"粉体塗料のアメリカ・ヨーロッパ市場:樹脂種類別、コーティング法別、用途別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AMR9NV123)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"粉体塗料のアメリカ・ヨーロッパ市場:樹脂種類別、コーティング法別、用途別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The U.S. & Europe powder coatings market was valued at $2,965.7 million in 2018, and is projected to reach $4,292.5 million by 2026, growing at a CAGR of 4.71% from 2019 to 2026.
Powder coatings are fine solids that possess various properties such as significant durability along with resistance to abrasion, corrosion, scratching, and chemicals. They meet various requirements of end-user industries such as unlimited color selection options, high and low gloss, metallic and clear finishes, and texture choices such as rough textures, smooth surfaces, wrinkled, and matte finishes to hide surface imperfections. Powder coatings not only maximize production, but also improve coating efficiency and reduce coating costs, as over-sprayed powder coating can be retrieved and re-used as compared to liquid coatings.

The powder coatings market is driven by factors such as, increase in demand for appliances, surge in the construction industry, and rise in adoption of powder coatings over liquid coatings, and rapid growth of automotive, appliances and construction industries in the U.S. and European countries. Powder coatings offer superior finish and durability, which leads to increased life of coated products. They are highly desirable from an ecological standpoint as they are manufactured and applied without the use of organic solvents. All these factors are expected to complement the market. However, powder coatings are not compatible in thin layer coating applications, which is a major restraint to the market.

In addition, increase in cost of raw material is expected to hamper the growth of the powder coatings market. Nevertheless, emergence of new application methods is expected to provide potential growth opportunities for the powder coating market.

The U.S. & Europe powder coatings market is segmented based on resin type, coating method, application, and region. By resin type, the market is analyzed across thermoset and thermoplastic. Thermoset is further categorized into epoxy, polyester, epoxy polyester hybrid, and acrylic. Thermoplastic is further classified into polyvinyl chloride (PVC), nylon, polyolefin, and polyvinylidene fluoride (PVDF). Based on coating method, it is divided into electrostatic spray, and fluidized bed. Based on application, the market is classified into appliances, automotive, architectural, furniture, agriculture construction, and earthmoving equipment (ACE). Region wise, it is analyzed across U.S. and Europe.

The key players analyzed and profiled in this report are Akzonobel N.V., American Powder Coatings Inc., Axalta Coating Systems, BASF SE, IFS Coatings Inc., PPG Industries Inc., Powder Coating USA, Inc., The Sherwin-Williams Company, Tiger Drylac U.S.A., Inc., RPM International Inc. and Jotun

KEY BENEFITS FOR STAKEHOLDERS
• Porter’s five forces analysis helps to analyze the potential of buyers & suppliers and the competitive scenario of the industry for strategy building.
• It outlines the current trends and future scenario of the market from 2019 to 2026 to understand the prevailing opportunities and potential investment pockets.
• Major countries in the region have been mapped according to their individual revenue contribution to the regional market.
• The key drivers, restraints, and opportunities and their detailed impact analysis are elucidated in the study.
• The profiles of key players along with their key strategic developments are enlisted in the report.

KEY MARKET SEGMENTS
• By Resin Type
• Thermoset
o Epoxy
o Polyester
o Epoxy Polyester Hybrid
o Acrylic
• Thermoplastic
o Polyvinyl Chloride (PVC)
o Nylon
o Polyolefin
o Polyvinylidene Fluoride (PVDF)
• By Coating Method
• Electrostatic Spray
• Fluidized Bed
• By Application
• Appliances
• Automotive
• Architectural
• Thermoset
o Epoxy
o Polyester
o Epoxy Polyester Hybrid
o Acrylic
• Thermoplastic
o Polyvinyl Chloride (PVC)
o Nylon
o Polyolefin
o Polyvinylidene Fluoride (PVDF)
• Furniture
• Agriculture, Construction and Earthmoving Equipment (ACE)
• General Industrial
• Others

• By Region
• U.S.
• Europe
o Germany
o France
o Spain
o Italy
o UK
o Rest of Europe


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Allied Market Researchが"粉体塗料のアメリカ・ヨーロッパ市場:樹脂種類別、コーティング法別、用途別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

CHAPTER 1: INTRODUCTION

1.1. Report description
1.2. Key benefits for stakeholders
1.3. Key market segments
1.4. Research methodology

1.4.1. Secondary research
1.4.2. Primary research

1.5. Analyst tools and models

CHAPTER 2: EXECUTIVE SUMMARY

2.1. Key findings of the study
2.2. CXO perspective

CHAPTER 3: MARKET OVERVIEW

3.1. Market definition and scope
3.2. Key findings

3.2.1. Top investment pockets
3.2.2. Top winning strategies
3.2.3. Top player positioning

3.3. Porter’s five forces analysis

3.3.1. Bargaining power of suppliers
3.3.2. Bargaining power of buyers
3.3.3. Threat of new entrants
3.3.4. Threat of substitutes
3.3.5. Intensity of competitive rivalry

