"電子ドラッグデリバリーシステムの世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MD 7394)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"電子ドラッグデリバリーシステムの世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The electronic drug delivery systems market is projected to grow at a CAGR of 8.7% during the forecast period (2019–2024).”The electronic drug delivery systems market is projected to reach USD 11.9 billion by 2024 from USD 7.8 billion in 2019, at a CAGR of 8.7%. The growth of the electronic drug delivery systems market is mainly driven by the favorable reimbursement scenario in North America & Europe, the growing prevalence of target diseases such as diabetes & cardiovascular disease, and advancements in technologies and designs of electronic drug delivery systems. Additionally, emerging markets such as China and India are expected to offer potential growth opportunities to market players in the coming years.

“By type, the electronic wearable infusion pumps segment is expected to account for the largest share of the electronic drug delivery systems market ”
Based on type, the electronic drug delivery systems market is segmented into electronic wearable infusion pumps, electronic autoinjectors, electronic injection pens, and electronic inhalers. The electronic wearable infusion pumps segment is expected to account for the largest market share of the electronic drug delivery systems market in 2019. This is mainly due to the high prevalence of diabetes and the increasing availability of commercial infusion pumps for diabetes treatment.

“By indication, the diabetes segment is to dominate the electronic drug delivery systems market during the forecast period ”
The diabetes segment accounted for the largest share of the market in 2018. This is mainly due to the high availability of electronic drug delivery devices such as insulin pumps and injection pens by major market players in comparison to other therapeutic areas, rising adoption of mobile apps for diabetes management, and increasing penetration of digital platforms (such as smartphones, tablet PCs, and personal digital assistants). For instance, in June 2018, Insulet Corporation (US), received the FDA approval for its Omnipod DASH Insulin Management System for diabetes management. Similarly, in June 2018, Tandem Diabetes Care (US), received the CE mark for its t:slim X2 Insulin Pump for diabetes management.

“North America is expected to witness the highest growth during the forecast period.”
North America is expected to account for the largest share of the global electronic drug delivery system market in 2019, followed by Europe. Additionally, the US is also expected to witness the highest CAGR during the forecast period. This can primarily be attributed to the high incidence and prevalence of chronic conditions such as diabetes, asthma, CVD, and multiple sclerosis in the US. For instance, according to the IDF, there were about 30.2 million people suffering from diabetes in the US in 2017, and this figure is estimated to reach 35.6 million by 2045. Similarly, in 2017, approximately 25.2 million people had asthma in the US (Source:CDC). Furthermore, According to the American Heart Association, in 2017, about 801,000 deaths in the US are due to CVD. Obesity is a major risk factor for CVD and diabetes in the US; around 36.5% of adults in the country are obese (Source: CDC).

A breakdown of the primary participants referred to for this report is provided below:
• By Company Type: Tier 1–21%, Tier 2–26%, and Tier 3–53%
• By Designation: C-level–32%, Director-level–26%, and Others–42%
• By Region: North America–35%, Europe–30%, Asia Pacific–15%, Latin America–10%, Middle East & Africa–10%

The prominent players in the electronic drug delivery systems market are United Therapeutics Corporation (US), Insulet Corporation (US), Novo Nordisk (Denmark), Bayer AG (Germany), Medtronic plc (Ireland), AstraZeneca (UK), Tandem Diabetes Care (US), Merck Group (Germany), and Amgen (US).

Research Coverage:
The report analyzes the electronic drug delivery system market and aims at estimating the market size and future growth potential of the electronic drug delivery systems market and the different segments such as diabetes, multiple sclerosis, cardiovascular disease, asthma & COPD, and other indications (growth hormone therapy, primary immunodeficiency disease, thalassemia, and Parkinson’s disease). The report also includes an in-depth competitive analysis of the key players in this market along with their company profiles, product & service offerings, and recent developments.

Reasons to Buy the Report
The report will enrich established firms as well as new entrants/smaller firms to gauge the pulse of the market, which, in turn, would help them to garner a greater share. Firms purchasing the report could use one, or a combination of the below mentioned five strategies for strengthening their market presence.

This report provides insights on the following pointers:
• Market Penetration: Comprehensive information on the product portfolios offered by the top players in the electronic drug delivery system market.
