"ファストフードの南アフリカ市場:加工チキン、ハンバーガー、加工魚、ピザ、サンドイッチ"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AMR9NV099)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"ファストフードの南アフリカ市場:加工チキン、ハンバーガー、加工魚、ピザ、サンドイッチ"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The global South Africa Fast Food market was valued at $2.7 billion in 2018 and is projected to reach $4.9 billion by 2026, growing at a CAGR of 7.9% from 2019 to 2026. Rise in rate of urbanization coupled with surge in demand for various types of convenience food products has been driving the value sales growth for the South Africa fast food market.
South African consumers have been increasingly living a busy lifestyle. This has created a huge demand for food products such as take-away food items and readily available fast food products. Furthermore, surge in demand for convenience food products has eventually resulted in increase in number of quick-service and fast food restaurant establishments across the country. Over the past decade, number of foodservice outlets skyrocketed in South Africa. From roughly 76,000 outlets in 2006, the number of outlets increased to 123,000 by 2016. A significant number of these outlets (70%) are in the informal sector (mainly street vendors), with the remaining 30% split equally between cafes/bars, full-service restaurants, and fast food outlets. Hence, surge in demand for convenience food products is a major factor driving the South Africa fast food market in terms of value sales.

Fast food products are usually known for their taste, unique product offerings, and easy availability, which attract the target customers. However, regular consumption of these products has negative effects on the health of the consumers. For instance, most fast food items, including drinks and sides, are rich in carbohydrates with very less fiber content. Therefore, consumption of high amount of carbs can result in rise in blood sugar level. Thus, increasing the risk for insulin resistance, type 2 diabetes as well as weight gain. These factors are expected to restrain the growth of the South Africa market.

According to Statistic South Africa, millennials account for nearly 52% of the total South African population. Rise in per capita income provides high purchasing power. They have been influential in evolving various industries in terms of product offerings and services. When it comes to the global fast food industry, millennials have been their prime customers. The fast food operators have been continuously strategizing on evolving their product offerings that cater to varying perception and preference of the millennial segment. Thus, rise in number of millennial population in the country is anticipated to provide lucrative opportunity for the growth of the South Africa fast food market.
Some of the key companies profiled in the report include Yum Brands Inc., Famous Brands Inc., McDonald’s Corporation, Nando’s Group Holding Ltd., Taste Holding Ltd., Traditional Brands, King Pie Holdings, Burger King, Hungry Lion, Spur Steak Ranches, and others.

KEY BENEFITS FOR STAKEHOLDERS
• The report provides an extensive analysis of the current and emerging market trends and opportunities in the global South Africa Fast Food market.
• The report provides detailed qualitative and quantitative analysis of current trends and future estimations that help evaluate the prevailing market opportunities.
• A comprehensive analysis of the factors that drive and restrict the growth of the market is provided.
• An extensive analysis of the market is conducted by following key product positioning and monitoring the top competitors within the market framework.
• The report provides extensive qualitative insights on the potential segments or regions exhibiting favorable growth.

KEY MARKET SEGMENTS
By Product Type
• Processed Chicken
• Burgers
• Processed Fish
• Pizza
• Sandwich
• Others

By Age Group
• Below 18 years old
• 20 – 35 years old
• Above 25 years old

By Distribution Channel
• On-Trade
• Online Channel


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Allied Market Researchが"ファストフードの南アフリカ市場:加工チキン、ハンバーガー、加工魚、ピザ、サンドイッチ"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

Chapter 1: Introduction

1.1. Report Description
1.2. Key Benefits For Stakeholders
1.3. Key Market Segments
1.4. Research Methodology

1.4.1. Primary Research
1.4.2. Secondary Research
1.4.3. Analyst Tools And Models

Chapter 2: Executive Summary

2.1. Key Findings

2.1.1. Top Impacting Factors
2.1.2. Top Investment Pockets

2.2. Cxo Perspective

Chapter 3: Market Overview

3.1. Market Definition And Scope
3.2. Key Trends Enduring In South African Foodservice Industry

3.2.1. Price Affordability:
3.2.2. Increase In Eating-Out Trends:
3.2.3. Smaller Format Outlets:
3.2.4. Re-Focusing On Traditional Food Products:

