(生理用ナプキン、タンポン、パンティライナー、フェミニンケア、妊娠時用ケア、その他)、オーガニック・ナチュラルフェミニンケア用途別分析(健康な若者、健康な大人、妊婦、患者)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・オーガニック・ナチュラルフェミニンケアの市場概観 ・オーガニック・ナチュラルフェミニンケアのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・オーガニック・ナチュラルフェミニンケアのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・オーガニック・ナチュラルフェミニンケアの世界市場規模 ・オーガニック・ナチュラルフェミニンケアの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・オーガニック・ナチュラルフェミニンケアのアメ …
  • 世界のトップ7中型・大型トラックメーカー分析
  • 機能性安全装置の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、機能性安全装置の世界市場について調査・分析し、機能性安全装置の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別機能性安全装置シェア、市場規模推移、市場規模予測、機能性安全装置種類別分析(安全センサー、安全PLC、安全リレー、バルブ、アクチュエータ)、機能性安全装置用途別分析(自動車、輸送、医療、製造、発電、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・機能性安全装置の市場概観 ・機能性安全装置のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・機能性安全装置のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・機能性安全装置の世界市場規模 ・機能性安全装置の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・機能性安全装置のアメリカ市場規模推移 ・機能性安全装置のカナダ市場規模推移 ・機能性安全装置のメキシコ市場規模推移 ・機能性安全装置のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・機能性安全装置のドイツ市場規模推移 ・機能性安全装置のイギリス市場規模推移 ・機能性安全装置の …
  • 有害廃棄物管理の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、有害廃棄物管理の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、有害廃棄物管理市場規模、用途別(工業、医療、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・有害廃棄物管理の世界市場概要 ・有害廃棄物管理の世界市場環境 ・有害廃棄物管理の世界市場動向 ・有害廃棄物管理の世界市場規模 ・有害廃棄物管理の世界市場:業界構造分析 ・有害廃棄物管理の世界市場:用途別(工業、医療、その他) ・有害廃棄物管理の世界市場:地域別市場規模・分析 ・有害廃棄物管理の北米市場規模・予測 ・有害廃棄物管理のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・有害廃棄物管理のアジア太平洋市場規模・予測 ・有害廃棄物管理の主要国分析 ・有害廃棄物管理の世界市場:意思決定フレームワーク ・有害廃棄物管理の世界市場:成長要因、課題 ・有害廃棄物管理の世界市場:競争環境 ・有害廃棄物管理の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 認知システムの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、認知システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、認知システムの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 二酸化炭素の回収と貯留(CCS)の世界市場
    当調査レポートでは、二酸化炭素の回収と貯留(CCS)の世界市場について調査・分析し、二酸化炭素の回収と貯留(CCS)の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 二酸化炭素の回収と貯留(CCS)の世界市場:市場動向分析 - 二酸化炭素の回収と貯留(CCS)の世界市場:競争要因分析 - 二酸化炭素の回収と貯留(CCS)の世界市場:用途別 ・農業 ・石油増進回収(EOR)プロセス ・工業 - 二酸化炭素の回収と貯留(CCS)の世界市場:エンドユーザー別 ・製造部門 ・発電および石油、ガス部門 ・食品&飲料 ・化学工業 ・石炭およびバイオマス発電所 ・鉄&スチール ・その他 - 二酸化炭素の回収と貯留(CCS)の世界市場:主要地域別分析 - 二酸化炭素の回収と貯留(CCS)の北米市場規模(アメリカ市場等) - 二酸化炭素の回収と貯留(CCS)のヨーロッパ市場規模 - 二酸化炭素の回収と貯留(CCS)のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・二酸化炭素の回収と貯留(CCS)の世界市場:主な市場開拓 - …
  • インドのABS(アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン共重合体)市場(~2019)
  • 子供向けスマートウオッチの世界市場2017-2021:統合型、スタンドアロン型
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、子供向けスマートウオッチの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、子供向けスマートウオッチの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。Technavio社は子供向けスマートウオッチの世界市場が2017-2021年期間中に年平均15.93%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Doki Technologies、LG Electronics、VTech Holdings等です。
  • 性器ヘルペス(Genital Herpes):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、性器ヘルペス(Genital Herpes)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・性器ヘルペス(Genital Herpes):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・性器ヘルペス(Genital Herpes)のフェーズ3治験薬の状況 ・性器ヘルペス(Genital Herpes)治療薬の市場規模(販売予測) ・性器ヘルペス(Genital Herpes)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・性器ヘルペス(Genital Herpes)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の性器ヘルペス(Genital Herpes)治療薬剤
  • 世界における石油・ガス企業の破産届出
  • ヘッジホッグシグナル伝達経路アンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるヘッジホッグシグナル伝達経路アンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ヘッジホッグシグナル伝達経路アンタゴニストの概要 ・ヘッジホッグシグナル伝達経路アンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のヘッジホッグシグナル伝達経路アンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ヘッジホッグシグナル伝達経路アンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ヘッジホッグシグナル伝達経路アンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • フロアー・パッドの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、フロアー・パッドの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、フロアー・パッドの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のロボット手術装置市場2015
