"インシデント及び緊急事態管理の世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:TC 2158)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"インシデント及び緊急事態管理の世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The occurrence of unpredictable natural disasters due to the ever-changing climate conditions expected to drive the growth of the incident and emergency management market
The global incident and emergency management market size is expected to grow from an estimated value of USD 107.0 billion in 2019 to USD 148.5 billion by 2024, at a CAGR of 6.8% during the forecast period. The incident and emergency management industry is driven by various factors, such as growth in criminal activities and terrorist attacks, and the occurrence of unpredictable natural disasters due to the ever-changing climate conditions. However, the high false alarm rates can hinder the growth of the market.

The commercial and industrial segment is projected to grow at the highest CAGR during the forecast period
In incident and emergency management market, commercial and industrial verticals include retail and consumer goods, manufacturing, automotive, and real estate and construction. This vertical is prone to man-made disasters, such as fire, explosion, power outage, and equipment failure. The commercial and industrial vertical deploys incident and emergency management solutions in places such as shopping malls, restaurants, movie theatres, office complexes, and service stations.

The incident and emergency management solutions specifically designed for the commercial and industrial sector are instrumental in informing and warning the masses regarding possible natural disasters, building evacuations, fire outbreaks, accidents, power outages, weather information, alarm and emergency signaling, and also criminal activity in buildings or commercial space. The adoption of incident and emergency management solutions in the commercial and industrial sector is expected to witness significant growth during the forecast period. The use of incident and emergency management solutions and services in the commercial and industrial sector can be of great importance as this sector is more prone to disasters and emergencies.

The solution segment expected to account for the largest share during the forecast period
Organizations in the incident and emergency management market are deploying solutions to minimize the loss in case of an occurrence of any natural or man-made disaster. The solutions have been classified into the web-based emergency management system, emergency /mass notification system, disaster recovery and business continuity, perimeter intrusion detection, geospatial solutions, and fire and HAZMAT solutions.
These solutions are used for business and public safety, to deploy the right resources for emergency hit areas where the timely dispatch of units is essential. The major features offered by solutions above are scalability, flexibility, robustness, and interoperability. Various application areas, such as tsunami and earthquake warning system, remote weather monitoring system, traffic management, and CBRNE detection system, utilize incident and emergency management solutions.

APAC expected to grow at the highest rate during the forecast period
The incident and emergency management market in APAC is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period, due to the growing disaster situation such as tsunamis, earthquakes, cyclones, and terrorist attacks. Moreover, the surge in the growth can be attributed to the technological advancements, along with mandatory regulations, imposed by the government regulatory entities to adopt the best-in-class technology for disaster management. China, Japan, and India have emerged as undisputed leaders in the incident and emergency management industry.
In-depth interviews were conducted with Chief Executive Officers (CEOs), marketing directors, other innovation and technology directors, and executives from various key organizations operating in the incident and emergency management market.
• By company type: Tier 1 – 42%, Tier 2 – 38%, and Tier 3 – 20%
• By designation: C-level – 40%, Directors – 35%, and Others – 25%
• By region: North America–35%, Europe–27%, APAC– 23%, and RoW– 15%

Major vendors offering incident and emergency management solutions and services across the globe include Honeywell (US), Lockheed Martin (US), Motorola Solutions (US), Siemens (Germany), NEC Corporation (Japan), Collins Aerospace (US), IBM (US), Hexagon (Sweden), Esri (US), MissionMode (US), Alert Technologies (US), The Response Group (US), Everbridge (US), Juvare (US), Haystax Technology (US), Veoci (US), MetricStream (US), Noggin (Australia), LogicGate (US), 4C Strategies (Sweden), Resolver (Canada).
The study includes an in-depth competitive analysis of these key players in the incident and emergency management market, with their company profiles, recent developments, and key market strategies.

Research coverage
The market study covers the incident and emergency management market size across segments. It aims at estimating the market size and the growth potential of this market across different segments, namely, component, solution, service, communication system, simulation, vertical, and region. The study also includes an in-depth competitive analysis of the key players in the market, along with their company profiles, key observations related to product and business offerings, recent developments, and key market strategies.

