"5Gインフラストラクチャの世界市場予測(~2027年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:SE 4515)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"5Gインフラストラクチャの世界市場予測(~2027年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“5G infrastructure market projected to grow at 67.1% CAGR during 2019–2027” The 5G infrastructure market is estimated to be valued at USD 784 million in 2019 and is projected to reach USD 47,775 million by 2027, at a CAGR of 67.1%. Lower latency in 5G, growing adoption of virtual networking architecture in telecommunications, and growth in mobile data traffic are among the major driving factors for the growth of the 5G infrastructure market. Increasing M2M connections across various industries are also expected to fuel the growth of the 5G infrastructure market.

“5G NR Non-standalone (LTE COMBINED) market to offer lucrative opportunity for 5G infrastructure applications”
Non-standalone (NSA) 5G network refers to having merely 5G NR cells in place with an evolved packet core (EPC). The deployment of 5G cells would solely rely on existing LTE network for all control functions and add-on services. The 5G NSA architecture operates in master–slave configuration, in which the 4G access node is the master and 5G access node is the slave.

“Above 6 GHz to witness highest growth for 5G infrastructure in coming years”
Above 6 GHz frequencies such as 26 GHz and 28 GHz bands have strong momentum. As they are adjacent, they tend to support spectrum harmonization, and thus reduce handset complexity, economies of scale, and early equipment availability. Governments and regulators must realize the potential of 5G for new mobile bands above 24 GHz. Significant availability of harmonized 5G spectrum in these bands is essential to enable fast 5G speeds, low cost devices, international roaming, and minimize cross border interference.

“APAC continues to grow significantly for 5G infrastructure market in coming years”
This high growth in APAC is attributed to the adoption of new technologies and advancements in organizations across various industries. 5G network would play an integral role in advanced technologies such as IoT and machine-to-machine communication (M2M), as well as in smart cities and industrial automation. Also, the 5G infrastructure market has huge opportunities in smart cities. Various countries in Asia have either initialized the implementation of smart city projects or are in the planning phase.
In the process of determining and verifying the market size for several segments and subsegments gathered through secondary research, extensive primary interviews have been conducted with key industry experts in the 5G infrastructure marketspace. The break-up of primary participants for the report has been shown below:
• By Company Type: Tier 1 = 20%, Tier 2 = 50%, and Tier 3 = 30%
• By Designation: C-level Executives = 30%, Manager Level = 50%, and Others = 20%
• By Region: North America = 20%, Europe = 40%, APAC = 30%, and RoW = 10%
The major players in 5G infrastructure market are Huawei (China), Ericsson (Sweden), Samsung (South Korea), Nokia Networks (Finland), ZTE (China), NEC (Japan), CISCO (US), CommScope (US), Comba Telecom Systems (Hong Kong), Alpha Networks (Taiwan), Siklu Communication (Israel), and Mavenir (US).

Research Coverage:
This research report categorizes the global 5G infrastructure based on communication infrastructure, core network technology, network architecture, operational frequency, end user, and geography. The report describes the major drivers, restraints, challenges, and opportunities pertaining to the 5G infrastructure market and forecasts the same till 2027.

Key Benefits of Buying the Report
The report would help leaders/new entrants in this market in the following ways:
1. This report segments the 5G infrastructure market comprehensively and provides the closest market size projection for all subsegments across different regions.
2. The report helps stakeholders understand the pulse of the market and provides them with information on key drivers, restraints, challenges, and opportunities for market growth.
3. The report helps stakeholders to understand the value-chain of the 5G infrastructure market along with recent case studies.
