"結腸ステントのアメリカ市場:ニチノール自己拡張型金属ステント(SEMS)、エルジロイ(自己拡張型金属ステント(SEMS))"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AMR9NV129)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"結腸ステントのアメリカ市場:ニチノール自己拡張型金属ステント(SEMS)、エルジロイ(自己拡張型金属ステント(SEMS))"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The U.S. colonic stents market was valued at $6.44 million in 2018 and is projected to reach $9.41 million by 2026, registering a CAGR of 4.8% from 2019 to 2026. A colonic stent is used to relieve acute colonic obstruction in colorectal cancer patients. The stent is compressed tightly onto a small delivery wire that allows the stent to be positioned across the tight narrowing to relieve blockage in the colon. Once opened, it relieves the obstruction by keeping the colon open that can take up to 24 hours for the stent to fully open. However, stents can be used when there is either a partial or complete blockage in the bowel to reduce the pressure in the bowel and relieve the obstruction. Further, stents are also used when surgery is not recommended as an alternative to keep the bowel working. It is usually performed by specialist doctors including endoscopist or by an interventional radiologist in the X-ray department.
Significant rise in incidences of colorectal cancer and benign strictures in the U.S are the major factors driving the U.S. colonic stents market. In addition, increase in demand for minimally invasive procedures and technological advancements regarding the development of more compatible metallic stents further propels the market growth of colonic stents in the near future. However, complications and high costs associated with colonic stents is anticipated to hamper the growth of the colonic stents market in the U.S. Moreover, colonic stenting improves the primary anastomosis rate with a low stoma creation in comparison with emergency surgery. Improved colonic stent such as self-expandable metallic stents (SEMS) is used for the bridge to surgery and it also able to cure patients with the palliative intent with advanced neoplastic disease, to avoid stoma and health care costs related to stoma. This provides a lucrative opportunity for the growth of the U.S. colonic stents market.

The report covers the U.S. colonic stents market forecast and analysis based on three categories that include product type, indication, and end user. Based on product type, the market is categorized into nitinol self-expandable metal stents, and elgiloy self-expandable metal stents. On the basis of indication, it is categorized into colorectal cancer, colonic benign strictures and others. By end user, the market is bifurcated into hospitals and specialty clinics.

KEY BENEFITS FOR STAKEHOLDERS
• This report entails a detailed quantitative analysis along with the current U.S. colonic stents market trends from 2019 to 2026 to identify the prevailing opportunities along with the strategic assessment.
• The market size and estimations are based on a comprehensive analysis of key developments in the industry.
• A qualitative analysis based on innovative products facilitates strategic business planning.
• The development strategies adopted by the key market players are enlisted to understand the competitive scenario of the market

Key Market Segments
By Product Type
Self-Expandable Metal Stents
o Nitinol Stent
o Elgiloy
By Indication
• Colorectal Cancer/Bridge to Surgery
• Benign Colonic Strictures
• Other Indications
By End User
• Hospitals
• Specialty Clinics

The key players profiled in this report are as follows:
• Boston Scientific Corporation
• Cook Medical Inc
• Cook Medical Inc
• Taewoong
• MI-TECH
• Olympus Corporation


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Allied Market Researchが"結腸ステントのアメリカ市場:ニチノール自己拡張型金属ステント(SEMS)、エルジロイ(自己拡張型金属ステント(SEMS))"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

CHAPTER 1: INTRODUCTION

1.1. Report description
1.2. Key benefits for stakeholders
1.3. Key market segments
1.4. Research Methodology

1.4.1. Secondary research
1.4.2. Primary research
1.4.3. Analyst tools and models

CHAPTER 2: EXECUTIVE SUMMARY

2.1. Key findings of the study
2.2. CXO perspective

CHAPTER 3: MARKET OVERVIEW

3.1. Market definition and scope
3.2. Key findings

3.2.1. Top investment pockets

3.3. Porter’s five forces analysis
3.4. Market share analysis, 2018
3.5. Market dynamics

3.5.1. Drivers

3.5.1.1. High incidence of colorectal cancer in the U.S.
3.5.1.2. Significant agreements and collaborations in the colonic stent industry

