"虹彩認識の世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:SE 3758)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"虹彩認識の世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Rising adoption of iris recognition technology by government organizations and surging demand for iris scanners in access control application drive market growthThe global iris recognition market size is expected to grow at a CAGR of 13.2% from 2019 to 2024, to reach USD 4.3 billion by 2024 from USD 2.3 billion in 2019. The rising adoption of iris recognition technology by government organizations for identification and authentication purposes and surging demand for iris scanners in access control applications are key driving factors of the iris recognition market growth. However, the fear of privacy intrusion and inconvenience, and the presence of various competing biometric technologies are a few of the factors hindering the growth of the iris recognition industry.

Identity management and access control application to dominate the iris recognition market share, in terms of size, during the forecast period
The market, by application, is segmented into identity management and access control, time monitoring, and e-payment. Iris recognition for identity management and access control application is expected to hold a dominant position throughout the forecast period. For various biometric requirements across the world, such as national ID documents, border control programs, travel & immigration formalities, and election administration, iris recognition systems are being deployed for identity management and access control purposes.

The government vertical to hold the largest share of iris recognition market from 2019 to 2024
In terms of market size, the government vertical is expected to dominate the iris recognition industry during the forecast period and is likely to witness significant growth in the said market during the forecast period. Demand for biometric technologies, especially fingerprint, face, and iris recognition technologies in the government sector, has increased considerably in recent years. In the government sector, iris recognition systems are used mainly for identification and authentication purposes, such as for issuing national IDs and for law enforcement. Biometric technologies, including iris recognition technology, are also used for election administration to reduce fake or bogus voting.

APAC to witness the highest growth in the market during the forecast period
APAC is expected to dominate the iris recognition market during the forecast period. APAC is the most attractive business destination for iris recognition products and solution providers due to the growing consumer electronics industry, especially the smartphone market in this region.

In the process of determining and verifying the market size for several segments and subsegments gathered through secondary research, extensive primary interviews have been conducted with key officials in the iris recognition industry. Following is the breakup of the profiles of primary participants for the report.
• By Company Type: Tier 1 – 35 %, Tier 2 – 45%, and Tier 3 – 20%
• By Designation: C-Level Executives – 35%, Managers – 25%, and Others – 40%
• By Region: Americas – 45%, Europe – 20%, APAC – 30%, and RoW – 5%
The report profiles key players in the iris recognition market and analyzes their market rankings. Players profiled in this report are Thales Group (France), IDEMIA (France), Iris ID (US), IriTech (US), HID Global (US), irisguard (UK), Princeton Identity (US), EyeLock (US), Secure Identity (US), Unisys (US), Aware (US), NEC Corporation (Japan), BioEnable Technologies (India), CMITech (South Korea), 4G Identity Solutions (India), Mantra Softech (India), BI² Technologies (US), Neurotechnology (Lithuania), EFG CZ spol. s r.o. (Czech Republic), and DERMALOG Identification Systems (Germany).

Research Coverage
This report segments the iris recognition market by component, product, application, vertical, and geography. It also describes major drivers, restraints, challenges, and opportunities pertaining to this market, as well as includes the value chain and market ranking analysis.

Reasons to Buy This Report
The report will help leaders/new entrants in the iris recognition market in the following ways:
1. The report segments the iris recognition industry comprehensively and provides the closest market size estimation for all subsegments across regions.
2. The report will help stakeholders understand the pulse of the market and provide them with information on key drivers, restraints, challenges, and opportunities pertaining to the iris recognition market.
