"手術室/OR統合の世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:HIT 7400)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"手術室/OR統合の世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The operating room integration market is projected to grow at a CAGR of 12.4% during the forecast period (2019–2024).”The operating room integration market is projected to reach USD 1.7 billion by 2024 from USD 1.0 billion in 2019, at a CAGR of 12.4%. The growth in this market is driven by the increasing adoption of minimally invasive surgical procedures, redevelopment projects & funding for improving OR infrastructure, and rising need to curtail healthcare costs. In addition, emerging economies (such as China, India, Brazil, and Mexico) are expected to offer lucrative growth opportunities for market players in the market. However, the dearth of skilled surgeons for OR management is adversely impacting the growth of the market.

“The software segment accounted for the larger share of the operating room integration market, by component, in 2018”
On the basis of component, the market is segmented into software and services. In 2018, the software segment accounted for the larger share of the operating room integration market. OR integration software helps streamline surgical workflows by enabling seamless communication between different systems as well as ensuring the effective and easier operation of these systems, preferably from a single source. Moreover, operating room integration software helps reduce surgical times, improves coordination between healthcare providers, and improves patient safety.

“By application, the general surgery segment accounted for the largest market share in 2018”
On the basis of application, the market is segmented into general surgery, orthopedic surgery, cardiovascular surgery, neurosurgery, thoracic surgery, and other applications (gynecological, urological, ophthalmic, dental, ENT, and pediatric surgeries). In 2018, the general surgery segment accounted for the largest share of the operating room integration market. Factors such as the increasing incidence of breast cancer, colorectal cancer, liver cancer, GI disorders, and endocrine disorders as well as the rising number of general surgical procedures performed worldwide are driving the growth of this segment.

“By end user, the hospitals segment accounted for the largest market share in 2018 ”
On the basis of end user, the market is segmented into hospitals and ambulatory surgery centers & clinics. In 2018, the hospitals segment accounted for the largest share of the operating room integration market. The large share of this segment can be attributed to the rising patient emphasis on timely and effective disease management, rising number of diagnostic and surgical procedures carried out at hospitals, and the increasing number of hospitals being set up in developing countries.

“The market in the RoW is expected to witness the highest growth during the forecast period.”
The operating room integration market in the RoW is expected to witness the highest CAGR during the forecast period. This can be attributed to the procedural benefits of integrated ORs, growing prevalence of chronic diseases, and rising adoption of advanced surgical treatment methodologies in the region. Other factors augmenting market growth in this region are the ongoing expansion of the healthcare infrastructure as well as growing market availability of advanced surgical technologies in Brazil and other Latin American countries, ongoing initiatives of governments to enhance their respective healthcare systems, and growing public-private investments for purchasing medical equipment.

A breakdown of the primary participants referred to for this report is provided below:
• By Company Type: Tier 1: 21%, Tier 2: 26%, and Tier 3: 53%
• By Designation: C-level: 32%, Director-level: 26%, and Others: 42%
• By Region: North America: 52%, Europe: 26%, Asia Pacific: 8%, Latin America: 9%, and the Middle East & Africa: 5%

The prominent players in the operating room integration market are Stryker Corporation (US), STERIS (US), KARL STORZ (Germany), Olympus (Japan), Getinge (Sweden), Alvo Medical (Poland), Skytron (US), Merivaara (Finland), Brainlab (Germany), TRILUX Medical (Germany), caresyntax (US), Sony (Japan), Barco (Belgium), Arthrex (US), and Richard Wolf (Germany).
Research Coverage:
The report analyzes the operating room integration market and aims at estimating the market size and future growth potential of the market and the different application segments, such as general surgery, orthopedic surgery, cardiovascular surgery, neurosurgery, thoracic surgery, and other applications. The report also includes an in-depth competitive analysis of the key players in this market, along with their company profiles, product offerings, and recent developments.

Reasons to Buy the Report
The report will enrich established firms as well as new entrants/smaller firms to gauge the pulse of the market, which, in turn, would help them to garner a greater share. Firms purchasing the report could use one, or a combination of the below mentioned five strategies for strengthening their market presence.

This report provides insights on the following pointers:
• Market Penetration: Comprehensive information on the product portfolios offered by the top players in the operating room integration market.
