"ゴムタイヤのパキスタン市場:空気圧ゴムタイヤ、リトレッドゴムタイヤ、クッション付きソリッドゴムタイヤ"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AMR9NV122)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"ゴムタイヤのパキスタン市場:空気圧ゴムタイヤ、リトレッドゴムタイヤ、クッション付きソリッドゴムタイヤ"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

A tyre is a component fitted around the rim of a wheel to transfer the load of a vehicle from the axle to the ground. Rubber tyre consists of tread, jointless cap piles, beads, and other materials, which include synthetic rubber, carbon black, and fabric. The major function of the tyre is to protect the wheel rim and offer tractive force between the road surface and the vehicle. Since, it is manufactured from rubber, it also provides a flexible cushion, thereby reducing the impact of the vibrations and absorbs the shock of the vehicle. There is an exponential increase in the demand for tyre due to the rise in vehicle production in Pakistan to cater the increase in requirement of vehicles across all segments. Thus, the tyre demand is ultimately governed by automobile production.
The seats used in most of the passenger and light commercial vehicles have main parts that includes tread, textile cord ply, liners, and beads. The combination of such components are responsible for ripping the road and providing directional stability and wear-and-tear resistance.
The Pakistan rubber tyre market is segmented based on tyre type, component, design, vehicle type, and region. Pneumatic rubber tyre, retreaded rubber tyre, rubber inner tubes, cushioned and solid rubber tyre, and others are studied under the tyre segment. Based on component type, the market is divided into tyre, tubes, and valves. Radial and bias types are categorized under design type. Whereas, passenger car, commercial vehicles, two wheeler, three wheeler, agriculture tractor, and OTR/TBR tyre are analyzed under the vehicle type segment. Based on region, the market is studied across Pakistan.

The key players analyzed in the automotive seat market include General Tyre and Rubber Co. Ltd., Servis Tyre, the Goodyear Tyre & Rubber Company, Bridgestone group, Pirelli Tyre S.p.A, Michelin, Ghauri Tyre & Tube Ltd., Continental Corporation, Sumitomo Rubber Industries Ltd., and Yokohama Rubber Co., Ltd.

KEY BENEFITS FOR STAKEHOLDERS
• This study presents the analytical depiction of Pakistan rubber tyre market along with the current trends and future estimations to depict the imminent investment pockets.
• The overall market potential is determined to understand the profitable trends to enable stakeholders gain a stronger foothold in the market.
• The report presents information related to key drivers, restraints, and opportunities with detailed impact analysis.
• The current market is quantitatively analyzed from 2018 to 2025 to highlight the financial competency of the market.
• Porter’s five forces analysis illustrates the potency of the buyers and suppliers.

KEY MARKET SEGMENTS
By Tyre
o Pneumatic Rubber Tyre
o Retreaded Rubber Tyre
o Cushioned and Solid Rubber Tyre
o Others

By Component
o Tyres
o Tubes
o Valves

By Vehicle Type
o Passenger Car
o Commercial Vehicles
o Two-wheeler
o Three-wheeler
o Agriculture Tractor
o OTR/TBR

By Design
o Radial Tyre
o Bias Tyre


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Allied Market Researchが"ゴムタイヤのパキスタン市場:空気圧ゴムタイヤ、リトレッドゴムタイヤ、クッション付きソリッドゴムタイヤ"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

CHAPTER 1: INTRODUCTION

1.1. Report descriptio
1.2. Key benefits for stakeholders
1.3. Key market segments
1.4. Key market segments
1.5. Research methodology

1.5.1. Primary research
1.5.2. Secondary research
1.5.3. Analyst tools and models

CHAPTER 2: EXECUTIVE SUMMARY

2.1. CXO perspective

CHAPTER 3: MARKET OVERVIEW

3.1. Market definition and scope
3.2. Key findings

3.2.1. Top impacting factors
3.2.2. Top investment pockets
3.2.3. Top winning strategies

3.3. Porter’s five forces analysis
3.4. Market share analysis (2017)
3.5. Market dynamics

3.5.1. Drivers

3.5.1.1. Rise in competition among tyre manufacturers
3.5.1.2. Increase in total vehicle production in Pakistan

3.5.2. Restraint

3.5.2.1. Growth in market of retreading tyres
3.5.2.2. Volatile prices of raw materials

3.5.3. Opportunities

3.5.3.1. Improving economy that results in favorable conditions for the manufacturing sector
3.5.3.2. Anticipated rise in the automobile sector