4. This report would help stakeholders understand their competitors better and gain more insights to improve their position in the business. The competitive landscape section includes product launch, acquisition, collaboration, expansion, and partnership.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"5Gインフラストラクチャの世界市場予測(~2027年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 18)
1.1 Study Objectives
1.2 Definition
1.3 Study Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 21)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary and Primary Research
2.1.1.1 Key Industry Insights
2.1.2 Secondary Data
2.1.2.1 List of Major Secondary Sources
2.1.2.2 Secondary Sources
2.1.3 Primary Data
2.1.3.1 Breakdown of Primaries
2.1.3.2 Primary Sources
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.1.1 Approach for Capturing Market Share By Bottom-Up Analysis (Demand Side)
2.2.2 Top-Down Approach
2.2.2.1 Approach for Capturing the Market Share By Top-Down Analysis (Supply Side)
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Research Assumptions
3 Executive Summary (Page No. – 31)
4 Premium Insights (Page No. – 36)
4.1 Attractive Opportunities in 5G Infrastructure Market
4.2 Market, By Communication Infrastructure
4.3 Market, By Core Network Technology
4.4 Market, By Network Architecture
4.5 Market for Commercial, By Type & Region
4.6 Market, By Geography
5 Market Overview (Page No. – 40)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Lower Latency in 5G
5.2.1.2 Growth in Mobile Data Traffic
5.2.1.3 Growing Adoption of Virtual Networking Architecture in Telecommunications
5.2.1.4 Increasing M2M Connections Across Various Industries
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Delay in Standardization of Spectrum Allocation
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Growing Demand From Different Business Verticals
5.2.3.2 Growth of IoT Technology Would Offer New Opportunities for 5G Infrastructure
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Technological Design Challenges
5.2.4.1.1 Heat Dissipation in Massive Multiple Input and Multiple Output (Mimo)
5.2.4.1.2 Inter-Cell Interference Management
5.2.4.2 Deployment and Coverage
5.3 Value Chain Analysis
5.4 5G Trial Spectrum
5.5 5G Use Cases
5.5.1 Connected Transportation
5.5.2 Connected Health
5.5.3 Smart Manufacturing
5.5.4 Ar/Vr
6 5G Infrastructure Market, By Communication Infrastructure (Page No. – 50)
6.1 Introduction
6.2 Small Cell
6.2.1 Micro Cell
6.2.1.1 Micro Cells have A Greater Coverage Area Than Femtocells and Pico Cells
6.2.2 Femtocell
6.2.2.1 Femtocells are Usually Deployed in Homes Or Small Businesses Because of Its Short Range Small Cell Types
6.2.3 Pico Cell
6.2.3.1 Pico Cells are Usually Installed in Larger Indoor Areas Such as Shopping Malls, Offices, Or Train Stations.
6.3 Macro Cell (5G Radio Base Station)
6.3.1 A Macro Cell in Wireless Cellular Networks Provides Radio Access Coverage to A Large Area of Mobile Network
7 5G Infrastructure Market, By Core Network Technology (Page No. – 66)
7.1 Introduction
7.2 SDN
7.2.1 SDN Allows Network/Cloud Operators to Make Instant Changes in Their Network Through A Centralized Control System
7.3 NFV
7.3.1 NFV is an Advanced Network Technology That Employs Virtualized Network Services
