"パワーツーガスの世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:EP 7371)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"パワーツーガスの世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The power-to-gas market is expected to reach USD 42 million by 2024, at a CAGR of 10.1% from 2019 to 2024 ”
The global power-to-gas market is projected to reach USD 42 million by 2024 from an estimated USD 26 million in 2019, at a CAGR of 10.1% during the forecast period. There is an increase in need of effective utilization of renewable energy sources and also integrated the management of power and gas network. Power-to-gas technology plays a vital role by effectively managing the excess renewable energy and converting it to hydrogen. It hence offers opportunities for the potential use of hydrogen in mobility solutions as well as as a natural gas substitute.

“Electrolysis technology of Power-to-gas dominate the global market”
The electrolysis segment of the power-to-gas market is expected to be the largest market, by technology, during the forecast period The growth of the market is driven by the electrolysis technologies ability to store excess renewable energy from solar and wind during peak hour generation for meeting future peak demands.

“1000 kW and Above segment power-to-gas dominate the global market “
The 1000 kW and Above segment, by capacity is estimated to be the fastest-growing during the forecast period. This growth is attributed to the increasing demand for hydrogen for electricity, and new vehicle technologies such as fuel cell-based transportation.

“Europe to lead the global power-to-gas market in terms of growth rate.”
The power-to-gas market in Europe is projected to grow at the fastest rate during the forecast period. Growing power-to-gas projects dominate the market in countries such as Germany, France, Denmark, and the Netherlands for effective utilization of renewable energy sources, predominantly wind energy.

Besides Europe, North America was one of the largest markets for power-to-gas. The demand for power-to-gas in North America is driven mainly by the demand for hydrogen for commercial applications such as fuel cell transportation.

Breakdown of Primaries:
In-depth interviews have been conducted with various key industry participants, subject-matter experts, C-level executives of key market players, and industry consultants, among other experts, to obtain and verify critical qualitative and quantitative information, as well as to assess future market prospects. The distribution of primary interviews is as follows:
By Company Type: Tier I–55%, Tier II–13%, and Tier III–15%
By Designation: C-Level–60%, Director Level–20%, and Others–20%
By Region: Europe- 73%, North America- 18%, Asia Pacific- 9%
Note: Others includes sales managers, marketing managers, product managers, and product engineers.
The tier of the companies is defined on the basis of their total revenue as of 2017; Tier 1: USD 1 billion, Tier 2: from USD 1 billion to USD 500 million, and Tier 3:

The global power-to-gas market is dominated by a few major players that have an extensive regional presence. The leading players in the power-to-gas are Hydrogenics (Canada), ITM Power (UK), McPhy Energy (France), Siemens (Germany), MAN Energy Solutions (Germany), and Nel Hydrogen (Norway).

