"ナルコレプシー治療薬の世界市場:疾患種類別、治療種類別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AMR9NV071)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"ナルコレプシー治療薬の世界市場:疾患種類別、治療種類別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Narcolepsy is characterized by several symptoms that include cataplexy, excessive daytime sleepiness, hallucinations, and sleep paralysis. In addition, patients suffering from narcolepsy experience automatic behaviors such as eating, walking, or driving, in a dazed manner. Symptoms differ from patient to patient, and are diagnosed between the ages of 7 and 25. The global narcolepsy drugs market accounted for around $2,429 million in 2018, and is expected to reach $5,360 million by 2026, registering a CAGR of 10.3% from 2019 to 2026.

Although narcolepsy is a rare and underdiagnosed chronic condition, many cases have been reported of the people affected by this disease. It was estimated that more than 1 in 2,000 people in the U.S. were affected by narcolepsy in 2012. Increase in severity of the disease and rise in the number of people being affected by narcolepsy are some of the key driving factors of the market. Furthermore, the availability of reimbursement for FDA-approved prescription medicines is expected to fuel the demand for these drugs. However, lack of awareness regarding the diagnosis and treatment availability hinders the market growth. Conversely, increase in the number of programs by various organizations to spread awareness regarding the importance of early narcolepsy diagnosis is anticipated to offer lucrative opportunities for market expansion.

The global narcolepsy drugs market is segmented based on disease type, therapeutics type, and geography. Depending on disease type, the market is categorized into daytime extreme sleepiness, cataplexia, and others. By therapeutics type, it is segregated into central nervous system stimulants, tricyclic antidepressants, sodium oxybate, selective serotonin reuptake inhibitor, and others. Region wise, the market is examined across North America, Europe, Asia-Pacific, and LAMEA.

Comprehensive competitive analysis and profiles of major market players such as Ligand Pharmaceuticals, Addrenex Pharmaceuticals, Shire Plc., Teva Pharmaceutical Industries Ltd., Arena Pharmaceuticals, Jazz Pharmaceuticals Plc., Bioprojet, and Graymark Healthcare, Inc. have been provided in this report. Product launch and technological advancements are the few strategies adopted by the key players of the global narcolepsy drugs market.

KEY BENEFITS FOR STAKEHOLDERS

 This report highlights the market dynamics to understand the global narcolepsy drugs market and capitalize on the prevailing opportunities.
 Quantitative analysis of the current market and forecasts assists stakeholders to design business strategies accordingly.
 Porter’s five forces analysis examines the competitive market structure and provides a deeper understanding of the influencing factors for entry and expansion.
 Pin-point analysis of geographical segments offers identification of most profitable segments to capitalize on.

KEY MARKET SEGMENTS
• By Disease Type
o Daytime Extreme Sleepiness
o Cataplexia
o Others
• By Therapeutics Type
o Central Nervous System Stimulants
o Tricyclic Antidepressants
o Sodium Oxybate
o Selective Serotonin Reuptake Inhibitor
o Others
• By Region
o North America
• U.S.
• Canada
• Mexico
o Europe
• Germany
• France
• Spain
• Italy
• UK
• Rest of Europe
o Asia-Pacific
• Australia
• Japan
• India
• China
• Rest of Asia-Pacific
o LAMEA
• Brazil
• Saudi Arabia
• South Africa
• Rest of LAMEA

KEY MARKET PLAYERS
• Ligand Pharmaceuticals
• Addrenex Pharmaceuticals
• Shire Plc.
• Teva Pharmaceutical Industries Ltd.
• Arena Pharmaceuticals
• Jazz Pharmaceuticals Plc.
• Bioprojet
• Graymark Healthcare, Inc.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Allied Market Researchが"ナルコレプシー治療薬の世界市場:疾患種類別、治療種類別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

