"農業IoTの世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:SE 7397)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"農業IoTの世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The agriculture IoT market is projected to grow at a CAGR of 10.4% from 2019 to 2024”The agriculture IOT market is expected to grow from USD 12.7 billion in 2019 to USD 20.9 billion by 2024, at a CAGR of 10.4% from 2019 to 2024. A few key factors driving the growth of this market are rising demand for agricultural production owing to increasing population, increasing adoption of Internet of Things (IoT) and Artificial Intelligence (AI) technology by farmers and growers, and focus on livestock monitoring and disease detection to improve farming efficiency.

“Agriculture IoT market for market for software offering to grow at the second highest CAGR during the forecast period”
The agriculture IoT market for software is expected to grow at the second highest CAGR during the forecast period. Software plays an important role in the farm management solutions for smart agriculture. Software and information technology tools are increasingly being adopted by agriculturists and farmers. Software can be used for different functions such as data management, data security, crop health monitoring, farm work mapping, and stock management.

“Agriculture IoT market for fish farm monitoring market to grow at the highest rate during the forecast period”
The agriculture IoT market for fish farm monitoring is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period. The increasing demand for various hardware devices, such as GPS/GNSS, and different types of sensors is contributing to the growth of the agriculture IoT market for fish farming. The implementation of IoT technologies in fish farming helps in monitoring feeding patterns, detecting diseases in fish in advance, controlling water quality, preventing illegal fishing, and so on.

“The Americas is expected to account for the largest market share of the agriculture IoT market during the forecast period”
The Americas is expected to hold the largest share of the agriculture IoT market during the forecast period. There is presence of large-scale players in the region who are already using advance agricultural technologies to dramatically improve the speed and accuracy of their planting and crop management techniques. Countries such as the US and Canada are the early adopters of agriculture IoT technologies, which is another key factor contributing to the growth of the agriculture IoT market in the Americas.
Breakdown of the profile of primary participants:
• By Company Type: Tier 1 – 55 %, Tier 2 – 20%, and Tier 3 – 25%
• By Designation: C-Level Executives – 35%, Directors – 25%, Others – 40%
• By Region: Americas – 30%, Europe – 35%, APAC – 20%, and RoW – 15%
Deere & Company (US), Trimble (US), Raven Industries (US), AGCO Corporation (AGCO) (US), AgJunction Inc. (AgJunction) (US), DeLaval (Sweden), GEA Farm Technology (Germany), Lely (Netherlands), Antelliq (France), AG Leader Technology (AG Leader) (US), Tigercat (Canada), Ponsse (Finland), Komatsu Forest AB (Sweden), Caterpillar (US), Treemetrics (Ireland), Topcon Positioning Systems (US), and DICKEY-john Corporation (US).

Research Coverage
The agriculture IoT market has been segmented, based on offering, into Hardware, Software, and Services. The agriculture IoT market, based on agriculture type, has been segmented into precision farming, precision forestry, livestock monitoring, fish farm monitoring, smart greenhouse, and others, including horticulture and orchids. The agriculture IoT market, based on application, has been segmented into precision farming applications, precision forestry applications, livestock monitoring applications, fish farm monitoring applications, smart greenhouse applications, and other applications, including horticulture and orchid applications. On the basis of geographic regions, the agriculture IoT market has been classified into North America, Europe, Asia Pacific (APAC), and Rest of the World (RoW).

Reasons to Buy the Report
The report would help market leaders/new entrants in the following ways:
1. This report segments the agriculture IoT market comprehensively and provides the closest approximations of the overall market’s size, as well as that of the subsegments across different offerings, agriculture types, applications and regions.
2. The report helps stakeholders understand the pulse of the market and provides information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.
3. This report would help stakeholders understand their competitors better and gain more insights to enhance their position in the business. The competitive landscape section includes competitor ecosystem, product launches, product developments, acquisitions, collaborations, and partnerships in the agriculture IoT market.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"農業IoTの世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 22)
