"クラウドインフラストラクチャサービスの世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:TC 3123)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"クラウドインフラストラクチャサービスの世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Growing adoption of geographically diverse cloud services and increasing need to automate the operational processes to drive the cloud infrastructure services marketThe global cloud infrastructure services market size is expected to grow from USD 73.0 billion in 2019 to USD 166.6 billion by 2024, at a Compound Annual Growth Rate (CAGR) of 18.0% during the forecast period. Governments’ increasing investments in digital transformation, increased awareness among enterprises about the benefits of cloud and its technologies, and business continuity requirements resulting in high demand for cloud storage, disaster recovery, and backup services are major growth drivers for the market. However, stringent government regulations, limited bandwidth providers, and lack of access to high-speed internet may affect market growth.

Storage as a service segment is estimated to hold the largest market size
Enterprises use storage as a service to mitigate the risks of disasters and enhance business continuity and availability. These services provide self-service portals that allow the provision of room, transfer of data to different tiers of storage, and the option to add or remove storage as needed. To address the security needs of enterprise data, cloud-based storage offers security controls to ensure that all the data is stored securely in data center facilities and is available for quick access.

Hybrid deployment mode to grow at the highest CAGR during the forecast period
The hybrid cloud deployment mode is expected to grow at the highest rate, as it offers the benefits of both private and public deployment modes. Enterprises need a solution to exploit their data centers distributed across multiple environments, owing to the increasing business demands. Increased user and resource mobility, ongoing migrations of applications over the cloud, and the emergence of more sophisticated threats are driving organizations to adopt the hybrid cloud deployment mode.

North America is estimated to hold the largest market size
North America is estimated to hold the largest market size during the forecast period, as organizations are shifting toward innovative technologies with the increasing adoption of digital business strategies. Organizations have also invested in advanced technologies to gain a competitive edge and enhance their business operations. APAC is expected to be the fastest-growing region in the global cloud infrastructure services market, owing to the positive economic outlook in the region, increased spending on Information Technology (IT) infrastructure, and benefits of cloud infrastructure services tools to drive user experience and improve continuous delivery issues.
In-depth interviews were conducted with Chief Executive Officers (CEOs), marketing directors, other innovation and technology directors, and executives from various key organizations operating in the marketing automation market.
• By company: Tier 1 – 26%, Tier 2 – 41%, and Tier 3 – 33%
• By designation: C-level – 31%, Director level – 36%, and Others – 33%
• By region: North America – 31%, Europe – 22%, APAC – 20%, MEA – 15%, and Latin America-12%
Major vendors offering cloud infrastructure services across the globe include IBM (US), Microsoft (US), AWS (US),Oracle (US), Google (US), Alibaba (China), Fujitsu (Japan), Rackspace (US), DigitalOcean (US), Verizon (US), VMware (US), CenturyLink (US), Bluelock (US), Dimension Data (South Africa), OVH (France), Joyent (US), Skytap (US), Virtuestream (US), ProfitBricks (Germany), Tencent (China), DXC Technology (US), AT&T (US), NEC (Japan), and Navisite (US)
The study includes an in-depth competitive analysis of these key players in the marketing automation market, with their company profiles, recent developments, and key market strategies

Research Coverage
The report segments the cloud infrastructure services market by service type, deployment model, organization size, vertical, and region. A detailed analysis of the key industry players has been done to provide key insights into their business overviews, services, key strategies, new service launches, partnerships, agreements and collaborations, business expansions, and competitive landscape associated with the cloud infrastructure services market.

