"超低電力マイクロコントローラーの世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:SE 7386)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"超低電力マイクロコントローラーの世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The overall ultra-low-power microcontroller market is expected to grow at a CAGR of 24.1% from 2019 to 2024”
The ultra-low-power microcontroller market is expected to grow from USD 4.4 billion in 2019 to USD 12.9 billion by 2024, at a CAGR of 24.1%. Major factors driving the ultra-low-power microcontroller market include growing adoption of low-power consumption devices, rising demand for low-power microcontrollers from consumer electronics industry, increasing use of building and home automation systems, and surging demand for IoT ecosystem.

“The 32-bit ultra-low-power microcontroller market is expected to hold the largest share during the forecast period”
The 32-bit ultra-low-power microcontroller segment is expected to lead the market between 2019 and 2024. The growth of these microcontrollers can be attributed to its feature of offering a balance between power consumption and high performance. This helps to meet the needs of power-constrained or low-power applications seeking battery-savvy functionality for the Internet of Things (IoT) and connected devices.

“The analog devices is expected to hold the largest share of the ultra-low-power microcontroller market during the forecast period”
The market for ultra-low-power microcontrollers with analog devices is high as low power devices are majorly used in different applications to fetch real-world signals such as temperature, pressure, acceleration, and speed, which are measured and converted into digital signals. The benefits of analog peripherals devices include high reliability, reduced noise, low latency, and decreased costs.

“The market for the automotive industry is expected to witness the highest growth from 2019 to 2024”
The growth of this segment can be attributed to the increasing demand in applications such as interior cabin motors, capacitive touch screens, and infotainment systems. The use of ultra-low-power MCUs in automotive applications also improves fuel efficiency and battery life. In automobiles, analog signals measure speed, pressure, and temperature levels through various body sensors. With the increase in body electronics and telematics in vehicles, these parameters are constantly measured to send required notifications for IoT network. This forms a base for the growing adoption of integrated analog peripheral devices for automotive applications.

“APAC is likely to witness the highest growth during the forecast period”
The region has emerged as a global focal point for large investments and business expansion opportunities. The demand for consumer electronics and automobiles is increasing in this region. With the rising population, the penetration of home appliances is growing at a faster rate. This has propelled the ultra-low-power microcontroller market growth. Also, the adoption of IoT devices is expected to increase in APAC countries such as China, South Korea, and India, which will boost the demand for ultra-low-power microcontroller-embedded low-power devices. Flourishing chip manufacturing companies in countries such as China and South Korea are contributing to the growth of the ultra-low-power microcontroller market in APAC. The region holds a major position in the global semiconductor chip manufacturing industry with China, Japan, South Korea, and Taiwan.

Break-up of the profiles of primary participants:
• By Company Type: Tier 1 – 25%, Tier 2 – 55%, and Tier 3 – 20%
• By Designation: Directors – 45%, C-level Executives – 25%, and Others – 30%
• By Region: North America – 45%, Europe – 30%, and APAC – 25%
A few ultra-low-power microcontroller ecosystem players are as follows: Texas Instrument Inc. (US), Microchip Technology Inc. (US), STMicroelectronics (Switzerland), Renesas Electronics Corporation (Japan), Cypress Semiconductor Corporation (US).

Research Coverage:
This research report segments the global ultra-low-power microcontroller market based on peripheral device, packaging type, end-use application, and region. The report discusses major drivers, restraints, challenges, and opportunities pertaining to the ultra-low-power microcontroller market and also include value chain. The study also includes an in-depth competitive analysis of the key players in the market, along with their company profiles, key observations related to product and business offerings, recent developments, and key market strategies.

