"体外受精(IVF)のドイツ市場:サイクルタイプ別、エンドユーザー別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AMR9NV112)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"体外受精(IVF)のドイツ市場:サイクルタイプ別、エンドユーザー別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The Germany IVF market was valued at $398 million in 2018 and is estimated to reach $541 million by 2026, registering a CAGR of 3.9% during the analysis period.
In vitro fertilization (IVF) is a process that includes fertilization of egg cells outside the body. It is one of the widely known infertility treatment across the clinical industry. The technique is based on assisted reproductive technology and is employed in the treatment of infertility. The process involves removing an ovum (egg or eggs) the ovaries and facilitating its fertilization with the help of a sperm in a laboratory dish. After the fertilized egg (zygote) undergoes embryo culture for up to 6 days, it is implanted in another or same woman’s uterus, depending on the conditions. IVF helps achieve pregnancy when other treatments fail. It is generally not used until less expensive or invasive options have failed or been determined unlikely to work.

Subsidizing IVF treatments, delayed marriages and parenthood decisions, and increase in prevalence of infertility issues are the factors that majorly drive the growth of the IVF market in Germany. In addition, as per National Health Plan (NHP), about 50% of the treatment cost by IVF paid for three cycles is projected to boost growth of the IVF market in Germany. However, stringent government regulations and lack of availability in treatment cycles for IVF are the major restraints that hamper the growth of the market in Germany.

The Germany in vitro fertilization market (IVF) is segmented based on cycle type and end user. Based on cycle type, the market is divided into fresh IVF cycles (non-donor), and thawed IVF cycles (non-donor). Based on end user, the market is classified into fertility clinics, hospitals, surgical centers, and clinical research institutes.

KEY MARKET BENEFITS
• The study provides an in-depth analysis of the Germany in vitro fertilization (IVF) market along with the current trends and future estimations to elucidate the imminent investment pockets.
• The report presents a quantitative analysis of the market from 2018 to 2026 to enable stakeholders to capitalize on the prevailing market opportunities.
• An extensive analysis of the market based on application assists in understanding the trends in the industry.
• The key market players along with their strategies are thoroughly analyzed to understand the competitive outlook of the industry.

KEY MARKET SEGMENTS
Germany In Vitro Fertilization Market
By Cycle Type
o Fresh IVF Cycles (Non-donor)
o Thawed IVF Cycles (Non-donor)
By End User
o Fertility Clinics
o Hospitals
o Surgical Centers
o Clinical Research Institutes

LIST of KEY PLAYERS PRofILED IN THE REPORT
• Heidelberg University Hospital
• Klinikum Stuttgart
• DRK Kliniken Berlin
• University Medical Center Freiburg


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Allied Market Researchが"体外受精(IVF)のドイツ市場:サイクルタイプ別、エンドユーザー別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

