"ゼロトラストセキュリティの世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:TC 7384)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"ゼロトラストセキュリティの世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

A growing number of high-profile cyber-attack cases faced by the organizations is driving the overall growth of the Zero Trust Security.The zero-trust security market is projected to grow from USD 15.6 billion in 2019 to USD 38.6 billion by 2024, at a CAGR of 19.9% from 2019 to 2024. The market growth is driven by various factors, such as increasing cyber-threats, growing mandates from government & compliance regulations, and modernization in networking infrastructure through a variety of end-devices, have contributed the considerable share in the zero-trust security ecosystem.

By deployment, the cloud segment is estimated to hold a larger market size than the on-premise segment in 2019.
Unlike traditional on-premises deployment mode, cloud-based zero trust security solutions provide a cost-effective approach for enterprises across various industry verticals to enhance security. Pricing is one of the major differentiating factors in the adoption of cloud-based security solution over on-premises security solutions.

Growing virtualization across industries and the adoption of cloud computing is promoting the demand for cloud-based zero trust security solutions in various countries. Moreover, cloud-based deployment of zero-trust security solutions can help organizations to reduce costs associated with expensive hardware equipment for storage, power, cooling as well as lowers the IT personnel required to monitor the network further eliminating the IT maintenance costs. Cloud deployments are suitable for small and medium businesses that usually have a limited budget allocated for securing critical assets from cyberattacks.

By authentication type, multi-factor authentication is expected to register a higher growth rate than the single-factor authentication segment during the forecast period.
Multi-factor authentication (MFA) is becoming one of the most effective type of identity verification and authentication method that requires a person, software, or a machine to present multiple identifiers for identity verification. The various categories of multiple identifiers include something that they know such as a password or PIN, something that they have such as passport, tokens, access-card or software certificate, and something they are such as biometric data, fingerprints or facial geometry and recognition. Most commonly used MFA identifiers are user passwords/PINs, cryptographic hardware security tokens, smartcards, software-based certificates, and biometrics that may include verification of any individual through retina scans, fingerprint scans, facial recognition and voice recognition.

The Asia Pacific zero-trust security market is expected to register the highest growth rate during the forecast period.
APAC comprises of few largest economies in the world such as China, Singapore, Japan, Australia. The increasing economic importance of these countries has prevailed a vast amount of data transmitted across networks that are prone to security breaches. The threat landscape is driven by necessary measures required to aid support to several industry verticals at an alarming rate.

Increased number of alerts and threats combined with a comparative shortage in staffs is resulting in 50% of threats going undetected. Zero trust security solutions are expected to surge the efficiency of security solutions by preventing low-level incidents, considering each user as a hostile network. Owing to the high digital connectivity, contrasted with the low cybersecurity awareness, growing cross-border data transfers, and weak regulations, Asia Pacific is anticipated to boost the demand for zero-trust security solution over the forecast period.

• By Company Type: Tier 1 – 30%, Tier 2 – 45%, and Tier 3 – 25%
• By Designation: C-level – 35%, D-level – 35%, and Others – 30%
• By Region: North America – 45%, Europe – 25%, Asia Pacific – 25%, RoW – 5%
Major vendors offering zero trust security solutions include Cisco Systems Inc. (US), Akamai Technologies, Inc. (US), Palo Alto Networks, Inc. (US), Symantec Corporation (US), Okta, Inc. (US), Forcepoint, LLC (US), Centrify Corporation (US), Cyxtera Technologies (US), Illumio (US), Sophos Group Plc (UK), Google LLC (US), Microsoft, Inc. (US), VMware Inc. (US), Trend Micro Incorporated (Japan), Cloudflare (US), IBM Corporation (US), Fortinet (US), Check Point Software Technologies Ltd. (US), Pulse Secure, LLC (US), and ON2IT (Netherlands). The study includes an in-depth competitive analysis of these key market players along with their profiles, recent developments, and key market strategies.

Research Coverage
The market study covers the zero-trust security market size across segments. It aims at estimating the market size and the growth potential of this market across different segments by solution type, deployment type, authentication type, organization size, vertical, and region. The study also includes an in-depth competitive analysis of the key market players, along with their company profiles, key observations related to product and business offerings, recent developments, and key market strategies.

