"団体旅行のアジア太平洋市場:レジャー団体、特別利益団体、ハイエンド団体、インセンティブ旅行"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AMR9NV105)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"団体旅行のアジア太平洋市場:レジャー団体、特別利益団体、ハイエンド団体、インセンティブ旅行"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The Asia-Pacific group travel market size is expected to be valued at $ 689.5 billion by 2030, registering a CAGR of 6.0% from 2019 to 2030. According to UNWTO, Tourism is a social, cultural, and economic phenomenon, which entails movement of people across countries or places outside their usual environment for personal or professional purpose. Tourism sector has grown uninterrupted over the past years, becoming one of the fastest and largest-growing economic sectors around the world. International tourist arrivals have consistently grown over the years, from 25 million in 1950 to about 670 million in 2000 and reaching about a billion in 2012. In 2017s, international tourist arrivals grew by a remarkable 7%, recording a total arrival of about 1.3 billion. Furthermore, 2018 experienced an increase of international tourist arrivals for about 6% recording total arrivals of 1.4 billion tourists worldwide.
Group travel refers to the people travelling together in a group of two or more than two. Reservations for group travelers are often booked together during the course of their travel, which includes logistics, accommodation, and travelling. Moreover, traveling in a group is relatively more economical than traveling solo, as the costs incurred in meals, transits, activities, and accommodations are shared between the groups..
Nowadays, technology has become basic prerequisite to ensure multiple operations are carried out immaculately, and the tourism industry is no different. Technology has always remained cynosure for travel and hospitality industry. Technology is disrupting the established market with the advent of web-based booking and use of AI and IoT in operation optimizations. Technology-driven players such as online hotel aggregators and metasearch engines have heavily invested on big data analytics to make analytics-driven business decisions. Furthermore, use of Artificial Intelligence has been deployed in chatbots and virtual assistants to provide seamless customer experience. In addition, engaged stakeholders in the industry are driving their attention toward enhancement of mobile experience to provide uncluttered experience to the travelers while booking on their platforms.

Natural disasters and outbreak of life-threatening diseases severely affect the growth of the travel industry. Natural disasters such as hurricane, earthquake, and tsunami affect the number of people visiting such areas, as these natural calamities damage the public transportation systems, disrupts the natural beauty, culture, and economy for either a short or an extended period. In addition, regions hit by diseases such as swine flu and Zika virus have witnessed decline in tourism. Tourist have become more conscious in terms of the selection for the destinations they pursue with the increase in medical warnings and awareness about the affected areas. Such disasters hamper the growth of group tourism market
Segment review
The Asia-Pacific group travel market is segmented based on group type, sales channel, and country. Based on group type, the Asia-Pacific group travel market is studied across leisure group, special interest group, high end group, and incentive travel. Based on sales channel, the market is bifurcated into travel agencies and tour operators. To gain a comprehensive understanding, the market scenario is analyzed across key countries namely Thailand, Indonesia, Malaysia, Singapore, India, Philippines, China, Taiwan, Hong Kong, Japan, Korea, and rest of Asia-Pacific.
The key players profiled in the report for Asia-Pacific group travel market are EXO Travel, Thomas Cook (India) Limited, G2 Travel, Apollo Asia Travel Group (AATG), Destination Asia, Expedia, Inc. Miki Travel Limited, Trafalgar and ASIA DMC

KEY BENEFITS FOR STAKEHOLDERS
• The report provides an extensive analysis of the current and emerging market trends and opportunities in the global market.
• The report provides detailed qualitative and quantitative analysis of the current trends and future estimations that help evaluate the prevailing market opportunities.
• A comprehensive analysis of the factors that drive and restrict the growth of the market is provided.
• An extensive analysis of the market is conducted by following key product positioning and monitoring the top competitors within the market framework.
• The report provides extensive qualitative insights on the potential and niche segments or regions exhibiting favorable growth.

