"ナチュラルキラー細胞治療法の世界市場:NK細胞療法、NK細胞向け抗体"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AMR9NV088)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"ナチュラルキラー細胞治療法の世界市場:NK細胞療法、NK細胞向け抗体"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Natural killer (NK) cell is a component of innate immunity system that targets cancer cells, and can be used as a therapeutic agent. NK cells target the cells losing MHC-I in cancer, a phenotype that is similar to certain cells in immune-privileged sites whose milieus are separated from peripheral blood.

The global natural killer cell therapeutics market was valued at $1,402 million in 2018, and is projected to reach $5,096 million by 2026, registering a CAGR of 17.4% from 2019 to 2026.

The growth of the global natural killer cell therapeutics market is driven by rise in use of NK cells to treat cancer, infections, and liver diseases. Moreover, NK cells play vital role in tumor immune-surveillance, which has significantly boosted their adoption across the globe. In addition, rise in awareness among the population regarding various immunotherapies and increase in R&D for the development of bi-specific antibody for engaging NK cells to eliminate tumor cells propel the global natural killer cell therapeutics market growth. However, lack of specificity and poor in-vivo survival of the cells limit the growth of the market. Furthermore, higher costs associated with the therapies and adverse side effects are expected to hamper the market growth in the coming years. Conversely, significant surge in R&D activities toward development of immunotherapy in developing economies is anticipated to offer lucrative opportunities for the market.

The global natural killer cell therapeutics market is segmented based on therapeutics, application, end user, and region. Depending on therapeutics, the natural killer cells therapeutics market is classified into NK cell therapies and NK cell directed antibodies. By application, it is categorized into cancer, gastrointestinal diseases, immunoproliferative disorders, and others. On the basis of end user, it is segregated into hospitals, research centers & institutes, and others. Region wise, it is analyzed across North America, Asia-Pacific, Europe, and LAMEA.

KEY BENEFITS FOR STAKEHOLDERS
• This report entails a detailed quantitative analysis along with the current market trends from 2019 to 2026 to identify the prevailing opportunities along with the strategic assessment.
• The global natural killer cell therapeutics market size and estimations are based on a comprehensive analysis of key developments.
• A qualitative analysis based on innovative products facilitates strategic business planning.
• The development strategies adopted by the key market players are enlisted to understand the competitive scenario of the market
Key Market Segments
• By Therapeutics
o NK Cell Therapies
o NK Cell Directed Antibodies

• By Application
o Cancer
o Gastrointestinal Diseases
o Immunoproliferative Disorders
o Others

• By End User
o Research Centers & Institutes
o Hospitals
o Others

• By Region
o North America
 U.S.
 Canada
 Mexico
o Europe
 Germany
 France
 UK
 Italy
 Spain
 Rest of Europe
o Asia-Pacific
 Japan
 China
 India
 Australia
 Rest of Asia-Pacific
o LAMEA
 Brazil
 Saudi Arabia
 South Africa
 Rest of LAMEA

The key players profiled in this report are as follows:
• Affimed N.V.
• Celgene Corporation
• Fate Therapeutics
• Fortress Biotech
• Glycostem Therapeutics BV
• Innate Pharma S.A.
• Nantkwest Inc.
• Nkarta Therapeutics, Inc.
• NKT Therapeutics Inc.
• Ziopharm Oncology Inc.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Allied Market Researchが"ナチュラルキラー細胞治療法の世界市場:NK細胞療法、NK細胞向け抗体"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

CHAPTER 1: INTRODUCTION

1.1. Report description
1.2. Key benefits for stakeholders
1.3. Key market segments
1.4. Research methodology

1.4.1. Secondary research
1.4.2. Primary research
1.4.3. Analyst tools & models

CHAPTER 2: EXECUTIVE SUMMARY

2.1. CXO perspective

CHAPTER 3: MARKET OVERVIEW

3.1. Market definition and scope
3.2. Key findings

3.2.1. Top investment pockets
3.2.2. Top winning strategies

3.3. Porter’s five forces analysis
3.4. Top player positioning
3.5. Market dynamics

3.5.1. Drivers

3.5.1.1. Rise in incidence of cancer across the globe
3.5.1.2. Increase in government expenditure on healthcare
3.5.1.3. Surge in awareness regarding immunotherapy

3.5.2. Restraints

3.5.2.1. High cost of cancer immunotherapy treatment
3.5.2.2. Stringent government regulations toward approval of immunotherapy

