"自己導尿カテーテルの世界市場:断続的カテーテル、外部カテーテル"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AMR9NV089)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"自己導尿カテーテルの世界市場:断続的カテーテル、外部カテーテル"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The global urinary self-catheters market was valued at $1,722 million in 2018, and is projected to reach $2,387 million by 2026, registering a CAGR of 4.1% from 2019 to 2026.

A urinary catheter is a hollow, partially flexible tube, which is used to drain the urine when an individual is unable to do it naturally. These catheters consist of a drainage bag that assists to collect a urine. They are composed of silicone, PVC, or vinyl or red rubber latex.
The urinary self-catheter market is expected to exhibit significant market growth during the forecast period, owing to increase in prevalence of benign prostate hyperplasia (BPH), urinary incontinence, and spinal cord injuries; rise in number of surgeries, and increase in geriatric population. Upsurge in demand for hydrophilic intermittent catheters and favorable reimbursement policies for usage of urinary catheters further supplement the market growth.

Innovations in catheters, novel product launches, and rise in demand for intermittent catheters in emerging economies provide lucrative opportunities for the market expansion. However, the availability of substitutes of catheters and lack of awareness toward utilization of self-catheters hamper the market growth.

The global urinary self-catheters market is segmented based on product, type, application, and region. Depending on product, the market is bifurcated into intermittent catheters and external catheters. Intermittent catheters are further classified into uncoated intermittent catheters and coated intermittent catheters. Coated intermittent catheters are subsegmented into antimicrobial, hydrophilic, and others. According to type, the market is categorized into male type catheter and female type catheter. By application, it is divided into benign prostate hyperplasia (BPH), urinary incontinence, spinal cord injuries, and others. Region wise, it is studied across North America (U.S., Canada, and Mexico), Europe (Germany, France, the UK, Italy, Spain, and rest of Europe), Asia-Pacific (China, Japan, Australia, India, South Korea, Taiwan, and rest of Asia-Pacific), and LAMEA (Brazil, South Africa, Saudi Arabia, Turkey, and rest of LAMEA).

KEY BENEFITS FOR STAKEHOLDERS
• The study provides an in-depth analysis of the market along with the current trends and future estimations to elucidate the imminent investment pockets.
• It offers a quantitative analysis from 2018 to 2026, which is expected to enable the stakeholders to capitalize on the prevailing market opportunities.
• A comprehensive analysis of all the geographical regions is provided to determine the existing opportunities.
• The profiles and growth strategies of the key players are thoroughly analyzed to understand the competitive outlook of the global market.

KEY MARKET SEGMENTS
By Product
• Intermittent Catheter
o Uncoated Intermittent Catheters
o Coated Intermittent Catheters
 Antimicrobial Intermittent catheters
 Hydrophilic Intermittent catheters
 Others
• External Catheter
By Type
• Male Type Catheter
• Female Type Catheter
By Application
• Benign Prostate Hyperplasia (BPH)
• Urinary Incontinence
• Spinal Cord Injuries
• Others
By Region
• North America
o U.S.
o Canada
o Mexico
• Europe
o Germany
o France
o UK
o Italy
o Spain
o Rest of Europe
• Asia-Pacific
o Japan
o China
o Australia
o India
o South Korea
o Taiwan
o Rest of Asia-Pacific
• LAMEA
o Brazil
o Saudi Arabia
o South Africa
o Turkey
o Rest of LAMEA

LIST OF KEY PLAYERS PROFILED IN THE REPORT
• Asid Bonz GmbH
• B Braun Melsungen AG
• Becton Dickson and Company (C.R. Bard)
• Boston Scientific Corporation
• Coloplast A/S
• ConvaTec
• Hollister, Inc.
• Medical Technologies of Georgia, Inc.
• Medtronic plc.
• Teleflex Incorporated

LIST OF OTHER PLAYERS IN THE VALUE CHAIN (These players are not profiled in the report. The same will be included on request.)
• Cure Medical
• Pennine Healthcare


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Allied Market Researchが"自己導尿カテーテルの世界市場:断続的カテーテル、外部カテーテル"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

CHAPTER 1: INTRODUCTION

1.1. Report description
1.2. Key benefits for stakeholders
1.3. Key market segments

1.3.1. List of key players profiled in the report

1.4. Research methodology

1.4.1. Secondary research
1.4.2. Primary research
1.4.3. Analyst tools and models

CHAPTER 2: EXECUTIVE SUMMARY

2.1. Key findings of the study
2.2. Key findings

2.2.1. Top investment pockets
2.2.2. Top impacting factors

2.3. CXO perspective

CHAPTER 3: MARKET OVERVIEW

3.1. Market definition and scope
3.2. Key forces shaping urinary self-catheter industry/market
3.3. Government regulations on global urinary self-catheter market
3.4. Market dynamics