CHAPTER 1: INTRODUCTION

1.1. Report description
1.2. Key benefits for stakeholders
1.3. Key market segments
1.4. Research methodology

1.4.1. Secondary research
1.4.2. Primary research
1.4.3. Analyst tools & models

CHAPTER 2: EXECUTIVE SUMMARY

2.1. CXO perspective

CHAPTER 3: MARKET OVERVIEW

3.1. Market Definition and Scope
3.2. Parent Market Overview
3.3. Key Forces Shaping Narcolepsy Drugs Market

3.3.1. Moderate bargaining power of suppliers
3.3.2. Low bargaining power of buyers
3.3.3. Low threat of new entrants
3.3.4. Moderate threat of substitutes
3.3.5. Moderate intensity of rivalry

3.4. Pricing Analysis

3.4.1. Pricing Analysis, By Region, 2018 & 2025

3.5. Market Evolution
3.6. Value Chain Analysis
3.7. Impact of government regulations on global narcolepsy drugs market
3.8. Patent Analysis

3.8.1. By Region
3.8.2. By Applicant

3.9. Market Dynamics

3.9.1. Drivers

3.9.1.1. Increase in global prevalence of narcolepsy
3.9.1.2. Narcolepsy awareness programs and services
3.9.1.3. Presence of reimbursement policies regarding narcolepsy

3.9.2. Restraints

3.9.2.1. Adverse effects and risks related to narcolepsy drugs
3.9.2.2. Delayed diagnosis or misdiagnosis

3.9.3. Opportunity

3.9.3.1. Untapped markets in the developing countries

CHAPTER 4: NARCOLEPSY DRUGS MARKET, BY DISEASE TYPE

4.1. Overview

4.1.1. Market size and forecast

4.2. Daytime Extreme Sleepiness

4.2.1. Key market trends and opportunities
4.2.2. Market size and forecast
4.2.3. Market analysis, by country

4.3. Cataplexia

4.3.1. Key market trends and opportunities
4.3.2. Market size and forecast
4.3.3. Market analysis, by country

4.4. Other Disease Type

4.4.1. Key market trends and opportunities
4.4.2. Market size and forecast
4.4.3. Market analysis, by country

CHAPTER 5: NARCOLEPSY DRUGS MARKET, BY THERAPEUTIC TYPE

5.1. Overview

5.1.1. Market size and forecast

5.2. Central Nervous System Stimulants

5.2.1. Market size and forecast
5.2.2. Market analysis, by country

5.3. Tricyclic Antidepressants

5.3.1. Market size and forecast
5.3.2. Market analysis, by country

5.4. Sodium Oxybate

5.4.1. Market size and forecast
5.4.2. Market analysis, by country

5.5. Selective Serotonin Reuptake Inhibitor

5.5.1. Market size and forecast
5.5.2. Market analysis, by country

5.6. Other Therapeutic Type

5.6.1. Market size and forecast
5.6.2. Market analysis, by country

CHAPTER 6: NARCOLEPSY DRUGS MARKET, BY REGION

6.1. Overview

6.1.1. Market size and forecast

6.2. North America

6.2.1. Key market trends and opportunities
6.2.2. North America market size and forecast, by disease type
6.2.3. North America market size and forecast, by therapeutic type
6.2.4. North America market size and forecast, by country

6.2.4.1. U.S. market size and forecast, by disease type
6.2.4.2. U.S. market size and forecast, by therapeutic type
6.2.4.3. Canada market size and forecast, by disease type
6.2.4.4. Canada market size and forecast, by therapeutic type
6.2.4.5. Mexico market size and forecast, by disease type
6.2.4.6. Mexico market size and forecast, by therapeutic type

6.3. Europe

6.3.1. Key market trends and opportunities
6.3.2. Europe market size and forecast, by disease type
6.3.3. Europe market size and forecast, by therapeutic type
6.3.4. Europe market size and forecast, by country

