"制御弁の世界市場予測(~2025年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:SE 3119)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"制御弁の世界市場予測(~2025年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“Control valve market to grow at a significant rate from 2019 to 2025”The control valve market is estimated to grow from USD 8.0 billion in 2019 to USD 11.3 billion by 2025, at a CAGR of 5.9% during the forecast period. Rising demand for energy in APAC, increasing adoption of valves in oil and gas production-related firms in GCC countries, growing need for the connected network to maintain and monitor various equipment in plants, and surging focus on establishing new nuclear plants and upscaling of existing ones are the key driving factors for the control valve market.

Use of 3D printing in manufacturing valves, the introduction of IIoT & industry 4.0, need for replacement, adoption of smart valves, and focus of valve manufacturers to offer improved customer service are among the other factors fueling the growth of the control valve market. However, high fabrication cost & rise in collaboration among industry players can hinder the growth of the control valve market.

“Actuators to account for the largest market size from 2019 to 2025”
The control valve market, based on components, has been segmented into the valve body, actuators, and others (IPC connectors and positioners). Actuators are expected to account for the largest share of the control valve market during the forecast period. This can be attributed to the increasing use of actuators in the oil & gas, energy & power, metals & mining industries; actuators are installed in industrial locations that are not easily accessible by humans, and actuators can provide uninterrupted and reliable services during the operation of the valves.

“Rotary control valves to account for the largest market size during the forecast period”
Rotary control valves are expected to hold a larger share of the control valve market during the forecast period. Rotary valves are less prone to clogging in dirty service applications, and through the stem packing, emissions can be controlled effortlessly, without using costly bellows seals. Moreover, lighter weight and smaller size of rotary valves contribute to the continually increasing demand for these valves.

“APAC is expected to record the highest growth rate during the forecast period”
APAC is expected to record the highest growth rate during the forecast period. Rapid population growth and urbanization in developing economies, such as China, Japan, South Korea, and India have prompted speedy development of several industries, such as energy & power, water & wastewater treatment, construction, chemicals, pharmaceuticals, and oil & gas, which, in turn, will upsurge the demand for control valves.
The break-up of profiles of primary participants for the report has been given below.
• By Company Type: Tier 1 = 56%, Tier 2 = 23%, and Tier 3 = 21%
• By Designation: C-Level Executives = 75% and Directors = 25%
• By Region: North America = 40%, Europe = 23%, APAC = 26%, and RoW = 11%

Bürkert Fluid Control Systems (Germany), Emerson (US), Flowserve (US), IMI plc. (UK), Curtiss Wright (US), Trillium Flow Technologies (Weir Group) (US), Cameron – Schlumberger (US), Spirax Sarco (UK), Crane Co. (US), KITZ Corporation (Japan) are among the major players in the control valve market.

Research Coverage:

The control valve market, in this report, is segmented into material, component, size, type, industry, and geography. The market based on material is classified further into stainless steel, cast iron, alloy-based, cryogenic, and others. The control valve market, by component, is further segmented into actuators, valve body, and others. The control valve market, by size, is further segmented into up to 1”, >1” to 6”, >6” to 25”, <25” to 50”, and >50”. The control valve market, by type, is segmented into rotary valves and linear valves. The control valve market, by industry, is further segmented into oil & gas, water & wastewater treatment, energy & power, pharmaceuticals & healthcare, food & beverages, chemicals, building & construction, pulp & paper, metals & mining, and others.

Key Benefits of Buying the Report:
Illustrative segmentation, analysis, and forecast for the market, by material, component, size, type, industry, and geography have been provided to give the overall view of the control valve market.
Major drivers, restraints, opportunities, and challenges pertaining to the control valve market have been provided in the research report.
