"電気自動車(EV)用接着剤の世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:CH 7405)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"電気自動車(EV)用接着剤の世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“Increasing usage of electric vehicle adhesives as a replacement to glass to drive market growth”The electric vehicle adhesives market size is expected to grow from USD 223 million in 2019 to USD 2,158 million by 2024, at a compound annual growth rate (CAGR) of 57.0% during the forecast period. The electric vehicle adhesives industry is driven by various factors such as EV adhesives are used in different applications of electric vehicles such as exterior, interior and electric vehicle battery. The transition of internal combustion engine (ICE) to electric vehicles will be key to the increasing consumption of EV adhesives. The increasing climate change concerns and stricter emission controls are pushing the growth of electric vehicle across the world.

“Epoxy resin type is expected to grow at a higher CAGR during the forecast period.”
Epoxy adhesives are used in battery packs to improve the integrity and crashworthiness of it. Of all the resin type, epoxies have the greatest strength and durability in all the structural adhesives and in addition to this the epoxy bonds have exceptional resistance to shock, vibration and impact loads. Its property of distributing stress along the entire bond helps to use thinner and lighter materials in Electric vehicle.

“Electric cars is the fastest growing vehicle type in the EV adhesive market”
The global battery electric car fleet has crossed 1 million and have reached a total of 1.3 million in 2018. The new registration in 2018 has doubled as compared to 2017. China remains the world’s largest electric car market, which is followed by Europe and US. The growth of battery electric car was driven by critical policy changes adopted by the leading countries in electric mobility. These countries have introduced stricter emission standards in addition to incentives for battery electric cars and is promoting investments in the electric vehicle value chain to bring price parity between electric vehicle and ICE vehicles. The same drivers will further accelerate the growth of battery electric vehicles in the world. In an electric vehicle, adhesive technology plays a critical part in making the electric vehicle lightweight as it is used in a number of applications. The growing electric vehicle markets such as Europe, Asia Pacific and North America will provide growth opportunities for electric vehicle adhesive manufacturers during the forecast period.

“APAC to be the largest and fastest-growing market during the forecast period”
APAC to be the largest and fastest-growing market during the forecast period. The increasing electric vehicle demand in China and other countries with supportive government policies of will drive the growth of electric vehicles in the APAC region. The increasing concern of improving air quality in metropolitan cities acts as a major factor for the growth of electric buses in China and will be an important segment for the EV adhesive manufacturers during the forecast period.

By Company type: Tier1:30% Tier2:50% Tier3:20%
By Designation: C-level executives: 40% Directors: 20% and Others: 40%
By region: North America: 10% Europe: 40% APAC: 30% South America: 10% Middle East & Africa: 10%

The major players in this market are Henkel (Germany), H.B. Fuller (US), Sika AG (Switzerland), 3M (US), Wacker Chemie AG (Germany), Bostik SA – An Arkema company (France), L&L Products (US), Jowat SE (Germay), Ashland (US), PPG Industries, (US) and Permabond (UK).

Research Coverage
This research report categorizes the global electric vehicle adhesives market based on resin type, form, vehicle type, substrate, application, and region. The report includes detailed information regarding the major factors influencing the growth of the market, such as drivers, restraints, opportunities, and challenges. Detailed analysis of the key market players provides insights into business overviews, services, key strategies, and recent developments associated with the market.

Reasons to Buy the Report
The report will help the leaders/new entrants in this market in the following ways:

1. This report segments the global electric vehicle adhesives market comprehensively and provides the closest approximations of market sizes for the overall market and subsegments across verticals and regions.

2. The report will help stakeholders understand the pulse of the market and provide them with information on the key market drivers, restraints, and opportunities.