3. The report will help stakeholders understand their competitors better and gain insights to improve their position in the iris recognition market. The competitive landscape section describes the competitor ecosystem.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"虹彩認識の世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 18)
1.1 Study Objectives
1.2 Market Definition
1.3 Study Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Geographic Scope
1.3.3 Years Considered
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 21)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.1.2.3 Breakdown of Primaries
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.2 Top-Down Approach
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Assumptions for Research Study
2.4.1 Specific Factors Considered While Estimating and Projecting Market Size
3 Executive Summary (Page No. – 29)
4 Premium Insights (Page No. – 33)
4.1 Attractive Growth Opportunities in Iris Recognition Market
4.2 Market, By Application
4.3 Iris Recognition Market in APAC, By Country and Vertical
4.4 Market, By Vertical
4.5 Iris Recognition Market, By Component
4.6 Market, By Country
5 Market Overview (Page No. – 37)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Rising Adoption of Iris Recognition Technology By Government Organizations for Identification and Authentication Purposes
5.2.1.2 Increasing Penetration Rate of Iris Recognition Technology in Consumer Electronics Industry Especially in Smartphones
5.2.1.3 Surging Demand for Iris Scanners in Access Control Application
5.2.1.4 Growing Use of Iris Recognition Technology in E-Passport Programs
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Fear of Privacy Intrusion and Inconvenience
5.2.2.2 Presence of Various Competing Biometric Technologies
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Penetration of Biometric Technologies in Automotive Industry
5.2.3.2 Integration of Cloud Computing With Iris Recognition Technology
5.2.3.3 Use of Iris Recognition Technology in E-Commerce
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Complexity of Integrating Iris Recognition Technology Into Conventional Identification Solutions
5.3 Value Chain Analysis
6 Iris Recognition Market, By Component (Page No. – 43)
6.1 Introduction
6.2 Hardware
6.2.1 Iris Camera is Most Critical Hardware Component of Iris Recognition System
6.3 Software
6.3.1 Software Segment to Continue to Hold Largest Size of Market During Forecast Period
7 Iris Recognition Market, By Product (Page No. – 52)
7.1 Introduction
7.2 Smartphones
7.2.1 Rising Penetration of Biometric Technologies in Smartphones Boosting Growth of Market for Smartphones
7.3 Wearables
7.3.1 Iris Recognition Technology Expected to Witness High Penetration in Smart Wearables
7.4 Tablets & Notebooks
7.4.1 Declining Shipment of Tablets to Negatively Impact Market for Tablets & Notebooks
7.5 Personal Computers/Laptops
7.5.1 Americas to Continue to Hold Largest Size of Market for Personal Computers/Laptops During Forecast Period
7.6 Scanners
7.6.1 Government Vertical to Witness Largest Size of Market for Scanners During Forecast Period
8 Iris Recognition Market, By Application (Page No. – 65)
8.1 Introduction
8.2 Identity Management and Access Control