Key Benefits of Buying the Report
The report will help market leaders/new entrants in this market with information on the closest approximations of the revenue numbers for the overall ultra-low-power microcontroller market and the sub-segments. This report will help stakeholders understand the competitive landscape and gain more insights to position their businesses better and to plan suitable go-to-market strategies. The report also helps stakeholders understand the pulse of the market and provides them with information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"超低電力マイクロコントローラーの世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 19)
1.1 Study Objectives
1.2 Market Definition
1.3 Study Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Geographic Scope
1.3.3 Years Considered
1.4 Currency
1.5 Package Size
1.6 Limitations
1.7 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 23)
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Breakdown of Primaries
2.1.2.2 Key Data From Primary Sources
2.1.3 Secondary and Primary Research
2.1.3.1 Key Industry Insights
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.1.1 Approach for Capturing Market Size By Bottom-Up Analysis
2.2.2 Top-Down Approach
2.2.2.1 Approach for Capturing Market Size By Top-Down Analysis
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Research Assumptions
3 Executive Summary (Page No. – 31)
4 Premium Insights (Page No. – 36)
4.1 Attractive Growth Opportunities in Ultra-Low-Power Microcontroller Market
4.2 Market, By Packaging Type
4.3 Market, By End-Use Application
4.4 Market in APAC, By End-Use Application and Country
4.5 Market, By Geography
5 Market Overview (Page No. – 40)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Growing Adoption of Low-Power Consumption Devices
5.2.1.2 Rising Demand for Low-Power Microcontrollers From Consumer Electronics Industry
5.2.1.3 Increasing Use of Building and Home Automation Systems
5.2.1.4 Surging Demand for IoT Ecosystem
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Design Complexities in High-Speed and Power-Critical Applications
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Growing Need for Ultra-Low-Power Microcontrollers in Automotive Industry
5.2.3.2 Increasing Number of Government Initiatives and Funding Activities for IoT Projects
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Lower Penetration of Ultra-Low-Power Microcontrollers Than That of High- and Low-Power Microcontrollers
5.3 Value Chain Analysis
5.4 Implementation of Ultra-Low-Power Microcontrollers in Different Applications
6 Ultra-Low-Power Microcontroller Market, By Peripheral Device (Page No. – 49)
6.1 Introduction
6.2 Analog Devices
6.2.1 Analog Devices to Dominate Market During 2019–2024
6.3 Digital Devices
6.3.1 Ultra-Low Power Microcontrollers are in Demand for Digital Application Segments Including Smartphones, Home Audio Equipment, Home Appliances, Gaming Consoles, Digital Cameras, Etc.
7 Ultra-Low-Power Microcontroller Market, By Packaging Type (Page No. – 58)
7.1 Introduction
7.2 8-Bit Packaging
7.2.1 Consumer Electronics is Major Vertical Capturing Largest Share of 8-Bit Ultra-Low-Power Microcontroller Market
7.3 16-Bit Packaging
7.3.1 Higher Precision Than That of 8-Bit Microcontrollers Accelerates Demand for 16-Bit Ultra-Low-Power Microcontrollers
7.4 32-Bit Packaging