3. This report will help stakeholders understand the major competitors and gain insights to enhance their position in the business. The competitive landscape section includes expansions, acquisitions, and agreements.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"電気自動車(EV)用接着剤の世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 20)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Market Segmentation
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Unit Considered
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 24)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.1.2.3 Breakdown of Primary Interviews
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Supply Side
2.2.2 Demand Side
2.3 Data Triangulation
2.4 Assumptions
3 Executive Summary (Page No. – 33)
4 Premium Insights (Page No. – 37)
4.1 Attractive Opportunities in the EV Adhesives Market
4.2 APAC EV Adhesives Market, By Vehicle Type and Country, 2018
4.3 EV Adhesives Market, By Resin Type
4.4 EV Adhesives Market, By Vehicle Type
4.5 EV Adhesives Market, By Major Countries
5 Market Overview (Page No. – 40)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Requirement for Lightweight, Crashworthiness, and Safety Will Drive Use of Adhesives in Electric Vehicles
5.2.1.2 Automobile Manufacturers Increasingly Investing on EV Due to Government Regulations and Purchase Incentives
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 High Upfront Cost of Electric Vehicles and Limited Availability of Charging Stations
5.2.2.2 Lack of Standardization
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Scope for Growth of Autonomous Electric Vehicle
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Limited Range of Electric Vehicle
