"自動車用HVACのインド市場:技術別、車種別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AMR9NV107)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"自動車用HVACのインド市場:技術別、車種別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

HVAC is the technology that is used for automotive cabin comfort. It can also be used to facilitate and manage the favorable and pleasant conditions inside the cabin by controlling the degree of the temperature. The basic operation of the HVAC system is convection and conduction. Heat is transferred from the region of low-temperature to the region of high-temperature in the vehicle due to pressure difference. Evaporator, condenser, compressor, and others are the major components of the HVAC system.
Further, a heating, ventilation, and air conditioning (HVAC) system in a vehicle is used to control the internal temperature of the vehicle cabin. It includes three subsystems, namely, heating, cooling, and air conditioning that work together to provide purified air to the vehicle cabin ensuring thermal comfort to drivers and passengers. It controls the air temperature, inspects the moisture content in the air, and eliminates excessive humidity from the circulating air. Well-established companies, such as Audi, Mercedes, and BMW, focus on customized and consumer-friendly HVAC systems. For instance, the BMW 6 Series supports automatic air conditioning, including air distribution for driver and passengers, fogging sensor, and automatic climate control system.

The factors such as growth in the Indian automotive industry, rise in demand for thermal comfort, and increase in safety due to adoption of HVAC systems are expected to boost the growth of the India automotive HVAC market. However, high maintenance cost of the HVAC system restrains the growth of the market. Furthermore, adoption of eco-friendly refrigerants and production of cheaper HVAC systems provide lucrative growth opportunity for the players operating in the Indian automotive HVAC market.

Automotive HVAC market in India is anticipated to witness significant growth over the years, owing to rise in the Indian automobile industry.
The India automotive HVAC market is segmented on the basis of technology and vehicle type. Based on technology, the market is categorized into manual and automatic. On the basis of vehicle type, it is classified into passenger car, light commercial vehicle, and heavy commercial vehicle.
The key players including Samvardhana Motherson Group, MAHLE ANAND Thermal Systems, Subros Limited, Sanden Vikas (India) Ltd., Denso Corporation, Hanon Systems, Johnson Electric Holdings Limited, Sensata Technologies, Keihin Corporation, Valeo Service, and others are studied in the report.

KEY BENEFITS FOR STAKEHOLDERS
• This study presents the analytical depiction of the India automotive HVAC market along with the current trends and future estimations to depict the imminent investment pockets.
• The overall market potential is determined to understand the profitable trends to enable stakeholders gain a stronger foothold in the market.
• The report presents information related to key drivers, restraints, and opportunities with a detailed impact analysis.
• The current market is quantitatively analyzed from 2019 to 2026 to highlight the financial competency of the market.
• Porter’s five forces analysis illustrates the potency of the buyers and suppliers.

KEY MARKET SEGMENTS
By Technology
o Manual
o Automatic
By Vehicle Type
o Passenger cars
o Light commercial vehicle
o Heavy commercial vehicle


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Allied Market Researchが"自動車用HVACのインド市場:技術別、車種別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

Chapter 1: Introduction

1.1. Report Description
1.2. Key Benefits For Stakeholders
1.3. Key Market Segments
1.4. Research Methodology

1.4.1. Primary Research
1.4.2. Secondary Research
1.4.3. Analyst Tools And Models

Chapter 2: Executive Summary

2.1. Cxo Perspective

Chapter 3: Market Overview

3.1. Market Definition And Scope
3.2. Key Findings

3.2.1. Top Impacting Factors
3.2.2. Top Investment Pockets
3.2.3. Top Winning Strategies

3.3. Porter’S Five Forces Analysis
3.4. Market Share Analysis (2018)
3.5. Market Dynamics

3.5.1. Drivers

3.5.1.1. Growth In The Indian Automobile Industry
3.5.1.2. Rise In Demand For Thermal Comfort
3.5.1.3. Increase In Safety Due To Adoption of Hvac Systems