• Product & Service Development/Innovation: Detailed insights on the upcoming trends, R&D activities, and product or service launch in the electronic drug delivery system market.
• Market Development: Comprehensive information on lucrative emerging regions.
• Market Diversification: Exhaustive information about new products and services, growing geographies, and recent developments in the global electronic drug delivery system market.
• Competitive Assessment: In-depth assessment of market shares, growth strategies, revenue analysis, and products & services of the leading players in the electronic drug delivery system market.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"電子ドラッグデリバリーシステムの世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 15)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 18)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Research
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Research
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Breakdown of Primaries
2.2 Market Size Estimation
2.3 Data Triangulation Approach
2.4 Market Share Analysis
2.5 Assumptions for the Study
3 Executive Summary (Page No. – 25)
4 Premium Insights (Page No. – 28)
4.1 Electronic Drug Delivery Systems: Market Overview
4.2 North America: Market, By Type, 2018
4.3 Geographical Snapshot of the Market
5 Market Overview (Page No. – 31)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Growing Prevalence of Target Diseases
5.2.1.2 Favorable Reimbursement Scenario in Major Markets
5.2.1.3 Advancements in Technologies and Designs
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Preference for Alternative Drug Delivery Modes and the Possibility of Errors
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Increasing Demand for Biologics and Mabs
5.2.3.2 Growth Opportunities in Emerging Markets
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Unfavorable Reimbursement Structure in Developing Countries
6 Market, By Type (Page No. – 36)
6.1 Introduction
6.1.1 Electronic Wearable Infusion Pumps
6.1.1.1 Electronic Wearable Infusion Pumps Dominate the Market
6.1.2 Electronic Autoinjectors
6.1.2.1 Electronic Autoinjectors are Likely to Register Negative Growth During the Forecast Period Due to the Continuous Influx of Generic Versions of Conventional Autoinjectors in the Market
6.1.3 Electronic Injection Pens
6.1.3.1 Growing Focus of Pharmaceutical Companies on Developing Electronic/Connected Injection Pens Will Drive Market Growth
6.1.4 Electronic Inhalers
6.1.4.1 Electronic Inhalers are Developed to Improve Medication Adherence in Asthma & COPD Management
7 Market, By Indication (Page No. – 48)
7.1 Introduction
7.2 Diabetes
7.2.1 Diabetes Accounted for the Largest Segment of the Market
7.3 Multiple Sclerosis
7.3.1 Launch of Generic Versions of Conventional Injectables Will Stifle Market Growth
7.4 Cardiovascular Disease
7.4.1 Development of Innovative Electronic Drug Delivery Systems for Cvd Treatment Will Drive Market Growth
7.5 Asthma & COPD
7.5.1 Development of Smart Inhalers and Digital Sensors is Likely to Improve Medication Adherence in Asthma & COPD Patients
7.6 Other Indications
8 Market, By Region (Page No. – 61)
8.1 Introduction
8.2 North America
8.2.1 US