The report includes a detailed competitive landscape and revenues of key players.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"制御弁の世界市場予測(~2025年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 20)
1.1 Study Objectives
1.2 Definition
1.3 Study Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered
1.3.3 Geographic Scope
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Market Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 24)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary and Primary Research
2.1.1.1 Key Industry Insights
2.1.2 Secondary Data
2.1.2.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.3 Primary Data
2.1.3.1 Breakdown of Primaries
2.1.3.2 Key Data From Primary Sources
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.2 Top-Down Approach
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Research Assumptions
3 Executive Summary (Page No. – 32)
4 Premium Insights (Page No. – 37)
4.1 Attractive Growth Opportunities in Control Valve Market
4.2 Market, By Material
4.3 Market, By Component
4.4 Market, By Type
4.5 Market, By Size
4.6 Market in APAC, By Country and Industry
4.7 Market, By Country (2025)
5 Market Overview (Page No. – 41)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Rising Demand for Energy in APAC
5.2.1.2 Increasing Adoption of Valves By Oil and Gas Production-Related Firms in Gcc Countries
5.2.1.3 Growing Need for Connected Networks to Maintain and Monitor Various Equipment in Plants
5.2.1.4 Surging Focus on Establishing New Nuclear Power Plants and Upscaling of Existing Ones
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Lack of Standardized Certifications and Government Policies
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Use of 3D Printing in Manufacturing Valves
5.2.3.2 Introduction of Iiot and Industry 4.0
5.2.3.3 Need for Valve Replacement and Adoption of Smart Valves
5.2.3.4 Focus of Valve Manufacturers to Offer Improved Customer Services
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 High Fabrication Cost
5.2.4.2 Rise in Collaboration Among Industry Players
5.2.4.3 Unplanned Downtime Due to Malfunctioning Or Failure of Valves
6 Industry Trends (Page No. – 45)
6.1 Introduction
6.2 Value Chain Analysis
6.3 Consumer Buying Process
6.3.1 Online Valve Purchase Trend is Expected to Disrupt Traditional Consumer Buying Process of Valve Industry
6.4 Industry Trends
6.4.1 Impact of IoT on Control Valve Market
6.4.2 3D Printing
7 Control Valve Market, By Material (Page No. – 49)
7.1 Introduction
7.2 Stainless Steel
7.2.1 Demand for Stainless Steel Control Valves is Likely to Upsurge During Forecast Period
7.3 Cast Iron
7.3.1 Cast-Iron Control Valves to Continue to Account for Second-Largest Market Size Owing to Its Wide Use in Water & Wastewater Treatment and Hydroelectric Power Plants
7.4 Alloy Based
7.4.1 Market for Alloy-Based Valves to Grow at A Significant Rate in Coming Years
7.5 Cryogenic
7.5.1 Cryogenic Valves are Expected to Continue to Hold Third-Largest Market Share Owing to Its Rising Use in Oil & Gas Industry
7.6 Others
7.6.1 Brass
7.6.2 Bronze
7.6.3 Plastic
8 Control Valve Market, By Component (Page No. – 54)
8.1 Introduction
8.2 Actuators
