"FFA(フィールドフォースオートメーション)の世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:TC 7374)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"FFA(フィールドフォースオートメーション)の世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Rising focus of enterprises on workforce productivity, better service delivery, and high customer satisfaction, to drive the growth of field force automation market
MarketsandMarkets estimates the global field force automation market to grow from USD 1.2 billion in 2019 to USD 2.8 billion by 2024, at a Compound Annual Growth Rate (CAGR) of 18.2% during the forecast period. The field force automation market is increasing with the rising demand for robust solutions for maximizing the efficiency of field forces in real-time and growing adoption of cloud-based enterprise mobility solutions. However, resistance from field forces to adopt automated solutions would limit the growth of the market.

Cloud deployment type is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period
SMEs and organizations having limited budget, limited IT, staff, and lack of robust infrastructure are continuously shifting to cloud owing to features such as anywhere access, rapid implementation, reduced setup and operational cost i.e., Capital Expenditure (CapEx) and Operating Expense (OpEx), less maintenance cost, scalability, and ease of use. By empowering their field workers and managers with ubiquitous access to intelligent scheduling and optimization, automated capacity planning. Route planning, and real-time monitoring and communication capabilities, SaaS-based field force automation solution help organization to improve workforce productivity with minimal effort and minimal cost.

IT and Telecom industry vertical to hold the largest market share during the forecast period in the field force automation market
IT and Telecom companies have remotely located assets and geographically dispersed teams of technicians, cable operators, craft workers, and field engineers to manage the same. To ease the repair, installation, and management of their assets, IT and Telecom companies are increasingly adopting field force automation solutions. Field force automation solutions set and align the work priorities with the business demands and automate the dispatch of workers at the right time and right place.

Field force automation market in Asia Pacific is projected to grow at the highest CAGR during the forecast period
The high growth of the market in Asia Pacific (APAC) is attributed to the pervasive use of mobile devices and internet, growing demand of field-specific solutions, high economic growth, and increasing digital initiatives by government in the region. However, resistance from workers that are less exposed to technologies and requirement of upfront investments are few significant hurdles in the field force automation adoption across the region. Though, increasing awareness of field force automation benefits and demand for automated solutions to minimize field service complexities and operational costs opens new avenues for the growth of field force automation market in the region.

Further, in-depth interviews were conducted with the Chief Executive Officers (CEOs), Chief Marketing Officers (CMO), Chief Operating Officers (COOs), Vice Presidents (VPs), Managing Directors (MDs), technology and innovation directors, and related key executives from various key companies and organizations operating in the field force automation market.
 By Company – Tier 1– 44%, Tier 2– 36%, and Tier 3 – 20%
 By Designation – C-Level – 41%, Director Level – 35%, and Others – 24%
 By Region – North America – 42%, Europe – 30%, and APAC – 18%, RoW – 10%
The field force automation market comprises significant solution providers, such as ServiceMax (US), IFS (Sweden), Microsoft (US), SAP (Germany), Oracle (US), Trimble (US), ClickSoftware (US), Salesforce (US), Astea (US), FieldEZ (India), BT, Accruent (US), Acumatica (US), Folio3 (US), LeadSquared (India), Kloudq (India), Appobile Labs (India), Mize (US), Nimap Infotech (India), and Channelplay (India). The study includes an in-depth competitive analysis of these key players in the field force automation market with their company profiles, recent developments, and key market strategies.

Research Coverage
The field force automation market revenue is primarily classified into revenues from solution and services. Solution revenue is associated with field force automation tools and software. Further, services’ revenue is associated with various consulting, integration and implementation, and training and support services. The market is also segmented on the basis of deployment type, organization size, industry vertical, and region.