3.5.2. Restraint

3.5.2.1. High Maintenance Cost

3.5.3. Opportunities

3.5.3.1. Adoption of Eco-Friendly Refrigerants
3.5.3.2. Production of Cheaper Hvac Systems

Chapter 4: India Automotive Hvac Market, By Technology

4.1. Overview
4.2. Manual

4.2.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
4.2.2. Market Size And Forecast, By Region

4.3. Automatic

4.3.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
4.3.2. Market Size And Forecast, By Region

Chapter 5: India Automotive Hvac Market, By Vehicle Type

5.1. Overview
5.2. Passenger Cars

5.2.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
5.2.2. Market Size And Forecast, By Region

5.3. Light Commercial Vehicle

5.3.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
5.3.2. Market Size And Forecast, By Region

5.4. Heavy Commercial Vehicle

5.4.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
5.4.2. Market Size And Forecast, By Region

Chapter 6: Company Profiles

6.1. Samvardhana Motherson Group

6.1.1. Company Overview
6.1.2. Company Snapshot
6.1.3. Operating Business Segments
6.1.4. Product Portfolio
6.1.5. Business Performance

6.2. Mahle Anand Thermal Systems

6.2.1. Company Overview
6.2.2. Company Snapshot
6.2.3. Product Portfolio
6.2.4. Key Strategic Moves And Developments

6.3. Subros Limited

6.3.1. Company Overview
6.3.2. Company Snapshot
6.3.3. Product Portfolio
6.3.4. Business Performance

6.4. Sanden Vikas (India) Ltd.

6.4.1. Company Overview
6.4.2. Company Snapshot
6.4.3. Product Portfolio

6.5. Denso Corporation

6.5.1. Company Overview
6.5.2. Company Snapshot
6.5.3. Operating Business Segments
6.5.4. Product Portfolio
6.5.5. Business Performance

6.6. Hanon Systems

6.6.1. Company Overview
6.6.2. Company Snapshot
6.6.3. Product Portfolio
6.6.4. Business Performance
6.6.5. Key Strategic Moves And Developments

6.7. Johnson Electric Holdings Limited

6.7.1. Company Overview
6.7.2. Company Snapshot
6.7.3. Operating Business Segments
6.7.4. Product Portfolio
6.7.5. Business Performance

6.8. Sensata Technologies

6.8.1. Company Overview
6.8.2. Company Snapshot
6.8.3. Operating Business Segments
6.8.4. Business Performance

6.9. Keihin Corporation

6.9.1. Company Overview
6.9.2. Company Snapshot
6.9.3. Product Portfolio
6.9.4. Business Performance

6.10. Valeo Service

6.10.1. Company Overview
6.10.2. Company Snapshot
6.10.3. Operating Business Segments
6.10.4. Product Portfolio
6.10.5. Business Performance