Chapter 1: Introduction

1.1. Report Description
1.2. Key Benefits For Stakeholders
1.3. Key Market Segments

1.3.1. List of Key Players Profiled In The Report

1.4. Research Methodology

1.4.1. Primary Research
1.4.2. Secondary Research
1.4.3. Analyst Tools And Models

Chapter 2: Executive Summary

2.1. Key Findings of The Study
2.2. Cxo Perspective

Chapter 3: Market Overview

3.1. Market Definition And Scope

Chapter 4: Germany In Vitro Fertilization (Ivf) Market

4.1. Overview
4.2. Germany Ivf Market By Cycle Type

4.2.1. Fresh Ivf Cycles (Non-Donor)
4.2.2. Thawed Ivf Cycles (Non-Donor)

4.3. Number of Infertility Clinics, 2018
4.4. Germany Ivf Market By End Users

4.4.1. Fertility Clinics
4.4.2. Hospitals
4.4.3. Surgical Centers
4.4.4. Clinical Research Institutes

4.5. Market Drivers

4.5.1. Drivers

4.5.1.1. Subsidizing Ivf Treatments
4.5.1.2. Delayed Marriages And Parenthood Decisions

4.5.2. Restraints

4.5.2.1. Stringent Government Regulations
4.5.2.2. Lack of Availability In Treatment Cycles For Ivf

4.5.3. Regulatory Issues, Legislations, And Authorities
4.5.4. Insurance Reimbursement Scenario

4.6. Company Profiles – Germany

4.6.1. Heidelberg University Hospital

4.6.1.1. Company Overview

4.6.2. Klinikum Stuttgart

4.6.2.1. Company Overview

4.6.3. Drk Kliniken Berlin

4.6.3.1. Company Overview

4.6.4. University Medical Center Freiburg

4.6.4.1. Company Overview

4.6.5. Praxis Fur Fertilitat

4.6.5.1. Company Overview

4.6.6. Vivaneo Deutschland Gmbh

4.6.6.1. Company Overview

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】体外受精(IVF)のドイツ市場:サイクルタイプ別、エンドユーザー別
【発行日】2019年8月
【調査会社】Allied Market Research
【コード】AMR9NV112
【対象地域】ドイツ
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】医療
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
体外受精(IVF)のドイツ市場:サイクルタイプ別、エンドユーザー別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 耳鼻咽喉科 (ENT) 用レーザー装置の世界市場:ガスレーザー、固体・半導体ベースレーザー
    Technavio社の本調査レポートでは、耳鼻咽喉科 (ENT) 用レーザー装置の世界市場について調べ、耳鼻咽喉科 (ENT) 用レーザー装置の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、耳鼻咽喉科 (ENT) 用レーザー装置の市場規模をセグメンテーション別(製品別(ガスレーザー、固体・半導体ベースレーザー)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他)に分けて算出しました。Technavio社は耳鼻咽喉科 (ENT) 用レーザー装置の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均6%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・耳鼻咽喉科 (ENT) 用レーザー装置の市場状況 ・耳鼻咽喉科 (ENT) 用レーザー装置の市場規模 ・耳鼻咽喉科 (ENT) 用レーザー装置の市場予測 ・耳鼻咽喉科 (ENT) 用レーザー装置の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(ガスレーザー、固体・半導体ベースレーザー) ・耳鼻咽喉科 (ENT) 用レーザー装置の顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太 …
  • Eバイク(電動自転車)用電池の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、Eバイク(電動自転車)用電池の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、Eバイク(電動自転車)用電池の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はEバイク(電動自転車)用電池の世界市場が2017-2021年期間中に年平均1.01%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、HK KINGBOPOWER TECHNOLOGY、LG Chem、OptimumNano Energy、SAMSUNG SDI、YOKU Energy、Sunbright Power等です。