3.6. Consumption of rubber/ Butyl
3.7. Local VS Import/Export (Units).

3.7.1. Local production (2017-2025)
3.7.2. Trade balance

3.7.2.1. Import

3.7.2.1.1. Import (2014-2018)

3.7.2.2. Export

3.7.2.2.1. Export (2014-2018)
3.7.2.2.2. Export Prices

CHAPTER 4: PAKISTAN RUBBER TYRE MARKET, BY TYRE

4.1. Overview
4.2. Pneumatic rubber tyre

4.2.1. Key market trends, growth factors and opportunities
4.2.2. Market Size and Forecast

4.3. Retreaded rubber tyre

4.3.1. Key market trends, growth factors, and opportunities
4.3.2. Market Size and Forecast

4.4. Cushioned and solid rubber tyre

4.4.1. Key market trends, growth factors, and opportunities
4.4.2. Market Size and Forecast

4.5. Others

4.5.1. Key market trends, growth factors, and opportunities
4.5.2. Market Size and Forecast

CHAPTER 5: PAKISTAN RUBBER TYRE MARKET, BY COMPONENT

5.1. Overview
5.2. Tyre

5.2.1. Key market trends, growth factors and opportunities
5.2.2. Market Size and Forecast

5.3. Tubes

5.3.1. Key market trends, growth factors, and opportunities
5.3.2. Market Size and Forecast

5.4. Valves

5.4.1. Key market trends, growth factors, and opportunities
5.4.2. Market Size and Forecast

CHAPTER 6: PAKISTAN RUBBER TYRE MARKET, BY DESIGN

6.1. Overview
6.2. Radial tyre

6.2.1. Key market trends, growth factors and opportunities
6.2.2. Market Size and Forecast

6.3. Bias tyre

6.3.1. Key market trends, growth factors, and opportunities
6.3.2. Market Size and Forecast

CHAPTER 7: PAKISTAN RUBBER TYRE MARKET, BY VEHICLE TYPE

7.1. Overview
7.2. Passenger car

7.2.1. Key market trends, growth factors and opportunities
7.2.2. Market Size and Forecast

7.3. Commercial vehicles

7.3.1. Key market trends, growth factors and opportunities
7.3.2. Market Size and Forecast

7.4. Two wheeler

7.4.1. Key market trends, growth factors and opportunities
7.4.2. Market Size and Forecast

7.5. Three wheeler

7.5.1. Key market trends, growth factors and opportunities
7.5.2. Market Sizer and Forecast

7.6. Agriculture tractor

7.6.1. Key market trends, growth factors and opportunities
7.6.2. Market Size and Forecast

7.7. OTR/TBR

7.7.1. Key market trends, growth factors and opportunities
7.7.2. Market Size and Forecast

CHAPTER 8: COMPANY PROFILES

8.1. BRIDGESTONE GROUP

8.1.1. Company overview
8.1.2. Company snapshot
8.1.3. Operating business segments
8.1.4. Product portfolio
8.1.5. Business performance
8.1.6. Key strategic moves and developments

8.2. GENERAL TYRE AND RUBBER CO. LTD

8.2.1. Company overview
8.2.2. Company snapshot
8.2.3. Product portfolio
8.2.4. Business performance
8.2.5. Key strategic moves and developments

8.3. MICHELIN

8.3.1. Company overview
8.3.2. Company snapshot
8.3.3. Operating business segments
8.3.4. Product portfolio
8.3.5. Business performance
8.3.6. Key strategic moves and developments

8.4. PIRELLI TYRE S.P.A.

8.4.1. Company overview
8.4.2. Company snapshot
8.4.3. Product portfolio
8.4.4. Business performance
8.4.5. Key strategic moves and developments

8.5. THE GOODYEAR TYRE & RUBBER COMPANY

8.5.1. Company overview
8.5.2. Company snapshot
8.5.3. Operating business segments
8.5.4. Product portfolio
8.5.5. Business performance
8.5.6. Key strategic moves and developments

