"自動運転車用HDマップの世界市場予測(~2030年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AT 7391)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"自動運転車用HDマップの世界市場予測(~2030年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“Increasing consumer demand for safe autonomous vehicles and the growing trend for autonomous driving are expected to fuel the demand for HD maps for the autonomous vehicle market.”The HD map for autonomous vehicle market is estimated to be USD 1.3 billion in 2020 and is projected to reach USD 20.4 billion by 2030, at a CAGR of 36.2% during the forecast period. Increase in investments by the OEMs and tier-1 suppliers into HD mapping companies and improved road regulation concerning the autonomous driving laws has also triggered the growth of this market.

“Semi-autonomous (level 2&3) is the largest segment of the HD map for autonomous vehicle market, by automation level type”
Semi-autonomous is the most attractive segment in the HD map for autonomous vehicle market by automation level. This is attributed to the fact that the public is concerned with the safety of the autonomous driving vehicle and the regulation related to autonomous driving is stringent. The other key factor that drives this segment is the HD map product offered by many of the top companies, which include NVIDIA, TomTom, and NavInfo are focused mostly on semi-autonomous driving vehicles.

“Passenger vehicle is expected to be the largest vehicle type segment in the HD map for autonomous vehicle market”
The passenger vehicle segment holds most of the market share in this segment. This is to the fact that the specification required for commercial vehicle is complex when compared with passenger vehicles. Also, the rules concerned with autonomous commercial vehicles are very stringent because if it is not commercialized, which is expected to be done in 2023. With the commercialization of the commercial vehicle segment, it is expected to have a tight competition with the passenger vehicle in the HD map for autonomous vehicle market during the forecast period.

“Asia-Oceania is expected to be the fastest-growing HD map for autonomous vehicle market”
Currently, the North American region holds the largest share in the HD map for the autonomous vehicle market. This is primarily because of large customer base, and high disposable income of end-users especially in the US have fueled the demand for high-end safety vehicles, which in turn has resulted in increasing innovations and partnership by international automotive OEMs which has helped in the growth of HD map in this region.

The presence of top players in the HD map market, which include NVIDIA and Waymo has also had their share in increasing the market share. The Asia-Oceania region is expected to dominate the HD map market over the forecast period which is due to the growing economy, favorable financial environment, high disposable income, and increasing vehicle production are factors fostering the growth of the passenger car segment in these regions.

The study contains insights provided by various industry experts, ranging from equipment suppliers to Tier-1 companies and OEMs. The break-up of the primaries is as follows:

• By Company Type: Tier-1 – 52%, Tier-2 – 15%, OEM – 33%
• By Designation: C level – 40%, D level – 30%, Others – 30%
• By Region: North America – 35%, Europe – 28%, Asia Oceania – 25%, RoW – 12%

The report provides detailed profiles of the following companies:
 NVIDIA(US)
 TomTom (Netherlands)
 DeepMap, Inc. (US)
 HERE Technologies (Netherlands)
 NavInfo (China)
 Civil Maps (US)
 MapmyIndia (India)
 Sanborn Map Company (US)
 Momenta (China)
 Navmii (UK)

Research Coverage
The HD map for autonomous vehicle market has been segmented by solution (cloud-based service and embedded system), automation level (semi-autonomous (level 2&3) and autonomous (level 4&5)), usage (passenger mobility and commercial mobility), vehicle type (passenger vehicle and commercial vehicle), services (localization, mapping and update & maintenances), and region (North America, Asia-Oceania, Europe and Rest of the World). The market has been projected in terms of value (USD million).

