"がん治療法の世界市場:用途別、人気商品別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AMR9NV072)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"がん治療法の世界市場:用途別、人気商品別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The use of targeted, biologic (immunotherapy) & other forms of therapies administered to treat cancer through oncology drugs is known as cancer therapeutics. The global cancer therapeutics market size was valued at $98,900 million in 2018 and is estimated to reach at $180,193 million by 2026, registering a CAGR of 7.7% from 2019 to 2026.

Upsurge in collaboration between pharmaceutical companies, rise in cancer awareness & availability of oncology drugs, increase in cancer funding & research, and growth in geriatric population are the key factors that augment the growth of the cancer therapeutics market. Furthermore, rise in prevalence of cancer cases is expected to boost the market growth.

However, adverse effects associated with cancer therapeutics market and high costs associated with oncology drug development are some of the factors that impede the market growth. Conversely, the high potential of emerging economies and increase in demand for personalized medicine is expected to provide new opportunities for the market players in future.

The cancer therapeutics market is segmented based on application, top selling drugs, and region. Based on application, the market is divided into blood cancer, lung cancer, colorectal cancer, prostate cancer, breast cancer, cervical cancer, head & neck cancer, glioblastoma, malignant meningioma, mesothelioma, melanoma, and others. By top selling drugs, it is categorized into Revlimid, Avastin, Herceptin, Rituxan, Opdivo, Gleevec, Velcade, Imbruvica, Ibrance, Zytiga, Alimta, Xtandi, Tarceva, Perjeta, Temodar and others. Region wise, it is analyzed across North America, Europe, Asia-Pacific, and LAMEA.

KEY BENEFITS FOR STAKEHOLDERS
• This report entails a detailed quantitative market analysis from 2018 to 2026 to identify the prevailing opportunities along with strategic assessment of the global cancer therapeutics market.
• Cancer therapeutics market size and market estimations are based on a comprehensive analysis of the applications, top selling drugs, and developments in the industry.
• An in-depth analysis based on region assists to understand the regional market and facilitate the strategic business planning.
• The development strategies adopted by the key market players are enlisted to understand the competitive scenario of the market.

KEY MARKET SEGMENTS
• By Application
o Blood Cancer
o Lung Cancer
o Colorectal Cancer
o Prostate Cancer
o Breast Cancer
o Cervical Cancer
o Head and Neck Cancer
o Glioblastoma
o Malignant Meningioma
o Mesothelioma
o Melanoma
o Others
• By Top Selling Drugs
o Revlimid
o Avastin
o Herceptin
o Rituxan
o Opdivo
o Gleevec
o Velcade
o Imbruvica
o Ibrance
o Zytiga
o Alimta
o Xtandi
o Tarceva
o Perjeta
o Temodar
o Others
• By Region
o North America
 U.S.
 Canada
o Europe
 Germany
 France
 UK
 Italy
 Spain
 Rest of Europe
o Asia-Pacific
 Japan
 China
 India
 Australia
 South Korea
 Taiwan
 Rest of Asia-Pacific
o LAMEA
 Latin America
 Middle-East
 Africa
The list of key players operating in this market include:
• F. Hoffmann-La Roche AG
• Bristol-Myers Squibb Company
• AbbVie, Inc.
• Johnson & Johnson
• Celgene Corporation
• Astellas Pharma, Inc.
• Pfizer, Inc.
• Novartis AG
• Merck KGaA
• Eli Lilly and Company
The other players included in the value chain analysis (and not included in the report) include:
• AstraZeneca plc
• Bayer AG
• Takeda Pharmaceutical Company Limited


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Allied Market Researchが"がん治療法の世界市場:用途別、人気商品別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