3.5.2. Restraint

3.5.2.1. Product recalls associated with colonic stents

3.5.3. Opportunity

3.5.3.1. Development of innovative smartphone applications

3.6. Pricing Analysis, 2018-2026

CHAPTER 4: U.S. COLONIC STENTS MARKET, BY PRODUCT TYPE

4.1. Overview

4.1.1. Self-Expandable Metal Stents (SEMSs)

4.1.1.1. Market size and forecast
4.1.1.2. Nitinol Stent

4.1.1.2.1. Market size and forecast

4.1.1.3. Elgiloy stent

4.1.1.3.1. Market size and forecast

CHAPTER 5: U.S. COLONIC STENTS MARKET, BY INDICATION

5.1. Overview

5.1.1. Market size and forecast

5.2. Colorectal Cancer/Bridge to Surgery

5.2.1. Market size and forecast

5.3. Colonic benign strictures

5.3.1. Market size and forecast

5.4. Other Indications

5.4.1. Market size and forecast

CHAPTER 6: U.S. COLONIC STENTS MARKET, BY END USER

6.1. Overview

6.1.1. Market size and forecast

6.2. Hospitals

6.2.1. Market size and forecast

6.3. Specialty Clinics

6.3.1. Market size and forecast

CHAPTER 7: COMPANY PROFILES

7.1. BOSTON SCIENTIFIC CORPORATION

7.1.1. Company overview
7.1.2. Company snapshot
7.1.3. Operating business segments
7.1.4. Product Portfolio
7.1.5. Business performance

7.2. COOK MEDICAL INC.

7.2.1. Company overview
7.2.2. Company snapshot
7.2.3. Operating business segments
7.2.4. Product portfolio

7.3. ELLA – CS, s.r.o. (ELLA-CS)

7.3.1. Company overview
7.3.2. Company snapshot
7.3.3. Operating business segments
7.3.4. Product portfolio

7.4. TAEWOONG

7.4.1. Company overview
7.4.2. Company snapshot
7.4.3. Operating business segments
7.4.4. Product portfolio

7.5. M.I. TECH

7.5.1. Company overview
7.5.2. Company snapshot
7.5.3. Operating business segments
7.5.4. Product portfolio
7.5.5. Key strategic moves and developments

7.6. Olympus Corporation

7.6.1. Company overview
7.6.2. Company snapshot
7.6.3. Operating business segments
7.6.4. Product portfolio
7.6.5. Business performance

