"ホームオートメーションのインド市場:照明、セキュリティ&安全、HVAC、エンターテイメント"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AMR9NV128)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"ホームオートメーションのインド市場:照明、セキュリティ&安全、HVAC、エンターテイメント"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The India home automation market was valued at $1,790.9 million in 2018, and is expected to reach at $13,574.1 million by 2026, growing at a CAGR of 29.8% during the forecast period 2019-2026. The India home automation market is currently in its initial stage; however, it is expected to grow at a considerable rate in the future. This is attributed to rapid technological advancements in Internet of Things and artificial intelligence.
Home automation, also known as smart home, is an automation system that offers access to control appliances and devices such as lights, fan, alarm system, heating & cooling systems, and electrical outlets with a smartphone. In addition, this system can be used for sprinkler systems and other remotely controllable networks. In this system, the primary focus is on home security, surveillance, and safety, including smart lock systems for doors & windows, smoke detectors, fire alarms, surveillance cameras, and other sensors. The key components of home automation consist of classic control unit and user-friendly app interface, which controls other smart appliances and devices via a tablet or smartphone.

The need for energy-efficient solutions and rise in demand for safety & security for homes are the major factors that are expected to boost the demand for home automation in India. In addition, rise in disposable income in India and increase in government initiatives for development of smart cities are anticipated to significantly contribute toward the growth of the India home automation market during the forecast period. Although the installation cost is high, benefits offered by these highly energy-efficient systems such as enhanced safety & security and low energy consumption, propel the growth of the market. However, wireless connectivity issues in some areas and lack of standardization of smart home devices hamper the growth of the home automation market in India.

On the contrary, introduction of various plans and automation modules by key market players to cater to the increase in customer demands is anticipated to provide lucrative opportunities for the market. For example, in June 2018, Harman International launched a video distribution solution specially designed for hospitality automation in hotels and corporate applications. Similarly, Johnson Controls developed a new version of the SMART Equipment Control Firmware in March 2019. Its features include continuous reset single zone control, which offers energy savings and precise control of space comfort.

The India home automation market is segmented on the basis of product, technology, and end user. By product, the market is segregated into lighting, security & safety, HVAC, entertainment, and others. The lighting segment is further divided into relays, dimmers, switches, and others. Security & safety is sub segmented into bells, locks, security cameras, and others. The HVAC segment is further classified into thermostats, sensors, control valves, and others. Entertainment is subdivided into home theater system, audio, volume & multimedia controls, and others. The others segment includes wall panels, ceiling plates, fans, and wires. Depending on technology, the market is bifurcated into wired and wireless. By end user, it is fragmented into residential, commercial, and hospitality.

COMPETITION ANALYSIS
The key players operating in the market include key companies profiled in the report include Fueblabs, Larsen & Toubro, Schneider, Johnson Controls, Harman International, Home Brain, PERT, Silvan Innovation, Oakter, and Elan Home Systems.

KEY BENEFITS FOR STAKEHOLDERS
 The report provides an extensive analysis of the current and emerging market trends and dynamics in the India home automation market.
 In-depth analysis is conducted by constructing market estimations for the key segments between 2018 and 2026.
 Extensive analysis of the market is conducted by following key product positioning and monitoring of the top competitors within the market framework.
 A comprehensive analysis of all the regions is provided to determine the prevailing opportunities.
 The key market players within the market are profiled in this report and their strategies are analyzed thoroughly, which help to understand the competitive outlook of the industry.

INDIA HOME AUTOMATION MARKET SEGMENTS
BY PRODUCT TYPE
• Lighting
o Relays
o Dimmers
o Switches
o Others
• Security and safety
o Bells
o Locks
o Security cameras
o Others
• HVAC
o Thermostats
o Sensors
o Control Valves
o Others
• Entertainment
o Home Theater System
o Audio, Volume and Multimedia Controls
o Others
• Others

BY TECHNOLOGY
• Wired
• Wireless

BY END-USER
• Residential
• Commercial
• Hospitality

KEY PLAYERS
• Elan home systems
• Fueblabs
• Harman International
• Home brain
• Johnson Controls
• Larsen & Toubro
• Oakter
• PERT
• Schneider
• Silvan Innovation


