"熱交換器のインド市場:シェル&チューブ、プレート&フレーム、空冷式、マイクロチャンネル"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AMR9NV110)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"熱交換器のインド市場:シェル&チューブ、プレート&フレーム、空冷式、マイクロチャンネル"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The India heat exchangers market accounted for $454.4 million in 2018, and is anticipated to reach $890.0 million by 2026, registering a CAGR of 8.6% from 2019 to 2026. Heat exchanger is a system designed to efficiently transfer energy between two or more fluids.
The production of heat exchangers is a highly labor-intensive process, attributable to the long welding hours. Thus, heat exchangers are preferably manufactured in India, owing to the availability of cheap labor, which is a major factor that drives the growth of the India heat exchangers market. Only the standard products are manufactured in India as of now; however, in the future, custom-made heat exchangers are anticipated to be produced. However, high cost of raw materials used for the manufacture of shell & tube heat exchangers is expected to inhibit the growth of the market.

The India heat exchangers market is segmented based on type, material of construction, and end-user industry. Depending on type, the market is categorized into shell & tube, plate & frame, air cooled, microchannel, and others. The materials of construction covered in the study include carbon steel, stainless steel, nickel, and others. On the basis of end-user industry, the market is classified into chemical, petrochemical, oil & gas, HVACR, food & beverage, power generation, and others.

KEY BENEFITS FOR STAKEHOLDERS
 The report provides an extensive qualitative and quantitative analysis of the current trends and future estimations of the India heat exchangers market from 2019 to 2026 to determine the prevailing opportunities.
 A comprehensive analysis of the factors that drive and restrict the growth of the market is provided.
 The market size is provided in terms of revenue.
 Porter’s five forces analysis helps analyze the potential of the buyers & suppliers and the competitive scenario of the heat exchanger industry for strategy building.
 The report provides extensive qualitative insights on the significant segments exhibiting favorable market growth

KEY MARKET SEGMENTS
• By Type
 Shell & Tube
 Plate & Frame
 Air-Cooled
 Microchannel
 Others
• By End-User Industry
 Chemical
 Petrochemical
 Oil & Gas
 HVACR
 Food & Beverage
 Power Generation
 Others 
• By Material of Construction
 Carbon Steel
 Stainless Steel
 Nickel
 Others

KEY MARKET PLAYERS
• Alfa Laval
• Danfoss
• Heatex Industries Limited
• HRS Process Systems Ltd.
• Kelvion Holding GmbH
• KGC Engineering Projects Pvt. Ltd.
• REX Heat Exchanger (REX)
• Radiant Heat Exchanger Pvt. Ltd.
• Tranter
• Universal Heat Exchangers Limited
The other players in the value chain of the market includes BGR Energy Systems Limited, Flowtex Engineers, Abacus Heat Transfer Limited, JC Equipments Pvt. Ltd., KGC Engineering Projects Private Ltd, Kinam Engineering Industries, Comp Air Treatment System P. LTD., Modern Heat Exchangers, and others.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Allied Market Researchが"熱交換器のインド市場:シェル&チューブ、プレート&フレーム、空冷式、マイクロチャンネル"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

Chapter 1: Introduction

1.1. Report Description
1.2. Key Benefits For Stakeholders
1.3. Key Market Segments
1.4. Research Methodology

1.4.1. Secondary Research
1.4.2. Primary Research

1.5. Analyst Tools And Models

Chapter 2: Executive Summary

2.1. Key Findings of The Study
2.2. Cxo Perspective

Chapter 3: Market Overview

3.1. Market Definition And Scope
3.2. Key Findings

3.2.1. Top Investment Pockets
3.2.2. Porter’S Five Forces Analysis

3.3. Top Player Positioning, 2018
3.4. Market Dynamics

3.4.1. Drivers

3.4.1.1. Favorable Government Initiatives For The Growth of Chemical Industry
3.4.1.2. Rise In Demand For Heat Exchangers From Food Industry