8.6. SUMITOMO RUBBER INDUSTRIES LTD.

8.6.1. Company overview
8.6.2. Company snapshot
8.6.3. Operating business segments
8.6.4. Product portfolio
8.6.5. Business performance
8.6.6. Key strategic moves and developments

8.7. THE YOKOHAMA RUBBER CO., LTD.

8.7.1. Company overview
8.7.2. Company snapshot
8.7.3. Operating business segments
8.7.4. Product portfolio
8.7.5. Business performance
8.7.6. Key strategic moves and developments

8.8. CONTINENTAL CORPORATION

8.8.1. Company overview
8.8.2. Company snapshot
8.8.3. Operating business segments
8.8.4. Product portfolio
8.8.5. Business performance

8.9. GHAURI TYRE & TUBE (PVT) LTD.

8.9.1. Company overview
8.9.2. Company snapshot
8.9.3. Product portfolio

8.10. SERVIS TYRES

8.10.1. Company overview
8.10.2. Company snapshot
8.10.3. Operating business segments
8.10.4. Product portfolio
8.10.5. Business performance

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】ゴムタイヤのパキスタン市場:空気圧ゴムタイヤ、リトレッドゴムタイヤ、クッション付きソリッドゴムタイヤ
【発行日】2019年7月
【調査会社】Allied Market Research
【コード】AMR9NV122
【対象地域】パキスタン
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】自動車及び輸送
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
ゴムタイヤのパキスタン市場:空気圧ゴムタイヤ、リトレッドゴムタイヤ、クッション付きソリッドゴムタイヤについてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • デジタル出版の世界市場2020-2024:種類別、地域別
    「デジタル出版の世界市場2020-2024」は、デジタル出版について市場概要、市場規模、種類別(テキストコンテンツ、ビデオコンテンツ、オーディオコンテンツ)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題・トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・デジタル出版の世界市場:種類別(テキストコンテンツ、ビデオコンテンツ、オーディオコンテンツ) ・顧客状況 ・地域状況 ・市場の要因・課題・トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • ドックおよびヤード管理システムの世界市場:種類別(輸送管理システム、倉庫管理システム)、用途別(運輸・物流、食料品、小包郵便、小売、製造、その他)、地域別予測
    本資料は、ドックおよびヤード管理システムの世界市場について調べ、ドックおよびヤード管理システムの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(輸送管理システム、倉庫管理システム)分析、用途別(運輸・物流、食料品、小包郵便、小売、製造、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはManhattan Associates、Kelley Entrematic、Epicor Software Group、Royal4Systems、Oracle Corporation、Zebra、Softeon 、Sight Solution、Quark Software Inc、C3 Solutionsなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ドックおよびヤード管理システムの世界市場概要 ・ドックおよびヤード管理システムの世界市場環境 ・ドックおよびヤード管理システムの世界市場動向 ・ドックおよびヤード管理システムの世界市場規模 ・ドックおよびヤード管理システムの世界市場規模: …
  • 外傷治療用製品の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、外傷治療用製品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、需要先別分析、地域別分析、外傷治療用製品の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ソース・ドレッシング・調味料のアジア太平洋市場
  • 海水淡水化の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、海水淡水化の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、海水淡水化市場規模、技術別(膜、熱)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・海水淡水化の世界市場概要 ・海水淡水化の世界市場環境 ・海水淡水化の世界市場動向 ・海水淡水化の世界市場規模 ・海水淡水化の世界市場:業界構造分析 ・海水淡水化の世界市場:技術別(膜、熱) ・海水淡水化の世界市場:地域別市場規模・分析 ・海水淡水化のアメリカ市場規模・予測 ・海水淡水化のヨーロッパ市場規模・予測 ・海水淡水化のアジア市場規模・予測 ・海水淡水化の主要国分析 ・海水淡水化の世界市場:意思決定フレームワーク ・海水淡水化の世界市場:成長要因、課題 ・海水淡水化の世界市場:競争環境 ・海水淡水化の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • GNSSチップの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、GNSSチップの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、デバイス別分析、用途別分析、産業別分析、地域別分析、GNSSチップの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 画像認識の世界市場予測(~2021年):装置、ソフトウェア、サービス
