"結腸ステントのアメリカ市場:ニチノール自己拡張型金属ステント(SEMS)、エルジロイ(自己拡張型金属ステント(SEMS))"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AMR9NV129)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"結腸ステントのアメリカ市場:ニチノール自己拡張型金属ステント(SEMS)、エルジロイ(自己拡張型金属ステント(SEMS))"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The U.S. colonic stents market was valued at $6.44 million in 2018 and is projected to reach $9.41 million by 2026, registering a CAGR of 4.8% from 2019 to 2026. A colonic stent is used to relieve acute colonic obstruction in colorectal cancer patients. The stent is compressed tightly onto a small delivery wire that allows the stent to be positioned across the tight narrowing to relieve blockage in the colon. Once opened, it relieves the obstruction by keeping the colon open that can take up to 24 hours for the stent to fully open. However, stents can be used when there is either a partial or complete blockage in the bowel to reduce the pressure in the bowel and relieve the obstruction. Further, stents are also used when surgery is not recommended as an alternative to keep the bowel working. It is usually performed by specialist doctors including endoscopist or by an interventional radiologist in the X-ray department.
Significant rise in incidences of colorectal cancer and benign strictures in the U.S are the major factors driving the U.S. colonic stents market. In addition, increase in demand for minimally invasive procedures and technological advancements regarding the development of more compatible metallic stents further propels the market growth of colonic stents in the near future. However, complications and high costs associated with colonic stents is anticipated to hamper the growth of the colonic stents market in the U.S. Moreover, colonic stenting improves the primary anastomosis rate with a low stoma creation in comparison with emergency surgery. Improved colonic stent such as self-expandable metallic stents (SEMS) is used for the bridge to surgery and it also able to cure patients with the palliative intent with advanced neoplastic disease, to avoid stoma and health care costs related to stoma. This provides a lucrative opportunity for the growth of the U.S. colonic stents market.

The report covers the U.S. colonic stents market forecast and analysis based on three categories that include product type, indication, and end user. Based on product type, the market is categorized into nitinol self-expandable metal stents, and elgiloy self-expandable metal stents. On the basis of indication, it is categorized into colorectal cancer, colonic benign strictures and others. By end user, the market is bifurcated into hospitals and specialty clinics.

KEY BENEFITS FOR STAKEHOLDERS
• This report entails a detailed quantitative analysis along with the current U.S. colonic stents market trends from 2019 to 2026 to identify the prevailing opportunities along with the strategic assessment.
• The market size and estimations are based on a comprehensive analysis of key developments in the industry.
• A qualitative analysis based on innovative products facilitates strategic business planning.
• The development strategies adopted by the key market players are enlisted to understand the competitive scenario of the market

Key Market Segments
By Product Type
Self-Expandable Metal Stents
o Nitinol Stent
o Elgiloy
By Indication
• Colorectal Cancer/Bridge to Surgery
• Benign Colonic Strictures
• Other Indications
By End User
• Hospitals
• Specialty Clinics

The key players profiled in this report are as follows:
• Boston Scientific Corporation
• Cook Medical Inc
• Cook Medical Inc
• Taewoong
• MI-TECH
• Olympus Corporation


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Allied Market Researchが"結腸ステントのアメリカ市場:ニチノール自己拡張型金属ステント(SEMS)、エルジロイ(自己拡張型金属ステント(SEMS))"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

CHAPTER 1: INTRODUCTION

1.1. Report description
1.2. Key benefits for stakeholders
1.3. Key market segments
1.4. Research Methodology

1.4.1. Secondary research
1.4.2. Primary research
1.4.3. Analyst tools and models

CHAPTER 2: EXECUTIVE SUMMARY

2.1. Key findings of the study
2.2. CXO perspective

CHAPTER 3: MARKET OVERVIEW

3.1. Market definition and scope
3.2. Key findings

3.2.1. Top investment pockets

3.3. Porter’s five forces analysis
3.4. Market share analysis, 2018
3.5. Market dynamics

3.5.1. Drivers

3.5.1.1. High incidence of colorectal cancer in the U.S.
3.5.1.2. Significant agreements and collaborations in the colonic stent industry