8.2.1.1 The US has A Favorable Reimbursement Scenario for Electronic Drug Delivery Devices, Which is A Key Factor Driving the Market for Electronic Drug Delivery Systems
8.2.2 Canada
8.2.2.1 Growing Presence of Device Manufacturers in the Country is Expected to Propel Market Growth
8.3 Europe
8.3.1 Germany
8.3.1.1 Germany is the Largest Market for Electronic Drug Delivery Systems in Europe
8.3.2 UK
8.3.2.1 High Burden of Target Diseases to Support Market Growth
8.3.3 France
8.3.3.1 High Prevalence of Diabetes in the Country to Propel Market Growth
8.3.4 Rest of Europe
8.4 Asia Pacific
8.4.1 Japan
8.4.1.1 Large Geriatric Population and the High Prevalence of Cvd to Support Market Growth
8.4.2 China
8.4.2.1 Growing Focus of Major Players on Biologics Development to Drive Market Growth
8.4.3 India
8.4.3.1 Lack of Reimbursement and Guidelines on Electronic Drug Delivery Systems Could Limit Market Growth
8.4.4 RoAPAC
8.5 Rest of the World
8.5.1 Latin America
8.5.1.1 High Incidence of Chronic Diseases to Drive the Demand for Electronic Drug Delivery Systems
8.5.2 Middle East & Africa
8.5.2.1 Favorable Reforms in South Africa to Support Market Growth
9 Competitive Landscape (Page No. – 88)
9.1 Overview
9.2 Market Share Analysis
9.3 Key Player Analysis
9.3.1 Merck Group
9.3.2 Medtronic PLC
9.4 Competitive Scenario
9.4.1 Product Launches
9.4.2 Expansions
9.4.3 Agreements & Collaborations
9.5 Competitive Leadership Mapping (2018)
9.5.1 Visionary Leaders
9.5.2 Innovators
9.5.3 Dynamic Differentiators
9.5.4 Emerging Companies
10 Company Profiles (Page No. – 94)
10.1 Merck Group
10.1.1 Business Overview
10.1.2 Products Offered
10.1.3 Recent Developments
10.2 Medtronic PLC
10.2.1 Business Overview
10.2.2 Products Offered
10.2.3 Recent Developments
10.3 United Therapeutics Corporation
10.3.1 Business Overview
10.3.2 Products Offered
10.3.3 Recent Developments
10.4 Insulet Corporation
10.4.1 Business Overview
10.4.2 Products Offered
10.4.3 Recent Developments
10.5 Bayer AG
10.5.1 Business Overview
10.5.2 Products Offered
10.5.3 Recent Developments
10.6 Novo Nordisk
10.6.1 Business Overview
10.6.2 Products Offered
10.6.3 Recent Developments
10.7 Companion Medical
10.7.1 Business Overview
10.7.2 Products Offered
10.7.3 Recent Developments
10.8 Tandem Diabetes Care, Inc.
10.8.1 Business Overview
10.8.2 Products Offered
10.8.3 Recent Developments
10.9 F.Hoffmann-La Roche, Ltd.
10.9.1 Business Overview
10.9.2 Products Offered
10.9.3 Recent Developments
10.10 Amgen, Inc.
10.10.1 Business Overview
10.10.2 Products Offered
10.10.3 Recent Developments
10.11 Astrazeneca PLC
10.11.1 Business Overview
10.11.2 Products Offered
10.11.3 Recent Developments
10.12 Findair SP. Z O. O.
10.12.1 Business Overview
10.12.2 Products Offered
10.12.3 Recent Developments
10.13 Vicentra B.V.
10.13.1 Business Overview
10.13.2 Products Offered
10.13.3 Recent Developments
10.14 Canè SPA
10.14.1 Business Overview
10.14.2 Products Offered
10.15 Debiotech S.A.
10.15.1 Business Overview
10.15.2 Products Offered
11 Appendix (Page No. – 119)
11.1 Discussion Guide
11.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
11.3 Related Reports
11.4 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】電子ドラッグデリバリーシステムの世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年10月22日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MD 7394
