"車体制御モジュールの世界市場予測(~2027年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AT 7383)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"車体制御モジュールの世界市場予測(~2027年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“Advent of body control functions and increasing mid-size and luxury vehicle production are anticipated to trigger the growth of the body control module market.”
The global body control module market is projected to grow at a CAGR of 2.6% to reach USD 35.7 billion by 2027 from an estimated USD 29.2 billion in 2019. Increasing body electronic functions in modern vehicles and cost benefits associated with body control module are the primary enabler for the growth of the body control module market. However, the technical programming of the body control module is restraining the growth of the body control module market during the forecast period.

“High-end BCM is the largest functionality segment of the body control module market during the forecast period.”
The rising demand for concierge body functions inside the vehicle and handling such critical function is imposing OEMs to use high-end body control module in their vehicle model variants. High-end BCM are installed with higher configuration microcontroller and other hardware component making it capable of handling complex body control functions. These features makes it preferred choice for OEM for their high-end variants of vehicle models.

“Light-duty vehicle segment is expected to dominate the body control module market.”
Each light-duty vehicle is installed with the body control module for proper operations of other body control functions. OEMs are customizing/tuning the body control module for their respective vehicle models. Considering the availability of customization in the vehicles, people are also willing to go for such vehicle offerings. This is the reason for the growth of the light-duty vehicle market in every region.

“RoW is expected to record the highest growth rate during the forecast period.”
Most of the Tier I, II suppliers and OEMs are focusing on the automotive market of Rest of the world. Countries in the rest of the world category are becoming self-dependent and economically strong. The production of vehicles in this region is increasing day-by-day. People in these countries are also looking out for high featured vehicles. This is the reason for the growth of the body control module in the rest of the world region.
In-depth interviews were conducted with CEOs, marketing directors, innovation and technology directors, and executives from various key organizations operating in the market.
• By Company Type: Tier I – 47%, Tier II – 33%, and OEMs – 20%
• By Designation: C Level – 43%, D Level – 39%, and Others – 18%
• By Region: Europe – 36%, Asia Pacific – 32%, North America – 24%, and RoW – 8%
The market comprises major manufacturers such as Bosch (Germany), Continental (Germany), Lear Corporation (US), Hella (Germany), and Aptiv (UK). The study includes an in-depth competitive analysis of these key players in the market with their company profiles, recent developments, and key market strategies.

Research Coverage:
The study covers the market across segments. It aims at estimating the market size and future growth potential of this market across different segments such as application, hardware, deployment, vehicle, and region. The study also includes an in-depth competitive analysis of the key players in the market, along with their company profiles, key observations related to product and business offerings, recent developments, and key market strategies.