    当調査レポートでは、画像認識の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、技術別分析、構成要素別分析、用途別分析、産業別分析、画像認識の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • スマートフリート管理の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、スマートフリート管理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、輸送方式別分析、装置別分析、ネットワーク別分析、地域別分析、スマートフリート管理の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ヘルスケア用チャットボットの世界市場:コンポーネント別(ソフトウェア、サービス)、導入モデル別(クラウド、オンプレミス)、用途別(症状チェック、医療支援、アポイントメント予約、医療指導)、最終用途別(患者、医療機関、保険会社)、地域別予測
    本資料は、ヘルスケア用チャットボットの世界市場について調べ、ヘルスケア用チャットボットの世界規模、市場動向、市場環境、コンポーネント別(ソフトウェア、サービス)分析、導入モデル別(クラウド、オンプレミス)分析、用途別(症状チェック、医療支援、アポイントメント予約、医療指導)分析、最終用途別(患者、医療機関、保険会社)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ヘルスケア用チャットボットの世界市場概要 ・ヘルスケア用チャットボットの世界市場環境 ・ヘルスケア用チャットボットの世界市場動向 ・ヘルスケア用チャットボットの世界市場規模 ・ヘルスケア用チャットボットの世界市場規模:コンポーネント別(ソフトウェア、サービス) ・ヘルスケア用チャットボットの世界市場規模:導入モデル別(クラウド、オンプレミス) ・ヘルスケア用チャットボットの世界市場規模:用途別(症状チェック、医療支援、アポイントメント予約、医療指導) ・ヘルスケア用チャットボットの世界市場規模 …
  • 酢酸エチルの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、酢酸エチルの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、酢酸エチル市場規模、用途別(コーティング、飲料、パーソナルケア、医薬品、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Celanese Corporation, Eastman Chemical Company, INEOS, Jubilant Life Sciences, Lonza, SEKABなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・酢酸エチルの世界市場概要 ・酢酸エチルの世界市場環境 ・酢酸エチルの世界市場動向 ・酢酸エチルの世界市場規模 ・酢酸エチルの世界市場:業界構造分析 ・酢酸エチルの世界市場:用途別(コーティング、飲料、パーソナルケア、医薬品、その他) ・酢酸エチルの世界市場:地域別市場規模・分析 ・酢酸エチルの北米市場規模・予測 ・酢酸エチルのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・酢酸エチルのアジア太平洋市場規模・予測 ・酢酸エチルの主要国分析 ・酢酸 …
  • グリコール酸の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、グリコール酸の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、グレード別(化粧品、技術)分析、用途別(パーソナルケア&皮膚科、産業、家庭)分析、グリコール酸の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、グリコール酸の世界市場規模が2019年280百万ドルから2024年395百万ドルまで年平均7.2%成長すると予測しています。
  • サウジアラビアの整形外科手術用動力機器市場見通し
  • ドイツの末梢血管処置用機器市場見通し(~2021)
  • ショットブラストマシーンの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ショットブラストマシーンの世界市場について調査・分析し、ショットブラストマシーンの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ショットブラストマシーンシェア、市場規模推移、市場規模予測、ショットブラストマシーン種類別分析()、ショットブラストマシーン用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ショットブラストマシーンの市場概観 ・ショットブラストマシーンのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ショットブラストマシーンのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ショットブラストマシーンの世界市場規模 ・ショットブラストマシーンの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ショットブラストマシーンのアメリカ市場規模推移 ・ショットブラストマシーンのカナダ市場規模推移 ・ショットブラストマシーンのメキシコ市場規模推移 ・ショットブラストマシーンのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ショットブラストマシーンのドイツ市場規模推移 ・ショ …
  • 自動車サラウンドビューシステムの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、自動車サラウンドビューシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車サラウンドビューシステムの世界市場規模及び予測、車両種類別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は自動車サラウンドビューシステムの世界市場が2017-2021年期間中に年平均12.60%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Valeo、Continental、Fujitsu、Ambarella、Clarion、Delphi Automotive等です。
  • 工業用ワックスの世界市場予測:化石ベース、合成ベース、バイオベース
    当調査レポートでは、工業用ワックスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、工業用ワックスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 軍人用システムの世界市場予測:ヘルメット、ベスト、機器、外骨格、衣類
    当調査レポートでは、軍人用システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、システム別分析、用途別分析、材料別分析、地域別分析、軍人用システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ポルトガルの整形外科装置市場見通し
  • 二次電池リサイクルの世界市場2019-2023
