"ホームオートメーションのインド市場:照明、セキュリティ&安全、HVAC、エンターテイメント"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AMR9NV128)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"ホームオートメーションのインド市場:照明、セキュリティ&安全、HVAC、エンターテイメント"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The India home automation market was valued at $1,790.9 million in 2018, and is expected to reach at $13,574.1 million by 2026, growing at a CAGR of 29.8% during the forecast period 2019-2026. The India home automation market is currently in its initial stage; however, it is expected to grow at a considerable rate in the future. This is attributed to rapid technological advancements in Internet of Things and artificial intelligence.
Home automation, also known as smart home, is an automation system that offers access to control appliances and devices such as lights, fan, alarm system, heating & cooling systems, and electrical outlets with a smartphone. In addition, this system can be used for sprinkler systems and other remotely controllable networks. In this system, the primary focus is on home security, surveillance, and safety, including smart lock systems for doors & windows, smoke detectors, fire alarms, surveillance cameras, and other sensors. The key components of home automation consist of classic control unit and user-friendly app interface, which controls other smart appliances and devices via a tablet or smartphone.

The need for energy-efficient solutions and rise in demand for safety & security for homes are the major factors that are expected to boost the demand for home automation in India. In addition, rise in disposable income in India and increase in government initiatives for development of smart cities are anticipated to significantly contribute toward the growth of the India home automation market during the forecast period. Although the installation cost is high, benefits offered by these highly energy-efficient systems such as enhanced safety & security and low energy consumption, propel the growth of the market. However, wireless connectivity issues in some areas and lack of standardization of smart home devices hamper the growth of the home automation market in India.

On the contrary, introduction of various plans and automation modules by key market players to cater to the increase in customer demands is anticipated to provide lucrative opportunities for the market. For example, in June 2018, Harman International launched a video distribution solution specially designed for hospitality automation in hotels and corporate applications. Similarly, Johnson Controls developed a new version of the SMART Equipment Control Firmware in March 2019. Its features include continuous reset single zone control, which offers energy savings and precise control of space comfort.

The India home automation market is segmented on the basis of product, technology, and end user. By product, the market is segregated into lighting, security & safety, HVAC, entertainment, and others. The lighting segment is further divided into relays, dimmers, switches, and others. Security & safety is sub segmented into bells, locks, security cameras, and others. The HVAC segment is further classified into thermostats, sensors, control valves, and others. Entertainment is subdivided into home theater system, audio, volume & multimedia controls, and others. The others segment includes wall panels, ceiling plates, fans, and wires. Depending on technology, the market is bifurcated into wired and wireless. By end user, it is fragmented into residential, commercial, and hospitality.

COMPETITION ANALYSIS
The key players operating in the market include key companies profiled in the report include Fueblabs, Larsen & Toubro, Schneider, Johnson Controls, Harman International, Home Brain, PERT, Silvan Innovation, Oakter, and Elan Home Systems.

KEY BENEFITS FOR STAKEHOLDERS
 The report provides an extensive analysis of the current and emerging market trends and dynamics in the India home automation market.
 In-depth analysis is conducted by constructing market estimations for the key segments between 2018 and 2026.
 Extensive analysis of the market is conducted by following key product positioning and monitoring of the top competitors within the market framework.
 A comprehensive analysis of all the regions is provided to determine the prevailing opportunities.
 The key market players within the market are profiled in this report and their strategies are analyzed thoroughly, which help to understand the competitive outlook of the industry.

INDIA HOME AUTOMATION MARKET SEGMENTS
BY PRODUCT TYPE
• Lighting
o Relays
o Dimmers
o Switches
o Others
• Security and safety
o Bells
o Locks
o Security cameras
o Others
• HVAC
o Thermostats
o Sensors
o Control Valves
o Others
• Entertainment
o Home Theater System
o Audio, Volume and Multimedia Controls
o Others
• Others

BY TECHNOLOGY
• Wired
• Wireless

BY END-USER
• Residential
• Commercial
• Hospitality

KEY PLAYERS
• Elan home systems
• Fueblabs
• Harman International
• Home brain
• Johnson Controls
• Larsen & Toubro
• Oakter
• PERT
• Schneider
• Silvan Innovation