Key benefits of buying the report
The report will help the market leaders/new entrants in this market with information on the closest approximations of the revenue numbers for the overall incident and emergency management market and the subsegments. This report will help stakeholders understand the competitive landscape and gain more insights to position their businesses better and plan suitable go-to-market strategies. The report also helps stakeholders understand the pulse of the market and provides them with information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"インシデント及び緊急事態管理の世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 11)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Market Segmentation
1.3.2 Regions Covered
1.4 Years Considered for the Study
1.5 Currency Considered
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 15)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Breakup of Primary Profiles
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.2 Market Breakup and Data Triangulation
2.3 Market Size Estimation
2.3.1 Top-Down Approach
2.3.2 Bottom-Up Approach
2.4 Market Forecast
2.5 Assumptions for the Study
2.6 Limitations of the Study
3 Executive Summary (Page No. – 24)
4 Premium Insights (Page No. – 27)
4.1 Attractive Market Opportunities in the Incident and Emergency Management Market
4.2 North America: Market By Solution and Country
4.3 Market Major Countries
5 Market Overview (Page No. – 29)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Growth in Criminal Activities and Terrorist Attacks
5.2.1.2 Occurrence of Unpredictable Natural Disasters Due to the Ever-Changing Climatic Conditions
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 False Alarm Rates
5.2.1 Opportunities
5.2.1.1 Technological Advancements in Communications Infrastructure
5.2.1.2 Proliferation of Social Media Platforms
5.2.1.3 Situational Awareness Tools Bring Equal Value to Daily and Emergency Operation
5.2.2 Challenges
5.2.2.1 High Installation and Maintenance Costs for Small and Medium-Sized Enterprises
5.2.2.2 Hardware Infrastructure is Prone to A Single Point of Failure
5.3 Industry Trends
5.3.1 Use Case 1
5.3.2 Use Case 2
5.3.3 Use Case 3
5.4 Impact of Disruptive Technologies
5.4.1 Artificial Intelligence
5.4.2 Internet of Things
5.4.3 Drones
1 Incident and Emergency Management Market By Component (Page No. – 37)
1.1 Introduction
1.2 Solution
1.2.1.1 Growing Need for Minimizing the Loss Cause By Disaster to Drive the Growth of Incident and Emergency Solutions
1.3 Services
1.3.1.1 Increasing Need for Integration of Incident and Emergency Management With Enterprises System to Drive the Growth of Incident and Management Services
1.4 Communication System
1.4.1.1 Need for Immediate Response to Drive the Communication System Market
2 Incident and Emergency Management Market By Solution (Page No. – 42)
2.1 Introduction
2.2 Web-Based Emergency Management System
2.2.1.1 Need for Complete 360˚ View of the Affected Area to Drive the Growth of Web-Based Emergency Management System
2.3 Emergency/Mass Notification System
2.3.1.1 Growing Need to Quickly Inform Masses in an Area About Emergency to Drive the Growth of Emergency/Mass Notification System
2.4 Disaster Recovery and Business Continuity
2.4.1.1 Increasing Demand for Preventive, Detective, and Corrective Solution to Continue the Business Process to Drive the Growth of Disaster Recovery and Business Continuity
2.5 Perimeter Intrusion Detection
2.5.1.1 Rise in Need to Monitor and Prevent Damage and Unauthorized Access to Critical Infrastructure From Internal Or External Threat to Drive the Growth of Perimeter Intrusion and Detection Solution
2.6 Geospatial Solution