Key Benefits of Buying the Report:
The report will help the leaders/new entrants in this market with information on the closest approximations of the revenue numbers for the overall market and the subsegments. This report will help stakeholders understand the competitive landscape and gain more insights to better position their businesses and plan suitable go-to-market strategies. The report also helps stakeholders understand the pulse of the market and provides them with information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"車体制御モジュールの世界市場予測(~2027年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 17)
1.1 Objectives of The Study
1.2 Market and Product Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Market Covered
1.3.1 Years Considered for The Study
1.4 Currency Exchange Rates
1.5 Package Size
1.6 Limitations
1.7 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 23)
2.1 Research Data
2.2 Secondary Data
2.3 Primary Data
2.4 Market Size Estimation
2.5 Market Breakdown and Data Triangulation
2.6 Assumptions
3 Executive Summary (Page No. – 30)
4 Premium Insights (Page No. – 33)
5 Industry Overview (Page No. – 37)
6 Market Overview (Page No. – 42)
6.1 Drivers: Body Control Module Market
6.2 Restraints: Body Control Module Market
6.3 Opportunities: Body Control Module Market
6.4 Challenges : Body Control Module Market
6.5 Impact Analysis : Body Control Module
7 Body Control Module Market, By Functionality (Page No. – 49)
7.1 Introduction
7.2 High End Bcm (Controls Below Mentioned Functions)
7.2.1 External Lighting 51
7.2.2 Internal Lighting 51
7.2.3 Windshield Wiper 51
7.2.4 Central Locking System 51
7.2.5 Climate Control System 51
7.2.6 Seat Adjustment 51
7.2.7 Remote Keyless Entry 51
7.2.8 Power Windows 51
7.2.9 Immobilizer 51
7.3 Low End Bcm (Controls Below Mentioned Functions)
7.2.1 External Lighting 52
7.2.2 Internal Lighting 53
7.2.3 Windshield Wiper 54
7.2.4 Seat Adjustment 54
8 Body Control Module Market, By Mcu Bit Size (Page No. – 55)
8.1 Introduction
8.2 8 bit
8.3 16 bit
8.4 32 bit
9 Body Control Module Market, By Communication Protocol (Page No. – 55)
9.1 Introduction
9.2 CAN
9.3 LIN
9.4 Flexray
10 Body Control Module Market, By Components (Page No. – 61)
10.1 Introduction
10.2 Software
10.3 Hardware
11 Body Control Module Market, By Power Distribution Components (Page No. – 61)
11.1 Introduction
11.2 Relays
11.3 Fuses
12 Body Control Module Market, By Vehicle (Page No. – 61)
12.1 Introduction
12.2 Light Duty Vehicle
12.3 Heavy Duty Vehicle
13 Body Control Module Market, By Electric Vehicle Type (Page No. – 67)
13.1 Introduction
13.2 BEV
13.3 PHEV
13.4 FCEV
14 Body Control Module Market, By Region, 2017–2027 (Page No. – 83)
14.1 Regional Landscape
14.2 Asia Pacific
14.2.1 China
14.2.2 Japan
14.2.3 South Korea
14.2.4 India
14.2.5 Thailand
14.2.6 Rest of Asia Pacific
14.3 Europe
14.3.1 Germany
14.3.2 France
14.3.3 Spain
14.3.4 Uk
14.3.5 Russia
14.3.6 Turkey
14.3.8 Rest of Europe
14.4 North America
14.4.1 US
14.4.2 Canada
14.4.3 Mexico
14.5 Rest of The World
14.5.1 Brazil
14.6.1 Iran
14.6.3 Others
15 Competitive Landscape (Page No. – 116)
15.1 Overview
15.2 Markint Ranking Analysis
15.3 Competitive Situations & Trends
15.4 Competitive Leadership Mapping
15.4.1 Visionary Leaders
15.4.2 Innovators
15.4.3 Dynamic Differentiators
15.4.4 Emerging Companies
16 Company Profiles (Page No. – 121)
16.1 Robert Bosch
16.2 Continental
16.3 Aptiv
16.4 Lear Corp
16.5 Denso
16.6 Texas Instruments
16.7 Renesas
16.8 Hella
16.9 Visteon
16.10 NXP
16.11 Renesas
