"仮想化セキュリティの世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:TC 7402)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"仮想化セキュリティの世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The virtualization security market is projected to grow at a Compound Annual Growth Rate (CAGR) of 15.6% during the forecast periodThe global virtualization security market size is expected to grow from USD 1.3 billion in 2019 to USD 2.7 billion by 2024, at a Compound Annual Growth Rate (CAGR) of 15.6% during the forecast period. Increasing adoption of virtual applications across SMEs and large enterprises. Driven by multiple factors, such as flexibility, cost-saving, and availability, an increasing number of companies are transferring their data to the cloud (though this is also exposing these companies to various risks associated with virtualization). However, lack of awareness about virtualization security and compatibility issues with legacy systems restrain the market growth.

Anti-malware solution segment is expected to have a significant market share during the forecast period
Malware is becoming an increasing concern in the virtual infrastructure. With the advent of worms, such as DejaBlue and IoT Linux, which attacks target users’ devices, anti-malware in the guest OS is insufficient. IDS/IPS solutions can detect and block some malware at the network level during and after infection. However, to fully back up guest OS anti-malware, virtualization security solutions must perform online and offline scanning and remediation of files and VMs. Furthermore, unlike physical machines, there would are likely to be several many more dormant VMs than existing ones. Unless these dormant VMs are also scanned and remediated, they can introduce infections when booted.

Consulting services in the service segment is expected to grow at a significant CAGR during the forecast period
Consulting services provide knowledge and advice, in-depth product description, and solutions for critical issues. These services are provided by highly qualified industry experts, domain experts, and security professionals. These professionals help organizations formulate virtualization security strategies, prevent revenue losses, minimize risks, understand the maturity of their security solutions, and enhance security in the existing IT systems. Consulting service providers guide companies in setting up advanced virtualization security policies to address their specific security requirements in a way feasible for them and understand new technologies that secure their enterprise business.

North America is expected to have the largest market size, and Asia Pacific is projected to grow at the highest rate during the forecast period
North America is expected to be the most significant contributor to the virtualization security market, with approximately 40% of the revenue generated from this region as of 2018. North America is expected to be the most mature region in the virtualization security market, as most of the vendors are located in the is region. Various factors are expected to be driving the adoption of virtualization security solutions and services in this region. The factors include the rise of cybersecurity threats and the shift of focus from the traditional cloud security to virtualization security. More than 60% of the revenue is said to be generated from large enterprises, whereas SMEs are estimated to be growing at a higher faster CAGR during the forecast period. The market has been steadily showing positive trends in the region, as several companies and industries are adopting virtualization security solutions and services to secure their applications virtually. The key countries taken for analysis in North America include the US and Canada. The presence of key virtualization security market players in this region is expected to be the significant factor for behind the market growth. Some of the major vendors operating in this region include VMware, Juniper Networks, Symantec, Cisco, Fortinet, and IBM.
In the process of determining and verifying the market size of several segments and subsegments gathered through secondary research, extensive primary interviews were conducted with key people. The break-up of the profiles of the primary participants is as follows:
• By Company: Tier 1 – 20%, Tier 2 – 55%, and Tier 3 – 25%
• By Designation: C-Level – 50%, Director Level – 25%, and Others – 25%
• By Region: North America – 45%, Europe – 25%, APAC – 20%, Latin America – 5%, Middle East and Africa – 5%
The virtualization security market includes various major vendors, such as Trend Micro (Japan), VMware (US), Juniper Networks (US), Fortinet (US), Sophos (UK), Cisco (US), IBM (US), Centrify (US), HyTrust (US), Check Point (Israel), Tripwire (US), HPE (US), Dell EMC (US), Intel (US), CA Technologies (US), Symantec (US), StrataCloud (US), ESET (Slovakia), McAfee (US), and Huawei (China).

Research Coverage
The report includes an in-depth competitive analysis of the key players in the virtualization security market along with their company profiles, recent developments, and key market strategies. The report segments the virtualization security market by component (solution and services), deployment, organization size, end user (service providers and enterprises), and region.

