"顕微鏡の世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AST 3800)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"顕微鏡の世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“favorable funding scenario for R&D in microscopy is expected to drive the overall growth of the microscopy market”
The microscopy market is expected to grow from USD 6.3 billion in 2019 to USD 8.2 billion by 2024, at a CAGR of 5.5% during the forecast period. The microscopy market is driven primarily by the favorable funding scenario for R&D in microscopy, technological advancements in microscopes, and rising focus on nanotechnology and regenerative medicine. However, the high cost of advanced microscopes is limiting the market growth.

“Software segment is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period”
Based on product, the market is segmented broadly into microscopes and accessories & software. The software segment is projected to grow at the highest CAGR during the forecast period due to the introduction of novel image acquisition software for microscopes driving the market growth of the software segment.

“Electron microscopes segment is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period”
Based on the type, the global microscopy market is divided into optical microscopes, electron microscopes, scanning probe microscopes, and other microscopes. The electron microscopes segment is expected to be the fastest-growing segment during the forecast period. Growing life science and material science research activities and the growing trend of correlative light and electron microscopy are expected to drive the demand for electron microscopes.

“Semiconductors segment to grow at the highest CAGR during the forecast period.”
The microscopy market, by the applications, has been categorized into semiconductors, life sciences, material sciences, and other applications (automotive, aerospace, electronics, and environmental and water treatment applications). The material sciences segment is projected to register the highest growth rate during the forecast period. However, the material science segment is expected to be the fastest-growing segment owing to an increasing focus on research in material science.

“Asia Pacific to grow at the highest CAGR during the forecast period.”
Asia Pacific is estimated to grow at the highest CAGR during the forecast period. Factors such rising R&D funding for microscopy, increasing application of correlative microscopy in life sciences and nanotechnology research, the establishment of collaboration centers for microscopy research, and the low material cost and the availability of low-cost skilled labor for OEMs in these countries are supporting the growth of the Asia Pacific microscopy market.

In-depth interviews were conducted with Chief Executive Officers (CEOs), marketing directors, other innovation and technology directors, and executives from various key organizations operating in the microscopy market.
• By Respondent Type: Supply Side: 80%, Demand Side: 20%
• By Designation: C-level Executives: 25%, Directors: 18%, and Others: 57%
• By Region: North America: 50%, Europe: 20%, APAC: 20%, and RoW: 10%
The microscopy market comprises major players such as Carl Zeiss (Germany), Danaher (US), Thermo Fisher Scientific (US), Nikon (Japan), Olympus (Japan), Hitachi High-Technologies (Japan), JEOL (Japan), and Bruker (US). The study includes an in-depth competitive analysis of these key players in the microscopy market, along with their company profiles, recent developments, and key market strategies.

Research Coverage:
The market study covers the microscopy market across various segments. It aims at estimating the market size and the growth potential of this market across different segments, based on the product, type, application, end-user, and region. The study also includes an in-depth competitive analysis of the key players in the market, along with their company profiles, key observations related to their product and business offerings, recent developments, and key market strategies.