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】自動車用HVACのインド市場:技術別、車種別
【発行日】2019年9月
【調査会社】Allied Market Research
【コード】AMR9NV107
【対象地域】インド
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】自動車及び輸送
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
自動車用HVACのインド市場:技術別、車種別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 宇宙旅行の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、宇宙旅行の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、宇宙旅行の世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • パッケージ入りスプラウトの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、パッケージ入りスプラウトの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、パッケージ入りスプラウト市場規模、製品別(豆もやし、メキャベツ、アルファルファ)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・パッケージ入りスプラウトの世界市場概要 ・パッケージ入りスプラウトの世界市場環境 ・パッケージ入りスプラウトの世界市場動向 ・パッケージ入りスプラウトの世界市場規模 ・パッケージ入りスプラウトの世界市場:業界構造分析 ・パッケージ入りスプラウトの世界市場:製品別(豆もやし、メキャベツ、アルファルファ) ・パッケージ入りスプラウトの世界市場:地域別市場規模・分析 ・パッケージ入りスプラウトのアメリカ市場規模・予測 ・パッケージ入りスプラウトのヨーロッパ市場規模・予測 ・パッケージ入りスプラウトのアジア市場規模・予測 ・パッケージ入りスプラウトの主要国分析 ・パッケージ入りスプラウトの世界市場:意思決定フレームワーク ・パッケージ入り …
  • ガラクトオリゴ糖(GOS)の世界市場の動向分析:用途別(食品・飲料、栄養補助食品)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東、アフリカ)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、ガラクトオリゴ糖(GOS)の世界市場について調査・分析し、ガラクトオリゴ糖(GOS)の世界市場動向、ガラクトオリゴ糖(GOS)の世界市場規模、市場予測、セグメント別ガラクトオリゴ糖(GOS)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 中国のバイオ発電(バイオマス・バイオガス)市場2016:発電能力、生産、均等化発電原価(LCOE)、投資動向、規制、企業分析
  • ベルギーの肩関節および小関節再建装置市場見通し
  • 繊維芽細胞増殖因子受容体3(FGFR3)阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における繊維芽細胞増殖因子受容体3(FGFR3)阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・繊維芽細胞増殖因子受容体3(FGFR3)阻害剤の概要 ・繊維芽細胞増殖因子受容体3(FGFR3)阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の繊維芽細胞増殖因子受容体3(FGFR3)阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・繊維芽細胞増殖因子受容体3(FGFR3)阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・繊維芽細胞増殖因子受容体3(FGFR3)阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ベビーキャリアの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ベビーキャリアの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ベビーキャリア市場規模、製品別(バックル型、ラップ型、スリング型)分析、流通経路別(実店舗販売、オンライン販売)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ベビーキャリアの世界市場概要 ・ベビーキャリアの世界市場環境 ・ベビーキャリアの世界市場動向 ・ベビーキャリアの世界市場規模 ・ベビーキャリアの世界市場:業界構造分析 ・ベビーキャリアの世界市場:製品別(バックル型、ラップ型、スリング型) ・ベビーキャリアの世界市場:流通経路別(実店舗販売、オンライン販売) ・ベビーキャリアの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ベビーキャリアのアメリカ市場規模・予測 ・ベビーキャリアのヨーロッパ市場規模・予測 ・ベビーキャリアのアジア市場規模・予測 ・ベビーキャリアの主要国分析 ・ベビーキャリアの世界市場:意思決定フレームワーク ・ベビーキャリアの世界市場:成長要因、課題 ・ベ …
  • ダイヤフラムバルブの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ダイヤフラムバルブの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ダイヤフラムバルブの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 ダイヤフラムバルブは、工業施設で液体流量を調節・制御するために使用する装置です。流路の開閉や部分遮断により、高圧から低圧へ、また低圧から高圧へ流体を移動させます。ダイヤフラムバルブは、組立・プロセス工業分野において、密閉されたシステムにおける液体の二点間搬送に使用されています。Technavio社はダイヤフラムバルブの世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.08%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• CRANE ChemPharma & Energy• Formatura Iniezione Polimeri• GEMU• ITT• Nippon Daiya Valve等です。