5.3 Porter’s Five Forces Analysis
5.3.1 Threat of New Entrants
5.3.2 Threat of Substitutes
5.3.3 Bargaining Power of Suppliers
5.3.4 Bargaining Power of Buyers
5.3.5 Intensity of Rivalry
5.4 Value Chain Analysis
5.5 Yc, Ycc Drivers
6 EV Adhesives Market, By Application (Page No. – 48)
6.1 Introduction
6.2 Powertrain System
6.2.1 Increasing Demand for Adhesives in Battery Packs is Expected to Spur the Demand for EV Adhesives
6.3 Exterior
6.3.1 Structural Adhesives Widely Used to Address Crashworthiness and Safety Issues of Battery Systems
6.4 Interior
6.4.1 Need for Improved Performance & Aesthetics to Drive the Demand for EV Adhesives Vehicle Interiors
7 EV Adhesives Market, By Resin Type (Page No. – 57)
7.1 Introduction
7.2 Epoxy
7.2.1 Epoxy Delivers the Highest Strength and Durability Amongst Structural Adhesives
7.3 Polyurethane
7.3.1 High Elongation and Stronger Bonding Driving Consumption of Polyurethane Adhesives
7.4 Silicone
7.4.1 Increasing Penetration of Advanced Driver Assistance Systems in EV to Drive Demand for This Segment
7.5 Acrylic
7.5.1 APAC to Be Largest and Fastest-Growing Market for Acrylic Segment
7.6 Others
8 EV Adhesives Market, By Form (Page No. – 66)
8.1 Introduction
8.2 Liquid
8.2.1 Increasing Consumption of Liquid Adhesives Witnessed in Both Exterior and Interior EVs
8.3 Film & Tape
8.3.1 Film & Tape Used for Thermal Management to Maintain Safety of EV
8.4 Others
8.4.1 Growing Hot-Melt Adhesive Application Will Drive the Others Segment
9 EV Adhesives Market, By Vehicle Type (Page No. – 71)
9.1 Introduction
9.2 Electric Car
9.2.1 Stricter Emission Standards and Purchase Incentives Around the World to Drive the Demand for Electric Car
9.3 Electric Bus
9.3.1 Concern for Cleaner Air in Cities are Driving the Growth of Electric Bus
9.4 Electric Bike
9.4.1 South Asian Countries Expected to Be Leading Market in Electric Bike Segment
9.5 Electric Truck
9.5.1 Use of Electric Truck Increasing for Urban Distribution and Reduction of Carbon Footprints
10 EV Adhesives Market, By Substrates (Page No. – 78)
10.1 Introduction
10.2 Polymer
10.2.1 Engineering Polymers Used in EVs to Save Weight Without Compromising Safety
10.3 Composite
10.3.1 Composites Widely Used in High-End Utility EV
10.4 Metal
10.4.1 APAC is Largest and Fastest-Growing Market for EV Adhesives in Metal Substrate
10.4.2 Others
10.4.3 Autonomous EV Expected to Drive the Use of Glass and Ceramics in the Future
11 EV Adhesives Market, By Region (Page No. – 85)
11.1 Introduction
11.2 North America
11.2.1 US
11.2.1.1 Stringent Regulations and Decreasing Battery Price Will Spur Market Growth
11.2.2 Rest of North America
11.2.2.1 Demand for Adhesives in Mexico Increasing With Growing Investment in EVs Manufacturing
11.3 APAC
11.3.1 China
11.3.1.1 China is Largest Market for EV Adhesives
11.3.2 Japan
11.3.2.1 Rising Adoption of EVs and Presence of Battery Manufacturers Driving the Market
11.3.3 India
11.3.3.1 Increasing Adoption of Commercial Electric Vehicles Government Agencies Will Foster Market Growth
11.3.4 South Korea
11.3.4.1 Strong Presence in Battery Manufacturing Will Drive the Market
11.3.5 Rest of APAC
11.4 Europe
11.4.1 Germany
11.4.1.1 Germany is Largest Market for EV Adhesives in Europe
11.4.2 France
11.4.2.1 Rising Adoption of EVs and Presence of Battery Manufacturers Driving the Demand for Adhesives in France
11.4.3 UK
11.4.3.1 Increasing Demand for Electric Bus From Metropolitan Cities of the UK Will Foster the Market Growth
11.4.4 Spain
11.4.4.1 Increasing Demand for Electric Bus From Metropolitan Cities of the Spain Will Foster the Market Growth
11.4.5 Rest of Europe
11.5 Rest of World (RoW)
