"シリコーン界面活性剤の世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:CH 5960)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"シリコーン界面活性剤の世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The silicone surfactants market is projected to grow at a CAGR of 5.0% between 2019 and 2024
The silicone surfactants market is estimated to be worth USD 2.0 billion in 2019 and is expected to reach USD 2.5 billion by 2024, growing at a CAGR of 5.0% from 2019 to 2024. The rising demand for silicone surfactants from the end-use industries is anticipated to drive the growth of this market. However, the high manufacturing cost of silicone surfactants is expected to constrain the market growth.

Personal care contributed to the highest revenues in the silicone surfactants market
Personal care, construction, textile, paints & coatings, and agriculture, among others, were the different end-use industries of wax emulsions. Of these, the personal care segment was the largest end-use industry in 2018. Silicone surfactants are used widely in applications such as skincare, haircare, and personal hygiene products in the personal care industry. The rise in the number of working women and the growing demand for men’s grooming products are driving the personal care end-use industry.

Emulsifiers to lead the global market during the forecast period
The emulsifiers application segment of the silicone surfactants market is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period. Silicone surfactants have low surface tension in comparison to hydrocarbon surfactants and are strong emulsifiers, which make them suitable for various end-use industries. Growing demand from personal care and construction end-use industry is expected to fuel the demand for emulsifiers in the silicone surfactants market.

Based on the region, Asia Pacific is projected to grow at the highest CAGR in the silicone surfactants market between 2019 and 2024
The silicone surfactants market in Asia Pacific is expected to grow at the highest CAGR from 2019 to 2024. The increasing demand for silicone surfactants from the personal care industry in China and India is anticipated to drive the growth of the market in this region. In addition, increasing e-commerce activities in Asia Pacific is fueling the growth of personal care products in this region.

Breakdown of primary interviews for the report on the silicone surfactants market

• By Company Type – Tier 1 – 25%, Tier 2 –55%, and Tier 3 – 20%
• By Designation – C-Level – 29%, D-Level Executives – 32%, and Others – 39%
• By Region –Asia Pacific – 49%, Europe – 19%, North America – 21%, Rest of the World – 11%
The leading manufacturers of silicone surfactants profiled in this report include Evonik Industries AG (Germany), Dow Corning Corporation (US), Momentive Performance Materials Inc. (US), Wacker Chemie AG (Germany), Innospec Inc. (US), Shin-Etsu Chemical Co., Ltd. (Japan), Siltech Corporation (Canada), Elé Corporation (US), Elkem ASA (France), Supreme Silicones (India), Silibase Silicone New Material Manufacturer Co., Ltd. (China), Jiangsu Maysta Chemical Co., Ltd. (China), Elkay Chemicals Pvt. Ltd. (India), Hangzhou Ruijiang Performance Material Science Co., Ltd. (China), Harcros Chemicals Inc. (US), and SST Australia Pty Ltd. (Australia), among others.

Research Coverage
The report covers the silicone surfactants market by the application, end-use industry, and region. It aims at estimating the size and future growth potential of the market across various segments. The report also includes an in-depth competitive analysis of the key market players, along with their profiles and key growth strategies.

Key Benefits of Buying the Report
From an insight perspective, this report focuses on various levels of analyses, such as industry analysis (industry trends) and company profiles. With these insights, the study discusses the basic views on the competitive landscape, emerging & high-growth segments, high-growth regions, drivers, restraints, opportunities, and challenges in the silicone surfactants market.

The report provides insights on the following:
• Market Penetration: Comprehensive information on various products of silicone surfactants offered by top players operating in the market

• Product Development/Innovation: Detailed insights into upcoming developments in the silicone surfactants, R&D activities, and new applications in various end-use industries in the market

• Market Development: Comprehensive information about lucrative and emerging markets across different regions

• Market Diversification: Exhaustive information about new products, untapped geographies, recent developments, and investments in the silicone surfactants market

• Competitive Assessment: In-depth assessment of strategies, products, and manufacturing capabilities of leading players in the silicone surfactants market