6.3.4.1. Germany market size and forecast, by disease type
6.3.4.2. Germany market size and forecast, by therapeutic type
6.3.4.3. France market size and forecast, by disease type
6.3.4.4. France market size and forecast, by therapeutic type
6.3.4.5. UK market size and forecast, by disease type
6.3.4.6. UK market size and forecast, by therapeutic type
6.3.4.7. Italy market size and forecast, by disease type
6.3.4.8. Italy market size and forecast, by therapeutic type
6.3.4.9. Spain market size and forecast, by disease type
6.3.4.10. Spain market size and forecast, by therapeutic type
6.3.4.11. Rest of Europe market size and forecast, by disease type
6.3.4.12. Rest of Europe market size and forecast, by therapeutic type

6.4. Asia-Pacific

6.4.1. Key market trends and opportunities
6.4.2. Asia-Pacific market size and forecast, by disease type
6.4.3. Asia-Pacific market size and forecast, by therapeutic type
6.4.4. Asia-Pacific market size and forecast, by country

6.4.4.1. Japan market size and forecast, by disease type
6.4.4.2. Japan market size and forecast, by therapeutic type
6.4.4.3. China market size and forecast, by disease type
6.4.4.4. China market size and forecast, by therapeutic type
6.4.4.5. Australia market size and forecast, by disease type
6.4.4.6. Australia market size and forecast, by therapeutic type
6.4.4.7. India market size and forecast, by disease type
6.4.4.8. India market size and forecast, by therapeutic type
6.4.4.9. South Korea market size and forecast, by disease type
6.4.4.10. South Korea market size and forecast, by therapeutic type
6.4.4.11. Rest of Asia-Pacific market size and forecast, by disease type
6.4.4.12. Rest of Asia-Pacific market size and forecast, by therapeutic type

6.5. LAMEA

6.5.1. Key market trends and opportunities
6.5.2. LAMEA market size and forecast, by disease type
6.5.3. LAMEA market size and forecast, by therapeutic type
6.5.4. LAMEA market size and forecast, by country

6.5.4.1. Brazil market size and forecast, by disease type
6.5.4.2. Brazil market size and forecast, by therapeutic type
6.5.4.3. Saudi market size and forecast, by disease type
6.5.4.4. Saudi market size and forecast, by therapeutic type
6.5.4.5. South Africa market size and forecast, by disease type
6.5.4.6. South Africa market size and forecast, by therapeutic type
6.5.4.7. Rest of LAMEA market size and forecast, by disease type
6.5.4.8. Rest of LAMEA market size and forecast, by therapeutic type

CHAPTER 7: COMPETITIVE LANDSCAPE

7.1. Introduction
7.2. Market Share Analysis of Top Players, 2018 (%)
7.3. Product Mapping of Top Players
7.4. Competitive Heatmap

CHAPTER 8: COMPANY PROFILES

8.1. ARENA PHARMACEUTICAL, INC.

8.1.1. Company overview
8.1.2. Company snapshot
8.1.3. Operating business segments
8.1.4. Business performance

8.2. BIOPROJET PHARMA SARL

8.2.1. Company overview
8.2.2. Company snapshot
8.2.3. Operating business segments

8.3. JAZZ PHARMACEUTICAL PLC

8.3.1. Company overview
8.3.2. Company snapshot
8.3.3. Operating business segments
8.3.4. Operating segments
8.3.5. Business Performance
8.3.6. Key strategic moves and developments

8.4. LIGAND PHARMACEUTICALS INCORPORATED

8.4.1. Company overview
8.4.2. Company snapshot
8.4.3. Operating business segments
8.4.4. Business performance

8.5. NOVARTIS INTERNATIONAL AG

8.5.1. Company overview
8.5.2. Company snapshot
8.5.3. Operating business segments
8.5.4. Business performance

8.6. SHINOGI INC.

8.6.1. Company overview
8.6.2. Company snapshot
8.6.3. Operating business segments
8.6.4. Product portfolio
8.6.5. Business performance