1.1 Study Objectives
1.2 Market Definition
1.3 Study Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered
1.4 Currency
1.5 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 25)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Major Secondary Sources
2.1.1.2 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Primary Interviews With Experts
2.1.2.2 Key Data From Primary Sources
2.1.2.3 Breakdown of Primaries
2.1.3 Secondary and Primary Research
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.1.1 Approach for Capturing Market Size By Bottom-Up Approach (Demand Side):
2.2.2 Top-Down Approach
2.2.2.1 Approach for Capturing Market Size By Top-Down Approach (Supply Side):
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Research Assumptions
3 Executive Summary (Page No. – 35)
4 Premium Insights (Page No. – 39)
4.1 Attractive Opportunities in Agriculture IoT Market
4.2 Market in APAC, By Application and Country
4.3 Market, By Offering
4.4 Market, By Agriculture Type
4.5 Market, By Region
4.6 Geographic Analysis of Market
5 Market Overview (Page No. – 43)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Increasing Adoption of IoT and AI By Farmers and Growers
5.2.1.2 Growing Focus on Livestock Monitoring and Disease Detection
5.2.1.3 Rising Demand for Agricultural Production Output
5.2.1.4 Governments Support to Adopt Modern Agricultural Techniques
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Fragmented Agriculture Industry
5.2.2.2 High Technological Cost and Limited Technical Knowledge and Skills of Farmers
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Advent of Big Data in Agriculture Farm
5.2.3.2 Introduction of Agriculture-Specific Applications in Smartphones
5.2.3.3 Adoption of Drones in Precision Farming
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Unavailability of Simple and Standardized Data Management and Data Aggregation Tools
5.2.4.2 Lack of Standardization in Smart Agriculture Industry
5.2.5 Emerging Trends in Agriculture Industry
5.2.6 Technologies Influencing Future Precision Agriculture – A Road Map
5.2.7 Supply Chain Analysis
5.3 Value Chain Analysis
5.3.1 Major Stakeholders in Precision Farming Ecosystem
6 Agriculture IoT Market, By Offering (Page No. – 53)
6.1 Introduction
6.2 Hardware
6.2.1 Precision Farming Hardware
6.2.1.1 Automation and Control Systems
6.2.1.1.1 Drones/UAVS
6.2.1.1.1.1 Use of Drones Or Unmanned Aerial Vehicles (UAVS) in Precision Farming Enables Cost Saving
6.2.1.1.2 Irrigation Controllers
6.2.1.1.2.1 Improved Efficiency of Agricultural Irrigation Systems Substantially Contributes to Effective Management of Water
6.2.1.1.3 GPS/GNSS Systems
6.2.1.1.3.1 GPS/GNSS-Based Systems Find Applications in Farm Planning, Field Mapping, Soil Sampling, Guidance Technology, Crop Scouting, and Yield Mapping
6.2.1.1.4 Flow and Application Control Devices
6.2.1.1.4.1 Use of Flow and Application Control Devices Enables Even Application of Materials
6.2.1.1.5 Guidance and Steering
6.2.1.1.5.1 Reduced Machinery Costs and Accurate Placement of Inputs are Key Benefits Offered By Guidance and Steering Systems
6.2.1.1.6 Handheld Mobile Devices/Handheld Computers
6.2.1.1.6.1 Handheld Displays are Used to Guide Operators Regarding Variable Rate Applications of Fertilizers, Pesticides, Seeding, Etc.
6.2.1.1.7 Displays
6.2.1.1.7.1 Displays are Used to View Field Maps and Grid Alignments, as Well as Navigate Tractors and Agricultural Equipment
6.2.1.1.8 Others
6.2.1.2 Sensing and Monitoring Devices
6.2.1.2.1 Yield Monitors
6.2.1.2.1.1 Yield Maps Provide Information for Determining Effects of Fertilizers, Pesticides, and Seeding, as Well as Practices Such as Tillage and Irrigation
6.2.1.2.2 Soil Sensors
6.2.1.2.2.1 Soil Moisture Measurement is Important as It Helps Farmers Manage Their Irrigation Systems More Efficiently
6.2.1.2.3 Water Sensors
6.2.1.2.3.1 Water Sensors are Used in Fish Farming to Measure and Detect Water Flow and Control Irrigation Effectively
6.2.1.2.4 Climate Sensors
6.2.1.2.4.1 Climate Sensors are Gaining Significance in Market as Climate Change is Becoming Huge Concern
6.2.1.2.5 Others
6.2.2 Precision Forestry Hardware
6.2.2.1 Harvesters & Forwarders
6.2.2.1.1 Harvesters and Forwarders are Major Components of the Ctl System
6.2.2.2 UAVS/Drones
6.2.2.2.1 Drones are Also Used to Capture Vital Forest Data Such as Depth of Snow in Forests and Extent of Carbon Storage Within Forest
6.2.2.3 GPS
6.2.2.3.1 GPS is Used in Forests for Site-Specific Tree Management With High Precision
6.2.2.4 Cameras
6.2.2.4.1 Demand for High-Resolution Cameras has Increased in Recent Years in Forests for Tree Monitoring
6.2.2.5 RFID and Sensors
6.2.2.5.1 RFID and Sensors are Used Extensively to Track, Identify, and Monitor Trees in Forests
6.2.2.6 Variable Rate Controllers
6.2.2.6.1 Variable Rate Controllers are Integrated With Efficient Ground-Based Machines, Smart Planting Systems, and Smart Spraying Systems for Application of Herbicides and Fertilizers
