"マイクロカプセル化成分のアジア太平洋市場:色素、ビタミン、UVフィルター、美白成分、有効成分、エッセンシャルオイル、老化防止成分"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AMR9NV116)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"マイクロカプセル化成分のアジア太平洋市場:色素、ビタミン、UVフィルター、美白成分、有効成分、エッセンシャルオイル、老化防止成分"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Microencapsulation is a process in which ingredients such as pigments, vitamins, UV filters, and others, are encapsulated to form a capsule. The Asia-Pacific microencapsulated ingredients market was valued at $120.59 million in 2018 and is estimated to reach $193.36 million by 2026, growing at a CAGR of 6.0% from 2019 to 2026.
Microencapsulation is used increasingly in the skin care and personal care markets. Several skin care and personal care products are composed of biologically active substances that are encapsulated for increasing stability of active materials. Topical and transdermal delivery of active cosmetic ingredients works effectively by reaching the target site within the skin. Protection of these active ingredients is necessary during formulation, storage, and application of the cosmetic product. Hence, ingredients are microencapsulated in the skin care products. Rise in use of microencapsulated ingredients in the skin care application is driving the growth of the market.

The Asia-Pacific microencapsulated ingredients market is segmented into ingredients, application, and country. Based on ingredients, the market is categorized into pigments, vitamins, UV filters, skin lightening components, active ingredients, essential oils, and antiaging components. The vitamins segment is further segmented into Vitamin C, Vitamin E, Vitamin F, and Vitamin A (Retinol). The UV filters segment is further divided into organic materials, and inorganic materials.

Based on application, the market is divided into color skin care, sunscreen lotions (UV protection), whitening and lightening creams, anti-wrinkle and antiaging creams and other skin care products. Based on country, the Asia-Pacific microencapsulated ingredients market is segmented into China, Thailand, Japan, South Korea, Australia and Philippines.
The key players involved in the market includes Air Liquide, Ashland, Inc., BASF SE, Biogenics Inc, Chongqing Pellets Techniques, Croda, Givaudan SA, International Flavors & Fragrances Inc., Kobo Products, Inc., Korea Particle Technology, Lonza Group Limited, Salvona LLC, Sumitomo- Presperse Corporation, and Nouryon. Some of the local manufacturers includes Adinop Co., Ltd., Bega cheese limited, DURAE Corporation, Reed Pacific Specialty Chemicals, and Seiwa Kasei Co, Ltd.

KEY BENEFITS FOR STAKEHOLDERS
• Porter’s five forces analysis helps to analyze the potential of buyers & suppliers and the competitive scenario of the Asia-Pacific Microencapsulated Ingredients industry for strategy building.
• It outlines the current trends and future scenario of the market size from 2019 to 2026 to understand the prevailing opportunities and potential investment pockets.
• Major countries in the region have been mapped according to their individual revenue contribution in the market size.
• The key drivers, restraints, and opportunities and their detailed impact analyses are elucidated in the study.
• The profiles of key players along with their key strategic developments are enlisted in the market analysis.

KEY MARKET SEGMENTS
By Ingredients
• Pigments
• Vitamins
o Vitamin C
o Vitamin E
o Vitamin F
o Vitamin A (Retinol)
• UV filters
o Organic Materials
o Inorganic Materials
• Skin lightening components
• Active Ingredients
• Essential oil
• Antiaging components
By Application
• Color cosmetics
• Sunscreen lotions
• Whitening and lightening cream
• Anti-wrinkle and Anti-aging cream
• Other skin care products
By Country
• China
• Thailand
• Japan
• South Korea
• Australia
• Philippines


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Allied Market Researchが"マイクロカプセル化成分のアジア太平洋市場:色素、ビタミン、UVフィルター、美白成分、有効成分、エッセンシャルオイル、老化防止成分"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

Chapter 1: Introduction

1.1. Report Description
1.2. Key Benefits For Stakeholders
1.3. Key Market Segments
1.4. Research Methodology

1.4.1. Primary Research
1.4.2. Secondary Research
1.4.3. Analyst Tools And Models

Chapter 2: Executive Summary

2.1. Cxo Perspective

Chapter 3: Market Overview

3.1. Market Definition And Scope
3.2. Key Findings

3.2.1. Top Investment Pocket
3.2.2. Top Winning Strategies

3.2.2.1. Top Winning Strategies, By Year
3.2.2.2. Top Winning Strategies, By Development
3.2.2.3. Top Winning Strategies, By Company