Key Benefits of Buying the Report:
The report will help the market leaders/new entrants in this market with the information on the closest approximations of the revenue numbers for the HD maps for autonomous vehicles market and the sub-segments. This report will help stakeholders understand the competitive landscape and gain more insights to better position their businesses and plan suitable go-to-market strategies. The report also helps stakeholders understand the pulse of the market and provides them with information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"自動運転車用HDマップの世界市場予測(~2030年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 18)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.2.1 Segmental Definitions, Inclusions, and Exclusions
1.3 Market Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered in the Study
1.4 Currency & Pricing
1.5 Package Size
1.6 Limitations
1.7 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 24)
2.1 Research Data
2.2 Secondary Data
2.2.1 Key Secondary Sources for Base Numbers (HD Map for Autonomous Vehicle)
2.2.2 Key Secondary Sources for Market Sizing
2.2.3 Key Data From Secondary Sources
2.3 Primary Data
2.3.1 Sampling Techniques & Data Collection Methods
2.3.2 Primary Participants
2.4 Market Size Estimation
2.4.1 Data Triangulation Approach
2.4.2 Top-Down Approach
2.5 Market Breakdown
2.6 Assumptions
2.7 Risk Assessment & Ranges
3 Executive Summary (Page No. – 33)
4 Premium Insights (Page No. – 39)
4.1 Attractive Opportunities in the HD Map for Autonomous Vehicle Market
4.2 HD Map for Autonomous Vehicle Market, By Region
4.3 North American HD Map for Autonomous Vehicle Market, Level of Automation & Vehicle Type
4.4 HD Map for Autonomous Vehicle Market, By Solution Type
4.5 HD Map for Autonomous Vehicle Market, By Service Type
5 Market Overview (Page No. – 42)
5.1 Introduction
5.2 Autonomous Vehicle Market Trend
5.3 Market Dynamics
5.3.1 Drivers
5.3.1.1 Growing Trend of Autonomous Driving
5.3.1.2 Increasing Investment By Start-UPS in Development of HD Maps
5.3.2 Restraints
5.3.2.1 Limited Standardization in HD Maps
5.3.2.2 Less Reliability in Untested Environment
5.3.3 Opportunities
5.3.3.1 Autonomous Car Renting Services
5.3.3.2 Advancement in 5G Technology
5.3.3.3 Increasing Demand for Real-Time Data
5.3.4 Challenges
5.3.4.1 Legal & Privacy Issues Regarding HD Maps
5.3.4.2 High Cost of Technology
6 Industry Trends (Page No. – 49)
6.1 Porter’s 5 Force
6.1.1 Value Chain Analysis
6.2 Technology Overview
6.2.1 HD Maps Portfolio for All Automation Levels
6.2.2 HD Map Layers
6.2.3 Components Used to Build HD Maps
6.2.3.1 Hardware
6.2.3.1.1 Lidar
6.2.3.1.2 Camera
6.2.3.1.3 Radar
6.2.3.1.4 Inertial Measurement Unit (IMU)
6.2.3.1.5 Global Positioning System (GPS)
6.2.3.2 Software
6.2.4 Advancement in Slam Algorithm
6.2.5 Self-Healing Maps
6.2.6 Mapping Standards
6.2.6.1 Sensoris
6.2.6.2 Adasis
6.2.6.3 Navigation Data Standard
6.2.6.4 Vector Tile 3
6.2.6.5 Open Autodrive Forum
7 HD Map for Autonomous Vehicle Market, By Level of Automation (Page No. – 58)
7.1 Introduction
7.2 Research Methodology
7.3 Semi-Autonomous Driving Vehicles