3.5.3. Opportunity

3.5.3.1. Surge in R&D activities toward the development of immunotherapy

3.6. Government regulatory scenerio

3.6.1. U.S.
3.6.2. Europe
3.6.3. Japan
3.6.4. Thailand
3.6.5. Singapore
3.6.6. Malaysia
3.6.7. Mexico
3.6.8. Australia

CHAPTER 4: NATURAL KILLER CELLS THERAPEUTICS MARKET, BY THERAPEUTICS

4.1. Overview

4.1.1. Market and forecast

4.2. Natural killer cell therapies

4.2.1. Key market trends and opportunities
4.2.2. Market size and forecast, by region
4.2.3. Market analysis, by country

4.2.3.1. CNDO-109
4.2.3.2. oNKord
4.2.3.3. Natural Killer Cells
4.2.3.4. Others

4.3. NK cell-directed antibodies

4.3.1. Key market trends and opportunities
4.3.2. Market size and forecast, by region
4.3.3. Market analysis, by country

4.3.3.1. MOGAMULIZUMAB
4.3.3.2. Lirilumab
4.3.3.3. AFM13
4.3.3.4. NKTT 120
4.3.3.5. Others

CHAPTER 5: NATURAL KILLER CELLS THERAPEUTICS MARKET, BY APPLICATION

5.1. Overview

5.1.1. Market size and forecast, by region

5.2. Cancer

5.2.1. Market size and forecast, by region
5.2.2. Market analysis, by country

5.3. Gastrointestinal diseases

5.3.1. Market size and forecast, by region
5.3.2. Market analysis, by country

5.4. Immunoproliferative disorders

5.4.1. Market size and forecast, by region
5.4.2. Market analysis, by country

5.5. Others

5.5.1. Market size and forecast
5.5.2. Market analysis, by country

CHAPTER 6: NATURAL KILLER CELLS THERAPEUTICS MARKET, BY END USER

6.1. Overview

6.1.1. Market and forecast

6.2. Research centers and institutes

6.2.1. Market and forecast, by region
6.2.2. Market analysis, by country

6.3. Hospitals and clinics

6.3.1. Market and forecast, by region
6.3.2. Market analysis, by country

6.4. Others

6.4.1. Market and forecast, by region
6.4.2. Market analysis, by country

CHAPTER 7: NATURAL KILLER CELL THERAPEUTICS MARKET, BY REGION

7.1. Overview

7.1.1. Market size and forecast

7.2. North America

7.2.1. Key market trends and opportunities
7.2.2. Market size and forecast, by therapeutics
7.2.3. Market size and forecast, by application
7.2.4. Market size and forecast, by application
7.2.5. Market size and forecast, by country

7.2.5.1. U.S. market size and forecast, by therapeutics
7.2.5.2. U.S. market size and forecast, by application
7.2.5.3. U.S. market size and forecast, by end user
7.2.5.4. Canada market size and forecast, by therapeutics
7.2.5.5. Canada market size and forecast, by application
7.2.5.6. Canada market size and forecast, by end user
7.2.5.7. Mexico market size and forecast, by therapeutics
7.2.5.8. Mexico market size and forecast, by application
7.2.5.9. Mexico market size and forecast, by end user

7.3. Europe

7.3.1. Key market trends and opportunities
7.3.2. Market size and forecast, by therapeutics
7.3.3. Market size and forecast, by application
7.3.4. Market size and forecast, by end user
7.3.5. Market size and forecast, by country

7.3.5.1. UK market size and forecast, by therapeutics
7.3.5.2. UK market size and forecast, by application
7.3.5.3. UK market size and forecast, by end user
7.3.5.4. Germany market size and forecast, by therapeutics
7.3.5.5. Germany market size and forecast, by application
7.3.5.6. Germany market size and forecast, by end user
7.3.5.7. France market size and forecast, by therapeutics
7.3.5.8. France market size and forecast, by application
7.3.5.9. France market size and forecast, by end user
7.3.5.10. Italy market size and forecast, by therapeutics
7.3.5.11. Italy market size and forecast, by application
7.3.5.12. Italy market size and forecast, by end user
7.3.5.13. Spain market size and forecast, by therapeutics
7.3.5.14. Spain market size and forecast, by application
7.3.5.15. Spain market size and forecast, by end user
7.3.5.16. Rest of Europe market size and forecast, by therapeutics
7.3.5.17. Rest of Europe market size and forecast, by application
7.3.5.18. Rest of Europe market size and forecast, by end user