8.2.1 Actuators to Dominate Market Based on Components During 2019–2025
8.3 Valve Body
8.3.1 Valve Body Acts as Main Control Center
8.4 Others
9 Control Valve Market, By Size (Page No. – 58)
9.1 Introduction
9.2 Up to 1”
9.2.1 Control Valves Sized Up to 1″ to Exhibit Highest CAGR During Forecast Period
9.3 >1” to 6”
9.3.1 >1″–6″ Control Valves are Widely Used in Critical Industries Such as Oil & Gas and Chemicals
9.4 >6” to 25”
9.4.1 >6″–25″ to Account for Largest Market Share During Forecast Period
9.5 >25” to 50”
9.5.1 Chemicals, Pharmaceuticals, and Energy & Power are Key Industries That Use Control Valves Sized >25″–50″
9.6 >50”
9.6.1 Control Valves Sized >50″ to Accelerate the Market for Oil & Gas, Power, and Petrochemicals Industries
10 Control Valve Market, By Type (Page No. – 63)
10.1 Introduction
10.2 Rotary Valves
10.2.1 Ball Valves
10.2.1.1 Ball Valves to Continue to Account for Largest Size of Rotary Market During Forecast Period
10.2.2 Butterfly Valves
10.2.2.1 Butterfly Valves Account for Significant Market Share Owing to Their Reliable Field Operations, Tight Shut-Off, and Precise Control
10.2.3 Plug Valves
10.2.3.1 Market for Plug Valves Expected to Witness Substantial Growth in Next Few Years
10.3 Linear Valves
10.3.1 Gate Valves
10.3.1.1 Gate Valve to Hold Largest Market Size Owing to Their Capability to Meet Demands of A Wide Range of Pressure and Temperature Conditions
10.3.2 Diaphragm Valves
10.3.2.1 Diaphragm Valves Expected to Witness Highest CAGR in Linear Market During Forecast Period
10.3.3 Other Valves
11 Control Valve Market, By Industry (Page No. – 69)
11.1 Introduction
11.2 Oil & Gas
11.2.1 Oil & Gas Industry to Continue to Hold Largest Size of Market During Forecast Period
11.3 Water & Wastewater Treatment
11.3.1 Modification in Older Water Infrastructure Expected to Augment Demand for Control Valves in Next Few Years
11.4 Energy & Power
11.4.1 Increasing Need for Energy in Developing Countries is Expected to Accelerate Demand for Control Valves
11.5 Pharmaceuticals and Healthcare
11.5.1 North America to Drive Market for Pharmaceuticals and Healthcare Industry
11.6 Food & Beverages
11.6.1 Food & Beverages Industry to Witness Significant Growth in Market During Forecast Period
11.7 Chemicals
11.7.1 Control Valves are Adopted in Chemicals Industry as They Meet Most Stringent Protection Requirements and Standards
11.8 Building & Construction
11.8.1 Building & Construction Industry is Expected to Witness Significant Growth Owing to Rapid Urbanization and High Focus on Smart Infrastructure Projects
11.9 Pulp & Paper
11.9.1 Europe Expected to Be Fastest-Growing Region Market for Pulp & Paper Industry
11.10 Metals & Mining
11.10.1 APAC to Dominate Market for Metals & Mining Industry
11.11 Others
12 Geographic Analysis (Page No. – 108)
12.1 Introduction
12.2 North America
12.2.1 US
12.2.1.1 Aging Water & Wastewater Infrastructure in US Generates Demand for Hybrid Valves
12.2.2 Canada
12.2.2.1 Upcoming Investments in Natural Gas Projects Would Augment Canadian Market Growth in Next Few Years
12.2.3 Mexico
12.2.3.1 Uptrend in the Water & Wastewater Treatment Industry Expected to Drive Market in Mexico During the Forecast Period
