"腫瘍治療薬の中国市場:化学療法、標的療法、免疫療法、ホルモン療法"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AMR9NV120)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"腫瘍治療薬の中国市場:化学療法、標的療法、免疫療法、ホルモン療法"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The China oncology drugs market was valued at $6,498.2 million in 2018 and is projected to reach $12,688.7 million by 2026, registering a CAGR of 8.7% from 2019 to 2026. Cancer is the second leading cause of death globally and is responsible for an estimated 9.6 million deaths in 2018. Globally, about 1 in 6 deaths is due to cancer according to the data published by WHO. Being the most populous country in the world, cancer rates are significantly rising in China. As per Global Cancer Observatory in 2018, the number of new cancer cases registered each year in China are 4,285,033. Amongst which, lung cancer constitutes 18.1%; colorectum cancer is about 12.2%; stomach cancer is approximately 10.6%; liver cancer constitutes 9.2%; breast cancer comprises of 8.6% and 41.1% other cancers. The population of China accounts for 19.3% of the global population, and the incidence rate of cancer accounts for 22% of global cancer incidence, ranking first in the world. Cancer deaths in China account for about 27% of global cancer deaths. Cancer mortality in China is also higher than the global average of 17%.
Rise in incidence of various cancer conditions, aging population, westernized diet, shift to sedentary lifestyle, and surge in tobacco smoke exposure due to urbanization in China are the key factors that drive the growth of the cancer. This in turn boosts the growth of the China oncology drugs market. Furthermore, rise in cancer awareness and increase in availability of cancer drugs are expected to boost the market growth. However, the use of traditional Chinese medicine (TCM) to cure cancer and high cost involved in new drug development coupled with threat of failure & adverse effects associated with cancer drugs therapies are expected to restrain the growth of the market. Conversely, high potential of emerging economies and increase in number of pipeline products are expected to provide new opportunities for market players in future.

The China oncology drugs market is segmented based on drug class type and indication. Depending on drug class type, the market is divided into chemotherapy, targeted therapy, immunotherapy, and hormonal therapy. By indication, it is categorized into blood cancer, breast cancer, gastrointestinal cancer, prostate cancer, lung cancer, skin cancer, ovarian cancer, cervical cancer, kidney cancer, and other cancers.

KEY MARKET BENEFITS
• This report entails a detailed quantitative analysis along with the current China oncology drugs market trends from 2019 to 2026 to identify the prevailing opportunities along with the strategic assessment.
• The market forecast is studied from 2019 to 2026.
• The market size and estimations are based on a comprehensive analysis of key developments in the industry.
• A qualitative analysis based on innovative products facilitates strategic business planning.
• The development strategies adopted by the key market players are enlisted to understand the competitive scenario of the market.

Key market segments
By Drug Class Type
• Chemotherapy
• Targeted Therapy
• Immunotherapy Therapy
• Hormonal Therapy
By Indication
• Blood Cancer
• Breast Cancer
• Gastrointestinal Cancer
• Prostate Cancer
• Lung Cancer
• Skin Cancer
• Ovarian Cancer
• Cervical Cancer
• Kidney Cancer
• Other Cancers

LIST of KEY PLAYERS PRofILED IN THE REPORT
• AbbVie Inc.
• Astellas Pharma Inc.
• AstraZeneca PLC
• Bristol-Myers Squibb Company
• Celgene Corporation
• F. Hoffmann-La Roche Ltd.
• Johnson & Johnson
• Shanghai Junshi Biosciences Co., Ltd.
• Beigene
• Jiangsu Hengrui Medicine Co., Ltd


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Allied Market Researchが"腫瘍治療薬の中国市場:化学療法、標的療法、免疫療法、ホルモン療法"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