2.6.1.1 Growing Need to Get Overall Picture of A Location After A Disaster to Take Informed Decision to Drive the Growth of Geospatial Solution
2.7 Fire and HAZMAT Solution
2.7.1.1 Growing Need to Early Detect Suspicious Things to Drive the Growth of Fire and HAZMAT Solution
3 Incident and Emergency Management Market By Service (Page No. – 51)
3.1 Introduction
3.2 Consulting
3.2.1.1 Lack of Awareness of Incident and Emergency Management Solutions to Drive the Growth of Consulting Services
3.3 Emergency Operation Center Design and Integration
3.3.1.1 Growing Need to Monitor Operational Activities for Disaster Management
3.4 Training and Simulation
3.4.1.1 Growing Need to Provide Enhanced Emergency Services to Drive the Growth of Training and Simulation Services
3.5 Public Information Services
3.5.1.1 Need to Provide Relevant Information Regarding the Situation to the Masses to Drive the Growth of Public Information Services
4 Incident and Emergency Management Market By Communication System (Page No. – 57)
4.1 Introduction
4.2 First Responder Tools
4.2.1.1 Growing Number of Smart Devices to Drive the Growth of First Responder Tools
4.3 Satellite Assisted Equipment
4.3.1.1 Growing Need for Higher Bandwidth and Mobility, have Opened Up an Opportunity for the Satellite Assisted Equipment to Drive the Growth of Satellite Assisted Equipment
4.4 Vehicle-Ready Gateways
4.4.1.1 Need to Provide Coverage, Data Transfer, and Communication Between the Control Center and the First Responders
4.5 Emergency Response Radars
4.5.1.1 Demand for Early Warnings to Government Organizations and First Responders to Prepare for Various Disasters to Drive the Growth of Emergency Response Radars
5 Incident and Emergency Management Market By Simulation (Page No. – 64)
5.1 Introduction
5.2 Traffic Simulation Systems
5.2.1.1 to Provide A Detailed Traffic Analysis to Make Informed Decision and Support Planning Processes
5.3 Hazard Propagation Simulation Tools
5.3.1.1 Demand for Predictive Maintenance in Critical Infrastructure Industries to Drive the Growth of Hazard Propagation Simulation Tools
5.4 Incident and Evacuation Simulation Tools
5.4.1.1 Need to Analyze, Plan, and Educate People About Disasters, Incidents, and Emergency Situations to Drive the Growth of Incident and Evacuation Simulation Tools
6 Incident and Emergency Management Market By Vertical (Page No. – 67)
6.1 Introduction
6.2 Commercial and Industrial
6.2.1.1 Growing Need to Alert During Any Kind of Mishaps in Commercial and Industrial Space to Drive the Growth of Market
6.3 Education
6.3.1.1 Growing Adoption of Incident and Emergency Management Among Educational Institutions to Ensure the Safety and Security of Students and Faculty
6.4 Energy and Utilities
6.4.1.1 Fluctuating Weather Conditions, Geographical Proximity, and Vulnerability to Industrial Accidents Driving the Adoption of Incident and Emergency Management Market in Energy and Utilities Vertical
6.5 Healthcare and Life Sciences
6.5.1.1 Incident and Emergency Management Helps to Improve Patient Management, Monitoring, and Experience and Engagement in Healthcare Organizations
6.6 Defense and Military
6.6.1.1 Need for Reliable, Fast, and Ultra-Secure Communication Mode to Boost the Adoption of Incident and Emergency Management in Defense and Military Vertical
6.7 Transportation and Logistics
6.7.1.1 Threats Such as Terror Activities, Plane Hijacks, Smuggling, and Weather-Related Situations to Spur the Adoption of Incident and Emergency Management in the Transportation and Logistics Vertical
6.8 Government
6.8.1.1 Growing Use of Incident and Emergency Management to Coordinate Citizens, Organizations, and Agencies During Natural Calamities Or Attacks By Government Institutions