11.5.1 Brazil
11.5.2 Others
12 Competitive Landscape (Page No. – 163)
12.1 Overview
12.2 Competitive Leadership Mapping, 2018
12.2.1 Visionary Leaders
12.2.2 Innovators
12.2.3 Dynamic Differentiators
12.2.4 Emerging Companies
12.2.5 Strength of Product Portfolio
12.2.6 Business Strategy Excellence
12.3 Competitive Scenario
12.3.1 Expansion
12.3.2 Merger & Acquisition
12.3.3 New Product Launch
12.3.4 Partnership & Agreement
13 Company Profiles (Page No. – 171)
13.1 Henkel
13.1.1 Business Overview
13.1.2 Products Offered
13.1.3 Recent Developments
13.1.4 SWOT Analysis
13.1.5 MnM View
13.2 H.B. Fuller
13.2.1 Business Overview
13.2.2 Products Offered
Source: Secondary Research 174
13.2.3 Recent Developments
13.2.4 SWOT Analysis
13.2.5 MnM View
13.3 Sika AG
13.3.1 Business Overview
13.3.2 Products Offered
13.3.3 Recent Developments
13.3.4 MnM View
13.4 3M
13.4.1 Business Overview
13.4.2 Products Offered
13.4.3 182
13.4.4 Recent Developments
13.4.5 MnM View
13.5 Dupont (Dow Chemical)
13.5.1 Business Overview
13.5.2 Products Offered
13.5.3 Recent Developments
13.5.4 MnM View
13.6 Wacker Chemie AG
13.6.1 Business Overview
13.6.2 Products Offered
13.6.3 Recent Developments
13.6.4 SWOT Analysis
13.6.5 MnM View
13.7 Bostik S.A. (An Arkema Company)
13.7.1 Business Overview
13.7.2 Products Offered
13.7.3 MnM View
13.8 Lord Corporation
13.8.1 Business Overview
13.8.2 Products Offered
13.8.3 Recent Developments
13.9 L&L Products
13.9.1 Business Overview
13.9.2 Products Offered
13.9.3 Recent Developments
13.10 Jowat SE
13.10.1 Business Overview
13.10.2 Products Offered
13.10.3 Recent Developments
13.11 Ashland
13.11.1 Business Overview
13.11.2 Products Offered
13.12 PPG Industries
13.12.1 Business Overview
13.12.2 Products Offered
13.12.3 Recent Developments
13.12.4 MnM View
13.13 Permabond LLC.
13.13.1 Business Overview
13.13.2 Products Offered
13.13.3 Recent Developments
13.14 Delo Industrie Klebstoffe GmbH & Co. KGaA
13.14.1 Business Overview
13.14.2 Products Offered
13.14.3 Recent Developments
13.15 Uniseal, Inc.
13.15.1 Business Overview
13.15.2 Products Offered
13.15.3 Recent Developments
13.16 Riëd B.V.
13.16.1 Business Overview
13.16.2 Products Offered
13.17 Illinois Tool Works Corporation
13.17.1 Business Overview
13.17.2 202
13.18 Dymax Corporation
13.18.1 Business Overview
13.18.2 Products Offered
13.18.3 Recent Developments
13.19 Weicon GmbH & Co. KG
13.19.1 Products Offered
13.19.2 Recent Developments
13.20 Threebond Co., Ltd.
13.21 Evonik Industries AG
13.22 Avery Dennison
13.23 Metlok Private Limited.
14 Appendix (Page No. – 206)
14.1 Discussion Guide
14.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
14.3 Introducing RT: Real-Time Market Intelligence
14.4 Available Customizations
14.5 Related Reports
14.6 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】電気自動車(EV)用接着剤の世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年10月22日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】CH 7405
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】化学
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
電気自動車(EV)用接着剤の世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 世界の亜リン酸カリウム市場2016
    本調査レポートでは、世界の亜リン酸カリウム市場2016について調査・分析し、亜リン酸カリウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 反射型液晶素子(LCoS)の世界市場見通し2016-2022:ヘッドアップディスプレイ(HUD)、プロジェクター、ヘッドマウントディスプレイ(HMD)、その他製品