Asia-Pacific Group Travel Market Segments
By Group Type
• Leisure Group
• Special Interest Group
• High End Group
• Incentive Travel

By Sales Channel
• Travel Agencies
• Tour Operators

By Country
• Thailand
• Indonesia
• Malaysia
• Singapore
• India
• Philippines
• China
• Taiwan
• Hong Kong
• Japan
• Korea
• Rest of Asia-Pacific

Asia-Pacific Group Travel Market Key Market Players
• EXO Travel
• Thomas Cook (India) Limited
• G2 Travel
• Apollo Asia Travel Group (AATG)
• Destination Asia
• Expedia, Inc
• Miki Travel Limited
• Trafalgar
• ASIA DMC


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Allied Market Researchが"団体旅行のアジア太平洋市場:レジャー団体、特別利益団体、ハイエンド団体、インセンティブ旅行"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

Chapter 1: Introduction

1.1. Report Description
1.2. Key Market Segments
1.3. Key Benefits
1.4. Research Methodology

1.4.1. Secondary Research
1.4.2. Primary Research
1.4.3. Analyst Tools And Models

Chapter 2: Executive Summary

2.1. Cxo Perspective

Chapter 3: Market Overview

3.1. Market Definition And Scope
3.2. Key Findings

3.2.1. Top Investment Pockets

3.3. Top Winning Strategies
3.4. Porter’S Five Forces Analysis

3.4.1. Bargaining Power of Suppliers
3.4.2. Threat of New Entrants
3.4.3. Threat of Substitutes
3.4.4. Competitive Rivalry
3.4.5. Bargaining Power of Buyers

3.5. Top Player Positioning
3.6. Market Dynamics

3.6.1. Drivers

3.6.1.1. Pursuit of Unique Experiences To Augment The Global Tourism Industry
3.6.1.2. Mobile Applications, Big Data Analytics, And Artificial Intelligence Evolving Together Amidst Proliferating Tourism Industry
3.6.1.3. Rise of Social Media Positively Impacting Travel Industry

3.6.2. Restraints

3.6.2.1. Fluctuating Fortunes For Destinations
3.6.2.2. Nature And Tourism No Longer In Sync

3.6.3. Opportunities

3.6.3.1. Unique Destinations Gaining High Traction Amongst Tourists
3.6.3.2. Eco-Mmodation—New Trend Amongst Millennials

Chapter 4: Asia-Pacific Group Travel Market, By Group Type

4.1. Overview

4.1.1. Market Size And Forecast By Group Type

4.2. Leisure Group

4.2.1. Key Market Trends, Growth Factors And Opportunities
4.2.2. Market Size And Forecast

4.3. Special Interest Group

4.3.1. Key Market Trends, Growth Factors And Opportunities
4.3.2. Market Size And Forecast

4.4. High End Group

4.4.1. Key Market Trends, Growth Factors And Opportunities
4.4.2. Market Size And Forecast

4.5. Incentive Travel

4.5.1. Key Market Trends, Growth Factors And Opportunities
4.5.2. Market Size And Forecast

Chapter 5: Asia-Pacific Group Travel Market By Sales Channel

5.1. Overview

5.1.1. Market Size And Forecast By Sales Channel

5.2. Travel Agencies

5.2.1. Key Market Trends, Growth Factors And Opportunities
5.2.2. Market Size And Forecast

5.3. Tour Operators

5.3.1. Key Market Trends, Growth Factors And Opportunities
5.3.2. Market Size And Forecast By Sales Channel

Chapter 6: Asia-Pacific Group Travel Market By Country

6.1. Overview

6.1.1. Market Size And Forecast
6.1.2. Thailand

6.1.2.1. Overview
6.1.2.2. Market Size And Forecast, By Group Type
6.1.2.3. Market Size And Forecast, By Sales Channel

6.1.3. Indonesia

6.1.3.1. Overview
6.1.3.2. Market Size And Forecast, By Group Type
6.1.3.3. Market Size And Forecast, By Sales Channel

6.1.4. Malaysia

6.1.4.1. Overview
6.1.4.2. Market Size And Forecast, By Group Type
6.1.4.3. Market Size And Forecast, By Sales Channel

6.1.5. Singapore

6.1.5.1. Overview
6.1.5.2. Market Size And Forecast, By Group Type
6.1.5.3. Market Size And Forecast, By Sales Channel

6.1.6. India

6.1.6.1. Overview
6.1.6.2. Market Size And Forecast, By Group Type
6.1.6.3. Market Size And Forecast, By Sales Channel

6.1.7. Philippines

6.1.7.1. Overview
6.1.7.2. Market Size And Forecast, By Group Type
6.1.7.3. Market Size And Forecast, By Sales Channel

6.1.8. China

6.1.8.1. Overview
6.1.8.2. Market Size And Forecast, By Group Type
6.1.8.3. Market Size And Forecast, By Sales Channel

6.1.9. Taiwan

6.1.9.1. Overview
6.1.9.2. Market Size And Forecast, By Group Type
6.1.9.3. Market Size And Forecast, By Sales Channel

6.1.10. Hong Kong

6.1.10.1. Overview
6.1.10.2. Market Size And Forecast, By Group Type
6.1.10.3. Market Size And Forecast, By Sales Channel