8 5G Infrastructure Market, By Network Architecture (Page No. – 78)
8.1 Introduction
8.2 5G Nr Non-Standalone (LTE Combined)
8.2.1 5G Non-Standalone Architecture Operates in Master–Slave Configuration
8.3 5G Standalone (NR + Core)
8.3.1 5G Standalone Network Provides an End-To-End 5G Experience to Users
9 5G Infrastructure Market, By Operational Frequency (Page No. – 81)
9.1 Introduction
9.2 Sub 6 GHz
9.2.1 Sub 6 GHz Band Offers an Amalgamation of Coverage and Capacity Benefits
9.3 Above 6 GHz
9.3.1 Above 6 GHz Band is Essential to Meet Ultra-High Broadband Speeds Projected for 5G
10 5G Infrastructure Market, By End User (Page No. – 85)
10.1 Introduction
10.2 Residential
10.2.1 Smart Home, Synchronized Watches, Smartphones, and Fitness Apps are Gaining Traction and Expected to Grow at High Rate Due to Performance Capabilities of 5G
10.3 Commercial
10.3.1 Commercial is A Major Sector That Mobile Service Providers Target
10.4 Industrial
10.4.1 IoT and M2M Communication are Key Technologies Employing Industrial Automation
10.5 Government
10.5.1 Several Governments Across the World Would Play Major Role in Growth of 5G Market By Deploying 5G Networks at Government Schools and Colleges
11 Geographic Analysis (Page No. – 96)
11.1 Introduction
11.2 North America
11.2.1 US
11.2.1.1 US Being in Forefront of Adoption of IoT, Wearable Technology to Drive Growth of 5G Market
11.2.2 Canada
11.2.2.1 Adoption of Advanced Technologies, Particularly Forthcoming 5G and the Proliferating IoT, to Rise in Canada
11.2.3 Mexico
11.2.3.1 Mexico to Exhibit Highest Growth in North American 5G Infrastructure Market During 2019–2027
11.3 Europe
11.3.1 UK
11.3.1.1 UK Government is Heavily Investing in 5G Infrastructure for Quick Deployment of 5G Networks in Various Parts of Europe
11.3.2 Germany
11.3.2.1 Germany is Powerhouse of Industrial and Automobile Electronics Manufacturing Within Europe
11.3.3 France
11.3.3.1 IoT Would Catalyze 5G Market in France as IoT Implementation Requires Large Number of Interconnected and Communicating Devices
11.3.4 Italy
11.3.4.1 IoT Italian 5G Infrastructure Market Growth Will Be Propelled By Heavy Investments in Establishing High-Speed and Robust Networks
11.3.5 Rest of Europe
11.3.5.1 Advanced Network Equipment That Can Establish Seamless Connectivity Plays A Vital Role in Automation
11.4 APAC
11.4.1 China
11.4.1.1 China is Among Fast-Growing Economies Involved in 5G Network Infrastructure Development
11.4.2 Japan
11.4.2.1 Companies in Japan have Made Significant Investments in R&D to Gain Competitive Edge in the Market
11.4.3 South Korea
11.4.3.1 South Korea is Home to Various Large-Scale Manufacturing Companies Operating in Semiconductor Displays, Transport, and Logistics Verticals
11.4.4 India
11.4.4.1 Widespread Proliferation of Broadband Connectivity and Penetration of Advanced Technologies Across Indian Organizations to Drive Demand for 5G Network in India
11.4.5 Rest of APAC
11.4.5.1 Countries Such as Singapore and Australia are Likely to Launch 5G Networks Because of Active Participation of Government Bodies
11.5 RoW
11.5.1 Middle East and Africa
11.5.1.1 Companies Conduct Research on 5G and M2M Communication Technologies for IoT and Smart City Applications, Which Would Surge Demand for 5G Networks