Chapter 1: Introduction

1.1. Report Description
1.2. Key Benefits For Stakeholders
1.3. Key Market Segments

1.3.1. List of Key Players Profiled In The Report

1.4. Research Methodology

1.4.1. Secondary Research
1.4.2. Primary Research
1.4.3. Analyst Tools And Models

Chapter 2: Executive Summary

2.1. Key Findings of The Study
2.2. Cxo Perspective

Chapter 3: Market Overview

3.1. Market Definition And Scope
3.2. Key Findings

3.2.1. Top Investment Pockets
3.2.2. Top Winning Strategies, 2018

3.3. Porter’S Five Forces Analysis
3.4. Market Dynamics

3.4.1. Drivers

3.4.1.1. Industrial Collaboration
3.4.1.2. In House Manufacturing
3.4.1.3. Increase In Incidences of Cancers In The Chinese Population

3.4.2. Restraint

3.4.2.1. Preference of Generics And Biosimilars

3.4.3. Opportunity

3.4.3.1. Increase In Number of Pipeline Drugs

3.4.4. Impact Analyses

Chapter 4: China Oncology Drugs Market, By Drug Class Type

4.1. Overview

4.1.1. Market Size And Forecast

4.2. Chemotherapy

4.2.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
4.2.2. Market Size And Forecast

4.3. Targeted Therapy

4.3.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
4.3.2. Market Size And Forecast

4.4. Immunotherapy (Biologic Therapy)

4.4.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
4.4.2. Market Size And Forecast

4.5. Hormonal Therapy

4.5.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
4.5.2. Market Size And Forecast

Chapter 5: China Oncology Drugs Market, By Indication

5.1. Overview

5.1.1. Cancer Incidences In China, 2018
5.1.2. Market Size And Forecast

5.2. Blood Cancer

5.2.1. Market Size And Forecast

5.3. Breast Cancer

5.3.1. Market Size And Forecast

5.4. Gastrointestinal And Urinary Cancer

5.4.1. Market Size And Forecast
5.4.2. Gb/Cholangiocarcinoma

5.4.2.1. Market Size And Forecast

5.4.3. Bladder Cancer

5.4.3.1. Market Size And Forecast

5.4.4. Pancreatic Cancer

5.4.4.1. Market Size And Forecast

5.5. Prostate Cancer

5.5.1. Market Size And Forecast

5.6. Lung Cancer

5.6.1. Market Size And Forecast
5.6.2. Small Cell Lung Cancer (Sclc)

5.6.2.1. Market Size And Forecast

5.7. Skin Cancer

5.7.1. Market Size And Forecast

5.8. Ovarian Cancer

5.8.1. Market Size And Forecast

5.9. Cervical Cancer

5.9.1. Market Size And Forecast

5.10. Kidney Cancer

5.10.1. Market Size And Forecast,

5.11. Other Cancers

5.11.1. Market Size And Forecast

Chapter 6: Company Profiles

6.1. Abbvie Inc.

6.1.1. Company Overview
6.1.2. Company Snapshot
6.1.3. Operating Business Segments
6.1.4. Product Portfolio
6.1.5. Business Performance

6.2. Astellas Pharma Inc.

6.2.1. Company Overview
6.2.2. Company Snapshot
6.2.3. Operating Business Segments
6.2.4. Product Portfolio
6.2.5. Business Performance

6.3. Astrazeneca Plc

6.3.1. Company Overview
6.3.2. Company Snapshot
6.3.3. Operating Business Segments
6.3.4. Product Portfolio
6.3.5. Business Performance

6.4. Bristol-Myers Squibb Company

6.4.1. Company Overview
6.4.2. Company Snapshot
6.4.3. Operating Business Segments
6.4.4. Product Portfolio
6.4.5. Business Performance
6.4.6. Key Strategic Moves And Developments

6.5. Celgene Corporation

6.5.1. Company Overview
6.5.2. Company Snapshot
6.5.3. Operating Business Segments
6.5.4. Product Portfolio
6.5.5. Business Performance
6.5.6. Key Strategic Moves And Developments

6.6. F. Hoffmann-La Roche Ltd.

6.6.1. Company Overview
6.6.2. Company Snapshot
6.6.3. Operating Business Segments
6.6.4. Product Portfolio
6.6.5. Business Performance
6.6.6. Key Strategic Moves And Developments