Key benefits of the report
The report would help the market leaders/new entrants in this market with the information on the closest approximations of the revenue numbers for the overall field force automation market and the subsegments. This report would help stakeholders understand the competitive landscape and gain insights to better position their businesses and plan suitable go-to-market strategies. The report would also help stakeholders understand the pulse of the market and provide them with information on the key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"FFA(フィールドフォースオートメーション)の世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 18)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.2.1 Inclusions and Exclusions
1.3 Market Scope
1.3.1 Market Segmentation
1.4 Years Considered for the Study
1.5 Currency Considered
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 22)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Breakup of Primaries
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.2 Market Breakdown and Data Triangulation
2.3 Market Size Estimation
2.3.1 Top-Down Approach
2.3.2 Bottom-Up Approach
2.4 Market Forecast
2.5 Assumptions for the Study
2.6 Limitations of the Study
3 Executive Summary (Page No. – 30)
4 Premium Insights (Page No. – 33)
4.1 Attractive Market Opportunities in the Market
4.2 North America Field Force Automation Market, By Industry Vertical and Country
4.3 Market Major Countries
5 Market Overview and Industry Trends (Page No. – 36)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Rising Demand for Robust Solutions to Maximize the Efficiency of Field Forces in Real-Time
5.2.1.2 Growing Adoption of Cloud-Based Enterprise Mobility Solutions
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Resistance From Field Forces to Adopt Automated Solutions
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Infusing AI and ML Capabilities for Streamlining Field Operations
5.2.3.2 Integration of IoT for Improved Automation
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Upfront Investments for Ensuring the Security of Mobile Devices
5.2.4.2 Selecting a Robust Mobile Workforce Solution That Perfectly Aligns With the Business Objectives
5.3 Industry Trends
5.3.1 Improved Productivity and Cycle Time Through Automated Scheduling, Field Force Mobilization, and Real-Time Field Force Tracking
5.3.2 Workforce Optimization Through Consistent Planning, Real-Time Activity Reporting, and Automated Expense Management
5.3.3 Improving Collaboration Among Field Forces to Increase Service Revenues and Efficiency Gains
6 Field Force Automation Market By Component (Page No. – 42)
6.1 Introduction
6.2 Solution
6.2.1 Demand for Real-Time Enterprise Mobility Solutions to Connect Mobile Workforce and Enhance Agent Productivity Driving the Adoption of Field Force Automation Solution
6.3 Services
6.3.1 Consulting
6.3.1.1 Need of Organizations to Identify Best Practices and Choose the Right Set of Solution to Automate Field Workforce Driving the Demand for Consulting Services
6.3.2 Integration and Implementation
6.3.2.1 Hassle-Free Deployment With Existing It Infrastructure to Drive the Demand for Integration and Implementation Services
6.3.3 Training and Support
6.3.3.1 Need for Resolving Critical Business Issues and Reducing Resource Wastage to Create the Demand for Training and Support Services
7 Field Force Automation Market By Organization Size (Page No. – 51)
7.1 Introduction
7.2 Large Enterprises
7.2.1 Growing Assimilation of Newer Technologies to Boost the Adoption of Field Force Automation Solution Among Large Enterprises
7.3 Small and Medium-Sized Enterprises
7.3.1 Demand for Cloud-Based Automation Solutions to Fuel the Adoption of Field Force Automation Solution in Small and Medium-Sized Enterprises
8 Field Force Automation Market By Deployment Type (Page No. – 57)
8.1 Introduction
8.2 On-Premises
8.2.1 Data Privacy and Data Security Benefits to Fuel the Demand for On-Premises Field Force Automation Solution
8.3 Cloud
8.3.1 Benefits of Quick Deployment and Low Energy Costs to Propel the Adoption of Cloud-Based Field Force Automation Solution