3.5.2. Restraint

3.5.2.1. Product recalls associated with colonic stents

3.5.3. Opportunity

3.5.3.1. Development of innovative smartphone applications

3.6. Pricing Analysis, 2018-2026

CHAPTER 4: U.S. COLONIC STENTS MARKET, BY PRODUCT TYPE

4.1. Overview

4.1.1. Self-Expandable Metal Stents (SEMSs)

4.1.1.1. Market size and forecast
4.1.1.2. Nitinol Stent

4.1.1.2.1. Market size and forecast

4.1.1.3. Elgiloy stent

4.1.1.3.1. Market size and forecast

CHAPTER 5: U.S. COLONIC STENTS MARKET, BY INDICATION

5.1. Overview

5.1.1. Market size and forecast

5.2. Colorectal Cancer/Bridge to Surgery

5.2.1. Market size and forecast

5.3. Colonic benign strictures

5.3.1. Market size and forecast

5.4. Other Indications

5.4.1. Market size and forecast

CHAPTER 6: U.S. COLONIC STENTS MARKET, BY END USER

6.1. Overview

6.1.1. Market size and forecast

6.2. Hospitals

6.2.1. Market size and forecast

6.3. Specialty Clinics

6.3.1. Market size and forecast

CHAPTER 7: COMPANY PROFILES

7.1. BOSTON SCIENTIFIC CORPORATION

7.1.1. Company overview
7.1.2. Company snapshot
7.1.3. Operating business segments
7.1.4. Product Portfolio
7.1.5. Business performance

7.2. COOK MEDICAL INC.

7.2.1. Company overview
7.2.2. Company snapshot
7.2.3. Operating business segments
7.2.4. Product portfolio

7.3. ELLA – CS, s.r.o. (ELLA-CS)

7.3.1. Company overview
7.3.2. Company snapshot
7.3.3. Operating business segments
7.3.4. Product portfolio

7.4. TAEWOONG

7.4.1. Company overview
7.4.2. Company snapshot
7.4.3. Operating business segments
7.4.4. Product portfolio

7.5. M.I. TECH

7.5.1. Company overview
7.5.2. Company snapshot
7.5.3. Operating business segments
7.5.4. Product portfolio
7.5.5. Key strategic moves and developments

7.6. Olympus Corporation

7.6.1. Company overview
7.6.2. Company snapshot
7.6.3. Operating business segments
7.6.4. Product portfolio
7.6.5. Business performance