8.7. TAKEDA PHARMACEUTICAL COMPANY

8.7.1. Company overview
8.7.2. Company snapshot
8.7.3. Operating business segments
8.7.4. Business performance

8.8. TEVA PHARMACEUTICAL INDUSTRIES LTD.

8.8.1. Company overview
8.8.2. Company snapshot
8.8.3. Operating business segments
8.8.4. Product portfolio
8.8.5. Business performance

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】ナルコレプシー治療薬の世界市場:疾患種類別、治療種類別
【発行日】2019年7月
【調査会社】Allied Market Research
【コード】AMR9NV071
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】医療
【キーワード】ナルコレプシー治療薬、昼間極度眠気、カタプレニア、中枢神経系刺激薬、三環系抗うつ薬、オキシケイ酸ナトリウム、選択的セロトニン再取り込み阻害薬
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
ナルコレプシー治療薬の世界市場:疾患種類別、治療種類別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • アジア太平洋の冷媒市場:フルオロカーボン、無機、炭化水素
  • 中国のEV充電スタンド市場2016-2020
    当調査レポートでは、中国のEV充電スタンド市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、中国のEV充電スタンド市場規模及び予測、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • プラスチックコンジットの世界市場:種類別(硬質導管、可撓性導管)、材料別(ポリ塩化ビニル、高密度ポリエチレン、ポリプロピレン、その他)、業界別(製造、建設、ITおよびテレコム、ヘルスケア、その他)
    本市場調査レポートではプラスチックコンジットについて、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、種類別(硬質導管、可撓性導管)分析、材料別(ポリ塩化ビニル、高密度ポリエチレン、ポリプロピレン、その他)分析、業界別(製造、建設、ITおよびテレコム、ヘルスケア、その他)分析、地域別分析、競争状況、企業概要に区分して収録しています。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・プラスチックコンジットの世界市場:種類別(硬質導管、可撓性導管) ・プラスチックコンジットの世界市場:材料別(ポリ塩化ビニル、高密度ポリエチレン、ポリプロピレン、その他) ・プラスチックコンジットの世界市場:業界別(製造、建設、ITおよびテレコム、ヘルスケア、その他) ・プラスチックコンジットの世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業概要
  • ドラッギング装置探知器の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ドラッギング装置探知器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ドラッギング装置探知器の世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はドラッギング装置探知器の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.29%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Metrom Rail,• Inspired Systems, • voestalpine SIGNALING Zeltweg, • Inteletrack, • On-Track Technology, • Ineco等です。
  • 世界の圧力伝送器市場2015
    本調査レポートでは、世界の圧力伝送器市場2015について調査・分析し、圧力伝送器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ジヒドプロテイン酸合成酵素阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるジヒドプロテイン酸合成酵素阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ジヒドプロテイン酸合成酵素阻害剤の概要 ・ジヒドプロテイン酸合成酵素阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のジヒドプロテイン酸合成酵素阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ジヒドプロテイン酸合成酵素阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ジヒドプロテイン酸合成酵素阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 手術用顕微鏡の世界市場:用途別(神経外科・脊椎外科、腫瘍科、耳鼻咽喉科、歯科)、種類別、最終用途別、セグメント予測
    本調査レポートでは、手術用顕微鏡の世界市場について調査・分析し、手術用顕微鏡の世界市場動向、手術用顕微鏡の世界市場規模、市場予測、セグメント別手術用顕微鏡市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • スマートヘルスケア(医療)の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、スマートヘルスケア(医療)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、スマートヘルスケア(医療)市場規模、ソリューション別(EHR、 遠隔医療、スマートピル、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Abbott Laboratories, Allscripts, Cisco Systems, GENERAL ELECTRIC, Koninklijke Philipsなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・スマートヘルスケア(医療)の世界市場概要 ・スマートヘルスケア(医療)の世界市場環境 ・スマートヘルスケア(医療)の世界市場動向 ・スマートヘルスケア(医療)の世界市場規模 ・スマートヘルスケア(医療)の世界市場:業界構造分析 ・スマートヘルスケア(医療)の世界市場:ソリューション別(EHR、 遠隔医療、スマートピル、その他) ・スマートヘルスケア(医療)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・スマートヘルスケア(医療)の北 …