    電池のリサイクルによって、都市廃棄物として処分される電池の数を減らすことができます。二次電池は、数種類の重金属と有害化学物質を含んでいるため、適切に処分する必要があります。 Technavioのアナリストは、2019年から2023年の間に、世界の二次電池リサイクル市場が7.65%のCAGRで成長すると予測しています。 主な分析対象企業は、Battery Solutions、Call2Recycle、Exide Technologies、Gravita India、Johnson Controlsなどです。 当調査レポートでは、二次電池リサイクルの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、二次電池リサイクル市場規模、電池の種類別(鉛蓄電池、リチウムイオン、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・二次電池リサイクルの世界市場概要 ・二次電池リサイクルの世界市場環境 ・二次電池リサイクルの世界市場動向 ・二次電池リサイクルの世界市場規模 …
  • RFID血液モニタリング装置の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、RFID血液モニタリング装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、RFID血液モニタリング装置の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 家庭用浄水器フィルターの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、家庭用浄水器フィルターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、家庭用浄水器フィルターの世界市場規模及び予測、技術別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は家庭用浄水器フィルターの世界市場が2017-2021年期間中に年平均24.42%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• 3M• Haier• Honeywell International• Pentair• Whirlpool等です。
  • 日本のIVD(体外診断用医療機器)市場(~2021)
  • HER2(ヒト上皮成長因子受容体2)阻害剤の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、HER2(ヒト上皮成長因子受容体2)阻害剤の世界市場について調べ、HER2(ヒト上皮成長因子受容体2)阻害剤の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、HER2(ヒト上皮成長因子受容体2)阻害剤の市場規模をセグメンテーション別(製品別(単独療法、併用療法)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他)に分けて算出しました。Technavio社はHER2(ヒト上皮成長因子受容体2)阻害剤の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均9%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・HER2(ヒト上皮成長因子受容体2)阻害剤の市場状況 ・HER2(ヒト上皮成長因子受容体2)阻害剤の市場規模 ・HER2(ヒト上皮成長因子受容体2)阻害剤の市場予測 ・HER2(ヒト上皮成長因子受容体2)阻害剤の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(単独療法、併用療法) ・HER2(ヒト上皮成長因子受容体2)阻害剤の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グロ …
  • マイクロバイオーム・シーケンシング・サービスの世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、マイクロバイオーム・シーケンシング・サービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、技術別分析、用途別分析、種類別分析、需要先別分析、マイクロバイオーム・シーケンシング・サービスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ベビーカーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ベビーカーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ベビーカーの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 動脈瘤性くも膜下出血(SAH):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における動脈瘤性くも膜下出血(SAH)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、動脈瘤性くも膜下出血(SAH)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・動脈瘤性くも膜下出血(SAH)の概要 ・動脈瘤性くも膜下出血(SAH)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の動脈瘤性くも膜下出血(SAH)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・動脈瘤性くも膜下出血(SAH)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・動脈瘤性くも膜下出血(SA …
  • ラボ&携帯型ラマン装置の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ラボ&携帯型ラマン装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ラボ&携帯型ラマン装置の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の組織拡張器市場2016
    本調査レポートでは、世界の組織拡張器市場2016について調査・分析し、組織拡張器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車遠隔診断の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、自動車遠隔診断の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車遠隔診断の世界市場規模及び予測、種類別分析、車両種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国のポータブル発電機市場2015
    本調査レポートでは、中国のポータブル発電機市場2015について調査・分析し、ポータブル発電機の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • IoTデバイス管理の世界市場の見通し2017-2023