Key Benefits of Buying the Report
The report will help the market leaders/new entrants with information on the closest approximations of the revenue numbers for the overall zero-trust security market and its subsegments. This report will help stakeholders understand the competitive landscape and gain more insights to position their businesses better and to plan suitable go-to-market strategies. The report will also help stakeholders understand the pulse of the market and provide them with information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"ゼロトラストセキュリティの世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 17)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.2.1 Inclusions and Exclusions
1.3 Market Scope
1.3.1 Market Segmentation
1.3.2 Regions Covered
1.4 Years Considered for the Study
1.5 Currency Considered
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 21)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Breakup of Primary Profiles
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.2 Market Breakup and Data Triangulation
2.3 Market Size Estimation
2.3.1 Top-Down Approach
2.3.2 Bottom-Up Approach
2.4 Market Forecast
2.5 Competitive Leadership Mapping Research Methodology
2.5.1 Vendor Inclusion Criteria
2.6 Assumptions for the Study
2.7 Limitations of the Study
3 Executive Summary (Page No. – 30)
4 Premium Insights (Page No. – 34)
4.1 Attractive Market Opportunities in the Zero-Trust Security Market
4.2 Market Share of Top 3 Verticals and Regions, 2019
4.3 Market Top 3 Solutions, 2019-2024
4.4 Market By Deployment Type, 2019-2024
4.5 Market By Organization Size, 2019
5 Market Overview and Industry Trends (Page No. – 38)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Growing Frequency of Target-Based Cyberattacks
5.2.1.2 Increasing Regulations for Data Protection and Information Security
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Budgetary Constraints Among Small and Emerging Start-Ups in Developing Economies
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 High Demand for Better Visibility Due to the Rising IoT Traffic Among Enterprises
5.2.3.2 Increasing Need for Cloud-Based Zero Trust Security Solutions Among SMES
5.2.4 Challenge
5.2.4.1 Design and Implementation Challenges to Deploy Zero Trust Security Solutions
5.3 use Cases
5.4 Industry Trends
6 Zero-Trust Security Market By Solution Type (Page No. – 45)
6.1 Introduction
6.2 Network Security
6.2.1 Network Security Enables Detection, Monitoring, and Prevention of Network Malfunction
6.3 Data Security
6.3.1 Data Security Prevents Data Leakages Through Database Auditing and Reporting, Encryption and Tokenization, Data Masking and Redaction, and Access Control Management
6.4 Endpoint Security
6.4.1 Increasing Number of Connected Devices to Drive Adoption of Endpoint Security
6.5 Security Orchestration Automation and Response
6.5.1 Soar Enables Organizations to Automatically Detect and Respond to Security Operations From a Single Console
6.6 API Security
6.6.1 API Security Offers Optimal Defense Solution for Mitigating Cyber Threats
6.7 Security Analytics
6.7.1 Security Analytics Complements Traditional Security Measures Offering Real-Time Analytics to Organizations
6.8 Security Policy Management
6.8.1 Security Policy Management Facilitates Easy Compliance Management and Reduces Reliance on Manual Process
6.9 Others
7 Zero-Trust Security Market By Deployment Type (Page No. – 63)
7.1 Introduction
7.2 On-Premises
7.2.1 On-Premises Zero Trust Security Solutions Offer Complete Control Over Security Policies
7.3 Cloud
7.3.1 Cloud Zero Trust Security Solutions Offer Cost-Effectiveness and Ease of Customization
8 Zero-Trust Security Market By Authentication Type (Page No. – 69)
8.1 Introduction
8.2 Single-Factor Authentication
8.2.1 Single-Factor Authentication Simplifies Access to the Network System
8.3 Multi-Factor Authentication