7.4.1 32-Bit Ultra-Low-Power Microcontroller Market to Grow at Highest CAGR During Forecast Period
8 Ultra-Low-Power Microcontroller Market, By End-Use Application (Page No. – 73)
8.1 Introduction
8.2 Consumer Electronics
8.2.1 High Demand for Low-Power Consumption Electronic Devices Propels Market Growth for Consumer Electronics Application
8.3 Manufacturing
8.3.1 Industrial IoT Plays Key Role in Driving Market for Ultra-Low-Power Microcontrollers
8.4 Automotive
8.4.1 Rise in Requirement for Body Electronics and In-Vehicle Connectivity in Automobiles is Boosting Demand for Ultra-Low-Power Microcontrollers
8.5 Healthcare
8.5.1 High Demand for Portable Equipment in Healthcare Applications Would Increase Demand for Ultra-Low-Power Microcontrollers
8.6 Telecommunications
8.6.1 Rise in Demand for Communication Devices to Boost Market Growth
8.7 Aerospace & Defense
8.7.1 Use of Sensors and Monitoring Systems in Aerospace and Defense to Accelerate Demand for Ultra-Low-Power Microcontrollers
8.8 Media and Entertainment
8.8.1 Advent of New Technologies in Media and Entertainment Would Propel Market Growth
8.9 Servers and Data Centers
8.9.1 High Adoption of Asset Tracking Solutions in Data Centers Would Surge Demand for Ultra-Low-Power Microcontrollers
8.10 Others
8.10.1 Rise in Implementation of Low-Power Connected Devices to Fuel Ultra-Low-Power Microcontroller Growth in Coming Years
9 Geographic Analysis (Page No. – 114)
9.1 Introduction
9.2 North America
9.2.1 US
9.2.1.1 Consumer Electronics and Home Automation Applications Boost Ultra-Low-Power Mcu Market Growth in US
9.2.2 Canada
9.2.2.1 Canadian Market Growth is Propelled By Consumer Electronics and Industrial Automation
9.2.3 Mexico
9.2.3.1 High Government Investment in Automotive and Electronics Industries to Drive Ultra-Low-Power Mcu Market Growth
9.3 Europe
9.3.1 UK
9.3.1.1 Growing Use of Ultra-Low-Power Mcus in Medical Devices to Boost Market Growth in UK
9.3.2 Germany
9.3.2.1 Flourishing Automotive Industry in Germany to Fuel Demand for Ultra-Low-Power Microcontrollers
9.3.3 France
9.3.3.1 Growing Adoption of Smart Factory Solutions in France to Boost Ultra-Low-Power Mcu Market Growth
9.3.4 Italy
9.3.4.1 Surging Demand for Automotive and Healthcare Applications Expected to Boost Demand for Ultra-Low-Power Microcontrollers in Country
9.3.5 Rest of Europe
9.3.5.1 Spain, Netherlands, and Belgium are Key Countries Fueling Growth of Market in Rest of Europe
9.4 Asia Pacific (APAC)
9.4.1 Japan
9.4.1.1 Consumer Electronics and Automotive are Leading Applications Contributing to Growth of Market in Japan
9.4.2 China
9.4.2.1 Automotive and Consumer Electronics Applications Contributing to Increasing Demand for Ultra-Low-Power Microcontrollers in China
9.4.3 South Korea
9.4.3.1 Market Growth in South Korea is Driven By Its Growing Adoption in Consumer Electronics
9.4.4 India
9.4.4.1 Automotive, Servers and Data Centers, and Consumer Electronics Applications Contribute Significantly to Indian Market Growth
9.4.5 Australia
9.4.5.1 High Adoption of IoT in Australia Augmenting Growth of Market
9.4.6 Rest of APAC
9.4.6.1 Increased Use of Consumer Electronics By Growing Population Propels Ultra-Low-Power Microcontroller Growth in Rest of APAC
9.5 Rest of the World
9.5.1 South America Likely to Continue to Account for Largest Size of Market in RoW in Coming Years
10 Competitive Landscape (Page No. – 139)
10.1 Overview
10.2 Key Players in Market