  • 両性界面活性剤の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、両性界面活性剤の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、両性界面活性剤市場規模、種類別(アミンオキシド、ベタイン、スルタイン、アンホアセテート、イミノプロピオネート)分析、用途別(ホームケア・業務用洗浄剤、農薬、油田用化学品、パーソナルケア、発泡剤)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 両性界面活性剤の世界市場:市場動向分析 ・ 両性界面活性剤の世界市場:競争要因分析 ・ 両性界面活性剤の世界市場:種類別(アミンオキシド、ベタイン、スルタイン、アンホアセテート、イミノプロピオネート) ・ 両性界面活性剤の世界市場:用途別(ホームケア・業務用洗浄剤、農薬、油田用化学品、パーソナルケア、発泡剤) ・ 両性界面活性剤の世界市場:主要地域別分析 ・ 両性界面活性剤の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 両性界面活性剤のヨーロッパ市場規模 ・ 両性界面活性剤のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・両性界面活性剤の世 …
  • 抗アレルギー非薬物サプリメントの世界市場予測2019-2024
    「抗アレルギー非薬物サプリメントの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、カプセル、タブレット、液状など、用途別には、Pollen Allergy、Dust Mites Allergy、Othersなどに区分してまとめた調査レポートです。抗アレルギー非薬物サプリメントのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・抗アレルギー非薬物サプリメントの世界市場概要(サマリー) ・抗アレルギー非薬物サプリメントの企業別販売量・売上 ・抗アレルギー非薬物サプリメントの企業別市場シェア ・抗アレルギー非薬物サプリメントの世界市場規模:種類別(カプセル、タブレット、液状) ・抗アレルギー非薬物サプリメントの世界市場規模:用途別(Pollen Allergy、Dust Mites Allergy、Others) ・抗アレルギー非薬物サプリメントの米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・抗アレルギー非薬物サプリメントのアジア市場規模( …
  • エネルギー管理システム(EMS)の世界市場:IEMS、BEMS、HEMS
    当調査レポートでは、エネルギー管理システム(EMS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、エネルギー管理システム(EMS)の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 尋常性ざ瘡(Acne Vulgaris):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における尋常性ざ瘡(Acne Vulgaris)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、尋常性ざ瘡(Acne Vulgaris)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・尋常性ざ瘡(Acne Vulgaris)の概要 ・尋常性ざ瘡(Acne Vulgaris)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の尋常性ざ瘡(Acne Vulgaris)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・尋常性ざ瘡(Acne Vulgaris)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リ …
  • 血管性浮腫(Angioedema):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、血管性浮腫(Angioedema)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・血管性浮腫(Angioedema):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・血管性浮腫(Angioedema)のフェーズ3治験薬の状況 ・血管性浮腫(Angioedema)治療薬の市場規模(販売予測) ・血管性浮腫(Angioedema)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・血管性浮腫(Angioedema)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の血管性浮腫(Angioedema)治療薬剤
  • 太陽光集熱器の世界市場:用途別(住宅、産業、研究開発機関、商業、ラボ)、製品別(非集中型、集中型)、地域別予測
    本資料は、太陽光集熱器の世界市場について調べ、太陽光集熱器の世界規模、市場動向、市場環境、用途別(住宅、産業、研究開発機関、商業、ラボ)分析、製品別(非集中型、集中型)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・太陽光集熱器の世界市場概要 ・太陽光集熱器の世界市場環境 ・太陽光集熱器の世界市場動向 ・太陽光集熱器の世界市場規模 ・太陽光集熱器の世界市場規模:用途別(住宅、産業、研究開発機関、商業、ラボ) ・太陽光集熱器の世界市場規模:製品別(非集中型、集中型) ・太陽光集熱器の世界市場:地域別市場規模・分析 ・太陽光集熱器の北米市場規模・予測 ・太陽光集熱器のアメリカ市場規模・予測 ・太陽光集熱器のヨーロッパ市場規模・予測 ・太陽光集熱器のアジア市場規模・予測 ・太陽光集熱器の日本市場規模・予測 ・太陽光集熱器の中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • 小麦タンパク質の世界市場分析:製品別(小麦グルテン、小麦タンパク質単離物、テクスチャード、加水分解物)、濃度別(75%、80%、95%)、用途別(乳製品、製パン、サプリメント、動物飼料)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、小麦タンパク質の世界市場について調査・分析し、小麦タンパク質の世界市場動向、小麦タンパク質の世界市場規模、市場予測、セグメント別小麦タンパク質市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 全身性強皮症(強皮症)の疫学的予測