8.3.1 Multi-Factor Authentication Provides Additional Security Through Multiple Protection Layers
9 Zero-Trust Security Market By Organization Size (Page No. – 75)
9.1 Introduction
9.2 Small and Medium-Sized Enterprises
9.2.1 Small and Medium-Sized Enterprises to Manage Unawared Various Cyber Risks Through Zero Trust Security Solutions
9.3 Large Enterprises
9.3.1 Large Enterprises Leverage Zero Trust Security Capabilities to Tackle Cyber Risks Occurred From Malware and Human Errors
10 Zero-Trust Security Market By Vertical (Page No. – 81)
10.1 Introduction
10.2 Banking, Financial Services, and Insurance
10.2.1 Banking, Financial Services, and Insurance to Reduce Risk of Using Digital Banking Applications
10.3 IT and Telecommunications
10.3.1 IT and Telecommunications Prefer Business Models Enabled With Zero Trust Security Solutions to Prevent Large Amounts of Sensitive Data
10.4 Government and Defense
10.4.1 Government and Defense to Continuously Invest in Cyber Security-Related Solutions
10.5 Retail and Ecommerce
10.5.1 Retail and Ecommerce Companies to Prevent Endpoint Access
10.6 Healthcare
10.6.1 Healthcare Companies Focus on Securing Large Repository of Patient Information
10.7 Energy and Power
10.7.1 Energy and Power Companies Adopting Zero Trust Security Solutions to Safeguard Operational Technologies
10.8 Others
11 Zero-Trust Security Market By Region (Page No. – 93)
11.1 Introduction
11.2 North America
11.2.1 United States
11.2.1.1 US Market to Grow Due to Presence of Several Security Vendors
11.2.2 Canada
11.2.2.1 Canada Market to Propel Due to Geographic Expansions of Security Vendors
11.3 Europe
11.3.1 United Kingdom
11.3.1.1 United Kingdom Market to Grow Due to Favorable Government Regulations
11.3.2 Germany
11.3.2.1 Germany Market to Expand Due to Increasing M2M Connected Devices
11.3.3 France
11.3.3.1 France Market to Grow Due to Strict Laws for Data Protection
11.3.4 Rest of Europe
11.4 Asia Pacific
11.4.1 China
11.4.1.1 China Market to Grow Due to Rise in Development of Smart Cities
11.4.2 Japan
11.4.2.1 Japan Market to Expand Due to Increased Data Protection Awareness
11.4.3 Australia
11.4.3.1 Australia Market to Rapidly Adopt Surveillance and Alarming Security Systems
11.4.4 Singapore
11.4.4.1 Singapore Market to Expand Due to Growing Network Infrastructure
11.4.5 Rest of Asia Pacific
11.5 Middle East and Africa
11.5.1 Middle East
11.5.1.1 Local Governments in the Middle East Countries to Focus on Security-Related Initiatives
11.5.2 Africa
11.5.2.1 African Organizations to Deploy Security Solutions to Address Dynamic Business Models
11.6 Latin America
11.6.1 Brazil
11.6.1.1 Brazil Market to Grow Due to Adoption of Zero Trust Security Solutions in Banking, Financial Services, and Insurance Vertical
11.6.2 Mexico
11.6.2.1 Mexico Market to Grow Due to Growing Awareness of Mass Surveillance
11.6.3 Rest of Latin America
12 Competitive Landscape (Page No. – 130)
12.1 Competitive Leadership Mapping
12.1.1 Visionary Leaders
12.1.2 Innovators
12.1.3 Dynamic Differentiators
12.1.4 Emerging Companies
12.2 Competitive Scenario
12.2.1 New Product Launches and Product Enhancements
12.2.2 Partnerships, Agreements, and Collaborations
12.2.3 Mergers and Acquisitions
12.2.4 Business Expansions
13 Company Profiles (Page No. – 138)
13.1 Introduction
(Business Overview, Products & Services, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
13.2 Cisco
13.3 Akamai
13.4 Palo Alto Networks
13.5 Symantec
13.6 OKTa
13.7 Forcepoint
13.8 Centrify
13.9 Cyxtera Technologies
13.10 Illumio
13.11 Sophos Group PLC
13.12 Google
13.13 Microsoft
13.14 VMware
13.15 Trend Micro
13.16 Cloudflare
13.17 IBM
13.18 Fortinet
13.19 Check Point Software Technologies
13.20 Pulse Secure
13.21 ON2IT
*Details on Business Overview, Products & Services, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not be Captured in Case of Unlisted Companies.