6.9 Others
7 Incident and Emergency Management Market By Region (Page No. – 79)
7.1 Introduction
7.2 North America
7.2.1 United States
7.2.2 Canada
7.3 Europe
7.3.1 Germany
7.3.1.1 Industry 4.0 to Drive the Mns Market in Germany
7.3.2 United Kingdom
7.3.2.1 Safety Laws and Compliances to Fuel the Adoption of Mass Notification Solutions in the Uk
7.3.3 France
7.3.3.1 Safety Concerns in Chemical and Oil & Gas to Drive the Mns Market in France
7.3.4 Rest of Europe
7.4 Asia Pacific
7.4.1 China
7.4.1.1 Technological Advancement Across Different Verticals to Drive the Growth of Mns Market in China
7.4.2 Japan
7.4.2.1 Introduction of Risk Assessments, and Establishment of Oshms to Fuel the Adoption of Mass Notification Solutions in Japan
7.4.3 India
7.4.3.1 Increase in Investments Among Startups and Growth of Cloud Technology Across Verticals to Trigger Mns Adoption in India
7.4.4 Rest of Asia Pacific
7.5 Middle East and Africa
7.5.1 Middle East and North Africa
7.5.1.1 Adoption of Mns in Oil and Gas Vertical to Drive the Growth of Mns Market in Mena
7.5.2 Sub-Saharan Africa
7.5.2.1 Government Initiatives to Drive the Adoption of Safety and Emergency Systems in the Sub-Saharan Africa
7.6 Latin America
7.6.1 Mexico
7.6.1.1 Growing It Infrastructure to Fuel the Adoption of Mns Solutions in Mexico
7.6.2 Brazil
7.6.2.1 Emerging Startups in Brazil to Drive the Growth of Mns Market in the Coming Years in Brazil
7.6.3 Rest of Latin America
8 Incident and Emergency Management Market By Region (Page No. – 108)
8.1 Introduction
8.2 North America
8.2.1 United States
8.2.2 Canada
8.3 Europe
8.3.1 Germany
8.3.1.1 Industry 4.0 to Drive the Mns Market in Germany
8.3.2 United Kingdom
8.3.2.1 Safety Laws and Compliances to Fuel the Adoption of Mass Notification Solutions in the Uk
8.3.3 France
8.3.3.1 Safety Concerns in Chemical and Oil & Gas to Drive the Mns Market in France
8.3.4 Rest of Europe
8.4 Asia Pacific
8.4.1 China
8.4.1.1 Technological Advancement Across Different Verticals to Drive the Growth of Mns Market in China
8.4.2 Japan
8.4.2.1 Introduction of Risk Assessments, and Establishment of Oshms to Fuel the Adoption of Mass Notification Solutions in Japan
8.4.3 India
8.4.3.1 Increase in Investments Among Startups and Growth of Cloud Technology Across Verticals to Trigger Mns Adoption in India
8.4.4 Rest of Asia Pacific
8.5 Middle East and Africa
8.5.1 Middle East and North Africa
8.5.1.1 Adoption of Mns in Oil and Gas Vertical to Drive the Growth of Mns Market in Mena
8.5.2 Sub-Saharan Africa
8.5.2.1 Government Initiatives to Drive the Adoption of Safety and Emergency Systems in the Sub-Saharan Africa
8.6 Latin America
8.6.1 Mexico
8.6.1.1 Growing It Infrastructure to Fuel the Adoption of Mns Solutions in Mexico
8.6.2 Brazil
8.6.2.1 Emerging Startups in Brazil to Drive the Growth of Mns Market in the Coming Years in Brazil
8.6.3 Rest of Latin America
9 Company Profiles (Page No. – 137)
9.1 Introduction
9.2 Honeywell
9.2.1 Business Overview
9.2.2 Products Offered
9.2.3 Recent Developments
9.2.4 SWOT Analysis
9.2.5 MnM View
9.3 Lockheed Martin
9.3.1 Business Overview
9.3.2 Products Offered
9.3.3 Recent Developments
9.3.4 SWOT Analysis
9.3.5 MnM View
9.4 Motorola Solutions
9.4.1 Business Overview
9.4.2 Products and Services Offered
9.4.3 Recent Developments
9.4.4 SWOT Analysis
9.4.5 MnM View
9.5 Siemens
9.5.1 Business Overview
9.5.2 Products Offered
9.5.3 Recent Developments
9.5.4 SWOT Analysis
9.5.5 MnM View
9.6 NEC Corporation
9.6.1 Business Overview
9.6.2 Products Offered
9.6.3 Recent Developments
9.6.4 SWOT Analysis
9.6.5 MnM View
9.7 Collins Aerospace
9.7.1 Business Overview