3.4.1. Drivers

3.4.1.1. Increase in incidence of urinary disorders
3.4.1.2. Rise in geriatric population
3.4.1.3. Favorable reimbursement policies
3.4.1.4. Rise in adoption of hydrophilic catheters
3.4.1.5. Surge in healthcare expenditure worldwide

3.4.2. Restraints

3.4.2.1. Availability of alternatives to urinary self-catheters
3.4.2.2. Lack of awareness towards utilization of self-catheters

3.4.3. Opportunities

3.4.3.1. Emerging economies to offer lucrative opportunities
3.4.3.2. Innovations in urinary catheters and novel product launches

3.4.4. Impact analysis

CHAPTER 4: URINARY SELF-CATHETER MARKET, BY PRODUCT TYPE

4.1. Overview

4.1.1. Market size and forecast, by type

4.2. Intermittent catheters

4.2.1. Key market trends and opportunities
4.2.2. Market size and forecast, by type

4.2.2.1. Uncoated intermittent catheters

4.2.2.1.1. Market size and forecast

4.2.2.2. Coated intermittent catheters

4.2.2.2.1. Market size and forecast, by type
4.2.2.2.2. Antimicrobial intermittent catheters

4.2.2.2.2.1. Market size and forecast

4.2.2.2.3. Hydrophilic intermittent catheters

4.2.2.2.3.1. Market size and forecast

4.2.2.2.4. Other intermittent catheters

4.2.2.2.4.1. Market size and forecast, by type

4.2.3. Market size and forecast, by region
4.2.4. Market analysis, by country

4.3. External catheters

4.3.1. Key market trends and opportunities
4.3.2. Market size and forecast, by region
4.3.3. Market analysis, by country

CHAPTER 5: URINARY SELF-CATHETER MARKET, BY TYPE

5.1. Overview

5.1.1. Market size and forecast

5.2. Male type catheter

5.2.1. Market size and forecast
5.2.2. Market analysis, by country

5.3. Female type catheter

5.3.1. Market size and forecast
5.3.2. Market analysis, by country

CHAPTER 6: URINARY SELF-CATHETER MARKET, BY APPLICATION

6.1. Overview

6.1.1. Market size and forecast

6.2. Benign prostate hyperplasia (BPH)

6.2.1. Market size and forecast
6.2.2. Market analysis, by country

6.3. Urinary incontinence

6.3.1. Market size and forecast
6.3.2. Market analysis, by country

6.4. Spinal cord injuries

6.4.1. Market size and forecast
6.4.2. Market analysis, by country

6.5. Others

6.5.1. Market size and forecast
6.5.2. Market analysis, by country

CHAPTER 7: URINARY SELF-CATHETER MARKET, BY REGION

7.1. Overview

7.1.1. Market size and forecast

7.2. North America

7.2.1. Key market trends, growth factors, and opportunities
7.2.2. Market size and forecast, by country

7.2.2.1. U.S.

7.2.2.1.1. U.S. urinary self-catheter market, by product type
7.2.2.1.2. U.S. urinary self-catheter market, by type
7.2.2.1.3. U.S. urinary self-catheter market, by application

7.2.2.2. Canada

7.2.2.2.1. Canada urinary self-catheter market, by product type
7.2.2.2.2. Canada urinary self-catheter market, by type
7.2.2.2.3. Canada urinary self-catheter market, by application

7.2.2.3. Mexico

7.2.2.3.1. Mexico urinary self-catheter market, by product type
7.2.2.3.2. Mexico urinary self-catheter market, by type
7.2.2.3.3. Mexico urinary self-catheter market, by application

7.2.3. North America market size and forecast, by product type
7.2.4. North America urinary self-catheter market, by type
7.2.5. North America urinary self-catheter market, by application

7.3. Europe

7.3.1. Key market trends, growth factors, and opportunities
7.3.2. Market size and forecast, by country

7.3.2.1. Germany

7.3.2.1.1. Germany urinary self-catheter market, by product type
7.3.2.1.2. Germany urinary self-catheter market, by type
7.3.2.1.3. Germany urinary self-catheter market, by application

7.3.2.2. France

7.3.2.2.1. France urinary self-catheter market, by product type
7.3.2.2.2. France urinary self-catheter market, by type
7.3.2.2.3. France urinary self-catheter market, by application

