"半透明コンクリートの世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:BC 7392)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"半透明コンクリートの世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The translucent concrete market is projected to register a CAGR of 80.0% during the forecast period.”The translucent concrete market is projected to grow at a significant rate. The increasing demand for building energy-efficient buildings is driving the growth of the translucent concrete industry. The translucent concrete has the ability to pass light through it. It consists of optical elements such as optical fibers, glass rods, and resins that offer the light-transmitting property to the translucent concretes. The growing urbanization, the increasing spending power, demand for aesthetical and decorative buildings, and need for energy conservation has driven the market for translucent concretes.

“Optical elements is the fastest-growing raw material of translucent concrete, in terms of value.”
The translucent concrete is made of two raw materials, namely concrete and optical elements. Translucent concrete is approximately composed of 96% concrete and 4% optical elements. The optical elements can be combined easily with concrete. The optical element, is the key raw material used in the manufacturing of translucent concretes without which the main characteristic of transparency is not achieved. The optical elements have the capability to illuminate in the presence of natural as well as artificial light.

“Flooring is the fastest-growing application of translucent concrete, in terms of value.”
The flooring application covers usage of translucent concrete for residential floorings, commercial building floorings, restaurant floorings, staircases, and highway construction, among others. The translucent concrete, when used in flooring applications, helps in enhancing the aesthetical look. For instance, the translucent concrete blocks when used in floors, it looks like normal concrete blocks in the daytime, however, due to an artificial illumination beneath the blocks, it shines in different colors in the dark. The use of translucent concrete blocks in flooring applications of residential floorings, commercial building floorings, restaurant floorings, staircases, mainly meets aesthetical requirements of construction.

“Construction & Infrastructure is the fastest-growing end-use industry of translucent concrete, in terms of value.”
The translucent concrete has the ability to pass light through it. It consists of optical elements such as optical fibers, glass rods, and resins that offer the light-transmitting property to the translucent concretes. The growing urbanization, the increasing spending power, demand for aesthetical and decorative buildings, and need for energy conservation has increased the application for translucent concretes in construction & infrastructure industry.

“MEA is the largest, and APAC is the fastest-growing translucent concrete market.”
MEA is the largest region in the translucent concrete market due to the high demand for the material in the construction sector. The construction industry in the area is growing at a considerable pace. The increased government spending on construction projects is a major factor supporting the growth of construction industry in the region. UAE, Oman, Qatar, Saudi Arabia, Egypt, and Irans will drive most of the region’s construction activity.

APAC is projected to register the highest CAGR in terms of value and volume in the global translucent concrete market during the forecast period. The demand for translucent concrete in APAC would grow owing to increasing use in roadways. The translucent concrete would be used beneath solar panels on the highway and would use natural sunlight for illumination of roads, thereby providing road safety.

This study has been validated through primaries conducted with various industry experts, globally. These primary sources have been divided into the following three categories:
• By Company Type- Tier 1- 40%, Tier 2- 33%, and Tier 3- 27%
• By Designation- C Level- 50%, Director Level- 20%, and Others- 30%
• By Region- North America- 20%, Europe- 50%, APAC- 15%, MEA-10%, Latin America-5%
The report provides a comprehensive analysis of company profiles listed below:
• Litracon Ltd (Hungary),
• LUCEM GmbH (Germany)
• Dupont Lightstone (Denmark)
• CRE Panel GmbH (Austria)
• LCT GesmbH (Austria)
• Italcementi SpA (Italy)
• Pan-United Corporation Ltd (Singapore)
• Beton Broz (Czech Republic)
• Glass block technology limited (UK)
• Florack Bauunternehmung GmBH (Germany)

Research Coverage
This report covers the global translucent concrete market and forecasts the market size until 2024. The report includes the market segmentation – Raw Material (Concrete, Optical Elements), Application (Facades & Wall Cladding, Flooring, Others), End-use Industry (Construction & Infrastructure, Others), and region (Europe, North America, APAC, Latin America, and MEA). Porter’s Five Forces analysis, along with the drivers, restraints, opportunities, and challenges are discussed in the report. It also provides company profiles and competitive strategies adopted by the major players in the global translucent concrete market.