  • 多機能ディスプレイの世界市場:プラットフォーム別(陸上、空中、海上)、システム別(電子フライトディスプレイ、ヘッドアップディスプレイ、ヘルメットマウントディスプレイ、ポータブル多機能ディスプレイ)、技術別(LED、LCD・AMLCD、TFT、OLED、シンセティックビジョン(合成の視覚))、サイズ別(5インチ未満、5~10インチ、10~15インチ)、地域別予測
    本資料は、多機能ディスプレイの世界市場について調べ、多機能ディスプレイの世界規模、市場動向、市場環境、プラットフォーム別(陸上、空中、海上)分析、システム別(電子フライトディスプレイ、ヘッドアップディスプレイ、ヘルメットマウントディスプレイ、ポータブル多機能ディスプレイ)分析、技術別(LED、LCD・AMLCD、TFT、OLED、シンセティックビジョン(合成の視覚))分析、サイズ別(5インチ未満、5~10インチ、10~15インチ)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・多機能ディスプレイの世界市場概要 ・多機能ディスプレイの世界市場環境 ・多機能ディスプレイの世界市場動向 ・多機能ディスプレイの世界市場規模 ・多機能ディスプレイの世界市場規模:プラットフォーム別(陸上、空中、海上) ・多機能ディスプレイの世界市場規模:システム別(電子フライトディスプレイ、ヘッドアップディスプレイ、ヘルメットマウントディスプレイ、ポータブル多機能ディスプレイ) …
  • 血小板由来増殖因子B阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における血小板由来増殖因子B阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・血小板由来増殖因子B阻害剤の概要 ・血小板由来増殖因子B阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の血小板由来増殖因子B阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・血小板由来増殖因子B阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・血小板由来増殖因子B阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 集束イオンビームの世界市場
    当調査レポートでは、集束イオンビームの世界市場について調査・分析し、集束イオンビームの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 季節性インフルエンザワクチンの世界市場:市場規模、地域見通し、ワクチン分析、パイプラインインサイト、治験、契約種類、制度、価格動向、競争戦略、予測
  • ハウチワマメの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ハウチワマメの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ハウチワマメ市場規模、用途別(飼料、飲食料品、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ハウチワマメの世界市場概要 ・ハウチワマメの世界市場環境 ・ハウチワマメの世界市場動向 ・ハウチワマメの世界市場規模 ・ハウチワマメの世界市場:業界構造分析 ・ハウチワマメの世界市場:用途別(飼料、飲食料品、その他) ・ハウチワマメの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ハウチワマメのアメリカ市場規模・予測 ・ハウチワマメのヨーロッパ市場規模・予測 ・ハウチワマメのアジア市場規模・予測 ・ハウチワマメの主要国分析 ・ハウチワマメの世界市場:意思決定フレームワーク ・ハウチワマメの世界市場:成長要因、課題 ・ハウチワマメの世界市場:競争環境 ・ハウチワマメの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 規範的分析の世界市場:コンポーネント別(ソフトウェア、サービス)、展開別(クラウド、オンプレミス)、ビジネス機能別(人事、販売、マーケティング、財務、運用)、業種別(ヘルスケア、BFSI、ITおよびテレコミュニケーション、小売、メディア)
    本市場調査レポートでは規範的分析について、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、コンポーネント別(ソフトウェア、サービス)分析、展開別(クラウド、オンプレミス)分析、ビジネス機能別(人事、販売、マーケティング、財務、運用)分析、業種別(ヘルスケア、BFSI、ITおよびテレコミュニケーション、小売、メディア)分析、地域別分析、競争状況、企業概要に区分して収録しています。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・規範的分析の世界市場:コンポーネント別(ソフトウェア、サービス) ・規範的分析の世界市場:展開別(クラウド、オンプレミス) ・規範的分析の世界市場:ビジネス機能別(人事、販売、マーケティング、財務、運用) ・規範的分析の世界市場:業種別(ヘルスケア、BFSI、ITおよびテレコミュニケーション、小売、メディア) ・規範的分析の世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業概要
  • 自動エスプレッソマシンの世界市場2015-2019
    当調査レポートでは、自動エスプレッソマシンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動エスプレッソマシンの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 圧電材料の世界市場分析:製品別(セラミックス、ポリマー、複合材料)、用途別(アクチュエータ、センサー、モータ、音響デバイス、発電機、ソナー、トランスデューサ)、エンドユーザー別(消費財、自動車)、セグメント予測