7.3.2.3. UK

7.3.2.3.1. UK urinary self-catheter market, by product type
7.3.2.3.2. UK urinary self-catheter market, by type
7.3.2.3.3. UK urinary self-catheter market, by application

7.3.2.4. Italy

7.3.2.4.1. Italy urinary self-catheter market, by product type
7.3.2.4.2. Italy urinary self-catheter market, by type
7.3.2.4.3. Italy urinary self-catheter market, by application

7.3.2.5. Spain

7.3.2.5.1. Spain urinary self-catheter market, by product type
7.3.2.5.2. Spain urinary self-catheter market, by type
7.3.2.5.3. Spain urinary self-catheter market, by application

7.3.2.6. Rest of Europe

7.3.2.6.1. Rest of Europe urinary self-catheter market, by product type
7.3.2.6.2. Rest of Europe urinary self-catheter market, by type
7.3.2.6.3. Rest of Europe urinary self-catheter market, by application

7.3.3. Europe market size and forecast, by product type
7.3.4. Europe urinary self-catheter market, by type
7.3.5. Europe urinary self-catheter market, by application

7.4. Asia-Pacific

7.4.1. Key market trends, growth factors, and opportunities
7.4.2. Market size and forecast, by country

7.4.2.1. Japan

7.4.2.1.1. Japan urinary self-catheter market, by product type
7.4.2.1.2. Japan urinary self-catheter market, by type
7.4.2.1.3. Japan urinary self-catheter market, by application

7.4.2.2. China

7.4.2.2.1. China urinary self-catheter market, by product type
7.4.2.2.2. China urinary self-catheter market, by type
7.4.2.2.3. China urinary self-catheter market, by application

7.4.2.3. Australia

7.4.2.3.1. Australia urinary self-catheter market, by product type
7.4.2.3.2. Australia urinary self-catheter market, by type
7.4.2.3.3. Australia urinary self-catheter market, by application

7.4.2.4. India

7.4.2.4.1. India urinary self-catheter market, by product type
7.4.2.4.2. India urinary self-catheter market, by type
7.4.2.4.3. India urinary self-catheter market, by application

7.4.2.5. South Korea

7.4.2.5.1. South Korea urinary self-catheter market, by product type
7.4.2.5.2. South Korea urinary self-catheter market, by type
7.4.2.5.3. South Korea urinary self-catheter market, by application

7.4.2.6. Rest of Asia-Pacific

7.4.2.6.1. Rest of Asia-Pacific urinary self-catheter market, by product type
7.4.2.6.2. Rest of Asia-Pacific urinary self-catheter market, by type
7.4.2.6.3. Rest of Asia-Pacific urinary self-catheter market, by application

7.4.3. Asia-Pacific Market size and forecast, by product type
7.4.4. Asia-Pacific urinary self-catheter market, by type
7.4.5. Asia-Pacific urinary self-catheter market, by application

7.5. LAMEA

7.5.1. Key market trends, growth factors, and opportunities
7.5.2. Market size and forecast, by country

7.5.2.1. Brazil

7.5.2.1.1. Brazil urinary self-catheter market, by product type
7.5.2.1.2. Brazil urinary self-catheter market, by type
7.5.2.1.3. Brazil urinary self-catheter market, by application

7.5.2.2. Saudi Arabia

7.5.2.2.1. Saudi Arabia urinary self-catheter market, by product type
7.5.2.2.2. Saudi Arabia urinary self-catheter market, by type
7.5.2.2.3. Saudi Arabia urinary self-catheter market, by application

7.5.2.3. South Africa

7.5.2.3.1. South Africa urinary self-catheter market, by product type
7.5.2.3.2. South Africa urinary self-catheter market, by type
7.5.2.3.3. South Africa urinary self-catheter market, by application

7.5.2.4. Turkey

7.5.2.4.1. Turkey urinary self-catheter market, by product type
7.5.2.4.2. Turkey urinary self-catheter market, by type
7.5.2.4.3. Turkey urinary self-catheter market, by application

7.5.2.5. Rest of LAMEA

7.5.2.5.1. Rest of LAMEA urinary self-catheter market, by product type
7.5.2.5.2. Rest of LAMEA urinary self-catheter market, by type
7.5.2.5.3. Rest of LAMEA urinary self-catheter market, by application

7.5.3. LAMEA Market size and forecast, by product type
7.5.4. LAMEA urinary self-catheter market, by type
7.5.5. LAMEA urinary self-catheter market, by application