3.3. Market Player Positioning, 2018
3.4. Key Forces Shaping Asia-Pacific Microencapsulated Ingredients Market

3.4.1. High Bargaining Power of Suppliers
3.4.2. Moderate Threat of New Entrants
3.4.3. Moderate Threat of Substitutes
3.4.4. High Intensity of Rivalry
3.4.5. Moderate Bargaining Power of Buyers

3.5. Market Dynamics

3.5.1. Drivers

3.5.1.1. Rise In Disposable Income In Emerging Economies
3.5.1.2. Increase In Consumer Awareness Regarding Appearance

3.5.2. Restraint

3.5.2.1. Stringent Government Regulations

3.5.3. Opportunity

3.5.3.1. Innovation In Skin Care Products

3.6. Import-Export Analysis, (2016, 2017, 2018)

3.6.1. Azelaic Acid And Sebacic Acid
3.6.2. Carbon Blacks
3.6.3. Gluconic Acid
3.6.4. Hydroquinone
3.6.5. Linoleic Or Linolenic Acids
3.6.6. Resorcinol
3.6.7. Titanium Oxides
3.6.8. Vitamin C
3.6.9. Vitamin E
3.6.10. Vitamin F
3.6.11. Vitamin A
3.6.12. Zinc Oxide

3.7. Customers And Buyers List

Chapter 4: Asia-Pacific Microencapsulated Ingredients Market, By Ingredients

4.1. Overview
4.2. Pigments

4.2.1. Key Market Trends, Growth Factors And Opportunities
4.2.2. Market Size And Forecast, By Country
4.2.3. Market Analysis By Country

4.3. Vitamins

4.3.1. Key Market Trends, Growth Factors And Opportunities
4.3.2. Market Size And Forecast, By Country
4.3.3. Market Analysis By Country
4.3.4. Vitamin C
4.3.5. Vitamin E
4.3.6. Vitamin F
4.3.7. Vitamin A (Retinol)

4.4. Uv Filters

4.4.1. Key Market Trends, Growth Factors And Opportunities
4.4.2. Market Size And Forecast, By Country
4.4.3. Market Analysis By Country
4.4.4. Organic Materials
4.4.5. Inorganic Materials

4.5. Skin Lightening Components

4.5.1. Key Market Trends, Growth Factors And Opportunities
4.5.2. Market Size And Forecast, By Country
4.5.3. Market Analysis By Country

4.6. Essential Oils

4.6.1. Key Market Trends, Growth Factors And Opportunities
4.6.2. Market Size And Forecast, By Country
4.6.3. Market Analysis By Country

4.7. Antiaging Components

4.7.1. Key Market Trends, Growth Factors And Opportunities
4.7.2. Market Size And Forecast, By Country
4.7.3. Market Analysis By Country

4.8. Active Ingredients

4.8.1. Key Market Trends, Growth Factors And Opportunities
4.8.2. Market Size And Forecast, By Country
4.8.3. Market Analysis By Country