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Allied Market Researchが"ホームオートメーションのインド市場:照明、セキュリティ&安全、HVAC、エンターテイメント"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

CHAPTER 1: INTRODUCTION

1.1. Report description
1.2. Key benefits for stakeholders
1.3. Key market segments
1.4. Key market players
1.5. Research methodology

1.5.1. Secondary research
1.5.2. Primary research
1.5.3. Analyst tools & models

CHAPTER 2: EXECUTIVE SUMMARY

2.1. CXO perspective

CHAPTER 3: MARKET OVERVIEW

3.1. Market definition and scope
3.2. Key findings

3.2.1. Top investment pockets
3.2.2. Top winning strategies

3.3. Demographics of the presence of smart home
3.4. Porter’s five forces analysis
3.5. Market dynamics

3.5.1. Drivers

3.5.1.1. Cost-effectiveness of home automation systems
3.5.1.2. Surge in popularity of Internet of Things (IoT) for smart homes
3.5.1.3. Rise in demand for energy-efficient solutions
3.5.1.4. Rise in need for safety & security for homes

3.5.2. Restraints

3.5.2.1. Limited connectivity and bandwidth issue
3.5.2.2. Lack of standardization and long replacement cycles

3.5.3. Opportunities

3.5.3.1. Technical innovations
3.5.3.2. Urban renewal and planning programs by the Government of India

3.6. List and overview of distributors and electrical commissioning agents

CHAPTER 4: INDIA HOME AUTOMATION MARKET, BY TYPE

4.1. Market overview

4.1.1. Market size and forecast, by type

4.2. Lighting

4.2.1. Key market trends, growth factors, and opportunities
4.2.2. Market size and forecast

4.2.2.1. Relay

4.2.2.1.1. Market size and forecast

4.2.2.2. Dimmers

4.2.2.2.1. Market size and forecast

4.2.2.3. Switches

4.2.2.3.1. Market size and forecast

4.2.2.4. Others

4.2.2.4.1. Market size and forecast

4.3. Security & safety

4.3.1. Key market trends, growth factors, and opportunities
4.3.2. Market size and forecast

4.3.2.1. Bells

4.3.2.1.1. Market size and forecast

4.3.2.2. Locks

4.3.2.2.1. Market size and forecast

4.3.2.3. Security cameras

4.3.2.3.1. Market size and forecast

4.3.2.4. Others

4.3.2.4.1. Market size and forecast

4.4. HVAC

4.4.1. Key market trends, growth factors, and opportunities
4.4.2. Market size and forecast

4.4.2.1. Thermostats

4.4.2.1.1. Market size and forecast

4.4.2.2. Sensors

4.4.2.2.1. Market size and forecast

4.4.2.3. Control valves

4.4.2.3.1. Market size and forecast

4.4.2.4. Others

4.4.2.4.1. Market size and forecast

4.5. Entertainment

4.5.1. Key market trends, growth factors, and opportunities
4.5.2. Market size and forecast

4.5.2.1. Home theater system

4.5.2.1.1. Market size and forecast

4.5.2.2. Audio, volume, and multimedia controls