CHAPTER 8: COMPETITIVE LANDSCAPE

8.1. Introduction

8.1.1. Market player positioning, 2018

8.2. Competitive dashboard
8.3. Competitive heatmap

CHAPTER 9: COMPANY PROFILES

9.1. ASID BONZ GmbH

9.1.1. Company overview
9.1.2. Company snapshot
9.1.3. Operating business segments
9.1.4. Product portfolio
9.1.5. Key strategic moves and developments

9.2. B BRAUN MELSUNGEN AG

9.2.1. Company overview
9.2.2. Company snapshot
9.2.3. Operating business segments
9.2.4. Product portfolio
9.2.5. Business performance

9.3. BECTON, DICKINSON AND COMPANY (C.R. BARD)

9.3.1. Company overview
9.3.2. Company snapshot
9.3.3. Operating business segments
9.3.4. Product portfolio
9.3.5. Business performance
9.3.6. Key strategic moves and developments

9.4. BOSTON SCIENTIFIC CORPORATION

9.4.1. Company overview
9.4.2. Company snapshot
9.4.3. Operating business segments
9.4.4. Product portfolio
9.4.5. Business performance

9.5. COLOPLAST A/S

9.5.1. Company overview
9.5.2. Company snapshot
9.5.3. Operating business segments
9.5.4. Product portfolio
9.5.5. Business performance
9.5.6. Key strategic moves and developments

9.6. CONVATEC

9.6.1. Company overview
9.6.2. Company snapshot
9.6.3. Operating business segments
9.6.4. Product portfolio
9.6.5. Business performance
9.6.6. Key strategic moves and developments

9.7. HOLLISTER, INC.

9.7.1. Company overview
9.7.2. Company snapshot
9.7.3. Operating business segments
9.7.4. Product portfolio
9.7.5. Key strategic moves and developments

9.8. MEDTRONIC PLC.

9.8.1. Company overview
9.8.2. Company snapshot
9.8.3. Operating business segments
9.8.4. Product portfolio
9.8.5. Business performance

9.9. MEDICAL TECHNOLOGIES OF GEORGIA, INC.

9.9.1. Company overview
9.9.2. Company snapshot
9.9.3. Operating business segments
9.9.4. Product portfolio

9.10. TELEFLEX INCORPORATED

9.10.1. Company overview
9.10.2. Company snapshot
9.10.3. Operating business segments
9.10.4. Product portfolio
9.10.5. Business performance