  • 火力発電向けボイラー・タービン・発電機(BTG)の世界市場:市場規模、競争状況、主要国分析、予測
  • インダクタの世界市場:固定インダクタ、可変インダクタ、結合インダクタ、多層インダクタ、パワーインダクタ、面実装インダクタ
    当調査レポートでは、インダクタの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、インダクタ種類別分析、コア種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 頭蓋インプラントの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、頭蓋インプラントの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、頭蓋インプラントの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は頭蓋インプラントの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.53%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、B. Braun Melsungen、DePuy Synthes、KLS Martin、Stryker、Zimmer Biomet等です。
  • 世界のタンタル線市場2016
    本調査レポートでは、世界のタンタル線市場2016について調査・分析し、タンタル線の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 全身性けいれん(Generalized Seizures):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における全身性けいれん(Generalized Seizures)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、全身性けいれん(Generalized Seizures)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・全身性けいれん(Generalized Seizures)の概要 ・全身性けいれん(Generalized Seizures)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の全身性けいれん(Generalized Seizures)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・全身性けいれん(Generalized Seizures)治療薬の評価   - 単剤治療 …
  • アルメニアの電気コンデンサ市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • ウェアラブルセキュリティ機器の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ウェアラブルセキュリティ機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ウェアラブルセキュリティ機器の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • オフショアクレーン (海上クレーン)の世界市場
    当調査レポートでは、オフショアクレーン (海上クレーン)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、用途別分析、種類別分析、吊り上げ荷重別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • HVDC(高電圧直流)変換所 の世界市場予測(~2022年):構造、技術、構成品、出力定格、地域別分析
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、HVDC(高電圧直流)変換所 の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、構造別分析、技術別分析、構成品別分析、電力別分析、HVDC(高電圧直流)変換所 の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • パフォーマンスエラストマーの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、パフォーマンスエラストマーの世界市場について調査・分析し、パフォーマンスエラストマーの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - パフォーマンスエラストマーの世界市場:市場動向分析 - パフォーマンスエラストマーの世界市場:競争要因分析 - パフォーマンスエラストマーの世界市場:エンドユーザー別 ・電気・電子製品 ・工業機械 ・自動車・輸送 ・建設・建築 ・ヘルスケア ・その他 - パフォーマンスエラストマーの世界市場:エラストマータイプ別 ・シリコーンエラストマー ・ニトリルエラストマー ・フルオロエラストマー ・その他 - パフォーマンスエラストマーの世界市場:主要地域別分析 - パフォーマンスエラストマーの北米市場規模(アメリカ市場等) - パフォーマンスエラストマーのヨーロッパ市場規模 - パフォーマンスエラストマーのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・パフォーマンスエラストマーの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 弁輪形成修復機器の世界市場:販売動向2018