14 Appendix (Page No. – 170)
14.1 Discussion Guide
14.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
14.3 Available Customizations
14.4 Related Reports
14.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】ゼロトラストセキュリティの世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年10月22日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】TC 7384
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】通信&IT
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
ゼロトラストセキュリティの世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 航空機ヘルスモニタリングシステムの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、航空機ヘルスモニタリングシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、航空機の種類別(民間航空機、ビジネスジェット、回転翼航空機、軍用機)分析、運用時間別(リアルタイム、非リアルタイム)分析、インストール別(機載、地上)分析、フィット別(ラインフィット、レトロフィット)分析、航空機ヘルスモニタリングシステムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 棚札の世界市場:バーコードタグ、RFIDタグ、プラスチック製タグ、紙製タグ、金属製タグ
    当調査レポートでは、棚札の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、技術別分析、ラベル種類別分析、印刷方式別分析、需要先別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 消費財用電池の世界市場:スマートフォン用電池、ノートパソコン用電池、パワーバンク
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、消費財用電池の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、消費財用電池の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は消費財用電池の世界市場が2017-2021年期間中に年平均9.85%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Guangzhou Fengjiang Battery New Technology、LG Chem、Panasonic、SAMSUNG SDI、Toshiba等です。
  • モダクリル繊維の世界市場予測2021:保護用衣類、毛髪繊維、室内装飾材料、家庭用、パイル織物(合成、フェイクファー)、産業用織物
    当調査レポートでは、モダクリル繊維の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、用途別分析、地域別分析、モダクリル繊維の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の脱毛器市場規模・予測2017-2025
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の脱毛器市場について調査・分析し、世界の脱毛器市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の脱毛器関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 高吸収性ポリマーの世界市場:用途別(農業、ベビー用おむつ、成人用失禁用品、女性衛生用品)、セグメント予測
    高吸収性ポリマーの世界市場は2022年には110億3000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率5.8%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、衛生およびパーソナルケアとは別に様々な分野における高吸収性ポリマーの使用増加が考えられます。本調査レポートでは、高吸収性ポリマーの世界市場について調査・分析し、高吸収性ポリマーの世界市場動向、高吸収性ポリマーの世界市場規模、市場予測、セグメント別高吸収性ポリマー市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ジヒドイリミジンデヒドロゲナーゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるジヒドイリミジンデヒドロゲナーゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ジヒドイリミジンデヒドロゲナーゼ阻害剤の概要 ・ジヒドイリミジンデヒドロゲナーゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のジヒドイリミジンデヒドロゲナーゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ジヒドイリミジンデヒドロゲナーゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ジヒドイリミジンデヒドロゲナーゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 微粒炭酸カルシウムの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、微粒炭酸カルシウムの世界市場について調査・分析し、微粒炭酸カルシウムの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別微粒炭酸カルシウムシェア、市場規模推移、市場規模予測、微粒炭酸カルシウム種類別分析(タイプ1、タイプ2)、微粒炭酸カルシウム用途別分析(製紙、プラスチック、塗料・コーティング、接着剤・シーラント、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・微粒炭酸カルシウムの市場概観 ・微粒炭酸カルシウムのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・微粒炭酸カルシウムのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・微粒炭酸カルシウムの世界市場規模 ・微粒炭酸カルシウムの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・微粒炭酸カルシウムのアメリカ市場規模推移 ・微粒炭酸カルシウムのカナダ市場規模推移 ・微粒炭酸カルシウムのメキシコ市場規模推移 ・微粒炭酸カルシウムのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・微粒炭酸カルシウムのドイツ市場規模推移 ・微粒炭酸カ …
  • 構造健全性監視の世界市場:技術別(有線、無線)、提供別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)、産業別、実装法別、用途別、地域別予測
    本資料は、構造健全性監視の世界市場について調べ、構造健全性監視の世界規模、市場動向、市場環境、技術別(有線、無線)分析、提供別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)分析、産業別分析、実装法別分析、用途別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・構造健全性監視の世界市場概要 ・構造健全性監視の世界市場環境 ・構造健全性監視の世界市場動向 ・構造健全性監視の世界市場規模 ・構造健全性監視の世界市場規模:技術別(有線、無線) ・構造健全性監視の世界市場規模:提供別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス) ・構造健全性監視の世界市場規模:産業別 ・構造健全性監視の世界市場規模:実装法別 ・構造健全性監視の世界市場規模:用途別 ・構造健全性監視の世界市場:地域別市場規模・分析 ・構造健全性監視の北米市場規模・予測 ・構造健全性監視のアメリカ市場規模・予測 ・構造健全性監視のヨーロッパ市場規模・予測 ・構造健全性監視のアジア市場規模・予測 ・構造健全性監視 …