6.7. Johnson & Johnson

6.7.1. Company Overview
6.7.2. Company Snapshot
6.7.3. Operating Business Segments
6.7.4. Product Portfolio
6.7.5. Business Performance
6.7.6. Key Strategic Moves And Developments

6.8. Shanghai Junshi Biosciences Co., Ltd.

6.8.1. Company Overview
6.8.2. Company Snapshot
6.8.3. Operating Business Segments
6.8.4. Product Portfolio
6.8.5. Business Performance
6.8.6. Key Strategic Moves And Developments

6.9. Beigene

6.9.1. Company Overview
6.9.2. Company Snapshot
6.9.3. Operating Business Segments
6.9.4. Product Portfolio
6.9.5. Business Performance
6.9.6. Key Strategic Moves And Developments

6.10. Jiangsu Hengrui Medicine Co., Ltd.

6.10.1. Company Overview
6.10.2. Company Snapshot
6.10.3. Operating Business Segments
6.10.4. Product Portfolio
6.10.5. Key Strategic Moves And Developments

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】腫瘍治療薬の中国市場:化学療法、標的療法、免疫療法、ホルモン療法
【発行日】2019年8月
【調査会社】Allied Market Research
【コード】AMR9NV120
【対象地域】中国
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】医療
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
腫瘍治療薬の中国市場:化学療法、標的療法、免疫療法、ホルモン療法についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • ヘア美容液の世界市場:ヘアースタイリング美容液、ヘアトリートメント美容液
    当調査レポートでは、ヘア美容液の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ヘア美容液の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の補助人工心臓(VAD)市場2015
    本調査レポートでは、世界の補助人工心臓(VAD)市場2015について調査・分析し、補助人工心臓(VAD)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • インドのオーソバイオロジクス市場動向(~2021)
  • 業務用スキンケア製品の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、業務用スキンケア製品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、業務用スキンケア製品の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ソーラーパネルリサイクルの世界市場2019-2023
    太陽電池パネルのリサイクルは、寿命末期の太陽電池パネルを処理し、部品の大部分から材料回収を保証する技術として定義されています。Technavioのアナリストは、2019年から2023年の間に、ソーラーパネルリサイクルの世界市場が30.46%のCAGRで成長すると予測しています。 主な分析対象企業は、Canadian Solar、Dynamic Lifecycle Innovations、EIKI SHOJI、ENVARIS、First Solarなどです。 当調査レポートでは、ソーラーパネルリサイクルの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ソーラーパネルリサイクル市場規模、製品別(結晶、薄膜)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ソーラーパネルリサイクルの世界市場概要 ・ソーラーパネルリサイクルの世界市場環境 ・ソーラーパネルリサイクルの世界市場動向 ・ソーラーパネルリサイクルの世界市場規模 ・ソーラーパネルリサイクルの世界市場:業 …
  • インタラクティブホワイトボード(電子黒板)の世界市場:技術別(抵抗膜、静電容量方式)、プロジェクション技術別、用途別(教育、企業)、形状因子別、セグメント予測
    インタラクティブホワイトボード(電子黒板)の世界市場は2025年には23億1000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率6.1%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、伝統的なチョークと黒板を用いる教室をデジタルな教室に変えることに焦点を当てた政府の取り組みが考えられます。バーチャルラーニングとeラーニングの普及は、インタラクティブホワイトボードに対する需要を増加させる一因です。また、技術と教育の融合に向けた大規模な投資プロジェクトの増加も、市場の成長を促進すると見られています。中小企業、予算の小さい教育機関などでは、インタラクティブホワイトボードの普及が比較的低速であるにもかかわらず上昇しています。このことも、予測期間にわたって市場の需要をさらに押し上げる予想されます。本調査レポートでは、インタラクティブホワイトボード(電子黒板)の世界市場について調査・分析し、インタラクティブホワイトボード(電子黒板)の世界市場動向、インタラクティブホワイトボード(電子黒板)の世界市場規模、市場予測、セグメント別インタラクティブホワイトボード(電子黒板)市場分析、主要地域別市 …