• Product Development/Innovation: Detailed insights on the upcoming trends, R&D activities, and product launches in the operating room integration market.
• Market Development: Comprehensive information on lucrative emerging regions.
• Market Diversification: Exhaustive information about new products, growing geographies, and recent developments in the global operating room integration market.
• Competitive Assessment: In-depth assessment of market shares, growth strategies, revenue analysis, and products of the leading players in the operating room integration market.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"手術室/OR統合の世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 16)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 19)
2.1 Research Approach
2.1.1 Secondary Research
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Research
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Breakdown of Primaries
2.2 Market Size Estimation
2.3 Data Triangulation Approach
2.4 Market Share Analysis
2.5 Assumptions for the Study
3 Executive Summary (Page No. – 25)
4 Premium Insights (Page No. – 29)
4.1 Operating Room Integration: Market Overview
4.2 North America: Operating Room Integration Market, By Component (2018)
4.3 Geographical Snapshot of the Market
5 Market Overview (Page No. – 32)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics: Drivers, Restraints, Opportunities, and Challenges
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Increasing Adoption of Minimally Invasive Surgical Procedures
5.2.1.2 Redevelopment Projects & Funding for Improving Or Infrastructure
5.2.1.3 Rising Need to Curtail Healthcare Costs
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Significant Establishment and Operational Costs
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Growing Healthcare Market in Emerging Economies
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Dearth of Skilled Surgeons for Or Management
6 Market, By Component (Page No. – 36)
6.1 Introduction
6.2 Software
6.2.1 Software Segment Commanded the Largest Share of the Market
6.3 Services
6.3.1 Increasing Adoption of Operating Room Integration Software and the Indispensable & Recurring Nature of Services to Drive Market Growth
7 Market, By Application (Page No. – 43)
7.1 Introduction
7.2 General Surgery
7.2.1 General Surgery Segment Commanded the Largest Share of the Market
7.3 Orthopedic Surgery
7.3.1 Orthopedic Surgery Segment Will Register the Highest Growth During the Forecast Period
7.4 Cardiovascular Surgery
7.4.1 Rising Focus on Integrating Surgical Workflows With Advanced Digital Imaging to Drive Market Growth
7.5 Neurosurgery
7.5.1 Rising Number of Minimally Invasive Neurovascular Surgeries is Fueling the Demand for Integration Solutions
7.6 Thoracic Surgery
7.6.1 Growing Awareness of the Cost & Therapeutic Efficacy Offered By Integrated Ors Will Drive Market Growth
7.7 Other Applications
8 Market, By End User (Page No. – 58)
8.1 Introduction
8.2 Hospitals
8.2.1 Hospitals Dominate the End-User Market for Or Integration
8.3 Ambulatory Surgery Centers & Clinics
8.3.1 Increasing Number of Ambulatory Surgery Centers Will Drive Market Growth
9 Market, By Region (Page No. – 65)
9.1 Introduction
9.2 North America
9.2.1 US
9.2.1.1 US Dominates the North American Market
9.2.2 Canada
9.2.2.1 Government Initiatives to Support the Adoption of Integrated Ors
9.3 Europe
9.3.1 Germany
9.3.1.1 Germany Dominates the European Operating Room Integration Market
9.3.2 UK