Key benefits of buying the report
The report comprehensively segments the cloud infrastructure services market and provides the closest approximations of the revenue numbers for the overall market and its subsegments across major regions. The report will help stakeholders understand the pulse of the market and provides them with information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities. The report will also assist stakeholders in better understanding their competitors and gaining more insights to better their positions in their respective businesses. The competitive landscape section includes the vendor comparison of the major players in the cloud infrastructure services market.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"クラウドインフラストラクチャサービスの世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 20)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.2.1 Market Scope
1.3 Years Considered for the Study
1.4 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 23)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Breakup of Primary Profiles
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.2 Market Breakup and Data Triangulation
2.3 Market Size Estimation
2.3.1 Top-Down Approach
2.3.2 Bottom-Up Approach
2.4 Market Forecast
2.5 Assumptions for the Study
2.6 Limitations of the Study
3 Executive Summary (Page No. – 30)
4 Premium Insights (Page No. – 33)
4.1 Attractive Growth Opportunities in the Cloud Infrastructure Services Market
4.2 Market By Deployment Model, 2019
4.3 North America: Market By Service Type and Country
5 Cloud Infrastructure Services Market Overview (Page No. – 35)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Changing Market Trends and Agility
5.2.1.2 Increasing Iaas Benefits
5.2.1.3 Increased Cost-Savings and ROI
5.2.1.4 Edge Computing Going Mainstream
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Concern Over Data Losses
5.2.2.2 Reluctance of Employees to Upgrade Existing Skills
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Increase in the Adoption of Hybrid Cloud Services
5.2.3.2 Rise in the Number of SMEs to Create New Revenue Opportunities for Cloud Vendors
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Increased Need to Manage Regulatory and Compliance Policy Needs
5.2.4.2 Compatibility Issues With Legacy Systems
5.2.4.3 Fear of Vendor Lock-In
5.3 Industry Trends
5.3.1 Use Case 1: IBM
6 Cloud Infrastructure Services Market By Service Type (Page No. – 40)
6.1 Introduction
6.2 Compute as a Service
6.2.1 On-Demand Billing of Computing Resource to Drive the Demand for Compute as a Service
6.3 Storage as a Service
6.3.1 Simplified Implementation, Ease of Maintenance, and Maximum Return on Investment to Drive the Demand for Storage Services
6.4 Disaster Recovery and Backup as a Service
6.4.1 Need to Protect Data From Any Disaster to Drive the Demand for Disaster Recovery and Backup as a Service
6.5 Networking as a Service
6.5.1 Network as a Service to Enable Enterprises Optimize Network Streams
6.6 Desktop as a Service
6.6.1 Freedom of Accessing Desktops From Anywhere, Anytime, and Anyhow to Drive the Adoption of Desktop as a Service
6.7 Managed Hosting
6.7.1 Need to Reduce Redundancy and Latency in Orchestrating Storage and Keeping Full Control Over Content to Drive the Demand for Managed Hosting
7 Cloud Infrastructure Services Market By Deployment Model (Page No. – 55)
7.1 Introduction
7.2 Public Cloud
7.2.1 Lower Capital Expenditure and Higher Scalability Benefits to Drive the Demand for Public Cloud
7.3 Private Cloud