9 Field Force Automation Market By Industry Vertical (Page No. – 63)
9.1 Introduction
9.2 IT and Telecom
9.2.1 Optimizing Field Worker Dispatch for Managing Dispersed Assets to Boost the Demand for Field Force Automation Solutions in IT and Telecom
9.3 Healthcare and Life Sciences
9.3.1 Improving Medical Services and Clinical Trials Through Proper Worker Scheduling and Dispatch to Fuel the Adoption of Field Force Automation Solution in Healthcare and Life Sciences
9.4 Manufacturing
9.4.1 Preventing Future Downtimes and Gaining Real-Time Visibility Into Manufacturing Floors to Propel the Adoption of Field Force Automation Solution in Manufacturing
9.5 Transportation and Logistics
9.5.1 Planning Routes and Capacity for Ensuring On-Time Service Delivery to Boost the Adoption of Field Force Automation in Transportation and Logistics
9.6 Construction and Real Estate
9.6.1 Delivering Fast On-Site Repair and Maintenance to Ensure the Safety of On-Site Workers to Boost the Adoption of Field Force Automation Solution in Construction and Real Estate
9.7 Energy and Utilities
9.7.1 Eliminating Crew Dependency on Centralized Dispatchers to Ensure On-Time Arrivals Driving Adoption of Field Force Automation Solution in Energy and Utilities
9.8 Others
10 Field Force Automation Market By Region (Page No. – 72)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.2.1 United States
10.2.1.1 High Technology Assimilation and the Presence of a Large Number of Players to Drive the Adoption of Field Force Automation Solution in the US
10.2.2 Canada
10.2.2.1 Deployment of Cloud-Based Field Force Automation Solution for Managing the Rising Workloads to Propel the Market Growth in Canada
10.3 Europe
10.3.1 United Kingdom
10.3.1.1 Strong Economic Growth and Rising Technology Adoption to Fuel the Growth of the Field Force Automation Market in the UK
10.3.2 Germany
10.3.2.1 Rising Demand for Automation Across Enterprises to Fuel the Adoption of Field Force Automation Solution in Germany
10.3.3 Rest of Europe
10.4 Asia Pacific
10.4.1 Australia and New Zealand
10.4.1.1 Rising Investment in Labor-Savvy Technologies and Increased R&D Activities to Bolster the Adoption of Field Force Automation Solution in ANZ
10.4.2 China
10.4.2.1 High Automation Readiness Index and Declining Labor Force to Propel the Demand for Field Force Automation Solution in China
10.4.3 Rest of Asia Pacific
10.5 Middle East and Africa
10.5.1 South Africa
10.5.1.1 Influx of Cloud Services to Fuel the Adoption of Cloud-Based Field Force Automation Solution in South Africa
10.5.2 United Arab Emirates
10.5.2.1 High Ict Access and Use, and Increase in Awareness of Benefits of Automation Technologies to Drive the Growth of Market in the UAE
10.5.3 Rest of Middle East and Africa
10.6 Latin America
10.6.1 Brazil
10.6.1.1 Need for Increasing Total Factor Productivity Through Data-Driven Automation to Propel the Growth of Market in Brazil
10.6.2 Mexico
10.6.2.1 Increasing Awareness of the Benefits of Field Force Automation to Boost the Adoption of Field Force Automation Solution in Mexico
10.6.3 Rest of Latin America
11 Competitive Landscape (Page No. – 104)
11.1 Introduction
11.2 Competitive Scenario
11.2.1 New Product/Solution Launches and Product Enhancements
11.2.2 Acquisitions
11.2.3 Partnerships and Agreements
11.3 Competitive Leadership Mapping
11.3.1 Visionary Leaders
11.3.2 Dynamic Differentiators
11.3.3 Innovators
11.3.4 Emerging Companies
12 Company Profiles (Page No. – 110)
12.1 Introduction
(Business Overview, Solutions, Products & Services, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
12.2 ServiceMax
12.3 ClickSoftware
12.4 Oracle
12.5 Microsoft
12.6 IFS
12.7 Salesforce
12.8 Trimble
12.9 SAP
12.10 Astea
12.11 BT
12.12 Accruent
12.13 Acumatica
12.14 FieldEZ
12.15 Folio3
12.16 Leadsquared
12.17 Mize
12.18 Kloudq Technologies
12.19 Appobile Labs
12.20 Channelplay
12.21 Nimap Infotech
*Details on Business Overview, Solutions, Products & Services, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not be Captured in Case of Unlisted Companies.