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】結腸ステントのアメリカ市場:ニチノール自己拡張型金属ステント(SEMS)、エルジロイ(自己拡張型金属ステント(SEMS))
【発行日】2019年7月
【調査会社】Allied Market Research
【コード】AMR9NV129
【対象地域】アメリカ
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】医療
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
結腸ステントのアメリカ市場:ニチノール自己拡張型金属ステント(SEMS)、エルジロイ(自己拡張型金属ステント(SEMS))についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 音響光学デバイスの世界市場予測(~2022):変調器、偏向器、可変フィルター、周波数シフタ、Qスイッチ
    当調査レポートでは、音響光学デバイスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、デバイス別分析、用途別分析、産業別分析、地域別分析、音響光学デバイスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 工事見積用ソフトウェアの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、工事見積用ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、工事見積用ソフトウェアの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 坑井介入の北米市場予測(~2024年)
    MarketsandMarkets社は、坑井介入の北米市場規模が2019年30億ドルから2024年42億ドルまで年平均6.5%成長すると予測しています。
  • 航空機燃料システムの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、航空機燃料システムの世界市場について調査・分析し、航空機燃料システムの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 航空機燃料システムの世界市場:市場動向分析 - 航空機燃料システムの世界市場:競争要因分析 - 航空機燃料システムの世界市場:用途別 商業用 軍用 無人航空機(UAV) - 航空機燃料システムの世界市場:構成要素別 ガス管理モニターシステム ガスフィルター ガスゲージ ガスポンプ ガスバルブ 不活性化システム その他の構成要素 - 航空機燃料システムの世界市場:エンジン種別 ヘリコプターエンジン ジェットエンジン ターボプロペラエンジン UAVエンジン - 航空機燃料システムの世界市場:技術別 燃料噴射 重力供給技術 ポンプ供給技術 - 航空機燃料システムの世界市場:主要地域別分析 - 航空機燃料システムの北米市場規模(アメリカ市場等) - 航空機燃料システムのヨーロッパ市場規模 - 航空機燃料システムのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・航空機燃料システムの …
  • ラガービールの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ラガービールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ラガービールの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 疼痛治療薬の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、疼痛治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、疼痛治療薬の世界市場規模及び予測、種類別分析、薬剤種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 股部白癬(頑癬)(Tinea Cruris (Jock Itch)):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、股部白癬(頑癬)(Tinea Cruris (Jock Itch))治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・股部白癬(頑癬)(Tinea Cruris (Jock Itch)):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・股部白癬(頑癬)(Tinea Cruris (Jock Itch))のフェーズ3治験薬の状況 ・股部白癬(頑癬)(Tinea Cruris (Jock Itch))治療薬の市場規模(販売予測) ・股部白癬(頑癬)(Tinea Cruris (Jock Itch))の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・股部白癬(頑癬)(Tinea Cruris (Jock Itch))のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の股部白癬(頑癬)(Tinea Cruris (Jock Itch))治療薬剤
  • 過酷環境における光ファイバー構成品および関連装置/部品の世界市場
  • 創傷ケア用生物製剤の世界市場予測(~2023年):生物学的代用皮膚(生合成製品)、外用剤
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、創傷ケア用生物製剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品(生物学的代用皮膚(生合成製品)、外用剤)別分析、創傷種類別分析、需要先別分析、地域別分析、創傷ケア用生物製剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 非血液性悪性腫瘍(Nonhematologic Malignancy):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における非血液性悪性腫瘍(Nonhematologic Malignancy)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、非血液性悪性腫瘍(Nonhematologic Malignancy)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・非血液性悪性腫瘍(Nonhematologic Malignancy)の概要 ・非血液性悪性腫瘍(Nonhematologic Malignancy)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の非血液性悪性腫瘍(Nonhematologic Malignancy)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・非血液性悪性腫瘍(Nonhe …
