"結腸ステントのアメリカ市場:ニチノール自己拡張型金属ステント(SEMS)、エルジロイ(自己拡張型金属ステント(SEMS))"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AMR9NV129)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"結腸ステントのアメリカ市場:ニチノール自己拡張型金属ステント(SEMS)、エルジロイ(自己拡張型金属ステント(SEMS))"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The U.S. colonic stents market was valued at $6.44 million in 2018 and is projected to reach $9.41 million by 2026, registering a CAGR of 4.8% from 2019 to 2026. A colonic stent is used to relieve acute colonic obstruction in colorectal cancer patients. The stent is compressed tightly onto a small delivery wire that allows the stent to be positioned across the tight narrowing to relieve blockage in the colon. Once opened, it relieves the obstruction by keeping the colon open that can take up to 24 hours for the stent to fully open. However, stents can be used when there is either a partial or complete blockage in the bowel to reduce the pressure in the bowel and relieve the obstruction. Further, stents are also used when surgery is not recommended as an alternative to keep the bowel working. It is usually performed by specialist doctors including endoscopist or by an interventional radiologist in the X-ray department.
Significant rise in incidences of colorectal cancer and benign strictures in the U.S are the major factors driving the U.S. colonic stents market. In addition, increase in demand for minimally invasive procedures and technological advancements regarding the development of more compatible metallic stents further propels the market growth of colonic stents in the near future. However, complications and high costs associated with colonic stents is anticipated to hamper the growth of the colonic stents market in the U.S. Moreover, colonic stenting improves the primary anastomosis rate with a low stoma creation in comparison with emergency surgery. Improved colonic stent such as self-expandable metallic stents (SEMS) is used for the bridge to surgery and it also able to cure patients with the palliative intent with advanced neoplastic disease, to avoid stoma and health care costs related to stoma. This provides a lucrative opportunity for the growth of the U.S. colonic stents market.

The report covers the U.S. colonic stents market forecast and analysis based on three categories that include product type, indication, and end user. Based on product type, the market is categorized into nitinol self-expandable metal stents, and elgiloy self-expandable metal stents. On the basis of indication, it is categorized into colorectal cancer, colonic benign strictures and others. By end user, the market is bifurcated into hospitals and specialty clinics.

KEY BENEFITS FOR STAKEHOLDERS
• This report entails a detailed quantitative analysis along with the current U.S. colonic stents market trends from 2019 to 2026 to identify the prevailing opportunities along with the strategic assessment.
• The market size and estimations are based on a comprehensive analysis of key developments in the industry.
• A qualitative analysis based on innovative products facilitates strategic business planning.
• The development strategies adopted by the key market players are enlisted to understand the competitive scenario of the market

Key Market Segments
By Product Type
Self-Expandable Metal Stents
o Nitinol Stent
o Elgiloy
By Indication
• Colorectal Cancer/Bridge to Surgery
• Benign Colonic Strictures
• Other Indications
By End User
• Hospitals
• Specialty Clinics

The key players profiled in this report are as follows:
• Boston Scientific Corporation
• Cook Medical Inc
• Cook Medical Inc
• Taewoong
• MI-TECH
• Olympus Corporation


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Allied Market Researchが"結腸ステントのアメリカ市場:ニチノール自己拡張型金属ステント(SEMS)、エルジロイ(自己拡張型金属ステント(SEMS))"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

CHAPTER 1: INTRODUCTION

1.1. Report description
1.2. Key benefits for stakeholders
1.3. Key market segments
1.4. Research Methodology

1.4.1. Secondary research
1.4.2. Primary research
1.4.3. Analyst tools and models

CHAPTER 2: EXECUTIVE SUMMARY

2.1. Key findings of the study
2.2. CXO perspective

CHAPTER 3: MARKET OVERVIEW

3.1. Market definition and scope
3.2. Key findings

3.2.1. Top investment pockets

3.3. Porter’s five forces analysis
3.4. Market share analysis, 2018
3.5. Market dynamics

3.5.1. Drivers

3.5.1.1. High incidence of colorectal cancer in the U.S.
3.5.1.2. Significant agreements and collaborations in the colonic stent industry