    当調査レポートでは、IoTデバイス管理の世界市場について調査・分析し、IoTデバイス管理の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - IoTデバイス管理の世界市場:市場動向分析 - IoTデバイス管理の世界市場:競争要因分析 - IoTデバイス管理の世界市場:用途別 ・コネクテッドヘルス ・コネクテッドロジスティクス ・スマートホーム ・スマート製造 ・スマート小売 ・スマート輸送 ・スマートユーティリティ ・その他 - IoTデバイス管理の世界市場:サービス別 ・プロフェッショナルサービス ・マネージドサービス - IoTデバイス管理の世界市場:導入形態別 ・ハイブリッドクラウド ・プライベートクラウド ・パブリッククラウド - IoTデバイス管理の世界市場:ソリューション別 ・データ管理 ・ネットワーク帯域管理 ・リアルタイムストリーミング分析 ・遠隔モニタリング ・セキュリティソリューション - IoTデバイス管理の世界市場:組織規模別 ・中小企業 ・大企業 - IoTデバイス管理の世界市場:主要地域別 …
  • PV(太陽光発電)の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、PV(太陽光発電 )の世界市場について調査・分析し、PV(太陽光発電 )の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別PV(太陽光発電 )シェア、市場規模推移、市場規模予測、PV(太陽光発電 )種類別分析()、PV(太陽光発電 )用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・PV(太陽光発電 )の市場概観 ・PV(太陽光発電 )のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・PV(太陽光発電 )のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・PV(太陽光発電 )の世界市場規模 ・PV(太陽光発電 )の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・PV(太陽光発電 )のアメリカ市場規模推移 ・PV(太陽光発電 )のカナダ市場規模推移 ・PV(太陽光発電 )のメキシコ市場規模推移 ・PV(太陽光発電 )のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・PV(太陽光発電 )のドイツ市場規模推移 ・PV(太陽光発電 )のイギリス市場規模推移 ・PV(太陽光発電 …
  • 弾薬取扱装置の世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、弾薬取扱装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、用途別分析、武器種類別分析、仕組み別分析、地域別分析、弾薬取扱装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ARMマイクロコントローラーの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ARMマイクロコントローラーの世界市場について調査・分析し、ARMマイクロコントローラーの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ARMマイクロコントローラーシェア、市場規模推移、市場規模予測、ARMマイクロコントローラー種類別分析(80ピン未満、80-120ピン、121ピン以上)、ARMマイクロコントローラー用途別分析(工業、自動車、通信、医療、消費財、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ARMマイクロコントローラーの市場概観 ・ARMマイクロコントローラーのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ARMマイクロコントローラーのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ARMマイクロコントローラーの世界市場規模 ・ARMマイクロコントローラーの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ARMマイクロコントローラーのアメリカ市場規模推移 ・ARMマイクロコントローラーのカナダ市場規模推移 ・ARMマイクロコントローラーのメキシコ市場規模推移 ・ARMマイク …
  • 世界の紫外線(UV)硬化樹脂市場規模・予測2017-2025:構成要素別(モノマー、オリゴマー、光重合開始剤)、用途別(グラフィックアート、産業用、自動車、木材塗料)、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の紫外線(UV)硬化樹脂市場について調査・分析し、世界の紫外線(UV)硬化樹脂市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の紫外線(UV)硬化樹脂関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 磁気軸受の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、磁気軸受の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、磁気軸受の世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • IoT (モノのインターネット) セキュリティの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、IoT (モノのインターネット) セキュリティの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、IoT (モノのインターネット) セキュリティ市場規模、セキュリティコンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)分析、エンドユーザー別(産業用、商業用、消費者用)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Cisco Systems, IBM, Infineon Technologies, Intel, Symantecなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・IoT (モノのインターネット) セキュリティの世界市場概要 ・IoT (モノのインターネット) セキュリティの世界市場環境 ・IoT (モノのインターネット) セキュリティの世界市場動向 ・IoT (モノのインターネット) セキュリティの世界市場規模 ・IoT (モノのインターネット) セキュリティの世界市場:業界構造分析 ・IoT (モノのインターネット) セキュリティの世 …
  • 電気自動車(EV)用バッテリーの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、電気自動車(EV)用バッテリーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、電気自動車(EV)用バッテリー市場規模、種類別(リチウムイオンバッテリー、鉛酸電池、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・電気自動車(EV)用バッテリーの世界市場概要 ・電気自動車(EV)用バッテリーの世界市場環境 ・電気自動車(EV)用バッテリーの世界市場動向 ・電気自動車(EV)用バッテリーの世界市場規模 ・電気自動車(EV)用バッテリーの世界市場:業界構造分析 ・電気自動車(EV)用バッテリーの世界市場:種類別(リチウムイオンバッテリー、鉛酸電池、その他) ・電気自動車(EV)用バッテリーの世界市場:地域別市場規模・分析 ・電気自動車(EV)用バッテリーの北米市場規模・予測 ・電気自動車(EV)用バッテリーのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・電気自動車(EV)用バッテリーのアジア太平洋市場規模・予測 ・電気自動車(EV) …