  • ターミナルオートメーションの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、ターミナルオートメーションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、商品別分析、種類別分析、産業別分析、地域別分析、ターミナルオートメーションの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の骨接合術用デバイス市場2015
    本調査レポートでは、世界の骨接合術用デバイス市場2015について調査・分析し、骨接合術用デバイスの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • フレキシタンクの世界市場予測(~2023年)
    フレキシタンクの世界市場は、2018年の3億6,600万米ドルから2023年には9億1,200万米ドルに達し、この期間中20.0%の年平均成長率で成長すると予測されています。フレキシタンクの大部分は、食品グレードの液体、非危険化学薬品、および薬液の用途で使用されています。世界中でフレキシタンクの需要が増加している主な理由は、経済的利益のためです。またフレキシタンクは、ISOタンクやドラム缶に比べて安価です。包装コストを約50.0%節約し、ISOタンクよりも10.0%多く、ドラム缶よりも30.0%多くの貨物を輸送できるという利点があります。さらに、フレキシタンクは使い捨てバッグであるため、メンテナンスコストが不要です。これらの理由で、フレキシタンク市場の成長はその他の選択肢よりも一歩抜きん出ています。当調査レポートでは、フレキシタンクの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別(単層、多層)分析、ローディングタイプ別(ボトムローディング、トップローディング)分析、用途別(食品グレードの液体、非危険化学薬品・液体、薬液) …
  • 世界の自動車用コントロールアームシャフト市場2015
    本調査レポートでは、世界の自動車用コントロールアームシャフト市場2015について調査・分析し、自動車用コントロールアームシャフトの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • がん悪液質(Cancer Cachexia):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるがん悪液質(Cancer Cachexia)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、がん悪液質(Cancer Cachexia)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・がん悪液質(Cancer Cachexia)の概要 ・がん悪液質(Cancer Cachexia)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のがん悪液質(Cancer Cachexia)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・がん悪液質(Cancer Cachexia)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 …
  • データセンタラック用PDUの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、データセンタラック用PDUの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、データセンタラック用PDU市場規模、製品別(インテリジェント型、インテリジェント型以外)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・データセンタラック用PDUの世界市場概要 ・データセンタラック用PDUの世界市場環境 ・データセンタラック用PDUの世界市場動向 ・データセンタラック用PDUの世界市場規模 ・データセンタラック用PDUの世界市場:業界構造分析 ・データセンタラック用PDUの世界市場:製品別(インテリジェント型、インテリジェント型以外) ・データセンタラック用PDUの世界市場:地域別市場規模・分析 ・データセンタラック用PDUの北米市場規模・予測 ・データセンタラック用PDUのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・データセンタラック用PDUのアジア太平洋市場規模・予測 ・データセンタラック用PDUの主要国分析 ・データセンタラック用PD …
  • 重症急性呼吸器症候群(SARS)コロナウイルス感染症:治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における重症急性呼吸器症候群(SARS)コロナウイルス感染症の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、重症急性呼吸器症候群(SARS)コロナウイルス感染症治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・重症急性呼吸器症候群(SARS)コロナウイルス感染症の概要 ・重症急性呼吸器症候群(SARS)コロナウイルス感染症の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の重症急性呼吸器症候群(SARS)コロナウイルス感染症治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・重症急性呼吸器症候群(SARS)コロナウイルス感染症治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価 …
  • イタリアのアクリロニトリル市場(~2019)
  • 食品接触紙の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、食品接触紙の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、食品接触紙市場規模、タイプ別(非ポリコーティング、ポリコーティング)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・食品接触紙の世界市場概要 ・食品接触紙の世界市場環境 ・食品接触紙の世界市場動向 ・食品接触紙の世界市場規模 ・食品接触紙の世界市場:業界構造分析 ・食品接触紙の世界市場:タイプ別(非ポリコーティング、ポリコーティング) ・食品接触紙の世界市場:地域別市場規模・分析 ・食品接触紙の北米市場規模・予測 ・食品接触紙のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・食品接触紙のアジア太平洋市場規模・予測 ・食品接触紙の主要国分析 ・食品接触紙の世界市場:意思決定フレームワーク ・食品接触紙の世界市場:成長要因、課題 ・食品接触紙の世界市場:競争環境 ・食品接触紙の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 世界のメラミンホルムアルデヒド樹脂市場2015