Research Coverage:
The report defines, describes, and forecasts the global power-to-gas market, by technology, capacity, end-user, and region. It also offers a detailed qualitative and quantitative analysis of the market. The report provides a comprehensive review of the major market drivers, restraints, opportunities, and challenges. It also covers various important aspects of the market. These include the analysis of the competitive landscape, market dynamics, market estimates, in terms of value, and future trends in the power-to-gas market.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"パワーツーガスの世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction
2 Research Methodology
3 Market Overview
3.1. Introduction
3.2. Market Segmentation
3.2.1. By Technology
3.2.2. By Capacity
3.2.3. By Application
3.2.4. By Region
3.3. Market Dynamics
3.3.1. Drivers
3.3.1.1. Effective Utilization of Renewable Energy Resources
3.3.1.2. Integrated Management of Power and Gas Networks
3.3.2. Restraints
3.3.2.1. High Capital Cost of P2g Systems
3.3.2.2. Low Efficiency and Energy Loss
3.3.3. Opportunities
3.3.3.1. Potential Use of Hydrogen in Mobility Solutions
3.3.3.2. Hydrogen as A Natural Gas Substitute
3.3.4. Challenges
3.3.4.1. Regulational Limit for Hydrogen Blending in Natural Gas Networks
3.3.4.2. Availability of Low Cost Natural Gas and Battery Technologies
4 Global Power-to-gas Market, By Technology (USD Million – 2017, 2018, 2019-E, 2024-P)
4.1. Introduction
4.2. By Electrolysis
4.2.1. Alkaline Water Electrolysis
4.2.2. Proton Exchange Membrane Technology (PEM)
4.2.3. Solid Oxide Electrolyzer Cell (SOEC)
4.3. By Methanation
4.3.1. Chemical
4.3.2. Biological
5 Global Power-to-gas Market, By Capacity (USD Million – 2017, 2018, 2019-E, 2024-P)
5.1. Introduction
5.2. Less Than 100 kW
5.3. 100 to 999 kW
5.4. 1000 kW and Above
6 Global Power-to-gas Market, By End-User (USD Million – 2017, 2018, 2019-E, 2024-P)
6.1. Introduction
6.2. Commercial
6.3. Utilities
6.4. Industrial
7 Global Smart Meters Market, By Region (USD Million – 2017, 2018, 2019-E, 2024-P)
*(Country Level Information for All the Countries Would Be `Same as Mentioned for European Countries)
7.1. Europe
7.1.1. By Technology Type
7.1.2. By Application
7.1.3. By Capacity
7.1.4. By Country
7.1.4.1. Germany
7.1.4.1.1. By Technology
7.1.4.1.1.1. Electrolyis
7.1.4.1.1.1.1. Alkaline Water Electrolysis
7.1.4.1.1.1.2. PEM
7.1.4.1.1.1.3. SOEC
7.1.4.1.1.2. Methanation
7.1.4.1.1.2.1. Chemical
7.1.4.1.1.2.2. Biological
7.1.4.1.2. By Capacity
7.1.4.1.2.1. Less Than 100kW
7.1.4.1.2.2. 100 to 999kW
7.1.4.1.2.3. 1000kW and Above
7.1.4.1.3. By End-User
7.1.4.1.3.1. Commercial
7.1.4.1.3.2. Utilities
7.1.4.1.3.3. Industrial
7.1.4.2. UK
7.1.4.3. Denmark
7.1.4.4. France
7.1.4.5. The Netherlands
7.1.4.6. Switzerland
7.1.4.7. Rest of Europe
*(Rest of Europe Includes:- Norway, Sweden, and Italy)
7.2. North America
7.2.1. By Technology Type
7.2.2. By Application
7.2.3. By Capacity
7.2.4. By Country
7.2.4.1. US*
7.2.4.1.1. By Technology
7.2.4.2. Canada
7.2.4.2.1. By Technology
7.3. Asia Pacific
7.3.1. By Technology Type
7.3.2. By Application
7.3.3. By Capacity
7.3.4. By Country
7.3.4.1. China
7.3.4.2. Japan
7.3.4.3. Australia
7.3.4.4. Rest of Asia Pacific
