"航空における拡張現実及び仮想現実(AR VR)の世界市場予測(~2025年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AS 7377)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"航空における拡張現実及び仮想現実(AR VR)の世界市場予測(~2025年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Increasing efficiency and cost savings are expected to drive the augmented and virtual reality market in aviation growth.
The augmented and virtual reality market in aviation is projected to grow from USD 78 million in 2019 to USD 1,372 million by 2025, at a CAGR of 61.2% during the forecast period. AR VR in aviation enables smoother and efficient operations that lead to cost savings in aviation functions such as manufacturing, maintenance, airport operations, airline operations, aviation training, among others. AR VR provides an immersive and interactive approach that connects the aviation ecosystem to improve the efficiency of various tasks. Smoother airport and airline operations lead to more revenue as aircraft spend less time out of service and more time flying.

By product, the gesture tracking device segment is expected to grow at the highest rate during the forecast period.
By product, the gesture tracking devices segment is expected to witness the highest CAGR because as the sensor and tracking algorithms advance, their demand for training and operations will increase. Gesture tracking provides a hands-free interface during manufacturing, designing, and training which gives the user an interactive and real life-like experience.

Gesture tracking in manufacturing is especially helpful as having one hand busy going through manuals or design blueprints can hamper efficiency. Gesture tracking will enable mechanics to go through digital instructions and 3D designs on AR headsets using gestures. Gesture tracking in VR enables an interactive experience for training where the trainees receive real-time feedback of simulations when they take action. These benefits are expected to drive the gesture tracking devices in AR VR at a high rate during the forecast period.

By technology, virtual reality segment is expected to lead the market for AR VR market in aviation during the forecast period.
Virtual reality has been integrated by many OEMs, MROs, and airlines. Airlines such as Qantas and Lufthansa are using VR to prove in-flight entertainment and provide pilot as well as cabin crew training, whereas OEMs, and MROs are using it to train mechanics. This integration is expected to grow further as technology develops. Thus, the virtual reality segment is expected to lead the AR VR technology market in aviation.

Asia Pacific augmented and virtual reality market in aviation is expected to witness the highest CAGR during the forecast period.
The augmented and virtual reality industry in aviation in the Asia Pacific region is projected to grow at the highest rate during the forecast period. Asia Pacific has experienced a boom in the aviation industry due to increased domestic travel, aircraft fleet, and airport projects. Due to Asia being a growing economy, technology developments in Asia are expected to be implemented at a faster rate in the coming years. This includes AR VR technology, as the developments in aviation will create a demand for AR VR technology to be implemented as the next step in this region.

In-depth interviews were conducted with Chief Executive Officers (CEOs), marketing directors, other innovation & technology directors, and executives from various key organizations operating in the augmented and virtual reality market in aviation.
By Company Type: Tier 1: 40%, Tier 2: 40%, and Tier 3: 20%
By Designation: C-level Executives: 20%, Directors: 30%, and Others 50%
By Region: North America: 30%, Europe: 10%, Asia Pacific: 50%, and RoW: 10%

The augmented and virtual reality market in aviation comprises major players such as Microsoft Corporation (US), Google Inc. (US), Eon Reality (US), Aero Glass (US), Upskill (US), Oculus VR (US), Jasoren (US), IMB (US), Fountx (Australia), and Sony (Japan), among others. The study includes an in-depth competitive analysis of these key players in the augmented and virtual reality market in the industry, with their company profiles, recent developments, and key market strategies.

Research Coverage:
The study covers the augmented and virtual reality market in aviation and aims at estimating the market size and growth potential across different segments, such as Technology, Function, Component, Application, Product, Vertical, and Region. The study also includes an in-depth competitive analysis of the key market players, along with their company profiles, key observations related to product and business offerings, recent developments, and key market strategies.