8.2.1 Consumer Electronics Vertical is Driving Growth of Market for Identity Management and Access Control Application
8.3 Time Monitoring
8.3.1 Americas is Registering Largest Size of Market for Time Monitoring Application
8.4 E-Payment
8.4.1 Increasing Preference for Cashless Payments By Consumers Driving Growth of Market for E-Payment Application
9 Iris Recognition Market, By Vertical (Page No. – 76)
9.1 Introduction
9.2 Government
9.2.1 APAC Region Witnessing Highest Growth of Market for Government Vertical
9.3 Military & Defense
9.3.1 Identity Management and Access Control Application Dominates Iris Recognition Market for Military & Defense Vertical
9.4 Healthcare
9.4.1 Rise in Adoption of Biometrics for Applications Such as Patient Identification, Patient Security, and Staff Attendance Tracking Driving Growth of Market in Healthcare Vertical
9.5 Banking & Finance
9.5.1 Banking & Financial Institutes are Adopting Iris Recognition Systems to Tackle Critical Security Challenges
9.6 Consumer Electronics
9.6.1 Smartphone Industry Drives Growth of Market for Consumer Electronics Vertical
9.7 Travel & Immigration
9.7.1 Identity Management and Access Control Application Dominates Market for Travel & Immigration Vertical
9.8 Automotive
9.8.1 Europe Expected to Continue to Hold Largest Size of Market for Automotive Vertical During Forecast Period
9.9 Others
10 Geographic Analysis (Page No. – 89)
10.1 Introduction
10.2 Americas
10.2.1 US
10.2.1.1 US Accounted for Largest Share of Market in Americas
10.2.2 Canada
10.2.2.1 Government, and Travel and Immigration are Two Key Verticals Generating High Demand for Iris Recognition Systems in Canada
10.2.3 Mexico
10.2.3.1 Need for Increasing Security is Driving Growth of Market in Mexico
10.2.4 Rest of Americas
10.3 Europe
10.3.1 UK
10.3.1.1 Government, and Travel and Immigration are Key Verticals in Market in UK
10.3.2 Germany
10.3.2.1 Automotive Vertical is Significant Contributor Toward Growth of Market in Germany
10.3.3 France
10.3.3.1 France to Witness Significant Growth in Market in Europe
10.3.4 Rest of Europe
10.4 APAC
10.4.1 China
10.4.1.1 China Dominates Iris Recognition Market in APAC
10.4.2 Japan
10.4.2.1 Focus on Improving Security Drives Growth of Market in Japan
10.4.3 India
10.4.3.1 India Presents Huge Opportunity for Market
10.4.4 South Korea
10.4.4.1 Consumer Electronics is Among Key Verticals Contributing Significantly Toward Growth of Market in South Korea
10.4.5 Rest of APAC
10.5 RoW
10.5.1 Middle East
10.5.1.1 Middle East Dominates Iris Recognition Market in RoW
10.5.2 Africa
10.5.2.1 Government Vertical is Major Contributor Toward Growth of Market in Africa
11 Competitive Landscape (Page No. – 118)
11.1 Overview
11.2 Market Ranking Analysis: Iris Recognition Market
11.3 Competitive Leadership Mapping
11.3.1 Visionary Leaders
11.3.2 Dynamic Differentiators
11.3.3 Innovators
11.3.4 Emerging Companies
11.4 Competitive Benchmarking
11.4.1 Strength of Product Portfolio (20 Players)
11.4.2 Business Strategy Excellence (20 Players)
11.5 Competitive Situations and Trends
11.5.1 Product Launches and Developments
11.5.2 Expansions and Acquisitions
11.5.3 Partnerships and Agreements