4.5.2.2.1. Market size and forecast

4.5.2.3. Others

4.5.2.3.1. Market size and forecast

4.6. Others

4.6.1. Key market trends, growth factors, and opportunities
4.6.2. Market size and forecast

CHAPTER 5: INDIA HOME AUTOMATION MARKET, BY TECHNOLOGY

5.1. Market overview

5.1.1. Market size and forecast, by technology

5.2. Wired

5.2.1. Key market trends, growth factors, and opportunities
5.2.2. Market size and forecast

5.3. Wireless

5.3.1. Key market trends, growth factors, and opportunities
5.3.2. Market size and forecast

CHAPTER 6: INDIA HOME AUTOMATION MARKET, BY END USER

6.1. Market overview

6.1.1. Market size and forecast, by end user

6.2. Residential

6.2.1. Key market trends, growth factors, and opportunities
6.2.2. Market size and forecast

6.3. Commercial

6.3.1. Key market trends, growth factors, and opportunities
6.3.2. Market size and forecast

6.4. Hospitality

6.4.1. Key market trends, growth factors, and opportunities
6.4.2. Market size and forecast

CHAPTER 7: COMPANY PROFILES

7.1. FUEB LABS

7.1.1. Company overview
7.1.2. Key Executives
7.1.3. Company snapshot
7.1.4. Product Categories
7.1.5. Product portfolio

7.2. HARMAN INTERNATIONAL INDUSTRIES INCORPORATED

7.2.1. Company overview
7.2.2. Key Executives
7.2.3. Company snapshot
7.2.4. Operating business segments
7.2.5. Product portfolio
7.2.6. Business performance
7.2.8. Key strategic moves and developments

7.3. HOME BRAIN

7.3.1. Company overview
7.3.2. Company snapshot
7.3.3. Product portfolio

7.4. JOHNSON CONTROLS INTERNATIONAL PLC

7.4.1. Company overview
7.4.2. Key Executives
7.4.3. Company snapshot
7.4.4. Operating business segments
7.4.5. Product portfolio
7.4.6. R&D Expenditure
7.4.7. Business performance
7.4.8. Key strategic moves and developments

7.5. LARSEN & TOUBRO LIMITED

7.5.1. Company overview
7.5.2. Key Executives
7.5.3. Company snapshot
7.5.4. Operating business segments
7.5.5. Product portfolio
7.5.6. R&D Expenditure
7.5.7. Business performance

7.6. NORTEK SECURITY & CONTROL LLC (“NSC”)

7.6.1. Company overview
7.6.2. Key Executives
7.6.3. Company snapshot
7.6.4. Product portfolio
7.6.5. Key strategic moves and developments

7.7. OAKTER HOME AUTOMATION

7.7.1. Company overview
7.7.2. Company snapshot
7.7.3. Product portfolio

7.8. PERT INFOCONSULTING PVT. LTD.

7.8.1. Company overview
7.8.2. Key Executives
7.8.3. Company snapshot
7.8.4. Product portfolio

7.9. SCHNEIDER ELECTRIC SE

7.9.1. Company overview
7.9.2. Key Executives
7.9.3. Company snapshot
7.9.4. Operating business segments
7.9.5. Product portfolio
7.9.6. R&D Expenditure
7.9.7. Business performance
7.9.8. Key strategic moves and developments