7.4 Autonomous Driving Vehicles
7.5 Key Industry Insights
8 HD Maps Market, By Service Type (Page No. – 66)
8.1 Introduction
8.2 Research Methodology
8.3 Mapping
8.4 Localization
8.5 Updates & Maintenance
8.6 Advertisement
8.7 Key Industry Insights
9 HD Map for Autonomous Vehicle Market, By Solution Type (Page No. – 75)
9.1 Introduction
9.2 Research Methdology
9.3 Cloud Based
9.4 Embedded
9.5 Key Industry Insights
10 HD Map for Autonomous Vehicle, By Usage Type (Page No. – 80)
10.1 Introduction
10.2 Research Methodology
10.3 Personal Mobility
10.4 Commercial Mobility
10.5 Key Industry Insights
11 HD Map for Autonomous Vehicle Market, By Vehicle Type (Page No. – 85)
11.1 Introduction
11.2 Research Methodology
11.3 Passenger Vehicles
11.4 Commercial Vehicles
11.5 Key Industry Insights
12 HD Map for Autonomous Vehicle Market, By Region (Page No. – 92)
12.1 Introduction
12.2 North America
12.2.1 US
12.2.2 Mexico
12.2.3 Canada
12.3 Asia Oceania
12.3.1 China
12.3.2 Japan
12.3.3 India
12.3.4 South Korea
12.4 Europe
12.4.1 Germany
12.4.2 Spain
12.4.3 Italy
12.4.4 France
12.4.5 UK
12.5 RoW
12.5.1 Brazil
12.5.2 South Africa
12.5.3 Israel
13 Competitive Landscape (Page No. – 118)
13.1 Overview
13.2 Market Ranking Analysis
13.3 Competitive Scenario
13.3.1 New Product Developments/Launches
13.3.2 Expansions
13.3.3 Collaboration/Parnership/Joint Venture/ Agreement/Supply Contract
13.4 Competitive Leadership Mapping
13.4.1 Terminology
13.4.2 Visionary Leaders
13.4.3 Innovators
13.4.4 Dynamic Differentiators
13.4.5 Emerging Companies
13.5 Strength of Product Portfolio
13.6 Business Strategy Excellence
13.7 Winners vs Losers
13.7.1 Winners
13.7.2 Tail-Enders/Losers
14 Company Profiles (Page No. – 128)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
14.1 NVIDIA
14.2 Tomtom
14.3 Deepmap, Inc.
14.4 Here Technologies
14.5 Navinfo
14.6 Civil Maps
14.7 Mapmyindia
14.8 The Sanborn Map Company
14.9 Momenta
14.10 Navmii
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
14.11 Other Key Players
14.11.1 Asia Oceania
14.11.1.1 RMSI
14.11.1.2 Zenrin
14.11.1.3 Autonavi
14.11.1.4 Baidu
14.11.2 Europe
14.11.2.1 Mapillary
14.11.2.2 Blickfeld GmbH
14.11.2.3 and Products Bv
14.11.3 North America
14.11.3.1 Precivision Technologies, Inc.
14.11.3.2 LVL5, Inc.
14.11.3.3 Argo Ai, LLC
14.11.3.4 Waymo
14.11.3.5 Mapbox
14.11.3.6 USHR, Inc.
14.11.3.7 Carmera
14.11.3.8 Mapper
14.11.4 Rest of the World
14.11.4.1 Mobileye
15 Appendix (Page No. – 169)
15.1 Insights of Industry Experts
15.2 Discussion Guide
15.4 Available Customizations
15.5 Related Reports
15.6 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】自動運転車用HDマップの世界市場予測(~2030年)
【発行日】2019年10月22日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】AT 7391
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】自動車&輸送
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
自動運転車用HDマップの世界市場予測(~2030年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 試験・検査・認証(TIC)の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、試験・検査・認証(TIC)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、サービス種類別分析、ソーシングタイプ別分析、用途別分析、地域別分析、試験・検査・認証(TIC)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 導電性インクの世界市場の見通し2017-2023