Key Benefits of Buying the Report:
The report will help market leaders/new entrants in this market and provide information on the closest approximations of the revenue numbers for the overall microscopy market and its subsegments. This report will help the stakeholders to understand the competitive landscape, to gain more insights to better position their businesses, and to plan suitable go-to-market strategies. The report will also help the stakeholders to understand the pulse of the market and provide information on key market drivers, restraints, opportunities, and challenges.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"顕微鏡の世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 17)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 20)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.2 Market Estimation Methodology
2.2.1 Revenue Mapping-Based Market Estimation
2.2.2 Primary Research Validation
2.3 Data Triangulation
2.4 Research Assumptions
2.5 Research Limitations
3 Executive Summary (Page No. – 28)
4 Premium Insights (Page No. – 32)
4.1 Microscopy Market Overview
4.2 North America: Market, By Product & Country (2019)
4.3 Market, By Type, 2019–2024
4.4 Market, By Application, 2019 vs 2024 (USD Million)
4.5 Market, By End User, 2019 vs 2024 (USD Million)
5 Market Overview (Page No. – 36)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Favorable Funding Scenario for R&D in Microscopy
5.2.1.2 Technological Advancements in Microscopes
5.2.1.3 Rising Focus on Nanotechnology and Regenerative Medicine
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 High Cost of Advanced Microscopes
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Growth Opportunities in Emerging Markets
5.2.3.2 Increasing Application Areas of Microscopy
5.2.3.3 Integration of Microscopy With Spectroscopy
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Dearth of Skilled Professionals
5.3 Related Market Reports
5.3.1 Syndicate Report: Microscopy Software Market – Forecast to 2023
5.3.2 Custom Report: Correlative Light Electron Market—Forecast to 2024
6 Microscopy Market, By Product (Page No. – 46)
6.1 Introduction
6.2 Microscopes
6.2.1 Broad Applications and Emerging Technologies have Resulted in Growing Demand for Microscopes
6.3 Software
6.3.1 Introduction of Novel Image Acquisition Software for Microscopes is Driving Market Growth
6.4 Accessories
7 Microscopy Market, By Type (Page No. – 53)
7.1 Introduction
7.2 Optical Microscopes
7.2.1 Confocal Microscopes
7.2.1.1 Advanced Features of Confocal Microscopes have Resulted in Their Increased Adoption in Biomedical and Materials Science Research
7.2.2 Stereo Microscopes
7.2.2.1 Stereo Microscopes are Portable, Easy to Use, and Fairly Inexpensive
7.2.3 Digital Microscopes
7.2.3.1 Digital Microscopes Overcome Limitations of Conventional Optical Microscopes
7.2.4 Compound Microscopes
7.2.4.1 Compound Microscopes are Widely Used in Academic & Research Institutes
7.2.5 Other Optical Microscopes
7.3 Electron Microscopes
7.3.1 Scanning Electron Microscopes
7.3.1.1 Sems Can Provide Magnification of Up to 100,000x
7.3.2 Transmission Electron Microscopes
7.3.2.1 These Microscopes are Majorly Used to Study the Ultrastructure of Components
7.4 Scanning Probe Microscopes
7.4.1 Atomic Force Microscopes
7.4.1.1 Significant Use of Atomic Force Microscopes in Nanotechnology Research to Drive Market Growth
7.4.2 Scanning Tunneling Microscopes
7.4.2.1 Scanning Tunneling Microscopes are Mainly Used for Topological Studies
7.4.3 Near-Field Scanning Optical Microscopes
7.4.3.1 Nsoms are Used in Precision Laser Machining & Nanometer-Scale Optical Lithography
7.5 Other Microscopes
8 Microscopy Market, By Application (Page No. – 78)
8.1 Introduction
8.2 Semiconductors
8.2.1 Semiconductors Forms the Largest Application Segment of the Market
8.3 Life Sciences
8.3.1 Growing R&D & Rising Government Funding for Research to Support Market Growth
8.4 Materials Science
8.4.1 Increasing Focus on Research in Materials Science to Drive the Adoption of Microscopes
8.5 Other Applications
9 Microscopy Market, By End User (Page No. – 86)
9.1 Introduction
9.2 Industries
9.2.1 Technological Innovations to Fuel the Adoption of Microscopes Among This End-User Segment
9.3 Academic & Research Institutes
9.3.1 Increasing R&D Activities to Drive the Adoption of Microscopes By Academic & Research Institutes
9.4 Other End Users
10 Microscopy Market, By Region (Page No. – 93)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.2.1 US
10.2.1.1 Increasing R&D and Commercialization of Nanotechnology-Based Products are Driving the Demand for Microscopes in the Us