CHAPTER 1: INTRODUCTION

1.1. Report description
1.2. Key benefits for stakeholders
1.3. Key market segments

1.3.1. List of key players profiled in the report

1.4. Research methodology

1.4.1. Secondary research
1.4.2. Primary research
1.4.3. Analyst tools and models

CHAPTER 2: EXECUTIVE SUMMARY

2.1. KEY FINDINGS OF THE STUDY
2.2. CXO perspective

CHAPTER 3: MARKET OVERVIEW

3.1. Market definition and scope
3.2. Key findings

3.2.1. Top investment pockets
3.2.2. Top winning strategies

3.3. Market share analysis, 2018
3.4. Porters five forces analysis
3.5. Clinical trials
3.6. Market dynamics

3.6.1. Drivers

3.6.1.1. Increase in prevalence of cancer
3.6.1.2. Surge in cancer research
3.6.1.3. Rise in strategic acquisitions & collaborations

3.6.2. Restraints

3.6.2.1. High cost of drug development and threat of failure
3.6.2.2. Adverse effects associated with cancer drug therapy

3.6.3. Opportunities

3.6.3.1. High potential associated with personalized medicines
3.6.3.2. Increase in purchasing power of emerging economies

CHAPTER 4: CANCER THERAPEUTICS MARKET, APPLICATION

4.1. Overview

4.1.1. Market size and forecast

4.2. Blood cancer

4.2.1. Key market trends, growth factors, and opportunities
4.2.2. Market size and forecast, by region
4.2.3. Market analysis, by country

4.3. Lung cancer

4.3.1. Key market trends, growth factors, and opportunities
4.3.2. Market size and forecast, by region
4.3.3. Market analysis, by country

4.4. Breast cancer

4.4.1. Key market trends, growth factors, and opportunities
4.4.2. Market size and forecast, by region
4.4.3. Market analysis, by country

4.5. Colorectal cancer

4.5.1. Key market trends, growth factors, and opportunities
4.5.2. Market size and forecast, by region
4.5.3. Market analysis, by country

4.6. Prostate cancer

4.6.1. Key market trends, growth factors, and opportunities
4.6.2. Market size and forecast, by region
4.6.3. Market analysis, by country

4.7. Cervical cancer

4.7.1. Key market trends, growth factors, and opportunities
4.7.2. Market size and forecast, by region
4.7.3. Market analysis, by country

4.8. Head & neck cancer

4.8.1. Key market trends, growth factors, and opportunities
4.8.2. Market size and forecast, by region
4.8.3. Market analysis, by country

4.9. Glioblastoma

4.9.1. Key market trends, growth factors, and opportunities
4.9.2. Market size and forecast, by region
4.9.3. Market analysis, by country

4.10. Malignant meningioma

4.10.1. Key market trends, growth factors, and opportunities
4.10.2. Market size and forecast, by region
4.10.3. Market analysis, by country

4.11. Mesothelioma

4.11.1. Key market trends, growth factors, and opportunities
4.11.2. Market size and forecast, by region
4.11.3. Market analysis, by country

4.12. Melanoma

4.12.1. Key market trends, growth factors, and opportunities
4.12.2. Market size and forecast, by region
4.12.3. Market analysis, by country

4.13. Others

4.13.1. Key market trends, growth factors, and opportunities
4.13.2. Market size and forecast, by region
4.13.3. Market analysis, by country