12 Company Profiles (Page No. – 126)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View)*
12.1 Key Players
12.1.1 Thales Group
12.1.2 Idemia
12.1.3 HID Global
12.1.4 Iris ID
12.1.5 Iritech
12.1.6 Irisguard
12.1.7 Eyelock
12.1.8 NEC Corporation
12.1.9 Princeton Identity
12.1.10 Cmitech
12.2 Other Companies
12.2.1 Bioenable Technologies
12.2.2 Secure Identity
12.2.3 4G Identity Solutions
12.2.4 Bi² Technologies
12.2.5 Mantra Softech
12.2.6 Aware
12.2.7 Unisys
12.2.8 Neurotechnology
12.2.9 Efg Cz Spol. S R. O.
12.2.10 Dermalog Identification Systems
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
13 Appendix (Page No. – 151)
13.1 Insights of Industry Experts
13.2 Discussion Guide
13.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.4 Available Customizations
13.5 Related Reports
13.6 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】虹彩認識の世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年10月22日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】SE 3758
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】半導体&電子
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
虹彩認識の世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • デジタル印刷包装の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、デジタル印刷包装の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、デジタル印刷包装市場規模、印刷インク別(水性インク、UVインク、油性インク、その他)分析、印刷技術別(電子写真・静電印刷技術、インクジェット印刷技術、熱転写印刷技術、マグネトグラフィー、トナー印刷、その他)分析、形状別(フルカラー印刷、大判カラー印刷、変数データ印刷、その他)分析、包装種類別(波形、フレキシブル包装、折り畳み式段ボール箱、ラベル、金属包装、その他)分析、用途別(箱、缶、瓶、袋・小袋、フィルム・ラップ、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ デジタル印刷包装の世界市場:市場動向分析 ・ デジタル印刷包装の世界市場:競争要因分析 ・ デジタル印刷包装の世界市場:印刷インク別(水性インク、UVインク、油性インク、その他) ・ デジタル印刷包装の世界市場:印刷技術別(電子写真・静電印刷技術、インクジェット印刷技術、熱転写印刷技術、マグネトグラフィー …
  • 痛風性関節炎(痛風)(Gouty Arthritis (Gout)):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、痛風性関節炎(痛風)(Gouty Arthritis (Gout))治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・痛風性関節炎(痛風)(Gouty Arthritis (Gout)):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・痛風性関節炎(痛風)(Gouty Arthritis (Gout))のフェーズ3治験薬の状況 ・痛風性関節炎(痛風)(Gouty Arthritis (Gout))治療薬の市場規模(販売予測) ・痛風性関節炎(痛風)(Gouty Arthritis (Gout))の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・痛風性関節炎(痛風)(Gouty Arthritis (Gout))のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の痛風性関節炎(痛風)(Gouty Arthritis (Gout))治療薬剤
  • ホスフィン燻蒸剤の世界市場予測(~2022年):リン化アルミニウム、リン化マグネシウム、リン化カルシウム
    当調査レポートでは、ホスフィン燻蒸剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、用途別分析、形状別分析、地域別分析、ホスフィン燻蒸剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 酒さ(Rosacea):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における酒さ(Rosacea)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、酒さ(Rosacea)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・酒さ(Rosacea)の概要 ・酒さ(Rosacea)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の酒さ(Rosacea)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・酒さ(Rosacea)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・酒さ(Rosacea)治療薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 塗料用添加剤の世界市場2017-2021:建築、工業、木材・家具、自動車、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、塗料用添加剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、塗料用添加剤の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は塗料用添加剤の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.12%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はAkzo Nobel、Arkema、Ashland、BASF、The Dow Chemical等です。