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】自己導尿カテーテルの世界市場:断続的カテーテル、外部カテーテル
【発行日】2019年7月
【調査会社】Allied Market Research
【コード】AMR9NV089
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】医療
【キーワード】自己導尿カテーテル、断続的カテーテル、外部カテーテル、男性型カテーテル、女性型カテーテル、良性前立腺過形成、尿失禁、脊髄損傷
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
自己導尿カテーテルの世界市場:断続的カテーテル、外部カテーテルについてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • バイオプロセス容器の世界市場2020-2024:エンドユーザー別、地域別
    「バイオプロセス容器の世界市場2020-2024」は、バイオプロセス容器について市場概要、市場規模、エンドユーザー別(製薬企業、ライフサイエンス企業、学術研究機関)分析、顧客状況、地域状況、決定フレームワーク、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・バイオプロセス容器の世界市場:エンドユーザー別(製薬企業、ライフサイエンス企業、学術研究機関) ・顧客状況 ・地域状況 ・決定フレームワーク ・市場の要因・課題 ・市場トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • 摺動面油の世界市場分:製品別(ISO VG 68、ISO VG 220)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、摺動面油の世界市場について調査・分析し、摺動面油の世界市場動向、摺動面油の世界市場規模、市場予測、セグメント別摺動面油市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 通信APIの世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、通信APIの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、API別分析、需要先別分析、地域別分析、通信APIの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の最小侵襲手術(MIS)用デバイス開発動向:医療機器パイプライン分析2015
    当調査レポートでは、最小侵襲手術(MIS)用デバイスのグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・最小侵襲手術(MIS)用デバイスの概要 ・最小侵襲手術(MIS)用デバイスの開発動向:開発段階別分析 ・最小侵襲手術(MIS)用デバイスの開発動向:セグメント別分析 ・最小侵襲手術(MIS)用デバイスの開発動向:領域別分析 ・最小侵襲手術(MIS)用デバイスの開発動向:規制Path別分析 ・最小侵襲手術(MIS)用デバイスの開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別最小侵襲手術(MIS)用デバイスの開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・最小侵襲手術(MIS)用デバイスの最近動向
  • 中電圧モーターの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、中電圧モーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、中電圧モーターの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 中電圧モーターは、出力範囲が25MWから75MWで駆動するモーターです。中電圧モーターは、様々な生産工程において非常に有益です。具体例としては、器具の負荷を下げ、騒音レベルを下げ、炭素放出量を下げ、エンドユーザーの工程の管理を容易にし、機械的なメンテナンスを最小限に抑え、有害業務を容易にすることが挙げられます。Technavio社は中電圧モーターの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.92%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• ABB• WEG• GE• TOSHIBA• TECO-Westinghouse 等です。
  • イギリスの整形外科処置動向(~2021)
  • 表皮水疱症(Epidermolysis Bullosa):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における表皮水疱症(Epidermolysis Bullosa)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、表皮水疱症(Epidermolysis Bullosa)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・表皮水疱症(Epidermolysis Bullosa)の概要 ・表皮水疱症(Epidermolysis Bullosa)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の表皮水疱症(Epidermolysis Bullosa)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・表皮水疱症(Epidermolysis Bullosa)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   …
  • 自動車用安全システムの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、自動車用安全システムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用安全システム市場規模、提供物別(ソフトウェア、ハードウェア)分析、電気自動車別(燃料電池電気自動車(FCEV)、ハイブリッド電気自動車(HEV)、プラグインハイブリッド電気自動車(PHEV)、バッテリー式電気自動車(BEV))分析、技術別(受動型安全システム、むち打ち症保護システム、乗員保護、能動型安全システム)分析、オフハイウェー車別(建設用車両、農業用車両)分析、オンハイウェイ車別(小型商用車(LCV)、乗用車(PC)、トラック、バス)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 自動車用安全システムの世界市場:市場動向分析 ・ 自動車用安全システムの世界市場:競争要因分析 ・ 自動車用安全システムの世界市場:提供物別(ソフトウェア、ハードウェア) ・ 自動車用安全システムの世界市場:電気自動車別(燃料電池電気自動車(FCEV)、ハイブリッド電気自動車( …
  • モバイルNAND型フラッシュメモリの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、モバイルNAND型フラッシュメモリの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、モバイルNAND型フラッシュメモリの世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、技術別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 米国の心臓人工弁市場見通し(~2021)
  • エアブレーキシステムの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、エアブレーキシステムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、エアブレーキシステム市場規模、コンポーネント別(エアドライヤー、ブレーキチャンバー、コンプレッサー、フットバルブ、ガバナー、その他)分析、ブレーキタイプ別(エアディスクブレーキ、エアドラムブレーキ)分析、用途別(大型商用車(HCV)、小型商用車(LCV)、乗用車)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ エアブレーキシステムの世界市場:市場動向分析 ・ エアブレーキシステムの世界市場:競争要因分析 ・ エアブレーキシステムの世界市場:コンポーネント別(エアドライヤー、ブレーキチャンバー、コンプレッサー、フットバルブ、ガバナー、その他) ・ エアブレーキシステムの世界市場:ブレーキタイプ別(エアディスクブレーキ、エアドラムブレーキ) ・ エアブレーキシステムの世界市場:用途別(大型商用車(HCV)、小型商用車(LCV)、乗用車) ・ エアブレーキシステムの世界市場 …