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"シリコーン界面活性剤の世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Units Considered
1.6 Stakeholders
1.7 Limitations
2 Research Methodology
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.1.2.3 Breakdown of Primary Interviews
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Top-Down Approach
2.2.2 Bottom-Up Approach
2.3 Data Triangulation
2.4 Assumptions
3 Executive Summary
4 Premium Insights
4.1 Attractive Growth Opportunities in the Silicone Surfactants Market
4.2 Silicone Surfactants Market, By Region
4.3 Silicone Surfactants Market, By Application and Region
4.4 Silicone Surfactants Market: Country-Wise Growth Scenerio
4.5 Silicone Surfactants Market: End-Use Industry-Region Matrix
5 Market Overview
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Rising Demand for Silicone Surfactants From the Personal Care and Other End-Use Industries
5.2.1.2 Increasing Demand for Polyurethane (PU) Foams From End-Use Industries
5.2.2 Restraint
5.2.2.1 Availaibility of Low-Cost Synthetic Surfactant
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Stringent Environmental Regulations Against the Use of Conventional Surfactants
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 High Cost of Silicone Surfactants
5.3 Value Chain Analysis
5.4 Porter’s Five Forces Analysis
5.4.1 Bargaining Power of Buyers
5.4.2 Bargaining Power of Suppliers
5.4.3 Threat of New Entrants
5.4.4 Threat of Substitutes
5.4.5 Intensity of Competitive Rivalry
5.5 Macroeconomic Indicators
5.5.1 Personal Care & Cosmetics
5.5.2 Construction
6 Silicone Surfactants Market, By Application
6.1 Introduction
6.2 Emulsifiers
6.3 Foaming Agents
6.4 Defoaming Agents
6.5 Wetting Agents
6.6 Dispersants
6.7 Others
7 Silicone Surfactants Market, By End-Use Industry
7.1 Introduction
7.2 Personal Care
7.3 Construction
7.4 Textile
7.5 Paints & Coatings
7.6 Agriculture
7.7 Others
8 Regional Anmalysis
8.1 Introduction
8.2 North America
8.2.1 US
8.2.2 Canada
8.2.3 Mexico
8.3 Europe
8.3.1 Germany
8.3.2 France
8.3.3 UK
8.3.4 Russia
8.3.5 Spain
8.3.6 Rest of Europe
8.4 Asia Pacific
8.4.1 China
8.4.2 Japan
8.4.3 India
8.4.4 South Korea
8.4.5 Taiwan
8.4.6 Rest of Asia Pacific
8.5 South America
8.5.1 Brazil
8.5.2 Argentina
8.5.3 Rest of South America
8.6 Middle East & Africa
8.6.1 Saudi Arabia
8.6.2 UAE
8.6.3 South Africa
8.6.4 Rest of Middle East & Africa
9 Competitive Landscape
9.1 Introduction
9.1.1 Visionaries
9.1.2 Innovators
9.1.3 Dynamic Differentiators
9.1.4 Emerging Companies
9.2 Strength of Product Portfolio
9.3 Business Strategy Excellence
9.2.1 Market Ranking Analysis, 2016
9.3 Market Ranking of Key Players in the Silicone Surfactant Market
10 Company Profiles
10.1 Evonik
10.2 Dow Corning
10.3 Momentive Performance Materials
10.4 Wacker Chemie
10.5 Innospec
10.6 Shin-Etsu Chemical
10.7 Siltech
10.8 Elé
10.9 Elkem
10.1 Supreme Silicones
10.11 Silibase Silicone
10.12 Jiangsu Maysta Chemical
10.13 Others
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
11 Appendix