    当調査レポートでは、全身性強皮症(強皮症)の疫学的市場予測について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・イントロダクション ・全身性強皮症(強皮症)の概要 ・リスク要因及び併存症 ・主要地域の動向 ・疫学的予測方法 ・全身性強皮症(強皮症)の疫学的予測結果(有病率など) ・考察(結論、分析の限界・強み)
  • 業務用ヘアケア製品の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、業務用ヘアケア製品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、業務用ヘアケア製品の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 麻梱包の米国市場2017-2021:剛性包装、フレキシブル包装
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、麻梱包の米国市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、麻梱包の米国市場規模及び予測、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は麻梱包の米国市場が2017-2021年期間中に年平均10.40%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Kush Bottles、Laguna Blends、Maple Leaf Green World、J.L.Clark等です。
  • 世界のチャイルドシート市場2016
    本調査レポートでは、世界のチャイルドシート市場2016について調査・分析し、チャイルドシートの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • プレスブレーキの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、プレスブレーキの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、プレスブレーキの世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • RWS(遠隔操作式銃塔)の世界市場:用途別(軍隊、国家防衛)、プラットフォーム別(陸軍、海軍、空軍)、コンポーネント別(センサー、武器・軍備)、技術別(近接防御火器システム、遠隔操作式銃システム )、地域別予測
    本資料は、RWS(遠隔操作式銃塔)の世界市場について調べ、RWS(遠隔操作式銃塔)の世界規模、市場動向、市場環境、用途別(軍隊、国家防衛)分析、プラットフォーム別(陸軍、海軍、空軍)分析、コンポーネント別(センサー、武器・軍備)分析、技術別(近接防御火器システム、遠隔操作式銃システム )分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・RWS(遠隔操作式銃塔)の世界市場概要 ・RWS(遠隔操作式銃塔)の世界市場環境 ・RWS(遠隔操作式銃塔)の世界市場動向 ・RWS(遠隔操作式銃塔)の世界市場規模 ・RWS(遠隔操作式銃塔)の世界市場規模:用途別(軍隊、国家防衛) ・RWS(遠隔操作式銃塔)の世界市場規模:プラットフォーム別(陸軍、海軍、空軍) ・RWS(遠隔操作式銃塔)の世界市場規模:コンポーネント別(センサー、武器・軍備) ・RWS(遠隔操作式銃塔)の世界市場規模:技術別(近接防御火器システム、遠隔操作式銃システム ) ・RWS(遠隔操作式銃塔)の世 …
  • 航空機シート作動システムの世界市場
    当調査レポートでは、航空機シート作動システムの世界市場について調査・分析し、航空機シート作動システムの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • レディミックスコンクリートバッチ処理プラントの世界市場:種類別、地域別
    本レポートは、レディミックスコンクリートバッチ処理プラントの市場実態を調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、種類別(ドライバッチコンクリートプラント、ウェットバッチコンクリートプラント)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析を掲載しています。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・レディミックスコンクリートバッチ処理プラントの世界市場:種類別(ドライバッチコンクリートプラント、ウェットバッチコンクリートプラント) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • インテリジェンスバッテリーセンサーの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、インテリジェンスバッテリーセンサーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、インテリジェンスバッテリーセンサー市場規模、技術別(モーター制御装置、コントローラーエリアネットワーク(CAN)、ローカル相互接続ネットワーク(LIN))分析、電圧別(12ボルト、14ボルト、24ボルト、48ボルト以上)分析、車両別(商用車、乗用車)分析、電気自動車別(バッテリー式電気自動車、プラグインハイブリッド電気自動車、ハイブリッド電気自動車)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ インテリジェンスバッテリーセンサーの世界市場:市場動向分析 ・ インテリジェンスバッテリーセンサーの世界市場:競争要因分析 ・ インテリジェンスバッテリーセンサーの世界市場:技術別(モーター制御装置、コントローラーエリアネットワーク(CAN)、ローカル相互接続ネットワーク(LIN)) ・ インテリジェンスバッテリーセンサーの世界市場:電圧別(12ボルト、14ボル …