3.5.2. Restraint

3.5.2.1. Product recalls associated with colonic stents

3.5.3. Opportunity

3.5.3.1. Development of innovative smartphone applications

3.6. Pricing Analysis, 2018-2026

CHAPTER 4: U.S. COLONIC STENTS MARKET, BY PRODUCT TYPE

4.1. Overview

4.1.1. Self-Expandable Metal Stents (SEMSs)

4.1.1.1. Market size and forecast
4.1.1.2. Nitinol Stent

4.1.1.2.1. Market size and forecast

4.1.1.3. Elgiloy stent

4.1.1.3.1. Market size and forecast

CHAPTER 5: U.S. COLONIC STENTS MARKET, BY INDICATION

5.1. Overview

5.1.1. Market size and forecast

5.2. Colorectal Cancer/Bridge to Surgery

5.2.1. Market size and forecast

5.3. Colonic benign strictures

5.3.1. Market size and forecast

5.4. Other Indications

5.4.1. Market size and forecast

CHAPTER 6: U.S. COLONIC STENTS MARKET, BY END USER

6.1. Overview

6.1.1. Market size and forecast

6.2. Hospitals

6.2.1. Market size and forecast

6.3. Specialty Clinics

6.3.1. Market size and forecast

CHAPTER 7: COMPANY PROFILES

7.1. BOSTON SCIENTIFIC CORPORATION

7.1.1. Company overview
7.1.2. Company snapshot
7.1.3. Operating business segments
7.1.4. Product Portfolio
7.1.5. Business performance

7.2. COOK MEDICAL INC.

7.2.1. Company overview
7.2.2. Company snapshot
7.2.3. Operating business segments
7.2.4. Product portfolio

7.3. ELLA – CS, s.r.o. (ELLA-CS)

7.3.1. Company overview
7.3.2. Company snapshot
7.3.3. Operating business segments
7.3.4. Product portfolio

7.4. TAEWOONG

7.4.1. Company overview
7.4.2. Company snapshot
7.4.3. Operating business segments
7.4.4. Product portfolio

7.5. M.I. TECH

7.5.1. Company overview
7.5.2. Company snapshot
7.5.3. Operating business segments
7.5.4. Product portfolio
7.5.5. Key strategic moves and developments

7.6. Olympus Corporation

7.6.1. Company overview
7.6.2. Company snapshot
7.6.3. Operating business segments
7.6.4. Product portfolio
7.6.5. Business performance