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】シリコーン界面活性剤の世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年10月15日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】CH 5960
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】化学
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
シリコーン界面活性剤の世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 世界の石油コークス市場2015
    本調査レポートでは、世界の石油コークス市場2015について調査・分析し、石油コークスの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • インドのバイオ農薬市場(~2020)
  • 鉄道車両の世界市場予測(~2025年):機関車、高速鉄道、貨車、客車
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、鉄道車両の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、製品タイプ別(機関車、高速鉄道、貨車、客車)分析、機関車の技術別(ディーゼル、電気)分析、用途別(乗客輸送、貨物輸送)分析、コンポーネント別分析、鉄道車両の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ティーツリー油の世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、ティーツリー油の世界市場について調べ、ティーツリー油の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ティーツリー油の市場規模をセグメンテーション別(製品別(従来型ティーツリーオイル、オーガニックティーツリーオイル)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社はティーツリー油の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均5%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・ティーツリー油の市場状況 ・ティーツリー油の市場規模 ・ティーツリー油の市場予測 ・ティーツリー油の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(従来型ティーツリーオイル、オーガニックティーツリーオイル) ・ティーツリー油の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • ヘリコプターの世界市場予測:POS別、OEM種類別、OEM用途別、OEMコンポーネント&システム別
    MarketsandMarkets社は、ヘリコプターの世界市場規模が2019年317億ドルから2025年374億ドルまで年平均2.8%成長すると予測しています。当調査レポートでは、ヘリコプターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、POS別(OEM、アフターマーケット)分析、OEM種類別(ライト、ミディアム、ヘビー)分析、OEM用途別(軍事、民生、商業)分析、OEMコンポーネント&システム別分析、ヘリコプターの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のオートバイ用ショックアブソーバー市場2015
    本調査レポートでは、世界のオートバイ用ショックアブソーバー市場2015について調査・分析し、オートバイ用ショックアブソーバーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 注意欠陥/多動性障害の疫学的予測
    当調査レポートでは、注意欠陥/多動性障害の疫学的市場予測について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・イントロダクション ・注意欠陥/多動性障害の概要 ・リスク要因及び併存症 ・主要地域の動向 ・疫学的予測方法 ・注意欠陥/多動性障害の疫学的予測結果(有病率など) ・考察(結論、分析の限界・強み)
  • コンテンツデリバリネットワーク(CDN)の世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、コンテンツデリバリネットワーク(CDN)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、種類別分析、ソリューション別分析、地域別分析、コンテンツデリバリネットワーク(CDN)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • クラウドディスカバリーの世界市場:ソリューション別(アプリケーションディスカバリー、インフラディスカバリー)、サービス別(プロフェッショナルサービス、マネージドサービス)、組織規模別(大企業、中小企業)、業種別(BFSI、ヘルスケア・ライフサイエンス、小売・消費財、製造)、地域別予測
    本資料は、クラウドディスカバリーの世界市場について調べ、クラウドディスカバリーの世界規模、市場動向、市場環境、ソリューション別(アプリケーションディスカバリー、インフラディスカバリー)分析、サービス別(プロフェッショナルサービス、マネージドサービス)分析、組織規模別(大企業、中小企業)分析、業種別(BFSI、ヘルスケア・ライフサイエンス、小売・消費財、製造)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・クラウドディスカバリーの世界市場概要 ・クラウドディスカバリーの世界市場環境 ・クラウドディスカバリーの世界市場動向 ・クラウドディスカバリーの世界市場規模 ・クラウドディスカバリーの世界市場規模:ソリューション別(アプリケーションディスカバリー、インフラディスカバリー) ・クラウドディスカバリーの世界市場規模:サービス別(プロフェッショナルサービス、マネージドサービス) ・クラウドディスカバリーの世界市場規模:組織規模別(大企業、中小企業) ・クラウ …
  • 世界のファイバレーザ市場2016
    本調査レポートでは、世界のファイバレーザ市場2016について調査・分析し、ファイバレーザの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 腫瘍壊死因子アルファアゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における腫瘍壊死因子アルファアゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・腫瘍壊死因子アルファアゴニストの概要 ・腫瘍壊死因子アルファアゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中の腫瘍壊死因子アルファアゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・腫瘍壊死因子アルファアゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・腫瘍壊死因子アルファアゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 塩化カルシウムの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、塩化カルシウムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、塩化カルシウムの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 可視化及び3Dレンダリングソフトウェアの世界市場:用途別(製品設計・モデリング、可視化・シミュレーション)、エンドユーザー別、展開方法別、セグメント予測