    本調査レポートでは、圧電材料の世界市場について調査・分析し、圧電材料の世界市場動向、圧電材料の世界市場規模、市場予測、セグメント別圧電材料市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 廃水処理装置の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、廃水処理装置の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、廃水処理装置市場規模、エンドユーザー別(製造、エネルギー、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Ecolab, Evoqua Water Technologies, SUEZ, The Dow Chemical, Veoliaなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・廃水処理装置の世界市場概要 ・廃水処理装置の世界市場環境 ・廃水処理装置の世界市場動向 ・廃水処理装置の世界市場規模 ・廃水処理装置の世界市場:業界構造分析 ・廃水処理装置の世界市場:エンドユーザー別(製造、エネルギー、その他) ・廃水処理装置の世界市場:地域別市場規模・分析 ・廃水処理装置の北米市場規模・予測 ・廃水処理装置のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・廃水処理装置のアジア太平洋市場規模・予測 ・廃水処理装置の主要国分析 ・廃水処理装置の世界市場:意思決定フレームワーク ・廃水処理装置 …
  • 化学療法用注入ポンプの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、化学療法用注入ポンプの世界市場について調査・分析し、化学療法用注入ポンプの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別化学療法用注入ポンプシェア、市場規模推移、市場規模予測、化学療法用注入ポンプ種類別分析(LVP(大容量ポンプ)、シリンジポンプ、エラストマーポンプ)、化学療法用注入ポンプ用途別分析(病院・クリニック、在宅治療)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・化学療法用注入ポンプの市場概観 ・化学療法用注入ポンプのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・化学療法用注入ポンプのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・化学療法用注入ポンプの世界市場規模 ・化学療法用注入ポンプの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・化学療法用注入ポンプのアメリカ市場規模推移 ・化学療法用注入ポンプのカナダ市場規模推移 ・化学療法用注入ポンプのメキシコ市場規模推移 ・化学療法用注入ポンプのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・化学療法用注入ポンプのド …
  • 柔軟包装用ラミネート接着剤の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、柔軟包装用ラミネート接着剤の世界市場について調査・分析し、柔軟包装用ラミネート接着剤の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別柔軟包装用ラミネート接着剤シェア、市場規模推移、市場規模予測、柔軟包装用ラミネート接着剤種類別分析()、柔軟包装用ラミネート接着剤用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・柔軟包装用ラミネート接着剤の市場概観 ・柔軟包装用ラミネート接着剤のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・柔軟包装用ラミネート接着剤のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・柔軟包装用ラミネート接着剤の世界市場規模 ・柔軟包装用ラミネート接着剤の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・柔軟包装用ラミネート接着剤のアメリカ市場規模推移 ・柔軟包装用ラミネート接着剤のカナダ市場規模推移 ・柔軟包装用ラミネート接着剤のメキシコ市場規模推移 ・柔軟包装用ラミネート接着剤のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・柔軟包装用ラミネート接着 …
  • 自動車部品包装の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、自動車部品包装の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車部品包装市場規模、製品別(折り畳み式カートン、段ボール箱、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自動車部品包装の世界市場概要 ・自動車部品包装の世界市場環境 ・自動車部品包装の世界市場動向 ・自動車部品包装の世界市場規模 ・自動車部品包装の世界市場:業界構造分析 ・自動車部品包装の世界市場:製品別(折り畳み式カートン、段ボール箱、その他) ・自動車部品包装の世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動車部品包装の北米市場規模・予測 ・自動車部品包装のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・自動車部品包装のアジア太平洋市場規模・予測 ・自動車部品包装の主要国分析 ・自動車部品包装の世界市場:意思決定フレームワーク ・自動車部品包装の世界市場:成長要因、課題 ・自動車部品包装の世界市場:競争環境 ・自動車部品包装の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • アルミナジルコニア酸化物研磨材の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、アルミナジルコニア酸化物研磨材の世界市場について調査・分析し、アルミナジルコニア酸化物研磨材の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別アルミナジルコニア酸化物研磨材シェア、市場規模推移、市場規模予測、アルミナジルコニア酸化物研磨材種類別分析(< 20 グリット研磨剤、 20 – 60 グリット研磨剤、 > 60 グリット研磨剤)、アルミナジルコニア酸化物研磨材用途別分析(鋼、鋳鉄、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・アルミナジルコニア酸化物研磨材の市場概観 ・アルミナジルコニア酸化物研磨材のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・アルミナジルコニア酸化物研磨材のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・アルミナジルコニア酸化物研磨材の世界市場規模 ・アルミナジルコニア酸化物研磨材の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・アルミナジルコニア酸化物研磨材のアメリカ市場規模推移 ・アルミナジルコニア酸化物研磨材のカナダ市場規模推移 ・アルミナジルコニア酸化物研 …