16.12 Stmicroelectronics
16.13 Infineon
16.14 Calsonic Kansei
16.15 Mitsubishi Electroc Corp
16.16 Panasonic Corp
16.17 Rohm Semiconductor
16.18 Toshiba Corp
16.19 New Japan Radio
16.20 Luxshare
16.21 Omron
16.22 Diamond Electric
16.23 Embitel 163
16.24 Maxim Integrated
16.25 New Eagle
16.26 Microchip Technology
17 Appendix (Page No. – 173)
17.1 Discussion Guide
17.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
17.3 Marketsandmarkets Knowledge Store : Snapshot 177
17.4 Related Reports
17.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】車体制御モジュールの世界市場予測(~2027年)
【発行日】2019年10月15日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】AT 7383
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】自働車及び輸送
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
車体制御モジュールの世界市場予測(~2027年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 次世代不揮発性メモリの世界市場の規模と予測:製品別(FeRAM、PCM、MRAM、ReRAM)、用途別(携帯電話、キャッシュメモリ・企業用ストレージ、組み込み型MCU・スマートカード)、地域別、セグメント予測、2014-2024
    本調査レポートでは、次世代不揮発性メモリの世界市場について調査・分析し、次世代不揮発性メモリの世界市場動向、次世代不揮発性メモリの世界市場規模、市場予測、セグメント別次世代不揮発性メモリ市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 中国の手術室用装置市場見通し(~2021)
  • 油田用プロセス薬品の世界市場見通し2016-2022
    当調査レポートでは、油田用プロセス薬品の世界市場について調査・分析し、油田用プロセス薬品の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・油田用プロセス薬品の世界市場:市場動向分析 ・油田用プロセス薬品の世界市場:競争要因分析 ・油田用プロセス薬品の世界市場:種類別分析/市場規模 ・油田用プロセス薬品の世界市場:技術別分析/市場規模 ・油田用プロセス薬品の世界市場:用途別分析/市場規模 ・油田用プロセス薬品の世界市場:製品別分析/市場規模 ・油田用プロセス薬品の世界市場:地域別分析/市場規模 ・油田用プロセス薬品の北米市場規模 ・油田用プロセス薬品の欧州市場規模 ・油田用プロセス薬品のアジア市場規模 ・油田用プロセス薬品の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 世界のレンジフード市場2016
    本調査レポートでは、世界のレンジフード市場2016について調査・分析し、レンジフードの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 3Dコンクリートプリンティングの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、3Dコンクリートプリンティングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、3Dコンクリートプリンティングの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は3Dコンクリートプリンティングの世界市場が2017-2021年期間中に年平均12.17%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• LafargeHolcim, • Sika, • Skanska, • Ying Chuang Construction Technology (Shanghai).等です。
  • 急性冠症候群(Acute Coronary Syndrome):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、急性冠症候群(Acute Coronary Syndrome)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・急性冠症候群(Acute Coronary Syndrome):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・急性冠症候群(Acute Coronary Syndrome)のフェーズ3治験薬の状況 ・急性冠症候群(Acute Coronary Syndrome)治療薬の市場規模(販売予測) ・急性冠症候群(Acute Coronary Syndrome)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・急性冠症候群(Acute Coronary Syndrome)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の急性冠症候群(Acute Coronary Syndrome)治療薬剤
  • 切替スイッチの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、切替スイッチの世界市場について調査・分析し、切替スイッチの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別切替スイッチシェア、市場規模推移、市場規模予測、切替スイッチ種類別分析()、切替スイッチ用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・切替スイッチの市場概観 ・切替スイッチのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・切替スイッチのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・切替スイッチの世界市場規模 ・切替スイッチの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・切替スイッチのアメリカ市場規模推移 ・切替スイッチのカナダ市場規模推移 ・切替スイッチのメキシコ市場規模推移 ・切替スイッチのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・切替スイッチのドイツ市場規模推移 ・切替スイッチのイギリス市場規模推移 ・切替スイッチのロシア市場規模推移 ・切替スイッチのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・切替スイッチの日本市場規模推移 ・切 …
  • フェイスシールドスクリーンの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、フェイスシールドスクリーンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、フェイスシールドスクリーンの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の熱間圧延異形バー市場2019