3.3. Porter’S Five Forces Shaping South Africa Fast Food Market
3.4. Value Chain Analysis
3.5. Case Study

3.5.1. Case Study On Plant Cbd

3.6. Market Dynamics

3.6.1. Drivers

3.6.1.1. Increase In Demand For Convenience Food
3.6.1.2. Fast Food Operator’S Lucrative offerings
3.6.1.3. Implementation of Effective Pricing Strategy

3.6.2. Restraints

3.6.2.1. Increase In Health Issues Due To Consumption of Fast Food
3.6.2.2. Highly Competitive For New Entrants

3.6.3. Opportunities

3.6.3.1. Rise In Number of Millennial Populations
3.6.3.2. Rise of Social Media Marketing

Chapter 4: Fast Food Market, By Product Type

4.1. Overview
4.2. Processed Chicken

4.2.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities

4.3. Burgers

4.3.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities

4.4. Processed Fish

4.4.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities

4.5. Pizza

4.5.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities

4.6. Sandwich

4.6.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities

4.7. Others

4.7.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities

Chapter 5: Fast Food Market, By Age Group

5.1. Overview
5.2. Below 18 Years Old

5.2.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities

5.3. 20–35 Years Old

5.3.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities

5.4. Above 35 Years Old

5.4.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities

Chapter 6: Fast Food Market, By Distribution Channel

6.1. Overview
6.2. On-Trade Stores

6.2.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities

6.3. Online Channel

6.3.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities

Chapter 7: Market Structure

7.1. Market Share Analysis (2018)
7.2. Number of Outlets of Each Brands (2016)

Chapter 8: Competitive Landscape

8.1. Top Winning Strategies
8.2. Product Mapping
8.3. Competitive Dashboard
8.4. Competitive Heatmap
8.5. Key Developments

8.5.1. Acquisition
8.5.2. Business Expansion
8.5.3. Product Launch

Chapter 9: Company Profiles

9.1. Famous Brands Inc.

9.1.1. Company Overview
9.1.2. Key Executive
9.1.3. Company Snapshot
9.1.4. Operating Business Segments
9.1.5. Product Portfolio
9.1.6. Business Performance

9.2. King Pie

9.2.1. Company Overview
9.2.2. Company Snapshot
9.2.3. Product Portfolio

9.3. Mcdonald’S Corporation

9.3.1. Company Overview
9.3.2. Key Executive
9.3.3. Company Snapshot
9.3.4. Operating Business Segments
9.3.5. Product Portfolio
9.3.6. Business Performance
9.3.7. Key Strategic Moves And Developments

9.4. Nando’S Group Holdings Ltd.

9.4.1. Company Overview
9.4.2. Key Executive
9.4.3. Company Snapshot
9.4.4. Product Portfolio

9.5. Pizza Perfect

9.5.1. Company Overview
9.5.2. Key Executive
9.5.3. Company Snapshot
9.5.4. Product Portfolio

9.6. Restaurant Brands International Inc. (Rbi)

9.6.1. Company Overview
9.6.2. Key Executive
9.6.3. Company Snapshot
9.6.4. Operating Business Segments
9.6.5. Product Portfolio
9.6.6. Business Performance
9.6.7. Key Strategic Moves And Developments

9.7. Spur Corporation Ltd.

9.7.1. Company Overview
9.7.2. Key Executive
9.7.3. Company Snapshot
9.7.4. Product Portfolio
9.7.5. Business Performance
9.7.6. Key Strategic Moves And Developments

9.8. Subway Ip Llc.

9.8.1. Company Overview
9.8.2. Key Executive
9.8.3. Company Snapshot
9.8.4. Product Portfolio

9.9. Taste Holding Ltd

9.9.1. Company Overview
9.9.2. Key Executive
9.9.3. Company Snapshot
9.9.4. Operating Business Segments
9.9.5. Product Portfolio
9.9.6. Business Performance
9.9.7. Key Strategic Moves And Developments

9.10. Yum! Brands

9.10.1. Company Overview
9.10.2. Key Executive
9.10.3. Company Snapshot
9.10.4. Operating Business Segments
9.10.5. Product Portfolio
9.10.6. Business Performance
9.10.7. Key Strategic Moves And Developments