Key benefits of buying the report:
The report will help market leaders/new entrants in this market in the following ways:
1. This report segments the global translucent concrete market comprehensively and provides the closest approximations of the revenues for the overall market and the sub-segments across different verticals and regions.
2. The report helps stakeholders understand the pulse of the translucent concrete market and provides them with information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.
3. This report will help stakeholders to understand competitors better and gain more insights to better their position in their businesses. The competitive landscape section includes the competitor ecosystem, new product development, agreement, and acquisitions.

Reasons to buy the report:
The report will help market leaders/new entrants in this market by providing them with the closest approximations of the revenues for the overall translucent concrete market and the sub-segments. This report will help stakeholders to understand the competitive landscape and gain more insights and position their businesses and market strategies in a better way. The report will also help stakeholders understand the pulse of the market and provide them with information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"半透明コンクリートの世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 17)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Market Segmentation
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Unit Considered
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 20)
2.1 Research Data
2.2 Secondary Data
2.2.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.2.2 Primary Data
2.2.2.1 Key Data From Primary Sources
2.2.2.2 Key Industry Insights
2.2.2.3 Breakdown of Primary Interviews
2.3 Market Size Estimation
2.3.1 Supply Side Analysis
2.4 Data Triangulation
2.5 Assumptions
2.6 Limitations
3 Executive Summary (Page No. – 27)
4 Premium Insights (Page No. – 31)
4.1 Attractive Opportunities in the Translucent Concrete Market
4.2 Translucent Concrete Market, By Application and Region, 2018
4.3 Translucent Concrete Market, By Raw Material
4.4 Translucent Concrete Market, By End-Use Industry
4.5 Translucent Concrete Market, By Key Countries
5 Macroeconomic Indicators (Page No. – 34)
5.1 Introduction
5.1.1 Rising Population
5.1.2 Increase in Middle-Class Population, 2009–2030
5.2 Trends and Forecast of GDP
5.3 Contribution of the Construction Industry to the GDP, By Country
6 Market Overview (Page No. – 38)
6.1 Introduction
6.2 Market Dynamics
6.2.1 Drivers
6.2.1.1 Increasing Need for Energy Conservation
6.2.1.2 Reduced Initial Maintenance and Enhanced Aesthetical Properties
6.2.2 Restraints
6.2.2.1 High Cost of Optical Fibers
6.2.2.2 Requirement of Skilled Labor
6.2.3 Opportunities
6.2.3.1 Road Safety and Security
6.2.3.2 Good Potential in Cold Regions
6.2.4 Challenges
6.2.4.1 Reduction in Cost of Production
6.3 Porter’s Five Forces Analysis
6.3.1 Bargaining Power of Suppliers
6.3.2 Bargaining Power of Buyers
6.3.3 Threat of Substitutes
6.3.4 Threat of New Entrants
6.3.5 Intensity of Competitive Rivalry
7 Translucent Concrete Market, By Raw Material (Page No. – 42)
7.1 Introduction
7.2 Concrete
7.2.1 Concrete Offers A Hoard of Advantages, Including High Durability When Used as A Raw Material
7.3 Optical Elements
7.3.1 Optical Elements Help in Energy Conservation of an Infrastructure
8 Translucent Concrete Market, By Application (Page No. – 47)