Chapter 5: Asia-Pacific Microencapsulated Ingredients Market, By Application

5.1. Overview
5.2. Color Cosmetics

5.2.1. Market Size And Forecast, By Country
5.2.2. Market Analysis By Country

5.3. Sunscreen Lotions (Uv Protection)

5.3.1. Market Size And Forecast, By Country
5.3.2. Market Analysis By Country

5.4. Whitening And Lightening Creams

5.4.1. Market Size And Forecast, By Country
5.4.2. Market Analysis By Country

5.5. Anti-Wrinkle And Antiaging Creams

5.5.1. Market Size And Forecast, By Country
5.5.2. Market Analysis By Country

5.6. Other

5.6.1. Market Size And Forecast, By Country
5.6.2. Market Analysis By Country

Chapter 6: Asia-Pacific Microencapsulated Ingredients Market, By Country

6.1. Overview
6.2. China

6.2.1. Market Size And Forecast, By Ingredients
6.2.2. Market Size And Forecast, By Application

6.3. Thailand

6.3.1. Market Size And Forecast, By Ingredients
6.3.2. Market Size And Forecast, By Application

6.4. Japan

6.4.1. Market Size And Forecast, By Ingredients
6.4.2. Market Size And Forecast, By Application

6.5. South Korea

6.5.1. Market Size And Forecast, By Ingredients
6.5.2. Market Size And Forecast, By Application

6.6. Australia

6.6.1. Market Size And Forecast, By Ingredients
6.6.2. Market Size And Forecast, By Application

6.7. Philippines

6.7.1. Market Size And Forecast, By Ingredients
6.7.2. Market Size And Forecast, By Application

Chapter 7: Competitive Landscape

7.1. Introduction
7.2. Product Mapping of Top 14 Player
7.3. Competitive Heat Map of Key Players
7.4. Key Developments

7.4.1. Product Launch
7.4.2. Business Expansion
7.4.3. Acquisitions

7.5. Other Key Players Profile

7.5.1. Key Player Competitive Heat Map

Chapter 8: Company Profiles

8.1. Air Liquide

8.1.1. Company Overview
8.1.2. Company Snapshot
8.1.3. Operating Business Segments
8.1.4. Product Portfolio
8.1.5. Business Performance
8.1.6. Key Strategic Moves And Developments

8.2. Ashland Inc.

8.2.1. Company Overview
8.2.2. Company Snapshot
8.2.3. Operating Business Segments
8.2.4. Product Portfolio
8.2.5. Business Performance
8.2.6. Key Strategic Moves And Developments

8.3. Basf Se

8.3.1. Company Overview
8.3.2. Company Snapshot
8.3.3. Operating Business Segments
8.3.4. Product Portfolio
8.3.5. Business Performance

8.4. Biogenics

8.4.1. Company Overview
8.4.2. Company Snapshot
8.4.3. Product Portfolio

8.5. Chongqing Pellets Techniques & Trade Co., Ltd

8.5.1. Company Overview
8.5.2. Company Snapshot
8.5.3. Product Portfolio

8.6. Croda International Plc

8.6.1. Company Overview
8.6.2. Company Snapshot
8.6.3. Operating Business Segments
8.6.4. Product Portfolio
8.6.5. Business Performance

8.7. Givaudan Sa

8.7.1. Company Overview
8.7.2. Company Snapshot
8.7.3. Operating Business Segments
8.7.4. Product Portfolio
8.7.5. Business Performance

8.8. International Flavors & Fragrances Inc.

8.8.1. Company Overview
8.8.2. Company Snapshot
8.8.3. Operating Business Segments
8.8.4. Product Portfolio
8.8.5. Business Performance

8.9. Kobo Products, Inc.

8.9.1. Company Overview
8.9.2. Company Snapshot
8.9.3. Product Portfolio

8.10. Korea Particle Technology Co., Ltd.

8.10.1. Company Overview
8.10.2. Company Snapshot
8.10.3. Product Portfolio

8.11. Lonza Group Ltd.

8.11.1. Company Overview
8.11.2. Company Snapshot
8.11.3. Operating Business Segments
8.11.4. Product Portfolio
8.11.5. Business Performance
8.11.6. Key Strategic Moves And Developments

8.12. Nouryon

8.12.1. Company Overview
8.12.2. Company Snapshot
8.12.3. Product Portfolio
8.12.4. Business Performance

8.13. Salvona Llc

8.13.1. Company Overview
8.13.2. Company Snapshot
8.13.3. Product Portfolio

8.14. Sumitomo Corporation

8.14.1. Company Overview
8.14.2. Company Snapshot
8.14.3. Operating Business Segments
8.14.4. Product Portfolio
8.14.5. Business Performance

Chapter 9: Other Key Players

9.1. Adinop Co., Ltd.

9.1.1. Company Overview
9.1.2. Company Snapshot
9.1.3. Product Portfolio

9.2. Bega Cheese Limited

9.2.1. Company Overview
9.2.2. Company Snapshot
9.2.3. Operating Business Segments
9.2.4. Product Portfolio
9.2.5. Business Performance