11.5.2 South America
11.5.2.1 Growing Internet Users in South America to Drive Growth of 5G Infrastructure Market
12 Competitive Landscape (Page No. – 133)
12.1 Overview
12.2 Market Ranking Analysis, 2019
12.3 Competitive Situation and Trends
12.3.1 Partnerships, Collaborations, and Agreements
12.3.2 Product Launches
12.3.3 Expansions
12.3.4 Acquisitions
12.4 Competitive Leadership Mapping
12.4.1 Visionary Leaders
12.4.2 Innovators
12.4.3 Dynamic Differentiators
12.4.4 Emerging Companies
13 Company Profiles (Page No. – 151)
13.1 Key Players
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View)*
13.1.1 Ericsson
13.1.2 Huawei
13.1.3 Nokia Networks
13.1.4 Samsung
13.1.5 ZTE
13.1.6 NEC
13.1.7 Cisco
13.1.8 Commscope
13.1.9 Comba Telecom Systems
13.1.10 Alpha Networks
13.1.11 Siklu Communication
13.1.12 Mavenir
* Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
13.2 Other Key Players
13.2.1 Airspan Networks
13.2.2 VMware
13.2.3 Extreme Networks
13.2.4 American Tower
13.2.5 Fujitsu
13.2.6 Verizon Communications
13.2.7 AT&T
13.2.8 SK Telecom
13.2.9 T-Mobile
13.2.10 Hewlett Packard Enterprise
13.2.11 Korea Telecom
13.2.12 China Mobile
14 Appendix (Page No. – 203)
14.1 Insights of Industry Experts
14.2 Discussion Guide
14.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
14.4 Available Customizations
14.5 Related Report
14.6 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】5Gインフラストラクチャの世界市場予測(~2027年)
【発行日】2019年10月22日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】SE 4515
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】半導体&電子
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
5Gインフラストラクチャの世界市場予測(~2027年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 次世代シーケンシングの世界市場分析:用途別(HLA検査、出生前検査、腫瘍学、特発性および感染症)、技術別(全ゲノム配列、全エクソーム配列、標的配列決定および再配列)、ワークフロー別(NGSプレシーケンシング、NGSシーケンシング、NGSデータ解析)、セグメント予測
    本調査レポートでは、次世代シーケンシングの世界市場について調査・分析し、次世代シーケンシングの世界市場動向、次世代シーケンシングの世界市場規模、市場予測、セグメント別次世代シーケンシング市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 漂白土の世界市場2017-2021:食用油・油脂、鉱油・潤滑油、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、漂白土の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、漂白土の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は漂白土の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.21%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はAMCOL Minerals Europe、Ashapura Group、BASF、Clariant、Musim Mas Holdings、Oil-Dri Corporation of America、Taiko Group of Companies等です。
  • PR(広報)の世界市場:印刷媒体、テレビ、企業ウェブサイト/プレスリリース、インフルエンサー・マーケティング、ソーシャルメディア、イベント
    当調査レポートでは、PR(広報)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、PR(広報)の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の角度エンコーダ市場2015
    本調査レポートでは、世界の角度エンコーダ市場2015について調査・分析し、角度エンコーダの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のスマートエアコンディショニング(空気調和)市場規模・予測2017-2025:湿度制御、温度制御
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のスマートエアコンディショニング(空気調和)市場について調査・分析し、世界のスマートエアコンディショニング(空気調和)市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のスマートエアコンディショニング(空気調和)関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 民間航空機向けビデオ監視システムの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、民間航空機向けビデオ監視システムの世界市場について調査・分析し、民間航空機向けビデオ監視システムの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 民間航空機向けビデオ監視システムの世界市場:市場動向分析 - 民間航空機向けビデオ監視システムの世界市場:競争要因分析 - 民間航空機向けビデオ監視システムの世界市場:航空機の種類別 ・ナローボディ航空機 ・ワイドボディ航空機 ・超大型機 ・ビジネスジェット ・リージョナル輸送機 - 民間航空機向けビデオ監視システムの世界市場:システムタイプ別 ・キャビン監視システム(CSC) ・コックピットドア監視システム(CDSS) ・陸上操縦カメラシステム ・航空安全カメラシステム ・環境カメラシステム - 民間航空機向けビデオ監視システムの世界市場:主要地域別分析 - 民間航空機向けビデオ監視システムの北米市場規模(アメリカ市場等) - 民間航空機向けビデオ監視システムのヨーロッパ市場規模 - 民間航空機向けビデオ監視システムのアジア市場規模(日本市場、中国 …