7.10. SILVAN INNOVATION LABS PVT. LTD.

7.10.1. Company overview
7.10.2. Key Executives
7.10.3. Company snapshot
7.10.4. Product portfolio

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】ホームオートメーションのインド市場:照明、セキュリティ&安全、HVAC、エンターテイメント
【発行日】2019年7月
【調査会社】Allied Market Research
【コード】AMR9NV128
【対象地域】インド
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】建設及び製造
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
ホームオートメーションのインド市場:照明、セキュリティ&安全、HVAC、エンターテイメントについてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • フルオロエラストマーの世界市場予測(~2022年):フルオロカーボン、フルオロシリコーン、パーフロロエラストマー
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、フルオロエラストマーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、需要先(産業)別分析、地域別分析、フルオロエラストマーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 軍用サーマルウェポンサイトの世界市場2017-2021:銃型、車両搭載型
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、軍用サーマルウェポンサイトの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、軍用サーマルウェポンサイトの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は軍用サーマルウェポンサイトの世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.54%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はBAE Systems、Leonardo DRS、FLIR Systems、Raytheon Company、Safran、Thales Group等です。
  • テキスタイルヤーン(織編用糸)の世界市場:天然糸(動物糸、植物糸)、人工糸(ポリエステル、ナイロン、アクリル、ビスコース)
    当調査レポートでは、テキスタイルヤーン(織編用糸)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、原料別分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • デセプション技術の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、デセプション技術の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、デセプション技術の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • グラム陰性菌感染症(Gram-Negative Bacterial Infections):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるグラム陰性菌感染症(Gram-Negative Bacterial Infections)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、グラム陰性菌感染症(Gram-Negative Bacterial Infections)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・グラム陰性菌感染症(Gram-Negative Bacterial Infections)の概要 ・グラム陰性菌感染症(Gram-Negative Bacterial Infections)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のグラム陰性菌感染症(Gram-Negative Bacterial Infections)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed …
  • 産業用IoT(IIoT)チップセットの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、産業用IoT(IIoT)チップセットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用IoT(IIoT)チップセットの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • オーストラリアの心臓血管手術装置市場(~2021)
  • 世界のフラクトオリゴ糖市場2015
    本調査レポートでは、世界のフラクトオリゴ糖市場2015について調査・分析し、フラクトオリゴ糖の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 微細藻類の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、微細藻類の世界市場について調査・分析し、微細藻類の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別微細藻類シェア、市場規模推移、市場規模予測、微細藻類種類別分析()、微細藻類用途別分析(食品、肥料(二枚貝、えび、海産魚幼虫、動物プランクトン用、医薬品、バイオ燃料)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・微細藻類の市場概観 ・微細藻類のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・微細藻類のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・微細藻類の世界市場規模 ・微細藻類の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・微細藻類のアメリカ市場規模推移 ・微細藻類のカナダ市場規模推移 ・微細藻類のメキシコ市場規模推移 ・微細藻類のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・微細藻類のドイツ市場規模推移 ・微細藻類のイギリス市場規模推移 ・微細藻類のロシア市場規模推移 ・微細藻類のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・微細藻類の日本市場規模推移 ・微 …
  • 産業用冷蔵・冷凍の世界市場2017-2021:コンプレッサー、コンデンサ、蒸発器、ラック、熱交換器
    当調査レポートでは、産業用冷蔵・冷凍の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用冷蔵・冷凍の世界市場規模及び予測、用途別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ネットワーク中心戦闘の世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、ネットワーク中心戦闘の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 商用車の世界市場:製品別(バス・コーチ、LCV)、最終用途別(工業、鉱業、建設、物流)、セグメント予測