10.2.2 Canada
10.2.2.1 Rising R&D Funding for Microscopy Research and Nanotechnology—Key Market Driver in Canada
10.3 Europe
10.3.1 Germany
10.3.1.1 Germany has the Highest Public-Sector Investment in Nanotechnology in Europe
10.3.2 UK
10.3.2.1 Continuous Growth in Life Science Research to Drive the Microscopy Market in the Uk
10.3.3 France
10.3.3.1 Growing Biotechnology Industry to Support Market Growth in France
10.3.4 Rest of Europe
10.4 Asia Pacific
10.4.1 Japan
10.4.1.1 Launch of New Products to Drive Market Growth in Japan
10.4.2 China
10.4.2.1 Strategic Government Initiatives for Life Science Research—A Major Driver for Market Growth in China
10.4.3 India
10.4.3.1 Significant Growth in the Biotechnology Industry to Drive the Demand for Microscopes in India
10.4.4 Rest of APAC
10.5 Rest of the World
11 Competitive Landscape (Page No. – 135)
11.1 Introduction
11.2 Market Ranking Analysis
11.3 Competitive Leadership Mapping
11.3.1 Visionary Leaders
11.3.2 Innovators
11.3.3 Dynamic Differentiators
11.3.4 Emerging Companies
11.4 Competitive Scenario
11.4.1 Key Product Launches
11.4.2 Key Acquisitions
11.4.3 Key Partnerships, Agreements, Contracts, and Collaborations
11.4.4 Key Expansions
12 Company Profiles (Page No. – 140)
12.1 Carl Zeiss
12.1.1 Business Overview
12.1.2 Products Offered
12.1.3 Recent Developments
12.1.4 MnM View
12.2 Danaher
12.2.1 Business Overview
12.2.2 Products Offered
12.2.3 Recent Developments
12.2.4 MnM View
12.3 Thermo Fisher Scientific
12.3.1 Business Overview
12.3.2 Products Offered
12.3.3 Recent Developments
12.3.4 MnM View
12.4 Nikon
12.4.1 Business Overview
12.4.2 Products Offered
12.4.3 Recent Developments
12.5 Bruker
12.5.1 Business Overview
12.5.2 Products Offered
12.5.3 Recent Developments
12.6 Olympus
12.6.1 Business Overview
12.6.2 Products Offered
12.6.3 Recent Developments
12.7 Oxford Instruments
12.7.1 Business Overview
12.7.2 Products Offered
12.7.3 Recent Developments
12.8 Jeol
12.8.1 Business Overview
12.8.2 Products Offered
12.8.3 Recent Developments
12.9 Hitachi High-Technologies
12.9.1 Business Overview
12.9.2 Products Offered
12.9.3 Recent Developments
12.10 Semilab
12.10.1 Business Overview
12.10.2 Products Offered
12.10.3 Recent Developments
12.11 Accu-Scope
12.11.1 Business Overview
12.11.2 Products Offered
12.11.3 Recent Developments
12.12 Meiji Techno Co.
12.12.1 Business Overview
12.12.2 Products Offered
12.12.3 Recent Developments
12.13 Motic Group
12.13.1 Business Overview
12.13.2 Products Offered
12.13.3 Recent Developments
12.14 Helmut Hund
12.14.1 Business Overview
12.14.2 Products Offered
12.14.3 Recent Developments
12.15 Labomed
12.15.1 Business Overview
12.15.2 Products Offered
12.15.3 Recent Developments
12.16 Other Companies
12.16.1 Keyence Corporation
12.16.2 Optika Corporation
12.16.3 Horiba
12.16.4 Vision Engineering
12.16.5 Witec
13 Appendix (Page No. – 197)
13.1 Discussion Guide
13.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.3 Available Customizations
13.4 Related Reports
13.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】顕微鏡の世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年10月15日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】AST 3800