  • ニューロモーフィックコンピューターの世界市場:用途別(信号処理、画像処理、データ処理、オブジェクト検出)、最終用途別、地域別、セグメント予測
    本調査レポートでは、ニューロモーフィックコンピューターの世界市場について調査・分析し、ニューロモーフィックコンピューターの世界市場動向、ニューロモーフィックコンピューターの世界市場規模、市場予測、セグメント別ニューロモーフィックコンピューター市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • セルフタンニング製品の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、セルフタンニング製品の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、セルフタンニング製品市場規模、製品別(ローション、ジェル、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・セルフタンニング製品の世界市場概要 ・セルフタンニング製品の世界市場環境 ・セルフタンニング製品の世界市場動向 ・セルフタンニング製品の世界市場規模 ・セルフタンニング製品の世界市場:業界構造分析 ・セルフタンニング製品の世界市場:製品別(ローション、ジェル、その他) ・セルフタンニング製品の世界市場:地域別市場規模・分析 ・セルフタンニング製品の北米市場規模・予測 ・セルフタンニング製品のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・セルフタンニング製品のアジア太平洋市場規模・予測 ・セルフタンニング製品の主要国分析 ・セルフタンニング製品の世界市場:意思決定フレームワーク ・セルフタンニング製品の世界市場:成長要因、課題 ・セルフタンニング製品の世界 …
  • 中国のPID市場2015
    本調査レポートでは、中国のPID市場2015について調査・分析し、PIDの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 医療用電子機器の世界市場予測(~2025年)
    当調査レポートでは、医療用電子機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、コンポーネント別(センサー、MCU / MPU、ディスプレイ、メモリデバイス、バッテリー)分析、用途別(患者モニタリング、画像診断、医療用インプラント)分析、製品別(侵襲的、非侵襲的)分析、医療用電子機器の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、医療用電子機器の世界市場規模が2019年51億ドルから2025年66億ドルまで年平均4.6%成長すると予測しています。
  • HVACフィルターの世界市場予測(~2024年)
    MarketsandMarkets社は、HVACフィルターの世界市場規模が2019年60億ドルから2024年77億ドルまで年平均5.1%成長すると予測しています。当調査レポートでは、HVACフィルターの世界市場について調査・分析し、市場概要、システム別(ヒートポンプ、ルーフトップユニット、地熱ヒートポンプ、パッケージエアコン、スプリットシステムHVAC、ダクトレスシステム、ハイブリッドHVACシステム)分析、材料別(合成ポリマー、ファイバーグラス、カーボン、金属)分析、技術別(静電沈殿剤、HEPA、活性炭、その他)分析、エンドユーズ産業別(建築&建設、医薬品、食品&飲料、自動車、その他)分析、地域別(アジア太平洋、北米、ヨーロッパなど)分析、競合環境、企業概要、付録などを含め次の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・HVACフィルターの世界市場:システム別(ヒートポンプ、ルーフトップユニット、地熱ヒートポンプ、パッケージエアコン、スプリットシステムHVAC、ダクトレスシステム、ハイブリッドHVACシステ …
  • 産業制御及びファクトリーオートメーション(FA)の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、産業制御及びファクトリーオートメーション(FA)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、技術別分析、構成要素別分析、産業別分析、地域別分析、産業制御及びファクトリーオートメーション(FA)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 病院用ベッドの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、病院用ベッドの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、病院用ベッドの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • アルメニアの抵抗器市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 自動車用シートベルトプリテンショナーの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、自動車用シートベルトプリテンショナーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用シートベルトプリテンショナー市場規模、用途別(乗用車、商用車)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自動車用シートベルトプリテンショナーの世界市場概要 ・自動車用シートベルトプリテンショナーの世界市場環境 ・自動車用シートベルトプリテンショナーの世界市場動向 ・自動車用シートベルトプリテンショナーの世界市場規模 ・自動車用シートベルトプリテンショナーの世界市場:業界構造分析 ・自動車用シートベルトプリテンショナーの世界市場:用途別(乗用車、商用車) ・自動車用シートベルトプリテンショナーの世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動車用シートベルトプリテンショナーの北米市場規模・予測 ・自動車用シートベルトプリテンショナーのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・自動車用シートベルトプリテンショナーのアジア太平洋市場規模・予測 ・自 …