  • 冷蔵倉庫の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、冷蔵倉庫の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、冷蔵倉庫市場規模、用途別(肉・シーフード、乳製品・冷凍デザート、フルーツ・野菜・飲料、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・冷蔵倉庫の世界市場概要 ・冷蔵倉庫の世界市場環境 ・冷蔵倉庫の世界市場動向 ・冷蔵倉庫の世界市場規模 ・冷蔵倉庫の世界市場:業界構造分析 ・冷蔵倉庫の世界市場:用途別(肉・シーフード、乳製品・冷凍デザート、フルーツ・野菜・飲料、その他) ・冷蔵倉庫の世界市場:地域別市場規模・分析 ・冷蔵倉庫のアメリカ市場規模・予測 ・冷蔵倉庫のヨーロッパ市場規模・予測 ・冷蔵倉庫のアジア市場規模・予測 ・冷蔵倉庫の主要国分析 ・冷蔵倉庫の世界市場:意思決定フレームワーク ・冷蔵倉庫の世界市場:成長要因、課題 ・冷蔵倉庫の世界市場:競争環境 ・冷蔵倉庫の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 圧力モニタリングの世界市場分析:製品別(血圧、肺圧、眼内圧、頭蓋内圧)、手順別(非侵襲性、侵襲性)、用途別、エンドユーザー別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、圧力モニタリングの世界市場について調査・分析し、圧力モニタリングの世界市場動向、圧力モニタリングの世界市場規模、市場予測、セグメント別圧力モニタリング市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • エアスタータの世界市場:ベーンエアスタータ、タービンエアスタータ
    当調査レポートでは、エアスタータの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、産業別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • フレキシブルエレクトロニクスの北米市場
    本調査レポートでは、フレキシブルエレクトロニクスの北米市場について調査・分析し、フレキシブルエレクトロニクスの北米市場動向、市場予測、セグメント別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 男性美容の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、男性美容の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、男性美容の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • スノースポーツウェアの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、スノースポーツウェアの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、スノースポーツウェア市場規模、製品別(アルペンスキー、スノーボード)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・スノースポーツウェアの世界市場概要 ・スノースポーツウェアの世界市場環境 ・スノースポーツウェアの世界市場動向 ・スノースポーツウェアの世界市場規模 ・スノースポーツウェアの世界市場:業界構造分析 ・スノースポーツウェアの世界市場:製品別(アルペンスキー、スノーボード) ・スノースポーツウェアの世界市場:地域別市場規模・分析 ・スノースポーツウェアの北米市場規模・予測 ・スノースポーツウェアのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・スノースポーツウェアのアジア太平洋市場規模・予測 ・スノースポーツウェアの主要国分析 ・スノースポーツウェアの世界市場:意思決定フレームワーク ・スノースポーツウェアの世界市場:成長要因、課題 ・スノースポーツウェアの …
  • カナダの整形外科用補装具市場動向(~2021)
  • サウジアラビアのPET(ポリエチレンテレフタラート)市場(~2019)
  • ポリウレタン接着剤の世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、ポリウレタン接着剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、技術別分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、ポリウレタン接着剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • オートバイ用エアバッグジャケットの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、オートバイ用エアバッグジャケットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、オートバイ用エアバッグジャケットの世界市場規模及び予測、技術別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • アメリカの放射線量管理市場
  • グルタミン酸ソーダ(MSG)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、グルタミン酸ソーダ(MSG)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、グルタミン酸ソーダ(MSG)の世界市場規模及び予測、用途別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • パラキシレンの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、パラキシレンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、パラキシレンの世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はパラキシレンの世界市場が2017-2021年期間中に年平均9.71%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Braskem、BP、Chevron Phillips Chemical、Exxon Mobil、Reliance Industries等です。
  • 医療画像管理の世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、医療画像管理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品種類別分析、エンドユーザー別分析、地域別分析、医療画像管理の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の光学顕微鏡市場2016
    本調査レポートでは、世界の光学顕微鏡市場2016について調査・分析し、光学顕微鏡の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 豚肉の世界市場:生豚肉、加工豚肉
