"体外受精(IVF)のドイツ市場:サイクルタイプ別、エンドユーザー別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AMR9NV112)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"体外受精(IVF)のドイツ市場:サイクルタイプ別、エンドユーザー別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The Germany IVF market was valued at $398 million in 2018 and is estimated to reach $541 million by 2026, registering a CAGR of 3.9% during the analysis period.
In vitro fertilization (IVF) is a process that includes fertilization of egg cells outside the body. It is one of the widely known infertility treatment across the clinical industry. The technique is based on assisted reproductive technology and is employed in the treatment of infertility. The process involves removing an ovum (egg or eggs) the ovaries and facilitating its fertilization with the help of a sperm in a laboratory dish. After the fertilized egg (zygote) undergoes embryo culture for up to 6 days, it is implanted in another or same woman’s uterus, depending on the conditions. IVF helps achieve pregnancy when other treatments fail. It is generally not used until less expensive or invasive options have failed or been determined unlikely to work.

Subsidizing IVF treatments, delayed marriages and parenthood decisions, and increase in prevalence of infertility issues are the factors that majorly drive the growth of the IVF market in Germany. In addition, as per National Health Plan (NHP), about 50% of the treatment cost by IVF paid for three cycles is projected to boost growth of the IVF market in Germany. However, stringent government regulations and lack of availability in treatment cycles for IVF are the major restraints that hamper the growth of the market in Germany.

The Germany in vitro fertilization market (IVF) is segmented based on cycle type and end user. Based on cycle type, the market is divided into fresh IVF cycles (non-donor), and thawed IVF cycles (non-donor). Based on end user, the market is classified into fertility clinics, hospitals, surgical centers, and clinical research institutes.

KEY MARKET BENEFITS
• The study provides an in-depth analysis of the Germany in vitro fertilization (IVF) market along with the current trends and future estimations to elucidate the imminent investment pockets.
• The report presents a quantitative analysis of the market from 2018 to 2026 to enable stakeholders to capitalize on the prevailing market opportunities.
• An extensive analysis of the market based on application assists in understanding the trends in the industry.
• The key market players along with their strategies are thoroughly analyzed to understand the competitive outlook of the industry.

KEY MARKET SEGMENTS
Germany In Vitro Fertilization Market
By Cycle Type
o Fresh IVF Cycles (Non-donor)
o Thawed IVF Cycles (Non-donor)
By End User
o Fertility Clinics
o Hospitals
o Surgical Centers
o Clinical Research Institutes

LIST of KEY PLAYERS PRofILED IN THE REPORT
• Heidelberg University Hospital
• Klinikum Stuttgart
• DRK Kliniken Berlin
• University Medical Center Freiburg


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Allied Market Researchが"体外受精(IVF)のドイツ市場:サイクルタイプ別、エンドユーザー別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