    当調査レポートでは、導電性インクの世界市場について調査・分析し、導電性インクの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 導電性インクの世界市場:市場動向分析 - 導電性インクの世界市場:競争要因分析 - 導電性インクの世界市場:用途別 ・プリント回路基板              ・バイオセンサー    ・ディスプレイ ・光電池 ・メンブレンスイッチ ・RFID ・その他 - 導電性インクの世界市場:インク種類別 ・カーボン/グラフェンインク             ・カーボンナノチューブインク    ・導電性銅インク ・誘電性インク ・導電性ポリマーインク ・導電性銀インク ・その他 - 導電性インクの世界市場:主要地域別分析 - 導電性インクの北米市場規模(アメリカ市場等) - 導電性インクのヨーロッパ市場規模 - 導電性インクのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・導電性インクの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • ガラスマットの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、ガラスマットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、マット種類別分析、バインダー種類別分析、需要先別分析、地域別分析、ガラスマットの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国のメトホルミン市場2015
    本調査レポートでは、中国のメトホルミン市場2015について調査・分析し、メトホルミンの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • GFRP(ガラス繊維強化プラスチック)複合材の世界市場予測:ポリエステル、ビニルエステル、ポリウレタン、エポキシ
    当調査レポートでは、GFRP(ガラス繊維強化プラスチック)複合材の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、樹脂種類別分析、プロセス別分析、用途別分析、地域別分析、GFRP(ガラス繊維強化プラスチック)複合材の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • プリプレグの世界市場分析:タイプ別(カーボン、ガラス、アラミド)、樹脂別(熱硬化性樹脂、熱可塑性樹脂)、製造プロセス別(ホットメルト、溶剤ディップ)、用途別(航空宇宙・防衛、風力エネルギー、スポーツ用品、自動車)、セグメント予測
    本調査レポートでは、プリプレグの世界市場について調査・分析し、プリプレグの世界市場動向、プリプレグの世界市場規模、市場予測、セグメント別プリプレグ市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のガスクロマトグラフィシステム市場2015
    本調査レポートでは、世界のガスクロマトグラフィシステム市場2015について調査・分析し、ガスクロマトグラフィシステムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車内装用アンビエント照明の世界市場:用途別(ダッシュボード、フットウェル、ドア)、車両タイプ別(通常車、エコカー)、セグメント予測
    本調査レポートでは、自動車内装用アンビエント照明の世界市場について調査・分析し、自動車内装用アンビエント照明の世界市場動向、自動車内装用アンビエント照明の世界市場規模、市場予測、セグメント別自動車内装用アンビエント照明市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • コネクテッドカープラットフォームの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、コネクテッドカープラットフォームの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、コネクテッドカープラットフォームの世界市場規模及び予測、サービス別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国の紫外線硬化機械市場2015
    本調査レポートでは、中国の紫外線硬化機械市場2015について調査・分析し、紫外線硬化機械の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の人工椎間板置換装置市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、人工椎間板置換装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・人工椎間板置換装置の概要 ・人工椎間板置換装置の開発動向:開発段階別分析 ・人工椎間板置換装置の開発動向:セグメント別分析 ・人工椎間板置換装置の開発動向:領域別分析 ・人工椎間板置換装置の開発動向:規制Path別分析 ・人工椎間板置換装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別人工椎間板置換装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・人工椎間板置換装置の最近動向
  • 乗客識別システムの世界市場予測(~2025年):圧力センサー、シートベルトテンションセンサー
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、乗客識別システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、センサー別(圧力センサー、シートベルトテンションセンサー)分析、コンポーネント別(エアバッグ制御装置、センサー)分析、小型商用車別(エコノミー、中型、高級)分析、EVタイプ別分析、乗客識別システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 金属インプラント・医療用合金の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、金属インプラント・医療用合金の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別(チタン、ステンレス、コバルトクロム)分析、用途別(整形外科、歯科、脊椎固定術、頭蓋顔面、ペースメーカー、ステント、除細動器、股関節、膝・肩の再建)分析、金属インプラント・医療用合金の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、金属インプラント・医療用合金の世界市場規模が2019年112億ドルから2024年176億ドルまで年平均9.4%成長すると予測しています。