    本調査レポートでは、弁輪形成修復機器の世界市場について調査・分析し、弁輪形成修復機器のメーカー別販売量、市場シェア分析、種類別販売分析(僧帽弁、三尖弁)、用途別販売分析(病院、クリニック)、地域別販売分析(米国、中国、欧州、日本、東南アジア、インド)、価格動向、企業動向、弁輪形成修復機器産業チェーン分析、世界市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・弁輪形成修復機器市場概要 ・弁輪形成修復機器のメーカー別販売量・メーカー別シェア ・弁輪形成修復機器の世界市場:種類別販売量(僧帽弁、三尖弁) ・弁輪形成修復機器の世界市場:用途別販売量(病院、クリニック) ・弁輪形成修復機器の世界市場:地域別販売量・市場シェア ・弁輪形成修復機器の米国市場規模 ・弁輪形成修復機器の中国市場規模 ・弁輪形成修復機器の欧州市場規模 ・弁輪形成修復機器の日本市場規模 ・弁輪形成修復機器の東南アジア市場規模 ・弁輪形成修復機器のインド市場規模 ・弁輪形成修復機器のメーカー別分析(企業概要、事業概要、製品概要、収益、価格等) ・弁輪形成修復機器のコスト分析・価格動向 ・弁輪形成修復機器の産業チェーン …
  • ニュージーランドの膝関節再建装置市場見通し
  • チェコの外傷固定装置市場見通し
  • モバイルバイオメトリクス(生体認証)の世界市場:指紋認証、音声認証、顔認証
    当調査レポートでは、モバイルバイオメトリクス(生体認証)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、モバイルバイオメトリクス(生体認証)の世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • サードパーティーロジスティクス(3PL)の世界市場:輸送形態別(道路、鉄道、水路、空路)、最終用途別(製造、小売、ヘルスケア、自動車)、地域別予測
    本資料は、サードパーティーロジスティクス(3PL)の世界市場について調べ、サードパーティーロジスティクス(3PL)の世界規模、市場動向、市場環境、輸送形態別(道路、鉄道、水路、空路)分析、最終用途別(製造、小売、ヘルスケア、自動車)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・サードパーティーロジスティクス(3PL)の世界市場概要 ・サードパーティーロジスティクス(3PL)の世界市場環境 ・サードパーティーロジスティクス(3PL)の世界市場動向 ・サードパーティーロジスティクス(3PL)の世界市場規模 ・サードパーティーロジスティクス(3PL)の世界市場規模:輸送形態別(道路、鉄道、水路、空路) ・サードパーティーロジスティクス(3PL)の世界市場規模:最終用途別(製造、小売、ヘルスケア、自動車) ・サードパーティーロジスティクス(3PL)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・サードパーティーロジスティクス(3PL)の北米市場規模・予測 ・サードパーテ …
  • スマートフォンの世界市場2020-2024:技術別、価格別、スクリーンサイズ別、地域別
    「スマートフォンの世界市場2020-2024」は、スマートフォンについて市場概要、市場規模、技術別(Android、iOS、その他)分析、価格別(150ドル〜800ドル、150ドル未満、800ドル以上)分析、スクリーンサイズ別(5〜6インチの間、6インチ以上、5インチ未満)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・スマートフォンの世界市場:技術別(Android、iOS、その他) ・スマートフォンの世界市場:価格別(150ドル〜800ドル、150ドル未満、800ドル以上) ・スマートフォンの世界市場:スクリーンサイズ別(5〜6インチの間、6インチ以上、5インチ未満) ・顧客状況 ・地域状況 ・市場の要因・課題 ・市場トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • フィンランドの電気生理装置市場見通し
  • 臨床検査試験の世界市場:種類別(CBC、HGB/HCT、BMP、HbA1cテスト、電解質検査、肝パネル)、最終用途別(プライマリークリニック、セントラルラボ)、セグメント予測
    本調査レポートでは、臨床検査試験の世界市場について調査・分析し、臨床検査試験の世界市場動向、臨床検査試験の世界市場規模、市場予測、セグメント別臨床検査試験市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のスマートフォン用IC市場2015
    本調査レポートでは、世界のスマートフォン用IC市場2015について調査・分析し、スマートフォン用ICの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 医薬品カートリッジの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、医薬品カートリッジの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、医薬品カートリッジ市場規模、容量別(250ml以上、50~250ml、5~50ml、5ml以下)分析、材料別(プラスチック、ガラス)分析、用途別(注射ペンシステム、歯科システム、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 医薬品カートリッジの世界市場:市場動向分析 ・ 医薬品カートリッジの世界市場:競争要因分析 ・ 医薬品カートリッジの世界市場:容量別(250ml以上、50~250ml、5~50ml、5ml以下) ・ 医薬品カートリッジの世界市場:材料別(プラスチック、ガラス) ・ 医薬品カートリッジの世界市場:用途別(注射ペンシステム、歯科システム、その他) ・ 医薬品カートリッジの世界市場:主要地域別分析 ・ 医薬品カートリッジの北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 医薬品カートリッジのヨーロッパ市場規模 ・ 医薬品カートリッジのアジア市場規模(日本市場、 …
  • テレプロテクションシステムの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、テレプロテクションシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、テレプロテクションシステムの世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • 臨床コミュニケーション・コラボレーションの世界市場:コンテンツ別(テキスト、動画、音声)、コンポーネント別(ソフトウェア、サービス)、用途別(臨床検査室、病院、開業医、その他)、地域別予測