Chapter 1: Introduction

1.1. Report Description
1.2. Key Benefits For Stakeholders
1.3. Key Market Segments

1.3.1. List of Key Players Profiled In The Report

1.4. Research Methodology

1.4.1. Primary Research
1.4.2. Secondary Research
1.4.3. Analyst Tools And Models

Chapter 2: Executive Summary

2.1. Key Findings of The Study
2.2. Cxo Perspective

Chapter 3: Market Overview

3.1. Market Definition And Scope

Chapter 4: Germany In Vitro Fertilization (Ivf) Market

4.1. Overview
4.2. Germany Ivf Market By Cycle Type

4.2.1. Fresh Ivf Cycles (Non-Donor)
4.2.2. Thawed Ivf Cycles (Non-Donor)

4.3. Number of Infertility Clinics, 2018
4.4. Germany Ivf Market By End Users

4.4.1. Fertility Clinics
4.4.2. Hospitals
4.4.3. Surgical Centers
4.4.4. Clinical Research Institutes

4.5. Market Drivers

4.5.1. Drivers

4.5.1.1. Subsidizing Ivf Treatments
4.5.1.2. Delayed Marriages And Parenthood Decisions

4.5.2. Restraints

4.5.2.1. Stringent Government Regulations
4.5.2.2. Lack of Availability In Treatment Cycles For Ivf

4.5.3. Regulatory Issues, Legislations, And Authorities
4.5.4. Insurance Reimbursement Scenario

4.6. Company Profiles – Germany

4.6.1. Heidelberg University Hospital

4.6.1.1. Company Overview

4.6.2. Klinikum Stuttgart

4.6.2.1. Company Overview

4.6.3. Drk Kliniken Berlin

4.6.3.1. Company Overview

4.6.4. University Medical Center Freiburg

4.6.4.1. Company Overview

4.6.5. Praxis Fur Fertilitat

4.6.5.1. Company Overview

4.6.6. Vivaneo Deutschland Gmbh

4.6.6.1. Company Overview

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】体外受精(IVF)のドイツ市場:サイクルタイプ別、エンドユーザー別
【発行日】2019年8月
【調査会社】Allied Market Research
【コード】AMR9NV112
【対象地域】ドイツ
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】医療
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
体外受精(IVF)のドイツ市場:サイクルタイプ別、エンドユーザー別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 世界のターボ圧縮機市場2015
    本調査レポートでは、世界のターボ圧縮機市場2015について調査・分析し、ターボ圧縮機の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 乳房生検の世界市場:インサイト、市場機会、市場シェア、市場予測
    本調査レポートでは、世界の乳房生検市場について調査・分析し、市場インサイト、市場機会、市場シェア、市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・乳房生検の世界市場:イントロダクション ・乳房生検の世界市場:市場概観 ・乳房生検の世界市場:市場動向(促進要因、阻害要因、市場機会) ・乳房生検の世界市場:セグメント別市場分析 ・乳房生検の世界市場:主要地域別市場分析 ・乳房生検の世界市場:関連企業分析
  • 世界のレーザー保護メガネ市場2015
    本調査レポートでは、世界のレーザー保護メガネ市場2015について調査・分析し、レーザー保護メガネの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 衛星ペイロードの世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、衛星ペイロードの世界市場について調査・分析し、衛星ペイロードの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・衛星ペイロードの世界市場規模:周波数帯域別分析 ・衛星ペイロードの世界市場規模:軌道種類別分析 ・衛星ペイロードの世界市場規模:車両種類別分析 ・衛星ペイロードの世界市場規模:ペイロード重量別分析 ・衛星ペイロードの世界市場規模:ペイロード種類別分析 ・衛星ペイロードの世界市場規模:用途別分析 ・衛星ペイロードの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • マニキュアの世界市場2013-2024:製品別(リキッド、ジェル)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中央・南アメリカ、中東・アフリカ)、国別
    本調査レポートでは、マニキュアの世界市場について調査・分析し、マニキュアの世界市場動向、マニキュアの世界市場規模、市場予測、セグメント別マニキュア市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ベビー浴用石鹸の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ベビー浴用石鹸の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ベビー浴用石鹸の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • レーザ刻印装置の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、レーザ刻印装置の世界市場について調査・分析し、レーザ刻印装置の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別レーザ刻印装置シェア、市場規模推移、市場規模予測、レーザ刻印装置種類別分析(ファイバー型、CO2レーザー型、固体レーザー型、その他)、レーザ刻印装置用途別分析(電子、精密機器、食品・医薬品、自動車部品、ハードウェア製品、プラスチック梱包、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・レーザ刻印装置の市場概観 ・レーザ刻印装置のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・レーザ刻印装置のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・レーザ刻印装置の世界市場規模 ・レーザ刻印装置の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・レーザ刻印装置のアメリカ市場規模推移 ・レーザ刻印装置のカナダ市場規模推移 ・レーザ刻印装置のメキシコ市場規模推移 ・レーザ刻印装置のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・レーザ刻印装置のドイツ市場規模推移 ・レーザ刻印装置の …