13 Appendix (Page No. – 145)
13.1 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.2 Available Customizations
13.3 Related Reports
13.4 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】FFA(フィールドフォースオートメーション)の世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年10月15日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】TC 7374
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】電気通信及びIT
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
FFA(フィールドフォースオートメーション)の世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • ポンプの世界市場:渦巻ポンプ、特殊ポンプ、容積式ポンプ
    当調査レポートでは、ポンプの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ポンプの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • トラクターレンタルの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、トラクターレンタルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、トラクターレンタルの世界市場規模及び予測、エンジン出力別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 包装ウコンベース飲料の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、包装ウコンベース飲料の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、包装ウコンベース飲料市場規模、用途別(健康・ウェルネス、医薬品)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Dunn's River Brands, Gaia Herbs, House Foods Group, Just-C, Numi, Unileverなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・包装ウコンベース飲料の世界市場概要 ・包装ウコンベース飲料の世界市場環境 ・包装ウコンベース飲料の世界市場動向 ・包装ウコンベース飲料の世界市場規模 ・包装ウコンベース飲料の世界市場:業界構造分析 ・包装ウコンベース飲料の世界市場:用途別(健康・ウェルネス、医薬品) ・包装ウコンベース飲料の世界市場:地域別市場規模・分析 ・包装ウコンベース飲料の北米市場規模・予測 ・包装ウコンベース飲料のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・包装ウコンベース飲料のアジア太平洋市場規模・予測 …
  • モジュール型クリーンルームの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、モジュール型クリーンルームの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、モジュール型クリーンルームの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ワイヤレス・コネクティビティ(無線通信)の世界市場予測(~2022)
    当調査レポートでは、ワイヤレス・コネクティビティ(無線通信)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、通信技術別分析、用途別分析、地域別分析、ワイヤレス・コネクティビティ(無線通信)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • RSウイルス用ワクチンの世界市場機会分析
  • 半導体チップパッケージングの世界市場2017-2021:フリップチップウエハバンピング、2.5Dインターポーザ、ファンイン型WL CSP、3D WLP、FO WLP/SiP、3D IC TSVスタック
    当調査レポートでは、半導体チップパッケージングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、半導体チップパッケージングの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の額温度計市場2015
    本調査レポートでは、世界の額温度計市場2015について調査・分析し、額温度計の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 健康的なスナックの世界市場分析:製品別(シリアル・グラノーラバー、ナッツ・種子スナック、肉スナック、ドライフルーツスナック、トレイルミックススナック)、地域別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、健康的なスナックの世界市場について調査・分析し、健康的なスナックの世界市場動向、健康的なスナックの世界市場規模、市場予測、セグメント別健康的なスナック市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 自動車 HVACの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、自動車 HVACの世界市場について調査・分析し、自動車 HVACの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 自動車 HVACの世界市場:市場動向分析 - 自動車 HVACの世界市場:競争要因分析 - 自動車 HVACの世界市場:種類別 暖房装備座席 電動座席 電動ウィンドウ サンルーフシステム - 自動車HVACの世界市場:技術別 自動車HVACシステム 手動HVACスステム - 自動車HVACの世界市場:構成要素別 コンプレッサー 伸縮装置 熱置換装置 受容器/乾燥機 - 自動車HVACの世界市場:車種別 乗用車 商用小型車 (LCV) 商用大型車 (HCV) - 自動車 HVACの世界市場:主要地域別分析 - 自動車 HVACの北米市場規模(アメリカ市場等) - 自動車 HVACのヨーロッパ市場規模 - 自動車 HVACのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・自動車 HVACの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 世界におけるベビー用品のネット通販市場2016-2020
    当調査レポートでは、世界におけるベビー用品のネット通販市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、世界におけるベビー用品のネット通販市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ヘアカラーリング剤の世界市場