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】分析及び科学機器
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
顕微鏡の世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 中国のプラスチック加工機械市場2015
    本調査レポートでは、中国のプラスチック加工機械市場2015について調査・分析し、プラスチック加工機械の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 工場騒音制御の世界市場
    当調査レポートでは、工場騒音制御の世界市場について調査・分析し、工場騒音制御の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 工場騒音制御の世界市場:市場動向分析 - 工場騒音制御の世界市場:競争要因分析 - 工場騒音制御の世界市場:種類別 ・内部騒音制御 ・外部騒音制御 - 工場騒音制御の世界市場:材料別 ・金属 ・ガラス ・樹脂 ・その他 - 工場騒音制御の世界市場:用途別 ・天井のバッフル&バナー ・ドア ・防音壁 ・カーテン&毛布 ・機械音を閉じ込めるもの ・その他 - 工場騒音制御の世界市場:業界別 ・自動車 ・エネルギーおよび公益事業 ・一般的な小売 ・医薬品 ・食品サービス/生産 ・製造 ・その他 - 工場騒音制御の世界市場:主要地域別分析 - 工場騒音制御の北米市場規模(アメリカ市場等) - 工場騒音制御のヨーロッパ市場規模 - 工場騒音制御のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・工場騒音制御の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 自動車用フライホイールの世界市場
    当調査レポートでは、自動車用フライホイールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用フライホイールの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • クラフトビアのアメリカ市場
    当調査レポートでは、クラフトビアのアメリカ市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、クラフトビアのアメリカ市場規模及び予測、種類別分析、製品別分析、販売チャネル別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はクラフトビアのアメリカ市場が2017-2021年期間中に年平均17.69%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Anheuser-Busch InBev• Boston Beer• D.G. Yuengling & Sons• Sierra Nevada• New Belgium Brewing等です。
  • 防噴装置(BOP)の世界市場
    当調査レポートでは、防噴装置 (BOP) の世界市場について調査・分析し、防噴装置 (BOP) の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • グルホシネートの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、グルホシネートの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、作物種類別分析、形状別分析、用途別分析、地域別分析、グルホシネートの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • GaAsウェーハの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、GaAsウェーハの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、GaAsウェーハ市場規模、用途別(無線通信ネットワーク、モバイルデバイス、航空宇宙・防衛、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Advanced Wireless Semiconductor, AXT, DOWA Electronics Materials, Global Communication Semiconductors, IQE, WIN Semiconductorなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・GaAsウェーハの世界市場概要 ・GaAsウェーハの世界市場環境 ・GaAsウェーハの世界市場動向 ・GaAsウェーハの世界市場規模 ・GaAsウェーハの世界市場:業界構造分析 ・GaAsウェーハの世界市場:用途別(無線通信ネットワーク、モバイルデバイス、航空宇宙・防衛、その他) ・GaAsウェーハの世界市場:地域別市場規模・分析 ・GaAsウェーハ …
  • Fc-ガンマ受容体アンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるFc-ガンマ受容体アンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・Fc-ガンマ受容体アンタゴニストの概要 ・Fc-ガンマ受容体アンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のFc-ガンマ受容体アンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・Fc-ガンマ受容体アンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・Fc-ガンマ受容体アンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 食道がん(Esophageal Cancer):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、食道がん(Esophageal Cancer)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・食道がん(Esophageal Cancer):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・食道がん(Esophageal Cancer)のフェーズ3治験薬の状況 ・食道がん(Esophageal Cancer)治療薬の市場規模(販売予測) ・食道がん(Esophageal Cancer)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・食道がん(Esophageal Cancer)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の食道がん(Esophageal Cancer)治療薬剤