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】結腸ステントのアメリカ市場:ニチノール自己拡張型金属ステント(SEMS)、エルジロイ(自己拡張型金属ステント(SEMS))
【発行日】2019年7月
【調査会社】Allied Market Research
【コード】AMR9NV129
【対象地域】アメリカ
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】医療
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
結腸ステントのアメリカ市場:ニチノール自己拡張型金属ステント(SEMS)、エルジロイ(自己拡張型金属ステント(SEMS))についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 電気手術機器の世界市場:企業動向
  • 電子顕微鏡の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、電子顕微鏡の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電子顕微鏡の世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ブラジルの心臓血管補綴装置市場(~2021)
  • ペイメントゲートウェイの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ペイメントゲートウェイの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ペイメントゲートウェイの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ENT(耳鼻咽喉科)の世界市場 :インサイト、市場機会、市場シェア、市場予測
    本調査レポートでは、ENT(耳鼻咽喉科)の世界市場について調査・分析し、市場インサイト、市場機会、市場シェア、市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・ENT(耳鼻咽喉科)の世界市場:イントロダクション ・ENT(耳鼻咽喉科)の世界市場:市場概観 ・ENT(耳鼻咽喉科)の世界市場:市場動向(促進要因、阻害要因、市場機会) ・ENT(耳鼻咽喉科)の世界市場:セグメント別市場分析 ・ENT(耳鼻咽喉科)の世界市場:製品別分析/市場規模 ・ENT(耳鼻咽喉科)の世界市場:需要先別分析/市場規模 ・ENT(耳鼻咽喉科)の世界市場:主要地域別市場分析 ・ENT(耳鼻咽喉科)の世界市場:関連企業分析
  • 精密医療(診断・治療)の世界市場:用途別(遺伝子検査、難解な検査、医薬品、医療機器)最終用途別、セグメント予測
    精密医療(診断・治療)の世界市場は2025年には855億米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率9.9%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、コスト効果の高いゲノムおよび分子生物学的検査の導入、がんや希少疾病の罹患率の増加、ならびに精密医療におけるビッグデータの使用増加が考えられます。本調査レポートでは、精密医療(診断・治療)の世界市場について調査・分析し、精密医療(診断・治療)の世界市場動向、精密医療(診断・治療)の世界市場規模、市場予測、セグメント別精密医療(診断・治療)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 電動スクーター・バイクの世界市場予測(~2027年)
    当調査レポートでは、電動スクーター・バイクの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、車両タイプ別(Eスクーター/モペットおよびEモーターサイクル)分析、電池タイプ別(密閉型鉛酸およびリチウムイオン)分析、対象距離別分析、電圧別(36V、48V、60Vおよび72V)分析、電動スクーター・バイクの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、電動スクーター・バイクの世界市場規模が2019年684千台から2027年7971千台まで年平均35.8%成長すると予測しています。
  • コスメシューティカルの世界市場
    当調査レポートでは、コスメシューティカルの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・コスメシューティカルの世界市場:製品種類別分析/市場規模 ・コスメシューティカルの世界市場:化学成分別分析/市場規模 ・コスメシューティカルの世界市場:地域別分析/市場規模 ・コスメシューティカルのアメリカ市場規模予測 ・コスメシューティカルのヨーロッパ市場規模予測 ・コスメシューティカルのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • サイバー戦争の世界市場2018–2025:用途別(防衛、政府、航空宇宙、家庭、コーポレート)、地域別
    本調査レポートでは、サイバー戦争の世界市場について調査・分析し、サイバー戦争の世界市場動向、サイバー戦争の世界市場規模、市場予測、セグメント別サイバー戦争市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 鉱業におけるロボットの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、鉱業におけるロボットの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、鉱業におけるロボット市場規模、用途別(マテリアルハンドリング、測量・マッピング、掘削、その他)分析、ソリューション別(ソフトウェア、サービス、ハードウェア)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・鉱業におけるロボットの世界市場概要 ・鉱業におけるロボットの世界市場環境 ・鉱業におけるロボットの世界市場動向 ・鉱業におけるロボットの世界市場規模 ・鉱業におけるロボットの世界市場:業界構造分析 ・鉱業におけるロボットの世界市場:用途別(マテリアルハンドリング、測量・マッピング、掘削、その他) ・鉱業におけるロボットの世界市場:ソリューション別(ソフトウェア、サービス、ハードウェア) ・鉱業におけるロボットの世界市場:地域別市場規模・分析 ・鉱業におけるロボットのアメリカ市場規模・予測 ・鉱業におけるロボットのヨーロッパ市場規模・予測 ・鉱業におけるロボット …