8.1 Introduction
8.2 Facades & Wall Cladding
8.2.1 Translucent Concrete Allows Natural Light to Pass Through It When Used in This Application
8.3 Flooring
8.3.1 Translucent Concrete Helps in Rendering Aesthetic Appeal
8.4 Others
9 Translucent Concrete Market, By End-Use Industry (Page No. – 53)
9.1 Introduction
9.2 Construction & Infrastructure
9.2.1 Translucent Concrete is Experiencing High Demand in This Segment Due to Properties Such as Durability, High Mechanical Strength, and Energy Saving
9.3 Others
9.3.1 Furniture
9.3.2 Ornaments
10 Translucent Concrete Market, By Region (Page No. – 59)
10.1 Introduction
10.2 MEA
10.2.1 By Raw Material
10.2.2 By Application
10.2.3 By End-Use Industry
10.2.4 By Country
10.2.5 UAE
10.2.5.1 The Construction & Infrastructure Industry is Expected to Impact the Market in the Future
10.2.5.2 By Application
10.2.6 Saudi Arabia
10.2.6.1 Government’s Focus on Non-Oil Sectors and A Significant Number of Construction Projects are Helpful for the Market Growth
10.2.6.2 By Application
10.2.7 Rest of MEA
10.2.7.1 By Application
10.3 Europe
10.3.1 By Raw Material
10.3.2 By Application
10.3.3 By End-Use Industry
10.3.4 By Country
10.3.5 Hungary
10.3.5.1 Hungary is the Most Important Market for Translucent Concrete in Europe
10.3.5.2 By Application
10.3.6 Germany
10.3.6.1 Germany has the Presence of A Few Key Market Players, Which Makes the Country A Promising Market
10.3.6.2 By Application
10.3.7 France
10.3.7.1 France is A Developed Economy With A Prominent Construction Output
10.3.7.2 By Application
10.3.8 UK
10.3.8.1 The Country has One of the Established Construction & Infrastructure Industries in the Region
10.3.8.2 By Application
10.3.9 Italy
10.3.9.1 The Presence of A Diversified Construction & Infrastructure Industry is Boosting the Market
10.3.9.2 By Application
10.3.10 Russia
10.3.10.1 Urbanization is Driving the Construction Activities Significantly in the Country
10.3.10.2 By Application
10.3.11 Spain
10.3.11.1 as Construction is One of the Key Industrial Sectors of the Country, There are Growth Opportunities for the Market
10.3.11.2 By Application
10.3.12 Switzerland
10.3.12.1 The Market is Likely to Grow at A Decent Rate in the Country
10.3.13 Austria
10.3.13.1 The Recovery of the Economy and Investments in the Infrastructural Sector is Favorable for the Market Growth in the Country
10.4 North America
10.4.1 By Raw Material
10.4.2 By Application
10.4.3 By End-Use Industry
10.4.4 By Country
10.4.5 US
10.4.5.1 The Yearly Spending in the Construction Industry in the Country is Huge, Which is Propelling the Market
10.4.5.2 By Application
10.4.6 Canada
10.4.6.1 Heat Insulation and Light-Transmitting Properties of Translucent Concrete are Driving the Market in the Country
10.4.6.2 By Application
10.5 APAC
10.5.1 By Raw Material
10.5.2 By Application
10.5.3 By End-Use Industry
10.5.4 By Country
10.5.5 China
10.5.5.1 Government’s Focus on Using Eco-Friendly Construction Products is Fueling the Market
10.5.5.2 By Application
10.5.6 Japan
10.5.6.1 The Demand for Advanced Construction Solutions is Likely to Grow in the Country, Thereby Driving the Market
10.5.6.2 By Application
10.5.7 Australia
10.5.7.1 Focus on the Construction of Energy-Efficient Buildings is Favorable for the Translucent Concrete Market
10.5.7.2 By Application
10.5.8 South Korea
10.5.8.1 Restructuring of the Construction Industry is Expected to Drive the Market in the Country
10.5.8.2 By Application