Key Benefits of Buying the Report
The report will provide market leaders/new entrants in this market with information on the closest approximations of the revenue numbers for the overall augmented and virtual reality market in aviation and its subsegments. This report will help stakeholders understand the competitive landscape and gain more insights to position their businesses better and to plan suitable go-to-market strategies. The report also helps stakeholders understand the pulse of the market and provides them with information on key market drivers, restraints, opportunities, and challenges.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"航空における拡張現実及び仮想現実(AR VR)の世界市場予測(~2025年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 19)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Regional Scope
1.3.2 Years Considered
1.4 Currency & Pricing
1.5 Market Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 23)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Breakdown of Primaries
2.1.3 Market Definition & Scope
2.1.4 Segment Definitions
2.1.4.1 AR VR Market in Aviation, By Application
2.1.4.2 AR VR Market in Aviation, By Product
2.1.4.3 AR VR Market in Aviation, By Vertical
2.1.4.4 AR VR Market in Aviation, By Technology
2.1.4.5 AR VR Market in Aviation, By Function
2.1.4.6 AR VR Market in Aviation, By Component
2.2 Research Approach and Methodology
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.1.1 AR VR Market in Aviation
2.2.1.2 AR VR Market in Aviation By Training Function
2.2.1.3 AR VR Market in Aviation By Operations Function
2.2.1.4 Total AR VR Market in Aviation, By Country, Application, Vertical, and Product
2.2.2 Top-Down Approach
2.2.2.1 AR VR Market in Aviation, By Technology
2.3 Data Triangulation & Validation
2.3.1 Triangulation Through Secondary
2.3.2 Triangulation Through Primaries
2.4 Research Limitations
2.5 Research Assumptions
2.6 Risks
3 Executive Summary (Page No. – 35)
4 Premium Insights (Page No. – 38)
4.1 AR VR Market in Aviation, 2019–2025
4.2 AR VR Market in Aviation, By Function
4.3 AR VR Market in Aviation, By Technology
4.4 AR VR Market in Aviation, By Country
5 Market Overview (Page No. – 40)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Increased Demand for Higher Efficiency and Cost Saving in Aviation
5.2.1.2 Reduced Chances of Human Error
5.2.1.3 Improved Passenger Experience
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Privacy Concerns Regarding Personal Data
5.2.2.2 Associated Health Risks
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Integration of Artificial Intelligence (AI) and Machine Learning (ML) With AR VR