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Allied Market Researchが"ホームオートメーションのインド市場:照明、セキュリティ&安全、HVAC、エンターテイメント"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

CHAPTER 1: INTRODUCTION

1.1. Report description
1.2. Key benefits for stakeholders
1.3. Key market segments
1.4. Key market players
1.5. Research methodology

1.5.1. Secondary research
1.5.2. Primary research
1.5.3. Analyst tools & models

CHAPTER 2: EXECUTIVE SUMMARY

2.1. CXO perspective

CHAPTER 3: MARKET OVERVIEW

3.1. Market definition and scope
3.2. Key findings

3.2.1. Top investment pockets
3.2.2. Top winning strategies

3.3. Demographics of the presence of smart home
3.4. Porter’s five forces analysis
3.5. Market dynamics

3.5.1. Drivers

3.5.1.1. Cost-effectiveness of home automation systems
3.5.1.2. Surge in popularity of Internet of Things (IoT) for smart homes
3.5.1.3. Rise in demand for energy-efficient solutions
3.5.1.4. Rise in need for safety & security for homes

3.5.2. Restraints

3.5.2.1. Limited connectivity and bandwidth issue
3.5.2.2. Lack of standardization and long replacement cycles

3.5.3. Opportunities

3.5.3.1. Technical innovations
3.5.3.2. Urban renewal and planning programs by the Government of India

3.6. List and overview of distributors and electrical commissioning agents

CHAPTER 4: INDIA HOME AUTOMATION MARKET, BY TYPE

4.1. Market overview

4.1.1. Market size and forecast, by type

4.2. Lighting

4.2.1. Key market trends, growth factors, and opportunities
4.2.2. Market size and forecast

4.2.2.1. Relay

4.2.2.1.1. Market size and forecast

4.2.2.2. Dimmers

4.2.2.2.1. Market size and forecast

4.2.2.3. Switches

4.2.2.3.1. Market size and forecast

4.2.2.4. Others

4.2.2.4.1. Market size and forecast

4.3. Security & safety

4.3.1. Key market trends, growth factors, and opportunities
4.3.2. Market size and forecast

4.3.2.1. Bells

4.3.2.1.1. Market size and forecast

4.3.2.2. Locks

4.3.2.2.1. Market size and forecast

4.3.2.3. Security cameras

4.3.2.3.1. Market size and forecast

4.3.2.4. Others

4.3.2.4.1. Market size and forecast

4.4. HVAC

4.4.1. Key market trends, growth factors, and opportunities
4.4.2. Market size and forecast

4.4.2.1. Thermostats

4.4.2.1.1. Market size and forecast

4.4.2.2. Sensors

4.4.2.2.1. Market size and forecast

4.4.2.3. Control valves

4.4.2.3.1. Market size and forecast

4.4.2.4. Others

4.4.2.4.1. Market size and forecast

4.5. Entertainment

4.5.1. Key market trends, growth factors, and opportunities
4.5.2. Market size and forecast

4.5.2.1. Home theater system

4.5.2.1.1. Market size and forecast

4.5.2.2. Audio, volume, and multimedia controls

4.5.2.2.1. Market size and forecast

4.5.2.3. Others

4.5.2.3.1. Market size and forecast

4.6. Others

4.6.1. Key market trends, growth factors, and opportunities
4.6.2. Market size and forecast

CHAPTER 5: INDIA HOME AUTOMATION MARKET, BY TECHNOLOGY

5.1. Market overview

5.1.1. Market size and forecast, by technology

5.2. Wired

5.2.1. Key market trends, growth factors, and opportunities
5.2.2. Market size and forecast

5.3. Wireless

5.3.1. Key market trends, growth factors, and opportunities
5.3.2. Market size and forecast

CHAPTER 6: INDIA HOME AUTOMATION MARKET, BY END USER

6.1. Market overview

6.1.1. Market size and forecast, by end user

6.2. Residential

6.2.1. Key market trends, growth factors, and opportunities
6.2.2. Market size and forecast

6.3. Commercial

6.3.1. Key market trends, growth factors, and opportunities
6.3.2. Market size and forecast

6.4. Hospitality

6.4.1. Key market trends, growth factors, and opportunities
6.4.2. Market size and forecast

CHAPTER 7: COMPANY PROFILES

7.1. FUEB LABS

7.1.1. Company overview
7.1.2. Key Executives
7.1.3. Company snapshot
7.1.4. Product Categories
7.1.5. Product portfolio

7.2. HARMAN INTERNATIONAL INDUSTRIES INCORPORATED

7.2.1. Company overview
7.2.2. Key Executives
7.2.3. Company snapshot
7.2.4. Operating business segments
7.2.5. Product portfolio
7.2.6. Business performance
7.2.8. Key strategic moves and developments