    Technavioが発行した当調査レポートでは、豚肉の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、豚肉の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は豚肉の世界市場が2017-2021年期間中に年平均2.41%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、China Yurun Food Group、Danish Crown、JBS、Tyson Foods、WH Group等です。
  • ツナ缶の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ツナ缶の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ツナ缶の世界市場規模及び予測、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・調査手法 ・イントロダクション ・市場の状況 ・魚種別市場分類 ・流通経路別市場分類 ・地域別分析 ・主要国 ・ディシジョンフレームワーク ・成長要因・課題 ・市場動向 ・競争状況 ・主要企業分析 ・付録
  • イタリアの小関節処置動向(~2021)
  • 世界の半導体市場2015
    本調査レポートでは、世界の半導体市場2015について調査・分析し、半導体の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 免疫タンパク質診断検査の世界市場2015-2019
    当調査レポートでは、免疫タンパク質診断検査の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、免疫タンパク質診断検査の世界市場規模及び予測、用途別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • コールドチェーンの中国市場:種類別(保管、輸送、監視)、用途別(青果、乳製品、魚、肉、魚介、加工品、医薬品)、セグメント予測
  • 協調ロボットの世界市場予測(~2025年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、協調ロボットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、積載量別(5kg未満、5kg・10kg、10kg超)分析、産業別(自動車、エレクトロニクス、金属・機械加工、プラスチック・ポリマー、食品・飲料、ヘルスケア)分析、用途別分析、協調ロボットの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 電油アクチュエータの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、電油アクチュエータの世界市場について調査・分析し、電油アクチュエータの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別電油アクチュエータシェア、市場規模推移、市場規模予測、電油アクチュエータ種類別分析(制御型、スイッチ型)、電油アクチュエータ用途別分析(石油・ガス、電力、工業、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・電油アクチュエータの市場概観 ・電油アクチュエータのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・電油アクチュエータのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・電油アクチュエータの世界市場規模 ・電油アクチュエータの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・電油アクチュエータのアメリカ市場規模推移 ・電油アクチュエータのカナダ市場規模推移 ・電油アクチュエータのメキシコ市場規模推移 ・電油アクチュエータのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・電油アクチュエータのドイツ市場規模推移 ・電油アクチュエータのイギリス市場規模推移 ・電 …
  • ID・アクセス管理(IAM)の世界市場分析:展開別(クラウド、ハイブリッド、オン・プレミス)、エンドユーザー別(BFSI、エネルギー、石油・ガス、通信&IT、教育、ヘルスケア、公共部門・公益事業、製造)、セグメント予測
    本調査レポートでは、ID・アクセス管理(IAM)の世界市場について調査・分析し、ID・アクセス管理(IAM)の世界市場動向、ID・アクセス管理(IAM)の世界市場規模、市場予測、セグメント別ID・アクセス管理(IAM)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 事務用品の世界市場2015-2019
    当調査レポートでは、事務用品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、事務用品の世界市場規模及び予測、製品別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 形状記憶合金の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、形状記憶合金の世界市場について調査・分析し、形状記憶合金の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別形状記憶合金シェア、市場規模推移、市場規模予測、形状記憶合金種類別分析()、形状記憶合金用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・形状記憶合金の市場概観 ・形状記憶合金のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・形状記憶合金のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・形状記憶合金の世界市場規模 ・形状記憶合金の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・形状記憶合金のアメリカ市場規模推移 ・形状記憶合金のカナダ市場規模推移 ・形状記憶合金のメキシコ市場規模推移 ・形状記憶合金のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・形状記憶合金のドイツ市場規模推移 ・形状記憶合金のイギリス市場規模推移 ・形状記憶合金のロシア市場規模推移 ・形状記憶合金のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・形状記憶合金の日本市場規模推移 ・形 …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"