7.3.1 Concerns Over Security and Privacy to Drive the Deployment of Iaas on Private Cloud
7.4 Hybrid Cloud
7.4.1 Scalability, Security, and Cost-Effectiveness to Drive the Deployment of Infrastructure as a Service on Hybrid Cloud
8 Cloud Infrastructure Services Market By Organization Size (Page No. – 63)
8.1 Introduction
8.2 Small and Medium-Sized Enterprises
8.2.1 Reduced Cost of Implementation With Flexible Pricing Models Led to Higher Adoption of Iaas Among Small and Medium-Sized Enterprises
8.3 Large Enterprises
8.3.1 Benefit of Scaling Up Or Down the Infrastructure System as Per Business Requirements to Drive the Adoption of Iaas Among Large Enterprises
9 Cloud Infrastructure Services Market By Vertical (Page No. – 67)
9.1 Introduction
9.2 Banking, Financial Services and Insurance
9.2.1 Unrivaled Level of Agility, Security, and Scalability to Drive the Demand for Iaas in Banking, Financial Services and Insurance Vertical
9.3 It and Telecommunications
9.3.1 Need to Enhance Customer Satisfaction and Provide Faster Time-To-Market for Satisfying Changing Customer Needs to Drive the Adoption of Infrastructure as a Service in It and Telecommunications Vertical
9.4 Government and Public Sector
9.4.1 Need to Increase Citizen Engagement and Government Favourable Policies of Digital Technologies to Drive the Adoption of Infrastructure as a Service in Government and Public Sector
9.5 Retail and Consumer Goods
9.5.1 Growing Competition to Increase Market Shares and Profit Margins to Drive the Adoption of Infrastructure as a Service in the Retail and Consumer Goods Vertical
9.6 Manufacturing
9.6.1 Growing Need to Optimize Product Manufacturing and Delivery Processes to Drive the Adoption of Infrastructure as a Service in the Manufacturing Vertical
9.7 Energy and Utilities
9.7.1 Growing Need to Manage Complex Operations and Ensuring Reliability of Power System to Boost the Adoption of Infrastructure as a Service in the Energy and Utilities Vertical
9.8 Media and Entertainment
9.8.1 Focus of Organizations on Maintaining Large Pool of Content With Low Capex to Drive the Adoption of Infrastructure as a Service in the Media and Entertainment Vertical
9.9 Healthcare and Life Sciences
9.9.1 Need to Streamline Patient Health and Enhance Medical Staff Productivity to Drive the Demand for Infrastructure as a Service in the Healthcare and Life Sciences Vertical
9.10 Others
10 Cloud Infrastructure Services Market By Region (Page No. – 78)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.2.1 United States
10.2.1.1 Deployment of Infrastructure as a Service to Improve Scalability of Storage and Networks Among Enterprises Fueling the Market Growth in the United States
10.2.2 Canada
10.2.2.1 Greater Flexibility in Resource Allocation, Agility, and Scalability to Drive the Growth of the Cloud Infrastructure Services Market in Canada
10.3 Europe
10.3.1 United Kingdom
10.3.1.1 Need to Deliver Consistent Customer Service Experience to Drive the Adoption of Infrastructure as a Service in the United Kingdom
10.3.2 Rest of Europe
10.4 Asia Pacific
10.4.1 China
10.4.1.1 Increasing Investments By Organizations Toward Implementing Cloud Technology-Based Solutions to Fuel the Adoption of Infrastructure as a Service in China
10.4.2 Rest of Asia Pacific
10.5 Middle East and Africa
10.5.1 Kingdom of Saudi Arabia
10.5.1.1 Focus of Organizations on Lowering Costs of It Service Operations and Enhance Efficiency to Drive the Growth of the Cloud Infrastructure Services Market in Kingdom of Saudi Arabia
10.5.2 Rest of Middle East and Africa
10.6 Latin America
10.6.1 Brazil