  • 医療用リフティングスリングの世界市場
    当調査レポートでは、医療用リフティングスリングの世界市場について調査・分析し、医療用リフティングスリングの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • インフルエンザ検査の世界市場予測(~2021年):迅速インフルエンザ検出、ウイルス培養、直接免疫蛍光分析(DFA)、血清学的検査、分子診断
    当調査レポートでは、インフルエンザ検査の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、検査種類別分析、需要先別分析、地域別分析、インフルエンザ検査の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ギアオイルの世界市場予測(~2022年):ミネラルオイル、合成オイル、部分合成オイル、バイオ系オイル
    当調査レポートでは、ギアオイルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、基油別分析、需要先別分析、用途別分析、地域別分析、ギアオイルの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • シェールガス処理装置の世界市場:コンポーネント別(コンプレッサー&ポンプ、電気機械、熱交換器、内燃エンジン、測定および制御デバイス、その他)
    当調査レポートでは、シェールガス処理装置の世界市場について調査・分析し、イントロダクション、エグゼクティブサマリ-、市場概要、コンポーネント別分析、地域別分析、競合分析、企業概要などを含め以下の構成でお届けします。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・シェールガス処理装置の世界市場:コンポーネント別(コンプレッサー&ポンプ、電気機械、熱交換器、内燃エンジン、測定および制御デバイス、その他) ・シェールガス処理装置の世界市場:地域別 ・競合分析 ・企業概要
  • クラウドストレージソリューションの世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、クラウドストレージソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、ソリューション別分析、サービス別分析、導入形態別分析、産業別分析、クラウドストレージソリューションの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ポリアミド樹脂の世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、ポリアミド樹脂の世界市場について調べ、ポリアミド樹脂の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ポリアミド樹脂の市場規模をセグメンテーション別(種類別(反応性ポリアミド樹脂、非反応性ポリアミド樹脂)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社はポリアミド樹脂の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均6%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・ポリアミド樹脂の市場状況 ・ポリアミド樹脂の市場規模 ・ポリアミド樹脂の市場予測 ・ポリアミド樹脂の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:種類別(反応性ポリアミド樹脂、非反応性ポリアミド樹脂) ・ポリアミド樹脂の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • マルチパラメータ患者監視装置の世界市場
    当調査レポートでは、マルチパラメータ患者監視装置の世界市場について調査・分析し、マルチパラメータ患者監視装置の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 高圧直流送電(HVDC)の世界市場:CCC(コンデンサ整流コンバータ)、VSC(電圧源コンバータ)、LCC(ライン整流コンバータ)、UHVDC
    当調査レポートでは、高圧直流送電(HVDC)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、技術別分析、構成要素別分析、プロジェクト種類別分析、用途別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • オンラインチュータリングの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、オンラインチュータリングの世界市場について調べ、オンラインチュータリングの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、オンラインチュータリングの市場規模をセグメンテーション別(コース別(STEMコース、語学コース、その他のコース)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はオンラインチュータリングの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均16%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・オンラインチュータリングの市場状況 ・オンラインチュータリングの市場規模 ・オンラインチュータリングの市場予測 ・オンラインチュータリングの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:コース別(STEMコース、語学コース、その他のコース) ・オンラインチュータリングの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米 ・意思決定フ …
  • パーソナルケア用包装の世界市場
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、パーソナルケア用包装の世界市場について調査・分析し、パーソナルケア用包装の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 輸液装置の世界市場2016-2026