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】ファストフードの南アフリカ市場:加工チキン、ハンバーガー、加工魚、ピザ、サンドイッチ
【発行日】2019年9月
【調査会社】Allied Market Research
【コード】AMR9NV099
【対象地域】南アフリカ
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】食品及び飲料
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
ファストフードの南アフリカ市場:加工チキン、ハンバーガー、加工魚、ピザ、サンドイッチについてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 世界のスマート照明市場規模・予測2017-2025:コミュニケーション方法別(無線・有線)、提供物別(ソフトウェア、ハードウェア、サービス)、設置タイプ別(レトロフィット・新規)、用途の種類別(アウトドア、インドア)、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のスマート照明市場について調査・分析し、世界のスマート照明市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のスマート照明関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • ベーカリー&シリアルのフィンランド市場
  • 口内炎治療の世界市場:薬剤クラス別(抗菌剤、抗ヒスタミン剤、鎮痛薬、コルチコステロイド)、製剤別(ゲル、トローチ)、セグメント予測
    口内炎治療の世界市場は2026年には13億2,000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率3.8%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、高齢者人口の増加と口腔衛生に対する意識の高まりが考えられます。本調査レポートでは、口内炎治療の世界市場について調査・分析し、口内炎治療の世界市場動向、口内炎治療の世界市場規模、市場予測、セグメント別口内炎治療市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 防汚コーティングの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、防汚コーティングの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、防汚コーティング市場規模、種類別(溶剤型、水性)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・防汚コーティングの世界市場概要 ・防汚コーティングの世界市場環境 ・防汚コーティングの世界市場動向 ・防汚コーティングの世界市場規模 ・防汚コーティングの世界市場:業界構造分析 ・防汚コーティングの世界市場:種類別(溶剤型、水性) ・防汚コーティングの世界市場:地域別市場規模・分析 ・防汚コーティングの北米市場規模・予測 ・防汚コーティングのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・防汚コーティングのアジア太平洋市場規模・予測 ・防汚コーティングの主要国分析 ・防汚コーティングの世界市場:意思決定フレームワーク ・防汚コーティングの世界市場:成長要因、課題 ・防汚コーティングの世界市場:競争環境 ・防汚コーティングの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析) 主な分析対象企業 …
  • チルドビーム・システムの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、チルドビーム・システムの世界市場について調査・分析し、チルドビーム・システムの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別チルドビーム・システムシェア、市場規模推移、市場規模予測、チルドビーム・システム種類別分析(アクティブチルドビーム、パッシブチルドビーム、マルチサービス用チルドビーム)、チルドビーム・システム用途別分析(商業用、医療機関、教育機関、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・チルドビーム・システムの市場概観 ・チルドビーム・システムのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・チルドビーム・システムのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・チルドビーム・システムの世界市場規模 ・チルドビーム・システムの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・チルドビーム・システムのアメリカ市場規模推移 ・チルドビーム・システムのカナダ市場規模推移 ・チルドビーム・システムのメキシコ市場規模推移 ・チルドビーム・システムのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア …
  • フレキシブルパッケージングの世界市場:素材別(紙、アルミホイル、プラスチック、バイオプラスチック)、用途別(食品・飲料、医薬品、化粧品)、地域別予測
    本資料は、フレキシブルパッケージングの世界市場について調べ、フレキシブルパッケージングの世界規模、市場動向、市場環境、素材別(紙、アルミホイル、プラスチック、バイオプラスチック)分析、用途別(食品・飲料、医薬品、化粧品)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・フレキシブルパッケージングの世界市場概要 ・フレキシブルパッケージングの世界市場環境 ・フレキシブルパッケージングの世界市場動向 ・フレキシブルパッケージングの世界市場規模 ・フレキシブルパッケージングの世界市場規模:素材別(紙、アルミホイル、プラスチック、バイオプラスチック) ・フレキシブルパッケージングの世界市場規模:用途別(食品・飲料、医薬品、化粧品) ・フレキシブルパッケージングの世界市場:地域別市場規模・分析 ・フレキシブルパッケージングの北米市場規模・予測 ・フレキシブルパッケージングのアメリカ市場規模・予測 ・フレキシブルパッケージングのヨーロッパ市場規模・予測 ・フレキシブ …
  • プレスブレーキの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、プレスブレーキの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、プレスブレーキの世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のネオペンチルグリコール(NPG)市場2015