    本調査レポートでは、世界のメラミンホルムアルデヒド樹脂市場2015について調査・分析し、メラミンホルムアルデヒド樹脂の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の侵入検知&防止システム市場:コンポーネント別(ソリューション、サービス)、種類別、展開種類別(クラウド、オンプレミス)、エンドユーズ別、組織規模別(中小企業および大企業)、業種別、地域別
    MarketsandMarkets社は、侵入検知&防止システムの世界市場規模が2019年47億ドルから2024年71億ドルまで年平均8.3%成長すると予測しています。当資料では、世界の侵入検知&防止システム市場を統合的に調査・分析し、市場概要、コンポーネント別(ソリューション、サービス)分析、種類別(ネットワークベース、ワイヤレスベース、ネットワーク動作分析、ホストベース)分析、展開種類別(クラウド、オンプレミス)分析、組織規模別(SME、大企業)分析、業種別(BFSI、政府&防衛、ヘルスケア、IT&テレコム、小売&eコマース、製造、その他)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などで構成されております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要&業界トレンド ・世界の侵入検知&防止システム市場:コンポーネント別(ソリューション、サービス) ・世界の侵入検知&防止システム市場:種類別(ネットワークベース、ワイヤレスベース、ネットワーク動作分析、ホストベース) ・世界の侵入検知&防止システム市場:展開種類別(クラウド、オンプレミス) ・ …
  • 医療用品の世界市場予測(~2021):診断、透析、創傷治療、吸入、感染予防、注入、挿管、PPE
    当調査レポートでは、医療用品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、医療用品の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • キヌア種子の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、キヌア種子の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、キヌア種子の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • リークテスタの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、リークテスタの世界市場について調査・分析し、リークテスタの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別リークテスタシェア、市場規模推移、市場規模予測、リークテスタ種類別分析()、リークテスタ用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・リークテスタの市場概観 ・リークテスタのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・リークテスタのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・リークテスタの世界市場規模 ・リークテスタの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・リークテスタのアメリカ市場規模推移 ・リークテスタのカナダ市場規模推移 ・リークテスタのメキシコ市場規模推移 ・リークテスタのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・リークテスタのドイツ市場規模推移 ・リークテスタのイギリス市場規模推移 ・リークテスタのロシア市場規模推移 ・リークテスタのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・リークテスタの日本市場規模推移 ・リ …
  • 骨髄異形成症候群(MDS)治療薬の世界市場:治療クラス別(DNAメチル化阻害薬、免疫調節薬、抗貧血薬)、セグメント予測
    骨髄異形成症候群(MDS)治療薬の世界市場は2022年には24億米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率9.7%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、強力な製品パイプライン、高齢者人口の増加、この市場に有利な政府の取り組みなどが考えられます。本調査レポートでは、骨髄異形成症候群(MDS)治療薬の世界市場について調査・分析し、骨髄異形成症候群(MDS)治療薬の世界市場動向、骨髄異形成症候群(MDS)治療薬の世界市場規模、市場予測、セグメント別骨髄異形成症候群(MDS)治療薬市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のスマートエレベーター市場規模・予測2017-2025構成要素別(メンテナンス、コントロール、コミュニケーションシステム)、用途別(機関用、住宅用、自動倉庫用・入出庫システム・商業用)、サービス別(改修、新設、・メンテナンス)地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のスマートエレベーター市場について調査・分析し、世界のスマートエレベーター市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のスマートエレベーター関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • ブレーキシステムの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ブレーキシステムの世界市場について調査・分析し、ブレーキシステムの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ブレーキシステムシェア、市場規模推移、市場規模予測、ブレーキシステム種類別分析(ディスクブレーキ、ドラムブレーキ)、ブレーキシステム用途別分析(乗用車、商用車 )、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ブレーキシステムの市場概観 ・ブレーキシステムのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ブレーキシステムのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ブレーキシステムの世界市場規模 ・ブレーキシステムの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ブレーキシステムのアメリカ市場規模推移 ・ブレーキシステムのカナダ市場規模推移 ・ブレーキシステムのメキシコ市場規模推移 ・ブレーキシステムのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ブレーキシステムのドイツ市場規模推移 ・ブレーキシステムのイギリス市場規模推移 ・ブレーキシステムのロシア市場規模推 …