Key Benefits of Buying the Report:
The virtualization security market is segmented based on component (solution and services), deployment, organization size, end-user (service providers and enterprises), and region.
The report is expected to help the market leaders/new entrants in the virtualization security market in the following ways:
1. The virtualization security market revenue stream has been estimated based on the revenues generated by vendors, offering virtualization security solutions and associated services, inclusive of professional services (consulting, integration and design, support and maintenance, and training and education services), and managed services. The report provides the closest approximations of the revenue numbers for the overall market and the subsegments. The market numbers are further divided into deployment, organization size, end-user, and regions.
2. The report helps the stakeholders understand the pulse of the market and provides them with information on the key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.
3. The report is expected to help the stakeholders understand the competitors and gain more insights to improve their market position. The competitive landscape section includes the competitor ecosystem, new product developments, partnerships, and mergers and acquisitions.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"仮想化セキュリティの世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 21)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.2.1 Inclusions and Exclusions
1.3 Market Scope
1.3.1 Market Segmentation
1.3.2 Regions Covered
1.4 Years Considered for the Study
1.5 Currency Considered
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 25)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Breakup of Primary Profiles
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.2 Market Breakdown and Data Triangulation
2.3 Market Size Estimation
2.3.1 Top-Down Approach
2.3.2 Bottom-Up Approach
2.4 Market Forecast
2.5 Microquadrant Research Methodology
2.5.1 Vendor Inclusion Criteria
2.6 Assumptions for the Study
2.7 Limitations of the Study
3 Executive Summary (Page No. – 33)
4 Premium Insights (Page No. – 37)
4.1 Attractive Market Opportunities in the Virtualization Security Market
4.2 Market By Component, 2019
4.3 Market By Professional Service, 2019–2024
4.4 Market Share of Top 3 Enterprises and Regions, 2019
4.5 Market By Organization Size, 2019
4.6 Market Investment Scenario
5 Market Overview (Page No. – 40)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Increasing Adoption of Virtual Applications Across SMES and Large Enterprises
5.2.1.2 Rising Incidence of Cyberattacks
5.2.1.3 Increase in Stringent Regulations and Compliance Requirements
5.2.1.4 Increasing Adoption of Byod and IoT Trends
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Lack of Skilled Professionals
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Increasing Demand for Virtualization Security Solutions and Services
5.2.3.2 Growing Adoption Among SMES
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Compatibility Issues With Legacy Systems
5.2.4.2 Lack of Awareness of Virtualization Security
5.3 Vulnerabilities in Virtualized Environment
5.4 Good Practices in Virtualized Environment
5.5 Porter’s Five Forces Model: Virtualization Security
5.6 Use Cases
6 Virtualization Security Market By Component (Page No. – 51)
6.1 Introduction
6.2 Solutions
6.2.1 Host-Based
6.2.1.1 Need to Avoid Unidentified Authentication to Any of the Guest Operating System Driving the Growth of Host-Based Solutions Segment
6.2.2 Anti-Malware
6.2.2.1 Need to Detect and Block Some Malware at the Network Level During and After Infection Driving the Growth of Anti-Malware Solutions Segment