10.3 Competitive Leadership Mapping
10.3.1 Visionary Leaders
10.3.2 Dynamic Differentiators
10.3.3 Innovators
10.3.4 Emerging Companies
10.4 Competitive Benchmarking
10.4.1 Strength of Product Portfolio (25 Companies)
10.4.2 Business Strategy Excellence (For 25 Companies)
10.5 Competitive Scenario
10.5.1 Product Launches and Developments
10.5.2 Partnerships, Collaborations, and Agreements
10.5.3 Acquisitions and Expansions
11 Company Profiles (Page No. – 150)
(Business Overview, Products and Solutions, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View)*
11.1 Introduction
11.2 Key Players
11.2.1 Texas Instruments
11.2.2 Microchip Technology
11.2.3 Stmicroelectronics
11.2.4 Renesas
11.2.5 Cypress Semiconductor
11.2.6 NXP Semiconductors
11.2.7 Silicon Labs
11.2.8 Maxim Integrated
11.2.9 Analog Devices
11.2.10 On Semiconductor
11.3 Other Companies
11.3.1 Intel
11.3.2 ROHM Semiconductor
11.3.3 Toshiba
11.3.4 Epson
11.3.5 Nuvoton Technology Corporation
11.3.6 Ambiq Micro
11.3.7 Elan Microelectronics
11.3.8 Zilog (A Littelfuse Company)
11.3.9 XMOS
11.3.10 Marvell
*Details on Business Overview, Products and Solutions Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
12 Appendix (Page No. – 184)
12.1 Insights of Industry Experts
12.2 Discussion Guide
12.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
12.4 Available Customizations
12.5 Related Reports
12.6 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】超低電力マイクロコントローラーの世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年10月15日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】SE 7386
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】半導体及び電子
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
超低電力マイクロコントローラーの世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • オーストラリアの関節鏡検査処置動向(~2021)
  • バイオベースポリエチレンテレフタラート(PET)の世界市場:インサイト、市場機会、市場シェア、市場予測
    本調査レポートでは、世界のバイオベースポリエチレンテレフタラート(PET)市場について調査・分析し、市場インサイト、市場機会、市場シェア、市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・バイオベースポリエチレンテレフタラート(PET)の世界市場:イントロダクション ・バイオベースポリエチレンテレフタラート(PET)の世界市場:市場概観 ・バイオベースポリエチレンテレフタラート(PET)の世界市場:市場動向(促進要因、阻害要因、市場機会) ・バイオベースポリエチレンテレフタラート(PET)の世界市場:セグメント別市場分析 ・バイオベースポリエチレンテレフタラート(PET)の世界市場:主要地域別市場分析 ・バイオベースポリエチレンテレフタラート(PET)の世界市場:関連企業分析
  • 整形外科用軟組織修復装置の世界市場2017-2021:細胞治療、組織スキャフォールド、固定装置
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、整形外科用軟組織修復装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、整形外科用軟組織修復装置の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は整形外科用軟組織修復装置の世界市場が2017-2021年期間中に年平均10.32%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はArthrex、Stryker、Zimmer Biomet等です。
  • ヨーロッパ主要国の遺伝子検査市場動向(~2021)
  • 世界のSVC SVG市場2015
    本調査レポートでは、世界のSVC SVG市場2015について調査・分析し、SVC SVGの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • シクロペンタンの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、シクロペンタンの世界市場について調査・分析し、シクロペンタンの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別シクロペンタンシェア、市場規模推移、市場規模予測、シクロペンタン種類別分析(含有率 98%)、シクロペンタン用途別分析(冷蔵庫、ヒーター、化学溶剤、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・シクロペンタンの市場概観 ・シクロペンタンのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・シクロペンタンのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・シクロペンタンの世界市場規模 ・シクロペンタンの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・シクロペンタンのアメリカ市場規模推移 ・シクロペンタンのカナダ市場規模推移 ・シクロペンタンのメキシコ市場規模推移 ・シクロペンタンのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・シクロペンタンのドイツ市場規模推移 ・シクロペンタンのイギリス市場規模推移 ・シクロペンタンのロシア市場規模推移 ・シクロペンタンのアジア市場分 …