  • 圧迫療法の世界市場2017-2021:圧迫ポンプ、圧迫包帯、弾性ストッキング、圧迫テープ
    当調査レポートでは、圧迫療法の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、圧迫療法の世界市場規模及び予測、技術別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ヨーロッパ主要国の頭蓋顎顔面固定(CMF)処置動向(~2021)
  • 極低温タンクの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、極低温タンクの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、極低温タンクの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • マネージドファイル転送ソリューションの世界市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、マネージドファイル転送ソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、ソリューション別分析、サービス別分析、企業規模別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • カーボンブラックの世界市場予測(~2021年):ファーネスブラック、チャネルブラック、サーマルブラック、アセチレンブラック
    当調査レポートでは、カーボンブラックの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、カーボンブラックの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • マイクロ保険の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、マイクロ保険の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、マイクロ保険の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ブリスター包装の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、ブリスター包装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、材料別分析、種類別分析、技術別分析、需要先別分析、ブリスター包装の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 工業用ワックスの世界市場予測:化石ベース、合成ベース、バイオベース
    当調査レポートでは、工業用ワックスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、工業用ワックスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の二酸化モリブデン市場2016
    本調査レポートでは、世界の二酸化モリブデン市場2016について調査・分析し、二酸化モリブデンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 慢性心不全(Chronic Heart Failure):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における慢性心不全(Chronic Heart Failure)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、慢性心不全(Chronic Heart Failure)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・慢性心不全(Chronic Heart Failure)の概要 ・慢性心不全(Chronic Heart Failure)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の慢性心不全(Chronic Heart Failure)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・慢性心不全(Chronic Heart Failure)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   …
  • フィンテックソフトウェアの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、フィンテックソフトウェアの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、フィンテックソフトウェア市場規模、最終用途別(銀行、保険、セキュリティ)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・フィンテックソフトウェアの世界市場概要 ・フィンテックソフトウェアの世界市場環境 ・フィンテックソフトウェアの世界市場動向 ・フィンテックソフトウェアの世界市場規模 ・フィンテックソフトウェアの世界市場:業界構造分析 ・フィンテックソフトウェアの世界市場:最終用途別(銀行、保険、セキュリティ) ・フィンテックソフトウェアの世界市場:地域別市場規模・分析 ・フィンテックソフトウェアのアメリカ市場規模・予測 ・フィンテックソフトウェアのヨーロッパ市場規模・予測 ・フィンテックソフトウェアのアジア市場規模・予測 ・フィンテックソフトウェアの主要国分析 ・フィンテックソフトウェアの世界市場:意思決定フレームワーク ・フィンテックソフトウェアの世界 …
  • オートバイ用チューブレスタイヤの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、オートバイ用チューブレスタイヤの世界市場について調べ、オートバイ用チューブレスタイヤの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、オートバイ用チューブレスタイヤの市場規模をセグメンテーション別(用途別(ミッドプレミアムモーターサイクル、通勤用オートバイ、プレミアムバイク)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はオートバイ用チューブレスタイヤの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均8%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・オートバイ用チューブレスタイヤの市場状況 ・オートバイ用チューブレスタイヤの市場規模 ・オートバイ用チューブレスタイヤの市場予測 ・オートバイ用チューブレスタイヤの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(ミッドプレミアムモーターサイクル、通勤用オートバイ、プレミアムバイク) ・オートバイ用チューブレスタイヤの顧客状況 ・主要地域 …
  • RWS(遠隔操作式銃塔)の世界市場:用途別(軍隊、国家防衛)、プラットフォーム別(陸軍、海軍、空軍)、コンポーネント別(センサー、武器・軍備)、技術別(近接防御火器システム、遠隔操作式銃システム )、地域別予測