  • スプリンクラー灌漑システムの世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、スプリンクラー灌漑システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、種類別分析、作物別分析、サイズ別分析、地域別分析、スプリンクラー灌漑システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 止血診断検査の世界市場2016-2020
  • データセンターインフラ管理(DCIM)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、データセンターインフラ管理(DCIM)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、データセンターインフラ管理(DCIM)の世界市場規模及び予測、サービス別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、コスト分析、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • アジア太平洋の石油貯蔵ターミナル市場展望(~2020):貯蔵能力、投資予測、ターミナル現状・計画
  • 医療機器アウトソーシングの世界市場:サービス別、用途別、地域別予測
    本資料は、医療機器アウトソーシングの世界市場について調べ、医療機器アウトソーシングの世界規模、市場動向、市場環境、サービス別分析、用途別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・医療機器アウトソーシングの世界市場概要 ・医療機器アウトソーシングの世界市場環境 ・医療機器アウトソーシングの世界市場動向 ・医療機器アウトソーシングの世界市場規模 ・医療機器アウトソーシングの世界市場規模:サービス別 ・医療機器アウトソーシングの世界市場規模:用途別 ・医療機器アウトソーシングの世界市場:地域別市場規模・分析 ・医療機器アウトソーシングの北米市場規模・予測 ・医療機器アウトソーシングのアメリカ市場規模・予測 ・医療機器アウトソーシングのヨーロッパ市場規模・予測 ・医療機器アウトソーシングのアジア市場規模・予測 ・医療機器アウトソーシングの日本市場規模・予測 ・医療機器アウトソーシングの中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • ウェアハウジング・ロジスティクスロボットの世界市場:種類別(パレタイジング ロボット、ハンドリングロボット、デパレタイジングロボット、デリバリーロボット、サポートロボット、製造ロボット、その他)、用途別(食品&飲料ロジスティックス、製薬ロジスティックス、電気製品ロジスティックス、機械製品ロジスティックス、その他)、地域別予測
    本資料は、ウェアハウジング・ロジスティクスロボットの世界市場について調べ、ウェアハウジング・ロジスティクスロボットの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(パレタイジング ロボット、ハンドリングロボット、デパレタイジングロボット、デリバリーロボット、サポートロボット、製造ロボット、その他)分析、用途別(食品&飲料ロジスティックス、製薬ロジスティックス、電気製品ロジスティックス、機械製品ロジスティックス、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはIBM、Oracle、Pegasystems、PTC、SAP、Astea International、Industrial and Financial Systems (IFS)、Infosys、Tavant Technologies、Tech Mahindra、Wipro などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ウェアハウジング・ロジスティクスロボットの世界市場概要 ・ウェアハウジング・ロジスティクスロボ …
  • TVホワイトスペース(TVWS)周波数帯の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、TVホワイトスペース(TVWS)周波数帯の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、需要先別分析、デバイス別分析、構成要素別分析、地域別分析、TVホワイトスペース(TVWS)周波数帯の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 電力レンタルの世界市場予測(~2022年):ディーゼル、ガス、二元燃料、HFO
    当調査レポートでは、電力レンタルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、燃料別分析、電力別分析、需要先別分析、用途別分析、電力レンタルの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • アルミナるつぼの世界市場予測2019-2024
    「アルミナるつぼの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、長方形、円筒形、その他など、用途別には、Academic Laboratories、Industrial Laboratoriesなどに区分してまとめた調査レポートです。アルミナるつぼのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・アルミナるつぼの世界市場概要(サマリー) ・アルミナるつぼの企業別販売量・売上 ・アルミナるつぼの企業別市場シェア ・アルミナるつぼの世界市場規模:種類別(長方形、円筒形、その他) ・アルミナるつぼの世界市場規模:用途別(Academic Laboratories、Industrial Laboratories) ・アルミナるつぼの米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・アルミナるつぼのアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・アルミナるつぼの欧州市場規模(ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、ロシアなど) ・ア …
  • 自動トレイローディング装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動トレイローディング装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動トレイローディング装置の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 地中探査レーダ(GPR)の世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、地中探査レーダ(GPR)の世界市場規模が2017年4285.2億ドルから2026年9940.2億ドルまで年平均9.8%成長すると予測しています。当調査レポートでは、地中探査レーダ(GPR)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、地中探査レーダ(GPR)市場規模、製品別(車載システム、ハンドヘルドシステム、カートベースシステム)分析、コンポネント別(コントロールユニット、アンテナ、電源)分析、提供別(サービス、装置)分析、用途別(ユーティリティ検出、交通インフラ、地質・環境、コンクリート調査、考古学)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 地中探査レーダ(GPR)の世界市場:市場動向分析 ・ 地中探査レーダ(GPR)の世界市場:競争要因分析 ・ 地中探査レーダ(GPR)の世界市場:製品別(車載システム、ハンドヘルドシステム、カートベースシステム) ・ 地中探査レーダ(GPR)の世界市場:コンポネント別(コ …
  • ウィルスプロテアーゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるウィルスプロテアーゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ウィルスプロテアーゼ阻害剤の概要 ・ウィルスプロテアーゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のウィルスプロテアーゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ウィルスプロテアーゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ウィルスプロテアーゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界の血行動態モニタリング装置市場