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Technology Limitations
5.2.4.2 Cyber Security Issues
6 Industry Trends (Page No. – 45)
6.1 Introduction
6.2 Digital Reality
6.2.1 Augmented Reality (AR) Technology Trends
6.2.1.1 360-Degree View for Pilots
6.2.1.2 3D Aircraft Inspection and Maintenance
6.2.1.3 Enhanced Aviation Manufacturing
6.2.2 Virtual Reality (VR) Technology Trends
6.2.2.1 Immersive Training
6.2.2.2 Passenger Experience
6.2.3 Mixed Reality (Mr) Technology Trends
6.2.3.1 Mr Approach Towards MRO
6.2.3.2 Mr in Aviation Training and Manufacturing
6.2.4 Futuristic Trend: Wearable Cockpits
6.3 Innovation & Patent Registrations
7 Augmented Reality and Virtual Reality Market in Aviation, By Technology (Page No. – 53)
7.1 Introduction
7.2 Augmented Reality
7.2.1 Marker-Based
7.2.1.1 Low Memory and Processing Capacity Requirements
7.2.1.2 Passive Markers
7.2.1.3 Active Markers
7.2.2 Non-Marker-Based
7.2.2.1 Real-Time and More Interactive Augmentation
7.2.2.2 Model-Based Tracking
7.2.2.3 Image-Based Tracking
7.3 Virtual Reality
7.3.1 Immersive
7.3.1.1 Enhanced User Experience
7.3.1.2 Semi-Immersive
7.3.1.3 Fully Immersive
7.3.2 Non-Immersive
7.3.2.1 Low-Cost Solutions and Technical Ease
8 Augmented Reality and Virtual Reality Market in Aviation, By Function (Page No. – 59)
8.1 Introduction
8.2 Training
8.2.1 Pilots
8.2.1.1 Immersive Simulator Training Essential for Pilots
8.2.2 Crew & Ground Support Staff
8.2.2.1 Well-Trained Crew & Ground Staff Ensures Smooth Functioning of Airlines
8.2.3 Engineers
8.2.3.1 Reduced Human Error Drives the Demand for AR VR Training for Engineers
8.3 Operations
8.3.1 Airlines
8.3.1.1 Need to Reduce Airline Operating Costs Drives the Demand for AR VR
8.3.2 MRO
8.3.2.1 Quick MRO Turnaround Time Drives the Use of AR VR Technology
8.3.3 Airports
8.3.3.1 Increased Need for Connected and Smart Airports Drives the Demand for AR VR Technology
8.3.4 Aircraft
8.3.4.1 Demand for VR-Based In-Flight Entertainment Drives Its Market
8.3.5 Oems
8.3.5.1 Optimizing Aviation Manufacturing and Design Made Possible With AR VR
9 Augmented Reality and Virtual Reality Market in Aviation, By Product (Page No. – 67)
9.1 Introduction
9.2 Head-Mounted Displays
9.2.1 Easy Real-Time Access to Information and Increased Field of View for Pilots
9.3 Head-Up Displays
9.3.1 Assists Pilots With Navigational Information During Take-Off and Landing
9.4 Handheld Devices
9.4.1 Improved Efficiency of Cabin Crew Training Drives the Market
9.5 Gesture-Tracking Devices
9.5.1 Used as A Medium to Interact and Navigate in the Virtual World
10 Augmented Reality and Virtual Reality Market in Aviation, By Component (Page No. – 72)
10.1 Introduction
10.2 Hardware
10.2.1 Sensors
10.2.1.1 Accurate Input of Physical Environment Helps Track A User’s Position
10.2.2 Processors & Controllers
10.2.2.1 Need for Better Computing Power Drives the Market
10.2.3 Displays
10.2.3.1 Demand for Next-Generation Miniature Displays Drives the Market
10.2.4 Cameras
10.2.4.1 Use of 3D Cameras Aids Growth of the AR VR Market
10.2.5 Others
10.3 Software
10.3.1 Augmented Reality
10.3.1.1 Widely Used in Crew Training Programs
10.3.2 Virtual Reality
10.3.2.1 Increasing Use of Simulators in Training Programs Drives the Market
11 Augmented Reality and Virtual Reality Market in Aviation, By Application (Page No. – 78)
11.1 Introduction
11.2 On-Board
11.2.1 In-Flight Entertainment
11.2.1.1 Need to Upgrade Passenger Experience is Accelerating the Use of VR Devices in Aviation
11.2.2 Flight Deck Systems
11.2.2.1 Trend of Automated Pilot Assistance to Drive the Demand for AR VR in Cockpits
11.3 Off-Board
11.3.1 Increasing Efficiency and Cost Savings are Possible Using AR VR Technology
12 Augmented Reality and Virtual Reality Market in Aviation, By Vertical (Page No. – 83)