7.4. Asia-Pacific

7.4.1. Key market trends and opportunities
7.4.2. Market size and forecast, by therapeutics
7.4.3. Market size and forecast, by application
7.4.4. Market size and forecast, by end user
7.4.5. Market size and forecast, by country

7.4.5.1. Japan market size and forecast, by therapeutics
7.4.5.2. Japan market size and forecast, by application
7.4.5.3. Japan market size and forecast, by end user
7.4.5.4. China market size and forecast, by therapeutics
7.4.5.5. China market size and forecast, by application
7.4.5.6. China market size and forecast, by end user
7.4.5.7. Australia market size and forecast, by therapeutics
7.4.5.8. Australia market size and forecast, by application
7.4.5.9. Australia market size and forecast, by end user
7.4.5.10. India market size and forecast, by therapeutics
7.4.5.11. India market size and forecast, by application
7.4.5.12. India market size and forecast, by end user
7.4.5.13. Rest of Asia-Pacific market size and forecast, by therapeutics
7.4.5.14. Rest of Asia-Pacific market size and forecast, by application
7.4.5.15. Rest of Asia-Pacific market size and forecast, by end user

7.5. LAMEA

7.5.1. Key market trends and opportunities
7.5.2. Market size and forecast, by therapeutics
7.5.3. Market size and forecast, by application
7.5.4. Market size and forecast, by end user
7.5.5. Market size and forecast, by country

7.5.5.1. Brazil market size and forecast, by therapeutics
7.5.5.2. Brazil market size and forecast, by application
7.5.5.3. Brazil market size and forecast, by end user
7.5.5.4. Saudi Arabia market size and forecast, by therapeutics
7.5.5.5. Saudi Arabia market size and forecast, by application
7.5.5.6. Saudi Arabia market size and forecast, by end user
7.5.5.7. South Africa market size and forecast, by therapeutics
7.5.5.8. South Africa market size and forecast, by application
7.5.5.9. South Africa market size and forecast, by end user
7.5.5.10. Rest of LAMEA market size and forecast, by therapeutics
7.5.5.11. Rest of LAMEA market size and forecast, by application
7.5.5.12. Rest of LAMEA market size and forecast, by end user

CHAPTER 8: COMPANY PROFILES

8.1. AFFIMED N.V.

8.1.1. Company overview
8.1.2. Company snapshot
8.1.3. Operating business segments
8.1.4. Product portfolio
8.1.5. Business performance
8.1.6. Key strategic moves and developments

8.2. CELGENE CORPORATION

8.2.1. Company overview
8.2.2. Company snapshot
8.2.3. Operating business segments
8.2.4. Product portfolio
8.2.5. Business performance
8.2.6. Key strategic moves and developments

8.3. FATE THERAPEUTICS INC.

8.3.1. Company overview
8.3.2. Operating business segments
8.3.3. Product portfolio
8.3.4. Business performance
8.3.5. Key strategic moves and developments

8.4. FORTRESS BIOTECH

8.4.1. Company overview
8.4.2. Company snapshot
8.4.3. Product portfolio
8.4.4. Business performance
8.4.5. Key strategic moves and developments

8.5. GLYCOSTEM THERAPEUTICS BV

8.5.1. Company overview
8.5.2. Company snapshot
8.5.3. Operating business segments
8.5.4. Product portfolio
8.5.5. Key strategic moves and developments

8.6. INNATE PHARMA SA

8.6.1. Company overview
8.6.2. Company snapshot
8.6.3. Operating business segments
8.6.4. Product portfolio
8.6.5. Business performance
8.6.6. Key strategic moves and developments

8.7. NANTKWEST INC

8.7.1. Company overview
8.7.2. Company snapshot
8.7.3. Operating business segments
8.7.4. Product portfolio
8.7.5. Business performance
8.7.6. Key strategic moves and developments

8.8. NKARTA THERAPEUTICS, INC.

8.8.1. Company overview
8.8.2. Operating business segments
8.8.3. Product portfolio
8.8.4. Key strategic moves and developments

8.9. NKT THERAPEUTICS INC.

8.9.1. Company overview
8.9.2. Company snapshot
8.9.3. Operating business segments
8.9.4. Product portfolio

8.10. ZIOPHARM ONCOLOGY INC.

8.10.1. Company overview
8.10.2. Company snapshot
8.10.3. Operating business segments
8.10.4. Product portfolio
8.10.5. Business performance
8.10.6. Key strategic moves and developments