  • デキストランの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、デキストランの世界市場について調査・分析し、デキストランの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別デキストランシェア、市場規模推移、市場規模予測、デキストラン種類別分析(デキストラン20、デキストラン40、デキストラン60、デキストラン70、その他)、デキストラン用途別分析(注射・注入用溶液、デキストラン誘導体、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・デキストランの市場概観 ・デキストランのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・デキストランのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・デキストランの世界市場規模 ・デキストランの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・デキストランのアメリカ市場規模推移 ・デキストランのカナダ市場規模推移 ・デキストランのメキシコ市場規模推移 ・デキストランのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・デキストランのドイツ市場規模推移 ・デキストランのイギリス市場規模推移 ・デキストランのロシア市場 …
  • プレミアムアイスクリームの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、プレミアムアイスクリームの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、プレミアムアイスクリームの世界市場規模及び予測、製品別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はプレミアムアイスクリームの世界市場が2017-2021年期間中に年平均11.98%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Amorino• Gelato Italia• Nestlé• R&R Ice Cream• Unilever等です。
  • スチレン系ブロック共重合体(SBC)及び誘導体の世界市場2016-2020:SBS、SIS、SEBS、HSBC
    当調査レポートでは、スチレン系ブロック共重合体(SBC)及び誘導体の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スチレン系ブロック共重合体(SBC)及び誘導体の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 医薬品包装装置の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、医薬品包装装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、医薬品包装装置の世界市場規模及び予測、包装種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のヒドロキシプロピルメチルセルロース市場2016
    本調査レポートでは、世界のヒドロキシプロピルメチルセルロース市場2016について調査・分析し、ヒドロキシプロピルメチルセルロースの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ブルガリアの風力発電市場2015
  • ロイコトリエンA4アンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるロイコトリエンA4アンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ロイコトリエンA4アンタゴニストの概要 ・ロイコトリエンA4アンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のロイコトリエンA4アンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ロイコトリエンA4アンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ロイコトリエンA4アンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 掘削機械の世界市場:製品別(クローラー、ホイール付き、ミニ・コンパクト)、用途別(建設)、セグメント予測
    掘削機械の世界市場は2025年には564億6,000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率4.7%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、掘削や整地のための掘削機の需要が建設機械事業者間で急増していることが考えられます。本調査レポートでは、掘削機械の世界市場について調査・分析し、掘削機械の世界市場動向、掘削機械の世界市場規模、市場予測、セグメント別掘削機械市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • スマート・モバイルサプライチェーンソリューションの世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、スマートモバイルサプライチェーンソリューションの世界市場規模が2017年12兆3883.5億ドルから2026年30兆6767.8億ドルまで年平均10.6%成長すると予測しています。当調査レポートでは、スマート・モバイルサプライチェーンソリューションの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、スマート・モバイルサプライチェーンソリューション市場規模、企業規模別(大企業、中小企業)分析、コンポネント別(サービス、ソフトウェア)分析、エンドユーザー別(商業、3PL(サード・パーティー・ロジスティクス))分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ スマート・モバイルサプライチェーンソリューションの世界市場:市場動向分析 ・ スマート・モバイルサプライチェーンソリューションの世界市場:競争要因分析 ・ スマート・モバイルサプライチェーンソリューションの世界市場:企業規模別(大企業、中小企業) ・ スマート・モバイルサプラ …
  • メタンスルホン酸の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、メタンスルホン酸の世界市場について調査・分析し、メタンスルホン酸の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別メタンスルホン酸シェア、市場規模推移、市場規模予測、メタンスルホン酸種類別分析()、メタンスルホン酸用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・メタンスルホン酸の市場概観 ・メタンスルホン酸のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・メタンスルホン酸のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・メタンスルホン酸の世界市場規模 ・メタンスルホン酸の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・メタンスルホン酸のアメリカ市場規模推移 ・メタンスルホン酸のカナダ市場規模推移 ・メタンスルホン酸のメキシコ市場規模推移 ・メタンスルホン酸のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・メタンスルホン酸のドイツ市場規模推移 ・メタンスルホン酸のイギリス市場規模推移 ・メタンスルホン酸のロシア市場規模推移 ・メタンスルホン酸のアジア市場分析(日本、中 …