    当調査レポートでは、反射型液晶素子(LCoS)の世界市場について調査・分析し、反射型液晶素子(LCoS)の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・反射型液晶素子(LCoS)の世界市場:市場動向分析 ・反射型液晶素子(LCoS)の世界市場:競争要因分析 ・反射型液晶素子(LCoS)の世界市場:用途別分析/市場規模 ・反射型液晶素子(LCoS)の世界市場:製品別分析/市場規模 ・反射型液晶素子(LCoS)の世界市場:技術別分析/市場規模 ・反射型液晶素子(LCoS)の世界市場:アーキテクチャ別分析/市場規模 ・反射型液晶素子(LCoS)の世界市場:デザイン種類別分析/市場規模 ・反射型液晶素子(LCoS)の世界市場:地域別分析/市場規模 ・反射型液晶素子(LCoS)の北米市場規模 ・反射型液晶素子(LCoS)の欧州市場規模 ・反射型液晶素子(LCoS)のアジア市場規模 ・反射型液晶素子(LCoS)の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 顧客経験管理(CEM)の世界市場:分析ツール別(テキスト分析、EFMソフトウェア、音声分析、Webアナリティクス、その他)、タッチポイント種類別(ソーシャルメディア、コールセンター、モバイル、店舗、Eメール、その他)、導入別(オンプレミス、クラウド)、エンドユーザー別、地域別予測
    本資料は、顧客経験管理(CEM)の世界市場について調べ、顧客経験管理(CEM)の世界規模、市場動向、市場環境、分析ツール別(テキスト分析、EFMソフトウェア、音声分析、Webアナリティクス、その他)分析、タッチポイント種類別(ソーシャルメディア、コールセンター、モバイル、店舗、Eメール、その他)分析、導入別(オンプレミス、クラウド)分析、エンドユーザー別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・顧客経験管理(CEM)の世界市場概要 ・顧客経験管理(CEM)の世界市場環境 ・顧客経験管理(CEM)の世界市場動向 ・顧客経験管理(CEM)の世界市場規模 ・顧客経験管理(CEM)の世界市場規模:分析ツール別(テキスト分析、EFMソフトウェア、音声分析、Webアナリティクス、その他) ・顧客経験管理(CEM)の世界市場規模:タッチポイント種類別(ソーシャルメディア、コールセンター、モバイル、店舗、Eメール、その他) ・顧客経験管理(CEM)の世界市場規模 …
  • メキシコの心臓人工弁市場見通し(~2021)
  • 小売における人工知能(AI)の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、小売における人工知能(AI)の世界市場について調べ、小売における人工知能(AI)の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、小売における人工知能(AI)の市場規模をセグメンテーション別(用途別(販売・マーケティング、ストア内、計画・調達・生産、物流管理)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社は小売における人工知能(AI)の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均35%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・小売における人工知能(AI)の市場状況 ・小売における人工知能(AI)の市場規模 ・小売における人工知能(AI)の市場予測 ・小売における人工知能(AI)の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(販売・マーケティング、ストア内、計画・調達・生産、物流管理) ・小売における人工知能(AI)の顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米 …
  • 自動核酸精製システムの世界市場予測2019-2024
    「自動核酸精製システムの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、磁気ビーズ分離、シリカ膜、その他など、用途別には、Diagnostics、Biochemical、Life Science、Othersなどに区分してまとめた調査レポートです。自動核酸精製システムのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・自動核酸精製システムの世界市場概要(サマリー) ・自動核酸精製システムの企業別販売量・売上 ・自動核酸精製システムの企業別市場シェア ・自動核酸精製システムの世界市場規模:種類別(磁気ビーズ分離、シリカ膜、その他) ・自動核酸精製システムの世界市場規模:用途別(Diagnostics、Biochemical、Life Science、Others) ・自動核酸精製システムの米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・自動核酸精製システムのアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・自動核酸精製システム …
  • スマート廃棄物管理の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、スマート廃棄物管理の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、スマート廃棄物管理市場規模、用途別(回収、ゴミ埋立、回復・再利用、加工)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Bigbelly, Compology, Ecube Labs, Enevo, Waste Managementなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・スマート廃棄物管理の世界市場概要 ・スマート廃棄物管理の世界市場環境 ・スマート廃棄物管理の世界市場動向 ・スマート廃棄物管理の世界市場規模 ・スマート廃棄物管理の世界市場:業界構造分析 ・スマート廃棄物管理の世界市場:用途別(回収、ゴミ埋立、回復・再利用、加工) ・スマート廃棄物管理の世界市場:地域別市場規模・分析 ・スマート廃棄物管理の北米市場規模・予測 ・スマート廃棄物管理のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・スマート廃棄物管理のアジア太平洋市場規模・予測 ・スマート廃棄物管理の主要国分析 ・ス …
  • 性器ヘルペス(Genital Herpes):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における性器ヘルペス(Genital Herpes)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、性器ヘルペス(Genital Herpes)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・性器ヘルペス(Genital Herpes)の概要 ・性器ヘルペス(Genital Herpes)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の性器ヘルペス(Genital Herpes)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・性器ヘルペス(Genital Herpes)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 …
  • 超音波洗浄装置の世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、超音波洗浄装置の世界市場について調べ、超音波洗浄装置の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、超音波洗浄装置の市場規模をセグメンテーション別(製品別(マルチステージ、ベンチトップ、スタンドアロン)、エンドユーザー別(電気および電子機器、医療、自動車、航空宇宙および防衛、その他)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は超音波洗浄装置の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均4%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・超音波洗浄装置の市場状況 ・超音波洗浄装置の市場規模 ・超音波洗浄装置の市場予測 ・超音波洗浄装置の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(マルチステージ、ベンチトップ、スタンドアロン) ・市場セグメンテーション:エンドユーザー別(電気および電子機器、医療、自動車、航空宇宙および防衛、その他) ・超音波洗浄装置の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長 …