3.4. Market dynamics

3.4.1. Drivers

3.4.1.1. Stringent Regulation against VOC emissions and favorable government initiatives
3.4.1.2. Accelerating automotive production in Europe

3.4.2. Restraints

3.4.2.1. Presence of contaminants in wastewater discharge
3.4.2.2. Increasing raw material cost

3.4.3. Opportunity

3.4.3.1. Emergence of new application methods

CHAPTER 4: U.S. & EUROPE POWDER COATINGSS MARKET, BY RESIN TYPE

4.1. Overview

4.1.1. Market size and forecast

4.2. Thermoset

4.2.1. Key market trends, growth factors, and opportunities
4.2.2. Market size and forecast, by region

4.2.2.1. Market size and forecast, by resin type
4.2.2.2. Epoxy
4.2.2.3. Key market trends, growth factors, and opportunities
4.2.2.4. Polyester
4.2.2.5. Key market trends, growth factors, and opportunities
4.2.2.6. Epoxy polyester hybrid
4.2.2.7. Key market trends, growth factors, and opportunities
4.2.2.8. Acrylic
4.2.2.9. Key market trends, growth factors, and opportunities

4.2.3. Market share analysis, by country

4.3. Thermoplastic

4.3.1. Key market trends, growth factors, and opportunities
4.3.2. Market size and forecast, by region

4.3.2.1. Market size and forecast, by resin type
4.3.2.2. Polyvinyl chloride (PVC)
4.3.2.3. Key market trends, growth factors, and opportunities
4.3.2.4. Nylon
4.3.2.5. Key market trends, growth factors, and opportunities
4.3.2.6. Polyolefin
4.3.2.7. Key market trends, growth factors, and opportunities
4.3.2.8. Polyvinylidene fluoride (PVDF)
4.3.2.9. Key market trends, growth factors, and opportunities

4.3.3. Market share analysis, by country

CHAPTER 5: U.S. & EUROPE POWDER COATINGS MARKET, BY COATING METHOD

5.1. Overview

5.1.1. Market size and forecast

5.2. Electrostatic Spray

5.2.1. Key market trends, growth factors, and opportunities
5.2.2. Market size and forecast, by region
5.2.3. Market share analysis, by country

5.3. Fluidized bed

5.3.1. Key market trends, growth factors, and opportunities
5.3.2. Market size and forecast, by region
5.3.3. Market share analysis, by country

CHAPTER 6: U.S. & EUROPE POWDER COATINGS MARKET, BY APPLICATION

6.1. Overview

6.1.1. Market size and forecast

6.2. Appliances

6.2.1. Key market trends, growth factors, and opportunities
6.2.2. Market size and forecast, by region
6.2.3. Market share analysis, by country

6.3. Automotive

6.3.1. Key market trends, growth factors, and opportunities
6.3.2. Market size and forecast, by region
6.3.3. Market share analysis, by country

6.4. Architectural

6.4.1. Key market trends, growth factors, and opportunities
6.4.2. Market size and forecast, by region
6.4.3. Thermoplastic

6.4.3.1. Epoxy
6.4.3.2. Polyester
6.4.3.3. Epoxy Polyester Hybrid
6.4.3.4. Acrylic

6.4.4. Market size and forecast

6.4.4.1. Market size and forecast, by resin type

6.4.5. Thermosetting

6.4.5.1. Polyvinyl Chloride
6.4.5.2. Nylon
6.4.5.3. Polyolefin
6.4.5.4. Polyvinylidene Fluoride
6.4.5.5. Market size and forecast, by resin type

6.4.6. Market share analysis, by country

6.5. Furniture

6.5.1. Key market trends, growth factors, and opportunities
6.5.2. Market size and forecast, by region
6.5.3. Market share analysis, by country

6.6. Agriculture, construction, and earthmoving equipment (ACE)

6.6.1. Key market trends, growth factors, and opportunities
6.6.2. Market size and forecast, by region
6.6.3. Market share analysis, by country

6.7. General industrial

6.7.1. Key market trends, growth factors, and opportunities
6.7.2. Market size and forecast, by region
6.7.3. Market share analysis, by country

6.8. Others

6.8.1. Key market trends, growth factors, and opportunities
6.8.2. Market size and forecast, by region
6.8.3. Market share analysis, by country

CHAPTER 7: U.S. & EUROPE POWDER COATING MARKET, BY REGION

7.1. Overview

7.1.1. Market size and forecast
7.1.2. U.S.
7.1.3. Key market trends, growth factors, and opportunities

7.1.3.1. Market size and forecast, by resin type
7.1.3.2. Market size and forecast, by coating method
7.1.3.3. Market size and forecast, by application