  • エンタープライズアジャイルトランスフォーメーションサービスの世界市場:方法別(スクラム、スクラム/ XP、スクラムバン、かんばん、カスタムハイブリッド、その他)、サービスタイプ別(開発サービス、コンサルティングサービス、その他)、組織規模別(大企業、中小企業)、業種別(BFSI、IT &テレコム、小売、メディア&エンターテイメント、政府&公共部門)
    本市場調査レポートではエンタープライズアジャイルトランスフォーメーションサービスについて、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、方法別(スクラム、スクラム/ XP、スクラムバン、かんばん、カスタムハイブリッド、その他)分析、サービスタイプ別(開発サービス、コンサルティングサービス、その他)分析、組織規模別(大企業、中小企業)分析、業種別(BFSI、IT &テレコム、小売、メディア&エンターテイメント、政府&公共部門)分析、地域別分析、企業概要に区分して収録しています。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・エンタープライズアジャイルトランスフォーメーションサービスの世界市場:方法別(スクラム、スクラム/ XP、スクラムバン、かんばん、カスタムハイブリッド、その他) ・エンタープライズアジャイルトランスフォーメーションサービスの世界市場:サービスタイプ別(開発サービス、コンサルティングサービス、その他) ・エンタープライズアジャイルトランスフォーメーションサービスの世界市場:組織規模別(大企業、中小企業) ・エンタープライズアジャイルトランスフォー …
  • 消費者および中小企業向けNAS(ネットワークアタッチトストレージ)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、消費者および中小企業向けNAS(ネットワークアタッチトストレージ)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、消費者および中小企業向けNAS(ネットワークアタッチトストレージ)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ビーズ法発泡スチロール(EPS)パッケージングの世界市場
    当調査レポートでは、ビーズ法発泡スチロール(EPS)パッケージングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ビーズ法発泡スチロール(EPS)パッケージングの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 列車用バッテリーの世界市場予測(~2025年):チューブラーゲル鉛蓄電池、VRLA、従来型、焼結ニッケルカドミウム電池、ファイバー、ポケット、リチウムイオン
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、列車用バッテリーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、タイプ・技術別(チューブラーゲル鉛蓄電池、VRLA、従来型、焼結ニッケルカドミウム電池、ファイバー、ポケット、リチウムイオン)分析、先進電車別(自律型、ハイブリッド型、バッテリ駆動型)分析、車両別分析、列車用バッテリーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 照明用LEDドライバーの世界市場予測(~2022)
    当調査レポートでは、照明用LEDドライバーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、駆動方法別分析、照明器具種類別分析、構成部品別分析、用途別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 繊維セメントの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、繊維セメントの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、繊維セメント市場規模、用途別(サイディング、成形、その他)分析、エンドユーザー別(住宅、商業)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Cembrit Holdings, CSR, Elementia, Etex, James Hardie Building Productsなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・繊維セメントの世界市場概要 ・繊維セメントの世界市場環境 ・繊維セメントの世界市場動向 ・繊維セメントの世界市場規模 ・繊維セメントの世界市場:業界構造分析 ・繊維セメントの世界市場:用途別(サイディング、成形、その他) ・繊維セメントの世界市場:エンドユーザー別(住宅、商業) ・繊維セメントの世界市場:地域別市場規模・分析 ・繊維セメントの北米市場規模・予測 ・繊維セメントのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・繊維セメントのアジア太平洋市場規模・予測 ・繊 …
  • フルーツティーの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、フルーツティーの世界市場について調べ、フルーツティーの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、フルーツティーの市場規模をセグメンテーション別(種類別(従来型フルーツティー、オーガニックフルーツティー)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はフルーツティーの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均3%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・フルーツティーの市場状況 ・フルーツティーの市場規模 ・フルーツティーの市場予測 ・フルーツティーの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:種類別(従来型フルーツティー、オーガニックフルーツティー) ・フルーツティーの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 商用車用タイヤの世界市場
    当調査レポートでは、商用車用タイヤの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、商用車用タイヤの世界市場規模及び予測、車両種類別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • イギリスのオーソバイオロジクス処置動向(~2021)