  • 世界のマンガン鉱石市場2015
    本調査レポートでは、世界のマンガン鉱石市場2015について調査・分析し、マンガン鉱石の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、地域別生産規模分析、販売チャネル分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ハイブリッド電源装置の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、ハイブリッド電源装置の世界市場について調べ、ハイブリッド電源装置の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ハイブリッド電源装置の市場規模をセグメンテーション別(技術別(ソーラーディーゼル、太陽風ディーゼル、ウィンドディーゼル、その他)、エンドユーザー別(非家庭用、家庭用)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ・中東・アフリカ(EMEA))に分けて算出しました。Technavio社はハイブリッド電源装置の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均8%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・ハイブリッド電源装置の市場状況 ・ハイブリッド電源装置の市場規模 ・ハイブリッド電源装置の市場予測 ・ハイブリッド電源装置の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:技術別(ソーラーディーゼル、太陽風ディーゼル、ウィンドディーゼル、その他) ・市場セグメンテーション:エンドユーザー別(非家庭用、家庭用) ・ハイブリッド電源装置の顧客状況 ・主要地域別市場 …
  • 口内乾燥症(Xerostomia):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における口内乾燥症(Xerostomia)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、口内乾燥症(Xerostomia)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・口内乾燥症(Xerostomia)の概要 ・口内乾燥症(Xerostomia)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の口内乾燥症(Xerostomia)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・口内乾燥症(Xerostomia)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・口 …
  • PT検査の世界市場:市場予測、技術、競争戦略
  • 避妊スポンジの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、避妊スポンジの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、避妊スポンジの世界市場規模及び予測、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • プリンテッドエレクトロニクスの世界市場予測:材料、印刷技術、機器(センサ、ディスプレイ、電池、RFID、照明、光電池)
    当調査レポートでは、プリンテッドエレクトロニクスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、材料別分析、技術別分析、機器別分析、地域別分析、プリンテッドエレクトロニクスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • イメージセンサの世界市場分析および予測:CMOSイメージセンサー、CCDイメージセンサー
  • 世界のX線装置開発動向:医療機器パイプライン分析2015
    当調査レポートでは、X線装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・X線装置の概要 ・X線装置の開発動向:開発段階別分析 ・X線装置の開発動向:セグメント別分析 ・X線装置の開発動向:領域別分析 ・X線装置の開発動向:規制Path別分析 ・X線装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別X線装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・X線装置の最近動向
  • キサンチン酸化物阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるキサンチン酸化物阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・キサンチン酸化物阻害剤の概要 ・キサンチン酸化物阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のキサンチン酸化物阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・キサンチン酸化物阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・キサンチン酸化物阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界の微結晶セルロース(MCC)市場:用途別(食品および飲料、医薬品、化粧品およびパーソナルケア)、原料由来別(木材ベース、非木材ベース)、地域別
    MarketsandMarkets社は、微結晶セルロース(MCC)の世界市場規模が2019年938百万ドルから2024年1315百万ドルまで年平均7.0%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界の微結晶セルロース(MCC)市場を広く調査・分析し、市場概要、由来別(木材ベース、非木材ベース)分析、用途別(食品&飲料、医薬品、化粧品、パーソナルケア、その他)分析、地域分析、競合動向、企業概要などで取りまとめております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界の微結晶セルロース(MCC)市場:由来別(木材ベース、非木材ベース) ・世界の微結晶セルロース(MCC)市場:用途別(食品&飲料、医薬品、化粧品、パーソナルケア、その他) ・地域分析 ・競合動向 ・企業概要
  • 淋病検査の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、淋病検査の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、淋病検査の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、コスト分析、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 法執行機関向けソフトウェアの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、法執行機関向けソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、コンポーネント別分析、ソリューション別(コンピューター支援ディスパッチ、ケース管理、インシデントレスポンス)分析、サービス別(実装、コンサルティング、トレーニング・サポート)分析、導入タイプ別分析、法執行機関向けソフトウェアの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ニコチンガムの世界市場予測(~2020)