10.6.1.1 Focus of Organizations on Reducing Capex to Drive the Growth of the Cloud Infrastructure Services Market in Brazil
10.6.2 Mexico
10.6.2.1 Digital Transformation in the Telecommunication Vertical to Propel the Adoption of Infrastructure as a Service in Mexico
10.6.3 Rest of Latin America
11 Competitive Landscape (Page No. – 113)
11.1 Introduction
11.2 Competitive Scenario
11.2.1 New Product/Service Launches
11.2.2 Business Expansions
11.2.3 Acquisitions
11.2.4 Partnerships
11.3 Competitive Leader Mapping
11.3.1 Visionary Leaders
11.3.2 Innovators
11.3.3 Dynamic Differentiators
11.3.4 Emerging Companies
12 Company Profiles (Page No. – 120)
12.1 Introduction
(Business Overview, Services, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
12.2 AWS
12.3 Microsoft
12.4 Google
12.5 IBM
12.6 Alibaba Cloud
12.7 Rackspace
12.8 Oracle
12.9 Fujitsu
12.10 VMware
12.11 Centurylink
12.12 Dimension Data
12.13 DXC
12.14 Verizon
12.15 Tencent
12.16 AT&T
12.17 NEC
12.18 Joyent
12.19 Virtustream
12.20 Digitalocean
12.21 Skytap
12.22 OVH
12.23 Bluelock
12.24 Navisite
*Details on Business Overview, Products & Services, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
13 Appendix (Page No. – 169)
13.1 Discussion Guide
13.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.3 Available Customizations
13.4 Related Reports
13.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】クラウドインフラストラクチャサービスの世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年10月22日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】TC 3123
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】通信&IT
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
クラウドインフラストラクチャサービスの世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • カナダの心臓補助装置市場(~2021)
  • 補正用コンタクトレンズの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、補正用コンタクトレンズの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、補正用コンタクトレンズの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 業務用アイスクリームフリーザーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、業務用アイスクリームフリーザーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、業務用アイスクリームフリーザーの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 1,3-β-グルカン合成酵素阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における1,3-β-グルカン合成酵素阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・1,3-β-グルカン合成酵素阻害剤の概要 ・1,3-β-グルカン合成酵素阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の1,3-β-グルカン合成酵素阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・1,3-β-グルカン合成酵素阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・1,3-β-グルカン合成酵素阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • クロマトグラフィーの世界市場:液体クロマトグラフィー、ガスクロマトグラフィー、イオン交換クロマトグラフィー
    当調査レポートでは、クロマトグラフィーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、クロマトグラフィーの世界市場規模及び予測、技術別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • スマートスプリンクラー灌漑システムの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、スマートスプリンクラー灌漑システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマートスプリンクラー灌漑システムの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はスマートスプリンクラー灌漑システムの世界市場が2017-2021年期間中に年平均31.07%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はHUNTER INDUSTRIES、Orbit Irrigation Products、Rachio、Rain Bird、RainMachine-Green Electronics等です。
  • ゼラチンの世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、ゼラチンの世界市場について調査・分析し、ゼラチンの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - ゼラチンの世界市場:市場動向分析 - ゼラチンの世界市場:競争要因分析 - ゼラチンの世界市場:原料別 ・牛皮 ・牛の骨 ・豚皮 ・その他 - ゼラチンの世界市場:機能 ・ゲル化剤 ・増粘剤 ・安定剤 ・その他 - ゼラチンの世界市場:用途別 ・食品・飲料 ・調剤 ・パーソナルケア(化粧品) ・栄養補助食品 ・写真 ・その他 - ゼラチンの世界市場:主要地域別分析 - ゼラチンの北米市場規模(アメリカ市場等) - ゼラチンのヨーロッパ市場規模 - ゼラチンのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・ゼラチンの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 世界のほう素肥料市場2015