7.2. Europe

7.2.1. Key market trends, growth factors, and opportunities

7.2.1.1. Market size and forecast, by resin type
7.2.1.2. Market size and forecast, by coating method
7.2.1.3. Market size and forecast, by application

7.2.2. Market share analysis, by country
7.2.3. Germany

7.2.3.1. Market size and forecast, by resin type
7.2.3.2. Market size and forecast, by coating method
7.2.3.3. Market size and forecast, by application

7.2.4. France

7.2.4.1. Market size and forecast, by resin type
7.2.4.2. Market size and forecast, by coating method
7.2.4.3. Market size and forecast, by application

7.2.5. Italy

7.2.5.1. Market size and forecast, by resin type
7.2.5.2. Market size and forecast, by coating method
7.2.5.3. Market size and forecast, by application

7.2.6. Spain

7.2.6.1. Market size and forecast, by resin type
7.2.6.2. Market size and forecast, by coating method
7.2.6.3. Market size and forecast, by application

7.2.7. UK

7.2.7.1. Market size and forecast, by resin type
7.2.7.2. Market size and forecast, by coating method
7.2.7.3. Market size and forecast, by application

7.2.8. Rest Of Europe

7.2.8.1. Market size and forecast, by resin type
7.2.8.2. Market size and forecast, by coating method
7.2.8.3. Market size and forecast, by application

CHAPTER 8: COMPANY PROFILES

8.1. AKZONOBEL N.V.

8.1.1. Company overview
8.1.2. Key Executives
8.1.3. Company snapshot
8.1.4. Operating Business Segments
8.1.5. Business Performance
8.1.6. Product Overview
8.1.7. Key Strategic Moves and Developments

8.2. AMERICAN POWDER COATINGS INC.

8.2.1. Company Overview
8.2.2. Company snapshot
8.2.3. Operating Business Segments
8.2.4. Product Overview

8.3. AXALTA COATING SYSTEMS

8.3.1. Company Overview
8.3.2. Company Snapshot
8.3.3. Key Executives
8.3.4. Operating Business Segments
8.3.5. Business Performance
8.3.6. Product Overview
8.3.7. Key Strategic Moves and Developments

8.4. BASF SE

8.4.1. Company Overview
8.4.2. Company Snapshot
8.4.3. Operating Business Segments
8.4.4. Business Performance
8.4.5. Product Overview
8.4.6. Key Strategic Moves and Developments

8.5. IFS COATINGS, INC.

8.5.1. Company overview
8.5.2. Company snapshot
8.5.3. Operating Business Segments
8.5.4. Product Overview

8.6. PPG INDUSTRIES, INC.

8.6.1. Company Overview
8.6.2. Company Snapshot
8.6.3. Key Executives
8.6.4. Operating Business Segments
8.6.5. Business Performance
8.6.6. Product Overview
8.6.7. Key Strategic Moves and Developments

8.7. POWDER COATING USA, INC.

8.7.1. Company Overview
8.7.2. Company Snapshot
8.7.3. Operating Business Segments

8.8. The Sherwin-Williams Company

8.8.1. Company Overview
8.8.2. Company Snapshot
8.8.3. Key Executives
8.8.4. Operating Business Segments
8.8.5. Business Performance
8.8.6. Product Overview
8.8.7. Key Strategic Moves and Developments

8.9. Tiger Drylac U.S.A., Inc.

8.9.1. Company Overview
8.9.2. Company Snapshot
8.9.3. Operating Business Segment
8.9.4. Product Overview

8.10. RPM International Inc.

8.10.1. Company Overview
8.10.2. Company snapshot
8.10.3. Operating Business Segments
8.10.4. Business Performance
8.10.5. Key Strategic Moves and Developments