12.1 Introduction
12.2 Civil
12.3 Military
13 Regional Analysis (Page No. – 86)
13.1 Introduction
13.2 North America
13.2.1 US
13.2.1.1 Presence of Key AR VR Players is Driving Demand in the US
13.2.2 Canada
13.2.2.1 High Projected Demand is Expected to Drive the Market
13.3 Europe
13.3.1 France
13.3.1.1 Partnerships Between Aircraft Oems and AR VR Players Driving the Market
13.3.2 UK
13.3.2.1 High Passenger Traffic Driving the Need for Operational Efficiency Via AR VR Technology at Airports
13.3.3 Germany
13.3.3.1 Partnerships Between Airlines and AR VR Players Driving the Market
13.3.4 Rest of Europe
13.3.4.1 Military Fighter Procurement and Presence of Major Airports Driving the Demand for AR VR Technology
13.4 Asia Pacific
13.4.1 China
13.4.1.1 Large Aircraft Fleet and Military Spending Driving the Demand
13.4.2 India
13.4.2.1 New Airport Projects Driving the Demand for Off-Board AR VR Technology
13.4.3 Japan
13.4.3.1 Strong Capabilities in Electronics Driving the Market
13.4.4 Singapore
13.4.4.1 AR VR in MRO Training and Operations Driving the Market
13.4.5 Rest of Asia Pacific
13.4.5.1 AR VR Demand is Driven By Passenger Traffic Due to Increased Tourism
13.5 Rest of the World
13.5.1 Latin America
13.5.1.1 Presence of Aircraft Oems Driving the Market
13.5.2 Middle East
13.5.2.1 Airlines & MRO Training and Operations Driving the Demand
13.5.3 Africa
13.5.3.1 Growth in Passenger Traffic Driving the Market
14 Competitive Landscape (Page No. – 117)
14.1 Introduction
14.2 Competitive Analysis
14.2.1 AR VR Market in Aviation Competitive Leadership Mapping (Overall Market)
14.2.1.1 Visionary Leaders
14.2.1.2 Innovators
14.2.1.3 Dynamic Differentiators
14.2.1.4 Emerging Companies
14.3 Competitive Scenario
14.3.1 Contracts
14.3.2 New Product Launches
14.3.3 Collaborations and Partnerships
14.3.4 Other Strategies
15 Company Profiles (Page No. – 126)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
15.1 Microsoft Corporation
15.2 Google Inc.
15.3 Eon Reality
15.4 Aero Glass
15.5 Upskill
15.6 Sita
15.7 HTC
15.8 Bohemia Interactive Simulations
15.9 Oculus VR
15.10 Skylights Aero
15.11 Magic Leap
15.12 PTC Inc
15.13 Fountx
15.14 Future Visual
15.15 Jasoren
15.16 Atheer Air
15.17 Elbit Systems
15.18 Honey Well
15.19 Sony
15.20 IBM
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
16 Appendix (Page No. – 155)
16.1 Discussion Guide
16.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
16.3 Available Customizations
16.4 Related Reports

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】航空における拡張現実及び仮想現実(AR VR)の世界市場予測(~2025年)
【発行日】2019年10月15日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】AS 7377
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】航空宇宙&防衛
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
航空における拡張現実及び仮想現実(AR VR)の世界市場予測(~2025年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • パイプライン・ピギング装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、パイプライン・ピギング装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、パイプライン・ピギング装置の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 酒石酸の世界市場
    当調査レポートでは、酒石酸の世界市場について調査・分析し、酒石酸の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • プロゲステロン受容体アンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるプロゲステロン受容体アンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・プロゲステロン受容体アンタゴニストの概要 ・プロゲステロン受容体アンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のプロゲステロン受容体アンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・プロゲステロン受容体アンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・プロゲステロン受容体アンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 統合失調症の疫学的予測
    当調査レポートでは、統合失調症の疫学的市場予測について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・イントロダクション ・統合失調症の概要 ・リスク要因及び併存症 ・主要地域の動向 ・疫学的予測方法 ・統合失調症の疫学的予測結果(有病率など) ・考察(結論、分析の限界・強み)