    本調査レポートでは、世界の熱間圧延異形バー市場2019について調査・分析し、熱間圧延異形バーの世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、熱間圧延異形バーのアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、熱間圧延異形バーメーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・熱間圧延異形バーの市場概要 ・熱間圧延異形バーの上流・下流市場分析 ・熱間圧延異形バーのアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・熱間圧延異形バーのアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・熱間圧延異形バーのアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・熱間圧延異形バーのアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・熱間圧延異形バーの北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・熱間圧延異形バーの北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・熱間圧延異形バーの北米市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業 …
  • 微小電気機械システム(MEMS)の世界市場:センサー、アクチュエーター
    当調査レポートでは、微小電気機械システム(MEMS)の世界市場について調査・分析し、市場概要、種類別(センサー、およびアクチュエーター)分析、用途別(家電、自動車、産業、航空宇宙、防衛、ヘルスケア、通信、その他)分析、地域別分析、競争状況、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・微小電気機械システム(MEMS)の世界市場:種類別(センサー、およびアクチュエーター) ・微小電気機械システム(MEMS)の世界市場:用途別(家電、自動車、産業、航空宇宙、防衛、ヘルスケア、通信、その他) ・微小電気機械システム(MEMS)の世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業動向
  • X線装置の世界市場予測・分析2020-2024
    Technavio社の本調査レポートでは、X線装置の世界市場について調べ、X線装置の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、X線装置の市場規模をセグメンテーション別(技術別(デジタル、アナログ)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社はX線装置の世界市場規模が2020-2024期間中に年平均6%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・X線装置の市場状況 ・X線装置の市場規模 ・X線装置の市場予測 ・X線装置の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:技術別(デジタル、アナログ) ・X線装置の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • ヘッドマウントディスプレイ(HMD)の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ヘッドマウントディスプレイ(HMD)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ヘッドマウントディスプレイ(HMD)市場規模、用途別(軍事・航空、トレーニング・シュミレーション、その他)分析、最終用途別(防衛、産業)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ヘッドマウントディスプレイ(HMD)の世界市場概要 ・ヘッドマウントディスプレイ(HMD)の世界市場環境 ・ヘッドマウントディスプレイ(HMD)の世界市場動向 ・ヘッドマウントディスプレイ(HMD)の世界市場規模 ・ヘッドマウントディスプレイ(HMD)の世界市場:業界構造分析 ・ヘッドマウントディスプレイ(HMD)の世界市場:用途別(軍事・航空、トレーニング・シュミレーション、その他) ・ヘッドマウントディスプレイ(HMD)の世界市場:最終用途別(防衛、産業) ・ヘッドマウントディスプレイ(HMD)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ヘッドマウントディスプレイ(H …
  • マイクロ電気自動車(EV)の世界市場:ゴルフカート、マイクロカー、四輪車
    当調査レポートでは、マイクロ電気自動車(EV)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、マイクロ電気自動車(EV)の世界市場規模及び予測、車両種類別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の水圧プレス市場2016
    本調査レポートでは、世界の水圧プレス市場2016について調査・分析し、水圧プレスの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 燃料添加剤の世界市場2017-2021:付着物制御添加剤、セタン価向上剤、抗酸化剤、低温流動性向上剤、潤滑性向上剤、腐食抑制剤、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、燃料添加剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、燃料添加剤の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は燃料添加剤の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.82%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Afton Chemical、BASF、Chevron Oronite、Innospec、The Lubrizol Corporation等です。
  • 次世代シーケンシングの世界市場分析:タイプ別(シングルチャンバー、マルチチャンバー)、材料別(エチレンビニルアセテート、ポリプロピレン、コポリエステルエーテル)、内容別、(凍結混合物、液体混合物)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、次世代シーケンシングの世界市場について調査・分析し、次世代シーケンシングの世界市場動向、次世代シーケンシングの世界市場規模、市場予測、セグメント別次世代シーケンシング市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 乳製品ブレンドの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、乳製品ブレンドの世界市場について調査・分析し、乳製品ブレンドの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 乳製品ブレンドの世界市場:市場動向分析 - 乳製品ブレンドの世界市場:競争要因分析 - 乳製品ブレンドの世界市場:種類別 加工助剤としての乳成分 有効成分としての乳成分 乳製/非乳製成分 乳成分混合物 その他の種類 - 乳製品ブレンドの世界市場:形状別 スプレッド 粉末 液体 - 乳製品ブレンドの世界市場:パッケージ別 バッグ 袋 缶 瓶 箱 その他のパッケージ - 乳製品ブレンドの世界市場:用途別 乳幼児調製粉乳 乳製品 チョコレート 飲料品 薬品ラクトース ヨーグルト 菓子類 バター、チーズブレンド 飼料 アイスクリーム パン類 その他の用途 - 乳製品ブレンドの世界市場:主要地域別分析 - 乳製品ブレンドの北米市場規模(アメリカ市場等) - 乳製品ブレンドのヨーロッパ市場規模 - 乳製品ブレンドのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・乳製品ブレンドの世界市場:主な …