    商用車の世界市場は2025年には2兆2700億米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率7.1%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、中国、インド、トルコなどの新興国のインフラ整備への支出の増加に相まって、都市化の加速化などが考えられます。一部のサプライヤーは、研究開発の向上に注力する一方、業務効率化の向上に努めており、市場成長を促進する上で重要な役割を果たすと期待されています。本調査レポートでは、商用車の世界市場について調査・分析し、商用車の世界市場動向、商用車の世界市場規模、市場予測、セグメント別商用車市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 救急車サービスの世界市場2014-2025:輸送車両別(地上、空中、水上)、救急サービス別(救急、非救急)、装置別(一次・二次救命処置(ALS・BLS))
    本調査レポートでは、救急車サービスの世界市場について調査・分析し、救急車サービスの世界市場動向、救急車サービスの世界市場規模、市場予測、セグメント別救急車サービス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 軟骨修復/再生の世界市場分析:治療法別(体細胞由来、体細胞非由来)、用途別(硝子軟骨、線維軟骨)、治療別(緩和、因性修復刺激)、状況別(膝軟骨修復)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、軟骨修復/再生の世界市場について調査・分析し、軟骨修復/再生の世界市場動向、軟骨修復/再生の世界市場規模、市場予測、セグメント別軟骨修復/再生市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • タンパク質シーケンシングの世界市場予測(~2023年)
    タンパク質シーケンシングの世界市場は、2018年の9億2500万米ドルから2023年には10億8800万米ドルに達し、この期間中3.3%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、プロテオミクス研究に対する政府および民間団体からの財政支援、臨床質量分析および解析技術の進歩、製薬・バイオテクノロジー企業によるターゲットベースの医薬品開発の増加などが考えれられます。一方で、高いインフラコストにより、市場の成長は抑制される可能性があります。当調査レポートでは、タンパク質シーケンシングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品(サンプル調製、MS、シーケンサー、試薬、消耗品)分析、サービス分析、技術(MS、エドマン)分析、用途(バイオ療法、遺伝子工学)分析、タンパク質シーケンシングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ナノフォトニクスの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ナノフォトニクスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ナノフォトニクスの世界市場規模及び予測、構成要素別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ドライアイ症候群治療薬の世界市場予測および分析(~2024)
    当調査レポートでは、ドライアイ症候群治療薬の世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・イントロダクション ・ドライアイ症候群の概要:病因、病態生理、症状 ・疫学:リスク要因、併存症、グローバル動向、予測方法、疫学的予測結果 ・ドライアイ症候群の管理:治療概要、主要国における診断、診療状況 ・ドライアイ症候群治療薬の競争状況:製品概要、主要医薬品ブランド分析 ・ドライアイ症候群治療薬市場機会及びアンメット・ニーズ分析 ・ドライアイ症候群治療薬のパイプライン分析:主要国別治験動向、フェーズ別/進捗状況別治験動向、有望な薬剤 ・製薬企業動向:戦略動向、主要企業情報 ・ドライアイ症候群治療薬市場展望:世界市場及び主要国の市場規模予測、成長要因、阻害要因
  • 深層学習の世界市場2020-2024
    「深層学習の世界市場2020-2024」は、深層学習について市場概要、市場規模、種類別(ソフトウェア、サービス、ハードウェア)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・深層学習の世界市場:種類別(ソフトウェア、サービス、ハードウェア) ・顧客状況 ・地域状況 ・決定フレームワーク ・市場の要因・課題 ・市場トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • 世界の慣性計測装置(IMU)市場2015
    本調査レポートでは、世界の慣性計測装置(IMU)市場2015について調査・分析し、慣性計測装置(IMU)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • IoT(モノのインターネット)プロフェッショナルサービスの世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、IoT(モノのインターネット)プロフェッショナルサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、サービス種類別分析、用途別分析、地域別分析、IoT(モノのインターネット)プロフェッショナルサービスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の木質パネル市場2015
    本調査レポートでは、世界の木質パネル市場2015について調査・分析し、木質パネルの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 肝臓移植の世界市場
    当調査レポートでは、肝臓移植の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・肝臓移植の世界市場:治療種類別分析/市場規模 ・肝臓移植の世界市場:エンドユーザー別分析/市場規模 ・肝臓移植の世界市場:地域別分析/市場規模 ・肝臓移植のアメリカ市場規模予測 ・肝臓移植のヨーロッパ市場規模予測 ・肝臓移植のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 世界の防カビ剤市場2015
    本調査レポートでは、世界の防カビ剤市場2015について調査・分析し、防カビ剤の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 企業アプリケーション統合の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、企業アプリケーション統合の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、企業アプリケーション統合の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の生分解性コポリエステル市場2016
    本調査レポートでは、世界の生分解性コポリエステル市場2016について調査・分析し、生分解性コポリエステルの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • インタラクティブ児童書の世界市場2020-2024:用途別、地域別