9.3.2.1 Growing Patient Volume to Drive Market Growth in the UK
9.3.3 France
9.3.3.1 Favorable Health Insurance System to Drive the Market for Or Integration in the Coming Years
9.3.4 Italy
9.3.4.1 Growth of Italy’s Medical Tourism Sector is Expected to Contribute to the Demand for Or Integration
9.3.5 Spain
9.3.5.1 Healthcare Expenditure has Decreased in Spain, While Waiting Times Have Increased
9.3.6 Rest of Europe
9.4 Asia Pacific
9.4.1 Japan
9.4.1.1 Supportive Reimbursement Policies to Drive Market Growth in Japan
9.4.2 China
9.4.2.1 Large Patient Population and Healthcare Infrastructure Improvements to Drive Market Growth
9.4.3 India
9.4.3.1 Rapidly Growing Indian Healthcare Industry & Growing Medical Tourism are Driving the Demand for Integrated Operating Rooms
9.4.4 Rest of Asia Pacific
9.5 Rest of the World
9.5.1 Latin America
9.5.1.1 Brazil, Argentina, and Mexico are Emerging Healthcare Markets in Latin America
9.5.2 Middle East & Africa
9.5.2.1 Uae Offers Significant Growth Opportunities in the Region
10 Competitive Landscape (Page No. – 99)
10.1 Introduction
10.2 Market Share Analysis
10.3 Competitive Leadership Mapping (2018)
10.3.1 Visionary Leaders
10.3.2 Innovators
10.3.3 Dynamic Differentiators
10.3.4 Emerging Companies
10.4 Competitive Scenario
10.4.1 Key Product Launches & Enhancements
10.4.2 Key Acquisitions
10.4.3 Key Expansions
11 Company Profiles (Page No. – 104)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
11.1 Stryker Corporation
11.2 Steris PLC
11.3 Karl Storz Se & Co. Kg
11.4 Olympus Corporation
11.5 Getinge AB
11.6 Alvo Medical
11.7 Skytron
11.8 Merivaara Corporation
11.9 Brainlab AG
11.10 Trilux Medical GmbH & Co. KG (A Subsidiary of Mizuho OSI)
11.11 Caresyntax
11.12 SONY Corporation
11.13 Barco
11.14 Arthrex, Inc.
11.15 Richard Wolf GmbH
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
12 Appendix (Page No. – 126)
12.1 Discussion Guide
12.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
12.3 Available Customizations
12.4 Related Reports
12.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】手術室/OR統合の世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年10月22日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】HIT 7400
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】医療IT
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
手術室/OR統合の世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 医療産業におけるフッ素重合体の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、医療産業におけるフッ素重合体の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、医療産業におけるフッ素重合体の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は医療産業におけるフッ素重合体の世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.46%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、3M (Dyneon)、Ashai Glass、Chemours Company、Daikin industry、Honeywell International等です。
  • 獣医用化学分析装置の世界市場予測(~2022年):化学分析器、血糖値測定器、消耗品
    当調査レポートでは、獣医用化学分析装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別分析、用途別分析、動物種類別分析、地域別分析、獣医用化学分析装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • アジア太平洋の心臓人工弁市場(~2021)
  • ディジタル保存装置の世界市場見通し2016-2022
    当調査レポートでは、ディジタル保存装置の世界市場について調査・分析し、ディジタル保存装置の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・ディジタル保存装置の世界市場:市場動向分析 ・ディジタル保存装置の世界市場:競争要因分析 ・ディジタル保存装置の世界市場:デバイス種類別分析/市場規模 ・ディジタル保存装置の世界市場:地域別分析/市場規模 ・ディジタル保存装置の北米市場規模 ・ディジタル保存装置の欧州市場規模 ・ディジタル保存装置のアジア市場規模 ・ディジタル保存装置の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 体重減量及び体重管理ダイエットのアジア太平洋市場
  • エアろ過メディアの世界市場:エンドユーザー別、用途別、メディア別、使用法別、評価別、ビジネス別