9.3. Durae Corporation

9.3.1. Company Overview
9.3.2. Company Snapshot
9.3.3. Product Portfolio

9.4. Reed Pacific Specialty Chemicals

9.4.1. Company Overview
9.4.2. Company Snapshot
9.4.3. Product Portfolio

9.5. Seiwa Kasei Co,Ltd.

9.5.1. Company Overview
9.5.2. Company Snapshot
9.5.3. Product Portfolio

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】マイクロカプセル化成分のアジア太平洋市場:色素、ビタミン、UVフィルター、美白成分、有効成分、エッセンシャルオイル、老化防止成分
【発行日】2019年8月
【調査会社】Allied Market Research
【コード】AMR9NV116
【対象地域】アジア太平洋
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】材料及び化学
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
マイクロカプセル化成分のアジア太平洋市場:色素、ビタミン、UVフィルター、美白成分、有効成分、エッセンシャルオイル、老化防止成分についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 金属鋳造の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、金属鋳造の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、金属鋳造市場規模、最終用途別(自動車、IM、航空宇宙・防衛、CM)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・金属鋳造の世界市場概要 ・金属鋳造の世界市場環境 ・金属鋳造の世界市場動向 ・金属鋳造の世界市場規模 ・金属鋳造の世界市場:業界構造分析 ・金属鋳造の世界市場:最終用途別(自動車、IM、航空宇宙・防衛、CM) ・金属鋳造の世界市場:地域別市場規模・分析 ・金属鋳造のアメリカ市場規模・予測 ・金属鋳造のヨーロッパ市場規模・予測 ・金属鋳造のアジア市場規模・予測 ・金属鋳造の主要国分析 ・金属鋳造の世界市場:意思決定フレームワーク ・金属鋳造の世界市場:成長要因、課題 ・金属鋳造の世界市場:競争環境 ・金属鋳造の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)治療の世界市場2014-2025:薬別(経口避妊薬、抗アンドロゲン、インスリン感作剤、抗うつ薬、抗肥満薬)、手術別
    本調査レポートでは、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)治療の世界市場について調査・分析し、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)治療の世界市場動向、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)治療の世界市場規模、市場予測、セグメント別多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)治療市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 床用接着剤の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、床用接着剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、技術別分析、地域別分析、床用接着剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のハンドツール市場:用途別、エンドユーザー別、地域別
    本調査レポートはハンドツールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、用途別(一般用途、金属切断、その他)分析、顧客状況、エンドユーザー別(工業用、家庭用)分析、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・ハンドツールの世界市場:用途別(一般用途、金属切断、その他) ・顧客状況 ・ハンドツールの世界市場:エンドユーザー別(工業用、家庭用) ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 水路測量装置の世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、水路測量装置の世界市場について調べ、水路測量装置の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、水路測量装置の市場規模をセグメンテーション別(用途別(水路図作成、オフショア石油およびガス、港湾管理、沿岸工学)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は水路測量装置の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均5%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・水路測量装置の市場状況 ・水路測量装置の市場規模 ・水路測量装置の市場予測 ・水路測量装置の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(水路図作成、オフショア石油およびガス、港湾管理、沿岸工学) ・水路測量装置の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 自動車ナンバー自動読取装置(ANPR)の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、自動車ナンバー自動読取装置(ANPR)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、種類別分析、構成要素別分析、用途別分析、地域別分析、自動車ナンバー自動読取装置(ANPR)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のスムージー市場:製品別、消費パターン別、地域別
    本調査レポートはスムージーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、製品別(フルーツベース、乳製品ベース、その他のスムージー)分析、顧客状況、地域別状況、消費パターン別(家庭外消費、家庭内消費)分析、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・スムージーの世界市場:製品別(フルーツベース、乳製品ベース、その他のスムージー) ・顧客状況 ・地域別状況 ・スムージーの世界市場:消費パターン別(家庭外消費、家庭内消費) ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • タンパク質加水分解物の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、タンパク質加水分解物の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、タイプ別(牛乳、食肉、海産物、卵、植物、酵母)分析、用途別(乳児栄養、臨床栄養、体重管理、飼料)分析、プロセス別(酵素加水分解、酸性・アルカリ性加水分解)分析、ソース別分析、タンパク質加水分解物の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 大人用おむつの世界市場