6.2.3 Virtual Appliance
6.2.3.1 Increasing Need to Secure Virtual Machine Driving the Growth of Virtual Appliance Solutions Segment
6.2.4 Virtual Zone
6.2.4.1 Growing Need to Secure Virtual Environment Driving the Growth of Virtual Zone Solutions Segment
6.2.5 Virtual Infrastructure Protection
6.2.5.1 Need to Limit the Potential Risk of Attack Through Bypass of the Management Console and Direct Connection Driving the Growth of Virtual Infrastructure Protection Solutions Segment
6.2.6 Virtual Life Cycle Protection
6.2.6.1 Need to Limit Susceptible Attacks Driving the Growth of Virtual Life Cycle Protection Solutions Segment
6.2.7 Log and Patch Management
6.2.7.1 Growing Demand for Updated and Secured Virtual Machine Driving the Growth of Log and Patch Management Solutions Segment
6.2.8 Configuration Management
6.2.8.1 Growing Demand for Configuration Security Driving the Configuration Management Solutions Segment
6.2.9 Virtualization Security API
6.2.9.1 Growing Need to Provide Performance Monitoring and Scanning/Remediation of Memory-Resident Malware Driving the Virtualization Security API Solutions Segment
6.3 Services
6.3.1 Professional Services
6.3.1.1 Integration and Design
6.3.1.1.1 Increasing Need to Provide Integration of the Vendor’s Security System Into the Customer’s Security System Plan With Minimum Deviation Driving the Growth of Integration and Design Services Segment
6.3.1.2 Consulting
6.3.1.2.1 Need to Enhance Security in the Existing It Systems Driving the Growth of Consulting Services Segment
6.3.1.3 Support and Maintenance
6.3.1.3.1 Need to Help Enterprises in Providing Installation, Maintenance, and Other Support Activities Driving the Growth of Support and Maintenance Services Segment
6.3.1.4 Training and Education
6.3.1.4.1 Need to Help in Achieving Critical Skills for Improving the Overall Security of Personal Devices, Laptops, and Other Computing Devices to Drive the Growth of Training and Education Services Segment
6.3.2 Managed Services
6.3.2.1 Need to Protect Business-Critical Applications Driving the Growth of Managed Services Segment
7 Virtualization Security Market By Deployment (Page No. – 70)
7.1 Introduction
7.2 Cloud
7.2.1 Need for Service-Oriented Architecture and a Robust Set of Transformation Processes to Meet Business Objectives Driving the Growth of Cloud Segment
7.3 On-Premises
7.3.1 Increasing Demand for Data Validation, Standardization, and Robust Matching to Drive the Growth of On-Premises Segment
8 Market By Organization Size (Page No. – 74)
8.1 Introduction
8.2 Small and Medium-Sized Enterprises
8.2.1 Increasing Need for Secured Cloud and Virtualized Environment to Boost the Growth of Small and Medium-Sized Enterprises Segment
8.3 Large Enterprises
8.3.1 Increasing use of Virtual Secured Applications to Fuel the Growth of Large Enterprises Segment
9 Virtualization Security Market By End User (Page No. – 78)
9.1 Introduction
9.2 Service Providers
9.2.1 Cloud Service Providers
9.2.1.1 Growing Need for Healthy Security Posture to Boost the Virtualization Security Market Among Cloud Service Providers
9.2.2 Telecom Service Providers
9.2.2.1 Advent of 5g Networks, and the Need to Support IoT Devices Through Secured Connectivity Driving the Growth of Market Among Various Telecom Service Providers
9.3 Enterprises
9.3.1 Banking, Financial Services, and Insurance
9.3.1.1 Increasing Adoption of Virtualized Environment for Better Financial Transactions to Boost the Growth of Market in BFSI Segment
9.3.2 Government, Defense, and Aerospace
9.3.2.1 Need for Reduced Capex and Optimized Governance Processes to Fuel the Growth of Market in Government, Defense, and Aerospace Segment