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】ナチュラルキラー細胞治療法の世界市場:NK細胞療法、NK細胞向け抗体
【発行日】2019年7月
【調査会社】Allied Market Research
【コード】AMR9NV088
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】医療
【キーワード】ナチュラルキラー細胞治療法、NK細胞療法、NK細胞指向性抗体、がん、消化器疾患、免疫増殖性疾患、研究センター、研究所、病院
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
ナチュラルキラー細胞治療法の世界市場:NK細胞療法、NK細胞向け抗体についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 世界の遺伝子治療市場予測(~2020)
    ※本調査レポートでは、世界の遺伝子治療市場について調査・分析し、市場概要、市場動向、市場展望、世界の遺伝子治療市場規模、地域別市場規模、用途別市場規模、パイプライン分析、主要企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のD/Aコンバータ市場2016
    本調査レポートでは、世界のD/Aコンバータ市場2016について調査・分析し、D/Aコンバータの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 髄芽細胞腫(Medulloblastoma):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、髄芽細胞腫(Medulloblastoma)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・髄芽細胞腫(Medulloblastoma):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・髄芽細胞腫(Medulloblastoma)のフェーズ3治験薬の状況 ・髄芽細胞腫(Medulloblastoma)治療薬の市場規模(販売予測) ・髄芽細胞腫(Medulloblastoma)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・髄芽細胞腫(Medulloblastoma)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の髄芽細胞腫(Medulloblastoma)治療薬剤
  • 苦味抑制剤およびフレーバーキャリアの世界市場予測(~2023年)
    苦味抑制剤およびフレーバーキャリアの世界市場は、2018年の1億9200万米ドルから2023年には2億4400万米ドルに達し、4.9%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長は、機能的で栄養豊富な食品の需要によって牽引されています。この市場の成長を促す要因として、製薬業界における苦味抑制剤の用途拡大、フレーバーをカプセル化するキャリア物質への研究開発投資、さらには健康的な食品および飲料に対する需要の高まりが考えれられます。特にアジア太平洋地域は、予測期間中、人口の増加、可処分所得の増加、加工食品やインスタント食品の需要の高まりを背景に、フレーバーキャリア市場を支配すると予想されます。一方で、厳格な規制や政府政策、代替技術よりも苦味抑制剤が高コストであることなどにより、この地域の市場の成長は抑制される可能性があります。当調査レポートでは、苦味抑制剤およびフレーバーキャリアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、形態(液体、固体)分析、カテゴリ(溶剤、脂肪、でんぷん、砂糖)分析、用途(食品、飲料、医薬品) …
  • ドライブ・バイ・ワイヤーの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、ドライブ・バイ・ワイヤーの世界市場について調査・分析し、ドライブ・バイ・ワイヤーの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - ドライブ・バイ・ワイヤーの世界市場:市場動向分析 - ドライブ・バイ・ワイヤーの世界市場:競争要因分析 - ドライブ・バイ・ワイヤーの世界市場:車両タイプ別 ・商用車 ・乗用車 - ドライブ・バイ・ワイヤーの世界市場:用途別 ・ブレーキバイワイヤ ・シフトバイワイヤ ・ステアバイワイヤ ・電子スロットル制御(ETC) ・サスペンションバイワイヤ ・フライバイワイヤ ・パークバイワイヤ ・その他の適用形式 - ドライブ・バイ・ワイヤーの世界市場:主要地域別分析 - ドライブ・バイ・ワイヤーの北米市場規模(アメリカ市場等) - ドライブ・バイ・ワイヤーのヨーロッパ市場規模 - ドライブ・バイ・ワイヤーのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・ドライブ・バイ・ワイヤーの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 静脈内(IV)装置の世界市場予測(~2022年):輸液ポンプ、静脈内カテーテル、溶液・血液投与機器、固定具、カニューレ、コック、ニードルレスコネクター
    当調査レポートでは、静脈内(IV)装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、製品種類別分析、需要先別分析、地域別分析、静脈内(IV)装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 熱併給発電(コージェネレーション)の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、熱併給発電(コージェネレーション)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、容量別分析、原動力別分析、需要先別分析、地域別分析、熱併給発電(コージェネレーション)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • スリップ剤の世界市場予測(~2023年):脂肪族アミド、ワックス・ポリシロキサン
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、スリップ剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、タイプ(脂肪族アミド、ワックス・ポリシロキサン)別分析、キャリア樹脂(LDPE、LLDPE、HDPE、PP)別分析、用途(パッケージング、非パッケージング)別分析、スリップ剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 廃水処理サービスの世界市場予測(~2022年):設計&エンジニアリング、建設&設置、運用&プロセス制御、メインテナンス&保守