6.1.11. Japan

6.1.11.1. Overview
6.1.11.2. Market Size And Forecast, By Group Type
6.1.11.3. Market Size And Forecast, By Sales Channel

6.1.12. Korea

6.1.12.1. Overview
6.1.12.2. Market Size And Forecast, By Group Type
6.1.12.3. Market Size And Forecast, By Sales Channel

6.1.13. Rest of Asia-Pacific

6.1.13.1. Overview
6.1.13.2. Market Size And Forecast, By Group Type
6.1.13.3. Market Size And Forecast, By Sales Channel

Chapter 7: Competitive Landscape

7.1.1. Competition Dashboard
7.1.2. Competitve Heatmap of Key Players

7.1. Key Developments

7.1.1. Acquisition
7.1.2. Agreement
7.1.3. Business Expansion
7.1.4. Launch
7.1.5. Partnership

Chapter 8: Company Profiles

8.1. Apollo Asia Travel Group (Aatg)

8.1.1. Company Overview
8.1.2. Key Executive
8.1.3. Company Snapshot
8.1.4. Product Portfolio

8.2. Asia Dmc

8.2.1. Company Overview
8.2.2. Key Executive
8.2.3. Company Snapshot
8.2.4. Service Portfolio
8.2.5. Key Strategic Moves And Developments

8.3. Destination Asia

8.3.1. Company Overview
8.3.2. Key Executive
8.3.3. Company Snapshot
8.3.4. Service Portfolio
8.3.5. Key Strategic Moves And Developments

8.4. Exo Travel

8.4.1. Company Overview
8.4.2. Key Executive
8.4.3. Company Snapshot
8.4.4. Service Portfolio
8.4.5. Key Strategic Moves And Developments

8.5. Expedia, Inc.

8.5.1. Company Overview
8.5.2. Key Executive
8.5.3. Company Snapshot
8.5.4. Operating Business Segments
8.5.5. Service Portfolio
8.5.6. R&D Expenditure
8.5.7. Business Performance
8.5.8. Key Strategic Moves And Developments

8.6. G2 Travel

8.6.1. Company Overview
8.6.2. Key Executive
8.6.3. Company Snapshot
8.6.4. Product Portfolio

8.7. Globus

8.7.1. Company Overview
8.7.2. Key Executive
8.7.3. Company Snapshot
8.7.4. Product Portfolio

8.8. Miki Travel Limited

8.8.1. Company Overview
8.8.2. Key Executive
8.8.3. Company Snapshot
8.8.4. Product Portfolio
8.8.5. Key Strategic Moves And Developments

8.9. Thomas Cook (India) Limited

8.9.1. Company Overview
8.9.2. Key Executive
8.9.3. Company Snapshot
8.9.4. Operating Business Segments
8.9.5. Service Portfolio
8.9.6. Business Performance
8.9.7. Key Strategic Moves And Developments

8.10. Trafalgar

8.10.1. Company Overview
8.10.2. Key Executive
8.10.3. Company Snapshot
8.10.4. Service Portfolio
8.10.5. Key Strategic Moves And Developments