    本調査レポートでは、世界のほう素肥料市場2015について調査・分析し、ほう素肥料の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • エアナイフの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、エアナイフの世界市場について調査・分析し、エアナイフの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別エアナイフシェア、市場規模推移、市場規模予測、エアナイフ種類別分析(アルミニウム製エアナイフ、ステンレススティール製エアナイフ、エレクトロニックエアナイフ、その他)、エアナイフ用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エアナイフの市場概観 ・エアナイフのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・エアナイフのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・エアナイフの世界市場規模 ・エアナイフの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・エアナイフのアメリカ市場規模推移 ・エアナイフのカナダ市場規模推移 ・エアナイフのメキシコ市場規模推移 ・エアナイフのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・エアナイフのドイツ市場規模推移 ・エアナイフのイギリス市場規模推移 ・エアナイフのロシア市場規模推移 ・エアナイフのアジア市場分析(日本、中国、韓国、イン …
  • ペプチド治療の世界市場
    当調査レポートでは、ペプチド治療の世界市場について調査・分析し、ペプチド治療の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • スマート教室用書画カメラの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、スマート教室用書画カメラの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマート教室用書画カメラの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 機能性織物仕上げ剤の世界市場分析:製品別(抗菌剤、難燃剤、防虫剤および放出剤、温度調節剤、耐久性プレス/しわ防止剤)、地域別、競争戦略、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、機能性織物仕上げ剤の世界市場について調査・分析し、機能性織物仕上げ剤の世界市場動向、機能性織物仕上げ剤の世界市場規模、市場予測、セグメント別機能性織物仕上げ剤市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ロシアのIVD(体外診断用医療機器)市場(~2021)
  • 業務用AV機器・サービスの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、業務用AV機器・サービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、業務用AV機器・サービスの世界市場規模及び予測、種類別分析、製品別分析、サービス別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ポストプロダクションの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、ポストプロダクションの世界市場について調べ、ポストプロダクションの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ポストプロダクションの市場規模をセグメンテーション別(用途別(映画、テレビ、コマーシャル、オンライン動画)、技術別(VFX、オーディオ処理、2D-3D変換、編集、その他)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はポストプロダクションの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均7%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・ポストプロダクションの市場状況 ・ポストプロダクションの市場規模 ・ポストプロダクションの市場予測 ・ポストプロダクションの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(映画、テレビ、コマーシャル、オンライン動画) ・市場セグメンテーション:技術別(VFX、オーディオ処理、2D-3D変換、編集、その他) ・ポストプロダクションの顧客状況 ・主要地域別市場規模 …
  • オーストラリアの組織検査/細胞検査市場動向(~2021)
  • エフィリン受容体アンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるエフィリン受容体アンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・エフィリン受容体アンタゴニストの概要 ・エフィリン受容体アンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のエフィリン受容体アンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・エフィリン受容体アンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・エフィリン受容体アンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 麻酔薬デリバリーシステムの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、麻酔薬デリバリーシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、麻酔薬デリバリーシステムの世界市場規模及び予測、構成要素別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、医療費償還シナリオ、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 指紋認証モジュールの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、指紋認証モジュールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、指紋認証モジュールの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ワインの世界市場2018-2022
    ワインは、ブドウやその他の果実の果汁を発酵させて作られたアルコール飲料です。極辛口から極甘口までさまざまで、非発泡性および発泡性のものがあります。ワインの世界市場は、2018~2022年の間、年平均成長率1.59%で成長すると予測されています。 主な分析対象企業は、Concha y Toro、Constellation Brands、E. & J. Gallo Winery、LVMH、Treasury Wine Estatesなどです。 当調査レポートでは、ワインの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ワイン市場規模、製品別(非発泡ワイン、スパークリングワイン)分析、販売チャネル別分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ワインの世界市場概要 ・ワインの世界市場環境 ・ワインの世界市場動向 ・ワインの世界市場規模 ・ワインの世界市場:業界構造分析 ・ワインの世界市場:製品別(非発泡ワイン、スパークリングワイン) ・ワインの世界市場:販売 …