    当調査レポートでは、ヘアカラーリング剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ヘアカラーリング剤の世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のころ軸受市場2015
    本調査レポートでは、世界のころ軸受市場2015について調査・分析し、ころ軸受の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • USBカーチャージャーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、USBカーチャージャーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、USBカーチャージャーの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 自動潤滑システムの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、自動潤滑システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、潤滑タイプ(グリース、オイル)別分析、システムタイプ(シングルライン、デュアルライン、マルチライン、シリーズプログレッシブ、循環オイル、オイル・エア)別分析、産業(スチール、製造、セメント)別分析、自動潤滑システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • スマートシティの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、スマートシティの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、スマートシティ市場規模、用途別(スマートガバナンス(行政)・教育、スマートエネルギー、スマート医療、スマートセキュリティ、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、ABB, Alphabet, Cisco Systems, IBM, Microsoft, Oracleなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・スマートシティの世界市場概要 ・スマートシティの世界市場環境 ・スマートシティの世界市場動向 ・スマートシティの世界市場規模 ・スマートシティの世界市場:業界構造分析 ・スマートシティの世界市場:用途別(スマートガバナンス(行政)・教育、スマートエネルギー、スマート医療、スマートセキュリティ、その他) ・スマートシティの世界市場:地域別市場規模・分析 ・スマートシティの北米市場規模・予測 ・スマートシティのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・スマートシティ …
  • 扁平上皮非小細胞肺癌(Squamous Non-Small Cell Lung Cancer):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における扁平上皮非小細胞肺癌(Squamous Non-Small Cell Lung Cancer)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、扁平上皮非小細胞肺癌(Squamous Non-Small Cell Lung Cancer)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・扁平上皮非小細胞肺癌(Squamous Non-Small Cell Lung Cancer)の概要 ・扁平上皮非小細胞肺癌(Squamous Non-Small Cell Lung Cancer)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の扁平上皮非小細胞肺癌(Squamous Non-Small Cell Lung Cancer)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & …
  • アジアのプラスチックシート/プレート/フィルム市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • ICE・電気自動車向け利用ベース保険の世界市場予測(~2025年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ICE・電気自動車向け利用ベース保険の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、パッケージ(PAYD、PHYD、MHYD)分析、技術(OBD-II、スマートフォン、組み込みシステム、ブラックボックス)分析、提供デバイス(BYOD、企業支給)分析、ICE・電気自動車向け利用ベース保険の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ウェアラブルアプリケーションの世界市場2016-2020:ウェアラブルフィットネスアプリケーション、ウェアラブル産業用アプリケーション、ウェアラブルオンライン取引アプリケーション、ウェアラブルカスタマイズアプリケーション、ウェアラブルヘルスケアアプリケーション
    当調査レポートでは、ウェアラブルアプリケーションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ウェアラブルアプリケーションの世界市場規模及び予測、デバイス別分析、カテゴリー別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 遺伝子治療の世界市場:ベクター種類別(ウイルスベクター、非ウイルスベクター)、遺伝子種類別(抗原、サイトカイン、腫瘍抑制因子、自殺、欠乏、成長因子、受容体、その他)、用途別(腫瘍性疾患、希少疾患、心血管疾患、神経疾患、感染症、その他)
    本調査レポートでは、遺伝子治療の世界市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、ベクター種類別(ウイルスベクター、非ウイルスベクター)分析、遺伝子種類別(抗原、サイトカイン、腫瘍抑制因子、自殺、欠乏、成長因子、受容体、その他)分析、用途別(腫瘍性疾患、希少疾患、心血管疾患、神経疾患、感染症、その他)分析、地域別分析、企業概要などを総合的、多面的にまとめております。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・遺伝子治療の世界市場:ベクター種類別(ウイルスベクター、非ウイルスベクター) ・遺伝子治療の世界市場:遺伝子種類別(抗原、サイトカイン、腫瘍抑制因子、自殺、欠乏、成長因子、受容体、その他) ・遺伝子治療の世界市場:用途別(腫瘍性疾患、希少疾患、心血管疾患、神経疾患、感染症、その他) ・遺伝子治療の世界市場:地域別 ・企業概要