    本調査レポートでは、世界のネオペンチルグリコール(NPG)市場2015について調査・分析し、ネオペンチルグリコール(NPG)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用ホイールアライメントシステムの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、自動車用ホイールアライメントシステムの世界市場について調べ、自動車用ホイールアライメントシステムの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、自動車用ホイールアライメントシステムの市場規模をセグメンテーション別(種類別(CCDホイールアライメントシステム、3Dホイールアライメントシステム、DIYホイールアライメントシステム)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社は自動車用ホイールアライメントシステムの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均5%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・自動車用ホイールアライメントシステムの市場状況 ・自動車用ホイールアライメントシステムの市場規模 ・自動車用ホイールアライメントシステムの市場予測 ・自動車用ホイールアライメントシステムの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:種類別(CCDホイールアライメントシステム、3Dホ …
  • 医薬品カートリッジの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、医薬品カートリッジの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、医薬品カートリッジ市場規模、容量別(250ml以上、50~250ml、5~50ml、5ml以下)分析、材料別(プラスチック、ガラス)分析、用途別(注射ペンシステム、歯科システム、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 医薬品カートリッジの世界市場:市場動向分析 ・ 医薬品カートリッジの世界市場:競争要因分析 ・ 医薬品カートリッジの世界市場:容量別(250ml以上、50~250ml、5~50ml、5ml以下) ・ 医薬品カートリッジの世界市場:材料別(プラスチック、ガラス) ・ 医薬品カートリッジの世界市場:用途別(注射ペンシステム、歯科システム、その他) ・ 医薬品カートリッジの世界市場:主要地域別分析 ・ 医薬品カートリッジの北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 医薬品カートリッジのヨーロッパ市場規模 ・ 医薬品カートリッジのアジア市場規模(日本市場、 …
  • 世界のレドックスフロー電池(RFB)市場規模・予測2017-2025:格納キャパシティ別(コンパクト、大型格納)、用途別(家電・その他ユーティリティ、商業用・産業用、電気自動車・充電スタンド、その他)・地域別(北米、ヨーロッパ、太平洋アジア、ラテンアメリカ、その他の国)
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のレドックスフロー電池(RFB)市場について調査・分析し、世界のレドックスフロー電池(RFB)市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のレドックスフロー電池(RFB)関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 中国のスラックワックス市場2015
    本調査レポートでは、中国のスラックワックス市場2015について調査・分析し、スラックワックスの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のDVD-R市場2015
    本調査レポートでは、世界のDVD-R市場2015について調査・分析し、DVD-Rの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 再生医療の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、再生医療の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、再生医療市場規模、技術別(細胞・組織療法、遺伝子療法)分析、用途別(筋骨格、皮膚、循環器)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・再生医療の世界市場概要 ・再生医療の世界市場環境 ・再生医療の世界市場動向 ・再生医療の世界市場規模 ・再生医療の世界市場:業界構造分析 ・再生医療の世界市場:技術別(細胞・組織療法、遺伝子療法) ・再生医療の世界市場:用途別(筋骨格、皮膚、循環器) ・再生医療の世界市場:地域別市場規模・分析 ・再生医療のアメリカ市場規模・予測 ・再生医療のヨーロッパ市場規模・予測 ・再生医療のアジア市場規模・予測 ・再生医療の主要国分析 ・再生医療の世界市場:意思決定フレームワーク ・再生医療の世界市場:成長要因、課題 ・再生医療の世界市場:競争環境 ・再生医療の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 農業用乾燥機の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、農業用乾燥機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、農業用乾燥機の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 航空機用コネクタの世界市場予測(~2022):PCB、高電圧コネクタ、高速コネクタ、RFコネクタ、光コネクタ
    当調査レポートでは、航空機用コネクタの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、用途別分析、種類別分析、形状別分析、地域別分析、航空機用コネクタの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の自動車用コントロールアーム市場2015
    本調査レポートでは、世界の自動車用コントロールアーム市場2015について調査・分析し、自動車用コントロールアームの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 電気手術装置の世界市場分析・予測
    当調査レポートでは、電気手術装置の世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・イントロダクション ・電気手術装置産業概観 ・アンメットニーズ分析 ・電気手術装置の市場機会分析 ・市場の成長要因および阻害要因 ・競争分析 ・電気手術装置の製品パイプライン分析 ・電気手術装置の治験動向 ・主要企業分析 ・電気手術装置の世界市場規模予測 ・電気手術装置の地域別市場規模予測
  • 推進システムの世界市場:空気吸い込み式エンジン(ABE)、非空気吸い込み式エンジン、電気推進エンジン