    当調査レポートでは、大人用おむつの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、大人用おむつの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 先天性心疾患(Congenital Heart Disease):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における先天性心疾患(Congenital Heart Disease)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、先天性心疾患(Congenital Heart Disease)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・先天性心疾患(Congenital Heart Disease)の概要 ・先天性心疾患(Congenital Heart Disease)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の先天性心疾患(Congenital Heart Disease)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・先天性心疾患(Congenital Heart Disea …
  • 業務用包丁の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、業務用包丁の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、業務用包丁市場規模、製品別(牛刀(シェフナイフ)、肉用、パン用、万能包丁、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・業務用包丁の世界市場概要 ・業務用包丁の世界市場環境 ・業務用包丁の世界市場動向 ・業務用包丁の世界市場規模 ・業務用包丁の世界市場:業界構造分析 ・業務用包丁の世界市場:製品別(牛刀(シェフナイフ)、肉用、パン用、万能包丁、その他) ・業務用包丁の世界市場:地域別市場規模・分析 ・業務用包丁の北米市場規模・予測 ・業務用包丁のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・業務用包丁のアジア太平洋市場規模・予測 ・業務用包丁の主要国分析 ・業務用包丁の世界市場:意思決定フレームワーク ・業務用包丁の世界市場:成長要因、課題 ・業務用包丁の世界市場:競争環境 ・業務用包丁の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 債権回収ソフトウェアの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、債権回収ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、コンポーネント別(ソフトウェア、サービス)分析、組織規模別分析、展開種類別分析、ユーザー種類別(金融機関、収集機関、ヘルスケア、政府、通信、ユーティリティ)分析、債権回収ソフトウェアの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、債権回収ソフトウェアの世界市場規模が2019年29億万ドルから2024年46億万ドルまで年平均9.6%成長すると予測しています。
  • 整形外科手術ロボットの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、整形外科手術ロボットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、整形外科手術ロボットの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 腎デナベーションの世界市場:技術別(マイクロインフュージョン、超音波、高周波)、セグメント予測
    腎デナベーションの世界市場は2026年には10億3000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率43.2%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、高血圧症の増加、ライフスタイルの変化、および腎デナベーションの持続的な治療効果が考えられます。本調査レポートでは、腎デナベーションの世界市場について調査・分析し、腎デナベーションの世界市場動向、腎デナベーションの世界市場規模、市場予測、セグメント別腎デナベーション市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 硫酸銅の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、硫酸銅の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、硫酸銅市場規模、用途別(農業、化学品、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Beneut, Blue Line Corporation, Highnic Group, Old Bridge Chemicals, SUMITOMO METAL MINING, Univerticalなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・硫酸銅の世界市場概要 ・硫酸銅の世界市場環境 ・硫酸銅の世界市場動向 ・硫酸銅の世界市場規模 ・硫酸銅の世界市場:業界構造分析 ・硫酸銅の世界市場:用途別(農業、化学品、その他) ・硫酸銅の世界市場:地域別市場規模・分析 ・硫酸銅の北米市場規模・予測 ・硫酸銅のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・硫酸銅のアジア太平洋市場規模・予測 ・硫酸銅の主要国分析 ・硫酸銅の世界市場:意思決定フレームワーク ・硫酸銅の世界市場:成長要因、課題 ・硫酸銅の世界市 …
  • 甲状腺機能低下症(Hypothyroidism):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、甲状腺機能低下症(Hypothyroidism)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・甲状腺機能低下症(Hypothyroidism):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・甲状腺機能低下症(Hypothyroidism)のフェーズ3治験薬の状況 ・甲状腺機能低下症(Hypothyroidism)治療薬の市場規模(販売予測) ・甲状腺機能低下症(Hypothyroidism)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・甲状腺機能低下症(Hypothyroidism)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の甲状腺機能低下症(Hypothyroidism)治療薬剤
  • テクニカル・セラミックスの世界市場:一体型セラミックス、セラミックスマトリックス複合材料、セラミックコーティング