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】粉体塗料のアメリカ・ヨーロッパ市場:樹脂種類別、コーティング法別、用途別
【発行日】2019年7月
【調査会社】Allied Market Research
【コード】AMR9NV123
【対象地域】アメリカ、ヨーロッパ
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】材料及び化学
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
粉体塗料のアメリカ・ヨーロッパ市場:樹脂種類別、コーティング法別、用途別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • スウェーデンの頭蓋顎顔面固定(CMF)装置市場見通し
  • 日本のパルスオキシメトリ市場
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、日本のパルスオキシメトリ市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、日本のパルスオキシメトリ市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は日本のパルスオキシメトリ市場が2017-2021年期間中に年平均5.20%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、GE Healthcare、Koninklijke Philips、Medtronic、NIHON KOHDEN等です。
  • 食品製造業向け業務用調理防火システムの世界市場予測(~2020年)
    当調査レポートでは、食品製造業向け業務用調理防火システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、製品別分析、火災管理別分析、サービス別分析、地域別分析、食品製造業向け業務用調理防火システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 免疫チェックポイント阻害剤の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、免疫チェックポイント阻害剤の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、免疫チェックポイント阻害剤市場規模、種類別(PD-1阻害剤、CTLA-4阻害剤、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・免疫チェックポイント阻害剤の世界市場概要 ・免疫チェックポイント阻害剤の世界市場環境 ・免疫チェックポイント阻害剤の世界市場動向 ・免疫チェックポイント阻害剤の世界市場規模 ・免疫チェックポイント阻害剤の世界市場:業界構造分析 ・免疫チェックポイント阻害剤の世界市場:種類別(PD-1阻害剤、CTLA-4阻害剤、その他) ・免疫チェックポイント阻害剤の世界市場:地域別市場規模・分析 ・免疫チェックポイント阻害剤の北米市場規模・予測 ・免疫チェックポイント阻害剤のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・免疫チェックポイント阻害剤のアジア太平洋市場規模・予測 ・免疫チェックポイント阻害剤の主要国分析 ・免疫チェックポイント阻害 …
  • ブレーキシステムの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ブレーキシステムの世界市場について調査・分析し、ブレーキシステムの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ブレーキシステムシェア、市場規模推移、市場規模予測、ブレーキシステム種類別分析(ディスクブレーキ、ドラムブレーキ)、ブレーキシステム用途別分析(乗用車、商用車 )、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ブレーキシステムの市場概観 ・ブレーキシステムのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ブレーキシステムのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ブレーキシステムの世界市場規模 ・ブレーキシステムの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ブレーキシステムのアメリカ市場規模推移 ・ブレーキシステムのカナダ市場規模推移 ・ブレーキシステムのメキシコ市場規模推移 ・ブレーキシステムのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ブレーキシステムのドイツ市場規模推移 ・ブレーキシステムのイギリス市場規模推移 ・ブレーキシステムのロシア市場規模推 …
  • モノのインターネット(IoT) の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、モノのインターネット(IoT) の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、ソフトウェア別分析、サービス別分析、用途別分析、地域別分析、モノのインターネット(IoT) の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 水スクーターの世界市場:用途別(個人用、商用、軍用)、推進タイプ別(燃料作動、バッテリー作動)、車両タイプ別(水上&水中)
    本調査レポートでは、水スクーターの世界市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、用途別(個人用、商用、軍用)分析、推進タイプ別(燃料作動、バッテリー作動)分析、車両タイプ別(水上&水中)分析、地域別分析、企業概要などを総合的、多面的にまとめております。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・水スクーターの世界市場:用途別(個人用、商用、軍用) ・水スクーターの世界市場:推進タイプ別(燃料作動、バッテリー作動) ・水スクーターの世界市場:車両タイプ別(水上&水中) ・水スクーターの世界市場:地域別 ・企業概要
  • セルロースナノ粒子の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、セルロースナノ粒子の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、セルロースナノ粒子市場規模、用途別(低容量用途、新しい用途、大容量用途)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ セルロースナノ粒子の世界市場:市場動向分析 ・ セルロースナノ粒子の世界市場:競争要因分析 ・ セルロースナノ粒子の世界市場:用途別(低容量用途、新しい用途、大容量用途) ・ セルロースナノ粒子の世界市場:主要地域別分析 ・ セルロースナノ粒子の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ セルロースナノ粒子のヨーロッパ市場規模 ・ セルロースナノ粒子のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・セルロースナノ粒子の世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • 研磨剤の世界市場2019-2023
    研磨材は、被加工物を研削、研磨、清掃し、目的の形状・仕上げのために使われます。研磨剤は、表面の研磨、バフ研磨、ホーニング、サンディングに使用します。 Technavioのアナリストは、2019年から2023年にかけて、研磨剤の世界市場が 5.65%のCAGRで成長すると予測しています。 主な分析対象企業は、3M、Asahi Diamond Industrial、Fujimi、Henkel、Robert Bosch、Saint-Gobainなどです。 当調査レポートでは、研磨剤の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、研磨剤市場規模、エンドユーザー別(一般工学・工具、制作、自動車、電子、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・研磨剤の世界市場概要 ・研磨剤の世界市場環境 ・研磨剤の世界市場動向 ・研磨剤の世界市場規模 ・研磨剤の世界市場:業界構造分析 ・研磨剤の世界市場:エンドユーザー別(一般工学・工具、制作、自動車、電子、その他 …