9.3.3 Healthcare and Life Sciences
9.3.3.1 Growing Demand for Data Encryption, Application Firewalls, Disaster Recovery and Business Continuity to Fuel the Growth of Virtualization Security Market in Healthcare and Life Sciences Segment
9.3.4 Retail
9.3.4.1 Growing Demand for Secured Personalized Experiences Across All the Touchpoints, Including Point of Sale and Web Driving the Growth of Market in Retail Segment
9.3.5 Manufacturing
9.3.5.1 Increasing use of Virtualization to Optimally use Control Systems Driving the Growth of Market in Manufacturing Segment
9.3.6 Education
9.3.6.1 Increasing Need to Safeguard the Interest of the Universities and Education System Driving the Growth of Market in Education Segment
9.3.7 Other Enterprises
10 Virtualization Security Market By Region (Page No. – 95)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.2.1 United States
10.2.1.1 Increasing Need for Security and Faster Configurations to Boost the Adoption of Virtualization Security Solutions in the US
10.2.2 Canada
10.2.2.1 Growing Data Security Concerns and the Regulations to Fuel the Adoption of Virtualization Security Solutions in Canada
10.3 Europe
10.3.1 United Kingdom
10.3.1.1 Adoption of Cloud and Virtualization Services to Drive the Growth of Market in the UK
10.3.2 Germany
10.3.2.1 Advancement Toward Digitalization Approach to Propel the Growth of Market in Germany
10.3.3 France
10.3.3.1 Increasing Virtual Workloads and Need to Protect Them Driving the Growth of Market in France
10.3.4 Rest of Europe
10.4 Asia Pacific
10.4.1 Australia and New Zealand
10.4.1.1 Rapid Adoption of Digital Transformation Initiatives Among Enterprises to Boost the Adoption of Virtualization Security Solutions in ANZ
10.4.2 Japan
10.4.2.1 Growing Interest of Organizations Toward Implementing Virtualization Technology-Based Solutions to Fuel the Growth of Virtualization Security Market in Japan
10.4.3 China
10.4.3.1 High IT Spending and Stable Government Support for Implementing the Latest Technologies to Drive the Growth of Market in China
10.4.4 Rest of Asia Pacific
10.5 Middle East and Africa
10.5.1 Middle East
10.5.1.1 Growing Need to Provide Robust Virtual Applications Driving the Growth of Market in the Middle East
10.5.2 Africa
10.5.2.1 Growing Demand for Digital Transformations Through the Adoption of Virtualized Environments to Boost the Growth of Market in Africa
10.6 Latin America
10.6.1 Mexico
10.6.1.1 Increased Productivity By Using Virtualization Solutions to Boost the Growth of Market in Mexico
10.6.2 Brazil
10.6.2.1 Increasing Awareness of Organizations for Virtualization Technology to Improve Service Operations to Drive the Growth of Market in Brazil
10.6.3 Rest of Latin America
11 Competitive Landscape (Page No. – 126)
11.1 Competitive Leadership Mapping
11.1.1 Visionary Leaders
11.1.2 Innovators
11.1.3 Dynamic Differentiators
11.1.4 Emerging Companies
11.2 CompetiTVe Scenario
11.2.1 Partnerships, Agreements, and Collaborations
11.2.2 New Product Launches/Product Enhancements
11.2.3 Mergers and Acquisitions
11.2.4 Business Expansions
12 Company Profiles (Page No. – 132)
12.1 Introduction
(Business Overview, Solutions Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View)*
12.2 Trend Micro
12.3 VMware
12.4 Juniper Networks
12.5 Fortinet
12.6 Sophos
12.7 Cisco
12.8 IBM
12.9 Centrify
12.10 HyTrust
12.11 Checkpoint
12.12 Tripwire
12.13 Hewlett Packard Enterprise (HPE)
12.14 Dell EMC
12.15 Intel
12.16 CA Technologies
12.17 Symantec
12.18 StrataCloud
12.19 ESET
12.20 McAfee
12.21 Huawei
12.22 10zig Technology Inc.
*Details on Business Overview, Solutions Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View Might Not be Captured in Case of Unlisted Companies.