  • Hadoopの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
  • 自動車用センサの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、自動車用センサの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用センサの世界市場規模及び予測、種類別分析、車両種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 水溶性高分子の世界市場
    当調査レポートでは、水溶性高分子の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・水溶性高分子の世界市場:原料別分析/市場規模 ・水溶性高分子の世界市場:種類別分析/市場規模 ・水溶性高分子の世界市場:用途別分析/市場規模 ・水溶性高分子の世界市場:地域別分析/市場規模 ・水溶性高分子のアメリカ市場規模予測 ・水溶性高分子のヨーロッパ市場規模予測 ・水溶性高分子のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • バーチャル発電所の世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、バーチャル発電所の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、技術別分析、需要先別分析、地域別分析、バーチャル発電所の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ミオシン阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるミオシン阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ミオシン阻害剤の概要 ・ミオシン阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のミオシン阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ミオシン阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ミオシン阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 高機能合金の世界市場:非鉄合金、超合金
    当調査レポートでは、高機能合金の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、高機能合金の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • イスラエルのインターベンショナル心臓装置市場見通し
  • オーストラリアのIVD(体外診断用医療機器)市場(~2021)
  • 検眼鏡の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、検眼鏡の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、検眼鏡市場規模、製品別(直像検眼鏡、倒像検眼鏡)分析、最終用途別(眼科クリニック、病院、ASC)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・検眼鏡の世界市場概要 ・検眼鏡の世界市場環境 ・検眼鏡の世界市場動向 ・検眼鏡の世界市場規模 ・検眼鏡の世界市場:業界構造分析 ・検眼鏡の世界市場:製品別(直像検眼鏡、倒像検眼鏡) ・検眼鏡の世界市場:最終用途別(眼科クリニック、病院、ASC) ・検眼鏡の世界市場:地域別市場規模・分析 ・検眼鏡のアメリカ市場規模・予測 ・検眼鏡のヨーロッパ市場規模・予測 ・検眼鏡のアジア市場規模・予測 ・検眼鏡の主要国分析 ・検眼鏡の世界市場:意思決定フレームワーク ・検眼鏡の世界市場:成長要因、課題 ・検眼鏡の世界市場:競争環境 ・検眼鏡の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 自動車アクティブロールコントロールシステムの世界市場2018-2022
    自動車アクティブロールコントロールシステム市場は、追加機能と信頼性の向上という形の開発を目の当たりにしています。ベンダーは車体ロールコントロールシステムの自社バージョンを開発に積極的に取り組んできました。 現代の自動車業界は、高度な安全性および制御システムの普及が目覚しいものとなり、現在は互いに協調して使用されています。 例えば、Daimler's Mercedes-Benz は、最近、アクティブカーブティルティング(Active Curve Tilting)などのボディロールコントロールシステムのホストを開発しました。アクティブボディコントロールとMAGIC BODY CONTROLは、道路上で車両を安定して安全に保ちます。このように、自動車アクティブロールコントロールシステムの開発は、予測期間中に自動車アクティブロールコントロールシステムの世界市場の成長を促進することが期待されています。 主な分析対象企業は、Continental、Bosch、Schaeffler、WABCO、BWI Group、HYUNDAI MOBISなどです。 当調査レポートでは、自動車アクティブロールコント …
  • サービスとしてのアクセスコントロール(ACaaS)の世界市場予測(~2022):サービス別、導入別、最終用途別(商用、製造&産業、政府機関、公共設備)、地域別
    当調査レポートでは、サービスとしてのアクセスコントロール(ACaaS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、サービス別分析、導入別分析、最終用途別分析、地域別分析、サービスとしてのアクセスコントロール(ACaaS)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 貯蔵分析の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、貯蔵分析の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、サービス別分析、用途別分析、貯蔵種類別分析、地域別分析、貯蔵分析の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • エアドライフードの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、エアドライフードの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、エアドライフード市場規模、製品別(食品、ペットフード)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・エアドライフードの世界市場概要 ・エアドライフードの世界市場環境 ・エアドライフードの世界市場動向 ・エアドライフードの世界市場規模 ・エアドライフードの世界市場:業界構造分析 ・エアドライフードの世界市場:製品別(食品、ペットフード) ・エアドライフードの世界市場:地域別市場規模・分析 ・エアドライフードの北米市場規模・予測 ・エアドライフードのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・エアドライフードのアジア太平洋市場規模・予測 ・エアドライフードの主要国分析 ・エアドライフードの世界市場:意思決定フレームワーク ・エアドライフードの世界市場:成長要因、課題 ・エアドライフードの世界市場:競争環境 ・エアドライフードの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析) 主な …
  • 原発性免疫不全症の世界市場
    当調査レポートでは、原発性免疫不全症の世界市場について調査・分析し、原発性免疫不全症の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 男性用フレグランスの世界市場:市場規模、成長、予測分析
  • 歯科用椅子の世界市場の見通し2017-2023