10.5.9 Singapore
10.5.9.1 There is A Demand for High-Quality Construction With A Focus on Aesthetics in Singapore
10.5.9.2 By Application
10.5.10 Thailand
10.5.10.1 As One of the Popular Travel Destinations, the Country Focuses on the Development of Attractive Infrastructure
10.5.10.2 By Application
10.6 Latin America
10.6.1 By Raw Material
10.6.2 By Application
10.6.3 By End-Use Industry
10.6.4 By Country
10.6.5 Brazil
10.6.5.1 The Country is the Leading Market for Translucent Concrete in the Region
10.6.5.2 By Application
10.6.6 Mexico
10.6.6.1 The Infrastructure and Developmental Programs of the Federal Government is Helping in the Market Growth
10.6.6.2 By Application
11 Competitive Landscape (Page No. – 100)
11.1 Introduction
11.2 Market Ranking
11.3 Competitive Scenario
11.3.1 New Product Development
11.3.2 Agreement
11.3.3 Acquisition
12 Company Profiles (Page No. – 103)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, Projects Undertaken, SWOT Analysis, MnM View)*
12.1 Litracon Ltd
12.2 LUCEM GmbH
12.3 Dupont Lightstone
12.4 CRE Panel GmbH
12.5 Italcementi SPA
12.6 Pan-United Corporation Ltd
12.7 Beton Broz
12.8 Glass Block Technology Limited
12.9 Florack Bauunternehmung GmbH
12.10 Illuminart
12.11 Other Players
12.11.1 Subin Translucent Concrete
12.11.2 Rocalite
12.11.3 Van Delft Westerhof
12.11.4 Akriti Engineers
12.11.5 Fapinex
12.11.6 Socrates Architect
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, Projects Undertaken, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
13 Appendix (Page No. – 123)
13.1 Discussion Guide
13.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets Subscription Portal
13.3 Available Customizations
13.4 Related Reports
13.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】半透明コンクリートの世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年10月22日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】BC 7392
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】建築&建設
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
半透明コンクリートの世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 使い捨てマスクの世界市場
    当調査レポートでは、使い捨てマスクの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、使い捨てマスクの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 代謝性アシドーシス(Metabolic Acidosis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、代謝性アシドーシス(Metabolic Acidosis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・代謝性アシドーシス(Metabolic Acidosis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・代謝性アシドーシス(Metabolic Acidosis)のフェーズ3治験薬の状況 ・代謝性アシドーシス(Metabolic Acidosis)治療薬の市場規模(販売予測) ・代謝性アシドーシス(Metabolic Acidosis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・代謝性アシドーシス(Metabolic Acidosis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の代謝性アシドーシス(Metabolic Acidosis)治療薬剤
  • マタニティ用下着の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、マタニティ用下着の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、マタニティ用下着の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 業務用冷凍装置の世界市場:ディープフリーザー、ボトルクーラー、ストレージウォータークーラー、業務用キッチン冷凍、医療冷凍、チェスト冷凍
    当調査レポートでは、業務用冷凍装置の世界市場について調査・分析し、市場概要、製品種類別(ディープフリーザー、ボトルクーラー、ストレージウォータークーラー、業務用キッチン冷凍、医療冷凍、チェスト冷凍、その他)分析、エンドユーザー別(フルサービスレストラン&ホテル、食品加工産業、病院、小売薬局、スーパーマーケット/ハイパーマーケット、コンビニ、クイックサービスレストランなど)分析、地域別分析、競争状況、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・業務用冷凍装置の世界市場:製品種類別(ディープフリーザー、ボトルクーラー、ストレージウォータークーラー、業務用キッチン冷凍、医療冷凍、チェスト冷凍、その他) ・業務用冷凍装置の世界市場:エンドユーザー別(フルサービスレストラン&ホテル、食品加工産業、病院、小売薬局、スーパーマーケット/ハイパーマーケット、コンビニ、クイックサービスレストランなど) ・業務用冷凍装置の世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業動向