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、廃水処理サービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、需要先別分析、地域別分析、廃水処理サービスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 腰椎固定術の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、腰椎固定術の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、腰椎固定術の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、医療費償還シナリオ、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のオレキシン受容体1型市場2019
    本調査レポートでは、世界のオレキシン受容体1型市場2019について調査・分析し、オレキシン受容体1型の世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、オレキシン受容体1型のアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、オレキシン受容体1型メーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・オレキシン受容体1型の市場概要 ・オレキシン受容体1型の上流・下流市場分析 ・オレキシン受容体1型のアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・オレキシン受容体1型のアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・オレキシン受容体1型のアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・オレキシン受容体1型のアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・オレキシン受容体1型の北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・オレキシン受容体1型の北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・オレキシン受容体1型の北米市 …
  • デジタル資産管理の世界市場分析:用途別(非反応性ポリアミド樹脂、反応性ポリアミド樹脂、油田化学品)、セグメント予測
    本調査レポートでは、デジタル資産管理の世界市場について調査・分析し、デジタル資産管理の世界市場動向、デジタル資産管理の世界市場規模、市場予測、セグメント別デジタル資産管理市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 潤滑添加剤の世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、潤滑添加剤の世界市場について調査・分析し、潤滑添加剤の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・潤滑添加剤の世界市場規模:用途別分析 ・潤滑添加剤の世界市場規模:種類別分析 ・潤滑添加剤の世界市場規模:エンドユーザー別分析 ・潤滑添加剤の世界市場規模:油の種類別分析 ・潤滑添加剤の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • ビジョンポジショニングシステムの世界市場2014–2025:構成要素別(センサー、カメラ、マーカーカメラ)、所在地別、プラットフォーム別(UAV、AGV、宇宙船)、用途別
    本調査レポートでは、ビジョンポジショニングシステムの世界市場について調査・分析し、ビジョンポジショニングシステムの世界市場動向、ビジョンポジショニングシステムの世界市場規模、市場予測、セグメント別ビジョンポジショニングシステム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 航空機気象レーダーシステムの世界市場2018-2022
    航空機搭載気象レーダーシステムは、安全な飛行軌道の戦略的かつ戦術的計画を可能にし、パイロットにとって必要不可欠なシステムです。航空業界は非常に競争が激しく、様々な要因により利益が生み出されています。 航空燃料価格の下落による航空交通量の増加によって、格安航空サービスが登場しました。 航空会社は、次世代航空機の調達と航空機の近代化を行っています。その結果、航空機搭載気象レーダー技術が大幅に進化し、多くの特長と機能を備えた製品が増えました。厳しい天候から航空機を保護する必要性が高まることにより、予測期間中の航空機用気象レーダーシステム市場が促進される見通しです。 主な分析対象企業は、Garmin、Honeywell International、Leonardo、Rockwell Collins、Telephonicsなどです。 当調査レポートでは、航空機気象レーダーシステムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、航空機気象レーダーシステム市場規模、用途別(商業航空、ビジネス・一般航空)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報など …
  • バイオディーゼルの世界市場予測(~2021):供給原料別(植物油(大豆、菜種、パーム)、動物性脂肪別(ラード/白、家禽、獣脂)、茶グリース/トラップグリース)、用途別(燃料、発電)、地域別
    当調査レポートでは、バイオディーゼルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、供給原料別分析、動物性脂肪別分析、用途別分析、地域別分析、バイオディーゼルの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • デジタル油田の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、デジタル油田の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、デジタル油田市場規模、技術別(サービス、ソフトウェア、ハードウェア)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・デジタル油田の世界市場概要 ・デジタル油田の世界市場環境 ・デジタル油田の世界市場動向 ・デジタル油田の世界市場規模 ・デジタル油田の世界市場:業界構造分析 ・デジタル油田の世界市場:技術別(サービス、ソフトウェア、ハードウェア) ・デジタル油田の世界市場:地域別市場規模・分析 ・デジタル油田の北米市場規模・予測 ・デジタル油田のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・デジタル油田のアジア太平洋市場規模・予測 ・デジタル油田の主要国分析 ・デジタル油田の世界市場:意思決定フレームワーク ・デジタル油田の世界市場:成長要因、課題 ・デジタル油田の世界市場:競争環境 ・デジタル油田の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 発光ダイオード(LED)グローライトの世界市場予測・分析2020-2024