  • 歯列矯正具の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、歯列矯正具の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、歯列矯正具市場規模、製品別(固定型、移動型)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・歯列矯正具の世界市場概要 ・歯列矯正具の世界市場環境 ・歯列矯正具の世界市場動向 ・歯列矯正具の世界市場規模 ・歯列矯正具の世界市場:業界構造分析 ・歯列矯正具の世界市場:製品別(固定型、移動型) ・歯列矯正具の世界市場:地域別市場規模・分析 ・歯列矯正具の北米市場規模・予測 ・歯列矯正具のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・歯列矯正具のアジア太平洋市場規模・予測 ・歯列矯正具の主要国分析 ・歯列矯正具の世界市場:意思決定フレームワーク ・歯列矯正具の世界市場:成長要因、課題 ・歯列矯正具の世界市場:競争環境 ・歯列矯正具の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 世界のデータセンターUPS市場規模・予測、2017-2025:技術別(ラインインタラクティブ方式、ダブルコンバージョンオンライン方式)、商品別(小データセンター、中データセンター、大データセンター)、用途別(クラウド格納、ERPシステム、データ倉庫、ファイルサーバー、アプリケーションサーバー、CRMシステム)、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のデータセンターUPS市場について調査・分析し、世界のデータセンターUPS市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のデータセンターUPS関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 世界の詐欺検知防御(FDP)市場2019
    本調査レポートでは、世界の詐欺検知防御(FDP)市場2019について調査・分析し、詐欺検知防御(FDP)の世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、詐欺検知防御(FDP)のアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、詐欺検知防御(FDP)メーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・詐欺検知防御(FDP)の市場概要 ・詐欺検知防御(FDP)の上流・下流市場分析 ・詐欺検知防御(FDP)のアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・詐欺検知防御(FDP)のアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・詐欺検知防御(FDP)のアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・詐欺検知防御(FDP)のアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・詐欺検知防御(FDP)の北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・詐欺検知防御(FDP)の北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・詐欺 …
  • 製品ライフサイクル・資産管理におけるIoTの世界市場2017-2021:ソフトウェア、サービス、ハードウェア
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、製品ライフサイクル・資産管理におけるIoTの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、製品ライフサイクル・資産管理におけるIoTの世界市場規模及び予測、需要先別分析、ソリューション別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は製品ライフサイクル・資産管理におけるIoTの世界市場が2017-2021年期間中に年平均19.65%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、IBM、PTC、RapidValue、SAP、Siemens等です。
  • ヒトパピローマウイルス(HPV)治療薬の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、ヒトパピローマウイルス(HPV)治療薬の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ヒトパピローマウイルス(HPV)治療薬市場規模、投与ルート別(非経口、局所)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ヒトパピローマウイルス(HPV)治療薬の世界市場概要 ・ヒトパピローマウイルス(HPV)治療薬の世界市場環境 ・ヒトパピローマウイルス(HPV)治療薬の世界市場動向 ・ヒトパピローマウイルス(HPV)治療薬の世界市場規模 ・ヒトパピローマウイルス(HPV)治療薬の世界市場:業界構造分析 ・ヒトパピローマウイルス(HPV)治療薬の世界市場:投与ルート別(非経口、局所) ・ヒトパピローマウイルス(HPV)治療薬の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ヒトパピローマウイルス(HPV)治療薬の北米市場規模・予測 ・ヒトパピローマウイルス(HPV)治療薬のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・ヒトパピローマウイルス(HPV)治療薬の …
  • ホームフレグランスの世界市場:製品別(ディフューザー、スプレー、香料入りのろうそく、その他)、流通チャネル別(スーパーマーケット/ハイパーマーケット、オンラインストア、コンビニエンスストアなど)
    当調査レポートでは、ホームフレグランスの世界市場について調査・分析し、イントロダクション、エグゼクティブサマリ-、市場概要、製品別分析、流通経路別分析、地域別分析、企業概要などを含め以下の構成でお届けします。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・ホームフレグランスの世界市場:製品別(ディフューザー、スプレー、香料入りのろうそく、その他) ・ホームフレグランスの世界市場:流通チャネル別(スーパーマーケット/ハイパーマーケット、オンラインストア、コンビニエンスストアなど) ・ホームフレグランスの世界市場:地域別 ・企業概要
  • ブチルアセテート(BAC)の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ブチルアセテート(BAC)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ブチルアセテート(BAC)市場規模、用途別(塗料・コーティング剤、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、BASF, Celanese Corporation, Eastman Chemical Company, INEOS, Thermo Fisher Scientific, Yip’s Chemical Holdings, List of abbreviationsなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ブチルアセテート(BAC)の世界市場概要 ・ブチルアセテート(BAC)の世界市場環境 ・ブチルアセテート(BAC)の世界市場動向 ・ブチルアセテート(BAC)の世界市場規模 ・ブチルアセテート(BAC)の世界市場:業界構造分析 ・ブチルアセテート(BAC)の世界市場:用途別(塗料・コーティング剤、その他) ・ブチルアセテート(BAC)の世界市場:地 …