  • 電子戦の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、電子戦の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、電子戦市場規模、用途別(防御、援護、攻撃)分析、プラットフォーム別(宇宙)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、BAE Systems, Cobham, Elbit Systems, Lockheed Martin, Northrop Grumman, Raytheonなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・電子戦の世界市場概要 ・電子戦の世界市場環境 ・電子戦の世界市場動向 ・電子戦の世界市場規模 ・電子戦の世界市場:業界構造分析 ・電子戦の世界市場:用途別(防御、援護、攻撃) ・電子戦の世界市場:プラットフォーム別(宇宙) ・電子戦の世界市場:地域別市場規模・分析 ・電子戦の北米市場規模・予測 ・電子戦のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・電子戦のアジア太平洋市場規模・予測 ・電子戦の主要国分析 ・電子戦の世界市場:意思決定フレームワーク ・電子戦の世界市場:成長要 …
  • 倉庫管理システム(WMS)の世界市場予測(~2023年)
    当調査レポートでは、倉庫管理システム(WMS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、構成要素別分析、導入形態別分析、種類別分析、産業別分析、倉庫管理システム(WMS)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • アフェレーシス装置の世界市場
    当調査レポートでは、アフェレーシス装置の世界市場について調査・分析し、アフェレーシス装置の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - アフェレーシス装置の世界市場:市場動向分析 - アフェレーシス装置の世界市場:競争要因分析 - アフェレーシス装置の世界市場:技術別 ・膜ろ過 ・遠心分離 ・連続フロー ・間欠流 - アフェレーシス装置の世界市場:手順別 赤血球アフェレーシス ・体外免疫吸着 ・白血球除去輸血 ・血漿交換 ・循環光療法 ・低比重リポ蛋白(LDL)アフェレーシス ・血小板フェレーシス ・細胞吸着除去療法設備 ・その他 - アフェレーシス装置の世界市場:用途別 ・血液学 ・神経障害 ・腎障害 ・代謝異常 ・自己免疫疾患 ・循環器疾患 ・その他 - アフェレーシス装置の世界市場:製品別 ・アフェレーシス用機器 ・使い捨てのアフェレーシス用キット - アフェレーシス装置の世界市場:主要地域別分析 - アフェレーシス装置の北米市場規模(アメリカ市場等) - アフェレーシス装置のヨーロッパ市場規模 - アフ …
  • サンドバッグスタンドの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、サンドバッグスタンドの世界市場について調査・分析し、サンドバッグスタンドの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別サンドバッグスタンドシェア、市場規模推移、市場規模予測、サンドバッグスタンド種類別分析(壁掛け型、スタンド型)、サンドバッグスタンド用途別分析(プロ向けトレーニング用、家庭用)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・サンドバッグスタンドの市場概観 ・サンドバッグスタンドのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・サンドバッグスタンドのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・サンドバッグスタンドの世界市場規模 ・サンドバッグスタンドの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・サンドバッグスタンドのアメリカ市場規模推移 ・サンドバッグスタンドのカナダ市場規模推移 ・サンドバッグスタンドのメキシコ市場規模推移 ・サンドバッグスタンドのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・サンドバッグスタンドのドイツ市場規模推移 ・サンドバッグス …
  • 計算流体力学(CFD)の世界市場2020-2024
    「計算流体力学(CFD)の世界市場2020-2024」は、計算流体力学(CFD)について市場概要、市場規模、エンドユーザー別(航空宇宙および防衛、自動車、電気および電子機器、その他)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・計算流体力学(CFD)の世界市場:エンドユーザー別(航空宇宙および防衛、自動車、電気および電子機器、その他) ・顧客状況 ・地域状況 ・決定フレームワーク ・市場の要因・課題 ・市場トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • メイク落としの世界市場:市場規模、成長、予測分析
  • ヘルペス後神経痛(Postherpetic Neuralgia):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、ヘルペス後神経痛(Postherpetic Neuralgia)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ヘルペス後神経痛(Postherpetic Neuralgia):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・ヘルペス後神経痛(Postherpetic Neuralgia)のフェーズ3治験薬の状況 ・ヘルペス後神経痛(Postherpetic Neuralgia)治療薬の市場規模(販売予測) ・ヘルペス後神経痛(Postherpetic Neuralgia)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・ヘルペス後神経痛(Postherpetic Neuralgia)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中のヘルペス後神経痛(Postherpetic Neuralgia)治療薬剤