9.7.2 Solution Offered
9.7.3 Recent Developments
9.7.4 MnM View
9.8 IBM
9.8.1 Business Overview
9.8.2 Products Offered
9.8.3 Recent Developments
9.8.4 MnM View
9.9 Hexagon
9.9.1 Business Overview
9.9.2 Solutions Offered
9.9.3 Recent Developments
9.9.4 MnM View
9.10 ESRI
9.10.1 Business Overview
9.10.2 Solutions Offered
9.10.3 Recent Developments
9.10.4 MnM View
9.11 Logicgate
9.12 4c Strategies
9.13 Resolver
9.14 Missionmode
9.14.1 Business Overview
9.14.2 Solutions Offered
9.14.3 Recent Developments
9.14.4 MnM View
9.15 Alert Technologies
9.16 The Response Group
9.17 Everbridge
9.18 Juvare
9.19 Haystax Technology
9.20 Veoci
9.21 Metricstream
9.22 Noggin

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】インシデント及び緊急事態管理の世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年10月15日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】TC 2158
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】電気通信及びIT
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
インシデント及び緊急事態管理の世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • スクイーズチューブの世界市場
    当調査レポートでは、スクイーズチューブの世界市場について調査・分析し、スクイーズチューブの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - スクイーズチューブの世界市場:市場動向分析 - スクイーズチューブの世界市場:競争要因分析 - スクイーズチューブの世界市場:エンドユーザー向け製品別 ・コンディショナー ・洗剤 ・ジェル ・液体ソープ ・ローション ・医薬品 ・ソース ・シャンプー ・肌用クリーム ・その他 - スクイーズチューブの世界市場:素材の種類別 ・EVOH(エチレンビニルアルコールコポリマー) ・HDPE(高密度ポリエチレン) ・LDPE(低密度ポリエチレン) ・LLDPE(直鎖状低密度ポリエチレン) ・MDPE(中密度ポリエチレン) - スクイーズチューブの世界市場:エンドユーザー別 ・食品 ・日用品 ・潤滑油 ・パーソナルケア ・医薬品 ・その他 - スクイーズチューブの世界市場:主要地域別分析 - スクイーズチューブの北米市場規模(アメリカ市場等) - スクイーズチューブのヨーロッパ市場規模 …
  • 乳製品加工装置の世界市場予測(~2023年)
    乳製品加工装置の世界市場は、2018年の86億米ドルから2023年には112億米ドルに達し、この期間中5.4%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、乳製品に対する需要の増加、乳製品製造業者による効率化技術の採用、プロセスの自動化を実現するための技術の立ち上げ、欧州連合における生乳クオータ制度の廃止などが考えられます。一方で、加工装置の操作に必要な電力およびエネルギーのコストの上昇は、市場の成長を大きく左右する制約です。当調査レポートでは、乳製品加工装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、タイプ(殺菌装置、ホモジナイザー、セパレーター、エバポレーター、膜ろ過)分析、用途(加工乳、生鮮乳製品、バター、チーズ、粉ミルク、タンパク質)分析、操作分析、乳製品加工装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の血栓摘出デバイス市場2015
    本調査レポートでは、世界の血栓摘出デバイス市場2015について調査・分析し、血栓摘出デバイスの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • バイオプシー(生検)デバイスの北米市場
  • 動物用内視鏡の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、動物用内視鏡の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、製品タイプ別(フレキシブル内視鏡、ビデオスコープ、ファイバースコープ、リジッドスコープ)分析、処置別(気管支鏡検査、腹腔鏡検査、胃十二指腸内視鏡検査、大腸内視鏡検査、鼻鏡検査)分析、動物タイプ別(コンパニオンアニマル、大型)分析、エンドユーザー別(病院、診療所)分析、動物用内視鏡の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • モバイル医療機器の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
  • 海事衛星通信サービスの世界市場:VSAT、MSS(モバイル衛星サービス)
    当調査レポートでは、海事衛星通信サービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、サービス別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の給水車市場2015
    本調査レポートでは、世界の給水車市場2015について調査・分析し、給水車の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 粉末射出成形の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、粉末射出成形の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、粉末射出成形市場規模、最終用途別(消費者製品、医療・歯列矯正、自動車、航空宇宙・防衛)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・粉末射出成形の世界市場概要 ・粉末射出成形の世界市場環境 ・粉末射出成形の世界市場動向 ・粉末射出成形の世界市場規模 ・粉末射出成形の世界市場:業界構造分析 ・粉末射出成形の世界市場:最終用途別(消費者製品、医療・歯列矯正、自動車、航空宇宙・防衛) ・粉末射出成形の世界市場:地域別市場規模・分析 ・粉末射出成形のアメリカ市場規模・予測 ・粉末射出成形のヨーロッパ市場規模・予測 ・粉末射出成形のアジア市場規模・予測 ・粉末射出成形の主要国分析 ・粉末射出成形の世界市場:意思決定フレームワーク ・粉末射出成形の世界市場:成長要因、課題 ・粉末射出成形の世界市場:競争環境 ・粉末射出成形の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 木工塗料用樹脂の世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、木工塗料用樹脂の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、樹脂種類別分析、技術別分析、需要先別分析、地域別分析、木工塗料用樹脂の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • カフリンクスの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、カフリンクスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、カフリンクスの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • 中国の計器用変圧器市場2015