13 Appendix (Page No. – 155)
13.1 Discussion Guide
13.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.3 Available Customizations
13.4 Related Reports
13.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】仮想化セキュリティの世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年10月22日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】TC 7402
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】通信&IT
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
仮想化セキュリティの世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 太陽光発電用マイクロインバータの世界市場ー産業および機会分析ー2016-2026:住宅用、商業用、電力産業用
  • 世界の自動車減速装置市場2016
    本調査レポートでは、世界の自動車減速装置市場2016について調査・分析し、自動車減速装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • マシンビジョン技術の世界市場
    当調査レポートでは、マシンビジョン技術の世界市場について調査・分析し、マシンビジョン技術の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 硬質プラスチック包装 (RPP) 向けインク・コーティングの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、硬質プラスチック包装 (RPP) 向けインク・コーティングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、硬質プラスチック包装 (RPP) 向けインク・コーティングの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 硬質プラスチック包装 (RPP) 用のインクやコーティングは、パッケージの表面や中に入った製品に、バーコードなどの情報や記号、ブランド表示などを印刷するために使われています。Technavio社は硬質プラスチック包装 (RPP) 向けインク・コーティングの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.41%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• AkzoNobel• Flint Group• PPG Industries• Sun Chemical Corporation• The Valspar Corporation等です。
  • 染料の世界市場分析:用途別(プラスチック、繊維、食品、パーソナルケア、印刷、塗料およびコーティング)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中南米、MEA)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、染料の世界市場について調査・分析し、染料の世界市場動向、染料の世界市場規模、市場予測、セグメント別染料市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 建設用プラスチックの世界市場予測(~2023年)
    建設用プラスチックの世界市場は、2018年の756億米ドルから2023年には1,057億米ドルに達し、6.9%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、プラスチックなどの軽量材料の消費増加、そしてほかの代替材料と比較してプラスチックが低コストであることが考えられます。一方で、プラスチックの主要原料である原油の価格変動、中国の景気減速、およびグリーンビルディングでのPVC製品の使用禁止により、市場の成長は抑制される可能性があります。当調査レポートでは、建設用プラスチックの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、プラスチックの種類(発泡スチロール、ポリエチレン、ポリプロピレン、ポリ塩化ビニル)分析、用途(断熱材、窓・ドア、パイプ)分析、エンドユーザー分析、建設用プラスチックの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • フリーズドライ食品の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、フリーズドライ食品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、フリーズドライ食品の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。 フリーズドライ(凍結乾燥)食品は、お湯で戻した後も元の食材のテクスチャーや味覚が保たれているため、最高の乾燥食品だと称されています。凍結乾燥できる食品としては、野菜、果物、肉、魚、乳製品があります。ネスレ等の企業では、離乳食を作るためにフリーズドライを採用しています。Technavio社はフリーズドライ食品の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.59%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Nestlé• OFD Foods• Unilever• Wise Company等です。
  • 中国の滅菌器市場見通し(~2021)
  • 日光角化症(Actinic Keratosis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における日光角化症(Actinic Keratosis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、日光角化症(Actinic Keratosis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・日光角化症(Actinic Keratosis)の概要 ・日光角化症(Actinic Keratosis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の日光角化症(Actinic Keratosis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・日光角化症(Actinic Keratosis)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価 …
  • 心臓構造デバイスの世界市場予測(~2023年):心臓弁装置、オクルーダー・デリバリーシステム、弁形成リング、付属品