  • ポリアルキレングリコールの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ポリアルキレングリコールの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ポリアルキレングリコール市場規模、製品別(ポリプロピレングリコール、ポリエチレングリコール)分析、用途別(ポリウレタンフォーム、潤滑油、パーソナルケア、医薬品、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ポリアルキレングリコールの世界市場概要 ・ポリアルキレングリコールの世界市場環境 ・ポリアルキレングリコールの世界市場動向 ・ポリアルキレングリコールの世界市場規模 ・ポリアルキレングリコールの世界市場:業界構造分析 ・ポリアルキレングリコールの世界市場:製品別(ポリプロピレングリコール、ポリエチレングリコール) ・ポリアルキレングリコールの世界市場:用途別(ポリウレタンフォーム、潤滑油、パーソナルケア、医薬品、その他) ・ポリアルキレングリコールの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ポリアルキレングリコールのアメリカ市場規模・予測 ・ポリアルキ …
  • 建築断熱パネルの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、建築断熱パネルの世界市場について調査・分析し、建築断熱パネルの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 建築断熱パネルの世界市場:市場動向分析 - 建築断熱パネルの世界市場:競争要因分析 - 建築断熱パネルの世界市場:製品別 ・グラスウールパネル ・発泡ポリスチレン(EPS)パネル ・硬質ポリウレタン(PUR)パネル ・硬質ポリイソシアヌレート(PIR) ・その他 - 建築断熱パネルの世界市場:用途別 ・建物ルーフ ・冷蔵 ・建物外壁 - 建築断熱パネルの世界市場:主要地域別分析 - 建築断熱パネルの北米市場規模(アメリカ市場等) - 建築断熱パネルのヨーロッパ市場規模 - 建築断熱パネルのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・建築断熱パネルの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • クラウドファンディングの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、クラウドファンディングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、クラウドファンディングの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はクラウドファンディングの世界市場が2017-2021年期間中に年平均(16.96%)成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• GoFundMe, • Indiegogo, • Kickstarter, • Patreon, • Teespring等です。
  • 出血障害治療薬の世界市場:血友病A、血友病B、フォン・ウィルブランド病(vWD)
    当調査レポートでは、出血障害治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、疾患別分析、薬品種類別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 一軸ねじポンプの世界市場:出力別、用途別、地域別予測
    本資料は、一軸ねじポンプの世界市場について調べ、一軸ねじポンプの世界規模、市場動向、市場環境、出力別分析、用途別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・一軸ねじポンプの世界市場概要 ・一軸ねじポンプの世界市場環境 ・一軸ねじポンプの世界市場動向 ・一軸ねじポンプの世界市場規模 ・一軸ねじポンプの世界市場規模:出力別 ・一軸ねじポンプの世界市場規模:用途別 ・一軸ねじポンプの世界市場:地域別市場規模・分析 ・一軸ねじポンプの北米市場規模・予測 ・一軸ねじポンプのアメリカ市場規模・予測 ・一軸ねじポンプのヨーロッパ市場規模・予測 ・一軸ねじポンプのアジア市場規模・予測 ・一軸ねじポンプの日本市場規模・予測 ・一軸ねじポンプの中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • キサンタンガムの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、キサンタンガムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、用途別分析、機能別分析、形状別分析、地域別分析、キサンタンガムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • コラーゲンペプチドの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、コラーゲンペプチドの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、コラーゲンペプチドの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 便座の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、便座の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、便座の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 悪液質(Cachexia):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、悪液質(Cachexia)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・悪液質(Cachexia):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・悪液質(Cachexia)のフェーズ3治験薬の状況 ・悪液質(Cachexia)治療薬の市場規模(販売予測) ・悪液質(Cachexia)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・悪液質(Cachexia)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の悪液質(Cachexia)治療薬剤
  • アルゼンチンの火力発電市場2016:発電能力、生産、投資動向、制度、企業
  • 民間航空機用ガスタービンエンジンの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、民間航空機用ガスタービンエンジンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、民間航空機用ガスタービンエンジンの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・調査手法 ・イントロダクション ・市場の状況 ・用途別市場分類 ・地域別分析 ・主要エンジン売上別市場占有率 ・ディシジョンフレームワーク ・成長要因・課題 ・市場動向 ・競争状況 ・付録