    本調査レポートでは、中国の計器用変圧器市場2015について調査・分析し、計器用変圧器の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ゼオライトの世界市場分析:製品別(天然、合成)、用途別(触媒、吸着剤、洗剤増強剤)、セグメント予測
    本調査レポートでは、ゼオライトの世界市場について調査・分析し、ゼオライトの世界市場動向、ゼオライトの世界市場規模、市場予測、セグメント別ゼオライト市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • タイミングベルトの世界市場予測(~2025年):ドライベルト、チェーン、油中ベルト、遊び滑車、スプロケット、テンショナ、タイミング・シールド、カバー
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、タイミングベルトの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、構成品別分析、車両種類別分析、地域別分析、タイミングベルトの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 映像配信事業者:将来の企業ポジショニングおよびネットワーク構成
  • 自動車用スマートキーFOBの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、自動車用スマートキーFOBの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用スマートキーFOB市場規模、用途別(乗用車、商用車)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自動車用スマートキーFOBの世界市場概要 ・自動車用スマートキーFOBの世界市場環境 ・自動車用スマートキーFOBの世界市場動向 ・自動車用スマートキーFOBの世界市場規模 ・自動車用スマートキーFOBの世界市場:業界構造分析 ・自動車用スマートキーFOBの世界市場:用途別(乗用車、商用車) ・自動車用スマートキーFOBの世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動車用スマートキーFOBの北米市場規模・予測 ・自動車用スマートキーFOBのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・自動車用スマートキーFOBのアジア太平洋市場規模・予測 ・自動車用スマートキーFOBの主要国分析 ・自動車用スマートキーFOBの世界市場:意思決定フレームワーク ・自動車用スマート …
  • 仮想顧客構内設備(V-CPE)の世界市場の見通し2017-2023
    当調査レポートでは、仮想顧客構内設備(V-CPE)の世界市場について調査・分析し、仮想顧客構内設備(V-CPE)の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・仮想顧客構内設備(V-CPE)の世界市場規模:サービスモデル別分析 ・仮想顧客構内設備(V-CPE)の世界市場規模:用途別分析 ・仮想顧客構内設備(V-CPE)の世界市場規模:組織サイズ別分析 ・仮想顧客構内設備(V-CPE)の世界市場規模:コンポーネント別分析 ・仮想顧客構内設備(V-CPE)の世界市場規模:機能別分析 ・仮想顧客構内設備(V-CPE)の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • バイオバンクの世界市場:製品別(LIMS)、サービス別(コールドチェーン)、生体試料別、バイオバンク別(仮想)、用途別、セグメント予測
    バイオバンクの世界市場は2025年には745億4000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率4.5%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、慢性疾患の治療のために開発された新たな治療法の臨床試験を支援し、容易にするための生体試料採取の必要性の高まりが考えられます。本調査レポートでは、バイオバンクの世界市場について調査・分析し、バイオバンクの世界市場動向、バイオバンクの世界市場規模、市場予測、セグメント別バイオバンク市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • クリーンルーム用消耗品の世界市場2016-2020 
    当調査レポートでは、クリーンルーム用消耗品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、クリーンルーム用消耗品の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 日本の整形外科用医療機器市場(~2021)
  • 生物学的治療薬の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、生物学的治療薬の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、生物学的治療薬市場規模、治療薬種類別(モノクローナル抗体、その他、ワクチン、細胞・組織療法、遺伝子療法)分析、用途別(腫瘍、自己免疫疾患・炎症性疾患、血液疾患、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・生物学的治療薬の世界市場概要 ・生物学的治療薬の世界市場環境 ・生物学的治療薬の世界市場動向 ・生物学的治療薬の世界市場規模 ・生物学的治療薬の世界市場:業界構造分析 ・生物学的治療薬の世界市場:治療薬種類別(モノクローナル抗体、その他、ワクチン、細胞・組織療法、遺伝子療法) ・生物学的治療薬の世界市場:用途別(腫瘍、自己免疫疾患・炎症性疾患、血液疾患、その他) ・生物学的治療薬の世界市場:地域別市場規模・分析 ・生物学的治療薬の北米市場規模・予測 ・生物学的治療薬のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・生物学的治療薬のアジア太平洋市場規模・予測 ・生 …
  • 世界のビタミンD市場2015
    本調査レポートでは、世界のビタミンD市場2015について調査・分析し、ビタミンDの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 農業用ドローンの世界市場:構成要素別(装置、ソフトウェア、サービス)、種類別、用途別、地域別予測
    本資料は、農業用ドローンの世界市場について調べ、農業用ドローンの世界規模、市場動向、市場環境、構成要素別(装置、ソフトウェア、サービス)分析、種類別分析、用途別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、企業別市場シェア(入手可能な場合)、バリューチェーン分析、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・農業用ドローンの世界市場概要 ・農業用ドローンの世界市場環境 ・農業用ドローンの世界市場動向 ・農業用ドローンの世界市場規模 ・農業用ドローンの世界市場:企業別市場シェア(入手可能な場合) ・農業用ドローンの世界市場規模:構成要素別(装置、ソフトウェア、サービス) ・農業用ドローンの世界市場規模:種類別 ・農業用ドローンの世界市場規模:用途別 ・農業用ドローンの世界市場:地域別市場規模・分析 ・農業用ドローンの北米市場規模・予測 ・農業用ドローンのアメリカ市場規模・予測 ・農業用ドローンのヨーロッパ市場規模・予測 ・農業用ドローンのアジア市場規模・予測 ・農業用ドローンの日本市場規模・予測 …
  • 健康・ウェルネスの世界市場:ウェルネス観光、予防・個人健康、フィットネス装置