*(Rest of Asia Pacific Includes:- Thailand and Malaysia)
8 Competitive Landscape
8.1. Overview
8.2. Competitive Leadership Mapping
8.2.1. Terminology/Nomenclature
8.2.1.1. Visionary Leaders
8.2.1.2. Dynamic Differentiators
8.2.1.3. Emerging Companies
8.2.1.4. Innovators
8.3. Competitive Situation & Trends
8.3.1. Market Share/Ranking of Top 5 Companies
8.3.2. Contracts & Agreements
8.3.3. Expansions
8.3.4. Mergers & Acquisitions/Joint Ventures
9 Company Profiles
9.1. Introduction
9.2. Hydrogencis
9.2.1. Business Overview
9.2.2. Product Offering
9.2.3. SWOT Analysis
9.2.4. Recent Developments
9.2.5. MnM View
9.3. ITM Power
9.4. Mcphy Energy
9.5. Siemens
9.6. MAN Energy Solutions
9.7. NEL Hydrogen
9.8. Thyssenkrupp
9.9. Electrochaea
9.10. Exytron
9.11. Greenhydrogen
9.12. Hitachi Zosen Inova Etogas
9.13. Ineratec
9.14. Socalgas
9.15. Micropyros
9.16. Uniper Energy
9.17. Carbotech
9.18. Aquahydrex
9.19. Power-to-gas Hungary
9.20. Fuellcell Energy
9.21. Avacon
10 Appendix

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】パワーツーガスの世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年10月15日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】EP 7371
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】エネルギー及び電力
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
パワーツーガスの世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • ココイルイセチオン酸ナトリウムの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、ココイルイセチオン酸ナトリウムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ココイルイセチオン酸ナトリウム市場規模、種類別(粉末、顆粒、針状)分析、販路別(代理店、直販)分析、用途別(スキンケア、オーラルケア、ベビー用品、ヘアケア、アイメイクリムーバー、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ ココイルイセチオン酸ナトリウムの世界市場:市場動向分析 ・ ココイルイセチオン酸ナトリウムの世界市場:競争要因分析 ・ ココイルイセチオン酸ナトリウムの世界市場:種類別(粉末、顆粒、針状) ・ ココイルイセチオン酸ナトリウムの世界市場:販路別(代理店、直販) ・ ココイルイセチオン酸ナトリウムの世界市場:用途別(スキンケア、オーラルケア、ベビー用品、ヘアケア、アイメイクリムーバー、その他) ・ ココイルイセチオン酸ナトリウムの世界市場:主要地域別分析 ・ ココイルイセチオン酸ナトリウムの北米市場規模(アメリカ市場等) ・ ココイ …
  • デジタルペイメントの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、デジタルペイメントの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、タイプ別(ソリューション、サービス)分析、ソリューションタイプ別(支払処理、ペイメントゲートウェイ、決済ウォレット、POSソリューション、決済セキュリティ、不正行為管理)分析、導入モード別分析、組織サイズ別分析、デジタルペイメントの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 熱伝達流体の世界市場予測(~2022年):鉱油、シリコーン、香料、グリコール
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、熱伝達流体の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、種類別分析、需要先(産業)別分析、地域別分析、熱伝達流体の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国のサービスロボット市場2015
    本調査レポートでは、中国のサービスロボット市場2015について調査・分析し、サービスロボットの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のニチノール医療機器市場2015
    本調査レポートでは、世界のニチノール医療機器市場2015について調査・分析し、ニチノール医療機器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ポーランドの脊椎手術装置市場見通し
  • 銅箔及び銅合金箔の世界市場動向・予測
    Market Research Future社が発行した当調査レポートでは、銅箔及び銅合金箔の世界市場について調査・分析し、銅箔及び銅合金箔の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • ミュラー細胞部分アゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるミュラー細胞部分アゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ミュラー細胞部分アゴニストの概要 ・ミュラー細胞部分アゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のミュラー細胞部分アゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ミュラー細胞部分アゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ミュラー細胞部分アゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 医薬品用賦形剤の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、医薬品用賦形剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、医薬品用賦形剤の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • メキシコのバイオ発電市場2016:発電能力、生産、投資動向、制度、企業