  • 物理セキュリティの世界市場
    当調査レポートでは、物理セキュリティの世界市場について調査・分析し、物理セキュリティの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 物理セキュリティの世界市場:市場動向分析 - 物理セキュリティの世界市場:競争要因分析 - 物理セキュリティの世界市場:エンドユーザー別 ・銀行取引&融資 ・化学設備 ・商業用 ・制御センター ・企業 ・教育 ・政府 ・ヘルスケア ・サービス業 ・製造&産業 ・住居 ・小売 ・スポーツ&レジャー ・運送 ・公益事業&エネルギー ・その他 - 物理セキュリティの世界市場:構成要素別 ・ソフトウェア ・サービス ・ハードウェア - 物理セキュリティの世界市場:種類別 ・サービス ・システム - 物理セキュリティの世界市場:主要地域別分析 - 物理セキュリティの北米市場規模(アメリカ市場等) - 物理セキュリティのヨーロッパ市場規模 - 物理セキュリティのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・物理セキュリティの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 工作物保持具の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、工作物保持具の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、工作物保持具の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 医療用レーザーシステムの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、医療用レーザーシステムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、医療用レーザーシステム市場規模、種類別(ダイオードレーザシステム、ソリッドステートレーザーシステム、ガスレーザーシステム、ダイレーザーシステム)分析、用途別(皮膚科、泌尿器科、歯科、婦人科、心血管、眼科、リウマチ、外傷、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 医療用レーザーシステムの世界市場:市場動向分析 ・ 医療用レーザーシステムの世界市場:競争要因分析 ・ 医療用レーザーシステムの世界市場:種類別(ダイオードレーザシステム、ソリッドステートレーザーシステム、ガスレーザーシステム、ダイレーザーシステム) ・ 医療用レーザーシステムの世界市場:用途別(皮膚科、泌尿器科、歯科、婦人科、心血管、眼科、リウマチ、外傷、その他) ・ 医療用レーザーシステムの世界市場:主要地域別分析 ・ 医療用レーザーシステムの北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 医療用レーザ …
  • 転移性腎細胞がん(Metastatic Renal Cell Carcinoma):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における転移性腎細胞がん(Metastatic Renal Cell Carcinoma)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、転移性腎細胞がん(Metastatic Renal Cell Carcinoma)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・転移性腎細胞がん(Metastatic Renal Cell Carcinoma)の概要 ・転移性腎細胞がん(Metastatic Renal Cell Carcinoma)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の転移性腎細胞がん(Metastatic Renal Cell Carcinoma)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分 …
  • 世界の空圧式バルブアクチュエータ市場2015
    本調査レポートでは、世界の空圧式バルブアクチュエータ市場2015について調査・分析し、空圧式バルブアクチュエータの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 電子機器用接着剤の世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、電子機器用接着剤の世界市場について調べ、電子機器用接着剤の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、電子機器用接着剤の市場規模をセグメンテーション別(材料別(シリコーン接着剤、ポリウレタン接着剤、アクリル系接着剤、エポキシ接着剤、その他)、製品別(導電性接着剤、熱伝導性接着剤、UV硬化接着剤、その他)、用途別(表面実装、コンフォーマルコーティング、ワイヤータッキング、ポッティング及びカプセル化))と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は電子機器用接着剤の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均10%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・電子機器用接着剤の市場状況 ・電子機器用接着剤の市場規模 ・電子機器用接着剤の市場予測 ・電子機器用接着剤の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:材料別(シリコーン接着剤、ポリウレタン接着剤、アクリル系接着剤、エポキシ接着剤、その他) ・市場セグメンテーション:製品別(導電性接着剤、熱 …
  • 透明バリア包装フィルムの北米市場
    当調査レポートでは、透明バリア包装フィルムの北米市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、透明バリア包装フィルムの北米市場規模及び予測、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 中国の安全弁市場2015
    本調査レポートでは、中国の安全弁市場2015について調査・分析し、安全弁の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の睡眠時無呼吸症候群治療市場動向(~2020)