  • バージョン管理システムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、バージョン管理システムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、バージョン管理システム市場規模、導入形態別(オンプレミス、クラウドベース)分析、エンドユーザー別(大企業、中小企業)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Amazon.com, CA Technologies, Hewlett Packard Enterprise, IBM, Microsoftなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・バージョン管理システムの世界市場概要 ・バージョン管理システムの世界市場環境 ・バージョン管理システムの世界市場動向 ・バージョン管理システムの世界市場規模 ・バージョン管理システムの世界市場:業界構造分析 ・バージョン管理システムの世界市場:導入形態別(オンプレミス、クラウドベース) ・バージョン管理システムの世界市場:エンドユーザー別(大企業、中小企業) ・バージョン管理システムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・バージョン管理 …
  • デジタル署名の世界市場
    当調査レポートでは、デジタル署名の世界市場について調査・分析し、デジタル署名の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - デジタル署名の世界市場:市場動向分析 - デジタル署名の世界市場:競争要因分析 - デジタル署名の世界市場:展開別 ・クラウドベース ・オンプレミス ・ウェブベース - デジタル署名の世界市場:構成要素別 ・サービス ・ソリューション - デジタル署名の世界市場:用途別 ・銀行取引、金融サービス、保険 ・教育および研究 ・政府および防衛 ・ヘルスケアおよび生命科学 ・人的資源 ・法的なもの ・製造およびエンジニアリング ・不動産 ・その他 - デジタル署名の世界市場:エンドユーザー別 ・大企業 ・中小企業(SME) - デジタル署名の世界市場:種類別 ・クラス1 ・クラス2 ・クラス3 - デジタル署名の世界市場:主要地域別分析 - デジタル署名の北米市場規模(アメリカ市場等) - デジタル署名のヨーロッパ市場規模 - デジタル署名のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・デ …
  • 日本の遺伝子検査市場動向(~2021)
  • デジタル貸出プラットフォームの世界市場:コンポーネント別、種類別、展開モデル別、エンドユーザー別
    当調査レポートでは、デジタル貸出プラットフォームの世界市場について調査・分析し、市場概要、コンポーネント別(ソフトウェア、サービス)分析、種類別(ローン組成、意思決定自動化、コレクション&回収、リスク&コンプライアンスの管理、その他)分析、展開モデル別(オンプレミス&クラウド)分析、エンドユーザー別(銀行、保険会社、信用組合、貯蓄貸付組合、ピアツーピア貸付、その他)分析、地域別分析、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・デジタル貸出プラットフォームの世界市場:コンポーネント別(ソフトウェア、サービス) ・デジタル貸出プラットフォームの世界市場:種類別(ローン組成、意思決定自動化、コレクション&回収、リスク&コンプライアンスの管理、その他) ・デジタル貸出プラットフォームの世界市場:展開モデル別(オンプレミス&クラウド) ・デジタル貸出プラットフォームの世界市場:エンドユーザー別(銀行、保険会社、信用組合、貯蓄貸付組合、ピアツーピア貸付、その他) ・デジタル貸出プラットフォームの世界市場:地域別 ・企業動向
  • ポルトガルのオーソバイオロジクス市場見通し
  • 熱源供給システム(CHP)の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、熱源供給システム(CHP)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、熱源供給システム(CHP)市場規模、燃料別(石炭、天然ガス、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・熱源供給システム(CHP)の世界市場概要 ・熱源供給システム(CHP)の世界市場環境 ・熱源供給システム(CHP)の世界市場動向 ・熱源供給システム(CHP)の世界市場規模 ・熱源供給システム(CHP)の世界市場:業界構造分析 ・熱源供給システム(CHP)の世界市場:燃料別(石炭、天然ガス、その他) ・熱源供給システム(CHP)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・熱源供給システム(CHP)の北米市場規模・予測 ・熱源供給システム(CHP)のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・熱源供給システム(CHP)のアジア太平洋市場規模・予測 ・熱源供給システム(CHP)の主要国分析 ・熱源供給システム(CHP)の世界市場:成長要因、課題 ・熱源供給 …
  • ビルエネルギー管理サービスのインド市場2016-2020
    当調査レポートでは、ビルエネルギー管理サービスのインド市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ビルエネルギー管理サービスのインド市場規模及び予測、サービス別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • ポルトガルの心臓律動管理装置市場見通し
  • バイオ燃料添加剤の世界市場2015-2022
    当調査レポートでは、バイオ燃料添加剤の世界市場について調査・分析し、バイオ燃料添加剤の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・バイオ燃料添加剤の世界市場:市場動向分析 ・バイオ燃料添加剤の世界市場:競争要因分析 ・バイオ燃料添加剤の世界市場:製品別分析/市場規模 ・バイオ燃料添加剤の世界市場:用途別分析/市場規模 ・バイオ燃料添加剤の世界市場:バイオ燃料別分析/市場規模 ・バイオ燃料添加剤の世界市場:地域別分析/市場規模 ・バイオ燃料添加剤の北米市場規模・分析 ・バイオ燃料添加剤の欧州市場・分析 ・バイオ燃料添加剤のアジア市場・分析 ・バイオ燃料添加剤の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 暗号化ソフトウェアの世界市場:導入形態別(オンプレミス、クラウド)、用途別(ディスク、クラウド、ネットワークトラフィック暗号化)、最終用途別、セグメント予測
    本調査レポートでは、暗号化ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、暗号化ソフトウェアの世界市場動向、暗号化ソフトウェアの世界市場規模、市場予測、セグメント別暗号化ソフトウェア市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 細胞培養表面のタンパク質コーティングの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
  • タンザニアの発電市場2016