    当調査レポートでは、推進システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、推進システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • クラミジア感染症の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、クラミジア感染症の世界市場について調査・分析し、クラミジア感染症の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別クラミジア感染症シェア、市場規模推移、市場規模予測、クラミジア感染症種類別分析(治療、診断)、クラミジア感染症用途別分析(生殖器疾患、眼病、関節、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・クラミジア感染症の市場概観 ・クラミジア感染症のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・クラミジア感染症のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・クラミジア感染症の世界市場規模 ・クラミジア感染症の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・クラミジア感染症のアメリカ市場規模推移 ・クラミジア感染症のカナダ市場規模推移 ・クラミジア感染症のメキシコ市場規模推移 ・クラミジア感染症のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・クラミジア感染症のドイツ市場規模推移 ・クラミジア感染症のイギリス市場規模推移 ・クラミジア感染症のロシア市場規模推移 ・ク …
  • 赤痢菌(シゲラ)用ワクチンの世界市場機会分析
  • スポーツ栄養の世界市場:スポーツフード・ドリンク、サプリメント
    当調査レポートでは、スポーツ栄養の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スポーツ栄養の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 食用油脂の世界市場:種類別(植物油・種子油、油脂スプレッド、オリーブオイル、調理油、その他)、由来別(植物、動物)、形態別(液体、固体)、販売チャネル別(スーパーマーケット、ハイパーマーケット、コンビニエンスストア、デパート、オンラインストア)、地域別予測
    本資料は、食用油脂の世界市場について調べ、食用油脂の世界規模、市場動向、市場環境、種類別(植物油・種子油、油脂スプレッド、オリーブオイル、調理油、その他)分析、由来別(植物、動物)分析、形態別(液体、固体)分析、販売チャネル別(スーパーマーケット、ハイパーマーケット、コンビニエンスストア、デパート、オンラインストア)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはAdani Wilmar Ltd.、Ruchi Borges Mediterranean Group、Archer Daniels Midland Company、Cargill Inc.、American Vegetable Oils Inc、Beidahuang Group、Fuji Vegetable Oil Inc.、ConAgra Foods Inc.、International Foodstuff Company Ltd.、Ajinomoto Co. Inc、United Plantations Berhad …
  • 電力用変圧器の世界市場
    当調査レポートでは、電力用変圧器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電力用変圧器の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • Eg5阻害薬のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるEg5阻害薬のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・Eg5阻害薬の概要 ・Eg5阻害薬のパイプライン概要 ・企業別開発中のEg5阻害薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・Eg5阻害薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・Eg5阻害薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • スマート空港の世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、スマート空港の世界市場について調査・分析し、スマート空港の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - スマート空港の世界市場:市場動向分析 - スマート空港の世界市場:競争要因分析 - スマート空港の世界市場:サービスプロバイダー ・スマートワークプレイスサービス ・スマート企業間サービス ・スマート輸送・駐車サービス ・スマート空港プロセス ・スマート小売,接客,娯楽サービス - スマート空港の世界市場:ソリューション別 ・ランドサイド ・ターミナル ・エアサイド - スマート空港の世界市場:技術別 ・セキュリティシステム ・乗客,貨物,手荷物のグランドハンドリング管理 ・エンドポイントサービス ・通信システム ・航空/地上交通管制 ・その他 - スマート空港の世界市場:用途別 ・ビジネスアプリケーション ・コアアプリケーション - スマート空港の世界市場:主要地域別分析 - スマート空港の北米市場規模(アメリカ市場等) - スマート空港のヨーロッパ市場規模 - スマート空港のアジア市場 …
  • 抗てんかん薬の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、抗てんかん薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、抗てんかん薬の世界市場規模及び予測、種類別分析、てんかん発作別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、製品パイプライン分析、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 植物育成ライトの世界市場予測(~2022)
    当調査レポートでは、植物育成ライトの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、技術別分析、設置別分析、用途別分析、地域別分析、植物育成ライトの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 女性医療の世界市場分析および予測
    当調査レポートでは、女性医療の世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・イントロダクション ・女性医療産業概観 ・アンメットニーズ分析 ・女性医療の市場機会分析 ・市場の成長要因および阻害要因 ・競争分析 ・女性医療の製品パイプライン分析 ・女性医療の治験動向 ・主要企業分析 ・女性医療の世界市場規模予測 ・女性医療の地域別市場規模予測