  • 監視レーダーの世界市場予測(~2025年)
    当調査レポートでは、監視レーダーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、用途別(商業、国家安全保障、防衛&宇宙)分析、プラットフォーム別(陸、空,、海軍、宇宙)分析、周波数帯域別(UHF&VHF; L; S; C; X; K、Ku、&Ka)分析、ディメンション別分析、監視レーダーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、監視レーダーの世界市場規模が2019年83億万ドルから2025年119億万ドルまで年平均6.3%成長すると予測しています。
  • 筋層非浸潤性膀胱がん(表在性膀胱がん):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における筋層非浸潤性膀胱がん(表在性膀胱がん)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、筋層非浸潤性膀胱がん(表在性膀胱がん)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・筋層非浸潤性膀胱がん(表在性膀胱がん)の概要 ・筋層非浸潤性膀胱がん(表在性膀胱がん)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の筋層非浸潤性膀胱がん(表在性膀胱がん)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・筋層非浸潤性膀胱がん(表在性膀胱がん)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発 …
  • インフルエンザワクチンの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、インフルエンザワクチンの世界市場について調査・分析し、インフルエンザワクチンの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別インフルエンザワクチンシェア、市場規模推移、市場規模予測、インフルエンザワクチン種類別分析(全粒子ワクチン、Split Virus Vaccines、サブユニットワクチン、弱毒化生ウイルスワクチン)、インフルエンザワクチン用途別分析(幼児(6か月から3歳)、3歳以上の子供・成人用)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・インフルエンザワクチンの市場概観 ・インフルエンザワクチンのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・インフルエンザワクチンのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・インフルエンザワクチンの世界市場規模 ・インフルエンザワクチンの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・インフルエンザワクチンのアメリカ市場規模推移 ・インフルエンザワクチンのカナダ市場規模推移 ・インフルエンザワクチンのメキシコ市場規模推移 ・インフルエンザワクチンのヨ …
  • 包装ウコンベース飲料の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、包装ウコンベース飲料の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、包装ウコンベース飲料市場規模、用途別(健康・ウェルネス、医薬品)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Dunn's River Brands, Gaia Herbs, House Foods Group, Just-C, Numi, Unileverなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・包装ウコンベース飲料の世界市場概要 ・包装ウコンベース飲料の世界市場環境 ・包装ウコンベース飲料の世界市場動向 ・包装ウコンベース飲料の世界市場規模 ・包装ウコンベース飲料の世界市場:業界構造分析 ・包装ウコンベース飲料の世界市場:用途別(健康・ウェルネス、医薬品) ・包装ウコンベース飲料の世界市場:地域別市場規模・分析 ・包装ウコンベース飲料の北米市場規模・予測 ・包装ウコンベース飲料のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・包装ウコンベース飲料のアジア太平洋市場規模・予測 …
  • ガラス鋳型の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ガラス鋳型の世界市場について調査・分析し、ガラス鋳型の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ガラス鋳型シェア、市場規模推移、市場規模予測、ガラス鋳型種類別分析(従来型鋳鉄鋳型、合金鋳鉄鋳型、その他)、ガラス鋳型用途別分析(飲料・ワイン産業、日常用化学薬品産業、コモディティ産業、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ガラス鋳型の市場概観 ・ガラス鋳型のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ガラス鋳型のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ガラス鋳型の世界市場規模 ・ガラス鋳型の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ガラス鋳型のアメリカ市場規模推移 ・ガラス鋳型のカナダ市場規模推移 ・ガラス鋳型のメキシコ市場規模推移 ・ガラス鋳型のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ガラス鋳型のドイツ市場規模推移 ・ガラス鋳型のイギリス市場規模推移 ・ガラス鋳型のロシア市場規模推移 ・ガラス鋳型のアジア市場分析(日本、中国、韓国、 …
  • 精密農業の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、精密農業の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、精密農業市場規模、技術別分析、製品別(ハードウェア、ソフトウェア)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、AGCO, Ag Leader Technology, Deere & Company, Raven Industries, Trimbleなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・精密農業の世界市場概要 ・精密農業の世界市場環境 ・精密農業の世界市場動向 ・精密農業の世界市場規模 ・精密農業の世界市場:業界構造分析 ・精密農業の世界市場:技術別 ・精密農業の世界市場:製品別(ハードウェア、ソフトウェア) ・精密農業の世界市場:地域別市場規模・分析 ・精密農業の北米市場規模・予測 ・精密農業のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・精密農業のアジア太平洋市場規模・予測 ・精密農業の主要国分析 ・精密農業の世界市場:意思決定フレームワーク ・精密農業の世界市場:成長要因、課 …