  • ファンアウト型ウェハレベルパッケージング(FOWLP)の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、ファンアウト型ウェハレベルパッケージング(FOWLP)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ファンアウト型ウェハレベルパッケージング(FOWLP)市場規模、技術別(高密度FOWLP、標準密度FOWLP)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ファンアウト型ウェハレベルパッケージング(FOWLP)の世界市場概要 ・ファンアウト型ウェハレベルパッケージング(FOWLP)の世界市場環境 ・ファンアウト型ウェハレベルパッケージング(FOWLP)の世界市場動向 ・ファンアウト型ウェハレベルパッケージング(FOWLP)の世界市場規模 ・ファンアウト型ウェハレベルパッケージング(FOWLP)の世界市場:業界構造分析 ・ファンアウト型ウェハレベルパッケージング(FOWLP)の世界市場:技術別(高密度FOWLP、標準密度FOWLP) ・ファンアウト型ウェハレベルパッケージング(FOWLP)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ファン …
  • 石油・ガス産業用分散制御システム(DCS)の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、石油・ガス産業用分散制御システム(DCS)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、石油・ガス産業用分散制御システム(DCS)市場規模、製品別(ソフトウェア、ハードウェア、サービス)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・石油・ガス産業用分散制御システム(DCS)の世界市場概要 ・石油・ガス産業用分散制御システム(DCS)の世界市場環境 ・石油・ガス産業用分散制御システム(DCS)の世界市場動向 ・石油・ガス産業用分散制御システム(DCS)の世界市場規模 ・石油・ガス産業用分散制御システム(DCS)の世界市場:業界構造分析 ・石油・ガス産業用分散制御システム(DCS)の世界市場:製品別(ソフトウェア、ハードウェア、サービス) ・石油・ガス産業用分散制御システム(DCS)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・石油・ガス産業用分散制御システム(DCS)の北米市場規模・予測 ・石油・ガス産業用分散制御システム(DCS)のヨー …
  • SAS及びSSDの世界市場
    当調査レポートでは、SAS及びSSDの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、SAS及びSSDの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 自動マテリアルハンドリング(AMH)装置の世界市場予測(~2024年):ロボット、ASRS、コンベヤ・仕分け装置、クレーン、AGV
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、自動マテリアルハンドリング(AMH)装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、製品(ロボット、ASRS、コンベヤ・仕分け装置、クレーン、AGV)分析、システムタイプ(ユニットロード、ばら荷)分析、ソフトウェア・サービス分析、機能分析、自動マテリアルハンドリング(AMH)装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • イギリスの心臓人工弁市場(~2021)
  • 太陽熱温水器の世界市場:コレクター別(真空管、平板、ガラス張りでない水コレクター)、システム別(熱サイフォン、ポンプ式)、用途別(プール用温水装置、生活用水向け温水装置、大規模生活用水向け温水装置、その他)、地域別予測
    本資料は、太陽熱温水器の世界市場について調べ、太陽熱温水器の世界規模、市場動向、市場環境、コレクター別(真空管、平板、ガラス張りでない水コレクター)分析、システム別(熱サイフォン、ポンプ式)分析、用途別(プール用温水装置、生活用水向け温水装置、大規模生活用水向け温水装置、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・太陽熱温水器の世界市場概要 ・太陽熱温水器の世界市場環境 ・太陽熱温水器の世界市場動向 ・太陽熱温水器の世界市場規模 ・太陽熱温水器の世界市場規模:コレクター別(真空管、平板、ガラス張りでない水コレクター) ・太陽熱温水器の世界市場規模:システム別(熱サイフォン、ポンプ式) ・太陽熱温水器の世界市場規模:用途別(プール用温水装置、生活用水向け温水装置、大規模生活用水向け温水装置、その他) ・太陽熱温水器の世界市場:地域別市場規模・分析 ・太陽熱温水器の北米市場規模・予測 ・太陽熱温水器のアメリカ市場規模・予測 ・太陽熱温水器のヨー …
  • インドのアルコール飲料市場(~2020)
  • 心臓血管トレーニング器具の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、心臓血管トレーニング器具の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、心臓血管トレーニング器具の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • スマートガラスの世界市場予測(~2023年):浮遊粒子ディスプレイ、エレクトロクロミック、液晶、フォトクロミック、熱変色性
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、スマートガラスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、技術別分析、用途別分析、地域別分析、スマートガラスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • マイクロカプセル化の世界市場:コーティング材料別、用途別(医薬品、ホームケア・パーソナルケア、食品・飲料、テキスタイル、農薬)、セグメント予測
    マイクロカプセル化の世界市場は2025年には193億4000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率13.6%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、マイクロカプセル化されたフレーバー、フレグランス、プロバイオティクス細菌、および食品・飲料産業における固定化細胞または酵素の需要の高まりが考えられます。本調査レポートでは、マイクロカプセル化の世界市場について調査・分析し、マイクロカプセル化の世界市場動向、マイクロカプセル化の世界市場規模、市場予測、セグメント別マイクロカプセル化市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ネットワークオートメーションの世界市場予測(~2022年):SD-WAN、ネットワークオートメーションツール、インターネットベースネットワーク