  • 屋外広告の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、屋外広告の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、屋外広告市場規模、種類別(広告板、シェルター、トランジットディスプレイ、街頭設置物)分析、プラットフォーム別(実体野外広告、デジタル野外広告)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・屋外広告の世界市場概要 ・屋外広告の世界市場環境 ・屋外広告の世界市場動向 ・屋外広告の世界市場規模 ・屋外広告の世界市場:業界構造分析 ・屋外広告の世界市場:種類別(広告板、シェルター、トランジットディスプレイ、街頭設置物) ・屋外広告の世界市場:プラットフォーム別(実体野外広告、デジタル野外広告) ・屋外広告の世界市場:地域別市場規模・分析 ・屋外広告の北米市場規模・予測 ・屋外広告のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・屋外広告のアジア太平洋市場規模・予測 ・屋外広告の主要国分析 ・屋外広告の世界市場:意思決定フレームワーク ・屋外広告の世界市場:成長要因、課題 ・屋外広告の世 …
  • 慢性ぜんそく(Chronic Asthma):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における慢性ぜんそく(Chronic Asthma)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、慢性ぜんそく(Chronic Asthma)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・慢性ぜんそく(Chronic Asthma)の概要 ・慢性ぜんそく(Chronic Asthma)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の慢性ぜんそく(Chronic Asthma)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・慢性ぜんそく(Chronic Asthma)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 …
  • 施設管理サービスの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、施設管理サービスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、施設管理サービス市場規模、展開方法別(クラウド、オンプレミス)分析、ソリューション別(設備環境管理、設備資産管理、建物情報モデリング、設備運用・セキュリティ管理、統合事業所管理システム、プロジェクト管理、その他)分析、組織別(大企業、中小企業)分析、サービス別(監査・品質評価、サポート・保守、サービス内容合意書(SLA)管理、展開・統合、コンサルティング)分析、エンドユーザー別(建設・不動産、政府・行政機関、住宅・教育機関、エネルギー・ユーティリティー、銀行・金融サービス・保険(BFSI)、小売・商業用、製造、医療、IT・通信、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 施設管理サービスの世界市場:市場動向分析 ・ 施設管理サービスの世界市場:競争要因分析 ・ 施設管理サービスの世界市場:展開方法別(クラウド、オンプレミス) ・ 施設管理サービスの世界市場:ソ …
  • WLANの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、WLANの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、WLANの世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • RFテスト機器の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、RFテスト機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、RFテスト機器の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • コレステロール吸収阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるコレステロール吸収阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・コレステロール吸収阻害剤の概要 ・コレステロール吸収阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のコレステロール吸収阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・コレステロール吸収阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・コレステロール吸収阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 繊維強化プラスチック(FRP)タンクの世界市場動向・予測(~2021年):ポリエステル繊維、エポキシ樹脂、炭素繊維、ガラス繊維
    当調査レポートでは、繊維強化プラスチック(FRP)タンクの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、繊維種類別分析、用途別分析、地域別分析、繊維強化プラスチック(FRP)タンクの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の超高分子量ポリエチレン(UHMWPE)市場2016
    本調査レポートでは、世界の超高分子量ポリエチレン(UHMWPE)市場2016について調査・分析し、超高分子量ポリエチレン(UHMWPE)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の脊髄刺激装置市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、脊髄刺激装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・脊髄刺激装置の概要 ・脊髄刺激装置の開発動向:開発段階別分析 ・脊髄刺激装置の開発動向:セグメント別分析 ・脊髄刺激装置の開発動向:領域別分析 ・脊髄刺激装置の開発動向:規制Path別分析 ・脊髄刺激装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別脊髄刺激装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・脊髄刺激装置の最近動向