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】団体旅行のアジア太平洋市場:レジャー団体、特別利益団体、ハイエンド団体、インセンティブ旅行
【発行日】2019年9月
【調査会社】Allied Market Research
【コード】AMR9NV105
【対象地域】アジア太平洋
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】消費財
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
団体旅行のアジア太平洋市場:レジャー団体、特別利益団体、ハイエンド団体、インセンティブ旅行についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 抗血栓薬の世界市場
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、抗血栓薬の世界市場について調査・分析し、抗血栓薬の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・抗血栓薬の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・抗血栓薬の世界市場:セグメント別市場分析 ・抗血栓薬の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • スマートウォッチの世界市場
    当調査レポートでは、スマートウォッチの世界市場について調査・分析し、スマートウォッチの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 乳児用調整粉乳成分の世界市場予測(~2025年)
    当調査レポートでは、乳児用調整粉乳成分の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、成分種類別(炭水化物、油脂、タンパク質、ビタミン、ミネラル、プレバイオティクス)分析、用途別(成長乳、標準乳児用調製粉乳、後続調製粉乳、特殊品)分析、フォーム別分析、由来別分析、乳児用調整粉乳成分の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、乳児用調整粉乳成分の世界市場規模が2019年167億ドルから2025年255億ドルまで年平均7.3%成長すると予測しています。
  • メキシコの心臓補助装置市場(~2021)
  • 放電加工(EDM)用グラファイトの世界市場:種類別(EDM-1、EDM-3、EDM-200、その他)、用途別(パンチ・ダイセット、極細電極の放電加工、プラスチック射出成形、ねじ切り電極、航空宇宙用金属切削、その他)、地域別予測
    本資料は、放電加工(EDM)用グラファイトの世界市場について調べ、放電加工(EDM)用グラファイトの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(EDM-1、EDM-3、EDM-200、その他)分析、用途別(パンチ・ダイセット、極細電極の放電加工、プラスチック射出成形、ねじ切り電極、航空宇宙用金属切削、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはPoco Graphite、 Tokai Carbon、SGL Group、 Mersen、 GTD Graphit Technologie GmbH、 IBIDEN Fine Graphite Material、 Novotecなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・放電加工(EDM)用グラファイトの世界市場概要 ・放電加工(EDM)用グラファイトの世界市場環境 ・放電加工(EDM)用グラファイトの世界市場動向 ・放電加工(EDM)用グラファイトの世界市場規模 ・放電加工(EDM)用グラファイトの世界市場規模: …
  • フィールドフォースオートメーション(FFA)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、フィールドフォースオートメーション(FFA)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、フィールドフォースオートメーション(FFA)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の色彩選別機市場2015
    本調査レポートでは、世界の色彩選別機市場2015について調査・分析し、色彩選別機の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 企業向け通信インフラの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、企業向け通信インフラの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、企業向け通信インフラの世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • エネルギーハーベスティングシステム(環境発電装置)の世界市場予測(~2022)
    当調査レポートでは、エネルギーハーベスティングシステム(環境発電装置)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、技術別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のPVインバータ市場2016
    本調査レポートでは、世界のPVインバータ市場2016について調査・分析し、PVインバータの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ブラジキニン受容体B1アンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるブラジキニン受容体B1アンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ブラジキニン受容体B1アンタゴニストの概要 ・ブラジキニン受容体B1アンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のブラジキニン受容体B1アンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ブラジキニン受容体B1アンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ブラジキニン受容体B1アンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • シリコーンオイルの世界市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、シリコーンオイルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、需要先別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 超音速ビジネスジェット(SBJ)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、超音速ビジネスジェット(SBJ)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、超音速ビジネスジェット(SBJ)の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • パーソナルケア用包装の世界市場
