"4G機器の世界市場:コンポーネント別、技術別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AMR9NV090)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"4G機器の世界市場:コンポーネント別、技術別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Wireless mobile communications are generally defined by generation designations. 4G is a fourth-generation of mobile network technology that enables faster internet than earlier generations such as 2G and 3G networks. The 4G equipment are categorized into Long-term Equipment (LTE) and Wi-max equipment. These equipment enable to increase network capacity and faster data transmission rates in areas such as stadiums, hospitals, campuses, resorts, and other large places.

Significant rise in network traffic due to rise in M2M connections, mobile, and wireless devices is the major factor driving the growth of the 4G equipment market. In addition, booming consumer demand for high speed connectivity and supportive government and industry initiatives are also driving the market. However, concerns pertaining to network are expected to hinder the growth of the 4G equipment market. Furthermore, expansion of 4G network in rural areas is expected to provide major opportunities for the market growth in upcoming years.

The global 4G equipment market is segmented on the basis of component, technology, and region. Based on component, the market is categorized into infrastructure equipment and testing equipment. On the basis of technology, it is classified into LTE and Wi-Max. In addition, LTE technology is further segmented into, TD-LTE, FDD-LTE, and LTE A. Based on region, the 4G Equipment market is analyzed across North America, Europe, Asia Pacific, and LAMEA.

The market players operating in the 4G equipment market are Airspan Networks Inc., Cisco, Fujitsu Limited, Huawei Technologies Co. Ltd., Motorola Solutions, Inc., NEC Corporation, Nokia Corporation, Samsung Electronics Co. Ltd., Telefonaktiebolaget LM Ericsson, ZTE Corporation, and others.

KEY BENEFITS
• The report provides an in-depth analysis of the global 4G equipment market, outlining current trends, key driving factors, and potential areas for product investments.
• Key players are analyzed with respect to their primary offerings, recent investments, and future development strategies.
• Porter’s five forces analysis illustrates the potency of buyers and suppliers operating in the industry.
• The quantitative analysis of the global 4G equipment market from 2018 to 2026 is provided to determine the market potential.

KEY MARKET SEGMENTS

BY COMPONENT
• Infrastructure Equipment
o Small Cell
o Macro Cell
o Distributed Antenna System (DAS)
o Others
• Testing Equipment

BY APPLICATION
• LTE
 TD-LTE
 FDD-LTE
 LTE A
• Wi-Max

BY Region
• North America
o U.S.
o Canada

• Europe
o UK
o Germany
o France
o Rest of Europe

• Asia-Pacific
o China
o India
o Japan
o Rest of Asia-Pacific

• LAMEA
o Latin America
o Middle East
o Africa

KEY MARKET PLAYERS PROFILED IN THE REPORT
• Airspan Networks Inc.
• Cisco
• Fujitsu Limited
• Huawei Technologies Co. Ltd.
• Motorola Solutions, Inc.
• NEC Corporation
• Nokia Corporation
• Samsung Electronics Co. Ltd.
• Telefonaktiebolaget LM Ericsson
• ZTE Corporation
• Others


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Allied Market Researchが"4G機器の世界市場:コンポーネント別、技術別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