  • オーストリアの体外式除細動器市場見通し
  • 21700リチウムイオン電池の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、21700リチウムイオン電池の世界市場について調べ、21700リチウムイオン電池の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、21700リチウムイオン電池の市場規模をセグメンテーション別(用途別(自動車、その他)、)と地域別(グローバル、米州、アジア太平洋、中東・アフリカ(MEA))に分けて算出しました。Technavio社は21700リチウムイオン電池の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均19%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・21700リチウムイオン電池の市場状況 ・21700リチウムイオン電池の市場規模 ・21700リチウムイオン電池の市場予測 ・21700リチウムイオン電池の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(自動車、その他) ・21700リチウムイオン電池の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、米州、アジア太平洋、中東・アフリカ(MEA) ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企 …
  • ウエットスーツの世界市場
    当調査レポートでは、ウエットスーツの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ウエットスーツの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • (男性用化粧品)アフターシェーブ・香水の世界市場:市場規模、成長、予測分析
  • 経カテーテルの世界市場分析:用途別(経大動脈弁、経肺動脈弁、経僧帽弁)、技術別(バルーン拡張型トランスカテーテルバルブ、自己拡張型トランスカテーテルバルブ)、セグメント予測
    本調査レポートでは、経カテーテルの世界市場について調査・分析し、経カテーテルの世界市場動向、経カテーテルの世界市場規模、市場予測、セグメント別経カテーテル市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 塗装前処理の世界市場:リン酸塩、クロム酸塩、クロメートフリー、ブラストクリーン
    当調査レポートでは、塗装前処理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • アジア太平洋のバドミントン用品市場2016-2020
    当調査レポートでは、アジア太平洋のバドミントン用品市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、世界のバドミントン用品市場、アジア太平洋のバドミントン用品市場規模及び予測、製品別分析、主要国別分析などの情報をお届けいたします。
  • アルファオレフィンの世界市場
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、アルファオレフィンの世界市場について調査・分析し、アルファオレフィンの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・アルファオレフィンの世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・アルファオレフィンの世界市場:セグメント別市場分析 ・アルファオレフィンの世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 免税店小売の世界市場2015-2019
    当調査レポートでは、免税店小売の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、免税店小売の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • IoV(自動車インターネット)の世界市場:コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)、技術別(Bluetooth、セルラー、Wi-Fi、NFC、その他)、通信タイプ別(Vehicle-to-Vehicle(車-車間)、Vehicle-to-Infrastructure(車-インフラ間)、その他)
    本資料は、IoV(自動車インターネット)の世界市場について調べ、IoV(自動車インターネット)の世界規模、市場動向、市場環境、コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)分析、通信タイプ別(Vehicle-to-Vehicle(車-車間)、Vehicle-to-Infrastructure(車-インフラ間)、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・IoV(自動車インターネット)の世界市場概要 ・IoV(自動車インターネット)の世界市場環境 ・IoV(自動車インターネット)の世界市場動向 ・IoV(自動車インターネット)の世界市場規模 ・IoV(自動車インターネット)の世界市場:コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス) ・IoV(自動車インターネット)の世界市場:技術別(Bluetooth、セルラー、Wi-Fi、NFC、その他) ・IoV(自動車インターネット)の世界市場:通信タイプ別(Vehicle-to-V …
  • 急性骨髄性白血病(AML):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、急性骨髄性白血病(AML)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・急性骨髄性白血病(AML):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・急性骨髄性白血病(AML)のフェーズ3治験薬の状況 ・急性骨髄性白血病(AML)治療薬の市場規模(販売予測) ・急性骨髄性白血病(AML)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・急性骨髄性白血病(AML)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の急性骨髄性白血病(AML)治療薬剤