  • マシンビジョンの世界市場
    当調査レポートでは、マシンビジョンの世界市場について調査・分析し、マシンビジョンの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - マシンビジョンの世界市場:市場動向分析 - マシンビジョンの世界市場:競争要因分析 - マシンビジョンの世界市場:製品別 ・スマートカメラをベースとしたビジョンシステム ・PCをベースとしたビジョンシステム ・組込システム - マシンビジョンの世界市場:構成要素別 ・ソフトウェア ・ハードウェア ・カメラ - マシンビジョンの世界市場:産業別 ・非業界的な括り ・業界的な括り - マシンビジョンの世界市場:用途別 ・位置決めおよび誘導 ・識別 ・測定 ・品質の確保&検査 - マシンビジョンの世界市場:技術別 ・画像センサー ・画像テクノロジー ・拡張現実 ・レーザー技術 - マシンビジョンの世界市場:主要地域別分析 - マシンビジョンの北米市場規模(アメリカ市場等) - マシンビジョンのヨーロッパ市場規模 - マシンビジョンのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・マシン …
  • ポリエステル短繊維(PSF)の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ポリエステル短繊維(PSF)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ポリエステル短繊維(PSF)市場規模、用途別(衣服、家庭用家具、自動車、ろ過、その他)分析、製品別(固形、中空)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ポリエステル短繊維(PSF)の世界市場概要 ・ポリエステル短繊維(PSF)の世界市場環境 ・ポリエステル短繊維(PSF)の世界市場動向 ・ポリエステル短繊維(PSF)の世界市場規模 ・ポリエステル短繊維(PSF)の世界市場:業界構造分析 ・ポリエステル短繊維(PSF)の世界市場:用途別(衣服、家庭用家具、自動車、ろ過、その他) ・ポリエステル短繊維(PSF)の世界市場:製品別(固形、中空) ・ポリエステル短繊維(PSF)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ポリエステル短繊維(PSF)のアメリカ市場規模・予測 ・ポリエステル短繊維(PSF)のヨーロッパ市場規模・予測 ・ポリエステル短繊維(PSF) …
  • 体外診断薬(IVD)の中国市場ー機会分析、競合環境、市場予測
  • メキシコの関節鏡検査処置動向(~2021)
  • ニューラルネットワークソフトウェアの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ニューラルネットワークソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ニューラルネットワークソフトウェアの世界市場規模及び予測、需要先別分析、導入方式別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の二クロム酸ナトリウム市場2015
    本調査レポートでは、世界の二クロム酸ナトリウム市場2015について調査・分析し、二クロム酸ナトリウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • バイオ炭の世界市場予測
    Inkwood Research社が出版した本調査レポートでは、バイオ炭の世界市場について調査・分析し、バイオ炭の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 発電用ボイラーの世界市場2014-2025:プロセス別(粉砕燃料燃焼、流動床燃焼)、技術別(亜臨界、超臨界、超々臨界)、地域別
    本調査レポートでは、発電用ボイラーの世界市場について調査・分析し、発電用ボイラーの世界市場動向、発電用ボイラーの世界市場規模、市場予測、セグメント別発電用ボイラー市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ケーブルトレイの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ケーブルトレイの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ケーブルトレイ市場規模、製品別分析、エンドユーザ―別(商業、産業、住宅)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、ABB, Atkore International, Chalfant, Eaton, Legrand, Schneider Electricなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ケーブルトレイの世界市場概要 ・ケーブルトレイの世界市場環境 ・ケーブルトレイの世界市場動向 ・ケーブルトレイの世界市場規模 ・ケーブルトレイの世界市場:業界構造分析 ・ケーブルトレイの世界市場:製品別 ・ケーブルトレイの世界市場:エンドユーザ―別(商業、産業、住宅) ・ケーブルトレイの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ケーブルトレイの北米市場規模・予測 ・ケーブルトレイのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・ケーブルトレイのアジア太平洋市場規模・予測 ・ケーブルトレイの主要国 …
  • IGCTの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、IGCTの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、IGCTの世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はIGCTの世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.04%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• ABB• Infineon Technologies• Mitsubishi Electric等です。
  • 急性リンパ芽球性リンパ腫(Acute Lymphoblastic Lymphoma):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、急性リンパ芽球性リンパ腫(Acute Lymphoblastic Lymphoma)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・急性リンパ芽球性リンパ腫(Acute Lymphoblastic Lymphoma):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・急性リンパ芽球性リンパ腫(Acute Lymphoblastic Lymphoma)のフェーズ3治験薬の状況 ・急性リンパ芽球性リンパ腫(Acute Lymphoblastic Lymphoma)治療薬の市場規模(販売予測) ・急性リンパ芽球性リンパ腫(Acute Lymphoblastic Lymphoma)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・急性リンパ芽球性リンパ腫(Acute Lymphoblastic Lymphoma)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の急性リンパ芽球性リンパ腫(Acute Lymphoblastic Lym …
  • 世界のチップアンテナ市場2016