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】医療機器
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
電子ドラッグデリバリーシステムの世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • マルチバンドアンテナの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、マルチバンドアンテナの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、マルチバンドアンテナ市場規模、最終用途別(ワイヤレス通信、航空宇宙・防衛、自動車、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・マルチバンドアンテナの世界市場概要 ・マルチバンドアンテナの世界市場環境 ・マルチバンドアンテナの世界市場動向 ・マルチバンドアンテナの世界市場規模 ・マルチバンドアンテナの世界市場:業界構造分析 ・マルチバンドアンテナの世界市場:最終用途別(ワイヤレス通信、航空宇宙・防衛、自動車、その他) ・マルチバンドアンテナの世界市場:地域別市場規模・分析 ・マルチバンドアンテナのアメリカ市場規模・予測 ・マルチバンドアンテナのヨーロッパ市場規模・予測 ・マルチバンドアンテナのアジア市場規模・予測 ・マルチバンドアンテナの主要国分析 ・マルチバンドアンテナの世界市場:意思決定フレームワーク ・マルチバンドアンテナの世界市場:成長要因、 …
  • ロールベーラーの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ロールベーラーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ロールベーラー市場規模、製品別(可変式チャンバー、固定式チャンバー)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ロールベーラーの世界市場概要 ・ロールベーラーの世界市場環境 ・ロールベーラーの世界市場動向 ・ロールベーラーの世界市場規模 ・ロールベーラーの世界市場:業界構造分析 ・ロールベーラーの世界市場:製品別(可変式チャンバー、固定式チャンバー) ・ロールベーラーの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ロールベーラーのアメリカ市場規模・予測 ・ロールベーラーのヨーロッパ市場規模・予測 ・ロールベーラーのアジア市場規模・予測 ・ロールベーラーの主要国分析 ・ロールベーラーの世界市場:意思決定フレームワーク ・ロールベーラーの世界市場:成長要因、課題 ・ロールベーラーの世界市場:競争環境 ・ロールベーラーの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 高機能顔料の世界市場:ベンズイミダゾロン、キナクリドン、ペリレン、DPP、バナジン酸ビスマス、カドミウム
    当調査レポートでは、高機能顔料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の遺伝子発現解析市場2019
    本調査レポートでは、世界の遺伝子発現解析市場2019について調査・分析し、遺伝子発現解析の世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、遺伝子発現解析のアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、遺伝子発現解析メーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・遺伝子発現解析の市場概要 ・遺伝子発現解析の上流・下流市場分析 ・遺伝子発現解析のアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・遺伝子発現解析のアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・遺伝子発現解析のアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・遺伝子発現解析のアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・遺伝子発現解析の北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・遺伝子発現解析の北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・遺伝子発現解析の北米市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・遺伝子発現解 …
  • インフュージョンポンプの世界市場:大容量輸液ポンプ、シリンジポンプ、経腸栄養注入ポンプ、インスリンポンプ、携行式輸液ポンプ、PCAポンプ
    当調査レポートでは、インフュージョンポンプの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、製品別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 冷凍朝食用食品の世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、冷凍朝食用食品の世界市場について調べ、冷凍朝食用食品の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、冷凍朝食用食品の市場規模をセグメンテーション別(流通チャンネル別(ハイパーマーケット及びスーパーマーケット、食料品店及びコンビニ、オンライン小売)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は冷凍朝食用食品の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均6%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・冷凍朝食用食品の市場状況 ・冷凍朝食用食品の市場規模 ・冷凍朝食用食品の市場予測 ・冷凍朝食用食品の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:流通チャンネル別(ハイパーマーケット及びスーパーマーケット、食料品店及びコンビニ、オンライン小売) ・冷凍朝食用食品の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • インドの睡眠時無呼吸症診断装置市場動向(~2021)
  • 世界のマルチパラメータ患者監視装置市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、マルチパラメータ患者監視装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・マルチパラメータ患者監視装置の概要 ・マルチパラメータ患者監視装置の開発動向:開発段階別分析 ・マルチパラメータ患者監視装置の開発動向:セグメント別分析 ・マルチパラメータ患者監視装置の開発動向:領域別分析 ・マルチパラメータ患者監視装置の開発動向:規制Path別分析 ・マルチパラメータ患者監視装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別マルチパラメータ患者監視装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・マルチパラメータ患者監視装置の最近動向