  • ワイヤレスオーディオ装置の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、ワイヤレスオーディオ装置の世界市場について調査・分析し、ワイヤレスオーディオ装置の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - ワイヤレスオーディオ装置の世界市場:市場動向分析 - ワイヤレスオーディオ装置の世界市場:競争要因分析 - ワイヤレスオーディオ装置の世界市場:技術別 ラジオ周波数 ワイファイ ブルートウス エアプレイ その他の技術 - ワイヤレスオーディオ装置の世界市場:製品別 ヘッドホーン ヘッドセット スピーカーシステム マイクロフォン サンドバー 出力増幅器(アンプ) ラジオチューナー A/Vコントロール その他の製品 - ワイヤレスオーディオ装置の世界市場:用途別 商業用 自動車 家庭用オーディオ 消費者 その他の用途 - ワイヤレスオーディオ装置の世界市場:主要地域別分析 - ワイヤレスオーディオ装置の北米市場規模(アメリカ市場等) - ワイヤレスオーディオ装置のヨーロッパ市場規模 - ワイヤレスオーディオ装置のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・ワイ …
  • 民間航空機アビオニクスシステムの世界市場2017-2021:FCS、CN&Sシステム、AHMS、FMS
    当調査レポートでは、民間航空機アビオニクスシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、民間航空機アビオニクスシステムの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 永久磁石の世界市場分析:材料別(アルミニウムニッケルコバルト(AlNiCo)、フェライト、サマリウムコバルト(SaCo)、ネオジム鉄ホウ素(NdFeB))、用途別(自動車、電子、産業、エネルギー、航空宇宙、医療)、セグメント予測
    本調査レポートでは、永久磁石の世界市場について調査・分析し、永久磁石の世界市場動向、永久磁石の世界市場規模、市場予測、セグメント別永久磁石市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ファッション小売業の世界市場:流通経路別(オンライン、店舗販売)、製品別(衣料品、アパレル)、地域別予測
    本資料は、ファッション小売業の世界市場について調べ、ファッション小売業の世界規模、市場動向、市場環境、流通経路別(オンライン、店舗販売)分析、製品別(衣料品、アパレル)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはH&M、GAP Inc.、Fast Retailing、Inditex、Unqlo、Boohoo、Arcadia Group、Zara、The Limited、J. crew、Urbnなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ファッション小売業の世界市場概要 ・ファッション小売業の世界市場環境 ・ファッション小売業の世界市場動向 ・ファッション小売業の世界市場規模 ・ファッション小売業の世界市場規模:流通経路別(オンライン、店舗販売) ・ファッション小売業の世界市場規模:製品別(衣料品、アパレル) ・ファッション小売業の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ファッション小売業の北米市場規模・予測 ・ファッション小売業のアメリカ市場規模・予測 ・ファッシ …
  • 世界のバイオ電子機器・バイオセンサー市場規模・予測2017-2025:技術別(バイオセンサー、CMOSプラットフォーム、オプティカルセンサー)、用途別(バイオチップ、埋め込み型医療機器、人工デバイス、人工臓器、電子丸薬、糖尿病デバイス)地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のバイオ電子機器・バイオセンサー市場について調査・分析し、世界のバイオ電子機器・バイオセンサー市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のバイオ電子機器・バイオセンサー関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 二輪車用ECUの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、二輪車用ECUの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、二輪車用ECUの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は二輪車用ECUの世界市場が2017-2021年期間中に年平均11.25%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Bosch、DENSO、Delphi Automotive、Continental 等です。
  • 世界のポンプモーター市場2015
    本調査レポートでは、世界のポンプモーター市場2015について調査・分析し、 ポンプモーターの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • M2M通信の世界市場予測(~2023年)
    当調査レポートでは、M2M通信の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、技術別分析、産業別分析、地域別分析、M2M通信の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • アロエベラ系飲料の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、アロエベラ系飲料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アロエベラ系飲料の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 軍事・航空宇宙用コーティング剤の世界市場予測(~2023年):ポリウレタン、エポキシ
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、軍事・航空宇宙用コーティング剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、樹脂タイプ別(ポリウレタン、エポキシ)分析、技術別(液体、粉末)分析、ユーザータイプ別(OEM、MRO)分析、機体タイプ別(固定翼、回転翼)分析、軍事・航空宇宙用コーティング剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ステンレス銅の世界市場2014–2025:グレード別、製品別、用途別(建築、重工業、輸送機械、日用雑貨)、地域別
    本調査レポートでは、ステンレス銅の世界市場について調査・分析し、ステンレス銅の世界市場動向、ステンレス銅の世界市場規模、市場予測、セグメント別ステンレス銅市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 静注用免疫グロブリン製剤の世界市場
    当調査レポートでは、静注用免疫グロブリン製剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、静注用免疫グロブリン製剤の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、製品パイプライン分析、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"