    当調査レポートでは、健康・ウェルネスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、健康・ウェルネスの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 人工呼吸器の世界市場:集中治療用、携帯用
    当調査レポートでは、人工呼吸器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、年齢別分析、需要先別分析、地域別分析、人工呼吸器の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の体外診断薬(IVD)市場2019
    本調査レポートでは、世界の体外診断薬(IVD)市場2019について調査・分析し、体外診断薬(IVD)の世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、体外診断薬(IVD)のアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、体外診断薬(IVD)メーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・体外診断薬(IVD)の市場概要 ・体外診断薬(IVD)の上流・下流市場分析 ・体外診断薬(IVD)のアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・体外診断薬(IVD)のアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・体外診断薬(IVD)のアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・体外診断薬(IVD)のアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・体外診断薬(IVD)の北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・体外診断薬(IVD)の北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・体外診断薬(IVD)の北米市 …
  • 移動型水処理の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、移動型水処理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、移動型水処理の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 航空機フライトコントロールシステム(操縦装置)の世界市場予測2021
    当調査レポートでは、航空機フライトコントロールシステム(操縦装置)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、種類別分析、用途別分析、航空機種類別分析、技術別分析、航空機フライトコントロールシステム(操縦装置)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • サーマルセラミックスの世界市場予測(~2023年):セラミックファイバ、断熱レンガ
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、サーマルセラミックスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類(セラミックファイバ、断熱レンガ)別分析、需要先(産業)別分析、地域別分析、サーマルセラミックスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ホットドッグ及びソーセージの世界市場
    当調査レポートでは、ホットドッグ及びソーセージの世界市場について調査・分析し、ホットドッグ及びソーセージの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • ガラス繊維織物の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、ガラス繊維織物の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、繊維種類別分析、織物種類別分析、用途別分析、地域別分析、ガラス繊維織物の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • シェーグレン症候群治療薬の世界市場機会分析
    当調査レポートでは、シェーグレン症候群治療薬の世界市場機会について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・イントロダクション ・シェーグレン症候群の概要:病因、病態生理、症状 ・疫学:リスク要因、併存症、グローバル動向、予測方法、疫学的予測結果 ・シェーグレン症候群治療薬市場の現状:診断、治療概要、臨床診療、主要な医薬品 ・アンメット・ニーズ及び市場機会分析 ・研究開発戦略 ・パイプライン分析 ・パイプラインの価値分析
  • ワクチン受託製造の世界市場2017-2027
    当調査レポートでは、ワクチン受託製造の世界市場について調査・分析し、ワクチン受託製造の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・ワクチン受託製造の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・ワクチン受託製造の世界市場:セグメント別市場分析 ・ワクチン受託製造の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 無定形黒鉛の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、無定形黒鉛の世界市場について調査・分析し、無定形黒鉛の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別無定形黒鉛シェア、市場規模推移、市場規模予測、無定形黒鉛種類別分析(炭素>85%、炭素≤85%)、無定形黒鉛用途別分析(冶金、電子、塗料、化学)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・無定形黒鉛の市場概観 ・無定形黒鉛のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・無定形黒鉛のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・無定形黒鉛の世界市場規模 ・無定形黒鉛の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・無定形黒鉛のアメリカ市場規模推移 ・無定形黒鉛のカナダ市場規模推移 ・無定形黒鉛のメキシコ市場規模推移 ・無定形黒鉛のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・無定形黒鉛のドイツ市場規模推移 ・無定形黒鉛のイギリス市場規模推移 ・無定形黒鉛のロシア市場規模推移 ・無定形黒鉛のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・無定形黒鉛の日本市場規模 …
  • ガスセンサーの世界市場予測(~2023年):酸素、一酸化炭素、二酸化炭素、アンモニア、塩素、硫化水素、酸化窒素、揮発性有機化合物、炭化水素
    当調査レポートでは、ガスセンサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、ガス種類別分析、技術別分析、用途別分析、地域別分析、ガスセンサーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のMEMSインクジェットヘッド市場2015
    本調査レポートでは、世界のMEMSインクジェットヘッド市場2015について調査・分析し、MEMSインクジェットヘッドの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用触媒コンバーターの世界市場2017-2027