    「インタラクティブ児童書の世界市場2020-2024」は、インタラクティブ児童書について市場概要、市場規模、流通チャンネル別(オフライン、オンライン)分析、種類別(物理的本、電子書籍)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・インタラクティブ児童書の世界市場:流通チャンネル別(オフライン、オンライン) ・インタラクティブ児童書の世界市場:種類別(物理的本、電子書籍) ・顧客状況 ・地域状況 ・決定フレームワーク ・市場の要因・課題 ・市場トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • 食券・従業員給付ソリューションの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、食券・従業員給付ソリューションの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、食券・従業員給付ソリューション市場規模、用途別(職権、従業員給付)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・食券・従業員給付ソリューションの世界市場概要 ・食券・従業員給付ソリューションの世界市場環境 ・食券・従業員給付ソリューションの世界市場動向 ・食券・従業員給付ソリューションの世界市場規模 ・食券・従業員給付ソリューションの世界市場:業界構造分析 ・食券・従業員給付ソリューションの世界市場:用途別(職権、従業員給付) ・食券・従業員給付ソリューションの世界市場:地域別市場規模・分析 ・食券・従業員給付ソリューションの北米市場規模・予測 ・食券・従業員給付ソリューションのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・食券・従業員給付ソリューションのアジア太平洋市場規模・予測 ・食券・従業員給付ソリューションの主要国分析 ・食券・従業員給付ソリュー …
  • 肉の代替食品の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、肉の代替食品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、肉の代替食品の世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • 世界の人工骨補填材市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、人工骨補填材のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・人工骨補填材の概要 ・人工骨補填材の開発動向:開発段階別分析 ・人工骨補填材の開発動向:セグメント別分析 ・人工骨補填材の開発動向:領域別分析 ・人工骨補填材の開発動向:規制Path別分析 ・人工骨補填材の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別人工骨補填材の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・人工骨補填材の最近動向
  • フェイスケア(スキンケア)の世界市場:市場規模、成長、予測分析
  • 世界のレンネット市場2016
    本調査レポートでは、世界のレンネット市場2016について調査・分析し、レンネットの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • チェコのオーソバイオロジクス市場見通し
  • 高眼圧症(Ocular Hypertension):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、高眼圧症(Ocular Hypertension)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・高眼圧症(Ocular Hypertension):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・高眼圧症(Ocular Hypertension)のフェーズ3治験薬の状況 ・高眼圧症(Ocular Hypertension)治療薬の市場規模(販売予測) ・高眼圧症(Ocular Hypertension)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・高眼圧症(Ocular Hypertension)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の高眼圧症(Ocular Hypertension)治療薬剤
  • 世界の飲料水処置装置市場2016
    本調査レポートでは、世界の飲料水処置装置市場2016について調査・分析し、飲料水処置装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 海藻の世界市場:製品別(紅藻、褐藻、緑藻)、用途別(食品、親水コロイド、飼料、動物用飼料添加物、その他)
    本資料は、海藻の世界市場について調べ、海藻の世界規模、市場動向、市場環境、製品別(紅藻、褐藻、緑藻)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・海藻の世界市場概要 ・海藻の世界市場環境 ・海藻の世界市場動向 ・海藻の世界市場規模 ・海藻の世界市場:製品別(紅藻、褐藻、緑藻) ・海藻の世界市場:用途別(食品、親水コロイド、飼料、動物用飼料添加物、その他) ・海藻の世界市場:地域別市場規模・分析 ・海藻の北米市場規模・予測 ・海藻のアメリカ市場規模・予測 ・海藻のヨーロッパ市場規模・予測 ・海藻のアジア市場規模・予測 ・海藻の日本市場規模・予測 ・海藻の中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • 世界のショートニング市場2015
    本調査レポートでは、世界のショートニング市場2015について調査・分析し、ショートニングの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車スペアパーツ物流の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、自動車スペアパーツ物流の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車スペアパーツ物流の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 油圧ホース・継手の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、油圧ホース・継手の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、油圧ホース・継手市場規模、最終用途別(建設機械、農業機械、マテリアルハンドリング装置、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・油圧ホース・継手の世界市場概要 ・油圧ホース・継手の世界市場環境 ・油圧ホース・継手の世界市場動向 ・油圧ホース・継手の世界市場規模 ・油圧ホース・継手の世界市場:業界構造分析 ・油圧ホース・継手の世界市場:最終用途別(建設機械、農業機械、マテリアルハンドリング装置、その他) ・油圧ホース・継手の世界市場:地域別市場規模・分析 ・油圧ホース・継手のアメリカ市場規模・予測 ・油圧ホース・継手のヨーロッパ市場規模・予測 ・油圧ホース・継手のアジア市場規模・予測 ・油圧ホース・継手の主要国分析 ・油圧ホース・継手の世界市場:意思決定フレームワーク ・油圧ホース・継手の世界市場:成長要因、課題 ・油圧ホース・継手の世界市場:競争環境 …