3.4.2. Restraint

3.4.2.1. Corrosion And Fouling Concerns Associated With Heat Exchangers

3.4.3. Opportunity

3.4.3.1. Rise In Investment In Oil & Gas Sector

3.5. Competitive Scenario In The Market
3.6. Value Chain Analysis

3.6.1. List of Key Manufacturers
3.6.2. List of Key Distributors

Chapter 4: India Heat Exchangers Market, By Type

4.1. Overview

4.1.1. Market Size And Forecast

4.2. Shell & Tube

4.2.1. Key Market Trends, Growth Factors And Opportunities

4.3. Plate & Frame

4.3.1. Key Market Trends, Growth Factors And Opportunities

4.4. Air-Cooled

4.4.1. Key Market Trends, Growth Factors And Opportunities

4.5. Microchannel

4.5.1. Key Market Trends, Growth Factors And Opportunities

4.6. Others

4.6.1. Key Market Trends, Growth Factors And Opportunities

Chapter 5: India Heat Exchangers Market, By End-User Industry

5.1. Overview

5.1.1. Market Size And Forecast

5.2. Chemical

5.2.1. Key Market Trends, Growth Factors And Opportunities

5.3. Petrochemical

5.3.1. Key Market Trends, Growth Factors And Opportunities

5.4. Oil & Gas

5.4.1. Key Market Trends, Growth Factors And Opportunities

5.5. Hvacr

5.5.1. Key Market Trends, Growth Factors And Opportunities

5.6. Food & Beverage

5.6.1. Key Market Trends, Growth Factors And Opportunities

5.7. Power Generation

5.7.1. Key Market Trends, Growth Factors And Opportunities

5.8. Others

5.8.1. Key Market Trends, Growth Factors And Opportunities

Chapter 6: India Heat Exchangers Market, By Material of Construction

6.1. Overview

6.1.1. Market Size And Forecast

6.2. Carbon Steel

6.2.1. Key Market Trends, Growth Factors And Opportunities

6.3. Stainless Steel

6.3.1. Key Market Trends, Growth Factors And Opportunities

6.4. Nickel

6.4.1. Key Market Trends, Growth Factors And Opportunities

6.5. Others

6.5.1. Key Market Trends, Growth Factors And Opportunities

Chapter 7: Company Profiles

7.1. Alfa Laval

7.1.1. Company Overview
7.1.2. Company Snapshot
7.1.3. Operating Business Segments
7.1.4. Product Portfolio
7.1.5. Business Performance

7.2. Danfoss

7.2.1. Company Overview
7.2.2. Company Snapshot
7.2.3. Operating Business Segments
7.2.4. Product Portfolio
7.2.5. Business Performance