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ネットワークオートメーションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、ソリューション別分析、ネットワークインフラ別分析、サービス別分析、産業別分析、ネットワークオートメーションの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • シリコーンの世界市場
    当調査レポートでは、シリコーンの世界市場について調査・分析し、シリコーンの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・シリコーンの世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・シリコーンの世界市場:セグメント別市場分析 ・シリコーンの世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 産業用緊急停止システムの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、産業用緊急停止システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用緊急停止システムの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の自動車用コントロールアーム市場2015
    本調査レポートでは、世界の自動車用コントロールアーム市場2015について調査・分析し、自動車用コントロールアームの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のサブソイラ市場2015
    本調査レポートでは、世界のサブソイラ市場2015について調査・分析し、サブソイラの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • タイの小売市場2016-2020
    当調査レポートでは、タイの小売市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、タイの小売市場規模及び予測、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のプリンテッドエレクトロニクス市場:プリント技術別(スクリーン、インクジェット、グラビア、フレキソ印刷)、用途別(ディスプレイ、センサー、バッテリー、RFID、照明)、材料別(インク、基材)、エンドユーズ別、地域別
    MarketsandMarkets社は、プリンテッドエレクトロニクスの世界市場規模が2019年98億ドルから2024年198億ドルまで年平均15.1%成長すると予測しています。当資料では、世界のプリンテッドエレクトロニクス市場を統合的に調査・分析し、市場概要、プリント技術別(インクジェット印刷、スクリーン印刷、フレキソ印刷、グラビア印刷、その他)分析、用途別(ディスプレイ、RFIDタグ、バッテリー、太陽光発電セル、センサー、照明)分析、エンドユーズ産業別(自動車および輸送、ヘルスケア、家電、航空宇宙および防衛、建設および建築、小売および包装、その他)分析、材料別(基材、インク)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などで構成されております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界のプリンテッドエレクトロニクス市場:プリント技術別(インクジェット印刷、スクリーン印刷、フレキソ印刷、グラビア印刷、その他) ・世界のプリンテッドエレクトロニクス市場:用途別(ディスプレイ、RFIDタグ、バッテリー、太陽光発電セル、センサー、照明) …
  • APT攻撃対策の北米市場
  • 世界のスマート鉄道システム市場:製品別、地域別
    本調査レポートはスマート鉄道システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、製品別(ソリューション、構成部品、サービス)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・スマート鉄道システムの世界市場:製品別(ソリューション、構成部品、サービス) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 世界のラットモデル市場2015
    本調査レポートでは、世界のラットモデル市場2015について調査・分析し、ラットモデルの世界市場概要、市場規模、市場動向、世界及び中国市場分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • レジカウンターの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、レジカウンターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、レジカウンターの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • グルテンフリー食品の世界市場予測(~2023年):ベーカリー製品、スナック・RTE製品、ピザ・パスタ、調味料・ドレッシング
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、グルテンフリー食品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類(ベーカリー製品、スナック・RTE製品、ピザ・パスタ、調味料・ドレッシング)分析、販売チャネル(従来型店舗、専門店、ドラッグストア・薬局)分析、グルテンフリー食品の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • クラウドベースコンタクトセンターの世界市場見通し2016-2022:データ統合&記録、チャット品質&モニタリング、コールルーティング&キューイング、実時間決定、要員最適化
    当調査レポートでは、クラウドベースコンタクトセンターの世界市場について調査・分析し、クラウドベースコンタクトセンターの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・クラウドベースコンタクトセンターの世界市場:市場動向分析 ・クラウドベースコンタクトセンターの世界市場:競争要因分析 ・クラウドベースコンタクトセンターの世界市場:ソリューション別分析/市場規模 ・クラウドベースコンタクトセンターの世界市場:サービス別分析/市場規模 ・クラウドベースコンタクトセンターの世界市場:用途別分析/市場規模 ・クラウドベースコンタクトセンターの世界市場:導入別分析/市場規模 ・クラウドベースコンタクトセンターの世界市場:組織別分析/市場規模 ・クラウドベースコンタクトセンターの世界市場:需要先別分析/市場規模 ・クラウドベースコンタクトセンターの世界市場:地域別分析/市場規模 ・クラウドベースコンタクトセンターの北米市場規模 ・クラウドベースコンタクトセンターの欧州市場規模 ・クラウドベースコンタクトセンターのアジア市場規模 ・ク …
  • 世界の溶解パルプ市場2016