  • GABA受容体アゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるGABA受容体アゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・GABA受容体アゴニストの概要 ・GABA受容体アゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のGABA受容体アゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・GABA受容体アゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・GABA受容体アゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 神経筋疾患治療法の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、神経筋疾患治療法の世界市場について調べ、神経筋疾患治療法の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、神経筋疾患治療法の市場規模をセグメンテーション別(種類別(生物製剤、小分子)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他)に分けて算出しました。Technavio社は神経筋疾患治療法の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均14%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・神経筋疾患治療法の市場状況 ・神経筋疾患治療法の市場規模 ・神経筋疾患治療法の市場予測 ・神経筋疾患治療法の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:種類別(生物製剤、小分子) ・神経筋疾患治療法の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • インドネシアのプラスチック製包装製品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • ソフトウェア・ディファインド・ストレージ(SDS)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ソフトウェア・ディファインド・ストレージ(SDS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ソフトウェア・ディファインド・ストレージ(SDS)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 産業用通信の世界市場予測(~2023年)
    産業用通信の世界市場は、2018年の832億米ドルから2023年には1,410億米ドルに達し、この期間中11.14%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、Industrial Internet of Things(IIoT)の採用増加と産業用ネットワーキング向けにM2M通信技術が進んだことが考えれられます。特にヨーロッパと北米においては、インダストリー4.0の実践が拡大し、産業用通信製品の導入が推進されています。一方で、機器メーカーによって採用されている規格が多岐にわたり、データ収集および情報生成プロセスが複雑化していることから、市場の成長は抑制される可能性があります。当調査レポートでは、産業用通信の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、提供(コンポーネント、ソフトウェア、サービス)分析、通信プロトコル(フィールドバス、産業用イーサネット、ワイヤレス)分析、最終用途(自動車、石油・ガス、食品・飲料)分析、産業用通信の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします …
  • 飼料用酸味料の世界市場:インサイト、市場機会、市場シェア、市場予測
    本調査レポートでは、飼料用酸味料の世界市場について調査・分析し、市場インサイト、市場機会、市場シェア、市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・飼料用酸味料の世界市場:イントロダクション ・飼料用酸味料の世界市場:市場概観 ・飼料用酸味料の世界市場:市場動向(促進要因、阻害要因、市場機会) ・飼料用酸味料の世界市場:セグメント別市場分析 ・飼料用酸味料の世界市場:家畜別分析/市場規模 ・飼料用酸味料の世界市場:種類別分析/市場規模 ・飼料用酸味料の世界市場:形態別分析/市場規模 ・飼料用酸味料の世界市場:主要地域別市場分析 ・飼料用酸味料の世界市場:関連企業分析
  • 軍事用ロボットの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、軍事用ロボットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、軍事用ロボットの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。 ロボットは、自立し完璧に実行することがプログラミングできるために、様々な産業で重宝されてきています。 軍隊は、高度な監視、照準、機密情報収集メカニズムを必要とするので、ロボットの利用が進められてきており、今後二年間にこの傾向はさらに高くなると予測されています。 Technavio社は軍事用ロボットの世界市場が2017-2021年期間中に年平均11.75%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Boston Dynamics• General Dynamics (GD) • Lockheed Martin• Northrop Grumman• Thales Group等です。
  • 中国のテラヘルツ波システム市場2015
    本調査レポートでは、中国のテラヘルツ波システム市場2015について調査・分析し、テラヘルツ波システムの中国市場概要、市場規模、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • 籾殻灰の世界市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、籾殻灰の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ハンドケア(スキンケア)の北米市場:市場規模、成長、予測分析
  • 世界の大腸内視鏡開発動向:医療機器パイプライン分析2015
    当調査レポートでは、大腸内視鏡のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・大腸内視鏡の概要 ・大腸内視鏡の開発動向:開発段階別分析 ・大腸内視鏡の開発動向:セグメント別分析 ・大腸内視鏡の開発動向:領域別分析 ・大腸内視鏡の開発動向:規制Path別分析 ・大腸内視鏡の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別大腸内視鏡の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・大腸内視鏡の最近動向
  • 分娩後出血用治療機器の世界市場予測
    本調査レポートでは、分娩後出血用治療機器の世界市場について調査・分析し、分娩後出血用治療機器の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 天然・オーガニックタンポンの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、天然・オーガニックタンポンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、天然・オーガニックタンポンの世界市場規模及び予測、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ヘパリンの世界市場:未分画へパリン、低分子へパリン