6.2.2.7 Others
6.2.3 Livestock Monitoring Hardware
6.2.3.1 RFID Tags and Readers
6.2.3.1.1 Growers Can Determine Each Animal in Livestock and Track Their History and Performance Through RFID Tags
6.2.3.2 Sensors
6.2.3.2.1 Temperature Sensors, Skin Conductivity Sensors, Motion Sensors, and Environmental Humidity Sensors are Used in Livestock Monitoring Applications
6.2.3.3 Control System
6.2.3.3.1 All-Weather Wireless Transmitters and Receiver Systems Can Be Used to Send Wireless Video and Audio
6.2.3.4 GPS
6.2.3.4.1 Finding Missing Livestock is Possible With Using GPS Systems
6.2.3.5 Others
6.2.4 Fish Farm Monitoring Hardware
6.2.4.1 GPS/GNSS
6.2.4.1.1 GPS GNSS Systems are Becoming Widely Used Tools in Fish Farming for Fish Tracking and Fleet Navigation
6.2.4.2 Sensors
6.2.4.2.1 Sensors are Used to Monitor Real-Time Parameters to Control Water Quality and Prevent Diseases That Could Affect Fish
6.2.4.3 Others
6.2.5 Smart Greenhouse Hardware
6.2.5.1 HVAC Systems
6.2.5.1.1 HVAC Plays Vital Role in Maintaining Ideal Temperature for Plant Growth in Greenhouses
6.2.5.2 Led Grow Lights
6.2.5.2.1 Grow Lights are Used as Supplemental Lighting Sources Stimulating Plant Growth in Greenhouses
6.2.5.3 Sensors
6.2.5.3.1 Sensors Provide Quantitative Information to Help Guide and Automate Decision-Making Process Pertaining to Smart Greenhouses
6.2.6 Others
6.3 Software
6.3.1 Local/Web Based
6.3.2 Cloud Based
6.3.2.1 Platform as A Service (PaaS)
6.4 Services
6.4.1 System Integration and Consulting
6.4.2 Managed Services
6.4.2.1 Farm Operation Services
6.4.2.1.1 Farm Operation Services Provide Information on Traditional Farm Operations Such as Record Keeping and Farm Mapping Resources (Labor)
6.4.2.2 Data Services
6.4.2.2.1 Data Platform Services in Smart Agriculture Market are Capable of Integrating Entire Value Chain of Agribusiness
6.4.2.3 Analytics
6.4.2.3.1 Analytics Services Involve Analysis of Acquired Farm Data and Provision of Real-Time Information
6.4.3 Connectivity Services
6.4.4 Assisted Professional Services
6.4.4.1 Supply Chain Management Services
6.4.4.2 Climate Information Services
6.4.4.3 Others
6.4.5 Maintenance and Support
7 Agriculture IoT Market, By Agriculture Type (Page No. – 87)
7.1 Introduction
7.2 Precision Farming
7.3 Precision Forestry
7.4 Livestock Monitoring
7.5 Smart Greenhouse
7.6 Fish Farm Monitoring
7.7 Others
8 Agriculture IoT Market, By Application (Page No. – 100)
8.1 Introduction
8.2 Precision Farming Applications
8.2.1 Yield Monitoring
8.2.1.1 Yield Monitoring Includes Soil Monitoring and Nutrient Monitoring
8.2.2 Field Mapping
8.2.2.1 Field Mapping is Done Using Handheld Devices and Systems Equipped With GPS/GNSS
8.2.3 Crop Scouting
8.2.3.1 Crop Scouting Includes Use of Sophisticated Devices Such as GPS Receivers on Vehicles
8.2.4 Weather Tracking and Forecasting
8.2.4.1 Weather Tracking Analysis Modules Include Handheld Instruments, Software, and Sensors That Alert Farmers Even When There are Minor Changes in Weather
8.2.5 Irrigation Management
8.2.5.1 Irrigation Management Helps Enhancing Productivity of Fields and Minimizing Wastages of Water, Soil Infertility, Salinization, and Crop Water Stress
8.2.6 Inventory Management
8.2.6.1 Effective Farm Inventory Management Plays Integral Role in Managing Farm Inventories
8.2.7 Farm Labor Management
8.2.7.1 Farm Labor Management Software Helps in Applications Such as Crew Deployment and Payroll Management
8.2.8 Financial Management
8.2.8.1 Financial Management has Become Easier Due to Precision Agriculture Software
8.2.9 Others
8.3 Precision Forestry Applications
8.3.1 Genetics and Nurseries
8.3.1.1 Unmanned Aerial Vehicles/Drones are Increasingly Being Used for Tree Plantation
8.3.2 Silviculture and Fire Management
8.3.2.1 Wireless Sensor Network-Based Forest Fire Detection Systems are Adopted in Silviculture and Fire Management Applications
8.3.3 Harvesting Management
8.3.3.1 Harvesting Management to Hold Largest Market Share During Forecast Period
8.3.4 Inventory and Logistics Management
8.3.4.1 Inventory and Logistics Management to Witness Highest CAGR in Market for Precision Forestry Applications During Forecast Period
8.4 Livestock Monitoring Applications
8.4.1 Feeding Management
8.4.1.1 Hardware and Software Products Help Formulate and Update Cows’ Diets to Avoid Overfeeding and Resultant Fluctuations in Milk Production
8.4.2 Heat Stress Management
8.4.2.1 Cattle are Sensitive to Air Temperature, Radiant Temperature, Air Velocity, and Relative Humidity
8.4.3 Milk Harvesting Management
8.4.3.1 Automated Milk Harvesting Reduces Labor Cost, Increases Milking Efficiency, and Leads to Higher Yields
8.4.4 Breeding Management
8.4.4.1 Breeding Management is Highly Effective and Sustainable Approach for Increasing Animal Productivity in Long Term
8.4.5 Animal Comfort Management