    本調査レポートでは、世界のロボット手術装置市場2015について調査・分析し、ロボット手術装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 炭素繊維の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、炭素繊維の世界市場について調査・分析し、炭素繊維の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別炭素繊維シェア、市場規模推移、市場規模予測、炭素繊維種類別分析(レギュラートウ炭素繊維、ラージトウ炭素繊維)、炭素繊維用途別分析(工業材料、航空宇宙、スポーツ/レジャー)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・炭素繊維の市場概観 ・炭素繊維のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・炭素繊維のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・炭素繊維の世界市場規模 ・炭素繊維の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・炭素繊維のアメリカ市場規模推移 ・炭素繊維のカナダ市場規模推移 ・炭素繊維のメキシコ市場規模推移 ・炭素繊維のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・炭素繊維のドイツ市場規模推移 ・炭素繊維のイギリス市場規模推移 ・炭素繊維のロシア市場規模推移 ・炭素繊維のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・炭素繊維の日本市場規模推移 …
  • 摂取型センサーの世界市場:温度センサー、圧力センサー、PHセンサー、イメージセンサー
    当調査レポートでは、摂取型センサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、構成製品別分析、種類別分析、産業別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • デンマークの心臓血管補綴装置市場見通し
  • サンドイッチの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、サンドイッチの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、サンドイッチの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 産業用X線フィルムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、産業用X線フィルムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、産業用X線フィルム市場規模、エンドユーザー別(石油・ガス、自動車、A&D)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、China Aerospace Science and Technology, FOMA BOHEMIA, FUJIFILM Holdings, GENERAL ELECTRIC, Konica Minoltaなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・産業用X線フィルムの世界市場概要 ・産業用X線フィルムの世界市場環境 ・産業用X線フィルムの世界市場動向 ・産業用X線フィルムの世界市場規模 ・産業用X線フィルムの世界市場:業界構造分析 ・産業用X線フィルムの世界市場:エンドユーザー別(石油・ガス、自動車、A&D) ・産業用X線フィルムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・産業用X線フィルムの北米市場規模・予測 ・産業用X線フィルムのヨーロッパ・中東・アフリカ市 …
  • 先端ガラスの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、先端ガラスの世界市場について調査・分析し、先端ガラスの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 先端ガラスの世界市場:市場動向分析 - 先端ガラスの世界市場:競争要因分析 - 先端ガラスの世界市場:エンドユーザー別 電気系装置 住宅建築 レジャー 建設基盤 スポーツ 産業用建築 自動車 その他のエンドユーザー - 先端ガラスの世界市場:ガラス種類別 セラミックガラス 被覆ガラス ラミネートガラス 強化ガラス その他の種類のガラス - 先端ガラスの世界市場:技術別 遠藤変色性 熱変色性 浮遊粒子装置 高分子分散型液晶 その他の技術 - 先端ガラスの世界市場:機能別 光学系及び照明 安全性及び警備 高性能 太陽熱管理 その他の機能 - 先端ガラスの世界市場:主要地域別分析 - 先端ガラスの北米市場規模(アメリカ市場等) - 先端ガラスのヨーロッパ市場規模 - 先端ガラスのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・先端ガラスの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 世界のトップ10クラウド技術市場
  • 自動車用ラベルの世界市場:警告ラベル、ドーム型ラベル、資産ラベル
    当調査レポートでは、自動車用ラベルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、技術別分析、材料別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の水晶共振器市場2016
    本調査レポートでは、世界の水晶共振器市場2016について調査・分析し、水晶共振器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • IoT(モノのインターネット)プロフェッショナルサービスの世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、IoT(モノのインターネット)プロフェッショナルサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、サービス種類別分析、用途別分析、地域別分析、IoT(モノのインターネット)プロフェッショナルサービスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 胃がん(Gastric Cancer):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、胃がん(Gastric Cancer)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・胃がん(Gastric Cancer):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・胃がん(Gastric Cancer)のフェーズ3治験薬の状況 ・胃がん(Gastric Cancer)治療薬の市場規模(販売予測) ・胃がん(Gastric Cancer)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・胃がん(Gastric Cancer)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の胃がん(Gastric Cancer)治療薬剤
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"