12.3 Europe
12.3.1 UK
12.3.1.1 Prominence of Water Industry in UK Will Propel Demand for Control Valves Market
12.3.2 Germany
12.3.2.1 Germany Holds Second-Largest Share of European Market at Present
12.3.3 France
12.3.3.1 Energy & Power Sector Expected to Drive Market in France
12.3.4 Italy
12.3.4.1 Italian Market Will Be Driven By Upcoming Investments in Water & Wastewater Treatment Industry
12.3.5 Rest of Europe
12.4 Asia Pacific (APAC)
12.4.1 China
12.4.1.1 Market in China Will Be Driven By Growing Demand From Energy & Power, Oil & Gas Sectors
12.4.2 Japan
12.4.2.1 Investment in Renewable Energy Sources and Power Generation in Japan Will Increase Demand for Control Valves
12.4.3 South Korea
12.4.3.1 Chemicals Industry to Witness High Demand for Control Valves to Ensure Highest Level of Hygienic Processing
12.4.4 India
12.4.4.1 India Would Be Fastest-Growing Country Market in APAC
12.4.5 Rest of APAC
12.5 Rest of the World (RoW)
12.5.1 Middle East
12.5.1.1 Middle East to Hold Largest Share Market in RoW During Forecast Period
12.5.2 South America
12.5.2.1 Growing Oil & Gas Industry Will Drive Market Growth in South American Countries
12.5.3 Africa
12.5.3.1 Investments in Water & Power Industries Drive Market in Africa
13 Competitive Landscape (Page No. – 140)
13.1 Overview
13.2 Competitive Scenario
13.2.1 Product Developments/Launches
13.2.2 Partnerships, Mergers and Acquisitions, and Expansions
13.3 Competitive Leadership Mapping
13.3.1 Visionary Leaders
13.3.2 Innovators
13.3.3 Dynamic Differentiators
13.3.4 Emerging Companies
14 Company Profiles (Page No. – 145)
14.1 Introduction
14.2 Key Players
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View)*
14.2.1 Bürkert Fluid Control Systems
14.2.2 Emerson
14.2.3 Flowserve Corporation
14.2.4 IMI PLC.
14.2.5 Curtiss-Wright Corporation
14.2.6 Trillium Flow Technologies (Weir Flow Control)
14.2.7 Cameron – (Schlumberger Company)
14.2.8 Spirax Sarco
14.2.9 Crane Co.
14.2.10 Kitz Corporation
* Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
14.3 Other Important Players
14.3.1 Samson Controls
14.3.2 Metso Corporation
14.3.3 Neway Valve Co.
14.3.4 Alfa Laval
14.3.5 Velan Inc.
14.3.6 AVK Holding A/S
14.3.7 Avcon Controls
14.3.8 Ham–Let
14.3.9 Dwyer Instruments
14.3.10 Apollo Valves
14.3.11 Swagelok
15 Appendix (Page No. – 182)
15.1 Discussion Guide
15.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
15.3 Available Customizations
15.4 Related Reports
15.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】制御弁の世界市場予測(~2025年)
【発行日】2019年10月22日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】SE 3119
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】半導体&電子
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
制御弁の世界市場予測(~2025年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • デンマークの心臓血管補綴装置市場見通し
  • ライフジャケットの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、ライフジャケットの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ライフジャケット市場規模、製品別(標準型、空気注入式)分析、エンドユーザー別(商業、プロフェッショナル、急流救助活動)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ライフジャケットの世界市場概要 ・ライフジャケットの世界市場環境 ・ライフジャケットの世界市場動向 ・ライフジャケットの世界市場規模 ・ライフジャケットの世界市場:業界構造分析 ・ライフジャケットの世界市場:製品別(標準型、空気注入式) ・ライフジャケットの世界市場:エンドユーザー別(商業、プロフェッショナル、急流救助活動) ・ライフジャケットの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ライフジャケットの北米市場規模・予測 ・ライフジャケットのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・ライフジャケットのアジア太平洋市場規模・予測 ・ライフジャケットの主要国分析 ・ライフジャケットの世界市場:意思決定フレームワー …
  • 露天採掘機の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、露天採掘機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、露天採掘機の世界市場規模及び予測、用途別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は露天採掘機の世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.24%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Atlas Copco、Caterpillar、Komatsu、LARSEN & TOUBRO、Sandvik等です。