  • フレキシブルパイプ絶縁の世界市場予測(~2021年):繊維ガラス、エラストマー、エアロゲル、架橋ポリエチレン
    当調査レポートでは、フレキシブルパイプ絶縁の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、材料別分析、絶縁タイプ別分析、地域別分析、フレキシブルパイプ絶縁の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • トール様受容体7アゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるトール様受容体7アゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・トール様受容体7アゴニストの概要 ・トール様受容体7アゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のトール様受容体7アゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・トール様受容体7アゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・トール様受容体7アゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • スペインの肩関節置換処置動向(~2021)
  • 外用鼻腔拡張テープの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、外用鼻腔拡張テープの世界市場について調査・分析し、外用鼻腔拡張テープの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別外用鼻腔拡張テープシェア、市場規模推移、市場規模予測、外用鼻腔拡張テープ種類別分析(成人用、子供用)、外用鼻腔拡張テープ用途別分析(鼻詰まり、いびき、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・外用鼻腔拡張テープの市場概観 ・外用鼻腔拡張テープのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・外用鼻腔拡張テープのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・外用鼻腔拡張テープの世界市場規模 ・外用鼻腔拡張テープの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・外用鼻腔拡張テープのアメリカ市場規模推移 ・外用鼻腔拡張テープのカナダ市場規模推移 ・外用鼻腔拡張テープのメキシコ市場規模推移 ・外用鼻腔拡張テープのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・外用鼻腔拡張テープのドイツ市場規模推移 ・外用鼻腔拡張テープのイギリス市場規模推移 ・外用鼻腔拡張 …
  • プロバイオティクス飲料の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、プロバイオティクス飲料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、プロバイオティクス飲料の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 次世代シーケンシングの世界市場分析:タイプ別(シングルチャンバー、マルチチャンバー)、材料別(エチレンビニルアセテート、ポリプロピレン、コポリエステルエーテル)、内容別、(凍結混合物、液体混合物)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、次世代シーケンシングの世界市場について調査・分析し、次世代シーケンシングの世界市場動向、次世代シーケンシングの世界市場規模、市場予測、セグメント別次世代シーケンシング市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ヘルスケアにおけるバーチャルアシスタントの世界市場予測(~2024年)
    ヘルスケアにおけるバーチャルアシスタントの世界市場は、2019年の3億9,100万米ドルから2024年には17億2,900万米ドルに達し、この期間中34.6%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、スマートフォンユーザー数の増加とヘルスケアアプリケーションの使用の増加、質の高いヘルスケアに対する需要の高まり、および慢性疾患の蔓延が考えられます。一方で、ヘルスケア業界における構造化データの欠如とデータのプライバシーに関する懸念により、市場の成長はある程度抑制されることが予想されます。当調査レポートでは、ヘルスケアにおけるバーチャルアシスタントの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品(チャットボット、スマートスピーカー)分析、ユーザーインターフェイス(自動音声認識、テキストベース、テキスト音声合成ベース)分析、エンドユーザー(医療提供者、患者、保険者)分析、ヘルスケアにおけるバーチャルアシスタントの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • イギリスの血栓管理装置市場(~2021)
  • 整形外科用医療画像の世界市場2017-2021:X線システム、CTスキャナ、MRIスキャナ、超音波システム、核撮像システム
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、整形外科用医療画像の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、整形外科用医療画像の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は整形外科用医療画像の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.35%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、GE Healthcare、Hitachi、Philips Healthcare、Siemens Healthineers、Toshiba Medical Systems等です。