  • シリアの発電市場2015:市場動向、規制、競争環境
    本レポートはシリアの発電市場について調査・分析し、シリアの発電市場構造、主要企業分析、M&A動向、電力の需要構造、電力消費量、関連制度・規制動向、シリア地域全体の発電能力、年間発電量、火力発電能力、水力発電能力、原子力発電能力、再生可能エネルギー発電能力、送電網、配電網、電力の貿易(輸出・輸入)動向、市場機会、課題などの情報をお届けいたします。
  • インドの使い捨て病院用品市場見通し(~2021)
  • シェールガスの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、シェールガスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、シェールガス市場規模、最終用途別(工業、建築、輸送)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・シェールガスの世界市場概要 ・シェールガスの世界市場環境 ・シェールガスの世界市場動向 ・シェールガスの世界市場規模 ・シェールガスの世界市場:業界構造分析 ・シェールガスの世界市場:最終用途別(工業、建築、輸送) ・シェールガスの世界市場:地域別市場規模・分析 ・シェールガスのアメリカ市場規模・予測 ・シェールガスのヨーロッパ市場規模・予測 ・シェールガスのアジア市場規模・予測 ・シェールガスの主要国分析 ・シェールガスの世界市場:意思決定フレームワーク ・シェールガスの世界市場:成長要因、課題 ・シェールガスの世界市場:競争環境 ・シェールガスの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • バルクコンテナ包装の世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、バルクコンテナ包装の世界市場について調査・分析し、バルクコンテナ包装の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - バルクコンテナ包装の世界市場:市場動向分析 - バルクコンテナ包装の世界市場:競争要因分析 - バルクコンテナ包装の世界市場:用途別 ・建築・建設 ・化学 ・農業・園芸用品 ・食品・飲料 ・石油・潤滑油 ・調剤 ・耐久消費財 ・その他 - バルクコンテナ包装の世界市場:製品別 ・バルクコンテナライナー ・フレキシタンク ・フレキシブル中容量コンテナ(FIBC) ・剛体中容量コンテナ(RIBC) ・運搬管理コンテナ ・バケツ ・ドラム缶 - バルクコンテナ包装の世界市場:材料別 ・プラスチック ・紙(繊維板) ・金属 ・木 - バルクコンテナ包装の世界市場:主要地域別分析 - バルクコンテナ包装の北米市場規模(アメリカ市場等) - バルクコンテナ包装のヨーロッパ市場規模 - バルクコンテナ包装のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・バルクコンテナ包装の世界市場:主 …
  • オートミールの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、オートミールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、オートミールの世界市場規模及び予測、種類別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 倉庫用はしごの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、倉庫用はしごの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、倉庫用はしごの世界市場規模及び予測、材料別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • アイトラッキング(視線計測)の世界市場予測(~2023年)
    当調査レポートでは、アイトラッキング(視線計測)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、種類別分析、用途別分析、産業別分析、地域別分析、アイトラッキング(視線計測)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 臨床化学および免疫診断の世界市場:主要企業および新規参入企業分析
  • 自動車用ジェスチャー認識システムの世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、自動車用ジェスチャー認識システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、構成品種類別分析、認証種類別分析、用途別分析、地域別分析、自動車用ジェスチャー認識システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 欧州主要国の手術室用装置市場見通し(~2021)
  • 末期腎不全(末期腎疾患):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、末期腎不全(末期腎疾患)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・末期腎不全(末期腎疾患):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・末期腎不全(末期腎疾患)のフェーズ3治験薬の状況 ・末期腎不全(末期腎疾患)治療薬の市場規模(販売予測) ・末期腎不全(末期腎疾患)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・末期腎不全(末期腎疾患)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の末期腎不全(末期腎疾患)治療薬剤
  • レンタカーの新興国市場2016-2020