    Technavio社の本調査レポートでは、発光ダイオード(LED)グローライトの世界市場について調べ、発光ダイオード(LED)グローライトの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、発光ダイオード(LED)グローライトの市場規模をセグメンテーション別(用途別(商業温室、垂直農業、その他)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は発光ダイオード(LED)グローライトの世界市場規模が2020-2024期間中に年平均25%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・発光ダイオード(LED)グローライトの市場状況 ・発光ダイオード(LED)グローライトの市場規模 ・発光ダイオード(LED)グローライトの市場予測 ・発光ダイオード(LED)グローライトの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(商業温室、垂直農業、その他) ・発光ダイオード(LED)グローライトの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 世界の医療用ウェアラブルデバイス市場
  • リターナブル梱包の世界市場予測(~2023年)
    リターナブル梱包の世界市場は、2018年の379億米ドルから2023年には512億米ドルに達し、この期間中6.2%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、食品・飲料、自動車、耐久消費財などのさまざまな最終用途産業からのリターナブル梱包に対する需要の高まり、そして都市人口の増加が考えれられます。一方で、地域によって異なる梱包製品に対する環境規制により、市場の成長は抑制される可能性があります。当調査レポートでは、リターナブル梱包の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、製品タイプ(パレット、木枠、中間バルクコンテナ、ドラム缶・樽、ボトル、ダンネージ)分析、材質(プラスチック、金属、木材、ガラス、発泡材)分析、最終用途産業分析、リターナブル梱包の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 韓国の疼痛管理デバイス市場動向(~2021)
  • 建設足場レンタルの世界市場2020-2024:用途別、製品別、エンドユーザー別、地域別
    「建設足場レンタルの世界市場2020-2024」は、建設足場レンタルについて市場概要、市場規模、製品別(サポート、モバイル、サスペンド)分析、用途別(新築、改修、解体)分析、エンドユーザー別(非居住、住宅)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題・トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・建設足場レンタルの世界市場:製品別(サポート、モバイル、サスペンド) ・建設足場レンタルの世界市場:用途別(新築、改修、解体) ・建設足場レンタルの世界市場:エンドユーザー別(非居住、住宅) ・顧客状況 ・地域状況 ・市場の要因・課題・トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • 泌尿器用ガイドワイヤーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、泌尿器用ガイドワイヤーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、泌尿器用ガイドワイヤーの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 二酸化チタン(TiO2)の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、二酸化チタン(TiO2)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、二酸化チタン(TiO2)市場規模、用途別(塗料、プラスチック、紙、その他)分析、工程別(塩化物、硫酸塩)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・二酸化チタン(TiO2)の世界市場概要 ・二酸化チタン(TiO2)の世界市場環境 ・二酸化チタン(TiO2)の世界市場動向 ・二酸化チタン(TiO2)の世界市場規模 ・二酸化チタン(TiO2)の世界市場:業界構造分析 ・二酸化チタン(TiO2)の世界市場:用途別(塗料、プラスチック、紙、その他) ・二酸化チタン(TiO2)の世界市場:工程別(塩化物、硫酸塩) ・二酸化チタン(TiO2)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・二酸化チタン(TiO2)のアメリカ市場規模・予測 ・二酸化チタン(TiO2)のヨーロッパ市場規模・予測 ・二酸化チタン(TiO2)のアジア市場規模・予測 ・二酸化チタン(TiO2)の主要国分 …
  • データセンターアクセラレーターの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、データセンターアクセラレーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、プロセッサーの種類別(CPU、GPU、FPGA、ASIC)分析、タイプ別(HPCアクセラレータ、クラウドアクセラレータ)分析、用途別(ディープラーニングトレーニング、パブリッククラウドインターフェイス、エンタープライズインターフェイス)分析、データセンターアクセラレーターの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用ラップフィルムの世界市場:用途別(大型車、中型車、小型車)、地域別(中南米、APAC、MEA、北米、欧州)
    本調査レポートでは、自動車用ラップフィルムの世界市場について調査・分析し、自動車用ラップフィルムの世界市場動向、自動車用ラップフィルムの世界市場規模、市場予測、セグメント別自動車用ラップフィルム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の乳房用X線診断装置市場2015
    本調査レポートでは、世界の乳房用X線診断装置市場2015について調査・分析し、乳房用X線診断装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • トルコの心臓血管疾患用装置市場見通し
  • アメリカの応募者追跡システム市場2016-2020