7.3. Heatex Industries Limited

7.3.1. Company Overview
7.3.2. Company Snapshot
7.3.3. Product Portfolio

7.4. Hrs Process Systems Ltd.

7.4.1. Company Overview
7.4.2. Company Snapshot
7.4.3. Product Portfolio

7.5. Kelvion Holding Gmbh

7.5.1. Company Overview
7.5.2. Company Snapshot
7.5.3. Product Portfolio
7.5.4. Key Strategic Moves And Developments

7.6. Kgc Engineering Projects Pvt. Ltd.

7.6.1. Company Overview
7.6.2. Company Snapshot
7.6.3. Product Portfolio

7.7. Rex Heat Exchanger

7.7.1. Company Overview
7.7.2. Company Snapshot
7.7.3. Product Portfolio

7.8. Radiant Heat Exchanger Pvt. Ltd.

7.8.1. Company Overview
7.8.2. Company Snapshot
7.8.3. Product Portfolio

7.9. Tranter

7.9.1. Company Overview
7.9.2. Company Snapshot
7.9.3. Product Portfolio

7.10. Universal Heat Exchangers Limited

7.10.1. Company Overview
7.10.2. Company Snapshot
7.10.3. Product Portfolio

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】熱交換器のインド市場:シェル&チューブ、プレート&フレーム、空冷式、マイクロチャンネル
【発行日】2019年8月
【調査会社】Allied Market Research
【コード】AMR9NV110
【対象地域】インド
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】エネルギー及び電力
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
熱交換器のインド市場:シェル&チューブ、プレート&フレーム、空冷式、マイクロチャンネルについてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • キャンプ用クーラーの世界市場:容量別(25クォート未満、25~50クォート)、製品別(ハード、ソフト)、用途別(ドライキャンプ、バックパック旅行)、セグメント予測
    キャンプ用クーラーの世界市場は2025年には10億5,000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率6.4%で成長すると予測されています。クーラーの製造に革新的な技術が採用されたり、野外で余暇を過ごす人々が増えていく傾向がみられることから、この市場は予測期間にわたってかなりの伸びを見込むと考えられます。本調査レポートでは、キャンプ用クーラーの世界市場について調査・分析し、キャンプ用クーラーの世界市場動向、キャンプ用クーラーの世界市場規模、市場予測、セグメント別キャンプ用クーラー市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • フルオロケイ酸の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、フルオロケイ酸の世界市場について調べ、フルオロケイ酸の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、フルオロケイ酸の市場規模をセグメンテーション別(用途別(水フッ化、化学製造、金属表面処理及び電気めっき、処理非表示、その他)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はフルオロケイ酸の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均6%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・フルオロケイ酸の市場状況 ・フルオロケイ酸の市場規模 ・フルオロケイ酸の市場予測 ・フルオロケイ酸の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(水フッ化、化学製造、金属表面処理及び電気めっき、処理非表示、その他) ・フルオロケイ酸の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連 …
  • 掻痒(Pruritus):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における掻痒(Pruritus)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、掻痒(Pruritus)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・掻痒(Pruritus)の概要 ・掻痒(Pruritus)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の掻痒(Pruritus)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・掻痒(Pruritus)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・掻痒(Pruritus)治療薬開発に取り組んでいる企業リスト …
  • 硬質発泡体の世界市場予測(~2022年):ポリウレタン、ポリスチレン、ポリエチレン、ポリプロピレン、ポリ塩化ビニル
    当調査レポートでは、硬質発泡体の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、需要先別分析、地域別分析、硬質発泡体の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国のIoT(モノのインターネット)市場:プロセッサ、メモリ、ロジック、センサー、ネットワーク、ソフトウェア