  • 世界のコネクテッドオートバイ市場:サービス別(ドライバーアシスタンス、安全、車両管理とテレマティクス、インフォテインメント、保険)、ネットワーク別(セルラー、DSRC)、呼び出しサービス別(eCall、bCall)、エンドユーザー別、通信別、ハードウェア別、地域別
    MarketsandMarkets社は、コネクテッドオートバイの世界市場規模が2019年39百万ドルから2027年912百万ドルまで年平均48.3%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界のコネクテッドオートバイ市場を広く調査・分析し、市場概要、呼び出しサービス別(緊急電話(eCall)、内訳電話(bCall)、情報電話(iCall))分析、サービス別(運転支援、インフォテインメント、安全性、車両管理およびテレマティクス、保険)分析、ハードウェア別(埋め込み、テザー)分析、通信種類別(V2V 、V2I )分析、ネットワーク種類別(セルラーV2X(C-V2X)、専用近距離通信(DSRC))分析、エンドユーザー別(プライベート、コマーシャル)分析、地域別分析、競合動向、企業概要などで取りまとめております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・業界トレンド ・世界のコネクテッドオートバイ市場:呼び出しサービス別(緊急電話(eCall)、内訳電話(bCall)、情報電話(iCall)) ・世界のコネクテッドオートバイ市場: …
  • マーガリンの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、マーガリンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、マーガリンの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の水栓浄水器市場2016
    本調査レポートでは、世界の水栓浄水器市場2016について調査・分析し、水栓浄水器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • スマートフォン画面保護の世界市場分析:材料別(強化ガラス、ポリエチレンテレフタレート(PET)、熱可塑性ポリウレタン(TPU))、用途別(USD700)、セグメント予測
    本調査レポートでは、スマートフォン画面保護の世界市場について調査・分析し、スマートフォン画面保護の世界市場動向、スマートフォン画面保護の世界市場規模、市場予測、セグメント別スマートフォン画面保護市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • イタリアの心血管用デバイス市場(~2021)
  • ハイチ産ベチバ油の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、ハイチ産ベチバ油の世界市場について調査・分析し、ハイチ産ベチバ油の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - ハイチ産ベチバ油の世界市場:市場動向分析 - ハイチ産ベチバ油の世界市場:競争要因分析 - ハイチ産べチバ油の世界市場:用途別 ・食品・飲料 ・香水・香料製品 ・医薬品 ・その他 - ハイチ産ベチバ油の世界市場:製品別 ・オーガニック ・ 従来型 - ハイチ産ベチバ油の世界市場:主要地域別分析 - ハイチ産ベチバ油の北米市場規模(アメリカ市場等) - ハイチ産ベチバ油のヨーロッパ市場規模 - ハイチ産ベチバ油のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・ハイチ産ベチバ油の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • モーターコントロールセンター(MCC)の世界市場動向・予測(~2021)
    当調査レポートでは、モーターコントロールセンター(MCC)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、種類別分析、需要先別分析、構成要素別分析、地域別分析、モーターコントロールセンター(MCC)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ヒートポンプの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ヒートポンプの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ヒートポンプ市場規模、製品別(ASHP、GSHP、EAHP)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ヒートポンプの世界市場概要 ・ヒートポンプの世界市場環境 ・ヒートポンプの世界市場動向 ・ヒートポンプの世界市場規模 ・ヒートポンプの世界市場:業界構造分析 ・ヒートポンプの世界市場:製品別(ASHP、GSHP、EAHP) ・ヒートポンプの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ヒートポンプのアメリカ市場規模・予測 ・ヒートポンプのヨーロッパ市場規模・予測 ・ヒートポンプのアジア市場規模・予測 ・ヒートポンプの主要国分析 ・ヒートポンプの世界市場:意思決定フレームワーク ・ヒートポンプの世界市場:成長要因、課題 ・ヒートポンプの世界市場:競争環境 ・ヒートポンプの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 人工知能(AI)の世界市場分析
    Grand View Research(米国)が発行した本調査レポートでは、人工知能(AI)の世界市場について調査・分析し、人工知能(AI)の世界市場動向、人工知能(AI)の世界市場規模、市場予測、セグメント別人工知能(AI)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 髄膜炎(Meningitis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における髄膜炎(Meningitis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、髄膜炎(Meningitis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・髄膜炎(Meningitis)の概要 ・髄膜炎(Meningitis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の髄膜炎(Meningitis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・髄膜炎(Meningitis)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・髄膜炎(Meningiti …