  • 手術用イメージングの世界市場:モダリティ種類別(モバイルCアーム、ミニCアーム、その他)、技術種類別(イメージインテンシファイアCアーム、フラットパネル検出器Cアーム(FPD Cアーム))、用途別(神経外科、整形外科および外傷外科、心臓血管外科、一般外科、その他の手術)
    本資料は、手術用イメージングの世界市場について調べ、手術用イメージングの世界規模、市場動向、市場環境、モダリティ種類別(モバイルCアーム、ミニCアーム、その他)分析、用途別(神経外科、整形外科および外傷外科、心臓血管外科、一般外科、その他の手術)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・手術用イメージングの世界市場概要 ・手術用イメージングの世界市場環境 ・手術用イメージングの世界市場動向 ・手術用イメージングの世界市場規模 ・手術用イメージングの世界市場:モダリティ種類別(モバイルCアーム、ミニCアーム、その他) ・手術用イメージングの世界市場:技術種類別(イメージインテンシファイアCアーム、フラットパネル検出器Cアーム(FPD Cアーム)) ・手術用イメージングの世界市場:用途別(神経外科、整形外科および外傷外科、心臓血管外科、一般外科、その他の手術) ・手術用イメージングの世界市場:地域別市場規模・分析 ・手術用イメージングの北米市場規模・ …
  • 硬質プラスチック包装の世界市場2015-2022
    当調査レポートでは、硬質プラスチック包装の世界市場について調査・分析し、硬質プラスチック包装の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・硬質プラスチック包装の世界市場:市場動向分析 ・硬質プラスチック包装の世界市場:競争要因分析 ・硬質プラスチック包装の世界市場:製品別分析/市場規模 ・硬質プラスチック包装の世界市場:エンドユーザー別分析/市場規模 ・硬質プラスチック包装の世界市場:材料別分析/市場規模 ・硬質プラスチック包装の世界市場:技術別分析/市場規模 ・硬質プラスチック包装の世界市場:生産工程別分析/市場規模 ・硬質プラスチック包装の世界市場:地域別分析/市場規模 ・硬質プラスチック包装の北米市場規模・分析 ・硬質プラスチック包装の欧州市場・分析 ・硬質プラスチック包装のアジア市場・分析 ・硬質プラスチック包装の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 世界の蒸気ボイラー市場2015
    本調査レポートでは、世界の蒸気ボイラー市場2015について調査・分析し、蒸気ボイラーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 積層セラミックコンデンサの世界市場:クラス別(クラス1、クラス2)、用途別(民生機器、自動車、製造、ヘルスケア、その他)
    本資料は、積層セラミックコンデンサの世界市場について調べ、積層セラミックコンデンサの世界規模、市場シェア、市場動向、市場環境、クラス別(クラス1、クラス2)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・積層セラミックコンデンサの世界市場概要 ・積層セラミックコンデンサの世界市場環境 ・積層セラミックコンデンサの世界市場動向 ・積層セラミックコンデンサの世界市場規模 ・積層セラミックコンデンサの世界市場:市場シェア ・積層セラミックコンデンサの世界市場:クラス別(クラス1、クラス2) ・積層セラミックコンデンサの世界市場:用途別(民生機器、自動車、製造、ヘルスケア、その他) ・積層セラミックコンデンサの世界市場:地域別市場規模・分析 ・積層セラミックコンデンサの北米市場規模・予測 ・積層セラミックコンデンサのアメリカ市場規模・予測 ・積層セラミックコンデンサのヨーロッパ市場規模・予測 ・積層セラミックコンデンサのアジア市場規模・予測 ・積層セラミックコ …
  • デジタルマーケティング費の世界市場:タイプ別(検索画面広告、ディスプレイ広告、ソーシャルメディア、メール広告、その他)、用途別(デスクトップ、モバイル)、地域別予測
    本資料は、デジタルマーケティング費の世界市場について調べ、デジタルマーケティング費の世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(検索画面広告、ディスプレイ広告、ソーシャルメディア、メール広告、その他)分析、用途別(デスクトップ、モバイル)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはComcast、AT&T、P&G、Verizon、General Motors、American Express、Fiat Chrysler、Ford、Johnson & Johnson、JPMorgan Chase、L’Oréal、Nissan、Pfizer、Toyota、Unileverなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・デジタルマーケティング費の世界市場概要 ・デジタルマーケティング費の世界市場環境 ・デジタルマーケティング費の世界市場動向 ・デジタルマーケティング費の世界市場規模 ・デジタルマーケティング費の世界市場規模:タイプ別(検索画面広告、ディスプレイ広告、ソーシ …
  • 細胞解離の世界市場:組織別(結合組織、上皮組織、その他)、タイプ別(組織解離、細胞脱離)、エンドユーザー別(医薬品・バイオテクノロジー企業、研究・学術機関、その他)、地域別予測
    本資料は、細胞解離の世界市場について調べ、細胞解離の世界規模、市場動向、市場環境、組織別(結合組織、上皮組織、その他)分析、タイプ別(組織解離、細胞脱離)分析、エンドユーザー別(医薬品・バイオテクノロジー企業、研究・学術機関、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・細胞解離の世界市場概要 ・細胞解離の世界市場環境 ・細胞解離の世界市場動向 ・細胞解離の世界市場規模 ・細胞解離の世界市場規模:組織別(結合組織、上皮組織、その他) ・細胞解離の世界市場規模:タイプ別(組織解離、細胞脱離) ・細胞解離の世界市場規模:エンドユーザー別(医薬品・バイオテクノロジー企業、研究・学術機関、その他) ・細胞解離の世界市場:地域別市場規模・分析 ・細胞解離の北米市場規模・予測 ・細胞解離のアメリカ市場規模・予測 ・細胞解離のヨーロッパ市場規模・予測 ・細胞解離のアジア市場規模・予測 ・細胞解離の日本市場規模・予測 ・細胞解離の中国市場規模・予測 ・関連企 …
  • タイガンの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、タイガンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、タイガンの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。 タイガンは、結束に使われる工具の一種です。タイガンのノブに設定したテンションでケーブルタイの締め付け、または使用しない部分のケーブルタイを切断します。Technavio社はタイガンの世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.14%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Apex Tool Group (ATG)• Eastwood• Greenlee• Panduit等です。