CHAPTER 1: INTRODUCTION
1.1. REPORT DESCRIPTION
1.2. KEY MARKET SEGMENTS
1.3. KEY BENEFITS
1.4. RESEARCH METHODOLOGY
1.4.1. Primary research
1.4.2. Secondary research
1.4.3. Analyst tools and models
CHAPTER 2: EXECUTIVE SUMMARY
2.1. CXO PERSPECTIVE
CHAPTER 3: MARKET LANDSCAPE
3.1. MARKET DEFINITION AND SCOPE
3.2. KEY FINDINGS
3.2.1. Top investment pockets
3.2.2. Top winning strategies
3.3. PORTER’S FIVE FORCES ANALYSIS
3.3.1. Bargaining power of suppliers
3.3.2. Threat of new entrants
3.3.3. Threat of substitutes
3.3.4. Competitive rivalry
3.3.5. Bargaining power among buyers
3.4. MARKET SHARE ANALYSIS/TOP PLAYER POSITIONING
3.5. MARKET DYNAMICS
3.5.1. Drivers
3.5.2. Restraints
3.5.3. Opportunities
CHAPTER 4: 4G EQUIPMENT MARKET BY COMPONENT
4.1. OVERVIEW
4.2. INFRASTRUCTURE EQUIPMENT
4.2.1. Key market trends, Growth factors and opportunities
4.2.2. Market size and forecast by region
4.2.3. Market analysis by country
4.3. TESTING EQUIPMENT
4.3.1. Key market trends, Growth factors and opportunities
4.3.2. Market size and forecast by region
4.3.3. Market analysis by country
CHAPTER 5: 4G EQUIPMENT MARKET BY TECHNOLOGY
5.1. OVERVIEW
5.2. LTE
5.2.1. Key market trends, Growth factors and opportunities
5.2.2. TD-LTE
5.2.3. FDD-LTE
5.2.4. LTE-A
5.2.5. Market size and forecast by region
5.2.6. Market analysis by country
5.3. WI-MAX
5.3.1. Key market trends, Growth factors and opportunities
5.3.2. Market size and forecast by region
5.3.3. Market analysis by country
CHAPTER 6: 4G EQUIPMENT MARKET BY REGION
6.1. OVERVIEW
6.2. NORTH AMERICA
6.2.1. Key market trends and opportunities
6.2.2. Market size and forecast by Component
6.2.3. Market size and forecast by Technology
6.2.4. Market size and forecast by Country
6.2.5. U.S. 4G EQUIPMENT MARKET
6.2.5.1. Market size and forecast by Component
6.2.5.2. Market size and forecast by Technology
6.2.6. CANADA 4G EQUIPMENT MARKET
6.2.6.1. Market size and forecast by Component
6.2.6.2. Market size and forecast by Technology
6.3. EUROPE
6.3.1. Key market trends and opportunities
6.3.2. Market size and forecast by Component
6.3.3. Market size and forecast by Technology
6.3.4. Market size and forecast by Country
6.3.5. GERMANY 4G EQUIPMENT MARKET
6.3.5.1. Market size and forecast by Component
6.3.5.2. Market size and forecast by Technology
6.3.6. FRANCE 4G EQUIPMENT MARKET
6.3.6.1. Market size and forecast by Component
6.3.6.2. Market size and forecast by Technology
6.3.7. U.K. 4G EQUIPMENT MARKET
6.3.7.1. Market size and forecast by Component
6.3.7.2. Market size and forecast by Technology
6.3.8. REST OF EUROPE 4G EQUIPMENT MARKET
6.3.8.1. Market size and forecast by Component
6.3.8.2. Market size and forecast by Technology
6.4. ASIA PACIFIC
6.4.1. Key market trends and opportunities
6.4.2. Market size and forecast by Component
6.4.3. Market size and forecast by Technology
6.4.4. Market size and forecast by Country
6.4.5. CHINA 4G EQUIPMENT MARKET
6.4.5.1. Market size and forecast by Component
6.4.5.2. Market size and forecast by Technology
6.4.6. INDIA 4G EQUIPMENT MARKET
6.4.6.1. Market size and forecast by Component
6.4.6.2. Market size and forecast by Technology
6.4.7. JAPAN 4G EQUIPMENT MARKET
6.4.7.1. Market size and forecast by Component
6.4.7.2. Market size and forecast by Technology
6.4.8. REST OF ASIA PACIFIC 4G EQUIPMENT MARKET
6.4.8.1. Market size and forecast by Component
6.4.8.2. Market size and forecast by Technology
6.5. LAMEA
6.5.1. Key market trends and opportunities
6.5.2. Market size and forecast by Component
6.5.3. Market size and forecast by Technology
6.5.4. Market size and forecast by Country
6.5.5. LATIN AMERICA 4G EQUIPMENT MARKET
6.5.5.1. Market size and forecast by Component
6.5.5.2. Market size and forecast by Technology
6.5.6. MIDDLE EAST 4G EQUIPMENT MARKET
6.5.6.1. Market size and forecast by Component
6.5.6.2. Market size and forecast by Technology
6.5.7. AFRICA 4G EQUIPMENT MARKET
6.5.7.1. Market size and forecast by Component
6.5.7.2. Market size and forecast by Technology