  • 世界のドローン配送市場:ソリューション別(プラットフォーム、インフラストラクチャ、ソフトウェア、サービス)、期間別( 30分)、範囲別(短距離 25キロメートル)、パッケージサイズ別( 5 KG)、地域別
    MarketsandMarkets社は、ドローン配送の世界市場規模が2023年21億ドルから2030年274億ドルまで年平均44.7%成長すると予測しています。本書は、世界のドローン配送市場について調査・分析し、市場概要、ソリューション別(プラットフォーム、ソフトウェア、インフラストラクチャ、サービス)分析、期間別(短時間( 30分))分析、範囲別(短距離( 25キロメートル))分析、パッケージサイズ別( 5キログラム)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・業界動向 ・世界のドローン配送市場:ソリューション別(プラットフォーム、ソフトウェア、インフラストラクチャ、サービス) ・世界のドローン配送市場:期間別(短時間( 30分)) ・世界のドローン配送市場:範囲別(短距離( 25キロメートル)) ・世界のドローン配送市場:パッケージサイズ別( 5キログラム) ・世界のドローン配送市場:地域別 ・競合環境 ・企業概要 ・付録
  • インターロイキン-11受容体アゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるインターロイキン-11受容体アゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・インターロイキン-11受容体アゴニストの概要 ・インターロイキン-11受容体アゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のインターロイキン-11受容体アゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・インターロイキン-11受容体アゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・インターロイキン-11受容体アゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 女性不妊症(Women Infertility):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、女性不妊症(Women Infertility)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・女性不妊症(Women Infertility):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・女性不妊症(Women Infertility)のフェーズ3治験薬の状況 ・女性不妊症(Women Infertility)治療薬の市場規模(販売予測) ・女性不妊症(Women Infertility)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・女性不妊症(Women Infertility)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の女性不妊症(Women Infertility)治療薬剤
  • 世界の安全注射器市場2015
    本調査レポートでは、世界の安全注射器市場2015について調査・分析し、安全注射器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ユーイング肉腫治療の世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、ユーイング肉腫治療の世界市場について調べ、ユーイング肉腫治療の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ユーイング肉腫治療の市場規模をセグメンテーション別(種類別(併用療法、単独療法)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社はユーイング肉腫治療の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均6%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・ユーイング肉腫治療の市場状況 ・ユーイング肉腫治療の市場規模 ・ユーイング肉腫治療の市場予測 ・ユーイング肉腫治療の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:種類別(併用療法、単独療法) ・ユーイング肉腫治療の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 自動車変速機ダイナモメータの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、自動車変速機ダイナモメータの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車変速機ダイナモメータの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は自動車変速機ダイナモメータの世界市場が2017-2021年期間中に年平均29.38%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、SuperFlow Dynamometers & Flowbenches、Meidensha、HORIBA MIRA、SAKOR Technologies、Taylor Dynamometer、Power Test等です。
  • グルジアのプラスチック製モノフィラメントおよび棒市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • ふっ化水素アンモニウムの世界市場予測2019-2024
    「ふっ化水素アンモニウムの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、産業グレード、エレクトロニックグレードなど、用途別には、Etching Agent、Surface Treatment、Otherなどに区分してまとめた調査レポートです。ふっ化水素アンモニウムのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・ふっ化水素アンモニウムの世界市場概要(サマリー) ・ふっ化水素アンモニウムの企業別販売量・売上 ・ふっ化水素アンモニウムの企業別市場シェア ・ふっ化水素アンモニウムの世界市場規模:種類別(産業グレード、エレクトロニックグレード) ・ふっ化水素アンモニウムの世界市場規模:用途別(Etching Agent、Surface Treatment、Other) ・ふっ化水素アンモニウムの米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・ふっ化水素アンモニウムのアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・ふっ化水素アン …