  • ガス処理インフラの世界市場2016-2026
  • ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)の世界市場
    当調査レポートでは、ポリメラーゼ連鎖反応 (PCR) の世界市場について調査・分析し、ポリメラーゼ連鎖反応 (PCR) の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • グラフデータベースの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、グラフデータベースの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、用途別分析、構成要素別分析、地域別分析、グラフデータベースの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • トルコの頭蓋顎顔面固定(CMF)装置市場見通し
  • 産業用通信の世界市場予測(~2022年):構成品、ソフトウェア、サービス
    当調査レポートでは、産業用通信の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、構成品別分析、通信プロトコル別分析、用途別分析、地域別分析、産業用通信の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 血液検査およびフローサイトメトリー検査の世界市場:販売予測、企業分析
  • ナノセルロースの世界市場予測(~2023年):ミクロフィブリル化セルロース、セルロースナノクリスタル
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ナノセルロースの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、タイプ別(ミクロフィブリル化セルロース、セルロースナノクリスタル)分析、用途別(パルプ・製紙、複合材料・パッケージング、生体医療・製薬、エレクトロニクス・センサー)分析、ナノセルロースの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ガスクロマトグラフィーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ガスクロマトグラフィーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ガスクロマトグラフィーの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • フランスの心血管用デバイス市場(~2021)
  • ビタミンの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ビタミンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、タイプ別(ビタミンB、ビタミンE、ビタミンD、ビタミンC、ビタミンA、ビタミンK)分析、用途別(ヘルスケア製品、食品・飲料、飼料、パーソナルケア製品)分析、由来別(人工、天然)分析、ビタミンの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • モバイルフードサービスの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、モバイルフードサービスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、モバイルフードサービス市場規模、製品別(食品、飲料)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・モバイルフードサービスの世界市場概要 ・モバイルフードサービスの世界市場環境 ・モバイルフードサービスの世界市場動向 ・モバイルフードサービスの世界市場規模 ・モバイルフードサービスの世界市場:業界構造分析 ・モバイルフードサービスの世界市場:製品別(食品、飲料) ・モバイルフードサービスの世界市場:地域別市場規模・分析 ・モバイルフードサービスのアメリカ市場規模・予測 ・モバイルフードサービスのヨーロッパ市場規模・予測 ・モバイルフードサービスのアジア市場規模・予測 ・モバイルフードサービスの主要国分析 ・モバイルフードサービスの世界市場:意思決定フレームワーク ・モバイルフードサービスの世界市場:成長要因、課題 ・モバイルフードサービスの世界市場:競争環境 …
  • アイウェアの世界市場:眼鏡、サングラス、コンタクトレンズ
    当調査レポートでは、アイウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アイウェアの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • インタラクティブホワイトボード(電子黒板)の世界市場:技術別(抵抗膜、静電容量方式)、プロジェクション技術別、用途別(教育、企業)、形状因子別、セグメント予測
    インタラクティブホワイトボード(電子黒板)の世界市場は2025年には23億1000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率6.1%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、伝統的なチョークと黒板を用いる教室をデジタルな教室に変えることに焦点を当てた政府の取り組みが考えられます。バーチャルラーニングとeラーニングの普及は、インタラクティブホワイトボードに対する需要を増加させる一因です。また、技術と教育の融合に向けた大規模な投資プロジェクトの増加も、市場の成長を促進すると見られています。中小企業、予算の小さい教育機関などでは、インタラクティブホワイトボードの普及が比較的低速であるにもかかわらず上昇しています。このことも、予測期間にわたって市場の需要をさらに押し上げる予想されます。本調査レポートでは、インタラクティブホワイトボード(電子黒板)の世界市場について調査・分析し、インタラクティブホワイトボード(電子黒板)の世界市場動向、インタラクティブホワイトボード(電子黒板)の世界市場規模、市場予測、セグメント別インタラクティブホワイトボード(電子黒板)市場分析、主要地域別市 …