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】4G機器の世界市場:コンポーネント別、技術別
【発行日】2019年7月
【調査会社】Allied Market Research
【コード】AMR9NV090
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】ICT及びメディア
【キーワード】4G機器、インフラ機器、試験機器、LTE、Wi-Max
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
4G機器の世界市場:コンポーネント別、技術別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 代謝型グルタミン酸受容体アゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における代謝型グルタミン酸受容体アゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・代謝型グルタミン酸受容体アゴニストの概要 ・代謝型グルタミン酸受容体アゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中の代謝型グルタミン酸受容体アゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・代謝型グルタミン酸受容体アゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・代謝型グルタミン酸受容体アゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 双極性障害治療薬の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、双極性障害治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、疾患概要、双極性障害治療薬の世界市場規模及び予測、薬剤種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 海上クレーンの世界市場
    当調査レポートでは、海上クレーンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、海上クレーンの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ウェハ検査装置の世界市場2015-2019
    当調査レポートでは、ウェハ検査装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ウェハ検査装置の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 太陽光発電モジュールの世界市場2016:市場規模、競争環境、主要国分析、予測
  • 発泡性防炎塗料の世界市場分析:技術別(水ベース、溶媒ベース、エポキシベース)、用途別(炭化水素、セルロース)、エンドユーザー別(建設、石油・ガス、自動車)、地域別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、発泡性防炎塗料の世界市場について調査・分析し、発泡性防炎塗料の世界市場動向、発泡性防炎塗料の世界市場規模、市場予測、セグメント別発泡性防炎塗料市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • アメリカの仮想・遠隔実験室市場2016-2020
    当調査レポートでは、アメリカの仮想・遠隔実験室市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アメリカの仮想・遠隔実験室市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • セーフティエアガン・エアノズルの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、セーフティエアガン・エアノズルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、セーフティエアガン・エアノズルの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はセーフティエアガン・エアノズルの世界市場が2017-2021年期間中に年平均2.19%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Coilhose Pneumatics、EXAIR、Guardair、Prevost、Silvent等です。
  • 二次性進行型多発性硬化症(SPMS):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における二次性進行型多発性硬化症(SPMS)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、二次性進行型多発性硬化症(SPMS)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・二次性進行型多発性硬化症(SPMS)の概要 ・二次性進行型多発性硬化症(SPMS)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の二次性進行型多発性硬化症(SPMS)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・二次性進行型多発性硬化症(SPMS)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤 …
  • 公衆安全およびセキュリティソリューションの世界市場予測:クリティカル通信ネットワーク、バイオメトリクス、認証システム、監視システム、緊急事態・災害管理、サイバーセキュリティ
    当調査レポートでは、公衆安全およびセキュリティソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、ソリューション別分析、サービス別分析、産業別分析、地域別分析、公衆安全およびセキュリティソリューションの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 仮想現実(VR)グローブの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、仮想現実(VR)グローブの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、仮想現実(VR)グローブの世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 運用分析の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、運用分析の世界市場について調べ、運用分析の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、運用分析の市場規模をセグメンテーション別(エンドユーザー別(製造業、テレコム及びIT、金融、交通手段、小売、その他のエンドユーザー)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社は運用分析の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均13%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・運用分析の市場状況 ・運用分析の市場規模 ・運用分析の市場予測 ・運用分析の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:エンドユーザー別(製造業、テレコム及びIT、金融、交通手段、小売、その他のエンドユーザー) ・運用分析の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米 ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 商業用ルータの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、商業用ルータの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、商業用ルータの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、企業規模別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • スマート変圧器の世界市場