7.3. HOME BRAIN

7.3.1. Company overview
7.3.2. Company snapshot
7.3.3. Product portfolio

7.4. JOHNSON CONTROLS INTERNATIONAL PLC

7.4.1. Company overview
7.4.2. Key Executives
7.4.3. Company snapshot
7.4.4. Operating business segments
7.4.5. Product portfolio
7.4.6. R&D Expenditure
7.4.7. Business performance
7.4.8. Key strategic moves and developments

7.5. LARSEN & TOUBRO LIMITED

7.5.1. Company overview
7.5.2. Key Executives
7.5.3. Company snapshot
7.5.4. Operating business segments
7.5.5. Product portfolio
7.5.6. R&D Expenditure
7.5.7. Business performance

7.6. NORTEK SECURITY & CONTROL LLC (“NSC”)

7.6.1. Company overview
7.6.2. Key Executives
7.6.3. Company snapshot
7.6.4. Product portfolio
7.6.5. Key strategic moves and developments

7.7. OAKTER HOME AUTOMATION

7.7.1. Company overview
7.7.2. Company snapshot
7.7.3. Product portfolio

7.8. PERT INFOCONSULTING PVT. LTD.

7.8.1. Company overview
7.8.2. Key Executives
7.8.3. Company snapshot
7.8.4. Product portfolio

7.9. SCHNEIDER ELECTRIC SE

7.9.1. Company overview
7.9.2. Key Executives
7.9.3. Company snapshot
7.9.4. Operating business segments
7.9.5. Product portfolio
7.9.6. R&D Expenditure
7.9.7. Business performance
7.9.8. Key strategic moves and developments