  • 生体インプラント(バイオインプラント)の世界市場:タイプ別(心血管、歯科、整形外科、脊椎、眼科)、材料別(金属、セラミック、ポリマー、天然)
    本資料は、生体インプラント(バイオインプラント)の世界市場について調べ、生体インプラント(バイオインプラント)の世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(心血管、歯科、整形外科、脊椎、眼科)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・生体インプラント(バイオインプラント)の世界市場概要 ・生体インプラント(バイオインプラント)の世界市場環境 ・生体インプラント(バイオインプラント)の世界市場動向 ・生体インプラント(バイオインプラント)の世界市場規模 ・生体インプラント(バイオインプラント)の世界市場:タイプ別(心血管、歯科、整形外科、脊椎、眼科) ・生体インプラント(バイオインプラント)の世界市場:材料別(金属、セラミック、ポリマー、天然) ・生体インプラント(バイオインプラント)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・生体インプラント(バイオインプラント)の北米市場規模・予測 ・生体インプラント(バイオインプラント)のアメリカ市場規模・予測 ・生体イ …
  • 世界のグルーミングテーブル市場2015
    本調査レポートでは、世界のグルーミングテーブル市場2015について調査・分析し、グルーミングテーブルの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の熱電発電機市場2015
    本調査レポートでは、世界の熱電発電機市場2015について調査・分析し、熱電発電機の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 潜水艦戦闘システムの世界市場予測(~2022):システム別(センサ、電子支援措置、武器)、潜水艦種類別(ハンターキラー潜水艦、原子力潜水艦、核弾道ミサイル潜水艦)、改装別、地域別
    当調査レポートでは、潜水艦戦闘システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、システム別分析、潜水艦種類別分析、改装別分析、地域別分析、潜水艦戦闘システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 心臓インプラントの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、心臓インプラントの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、心臓インプラント市場規模、製品別(心臓アシストデバイス、心臓モニタリングデバイス)分析、用途別(病院・診療所、外来外科センター)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・心臓インプラントの世界市場概要 ・心臓インプラントの世界市場環境 ・心臓インプラントの世界市場動向 ・心臓インプラントの世界市場規模 ・心臓インプラントの世界市場:業界構造分析 ・心臓インプラントの世界市場:製品別(心臓アシストデバイス、心臓モニタリングデバイス) ・心臓インプラントの世界市場:用途別(病院・診療所、外来外科センター) ・心臓インプラントの世界市場:地域別市場規模・分析 ・心臓インプラントの北米市場規模・予測 ・心臓インプラントのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・心臓インプラントのアジア太平洋市場規模・予測 ・心臓インプラントの主要国分析 ・心臓インプラントの世界市場: …
  • 人工採油システムの世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、人工採油システムの世界市場について調査・分析し、人工採油システムの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 人工採油システムの世界市場:市場動向分析 - 人工採油システムの世界市場:競争要因分析 - 人工採油システムの世界市場:種類別 ・電動水中ポンプ(ESP) ・ロッドリフト ・プランジャー採油 ・一軸ねじポンプ(PCP) ・ガスリフト ・油圧ポンプ ・その他 - 人工採油システムの世界市場:部品別 ・ポンプ ・モーター ・ケーブルシステム ・ガスリフトマンドレル ・制御システム ・ガスリフトバルブ ・ドライブヘッド ・ポンプジャック ・サッカーロッド ・分離機 ・その他 - 人工採油システムの世界市場:機構別 ・ガスアシスト ・ポンプアシスト - 人工採油システムの世界市場:主要地域別分析 - 人工採油システムの北米市場規模(アメリカ市場等) - 人工採油システムのヨーロッパ市場規模 - 人工採油システムのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・人工採油システムの世界市 …
  • 高容量ガス発電機の世界市場2017-2021:300 kW以下、301-1,000 kW、1,000 kW超
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、高容量ガス発電機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、高容量ガス発電機の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は高容量ガス発電機の世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.42%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はCaterpillar、Cummins、Generac Power Systems、Kohler等です。
  • 世界のRO膜市場2015
    本調査レポートでは、世界のRO膜市場2015について調査・分析し、RO膜の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の遠心ファン市場2016
    本調査レポートでは、世界の遠心ファン市場2016について調査・分析し、遠心ファンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の自動車産業におけるPLM(製品ライフサイクル管理)市場
    当調査レポートでは、世界の自動車産業におけるPLM(製品ライフサイクル管理)市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、世界の自動車産業におけるPLM(製品ライフサイクル管理)市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ナイフ研ぎ器の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ナイフ研ぎ器の世界市場について調査・分析し、ナイフ研ぎ器の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ナイフ研ぎ器シェア、市場規模推移、市場規模予測、ナイフ研ぎ器種類別分析(電動式、手動式)、ナイフ研ぎ器用途別分析(家庭用、飲食店用、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ナイフ研ぎ器の市場概観 ・ナイフ研ぎ器のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ナイフ研ぎ器のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ナイフ研ぎ器の世界市場規模 ・ナイフ研ぎ器の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ナイフ研ぎ器のアメリカ市場規模推移 ・ナイフ研ぎ器のカナダ市場規模推移 ・ナイフ研ぎ器のメキシコ市場規模推移 ・ナイフ研ぎ器のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ナイフ研ぎ器のドイツ市場規模推移 ・ナイフ研ぎ器のイギリス市場規模推移 ・ナイフ研ぎ器のロシア市場規模推移 ・ナイフ研ぎ器のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) …