  • 掘削機械の世界市場:製品別(クローラー、ホイール付き、ミニ・コンパクト)、用途別(建設)、セグメント予測
    掘削機械の世界市場は2025年には564億6,000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率4.7%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、掘削や整地のための掘削機の需要が建設機械事業者間で急増していることが考えられます。本調査レポートでは、掘削機械の世界市場について調査・分析し、掘削機械の世界市場動向、掘削機械の世界市場規模、市場予測、セグメント別掘削機械市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ネットワーク管理ソフトウェアの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ネットワーク管理ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ネットワーク管理ソフトウェアの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 金属コーティングの世界市場:塗装コイル、溶融亜鉛めっき、アルミニウム押出
    当調査レポートでは、金属コーティングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、金属コーティングの世界市場規模及び予測、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • BRIC(ブラジル/ロシア/インド/中国)の外傷固定市場動向(~2021)
  • デンマークの末梢血管用装置市場見通し
  • 自動配管洗浄システムの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、自動配管洗浄システムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動配管洗浄システム市場規模、種類別(ブラシ式、ボール式)分析、エンドユーザー別(石油・ガス、発電、ホスピタリティ、商業スペース、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 自動配管洗浄システムの世界市場:市場動向分析 ・ 自動配管洗浄システムの世界市場:競争要因分析 ・ 自動配管洗浄システムの世界市場:種類別(ブラシ式、ボール式) ・ 自動配管洗浄システムの世界市場:エンドユーザー別(石油・ガス、発電、ホスピタリティ、商業スペース、その他) ・ 自動配管洗浄システムの世界市場:主要地域別分析 ・ 自動配管洗浄システムの北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 自動配管洗浄システムのヨーロッパ市場規模 ・ 自動配管洗浄システムのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・自動配管洗浄システムの世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • 自動車アフターマーケットの世界市場2018–2025:交換用パーツ別、販路別(小売業者、卸売業者・販売業者)、サービスチャネル別(DIY、DIFM、OE)、資格別
    本調査レポートでは、自動車アフターマーケットの世界市場について調査・分析し、自動車アフターマーケットの世界市場動向、自動車アフターマーケットの世界市場規模、市場予測、セグメント別自動車アフターマーケット市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ヘルスケア産業向け輸送サービスの世界市場:タイプ別(医療製品、患者輸送、インキュベータ輸送、移動治療施設、非医療輸送)、エンドユーザー別、地域別予測
    本資料は、ヘルスケア産業向け輸送サービスの世界市場について調べ、ヘルスケア産業向け輸送サービスの世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(医療製品、患者輸送、インキュベータ輸送、移動治療施設、非医療輸送)分析、エンドユーザー別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはXpress Non-Emergency Medical Transportation、Overview、Financial (Subject to Data Availability)、Product Summary、Recent Developments、Logisticare、American Medical Response、ATS Healthcare Solutions、DHL Healthcare、ARAMARK Healthcare、Crothall Healthcare、ProHealth Care、Piedmont Healthcare、Watts Healthcare、MTM、Molina …
  • 米国のスマート教育市場2016-2020
    当調査レポートでは、米国のスマート教育市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、米国のスマート教育市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ビジネスインテリジェンスの世界市場:インサイト、市場機会、市場シェア、市場予測
  • 粒子径分析装置の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、粒子径分析装置の世界市場について調査・分析し、粒子径分析装置の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別粒子径分析装置シェア、市場規模推移、市場規模予測、粒子径分析装置種類別分析()、粒子径分析装置用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・粒子径分析装置の市場概観 ・粒子径分析装置のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・粒子径分析装置のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・粒子径分析装置の世界市場規模 ・粒子径分析装置の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・粒子径分析装置のアメリカ市場規模推移 ・粒子径分析装置のカナダ市場規模推移 ・粒子径分析装置のメキシコ市場規模推移 ・粒子径分析装置のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・粒子径分析装置のドイツ市場規模推移 ・粒子径分析装置のイギリス市場規模推移 ・粒子径分析装置のロシア市場規模推移 ・粒子径分析装置のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・ …
  • 保護用テキスタイルの世界市場分析:耐熱・耐炎、機械、電気、化学、バリスティック、宇宙服、医療用衣類
    Grand View Research(米国)が発行した本調査レポートでは、保護用テキスタイルの世界市場について調査・分析し、保護用テキスタイルの世界市場動向、保護用テキスタイルの世界市場規模、市場予測、セグメント別保護用テキスタイル市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"