8.4.5.1 High Level of Animal Comfort Results in Prominent Production Level Per Animal and Higher Product Quality
8.4.6 Behavior Monitoring and Management
8.4.6.1 Growing Use of Computerized Dairy Management Systems Creates New Opportunities for Automatic Routine Monitoring of Livestock Behavior
8.4.7 Others
8.5 Fish Farm Monitoring Applications
8.5.1 Fish Tracking and Fleet Navigation
8.5.1.1 Fleet Navigation Provides Real-Time Visibility, Location, Status, and Diagnostics
8.5.2 Feeding Management
8.5.2.1 Feeding Management Includes Choosing Right Feed, Using Correct Feeding Method, Calculating Feeding Cost, and Ensuring Cost-Effectiveness of Fish Farms
8.5.3 Water Quality Management
8.5.3.1 Fish Farms are Equipped With Sensors and Other Devices to Sense Water Quality and Take Appropriate Actions
8.5.4 Others
8.6 Smart Greenhouse Applications
8.6.1 HVAC Management
8.6.1.1 Wireless Systems and Sensors are Deployed to Meet Greenhouse Requirements
8.6.2 Yield Monitoring
8.6.2.1 Yield Monitors Can Track Temperature, Humidity, Light, and Other Factors Around Plants to Maximize Smart Greenhouse Yield
8.6.3 Water and Fertilizer Management
8.6.3.1 Advanced Technology-Based Tools Such as Ozone Water Treatment Systems, Filtration Motors, and Temperature and Humidity Sensors are Used for Water Management in Smart Greenhouses
8.7 Other Applications
9 Agriculture IoT Market, By Geography (Page No. – 118)
9.1 Introduction
9.2 Americas
9.2.1 North America
9.2.1.1 US
9.2.1.1.1 Growers in US are Using Sensing Technologies, Hardware Equipment, and Advanced Software Solutions to Efficiently Manage Their Crops, Livestock, Fish Farms, and Greenhouses
9.2.1.2 Canada
9.2.1.2.1 Most Companies in Canada Offer Customized Services to Livestock Farmers, Thereby Enabling Them to Monitor Their Livestock More Efficiently
9.2.1.3 Mexico
9.2.1.3.1 Mexican Government Provides Financial Support to Promote Use of Agriculture IoT Technologies
9.2.2 South America
9.2.2.1 Brazil
9.2.2.1.1 Brazilian Farmers Hold Large Farmlands and Adopt Smart Agriculture Technologies Such as GPS Trackers, Drones, and Sensors to Maximize Overall Farm Yield With Reduced Costs
9.2.2.2 Argentina
9.2.2.2.1 Argentina is Emphasizing on Increasing Livestock Export By Opening International Markets, Repealing Government Export Regulations, and Adopting New Methods of Production
9.2.2.3 Rest of South America
9.3 Europe
9.3.1 Germany
9.3.1.1 Germany is Pioneer in Adoption of Agriculture IoT Solutions
9.3.2 UK
9.3.2.1 UK is Focusing on Changing Its Agriculture IoT Landscape By Entering Into New Era of Technological Developments to Meet Rising Demand for Food By Growing Population
9.3.3 France
9.3.3.1 Driven By High Value of Crop and Importance of Quality, Several Precision Farming Research Projects Exist in Wine Production Areas of France
9.3.4 Italy
9.3.4.1 Start-Up Companies in Italy are Working on Agriculture IoT Solutions
9.3.5 Netherlands
9.3.5.1 Netherlands is Witnessing Steady Adoption Rate of Agriculture IoT Technologies
9.3.6 Rest of Europe
9.4 APAC
9.4.1 China
9.4.1.1 China Holds Huge Opportunities for Market
9.4.2 Japan
9.4.2.1 Japan is Technologically Advanced Country, Specifically in Agricultural Robotics and Precision Farming Technologies
9.4.3 Australia
9.4.3.1 Agriculture IoT in Australia is Dominated By Grains Industry
9.4.4 India
9.4.4.1 Adoption Rate of Agriculture IoT Technologies in India is Increasing Considerably
9.4.5 South Korea
9.4.5.1 South Korea has Presence of Many Smart Agriculture Device Providers and Manufacturers
9.4.6 Rest of APAC
9.5 Rest of World
9.5.1 Russia
9.5.1.1 Farmers and Growers in Russia are Using Some Precision Farming Technologies, Such as Navigation on Cultivators, GPS, and GIS
9.5.2 Africa
9.5.2.1 Farming Scenario has Been Changing in Africa With Introduction of Technologies Such as GPS/GIS and Drones
9.5.3 Middle East
9.5.3.1 Rapid Technological Developments in Big Data Analytics and Cloud Computing Platforms Contribute Significantly Toward Growth of Market in Middle East
10 Competitive Landscape (Page No. – 152)
10.1 Overview
10.1.1 Market Player Ranking Analysis
10.2 Competitive Leadership Mapping
10.2.1 Visionary Leaders
10.2.2 Dynamic Differentiators
10.2.3 Innovators
10.2.4 Emerging Companies
10.3 Strength of Product Portfolio
10.4 Business Strategy Excellence
10.5 Competitive Scenario
10.5.1 Product Launches, Product Developments, and Expansions
10.5.2 Agreements, Acquisitions, Collaborations, and Partnerships
11 Company Profiles (Page No. – 161)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis & MnM View)*
11.1 Introduction
11.2 Key Players
11.2.1 Deere and Company
11.2.2 Trimble Inc.
11.2.3 Agco Corporation
11.2.4 Raven Industries
11.2.5 Delaval (Subsidiary of Tetra Laval International, S.A.)
11.2.6 GEA Group
11.2.7 Agjunction
11.2.8 Antelliq (Subsidiary of Merck & Co., Inc)
11.2.9 Ponsse
11.2.10 Komatsu Forest
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis & MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