    当調査レポートでは、輸液装置の世界市場について調査・分析し、輸液装置の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 1. レポート概要 2. 輸液ポンプの概要 3. 輸液ポンプ:世界市場 2015-2026 4. 主要国市場 2015-2026 5. インスリンポンプ2次市場 2015-2026 6. 経腸供給ポンプ2次市場 2015-2026 7. その他の輸液ポンプ2次市場 2015-2026 8. 競合技術分析 2015-2026 9. 輸液ポンプ市場の定性分析 2015-2026 10. 調査インタビュー 11. 結論
  • 世界のソーラートラッカー市場規模・予測2017-2025:技術別(太陽光発電、集光型太陽熱発電、集光型太陽光発電)、商品別(シングルアクシス、デュアルアクシス)、用途別(ユーティリティ、非-ユーティリティ)、地域別(北米、ヨーロッパ、太平洋アジア、ラテンアメリカ、その他の国)
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のソーラートラッカー市場について調査・分析し、世界のソーラートラッカー市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のソーラートラッカー関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 世界の分散制御システム市場規模・予測2017-2025:産業別(石油・ガス、化学品、電力発電、メタル・鉱業、医薬品、紙・パルプ、食料・飲料)、構成要素別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)、用途別(継続プロセス、バッチプロセス)地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の分散制御システム市場について調査・分析し、世界の分散制御システム市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の分散制御システム関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 5Gインフラストラクチャーの世界市場
    本資料は、5Gインフラストラクチャーの世界市場について調べ、5Gインフラストラクチャーの世界規模、市場動向、市場環境、技術別(ソフトウェアデファインドネットワーキング、ネットワーク機能仮想化、モバイルエッジコンピューティング、フォグコンピューティング)分析、用途別(医療アラートシステム、アクセス制御&管理ソリューション、侵入アラームソリューション、インターコムシステム、ビデオ監視システム、防火システム、統合セキュリティーソリューション)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはSGS、Eurofins、Intertek、Bureau Veritas、TUD SUD、ALS Limited、3M、Thermo Fisher、Merck、Agilent Technologies、Bio-Rad、Romer Labs、などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・5Gインフラストラクチャーの世界市場概要 ・5Gインフラストラクチャーの世界市場環境 ・5Gインフラス …
  • 種子コーティング材料の世界市場:ポリマー、着色剤、ペレット、ミネラル/軽石、その他添加物
    当調査レポートでは、種子コーティング材料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、材料種類別分析、作物種類別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • プロアクティブ(予防的)セキュリティの世界市場:コンポーネント別(ソリューション、サービス)、組織サイズ別(中小企業、大規模)、垂直産業別(BFSI、政府・防衛、小売・電子商取引、IT・テレコム、ヘルスケア、エネルギー・公益事業、製造、その他)、地域別予測
    本資料は、プロアクティブ(予防的)セキュリティの世界市場について調べ、プロアクティブ(予防的)セキュリティの世界規模、市場動向、市場環境、コンポーネント別(ソリューション、サービス)分析、組織サイズ別(中小企業、大規模)分析、垂直産業別(BFSI、政府・防衛、小売・電子商取引、IT・テレコム、ヘルスケア、エネルギー・公益事業、製造、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・プロアクティブ(予防的)セキュリティの世界市場概要 ・プロアクティブ(予防的)セキュリティの世界市場環境 ・プロアクティブ(予防的)セキュリティの世界市場動向 ・プロアクティブ(予防的)セキュリティの世界市場規模 ・プロアクティブ(予防的)セキュリティの世界市場規模:コンポーネント別(ソリューション、サービス) ・プロアクティブ(予防的)セキュリティの世界市場規模:組織サイズ別(中小企業、大規模) ・プロアクティブ(予防的)セキュリティの世界市場規模:垂直産業別(BFS …
  • 薬物乱用検査の世界市場:アメリカ、ヨーロッパ、日本市場の検査数および販売予測
  • 生命科学解析の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、生命科学解析の世界市場について調査・分析し、生命科学解析の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 生命科学解析の世界市場:市場動向分析 - 生命科学解析の世界市場:競争要因分析 - 生命科学解析の世界市場:内容別 ソフトウェア サービス - 生命科学解析の世界市場:用途別 供給源分析 販売及び市場補佐 医薬品安全性監視 規則対応 研究開発 - 生命科学解析の世界市場:エンドユーザー別 研究所 製薬及び生物工学会社 第三者的事務局 医療機器会社 - 生命科学解析の世界市場:納品モデル別 需要に応じて 自社運用 - 生命科学解析の世界市場:種類別 予測的 規定的 記述的 - 生命科学解析の世界市場:主要地域別分析 - 生命科学解析の北米市場規模(アメリカ市場等) - 生命科学解析のヨーロッパ市場規模 - 生命科学解析のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・生命科学解析の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 世界及び欧州の医療用ファイバースコープ市場-分析及び展望(~2022年)