    当調査レポートでは、エアろ過メディアの世界市場について調査・分析し、市場概要、エンドユーザー別(産業、商業、住宅)分析、用途別(HVAC、空気清浄機、フェイスマスク、大気汚染防止、工業製造、輸送、その他)分析、メディア別(スパンボンド、ニードルフェルト、ウェットレイド、メルトブローン、その他)分析、使用方法別(使い捨て、ウォッシャブル)分析、評価別(MERV、HEPA、ULPA、およびその他)分析、ビジネス別(OEM、およびアフターマーケット)分析、地域別分析、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・エアろ過メディアの世界市場:エンドユーザー別(産業、商業、住宅) ・エアろ過メディアの世界市場:用途別(HVAC、空気清浄機、フェイスマスク、大気汚染防止、工業製造、輸送、その他) ・エアろ過メディアの世界市場:メディア別(スパンボンド、ニードルフェルト、ウェットレイド、メルトブローン、その他) ・エアろ過メディアの世界市場:使用方法別(使い捨て、ウォッシャブル) ・エアろ過メディアの世界市場:評価別(MERV、HEPA …
  • 自動車用プラスチックの世界市場:製品別(ポリプロピレン、ポリウレタン、ポリ塩化ビニル、ABS樹脂、ポリアミド、高密度ポリエチレン、ポリカーボネート、ポリブチレンテレフタレート、その他)、用途別(内装、外装、エンジンルーム)、地域別予測
    本資料は、自動車用プラスチックの世界市場について調べ、自動車用プラスチックの世界規模、市場動向、市場環境、製品別(ポリプロピレン、ポリウレタン、ポリ塩化ビニル、ABS樹脂、ポリアミド、高密度ポリエチレン、ポリカーボネート、ポリブチレンテレフタレート、その他)分析、用途別(内装、外装、エンジンルーム)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはMagna International Inc.、Lear Corporation、Adient PLC、BASF SE、Compagnie Plastic Omnium、Borealis AG などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・自動車用プラスチックの世界市場概要 ・自動車用プラスチックの世界市場環境 ・自動車用プラスチックの世界市場動向 ・自動車用プラスチックの世界市場規模 ・自動車用プラスチックの世界市場規模:製品別(ポリプロピレン、ポリウレタン、ポリ塩化ビニル、ABS樹脂、ポリアミド、高密度ポリエチレン、 …
  • インターフェロンガンマ受容体(IFNGR)結合剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるインターフェロンガンマ受容体(IFNGR)結合剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・インターフェロンガンマ受容体(IFNGR)結合剤の概要 ・インターフェロンガンマ受容体(IFNGR)結合剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のインターフェロンガンマ受容体(IFNGR)結合剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・インターフェロンガンマ受容体(IFNGR)結合剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・インターフェロンガンマ受容体(IFNGR)結合剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 衛星ベース地球観測の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、衛星ベース地球観測の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、衛星ベース地球観測の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のピアノ市場2015
    本調査レポートでは、世界のピアノ市場2015について調査・分析し、ピアノの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 大判セラミックパネルの世界市場:用途別(床材、内壁、外壁、カウンタートップ)、厚さ別(3mm以下、5~9mm、9.1~12mm、20mm以上)、地域別予測
    本資料は、大判セラミックパネルの世界市場について調べ、大判セラミックパネルの世界規模、市場動向、市場環境、用途別(床材、内壁、外壁、カウンタートップ)分析、厚さ別(3mm以下、5~9mm、9.1~12mm、20mm以上)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはGranitifiandre、Laminam Spa、Levantina、ABK Group、Florim、RAK Ceramicsなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・大判セラミックパネルの世界市場概要 ・大判セラミックパネルの世界市場環境 ・大判セラミックパネルの世界市場動向 ・大判セラミックパネルの世界市場規模 ・大判セラミックパネルの世界市場規模:用途別(床材、内壁、外壁、カウンタートップ) ・大判セラミックパネルの世界市場規模:厚さ別(3mm以下、5~9mm、9.1~12mm、20mm以上) ・大判セラミックパネルの世界市場:地域別市場規模・分析 ・大判セラミックパネルの北米市場規模 …
  • 卓球用ボールの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、卓球用ボールの世界市場について調査・分析し、卓球用ボールの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別卓球用ボールシェア、市場規模推移、市場規模予測、卓球用ボール種類別分析()、卓球用ボール用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・卓球用ボールの市場概観 ・卓球用ボールのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・卓球用ボールのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・卓球用ボールの世界市場規模 ・卓球用ボールの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・卓球用ボールのアメリカ市場規模推移 ・卓球用ボールのカナダ市場規模推移 ・卓球用ボールのメキシコ市場規模推移 ・卓球用ボールのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・卓球用ボールのドイツ市場規模推移 ・卓球用ボールのイギリス市場規模推移 ・卓球用ボールのロシア市場規模推移 ・卓球用ボールのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・卓球用ボールの日本市場規模推移 ・卓 …
  • 歯周疾患治療サービスの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、歯周疾患治療サービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、歯周疾患治療サービスの世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • データ移行の世界市場予測(~2022年):顧客データ、会計データ、製品データ
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、データ移行の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、データタイプ別分析、業務機能別分析、構成要素別分析、地域別分析、データ移行の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • UAEの電気生理装置市場見通し