  • 分光赤外線検出装置の世界市場予測(~2022)
    当調査レポートでは、分光赤外線検出装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、技術別分析、スペクトル感度別分析、製品別分析、地域別分析、分光赤外線検出装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 特発性肺線維症(Idiopathic Pulmonary Fibrosis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、特発性肺線維症(Idiopathic Pulmonary Fibrosis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・特発性肺線維症(Idiopathic Pulmonary Fibrosis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・特発性肺線維症(Idiopathic Pulmonary Fibrosis)のフェーズ3治験薬の状況 ・特発性肺線維症(Idiopathic Pulmonary Fibrosis)治療薬の市場規模(販売予測) ・特発性肺線維症(Idiopathic Pulmonary Fibrosis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・特発性肺線維症(Idiopathic Pulmonary Fibrosis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の特発性肺線維症(Idiopathic Pulmonary Fibrosis)治療薬剤
  • 緑膿菌感染症(Pseudomonas Aeruginosa Infections):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、緑膿菌感染症(Pseudomonas Aeruginosa Infections)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・緑膿菌感染症(Pseudomonas Aeruginosa Infections):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・緑膿菌感染症(Pseudomonas Aeruginosa Infections)のフェーズ3治験薬の状況 ・緑膿菌感染症(Pseudomonas Aeruginosa Infections)治療薬の市場規模(販売予測) ・緑膿菌感染症(Pseudomonas Aeruginosa Infections)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・緑膿菌感染症(Pseudomonas Aeruginosa Infections)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の緑膿菌感染症(Pseudomonas Aeruginosa Infections)治 …
  • 副腎機能不全(Adrenal Insufficiency):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における副腎機能不全(Adrenal Insufficiency)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、副腎機能不全(Adrenal Insufficiency)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・副腎機能不全(Adrenal Insufficiency)の概要 ・副腎機能不全(Adrenal Insufficiency)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の副腎機能不全(Adrenal Insufficiency)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・副腎機能不全(Adrenal Insufficiency)治療薬の評価   - 単剤治療 …
  • CFRTP(炭素繊維強化熱可塑性樹脂)の世界市場予測(~2026):製品種類別(連続繊維、長繊維、短繊維)、樹脂種類別、用途別、地域別
    当調査レポートでは、CFRTP(炭素繊維強化熱可塑性樹脂)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、製品種類別分析、樹脂種類別分析、用途別分析、地域別分析、CFRTP(炭素繊維強化熱可塑性樹脂)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • スクアレンの世界市場:動物由来スクアレン、野菜由来スクアレン
    当調査レポートでは、スクアレンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 軟骨肉腫(Chondrosarcoma):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における軟骨肉腫(Chondrosarcoma)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、軟骨肉腫(Chondrosarcoma)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・軟骨肉腫(Chondrosarcoma)の概要 ・軟骨肉腫(Chondrosarcoma)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の軟骨肉腫(Chondrosarcoma)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・軟骨肉腫(Chondrosarcoma)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リ …
  • パワーエレクトロニクスの世界市場分析:材料別(シリコン、サファイア、SiC、GaN系、およびその他)、機器別(ディスクリート、モジュール、IC)、用途別(ICT、家庭用電化製品、電力、産業、自動車、航空宇宙・防衛)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、パワーエレクトロニクスの世界市場について調査・分析し、パワーエレクトロニクスの世界市場動向、パワーエレクトロニクスの世界市場規模、市場予測、セグメント別パワーエレクトロニクス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • クラウド実現技術の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、クラウド実現技術の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、クラウド実現技術の世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ナフサの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ナフサの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ナフサの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • フィンランドの外傷固定装置市場見通し
  • LED蛍光体の世界市場