  • 産業用蒸発器の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、産業用蒸発器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用蒸発器の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ハイブリッドローダーの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ハイブリッドローダーの世界市場について調査・分析し、ハイブリッドローダーの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ハイブリッドローダーシェア、市場規模推移、市場規模予測、ハイブリッドローダー種類別分析()、ハイブリッドローダー用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ハイブリッドローダーの市場概観 ・ハイブリッドローダーのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ハイブリッドローダーのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ハイブリッドローダーの世界市場規模 ・ハイブリッドローダーの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ハイブリッドローダーのアメリカ市場規模推移 ・ハイブリッドローダーのカナダ市場規模推移 ・ハイブリッドローダーのメキシコ市場規模推移 ・ハイブリッドローダーのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ハイブリッドローダーのドイツ市場規模推移 ・ハイブリッドローダーのイギリス市場規模推移 ・ハイブリッドローダ …
  • アイウェアの世界市場:タイプ別(コンタクトレンズ、眼鏡、サングラス)、用途別(子供用、大人用、高齢者用)、地域別予測
    本資料は、アイウェアの世界市場について調べ、アイウェアの世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(コンタクトレンズ、眼鏡、サングラス)分析、用途別(子供用、大人用、高齢者用)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはBausch & Lomb、Marchon Eyewear、Signature Eyewear、De Rigo、Luxottica、Marcolin Eyewear、Saffilo、Essilor International、Fielmann、Hoya Corporation、Johnson & Johnson、Rodenstock、Seiko corp.、Shamir、Carl Zeissなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・アイウェアの世界市場概要 ・アイウェアの世界市場環境 ・アイウェアの世界市場動向 ・アイウェアの世界市場規模 ・アイウェアの世界市場規模:タイプ別(コンタクトレンズ、眼鏡、サングラス) ・アイウェアの世界市場規模:用 …
  • 世界の液晶ポリマー市場2016
    本調査レポートでは、世界の液晶ポリマー市場2016について調査・分析し、液晶ポリマーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ラグジュアリートラベルの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ラグジュアリートラベルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ラグジュアリートラベルの世界市場規模及び予測、種類別分析、カテゴリー別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はラグジュアリートラベルの世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.83%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Abercrombie & Kent USA、Absolute Travel、Inspiring Travel Company、TCS World Travel、TÜ ELITE等です。
  • PTFE (ポリテトラフルオロエチレン) ファブリックの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、PTFE (ポリテトラフルオロエチレン) ファブリックの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、種類別(PTFE被覆ファブリック、不識布、PTFEファイバーのファブリック)分析、最終用途産業別(食品、建設、ろ過)分析、PTFE (ポリテトラフルオロエチレン) ファブリックの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • オーストラリアの一次電池市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 湿疹治療薬の世界市場:疾患別、地域別
    本レポートは、湿疹治療薬の市場実態を調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、顧客状況、地域別状況、疾患別(アトピー性皮膚炎、接触皮膚炎、その他)分析、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析を掲載しています。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・顧客状況 ・地域別状況 ・湿疹治療薬の世界市場:疾患別(アトピー性皮膚炎、接触皮膚炎、その他) ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • データセンター用電源の世界市場分析:PDU、UPS、バスウェイ