    本調査レポートでは、可視化及び3Dレンダリングソフトウェアの世界市場について調査・分析し、可視化及び3Dレンダリングソフトウェアの世界市場動向、可視化及び3Dレンダリングソフトウェアの世界市場規模、市場予測、セグメント別可視化及び3Dレンダリングソフトウェア市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のファザード市場規模・予測2017-2025:商品別(換気型、カーテン壁、非換気型、その他)エンドユーズ別(産業用、商業用、住宅用)、地域別(北米、ヨーロッパ、太平洋アジアその他の国)
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のファザード市場について調査・分析し、世界のファザード市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のファザード関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 渡航者ワクチンの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、渡航者ワクチンの世界市場について調査・分析し、渡航者ワクチンの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別渡航者ワクチンシェア、市場規模推移、市場規模予測、渡航者ワクチン種類別分析()、渡航者ワクチン用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・渡航者ワクチンの市場概観 ・渡航者ワクチンのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・渡航者ワクチンのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・渡航者ワクチンの世界市場規模 ・渡航者ワクチンの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・渡航者ワクチンのアメリカ市場規模推移 ・渡航者ワクチンのカナダ市場規模推移 ・渡航者ワクチンのメキシコ市場規模推移 ・渡航者ワクチンのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・渡航者ワクチンのドイツ市場規模推移 ・渡航者ワクチンのイギリス市場規模推移 ・渡航者ワクチンのロシア市場規模推移 ・渡航者ワクチンのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・ …
  • 軍用ガスマスクの世界市場
    当調査レポートでは、軍用ガスマスクの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、軍用ガスマスクの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ポロ様キナーゼ2阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるポロ様キナーゼ2阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ポロ様キナーゼ2阻害剤の概要 ・ポロ様キナーゼ2阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のポロ様キナーゼ2阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ポロ様キナーゼ2阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ポロ様キナーゼ2阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 耳鼻咽喉科 (ENT) 用レーザー装置の世界市場:ガスレーザー、固体・半導体ベースレーザー
    Technavio社の本調査レポートでは、耳鼻咽喉科 (ENT) 用レーザー装置の世界市場について調べ、耳鼻咽喉科 (ENT) 用レーザー装置の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、耳鼻咽喉科 (ENT) 用レーザー装置の市場規模をセグメンテーション別(製品別(ガスレーザー、固体・半導体ベースレーザー)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他)に分けて算出しました。Technavio社は耳鼻咽喉科 (ENT) 用レーザー装置の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均6%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・耳鼻咽喉科 (ENT) 用レーザー装置の市場状況 ・耳鼻咽喉科 (ENT) 用レーザー装置の市場規模 ・耳鼻咽喉科 (ENT) 用レーザー装置の市場予測 ・耳鼻咽喉科 (ENT) 用レーザー装置の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(ガスレーザー、固体・半導体ベースレーザー) ・耳鼻咽喉科 (ENT) 用レーザー装置の顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太 …
  • パレットの世界市場:木製パレット、プラスチック製パレット、金属製パレット、段ボール紙製パレット
    当調査レポートでは、パレットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、パレットの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 暗号ATMの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、暗号ATMの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、タイプ別(1ウェイ、2ウェイ)分析、現金自動預け払い機ハードウェア別(ディスプレイ、プリンター、QRスキャナー)分析、暗号ATMの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ホブ盤の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ホブ盤の世界市場について調査・分析し、ホブ盤の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ホブ盤シェア、市場規模推移、市場規模予測、ホブ盤種類別分析()、ホブ盤用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ホブ盤の市場概観 ・ホブ盤のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ホブ盤のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ホブ盤の世界市場規模 ・ホブ盤の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ホブ盤のアメリカ市場規模推移 ・ホブ盤のカナダ市場規模推移 ・ホブ盤のメキシコ市場規模推移 ・ホブ盤のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ホブ盤のドイツ市場規模推移 ・ホブ盤のイギリス市場規模推移 ・ホブ盤のロシア市場規模推移 ・ホブ盤のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・ホブ盤の日本市場規模推移 ・ホブ盤の中国市場規模推移 ・ホブ盤の韓国市場規模推移 ・ホブ盤のインド市場規模推移 ・ホブ盤の東南アジア市場規模推移 …
  • 世界の光学パターン付きウエハー検査装置市場2015
    本調査レポートでは、世界の光学パターン付きウエハー検査装置市場2015について調査・分析し、光学パターン付きウエハー検査装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • チリの心臓補助装置市場見通し
  • 医療機器受託製造の世界市場