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】結腸ステントのアメリカ市場:ニチノール自己拡張型金属ステント(SEMS)、エルジロイ(自己拡張型金属ステント(SEMS))
【発行日】2019年7月
【調査会社】Allied Market Research
【コード】AMR9NV129
【対象地域】アメリカ
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】医療
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
結腸ステントのアメリカ市場:ニチノール自己拡張型金属ステント(SEMS)、エルジロイ(自己拡張型金属ステント(SEMS))についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 化学品倉庫保管・保管の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、化学品倉庫保管・保管の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、化学品倉庫保管・保管市場規模、種類別(一般倉庫、特殊倉庫)分析、用途別分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・化学品倉庫保管・保管の世界市場概要 ・化学品倉庫保管・保管の世界市場環境 ・化学品倉庫保管・保管の世界市場動向 ・化学品倉庫保管・保管の世界市場規模 ・化学品倉庫保管・保管の世界市場:業界構造分析 ・化学品倉庫保管・保管の世界市場:種類別(一般倉庫、特殊倉庫) ・化学品倉庫保管・保管の世界市場:用途別 ・化学品倉庫保管・保管の世界市場:地域別市場規模・分析 ・化学品倉庫保管・保管の北米市場規模・予測 ・化学品倉庫保管・保管のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・化学品倉庫保管・保管のアジア太平洋市場規模・予測 ・化学品倉庫保管・保管の主要国分析 ・化学品倉庫保管・保管の世界市場:意思決定フレームワーク ・化学品倉庫保管・保管の世界市場:成長要 …
  • 不可視視矯正装置の世界市場:クリア・アライナ、セラミック・ブレース、リンガル・ブレース
    当調査レポートでは、不可視視矯正装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、不可視視矯正装置の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • リグノスルホン酸の世界市場
    当調査レポートでは、リグノスルホン酸 の世界市場について調査・分析し、リグノスルホン酸 の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • ガス分析器/ガスセンサ/ガス検知器の世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、ガス分析器/ガスセンサ/ガス検知器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、技術別分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、ガス分析器/ガスセンサ/ガス検知器の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の動物用参照試験所市場:サービス種類別(臨床化学、血液学、免疫診断、分子診断)、用途別(病理学、細菌学、ウイルス学、寄生虫学)、動物別(犬、猫、牛、家禽、豚)
    MarketsandMarkets社は、動物用参照試験所の世界市場規模が2019年29億ドルから2024年48億ドルまで年平均10.7%成長すると予測しています。本書は、世界の動物用参照試験所市場について調査・分析し、市場概要、サービス種類別(免疫診断サービス、臨床化学サービス、分子診断サービス、血液学サービス、尿検査サービス、その他のサービス)分析、用途別(臨床病理学、細菌学、ウイルス学、寄生虫学、生産性検査、妊娠検査、毒性検査)分析、動物別(コンパニオンアニマル、家畜動物)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・業界動向 ・世界の動物用参照試験所市場:サービス種類別(免疫診断サービス、臨床化学サービス、分子診断サービス、血液学サービス、尿検査サービス、その他のサービス) ・世界の動物用参照試験所市場:用途別(臨床病理学、細菌学、ウイルス学、寄生虫学、生産性検査、妊娠検査、毒性検査) ・世界の動物用参照試験所市場:動物別(コンパニオンアニマル、家畜動物) ・世界の動 …
  • 産業用安全ゲートの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、産業用安全ゲートの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用安全ゲートの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ペットの健康の世界市場2014-2025:動物のタイプ別、製品別(ワクチン、医薬品、餌の添加物、診断)、流通経路別、最終用途別
    本調査レポートでは、ペットの健康の世界市場について調査・分析し、ペットの健康の世界市場動向、ペットの健康の世界市場規模、市場予測、セグメント別ペットの健康市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 機械的試験機器の世界市場2017-2021:非破壊試験(NDT)装置、状態監視装置、騒音・振動・ハーシュネス(NVH)装置、材料試験装置
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、機械的試験機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、機械的試験機器の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は機械的試験機器の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.87%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はApplied Test Systems、Illinois Tool Works、MTS Systems、Shimadzu、Zwick Roell等です。
  • 自動車ナイトビジョンシステム(NVS)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、自動車ナイトビジョンシステム(NVS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車ナイトビジョンシステム(NVS)の世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 炎症性腸疾患(IBD)治療薬の世界市場予測
    当調査レポートでは、炎症性腸疾患(IBD)治療薬の世界市場について調査・分析し、炎症性腸疾患(IBD)治療薬の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・炎症性腸疾患(IBD)治療薬の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・炎症性腸疾患(IBD)治療薬の世界市場:セグメント別市場分析 ・炎症性腸疾患(IBD)治療薬の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 外来医療サービスの世界市場:タイプ別(プライマリーケア診療所、救急診療部門、外科診療専門部門、専門医療)、地域別予測