    当調査レポートでは、テクニカル・セラミックスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、テクニカル・セラミックスの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、材料別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 石油及びガス用井導体設置サービスの世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、石油及びガス用井導体設置サービスの世界市場について調べ、石油及びガス用井導体設置サービスの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、石油及びガス用井導体設置サービスの市場規模をセグメンテーション別(用途別(オンショア、オフショア)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は石油及びガス用井導体設置サービスの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均7%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・石油及びガス用井導体設置サービスの市場状況 ・石油及びガス用井導体設置サービスの市場規模 ・石油及びガス用井導体設置サービスの市場予測 ・石油及びガス用井導体設置サービスの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(オンショア、オフショア) ・石油及びガス用井導体設置サービスの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 乳がん治療の世界市場
    当調査レポートでは、乳がん治療の世界市場について調査・分析し、乳がん治療の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • てんかん薬の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、てんかん薬の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、てんかん薬市場規模、薬物活性スペクトル別(狭いスペクトル、広いスペクトル)分析、病因別分析、発症年齢別分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Eisai, GlaxoSmithKline, Novartis, Pfizerなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・てんかん薬の世界市場概要 ・てんかん薬の世界市場環境 ・てんかん薬の世界市場動向 ・てんかん薬の世界市場規模 ・てんかん薬の世界市場:業界構造分析 ・てんかん薬の世界市場:薬物活性スペクトル別(狭いスペクトル、広いスペクトル) ・てんかん薬の世界市場:病因別 ・てんかん薬の世界市場:発症年齢別 ・てんかん薬の世界市場:地域別市場規模・分析 ・てんかん薬の北米市場規模・予測 ・てんかん薬のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・てんかん薬のアジア太平洋市場規模・予測 ・てんかん薬の主要国分析 ・てんかん薬の世界市場: …
  • 石油・ガス産業におけるサイバーセキュリティの世界市場
    当調査レポートでは、石油・ガス産業におけるサイバーセキュリティの世界市場について調査・分析し、石油・ガス産業におけるサイバーセキュリティの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・石油・ガス産業におけるサイバーセキュリティの世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・石油・ガス産業におけるサイバーセキュリティの世界市場:セグメント別市場分析 ・石油・ガス産業におけるサイバーセキュリティの世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • サーマルセラミックスの世界市場:セラミック繊維、断熱レンガ
    当調査レポートでは、サーマルセラミックスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、サーマルセラミックス市場規模、製品別(セラミック繊維、断熱レンガ)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、3M, Mitsubishi Chemical, Morgan Advanced Materials, RHI Magnesita, Unifraxなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・サーマルセラミックスの世界市場概要 ・サーマルセラミックスの世界市場環境 ・サーマルセラミックスの世界市場動向 ・サーマルセラミックスの世界市場規模 ・サーマルセラミックスの世界市場:業界構造分析 ・サーマルセラミックスの世界市場:製品別(セラミック繊維、断熱レンガ) ・サーマルセラミックスの世界市場:地域別市場規模・分析 ・サーマルセラミックスの北米市場規模・予測 ・サーマルセラミックスのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・サーマルセラミックスのアジア太平洋市場規模・ …
  • 水中除草剤の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、水中除草剤の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、水中除草剤市場規模、手法別(水中、葉面)分析、作用機序別(選択的、非選択的)分析、種類別(イマザピル、トリクロピル、2,4-ジクロロフェノキシ酢酸、ジクワット、グリホセート、その他)分析、用途別(水産業、親水施設、農業用水、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 水中除草剤の世界市場:市場動向分析 ・ 水中除草剤の世界市場:競争要因分析 ・ 水中除草剤の世界市場:手法別(水中、葉面) ・ 水中除草剤の世界市場:作用機序別(選択的、非選択的) ・ 水中除草剤の世界市場:種類別(イマザピル、トリクロピル、2,4-ジクロロフェノキシ酢酸、ジクワット、グリホセート、その他) ・ 水中除草剤の世界市場:用途別(水産業、親水施設、農業用水、その他) ・ 水中除草剤の世界市場:主要地域別分析 ・ 水中除草剤の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 水中除草剤のヨーロッパ市場規模 …
  • フォト商品の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、フォト商品の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、フォト商品市場規模、製品別(壁装飾品、フォトカード、カレンダー、フォトギフト)分析、流通経路別(実店舗販売、オフライン販売)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・フォト商品の世界市場概要 ・フォト商品の世界市場環境 ・フォト商品の世界市場動向 ・フォト商品の世界市場規模 ・フォト商品の世界市場:業界構造分析 ・フォト商品の世界市場:製品別(壁装飾品、フォトカード、カレンダー、フォトギフト) ・フォト商品の世界市場:流通経路別(実店舗販売、オフライン販売) ・フォト商品の世界市場:地域別市場規模・分析 ・フォト商品のアメリカ市場規模・予測 ・フォト商品のヨーロッパ市場規模・予測 ・フォト商品のアジア市場規模・予測 ・フォト商品の主要国分析 ・フォト商品の世界市場:意思決定フレームワーク ・フォト商品の世界市場:成長要因、課題 ・フォト商品の世界市場:競争環境 ・ …