    当調査レポートでは、ヘパリンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ヘパリンパイプライン製品、ヘパリン原薬市場、ヘパリンの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ニキビスポット治療装置の世界市場予測2019-2024
    「ニキビスポット治療装置の世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、光線力学、レーザー、無線周波数、その他など、用途別には、Hospitals、Beauty Salon、Home Useなどに区分してまとめた調査レポートです。ニキビスポット治療装置のグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・ニキビスポット治療装置の世界市場概要(サマリー) ・ニキビスポット治療装置の企業別販売量・売上 ・ニキビスポット治療装置の企業別市場シェア ・ニキビスポット治療装置の世界市場規模:種類別(光線力学、レーザー、無線周波数、その他) ・ニキビスポット治療装置の世界市場規模:用途別(Hospitals、Beauty Salon、Home Use) ・ニキビスポット治療装置の米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・ニキビスポット治療装置のアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・ニキビスポット治療装置の欧州市場規模( …
  • 5Gインフラの世界市場予測(~2026年):通信インフラ、ネットワーク技術、チップセット、用途、地域別分析
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、5Gインフラの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、通信インフラ別分析、ネットワーク技術別分析、チップセット別分析、用途別分析、5Gインフラの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • Eg5阻害薬のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるEg5阻害薬のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・Eg5阻害薬の概要 ・Eg5阻害薬のパイプライン概要 ・企業別開発中のEg5阻害薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・Eg5阻害薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・Eg5阻害薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ポーランドの整形外科装置市場見通し
  • X線検査システムの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、X線検査システムの世界市場について調査・分析し、X線検査システムの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別X線検査システムシェア、市場規模推移、市場規模予測、X線検査システム種類別分析(デジタルX線撮影(DR)、コンピュータ断層撮影(CT)、X線フィルム)、X線検査システム用途別分析(一般産業、自動車産業、包装、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・X線検査システムの市場概観 ・X線検査システムのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・X線検査システムのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・X線検査システムの世界市場規模 ・X線検査システムの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・X線検査システムのアメリカ市場規模推移 ・X線検査システムのカナダ市場規模推移 ・X線検査システムのメキシコ市場規模推移 ・X線検査システムのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・X線検査システムのドイツ市場規模推移 ・X線検査システムのイギ …
  • 世界のポリエチレン繊維市場2019
    本調査レポートでは、世界のポリエチレン繊維市場2019について調査・分析し、ポリエチレン繊維の世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、ポリエチレン繊維のアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、ポリエチレン繊維メーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・ポリエチレン繊維の市場概要 ・ポリエチレン繊維の上流・下流市場分析 ・ポリエチレン繊維のアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・ポリエチレン繊維のアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・ポリエチレン繊維のアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・ポリエチレン繊維のアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・ポリエチレン繊維の北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・ポリエチレン繊維の北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・ポリエチレン繊維の北米市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業 …
  • スマート電子レンジの世界市場2015-2019
    当調査レポートでは、スマート電子レンジの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマート電子レンジの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 教育産業向け盗用防止ソフトウェアの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、教育産業向け盗用防止ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、教育産業向け盗用防止ソフトウェアの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の電圧レギュレータ市場2015