7.10. SILVAN INNOVATION LABS PVT. LTD.

7.10.1. Company overview
7.10.2. Key Executives
7.10.3. Company snapshot
7.10.4. Product portfolio

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】ホームオートメーションのインド市場:照明、セキュリティ&安全、HVAC、エンターテイメント
【発行日】2019年7月
【調査会社】Allied Market Research
【コード】AMR9NV128
【対象地域】インド
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】建設及び製造
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
ホームオートメーションのインド市場:照明、セキュリティ&安全、HVAC、エンターテイメントについてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • チェコの整形外科手術用動力機器市場見通し
  • 地震探査船の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、地震探査船の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、地震探査船市場規模、製品タイプ別(2D式、3D式、4D式)分析、用途別(深海、浅海)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 地震探査船の世界市場:市場動向分析 ・ 地震探査船の世界市場:競争要因分析 ・ 地震探査船の世界市場:製品タイプ別(2D式、3D式、4D式) ・ 地震探査船の世界市場:用途別(深海、浅海) ・ 地震探査船の世界市場:主要地域別分析 ・ 地震探査船の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 地震探査船のヨーロッパ市場規模 ・ 地震探査船のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・地震探査船の世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • アセチレンガスの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、アセチレンガスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アセチレンガスの世界市場規模及び予測、用途別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 光ファイバーサーキュレーターの世界市場予測・分析
  • 患者体温管理のヨーロッパ市場
    本調査レポートでは、患者体温管理のヨーロッパ市場について調査・分析し、患者体温管理のヨーロッパ市場動向、市場予測、セグメント別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 世界の鉄道コネクタ市場2019
    本調査レポートでは、世界の鉄道コネクタ市場2019について調査・分析し、鉄道コネクタの世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、鉄道コネクタのアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、鉄道コネクタメーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・鉄道コネクタの市場概要 ・鉄道コネクタの上流・下流市場分析 ・鉄道コネクタのアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・鉄道コネクタのアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・鉄道コネクタのアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・鉄道コネクタのアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・鉄道コネクタの北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・鉄道コネクタの北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・鉄道コネクタの北米市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・鉄道コネクタの北米市場:市場予測(生産 …
  • ミッション管理システムの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、ミッション管理システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、ミッション管理システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ボードゲームの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ボードゲームの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ボードゲーム市場規模、流通経路別(実店舗販売、オンライン販売)分析、製品別(卓上ボードゲーム、カードゲーム・ダイスゲーム、RPG)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ボードゲームの世界市場概要 ・ボードゲームの世界市場環境 ・ボードゲームの世界市場動向 ・ボードゲームの世界市場規模 ・ボードゲームの世界市場:業界構造分析 ・ボードゲームの世界市場:流通経路別(実店舗販売、オンライン販売) ・ボードゲームの世界市場:製品別(卓上ボードゲーム、カードゲーム・ダイスゲーム、RPG) ・ボードゲームの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ボードゲームのアメリカ市場規模・予測 ・ボードゲームのヨーロッパ市場規模・予測 ・ボードゲームのアジア市場規模・予測 ・ボードゲームの主要国分析 ・ボードゲームの世界市場:意思決定フレームワーク ・ボードゲームの世界市場:成長要因、課 …
  • 世界の垂直共振器型面発光レーザ市場2019
    本調査レポートでは、世界の垂直共振器型面発光レーザ市場2019について調査・分析し、垂直共振器型面発光レーザの世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、垂直共振器型面発光レーザのアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、垂直共振器型面発光レーザメーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・垂直共振器型面発光レーザの市場概要 ・垂直共振器型面発光レーザの上流・下流市場分析 ・垂直共振器型面発光レーザのアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・垂直共振器型面発光レーザのアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・垂直共振器型面発光レーザのアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・垂直共振器型面発光レーザのアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・垂直共振器型面発光レーザの北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・垂直共振器型面発光レーザの北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要 …
  • ケーブル試験および認証の世界市場予測(~2023年)