  • 性的健康増強の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、性的健康増強の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、性的健康増強の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は性的健康増強の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.89%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Ansell• Church & Dwight• Reckitt Benckiser• Doc Johnson等です。
  • 世界のマッサージ枕市場2015
    本調査レポートでは、世界のマッサージ枕市場2015について調査・分析し、マッサージ枕の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の脱穀機市場2015
    本調査レポートでは、世界の脱穀機市場2015について調査・分析し、脱穀機の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • パッケージングフォーム(包装用発泡体)の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、パッケージングフォーム(包装用発泡体)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、材料別分析、サービス別分析、地域別分析、パッケージングフォーム(包装用発泡体)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 消泡剤の世界市場
    当調査レポートでは、消泡剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、消泡剤の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • プロセス製造むけ産業制御の世界市場
    当調査レポートでは、プロセス製造むけ産業制御の世界市場について調査・分析し、プロセス製造むけ産業制御の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 世界のソルビン酸市場2015
    本調査レポートでは、世界のソルビン酸市場2015について調査・分析し、ソルビン酸の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 改質ビチューメンの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、改質ビチューメンの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、改質ビチューメン市場規模、用途別(道路建設、建物建設、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、BITUMINA HI-TECH PAVEMENT BINDERS, Exxon Mobil Corporation, Gazprom Neft, Gulf Petrochem, Nynas, Owens Corning, Rosneft, Shell International, Strukton, Totalなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・改質ビチューメンの世界市場概要 ・改質ビチューメンの世界市場環境 ・改質ビチューメンの世界市場動向 ・改質ビチューメンの世界市場規模 ・改質ビチューメンの世界市場:業界構造分析 ・改質ビチューメンの世界市場:用途別(道路建設、建物建設、その他) ・改質ビチューメンの世界市場:地域別市場規模・分析 ・改質ビチューメンの北米市 …
  • 中国のフォトマスク市場2015
    本調査レポートでは、中国のフォトマスク市場2015について調査・分析し、フォトマスクの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • コンバイン収穫機の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、コンバイン収穫機の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、コンバイン収穫機市場規模、馬力別(300HP超、100-300HP、100HP未満)分析、製品別(動力取出式、自己推進式、トラクター牽引式)分析、流通経路別(オンライン販売、オフライン店舗)分析、用途別(米の収穫、大豆の収穫、小麦の収穫、その他)分析、クラス別(クラス4・5、クラス6、クラス7、クラス8、クラス9・10)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ コンバイン収穫機の世界市場:市場動向分析 ・ コンバイン収穫機の世界市場:競争要因分析 ・ コンバイン収穫機の世界市場:馬力別(300HP超、100-300HP、100HP未満) ・ コンバイン収穫機の世界市場:製品別(動力取出式、自己推進式、トラクター牽引式) ・ コンバイン収穫機の世界市場:流通経路別(オンライン販売、オフライン店舗) ・ コンバイン収穫機の世界市場:用途別(米の収穫、大豆の収穫、小麦の収 …
  • 電力線搬送の世界市場:スマートグリッド、屋内ネットワーク、照明、M2M通信
    当調査レポートでは、電力線搬送の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電力線搬送の世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 半導体チップハンドラーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、半導体チップハンドラーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、半導体チップハンドラーの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 脳神経外科製品の世界市場:製品別(塞栓製品、脳神経外科用内視鏡、定位放射線照射装置、動脈瘤・AVMクリップ、シャント、その他)、地域別予測
    本資料は、脳神経外科製品の世界市場について調べ、脳神経外科製品の世界規模、市場動向、市場環境、製品別(塞栓製品、脳神経外科用内視鏡、定位放射線照射装置、動脈瘤・AVMクリップ、シャント、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・脳神経外科製品の世界市場概要 ・脳神経外科製品の世界市場環境 ・脳神経外科製品の世界市場動向 ・脳神経外科製品の世界市場規模 ・脳神経外科製品の世界市場規模:製品別(塞栓製品、脳神経外科用内視鏡、定位放射線照射装置、動脈瘤・AVMクリップ、シャント、その他) ・脳神経外科製品の世界市場:地域別市場規模・分析 ・脳神経外科製品の北米市場規模・予測 ・脳神経外科製品のアメリカ市場規模・予測 ・脳神経外科製品のヨーロッパ市場規模・予測 ・脳神経外科製品のアジア市場規模・予測 ・脳神経外科製品の日本市場規模・予測 ・脳神経外科製品の中国市場規模・予測 ・関連企業情報
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"