11.3 Other Key Players
11.3.1 Teejet Technologies
11.3.2 Topcon Positioning Systems
11.3.3 Dickey-John
11.3.4 Cropmetrics
11.3.5 DJI
11.3.6 Precisionhawk
11.3.7 Hexagon Agriculture
11.3.8 Granular
11.3.9 Tigercat
11.3.10 Tree Metrics
11.4 Innovators
11.4.1 Descartes Labs
11.4.2 Decisive Farming
11.4.3 Cainthus
11.4.4 Autonomous Tractor Corporation
11.4.5 Skyx
11.4.6 Nileworks Inc.
11.4.7 Gamaya
12 Appendix (Page No. – 198)
12.1 Discussion Guide
12.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
12.3 Available Customizations
12.4 Related Reports
12.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】農業IoTの世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年10月22日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】SE 7397
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】半導体&電子
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
農業IoTの世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • レディトゥドリンク(RTD)プロテイン飲料の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、レディトゥドリンク(RTD)プロテイン飲料の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、レディトゥドリンク(RTD)プロテイン飲料市場規模、製品別(ホエイベース、ミルクベース)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・レディトゥドリンク(RTD)プロテイン飲料の世界市場概要 ・レディトゥドリンク(RTD)プロテイン飲料の世界市場環境 ・レディトゥドリンク(RTD)プロテイン飲料の世界市場動向 ・レディトゥドリンク(RTD)プロテイン飲料の世界市場規模 ・レディトゥドリンク(RTD)プロテイン飲料の世界市場:業界構造分析 ・レディトゥドリンク(RTD)プロテイン飲料の世界市場:製品別(ホエイベース、ミルクベース) ・レディトゥドリンク(RTD)プロテイン飲料の世界市場:地域別市場規模・分析 ・レディトゥドリンク(RTD)プロテイン飲料のアメリカ市場規模・予測 ・レディトゥドリンク(RTD)プロテイン飲料のヨーロッパ市場規 …
  • 亜鉛の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、亜鉛の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、亜鉛の世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 実験室用滅菌器の世界市場:加熱滅菌、低温滅菌、電離放射線滅菌、濾過滅菌
    当調査レポートでは、実験室用滅菌器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、実験室用滅菌器の世界市場規模及び予測、技術別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のウラニウム採掘市場2020
  • ロケットとミサイルの世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、ロケットとミサイルの世界市場について調査・分析し、ロケットとミサイルの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・ロケットとミサイルの世界市場規模:発車モード別分析 ・ロケットとミサイルの世界市場規模:種類別分析 ・ロケットとミサイルの世界市場規模:用途別分析 ・ロケットとミサイルの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 世界主要国における防虫剤市場2018-2023
    本調査レポートでは、防虫剤の世界市場について調査・分析し、防虫剤の世界市場概要、企業別市場シェア、地域別市場規模、種類別市場規模(身体装着タイプ、身体非装着タイプ)、用途別市場規模(特殊用途向け、汎用用途向け)、主要企業分析、北米市場規模、米国市場規模、南米市場規模、欧州市場規模、アジア市場規模、日本国内市場規模、中国市場規模、中東・アフリカ市場規模、コスト(原価)分析、産業構造・戦略・マーケティング・流通業者分析、市場環境分析、防虫剤の世界市場予測、地域別市場予測、種類別市場予測、用途別市場予測などの情報をお届け致します。 ・防虫剤の世界市場概要 ・防虫剤の企業別市場シェア ・防虫剤の地域別市場規模 ・防虫剤の種類別市場規模(身体装着タイプ、身体非装着タイプ) ・防虫剤の用途別市場規模(特殊用途向け、汎用用途向け) ・防虫剤の主要企業分析 ・防虫剤の北米市場規模 ・防虫剤の米国市場規模 ・防虫剤の南米市場規模 ・防虫剤の欧州市場規模 ・防虫剤のアジア市場規模 ・防虫剤の日本国内市場規模 ・防虫剤の中国市場規模 ・防虫剤の中東・アフリカ市場規模 ・防虫剤のコスト(原価)分析 ・防虫剤の …
  • メジャメント・ホワイル・ドリリング(MWD)の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、メジャメント・ホワイル・ドリリング(MWD)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、メジャメント・ホワイル・ドリリング(MWD)市場規模、用途別(オンショア、オフショア)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・メジャメント・ホワイル・ドリリング(MWD)の世界市場概要 ・メジャメント・ホワイル・ドリリング(MWD)の世界市場環境 ・メジャメント・ホワイル・ドリリング(MWD)の世界市場動向 ・メジャメント・ホワイル・ドリリング(MWD)の世界市場規模 ・メジャメント・ホワイル・ドリリング(MWD)の世界市場:業界構造分析 ・メジャメント・ホワイル・ドリリング(MWD)の世界市場:用途別(オンショア、オフショア) ・メジャメント・ホワイル・ドリリング(MWD)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・メジャメント・ホワイル・ドリリング(MWD)の北米市場規模・予測 ・メジャメント・ホワイル・ドリリング(MWD)のヨーロッパ …
  • くい打ち機の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、くい打ち機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、くい打ち機の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 電動推進装置の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、電動推進装置の世界市場について調査・分析し、電動推進装置の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別電動推進装置シェア、市場規模推移、市場規模予測、電動推進装置種類別分析(グリッド型イオンエンジン(GIE)、ホール効果スラスター(HET)、高効率多段プラズマ推進器(HEMPT)、パルス型プラズマスラスタ(HEMPT)、その他)、電動推進装置用途別分析(ナノサテライト、マイクロサテライト)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・電動推進装置の市場概観 ・電動推進装置のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・電動推進装置のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・電動推進装置の世界市場規模 ・電動推進装置の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・電動推進装置のアメリカ市場規模推移 ・電動推進装置のカナダ市場規模推移 ・電動推進装置のメキシコ市場規模推移 ・電動推進装置のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・電動推進装置のドイツ市場規模推移 …