    本資料は、RWS(遠隔操作式銃塔)の世界市場について調べ、RWS(遠隔操作式銃塔)の世界規模、市場動向、市場環境、用途別(軍隊、国家防衛)分析、プラットフォーム別(陸軍、海軍、空軍)分析、コンポーネント別(センサー、武器・軍備)分析、技術別(近接防御火器システム、遠隔操作式銃システム )分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・RWS(遠隔操作式銃塔)の世界市場概要 ・RWS(遠隔操作式銃塔)の世界市場環境 ・RWS(遠隔操作式銃塔)の世界市場動向 ・RWS(遠隔操作式銃塔)の世界市場規模 ・RWS(遠隔操作式銃塔)の世界市場規模:用途別(軍隊、国家防衛) ・RWS(遠隔操作式銃塔)の世界市場規模:プラットフォーム別(陸軍、海軍、空軍) ・RWS(遠隔操作式銃塔)の世界市場規模:コンポーネント別(センサー、武器・軍備) ・RWS(遠隔操作式銃塔)の世界市場規模:技術別(近接防御火器システム、遠隔操作式銃システム ) ・RWS(遠隔操作式銃塔)の世 …
  • 血友病A(Hemophilia A):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における血友病A(Hemophilia A)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、血友病A(Hemophilia A)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・血友病A(Hemophilia A)の概要 ・血友病A(Hemophilia A)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の血友病A(Hemophilia A)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・血友病A(Hemophilia A)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤 …
  • オランダの原子力発電市場2016:発電能力、生産、発電所、規制、企業分析
  • ビジネスプロセス管理(BPM)ソリューションの世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、ビジネスプロセス管理(BPM)ソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、ソリューション別分析、サービス別分析、企業規模別分析、産業別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 食品用酵素の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、食品用酵素の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、食品用酵素市場規模、形状別(液体、凍結乾燥粉末、その他)分析、タイプ別(リパーゼ、カルボヒドラーゼ、プロテアーゼ、その他)分析、供給源別(動物由来酵素、植物由来酵素、微生物、真菌、細菌)分析、ブランド別(Ha-Lactase、Veron Xtender、Novozymes Novamyl、Powerflex、Rapidase、Brewers Compass、Maxilact、Novozymes Gluzyme、Brewers Clarex)分析、用途別(菓子、加工食品、飲料、ベーカリー製品、乳製品、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 食品用酵素の世界市場:市場動向分析 ・ 食品用酵素の世界市場:競争要因分析 ・ 食品用酵素の世界市場:形状別(液体、凍結乾燥粉末、その他) ・ 食品用酵素の世界市場:タイプ別(リパーゼ、カルボヒドラーゼ、プロテアーゼ、その他) …
  • 北米の患者診察機器市場見通し(~2021)
  • パーソナルケア用家電の世界市場:ヘアケア家電、除毛家電、オーラルケア家電
    当調査レポートでは、パーソナルケア用家電の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、パーソナルケア用家電の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 患者モニタリング装置の世界市場
    当調査レポートでは、患者モニタリング装置の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・患者モニタリング装置の世界市場:装置種類別分析/市場規模 ・患者モニタリング装置の世界市場:製品種類別分析/市場規模 ・患者モニタリング装置の世界市場:需要先別分析/市場規模 ・患者モニタリング装置の世界市場:地域別分析/市場規模 ・患者モニタリング装置のアメリカ市場規模予測 ・患者モニタリング装置のヨーロッパ市場規模予測 ・患者モニタリング装置のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • アフタクーラ(後部冷却器)の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、アフタクーラ(後部冷却器)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アフタクーラ(後部冷却器)の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はアフタクーラ(後部冷却器)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.91%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Atlas Copco、EJ Bowman、Gritco、KAESER KOMPRESSOREN、SMC、Van Air等です。
  • 保護包装の世界市場2014-2025:タイプ別(フレキシブル、発泡体、リジッド)、材料別(紙・段ボール、海綿状プラスチック、プラスチック)、機能別(空隙充填、ラッピング、断熱、ブロック・押さえ、クッション)、最終用途別、地域別
    本調査レポートでは、保護包装の世界市場について調査・分析し、保護包装の世界市場動向、保護包装の世界市場規模、市場予測、セグメント別保護包装市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 原子力の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、原子力の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、原子力市場規模、原子炉タイプ別(加圧水型原子炉(PWR)、沸騰水型原子炉(BWR)、加重重水炉(PHWR)、ガス冷却炉(GCR)、その他)分析、用途別(食品・農業、発電、医療、工業、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 原子力の世界市場:市場動向分析 ・ 原子力の世界市場:競争要因分析 ・ 原子力の世界市場:原子炉タイプ別(加圧水型原子炉(PWR)、沸騰水型原子炉(BWR)、加重重水炉(PHWR)、ガス冷却炉(GCR)、その他) ・ 原子力の世界市場:用途別(食品・農業、発電、医療、工業、その他) ・ 原子力の世界市場:主要地域別分析 ・ 原子力の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 原子力のヨーロッパ市場規模 ・ 原子力のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・原子力の世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • パワーアンプの世界市場予測(~2023年)
    パワーアンプの世界市場は、2018年の214億米ドルから2023年には306億米ドルに達し、この期間中7.4%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、家庭用電化製品の人気の高まり、LTE技術の使用、高品質オーディオに対する需要が考えれられます。一方で、高度に細分化された産業による価格マージンの減少、ひいては利益の低減が要因で、市場の成長は抑制される可能性があります。当調査レポートでは、パワーアンプの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品(オーディオパワーアンプ、RFパワーアンプ)分析、クラス(クラスAB、クラスC、クラスD)分析、技術分析、産業(家電、工業、テレコム、自動車)分析、パワーアンプの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • インドのプラスチックシート/プレート/フィルム市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 世界の自動車ドライブシャフトモータ市場2016