    当調査レポートでは、スマート変圧器の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・スマート変圧器の世界市場:種類別分析/市場規模 ・スマート変圧器の世界市場:用途別分析/市場規模 ・スマート変圧器の世界市場:地域別分析/市場規模 ・スマート変圧器のアメリカ市場規模予測 ・スマート変圧器のヨーロッパ市場規模予測 ・スマート変圧器のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 微多孔質断熱材の世界市場予測(~2022年):硬質板、パネル、フレキシブルパネル、機械加工部品、成形物
    当調査レポートでは、微多孔質断熱材の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、製品種類別分析、用途別分析、地域別分析、微多孔質断熱材の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 生物学的合理殺虫剤の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、生物学的合理殺虫剤の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、生物学的合理殺虫剤市場規模、殺虫剤種類別(生物学的合理殺線虫剤、生物学的合理殺虫剤、生物学的合理殺菌剤、その他)分析、剤形別(乾燥、液体)分析、穀物種類別(穀草類・穀類、油糧種子・豆類、果物・野菜、その他)分析、原料別(非オーガニック、微生物、植物、その他)分析、使用方法別(樹幹注入、土壌処理、葉面散布、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 生物学的合理殺虫剤の世界市場:市場動向分析 ・ 生物学的合理殺虫剤の世界市場:競争要因分析 ・ 生物学的合理殺虫剤の世界市場:殺虫剤種類別(生物学的合理殺線虫剤、生物学的合理殺虫剤、生物学的合理殺菌剤、その他) ・ 生物学的合理殺虫剤の世界市場:剤形別(乾燥、液体) ・ 生物学的合理殺虫剤の世界市場:穀物種類別(穀草類・穀類、油糧種子・豆類、果物・野菜、その他) ・ 生物学的合理殺虫剤の世界市場:原料別(非オーガニ …
  • 世界のがん遺伝子治療市場規模・予測2017-2025:エンドユーザー別(診断センター、病院、研究機関)、治療別(腫瘍溶解性ウイルス療法、遺伝子誘導免疫治療、遺伝子導入・その他)、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のがん遺伝子治療市場について調査・分析し、世界のがん遺伝子治療市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のがん遺伝子治療関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 自動車トルクコンバータの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、自動車トルクコンバータの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車トルクコンバータの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 重症筋無力症の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、重症筋無力症の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、重症筋無力症市場規模、治療法別(迅速免疫療法、薬物治療)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 重症筋無力症の世界市場:市場動向分析 ・ 重症筋無力症の世界市場:競争要因分析 ・ 重症筋無力症の世界市場:治療法別(迅速免疫療法、薬物治療) ・ 重症筋無力症の世界市場:主要地域別分析 ・ 重症筋無力症の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 重症筋無力症のヨーロッパ市場規模 ・ 重症筋無力症のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・重症筋無力症の世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • ソフトウェア定義(SDx)の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、ソフトウェア定義(SDx)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別(SDN、SD-WAN、およびSDDC)分析、エンドユーザー別(サービスプロバイダーおよび企業(BFSI、小売、ヘルスケア、教育、政府、および製造))分析、ソフトウェア定義(SDx)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、ソフトウェア定義(SDx)の世界市場規模が2019年517億ドルから2024年1608億ドルまで年平均25.5%成長すると予測しています。
  • 世界のLED照明器具市場2015
    本調査レポートでは、世界のLED照明器具市場2015について調査・分析し、LED照明器具の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用部品の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、自動車用部品の世界市場について調査・分析し、自動車用部品の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別自動車用部品シェア、市場規模推移、市場規模予測、自動車用部品種類別分析(ドライブライン・パワートレイン、内装・外装、エレクトロニクス、車体・シャーシ、シート、タイヤ・ハンドル、その他)、自動車用部品用途別分析(OEM、アフターマーケット)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・自動車用部品の市場概観 ・自動車用部品のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・自動車用部品のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・自動車用部品の世界市場規模 ・自動車用部品の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・自動車用部品のアメリカ市場規模推移 ・自動車用部品のカナダ市場規模推移 ・自動車用部品のメキシコ市場規模推移 ・自動車用部品のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・自動車用部品のドイツ市場規模推移 ・自動車用部品のイギリス市場規模推移 ・自動車用部 …
  • ヘルスケア接着テープの世界市場予測(~2023年)
    当調査レポートでは、ヘルスケア接着テープの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、樹脂別(アクリル、ゴム、シリコン)分析、下地材料別(紙、ファブリック、プラスチック)分析、用途別(手術、衛生、創傷被覆材、静脈ライン保護、オストミーシール、副木、包帯、診断)分析、ヘルスケア接着テープの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • コレラ(Cholera):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるコレラ(Cholera)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、コレラ(Cholera)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・コレラ(Cholera)の概要 ・コレラ(Cholera)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のコレラ(Cholera)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・コレラ(Cholera)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・コレラ(Cholera)治療薬開発に取り組んでいる企業リスト …