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、パーソナルケア用包装の世界市場について調査・分析し、パーソナルケア用包装の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 焼結鋼の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、焼結鋼の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別(ステンレス、炭素鋼、合金鋼、工具鋼)分析、プロセス別(金属射出成形、従来型、粉末鍛造、添加剤)分析、エンドユーズ産業別分析、用途別分析、焼結鋼の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、焼結鋼の世界市場規模が2019年236億ドルから2024年283億ドルまで年平均3.7%成長すると予測しています。
  • 中国の太陽光発電(PV)市場2016:発電能力、生産、均等化発電原価(LCOE)、投資動向、規制、企業分析
  • 世界の自動車用サーモスタット市場2016
    本調査レポートでは、世界の自動車用サーモスタット市場2016について調査・分析し、自動車用サーモスタットの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 経カテーテル的大動脈弁置換術の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、経カテーテル的大動脈弁置換術の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、経カテーテル的大動脈弁置換術市場規模、製品別(大腿骨移植、経肛門的移植)分析、最終用途別(病院、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・経カテーテル的大動脈弁置換術の世界市場概要 ・経カテーテル的大動脈弁置換術の世界市場環境 ・経カテーテル的大動脈弁置換術の世界市場動向 ・経カテーテル的大動脈弁置換術の世界市場規模 ・経カテーテル的大動脈弁置換術の世界市場:業界構造分析 ・経カテーテル的大動脈弁置換術の世界市場:製品別(大腿骨移植、経肛門的移植) ・経カテーテル的大動脈弁置換術の世界市場:最終用途別(病院、その他) ・経カテーテル的大動脈弁置換術の世界市場:地域別市場規模・分析 ・経カテーテル的大動脈弁置換術のアメリカ市場規模・予測 ・経カテーテル的大動脈弁置換術のヨーロッパ市場規模・予測 ・経カテーテル的大動脈弁置換術のアジア市場規模 …
  • カイトボーディング用品の世界市場2020-2024:製品別、流通チャンネル別、地域別
    「カイトボーディング用品の世界市場2020-2024」は、カイトボーディング用品について市場概要、市場規模、製品別(カイト、アクセサリー、ボード)分析、流通チャンネル別(小売、その他)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題・トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・カイトボーディング用品の世界市場:製品別(カイト、アクセサリー、ボード) ・カイトボーディング用品の世界市場:流通チャンネル別(小売、その他) ・顧客状況 ・地域状況 ・市場の要因・課題・トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • ポータブルスクリーンの世界市場
    当調査レポートでは、ポータブルスクリーンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ポータブルスクリーンの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 敗血症診断の世界市場:技術別、製品別、方法別、検査タイプ別、需要先別、地域別予測
    本資料は、敗血症診断の世界市場について調べ、敗血症診断の世界規模、市場動向、市場環境、技術別分析、製品別分析、方法別分析、検査タイプ別分析、需要先別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・敗血症診断の世界市場概要 ・敗血症診断の世界市場環境 ・敗血症診断の世界市場動向 ・敗血症診断の世界市場規模 ・敗血症診断の世界市場規模:技術別 ・敗血症診断の世界市場規模:製品別 ・敗血症診断の世界市場規模:方法別 ・敗血症診断の世界市場規模:検査タイプ別 ・敗血症診断の世界市場規模:需要先別 ・敗血症診断の世界市場:地域別市場規模・分析 ・敗血症診断の北米市場規模・予測 ・敗血症診断のアメリカ市場規模・予測 ・敗血症診断のヨーロッパ市場規模・予測 ・敗血症診断のアジア市場規模・予測 ・敗血症診断の日本市場規模・予測 ・敗血症診断の中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • 電気ヒューズの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、電気ヒューズの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電気ヒューズの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 民間航空機用ガスタービンエンジンの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、民間航空機用ガスタービンエンジンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、民間航空機用ガスタービンエンジンの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・調査手法 ・イントロダクション ・市場の状況 ・用途別市場分類 ・地域別分析 ・主要エンジン売上別市場占有率 ・ディシジョンフレームワーク ・成長要因・課題 ・市場動向 ・競争状況 ・付録
  • 手術用画像装置の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、手術用画像装置の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、手術用画像装置市場規模、技術別(FPD、II)分析、用途別(心血管手術、整形外科手術、神経科手術、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・手術用画像装置の世界市場概要 ・手術用画像装置の世界市場環境 ・手術用画像装置の世界市場動向 ・手術用画像装置の世界市場規模 ・手術用画像装置の世界市場:業界構造分析 ・手術用画像装置の世界市場:技術別(FPD、II) ・手術用画像装置の世界市場:用途別(心血管手術、整形外科手術、神経科手術、その他) ・手術用画像装置の世界市場:地域別市場規模・分析 ・手術用画像装置の北米市場規模・予測 ・手術用画像装置のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・手術用画像装置のアジア太平洋市場規模・予測 ・手術用画像装置の主要国分析 ・手術用画像装置の世界市場:意思決定フレームワーク ・手術用画像装置の世界市場:成長要因、課題 ・ …
  • 呼吸保護装置(RPE)の世界市場:濾過式呼吸用保護具(APR)、自給式呼吸器(SCBA)
    当調査レポートでは、呼吸保護装置(RPE)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、呼吸保護装置(RPE)の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の定置用燃料電池市場2015