  • ブラジルの発電市場2016:市場動向、制度、競争状況
  • ロシアの整形外科用補装具市場動向(~2021)
  • 医療品質管理の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、医療品質管理の世界市場について調査・分析し、医療品質管理の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 医療品質管理の世界市場:市場動向分析 - 医療品質管理の世界市場:競争要因分析 - 医療品質管理の世界市場:デリバリー形態別 ・ウェブ&クラウドベースソリューション ・オンプレミスソリューション - 医療品質管理の世界市場:種類別 ・PQRS (PHYSICIAN QUALITY REPORTING SOLUTIONS) ・ビジネスインテリジェンス・分析 ・プロバイダーパフォーマンス改善ソリューション ・臨床リスクマネジメントソリューション - 医療品質管理の世界市場:用途別 ・リスク管理 ・データ管理 - 医療品質管理の世界市場:エンドユーザー別 ・病院 ・外来治療センター ・保険者 ・ACO (Accountable Care Organization) ・その他 - 医療品質管理の世界市場:主要地域別分析 - 医療品質管理の北米市場規模(アメリカ市場等) - 医療品質管理のヨーロッパ …
  • 風力タービン用複合材料の世界市場
    当調査レポートでは、風力タービン用複合材料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、風力タービン用複合材料の世界市場規模及び予測、樹脂別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の手術用メス市場2015
    本調査レポートでは、世界の手術用メス市場2015について調査・分析し、手術用メスの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • Eラーニングの世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、Eラーニングの世界市場について調査・分析し、Eラーニングの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - Eラーニングの世界市場:市場動向分析 - Eラーニングの世界市場:競争要因分析 - Eラーニングの世界市場:供給元別 ・サービスプロバイダー ・学習補助 ・コンテンツプロバイダー - Eラーニングの世界市場:製品別 ・企業用Eラーニング ・学校用Eラーニング - Eラーニングの世界市場:技術別 ・仮想教室 ・ラピッドeラーニング ・学習コンテンツ管理システム ・学習管理システム(LMS) ・知識マネジメントシステム ・アプリケーションシミュレーションツール ・モバイルEラーニング ・ポッドキャスト ・その他 - Eラーニングの世界市場:エンドユーザー別 ・K-12 ・高等教育 - Eラーニングの世界市場:主要地域別分析 - Eラーニングの北米市場規模(アメリカ市場等) - Eラーニングのヨーロッパ市場規模 - Eラーニングのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・Eラーニング …
  • EVA(エチレン・酢酸ビニル)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、EVA(エチレン・酢酸ビニル)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、EVA(エチレン・酢酸ビニル)の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 乳癌モノクローナル抗体(mAbs)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、乳癌モノクローナル抗体(mAbs)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、乳癌モノクローナル抗体(mAbs)の世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • Anti-CD28抗体のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるAnti-CD28抗体のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・Anti-CD28抗体の概要 ・Anti-CD28抗体のパイプライン概要 ・企業別開発中のAnti-CD28抗体 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・Anti-CD28抗体の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・Anti-CD28抗体開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 屋根太陽光発電の世界市場
    当調査レポートでは、屋根太陽光発電の世界市場について調査・分析し、屋根太陽光発電の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • ワイヤレスオーディオ機器の世界市場予測
    Market Research Future社が発行した当調査レポートでは、ワイヤレスオーディオ機器の世界市場について調査・分析し、ワイヤレスオーディオ機器の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 苛性ソーダの世界市場:製造プロセス別(膜セル、隔膜セル、その他)、用途別(有機化学、無機化学、アルミナ、パルプ&紙、石鹸&洗剤、水処理、その他)
    本調査レポートでは、苛性ソーダの世界市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、製造プロセス別(膜セル、隔膜セル、その他)分析、用途別(有機化学、無機化学、アルミナ、パルプ&紙、石鹸&洗剤、水処理、その他)分析、地域別分析、競争状況、企業概要などを総合的、多面的にまとめております。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・苛性ソーダの世界市場:製造プロセス別(膜セル、隔膜セル、その他) ・苛性ソーダの世界市場:用途別(有機化学、無機化学、アルミナ、パルプ&紙、石鹸&洗剤、水処理、その他) ・苛性ソーダの世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業概要