    当調査レポートでは、LED蛍光体の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、LED蛍光体の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 商業用ルータの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、商業用ルータの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、商業用ルータの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、企業規模別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • インテリジェント遠隔端末装置(RTU)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、インテリジェント遠隔端末装置(RTU)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、インテリジェント遠隔端末装置(RTU)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のリニアガイドウェイ市場2016
    本調査レポートでは、世界のリニアガイドウェイ市場2016について調査・分析し、リニアガイドウェイの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • セルラーIoTの世界市場予測(~2021):提供方法別(ハードウェアとソフトウェア)、種類別(2G、3G、4G、LTE-M、NB-LTE-M、NB-10T、5G)、最終用途別(自動車・輸送、エネルギー、製造業、小売、ビルディングオートメーションとスマートシティ)、地域別
    当調査レポートでは、セルラーIoTの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、提供方式別分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、セルラーIoTの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • セーフティライトカーテンの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、セーフティライトカーテンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、セーフティライトカーテンの世界市場規模及び予測、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 中国の膝関節プロテーゼ市場2015
    本調査レポートでは、中国の膝関節プロテーゼ市場2015について調査・分析し、膝関節プロテーゼの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • タンパク質加水分解物の世界市場:タイプ別(ミルク、動物、水産物、卵、植物、酵母)、用途別、由来別(動物、植物、微生物)、プロセス別(酸加水分解・アルカリ加水分解、酵素加水分解)、地域別予測
    本資料は、タンパク質加水分解物の世界市場について調べ、タンパク質加水分解物の世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(ミルク、動物、水産物、卵、植物、酵母)分析、用途別分析、由来別(動物、植物、微生物)分析、プロセス別(酸加水分解・アルカリ加水分解、酵素加水分解)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・タンパク質加水分解物の世界市場概要 ・タンパク質加水分解物の世界市場環境 ・タンパク質加水分解物の世界市場動向 ・タンパク質加水分解物の世界市場規模 ・タンパク質加水分解物の世界市場規模:タイプ別(ミルク、動物、水産物、卵、植物、酵母) ・タンパク質加水分解物の世界市場規模:用途別 ・タンパク質加水分解物の世界市場規模:由来別(動物、植物、微生物) ・タンパク質加水分解物の世界市場規模:プロセス別(酸加水分解・アルカリ加水分解、酵素加水分解) ・タンパク質加水分解物の世界市場:地域別市場規模・分析 ・タンパク質加水分解物の北米市場規模・予測 ・タン …
  • 振動制御システムの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、振動制御システムの世界市場について調査・分析し、振動制御システムの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 振動制御システムの世界市場:市場動向分析 - 振動制御システムの世界市場:競争要因分析 - 振動制御システムの世界市場:販売チャネル ・アフターマーケット ・OEM - 振動制御システムの世界市場:製品別 ・振動制御 ・自動化制御 ・モーション制御 - 振動制御システムの世界市場:エンドユーザー別 ・電子機器・コンポーネント ・石油・石炭製品業界 ・飲料・たばこ製品製造 ・運輸業 ・石油・ガス ・機械製造 ・化学製品 ・テキスタイル工場 ・食品製造 ・ユーティリティ ・鉱業・採石 - 振動制御システムの世界市場:主要地域別分析 - 振動制御システムの北米市場規模(アメリカ市場等) - 振動制御システムのヨーロッパ市場規模 - 振動制御システムのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・振動制御システムの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 世界のエアフローメータ市場2015
    本調査レポートでは、世界のエアフローメータ市場2015について調査・分析し、エアフローメータの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の診断カテーテル市場2015
    本調査レポートでは、世界の診断カテーテル市場2015について調査・分析し、診断カテーテルの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 急性呼吸窮迫症候群(Acute Respiratory Distress Syndrome):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における急性呼吸窮迫症候群(Acute Respiratory Distress Syndrome)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、急性呼吸窮迫症候群(Acute Respiratory Distress Syndrome)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・急性呼吸窮迫症候群(Acute Respiratory Distress Syndrome)の概要 ・急性呼吸窮迫症候群(Acute Respiratory Distress Syndrome)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の急性呼吸窮迫症候群(Acute Respiratory Distress Syndrome)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND …
  • 航空機通信システムの世界市場予測(~2022年):SATCOM、VHF/UHF/L-Band、HF通信、データリンク
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、航空機通信システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、製品種類別分析、構成品別分析、需要先別分析、地域別分析、航空機通信システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"