  • メカニカルキーボードの世界市場ー産業および機会分析ー2016-2026
  • 落下防止装置の世界市場
    当調査レポートでは、落下防止装置の世界市場について調査・分析し、落下防止装置の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • ヘルニア用メッシュデバイスの世界市場:鼠径ヘルニア、 瘢痕ヘルニア、大腿ヘルニア、へそヘルニア
    当調査レポートでは、ヘルニア用メッシュデバイスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、ヘルニア種類別分析、製品種類別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のターンテーブル市場2015
    本調査レポートでは、世界のターンテーブル市場2015について調査・分析し、ターンテーブルの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ホワイトボックスサーバーの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ホワイトボックスサーバーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ホワイトボックスサーバー市場規模、エンドユーザー別(データセンター、中小企業・大企業)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ホワイトボックスサーバーの世界市場概要 ・ホワイトボックスサーバーの世界市場環境 ・ホワイトボックスサーバーの世界市場動向 ・ホワイトボックスサーバーの世界市場規模 ・ホワイトボックスサーバーの世界市場:業界構造分析 ・ホワイトボックスサーバーの世界市場:エンドユーザー別(データセンター、中小企業・大企業) ・ホワイトボックスサーバーの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ホワイトボックスサーバーの北米市場規模・予測 ・ホワイトボックスサーバーのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・ホワイトボックスサーバーのアジア太平洋市場規模・予測 ・ホワイトボックスサーバーの主要国分析 ・ホワイトボックスサーバーの世界市場:意思決定フレー …
  • ジェネリック医薬品の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ジェネリック医薬品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ジェネリック医薬品の世界市場規模及び予測、カテゴリー別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 農業用微量栄養素の世界市場予測(~2022年):亜鉛、ホウ素、銅、マンガン、モリブデン、鉄
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、農業用微量栄養素の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、用途別分析、形状別分析、地域別分析、農業用微量栄養素の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ベーキング成分(ベーカリー&シリアル)の北米市場:市場規模、成長、予測分析
  • ブラジルのIVD(体外診断用医療機器)市場(~2021)
  • ワイヤーラインサービスの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、ワイヤーラインサービスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ワイヤーラインサービス市場規模、サービス別(チュービングコンベイドパーフォレーションサービス、設定サービス、ポンプダウンサービス、プラグ・穴あけサービス、パイプリカバリサービス、セメントボンドロギングサービス、ケーシング検査サービス、ケースドホールログサービス)分析、技術別(E-ライン、スリックライン、潤滑剤、その他)分析、用途別(抗井検層、抗井仕上げ、抗井介入、回収、オフショア、オンショア、その他)分析、ツール別(原子力関連ツール、ケースドホールEラインツール、ボアホール式震探査ツール、ナチュラルガンマ線ツール、核磁気共鳴装置、抵抗関連ツール、音波・超音波関連ツール) 分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ ワイヤーラインサービスの世界市場:市場動向分析 ・ ワイヤーラインサービスの世界市場:競争要因分析 ・ ワイヤーラインサービスの世界市場:サービス別( …
  • 自動車用エアフィルターの世界市場分析:製品別(吸気、キャビン)、用途別(乗用車、軽・大型商用車)、エンドユーザー別(OEM、アフターマーケット)、セグメント予測
    本調査レポートでは、自動車用エアフィルターの世界市場について調査・分析し、自動車用エアフィルターの世界市場動向、自動車用エアフィルターの世界市場規模、市場予測、セグメント別自動車用エアフィルター市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 上皮性腫瘍(Epithelial Tumor):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における上皮性腫瘍(Epithelial Tumor)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、上皮性腫瘍(Epithelial Tumor)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・上皮性腫瘍(Epithelial Tumor)の概要 ・上皮性腫瘍(Epithelial Tumor)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の上皮性腫瘍(Epithelial Tumor)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・上皮性腫瘍(Epithelial Tumor)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子 …
  • マイクロカプセル化の世界市場の予測&動向分析:用途別(医薬品、家庭用製品、農薬、食品添加物、相変化材料)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、RoW)、セグメント予測、2014 – 2025
    本調査レポートでは、マイクロカプセル化の世界市場について調査・分析し、マイクロカプセル化の世界市場動向、マイクロカプセル化の世界市場規模、市場予測、セグメント別マイクロカプセル化市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • コグニティブコラボレーションの世界市場予測(~2024年)