  • ロシアの血液検査市場動向(~2021)
  • PMIフォーム及びその他の高性能フォームコア(HPFC)の世界市場:PMI(ポリメタクリルイミド)フォーム、PES(ポリエーテルスルホン)フォーム
    当調査レポートでは、PMIフォーム及びその他の高性能フォームコア(HPFC)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の医薬品包装装置市場2019
    本調査レポートでは、世界の医薬品包装装置市場2019について調査・分析し、医薬品包装装置の世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、医薬品包装装置のアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、医薬品包装装置メーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・医薬品包装装置の市場概要 ・医薬品包装装置の上流・下流市場分析 ・医薬品包装装置のアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・医薬品包装装置のアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・医薬品包装装置のアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・医薬品包装装置のアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・医薬品包装装置の北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・医薬品包装装置の北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・医薬品包装装置の北米市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・医薬品包装装 …
  • 特大貨物輸送の世界市場
    当調査レポートでは、特大貨物輸送の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、特大貨物輸送の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 地理情報システム(GIS)の世界市場2014-2025:構成要素別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)、使用方法別、用途別(輸送、農業、建設、採掘、航空)、装置別、地域別
    本調査レポートでは、地理情報システム(GIS)の世界市場について調査・分析し、地理情報システム(GIS)の世界市場動向、地理情報システム(GIS)の世界市場規模、市場予測、セグメント別地理情報システム(GIS)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 柔軟包装用ラミネート接着剤の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、柔軟包装用ラミネート接着剤の世界市場について調査・分析し、柔軟包装用ラミネート接着剤の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別柔軟包装用ラミネート接着剤シェア、市場規模推移、市場規模予測、柔軟包装用ラミネート接着剤種類別分析()、柔軟包装用ラミネート接着剤用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・柔軟包装用ラミネート接着剤の市場概観 ・柔軟包装用ラミネート接着剤のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・柔軟包装用ラミネート接着剤のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・柔軟包装用ラミネート接着剤の世界市場規模 ・柔軟包装用ラミネート接着剤の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・柔軟包装用ラミネート接着剤のアメリカ市場規模推移 ・柔軟包装用ラミネート接着剤のカナダ市場規模推移 ・柔軟包装用ラミネート接着剤のメキシコ市場規模推移 ・柔軟包装用ラミネート接着剤のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・柔軟包装用ラミネート接着 …
  • 業務用真空包装機の世界市場2017-2021:チャンバー式、脱気式
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、業務用真空包装機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、業務用真空包装機の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は業務用真空包装機の世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.93%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はHenkelman、Henkovac、Sammic、VacMaster、ZeroPak等です。
  • 世界の環境放射線モニタ市場2015
    本調査レポートでは、世界の環境放射線モニタ市場2015について調査・分析し、環境放射線モニタの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国の発電市場2016:市場動向、制度、競争状況
  • ホスト型構内交換機(PBX)の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、ホスト型構内交換機(PBX)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ホスト型構内交換機(PBX)市場規模、ソリューション別(仮想開発・セットアップ、ネットワークトラフィック管理、仮想支援・サポート、構成・変更管理、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ホスト型構内交換機(PBX)の世界市場概要 ・ホスト型構内交換機(PBX)の世界市場環境 ・ホスト型構内交換機(PBX)の世界市場動向 ・ホスト型構内交換機(PBX)の世界市場規模 ・ホスト型構内交換機(PBX)の世界市場:業界構造分析 ・ホスト型構内交換機(PBX)の世界市場:ソリューション別(仮想開発・セットアップ、ネットワークトラフィック管理、仮想支援・サポート、構成・変更管理、その他) ・ホスト型構内交換機(PBX)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ホスト型構内交換機(PBX)の北米市場規模・予測 ・ホスト型構内交換機(PBX)のヨーロッパ・中東・ …
  • 世界の力センサー市場:用途別、技術別(圧電力センサー、ひずみゲージ、ロードセル、容量性力センサー、磁気弾性力センサー)、操作別、力種類別、地域別