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、心臓構造デバイスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、製品(心臓弁装置、オクルーダー・デリバリーシステム、弁形成リング、付属品)分析、処置(置換、修復)分析、心臓構造デバイスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • CysLT亜類型1受容体アンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるCysLT亜類型1受容体アンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・CysLT亜類型1受容体アンタゴニストの概要 ・CysLT亜類型1受容体アンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のCysLT亜類型1受容体アンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・CysLT亜類型1受容体アンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・CysLT亜類型1受容体アンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 眼内レンズ(IOL)の世界市場2014-2025:製品別(単焦点レンズ、多焦点レンズ、トーリックレンズ、調節可能レンズ)、エンドユーザー別、地域別
    本調査レポートでは、眼内レンズ(IOL)の世界市場について調査・分析し、眼内レンズ(IOL)の世界市場動向、眼内レンズ(IOL)の世界市場規模、市場予測、セグメント別眼内レンズ(IOL)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 地球物理サービスの世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、地球物理サービスの世界市場規模が2017年2兆1500.5億ドルから2026年3兆5712.5億ドルまで年平均5.8%成長すると予測しています。当調査レポートでは、地球物理サービスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、地球物理サービス市場規模、種類別(陸上調査、空中調査)分析、技術別(耐震、抵抗率、磁気、光検出・測距(LIDAR)、ハイパースペクトル)分析、エンドユーザー別(農業、環境、鉱物・鉱業、石油ガス、水の探検)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 地球物理サービスの世界市場:市場動向分析 ・ 地球物理サービスの世界市場:競争要因分析 ・ 地球物理サービスの世界市場:種類別(陸上調査、空中調査) ・ 地球物理サービスの世界市場:技術別(耐震、抵抗率、磁気、光検出・測距(LIDAR)、ハイパースペクトル) ・ 地球物理サービスの世界市場:エンドユーザー別(農業、環境、鉱物・鉱業、石油ガス、水の探 …
  • 世界の金属骨プレート(骨接合板)市場2015
    本調査レポートでは、世界の金属骨プレート(骨接合板)市場2015について調査・分析し、金属骨プレート(骨接合板)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 胃部・食道胃接合部腺癌市場:日本の治療薬市場
  • 急性リンパ性白血病の世界市場
    Transparency Market Researchが調査・発行した当レポートは、急性リンパ性白血病の世界市場について調べ、急性リンパ性白血病の世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(B細胞、T細胞)分析、治療法別(化学療法、放射線治療、骨髄移植、標的療法、免疫療法)分析、エンドユーザー別(病院、診療所)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめました。 ・序文・調査範囲・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・急性リンパ性白血病の世界市場動向 ・急性リンパ性白血病の世界市場環境 ・急性リンパ性白血病の世界市場規模 ・急性リンパ性白血病の世界市場規模:タイプ別(B細胞、T細胞) ・急性リンパ性白血病の世界市場規模:治療法別(化学療法、放射線治療、骨髄移植、標的療法、免疫療法) ・急性リンパ性白血病の世界市場規模:エンドユーザー別(病院、診療所) ・急性リンパ性白血病の世界市場:地域別市場規模・分析 ・急性リンパ性白血病の北米市場規模・予測 ・急性リンパ性白血病のアメリカ市場規模・予測 ・急性リンパ性白血病の中南米市 …
  • 無菌性検査の世界市場:タイプ別(社内、アウトソース)、検査タイプ別、最終用途別、サンプル別(滅菌剤、生物製剤、治療薬)、セグメント予測
    無菌性検査の世界市場は2025年には20億米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率11.8%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、研究開発費の増加と相まって、新薬の発売が増加していることが考えられます。本調査レポートでは、無菌性検査の世界市場について調査・分析し、無菌性検査の世界市場動向、無菌性検査の世界市場規模、市場予測、セグメント別無菌性検査市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 電気自動車(EV)インフォテインメントの世界市場2015-2025:システムタイプ別(オーディオ、ビデオ、ヘッドアップ、ナビゲーション、後部座席娯楽システム)、接続性別、エンドユーザー別、用途別
    本調査レポートでは、電気自動車(EV)インフォテインメントの世界市場について調査・分析し、電気自動車(EV)インフォテインメントの世界市場動向、電気自動車(EV)インフォテインメントの世界市場規模、市場予測、セグメント別電気自動車(EV)インフォテインメント市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • フレキシブルプラスチック包装の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、フレキシブルプラスチック包装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、フレキシブルプラスチック包装の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はフレキシブルプラスチック包装の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.03%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Amcor、Bemis Company、Berry Global、Huhtamaki等です。
  • 水平カルーセルの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、水平カルーセルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、水平カルーセルの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の六ほう化一けい素市場2016
    本調査レポートでは、世界の六ほう化一けい素市場2016について調査・分析し、六ほう化一けい素の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 地盤工学用計装・モニタリングの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、地盤工学用計装・モニタリングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、提供商品別分析、技術別分析、構造別分析、需要先別分析、地盤工学用計装・モニタリングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • フランスの心臓補助装置市場(~2021)