  • エレベーター・エスカレーターの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、エレベーター・エスカレーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、エレベーター・エスカレーターの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 包装済みかぼちゃクラフトビールの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、包装済みかぼちゃクラフトビールの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、包装済みかぼちゃクラフトビール市場規模、製品別(ボトル入、缶入り)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・包装済みかぼちゃクラフトビールの世界市場概要 ・包装済みかぼちゃクラフトビールの世界市場環境 ・包装済みかぼちゃクラフトビールの世界市場動向 ・包装済みかぼちゃクラフトビールの世界市場規模 ・包装済みかぼちゃクラフトビールの世界市場:業界構造分析 ・包装済みかぼちゃクラフトビールの世界市場:製品別(ボトル入、缶入り) ・包装済みかぼちゃクラフトビールの世界市場:地域別市場規模・分析 ・包装済みかぼちゃクラフトビールのアメリカ市場規模・予測 ・包装済みかぼちゃクラフトビールのヨーロッパ市場規模・予測 ・包装済みかぼちゃクラフトビールのアジア市場規模・予測 ・包装済みかぼちゃクラフトビールの主要国分析 ・包装済みかぼちゃクラフトビールの世界市 …
  • 小型タービンの世界市場:定格電力別、用途別、最終用途別、地域別予測
    本資料は、小型タービンの世界市場について調べ、小型タービンの世界規模、市場動向、市場環境、定格電力別分析、用途別分析、最終用途別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、企業別市場シェア(入手可能な場合)、バリューチェーン分析、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・小型タービンの世界市場概要 ・小型タービンの世界市場環境 ・小型タービンの世界市場動向 ・小型タービンの世界市場規模 ・小型タービンの世界市場:企業別市場シェア(入手可能な場合) ・小型タービンの世界市場規模:定格電力別 ・小型タービンの世界市場規模:用途別 ・小型タービンの世界市場規模:最終用途別 ・小型タービンの世界市場:地域別市場規模・分析 ・小型タービンの北米市場規模・予測 ・小型タービンのアメリカ市場規模・予測 ・小型タービンのヨーロッパ市場規模・予測 ・小型タービンのアジア市場規模・予測 ・小型タービンの日本市場規模・予測 ・小型タービンの中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • 横紋筋肉腫(Rhabdomyosarcoma):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における横紋筋肉腫(Rhabdomyosarcoma)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、横紋筋肉腫(Rhabdomyosarcoma)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・横紋筋肉腫(Rhabdomyosarcoma)の概要 ・横紋筋肉腫(Rhabdomyosarcoma)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の横紋筋肉腫(Rhabdomyosarcoma)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・横紋筋肉腫(Rhabdomyosarcoma)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子 …
  • 沈降シリカの世界市場
    当調査レポートでは、沈降シリカの世界市場について調査・分析し、沈降シリカの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • パレットコンベヤの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、パレットコンベヤの世界市場について調査・分析し、パレットコンベヤの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別パレットコンベヤシェア、市場規模推移、市場規模予測、パレットコンベヤ種類別分析(制動チェーン、ローラー(駆動型、重力型)、プラスチック型、スラット型)、パレットコンベヤ用途別分析(小売/ロジスティックス、工業、食品、飲料(食品とは別)、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・パレットコンベヤの市場概観 ・パレットコンベヤのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・パレットコンベヤのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・パレットコンベヤの世界市場規模 ・パレットコンベヤの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・パレットコンベヤのアメリカ市場規模推移 ・パレットコンベヤのカナダ市場規模推移 ・パレットコンベヤのメキシコ市場規模推移 ・パレットコンベヤのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・パレットコンベヤのドイツ市場規模推 …
  • ゴム砥石の世界市場予測(~2026):用途別(重工業、輸送コンポーネント、電気&電子機器、医療機器)、地域別
    当調査レポートでは、ゴム砥石の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、用途別分析、地域別分析、ゴム砥石の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • シランの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、シランの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、シラン市場規模、用途別(塗料・コーティング剤、ゴム・プラスチック、接着剤・シーラント剤、繊維処理、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・シランの世界市場概要 ・シランの世界市場環境 ・シランの世界市場動向 ・シランの世界市場規模 ・シランの世界市場:業界構造分析 ・シランの世界市場:用途別(塗料・コーティング剤、ゴム・プラスチック、接着剤・シーラント剤、繊維処理、その他) ・シランの世界市場:地域別市場規模・分析 ・シランの北米市場規模・予測 ・シランのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・シランのアジア太平洋市場規模・予測 ・シランの主要国分析 ・シランの世界市場:意思決定フレームワーク ・シランの世界市場:成長要因、課題 ・シランの世界市場:競争環境 ・シランの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • イラクの市場見通し(~2021年)