    Grand View Research(米国)が発行した本調査レポートでは、データセンター用電源の世界市場について調査・分析し、データセンター用電源の世界市場動向、データセンター用電源の世界市場規模、市場予測、セグメント別データセンター用電源市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 染料の世界市場分析:用途別(プラスチック、繊維、食品、パーソナルケア、印刷、塗料およびコーティング)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中南米、MEA)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、染料の世界市場について調査・分析し、染料の世界市場動向、染料の世界市場規模、市場予測、セグメント別染料市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • データガバナンスの世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、データガバナンスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、構成要素別分析、導入形式別分析、産業別分析、地域別分析、データガバナンスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 包装ミューズリー製品の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、包装ミューズリー製品の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、包装ミューズリー製品市場規模、製品別(シリアル、バー、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・包装ミューズリー製品の世界市場概要 ・包装ミューズリー製品の世界市場環境 ・包装ミューズリー製品の世界市場動向 ・包装ミューズリー製品の世界市場規模 ・包装ミューズリー製品の世界市場:業界構造分析 ・包装ミューズリー製品の世界市場:製品別(シリアル、バー、その他) ・包装ミューズリー製品の世界市場:地域別市場規模・分析 ・包装ミューズリー製品のアメリカ市場規模・予測 ・包装ミューズリー製品のヨーロッパ市場規模・予測 ・包装ミューズリー製品のアジア市場規模・予測 ・包装ミューズリー製品の主要国分析 ・包装ミューズリー製品の世界市場:意思決定フレームワーク ・包装ミューズリー製品の世界市場:成長要因、課題 ・包装ミューズリー製品の世界市場:競争環境 ・包装 …
  • プロジェクト・ポートフォリオ管理(PPM)の世界市場2015-2019
    当調査レポートでは、プロジェクト・ポートフォリオ管理(PPM)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、プロジェクト・ポートフォリオ管理(PPM)の世界市場規模及び予測、導入別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 指向性エネルギー兵器 (DEW)の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、指向性エネルギー兵器 (DEW)の世界市場について調査・分析し、指向性エネルギー兵器 (DEW)の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 指向性エネルギー兵器 (DEW)の世界市場:市場動向分析 - 指向性エネルギー兵器 (DEW)の世界市場:競争要因分析 - 指向性エネルギー兵器 (DEW)の世界市場:製品別 非致死性兵器 致死性兵器 - 指向性エネルギー兵器 (DEW)の世界市場:用途別 防衛 国土安全保障 - 指向性エネルギー兵器 (DEW)の世界市場:技術別 高出力電磁波技術 粒子ビーム兵器 高エネルギーレーザー技術 - 指向性エネルギー兵器 (DEW)の世界市場:エンドユーザー別 陸上車両 船舶用指向性エネルギー兵器 銃砲 空輸 - 指向性エネルギー兵器 (DEW)の世界市場:高エネルギーレーザー系別 ファイバーレーザー 自由電子レーザー 固定レーザー 化学物質レーザー - 指向性エネルギー兵器 (DEW)の世界市場:主要地域別分析 - 指向性エネルギー兵器 (DEW)の北米 …
  • 薬物送達技術の北米市場:経口(固形)、経肺(噴霧器)、注射(機器)、経眼(機器)、経鼻(点滴薬)、局所(固形)、移植(能動)
  • ジャックハンマーの世界市場:種類別(空気圧、電気、油圧)、用途別(採掘、建設、トンネル掘削、井戸掘削)
    本市場調査レポートではジャックハンマーの代替品について、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、種類別(空気圧、電気、油圧)分析、用途別(採掘、建設、トンネル掘削、井戸掘削)分析、地域別分析、企業概要に区分して収録しています。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・ジャックハンマーの世界市場:種類別(空気圧、電気、油圧) ・ジャックハンマーの世界市場:用途別(採掘、建設、トンネル掘削、井戸掘削) ・ジャックハンマーの世界市場:地域別 ・企業概要
  • 流量計の世界市場
    当調査レポートでは、流量計の世界市場について調査・分析し、流量計の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • ユーザーアクティビティモニタリング(UAM)の世界市場:アプリケーション分野別(ファイル、システム、データベース、アプリケーション、ネットワーク、その他)、技術別(ログ管理、行動分析、監査・報告、その他)、エンドユーザー別、地域別予測
    本資料は、ユーザーアクティビティモニタリング(UAM)の世界市場について調べ、ユーザーアクティビティモニタリング(UAM)の世界規模、市場動向、市場環境、アプリケーション分野別(ファイル、システム、データベース、アプリケーション、ネットワーク、その他)分析、技術別(ログ管理、行動分析、監査・報告、その他)分析、エンドユーザー別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ユーザーアクティビティモニタリング(UAM)の世界市場概要 ・ユーザーアクティビティモニタリング(UAM)の世界市場環境 ・ユーザーアクティビティモニタリング(UAM)の世界市場動向 ・ユーザーアクティビティモニタリング(UAM)の世界市場規模 ・ユーザーアクティビティモニタリング(UAM)の世界市場規模:アプリケーション分野別(ファイル、システム、データベース、アプリケーション、ネットワーク、その他) ・ユーザーアクティビティモニタリング(UAM)の世界市場規模:技術別(ログ管理、 …
  • 中国の豚用飼料市場2015
    本調査レポートでは、中国の豚用飼料市場2015について調査・分析し、豚用飼料の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 対IED(即席爆発装置)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、対IED(即席爆発装置)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、対IED(即席爆発装置)の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、装置別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"