    当調査レポートでは、歯科用椅子の世界市場について調査・分析し、歯科用椅子の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 歯科用椅子の世界市場:市場動向分析 - 歯科用椅子の世界市場:競争要因分析 - 歯科用椅子の世界市場:製品別 ・非電動式 ・電動式 - 歯科用椅子の世界市場:用途別 ・口腔手術用 ・検査用 ・ポータブル型 ・患者用 ・歯科矯正用 - 歯科用椅子の世界市場:最終用途別 ・歯科医院 ・病院 ・学術研究機関 - 歯科用椅子の世界市場:主要地域別分析 - 歯科用椅子の北米市場規模(アメリカ市場等) - 歯科用椅子のヨーロッパ市場規模 - 歯科用椅子のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・歯科用椅子の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 木材用コーティング剤の世界市場:樹脂種類別(ポリウレタン、ニトロセルロース、アクリル、不飽和ポリエステルなど)、技術別(水性、従来型固形溶剤、高固形溶剤、粉体塗装、放射線硬化など)、エンドユーズ別(家具、建具、フローリング、その他)
    本資料は、木材用コーティング剤の世界市場について調べ、木材用コーティング剤の世界規模、市場シェア、市場動向、市場環境、樹脂種類別(ポリウレタン、ニトロセルロース、アクリル、不飽和ポリエステルなど)分析、エンドユーズ別(家具、建具、フローリング、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・木材用コーティング剤の世界市場概要 ・木材用コーティング剤の世界市場環境 ・木材用コーティング剤の世界市場動向 ・木材用コーティング剤の世界市場規模 ・木材用コーティング剤の世界市場:市場シェア ・木材用コーティング剤の世界市場:樹脂種類別(ポリウレタン、ニトロセルロース、アクリル、不飽和ポリエステルなど) ・木材用コーティング剤の世界市場:技術別(水性、従来型固形溶剤、高固形溶剤、粉体塗装、放射線硬化など) ・木材用コーティング剤の世界市場:エンドユーズ別(家具、建具、フローリング、その他) ・木材用コーティング剤の世界市場:地域別市場規模・分析 ・木材用 …
  • 使い捨て麻酔機器の世界市場:呼吸回路、LMA、蘇生器、顔面マスク
    当調査レポートでは、使い捨て麻酔機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、使い捨て麻酔機器の世界市場規模及び予測、製品別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 中東の石油・ガスパイプライン産業見通し
  • デュシェンヌ型筋ジストロフィー(Duchenne Muscular Dystrophy):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるデュシェンヌ型筋ジストロフィー(Duchenne Muscular Dystrophy)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、デュシェンヌ型筋ジストロフィー(Duchenne Muscular Dystrophy)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・デュシェンヌ型筋ジストロフィー(Duchenne Muscular Dystrophy)の概要 ・デュシェンヌ型筋ジストロフィー(Duchenne Muscular Dystrophy)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のデュシェンヌ型筋ジストロフィー(Duchenne Muscular Dystrophy)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分 …
  • セミトレーラーの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、セミトレーラーの世界市場について調査・分析し、セミトレーラーの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別セミトレーラーシェア、市場規模推移、市場規模予測、セミトレーラー種類別分析()、セミトレーラー用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・セミトレーラーの市場概観 ・セミトレーラーのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・セミトレーラーのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・セミトレーラーの世界市場規模 ・セミトレーラーの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・セミトレーラーのアメリカ市場規模推移 ・セミトレーラーのカナダ市場規模推移 ・セミトレーラーのメキシコ市場規模推移 ・セミトレーラーのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・セミトレーラーのドイツ市場規模推移 ・セミトレーラーのイギリス市場規模推移 ・セミトレーラーのロシア市場規模推移 ・セミトレーラーのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・ …
  • アサイーベリーの世界市場2017-2021:食品・飲料向け、機能性食品向け、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、アサイーベリーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アサイーベリーの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。Technavio社はアサイーベリーの世界市場が2017-2021年期間中に年平均10.31%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はAcaiExotic、ACAIROOTS.COM、Nativo Acai、SAMBAZON、Vision America International等です。
  • 公衆安全屋内ワイヤレスDASシステムの世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、公衆安全屋内ワイヤレスDASシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、システム構成用途別分析、サービス別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車内装材の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車内装材の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車内装材の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は自動車内装材の世界市場が2017-2021年期間中に年平均2.73%成長すると予測しています。
  • 世界のグルコン酸カリウム市場2015
    本調査レポートでは、世界のグルコン酸カリウム市場2015について調査・分析し、グルコン酸カリウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • オートバイ用タイヤ・プレッシャー・モニタリング・システムの世界市場