  • 警備・法執行用ロボットの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、警備・法執行用ロボットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、警備・法執行用ロボットの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のスチームオーブン市場2015
    本調査レポートでは、世界のスチームオーブン市場2015について調査・分析し、スチームオーブンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • フードロボティクスの世界市場2014-2025:ロボットのタイプ別(関節、平行、SCARA、円筒)、用途別(包装、再包装、パレタイジング、ピッキング、処理)、ペイロード別
    本調査レポートでは、フードロボティクスの世界市場について調査・分析し、フードロボティクスの世界市場動向、フードロボティクスの世界市場規模、市場予測、セグメント別フードロボティクス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 医療用使い捨て器具の世界市場分析:製品別(創傷管理、薬物送達、診断・研究、透析、失禁、呼吸用品、滅菌、不織布)、材料別(プラスチック樹脂、不織布、ゴム、紙・板紙、金属、ガラス)、エンドユーザー別(病院、在宅医療、外来/プライマリケア施設)、セグメント予測
    本調査レポートでは、医療用使い捨て器具の世界市場について調査・分析し、医療用使い捨て器具の世界市場動向、医療用使い捨て器具の世界市場規模、市場予測、セグメント別医療用使い捨て器具市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のプロピオン酸ナトリウム市場2015
    本調査レポートでは、世界のプロピオン酸ナトリウム市場2015について調査・分析し、プロピオン酸ナトリウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • フラフープの世界市場
    本資料は、フラフープの世界市場について調べ、フラフープの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(フィットネスフラフープ、ダンスフラフープ)分析、用途別(オンラインショッピング、小売)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはIntel Corporation、SAP SE、Cisco Systems, Inc、Microsoft Corporation、Oracle Corporation、IBM、PTC Inc.、Google Inc.、Hewlett Packard Enterprise、Amazon Web Series Inc.、Bosch Software Innovation GmbH、General Electric 、などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・フラフープの世界市場概要 ・フラフープの世界市場環境 ・フラフープの世界市場動向 ・フラフープの世界市場規模 ・フラフープの世界市場規模:種類別(フィットネスフラフープ、ダンスフラフー …
  • 中南米の農業用微量栄養素市場
  • 敗血症検査の世界市場:市場機会および成長戦略
  • アメリカのスマートフォン用音声認識市場
    当調査レポートでは、アメリカのスマートフォン用音声認識市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アメリカのスマートフォン用音声認識市場規模及び予測、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国の発電市場2016:市場動向、制度、競争状況
  • 世界の精密養殖市場:システム種類別(スマートフィーディングシステム、監視および制御システム、水中ROVS)、用途別(給餌管理、モニタリング)、提供別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)、地域別
    MarketsandMarkets社は、精密養殖の世界市場規模が2019年398百万ドルから2024年764百万ドルまで年平均14.0%成長すると予測しています。当資料では、世界の精密養殖市場を統合的に調査・分析し、市場概要、提供別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)分析、システム種類別(スマート給餌システム、監視制御システム、水中ロボットシステム、その他)分析、用途別(給餌管理、監視、制御および監視、その他)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などで構成されております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・業界トレンド ・世界の精密養殖市場:提供別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス) ・世界の精密養殖市場:システム種類別(スマート給餌システム、監視制御システム、水中ロボットシステム、その他) ・世界の精密養殖市場:用途別(給餌管理、監視、制御および監視、その他) ・世界の精密養殖市場:地域別 ・競合環境 ・企業概要
  • プリプレグの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、プリプレグの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、プリプレグの世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ナフサの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ナフサの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ナフサの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の分子生物学用試薬市場2015
    本調査レポートでは、世界の分子生物学用試薬市場2015について調査・分析し、分子生物学用試薬の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • マイクロカテーテルの世界市場予測(~2024年)
    マイクロカテーテルの世界市場は、2018年の6億8,800万米ドルから2024年には9億2,400万米ドルに達し、この期間中5.0%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、対象患者群の増加(心血管疾患、神経血管障害、がん)、低侵襲外科手術の採用の増加、およびマイクロカテーテルによる臨床研究の増加が考えられます。一方で、高額な製品価格、不利な課税方針、および貿易障壁により、市場の成長が制限されることが予測されています。当調査レポートでは、マイクロカテーテルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、種類別(デリバリー、診断、吸引、操縦可能)分析、デザイン別(シングルルーメン、デュアルルーメン)分析、用途別(心血管、神経血管、末梢血管、腫瘍、泌尿器科)分析、エンドユーザー別(病院、専門クリニック)分析、マイクロカテーテルの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 遠隔資産管理ソリューションの世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、遠隔資産管理ソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、ソリューション別分析、用途別分析、地域別分析、遠隔資産管理ソリューションの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の据置型鉛電池市場2015