  • グルコース/デキストロース/マルトデキストリンの世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、グルコース/デキストロース/マルトデキストリンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、製品別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の耐久性医療機器(DME)市場規模・予測2017-2025:商品別(パーソナルモビリティデバイス、車いす、スクーター、歩行器、杖、ドアオープナー、その他、トイレ安全装置・医療機器、コモド・トイレ、マットレス・ベッド用装置、監視・治療用デバイス、血糖値モニター、CPM、輸液パンプ、ネブライザー、酸素装置、CPAP、サクションパンプ、牽引装置、その他)、エンドユーズ別(病院、緊急外来、長期滞在センター、ホームケア、その他)地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の耐久性医療機器(DME)市場について調査・分析し、世界の耐久性医療機器(DME)市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の耐久性医療機器(DME)関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 分散アンテナシステム(DAS)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、分散アンテナシステム(DAS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、分散アンテナシステム(DAS)の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ウェアラブルインジェクターの世界市場予測・分析2020-2024
    Technavio社の本調査レポートでは、ウェアラブルインジェクターの世界市場について調べ、ウェアラブルインジェクターの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ウェアラブルインジェクターの市場規模をセグメンテーション別(製品別(オンボディ型インジェクター、オフボディ型インジェクター)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社はウェアラブルインジェクターの世界市場規模が2020-2024期間中に年平均11%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・ウェアラブルインジェクターの市場状況 ・ウェアラブルインジェクターの市場規模 ・ウェアラブルインジェクターの市場予測 ・ウェアラブルインジェクターの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(オンボディ型インジェクター、オフボディ型インジェクター) ・ウェアラブルインジェクターの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 過敏性(Hypersensitivity):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における過敏性(Hypersensitivity)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、過敏性(Hypersensitivity)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・過敏性(Hypersensitivity)の概要 ・過敏性(Hypersensitivity)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の過敏性(Hypersensitivity)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・過敏性(Hypersensitivity)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止 …
  • アジア太平洋の電動スリーホイーラー(三輪車)市場2016-2020
    当調査レポートでは、アジア太平洋の電動スリーホイーラー(三輪車)市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アジア太平洋の電動スリーホイーラー(三輪車)市場規模及び予測、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国のスマートテレビ市場2015
    本調査レポートでは、中国のスマートテレビ市場2015について調査・分析し、スマートテレビの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 家庭用電化製品の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、家庭用電化製品の世界市場について調査・分析し、家庭用電化製品の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別家庭用電化製品シェア、市場規模推移、市場規模予測、家庭用電化製品種類別分析()、家庭用電化製品用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・家庭用電化製品の市場概観 ・家庭用電化製品のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・家庭用電化製品のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・家庭用電化製品の世界市場規模 ・家庭用電化製品の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・家庭用電化製品のアメリカ市場規模推移 ・家庭用電化製品のカナダ市場規模推移 ・家庭用電化製品のメキシコ市場規模推移 ・家庭用電化製品のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・家庭用電化製品のドイツ市場規模推移 ・家庭用電化製品のイギリス市場規模推移 ・家庭用電化製品のロシア市場規模推移 ・家庭用電化製品のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・ …
  • 神経血管インターベンションの世界市場:市場規模、市場シェア、疾患分析、主要市場見通し、製品分析、価格動向、競争戦略、予測
  • 沈殿法・遠心法の世界市場2017-2021:浄化器、分離板型遠心沈降機、デカンター、溶解空気浮上法、ハイドロ・サイクロン