    MarketsandMarkets社は、コグニティブコラボレーションの世界市場規模が2019年983百万ドルから2024年1160百万ドルまで年平均11.0%成長すると予測しています。当調査レポートでは、コグニティブコラボレーションの世界市場について調査・分析し、市場概要&業界動向、コンポーネント別(ソリューション、サービス)分析、応用分野別(データ分析、顔認識、ソーシャルメディア支援)分析、展開モード別(クラウド、オンプレミス)分析、組織規模別(中小企業、大企業)分析、業種別(IT&テレコム、エネルギー&ユーティリティ、銀行、金融サービス、保険、教育、ヘルスケア、小売、その他)分析、地域別(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋など)分析、競合環境、企業概要、付録などを含め次の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要&業界動向 ・コグニティブコラボレーションの世界市場:コンポーネント別(ソリューション、サービス) ・コグニティブコラボレーションの世界市場:応用分野別(データ分析、顔認識、ソーシャルメディア支援) ・ …
  • 高分子分散剤の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、高分子分散剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、樹脂種類別分析、用途別分析、地域別分析、高分子分散剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 東南アジア(SEA)の位置情報プラットフォーム市場2016-2020
    当調査レポートでは、東南アジア(SEA)の位置情報プラットフォーム市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、東南アジア(SEA)の位置情報プラットフォーム市場規模及び予測、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • アメリカのブラインド及びシェード市場2016-2020
    当調査レポートでは、アメリカのブラインド及びシェード市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アメリカのブラインド及びシェード市場規模及び予測、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の次世代水晶発振器市場
  • 配電産業向け電気機器の世界市場:スイッチギヤ、電力ケーブル、配電変圧器、スマートメーター
    当調査レポートでは、配電産業向け電気機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、配電産業向け電気機器の世界市場規模及び予測、機器種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 高周波アブレーションデバイスの世界市場:製品別(使い捨て型、資本型、再利用可能型)、用途別、地域別、セグメント予測
    本調査レポートでは、高周波アブレーションデバイスの世界市場について調査・分析し、高周波アブレーションデバイスの世界市場動向、高周波アブレーションデバイスの世界市場規模、市場予測、セグメント別高周波アブレーションデバイス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • オーストリアの外傷固定装置市場見通し
  • ノルウェーの関節鏡検査装置市場見通し
  • アルミニウム導体の世界市場2017-2021:AAC、AAAC、ACSR
    当調査レポートでは、アルミニウム導体の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アルミニウム導体の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 非ハニカムサンドウィッチパネル芯材料の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、非ハニカムサンドウィッチパネル芯材料の世界市場について調査・分析し、非ハニカムサンドウィッチパネル芯材料の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 非ハニカムサンドウィッチパネル芯材料の世界市場:市場動向分析 - 非ハニカムサンドウィッチパネル芯材料の世界市場:競争要因分析 - 非ハニカムサンドウィッチパネル芯材料の世界市場:材料別 バルサ材 発砲樹脂 低密度発砲樹脂 高密度発砲樹脂 - 非ハニカムサンドウィッチパネル芯材料の世界市場:垂直市場別 宇宙航空系 建設業 海洋業 運送業 風力発電 その他 - 非ハニカムサンドウィッチパネル芯材料の世界市場:主要地域別分析 - 非ハニカムサンドウィッチパネル芯材料の北米市場規模(アメリカ市場等) - 非ハニカムサンドウィッチパネル芯材料のヨーロッパ市場規模 - 非ハニカムサンドウィッチパネル芯材料のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・非ハニカムサンドウィッチパネル芯材料の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • アザミウマ用バイオ殺虫剤の世界市場:液剤、水分散性顆粒剤、水和剤、ペレット
    当調査レポートでは、アザミウマ用バイオ殺虫剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、作物別分析、剤型別分析、有効成分別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 産業用通信の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、産業用通信の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用通信の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 電子情報開示(eディスカバリ)の世界市場の見通し
    当調査レポートでは、電子情報開示(eディスカバリ)の世界市場について調査・分析し、電子情報開示(eディスカバリ)の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 電子情報開示(eディスカバリ)の世界市場:市場動向分析 - 電子情報開示(eディスカバリ)の世界市場:競争要因分析 - 電子情報開示(eディスカバリ)の世界市場:産業別 ・銀行・金融サービス・保険(BFSI) ・防衛 ・エネルギー・ユーティリティ ・政府 ・医療 ・IT・通信 ・法務 ・メディア・エンターテイメント ・輸送・物流 ・旅行・サービス業 ・その他 - 電子情報開示(eディスカバリ)の世界市場:ソリューション別 ・データ処理 ・データ作成 ・訴訟案件の早期評価査定(ECA) ・訴訟ホールド ・テクノロジー支援型レビュー(TAR) - 電子情報開示(eディスカバリ)の世界市場:サービスタイプ別 ・コンサルティング ・執行 ・マネージドサービス ・トレーニング・サポート - 電子情報開示(eディスカバリ)の世界市場:導入形態別 ・ソフトウェア ・ソ …