  • FRP(ガラス繊維強化プラスチック)筋の世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、FRP(ガラス繊維強化プラスチック)筋の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、樹脂種類別分析、繊維種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 建設産業向けエラストマーコーティングの世界市場
    当調査レポートでは、建設産業向けエラストマーコーティングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、建設産業向けエラストマーコーティングの世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 肝硬変治療薬の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、肝硬変治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、疾患概要、肝硬変治療薬の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の木酢液市場2015
    本調査レポートでは、世界の木酢液市場2015について調査・分析し、木酢液の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 1,6-ヘキサンジオールの世界市場予測(~2025年)
    当調査レポートでは、1,6-ヘキサンジオールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、用途別(ポリウレタン、コーティング、アクリレート、接着剤、ポリエステル樹脂、可塑剤)分析、1,6-ヘキサンジオールの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、1,6-ヘキサンジオールの世界市場規模が2019年902百万ドルから2025年1401百万ドルまで年平均8%成長すると予測しています。
  • 世界の骨成長因子市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、骨成長因子のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・骨成長因子の概要 ・骨成長因子の開発動向:開発段階別分析 ・骨成長因子の開発動向:セグメント別分析 ・骨成長因子の開発動向:領域別分析 ・骨成長因子の開発動向:規制Path別分析 ・骨成長因子の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別骨成長因子の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・骨成長因子の最近動向
  • 製造におけるブロックチェーンの世界市場予測(~2025年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、製造におけるブロックチェーンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、用途別(ビジネスプロセスの最適化、物流・サプライチェーン管理、偽造品管理)分析、最終用途別(自動車、エネルギー、工業、医薬品)分析、製造におけるブロックチェーンの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ENT(耳鼻咽喉科)用装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ENT(耳鼻咽喉科)用装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ENT(耳鼻咽喉科)用装置の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はENT(耳鼻咽喉科)用装置の世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.67%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Medtronic• Cochlear• OLYMPUS • Smith & Nephew • Siemens Healthineers等です。
  • ベンゾジアゼピン系薬の世界市場
    Transparency Market Researchが調査・発行した当レポートは、ベンゾジアゼピン系薬の世界市場について調べ、ベンゾジアゼピン系薬の世界規模、市場動向、市場環境、製品別(アルプラゾラム、クロナゼパム、ジアゼパム、ロラゼパム)分析、用途別(不安症、不眠症、アルコール離脱症、発作)分析、作用時間別(超短時間作用、短時間作用、長時間作用)分析、流通経路別(院内薬局、小売薬局)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめました。 ・序文・調査範囲・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・ベンゾジアゼピン系薬の世界市場動向 ・ベンゾジアゼピン系薬の世界市場環境 ・ベンゾジアゼピン系薬の世界市場規模 ・ベンゾジアゼピン系薬の世界市場規模:製品別(アルプラゾラム、クロナゼパム、ジアゼパム、ロラゼパム) ・ベンゾジアゼピン系薬の世界市場規模:用途別(不安症、不眠症、アルコール離脱症、発作) ・ベンゾジアゼピン系薬の世界市場規模:作用時間別(超短時間作用、短時間作用、長時間作用) ・ベンゾジアゼピン系薬の世界市場規模: …
  • 腫瘍切除の世界市場:治療法別(外科的、経皮的)、技術別(凍結治療、IRE、MWA、RFA)、用途別(肝臓癌、肺癌、乳癌、前立腺癌)
    本調査レポートでは、腫瘍切除の世界市場について調査・分析し、腫瘍切除の世界市場動向、腫瘍切除の世界市場規模、市場予測、セグメント別腫瘍切除市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • HEPAフィルターの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、HEPAフィルターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、HEPAフィルターの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 老年医学の世界市場分析:分類別(鎮痛薬、抗高血圧薬、スタチン、抗糖尿病薬、プロトンポンプ阻害薬、抗凝固薬、抗精神病薬、抗うつ薬)、治療条件別(心臓血管、関節炎、神経学、がん、骨粗鬆症、呼吸器)、セグメント予測