    本資料は、臨床コミュニケーション・コラボレーションの世界市場について調べ、臨床コミュニケーション・コラボレーションの世界規模、市場動向、市場環境、コンテンツ別(テキスト、動画、音声)分析、コンポーネント別(ソフトウェア、サービス)分析、用途別(臨床検査室、病院、開業医、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはVocera Communication、Tiger Text、Intelligent Business Communication-AGNITY、Cisco Systems Inc.、Jive Software Inc.、Microsoft Corporation、Everbridge Inc.、PerfectServe Inc.、Uniphy Health Holdings LLC、Spok Inc.、NEC Corporation、Ashfield Healthcare Communication、Ascom Holding AG、Patientsafe …
  • 世界の防弾ガラス市場規模・予測2017-2025:エンドユーザー別(自動車、軍事、銀行・金融、建築)、用途別(防衛・VIP車、現金輸送車、商業用建築)、セキュリティレベル別、地域別(北米、太平洋アジア、ヨーロッパ、その他の国)
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の防弾ガラス市場について調査・分析し、世界の防弾ガラス市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の防弾ガラス関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • M2プロトンチャンネル阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるM2プロトンチャンネル阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・M2プロトンチャンネル阻害剤の概要 ・M2プロトンチャンネル阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のM2プロトンチャンネル阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・M2プロトンチャンネル阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・M2プロトンチャンネル阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 産業用水処理装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、産業用水処理装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用水処理装置の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の現場長ドリルらせんぐい市場2019
    本調査レポートでは、世界の現場長ドリルらせんぐい市場2019について調査・分析し、現場長ドリルらせんぐいの世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、現場長ドリルらせんぐいのアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、現場長ドリルらせんぐいメーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・現場長ドリルらせんぐいの市場概要 ・現場長ドリルらせんぐいの上流・下流市場分析 ・現場長ドリルらせんぐいのアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・現場長ドリルらせんぐいのアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・現場長ドリルらせんぐいのアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・現場長ドリルらせんぐいのアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・現場長ドリルらせんぐいの北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・現場長ドリルらせんぐいの北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・現場 …
  • 専門サービス用モバイルロボットのアジア太平洋市場2017-2021
    当調査レポートでは、専門サービス用モバイルロボットのアジア太平洋市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、専門サービス用モバイルロボットのアジア太平洋市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 歯科用3D プリントの世界市場:製品別(材料、装置、サービス)、技術別(ステレオリソグラフィー、FDM、SLS、ポリジェット)、用途別(補綴、インプラント、矯正)、地域別予測
    本資料は、歯科用3D プリントの世界市場について調べ、歯科用3D プリントの世界規模、市場動向、市場環境、製品別(材料、装置、サービス)分析、技術別(ステレオリソグラフィー、FDM、SLS、ポリジェット)分析、用途別(補綴、インプラント、矯正)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・歯科用3D プリントの世界市場概要 ・歯科用3D プリントの世界市場環境 ・歯科用3D プリントの世界市場動向 ・歯科用3D プリントの世界市場規模 ・歯科用3D プリントの世界市場規模:製品別(材料、装置、サービス) ・歯科用3D プリントの世界市場規模:技術別(ステレオリソグラフィー、FDM、SLS、ポリジェット) ・歯科用3D プリントの世界市場規模:用途別(補綴、インプラント、矯正) ・歯科用3D プリントの世界市場:地域別市場規模・分析 ・歯科用3D プリントの北米市場規模・予測 ・歯科用3D プリントのアメリカ市場規模・予測 ・歯科用3D プリントのヨー …
  • 下着の世界市場
    当調査レポートでは、下着の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、下着の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • 半導体製造装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、半導体製造装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、半導体製造装置の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。 半導体製造装置とは、半導体素子を製造する装置です。半導体素子を製造する装置は、そのプロセスによりフロントエンド装置とバックエンド装置に分類されます。フロントエンド装置には、ウエハー製造、リソグラフィ、成膜、エッチング、洗浄、化学機械研磨などが含まれます。バックエンド装置には、組み立て、パッケージング装置、IC検査が含まれます。Technavio社は半導体製造装置の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.36 %成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Applied Materials • ASML• KLA-Tencor• Lam Research• Tokyo Electron等です。