    本調査レポートでは、世界の電圧レギュレータ市場2015について調査・分析し、電圧レギュレータの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 昆虫飼料の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、昆虫飼料の世界市場について調査・分析し、昆虫飼料の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別昆虫飼料シェア、市場規模推移、市場規模予測、昆虫飼料種類別分析()、昆虫飼料用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・昆虫飼料の市場概観 ・昆虫飼料のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・昆虫飼料のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・昆虫飼料の世界市場規模 ・昆虫飼料の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・昆虫飼料のアメリカ市場規模推移 ・昆虫飼料のカナダ市場規模推移 ・昆虫飼料のメキシコ市場規模推移 ・昆虫飼料のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・昆虫飼料のドイツ市場規模推移 ・昆虫飼料のイギリス市場規模推移 ・昆虫飼料のロシア市場規模推移 ・昆虫飼料のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・昆虫飼料の日本市場規模推移 ・昆虫飼料の中国市場規模推移 ・昆虫飼料の韓国市場規模推移 ・昆虫飼料のインド市 …
  • XPS(X線光電子分光法)の世界市場分析:使用法別(要素検出、汚染検出、密度推定、経験式決定)、用途別(ヘルスケア、半導体、電子、航空宇宙、自動車、法医学、食品)、セグメント予測
    本調査レポートでは、XPS(X線光電子分光法)の世界市場について調査・分析し、XPS(X線光電子分光法)の世界市場動向、XPS(X線光電子分光法)の世界市場規模、市場予測、セグメント別XPS(X線光電子分光法)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 可変周波数駆動装置(VFD)の世界市場2015-2022
    当調査レポートでは、可変周波数駆動装置(VFD)の世界市場について調査・分析し、可変周波数駆動装置(VFD)の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・可変周波数駆動装置(VFD)の世界市場:市場動向分析 ・可変周波数駆動装置(VFD)の世界市場:競争要因分析 ・可変周波数駆動装置(VFD)の世界市場:用途別分析/市場規模 ・可変周波数駆動装置(VFD)の世界市場:駆動タイプ別分析/市場規模 ・可変周波数駆動装置(VFD)の世界市場:電圧範囲別分析/市場規模 ・可変周波数駆動装置(VFD)の世界市場:コンポーネント別分析/市場規模 ・可変周波数駆動装置(VFD)の世界市場:出力範囲別分析/市場規模 ・可変周波数駆動装置(VFD)の世界市場:VFDタイプ別分析/市場規模 ・可変周波数駆動装置(VFD)の世界市場:エンドユーザー別分析/市場規模 ・可変周波数駆動装置(VFD)の世界市場:地域別分析/市場規模 ・可変周波数駆動装置(VFD)の北米市場規模・分析 ・可変周波数駆動装置(VFD)の欧州市場・分析 ・可変周波 …
  • 脱毛クリームの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、脱毛クリームの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、脱毛クリームの世界市場規模及び予測、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 石油・ガス産業向け漏れ検知装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、石油・ガス産業向け漏れ検知装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、石油・ガス産業向け漏れ検知装置の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 特発性血小板減少性紫斑病(ITP):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における特発性血小板減少性紫斑病(ITP)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、特発性血小板減少性紫斑病(ITP)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・特発性血小板減少性紫斑病(ITP)の概要 ・特発性血小板減少性紫斑病(ITP)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の特発性血小板減少性紫斑病(ITP)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・特発性血小板減少性紫斑病(ITP)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・特 …
  • 床清掃機の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、床清掃機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、床清掃機の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 床清掃機は、吸引や他の方法で、床、ラグマット、絨毯などの清掃のために設計された器具です。製品としては、ウォークイン型床洗浄機が低価格のため、市場の主流を占めるものと見られます。Technavio社は床清掃機の世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.15%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Alfred Kärcher• Hako Group• Nilfisk Group• Tennant Company• Tornado Industries等です。
  • ガラス充填ナイロンの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、ガラス充填ナイロンの世界市場について調べ、ガラス充填ナイロンの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ガラス充填ナイロンの市場規模をセグメンテーション別(エンドユーザー別(自動車、産業用、電気および電子機器、その他)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はガラス充填ナイロンの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均7%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・ガラス充填ナイロンの市場状況 ・ガラス充填ナイロンの市場規模 ・ガラス充填ナイロンの市場予測 ・ガラス充填ナイロンの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:エンドユーザー別(自動車、産業用、電気および電子機器、その他) ・ガラス充填ナイロンの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 …
  • クラウドコンピューティングの世界市場