  • ビジネスジェットの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ビジネスジェットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ビジネスジェットの世界市場規模及び予測、航空機種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 太陽光発電トラッカーの世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、太陽光発電トラッカーの世界市場について調査・分析し、太陽光発電トラッカーの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・太陽光発電トラッカーの世界市場規模:技術別分析 ・太陽光発電トラッカーの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 中国の喉頭鏡市場2015
    本調査レポートでは、中国の喉頭鏡市場2015について調査・分析し、喉頭鏡の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 結膜炎治療薬の世界市場:細菌性結膜炎、ウイルス性結膜炎、アレルギー性結膜炎
    当調査レポートでは、結膜炎治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、結膜炎治療薬の世界市場規模及び予測、市場シェア、地域別分析/市場規模、種類別分析、パイプライン分析、市場の成長要因、市場の課題、製品パイプライン分析、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • カーリング用品の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、カーリング用品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、カーリング用品の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。 カーリングとは、競技者がアイスシート上でカーリングストーンを滑らせて行う氷上競技です。4人ずつ2チームで行われます。体格の強さを必要としないので様々な年齢層の人に、レクレーションとしても人気があります。最も魅力的なスポーツとして、カーリングは氷上のチェス等と呼ばれています。Technavio社はカーリング用品の世界市場が2017-2021年期間中に年平均2.01%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Andrew Kay & Co (Curling Stones)• Asham Curling Supplies• BalancePlus Sliders• Goldline Curling• Olson Curling等です。
  • コイルドチュービングの世界市場予測
  • ワクチンアジュバントの世界市場:粒子状アジュバント、アジュバント・エマルション、病原体、サポニン、組合せアジュバント
    当調査レポートでは、ワクチンアジュバントの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品種類別分析、投与経路別分析、疾患種類別分析、用途別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • タブレットPCの世界市場分析・予測
  • 石鹸の世界市場:市場規模、成長、予測分析
  • 熱処理の世界市場2014–2025:材料別(スチール、鋳鉄)、プロセス別、機器別、用途別(自動車、航空宇宙)
    本調査レポートでは、熱処理の世界市場について調査・分析し、熱処理の世界市場動向、熱処理の世界市場規模、市場予測、セグメント別熱処理市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の酢酸リチウム二水和物市場2016
    本調査レポートでは、世界の酢酸リチウム二水和物市場2016について調査・分析し、酢酸リチウム二水和物の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • クリーンルーム用エアフィルターの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、クリーンルーム用エアフィルターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、クリーンルーム用エアフィルターの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はクリーンルーム用エアフィルターの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.04%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Camfil, • American Air Filters Company,• M+W group, • Vokes Air等です。
  • 世界のポリアリルスルホン市場2015
    本調査レポートでは、世界のポリアリルスルホン市場2015について調査・分析し、ポリアリルスルホンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ビル用断熱材の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ビル用断熱材の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ビル用断熱材の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はビル用断熱材の世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.63%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• BASF• Knauf Insulation• Owens Corning• Paroc Group• ROCKWOOL International等です。
  • 動物診断の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、動物診断の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、動物診断の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は動物診断の世界市場が2017-2021年期間中に年平均9.11%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Abaxis • Heska • IDEXX Laboratories• Thermo Fisher Scientific• Zoetis等です。
  • パルプおよび製紙の世界市場:製品別(パルプ、紙、厚紙)、用途別(パッケージング、消費財、化学薬品、建築・建設)、地域別予測
    本資料は、パルプおよび製紙の世界市場について調べ、パルプおよび製紙の世界規模、市場動向、市場環境、製品別(パルプ、紙、厚紙)分析、用途別(パッケージング、消費財、化学薬品、建築・建設)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・パルプおよび製紙の世界市場概要 ・パルプおよび製紙の世界市場環境 ・パルプおよび製紙の世界市場動向 ・パルプおよび製紙の世界市場規模 ・パルプおよび製紙の世界市場規模:製品別(パルプ、紙、厚紙) ・パルプおよび製紙の世界市場規模:用途別(パッケージング、消費財、化学薬品、建築・建設) ・パルプおよび製紙の世界市場:地域別市場規模・分析 ・パルプおよび製紙の北米市場規模・予測 ・パルプおよび製紙のアメリカ市場規模・予測 ・パルプおよび製紙のヨーロッパ市場規模・予測 ・パルプおよび製紙のアジア市場規模・予測 ・パルプおよび製紙の日本市場規模・予測 ・パルプおよび製紙の中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • 世界の不妊検査・不妊治療市場予測2016-2022