  • 家具木材用塗料の世界市場2015-2019
    当調査レポートでは、家具木材用塗料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、家具木材用塗料の世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • データセンター建設の世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、データセンター建設の世界市場について調べ、データセンター建設の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、データセンター建設の市場規模をセグメンテーション別(種類別(企業、クラウド、コロケーション、ハイパースケール)、建設タイプ別(電気式建設、機械式建設、一般的建設)、ティアレベル別(ティア3、ティア1およびティア2、ティア4))と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社はデータセンター建設の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均9%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・データセンター建設の市場状況 ・データセンター建設の市場規模 ・データセンター建設の市場予測 ・データセンター建設の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:種類別(企業、クラウド、コロケーション、ハイパースケール) ・市場セグメンテーション:建設タイプ別(電気式建設、機械式建設、一般的建設) ・市場セグメンテーション:ティアレベル別(ティア3、ティア1およ …
  • 胃食道(GE)接合部癌種:治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における胃食道(GE)接合部癌種の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、胃食道(GE)接合部癌種治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・胃食道(GE)接合部癌種の概要 ・胃食道(GE)接合部癌種の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の胃食道(GE)接合部癌種治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・胃食道(GE)接合部癌種治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・胃食道(GE)接合部癌種治療薬開発に取り組んでいる企業リスト …
  • 透明セラミックスの世界市場2017-2021:光学・光電子工学、航空宇宙・安全保障、センサー・計器、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、透明セラミックスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、透明セラミックスの世界市場規模及び予測、用途別分析、材料別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は透明セラミックスの世界市場が2017-2021年期間中に年平均22.10%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、CeramTec、CoorsTek、Konoshima Chemical、SCHOTT、Surmet Corporation等です。
  • インテグラーゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるインテグラーゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・インテグラーゼ阻害剤の概要 ・インテグラーゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のインテグラーゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・インテグラーゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・インテグラーゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • BaaS(バイオメトリクスサービス)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、BaaS(バイオメトリクスサービス)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、BaaS(バイオメトリクスサービス)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 水泳用品の世界市場:水着、水泳帽子、スイミングゴーグル
    当調査レポートでは、水泳用品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、水泳用品の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の炭化ケイ素セラミックス(SiSiC/SSiC)市場2015
    本調査レポートでは、世界の炭化ケイ素セラミックス(SiSiC/SSiC)市場2015について調査・分析し、炭化ケイ素セラミックス(SiSiC/SSiC)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 発作性夜間ヘモグロビン尿症(Paroxysmal Nocturnal Hemoglobinuria):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における発作性夜間ヘモグロビン尿症(Paroxysmal Nocturnal Hemoglobinuria)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、発作性夜間ヘモグロビン尿症(Paroxysmal Nocturnal Hemoglobinuria)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・発作性夜間ヘモグロビン尿症(Paroxysmal Nocturnal Hemoglobinuria)の概要 ・発作性夜間ヘモグロビン尿症(Paroxysmal Nocturnal Hemoglobinuria)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の発作性夜間ヘモグロビン尿症(Paroxysmal Nocturnal Hemoglobinuria)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験 …