  • 炭疽(Anthrax):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、炭疽(Anthrax)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・炭疽(Anthrax):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・炭疽(Anthrax)のフェーズ3治験薬の状況 ・炭疽(Anthrax)治療薬の市場規模(販売予測) ・炭疽(Anthrax)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・炭疽(Anthrax)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の炭疽(Anthrax)治療薬剤
  • 耐熱樹脂の世界市場予測(~2026):種類別(エポキシ、シリコーン、アクリル、ポリエステル、 ポリエーテルスルホン、アルキド、ポリウレタン、フェノール類、ポリエーテルアミド)、用途別、地域別
    当調査レポートでは、耐熱樹脂の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、耐熱樹脂の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 乳酸の世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、乳酸の世界市場について調査・分析し、乳酸の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 乳酸の世界市場:市場動向分析 - 乳酸の世界市場:競争要因分析 - 乳酸の世界市場:用途別 ・食品・飲料 ・パーソナルケア ・調剤 ・生分解性プラスチック ・その他 - 乳酸の世界市場:主要地域別分析 - 乳酸の北米市場規模(アメリカ市場等) - 乳酸のヨーロッパ市場規模 - 乳酸のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・乳酸の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 世界の美容レーザー市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、美容レーザーのグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・美容レーザーの概要 ・美容レーザーの開発動向:開発段階別分析 ・美容レーザーの開発動向:セグメント別分析 ・美容レーザーの開発動向:領域別分析 ・美容レーザーの開発動向:規制Path別分析 ・美容レーザーの開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別美容レーザーの開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・美容レーザーの最近動向
  • 自動車ウインチ装置(AWS)の世界市場
    当調査レポートでは、自動車ウインチ装置(AWS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車ウインチ装置(AWS)の世界市場規模及び予測、種類別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • メキシコの装具市場動向(~2021)
  • カナダのPET(ポリエチレンテレフタラート)市場(~2019)
  • 自動指紋識別システム(AFIS)の世界市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、自動指紋識別システム(AFIS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、構成要素別分析、照合タイプ別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • スマートウェアラブルフィットネス及びスポーツ端末・サービスの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、スマートウェアラブルフィットネス及びスポーツ端末・サービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマートウェアラブルフィットネス及びスポーツ端末・サービスの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のD/Aコンバータ市場2016
    本調査レポートでは、世界のD/Aコンバータ市場2016について調査・分析し、D/Aコンバータの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • CTスキャンの世界市場予測
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、CTスキャンの世界市場について調査・分析し、CTスキャンの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・CTスキャンの世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・CTスキャンの世界市場:セグメント別市場分析 ・CTスキャンの世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 中国のウェハーキャリア市場2015
    本調査レポートでは、中国のウェハーキャリア市場2015について調査・分析し、ウェハーキャリアの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 洗濯用オーガニック洗剤の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、洗濯用オーガニック洗剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、洗濯用オーガニック洗剤の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • レチノイン酸受容体ベータアゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるレチノイン酸受容体ベータアゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・レチノイン酸受容体ベータアゴニストの概要 ・レチノイン酸受容体ベータアゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のレチノイン酸受容体ベータアゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・レチノイン酸受容体ベータアゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・レチノイン酸受容体ベータアゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界の印画紙市場2016
    本調査レポートでは、世界の印画紙市場2016について調査・分析し、印画紙の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国のメモリーカード‎市場2015
    本調査レポートでは、中国のメモリーカード‎市場2015について調査・分析し、メモリーカード‎の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • カナダの外傷固定市場動向(~2021)
  • ベビー用トイレタリーの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、ベビー用トイレタリーの世界市場について調べ、ベビー用トイレタリーの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ベビー用トイレタリーの市場規模をセグメンテーション別(流通チャンネル別(オフライン、オンライン)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はベビー用トイレタリーの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均5%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・ベビー用トイレタリーの市場状況 ・ベビー用トイレタリーの市場規模 ・ベビー用トイレタリーの市場予測 ・ベビー用トイレタリーの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:流通チャンネル別(オフライン、オンライン) ・ベビー用トイレタリーの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業 …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"