  • 食品容器の世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、食品容器の世界市場について調査・分析し、食品容器の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 食品容器の世界市場:市場動向分析 - 食品容器の世界市場:競争要因分析 - 食品容器の世界市場:形状別 ・長方形 ・丸型 ・正方形 - 食品容器の世界市場:製品別 ・板紙箱・大型容器 ・バッグ・小袋 ・ガラス ・製粉製品 ・プラスチック ・金属 - 食品容器の世界市場:用途別 ・飲料 ・乾燥食品 ・即席食品 ・焼いた食品 ・缶詰食品 ・スナック食品 ・乳製品 ・冷凍特産品 ・果物と野菜 ・インスタント食品 ・肉,魚,鶏肉 ・飴と菓子 ・冷蔵・冷凍食品 ・製粉製品 ・ソース,ドレッシング,香辛料 ・その他 - 食品容器の世界市場:主要地域別分析 - 食品容器の北米市場規模(アメリカ市場等) - 食品容器のヨーロッパ市場規模 - 食品容器のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・食品容器の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 露天採掘機の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、露天採掘機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、露天採掘機の世界市場規模及び予測、用途別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は露天採掘機の世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.24%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Atlas Copco、Caterpillar、Komatsu、LARSEN & TOUBRO、Sandvik等です。
  • 水ポンプの世界市場予測:遠心水ポンプ、容積型水ポンプ
  • アクリル酸誘導体の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、アクリル酸誘導体の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、アクリル酸誘導体市場規模、製品種類別(アクリル酸エステル、アクリルポリマー、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・アクリル酸誘導体の世界市場概要 ・アクリル酸誘導体の世界市場環境 ・アクリル酸誘導体の世界市場動向 ・アクリル酸誘導体の世界市場規模 ・アクリル酸誘導体の世界市場:業界構造分析 ・アクリル酸誘導体の世界市場:製品種類別(アクリル酸エステル、アクリルポリマー、その他) ・アクリル酸誘導体の世界市場:地域別市場規模・分析 ・アクリル酸誘導体のアメリカ市場規模・予測 ・アクリル酸誘導体のヨーロッパ市場規模・予測 ・アクリル酸誘導体のアジア市場規模・予測 ・アクリル酸誘導体の主要国分析 ・アクリル酸誘導体の世界市場:意思決定フレームワーク ・アクリル酸誘導体の世界市場:成長要因、課題 ・アクリル酸誘導体の世界市場:競争環境 ・アクリル酸誘導体 …
  • ジンジャーエールの世界市場
    当調査レポートでは、ジンジャーエールの世界市場について調査・分析し、ジンジャーエールの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - ジンジャーエールの世界市場:市場動向分析 - ジンジャーエールの世界市場:競争要因分析 - ジンジャーエールの世界市場:製品別 ・ドライジンジャーエール ・ゴールデンジンジャーエール - ジンジャーエールの世界市場:流通経路別 ・専門店 ・スーパー/大型スーパー ・コンビニエンスストア ・その他 - ジンジャーエールの世界市場:主要地域別分析 - ジンジャーエールの北米市場規模(アメリカ市場等) - ジンジャーエールのヨーロッパ市場規模 - ジンジャーエールのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・ジンジャーエールの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 白金族金属の世界市場2017-2021:パラジウム、白金、ルテニウム
    当調査レポートでは、白金族金属の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、白金族金属の世界市場規模及び予測、用途別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • PACS(医用画像情報システム)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、PACS(医用画像情報システム)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、PACS(医用画像情報システム)の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ゴルフカートの世界市場:製品タイプ別(電気ゴルフカート、ガソリンゴルフカート、ソーラーゴルフカート)、用途別(ゴルフコース、パーソナルサービス、および商業サービス)
    当調査レポートでは、ゴルフカートの世界市場について調査・分析し、イントロダクション、エグゼクティブサマリ-、市場概要、製品タイプ別分析、用途別分析、地域別分析、企業概要などを含め以下の構成でお届けします。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・ゴルフカートの世界市場:製品タイプ別(電気ゴルフカート、ガソリンゴルフカート、ソーラーゴルフカート) ・ゴルフカートの世界市場:用途別(ゴルフコース、パーソナルサービス、および商業サービス) ・ゴルフカートの世界市場:地域別 ・企業概要
  • モバイルウォレットの世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、モバイルウォレットの世界市場について調査・分析し、モバイルウォレットの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - モバイルウォレットの世界市場:市場動向分析 - モバイルウォレットの世界市場:競争要因分析 - モバイルウォレットの世界市場:製品の種類別 ・遠隔 ・近接 - モバイルウォレットの世界市場:取引別 ・モバイルコマース ・振替 ・モバイルチケット ・モバイルクーポン ・マイクロペイメント ・その他 - モバイルウォレットの世界市場:用途別 ・娯楽 ・ショッピング ・ホテル予約 ・請求書の支払い ・鉄道,地下鉄,バスの切符 ・飛行機の切符と搭乗券 ・その他 - モバイルウォレットの世界市場:エンドユーザー別 ・移動体通信事業者 ・ハードウェアソリューション製造者 ・ソフトウェア開発者 ・コンテンツ・アプリケーションアグリゲーター ・モバイルウォレット利害関係者 ・OSS/BSSソリューション提供者 ・その他 - モバイルウォレットの世界市場:主要地域別分析 - モバイルウォレットの …