  • 虹彩認識の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、虹彩認識の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、虹彩認識の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は虹彩認識の世界市場が2017-2021年期間中に年平均20.68%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、BioEnable、Iris ID、IrisGuard、IRITECH、M2SYS Technology等です。
  • 大腿骨ステムの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、大腿骨ステムの世界市場について調べ、大腿骨ステムの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、大腿骨ステムの市場規模をセグメンテーション別(造付別(非セメント製大腿骨ステム、セメント製大腿骨ステム)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他)に分けて算出しました。Technavio社は大腿骨ステムの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均4%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・大腿骨ステムの市場状況 ・大腿骨ステムの市場規模 ・大腿骨ステムの市場予測 ・大腿骨ステムの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:造付別(非セメント製大腿骨ステム、セメント製大腿骨ステム) ・大腿骨ステムの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 世界のゼオライト系分子篩市場2016
    本調査レポートでは、世界のゼオライト系分子篩市場2016について調査・分析し、ゼオライト系分子篩の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 日本の心臓人工弁市場(~2021)
  • アメリカの放射線量管理市場
  • 中国の楽器市場2015
    本調査レポートでは、中国の楽器市場2015について調査・分析し、楽器の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • クローラーカメラシステムの世界市場:製品種類別(カメラ、クローラー、その他)、エンドユーザー別(住宅、産業、自治体)
    本市場調査レポートではクローラーカメラシステムについて、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、製品種類別(カメラ、クローラー、その他)分析、エンドユーザー別(住宅、産業、自治体)分析、地域別分析、競争状況、企業概要に区分して収録しています。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・クローラーカメラシステムの世界市場:製品種類別(カメラ、クローラー、その他) ・クローラーカメラシステムの世界市場:エンドユーザー別(住宅、産業、自治体) ・医療用冷却システムの世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業概要
  • 分子診断の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、分子診断の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、用途(感染症、がん診断、遺伝子検査)別分析、技術別分析、需要先別分析、製品・サービス別分析、分子診断の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 保護コーティングの世界市場2019-2023
    保護コーティングは、腐食、摩耗、裂傷、熱、有害化学物質から表面を保護するために使用される表面材です。防護、装飾、および機能的な目的(単独または組み合わせ)のために使用されるコーティング剤からなります。保護コーティングの世界市場は、2019~2023年の間、年平均成長率9.50%で成長すると予測されています。 主な分析対象企業は、Akzo Nobel、Covestro、KANSAI PAINT、Nippon Paint Holdings、PPG Industries、The Sherwin-Williamsなどです。 当調査レポートでは、保護コーティングの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、保護コーティング市場規模、技術別(油溶性、水溶性、粉末塗料)分析、樹脂別(エポキシ、アルキド、ポリウレタン)分析、エンドユーザー別(石油・ガス、自動車、航空宇宙、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・保護コーティングの世界市場概要 ・保護 …
  • フィットネス器具の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、フィットネス器具の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、フィットネス器具の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • フランスのポリプロピレン市場(~2019)
  • 金属加工スクラップ装置の世界市場
    当調査レポートでは、金属加工スクラップ装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、金属加工スクラップ装置の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"