    本資料は、外来医療サービスの世界市場について調べ、外来医療サービスの世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(プライマリーケア診療所、救急診療部門、外科診療専門部門、専門医療)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・外来医療サービスの世界市場概要 ・外来医療サービスの世界市場環境 ・外来医療サービスの世界市場動向 ・外来医療サービスの世界市場規模 ・外来医療サービスの世界市場規模:タイプ別(プライマリーケア診療所、救急診療部門、外科診療専門部門、専門医療) ・外来医療サービスの世界市場:地域別市場規模・分析 ・外来医療サービスの北米市場規模・予測 ・外来医療サービスのアメリカ市場規模・予測 ・外来医療サービスのヨーロッパ市場規模・予測 ・外来医療サービスのアジア市場規模・予測 ・外来医療サービスの日本市場規模・予測 ・外来医療サービスの中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • 核酸単離および核酸精製の世界市場:製品別、タイプ別(DNA、RNA)、用途別(創薬、腫瘍学)、手法別、最終用途別、セグメント予測
    核酸単離および核酸精製の世界市場は2025年には36億米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率6.8%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、DNAシーケンシングのコストの削減、遺伝学、オーダーメイド医療、および診断法の継続的な発展、そしてポリヌクレオチドの単離と精製に使用される機器やツールの自動化と技術進歩が考えられます。本調査レポートでは、核酸単離および核酸精製の世界市場について調査・分析し、核酸単離および核酸精製の世界市場動向、核酸単離および核酸精製の世界市場規模、市場予測、セグメント別核酸単離および核酸精製市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 原油パイプラインの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、原油パイプラインの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、原油パイプラインの世界市場規模及び予測、パイプライン種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • アルミニウム製熱シールドの世界市場
  • 世界の体形矯正デバイス市場2015
    本調査レポートでは、世界の体形矯正デバイス市場2015について調査・分析し、体形矯正デバイスの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 食品非加熱処理の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、食品非加熱処理の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、食品非加熱処理市場規模、技術別(HPP、照射、低温プラズマ、超音波、PEF)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・食品非加熱処理の世界市場概要 ・食品非加熱処理の世界市場環境 ・食品非加熱処理の世界市場動向 ・食品非加熱処理の世界市場規模 ・食品非加熱処理の世界市場:業界構造分析 ・食品非加熱処理の世界市場:技術別(HPP、照射、低温プラズマ、超音波、PEF) ・食品非加熱処理の世界市場:地域別市場規模・分析 ・食品非加熱処理の北米市場規模・予測 ・食品非加熱処理のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・食品非加熱処理のアジア太平洋市場規模・予測 ・食品非加熱処理の主要国分析 ・食品非加熱処理の世界市場:意思決定フレームワーク ・食品非加熱処理の世界市場:成長要因、課題 ・食品非加熱処理の世界市場:競争環境 ・食品非加熱処理の世界市場:関連企業情報(ベンダ …
  • 炭酸マンガンの世界市場
    当調査レポートでは、炭酸マンガンの世界市場について調査・分析し、炭酸マンガンの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • チップスケールパッケージ(CSP)LEDの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、チップスケールパッケージ(CSP)LEDの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、用途別(バックライトユニット(BLU)、フラッシュ照明、一般照明、自動車、その他)分析、電力範囲別(低・中出力、高出力)分析、チップスケールパッケージ(CSP)LEDの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 石油・ガス産業向け産業自動化ソリューションの世界市場予測(~2023年)
    当調査レポートでは、石油・ガス産業向け産業自動化ソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、ソリューション別分析、装置別分析、地域別分析、石油・ガス産業向け産業自動化ソリューションの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 脂質栄養の世界市場予測(~2022年):オメガ3、オメガ6、MCT
    当調査レポートでは、脂質栄養の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、種類別分析、原料別分析、用途別分析、地域別分析、脂質栄養の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • チューブ包装の世界市場分析・予測
    Market Research Future社が発行した当調査レポートでは、チューブ包装の世界市場について調査・分析し、チューブ包装の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 心血管危険因子(Cardiovascular Risk Factors):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における心血管危険因子(Cardiovascular Risk Factors)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、心血管危険因子(Cardiovascular Risk Factors)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・心血管危険因子(Cardiovascular Risk Factors)の概要 ・心血管危険因子(Cardiovascular Risk Factors)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の心血管危険因子(Cardiovascular Risk Factors)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・心血管危険因子(C …