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、医療機器受託製造の世界市場について調査・分析し、医療機器受託製造の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • ベーキング成分(ベーカリー&シリアル)の世界市場:市場規模、成長、予測分析
  • 仮想サーバー及び物理サーバーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、仮想サーバー及び物理サーバーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、仮想サーバー及び物理サーバーの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は仮想サーバー及び物理サーバーの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.26%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Cisco Systems• Dell• HPE• IBM• Lenovo• VMWare等です。
  • 小売産業におけるM2Mサービスの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、小売産業におけるM2Mサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、小売産業におけるM2Mサービスの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は小売産業におけるM2Mサービスの世界市場が2017-2021年期間中に年平均(34.42%)成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• AT&T• Deutsche Telekom• Rogers Communications• Verizon• Vodafone等です。
  • 幹細胞の世界市場予測
    Inkwood Research社が出版した本調査レポートでは、幹細胞の世界市場について調査・分析し、幹細胞の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • ドイツの外傷固定処置動向(~2021)
  • 産業用空気ろ過の世界市場分析:製品別(集塵機、ミストコレクター、HEPAフィルター、カートリッジコレクター・フィルター、バグハウスフィルタ)、エンドユーザー別(セメント、食品、金属、プラスチック、電力)、地域別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、産業用空気ろ過の世界市場について調査・分析し、産業用空気ろ過の世界市場動向、産業用空気ろ過の世界市場規模、市場予測、セグメント別産業用空気ろ過市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 加圧療法の世界市場
    当調査レポートでは、加圧療法の世界市場について調査・分析し、加圧療法の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 肺炎球菌(レンサ球菌)感染症:治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における肺炎球菌(レンサ球菌)感染症の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、肺炎球菌(レンサ球菌)感染症治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・肺炎球菌(レンサ球菌)感染症の概要 ・肺炎球菌(レンサ球菌)感染症の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の肺炎球菌(レンサ球菌)感染症治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・肺炎球菌(レンサ球菌)感染症治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・肺炎球菌(レンサ球菌)感染症治療薬開発 …
  • 機械式アクチュエータの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、機械式アクチュエータの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、機械式アクチュエータの世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 アクチュエータは、エネルギー源と制御システムにより、回転運動を直線運動に変換、またはその逆等、エネルギーの形を別のエネルギーの形に変換する機械要素です。Technavio社は機械式アクチュエータの世界市場が2017-2021年期間中に年平均2.10%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Tolomatic• TiMOTION• Warner Linear• Sonceboz• Aerotech • Thomson• Physik Instrumente (PI)• Venture• Exlar Actuation Solutions• Varedan Technologies• REXA• ENERPAC等です。
  • 腎細胞癌治療薬の世界市場
    ※本調査レポートでは、腎細胞癌治療薬の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場動向、市場展望、腎細胞癌治療薬の世界市場規模、地域別市場規模、セグメント別市場規模、主要企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ポリウレタン複合材料の世界市場予測2026:種類(ガラス繊維、炭素繊維)、製造プロセス、需要先、地域別分析
    当調査レポートでは、ポリウレタン複合材料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、種類別分析、製造プロセス別分析、需要先別分析、地域別分析、ポリウレタン複合材料の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • チョコレートシロップの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、チョコレートシロップの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、チョコレートシロップの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はチョコレートシロップの世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.87%成長すると予測しています。
  • 建築パネル材料の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、建築パネル材料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、建築パネル材料の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • プロテアーゼの世界市場:微生物由来、動物由来、植物由来、レニン、パパイン、アルカリ性、酸性、中性プロテアーゼ
    当調査レポートでは、プロテアーゼの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、原材料別分析、形態別分析、製品別分析、用途別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のペンタエリスリトール市場2015