    本調査レポートでは、世界の不妊検査・不妊治療市場について調査・分析し、世界の不妊検査・不妊治療市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 呼吸器疾患の検査/診断の世界市場分析:製品別(画像検査、呼吸計、血液ガス試験)、エンドユーザー別(病院、医師クリニック、臨床検査室、外来サービス)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、呼吸器疾患の検査/診断の世界市場について調査・分析し、呼吸器疾患の検査/診断の世界市場動向、呼吸器疾患の検査/診断の世界市場規模、市場予測、セグメント別呼吸器疾患の検査/診断市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 高齢者医療の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、高齢者医療の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、高齢者医療市場規模、薬効分類別(鎮痛剤、抗糖尿病薬、抗高血圧剤、抗鬱剤・抗精神病薬、プロトンポンプ阻害薬(PPI)、スタチン、その他)分析、疾患別(関節炎、癌、心血管、脳疾患、骨粗しょう症、呼吸器官、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 高齢者医療の世界市場:市場動向分析 ・ 高齢者医療の世界市場:競争要因分析 ・ 高齢者医療の世界市場:薬効分類別(鎮痛剤、抗糖尿病薬、抗高血圧剤、抗鬱剤・抗精神病薬、プロトンポンプ阻害薬(PPI)、スタチン、その他) ・ 高齢者医療の世界市場:疾患別(関節炎、癌、心血管、脳疾患、骨粗しょう症、呼吸器官、その他) ・ 高齢者医療の世界市場:主要地域別分析 ・ 高齢者医療の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 高齢者医療のヨーロッパ市場規模 ・ 高齢者医療のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・高齢者医療の世界市場: …
  • 自動車用パワートレイン試験サービスの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、自動車用パワートレイン試験サービスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用パワートレイン試験サービス市場規模、種類別(ICEパワートレイン、ハイブリッド・電動パワートレイン)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自動車用パワートレイン試験サービスの世界市場概要 ・自動車用パワートレイン試験サービスの世界市場環境 ・自動車用パワートレイン試験サービスの世界市場動向 ・自動車用パワートレイン試験サービスの世界市場規模 ・自動車用パワートレイン試験サービスの世界市場:業界構造分析 ・自動車用パワートレイン試験サービスの世界市場:種類別(ICEパワートレイン、ハイブリッド・電動パワートレイン) ・自動車用パワートレイン試験サービスの世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動車用パワートレイン試験サービスの北米市場規模・予測 ・自動車用パワートレイン試験サービスのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・自動車用パワ …
  • 超小型衛星の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、超小型衛星の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、超小型衛星の世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 戦略爆撃機の世界市場:ターボファンエンジン爆撃機、ターボジェット爆撃機、ターボプロペラエンジン爆撃機
    当調査レポートでは、戦略爆撃機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、戦略爆撃機の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の産業用水性塗料市場2015
    本調査レポートでは、世界の産業用水性塗料市場2015について調査・分析し、産業用水性塗料の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のフライス盤市場2016
    本調査レポートでは、世界のフライス盤市場2016について調査・分析し、フライス盤の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 掘削データ管理システムの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、掘削データ管理システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、掘削データ管理システムの世界市場規模及び予測、技術別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • リファビッシュ医療機器の世界市場2019-2023
    医療分野における民営化の増加に伴い、リファビッシュ医療機器の需要が高まっています。医療部門における民営化は、政府が医療部門に効果的に投資できないことや、より優れた医療サービスのイノベーションと技術に対する高い需要のために急速に増加しています。 例えば、サウジアラビアは2018年2月に医療民営化プログラムを開始しました。 同様に、2018年8月に、Koninklijke Philipsは、医療業界向けに患者中心のモニタリングソリューションを開発し、商品化している米国の医療技術企業Xhale Assuranceを買収しました。 Technavioのアナリストは、リファビッシュ医療機器の世界市場が2023年までに10%以上のCAGRで成長すると予測しています。 主な分析対象企業は、Block Imaging、Canon、General Electric、Koninklijke Philips、Siemens Healthineersなどです。 当調査レポートでは、リファビッシュ医療機器の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、リファビッシュ医療機器市場規模、製品別(画像診断装置、低 …
  • 浴室付属品の世界市場:流通経路別、地域別
    本レポートは、浴室付属品の市場実態を調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、流通経路別(オフライン、オンライン)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析を掲載しています。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・浴室付属品の世界市場:流通経路別(オフライン、オンライン) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"