  • フードサービスのアジア太平洋市場2017-2021:食品販売、飲料販売
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、フードサービスのアジア太平洋市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、フードサービスのアジア太平洋市場規模及び予測、種類別分析、製品別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はフードサービスのアジア太平洋市場が2017-2021年期間中に年平均4.98%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、McDonald’s、Restaurant Brands International、Seven & i Holdings、Starbucks、Yum China Holdings等です。
  • 臭素の世界市場予測(~2024年)
    MarketsandMarkets社は、臭素の世界市場規模が2019年33億ドルから2024年44億ドルまで年平均5.8%成長すると予測しています。当調査レポートでは、臭素の世界市場について調査・分析し、市場概要、誘導体別(有機臭素、透明ブライン液、臭化水素(HBR))分析、用途別(難燃剤、水処理、水銀放出制御、石油&ガス掘削、HBRフロー電池、Pta合成、農薬、プラズマエッチング、医薬品、その他)分析、地域別(アジア太平洋、北米、ヨーロッパなど)分析、競合環境、企業概要、付録などを含め次の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・臭素の世界市場:誘導体別(有機臭素、透明ブライン液、臭化水素(HBR)) ・臭素の世界市場:用途別(難燃剤、水処理、水銀放出制御、石油&ガス掘削、HBRフロー電池、Pta合成、農薬、プラズマエッチング、医薬品、その他) ・臭素の世界市場:地域別(アジア太平洋、北米、ヨーロッパなど) ・競合環境 ・企業概要 ・付録
  • 世界のウォータトラップ市場2015
    本調査レポートでは、世界のウォータトラップ市場2015について調査・分析し、ウォータトラップの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ヘッドマウントディスプレイの世界市場
    当調査レポートでは、ヘッドマウントディスプレイの世界市場について調査・分析し、ヘッドマウントディスプレイの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 無菌フレキシブル包装の世界市場:種類別(プラスチック包装、複合フィルム、紙ベースの複合材、その他)、用途別(食品、医療、その他)、地域別予測
    本資料は、無菌フレキシブル包装の世界市場について調べ、無菌フレキシブル包装の世界規模、市場動向、市場環境、種類別(プラスチック包装、複合フィルム、紙ベースの複合材、その他)分析、用途別(食品、医療、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはBossar、Ecolean AirAseptic Clear、ELECSTER、Leibold、Paikeqi、Robert Bosch GmbH、Sealed Airなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・無菌フレキシブル包装の世界市場概要 ・無菌フレキシブル包装の世界市場環境 ・無菌フレキシブル包装の世界市場動向 ・無菌フレキシブル包装の世界市場規模 ・無菌フレキシブル包装の世界市場規模:種類別(プラスチック包装、複合フィルム、紙ベースの複合材、その他) ・無菌フレキシブル包装の世界市場規模:用途別(食品、医療、その他) ・無菌フレキシブル包装の世界市場:地域別市場規模・分析 ・無菌フレキシブル包装の北 …
  • 中国の三相リクローザ市場2015
    本調査レポートでは、中国の三相リクローザ市場2015について調査・分析し、三相リクローザの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 宇宙航空ロボットの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、宇宙航空ロボットの世界市場について調査・分析し、宇宙航空ロボットの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 宇宙航空ロボットの世界市場:市場動向分析 - 宇宙航空ロボットの世界市場:競争要因分析 - 宇宙航空ロボットの世界市場:ロボット種類別 カーテシアン型 多関節型 円筒型 SCARA その他のロボット種類 - 宇宙航空ロボットの世界市場:構成要素別 運転 末端作動 センサー 管理 アームプロセッサー - 宇宙航空ロボットの世界市場:技術別 共同体 伝来 - 宇宙航空ロボットの世界市場:用途別 検査 削孔及び締め付け 塗装及びコート 溶接 その他の用途 - 宇宙航空ロボットの世界市場:主要地域別分析 - 宇宙航空ロボットの北米市場規模(アメリカ市場等) - 宇宙航空ロボットのヨーロッパ市場規模 - 宇宙航空ロボットのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・宇宙航空ロボットの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 脳出血(Brain Hemorrhage):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における脳出血(Brain Hemorrhage)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、脳出血(Brain Hemorrhage)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・脳出血(Brain Hemorrhage)の概要 ・脳出血(Brain Hemorrhage)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の脳出血(Brain Hemorrhage)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・脳出血(Brain Hemorrhage)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止 …
  • 血栓塞栓症(Thromboembolism):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、血栓塞栓症(Thromboembolism)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・血栓塞栓症(Thromboembolism):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・血栓塞栓症(Thromboembolism)のフェーズ3治験薬の状況 ・血栓塞栓症(Thromboembolism)治療薬の市場規模(販売予測) ・血栓塞栓症(Thromboembolism)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・血栓塞栓症(Thromboembolism)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の血栓塞栓症(Thromboembolism)治療薬剤