  • 産業用食品・飲料ろ過システムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、産業用食品・飲料ろ過システムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、産業用食品・飲料ろ過システム市場規模、製品別(液体ろ過システム、空気ろ過システム)分析、用途別分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・産業用食品・飲料ろ過システムの世界市場概要 ・産業用食品・飲料ろ過システムの世界市場環境 ・産業用食品・飲料ろ過システムの世界市場動向 ・産業用食品・飲料ろ過システムの世界市場規模 ・産業用食品・飲料ろ過システムの世界市場:業界構造分析 ・産業用食品・飲料ろ過システムの世界市場:製品別(液体ろ過システム、空気ろ過システム) ・産業用食品・飲料ろ過システムの世界市場:用途別 ・産業用食品・飲料ろ過システムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・産業用食品・飲料ろ過システムのアメリカ市場規模・予測 ・産業用食品・飲料ろ過システムのヨーロッパ市場規模・予測 ・産業用食品・飲料ろ過システムのアジア市場規模・予測 ・産業用食品 …
  • エナジーハーベスティングの世界市場
    本調査レポートでは、エナジーハーベスティングの世界市場について調査・分析し、エナジーハーベスティングの世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 構内配線の世界市場
    当調査レポートでは、構内配線の世界市場について調査・分析し、構内配線の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • VCSELの世界市場:種類別(シングルモードVCSEL、マルチモードVCSEL)、用途別(データ通信、赤外線照明、センシング、ポンピング、GPS、その他)、地域別予測
    本資料は、VCSELの世界市場について調べ、VCSELの世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(シングルモードVCSEL、マルチモードVCSEL)分析、用途別(データ通信、赤外線照明、センシング、ポンピング、GPS、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・VCSELの世界市場概要 ・VCSELの世界市場環境 ・VCSELの世界市場動向 ・VCSELの世界市場規模 ・VCSELの世界市場規模:タイプ別(シングルモードVCSEL、マルチモードVCSEL) ・VCSELの世界市場規模:用途別(データ通信、赤外線照明、センシング、ポンピング、GPS、その他) ・VCSELの世界市場:地域別市場規模・分析 ・VCSELの北米市場規模・予測 ・VCSELのアメリカ市場規模・予測 ・VCSELのヨーロッパ市場規模・予測 ・VCSELのアジア市場規模・予測 ・VCSELの日本市場規模・予測 ・VCSELの中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • 世界のインスリンデリバリーデバイス市場規模・予測2017-2025:種類別(インスリンペン、インスリンパンプ、インスリンインジェクター、インスリン注射器)、エンドユーザー別(自宅、病院、その他)地域別(北米、ヨーロッパ、太平洋アジア、ラテンアメリカ、その他の国
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のインスリンデリバリーデバイス市場について調査・分析し、世界のインスリンデリバリーデバイス市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のインスリンデリバリーデバイス関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 保護包装の世界市場2014-2025:タイプ別(フレキシブル、発泡体、リジッド)、材料別(紙・段ボール、海綿状プラスチック、プラスチック)、機能別(空隙充填、ラッピング、断熱、ブロック・押さえ、クッション)、最終用途別、地域別
    本調査レポートでは、保護包装の世界市場について調査・分析し、保護包装の世界市場動向、保護包装の世界市場規模、市場予測、セグメント別保護包装市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 暗号ATMの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、暗号ATMの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、タイプ別(1ウェイ、2ウェイ)分析、現金自動預け払い機ハードウェア別(ディスプレイ、プリンター、QRスキャナー)分析、暗号ATMの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 熱可塑性加硫エラストマー(TPV)の世界市場2015-2019
    当調査レポートでは、熱可塑性加硫エラストマー(TPV)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、熱可塑性加硫エラストマー(TPV)の世界市場規模及び予測、用途別分析、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 低ナトリウム血症(Hyponatremia):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、低ナトリウム血症(Hyponatremia)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・低ナトリウム血症(Hyponatremia):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・低ナトリウム血症(Hyponatremia)のフェーズ3治験薬の状況 ・低ナトリウム血症(Hyponatremia)治療薬の市場規模(販売予測) ・低ナトリウム血症(Hyponatremia)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・低ナトリウム血症(Hyponatremia)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の低ナトリウム血症(Hyponatremia)治療薬剤
  • スペインの整形外科用電動器具市場動向(~2021)
  • 韓国の微生物培養市場動向(~2021)
  • 永久磁石の世界市場予測(~2021):Nd−Fe−B系磁石、フェライト磁石、サマリウムコバルト磁石、アルニコ磁石
    当調査レポートでは、永久磁石の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、需要先別分析、地域別分析、永久磁石の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 二次口腔衛生の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、二次口腔衛生の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、二次口腔衛生の世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • 教育セクターにおけるバイオメトリックスの世界市場2017-2021:フィンガープリント、顔認証、虹彩認識、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、教育セクターにおけるバイオメトリックスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、教育セクターにおけるバイオメトリックスの世界市場規模及び予測、技術別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は教育セクターにおけるバイオメトリックスの世界市場が2017-2021年期間中に年平均26.28%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はBIO-key、BioLink Solutions、BioStore、Capture Innovative Solutions、SMI Global等です。