    本調査レポートでは、世界の定置用燃料電池市場2015について調査・分析し、定置用燃料電池の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ガス検知器の世界市場2017-2021:定置型、ポータブル型
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ガス検知器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ガス検知器の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はガス検知器の世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.76%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、BRK Brands、Honeywell International、Kidde、Robert Bosch、Siemens等です。
  • 中国のデータセンター市場2016-2020
    当調査レポートでは、中国のデータセンター市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、中国のデータセンター市場規模及び予測、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 住宅用セキュリティシステムの世界市場:セキュリティカメラ、電子・スマートロック、センサ・感知器、アラーム、セキュリティソリューション、DIY
    当調査レポートでは、住宅用セキュリティシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、住宅用セキュリティシステムの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 石油・ガス物流の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、石油・ガス物流の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、石油・ガス物流の世界市場規模及び予測、輸送種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 活性炭素繊維(ACF)の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、活性炭素繊維(ACF)の世界市場について調査・分析し、活性炭素繊維(ACF)の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別活性炭素繊維(ACF)シェア、市場規模推移、市場規模予測、活性炭素繊維(ACF)種類別分析(ピッチ系活性炭素繊維、ポリアクリロニトリル(PAN)系活性炭素繊維、ビスコースステープル系活性炭素繊維、その他)、活性炭素繊維(ACF)用途別分析(溶媒回収、空気浄化、水処理、触媒担体、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・活性炭素繊維(ACF)の市場概観 ・活性炭素繊維(ACF)のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・活性炭素繊維(ACF)のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・活性炭素繊維(ACF)の世界市場規模 ・活性炭素繊維(ACF)の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・活性炭素繊維(ACF)のアメリカ市場規模推移 ・活性炭素繊維(ACF)のカナダ市場規模推移 ・活性炭素繊維(ACF)のメキシコ市場規模推移 ・活性炭素繊維(ACF) …
  • 界面活性剤の世界市場:インサイト、市場機会、市場シェア、市場予測
    本調査レポートでは、世界の界面活性剤市場について調査・分析し、市場インサイト、市場機会、市場シェア、市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・界面活性剤の世界市場:イントロダクション ・界面活性剤の世界市場:市場概観 ・界面活性剤の世界市場:市場動向(促進要因、阻害要因、市場機会) ・界面活性剤の世界市場:セグメント別市場分析 ・界面活性剤の世界市場:主要地域別市場分析 ・界面活性剤の世界市場:関連企業分析
  • 商用車テレマティクスの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、商用車テレマティクスの世界市場について調べ、商用車テレマティクスの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、商用車テレマティクスの市場規模をセグメンテーション別(用途別(LCV、M&HCV)、種類別(組み込みテレマティクス、ポータブルテレマティクス、スマートフォンベーステレマティクス)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社は商用車テレマティクスの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均21%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・商用車テレマティクスの市場状況 ・商用車テレマティクスの市場規模 ・商用車テレマティクスの市場予測 ・商用車テレマティクスの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(LCV、M&HCV) ・市場セグメンテーション:種類別(組み込みテレマティクス、ポータブルテレマティクス、スマートフォンベーステレマティクス) ・商用車テレマ …
  • 赤痢菌(シゲラ)用ワクチンの世界市場機会分析
  • アルファ受容体拮抗薬のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるアルファ受容体拮抗薬のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・アルファ受容体拮抗薬の概要 ・アルファ受容体拮抗薬のパイプライン概要 ・企業別開発中のアルファ受容体拮抗薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・アルファ受容体拮抗薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・アルファ受容体拮抗薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • カナダの血栓管理装置市場(~2021)
  • データ流出ソリューションの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、データ流出ソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、ソリューション別分析、サービス別分析、企業規模別分析、産業別分析、データ流出ソリューションの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • スマートパッケージングの世界市場2016-2026
    当調査レポートでは、スマートパッケージングの世界市場について調査・分析し、スマートパッケージングの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 1. レポート概要 2. スマートパッケージング市場の概要 3. スマートパッケージングの世界市場2016-2026 4. スマートパッケージングの需要先別2次市場2016-2026 5. スマートパッケージングの技術別2次市場2016-2026 6. スマートパッケージングの主要国市場2016-2026 7. スマートパッケージング市場のSWOT分析 8. スマートパッケージング市場における主要企業 9. 結論および提言 10. 用語集