  • スタティックランダムアクセスメモリ(SRAM)の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、スタティックランダムアクセスメモリ(SRAM)の世界市場について調査・分析し、スタティックランダムアクセスメモリ(SRAM)の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別スタティックランダムアクセスメモリ(SRAM)シェア、市場規模推移、市場規模予測、スタティックランダムアクセスメモリ(SRAM)種類別分析(nvSRAM、非同期SRAM、動機SRAM、低電力SRAM)、スタティックランダムアクセスメモリ(SRAM)用途別分析(ネットワーキング、航空宇宙、医療、カーエレクトロニクス、家電、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・スタティックランダムアクセスメモリ(SRAM)の市場概観 ・スタティックランダムアクセスメモリ(SRAM)のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・スタティックランダムアクセスメモリ(SRAM)のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・スタティックランダムアクセスメモリ(SRAM)の世界市場規模 ・スタティックランダムアクセスメモリ(SRAM)の …
  • アメリカの水力発電市場2015
  • ウェアラブル電子機器の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、ウェアラブル電子機器の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ウェアラブル電子機器市場規模、コンポーネント別(オーディオ、バッテリー、カメラ、コントロール、インタフェース、メモリ、PCBs、電源、その他)分析、製品別(アイウェア、ボディウェア、ネックウェア、リストウェア、フットウェア、その他)分析、用途別(医療、エンターテイメント、防衛、家電、企業・産業、その他)分析、技術別(コンピューティング技術、ディスプレイ技術)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ ウェアラブル電子機器の世界市場:市場動向分析 ・ ウェアラブル電子機器の世界市場:競争要因分析 ・ ウェアラブル電子機器の世界市場:コンポーネント別(オーディオ、バッテリー、カメラ、コントロール、インタフェース、メモリ、PCBs、電源、その他) ・ ウェアラブル電子機器の世界市場:製品別(アイウェア、ボディウェア、ネックウェア、リストウェア、フットウェア、その他) ・ …
  • 飛行管理装置(FMS)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、飛行管理装置(FMS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、飛行管理装置(FMS)の世界市場規模及び予測、製品別分析、航空機種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • インドのポリマー市場:ポリエチレン、ポリプロピレン、ポリ塩化ビニル、ポリスチレン、ABS樹脂
  • 熱可塑性ポリエステル系エラストマー(TPEE)の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、熱可塑性ポリエステル系エラストマー(TPEE)の世界市場について調査・分析し、熱可塑性ポリエステル系エラストマー(TPEE)の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別熱可塑性ポリエステル系エラストマー(TPEE)シェア、市場規模推移、市場規模予測、熱可塑性ポリエステル系エラストマー(TPEE)種類別分析()、熱可塑性ポリエステル系エラストマー(TPEE)用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・熱可塑性ポリエステル系エラストマー(TPEE)の市場概観 ・熱可塑性ポリエステル系エラストマー(TPEE)のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・熱可塑性ポリエステル系エラストマー(TPEE)のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・熱可塑性ポリエステル系エラストマー(TPEE)の世界市場規模 ・熱可塑性ポリエステル系エラストマー(TPEE)の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・熱可塑性ポリエステル系エラストマー(TPEE)のアメリカ市場規模推移 ・熱可塑 …
  • 世界のm-クロルアニリン市場2016
    本調査レポートでは、世界のm-クロルアニリン市場2016について調査・分析し、m-クロルアニリンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 液体洗剤用化学物質の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、液体洗剤用化学物質の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、液体洗剤用化学物質の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の住血吸虫症市場2019
    本調査レポートでは、世界の住血吸虫症市場2019について調査・分析し、住血吸虫症の世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、住血吸虫症のアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、住血吸虫症メーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・住血吸虫症の市場概要 ・住血吸虫症の上流・下流市場分析 ・住血吸虫症のアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・住血吸虫症のアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・住血吸虫症のアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・住血吸虫症のアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・住血吸虫症の北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・住血吸虫症の北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・住血吸虫症の北米市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・住血吸虫症の北米市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出 …
  • フィリピンのプラスチック製品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 断熱ガラスの世界市場分析:用途別(非住宅建設、住宅建設、工業)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中南米、中東、アフリカ)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、断熱ガラスの世界市場について調査・分析し、断熱ガラスの世界市場動向、断熱ガラスの世界市場規模、市場予測、セグメント別断熱ガラス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 次世代シーケンシング(NGS)の世界市場の規模と予測:用途別(腫瘍学、リプロダクティブヘルス)、技術別(ターゲットシーケンス)、ワークフロー別(データ分析)、エンドユーザー別(学術・臨床研究)、動向分析、2014-2025