    本調査レポートでは、世界のペンタエリスリトール市場2015について調査・分析し、ペンタエリスリトールの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • セロトニントランスポータ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるセロトニントランスポータ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・セロトニントランスポータ阻害剤の概要 ・セロトニントランスポータ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のセロトニントランスポータ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・セロトニントランスポータ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・セロトニントランスポータ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • スマートシティの世界市場予測(~2022年):種類、ソリューション、サービス
    当調査レポートでは、スマートシティの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、輸送別分析、ユティリティ別分析、建物別分析、市民サービス別分析、スマートシティの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 季節性インフルエンザ:治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における季節性インフルエンザの治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、季節性インフルエンザ治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・季節性インフルエンザの概要 ・季節性インフルエンザの治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の季節性インフルエンザ治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・季節性インフルエンザ治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・季節性インフルエンザ治療薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界の高分子硫酸鉄(PFS)市場2015
    本調査レポートでは、世界の高分子硫酸鉄(PFS)市場2015について調査・分析し、高分子硫酸鉄(PFS)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • アーモンドミルクの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、アーモンドミルクの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アーモンドミルクの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • スマートライティングの世界市場:提供別(ハードウェア、ソフトウェア)、接続技術別(Bluetooth、Zigbee、Wi-Fi、DALI)、照明技術別(LED、ハロゲン、白熱、蛍光、CFL)、業種別(商業、住宅、産業、自動車、 その他)
    本市場調査レポートではスマートライティングについて、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、提供別(ハードウェア、ソフトウェア)分析、接続技術別(Bluetooth、Zigbee、Wi-Fi、DALI)分析、照明技術別(LED、ハロゲン、白熱、蛍光、CFL)分析、用途別(屋内照明、屋外照明)分析、業種別(商業、住宅、産業、自動車、 その他)分析、地域別分析、競争状況、企業概要に区分して収録しています。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・スマートライティングの世界市場:提供別(ハードウェア、ソフトウェア) ・スマートライティングの世界市場:接続技術別(Bluetooth、Zigbee、Wi-Fi、DALI) ・スマートライティングの世界市場:照明技術別(LED、ハロゲン、白熱、蛍光、CFL) ・スマートライティングの世界市場:用途別(屋内照明、屋外照明) ・スマートライティングの世界市場:業種別(商業、住宅、産業、自動車、 その他) ・スマートライティングの世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業概要
  • 世界のベースオイル市場:グループ別(グループI、グループII、グループIII、グループIV、グループV)、用途別(自動車用オイル、工業用オイル、油圧オイル、グリース、金属加工液)、地域別(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、南アメリカ、MEA)
    MarketsandMarkets社は、ベースオイルの世界市場規模が2019年337億ドルから2024年396億ドルまで年平均3.3%成長すると予測しています。本書は、世界のベースオイル市場について調査・分析し、市場概要、種類別(グループI、グループII、グループIII、グループIV、グループV)分析、用途別(自動車用オイル、工業用オイル、金属加工液、油圧オイル、グリース、その他)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界のベースオイル市場:種類別(グループI、グループII、グループIII、グループIV、グループV) ・世界のベースオイル市場:用途別(自動車用オイル、工業用オイル、金属加工液、油圧オイル、グリース、その他) ・世界のベースオイル市場:地域別 ・競合環境 ・企業概要 ・付録
  • 教育機関向けプロジェクターのアメリカ市場2016-2020
    当調査レポートでは、教育機関向けプロジェクターのアメリカ市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、教育機関向けプロジェクターのアメリカ市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 医療用テープ及び包帯の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、医療用テープ及び包帯の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、製品別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、医療用テープ及び包帯の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の外科用縫合針市場2015
    本調査レポートでは、世界の外科用縫合針市場2015について調査・分析し、外科用縫合針の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • リテールオートメーションの世界市場:製品別(バーコード・RFID、POS、カメラ、電子棚札)、エンドユーザー別(ハイパーマーケット、スーパーマーケット、コンビニエンスストア、燃料供給所、薬局)、地域別予測
    本資料は、リテールオートメーションの世界市場について調べ、リテールオートメーションの世界規模、市場動向、市場環境、製品別(バーコード・RFID、POS、カメラ、電子棚札)分析、エンドユーザー別(ハイパーマーケット、スーパーマーケット、コンビニエンスストア、燃料供給所、薬局)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・リテールオートメーションの世界市場概要 ・リテールオートメーションの世界市場環境 ・リテールオートメーションの世界市場動向 ・リテールオートメーションの世界市場規模 ・リテールオートメーションの世界市場規模:製品別(バーコード・RFID、POS、カメラ、電子棚札) ・リテールオートメーションの世界市場規模:エンドユーザー別(ハイパーマーケット、スーパーマーケット、コンビニエンスストア、燃料供給所、薬局) ・リテールオートメーションの世界市場:地域別市場規模・分析 ・リテールオートメーションの北米市場規模・予測 ・リテールオートメーション …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"