    当調査レポートでは、レンタカーの新興国市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、レンタカーの新興国市場規模及び予測、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ポーランドの装具市場見通し
  • IL-6受容体拮抗薬のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるIL-6受容体拮抗薬のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・IL-6受容体拮抗薬の概要 ・IL-6受容体拮抗薬のパイプライン概要 ・企業別開発中のIL-6受容体拮抗薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・IL-6受容体拮抗薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・IL-6受容体拮抗薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 空港用ラインマーキング塗料の世界市場予測2019-2024
    「空港用ラインマーキング塗料の世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、熱可塑性、水性、溶剤ベース、2液型路面標識ペイントなど、用途別には、Civilian and Commercial Airport、Military Airportなどに区分してまとめた調査レポートです。空港用ラインマーキング塗料のグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・空港用ラインマーキング塗料の世界市場概要(サマリー) ・空港用ラインマーキング塗料の企業別販売量・売上 ・空港用ラインマーキング塗料の企業別市場シェア ・空港用ラインマーキング塗料の世界市場規模:種類別(熱可塑性、水性、溶剤ベース、2液型路面標識ペイント) ・空港用ラインマーキング塗料の世界市場規模:用途別(Civilian and Commercial Airport、Military Airport) ・空港用ラインマーキング塗料の米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・ …
  • ハイブリッドバルブの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、ハイブリッドバルブの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、材料別(スチール、タングステンカーバイド、合金、チタン、二相ニッケル)分析、バルブサイズ別分析、エンドユーズ産業別(石油及びガス、水及び廃水、エネルギー及び電力、化学薬品など)分析、ハイブリッドバルブの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、ハイブリッドバルブの世界市場規模が2019年10億ドルから2024年14億ドルまで年平均6.4%成長すると予測しています。
  • 運用分析の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、運用分析の世界市場について調べ、運用分析の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、運用分析の市場規模をセグメンテーション別(エンドユーザー別(製造業、テレコム及びIT、金融、交通手段、小売、その他のエンドユーザー)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社は運用分析の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均13%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・運用分析の市場状況 ・運用分析の市場規模 ・運用分析の市場予測 ・運用分析の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:エンドユーザー別(製造業、テレコム及びIT、金融、交通手段、小売、その他のエンドユーザー) ・運用分析の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米 ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 輸送用途向けコンプレッサーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、輸送用途向けコンプレッサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、輸送用途向けコンプレッサーの世界市場規模及び予測、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ハイブリッド電力システムの世界市場:太陽光・ディーゼル、風力・太陽光・ディーゼル、風力・ディーゼル
    当調査レポートでは、ハイブリッド電力システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ハイブリッド電力システムの世界市場規模及び予測、技術別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • キーレスエントリーシステムの世界市場
    当調査レポートでは、キーレスエントリーシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、キーレスエントリーシステムの世界市場規模及び予測、技術別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のエンドポイントセキュリティ市場:ソリューション別(エンドポイント保護プラットフォーム及びエンドポイント検出&応答)、サービス別、展開モード別、組織規模別、業種別(ヘルスケア、小売およびeコマース、政府)、地域別