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、自動車用触媒コンバーターの世界市場について調査・分析し、自動車用触媒コンバーターの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・自動車用触媒コンバーターの世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・自動車用触媒コンバーターの世界市場:セグメント別市場分析 ・自動車用触媒コンバーターの世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • バイオメトリクス(生体認証)及びアイデンティティ(ID)管理の世界市場2015-2022
  • スマートEドライブの世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、スマートEドライブの世界市場について調査・分析し、スマートEドライブの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・工業用マシンビジョンの世界市場規模:電池種類別分析 ・工業用マシンビジョンの世界市場規模:コンポーネント別分析 ・工業用マシンビジョンの世界市場規模:ドライブ種類別分析 ・工業用マシンビジョンの世界市場規模:用途別分析 ・工業用マシンビジョンの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • ヘリポート用照明の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ヘリポート用照明の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ヘリポート用照明市場規模、技術別(LED照明、従来型照明)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、ADB SAFEGATE, Avlite Systems, Carmanah Technologies, Eaton, Honeywell International, TKH Groupなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ヘリポート用照明の世界市場概要 ・ヘリポート用照明の世界市場環境 ・ヘリポート用照明の世界市場動向 ・ヘリポート用照明の世界市場規模 ・ヘリポート用照明の世界市場:業界構造分析 ・ヘリポート用照明の世界市場:技術別(LED照明、従来型照明) ・ヘリポート用照明の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ヘリポート用照明の北米市場規模・予測 ・ヘリポート用照明のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・ヘリポート用照明のアジア太平洋市場規模・予測 ・ヘリポー …
  • 世界のネイルリムーバー(除光液)市場2015
    本調査レポートでは、世界のネイルリムーバー(除光液)市場2015について調査・分析し、ネイルリムーバー(除光液)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 誘導式水平ドリル工法(HDD工法)の世界市場:技術別(従来型、回転式操縦システム)、部品別、用途別、最終用途別、セグメント予測
    本調査レポートでは、誘導式水平ドリル工法(HDD工法)の世界市場について調査・分析し、誘導式水平ドリル工法(HDD工法)の世界市場動向、誘導式水平ドリル工法(HDD工法)の世界市場規模、市場予測、セグメント別誘導式水平ドリル工法(HDD工法)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 金属熱処理の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、金属熱処理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、金属熱処理の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は金属熱処理の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.77%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Bluewater Thermal Solutions• General Metal Heat Treating• Keith• Thermex Metal Treating等です。
  • 乾癬市場:アメリカの治療薬市場
  • 位置センサーの世界市場分析:技術別(光電、リニア、近接、ロータリー)、用途別(自動車、軍用・航空宇宙、電子・半導体、包装)、セグメント予測
    本調査レポートでは、位置センサーの世界市場について調査・分析し、位置センサーの世界市場動向、位置センサーの世界市場規模、市場予測、セグメント別位置センサー市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 教育玩具の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、教育玩具の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、教育玩具市場規模、年齢層別(0〜4歳、4〜8歳、8歳以上)分析、製品別(学術、認知、運動技能、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Engino.net, Hasbro, LEGO Group, Learning Resources, Mattel, MindWare, MAIER Group (Ravensburger), VTech Holdingsなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・教育玩具の世界市場概要 ・教育玩具の世界市場環境 ・教育玩具の世界市場動向 ・教育玩具の世界市場規模 ・教育玩具の世界市場:業界構造分析 ・教育玩具の世界市場:年齢層別(0〜4歳、4〜8歳、8歳以上) ・教育玩具の世界市場:製品別(学術、認知、運動技能、その他) ・教育玩具の世界市場:地域別市場規模・分析 ・教育玩具の北米市場規模・予測 ・教育玩具のヨーロッパ・中東・アフリカ市場 …
  • フィンランドの整形外科装置市場見通し
  • 食品用脱気器(デアレーター)の世界市場予測(~2023年):スプレートレイ型、スプレー型、真空型
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、食品用脱気器(デアレーター)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、タイプ別(スプレートレイ型、スプレー型、真空型)分析、機能別(酸素除去、湯せん、芳香・風味維持、その他)分析、用途別(食品、飲料)分析、食品用脱気器(デアレーター)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • トロカールの世界市場:製品別(使い捨て、再利用可能)、チップ別(ブレードレス、光学、丸型、ブレード)、用途別、セグメント予測
    トロカールの世界市場は2026年には9億9,110万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率4.3%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、高齢者人口の増加、腹腔鏡手術の増加、および先進国における市場に有利な償還政策が考えられます。本調査レポートでは、トロカールの世界市場について調査・分析し、トロカールの世界市場動向、トロカールの世界市場規模、市場予測、セグメント別トロカール市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 中国の肩関節および小関節再建市場動向(~2021)
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"