  • 世界の半導体変圧器(スマート変圧器)市場規模・予測2017-2025:商品別、構成要素別(変圧器、高周波変圧器・スイッチ)、用途別、エンドユーズ別、地域別(北米、ヨーロッパ、太平洋アジア、ラテンアメリカ、その他の国)
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の半導体変圧器(スマート変圧器)市場について調査・分析し、世界の半導体変圧器(スマート変圧器)市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の半導体変圧器(スマート変圧器)関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 臨床化学および免疫診断の世界市場:地域別市場予測、新検査、技術、機器、企業分析
  • 世界のボンレスワイパー市場2016
    本調査レポートでは、世界のボンレスワイパー市場2016について調査・分析し、ボンレスワイパーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 高性能接着剤の世界市場予測(~2022年):エポキシ、ポリウレタン、アクリル、シリコーン
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、高性能接着剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、種類別分析、需要先別分析、技術別分析、地域別分析、高性能接着剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の紙やすり市場2015
    本調査レポートでは、世界の紙やすり市場2015について調査・分析し、紙やすりの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 乳製品の代替品の世界市場:ソース別(大豆、アーモンド、米、その他)、用途別(食品、飲料、乳製品を含まないプロバイオティクス飲料、その他)、流通経路別(大規模小売、小規模小売、専門店、オンライン)
    本市場調査レポートでは乳製品の代替品について、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、ソース別(大豆、アーモンド、米、その他)分析、用途別(食品、飲料、乳製品を含まないプロバイオティクス飲料、その他)分析、流通経路別(大規模小売、小規模小売、専門店、オンライン)分析、地域別分析、企業概要に区分して収録しています。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・乳製品の代替品の世界市場:ソース別(大豆、アーモンド、米、その他) ・乳製品の代替品の世界市場:用途別(食品、飲料、乳製品を含まないプロバイオティクス飲料、その他) ・乳製品の代替品の世界市場:流通経路別(大規模小売、小規模小売、専門店、オンライン) ・乳製品の代替品の世界市場:地域別 ・企業概要
  • 商業用水産飼料のインド市場見通し2022
  • スマート空気清浄機の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、スマート空気清浄機の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、スマート空気清浄機市場規模、製品別(集塵機、ヒューム・スモークコレクター)分析、技術別(HEPA、活性炭、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・スマート空気清浄機の世界市場概要 ・スマート空気清浄機の世界市場環境 ・スマート空気清浄機の世界市場動向 ・スマート空気清浄機の世界市場規模 ・スマート空気清浄機の世界市場:業界構造分析 ・スマート空気清浄機の世界市場:製品別(集塵機、ヒューム・スモークコレクター) ・スマート空気清浄機の世界市場:技術別(HEPA、活性炭、その他) ・スマート空気清浄機の世界市場:地域別市場規模・分析 ・スマート空気清浄機の北米市場規模・予測 ・スマート空気清浄機のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・スマート空気清浄機のアジア太平洋市場規模・予測 ・スマート空気清浄機の主要国分析 ・スマート空気清浄機の世界市場:意 …
  • 世界の吹付けコンクリート市場2015
    本調査レポートでは、世界の吹付けコンクリート市場2015について調査・分析し、吹付けコンクリートの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 脱塩およびバッファー交換の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、脱塩およびバッファー交換の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、製品別(キット、カセット・カートリッジ、スピンカラム)分析、技法別(サイズ排除クロマトグラフィ、ろ過、透析)分析、用途別(バイオプロセス)分析、脱塩およびバッファー交換の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ダウンホールツールの世界市場
    当調査レポートでは、ダウンホールツールの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・ダウンホールツールの世界市場:ツール種類別分析/市場規模 ・ダウンホールツールの世界市場:用途別分析/市場規模 ・ダウンホールツールの世界市場:地域別分析/市場規模 ・ダウンホールツールのアメリカ市場規模予測 ・ダウンホールツールのヨーロッパ市場規模予測 ・ダウンホールツールのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 二輪車向けサイドビューアシストシステム(MSVAS)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、二輪車向けサイドビューアシストシステム(MSVAS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、二輪車向けサイドビューアシストシステム(MSVAS)の世界市場規模及び予測、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 物理セキュリティの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、物理セキュリティの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、物理セキュリティ市場規模、種類別(ハードウェア・ソフトウェア、サービス)分析、最終用途別(業務用、家庭用、政府機関用、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・物理セキュリティの世界市場概要 ・物理セキュリティの世界市場環境 ・物理セキュリティの世界市場動向 ・物理セキュリティの世界市場規模 ・物理セキュリティの世界市場:業界構造分析 ・物理セキュリティの世界市場:種類別(ハードウェア・ソフトウェア、サービス) ・物理セキュリティの世界市場:最終用途別(業務用、家庭用、政府機関用、その他) ・物理セキュリティの世界市場:地域別市場規模・分析 ・物理セキュリティのアメリカ市場規模・予測 ・物理セキュリティのヨーロッパ市場規模・予測 ・物理セキュリティのアジア市場規模・予測 ・物理セキュリティの主要国分析 ・物理セキュリティの世界市場:意思決定フレームワ …
  • ランドリー施設及びドライクリーニングサービスのアメリカ市場:種類別、用途別、セグメント予測