    本調査レポートでは、世界の据置型鉛電池市場2015について調査・分析し、据置型鉛電池の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • バドミントン用品の世界市場:バドミントン・ラケット、羽根、靴
    当調査レポートでは、バドミントン用品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バドミントン用品の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • エプロン給鉱機の世界市場2020-2024:製品別、地域別
    「エプロン給鉱機の世界市場2020-2024」は、エプロン給鉱機について市場概要、市場規模、製品別(大型エプロンフィーダー、小型エプロンフィーダー)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題・トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・エプロン給鉱機の世界市場:製品別(大型エプロンフィーダー、小型エプロンフィーダー) ・顧客状況 ・地域状況 ・市場の要因・課題・トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • 光学イメージングシステムの世界市場分析:技術別(光音響トモグラフィ、光干渉断層撮影、ハイパースペクトル画像化、近赤外分光法)、製品別(イメージングシステム、光学イメージングソフトウェア、カメラ、照明システム、レンズ)、用途別(病理イメージング、術中イメージング)、エンドユーザー別、治療分野別(眼科、心臓病、腫瘍学、皮膚科、神経学)、セグメント予測
    本調査レポートでは、光学イメージングシステムの世界市場について調査・分析し、光学イメージングシステムの世界市場動向、光学イメージングシステムの世界市場規模、市場予測、セグメント別光学イメージングシステム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 中国の酸素装置市場2015
    本調査レポートでは、中国の酸素装置市場2015について調査・分析し、酸素装置の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 警察および法執行機関向け装備の世界市場2016-2026
    当調査レポートでは、警察および法執行機関向け装備の世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 1. レポート概要 2. 警察および法執行機関向け装備市場の概要 3. 警察および法執行機関向け装備の世界市場 2016-2026 4. 世界の警察および法執行機関向け装備2次市場予測 2016-2026 5. 主要国の警察および法執行機関向け装備市場予測 2016-2026 6. 警察および法執行機関向け装備市場のSWOT分析 2016-2026 7. 専門家の意見 8. 警察および法執行機関向け装備企業の主要9社 9. 結論および推奨事項 10. 用語集
  • 自動ビール醸造機の世界市場予測2019-2024
    「自動ビール醸造機の世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、半自動、全自動など、用途別には、Household、Commercialなどに区分してまとめた調査レポートです。自動ビール醸造機のグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・自動ビール醸造機の世界市場概要(サマリー) ・自動ビール醸造機の企業別販売量・売上 ・自動ビール醸造機の企業別市場シェア ・自動ビール醸造機の世界市場規模:種類別(半自動、全自動) ・自動ビール醸造機の世界市場規模:用途別(Household、Commercial) ・自動ビール醸造機の米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・自動ビール醸造機のアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・自動ビール醸造機の欧州市場規模(ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、ロシアなど) ・自動ビール醸造機の中東・アフリカ市場(エジプト、南アフリカ、トルコ、GCC諸国など) ・自動ビール …
  • 世界のPVDC市場2015
    本調査レポートでは、世界のPVDC市場2015について調査・分析し、PVDCの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • VCSELの世界市場:種類別(シングルモードVCSEL、マルチモードVCSEL)、用途別(データ通信、赤外線照明、センシング、ポンピング、GPS、その他)、地域別予測
    本資料は、VCSELの世界市場について調べ、VCSELの世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(シングルモードVCSEL、マルチモードVCSEL)分析、用途別(データ通信、赤外線照明、センシング、ポンピング、GPS、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・VCSELの世界市場概要 ・VCSELの世界市場環境 ・VCSELの世界市場動向 ・VCSELの世界市場規模 ・VCSELの世界市場規模:タイプ別(シングルモードVCSEL、マルチモードVCSEL) ・VCSELの世界市場規模:用途別(データ通信、赤外線照明、センシング、ポンピング、GPS、その他) ・VCSELの世界市場:地域別市場規模・分析 ・VCSELの北米市場規模・予測 ・VCSELのアメリカ市場規模・予測 ・VCSELのヨーロッパ市場規模・予測 ・VCSELのアジア市場規模・予測 ・VCSELの日本市場規模・予測 ・VCSELの中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • ダイヤモンド鋸刃の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ダイヤモンド鋸刃の世界市場について調査・分析し、ダイヤモンド鋸刃の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ダイヤモンド鋸刃シェア、市場規模推移、市場規模予測、ダイヤモンド鋸刃種類別分析(形状、直径寸法、接続技術)、ダイヤモンド鋸刃用途別分析(石材産業、建築産業、セラミック産業、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ダイヤモンド鋸刃の市場概観 ・ダイヤモンド鋸刃のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ダイヤモンド鋸刃のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ダイヤモンド鋸刃の世界市場規模 ・ダイヤモンド鋸刃の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ダイヤモンド鋸刃のアメリカ市場規模推移 ・ダイヤモンド鋸刃のカナダ市場規模推移 ・ダイヤモンド鋸刃のメキシコ市場規模推移 ・ダイヤモンド鋸刃のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ダイヤモンド鋸刃のドイツ市場規模推移 ・ダイヤモンド鋸刃のイギリス市場規模推移 ・ダイヤモンド鋸刃 …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"