    本調査レポートでは、世界の自動車ドライブシャフトモータ市場2016について調査・分析し、自動車ドライブシャフトモータの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • アルファオレフィンの世界市場:製品別(1-ヘキセン、1-オクテン)、用途別(ポリエチレン、洗剤アルコール、合成潤滑油)
    本調査レポートでは、アルファオレフィンの世界市場について調査・分析し、アルファオレフィンの世界市場動向、アルファオレフィンの世界市場規模、市場予測、セグメント別アルファオレフィン市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の頭蓋顎顔面固定(CMF)装置市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、頭蓋顎顔面固定(CMF)装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・頭蓋顎顔面固定(CMF)装置の概要 ・頭蓋顎顔面固定(CMF)装置の開発動向:開発段階別分析 ・頭蓋顎顔面固定(CMF)装置の開発動向:セグメント別分析 ・頭蓋顎顔面固定(CMF)装置の開発動向:領域別分析 ・頭蓋顎顔面固定(CMF)装置の開発動向:規制Path別分析 ・頭蓋顎顔面固定(CMF)装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別頭蓋顎顔面固定(CMF)装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・頭蓋顎顔面固定(CMF)装置の最近動向
  • 中国のスマート・ホルムアルデヒド検知器市場2015
    本調査レポートでは、中国のスマート・ホルムアルデヒド検知器市場2015について調査・分析し、スマート・ホルムアルデヒド検知器の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界及び米国の鉄粉市場2017-2022
  • 火災検知・火災抑制装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、火災検知・火災抑制装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、火災検知・火災抑制装置の世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • トップ10自動車技術の世界市場予測(~2021): リモート診断装置、生体認証車両アクセス、車両セキュリティ、自動車3D印刷、オンボードインターネット、ヘッドアップディスプレイHUD、車両インテリジェンス、ナイトビジョンシステム、BDS、車線逸脱警報装置LDWS、地域別 分析
  • 航空機用照明の世界市場予測:商業、軍事、ビジネスジェットおよび一般航空、ヘリコプター
    MarketsandMarkets社は、航空機用照明の世界市場規模が2019年11億ドルから2030年21億ドルまで年平均5.8%成長すると予測しています。当調査レポートでは、航空機用照明の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、航空機種類別(商業、軍事、ビジネスジェットおよび一般航空、ヘリコプター)分析、光源別(LED、蛍光灯)分析、ライト種類別(インテリアライト、エクステリアライト)分析、エンドユーザー別(OEM、アフターマーケット)分析、航空機用照明の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ロボット手術システムの世界市場:器具・アクセサリー、システム、サービス
    Technavio社の本調査レポートでは、ロボット手術システムの世界市場について調べ、ロボット手術システムの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ロボット手術システムの市場規模をセグメンテーション別(製品別(器具・アクセサリー、システム、サービス)、用途別(婦人科、一般手術、泌尿器科、心臓手術、その他)、エンドユーザー別(病院、ASC))と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他)に分けて算出しました。Technavio社はロボット手術システムの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均12%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・ロボット手術システムの市場状況 ・ロボット手術システムの市場規模 ・ロボット手術システムの市場予測 ・ロボット手術システムの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(器具・アクセサリー、システム、サービス) ・市場セグメンテーション:用途別(婦人科、一般手術、泌尿器科、心臓手術、その他) ・市場セグメンテーション:エンドユーザー別(病院、ASC) …
  • 動物飼料用プロバイオティクスの世界市場:乳酸菌、サーモフィラス菌、ビフィズス菌
    当調査レポートでは、動物飼料用プロバイオティクスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、家畜別分析、形状別分析、機能別分析、動物飼料用プロバイオティクスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • コンプレッサー制御装置の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、コンプレッサー制御装置の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、コンプレッサー制御装置市場規模、製品別(制御エレメント、通信)分析、エンドユーザー別(プロセス製造業、ディスクリート製造業)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・コンプレッサー制御装置の世界市場概要 ・コンプレッサー制御装置の世界市場環境 ・コンプレッサー制御装置の世界市場動向 ・コンプレッサー制御装置の世界市場規模 ・コンプレッサー制御装置の世界市場:業界構造分析 ・コンプレッサー制御装置の世界市場:製品別(制御エレメント、通信) ・コンプレッサー制御装置の世界市場:エンドユーザー別(プロセス製造業、ディスクリート製造業) ・コンプレッサー制御装置の世界市場:地域別市場規模・分析 ・コンプレッサー制御装置の北米市場規模・予測 ・コンプレッサー制御装置のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・コンプレッサー制御装置のアジア太平洋市場規模・予測 ・コ …
  • 半導体のベトナム市場2017-2021
    当調査レポートでは、半導体のベトナム市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、半導体のベトナム市場規模及び予測、用途別分析、デバイス別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は半導体のベトナム市場が2017-2021年期間中に年平均19.42%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Hitachi• Intel• Saigon Semiconductor Technology• STMicroelectronics等です。
  • 結核(TB)検査の世界市場:市場機会および成長戦略
  • 自動車用アクチュエーターの世界市場予測(~2022年):ウェストゲート、VGT、スロットル、ブレーキ、EGR、電動シート、グリルシャッター、HVAC、ヘッドランプ、圧電性アクチュエーター
    当調査レポートでは、自動車用アクチュエーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、車両種類別分析、用途別分析、製品別分析、地域別分析、自動車用アクチュエーターの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"