  • 世界の獣医用マルチパラメータモニタ市場2015
    本調査レポートでは、世界の獣医用マルチパラメータモニタ市場2015について調査・分析し、獣医用マルチパラメータモニタの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ゼオライトの世界市場分析:製品別(天然、合成)、用途別(触媒、吸着剤、洗剤増強剤)、セグメント予測
    本調査レポートでは、ゼオライトの世界市場について調査・分析し、ゼオライトの世界市場動向、ゼオライトの世界市場規模、市場予測、セグメント別ゼオライト市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 神経調節の世界市場予測・分析(用途別、技術別、地域別、企業別)
  • 自動車触媒コンバーターの世界市場2018-2022
    全世界で、約90%の乗用車に触媒コンバーターが装備されています。世界の自動車産業は、2017年に70億8,500万台の乗用車を販売し、2016年に比べて1.93%の成長率を記録しました。地域別には、アジア太平洋地域(APAC)が世界の乗用車販売を約40億7,400万台でシェアの過半数を占め、続いて欧州が約17億9,300万台、南北アメリカは約11億3,000万台です。中国、米国、日本が世界の乗用車販売台数を伸ばし、2017年には販売台数の約50%を占めています。従って、乗用車の販売台数の増加によって、自動車触媒コンバーターの世界市場の成長が促進される見通しです。 主な分析対象企業は、Continental、FAURECIA、Magneti Marelli、Tenneco、Eberspächer、Katconなどです。 当調査レポートでは、自動車触媒コンバーターの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車触媒コンバーター市場規模、車両別(乗用車、商用車)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致 …
  • 患者エンゲージメントソリューションの世界市場予測(~2022年):ハードウェア、ソフトウェア、サービス
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、患者エンゲージメントソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、構成要素別分析、導入方式別分析、用途別分析、地域別分析、患者エンゲージメントソリューションの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 道路照明の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、道路照明の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、道路照明の世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • カルシウム感知受容体アンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるカルシウム感知受容体アンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・カルシウム感知受容体アンタゴニストの概要 ・カルシウム感知受容体アンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のカルシウム感知受容体アンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・カルシウム感知受容体アンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・カルシウム感知受容体アンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 有機大豆タンパク質の世界市場予測:大豆タンパク質濃縮物、大豆タンパク質分離物、大豆タンパク質粉
    当調査レポートでは、有機大豆タンパク質の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、形状別分析、地域別分析、有機大豆タンパク質の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 吸入麻酔の世界市場:用途別(誘導、メンテナンス)、製品別(セボフルラン、デスフルラン、イソフルラン)、セグメント予測
    吸入麻酔の世界市場は2025年には14億米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率3.5%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、麻酔を必要とする外科的処置の増加、せん妄状態についての意識の高まり、吸入麻酔薬の予測可能な性質などが考えられます。吸入麻酔薬は肺を介して代謝されます。つまり、ほかの薬剤との相互作用の可能性が非常に低くなります。したがって、この麻酔薬は、重症で、より短い期間の麻酔を必要とする患者にとって好ましい選択であることはいうまでもありません。本調査レポートでは、吸入麻酔の世界市場について調査・分析し、吸入麻酔の世界市場動向、吸入麻酔の世界市場規模、市場予測、セグメント別吸入麻酔市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の塩基性硫酸クロム市場2016
    本調査レポートでは、世界の塩基性硫酸クロム市場2016について調査・分析し、塩基性硫酸クロムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 主要10細胞分析法の世界市場予測(~2021):技術別(イメージング、PCR、フローサイトメトリー、ハイコンテントスクリーニング(HCS)、ブロッティング、分光測光法)、用途別、需要先別
    当調査レポートでは、主要10細胞分析法の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、LED別分析、OLED別分析、バーチャル網膜ディスプレイ別分析、量子ドット別分析、主要10細胞分析法の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"