  • Bcl-xlタンパク質阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるBcl-xlタンパク質阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・Bcl-xlタンパク質阻害剤の概要 ・Bcl-xlタンパク質阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のBcl-xlタンパク質阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・Bcl-xlタンパク質阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・Bcl-xlタンパク質阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ヘキサンの世界市場分析:グレード別(重合、抽出)、用途別(食用油抽出、工業用溶剤、接着剤配合、皮革処理)、動向分析
    本調査レポートでは、ヘキサンの世界市場について調査・分析し、ヘキサンの世界市場動向、ヘキサンの世界市場規模、市場予測、セグメント別ヘキサン市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • バイオスティミュラント(生物刺激剤)の世界市場:フミン酸、フルボ酸、海藻抽出物、微生物、微量ミネラル、ビタミン、アミノ酸
    当調査レポートでは、バイオスティミュラント(生物刺激剤)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、成分別分析、用途別分析、作物種類別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • バリア樹脂の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、バリア樹脂の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリア樹脂の世界市場規模及び予測、用途別分析、樹脂別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • バージンココナッツオイルの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、バージンココナッツオイルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バージンココナッツオイルの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • バッター液およびブレッダー用プレミックスの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、バッター液およびブレッダー用プレミックスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、用途別(肉類、シーフード、野菜)分析、バッター液のタイプ別(高接着バッター、てんぷら用バッター、ビールバッター、カスタムバッター)分析、ブレッダーのタイプ別(パン粉・フレーク、小麦粉・でんぷん)分析、バッター液およびブレッダー用プレミックスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 食品サービスの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、食品サービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、食品サービスの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • 乳房生検の世界市場:インサイト、市場機会、市場シェア、市場予測
    本調査レポートでは、世界の乳房生検市場について調査・分析し、市場インサイト、市場機会、市場シェア、市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・乳房生検の世界市場:イントロダクション ・乳房生検の世界市場:市場概観 ・乳房生検の世界市場:市場動向(促進要因、阻害要因、市場機会) ・乳房生検の世界市場:セグメント別市場分析 ・乳房生検の世界市場:主要地域別市場分析 ・乳房生検の世界市場:関連企業分析
  • チップアンテナの世界市場見通し2016-2022:低温共焼成セラミック、誘電体チップアンテナ、セラミック積層チップアンテナ
    当調査レポートでは、チップアンテナの世界市場について調査・分析し、チップアンテナの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・チップアンテナの世界市場:市場動向分析 ・チップアンテナの世界市場:競争要因分析 ・チップアンテナの世界市場:用途種類別分析/市場規模 ・チップアンテナの世界市場:需要先別分析/市場規模 ・チップアンテナの世界市場:製品別分析/市場規模 ・チップアンテナの世界市場:地域別分析/市場規模 ・チップアンテナの北米市場規模 ・チップアンテナの欧州市場規模 ・チップアンテナのアジア市場規模 ・チップアンテナの世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 石油・ガス部門におけるビッグデータの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、石油・ガス部門におけるビッグデータの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、石油・ガス部門におけるビッグデータ市場規模、製品別(ソフトウェア、サービス)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・石油・ガス部門におけるビッグデータの世界市場概要 ・石油・ガス部門におけるビッグデータの世界市場環境 ・石油・ガス部門におけるビッグデータの世界市場動向 ・石油・ガス部門におけるビッグデータの世界市場規模 ・石油・ガス部門におけるビッグデータの世界市場:業界構造分析 ・石油・ガス部門におけるビッグデータの世界市場:製品別(ソフトウェア、サービス) ・石油・ガス部門におけるビッグデータの世界市場:地域別市場規模・分析 ・石油・ガス部門におけるビッグデータのアメリカ市場規模・予測 ・石油・ガス部門におけるビッグデータのヨーロッパ市場規模・予測 ・石油・ガス部門におけるビッグデータのアジア市場規模・予測 ・石油・ガス部門におけるビ …
  • 高純度アルミナの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、高純度アルミナの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、高純度アルミナの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"