    本調査レポートでは、世界のチップアンテナ市場2016について調査・分析し、チップアンテナの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • エネルギークラウドソリューションの世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、エネルギークラウドソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、ソリューション別分析、サービス別分析、導入方式別分析、企業規模別分析、エネルギークラウドソリューションの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のスポーツ分析市場:スポーツ種類別(個人およびチーム)、コンポーネント別、用途別(パフォーマンス分析、プレーヤーのフィットネスと安全性、プレーヤーとチームの評価、ファンのエンゲージメント)、展開モデル別、地域別
    MarketsandMarkets社は、スポーツ分析の世界市場規模が2019年19億ドルから2024年52億ドルまで年平均22.0%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界のスポーツ分析市場を広く調査・分析し、市場概要&業界トレンド、スポーツ種類別(個人スポーツ、チームスポーツ)分析、用途別(パフォーマンス分析、プレーヤー&チーム評価、プレーヤーフィットネス&安全性、ファンエンゲージメント、ブロードキャスト管理)分析、展開モデル別(オンプレミス、クラウド)分析、コンポーネント別(ソリューション、サービス)分析、地域別分析、競合動向、企業概要などで取りまとめております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要&業界トレンド ・世界のスポーツ分析市場:スポーツ種類別(個人スポーツ、チームスポーツ) ・世界のスポーツ分析市場:用途別(パフォーマンス分析、プレーヤー&チーム評価、プレーヤーフィットネス&安全性、ファンエンゲージメント、ブロードキャスト管理) ・世界のスポーツ分析市場:展開モデル別(オンプレミス、クラウド) ・世界 …
  • 世界主要国におけるフィルム接着剤市場2018-2023
    本調査レポートでは、フィルム接着剤の世界市場について調査・分析し、フィルム接着剤の世界市場概要、企業別市場シェア、地域別市場規模、種類別市場規模(ペースト、液体、固体)、用途別市場規模(耐食、バイオメディカル、軍用、その他)、主要企業分析、北米市場規模、米国市場規模、南米市場規模、欧州市場規模、アジア市場規模、日本国内市場規模、中国市場規模、中東・アフリカ市場規模、コスト(原価)分析、産業構造・戦略・マーケティング・流通業者分析、市場環境分析、フィルム接着剤の世界市場予測、地域別市場予測、種類別市場予測、用途別市場予測などの情報をお届け致します。 ・フィルム接着剤の世界市場概要 ・フィルム接着剤の企業別市場シェア ・フィルム接着剤の地域別市場規模 ・フィルム接着剤の種類別市場規模(ペースト、液体、固体) ・フィルム接着剤の用途別市場規模(耐食、バイオメディカル、軍用、その他) ・フィルム接着剤の主要企業分析 ・フィルム接着剤の北米市場規模 ・フィルム接着剤の米国市場規模 ・フィルム接着剤の南米市場規模 ・フィルム接着剤の欧州市場規模 ・フィルム接着剤のアジア市場規模 ・フィルム接着剤の …
  • 患者ポータルの世界市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、患者ポータルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、構成要素別分析、導入方式別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • カザフスタンの一次電池市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 接着剤及びシーラントの世界市場予測(~2021年):水性、溶剤型、ホットメルト、反応型
    当調査レポートでは、接着剤及びシーラントの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、技術別分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、接着剤及びシーラントの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 欧州のデータセンタ市場2016-2020
    当調査レポートでは、欧州のデータセンタ市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、欧州のデータセンタ市場規模及び予測、市場の成長要因、市場の課題、コスト分析、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 臭素の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、臭素の世界市場について調査・分析し、臭素の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 臭素の世界市場:市場動向分析 - 臭素の世界市場:競争要因分析 - 臭素の世界市場:誘導体別 ・透明ブライン液 ・臭化水素(HBR) ・有機臭素化合物 - 臭素の世界市場:用途別 ・殺虫剤 ・触媒 ・難燃剤 ・石油・ガス採掘 ・有機中間体 ・プラズマエッチング ・精製テレフタル酸(PTA)合成 ・その他 - 臭素の世界市場:業界別 ・石油・ガス ・自動車 ・化学 ・医薬品 ・農業 ・化粧品 ・テキスタイル ・その他 - 臭素の世界市場:主要地域別分析 - 臭素の北米市場規模(アメリカ市場等) - 臭素のヨーロッパ市場規模 - 臭素のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・臭素の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • カット・スタックラベルの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、カット・スタックラベルの世界市場について調査・分析し、カット・スタックラベルの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別カット・スタックラベルシェア、市場規模推移、市場規模予測、カット・スタックラベル種類別分析(紙ラベル、フィルム/プラスチックラベル、その他 )、カット・スタックラベル用途別分析(食品、飲料、家庭用品・パーソナルケア用品、医薬品、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・カット・スタックラベルの市場概観 ・カット・スタックラベルのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・カット・スタックラベルのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・カット・スタックラベルの世界市場規模 ・カット・スタックラベルの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・カット・スタックラベルのアメリカ市場規模推移 ・カット・スタックラベルのカナダ市場規模推移 ・カット・スタックラベルのメキシコ市場規模推移 ・カット・スタックラベルのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フ …
  • AaaS(オートメーションアズアサービス)の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、AaaS(オートメーションアズアサービス)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、AaaS(オートメーションアズアサービス)市場規模、コンポーネント別(サービス、ソリューション)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・AaaS(オートメーションアズアサービス)の世界市場概要 ・AaaS(オートメーションアズアサービス)の世界市場環境 ・AaaS(オートメーションアズアサービス)の世界市場動向 ・AaaS(オートメーションアズアサービス)の世界市場規模 ・AaaS(オートメーションアズアサービス)の世界市場:業界構造分析 ・AaaS(オートメーションアズアサービス)の世界市場:コンポーネント別(サービス、ソリューション) ・AaaS(オートメーションアズアサービス)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・AaaS(オートメーションアズアサービス)のアメリカ市場規模・予測 ・AaaS(オートメーションアズアサービス)の …