  • 世界のSF6ガス遮断器市場2015
    本調査レポートでは、世界のSF6ガス遮断器市場2015について調査・分析し、SF6ガス遮断器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のプログルミド市場2015
    本調査レポートでは、世界のプログルミド市場2015について調査・分析し、プログルミドの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ぶどう膜炎(Uveitis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、ぶどう膜炎(Uveitis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ぶどう膜炎(Uveitis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・ぶどう膜炎(Uveitis)のフェーズ3治験薬の状況 ・ぶどう膜炎(Uveitis)治療薬の市場規模(販売予測) ・ぶどう膜炎(Uveitis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・ぶどう膜炎(Uveitis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中のぶどう膜炎(Uveitis)治療薬剤
  • 地理空間情報分析のアジア市場
    本調査レポートでは、地理空間情報分析のアジア市場について調査・分析し、地理空間情報分析のアジア市場動向、市場予測、セグメント別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 指紋センサーの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、指紋センサーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、指紋センサー市場規模、材料別(粘着剤、光学プリズム、焦電材料(タンタル酸リチウム)、サファイア(コーティング材料)、圧電材料(クォーツ)、その他)分析、技術別(静電容量式センサー、超音波式センサー、RF静電容量式センサー、光学式センサー、熱センサー、その他)分析、センサータイプ別(スワイプセンサー、タッチセンサー、エリアセンサー)分析、用途別(軍事、防衛、航空宇宙、スマートホーム、モバイルデバイス、商業施設用セキュリティ、旅行・税関、銀行・金融、政府・法執行機関、ヘルスケア)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 指紋センサーの世界市場:市場動向分析 ・ 指紋センサーの世界市場:競争要因分析 ・ 指紋センサーの世界市場:材料別(粘着剤、光学プリズム、焦電材料(タンタル酸リチウム)、サファイア(コーティング材料)、圧電材料(クォーツ)、その他) ・ 指紋センサーの世界市 …
  • 医療産業向け分析・試験サービスの世界市場:安定性試験、原材料試験、方式検証、微生物試験、環境モニタリング、生物分析サービス
    当調査レポートでは、医療産業向け分析・試験サービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、種類別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 先進HVAC(空調)制御の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、先進HVAC(空調)制御の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、先進HVAC(空調)制御の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の圧延銅箔市場2015
    本調査レポートでは、世界の圧延銅箔市場2015について調査・分析し、圧延銅箔の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • オーストリアの整形外科用骨セメントおよび鋳造材料市場見通し
  • コンクリート補修用モルタル(CRM)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、コンクリート補修用モルタル(CRM)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、コンクリート補修用モルタル(CRM)の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・調査手法 ・イントロダクション ・市場の状況 ・種類別市場分類 ・エンドユーザー別市場分類 ・適用方法別市場分類 ・地域別分析 ・ディシジョンフレームワーク ・成長要因・課題 ・市場動向 ・市場動向 ・主要企業分析 ・付録
  • ソーラー照明システムの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、ソーラー照明システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、提供別(ハードウェアとソフトウェアとサービス)分析、光源別(LEDおよびその他)分析、グリッドタイプ別(オングリッドおよびオフグリッド)分析、用途別(高速道路・道路、産業、商業)分析、ソーラー照明システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、ソーラー照明システムの世界市場規模が2019年52億ドルから2024年108億ドルまで年平均15.6%成長すると予測しています。
  • イーサネット・コントローラーの世界市場予測(~2023年):イーサネット、ファストイーサネット、ギガビットイーサネット
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、イーサネット・コントローラーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、機能別分析、帯域幅別分析、パッケージング別分析、用途別分析、イーサネット・コントローラーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • クロメート銅ヒ素の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、クロメート銅ヒ素の世界市場について調査・分析し、クロメート銅ヒ素の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別クロメート銅ヒ素シェア、市場規模推移、市場規模予測、クロメート銅ヒ素種類別分析(CCA-C、その他 )、クロメート銅ヒ素用途別分析(農業用木材・柱、建物・フェンス、電柱、道路、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・クロメート銅ヒ素の市場概観 ・クロメート銅ヒ素のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・クロメート銅ヒ素のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・クロメート銅ヒ素の世界市場規模 ・クロメート銅ヒ素の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・クロメート銅ヒ素のアメリカ市場規模推移 ・クロメート銅ヒ素のカナダ市場規模推移 ・クロメート銅ヒ素のメキシコ市場規模推移 ・クロメート銅ヒ素のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・クロメート銅ヒ素のドイツ市場規模推移 ・クロメート銅ヒ素のイギリス市場規模推移 ・クロメート銅 …