    当調査レポートでは、沈殿法・遠心法の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、沈殿法・遠心法の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 黒鉛(グラファイト)の世界市場予測(~2022年):天然黒鉛、人造黒鉛
    当調査レポートでは、黒鉛(グラファイト)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、用途別分析、種類別分析、地域別分析、黒鉛(グラファイト)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • バイオ潤滑油の世界市場:植物油、動物性脂肪
    当調査レポートでは、バイオ潤滑油の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、バイオ潤滑油の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • クラウド式PLMの世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、クラウド式PLMの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、アプリケーション別分析、企業規模別分析、産業別分析、地域別分析、クラウド式PLMの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • オートバイ用スーパーチャージャーの世界市場
    当調査レポートでは、オートバイ用スーパーチャージャーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、オートバイ用スーパーチャージャーの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の電子血圧計市場2016
    本調査レポートでは、世界の電子血圧計市場2016について調査・分析し、電子血圧計の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の太陽光発電用バックシート市場2015
    本調査レポートでは、世界の太陽光発電用バックシート市場2015について調査・分析し、太陽光発電用バックシートの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 生分解性紙包装材料の世界市場
    当調査レポートでは、生分解性紙包装材料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、生分解性紙包装材料の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 自然言語処理(NLP)の世界市場:認識、IVR、OCR、音声認識、テキスト処理、パターンおよび画像認識
    当調査レポートでは、自然言語処理(NLP)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、技術別分析、産業別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ゴム加硫産業及びその添加物の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ゴム加硫産業及びその添加物の世界市場について調査・分析し、ゴム加硫産業及びその添加物の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ゴム加硫産業及びその添加物シェア、市場規模推移、市場規模予測、ゴム加硫産業及びその添加物種類別分析(促進剤、加硫剤、活性剤、その他)、ゴム加硫産業及びその添加物用途別分析(自動車、医療、工業、消費財、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ゴム加硫産業及びその添加物の市場概観 ・ゴム加硫産業及びその添加物のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ゴム加硫産業及びその添加物のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ゴム加硫産業及びその添加物の世界市場規模 ・ゴム加硫産業及びその添加物の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ゴム加硫産業及びその添加物のアメリカ市場規模推移 ・ゴム加硫産業及びその添加物のカナダ市場規模推移 ・ゴム加硫産業及びその添加物のメキシコ市場規模推移 ・ゴム加硫産業及びその添加物のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギ …
  • 航空機用ギアボックスの世界市場予測(~2025年)
    当調査レポートでは、航空機用ギアボックスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、用途別(エンジン、機体)分析、ギアボックス種類別(減速、アクセサリー、作動、テールローター、APU)分析、エンドユーザー別(OEM、アフターマーケット)分析、航空機タイプ別(民間、軍事)分析、航空機用ギアボックスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、航空機用ギアボックスの世界市場規模が2019年33億万ドルから2025年43億万ドルまで年平均4.8%成長すると予測しています。
  • シングルユース(単回使用)バイオプロセスの世界市場:製品別(培地関連バッグ・容器、ろ過アセンブリ、使い捨て・単回使用バイオリアクター、使い捨てミキサー)、用途別(ろ過、貯蔵、細胞構造、混合、精製)、エンドユーザー別、地域別予測
    本資料は、シングルユース(単回使用)バイオプロセスの世界市場について調べ、シングルユース(単回使用)バイオプロセスの世界規模、市場動向、市場環境、製品別(培地関連バッグ・容器、ろ過アセンブリ、使い捨て・単回使用バイオリアクター、使い捨てミキサー)分析、用途別(ろ過、貯蔵、細胞構造、混合、精製)分析、エンドユーザー別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・シングルユース(単回使用)バイオプロセスの世界市場概要 ・シングルユース(単回使用)バイオプロセスの世界市場環境 ・シングルユース(単回使用)バイオプロセスの世界市場動向 ・シングルユース(単回使用)バイオプロセスの世界市場規模 ・シングルユース(単回使用)バイオプロセスの世界市場規模:製品別(培地関連バッグ・容器、ろ過アセンブリ、使い捨て・単回使用バイオリアクター、使い捨てミキサー) ・シングルユース(単回使用)バイオプロセスの世界市場規模:用途別(ろ過、貯蔵、細胞構造、混合、精製) ・シング …
  • スマートキッチン家電の世界市場