  • 止血帯システムの世界市場分析:コンポーネント別(止血帯用具、止血帯カフス[空気圧{使い捨て、再利用}、非空気圧])、用途別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、止血帯システムの世界市場について調査・分析し、止血帯システムの世界市場動向、止血帯システムの世界市場規模、市場予測、セグメント別止血帯システム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の五塩化リン市場2016
    本調査レポートでは、世界の五塩化リン市場2016について調査・分析し、五塩化リンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • プロフェッショナル用カムコーダーの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、プロフェッショナル用カムコーダーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、プロフェッショナル用カムコーダー市場規模、製品別(HD解像度、4K解像度)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・プロフェッショナル用カムコーダーの世界市場概要 ・プロフェッショナル用カムコーダーの世界市場環境 ・プロフェッショナル用カムコーダーの世界市場動向 ・プロフェッショナル用カムコーダーの世界市場規模 ・プロフェッショナル用カムコーダーの世界市場:業界構造分析 ・プロフェッショナル用カムコーダーの世界市場:製品別(HD解像度、4K解像度) ・プロフェッショナル用カムコーダーの世界市場:地域別市場規模・分析 ・プロフェッショナル用カムコーダーのアメリカ市場規模・予測 ・プロフェッショナル用カムコーダーのヨーロッパ市場規模・予測 ・プロフェッショナル用カムコーダーのアジア市場規模・予測 ・プロフェッショナル用カムコーダーの主要国分析 ・ …
  • 医療用温度管理装置の世界市場:表面用装置、血管用装置、患者加温装置、患者クーリング装置
    当調査レポートでは、医療用温度管理装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別分析、用途別分析、診療分野別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 電線対基板用コネクターの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、電線対基板用コネクターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、ピッチサイズ別分析、形態別分析、用途別分析、地域別分析、電線対基板用コネクターの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • カテーテル安定化装置の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、カテーテル安定化装置の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、カテーテル安定化装置市場規模、用途別(一般外科・消化管処置、心臓血管処置、泌尿器科的処置、呼吸器処置、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・カテーテル安定化装置の世界市場概要 ・カテーテル安定化装置の世界市場環境 ・カテーテル安定化装置の世界市場動向 ・カテーテル安定化装置の世界市場規模 ・カテーテル安定化装置の世界市場:業界構造分析 ・カテーテル安定化装置の世界市場:用途別(一般外科・消化管処置、心臓血管処置、泌尿器科的処置、呼吸器処置、その他) ・カテーテル安定化装置の世界市場:地域別市場規模・分析 ・カテーテル安定化装置の北米市場規模・予測 ・カテーテル安定化装置のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・カテーテル安定化装置のアジア太平洋市場規模・予測 ・カテーテル安定化装置の主要国分析 ・カテーテル安定化装置の世界市場:意思決定フレー …
  • 自律型潜水艇の世界市場の見通し2017-2023
    当調査レポートでは、自律型潜水艇の世界市場について調査・分析し、自律型潜水艇の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・自律型潜水艇の世界市場規模:技術別分析 ・自律型潜水艇の世界市場規模:ペイロード別分析 ・自律型潜水艇の世界市場規模:種類別分析 ・自律型潜水艇の世界市場規模:用途別分析 ・自律型潜水艇の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 繊維の世界市場:原材料別(ウール、化学品、シルク、綿)、製品別(天然繊維、ポリエステル、ナイロン)、用途別(技術、ファッション・衣類、家庭)
    本調査レポートでは、繊維の世界市場について調査・分析し、繊維の世界市場動向、繊維の世界市場規模、市場予測、セグメント別繊維市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 光干渉断層撮影(OCT)の世界市場分析:技術別(時間領域ベース、周波数領域ベース、空間符号化周波数領域ベース)、タイプ別(カテーテル、ドップラーOCT、ハンドヘルド、テーブルトップ)、用途別(眼科、心臓血管、腫瘍学、皮膚科)、セグメント予測
    本調査レポートでは、光干渉断層撮影(OCT)の世界市場について調査・分析し、光干渉断層撮影(OCT)の世界市場動向、光干渉断層撮影(OCT)の世界市場規模、市場予測、セグメント別光干渉断層撮影(OCT)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 再発寛解型多発性硬化症:治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における再発寛解型多発性硬化症の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、再発寛解型多発性硬化症治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・再発寛解型多発性硬化症の概要 ・再発寛解型多発性硬化症の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の再発寛解型多発性硬化症治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・再発寛解型多発性硬化症治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・再発寛解型多発性硬化症治療薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ライトプロジェクターの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ライトプロジェクターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ライトプロジェクターの世界市場規模及び予測、種類別分析、技術別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • イギリスの整形外科用骨セメントおよび鋳造材料市場動向(~2021)
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"