  • スマートカードICの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、スマートカードICの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマートカードICの世界市場規模及び予測、用途別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • チリの関節鏡検査装置市場見通し
  • 業務用フライ・ダンプ・ステーションの世界市場
    当調査レポートでは、業務用フライ・ダンプ・ステーションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、業務用フライ・ダンプ・ステーションの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • スマートシェード機器の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、スマートシェード機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマートシェード機器の世界市場規模及び予測、技術別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 嫌気性接着剤の世界市場予測2019-2024
    「嫌気性接着剤の世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、低強度、中強度、高強度、高温など、用途別には、Threadlockers、Thread Sealants、Retaining Materials、Flange Sealantsなどに区分してまとめた調査レポートです。嫌気性接着剤のグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・嫌気性接着剤の世界市場概要(サマリー) ・嫌気性接着剤の企業別販売量・売上 ・嫌気性接着剤の企業別市場シェア ・嫌気性接着剤の世界市場規模:種類別(低強度、中強度、高強度、高温) ・嫌気性接着剤の世界市場規模:用途別(Threadlockers、Thread Sealants、Retaining Materials、Flange Sealants) ・嫌気性接着剤の米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・嫌気性接着剤のアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・嫌気性接着剤 …
  • 尋常性天疱瘡(Pemphigus Vulgaris):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における尋常性天疱瘡(Pemphigus Vulgaris)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、尋常性天疱瘡(Pemphigus Vulgaris)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・尋常性天疱瘡(Pemphigus Vulgaris)の概要 ・尋常性天疱瘡(Pemphigus Vulgaris)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の尋常性天疱瘡(Pemphigus Vulgaris)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・尋常性天疱瘡(Pemphigus Vulgaris)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価 …
  • 人工心臓(VAD)の世界市場予測
    当調査レポートでは、人工心臓(VAD)の世界市場について調査・分析し、人工心臓(VAD)の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・人工心臓(VAD)の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・人工心臓(VAD)の世界市場:セグメント別市場分析 ・人工心臓(VAD)の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • ロボット掘削の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ロボット掘削の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、用途別分析、設置別分析、構成要素別分析、地域別分析、ロボット掘削の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • カナダの病院用品市場(~2021)
  • ナノクレイの世界市場
    当調査レポートでは、ナノクレイの世界市場について調査・分析し、ナノクレイの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • フレキシブルパイプの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、フレキシブルパイプの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、フレキシブルパイプ市場規模、製品別(ジャンパーパイプ、ライザーパイプ、流体移送ライン、フローライン)分析、種類別(シリコーンパイプ、断熱パイプ、メトリックパイプ、その他)分析、材質別(ポリアミド(PA)、ポリフッ化ビニリデン(PVDF)、高密度ポリエチレン(HDPE)、ステンレス鋼、ゴム、その他)分析、用途別(オンショア、オフショア)分析、エンドユーザー別(製造業、水処理、石油・ガス、採鉱、化学・石油製品)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ フレキシブルパイプの世界市場:市場動向分析 ・ フレキシブルパイプの世界市場:競争要因分析 ・ フレキシブルパイプの世界市場:製品別(ジャンパーパイプ、ライザーパイプ、流体移送ライン、フローライン) ・ フレキシブルパイプの世界市場:種類別(シリコーンパイプ、断熱パイプ、メトリックパイプ、その他) ・ フレキシブルパイプ …
  • 変圧器鉄心の世界市場2017-2027
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、変圧器鉄心の世界市場について調査・分析し、変圧器鉄心の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・変圧器鉄心の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・変圧器鉄心の世界市場:セグメント別市場分析 ・変圧器鉄心の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"