    ※本調査レポートでは、世界の睡眠時無呼吸症候群治療市場について調査・分析し、市場概要、市場動向、市場展望、世界の睡眠時無呼吸症候群治療市場規模、地域別市場規模、種類別市場規模、用途別市場規模、主要企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ハニカム包装の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、ハニカム包装の世界市場について調査・分析し、ハニカム包装の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・ハニカム包装の世界市場規模:エンドユーザー別分析 ・ハニカム包装の世界市場規模:包装種類別分析 ・ハニカム包装の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 菌状息肉症(Mycosis Fungoides):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における菌状息肉症(Mycosis Fungoides)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、菌状息肉症(Mycosis Fungoides)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・菌状息肉症(Mycosis Fungoides)の概要 ・菌状息肉症(Mycosis Fungoides)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の菌状息肉症(Mycosis Fungoides)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・菌状息肉症(Mycosis Fungoides)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価 …
  • 自動車リコンフィグラブル・インストルメント・クラスター(ダッシュボード)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、自動車リコンフィグラブル・インストルメント・クラスター(ダッシュボード)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車リコンフィグラブル・インストルメント・クラスター(ダッシュボード)の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ショートニングの世界市場予測(~2022年):油、バター、ラード、獣脂
    当調査レポートでは、ショートニングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、主要成分別分析、原料別分析、種類別分析、用途別分析、ショートニングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 可変周波数駆動の世界市場
    当調査レポートでは、可変周波数駆動の世界市場について調査・分析し、可変周波数駆動の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 発電機販売の世界市場予測(~2021年):ディーゼル発電機、ガス発電機
    当調査レポートでは、発電機販売の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、用途別分析、容量別分析、用途別分析、発電機販売の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用ディスプレイシステムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、自動車用ディスプレイシステムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用ディスプレイシステム市場規模、最終用途別(OEM、アフターマーケット)分析、ディスプレイ種類別分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自動車用ディスプレイシステムの世界市場概要 ・自動車用ディスプレイシステムの世界市場環境 ・自動車用ディスプレイシステムの世界市場動向 ・自動車用ディスプレイシステムの世界市場規模 ・自動車用ディスプレイシステムの世界市場:業界構造分析 ・自動車用ディスプレイシステムの世界市場:最終用途別(OEM、アフターマーケット) ・自動車用ディスプレイシステムの世界市場:ディスプレイ種類別 ・自動車用ディスプレイシステムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動車用ディスプレイシステムのアメリカ市場規模・予測 ・自動車用ディスプレイシステムのヨーロッパ市場規模・予測 ・自動車用ディスプレイシステムのアジア市場規模・予 …
  • 食品添加物の世界市場予測2017-2027
    当調査レポートでは、食品添加物の世界市場について調査・分析し、食品添加物の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・食品添加物の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・食品添加物の世界市場:セグメント別市場分析 ・食品添加物の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • サーマルインターフェイスの世界市場分析:製品別(テープ・フィルム、エラストマーパッド、グリース・接着剤、相変化材料、金属ベース)、用途別(電気通信、コンピュータ、医療機器、自動車電子部品)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、サーマルインターフェイスの世界市場について調査・分析し、サーマルインターフェイスの世界市場動向、サーマルインターフェイスの世界市場規模、市場予測、セグメント別サーマルインターフェイス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 航空機用透明フィルムの世界市場予測(~2025年)
    当調査レポートでは、航空機用透明フィルムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、エンドユーズ別分析、用途別(窓、フロントガラス、キャノピー、チンバブル、キャビン用インテリア)分析、材料別(ガラス、アクリル、ポリカーボネート)分析、コーティングタイプ別(ITO、金、ポリウレタン)分析、航空機用透明フィルムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、航空機用透明フィルムの世界市場規模が2019年14億ドルから2025年18億ドルまで年平均4.3%成長すると予測しています。
  • Manitoba Hydro-Electric Board:発電所および企業SWOT分析2015
  • 再生プラスチックの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、再生プラスチックの世界市場について調べ、再生プラスチックの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、再生プラスチックの市場規模をセグメンテーション別(種類別(PET、HDPE、LDPE、PP、その他)、エンドユーザー別(パッケージング、建設、自動車、電気および電子機器、その他)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社は再生プラスチックの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均6%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・再生プラスチックの市場状況 ・再生プラスチックの市場規模 ・再生プラスチックの市場予測 ・再生プラスチックの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:種類別(PET、HDPE、LDPE、PP、その他) ・市場セグメンテーション:エンドユーザー別(パッケージング、建設、自動車、電気および電子機器、その他) ・再生プラスチックの顧客状況 ・主要地域 …
  • 農業用生物学的製剤の世界市場:バイオ農薬、バイオスティミュラント、バイオ肥料