  • 小水力発電の世界市場予測:容量別、種類別、コンポーネント別
    MarketsandMarkets社は、小水力発電の世界市場規模が2019年26億ドルから2024年30億ドルまで年平均2.4%成長すると予測しています。当調査レポートでは、小水力発電の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、容量別(最大1 MW、1〜10 MW)分析、種類別(マイクロ水力、ミニ水力)分析、コンポーネント別(電気機械装置、電気インフラ、土木工事)分析、小水力発電の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ラテラルフローアッセイの世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ラテラルフローアッセイの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、製品別分析、用途別分析、技術別分析、需要先別分析、ラテラルフローアッセイの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 装甲車両用自動消火システム(AFES)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、装甲車両用自動消火システム(AFES)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、装甲車両用自動消火システム(AFES)の世界市場規模及び予測、車両種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 過活動膀胱治療法の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、過活動膀胱治療法の世界市場について調べ、過活動膀胱治療法の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、過活動膀胱治療法の市場規模をセグメンテーション別(製品別(抗コリン薬、ベータ3アドレナリン作動薬、その他のOAB治療薬)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他)に分けて算出しました。Technavio社は過活動膀胱治療法の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均2%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・過活動膀胱治療法の市場状況 ・過活動膀胱治療法の市場規模 ・過活動膀胱治療法の市場予測 ・過活動膀胱治療法の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(抗コリン薬、ベータ3アドレナリン作動薬、その他のOAB治療薬) ・過活動膀胱治療法の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 計器着陸装置(ILS)および視覚着陸支援装置(VLA)の世界市場
    当調査レポートでは、計器着陸装置(ILS)および視覚着陸支援装置(VLA)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、計器着陸装置(ILS)および視覚着陸支援装置(VLA)の世界市場規模及び予測、装置別市場シェア、サプライチェーン分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • インドのPET(ポリエチレンテレフタラート)市場(~2019)
  • カメラ用付属品の世界市場:カメラレンズ、カメラバック、カメラケース、カメラ支持具、フラッシュガン
    当調査レポートでは、カメラ用付属品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、カメラ用付属品の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 中国のマグネットセパレーター市場2015
    本調査レポートでは、中国のマグネットセパレーター市場2015について調査・分析し、マグネットセパレーターの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • トルエンジイソシアネートの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、トルエンジイソシアネートの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、トルエンジイソシアネート市場規模、エンドユーザー別(木材/家具、CASE(塗料・接着剤・シーリング材・弾性材)、自動車、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・トルエンジイソシアネートの世界市場概要 ・トルエンジイソシアネートの世界市場環境 ・トルエンジイソシアネートの世界市場動向 ・トルエンジイソシアネートの世界市場規模 ・トルエンジイソシアネートの世界市場:業界構造分析 ・トルエンジイソシアネートの世界市場:エンドユーザー別(木材/家具、CASE(塗料・接着剤・シーリング材・弾性材)、自動車、その他) ・トルエンジイソシアネートの世界市場:地域別市場規模・分析 ・トルエンジイソシアネートの北米市場規模・予測 ・トルエンジイソシアネートのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・トルエンジイソシアネートのアジア太平洋市場規模・予測 ・トルエ …
  • 随伴水処理の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、随伴水処理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、随伴水処理の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 石油・ガス業界において随伴水とは、石油坑から原油と天然ガスに伴い副次的に生産される水を指します。随伴水は石油・ガスの生産における最大の副産物であり、油分や塩分などの異物を含んでいます。Technavio社は随伴水処理の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.40%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• CETCO Energy Services• Schlumberger• Siemens• Veolia• Weatherford等です。
  • クエン酸の世界市場2018–2025:形態別(液体、パウダー)、用途別(医薬品、F&B)、地域別、競争状況
    本調査レポートでは、クエン酸の世界市場について調査・分析し、クエン酸の世界市場動向、クエン酸の世界市場規模、市場予測、セグメント別クエン酸市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 排煙脱硫(FGD)の世界市場:技術別(湿式FGDシステム、乾式FGDシステム)、用途別(新システム、試薬・交換)、セグメント予測
    本調査レポートでは、排煙脱硫(FGD)の世界市場について調査・分析し、排煙脱硫(FGD)の世界市場動向、排煙脱硫(FGD)の世界市場規模、市場予測、セグメント別排煙脱硫(FGD)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"