    ケーブル試験および認証の世界市場は、2018年の113億米ドルから2023年には147億米ドルに達し、この期間中5.4%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、OECD諸国と非OECD諸国における発電の増加に伴うケーブル使用の増加、世界的なエレクトロニクス・IT産業の成長、工業化・グローバリゼーションの進展などが考えれられます。当調査レポートでは、ケーブル試験および認証の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、電圧(低電圧、中電圧、高電圧)分析、試験(定期試験、サンプル試験、タイプ試験)分析、エンドユーザー(ケーブルメーカー、ユーティリティプロバイダー)分析、ケーブル試験および認証の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • オランダの整形外科用骨セメントおよび鋳造材料市場見通し
  • 世界のポジショニングクッション市場2015
    本調査レポートでは、世界のポジショニングクッション市場2015について調査・分析し、ポジショニングクッションの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の硫酸セリウム市場2016
    本調査レポートでは、世界の硫酸セリウム市場2016について調査・分析し、硫酸セリウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • エアナイフの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、エアナイフの世界市場について調査・分析し、エアナイフの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別エアナイフシェア、市場規模推移、市場規模予測、エアナイフ種類別分析(アルミニウム製エアナイフ、ステンレススティール製エアナイフ、エレクトロニックエアナイフ、その他)、エアナイフ用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エアナイフの市場概観 ・エアナイフのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・エアナイフのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・エアナイフの世界市場規模 ・エアナイフの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・エアナイフのアメリカ市場規模推移 ・エアナイフのカナダ市場規模推移 ・エアナイフのメキシコ市場規模推移 ・エアナイフのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・エアナイフのドイツ市場規模推移 ・エアナイフのイギリス市場規模推移 ・エアナイフのロシア市場規模推移 ・エアナイフのアジア市場分析(日本、中国、韓国、イン …
  • 世界のステアリン酸マグネシウム市場2016
    本調査レポートでは、世界のステアリン酸マグネシウム市場2016について調査・分析し、ステアリン酸マグネシウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • アジア太平洋のスマートホームM2M市場2016-2020
    当調査レポートでは、アジア太平洋のスマートホームM2M市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アジア太平洋のスマートホームM2M市場規模及び予測、主要地域別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 民間航空機プロペラ装置の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、民間航空機プロペラ装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、民間航空機プロペラ装置の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • インドのPET(ポリエチレンテレフタラート)市場(~2019)
  • アメリカの股関節置換処置動向(~2021)
  • アジア太平洋の金属加工油剤市場予測2017-2023
    本調査レポートでは、アジア太平洋の金属加工油剤市場について調査・分析し、アジア太平洋の金属加工油剤市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要国別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 女性用コンドームの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、女性用コンドームの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、女性用コンドームの世界市場規模及び予測、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 超音波式流量計の世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、超音波式流量計の世界市場規模が2017年11.7億ドルから2026年25.7億ドルまで年平均9.1%成長すると予測しています。当調査レポートでは、超音波式流量計の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、超音波式流量計市場規模、測定技術別(ハイブリッド、通過時間 - マルチパス、ドップラー、通過時間 - シングル/デュアルパス)分析、実施タイプ別(インライン、クランプオン、挿入、スプールペイス、他の実施タイプ)分析、顧客タイプ別(システムインテグレーター、エンジニア/コンサルタント、利用者、再販業者、相手先商標製造会社(OEM))分析、パス数別(8.2 6以上パス通過時間、5-パス通過時間、4-パス通過時間、3-パス通過時間、2-パス通過時間)分析、流通チャンネル別(オンライン、 独立型代表、販売代理店、直販)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 超音波式流量計の世界市場:市場動向分析 ・ 超音波式流量計 …
  • 農業用生物製剤試験の世界市場予測(~2021年):バイオ農薬、バイオ肥料、バイオスティミュラント
    当調査レポートでは、農業用生物製剤試験の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、製品種類別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、農業用生物製剤試験の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 合板の世界市場
    当調査レポートでは、合板の世界市場について調査・分析し、合板の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 合板の世界市場:市場動向分析 - 合板の世界市場:競争要因分析 - 合板の世界市場:用途別 ・熱帯木材の合板 ・軟材の合板 ・装飾的な合板 ・硬材の合板 - 合板の世界市場:主要地域別分析 - 合板の北米市場規模(アメリカ市場等) - 合板のヨーロッパ市場規模 - 合板のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・合板の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 骨移植片・代用品の世界市場分析:材料別(自然 – 自家移植片、同種移植片; 合成 – セラミック、複合体、ポリマー、骨形成タンパク質(BMP))、用途別(頭蓋顎顔面窩、歯科、足・足首、関節再建、長骨、脊椎融合)、セグメント予測
    本調査レポートでは、骨移植片・代用品の世界市場について調査・分析し、骨移植片・代用品の世界市場動向、骨移植片・代用品の世界市場規模、市場予測、セグメント別骨移植片・代用品市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の酢酸リチウム二水和物市場2016