    当調査レポートでは、アメリカの応募者追跡システム市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アメリカの応募者追跡システム市場規模及び予測、需要先別分析、導入方式別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 食品加工機械の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、食品加工機械の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、食品加工機械市場規模、用途別(肉・鶏肉・シーフード、製パン、乳製品、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・食品加工機械の世界市場概要 ・食品加工機械の世界市場環境 ・食品加工機械の世界市場動向 ・食品加工機械の世界市場規模 ・食品加工機械の世界市場:業界構造分析 ・食品加工機械の世界市場:用途別(肉・鶏肉・シーフード、製パン、乳製品、その他) ・食品加工機械の世界市場:地域別市場規模・分析 ・食品加工機械のアメリカ市場規模・予測 ・食品加工機械のヨーロッパ市場規模・予測 ・食品加工機械のアジア市場規模・予測 ・食品加工機械の主要国分析 ・食品加工機械の世界市場:意思決定フレームワーク ・食品加工機械の世界市場:成長要因、課題 ・食品加工機械の世界市場:競争環境 ・食品加工機械の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • ピリミジン類似体のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるピリミジン類似体のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ピリミジン類似体の概要 ・ピリミジン類似体のパイプライン概要 ・企業別開発中のピリミジン類似体 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ピリミジン類似体の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ピリミジン類似体開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ガラクトオリゴ糖(GOS)の世界市場の動向分析:用途別(食品・飲料、栄養補助食品)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東、アフリカ)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、ガラクトオリゴ糖(GOS)の世界市場について調査・分析し、ガラクトオリゴ糖(GOS)の世界市場動向、ガラクトオリゴ糖(GOS)の世界市場規模、市場予測、セグメント別ガラクトオリゴ糖(GOS)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 脱臭システムの世界市場予測(~2023年)
    脱臭システムの世界市場は、2018年の34億米ドルから2023年には43億米ドルに達し、4.93%の年平均成長率で成長すると予測されています。脱臭システム市場の成長は、食用油の需要の高まりと、より栄養価の高い油の将来性の高さによって牽引されています。この市場の成長を促す要因として、開発途上国および先進国における食用油の生産と消費の増加、ならびに市場にプラスの影響を及ぼす油糧作物生産に対する政府の介入が考えれられます。特にアジア太平洋地域は、予測期間中、食用油、脂肪、およびショートニング向けの脱臭システムに対する需要の増加、より健康的な油に関する研究開発の増加、消費者の健康意識に対する高まりを背景に、この市場を支配すると予想されます。一方で、この地域では、種子の輸入に対する関税や規制の面で課題に直面することが予想され、脱臭システムの需要が妨げられると考えられています。当調査レポートでは、脱臭システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、食用油(ヤシ、大豆、ひまわり、落花生)分析、コンポーネント分析、精製手法(物理、化学)分析、操作(バ …
  • モダクリル繊維の世界市場予測2021:保護用衣類、毛髪繊維、室内装飾材料、家庭用、パイル織物(合成、フェイクファー)、産業用織物
    当調査レポートでは、モダクリル繊維の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、用途別分析、地域別分析、モダクリル繊維の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • グリコールの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、グリコールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、グリコールの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はグリコールの世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.48%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Akzo Nobel、BASF、SABIC、Shell、The Dow Chemical Company等です。
  • 世界のスマート・ウェアラブル端末市場2015
    本調査レポートでは、世界のスマート・ウェアラブル端末市場2015について調査・分析し、スマート・ウェアラブル端末の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 業務用ソフトクリームサーブ機器の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、業務用ソフトクリームサーブ機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、業務用ソフトクリームサーブ機器の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・調査手法 ・イントロダクション ・市場の状況 ・設備種類別市場分類 ・地域別分析 ・主要国 ・ディシジョンフレームワーク ・成長要因・課題 ・市場動向 ・競争状況 ・主要企業分析 ・付録
  • 自動車用バッテリアフターマーケットの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、自動車用バッテリアフターマーケットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用バッテリアフターマーケットの世界市場規模及び予測、車両種類別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のバイオ炭市場規模・予測2017-2025:技術別(ガス化、熱分解、その他)、用途別(園芸、農業、家畜、その他)、地域別、