  • 世界の大腸癌診断・検査装置市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、大腸癌診断・検査装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・大腸癌診断・検査装置の概要 ・大腸癌診断・検査装置の開発動向:開発段階別分析 ・大腸癌診断・検査装置の開発動向:セグメント別分析 ・大腸癌診断・検査装置の開発動向:領域別分析 ・大腸癌診断・検査装置の開発動向:規制Path別分析 ・大腸癌診断・検査装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別大腸癌診断・検査装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・大腸癌診断・検査装置の最近動向
  • 吸収性不織布の世界市場予測2019-2024
    「吸収性不織布の世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、外科用包帯、縫合糸、その他など、用途別には、Hospitals、Clinics、Ambulatory Surgical Centers、Othersなどに区分してまとめた調査レポートです。吸収性不織布のグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・吸収性不織布の世界市場概要(サマリー) ・吸収性不織布の企業別販売量・売上 ・吸収性不織布の企業別市場シェア ・吸収性不織布の世界市場規模:種類別(外科用包帯、縫合糸、その他) ・吸収性不織布の世界市場規模:用途別(Hospitals、Clinics、Ambulatory Surgical Centers、Others) ・吸収性不織布の米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・吸収性不織布のアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・吸収性不織布の欧州市場規模(ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、ロ …
  • 教育玩具の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、教育玩具の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、教育玩具の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 教育玩具は、乳児から中学生までの子供の認知、社会的、感情、身体的な発達のための玩具です。教育玩具には、組み立てセット、アクティビティセット、算数・理科教材、DIYクラフト教材、粘土などがあります。教育玩具は、子供の知的発達を目的とし、特定のスキルや教科の理解の助けとなります。Technavio社は教育玩具の世界市場が2017-2021年期間中に年平均9.63%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Mattel• Toys "R" Us • Engino• Learning Resources• LEGO等です。
  • スパ向けマスレンジ・ミッドレンジ家具の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、スパ向けマスレンジ・ミッドレンジ家具の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スパ向けマスレンジ・ミッドレンジ家具の世界市場規模及び予測、種類別分析、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ミドルウェアの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ミドルウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ミドルウェアの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はミドルウェアの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.27%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Fujitsu、IBM、Microsoft、Oracle、Red Hat等です。
  • ニキビ光線療法装置の世界市場予測2019-2024
    「ニキビ光線療法装置の世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、ブルーライト療法装置、赤外線療法装置など、用途別には、Hospitals、Beauty Salon、Home Useなどに区分してまとめた調査レポートです。ニキビ光線療法装置のグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・ニキビ光線療法装置の世界市場概要(サマリー) ・ニキビ光線療法装置の企業別販売量・売上 ・ニキビ光線療法装置の企業別市場シェア ・ニキビ光線療法装置の世界市場規模:種類別(ブルーライト療法装置、赤外線療法装置) ・ニキビ光線療法装置の世界市場規模:用途別(Hospitals、Beauty Salon、Home Use) ・ニキビ光線療法装置の米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・ニキビ光線療法装置のアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・ニキビ光線療法装置の欧州市場規模(ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、ロシア …
  • タイのPVC(ポリ塩化ビニル)市場(~2019)
  • 食品検査機器及び消耗品の世界市場2017-2021:PCRシステム、クロマトグラフィーシステム、MSシステム、免疫測定システム、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、食品検査機器及び消耗品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、食品検査機器及び消耗品の世界市場規模及び予測、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は食品検査機器及び消耗品の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.91%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は3M、BioMérieux、Danaher、Shimadzu等です。
  • 世界のタッチスクリーン式HMI(ヒューマンマシンインターフェース)市場
  • 世界の氷晶石市場2015
    本調査レポートでは、世界の氷晶石市場2015について調査・分析し、氷晶石の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • アイウェアの世界市場分析:製品別(コンタクトレンズ、眼鏡、プラノサングラス)、セグメント予測
    本調査レポートでは、アイウェアの世界市場について調査・分析し、アイウェアの世界市場動向、アイウェアの世界市場規模、市場予測、セグメント別アイウェア市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • アジア太平洋のCRISPR市場予測
    本調査レポートでは、アジア太平洋のCRISPR市場について調査・分析し、アジア太平洋のCRISPR市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要国別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • ホットスタンプ箔の世界市場:金属、顔料、ホログラフィック