    MarketsandMarkets社は、力センサーの世界市場規模が2019年18億ドルから2024年23億ドルまで年平均5.5%成長すると予測しています。本書は、世界の力センサー市場について調査・分析し、市場概要、用途別(製造、エネルギー&電力、医薬品、化学薬品、石油&ガス、鉱業、その他)分析、操作別(アナログ、デジタル)分析、力種類別(圧縮、張力、圧縮&張力)分析、技術別(圧電力センサー、ひずみゲージ、ロードセル、静電容量力センサー、磁気弾性力センサー、その他)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界の力センサー市場:用途別(製造、エネルギー&電力、医薬品、化学薬品、石油&ガス、鉱業、その他) ・世界の力センサー市場:操作別(アナログ、デジタル) ・世界の力センサー市場:力種類別(圧縮、張力、圧縮&張力) ・世界の力センサー市場:技術別(圧電力センサー、ひずみゲージ、ロードセル、静電容量力センサー、磁気弾性力センサー、その他) ・世界の力センサー市場:地域別 ・ …
  • Bluetoothスピーカーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、Bluetoothスピーカーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、Bluetoothスピーカーの世界市場規模及び予測、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • セラミックタイルの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、セラミックタイルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、用途(床、壁、天井)別分析、建築タイプ別分析、需要先別分析、地域別分析、セラミックタイルの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • UAEの体外式除細動器市場見通し
  • 掘削廃棄物管理の世界市場:処理・廃棄、格納・ハンドリング、固形物制御
    当調査レポートでは、掘削廃棄物管理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、サービス別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ねじ切り盤の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ねじ切り盤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、ねじ切り盤の世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • ビデオ遠隔医療の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、ビデオ遠隔医療の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ビデオ遠隔医療市場規模、展開種類別(クラウドベース、オンプレミス)分析、コンポーネント別(ソフトウェア、ハードウェア)分析、通信技術別(非同期転送モード(ATM)、ブロードバンド統合サービスデジタルネットワーク(BISDN)、インターネットプロトコルマルチメディアコアネットワークサブシステム、衛星通信、非対称デジタル加入者線(ADSL)、その他)分析、用途別(循環器科、歯科、皮膚科、婦人科、神経精神科)分析、エンドユーザー別(診療所、在宅介護サービス、病院)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ ビデオ遠隔医療の世界市場:市場動向分析 ・ ビデオ遠隔医療の世界市場:競争要因分析 ・ ビデオ遠隔医療の世界市場:展開種類別(クラウドベース、オンプレミス) ・ ビデオ遠隔医療の世界市場:コンポーネント別(ソフトウェア、ハードウェア) ・ ビデオ遠隔医療の世界市場:通信技術 …
  • 真空断熱パネル(VIP)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、真空断熱パネル(VIP)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、真空断熱パネル(VIP)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 直流電源システムの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、直流電源システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、直流電源システムの世界市場規模及び予測、需要先別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 直鎖型アルキルベンゼンスルホン酸塩(LAS)の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、直鎖型アルキルベンゼンスルホン酸塩(LAS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、直鎖型アルキルベンゼンスルホン酸塩(LAS)の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は直鎖型アルキルベンゼンスルホン酸塩(LAS)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.10%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Solvay 、Clariant 、BASF、DowDuPont 、Lion Specialty Chemicals等です。
  • 膣萎縮(萎縮性膣炎)(Vaginal Atrophy (Atrophic Vaginitis)):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、膣萎縮(萎縮性膣炎)(Vaginal Atrophy (Atrophic Vaginitis))治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・膣萎縮(萎縮性膣炎)(Vaginal Atrophy (Atrophic Vaginitis)):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・膣萎縮(萎縮性膣炎)(Vaginal Atrophy (Atrophic Vaginitis))のフェーズ3治験薬の状況 ・膣萎縮(萎縮性膣炎)(Vaginal Atrophy (Atrophic Vaginitis))治療薬の市場規模(販売予測) ・膣萎縮(萎縮性膣炎)(Vaginal Atrophy (Atrophic Vaginitis))の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・膣萎縮(萎縮性膣炎)(Vaginal Atrophy (Atrophic Vaginitis))のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"