  • 対IED(即席爆発装置)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、対IED(即席爆発装置)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、対IED(即席爆発装置)の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、装置別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 冷凍朝食用食品の世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、冷凍朝食用食品の世界市場について調べ、冷凍朝食用食品の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、冷凍朝食用食品の市場規模をセグメンテーション別(流通チャンネル別(ハイパーマーケット及びスーパーマーケット、食料品店及びコンビニ、オンライン小売)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は冷凍朝食用食品の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均6%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・冷凍朝食用食品の市場状況 ・冷凍朝食用食品の市場規模 ・冷凍朝食用食品の市場予測 ・冷凍朝食用食品の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:流通チャンネル別(ハイパーマーケット及びスーパーマーケット、食料品店及びコンビニ、オンライン小売) ・冷凍朝食用食品の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 世界のペンタエリスリトール市場規模・予測2017-2025:用途別、(プラスチック、アルキド塗装、アルキド可塑剤、アルキドインク、潤滑剤、アルキド接着剤・シーラント、放射線硬化塗料、・その他)地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のペンタエリスリトール市場について調査・分析し、世界のペンタエリスリトール市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のペンタエリスリトール関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 世界のインバーター・バッテリー市場2015
    本調査レポートでは、世界のインバーター・バッテリー市場2015について調査・分析し、インバーター・バッテリーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 静止形無効電力補償装置(SVC)の世界市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、静止形無効電力補償装置(SVC)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、構成要素別分析、産業別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ゲノム編集の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ゲノム編集の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ゲノム編集市場規模、最終用途別(バイオテクノロジー・医薬品企業、学術機関・調査研究機関、CRO)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ゲノム編集の世界市場概要 ・ゲノム編集の世界市場環境 ・ゲノム編集の世界市場動向 ・ゲノム編集の世界市場規模 ・ゲノム編集の世界市場:業界構造分析 ・ゲノム編集の世界市場:最終用途別(バイオテクノロジー・医薬品企業、学術機関・調査研究機関、CRO) ・ゲノム編集の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ゲノム編集のアメリカ市場規模・予測 ・ゲノム編集のヨーロッパ市場規模・予測 ・ゲノム編集のアジア市場規模・予測 ・ゲノム編集の主要国分析 ・ゲノム編集の世界市場:意思決定フレームワーク ・ゲノム編集の世界市場:成長要因、課題 ・ゲノム編集の世界市場:競争環境 ・ゲノム編集の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • メラトニンサプリメントの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、メラトニンサプリメントの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、メラトニンサプリメントの世界市場規模及び予測、用途別分析、販売チャネル別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はメラトニンサプリメントの世界市場が2017-2021年期間中に年平均12.34%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Natrol• NOW Foods• OPTIMUM NUTRITION• Reckitt Benckiser等です。
  • 船舶用発電セットの世界市場予測(~2021):船舶種類別(商船、防衛艦艇、オフショア船)、燃料別、定格別、地域別
    当調査レポートでは、船舶用発電セットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、ソリューション別分析、プラットフォーム別分析、プロフェッショナルサービス別分析、需要先産業別分析、船舶用発電セットの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ビデオゲーム広告の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ビデオゲーム広告の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ビデオゲーム広告の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • エンジニアリングプラスチックの世界市場予測(~2023年):ポリカーボネート、ポリアミド、ABS、PET・PBT、POM、フルオロポリマー
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、エンジニアリングプラスチックの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、種類(ポリカーボネート、ポリアミド、ABS、PET・PBT、POM、フルオロポリマー)分析、最終用途産業(自動車・輸送、電気・電子、工業・機械、包装、民生機器)分析、エンジニアリングプラスチックの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界及び日本のフィルタバッグ市場2017-2022
  • ラテラルフローアッセイの世界市場:ラテラルフローリーダー、キット、試薬
    当調査レポートでは、ラテラルフローアッセイの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、製品別分析、用途別分析、技術別分析、需要先別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • リスク分析ソフトウェアの世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、リスク分析ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、ソフトウェア別分析、産業別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"