    本調査レポートでは、老年医学の世界市場について調査・分析し、老年医学の世界市場動向、老年医学の世界市場規模、市場予測、セグメント別老年医学市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 骨減少症(Osteopenia):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における骨減少症(Osteopenia)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、骨減少症(Osteopenia)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・骨減少症(Osteopenia)の概要 ・骨減少症(Osteopenia)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の骨減少症(Osteopenia)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・骨減少症(Osteopenia)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・骨減少症(Os …
  • デジタル印刷パッケージングの世界市場予測:ラベル、フレキシブルパッケージング、段ボール、折畳み箱
    当調査レポートでは、デジタル印刷パッケージングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、パッケージング技術別分析、パッケージング種類別分析、インク種類別分析、印刷フォーマット別分析、デジタル印刷パッケージングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車産業のメガトレンド分析
  • ベトナムの市場見通し(~2021年)
  • 日本の手術室用装置市場見通し(~2021)
  • アヘン(オピオイド)依存症(Opium (Opioid) Addiction):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、アヘン(オピオイド)依存症(Opium (Opioid) Addiction)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・アヘン(オピオイド)依存症(Opium (Opioid) Addiction):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・アヘン(オピオイド)依存症(Opium (Opioid) Addiction)のフェーズ3治験薬の状況 ・アヘン(オピオイド)依存症(Opium (Opioid) Addiction)治療薬の市場規模(販売予測) ・アヘン(オピオイド)依存症(Opium (Opioid) Addiction)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・アヘン(オピオイド)依存症(Opium (Opioid) Addiction)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中のアヘン(オピオイド)依存症(Opium (Opioid) Addiction)治療薬剤
  • 衝突防止センサーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、衝突防止センサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、衝突防止センサーの世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 生物的防除剤の世界市場
    当調査レポートでは、生物的防除剤の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・生物的防除剤の世界市場:作物種類別分析/市場規模 ・生物的防除剤の世界市場:成分別分析/市場規模 ・生物的防除剤の世界市場:環境別分析/市場規模 ・生物的防除剤の世界市場:用途別分析/市場規模 ・生物的防除剤の世界市場:地域別分析/市場規模 ・生物的防除剤のアメリカ市場規模予測 ・生物的防除剤のヨーロッパ市場規模予測 ・生物的防除剤のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • インテリジェント遠隔端末装置(RTU)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、インテリジェント遠隔端末装置(RTU)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、インテリジェント遠隔端末装置(RTU)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の酢酸n-プロピル市場2016
    本調査レポートでは、世界の酢酸n-プロピル市場2016について調査・分析し、酢酸n-プロピルの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 冒険旅行の世界市場:ハード、ソフト
    当調査レポートでは、冒険旅行の世界市場について調査・分析し、市場概要、種類別(ハード、ソフト、その他)分析、アクティビティ別(土地ベースアクティビティ、水ベースアクティビティ、空気ベースアクティビティ)分析、旅行者種類別(一人、友人/グループ、カップル、家族)分析、年齢グループ別(30歳未満、30〜41歳、42〜49歳、50歳以上)分析、販売チャンネル別(旅行代理店&ダイレクト)分析、地域別分析、企業動向、付録など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・冒険旅行の世界市場:種類別(ハード、ソフト、その他) ・冒険旅行の世界市場:アクティビティ別(土地ベースアクティビティ、水ベースアクティビティ、空気ベースアクティビティ) ・冒険旅行の世界市場:旅行者種類別(一人、友人/グループ、カップル、家族) ・冒険旅行の世界市場:年齢グループ別(30歳未満、30〜41歳、42〜49歳、50歳以上) ・冒険旅行の世界市場:販売チャンネル別(旅行代理店&ダイレクト) ・冒険旅行の世界市場:地域別 ・企業動向 ・付録
  • ドローン・ペイロードの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、ドローン・ペイロードの世界市場について調査・分析し、ドローン・ペイロードの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - ドローン・ペイロードの世界市場:市場動向分析 - ドローン・ペイロードの世界市場:競争要因分析 - ドローン・ペイロードの世界市場:構成要素別 カメラ レーザーセンサー CBRNセンサー 電子工学/赤外線センサー 通信情報収集(Comint) 電子情報収集(Elint) 信号情報収集(Sigmit) 海上パトロールレーダー(MPR) 人工開口レーダー (SAR) 光電子工学 電子兵器 - ドローン・ペイロードの世界市場:エンドユーザー別 商業用 防衛 その他のエンドユーザー - ドローン・ペイロードの世界市場:主要地域別分析 - ドローン・ペイロードの北米市場規模(アメリカ市場等) - ドローン・ペイロードのヨーロッパ市場規模 - ドローン・ペイロードのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・ドローン・ペイロードの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • ギャレー設備の世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、ギャレー設備の世界市場について調査・分析し、ギャレー設備の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - ギャレー設備の世界市場:市場動向分析 - ギャレー設備の世界市場:競争要因分析 - ギャレー設備の世界市場:ギャレーの種類別 ・双通路 ・単通路 ・一般航空 - ギャレー設備の世界市場:ギャレー挿入の種類別 ・航空 ・海洋 - ギャレー設備の世界市場:用途別 ・航空 ・海洋 ・その他 - ギャレー設備の世界市場:フィット別 ・ライン ・レトロ ・カスタムフィット - ギャレー設備の世界市場:主要地域別分析 - ギャレー設備の北米市場規模(アメリカ市場等) - ギャレー設備のヨーロッパ市場規模 - ギャレー設備のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・ギャレー設備の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • eコマース産業用自動倉庫(AS/RS)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、eコマース産業用自動倉庫(AS/RS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、eコマース産業用自動倉庫(AS/RS)の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・調査手法 ・イントロダクション ・市場の状況 ・種類別市場分類 ・地域別分析 ・主要国 ・ディシジョンフレームワーク ・成長要因・課題 ・市場動向 ・競争状況 ・付録
  • 医薬品包装機械の世界市場予測(~2023年)
    医薬品包装機械の世界市場は、2018年の推定62億米ドルから2023年には89億米ドルに達し、7.4%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、ジェネリック医薬品およびバイオ医薬品市場の成長、柔軟性に優れた統合型包装機器の需要の高まり、医薬品のオフショア製造の増加、医薬品の受託製造の増加、バイオ医薬品および生物学的医薬品の使用への移行、そして革新的な包装に対する需要の増加が考えれられます。一方で、新品同様に整備された包装機械の存在や包装機械の高コスト化などにより、市場の成長は抑制される可能性があります。当調査レポートでは、医薬品包装機械の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品(無菌包装、ブリスター包装、ストリップ包装、ボトル、チューブ包装、カートン包装、ケース包装、ラッピング、パレタイジング、ラベリング・シリアライズ)分析、タイプ(タブレット、パウダー、クリーム、シロップ、エアロゾル)分析、医薬品包装機械の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいた …
  • アナリティクス・オブ・シングスの世界市場予測(~2022年):エネルギー管理、予知保全、アセット管理、在庫管理、遠隔モニタリング
    当調査レポートでは、アナリティクス・オブ・シングスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、用途別分析、構成要素別分析、導入形式別分析、地域別分析、アナリティクス・オブ・シングスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • データファブリックの世界市場:展開別(オンプレミス、クラウド)、種類別(ディスクベースデータファブリック、インメモリデータファブリック)、企業規模別(中小企業、大企業)、業種別(BFSI、テレコミュニケーション&IT、小売、ヘルスケア、製造、政府、エネルギー&公益事業、メディア&エンターテイメント、その他)
    本調査レポートでは、データファブリックの世界市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、展開別(オンプレミス、クラウド)分析、種類別(ディスクベースデータファブリック、インメモリデータファブリック)分析、企業規模別(中小企業、大企業)分析、業種別(BFSI、テレコミュニケーション&IT、小売、ヘルスケア、製造、政府、エネルギー&公益事業、メディア&エンターテイメント、その他)分析、地域別分析、競争状況、企業概要などを総合的、多面的にまとめております。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・データファブリックの世界市場:展開別(オンプレミス、クラウド) ・データファブリックの世界市場:種類別(ディスクベースデータファブリック、インメモリデータファブリック) ・データファブリックの世界市場:企業規模別(中小企業、大企業) ・データファブリックの世界市場:業種別(BFSI、テレコミュニケーション&IT、小売、ヘルスケア、製造、政府、エネルギー&公益事業、メディア&エンターテイメント、その他) ・データファブリックの世界市場:地域別 ・競争状 …
  • 電気自動車(EV)インフォテインメントの世界市場2015-2025:システムタイプ別(オーディオ、ビデオ、ヘッドアップ、ナビゲーション、後部座席娯楽システム)、接続性別、エンドユーザー別、用途別
    本調査レポートでは、電気自動車(EV)インフォテインメントの世界市場について調査・分析し、電気自動車(EV)インフォテインメントの世界市場動向、電気自動車(EV)インフォテインメントの世界市場規模、市場予測、セグメント別電気自動車(EV)インフォテインメント市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • プラスチック製食品容器の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、プラスチック製食品容器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、プラスチック製食品容器の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 保健機能成分の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、保健機能成分の世界市場について調査・分析し、保健機能成分の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 保健機能成分の世界市場:市場動向分析 - 保健機能成分の世界市場:競争要因分析 - 健康機能成分の世界市場:原料別 ・微生物 ・植物 ・合成物 ・動物 - 健康機能成分の世界市場:種類別 ・プロバイオティクススターター培養物 ・ミネラル ・プレバイオティクス ・タンパク質 ・機能性糖類 ・栄養脂質 ・植物・果物抽出物 ・ビタミン - 健康機能成分の世界市場:用途別 ・飲料 ・動物飼料 ・食品 ・パーソナルケア ・医薬品 - 保健機能成分の世界市場:主要地域別分析 - 保健機能成分の北米市場規模(アメリカ市場等) - 保健機能成分のヨーロッパ市場規模 - 保健機能成分のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・保健機能成分の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"