    当調査レポートでは、スマートキッチン家電の世界市場について調査・分析し、スマートキッチン家電の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 金属射出成形(MIM)の世界市場分析:エンドユーザー別(自動車、消費者製品、医療、産業、防衛)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、CSA、MEA)、競争戦略、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、金属射出成形(MIM)の世界市場について調査・分析し、金属射出成形(MIM)の世界市場動向、金属射出成形(MIM)の世界市場規模、市場予測、セグメント別金属射出成形(MIM)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 物理セキュリティ情報管理(PSIM)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、物理セキュリティ情報管理(PSIM)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、物理セキュリティ情報管理(PSIM)の世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 肉代用品の世界市場:豆腐ベース、テンペベース、TVPベース、セイタンベース、クオーンベース
    当調査レポートでは、肉代用品の世界市場について調査・分析し、市場概要、製品別(豆腐ベース、テンペベース、TVPベース、セイタンベース、クオーンベースなど)分析、由来別(大豆ベース、小麦ベース、マイコプロテイン、その他)分析、カテゴリー別(冷凍、冷蔵、棚安定)分析、地域別分析、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・肉代用品の世界市場:製品別(豆腐ベース、テンペベース、TVPベース、セイタンベース、クオーンベースなど) ・肉代用品の世界市場:由来別(大豆ベース、小麦ベース、マイコプロテイン、その他) ・肉代用品の世界市場:カテゴリー別(冷凍、冷蔵、棚安定) ・肉代用品の世界市場:地域別 ・企業動向
  • 介入的脊椎装置の世界市場2017-2021:椎体形成術、椎骨形成術、ラジオ波焼灼術
    当調査レポートでは、介入的脊椎装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、介入的脊椎装置の世界市場規模及び予測、需要先別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、医療費償還シナリオ、コスト分析、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ドアクローザの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ドアクローザの世界市場について調査・分析し、ドアクローザの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ドアクローザシェア、市場規模推移、市場規模予測、ドアクローザ種類別分析(表面取り付け、隠し、フロアスプリング)、ドアクローザ用途別分析(商業用、家庭用 )、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ドアクローザの市場概観 ・ドアクローザのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ドアクローザのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ドアクローザの世界市場規模 ・ドアクローザの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ドアクローザのアメリカ市場規模推移 ・ドアクローザのカナダ市場規模推移 ・ドアクローザのメキシコ市場規模推移 ・ドアクローザのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ドアクローザのドイツ市場規模推移 ・ドアクローザのイギリス市場規模推移 ・ドアクローザのロシア市場規模推移 ・ドアクローザのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東 …
  • 光ファイバプリフォームの世界市場:プロセス別(OVD、VAD、MCVD)、製品別(マルチモード、プラスチック光ファイバ)、エンドユーザ別(電気通信、石油・ガス)、セグメント予測
    本調査レポートでは、光ファイバプリフォームの世界市場について調査・分析し、光ファイバプリフォームの世界市場動向、光ファイバプリフォームの世界市場規模、市場予測、セグメント別光ファイバプリフォーム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • IPマルチメディアサブシステム(IMS)の世界市場:コンポーネント別(製品、サービス)、通信事業者別(移動体通信、固定通信)、地域別予測
    本資料は、IPマルチメディアサブシステム(IMS)の世界市場について調べ、IPマルチメディアサブシステム(IMS)の世界規模、市場動向、市場環境、コンポーネント別(製品、サービス)分析、通信事業者別(移動体通信、固定通信)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・IPマルチメディアサブシステム(IMS)の世界市場概要 ・IPマルチメディアサブシステム(IMS)の世界市場環境 ・IPマルチメディアサブシステム(IMS)の世界市場動向 ・IPマルチメディアサブシステム(IMS)の世界市場規模 ・IPマルチメディアサブシステム(IMS)の世界市場規模:コンポーネント別(製品、サービス) ・IPマルチメディアサブシステム(IMS)の世界市場規模:通信事業者別(移動体通信、固定通信) ・IPマルチメディアサブシステム(IMS)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・IPマルチメディアサブシステム(IMS)の北米市場規模・予測 ・IPマルチメディアサブシステム( …
  • 3D・4D技術の世界市場:3Dカメラ、3Dスキャナー、3Dセンサー、HMD、3Dスマートフォン、3Dグラス、3Dプロジェクター、3Dプリンター、3Dゲーム、3D映画、3Dナビゲーション、3Dアニメーション、3Dモーションキャプチャー、3D計測、3Dジェスチャー認識、4Dプリンティング
    当調査レポートでは、3D・4D技術の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、技術別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 冷凍ピザの世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、冷凍ピザの世界市場について調べ、冷凍ピザの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、冷凍ピザの市場規模をセグメンテーション別(製品別(一般冷凍ピザ、プレミアム冷凍ピザ、グルメ冷凍ピザ)、流通チャンネル別、トップング別(ベジタリアン以外のトッピング、ベジタリアントッピング))と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は冷凍ピザの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均4%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・冷凍ピザの市場状況 ・冷凍ピザの市場規模 ・冷凍ピザの市場予測 ・冷凍ピザの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(一般冷凍ピザ、プレミアム冷凍ピザ、グルメ冷凍ピザ) ・市場セグメンテーション:流通チャンネル別 ・市場セグメンテーション:トップング別(ベジタリアン以外のトッピング、ベジタリアントッピング) ・冷凍ピザの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 …