    本調査レポートでは、次世代シーケンシング(NGS)の世界市場について調査・分析し、次世代シーケンシング(NGS)の世界市場動向、次世代シーケンシング(NGS)の世界市場規模、市場予測、セグメント別次世代シーケンシング(NGS)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 閉経後骨粗鬆症治療薬の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、閉経後骨粗鬆症治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、疾患概要、閉経後骨粗鬆症治療薬の世界市場規模及び予測、治療クラス別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 塗装鋼材の世界市場:ポリエステル、フルオロポリマー、シリコン処理ポリエステル、プラスチゾル
    当調査レポートでは、塗装鋼材の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、樹脂種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • コレラワクチンの世界市場:製品別(Dukoral、Shanchol、Vaxchora)、セグメント予測
    コレラワクチンの世界市場は2025年には1億1,710万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率8.2%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、コレラに関する発案の増加と意識の高まりが考えられます。本調査レポートでは、コレラワクチンの世界市場について調査・分析し、コレラワクチンの世界市場動向、コレラワクチンの世界市場規模、市場予測、セグメント別コレラワクチン市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • PTFE CCLの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、PTFE CCLの世界市場について調査・分析し、PTFE CCLの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別PTFE CCLシェア、市場規模推移、市場規模予測、PTFE CCL種類別分析()、PTFE CCL用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・PTFE CCLの市場概観 ・PTFE CCLのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・PTFE CCLのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・PTFE CCLの世界市場規模 ・PTFE CCLの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・PTFE CCLのアメリカ市場規模推移 ・PTFE CCLのカナダ市場規模推移 ・PTFE CCLのメキシコ市場規模推移 ・PTFE CCLのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・PTFE CCLのドイツ市場規模推移 ・PTFE CCLのイギリス市場規模推移 ・PTFE CCLのロシア市場規模推移 ・PTFE CCLのアジア市場分析(日本、中 …
  • 粥腫切除機器の世界市場
    当調査レポートでは、粥腫切除機器の世界市場について調査・分析し、粥腫切除機器の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 粥腫切除機器の世界市場:市場動向分析 - 粥腫切除機器の世界市場:競争要因分析 - 粥腫切除機器の世界市場:技術別 ・方向性粥腫切除機器 ・レーザー粥腫切除機器 ・眼窩粥腫切除機器 ・回転粥腫切除サービス - 粥腫切除機器の世界市場:患部別 ・冠動脈疾患 ・末梢動脈疾患 - 粥腫切除機器の世界市場:主要地域別分析 - 粥腫切除機器の北米市場規模(アメリカ市場等) - 粥腫切除機器のヨーロッパ市場規模 - 粥腫切除機器のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・粥腫切除機器の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 医療機器用コーティングの世界市場分析:製品別(親水性、抗菌性、薬物溶出性、抗血栓性)、用途別(神経学、整形外科、一般外科、心臓血管、歯科、婦人科)、セグメント予測、2014 – 2025
    本調査レポートでは、医療機器用コーティングの世界市場について調査・分析し、医療機器用コーティングの世界市場動向、医療機器用コーティングの世界市場規模、市場予測、セグメント別医療機器用コーティング市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 心室頻拍(Ventricular Tachycardia):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、心室頻拍(Ventricular Tachycardia)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・心室頻拍(Ventricular Tachycardia):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・心室頻拍(Ventricular Tachycardia)のフェーズ3治験薬の状況 ・心室頻拍(Ventricular Tachycardia)治療薬の市場規模(販売予測) ・心室頻拍(Ventricular Tachycardia)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・心室頻拍(Ventricular Tachycardia)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の心室頻拍(Ventricular Tachycardia)治療薬剤
  • CNG自動車の世界市場
    当調査レポートでは、CNG自動車の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、CNG自動車の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • チェックポイントキナーゼ1阻害薬のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるチェックポイントキナーゼ1阻害薬のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・チェックポイントキナーゼ1阻害薬の概要 ・チェックポイントキナーゼ1阻害薬のパイプライン概要 ・企業別開発中のチェックポイントキナーゼ1阻害薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・チェックポイントキナーゼ1阻害薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・チェックポイントキナーゼ1阻害薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 医療機器アウトソーシングの世界市場: サービス別(品質保証、契約生産)、 治療分野別(心臓学、一般外科・形成外科)