    MarketsandMarkets社は、エンドポイントセキュリティの世界市場規模が2019年128億ドルから2024年184億ドルまで年平均7.6%成長すると予測しています。当資料では、世界のエンドポイントセキュリティ市場を統合的に調査・分析し、市場概要、実施ポイント別(ワークステーション、モバイルデバイス、サーバー、POS端末、その他)分析、ソリューション別(エンドポイント保護プラットフォーム、エンドポイント検出&応答)分析、サービス別(プロフェッショナルサービス、マネージドサービス)分析、展開モード別(クラウド、オンプレミス)分析、組織規模別(SME、大企業)分析、業種別(BFSI、通信&IT、政府&防衛、ヘルスケア&ライフサイエンス、製造、小売&eコマース、その他)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などで構成されております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要&業界トレンド ・世界のエンドポイントセキュリティ市場:実施ポイント別(ワークステーション、モバイルデバイス、サーバー、POS端末、その他) ・世界のエンドポイン …
  • モバイル端末用アクセサリーの世界市場:保護ケース、ヘッドセット、充電器、電池、メモリカード、パワーバンク、ポータブルスピーカー
    当調査レポートでは、モバイル端末用アクセサリーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、モバイル端末用アクセサリーの世界市場規模及び予測、種類別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 産業用ファブリックの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、産業用ファブリックの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、産業用ファブリック市場規模、販売チャネル別(オフライン、オンライン)分析、繊維別(コンポジット(ガラス繊維・炭素繊維)、ポリアミド、アラミド、ポリエステル、その他)分析、用途別(伝動ベルト、防護服、難燃性アパレル、コンベヤーベルト、自動車用カーペット、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 産業用ファブリックの世界市場:市場動向分析 ・ 産業用ファブリックの世界市場:競争要因分析 ・ 産業用ファブリックの世界市場:販売チャネル別(オフライン、オンライン) ・ 産業用ファブリックの世界市場:繊維別(コンポジット(ガラス繊維・炭素繊維)、ポリアミド、アラミド、ポリエステル、その他) ・ 産業用ファブリックの世界市場:用途別(伝動ベルト、防護服、難燃性アパレル、コンベヤーベルト、自動車用カーペット、その他) ・ 産業用ファブリックの世界市場:主要地域別分析 ・ …
  • セラミックスの世界市場分析:製品別(従来型、最新型)、用途別(衛生陶器、テーブル・オーナメントウェア、研磨材、技術陶磁器、レンガ、屋根用タイル・パイプ、耐火、タイル、装飾タイル、梱包、美術)、エンドユーザー別(住宅建設、工業、医療)、セグメント予測
    本調査レポートでは、セラミックスの世界市場について調査・分析し、セラミックスの世界市場動向、セラミックスの世界市場規模、市場予測、セグメント別セラミックス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 荷役装置の世界市場:用途別(航空、陸上、海洋)、装置別(コンベヤ、フォークリフト、空港用ドーリー、ハンドリフト、AGV、クレーン、RTG、ローダー、スタッカー、ストラドルキャリア、ターミナル用トラクタ)、推進別、地域別予測
    本資料は、荷役装置の世界市場について調べ、荷役装置の世界規模、市場動向、市場環境、用途別(航空、陸上、海洋)分析、装置別(コンベヤ、フォークリフト、空港用ドーリー、ハンドリフト、AGV、クレーン、RTG、ローダー、スタッカー、ストラドルキャリア、ターミナル用トラクタ)分析、推進別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・荷役装置の世界市場概要 ・荷役装置の世界市場環境 ・荷役装置の世界市場動向 ・荷役装置の世界市場規模 ・荷役装置の世界市場規模:用途別(航空、陸上、海洋) ・荷役装置の世界市場規模:装置別(コンベヤ、フォークリフト、空港用ドーリー、ハンドリフト、AGV、クレーン、RTG、ローダー、スタッカー、ストラドルキャリア、ターミナル用トラクタ) ・荷役装置の世界市場規模:推進別 ・荷役装置の世界市場:地域別市場規模・分析 ・荷役装置の北米市場規模・予測 ・荷役装置のアメリカ市場規模・予測 ・荷役装置のヨーロッパ市場規模・予測 ・荷役装置のア …
  • 商用冷却の世界市場2016-2020:商用ウォークインクーラー、商用冷蔵ショーケース、飲料用冷蔵庫、製氷機
    当調査レポートでは、商用冷却の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、商用冷却の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 埋込用樹脂の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、埋込用樹脂の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、埋込用樹脂市場規模、用途別(電子・電気)分析、製品別(エポキシ樹脂、シリコン樹脂、ポリウレタン樹脂、ポリエステル、ポリアミド)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・埋込用樹脂の世界市場概要 ・埋込用樹脂の世界市場環境 ・埋込用樹脂の世界市場動向 ・埋込用樹脂の世界市場規模 ・埋込用樹脂の世界市場:業界構造分析 ・埋込用樹脂の世界市場:用途別(電子・電気) ・埋込用樹脂の世界市場:製品別(エポキシ樹脂、シリコン樹脂、ポリウレタン樹脂、ポリエステル、ポリアミド) ・埋込用樹脂の世界市場:地域別市場規模・分析 ・埋込用樹脂のアメリカ市場規模・予測 ・埋込用樹脂のヨーロッパ市場規模・予測 ・埋込用樹脂のアジア市場規模・予測 ・埋込用樹脂の主要国分析 ・埋込用樹脂の世界市場:意思決定フレームワーク ・埋込用樹脂の世界市場:成長要因、課題 ・埋込用樹脂の世界市場:競争環境 …
  • ヘッドセットの世界市場分析:製品別(インイヤー、オーバーイヤー)、価格別(USD50未満、USD50~100、USD100以上)、技術別(ワイヤー式、ワイヤレス)、用途別(個人用、商業用)、セグメント予測
    本調査レポートでは、ヘッドセットの世界市場について調査・分析し、ヘッドセットの世界市場動向、ヘッドセットの世界市場規模、市場予測、セグメント別ヘッドセット市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"