  • 自動車トルクベクタリング装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車トルクベクタリング装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車トルクベクタリング装置の世界市場規模及び予測、技術別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 創傷治療用生物製剤の世界市場:企業概要・規模・シェア・成長・動向・予測(~2025年)
    Data Bridgeが出版した本調査レポートでは、創傷治療用生物製剤の世界市場について調査・分析し、創傷治療用生物製剤の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、創傷治療用生物製剤市場規模、関連企業分析などを含め以下の構成でお届けいたします。
  • 超音波式NDT(非破壊試験)装置の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、超音波式NDT(非破壊試験)装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、超音波式NDT(非破壊試験)装置の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 眼科手術用装置および治療薬(アイケア)の世界市場
    Transparency Market Researchが調査・発行した当レポートは、眼科手術用装置および治療薬(アイケア)の世界市場について調べ、眼科手術用装置および治療薬(アイケア)の世界規模、市場動向、市場環境、製品タイプ別(治療薬、手術器具、ビジョンケア)分析、エンドユーザー別(病院、眼科クリニック、通院外科診療所)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめました。 ・序文・調査範囲・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・眼科手術用装置および治療薬(アイケア)の世界市場動向 ・眼科手術用装置および治療薬(アイケア)の世界市場環境 ・眼科手術用装置および治療薬(アイケア)の世界市場規模 ・眼科手術用装置および治療薬(アイケア)の世界市場規模:製品タイプ別(治療薬、手術器具、ビジョンケア) ・眼科手術用装置および治療薬(アイケア)の世界市場規模:エンドユーザー別(病院、眼科クリニック、通院外科診療所) ・眼科手術用装置および治療薬(アイケア)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・眼科手術用装置および治療薬(アイケア …
  • 航空機ブレーキ装置の世界市場予測(~2022年):センサー、変換器、アクチュエータ、弁、ブレーキ、ホイール
    当調査レポートでは、航空機ブレーキ装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、構成品別分析、フィット別分析、プラットフォーム別分析、地域別分析、航空機ブレーキ装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 積層鋼の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、積層鋼の世界市場について調査・分析し、積層鋼の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別積層鋼シェア、市場規模推移、市場規模予測、積層鋼種類別分析()、積層鋼用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・積層鋼の市場概観 ・積層鋼のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・積層鋼のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・積層鋼の世界市場規模 ・積層鋼の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・積層鋼のアメリカ市場規模推移 ・積層鋼のカナダ市場規模推移 ・積層鋼のメキシコ市場規模推移 ・積層鋼のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・積層鋼のドイツ市場規模推移 ・積層鋼のイギリス市場規模推移 ・積層鋼のロシア市場規模推移 ・積層鋼のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・積層鋼の日本市場規模推移 ・積層鋼の中国市場規模推移 ・積層鋼の韓国市場規模推移 ・積層鋼のインド市場規模推移 ・積層鋼の東南アジア市場規模推移 …
  • ゲノムバイオマーカーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ゲノムバイオマーカーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ゲノムバイオマーカーの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ポータブル輪荷重測定装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ポータブル輪荷重測定装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、ポータブル輪荷重測定装置の世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • 住宅用煙感知器の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、住宅用煙感知器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、住宅用煙感知器の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 住宅用煙感知器は、煙を検知した時大きな警報音を出す独立した感知器の事です。煙感知器は警報危機に接続されており、煙を検知したら大きな警告音で住人に警報を出すので、事故を防ぐことができます。Technavio社は住宅用煙感知器の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.44%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• BRK Brands• Hochiki America• Honeywell International• Kidde• Siemens等です。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"