CHAPTER 5: CANCER THERAPEUTICS MARKET, BY TOP SELLING DRUGS

5.1. Overview

5.1.1. Market size and forecast

5.2. Revlimid

5.2.1. Market size and forecast, by region
5.2.2. Market analysis, by region

5.3. Avastin

5.3.1. Market size and forecast, by region
5.3.2. Market analysis, by region

5.4. Herceptin

5.4.1. Market size and forecast, by region
5.4.2. Market analysis, by region

5.5. Rituxan

5.5.1. Market size and forecast, by region
5.5.2. Market analysis, by region

5.6. Opdivo

5.6.1. Market size and forecast, by region
5.6.2. Market analysis, by region

5.7. Gleevec

5.7.1. Market size and forecast, by region
5.7.2. Market analysis, by region

5.8. Velcade

5.8.1. Market size and forecast, by region
5.8.2. Market analysis, by region

5.9. Imbruvica

5.9.1. Market size and forecast, by region
5.9.2. Market analysis, by region

5.10. Ibrance

5.10.1. Market size and forecast, by region
5.10.2. Market analysis, by region

5.11. Zytiga

5.11.1. Market size and forecast, by region
5.11.2. Market analysis, by region

5.12. Alimta

5.12.1. Market size and forecast, by region
5.12.2. Market analysis, by region

5.13. Xtandi

5.13.1. Market size and forecast, by region
5.13.2. Market analysis, by region

5.14. Tarceva

5.14.1. Market size and forecast, by region
5.14.2. Market analysis, by region

5.15. Perjeta

5.15.1. Market size and forecast, by region
5.15.2. Market analysis, by region

5.16. Temodar

5.16.1. Market size and forecast, by region
5.16.2. Market analysis, by region

5.17. Other drugs

5.17.1. Market size and forecast, by region
5.17.2. Market analysis, by region

CHAPTER 6: CANCER THERAPEUTICS MARKET, BY REGION

6.1. Overview

6.1.1. Market size and forecast

6.2. North America

6.2.1. Key market trends, growth factors, and opportunities
6.2.2. North America market size and forecast, by country

6.2.2.1. U.S.

6.2.2.1.1. U.S. market size and forecast, by application

6.2.2.2. Canada

6.2.2.2.1. Canada market size and forecast, by application

6.2.3. North America market size and forecast, by application
6.2.4. North America market size and forecast, by top selling drugs

6.3. Europe

6.3.1. Key market trends, growth factors, and opportunities
6.3.2. Europe cancer therapeutics market, by country

6.3.2.1. Germany

6.3.2.1.1. Germany market size and forecast, by application

6.3.2.2. France

6.3.2.2.1. France market size and forecast, by application

6.3.2.3. UK

6.3.2.3.1. UK market size and forecast, by application

6.3.2.4. Italy

6.3.2.4.1. Italy market size and forecast, by application

6.3.2.5. Spain

6.3.2.5.1. Spain market size and forecast, by application

6.3.2.6. Rest of Europe

6.3.2.6.1. Rest of Europe market size and forecast, by application

6.3.3. Europe market size and forecast, by application
6.3.4. Europe market size and forecast, by top selling drugs

6.4. Asia-Pacific

6.4.1. Key market trends, growth factors, and opportunities
6.4.2. Asia-Pacific market size and forecast, by country

6.4.2.1. Japan

6.4.2.1.1. Japan market size and forecast, by application

6.4.2.2. China

6.4.2.2.1. China market size and forecast, by application

6.4.2.3. India

6.4.2.3.1. India market size and forecast, by application

6.4.2.4. Taiwan

6.4.2.4.1. Taiwan market size and forecast, by application

6.4.2.5. South Korea

6.4.2.5.1. South Korea market size and forecast, by application

6.4.2.6. Australia

6.4.2.6.1. Australia market size and forecast, by application

6.4.2.7. Rest of Asia-Pacific

6.4.2.7.1. Rest of Asia-Pacific market size and forecast, by application

6.4.3. Asia-Pacific market size and forecast, by application
6.4.4. Asia-Pacific market size and forecast, by top selling drugs

6.5. LAMEA

6.5.1. Key market trends, growth factors, and opportunities
6.5.2. LAMEA market size and forecast, by country

6.5.2.1. Latin America

6.5.2.1.1. Latin America market size and forecast, by application

6.5.2.2. Middle East

6.5.2.2.1. Middle East market size and forecast, by application

6.5.2.3. Africa

6.5.2.3.1. Africa market size and forecast, by application

6.5.3. LAMEA market size and forecast, by application
6.5.4. LAMEA market size and forecast, by top selling drugs

CHAPTER 7: COMPANY PROFILES

7.1. AbbVie Inc.

7.1.1. Company overview
7.1.2. Company snapshot
7.1.3. Operating business segments
7.1.4. Product portfolio
7.1.5. Business performance
7.1.6. Key strategic moves and developments