    本調査レポートでは、世界の酢酸リチウム二水和物市場2016について調査・分析し、酢酸リチウム二水和物の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • インドの精製石油製品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 北米の整形外科用骨セメントおよび鋳造材料市場動向(~2021)
  • 脳波(EEG)キャップの世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、脳波(EEG)キャップの世界市場について調べ、脳波(EEG)キャップの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、脳波(EEG)キャップの市場規模をセグメンテーション別(製品別(大人用EEGキャップ、子供用EEGキャップ)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は脳波(EEG)キャップの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均2%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・脳波(EEG)キャップの市場状況 ・脳波(EEG)キャップの市場規模 ・脳波(EEG)キャップの市場予測 ・脳波(EEG)キャップの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(大人用EEGキャップ、子供用EEGキャップ) ・脳波(EEG)キャップの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • モバイルビデオ監視の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、モバイルビデオ監視の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、提供形態別分析、用途別分析、産業別分析、地域別分析、モバイルビデオ監視の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 農業向けマシンツーマシン(M2M)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、農業向けマシンツーマシン(M2M)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、農業向けマシンツーマシン(M2M)の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、サービス別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・調査手法 ・イントロダクション ・市場の状況 ・ファイブフォース分析 ・種類別市場分類 ・用途別市場分類 ・サービス種類別市場分類 ・地域別分析 ・ディシジョンフレームワーク ・成長要因・課題 ・市場動向 ・競争状況 ・主要企業分析 ・付録
  • 電話用ミリ波(MMW)技術の世界市場2014-2025:周波数帯別(V帯、E帯、その他周波数帯)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、その他の地域)
    本調査レポートでは、電話用ミリ波(MMW)技術の世界市場について調査・分析し、電話用ミリ波(MMW)技術の世界市場動向、電話用ミリ波(MMW)技術の世界市場規模、市場予測、セグメント別電話用ミリ波(MMW)技術市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 点滴灌漑の世界市場予測(~2022年):エミッター、ドリップ管/ドリップライン、フィルター、バルブ、圧力ポンプ
    当調査レポートでは、点滴灌漑の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、構成品別分析、用途別分析、作物種類別分析、地域別分析、点滴灌漑の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • インスリンペンの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、インスリンペンの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、インスリンペン市場規模、用途別(再利用可能型、使い捨て型)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・インスリンペンの世界市場概要 ・インスリンペンの世界市場環境 ・インスリンペンの世界市場動向 ・インスリンペンの世界市場規模 ・インスリンペンの世界市場:業界構造分析 ・インスリンペンの世界市場:用途別(再利用可能型、使い捨て型) ・インスリンペンの世界市場:地域別市場規模・分析 ・インスリンペンの北米市場規模・予測 ・インスリンペンのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・インスリンペンのアジア太平洋市場規模・予測 ・インスリンペンの主要国分析 ・インスリンペンの世界市場:意思決定フレームワーク ・インスリンペンの世界市場:成長要因、課題 ・インスリンペンの世界市場:競争環境 ・インスリンペンの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析) 主な分析対象企業は、BD、 …
  • ヒトアルブミンの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ヒトアルブミンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ヒトアルブミンの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 粉体塗装の世界市場:企業概要・規模・シェア・成長・動向・予測(~2025年)
    Data Bridgeが出版した本調査レポートでは、粉体塗装の世界市場について調査・分析し、粉体塗装の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、粉体塗装市場規模、関連企業分析などを含め以下の構成でお届けいたします。
  • ハイスループットスクリーニング(HTS)の世界市場:用途別(創薬、細胞・器官ベースのスクリーニング、生化学的スクリーニング)、技術別、セグメント予測
    本調査レポートでは、ハイスループットスクリーニング(HTS)の世界市場について調査・分析し、ハイスループットスクリーニング(HTS)の世界市場動向、ハイスループットスクリーニング(HTS)の世界市場規模、市場予測、セグメント別ハイスループットスクリーニング(HTS)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 自動車用燃料送出及び噴射装置の世界市場
    当調査レポートでは、自動車用燃料送出及び噴射装置の世界市場について調査・分析し、自動車用燃料送出及び噴射装置の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 地上波(OTA)テストの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、地上波(OTA)テストの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、地上波(OTA)テスト市場規模、提供物別(サービス、ハードウェア)分析、技術別(UMTS、GSM、CDMA、LTE、5G)分析、種類別(ブルートゥース、携帯電話用OTA、Wi-Fi、その他)分析、用途別(自動車・輸送、工業用、スマートシティ、通信・消費者デバイス、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 地上波(OTA)テストの世界市場:市場動向分析 ・ 地上波(OTA)テストの世界市場:競争要因分析 ・ 地上波(OTA)テストの世界市場:提供物別(サービス、ハードウェア) ・ 地上波(OTA)テストの世界市場:技術別(UMTS、GSM、CDMA、LTE、5G) ・ 地上波(OTA)テストの世界市場:種類別(ブルートゥース、携帯電話用OTA、Wi-Fi、その他) ・ 地上波(OTA)テストの世界市場:用途別(自動車・輸送、工業用、スマートシティ、通信・ …