    当調査レポートでは、クラウドコンピューティングの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・クラウドコンピューティングの世界市場:サービス別分析/市場規模 ・クラウドコンピューティングの世界市場:導入別分析/市場規模 ・クラウドコンピューティングの世界市場:地域別分析/市場規模 ・クラウドコンピューティングのアメリカ市場規模予測 ・クラウドコンピューティングのヨーロッパ市場規模予測 ・クラウドコンピューティングのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 世界の爪切り市場2015
    本調査レポートでは、世界の爪切り市場2015について調査・分析し、爪切りの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、地域別生産規模分析、販売チャネル分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ヨーロッパのベビーカー市場2016-2020
    当調査レポートでは、ヨーロッパのベビーカー市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ヨーロッパのベビーカー市場規模及び予測、製品別分析、市場シェア、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ロシアの血液検査市場動向(~2021)
  • モジュラーロボットの世界市場予測(~2023年):関節モジュラーロボット、SCARAモジュラーロボット、協調モジュラーロボット
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、モジュラーロボットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、ロボットタイプ別(関節モジュラーロボット、SCARAモジュラーロボット、協調モジュラーロボット)分析、産業別(自動車、電気・電子、プラスチック、ゴム・化学品)分析、モジュラーロボットの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 溶解阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における溶解阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・溶解阻害剤の概要 ・溶解阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の溶解阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・溶解阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・溶解阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 除草剤の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、除草剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、種類別分析、作物別分析、動作方式別分析、地域別分析、除草剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 宇宙廃棄物監視・除去の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、宇宙廃棄物監視・除去の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、宇宙廃棄物監視・除去市場規模、用途別(宇宙廃棄物除去技術、宇宙廃棄物監視技術)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Airbus, ASTROSCALE, Boeing, Lockheed Martin, Northrop Grumman, RSC Energiaなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・宇宙廃棄物監視・除去の世界市場概要 ・宇宙廃棄物監視・除去の世界市場環境 ・宇宙廃棄物監視・除去の世界市場動向 ・宇宙廃棄物監視・除去の世界市場規模 ・宇宙廃棄物監視・除去の世界市場:業界構造分析 ・宇宙廃棄物監視・除去の世界市場:用途別(宇宙廃棄物除去技術、宇宙廃棄物監視技術) ・宇宙廃棄物監視・除去の世界市場:地域別市場規模・分析 ・宇宙廃棄物監視・除去の北米市場規模・予測 ・宇宙廃棄物監視・除去のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・宇宙廃棄物監視・除去 …
  • フィットネスバイクの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、フィットネスバイクの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、フィットネスバイクの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 血液培養テストの世界市場:方式(自動、手動)、製品(消耗品、装置)、技術、用途、エンドユーザー、地域別分析
    当調査レポートでは、血液培養テストの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、方式別分析、製品別分析、技術別分析、用途別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のHadoopビッグデータ解析市場規模・予測2017-2025:構成要素別(ソリューション、サービス)、用途別(セキュリティインテリジェンス、リスク・不正分析、IoT、サプライチェーン分析、カスタマー分析、オペレーショナルインテリジェンス)、業界別(BFSI、ICT、小売、製造、ヘルスケア、政府・防衛)、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のHadoopビッグデータ解析市場について調査・分析し、世界のHadoopビッグデータ解析市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のHadoopビッグデータ解析関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • イギリスの火力発電市場2016:発電能力、生産、発電所、規制、企業分析
  • CFTRのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるCFTRのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・CFTRの概要 ・CFTRのパイプライン概要 ・企業別開発中のCFTR ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・CFTRの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・CFTR開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"