  • 教育・学習分析の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、教育・学習分析の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、用途別(パフォーマンス管理、カリキュラム開発・介入管理、人材の獲得・保持)分析、コンポーネント別分析、分析タイプ別分析、導入別分析、教育・学習分析の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のフォークリフトトラック市場2015
    本調査レポートでは、世界のフォークリフトトラック市場2015について調査・分析し、フォークリフトトラックの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 電位依存性T-タイプカルシウムチャンネル遮断剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における電位依存性T-タイプカルシウムチャンネル遮断剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・電位依存性T-タイプカルシウムチャンネル遮断剤の概要 ・電位依存性T-タイプカルシウムチャンネル遮断剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の電位依存性T-タイプカルシウムチャンネル遮断剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・電位依存性T-タイプカルシウムチャンネル遮断剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・電位依存性T-タイプカルシウムチャンネル遮断剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ティラピアの世界市場2020-2024:製品別、地域別
    「ティラピアの世界市場2020-2024」は、ティラピアについて市場概要、市場規模、製品別(ナイルティラピア、ブルーティラピア)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題・トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・ティラピアの世界市場:製品別(ナイルティラピア、ブルーティラピア) ・顧客状況 ・地域状況 ・市場の要因・課題・トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • 表面掻き取り式熱交換器の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、表面掻き取り式熱交換器の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、表面掻き取り式熱交換器市場規模、製品別(往復管、回転筒、回転板)分析、最終用途別(加工食品、ベーカリー製品、乳製品、油脂、ファインフード、化粧品、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・表面掻き取り式熱交換器の世界市場概要 ・表面掻き取り式熱交換器の世界市場環境 ・表面掻き取り式熱交換器の世界市場動向 ・表面掻き取り式熱交換器の世界市場規模 ・表面掻き取り式熱交換器の世界市場:業界構造分析 ・表面掻き取り式熱交換器の世界市場:製品別(往復管、回転筒、回転板) ・表面掻き取り式熱交換器の世界市場:最終用途別(加工食品、ベーカリー製品、乳製品、油脂、ファインフード、化粧品、その他) ・表面掻き取り式熱交換器の世界市場:地域別市場規模・分析 ・表面掻き取り式熱交換器のアメリカ市場規模・予測 ・表面掻き取り式熱交換器のヨーロッパ市場規模・予測 ・表面 …
  • ジオテキスタイルの世界市場2016-2026
    当調査レポートでは、ジオテキスタイルの世界市場について調査・分析し、ジオテキスタイルの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 1. レポート概要 2. ジオテキスタイル世界市場の概要 3. ジオテキスタイルの世界市場2016-2026 4. 世界のジオテキスタイル材料2次市場予測2016-2026 5. 世界のジオテキスタイル製造工程2次市場予測2016-2026 6. 世界のジオテキスタイル応用2次市場予測2016-2026 7. 主要国のジオテキスタイル市場2016-2026 8. ジオテキスタイル市場のSWOT分析2016-2026 9. 主要なジオテキスタイル企業2016 10. 結論
  • 中国の酸化亜鉛ナノ粒子市場2015
    本調査レポートでは、中国の酸化亜鉛ナノ粒子市場2015について調査・分析し、酸化亜鉛ナノ粒子の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • カザフスタンの石油/ガス産業における中流部門(Midstream)市場
  • ヘッジホッグ経路阻害剤の世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、ヘッジホッグ経路阻害剤の世界市場について調べ、ヘッジホッグ経路阻害剤の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ヘッジホッグ経路阻害剤の市場規模をセグメンテーション別(製品別(BCC、AML)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社はヘッジホッグ経路阻害剤の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均11%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・ヘッジホッグ経路阻害剤の市場状況 ・ヘッジホッグ経路阻害剤の市場規模 ・ヘッジホッグ経路阻害剤の市場予測 ・ヘッジホッグ経路阻害剤の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(BCC、AML) ・ヘッジホッグ経路阻害剤の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • クラウドインフラストラクチャサービスの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、クラウドインフラストラクチャサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、サービス種類別(サービスとしてのストレージ、サービスとしての計算、サービスとしての災害復旧およびバックアップ)分析、展開モデル別分析、組織規模別分析、業種別分析、クラウドインフラストラクチャサービスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、クラウドインフラストラクチャサービスの世界市場規模が2019年730億ドルから2024年1666億ドルまで年平均18.0%成長すると予測しています。