    本調査レポートでは、医療機器アウトソーシングの世界市場について調査・分析し、医療機器アウトソーシングの世界市場動向、医療機器アウトソーシングの世界市場規模、市場予測、セグメント別医療機器アウトソーシング市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 日本の発泡ポリスチレン(EPS)市場(~2019)
  • 植物育成用照明の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、植物育成用照明の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、植物育成用照明市場規模、照明タイプ別(インターライト、トップライト)分析、製品別(ソフトウェア・サービス、ハードウェア)分析、植物タイプ別(花、特殊植物、大麻、野菜・果物、その他)分析、配置別(レトロフィットソリューション、ターンキーソリューション)分析、技術別(LED(発光ダイオード)、HID(高輝度放電)、蛍光灯、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 植物育成用照明の世界市場:市場動向分析 ・ 植物育成用照明の世界市場:競争要因分析 ・ 植物育成用照明の世界市場:照明タイプ別(インターライト、トップライト) ・ 植物育成用照明の世界市場:製品別(ソフトウェア・サービス、ハードウェア) ・ 植物育成用照明の世界市場:植物タイプ別(花、特殊植物、大麻、野菜・果物、その他) ・ 植物育成用照明の世界市場:配置別(レトロフィットソリューション、ターンキーソリュ …
  • グリッドスケール・バッテリー貯蔵技術の世界市場
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、グリッドスケール・バッテリー貯蔵技術の世界市場について調査・分析し、グリッドスケール・バッテリー貯蔵技術の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・グリッドスケール・バッテリー貯蔵技術の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・グリッドスケール・バッテリー貯蔵技術の世界市場:セグメント別市場分析 ・グリッドスケール・バッテリー貯蔵技術の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • アルミニウム鋳物の世界市場:エンドユーズ別(工業、輸送、建築&建設)、 プロセス別(金型、ダイガスト)
    本調査レポートでは、アルミニウム鋳物の世界市場について調査・分析し、アルミニウム鋳物の世界市場動向、アルミニウム鋳物の世界市場規模、市場予測、セグメント別アルミニウム鋳物市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 商業用温室の世界市場:ガラス温室、プラスチック温室、その他
    当調査レポートでは、商業用温室の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、施設別分析、温室種類別分析、作物種類別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • フローサイトメーターの世界市場2017-2021:試薬・消耗品、器具、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、フローサイトメーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、フローサイトメーターの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はフローサイトメーターの世界市場が2017-2021年期間中に年平均10.16%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はBD、Beckman Coulter、Luminex、EMD Millipore、Thermo Fisher Scientific等です。
  • マシンビジョン技術の世界市場
    当調査レポートでは、マシンビジョン技術の世界市場について調査・分析し、マシンビジョン技術の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 腸管感染症検査の世界市場:市場機会および成長戦略
  • スマートピルの世界市場2014-2025:用途別(製品[カプセル内視鏡、薬物送達]、道具、患者監視ソフト)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東・アフリカ)
    本調査レポートでは、スマートピルの世界市場について調査・分析し、スマートピルの世界市場動向、スマートピルの世界市場規模、市場予測、セグメント別スマートピル市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のスマート鉄道市場:ソリューション別(鉄道資産管理&保守、運用&制御、PIS、通信&ネットワーク、セキュリティ&安全性、鉄道分析)、サービス別(プロフェッショナルおよびマネージド)、地域別
    MarketsandMarkets社は、スマート鉄道の世界市場規模が2019年205億ドルから2024年390ドルまで年平均13.7%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界のスマート鉄道市場を広く調査・分析し、市場概要&業界トレンド、提供別(ソリューション、サービス)分析、地域別分析、競合動向、企業概要などで取りまとめております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要&業界トレンド ・世界のスマート鉄道市場:提供別(ソリューション、サービス) ・世界のスマート鉄道市場:地域別 ・競合動向 ・企業概要
  • 鉄道車両リースの北米市場2017-2021
    当調査レポートでは、鉄道車両リースの北米市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、鉄道車両リースの北米市場規模及び予測、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の無水酢酸リチウム市場2016
    本調査レポートでは、世界の無水酢酸リチウム市場2016について調査・分析し、無水酢酸リチウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のモーターサイクル(オートバイ)市場2015
    本調査レポートでは、世界のモーターサイクル(オートバイ)市場2015について調査・分析し、モーターサイクル(オートバイ)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 結核(TB)検査の世界市場:市場機会および成長戦略
  • バイタルサインモニタリング装置の世界市場:体温、血圧、パルスオキシメーター
    当調査レポートでは、バイタルサインモニタリング装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バイタルサインモニタリング装置の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"