  • スマートファクトリーの世界市場予測(~2024年)
    スマートファクトリーの世界市場は、2019年の1,537億米ドルから2024年には2,448億米ドルに達し、この期間中9.76%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、産業用ロボットの採用の増加、モノのインターネット(IoT)の進化、スマートオートメーションソリューションに対する需要の高まり、および法令遵守の強化が考えられます。一方で、サイバーフィジカルシステムの莫大な設備投資とセキュリティの脅威は、市場の成長を妨げる要因となっています。当調査レポートでは、スマートファクトリーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、技術(DCS、PLC、MES、ERP、SCADA、PAM、HMI、PLM)分析、コンポーネント(センサー、産業用ロボット、マシンビジョンシステム、産業用3Dプリンティング)分析、産業分析、スマートファクトリーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動パレタイザ及びデパレタイザの世界市場
    当調査レポートでは、自動パレタイザ及びデパレタイザの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動パレタイザ及びデパレタイザの世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • データレジリエンシー(耐障害性)の世界市場:構成要素別(ソリューション、サービス)、導入方式別、企業規模別、産業別、地域別予測
    本資料は、データレジリエンシー(耐障害性)の世界市場について調べ、データレジリエンシー(耐障害性)の世界規模、市場動向、市場環境、構成要素別(ソリューション、サービス)分析、導入方式別分析、企業規模別分析、産業別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・データレジリエンシー(耐障害性)の世界市場概要 ・データレジリエンシー(耐障害性)の世界市場環境 ・データレジリエンシー(耐障害性)の世界市場動向 ・データレジリエンシー(耐障害性)の世界市場規模 ・データレジリエンシー(耐障害性)の世界市場規模:構成要素別(ソリューション、サービス) ・データレジリエンシー(耐障害性)の世界市場規模:導入方式別 ・データレジリエンシー(耐障害性)の世界市場規模:企業規模別 ・データレジリエンシー(耐障害性)の世界市場規模:産業別 ・データレジリエンシー(耐障害性)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・データレジリエンシー(耐障害性)の北米市場規模・予測 ・データレ …
  • カロテノイドの世界市場分析:由来別(天然、合成)、製品別(ベータカロテン、ルテイン、リコペン、アスタキサンチン、ゼアキサンチン、カンタキサンチン)、用途別(食品、サプリメント、飼料、医薬品、化粧品)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、カロテノイドの世界市場について調査・分析し、カロテノイドの世界市場動向、カロテノイドの世界市場規模、市場予測、セグメント別カロテノイド市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 米国の心臓血管外科用機器市場見通し(~2021)
  • 細胞治療技術の世界市場予測(~2023年)
    細胞治療技術の世界市場は、2018年の102億米ドルから2023年には199億米ドルに達し、この期間中14.4%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、細胞ベースの研究に対する政府の投資増加、GMP認証製造施設の増加、および腫瘍学を核とした細胞ベースの治療法・臨床試験などが考えられます。一方で、細胞ベースの研究の高コストと低い成功率が要因で、市場の成長は抑制される可能性があります。当調査レポートでは、細胞治療技術の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品(消耗品、機器、ソフトウェア)分析、細胞の種類(ヒト幹細胞・分化細胞、動物細胞)分析、プロセス段階(細胞処理、細胞分配、細胞操作、品質管理)分析、エンドユーザー分析、細胞治療技術の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国のELT(英語教育)市場2016-2020
    当調査レポートでは、中国のELT(英語教育)市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、中国のELT(英語教育)市場規模及び予測、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 人工知能(AI)認定コースの世界市場2017-2021:ブレンド型学習、オンライン学習
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、人工知能(AI)認定コースの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、人工知能(AI)認定コースの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は人工知能(AI)認定コースの世界市場が2017-2021年期間中に年平均34.15%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はCoursera、edX、EIT、Udacity等です。
  • 接着バリアの世界市場予測(~2023年):再生セルロース、ヒアルロン酸、ポリエチレングリコール、フィブリン、コラーゲン、たんぱく質
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、接着バリアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、製品(再生セルロース、ヒアルロン酸、ポリエチレングリコール、フィブリン、コラーゲン、たんぱく質)別分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、接着バリアの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • オンラインチュータリングの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、オンラインチュータリングの世界市場について調べ、オンラインチュータリングの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、オンラインチュータリングの市場規模をセグメンテーション別(コース別(STEMコース、語学コース、その他のコース)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はオンラインチュータリングの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均16%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・オンラインチュータリングの市場状況 ・オンラインチュータリングの市場規模 ・オンラインチュータリングの市場予測 ・オンラインチュータリングの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:コース別(STEMコース、語学コース、その他のコース) ・オンラインチュータリングの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米 ・意思決定フ …
  • クラウドVPNの世界市場予測(~2022年):ソフトウェア、サービス
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、クラウドVPNの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、構成要素別分析、接続タイプ別分析、企業規模別分析、エンドユーザー別分析、クラウドVPNの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"