  • 高等教育の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、高等教育の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、高等教育の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 建築用断熱材の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、建築用断熱材の世界市場について調査・分析し、建築用断熱材の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別建築用断熱材シェア、市場規模推移、市場規模予測、建築用断熱材種類別分析(EPSパネル、XPSパネル、PUパネル、ミネラルウールパネル)、建築用断熱材用途別分析(屋根、壁、床、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・建築用断熱材の市場概観 ・建築用断熱材のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・建築用断熱材のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・建築用断熱材の世界市場規模 ・建築用断熱材の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・建築用断熱材のアメリカ市場規模推移 ・建築用断熱材のカナダ市場規模推移 ・建築用断熱材のメキシコ市場規模推移 ・建築用断熱材のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・建築用断熱材のドイツ市場規模推移 ・建築用断熱材のイギリス市場規模推移 ・建築用断熱材のロシア市場規模推移 ・建築用断熱材のアジア市場分析( …
  • ポリウレタンフィルム(PU)の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ポリウレタンフィルム(PU)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、タイプ別(ポリエーテル、ポリエステル)分析、機能別(熱可塑性、熱硬化性)分析、最終用途産業別(テキスタイル・レジャー、自動車・航空宇宙、医療)分析、ポリウレタンフィルム(PU)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 外科用ドレーン/創部用ドレナージの世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、外科用ドレーン/創部用ドレナージの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別分析、用途別分析、エンドユーザー別分析、地域別分析、外科用ドレーン/創部用ドレナージの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • モバイルビジネスインテリジェンス(BI)の世界市場予測(~2021):種類別(ソフトウェア、サービス)、ビジネス機能別、ビジネス用途別、企業規模別、産業別、地域別
    当調査レポートでは、モバイルビジネスインテリジェンス(BI)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、種類別分析、ビジネス機能別分析、ビジネス用途別分析、企業規模別分析、モバイルビジネスインテリジェンス(BI)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 小型自動車用電線(配線)の世界市場予測(~2030)
    ※本調査レポートでは、小型自動車用電線(配線)の世界市場について調査・分析し、小型自動車用電線(配線)の世界市場及び主要地域の市場規模、市場予測、最新技術動向、市場シェア、主要企業(メーカー)の概要(戦略、展望を含む)、業界動向等の情報をお届けしています。
  • コンプレッサーオイルの世界市場:容積式コンプレッサー、ダイナミックコンプレッサー、合成オイル、半合成オイル、ミネラルオイル、バイオベースオイル
    当調査レポートでは、コンプレッサーオイルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、コンプレッサー種類別分析、オイル種類別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 共連れ検知の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、共連れ検知の世界市場について調査・分析し、共連れ検知の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別共連れ検知シェア、市場規模推移、市場規模予測、共連れ検知種類別分析(画像計測技術、非結像技術)、共連れ検知用途別分析(商業エリア、公的機関・政府部門、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・共連れ検知の市場概観 ・共連れ検知のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・共連れ検知のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・共連れ検知の世界市場規模 ・共連れ検知の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・共連れ検知のアメリカ市場規模推移 ・共連れ検知のカナダ市場規模推移 ・共連れ検知のメキシコ市場規模推移 ・共連れ検知のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・共連れ検知のドイツ市場規模推移 ・共連れ検知のイギリス市場規模推移 ・共連れ検知のロシア市場規模推移 ・共連れ検知のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・共連れ検知 …
  • シリカ計の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、シリカ計の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類(装置、消耗品)別分析、産業(発電、半導体)別分析、地域別分析、シリカ計の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の炭化ケイ素セラミックス(SiSiC/SSiC)市場2015
    本調査レポートでは、世界の炭化ケイ素セラミックス(SiSiC/SSiC)市場2015について調査・分析し、炭化ケイ素セラミックス(SiSiC/SSiC)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 頭蓋インプラントの世界市場
    Transparency Market Researchが調査・発行した当レポートは、頭蓋インプラントの世界市場について調べ、頭蓋インプラントの世界規模、市場動向、市場環境、製品別(カスタマイズ、非カスタマイズ)分析、材料別(ポリマー、セラミック、金属)分析、エンドユーザー別(病院、脳神経外科専門センター)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめました。 ・序文・調査範囲・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・頭蓋インプラントの世界市場動向 ・頭蓋インプラントの世界市場環境 ・頭蓋インプラントの世界市場規模 ・頭蓋インプラントの世界市場規模:製品別(カスタマイズ、非カスタマイズ) ・頭蓋インプラントの世界市場規模:材料別(ポリマー、セラミック、金属) ・頭蓋インプラントの世界市場規模:エンドユーザー別(病院、脳神経外科専門センター) ・頭蓋インプラントの世界市場:地域別市場規模・分析 ・頭蓋インプラントの北米市場規模・予測 ・頭蓋インプラントのアメリカ市場規模・予測 ・頭蓋インプラントの中南米市場規模・予測 ・頭蓋 …