  • オンライン・ギャンブリンの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、オンライン・ギャンブリンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、オンライン・ギャンブリンの世界市場規模及び予測、種類別分析、デバイス別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • セキュリティテストの世界市場見通し2016-2022:ネットワークセキュリティテスト、アプリケーションセキュリティテスト、デバイスセキュリティテスト
    当調査レポートでは、セキュリティテストの世界市場について調査・分析し、セキュリティテストの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・セキュリティテストの世界市場:市場動向分析 ・セキュリティテストの世界市場:競争要因分析 ・セキュリティテストの世界市場:テスト別分析/市場規模 ・セキュリティテストの世界市場:ツール別分析/市場規模 ・セキュリティテストの世界市場:導入別分析/市場規模 ・セキュリティテストの世界市場:需要先別分析/市場規模 ・セキュリティテストの世界市場:地域別分析/市場規模 ・セキュリティテストの北米市場規模 ・セキュリティテストの欧州市場規模 ・セキュリティテストのアジア市場規模 ・セキュリティテストの世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • テレマティクスソリューションの世界市場:サービス・車両タイプ、形状別、装置タイプ・サービス別、技術別、地域別予測
    本資料は、テレマティクスソリューションの世界市場について調べ、テレマティクスソリューションの世界規模、市場動向、市場環境、サービス・車両タイプ分析、形状別分析、装置タイプ・サービス別分析、技術別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・テレマティクスソリューションの世界市場概要 ・テレマティクスソリューションの世界市場環境 ・テレマティクスソリューションの世界市場動向 ・テレマティクスソリューションの世界市場規模 ・テレマティクスソリューションの世界市場規模:サービス・車両タイプ ・テレマティクスソリューションの世界市場規模:形状別 ・テレマティクスソリューションの世界市場規模:装置タイプ・サービス別 ・テレマティクスソリューションの世界市場規模:技術別 ・テレマティクスソリューションの世界市場:地域別市場規模・分析 ・テレマティクスソリューションの北米市場規模・予測 ・テレマティクスソリューションのアメリカ市場規模・予測 ・テレマティクスソリュ …
  • アルミニウムスラグの世界市場予測2019-2024
    「アルミニウムスラグの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、ラウンド、四角・長方形、有孔など、用途別には、Tubes、Aerosols、Technical Partsなどに区分してまとめた調査レポートです。アルミニウムスラグのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・アルミニウムスラグの世界市場概要(サマリー) ・アルミニウムスラグの企業別販売量・売上 ・アルミニウムスラグの企業別市場シェア ・アルミニウムスラグの世界市場規模:種類別(ラウンド、四角・長方形、有孔) ・アルミニウムスラグの世界市場規模:用途別(Tubes、Aerosols、Technical Parts) ・アルミニウムスラグの米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・アルミニウムスラグのアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・アルミニウムスラグの欧州市場規模(ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、ロシアなど) ・アルミニウ …
  • 世界の自動車ESP市場2016
    本調査レポートでは、世界の自動車ESP市場2016について調査・分析し、自動車ESPの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 免疫学の世界市場分析:製品別(免疫化学分析装置、免疫化学試薬)、エンドユーザー別(病院、血液銀行、診断研究所)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、APAC、LATAM・MEA)、セグメント予測、2013 – 2024
    本調査レポートでは、免疫学の世界市場について調査・分析し、免疫学の世界市場動向、免疫学の世界市場規模、市場予測、セグメント別免疫学市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 風力タービン(風力原動機)の世界市場:市場規模、価格、市場シェア、主要国分析
  • 転移性肝臓がん(Metastatic Hepatocellular Carcinoma (HCC)):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における転移性肝臓がん(Metastatic Hepatocellular Carcinoma (HCC))の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、転移性肝臓がん(Metastatic Hepatocellular Carcinoma (HCC))治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・転移性肝臓がん(Metastatic Hepatocellular Carcinoma (HCC))の概要 ・転移性肝臓がん(Metastatic Hepatocellular Carcinoma (HCC))の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の転移性肝臓がん(Metastatic Hepatocellular Carcinoma (HCC))治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験 …
  • 実験室バイオアナリシス自動化の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、実験室バイオアナリシス自動化の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、実験室バイオアナリシス自動化の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は実験室バイオアナリシス自動化の世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.84%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Agilent Technologies、Beckman Coulter、F. Hoffmann-La Roche、Thermo Fisher Scientific等です。
  • エジプトの整形外科装置市場見通し
  • アラキドン酸(ARA)の世界市場:形状別(固体、溶媒)、用途別(乳児用調製粉乳、サプリメント)、地域別、競合別、セグメント予測
    本調査レポートでは、アラキドン酸(ARA)の世界市場について調査・分析し、アラキドン酸(ARA)の世界市場動向、アラキドン酸(ARA)の世界市場規模、市場予測、セグメント別アラキドン酸(ARA)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 電動アシスト自転車の世界市場2015-2019
    当調査レポートでは、電動アシスト自転車の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電動アシスト自転車の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のHIVワクチン市場動向・予測
    本調査レポートでは、世界のHIVワクチン市場について調査・分析し、世界のHIVワクチン市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 石油・ガス産業向けプロセスオートメーション及びインストゥルメンテーションのアジア太平洋市場
  • クラウド型分析サービスの世界市場:財務分析、リスク分析、顧客分析、マーケティング分析、ウェブ・ソーシャルメディア分析、サプライチェーン分析、ネットワーク分析
    当調査レポートでは、クラウド型分析サービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、ソリューション別分析、サービス別分析、分析種類別分析、産業別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の水素化ホウ素ナトリウム市場2015