  • 食品ブレンダー及びミキサーの世界市場
    当調査レポートでは、食品ブレンダー及びミキサーの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・食品ブレンダー及びミキサーの世界市場:用途別分析/市場規模 ・食品ブレンダー及びミキサーの世界市場:製品別分析/市場規模 ・食品ブレンダー及びミキサーの世界市場:技術別分析/市場規模 ・食品ブレンダー及びミキサーの世界市場:地域別分析/市場規模 ・食品ブレンダー及びミキサーのアメリカ市場規模予測 ・食品ブレンダー及びミキサーのヨーロッパ市場規模予測 ・食品ブレンダー及びミキサーのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 風力タービン(風力原動機)の世界市場:市場規模、価格、市場シェア、主要国分析
  • 資産管理の世界市場:コンポーネント別(ソフトウェア、サービス)、エンドユーザー別、用途別(商業、住宅、戸建て住宅、その他)、地域別予測
    本資料は、資産管理の世界市場について調べ、資産管理の世界規模、市場動向、市場環境、コンポーネント別(ソフトウェア、サービス)分析、エンドユーザー別分析、用途別(商業、住宅、戸建て住宅、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・資産管理の世界市場概要 ・資産管理の世界市場環境 ・資産管理の世界市場動向 ・資産管理の世界市場規模 ・資産管理の世界市場規模:コンポーネント別(ソフトウェア、サービス) ・資産管理の世界市場規模:エンドユーザー別 ・資産管理の世界市場規模:用途別(商業、住宅、戸建て住宅、その他) ・資産管理の世界市場:地域別市場規模・分析 ・資産管理の北米市場規模・予測 ・資産管理のアメリカ市場規模・予測 ・資産管理のヨーロッパ市場規模・予測 ・資産管理のアジア市場規模・予測 ・資産管理の日本市場規模・予測 ・資産管理の中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • 世界の自動車用ファンシュラウド市場2016
    本調査レポートでは、世界の自動車用ファンシュラウド市場2016について調査・分析し、自動車用ファンシュラウドの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自転車用カーボンフレームの世界市場
    当調査レポートでは、自転車用カーボンフレームの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自転車用カーボンフレームの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ファシリティマネジメント(FM)ソリューションの世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、ファシリティマネジメント(FM)ソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、ソリューション別分析、サービス別分析、産業別分析、地域別分析、ファシリティマネジメント(FM)ソリューションの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 航空機用コンピューターの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、航空機用コンピューターの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、航空機用コンピューター市場規模、コンポーネント別(ソフトウェア、ハードウェア)分析、種類別(ミッションコンピューター、飛行管理コンピューター(FMC)、飛行制御、ユーティリティー制御、エンジン制御)分析、プラットフォーム別(無人航空機(UAV)、回転翼航空機、固定翼航空機)分析、エンドユーザー別(アフターマーケット、OEM)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 航空機用コンピューターの世界市場:市場動向分析 ・ 航空機用コンピューターの世界市場:競争要因分析 ・ 航空機用コンピューターの世界市場:コンポーネント別(ソフトウェア、ハードウェア) ・ 航空機用コンピューターの世界市場:種類別(ミッションコンピューター、飛行管理コンピューター(FMC)、飛行制御、ユーティリティー制御、エンジン制御) ・ 航空機用コンピューターの世界市場:プラットフォーム別(無人 …
  • 産業用ロボットの世界市場予測(~2023年):多関節ロボット、直角座標ロボット、SCARAロボット、パラレルロボット、コラボレーションロボット
    当調査レポートでは、産業用ロボットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、種類別分析、産業別分析、地域別分析、産業用ロボットの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 軍用GPS装置の世界市場2016-2020:空中配備軍用GPS装置、陸上配備軍用GPS装置、海上配備軍用GPS装置、兵器システム用GPS装置
    当調査レポートでは、軍用GPS装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、軍用GPS装置の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 皮革製品の世界市場:靴、旅行かばん・バッグ、札入れ、財布、その他
    当調査レポートでは、皮革製品の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、皮革製品市場規模、製品別(靴、旅行かばん・バッグ、札入れ、財布、その他)分析、流通経路別分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、adidas, Hermès, Kering, LVMH, Nike, VF Corporationなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・皮革製品の世界市場概要 ・皮革製品の世界市場環境 ・皮革製品の世界市場動向 ・皮革製品の世界市場規模 ・皮革製品の世界市場:業界構造分析 ・皮革製品の世界市場:製品別(靴、旅行かばん・バッグ、札入れ、財布、その他) ・皮革製品の世界市場:流通経路別 ・皮革製品の世界市場:地域別市場規模・分析 ・皮革製品の北米市場規模・予測 ・皮革製品のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・皮革製品のアジア太平洋市場規模・予測 ・皮革製品の主要国分析 ・皮革製品の世界市場:意思決定フレームワーク ・皮革製品の世界市場:成長要因 …