  • レーダーセキュリティの世界市場:地上監視レーダー(GSR)、対空監視レーダー(ASR)、海上監視レーダー(MSR)
    当調査レポートでは、レーダーセキュリティの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、監視種類別分析、範囲別分析、用途別分析、地域別分析、レーダーセキュリティの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の鉱山用化学品市場2015
    本調査レポートでは、世界の鉱山用化学品市場2015について調査・分析し、鉱山用化学品の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、地域別生産規模分析、販売チャネル分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のタンタル市場2015
    本調査レポートでは、世界のタンタル市場2015について調査・分析し、タンタルの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • カザフスタンの建築用プラスチック製品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 貯蔵分析の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、貯蔵分析の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、サービス別分析、用途別分析、貯蔵種類別分析、地域別分析、貯蔵分析の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • シロアリ防除の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、シロアリ防除の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、シロアリ種類別分析、防除方式別分析、用途別分析、地域別分析、シロアリ防除の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 医療用複合材の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、医療用複合材の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、医療用複合材市場規模、用途別(診断イメージング、整形外科、針・注射器、歯科、ミクロスフェア)分析、種類別(繊維複合材、ポリマーセラミック複合材、ポリマー金属複合材)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・医療用複合材の世界市場概要 ・医療用複合材の世界市場環境 ・医療用複合材の世界市場動向 ・医療用複合材の世界市場規模 ・医療用複合材の世界市場:業界構造分析 ・医療用複合材の世界市場:用途別(診断イメージング、整形外科、針・注射器、歯科、ミクロスフェア) ・医療用複合材の世界市場:種類別(繊維複合材、ポリマーセラミック複合材、ポリマー金属複合材) ・医療用複合材の世界市場:地域別市場規模・分析 ・医療用複合材のアメリカ市場規模・予測 ・医療用複合材のヨーロッパ市場規模・予測 ・医療用複合材のアジア市場規模・予測 ・医療用複合材の主要国分析 ・医療用複合材の世界 …
  • 教育玩具の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、教育玩具の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、教育玩具の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 教育玩具は、乳児から中学生までの子供の認知、社会的、感情、身体的な発達のための玩具です。教育玩具には、組み立てセット、アクティビティセット、算数・理科教材、DIYクラフト教材、粘土などがあります。教育玩具は、子供の知的発達を目的とし、特定のスキルや教科の理解の助けとなります。Technavio社は教育玩具の世界市場が2017-2021年期間中に年平均9.63%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Mattel• Toys "R" Us • Engino• Learning Resources• LEGO等です。
  • インドの自動車金融市場(~2020)
  • 世界のスマートコンテナ市場:提供別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)、技術別(GPS、セルラー、BLE、LoRa WAN)、業種別(食品&飲料、医薬品、化学薬品、石油&ガス)、地域別
    MarketsandMarkets社は、スマートコンテナの世界市場規模が2019年26億ドルから2024年57億ドルまで年平均16.9%成長すると予測しています。本書は、世界のスマートコンテナ市場について調査・分析し、市場概要、提供別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)分析、技術別(全地球測位システム(GPS)、セルラー、Lora Wan(長距離広域ネットワーク)、Bluetooth Low Energy(BLE)、その他)分析、業種別(食品・飲料、医薬品、石油・ガス、化学薬品、その他)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界のスマートコンテナ市場:提供別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス) ・世界のスマートコンテナ市場:技術別(全地球測位システム(GPS)、セルラー、Lora Wan(長距離広域ネットワーク)、Bluetooth Low Energy(BLE)、その他) ・世界のスマートコンテナ市場:業種別(食品・飲料、医薬品、石油・ガス、化学薬品、その …
  • イタリアの体外式除細動器市場(~2021)
  • ブラジルのPVC(ポリ塩化ビニル)市場(~2019)