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のバイオ炭市場について調査・分析し、世界のバイオ炭市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のバイオ炭関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • トップ10発電技術の世界市場予測(~2021年):蒸気タービン、マイクロタービン、ガスタービン、ガスエンジン、マイクロCHP、原子力発電原子炉、小型風力、ディーゼル発電機、ガス発電機、集光型太陽熱発電
  • 世界の外部フラッシュ市場2016
    本調査レポートでは、世界の外部フラッシュ市場2016について調査・分析し、外部フラッシュの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • エリスロポエチン(EPO)薬の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、エリスロポエチン(EPO)薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、エリスロポエチン(EPO)薬の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国の搬送ロボット市場2015
    本調査レポートでは、中国の搬送ロボット市場2015について調査・分析し、搬送ロボットの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のマルチクッカー市場2015
    本調査レポートでは、世界のマルチクッカー市場2015について調査・分析し、マルチクッカーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • モバイルアプリの世界市場
    当調査レポートでは、モバイルアプリの世界市場について調査・分析し、モバイルアプリの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • クルクミンの世界市場:用途別(医薬品、食品、化粧品)、セグメント予測
    クルクミンの世界市場は2024年には13億米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率12.3%で成長すると予測されています。クルクミンは、その抗炎症性および酸化防止性により、多くの食品および医療用途において理想的な成分となります。このような特性に関する消費者の意識が高まるにつれて、クルクミン市場は大幅に成長していくものと期待されています。本調査レポートでは、クルクミンの世界市場について調査・分析し、クルクミンの世界市場動向、クルクミンの世界市場規模、市場予測、セグメント別クルクミン市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • プロパントの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、プロパントの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、種類別分析、地域別分析、プロパントの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 消火ポンプ制御装置の世界市場:種類別(電動式、ディーゼル式)、エンドユーザー別(工業、商業、住宅)、地域別予測
    本資料は、消火ポンプ制御装置の世界市場について調べ、消火ポンプ制御装置の世界規模、市場動向、市場環境、種類別(電動式、ディーゼル式)分析、エンドユーザー別(工業、商業、住宅)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはEaton、Grundfos、Naffco、Tornatech、Vertiv、Hubbell、Metron、Pentair、Master Control Systems、ComAp、Flowserve、SPP Pumpsなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・消火ポンプ制御装置の世界市場概要 ・消火ポンプ制御装置の世界市場環境 ・消火ポンプ制御装置の世界市場動向 ・消火ポンプ制御装置の世界市場規模 ・消火ポンプ制御装置の世界市場規模:種類別(電動式、ディーゼル式) ・消火ポンプ制御装置の世界市場規模:エンドユーザー別(工業、商業、住宅) ・消火ポンプ制御装置の世界市場:地域別市場規模・分析 ・消火ポンプ制御装置の北米市場規模・予測 ・消火ポ …
  • 透明導電膜の世界市場予測(~2026):用途別(スマートフォン、タブレット、ノートパソコン、液晶表示ディスプレー、ウェアラブル機器)、材料別(ITOコーティングガラス、ITOコーティングPET、金属メッシュ、銀ナノワイヤ、カーボンナノチューブ)、地域別
    当調査レポートでは、透明導電膜の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、用途別分析、材料別分析、地域別分析、透明導電膜の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ガイドワイヤの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ガイドワイヤの世界市場について調査・分析し、ガイドワイヤの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ガイドワイヤシェア、市場規模推移、市場規模予測、ガイドワイヤ種類別分析()、ガイドワイヤ用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ガイドワイヤの市場概観 ・ガイドワイヤのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ガイドワイヤのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ガイドワイヤの世界市場規模 ・ガイドワイヤの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ガイドワイヤのアメリカ市場規模推移 ・ガイドワイヤのカナダ市場規模推移 ・ガイドワイヤのメキシコ市場規模推移 ・ガイドワイヤのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ガイドワイヤのドイツ市場規模推移 ・ガイドワイヤのイギリス市場規模推移 ・ガイドワイヤのロシア市場規模推移 ・ガイドワイヤのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・ガイドワイヤの日本市場規模推移 ・ガ …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"