    当調査レポートでは、オートバイ用タイヤ・プレッシャー・モニタリング・システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、オートバイ用タイヤ・プレッシャー・モニタリング・システムの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • デジタルテキスタイル印刷の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、デジタルテキスタイル印刷の世界市場について調査・分析し、デジタルテキスタイル印刷の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別デジタルテキスタイル印刷シェア、市場規模推移、市場規模予測、デジタルテキスタイル印刷種類別分析(反応染料インク、酸性インク、塗料インク、分散・昇華型インク)、デジタルテキスタイル印刷用途別分析(アパレル産業、テキスタイル産業、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・デジタルテキスタイル印刷の市場概観 ・デジタルテキスタイル印刷のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・デジタルテキスタイル印刷のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・デジタルテキスタイル印刷の世界市場規模 ・デジタルテキスタイル印刷の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・デジタルテキスタイル印刷のアメリカ市場規模推移 ・デジタルテキスタイル印刷のカナダ市場規模推移 ・デジタルテキスタイル印刷のメキシコ市場規模推移 ・デジタルテキスタイル印刷のヨーロッパ市場分析(ドイツ、 …
  • 消費者信用の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、消費者信用の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、消費者信用の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 生分解性ポリマーの世界市場2017-2021:PLA系生分解性ポリマー、澱粉系生分解性ポリマー、その他
    当調査レポートでは、生分解性ポリマーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、生分解性ポリマーの世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • スイスの心臓血管手術装置市場見通し
  • ゴム添加剤の世界市場:インサイト、市場機会、市場シェア、市場予測
    本調査レポートでは、世界のゴム添加剤市場について調査・分析し、市場インサイト、市場機会、市場シェア、市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・ゴム添加剤の世界市場:イントロダクション ・ゴム添加剤の世界市場:市場概観 ・ゴム添加剤の世界市場:市場動向(促進要因、阻害要因、市場機会) ・ゴム添加剤の世界市場:セグメント別市場分析 ・ゴム添加剤の世界市場:主要地域別市場分析 ・ゴム添加剤の世界市場:関連企業分析
  • 世界の医薬品用戸棚市場2016
    本調査レポートでは、世界の医薬品用戸棚市場2016について調査・分析し、医薬品用戸棚の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 不織布用接着剤の世界市場予測(~2023年)
    不織布用接着剤の世界市場は、2018年の20億米ドルから2023年には31億米ドルに達し、この期間中8.71%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、ベビーケア用品、女性用生理用品、成人失禁用品などの新しい用途からの需要増加が考えられます。特にAPAC市場は、2018年~2023年、大きな成長の可能性を示しています。この地域は、2017年には市場全体の中で最大シェアを占めています。さらに、エンドユーザーからの需要の高まりにより、最高の年平均成長率で成長すると予測されています。当調査レポートでは、不織布用接着剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、技術(ホットメルト)分析、タイプ(スチレン系ブロック共重合体、非晶性ポリαオレフィン、エチレン酢酸ビニル)分析、用途(ベビーケア用品、女性生理用品、成人失禁用品、医療)分析、不織布用接着剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 乳製品デザートの世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、乳製品デザートの世界市場について調べ、乳製品デザートの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、乳製品デザートの市場規模をセグメンテーション別(製品別(ヨーグルト、クリーム、その他)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は乳製品デザートの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均5%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・乳製品デザートの市場状況 ・乳製品デザートの市場規模 ・乳製品デザートの市場予測 ・乳製品デザートの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(ヨーグルト、クリーム、その他) ・乳製品デザートの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • アメリカの臨床化学検査市場動向(~2021)
  • 電動三輪車の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、電動三輪車の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、電動三輪車の世界市場規模及び予測、三輪車種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 癌ナノ医療の世界市場見通し
  • 世界の蛍光X線分析装置市場2016
    本調査レポートでは、世界の蛍光X線分析装置市場2016について調査・分析し、蛍光X線分析装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 戦術データ・リンクの世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、戦術データ・リンクの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、種類別分析、用途別分析、構成要素別分析、地域別分析、戦術データ・リンクの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 救急車サービスの世界市場2014-2025:輸送車両別(地上、空中、水上)、救急サービス別(救急、非救急)、装置別(一次・二次救命処置(ALS・BLS))
    本調査レポートでは、救急車サービスの世界市場について調査・分析し、救急車サービスの世界市場動向、救急車サービスの世界市場規模、市場予測、セグメント別救急車サービス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のピーナッツ・ブリトル市場2015
    本調査レポートでは、世界のピーナッツ・ブリトル市場2015について調査・分析し、ピーナッツ・ブリトルの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • コンブチャ(紅茶キノコ)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、コンブチャ(紅茶キノコ)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、コンブチャ(紅茶キノコ)の世界市場規模及び予測、種類別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 体重減量および体重管理の世界市場予測(~2022年):フィットネス機器(ルームランナー、エリプティカル・マシン、階段ステッパー)、手術機器、ダイエット、体重減量サービス
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、体重減量および体重管理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、装置種類別分析、サービス別分析、地域別分析、体重減量および体重管理の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"