  • 変性椎間板疾患(Degenerative Disc Disease):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における変性椎間板疾患(Degenerative Disc Disease)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、変性椎間板疾患(Degenerative Disc Disease)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・変性椎間板疾患(Degenerative Disc Disease)の概要 ・変性椎間板疾患(Degenerative Disc Disease)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の変性椎間板疾患(Degenerative Disc Disease)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・変性椎間板疾患(Degenerativ …
  • 世界のソーラーEVA市場2016
    本調査レポートでは、世界のソーラーEVA市場2016について調査・分析し、ソーラーEVAの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 種子の世界市場予測(~2025年)
    当調査レポートでは、種子の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別(遺伝子組み換え、従来型)分析、特性別(除草剤耐性、耐虫性)分析、作物種類別(シリアル及び穀物、油糧種子及び豆類、果物及び野菜)分析、種子の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、種子の世界市場規模が2019年554億ドルから2025年860億ドルまで年平均7.6%成長すると予測しています。
  • 医療産業におけるフッ素重合体の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、医療産業におけるフッ素重合体の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、医療産業におけるフッ素重合体の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は医療産業におけるフッ素重合体の世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.46%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、3M (Dyneon)、Ashai Glass、Chemours Company、Daikin industry、Honeywell International等です。
  • 世界の前立腺生検デバイス市場:企業別、地域別、製品種類・用途別分析
  • マイクロサーバーICの世界市場予測(~2022):プロセッサ別、提供形態別、需要先別、用途別(メディアストレージ、データセンター、クラウドコンピューティング)、地域別
    当調査レポートでは、マイクロサーバーICの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、プロセッサ別分析、提供形態別分析、需要別分析、用途別分析、マイクロサーバーICの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 整形外科用ソフトウェアの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
  • 台湾の心臓血管疾患用装置市場見通し
  • ベンチャーキャピタル投資の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ベンチャーキャピタル投資の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ベンチャーキャピタル投資の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 種まき機の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、種まき機の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、種まき機市場規模、技術別分析、製品別(タイン式、ディスク式)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・種まき機の世界市場概要 ・種まき機の世界市場環境 ・種まき機の世界市場動向 ・種まき機の世界市場規模 ・種まき機の世界市場:業界構造分析 ・種まき機の世界市場:技術別 ・種まき機の世界市場:製品別(タイン式、ディスク式) ・種まき機の世界市場:地域別市場規模・分析 ・種まき機の北米市場規模・予測 ・種まき機のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・種まき機のアジア太平洋市場規模・予測 ・種まき機の主要国分析 ・種まき機の世界市場:意思決定フレームワーク ・種まき機の世界市場:成長要因、課題 ・種まき機の世界市場:競争環境 ・種まき機の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 世界のモバイルDRAM市場2015
    本調査レポートでは、世界のモバイルDRAM市場2015について調査・分析し、モバイルDRAMの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 水素燃料電池車の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、水素燃料電池車の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、水素燃料電池車の世界市場規模及び予測、車両種類別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 膨張性黒鉛の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、膨張性黒鉛の世界市場について調査・分析し、膨張性黒鉛の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別膨張性黒鉛シェア、市場規模推移、市場規模予測、膨張性黒鉛種類別分析(KP型、低S型、その他)、膨張性黒鉛用途別分析(難燃剤、環境保全、シーリング材、高エネルギー電池材、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・膨張性黒鉛の市場概観 ・膨張性黒鉛のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・膨張性黒鉛のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・膨張性黒鉛の世界市場規模 ・膨張性黒鉛の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・膨張性黒鉛のアメリカ市場規模推移 ・膨張性黒鉛のカナダ市場規模推移 ・膨張性黒鉛のメキシコ市場規模推移 ・膨張性黒鉛のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・膨張性黒鉛のドイツ市場規模推移 ・膨張性黒鉛のイギリス市場規模推移 ・膨張性黒鉛のロシア市場規模推移 ・膨張性黒鉛のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア …
  • 世界の獣医整形外科治療市場2019
    本調査レポートでは、世界の獣医整形外科治療市場2019について調査・分析し、獣医整形外科治療の世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、獣医整形外科治療のアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、獣医整形外科治療メーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・獣医整形外科治療の市場概要 ・獣医整形外科治療の上流・下流市場分析 ・獣医整形外科治療のアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・獣医整形外科治療のアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・獣医整形外科治療のアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・獣医整形外科治療のアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・獣医整形外科治療の北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・獣医整形外科治療の北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・獣医整形外科治療の北米市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業 …
  • アイソスタティック・グラファイト(等方性成形黒鉛)の世界市場
  • 世界のスマートホーム市場規模・予測2017-2025
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のスマートホーム市場について調査・分析し、世界のスマートホーム市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のスマートホーム関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 液体包装用板紙の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、液体包装用板紙の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、液体包装用板紙の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 嚢胞性繊維症治療の世界市場機会分析・予測
  • アルゼンチンの心臓血管疾患用装置市場見通し
  • ロボット用ギア・スプロケットの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ロボット用ギア・スプロケットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、ロボット用ギア・スプロケットの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用ハイマウントストップランプの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、自動車用ハイマウントストップランプの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用ハイマウントストップランプの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は自動車用ハイマウントストップランプの世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.38%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、HELLA、KOITO MANUFACTURING、Magneti Marelli、OSRAM等です。
  • リチウムイオン電池リサイクルの世界市場予測(~2030年):化学成分、産業、地域別分析
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、リチウムイオン電池リサイクルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、化学成分別分析、産業別分析、地域別分析、リチウムイオン電池リサイクルの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 風力タービンの世界市場2016:市場規模、競争環境、主要国分析、予測
  • 日本の頭蓋顎顔面固定(CMF)市場動向(~2021)
  • プロアクティブサービスの世界市場予測(~2022年):ネットワーク管理、データセンター管理、クラウド管理、アプリケーション管理、デバイス/エンドポイント管理
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、プロアクティブサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、サービス別分析、アプリケーション別分析、技術別分析、企業規模別分析、プロアクティブサービスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用OLEDの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車用OLEDの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用OLEDの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 作物保護用化学薬品の世界市場:インサイト、市場機会、市場シェア、市場予測
    本調査レポートでは、作物保護用化学薬品の世界市場について調査・分析し、市場インサイト、市場機会、市場シェア、市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・作物保護用化学薬品の世界市場:イントロダクション ・作物保護用化学薬品の世界市場:市場概観 ・作物保護用化学薬品の世界市場:市場動向(促進要因、阻害要因、市場機会) ・作物保護用化学薬品の世界市場:セグメント別市場分析 ・作物保護用化学薬品の世界市場:種類別分析/市場規模 ・作物保護用化学薬品の世界市場:使用目的別分析/市場規模 ・作物保護用化学薬品の世界市場:作物種類別分析/市場規模 ・作物保護用化学薬品の世界市場:主要地域別市場分析 ・作物保護用化学薬品の世界市場:関連企業分析
  • エネルギー管理システムの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、エネルギー管理システムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、エネルギー管理システム市場規模、ソリューション別(ユーティリティ請求・顧客情報システム、需要対応管理、炭素管理システム)分析、デバイス別(スマートプラグ、負荷制御スイッチ、スマートサーモスタット、インハウスディスプレイ)分析、サービス別(コンサルティング・トレーニング、メンテナンス、実装・統合、監視・制御)分析、用途別(産業エネルギー管理システム、ビルエネルギーマネジメントシステム、住宅エネルギー管理システム)分析、ソフトウェア別(企業向けカーボン・エネルギー管理、住宅エネルギー管理システム、産業エネルギー管理システム、ユーティリティエネルギー管理システム、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ エネルギー管理システムの世界市場:市場動向分析 ・ エネルギー管理システムの世界市場:競争要因分析 ・ エネルギー管理システムの世界市場:ソリューション別( …