    本調査レポートでは、世界の溶解パルプ市場2016について調査・分析し、溶解パルプの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 白内障(Cataract):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、白内障(Cataract)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・白内障(Cataract):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・白内障(Cataract)のフェーズ3治験薬の状況 ・白内障(Cataract)治療薬の市場規模(販売予測) ・白内障(Cataract)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・白内障(Cataract)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の白内障(Cataract)治療薬剤
  • 4G機器の世界市場:コンポーネント別、技術別
    当調査レポートでは、4G機器の世界市場について調査・分析し、市場概要、コンポーネント別(インフラ機器および試験機器)分析、技術別(LTEおよびWi-Max)分析、地域別分析など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・4G機器の世界市場:コンポーネント別(インフラ機器および試験機器) ・4G機器の世界市場:技術別(LTEおよびWi-Max) ・4G機器の世界市場:地域別
  • 動物診断の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、動物診断の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、動物診断の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は動物診断の世界市場が2017-2021年期間中に年平均9.11%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Abaxis • Heska • IDEXX Laboratories• Thermo Fisher Scientific• Zoetis等です。
  • 内視鏡検査機器の世界市場動向・予測(~2021):内視鏡(フレキシブル内視鏡、硬性内視鏡、カプセル内視鏡)、可視化装置、その他装置、付属品
    当調査レポートでは、内視鏡検査機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、内視鏡検査機器の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車ヒーターシートの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、自動車ヒーターシートの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車ヒーターシートの世界市場規模及び予測、車両種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • エンタープライズアジャイルトランスフォーメーションサービスの世界市場:方法別(スクラム、スクラム/ XP、スクラムバン、かんばん、カスタムハイブリッド、その他)、サービスタイプ別(開発サービス、コンサルティングサービス、その他)、組織規模別(大企業、中小企業)、業種別(BFSI、IT &テレコム、小売、メディア&エンターテイメント、政府&公共部門)
    本市場調査レポートではエンタープライズアジャイルトランスフォーメーションサービスについて、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、方法別(スクラム、スクラム/ XP、スクラムバン、かんばん、カスタムハイブリッド、その他)分析、サービスタイプ別(開発サービス、コンサルティングサービス、その他)分析、組織規模別(大企業、中小企業)分析、業種別(BFSI、IT &テレコム、小売、メディア&エンターテイメント、政府&公共部門)分析、地域別分析、企業概要に区分して収録しています。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・エンタープライズアジャイルトランスフォーメーションサービスの世界市場:方法別(スクラム、スクラム/ XP、スクラムバン、かんばん、カスタムハイブリッド、その他) ・エンタープライズアジャイルトランスフォーメーションサービスの世界市場:サービスタイプ別(開発サービス、コンサルティングサービス、その他) ・エンタープライズアジャイルトランスフォーメーションサービスの世界市場:組織規模別(大企業、中小企業) ・エンタープライズアジャイルトランスフォー …
  • 世界の統合ブリッジシステム市場:エンドユーザー別(OEM、アフターマーケット)、船種類別(商業:ばら積み貨物船、浚渫船、防衛:フリゲート、コルベット、OPV)、サブシステム別(INS、VDR、AWOS、AIS)、コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア)、地域別
    MarketsandMarkets社は、統合ブリッジシステムの世界市場規模が2019年70億ドルから2025年88億ドルまで年平均3.9%成長すると予測しています。当資料では、世界の統合ブリッジシステム市場を統合的に調査・分析し、市場概要、エンドユーザー別(OEM、アフターマーケット)分析、船種類別(商用、防衛)分析、サブシステム別(統合ナビゲーションシステム、自動気象観測システム、航海データレコーダー(VDR)、自動識別システム(AIS))分析、コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などで構成されております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・業界トレンド ・世界の統合ブリッジシステム市場:エンドユーザー別(OEM、アフターマーケット) ・世界の統合ブリッジシステム市場:船種類別(商用、防衛) ・世界の統合ブリッジシステム市場:サブシステム別(統合ナビゲーションシステム、自動気象観測システム、航海データレコーダー(VDR)、自動識別システム(AIS)) ・世界の統合ブリッジシス …
  • デイリーフリー(乳製品不使用)製品の世界市場:種類別(従来タイプ、オーガニック)、製品別(飲料、ヨーグルト、アイスクリーム・デザート、ベーカリー製品、チーズ・バタースプレッド、その他)、販売チャネル別(モダントレード、コンビニエンスストア、専門店、その他)、地域別予測
    本資料は、デイリーフリー(乳製品不使用)製品の世界市場について調べ、デイリーフリー(乳製品不使用)製品の世界規模、市場動向、市場環境、種類別(従来タイプ、オーガニック)分析、製品別(飲料、ヨーグルト、アイスクリーム・デザート、ベーカリー製品、チーズ・バタースプレッド、その他)分析、販売チャネル別(モダントレード、コンビニエンスストア、専門店、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはGroupe Danone 、The Hein Celestial Group、The Whitewave Foods Company、Good Karma Foods、GraceKennedy Group、Blue Diamond Growers Inc.、SunOpta Inc.、Oatly A.B.、Vitasoy International Holdings Limitedなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・デイリーフリー(乳製品不使用)製品の世界市場概 …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"