  • 静脈性潰瘍脚(Venous Leg Ulcers):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における静脈性潰瘍脚(Venous Leg Ulcers)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、静脈性潰瘍脚(Venous Leg Ulcers)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・静脈性潰瘍脚(Venous Leg Ulcers)の概要 ・静脈性潰瘍脚(Venous Leg Ulcers)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の静脈性潰瘍脚(Venous Leg Ulcers)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・静脈性潰瘍脚(Venous Leg Ulcers)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与 …
  • ソフトドリンクの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ソフトドリンクの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ソフトドリンクの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はソフトドリンクの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.62%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Danone、Nestlé Waters、PepsiCo、Red Bull、The Coca-Cola Company等です。
  • 革用化学品の世界市場
    当調査レポートでは、革用化学品の世界市場について調査・分析し、革用化学品の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 生産水処理の世界市場分析:生産由来別(原油、天然ガス)、技術別(一次分離、二次分離、三次分離)、用途別(オンショア、オフショア)、セグメント予測
    本調査レポートでは、生産水処理の世界市場について調査・分析し、生産水処理の世界市場動向、生産水処理の世界市場規模、市場予測、セグメント別生産水処理市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • アンプル包装の世界市場
    当調査レポートでは、アンプル包装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アンプル包装の世界市場規模及び予測、材料別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ベーカリー&シリアルのチェコ市場
  • 非小細胞肺癌(NSCLC)治療の世界市場:医薬品予測・市場分析(~2025)
  • 血小板由来増殖因子A阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における血小板由来増殖因子A阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・血小板由来増殖因子A阻害剤の概要 ・血小板由来増殖因子A阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の血小板由来増殖因子A阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・血小板由来増殖因子A阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・血小板由来増殖因子A阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 無機シンチレータの世界市場予測
    本調査レポートでは、無機シンチレータの世界市場について調査・分析し、無機シンチレータの世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 世界の自動車用アフターマーケットショックアブソーバー市場:車両種類別、地域別
    本調査レポートは自動車用アフターマーケットショックアブソーバーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、車両種類別(乗用車、商用車)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・自動車用アフターマーケットショックアブソーバーの世界市場:車両種類別(乗用車、商用車) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • ロシアのオーソバイオロジクス処置動向(~2021)
  • 農業用生物製剤トップ10動向の世界市場予測(~2022):バイオ農薬、バイオスティミュラント、バイオ肥料、農業用接種剤、農業微生物、生物種子処理
  • 世界のポンプモーター市場2015
    本調査レポートでは、世界のポンプモーター市場2015について調査・分析し、 ポンプモーターの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の熱電発電機市場2015
    本調査レポートでは、世界の熱電発電機市場2015について調査・分析し、熱電発電機の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • サイバーセキュリティの世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、サイバーセキュリティの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、ソリューション別分析、サービス別分析、導入別分析、産業別分析、サイバーセキュリティの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のクエチアピンフマル酸塩市場2015
    本調査レポートでは、世界のクエチアピンフマル酸塩市場2015について調査・分析し、クエチアピンフマル酸塩の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ディープパケットインスペクション(DPI)の世界市場見通し2016-2022:統合型DPI、独立型DPI
    当調査レポートでは、ディープパケットインスペクション(DPI)の世界市場について調査・分析し、ディープパケットインスペクション(DPI)の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・ディープパケットインスペクション(DPI)の世界市場:市場動向分析 ・ディープパケットインスペクション(DPI)の世界市場:競争要因分析 ・ディープパケットインスペクション(DPI)の世界市場:産業別分析/市場規模 ・ディープパケットインスペクション(DPI)の世界市場:製品別分析/市場規模 ・ディープパケットインスペクション(DPI)の世界市場:サービス別分析/市場規模 ・ディープパケットインスペクション(DPI)の世界市場:用途別分析/市場規模 ・ディープパケットインスペクション(DPI)の世界市場:需要先別分析/市場規模 ・ディープパケットインスペクション(DPI)の世界市場:企業規模別分析/市場規模 ・ディープパケットインスペクション(DPI)の世界市場:地域別分析/市場規模 ・ディープパケットインスペクション(DPI)の北米市 …