  • RFIDスマート・アンテナの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、RFIDスマート・アンテナの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、RFIDスマート・アンテナの世界市場規模及び予測、技術別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、コスト分析、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • コールドエンド排気装置のアフターマーケットの世界市場分析:システム別(ベーシック、パフォーマンス)、車両別(乗用車、商用車)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東・アフリカ)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、コールドエンド排気装置のアフターマーケットの世界市場について調査・分析し、コールドエンド排気装置のアフターマーケットの世界市場動向、コールドエンド排気装置のアフターマーケットの世界市場規模、市場予測、セグメント別コールドエンド排気装置のアフターマーケット市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 航空機客室内装の世界市場ー産業および機会分析ー2016-2026:床、サイドウォール、ライナー、カート、荷物入れ、座席
  • 世界のファブレット市場2015
    本調査レポートでは、世界のファブレット市場2015について調査・分析し、ファブレットの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • マルチプロトコルラベルスイッチング(MPLS)インターネットプロトコル(IP)仮想プライベートネットワーク(VPN)サービスの世界市場分析:サービス別(レイヤ2、レイヤ3)、用途別(自動機、ビデオ会議、音声会議)、セグメント予測、-2020
    本調査レポートでは、マルチプロトコルラベルスイッチング(MPLS)インターネットプロトコル(IP)仮想プライベートネットワーク(VPN)サービスの世界市場について調査・分析し、マルチプロトコルラベルスイッチング(MPLS)インターネットプロトコル(IP)仮想プライベートネットワーク(VPN)サービスの世界市場動向、マルチプロトコルラベルスイッチング(MPLS)インターネットプロトコル(IP)仮想プライベートネットワーク(VPN)サービスの世界市場規模、市場予測、セグメント別マルチプロトコルラベルスイッチング(MPLS)インターネットプロトコル(IP)仮想プライベートネットワーク(VPN)サービス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 自己免疫疾患の世界市場:疾患別(限局性、全身性)、診断別(IFA、ELISA、ドットブロット、ラインブロット、凝集反応、二重免疫拡散法、ウエスタンブロッティング、多重イムノアッセイ、その他)、製品別(医薬品、治療・モニター機器、診断機器)、地域別予測
    本資料は、自己免疫疾患の世界市場について調べ、自己免疫疾患の世界規模、市場動向、市場環境、疾患別(限局性、全身性)分析、診断別(IFA、ELISA、ドットブロット、ラインブロット、凝集反応、二重免疫拡散法、ウエスタンブロッティング、多重イムノアッセイ、その他)分析、製品別(医薬品、治療・モニター機器、診断機器)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはAbbott Laboratories、Active Biotech、Eli Lilly、Bristol-Myers Squibb、AstraZeneca plc、Pfizer、Biogen Idec、Lupin Limited、GlaxoSmithKline、Amgen、4SC、F. Hoffmann-La Roche Ltd.、AutoImmune Inc.、Johnson & Johnson、Bayerなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・自己免疫疾患の世界市場概要 ・自己免疫疾患の世界市場環境 …
  • ヘルスケア予測分析の世界市場規模・予測:用途別(オペレーションマネジメント、財務、人々の健康、臨床)、エンドユーザー別(支払者、提供者)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、MEA)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、ヘルスケア予測分析の世界市場について調査・分析し、ヘルスケア予測分析の世界市場動向、ヘルスケア予測分析の世界市場規模、市場予測、セグメント別ヘルスケア予測分析市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • アメリカの感染症検査市場動向(~2021)
  • ハブモーターの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、ハブモーターの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ハブモーター市場規模、モーター別(ギアレスハブモーター、ギヤードハブモーター)分析、出力別(3000W以上、1000~3000W、1000W以下)分析、設置別(リアハブモーター、フロントハブモーター、全ドライブ)分析、販売チャネル別(OEM、アフターマーケット)分析、冷却方法別(空気冷却、水冷)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ ハブモーターの世界市場:市場動向分析 ・ ハブモーターの世界市場:競争要因分析 ・ ハブモーターの世界市場:モーター別(ギアレスハブモーター、ギヤードハブモーター) ・ ハブモーターの世界市場:出力別(3000W以上、1000~3000W、1000W以下) ・ ハブモーターの世界市場:設置別(リアハブモーター、フロントハブモーター、全ドライブ) ・ ハブモーターの世界市場:販売チャネル別(OEM、アフターマーケット) ・ ハブモーターの世 …
  • 3Dコンクリートプリンティングの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、3Dコンクリートプリンティングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、サービス(プリンティング、材料)別分析、手法(押出成形、粉末)別分析、エンドユーザーセクター(建築、インフラ)別分析、3Dコンクリートプリンティングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国のサファイアインゴット市場2015
    本調査レポートでは、中国のサファイアインゴット市場2015について調査・分析し、サファイアインゴットの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のパーソナルクラウド市場:収益種類別(直接収益および間接収益)、ユーザー種類別(企業および消費者)、地域別
    MarketsandMarkets社は、パーソナルクラウドの世界市場規模が2019年237億ドルから2024年734億ドルまで年平均25.4%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界のパーソナルクラウド市場を広く調査・分析し、市場概要、価格戦略別(フリーミアムモデル、無料ユーザーVS有料ユーザー)分析、収益タイプ別(直接収入、間接収入)分析、ユーザー種類別(企業、消費者)分析、地域別分析、競合動向、企業概要などで取りまとめております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界のパーソナルクラウド市場:価格戦略別(フリーミアムモデル、無料ユーザーVS有料ユーザー) ・世界のパーソナルクラウド市場:収益タイプ別(直接収入、間接収入) ・世界のパーソナルクラウド市場:ユーザー種類別(企業、消費者) ・世界のパーソナルクラウド市場:地域別 ・競合動向 ・企業概要
  • スマートオフィスの世界市場予測(~2023年):スマート照明/照明制御、セキュリティシステム、エネルギー管理システム、空調管理システム、AV会議システム