    当調査レポートでは、ホットスタンプ箔の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ホットスタンプ箔市場規模、製品別(金属、顔料、ホログラフィック)分析、基質別(プラスチック、紙)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、API, CFC International, Crown Roll Leaf, LEONHARD KURZ, UNIVACCO Technologyなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ホットスタンプ箔の世界市場概要 ・ホットスタンプ箔の世界市場環境 ・ホットスタンプ箔の世界市場動向 ・ホットスタンプ箔の世界市場規模 ・ホットスタンプ箔の世界市場:業界構造分析 ・ホットスタンプ箔の世界市場:製品別(金属、顔料、ホログラフィック) ・ホットスタンプ箔の世界市場:基質別(プラスチック、紙) ・ホットスタンプ箔の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ホットスタンプ箔の北米市場規模・予測 ・ホットスタンプ箔のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・ …
  • フライアッシュの世界市場2017-2021:ポートランドセメント、農業、道路建設、耐火れんが、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、フライアッシュの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、フライアッシュの世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はフライアッシュの世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.03%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はBoral、CEMEX、LafargeHolcim、SCB International、Titan America等です。
  • フランスの装具市場動向(~2021)
  • 医療機器コーティングの世界市場:親水性コーティング、抗血栓性コーティング、抗菌コーティング、乾式潤滑剤コーティング、薬剤溶出コーティング
  • 世界のスマート・ドアロック市場2015
    本調査レポートでは、世界のスマート・ドアロック市場2015について調査・分析し、スマート・ドアロックの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 高純度アルミナの世界市場分析:製品別(4N、5N、6N)、用途別(発光ダイオード、半導体、蛍光体、サファイア)、セグメント予測
    本調査レポートでは、高純度アルミナの世界市場について調査・分析し、高純度アルミナの世界市場動向、高純度アルミナの世界市場規模、市場予測、セグメント別高純度アルミナ市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ZigBeeリモコンの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ZigBeeリモコンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ZigBeeリモコンの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • シェーグレン症候群治療薬の世界市場機会分析
    当調査レポートでは、シェーグレン症候群治療薬の世界市場機会について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・イントロダクション ・シェーグレン症候群の概要:病因、病態生理、症状 ・疫学:リスク要因、併存症、グローバル動向、予測方法、疫学的予測結果 ・シェーグレン症候群治療薬市場の現状:診断、治療概要、臨床診療、主要な医薬品 ・アンメット・ニーズ及び市場機会分析 ・研究開発戦略 ・パイプライン分析 ・パイプラインの価値分析
  • 世界のロボット式塗装ブース市場2015
    本調査レポートでは、世界のロボット式塗装ブース市場2015について調査・分析し、ロボット式塗装ブースの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 1-ブテンの世界市場予測2019-2024
    「1-ブテンの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、クルードC4セパレーション、エチレン二量化、その他など、用途別には、Polyethylene、Secondary Butyl Alcohol(SBA)、Methyl Ethyl Ketone (MEK)などに区分してまとめた調査レポートです。1-ブテンのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・1-ブテンの世界市場概要(サマリー) ・1-ブテンの企業別販売量・売上 ・1-ブテンの企業別市場シェア ・1-ブテンの世界市場規模:種類別(クルードC4セパレーション、エチレン二量化、その他) ・1-ブテンの世界市場規模:用途別(Polyethylene、Secondary Butyl Alcohol(SBA)、Methyl Ethyl Ketone (MEK)) ・1-ブテンの米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・1-ブテンのアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド …
  • ジメチルスルホキシド(DMSO)の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ジメチルスルホキシド(DMSO)の世界市場について調査・分析し、ジメチルスルホキシド(DMSO)の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ジメチルスルホキシド(DMSO)シェア、市場規模推移、市場規模予測、ジメチルスルホキシド(DMSO)種類別分析(工業グレード、医薬品グレード、電子グレード)、ジメチルスルホキシド(DMSO)用途別分析(化学産業、製薬産業、電子産業、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ジメチルスルホキシド(DMSO)の市場概観 ・ジメチルスルホキシド(DMSO)のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ジメチルスルホキシド(DMSO)のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ジメチルスルホキシド(DMSO)の世界市場規模 ・ジメチルスルホキシド(DMSO)の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ジメチルスルホキシド(DMSO)のアメリカ市場規模推移 ・ジメチルスルホキシド(DMSO)のカナダ市場規模推移 ・ジメチルスルホキシド(DM …
  • 世界の半導体市場予測2017-2024
    本調査レポートでは、世界の半導体市場について調査・分析し、世界の半導体市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 次世代がん診断の世界市場