  • スマートコネクテッドベビーモニターの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、スマートコネクテッドベビーモニターの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、スマートコネクテッドベビーモニター市場規模、エンドユーザー別(住宅、商業)分析、流通チャネル別(オフライン、オンライン)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・スマートコネクテッドベビーモニターの世界市場概要 ・スマートコネクテッドベビーモニターの世界市場環境 ・スマートコネクテッドベビーモニターの世界市場動向 ・スマートコネクテッドベビーモニターの世界市場規模 ・スマートコネクテッドベビーモニターの世界市場:業界構造分析 ・スマートコネクテッドベビーモニターの世界市場:エンドユーザー別(住宅、商業) ・スマートコネクテッドベビーモニターの世界市場:流通チャネル別(オフライン、オンライン) ・スマートコネクテッドベビーモニターの世界市場:地域別市場規模・分析 ・スマートコネクテッドベビーモニターの北米市場規模・予測 ・スマートコネクテッドベビ …
  • 食品用酵素の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、食品用酵素の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、食品用酵素市場規模、形状別(液体、凍結乾燥粉末、その他)分析、タイプ別(リパーゼ、カルボヒドラーゼ、プロテアーゼ、その他)分析、供給源別(動物由来酵素、植物由来酵素、微生物、真菌、細菌)分析、ブランド別(Ha-Lactase、Veron Xtender、Novozymes Novamyl、Powerflex、Rapidase、Brewers Compass、Maxilact、Novozymes Gluzyme、Brewers Clarex)分析、用途別(菓子、加工食品、飲料、ベーカリー製品、乳製品、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 食品用酵素の世界市場:市場動向分析 ・ 食品用酵素の世界市場:競争要因分析 ・ 食品用酵素の世界市場:形状別(液体、凍結乾燥粉末、その他) ・ 食品用酵素の世界市場:タイプ別(リパーゼ、カルボヒドラーゼ、プロテアーゼ、その他) …
  • 世界の分子イメージングデバイス市場2015
    本調査レポートでは、世界の分子イメージングデバイス市場2015について調査・分析し、分子イメージングデバイスの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 女性衛生用ワイプの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、女性衛生用ワイプの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、女性衛生用ワイプの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ジスキネジア(Dyskinesia):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるジスキネジア(Dyskinesia)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、ジスキネジア(Dyskinesia)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・ジスキネジア(Dyskinesia)の概要 ・ジスキネジア(Dyskinesia)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のジスキネジア(Dyskinesia)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ジスキネジア(Dyskinesia)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤 …
  • 双眼鏡の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、双眼鏡の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、双眼鏡市場規模、用途別(軍事、野生生物の観察・狩猟、天文学、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・双眼鏡の世界市場概要 ・双眼鏡の世界市場環境 ・双眼鏡の世界市場動向 ・双眼鏡の世界市場規模 ・双眼鏡の世界市場:業界構造分析 ・双眼鏡の世界市場:用途別(軍事、野生生物の観察・狩猟、天文学、その他) ・双眼鏡の世界市場:地域別市場規模・分析 ・双眼鏡の北米市場規模・予測 ・双眼鏡のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・双眼鏡のアジア太平洋市場規模・予測 ・双眼鏡の主要国分析 ・双眼鏡の世界市場:意思決定フレームワーク ・双眼鏡の世界市場:成長要因、課題 ・双眼鏡の世界市場:競争環境 ・双眼鏡の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 石灰の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、石灰の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、石灰市場規模、種類別(生石灰、消石灰、その他)分析、用途別(金属製造、肥料、セメント製造、紙・パルプ、化学、農業、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 石灰の世界市場:市場動向分析 ・ 石灰の世界市場:競争要因分析 ・ 石灰の世界市場:種類別(生石灰、消石灰、その他) ・ 石灰の世界市場:用途別(金属製造、肥料、セメント製造、紙・パルプ、化学、農業、その他) ・ 石灰の世界市場:主要地域別分析 ・ 石灰の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 石灰のヨーロッパ市場規模 ・ 石灰のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・石灰の世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • 大判プリンタ(LFP)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、大判プリンタ(LFP)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、大判プリンタ(LFP)の世界市場規模及び予測、技術別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ホメオパシー製品の世界市場2017-2021:予防目的、治療目的
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ホメオパシー製品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ホメオパシー製品の世界市場規模及び予測、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はホメオパシー製品の世界市場が2017-2021年期間中に年平均14.12%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はBoiron、Hyland’s、SBL、Dr.Willmar Schwabe India等です。
  • 世界のクレーンカテゴリー:購買市場インテリジェンス
    当調査レポートでは、クレーンの購買市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、クレーン市場インサイト(支出動向など)、価格動向、コスト削減機会、事例分析、エコシステム、戦略、クレーンのサプライヤー情報、サプライヤー選定など、購買意思決定に必要な情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"