  • パルプおよび製紙の世界市場:製品別(パルプ、紙、厚紙)、用途別(パッケージング、消費財、化学薬品、建築・建設)、地域別予測
    本資料は、パルプおよび製紙の世界市場について調べ、パルプおよび製紙の世界規模、市場動向、市場環境、製品別(パルプ、紙、厚紙)分析、用途別(パッケージング、消費財、化学薬品、建築・建設)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・パルプおよび製紙の世界市場概要 ・パルプおよび製紙の世界市場環境 ・パルプおよび製紙の世界市場動向 ・パルプおよび製紙の世界市場規模 ・パルプおよび製紙の世界市場規模:製品別(パルプ、紙、厚紙) ・パルプおよび製紙の世界市場規模:用途別(パッケージング、消費財、化学薬品、建築・建設) ・パルプおよび製紙の世界市場:地域別市場規模・分析 ・パルプおよび製紙の北米市場規模・予測 ・パルプおよび製紙のアメリカ市場規模・予測 ・パルプおよび製紙のヨーロッパ市場規模・予測 ・パルプおよび製紙のアジア市場規模・予測 ・パルプおよび製紙の日本市場規模・予測 ・パルプおよび製紙の中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • クリーンルーム技術の世界市場2014-2025:製品タイプ別(装置、消耗品)、最終用途別(製薬、医療機器、バイオ技術、病院、診断センター)
    本調査レポートでは、クリーンルーム技術の世界市場について調査・分析し、クリーンルーム技術の世界市場動向、クリーンルーム技術の世界市場規模、市場予測、セグメント別クリーンルーム技術市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 回転式リミットスイッチの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、回転式リミットスイッチの世界市場について調査・分析し、回転式リミットスイッチの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別回転式リミットスイッチシェア、市場規模推移、市場規模予測、回転式リミットスイッチ種類別分析()、回転式リミットスイッチ用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・回転式リミットスイッチの市場概観 ・回転式リミットスイッチのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・回転式リミットスイッチのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・回転式リミットスイッチの世界市場規模 ・回転式リミットスイッチの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・回転式リミットスイッチのアメリカ市場規模推移 ・回転式リミットスイッチのカナダ市場規模推移 ・回転式リミットスイッチのメキシコ市場規模推移 ・回転式リミットスイッチのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・回転式リミットスイッチのドイツ市場規模推移 ・回転式リミットスイッチのイギリス市 …
  • 世界のアミドチオりん酸O,O-ジメチル(DMPAT)市場2016
    本調査レポートでは、世界のアミドチオりん酸O,O-ジメチル(DMPAT)市場2016について調査・分析し、アミドチオりん酸O,O-ジメチル(DMPAT)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のMQ樹脂市場2015
    本調査レポートでは、世界のMQ樹脂市場2015について調査・分析し、MQ樹脂の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のパクリタキセル市場2016
    本調査レポートでは、世界のパクリタキセル市場2016について調査・分析し、パクリタキセルの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 眼科粘弾性装置(OVD)の世界市場:製品種類別(粘着性眼科用粘弾性、分散性眼科用粘弾性)、用途別(白内障手術、緑内障手術、角膜移植および硝子体網膜手術)、エンドユーザー別(病院、眼科クリニック、その他)
    本資料は、眼科粘弾性装置(OVD)の世界市場について調べ、眼科粘弾性装置(OVD)の世界規模、市場動向、市場環境、製品種類別(粘着性眼科用粘弾性、分散性眼科用粘弾性)分析、エンドユーザー別(病院、眼科クリニック、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・眼科粘弾性装置(OVD)の世界市場概要 ・眼科粘弾性装置(OVD)の世界市場環境 ・眼科粘弾性装置(OVD)の世界市場動向 ・眼科粘弾性装置(OVD)の世界市場規模 ・眼科粘弾性装置(OVD)の世界市場:製品種類別(粘着性眼科用粘弾性、分散性眼科用粘弾性) ・眼科粘弾性装置(OVD)の世界市場:用途別(白内障手術、緑内障手術、角膜移植および硝子体網膜手術) ・眼科粘弾性装置(OVD)の世界市場:エンドユーザー別(病院、眼科クリニック、その他) ・眼科粘弾性装置(OVD)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・眼科粘弾性装置(OVD)の北米市場規模・予測 ・眼科粘弾性装置(OVD)のアメリカ市場 …
  • 世界の歯科研究所市場:製品別、地域別
    本調査レポートは歯科研究所の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、製品別(補綴及び診断装置、治療装置、その他の製品)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・歯科研究所の世界市場:製品別(補綴及び診断装置、治療装置、その他の製品) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • OTT端末・サービスの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、OTT端末・サービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、OTT端末・サービスの世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の矯正装置市場:膝装具、足首用装具、上肢用装具
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"