  • 監視レーダーの世界市場予測(~2025年)
    当調査レポートでは、監視レーダーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、用途別(商業、国家安全保障、防衛&宇宙)分析、プラットフォーム別(陸、空,、海軍、宇宙)分析、周波数帯域別(UHF&VHF; L; S; C; X; K、Ku、&Ka)分析、ディメンション別分析、監視レーダーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、監視レーダーの世界市場規模が2019年83億万ドルから2025年119億万ドルまで年平均6.3%成長すると予測しています。
  • アジア太平洋のスプリンクラ消火設備市場2016-2020
    当調査レポートでは、アジア太平洋のスプリンクラ消火設備市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アジア太平洋のスプリンクラ消火設備市場規模及び予測、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 屋上緑化の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、屋上緑化の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、屋上緑化市場規模、用途別分析、製品別(大規模型、集約型)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・屋上緑化の世界市場概要 ・屋上緑化の世界市場環境 ・屋上緑化の世界市場動向 ・屋上緑化の世界市場規模 ・屋上緑化の世界市場:業界構造分析 ・屋上緑化の世界市場:用途別 ・屋上緑化の世界市場:製品別(大規模型、集約型) ・屋上緑化の世界市場:地域別市場規模・分析 ・屋上緑化の北米市場規模・予測 ・屋上緑化のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・屋上緑化のアジア太平洋市場規模・予測 ・屋上緑化の主要国分析 ・屋上緑化の世界市場:意思決定フレームワーク ・屋上緑化の世界市場:成長要因、課題 ・屋上緑化の世界市場:競争環境 ・屋上緑化の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • ポリエチレンテレフタラート(PET)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ポリエチレンテレフタラート(PET)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ポリエチレンテレフタラート(PET)の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ポリピロールフィルムの世界市場予測(~2026):樹脂種類別(LLDPE、LDPE、HDPE、BoPP、CPP、PVC、BoPET、BoPA)、需要先別、地域別
    当調査レポートでは、ポリピロールフィルムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、樹脂種類別分析、需要先別分析、地域別分析、ポリピロールフィルムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 選択的レーザー焼結装置の世界市場:レーザータイプ別(固体レーザー、ガスレーザー)、材料別(金属、ナイロン)、用途別、産業別、地域別予測
    本資料は、選択的レーザー焼結装置の世界市場について調べ、選択的レーザー焼結装置の世界規模、市場動向、市場環境、レーザータイプ別(固体レーザー、ガスレーザー)分析、材料別(金属、ナイロン)分析、用途別分析、産業別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・選択的レーザー焼結装置の世界市場概要 ・選択的レーザー焼結装置の世界市場環境 ・選択的レーザー焼結装置の世界市場動向 ・選択的レーザー焼結装置の世界市場規模 ・選択的レーザー焼結装置の世界市場規模:レーザータイプ別(固体レーザー、ガスレーザー) ・選択的レーザー焼結装置の世界市場規模:材料別(金属、ナイロン) ・選択的レーザー焼結装置の世界市場規模:用途別 ・選択的レーザー焼結装置の世界市場規模:産業別 ・選択的レーザー焼結装置の世界市場:地域別市場規模・分析 ・選択的レーザー焼結装置の北米市場規模・予測 ・選択的レーザー焼結装置のアメリカ市場規模・予測 ・選択的レーザー焼結装置のヨーロッパ市場規模 …
  • エアロゾルの世界市場:用途別(パーソナルケア、家庭、自動車・工業、食品、塗料)、地域別
    本調査レポートでは、エアロゾルの世界市場について調査・分析し、エアロゾルの世界市場動向、エアロゾルの世界市場規模、市場予測、セグメント別エアロゾル市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のLTEパワーアンプ市場2015
    本調査レポートでは、世界のLTEパワーアンプ市場2015について調査・分析し、LTEパワーアンプの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 認知機能向上用サプリメントの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、認知機能向上用サプリメントの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、認知機能向上用サプリメント市場規模、用途別(サプリメント、医薬品、化粧品)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Accelerated Intelligence, HVMN, Onnit Labs, Purelife bioscience, Quincy Bioscienceなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・認知機能向上用サプリメントの世界市場概要 ・認知機能向上用サプリメントの世界市場環境 ・認知機能向上用サプリメントの世界市場動向 ・認知機能向上用サプリメントの世界市場規模 ・認知機能向上用サプリメントの世界市場:業界構造分析 ・認知機能向上用サプリメントの世界市場:用途別(サプリメント、医薬品、化粧品) ・認知機能向上用サプリメントの世界市場:地域別市場規模・分析 ・認知機能向上用サプリメントの北米市場規模・予測 ・認知機能向上用サプリメントのヨ …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"