  • メキシコの患者診察機器市場見通し(~2021)
  • 溶射コーティングの世界市場2018–2025:製品別、技術別(コールドスプレー、フレームスプレー、プラズマスプレー、高速;酸素燃料)、用途別
    本調査レポートでは、溶射コーティングの世界市場について調査・分析し、溶射コーティングの世界市場動向、溶射コーティングの世界市場規模、市場予測、セグメント別溶射コーティング市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 生物学的治療薬の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、生物学的治療薬の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、生物学的治療薬市場規模、治療薬種類別(モノクローナル抗体、その他、ワクチン、細胞・組織療法、遺伝子療法)分析、用途別(腫瘍、自己免疫疾患・炎症性疾患、血液疾患、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・生物学的治療薬の世界市場概要 ・生物学的治療薬の世界市場環境 ・生物学的治療薬の世界市場動向 ・生物学的治療薬の世界市場規模 ・生物学的治療薬の世界市場:業界構造分析 ・生物学的治療薬の世界市場:治療薬種類別(モノクローナル抗体、その他、ワクチン、細胞・組織療法、遺伝子療法) ・生物学的治療薬の世界市場:用途別(腫瘍、自己免疫疾患・炎症性疾患、血液疾患、その他) ・生物学的治療薬の世界市場:地域別市場規模・分析 ・生物学的治療薬の北米市場規模・予測 ・生物学的治療薬のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・生物学的治療薬のアジア太平洋市場規模・予測 ・生 …
  • 燃料フィルターの世界市場
    当調査レポートでは、燃料フィルターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、燃料フィルターの世界市場規模及び予測、車両種類別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 脊椎手術機器の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、脊椎手術機器の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、脊椎手術機器市場規模、製品別(インプラント・計測器、脊椎用生物製剤)分析、処置別(脊椎固定機器、脊髄非固定機器)分析、手順別(直視下手術、MIS)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・脊椎手術機器の世界市場概要 ・脊椎手術機器の世界市場環境 ・脊椎手術機器の世界市場動向 ・脊椎手術機器の世界市場規模 ・脊椎手術機器の世界市場:業界構造分析 ・脊椎手術機器の世界市場:製品別(インプラント・計測器、脊椎用生物製剤) ・脊椎手術機器の世界市場:処置別(脊椎固定機器、脊髄非固定機器) ・脊椎手術機器の世界市場:手順別(直視下手術、MIS) ・脊椎手術機器の世界市場:地域別市場規模・分析 ・脊椎手術機器のアメリカ市場規模・予測 ・脊椎手術機器のヨーロッパ市場規模・予測 ・脊椎手術機器のアジア市場規模・予測 ・脊椎手術機器の主要国分析 ・脊椎手術機器の世界市場:意思決定 …
  • データセンター冷却の世界市場分析:製品別(エアコン、精密空調、チラー、エアハンドリングユニット)、用途別(電話通信・IT、小売、ヘルスケア、BFSI、エネルギー)、セグメント予測
    本調査レポートでは、データセンター冷却の世界市場について調査・分析し、データセンター冷却の世界市場動向、データセンター冷却の世界市場規模、市場予測、セグメント別データセンター冷却市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 韓国の疼痛管理デバイス市場動向(~2021)
  • 世界の凍結手術装置市場2016
    本調査レポートでは、世界の凍結手術装置市場2016について調査・分析し、凍結手術装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 微小電気機械システム(MEMS)の世界市場:タイプ別(センサー、およびアクチュエーター)、用途別(家庭用電化製品、自動車、産業、航空宇宙および防衛、ヘルスケア、およびテレコミュニケーション、その他)
    当調査レポートでは、微小電気機械システム(MEMS)の世界市場について調査・分析し、イントロダクション、エグゼクティブサマリ-、市場概要、タイプ別分析、用途別分析、地域別分析、競合分析、企業概要などを含め以下の構成でお届けします。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・ロケーションベースサービスの世界市場:タイプ別(センサー、およびアクチュエーター) ・ロケーションベースサービスの世界市場:用途別(家庭用電化製品、自動車、産業、航空宇宙および防衛、ヘルスケア、およびテレコミュニケーション、その他) ・ロケーションベースサービスの世界市場:地域別 ・競合分析 ・企業概要
  • 自由空間光通信(FSO)および可視光通信(VLC)・Li-Fiの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、自由空間光通信(FSO)および可視光通信(VLC)・Li-Fiの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、コンポーネント(LED、光検出器、マイクロコントローラー、ソフトウェア)分析、伝送タイプ分析、用途分析、自由空間光通信(FSO)および可視光通信(VLC)・Li-Fiの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 呼吸器疾患検査の世界市場:アデノウイルス、インフルエンザ、レジオネラ、単核細胞増加症、マイコプラズマ、肺炎、RSV、結核
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"