    本調査レポートでは、世界の水素化ホウ素ナトリウム市場2015について調査・分析し、水素化ホウ素ナトリウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • がん治療薬の世界市場:用途別(血液がん、肺がん、大腸がん、前立腺がん、乳がん、子宮頸がん、その他)、主力薬剤別(レブリミド、アバスチン、ハーセプチン、リツキサン、オプジーボ、グリベック、ベルケイド、イブルチニブ、パルボシクリブ、アビラテロン、ペメトレキセド、エンザルタミド、エルロチニブ、ペルツズマブ、その他)
    本資料は、がん治療薬の世界市場について調べ、がん治療薬の世界規模、市場シェア、市場動向、市場環境、用途別(血液がん、肺がん、大腸がん、前立腺がん、乳がん、子宮頸がん、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・がん治療薬の世界市場概要 ・がん治療薬の世界市場環境 ・がん治療薬の世界市場動向 ・がん治療薬の世界市場規模 ・がん治療薬の世界市場:市場シェア ・がん治療薬の世界市場:用途別(血液がん、肺がん、大腸がん、前立腺がん、乳がん、子宮頸がん、その他) ・がん治療薬の世界市場:主力薬剤別(レブリミド、アバスチン、ハーセプチン、リツキサン、オプジーボ、グリベック、ベルケイド、イブルチニブ、パルボシクリブ、アビラテロン、ペメトレキセド、エンザルタミド、エルロチニブ、ペルツズマブ、その他) ・がん治療薬の世界市場:地域別市場規模・分析 ・がん治療薬の北米市場規模・予測 ・がん治療薬のアメリカ市場規模・予測 ・がん治療薬のヨーロッパ市場規模・予測 …
  • 電気用鋼の世界市場予測(~2021):トランス、モーター、インダクタ
    当調査レポートでは、電気用鋼の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、需要先別分析、地域別分析、電気用鋼の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ブロノポールの世界市場2017-2021:水処理、調合剤、石油・ガス、紙・パルプ、塗料・塗装・接着剤、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ブロノポールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ブロノポールの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はブロノポールの世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.88%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はBASF、Shanghai Rich Chemicals、Sharon laboratories、Fujian Shadow Fine Chemical Factory、The Dow Chemical Company等です。
  • Anti-CD28抗体のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるAnti-CD28抗体のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・Anti-CD28抗体の概要 ・Anti-CD28抗体のパイプライン概要 ・企業別開発中のAnti-CD28抗体 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・Anti-CD28抗体の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・Anti-CD28抗体開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界の胆汁カテーテル市場2016
    本調査レポートでは、世界の胆汁カテーテル市場2016について調査・分析し、胆汁カテーテルの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用ブッシュの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、自動車用ブッシュの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用ブッシュ市場規模、車種別(小型商用車(LCV)、大型商用車(HCV)、乗用車(PC))分析、電気自動車(EV)種類別(プラグインハイブリッド車(PHEV)、ハイブリッド車(HEV)、バッテリー式電気自動車(BEV))分析、製品別(ポリウレタン製、ゴム製)分析、用途別(トランスミッション、サスペンション、シャーシ、排気装置、エンジン、内装)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 自動車用ブッシュの世界市場:市場動向分析 ・ 自動車用ブッシュの世界市場:競争要因分析 ・ 自動車用ブッシュの世界市場:車種別(小型商用車(LCV)、大型商用車(HCV)、乗用車(PC)) ・ 自動車用ブッシュの世界市場:電気自動車(EV)種類別(プラグインハイブリッド車(PHEV)、ハイブリッド車(HEV)、バッテリー式電気自動車(BEV)) ・ 自動車用ブッシュの世界市場:製品別 …
  • 世界のパワートレインコントロールモジュール(PCM)市場
  • 医療産業におけるフッ素重合体の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、医療産業におけるフッ素重合体の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、医療産業におけるフッ素重合体の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は医療産業におけるフッ素重合体の世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.46%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、3M (Dyneon)、Ashai Glass、Chemours Company、Daikin industry、Honeywell International等です。
  • パーム油および誘導体の世界市場
    当調査レポートでは、パーム油および誘導体の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・パーム油および誘導体の世界市場:油種類別分析/市場規模 ・パーム油および誘導体の世界市場:用途別分析/市場規模 ・パーム油および誘導体の世界市場:地域別分析/市場規模 ・パーム油および誘導体のアメリカ市場規模予測 ・パーム油および誘導体のヨーロッパ市場規模予測 ・パーム油および誘導体のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • デンマークの電気生理装置市場見通し
  • カラー鋼板の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、カラー鋼板の世界市場について調査・分析し、カラー鋼板の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別カラー鋼板シェア、市場規模推移、市場規模予測、カラー鋼板種類別分析(PEコート鋼板、HDPコート鋼板、SMPコート鋼板、PVDFコート鋼板)、カラー鋼板用途別分析(建設、家電、自動車)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・カラー鋼板の市場概観 ・カラー鋼板のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・カラー鋼板のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・カラー鋼板の世界市場規模 ・カラー鋼板の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・カラー鋼板のアメリカ市場規模推移 ・カラー鋼板のカナダ市場規模推移 ・カラー鋼板のメキシコ市場規模推移 ・カラー鋼板のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・カラー鋼板のドイツ市場規模推移 ・カラー鋼板のイギリス市場規模推移 ・カラー鋼板のロシア市場規模推移 ・カラー鋼板のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東 …
  • 2型糖尿病の疫学的予測
    当調査レポートでは、2型糖尿病の疫学的市場予測について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・イントロダクション ・2型糖尿病の概要 ・リスク要因及び併存症 ・主要地域の動向 ・疫学的予測方法 ・2型糖尿病の疫学的予測結果(有病率など) ・考察(結論、分析の限界・強み)
  • 世界の腎臓透析装置開発動向:医療機器パイプライン分析2015