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、スマートオフィスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、製品別分析、ソフトウェア・サービス別分析、種類別分析、地域別分析、スマートオフィスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 液体精密ろ過の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、液体精密ろ過の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、液体精密ろ過の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • PVC添加剤の世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、PVC添加剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、製造プロセス別分析、用途別分析、地域別分析、PVC添加剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • アルゼンチンのポリプロピレン市場(~2019)
  • 世界のメトホルミン市場2015
    本調査レポートでは、世界のメトホルミン市場2015について調査・分析し、メトホルミンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ペクチンの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ペクチンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ペクチンの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • 電気自動車(EV)向けリレー世界市場2017-2021:PCBリレー、プラグインリレー
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、電気自動車(EV)向けリレー世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電気自動車(EV)向けリレー世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は電気自動車(EV)向けリレー世界市場が2017-2021年期間中に年平均15.48%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はDENSO CORPORATION、Panasonic、TE connectivity等です。
  • 接着剤・シーラント剤の世界市場:技術別、製品別、アプリケーション別、地域別、セグメント予測
    本調査レポートでは、接着剤・シーラント剤の世界市場について調査・分析し、接着剤・シーラント剤の世界市場動向、接着剤・シーラント剤の世界市場規模、市場予測、セグメント別接着剤・シーラント剤市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のレーザエッチング装置市場2015
    本調査レポートでは、世界のレーザエッチング装置市場2015について調査・分析し、レーザエッチング装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 神経血管用機器の世界市場
    当調査レポートでは、神経血管用機器の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・神経血管用機器の世界市場:需要先別分析/市場規模 ・神経血管用機器の世界市場:製品別分析/市場規模 ・神経血管用機器の世界市場:技術別分析/市場規模 ・神経血管用機器の世界市場:地域別分析/市場規模 ・神経血管用機器のアメリカ市場規模予測 ・神経血管用機器のヨーロッパ市場規模予測 ・神経血管用機器のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 掘削孔拡大システムの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、掘削孔拡大システムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、掘削孔拡大システム市場規模、用途別(オンショア、オフショア)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・掘削孔拡大システムの世界市場概要 ・掘削孔拡大システムの世界市場環境 ・掘削孔拡大システムの世界市場動向 ・掘削孔拡大システムの世界市場規模 ・掘削孔拡大システムの世界市場:業界構造分析 ・掘削孔拡大システムの世界市場:用途別(オンショア、オフショア) ・掘削孔拡大システムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・掘削孔拡大システムの北米市場規模・予測 ・掘削孔拡大システムのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・掘削孔拡大システムのアジア太平洋市場規模・予測 ・掘削孔拡大システムの主要国分析 ・掘削孔拡大システムの世界市場:意思決定フレームワーク ・掘削孔拡大システムの世界市場:成長要因、課題 ・掘削孔拡大システムの世界市場:競争環境 ・掘削孔拡大システムの世 …
  • 欧州主要国の心臓血管外科用機器市場見通し(~2021)
  • 世界の血液型試薬市場:エンドユーザー別、地域別
    本調査レポートは血液型試薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、エンドユーザー別(病院及び血液銀行、臨床検査室、学術研究機関)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・血液型試薬の世界市場:エンドユーザー別(病院及び血液銀行、臨床検査室、学術研究機関) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • セーフティニードルの世界市場:製品別(アクティブセーフティニードル、パッシブセーフティニードル)、エンドユーザー別(病院、糖尿病患者、地域医療、精神科、その他)、地域別予測
    本資料は、セーフティニードルの世界市場について調べ、セーフティニードルの世界規模、市場動向、市場環境、製品別(アクティブセーフティニードル、パッシブセーフティニードル)分析、エンドユーザー別(病院、糖尿病患者、地域医療、精神科、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはB.Braun Melsungen AG、Becton, Dickinson, and Company、Johnson & Johnson、Medtronic PLC、Nipro Corporation、Novo Nordisk、Smith’s Group PLCなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・セーフティニードルの世界市場概要 ・セーフティニードルの世界市場環境 ・セーフティニードルの世界市場動向 ・セーフティニードルの世界市場規模 ・セーフティニードルの世界市場規模:製品別(アクティブセーフティニードル、パッシブセーフティニードル) ・セーフティニードルの世界市場規模: …
  • 世界のインスリンリスプロ市場2015
    本調査レポートでは、世界のインスリンリスプロ市場2015について調査・分析し、インスリンリスプロの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 不妊検査・不妊治療のアジア市場
    本調査レポートでは、不妊検査・不妊治療のアジア市場について調査・分析し、不妊検査・不妊治療のアジア市場動向、市場予測、セグメント別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"