    当調査レポートでは、農業用生物学的製剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、農業用生物学的製剤の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • 衝突防止センサーの世界市場:用途別(駐車支援、前方衝突警報システム)、技術別(レーダー、カメラ、超音波)、セグメント予測
    衝突防止センサーの世界市場は2025年には189億7000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率21.2%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、大衆車への衝突防止システムの統合と政府機関によって更新された安全格付けが考えられます。本調査レポートでは、衝突防止センサーの世界市場について調査・分析し、衝突防止センサーの世界市場動向、衝突防止センサーの世界市場規模、市場予測、セグメント別衝突防止センサー市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 航空宇宙産業用ロボットの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、航空宇宙産業用ロボットの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、航空宇宙産業用ロボット市場規模、用途別(マテリアルハンドリング、組立、表面処理・表面加工、その他)分析、ソリューション別(ソフトウェア、サービス、ハードウェア)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・航空宇宙産業用ロボットの世界市場概要 ・航空宇宙産業用ロボットの世界市場環境 ・航空宇宙産業用ロボットの世界市場動向 ・航空宇宙産業用ロボットの世界市場規模 ・航空宇宙産業用ロボットの世界市場:業界構造分析 ・航空宇宙産業用ロボットの世界市場:用途別(マテリアルハンドリング、組立、表面処理・表面加工、その他) ・航空宇宙産業用ロボットの世界市場:ソリューション別(ソフトウェア、サービス、ハードウェア) ・航空宇宙産業用ロボットの世界市場:地域別市場規模・分析 ・航空宇宙産業用ロボットのアメリカ市場規模・予測 ・航空宇宙産業用ロボットのヨーロッパ市場規模・ …
  • ディーゼル発電機の世界市場:定置型、携帯型
    当調査レポートでは、ディーゼル発電機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ディーゼル発電機の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 民間航空機向けビデオ監視システムの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、民間航空機向けビデオ監視システムの世界市場について調査・分析し、民間航空機向けビデオ監視システムの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 民間航空機向けビデオ監視システムの世界市場:市場動向分析 - 民間航空機向けビデオ監視システムの世界市場:競争要因分析 - 民間航空機向けビデオ監視システムの世界市場:航空機の種類別 ・ナローボディ航空機 ・ワイドボディ航空機 ・超大型機 ・ビジネスジェット ・リージョナル輸送機 - 民間航空機向けビデオ監視システムの世界市場:システムタイプ別 ・キャビン監視システム(CSC) ・コックピットドア監視システム(CDSS) ・陸上操縦カメラシステム ・航空安全カメラシステム ・環境カメラシステム - 民間航空機向けビデオ監視システムの世界市場:主要地域別分析 - 民間航空機向けビデオ監視システムの北米市場規模(アメリカ市場等) - 民間航空機向けビデオ監視システムのヨーロッパ市場規模 - 民間航空機向けビデオ監視システムのアジア市場規模(日本市場、中国 …
  • マイクロコントローラ・ソケットの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、マイクロコントローラ・ソケットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、マイクロコントローラ・ソケットの世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はマイクロコントローラ・ソケットの世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.25%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Microchip Technology、Renesas Electronics、STMicroelectronics、Texas Instruments等です。
  • タブレットの世界市場ー産業および機会分析ー2016-2026
  • スペインの頭蓋顎顔面固定(CMF)処置動向(~2021)
  • 世界の冷媒市場:詳細分析レポート2017-2022
  • ロボット掘削の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ロボット掘削の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ロボット掘削市場規模、製品別(ハードウェア、ソフトウェア)分析、用途別(オンショア、オフショア)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Huisman Equipment, Nabors Industries, RIGID ROBOTICS, Siemens, Teradyneなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ロボット掘削の世界市場概要 ・ロボット掘削の世界市場環境 ・ロボット掘削の世界市場動向 ・ロボット掘削の世界市場規模 ・ロボット掘削の世界市場:業界構造分析 ・ロボット掘削の世界市場:製品別(ハードウェア、ソフトウェア) ・ロボット掘削の世界市場:用途別(オンショア、オフショア) ・ロボット掘削の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ロボット掘削の北米市場規模・予測 ・ロボット掘削のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・ロボット掘削のアジア太平洋市場規模・予測 …
  • 4-クロロチオフェノールの世界市場予測2019-2024
    「4-クロロチオフェノールの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、純度≥ 98%、純度< 98%など、用途別には、Pharmaceuticals、Dyes、Otherなどに区分してまとめた調査レポートです。4-クロロチオフェノールのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・4-クロロチオフェノールの世界市場概要(サマリー) ・4-クロロチオフェノールの企業別販売量・売上 ・4-クロロチオフェノールの企業別市場シェア ・4-クロロチオフェノールの世界市場規模:種類別(純度≥ 98%、純度< 98%) ・4-クロロチオフェノールの世界市場規模:用途別(Pharmaceuticals、Dyes、Other) ・4-クロロチオフェノールの米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・4-クロロチオフェノールのアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・4-クロロチオフェノールの欧州市場規模(ドイツ、フランス …
  • 中東・アフリカのIT・通信産業年鑑(DigiWorld Yearbook)
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"