    当調査レポートでは、次世代がん診断の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・次世代がん診断の世界市場:用途別分析/市場規模 ・次世代がん診断の世界市場:技術別分析/市場規模 ・次世代がん診断の世界市場:機能別分析/市場規模 ・次世代がん診断の世界市場:がん種類別分析/市場規模 ・次世代がん診断の世界市場:地域別分析/市場規模 ・次世代がん診断のアメリカ市場規模予測 ・次世代がん診断のヨーロッパ市場規模予測 ・次世代がん診断のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 粒子径分析装置の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、粒子径分析装置の世界市場について調査・分析し、粒子径分析装置の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別粒子径分析装置シェア、市場規模推移、市場規模予測、粒子径分析装置種類別分析()、粒子径分析装置用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・粒子径分析装置の市場概観 ・粒子径分析装置のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・粒子径分析装置のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・粒子径分析装置の世界市場規模 ・粒子径分析装置の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・粒子径分析装置のアメリカ市場規模推移 ・粒子径分析装置のカナダ市場規模推移 ・粒子径分析装置のメキシコ市場規模推移 ・粒子径分析装置のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・粒子径分析装置のドイツ市場規模推移 ・粒子径分析装置のイギリス市場規模推移 ・粒子径分析装置のロシア市場規模推移 ・粒子径分析装置のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・ …
  • がんの支持療法薬剤の世界市場:治療クラス別(G-CSF、ビスホスホネート、制吐薬、オピオイド、NSAID、ESA)、主要市場別、ベンダーの展望別、セグメント予測
    がんの支持療法薬剤の世界市場は2022年には235億米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率1.8%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、がん治療に伴う多くの副作用、バイオシミラーの使用増加、医療支出の増加、効果的な治療法(標的治療、カスタマイズされた治療など)が利用可能になったことなどが考えられます。本調査レポートでは、がんの支持療法薬剤の世界市場について調査・分析し、がんの支持療法薬剤の世界市場動向、がんの支持療法薬剤の世界市場規模、市場予測、セグメント別がんの支持療法薬剤市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 不凍タンパク質の世界市場:種類別(1型、3型、不凍糖タンパク質)、形態別(固体、液体)、最終用途別(医療、化粧品、食品)、由来別、地域別予測
    本資料は、不凍タンパク質の世界市場について調べ、不凍タンパク質の世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(1型、3型、不凍糖タンパク質)分析、形態別(固体、液体)分析、最終用途別(医療、化粧品、食品)分析、由来別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・不凍タンパク質の世界市場概要 ・不凍タンパク質の世界市場環境 ・不凍タンパク質の世界市場動向 ・不凍タンパク質の世界市場規模 ・不凍タンパク質の世界市場規模:タイプ別(1型、3型、不凍糖タンパク質) ・不凍タンパク質の世界市場規模:形態別(固体、液体) ・不凍タンパク質の世界市場規模:最終用途別(医療、化粧品、食品) ・不凍タンパク質の世界市場規模:由来別 ・不凍タンパク質の世界市場:地域別市場規模・分析 ・不凍タンパク質の北米市場規模・予測 ・不凍タンパク質のアメリカ市場規模・予測 ・不凍タンパク質のヨーロッパ市場規模・予測 ・不凍タンパク質のアジア市場規模・予測 ・不凍タンパク質の日本市場規模・ …
  • 画像ガイド下治療システムの世界市場:最終用途別(ASC、診療所、病院)、製品別(MRI、PET)、用途別(脳神経外科、泌尿器科)、セグメント予測
    画像ガイド下治療システムの世界市場は2025年には49億5,000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率6.3%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、老齢人口および慢性疾患の症例数の増加が考えられます。その他の要因としては、低侵襲手術に対する選好の高まり、画像ガイド下治療システムにおける技術的進歩などがあります。がん放射線療法の分野における様々な取り組みも、市場を動かす重要な要因の1つです。本調査レポートでは、画像ガイド下治療システムの世界市場について調査・分析し、画像ガイド下治療システムの世界市場動向、画像ガイド下治療システムの世界市場規模、市場予測、セグメント別画像ガイド下治療システム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のPET/PBT樹脂市場2015
    本調査レポートでは、世界のPET/PBT樹脂市場2015について調査・分析し、PET/PBT樹脂の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 医薬品グレードシリカゲルの世界市場分析:用途別(乾燥剤、薬物キャリア[難溶性薬物、液体薬物]、吸着剤、流動促進剤)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中南米)、セグメント予測
    本調査レポートでは、医薬品グレードシリカゲルの世界市場について調査・分析し、医薬品グレードシリカゲルの世界市場動向、医薬品グレードシリカゲルの世界市場規模、市場予測、セグメント別医薬品グレードシリカゲル市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 消費者および中小企業向けNAS(ネットワークアタッチトストレージ)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、消費者および中小企業向けNAS(ネットワークアタッチトストレージ)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、消費者および中小企業向けNAS(ネットワークアタッチトストレージ)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の鶏肉加工機械市場2015
    本調査レポートでは、世界の鶏肉加工機械市場2015について調査・分析し、鶏肉加工機械の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 医療教育の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、医療教育の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、医療教育市場規模、コース別(学位、認定・トレーニング、大学院)分析、学習モデル別(ブレンド学習、オンライン学習)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Harvard Medical School, Johns Hopkins School of Medicine, Oxford University Medical School, School of Clinical Medicine, University of Cambridge, Stanford University School of Medicineなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・医療教育の世界市場概要 ・医療教育の世界市場環境 ・医療教育の世界市場動向 ・医療教育の世界市場規模 ・医療教育の世界市場:業界構造分析 ・医療教育の世界市場:コース別(学位、認定・トレーニング、大学院) ・医療教育の世界市場: …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"