  • 上皮ナトリウム・チャンネル阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における上皮ナトリウム・チャンネル阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・上皮ナトリウム・チャンネル阻害剤の概要 ・上皮ナトリウム・チャンネル阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の上皮ナトリウム・チャンネル阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・上皮ナトリウム・チャンネル阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・上皮ナトリウム・チャンネル阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 獣脂脂肪酸の世界市場2017-2021:モノ不飽和脂肪酸、飽和脂肪酸、多価不飽和
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、獣脂脂肪酸の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、獣脂脂肪酸の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は獣脂脂肪酸の世界市場が2017-2021年期間中に年平均2.65%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Akzo Nobel、BASF、Godrej Industries、LG Household & Health Care、Vantage Specialty Chemicals等です。
  • GABAトランスアミナーゼ阻害薬のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるGABAトランスアミナーゼ阻害薬のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・GABAトランスアミナーゼ阻害薬の概要 ・GABAトランスアミナーゼ阻害薬のパイプライン概要 ・企業別開発中のGABAトランスアミナーゼ阻害薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・GABAトランスアミナーゼ阻害薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・GABAトランスアミナーゼ阻害薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 事務用文房具・事務用品のB2Bの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、事務用文房具・事務用品のB2Bの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、事務用文房具・事務用品のB2Bの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は事務用文房具・事務用品のB2Bの世界市場が2017-2021年期間中に年平均2.61%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Costco Wholesale Corporation • Office Depot • Staples• Tesco.com• Walmart Stores等です。
  • インドの防衛産業におけるFDI(直接投資)機会
  • マイクロプログラマブルロジックコントローラー(PLC)の世界市場予測・分析2020-2024
    Technavio社の本調査レポートでは、マイクロプログラマブルロジックコントローラー(PLC)の世界市場について調べ、マイクロプログラマブルロジックコントローラー(PLC)の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、マイクロプログラマブルロジックコントローラー(PLC)の市場規模をセグメンテーション別(製品別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)、エンドユーザー別(自動車産業、石油&ガス産業、電力産業、食品&飲料産業、上下水道産業、その他の産業)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社はマイクロプログラマブルロジックコントローラー(PLC)の世界市場規模が2020-2024期間中に年平均6%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・マイクロプログラマブルロジックコントローラー(PLC)の市場状況 ・マイクロプログラマブルロジックコントローラー(PLC)の市場規模 ・マイクロプログラマブルロジックコントローラー(PLC)の市場予測 ・マイクロプログラマブルロジックコントローラー(PL …
  • フレキシブル中間バルクコンテナの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、フレキシブル中間バルクコンテナの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、フレキシブル中間バルクコンテナ市場規模、エンドユーザー別(化学品、食品、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・フレキシブル中間バルクコンテナの世界市場概要 ・フレキシブル中間バルクコンテナの世界市場環境 ・フレキシブル中間バルクコンテナの世界市場動向 ・フレキシブル中間バルクコンテナの世界市場規模 ・フレキシブル中間バルクコンテナの世界市場:業界構造分析 ・フレキシブル中間バルクコンテナの世界市場:エンドユーザー別(化学品、食品、その他) ・フレキシブル中間バルクコンテナの世界市場:地域別市場規模・分析 ・フレキシブル中間バルクコンテナの北米市場規模・予測 ・フレキシブル中間バルクコンテナのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・フレキシブル中間バルクコンテナのアジア太平洋市場規模・予測 ・フレキシブル中間バルクコンテナの主要国分析 …
  • スーヴィーマシーンの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、スーヴィーマシーンの世界市場について調査・分析し、スーヴィーマシーンの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別スーヴィーマシーンシェア、市場規模推移、市場規模予測、スーヴィーマシーン種類別分析(浸漬型、温水バス型)、スーヴィーマシーン用途別分析(家庭用、商業用)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・スーヴィーマシーンの市場概観 ・スーヴィーマシーンのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・スーヴィーマシーンのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・スーヴィーマシーンの世界市場規模 ・スーヴィーマシーンの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・スーヴィーマシーンのアメリカ市場規模推移 ・スーヴィーマシーンのカナダ市場規模推移 ・スーヴィーマシーンのメキシコ市場規模推移 ・スーヴィーマシーンのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・スーヴィーマシーンのドイツ市場規模推移 ・スーヴィーマシーンのイギリス市場規模推移 ・スーヴィーマシーン …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"