    当調査レポートでは、腎臓透析装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・腎臓透析装置の概要 ・腎臓透析装置の開発動向:開発段階別分析 ・腎臓透析装置の開発動向:セグメント別分析 ・腎臓透析装置の開発動向:領域別分析 ・腎臓透析装置の開発動向:規制Path別分析 ・腎臓透析装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別腎臓透析装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・腎臓透析装置の最近動向
  • サーチライト(探照灯)の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、サーチライト(探照灯)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、サーチライト(探照灯)の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はサーチライト(探照灯)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.54%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、The Carliste & Finch、Francis Company、IBAK Helmut Hunger、LUMINELL、Perko、R. STAHL TRANBERG等です。
  • モータースポーツの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、モータースポーツの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、モータースポーツの世界市場規模及び予測、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 モータースポーツでは、多くのモーター付き車両の競争レースがあります。カスタムカー、トラック、モーターバイク、ゴーカート、スノーモービルのレースがあります。F1が一番人気のあるモータースポーツイベントで、その次にインディカーシリーズ、NASCARが続きます。Technavio社はモータースポーツの世界市場が2017-2021年期間中に年平均0.08%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Ferrari• McLaren• Mercedes-Benz• Red Bull Racing等です。
  • 携帯電話用アクセサリーの世界市場:バッテリー、ヘッドフォン/イヤホン、ポータブルスピーカー、充電器、メモリーカード、保護ケース、パワーバンク、バッテリーケース
    当調査レポートでは、携帯電話用アクセサリーの世界市場について調査・分析し、市場概要、製品種類別(バッテリー、ヘッドフォン/イヤホン、ポータブルスピーカー、充電器、メモリーカード、保護ケース、パワーバンク、バッテリーケースなど)分析、流通チャンネル(オンライン、オフライン)分析、価格帯別(プレミアム、ミッド、ロー)分析、地域別分析、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・携帯電話用アクセサリーの世界市場:製品種類別(バッテリー、ヘッドフォン/イヤホン、ポータブルスピーカー、充電器、メモリーカード、保護ケース、パワーバンク、バッテリーケースなど) ・携帯電話用アクセサリーの世界市場:流通チャンネル(オンライン、オフライン) ・携帯電話用アクセサリーの世界市場:価格帯別(プレミアム、ミッド、ロー) ・携帯電話用アクセサリーの世界市場:地域別 ・企業動向
  • 下着の世界市場
    当調査レポートでは、下着の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、下着の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • 遺伝子検査の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、遺伝子検査の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、遺伝子検査市場規模、技術別(生化学検査、細胞遺伝検査)分析、疾患別(アルツハイマー病、嚢胞性線維症、ハンチントン病、デュシェンヌ型筋ジストロフィー、鎌状赤血球貧血、腫瘍・がん、サラセミア、特殊疾患、その他)分析、タイプ別(予測的検査・発症前検査、キャリア検査、遺伝子発現検査、法医学検査、新生児検査・出生前検査、分子遺伝学的検査・DNA検査、タンデム質量分析、高速液体クロマトグラフィー、ガスクロマトグラフィー・質量分析、その他)分析、検体別(唾液、毛髪、血液、腫瘍、その他)分析、用途別(癌遺伝子検査、既定の遺伝子検査、ファーマコゲノミクス遺伝子検査、遺伝性腫瘍関連検査、消費者直結型(DTC)遺伝子検査、神経疾患検査、筋ジストロフィー症、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 遺伝子検査の世界市場:市場動向分析 ・ 遺伝子検査の世界市場:競争要因分析 ・ 遺伝子検査 …
  • アジアのオーソバイオロジクス市場動向(~2021)
  • オートクレーブ養生気泡コンクリートの世界市場:用途別、エンドユーザー別(住宅建物、商業ビル、インフラ)、地域別予測
    本資料は、オートクレーブ養生気泡コンクリートの世界市場について調べ、オートクレーブ養生気泡コンクリートの世界規模、市場動向、市場環境、用途別分析、エンドユーザー別(住宅建物、商業ビル、インフラ)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・オートクレーブ養生気泡コンクリートの世界市場概要 ・オートクレーブ養生気泡コンクリートの世界市場環境 ・オートクレーブ養生気泡コンクリートの世界市場動向 ・オートクレーブ養生気泡コンクリートの世界市場規模 ・オートクレーブ養生気泡コンクリートの世界市場規模:用途別 ・オートクレーブ養生気泡コンクリートの世界市場規模:エンドユーザー別(住宅建物、商業ビル、インフラ) ・オートクレーブ養生気泡コンクリートの世界市場:地域別市場規模・分析 ・オートクレーブ養生気泡コンクリートの北米市場規模・予測 ・オートクレーブ養生気泡コンクリートのアメリカ市場規模・予測 ・オートクレーブ養生気泡コンクリートのヨーロッパ市場規模・予測 …
  • 抗酸化物質の世界市場
    当調査レポートでは、抗酸化物質の世界市場について調査・分析し、抗酸化物質の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 先進CO2センサーの世界市場:NDIR式CO2センサー、化学CO2センサー
    当調査レポートでは、先進CO2センサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、先進CO2センサーの世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • NS3プロテアーゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるNS3プロテアーゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・NS3プロテアーゼ阻害剤の概要 ・NS3プロテアーゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のNS3プロテアーゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・NS3プロテアーゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・NS3プロテアーゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界のシートモールディングコンパウンド(SMC)市場2015
    本調査レポートでは、世界のシートモールディングコンパウンド(SMC)市場2015について調査・分析し、シートモールディングコンパウンド(SMC)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 軟鋼の世界市場
    当調査レポートでは、軟鋼の世界市場について調査・分析し、軟鋼の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 軟鋼の世界市場:市場動向分析 - 軟鋼の世界市場:競争要因分析 - 軟鋼の世界市場:用途別 ・自動車部品 ・TMT(熱機械処理)バー ・道具 ・配線 ・その他 - 軟鋼の世界市場:エンドユーザー別 ・自動車産業 ・重い工学装置および工作機械の業界 ・家電産業 ・住宅&建設産業 ・海運業 ・その他 - 軟鋼の世界市場:製品別 ・山形鋼 ・鋼製根太 ・鋼板 ・鋼管 ・溝形鋼 - 軟鋼の世界市場:主要地域別分析 - 軟鋼の北米市場規模(アメリカ市場等) - 軟鋼のヨーロッパ市場規模 - 軟鋼のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・軟鋼の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"