  • 世界の不妊治療市場規模・予測2017-2025:方法別(生殖補助医療(ART)・人工授精・体外受精(IVF)・代理出産・不妊症手術)、商品別(機械、メディア、付属品)、種類別(男性、女性)、エンドユーザー別(不妊クリニック、病院、精子バンク)地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の不妊治療市場について調査・分析し、世界の不妊治療市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の不妊治療関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 高純度アルミナの世界市場分析:製品別(4N、5N、6N)、用途別(発光ダイオード、半導体、蛍光体、サファイア)、セグメント予測
    本調査レポートでは、高純度アルミナの世界市場について調査・分析し、高純度アルミナの世界市場動向、高純度アルミナの世界市場規模、市場予測、セグメント別高純度アルミナ市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 施設園芸の世界市場2016-2020:プラスチック、ガラス
    当調査レポートでは、施設園芸の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、施設園芸の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 獣医向け注入ポンプの米国市場予測(~2021):種類別(大容量注入ポンプ、シリンジ注入ポンプ)、需要先別
  • ネットワーク分析ソリューションの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ネットワーク分析ソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ネットワーク分析ソリューションの世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用ディスプレイシステムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、自動車用ディスプレイシステムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用ディスプレイシステム市場規模、最終用途別(OEM、アフターマーケット)分析、ディスプレイ種類別分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自動車用ディスプレイシステムの世界市場概要 ・自動車用ディスプレイシステムの世界市場環境 ・自動車用ディスプレイシステムの世界市場動向 ・自動車用ディスプレイシステムの世界市場規模 ・自動車用ディスプレイシステムの世界市場:業界構造分析 ・自動車用ディスプレイシステムの世界市場:最終用途別(OEM、アフターマーケット) ・自動車用ディスプレイシステムの世界市場:ディスプレイ種類別 ・自動車用ディスプレイシステムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動車用ディスプレイシステムのアメリカ市場規模・予測 ・自動車用ディスプレイシステムのヨーロッパ市場規模・予測 ・自動車用ディスプレイシステムのアジア市場規模・予 …
  • ピレスロイドの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、ピレスロイドの世界市場について調査・分析し、ピレスロイドの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - ピレスロイドの世界市場:市場動向分析 - ピレスロイドの世界市場:競争要因分析 - ピレスロイドの世界市場:穀種別 果物及び野菜 穀類 脂肪種子及び豆類 その他の穀種 - ピレスロイドの世界市場:有効成分別 パルメチン サイパーメスリン ビフェンスリン ラムダシハロスリン シフルスリン デルタメトリン その他のピレスロイド - ピレスロイドの世界市場:用途別 穀物外基盤 穀物基盤 - ピレスロイドの世界市場:主要地域別分析 - ピレスロイドの北米市場規模(アメリカ市場等) - ピレスロイドのヨーロッパ市場規模 - ピレスロイドのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・ピレスロイドの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 産業用アクセス制御の世界市場予測(~2023年):カードリーダー、生体認証リーダー、電子ロック、制御装置/サーバ
    当調査レポートでは、産業用アクセス制御の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、構成要素別分析、サービス別分析、用途別分析、地域別分析、産業用アクセス制御の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ケニアの風力発電市場2016:発電能力、生産、投資動向、制度、企業
  • 船舶用エンジンの世界市場:商用船舶、オフショア支援船、内陸航路用船舶
    当調査レポートでは、船舶用エンジンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、推進機関種類別分析、推進力別分析、船舶別分析、燃料別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • Anti-CD33抗体のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるAnti-CD33抗体のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・Anti-CD33抗体の概要 ・Anti-CD33抗体のパイプライン概要 ・企業別開発中のAnti-CD33抗体 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・Anti-CD33抗体の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・Anti-CD33抗体開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • パスタ・麺類の世界市場2014–2025:製品別(アンビエント・麺、乾燥パスタ・麺、チルドパスタ・麺)、地域別(北米、ヨーロッパ、太平洋アジア、ラテンアメリカ、MEA)
    本調査レポートでは、パスタ・麺類の世界市場について調査・分析し、パスタ・麺類の世界市場動向、パスタ・麺類の世界市場規模、市場予測、セグメント別パスタ・麺類市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 耐アルカリ性プライマーの世界市場予測2019-2024
    「耐アルカリ性プライマーの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、ピュアアクリル、溶媒混合物など、用途別には、Interior Use、Exterior Useなどに区分してまとめた調査レポートです。耐アルカリ性プライマーのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・耐アルカリ性プライマーの世界市場概要(サマリー) ・耐アルカリ性プライマーの企業別販売量・売上 ・耐アルカリ性プライマーの企業別市場シェア ・耐アルカリ性プライマーの世界市場規模:種類別(ピュアアクリル、溶媒混合物) ・耐アルカリ性プライマーの世界市場規模:用途別(Interior Use、Exterior Use) ・耐アルカリ性プライマーの米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・耐アルカリ性プライマーのアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・耐アルカリ性プライマーの欧州市場規模(ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、ロシアなど …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"