7.2. Astellas Pharma Inc.

7.2.1. Company overview
7.2.2. Company snapshot
7.2.3. Operating business segments
7.2.4. Product portfolio
7.2.5. Business performance
7.2.6. Key strategic moves and developments

7.3. Bristol Myers Squibb Company

7.3.1. Company overview
7.3.2. Company snapshot
7.3.3. Operating business segments
7.3.4. Product portfolio
7.3.5. Business performance
7.3.6. Key strategic moves and developments

7.4. Celgene Corporation

7.4.1. Company overview
7.4.2. Company snapshot
7.4.3. Operating business segments
7.4.4. Product portfolio
7.4.5. Business performance
7.4.6. Key strategic moves and developments

7.5. Eli Lilly and Company

7.5.1. Company overview
7.5.2. Company snapshot
7.5.3. Operating business segments
7.5.4. Product portfolio
7.5.5. Business performance
7.5.6. Key strategic moves and developments

7.6. F. Hoffmann-La Roche Ltd.

7.6.1. Company overview
7.6.2. Company snapshot
7.6.3. Operating business segments
7.6.4. Product portfolio
7.6.5. EleInformatiBusiness performance
7.6.6. Key strategic moves and developments

7.7. Johnson & Johnson

7.7.1. Company overview
7.7.2. Company snapshot
7.7.3. Operating business segments
7.7.4. Product portfolio
7.7.5. Business performance
7.7.6. Key strategic moves and developments

7.8. Merck & Co., Inc.

7.8.1. Company overview
7.8.2. Company snapshot
7.8.3. Operating business segments
7.8.4. Product portfolio
7.8.5. Business performance
7.8.6. Key strategic moves and developments

7.9. Novartis AG

7.9.1. Company overview
7.9.2. Company snapshot
7.9.3. Operating business segments
7.9.4. Product portfolio
7.9.5. Business performance
7.9.6. Key strategic moves and developments

7.10. Pfizer Inc.

7.10.1. Company overview
7.10.2. Company snapshot
7.10.3. Operating business segments
7.10.4. Product portfolio
7.10.5. Business performance
7.10.6. Key strategic moves and developments

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】がん治療法の世界市場:用途別、人気商品別
【発行日】2019年7月
【調査会社】Allied Market Research
【コード】AMR9NV072
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】医療
【キーワード】がん治療法、血液がん、肺がん、大腸がん、前立腺がん、乳がん、子宮頸がん、頭頸部がん、膠芽腫、悪性髄膜腫、中皮腫、黒色腫、レブリミド、アバスチン、ハーセプチン、リツキサン、オプジーボ、グリベック、ベルケード、インブルビカ、イブランス、ジチガ、アリムタ、クタンディ、タルセバ、ペルジェタ、テモダール
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
がん治療法の世界市場:用途別、人気商品別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 原子炉建設の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、原子炉建設の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、原子炉建設の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 冷凍パン類製品の世界市場予測(~2022):種類別(パン、ピザクラスト、ケーキ&ペーストリー)、販売チャンネル別、技術別
    当調査レポートでは、冷凍パン類製品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、販売チャンネル別分析、技術別分析、地域別分析、冷凍パン類製品の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車アクスル(車軸)・プロペラシャフトの世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、自動車アクスル(車軸)・プロペラシャフトの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、位置別分析、アクスル種類別分析、プロペラシャフト種類別分析、材料別分析、自動車アクスル(車軸)・プロペラシャフトの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 中程度の痛み(Moderate Pain):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、中程度の痛み(Moderate Pain)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・中程度の痛み(Moderate Pain):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・中程度の痛み(Moderate Pain)のフェーズ3治験薬の状況 ・中程度の痛み(Moderate Pain)治療薬の市場規模(販売予測) ・中程度の痛み(Moderate Pain)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・中程度の痛み(Moderate Pain)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の中程度の痛み(Moderate Pain)治療薬剤
  • 配電変圧器の世界市場予測
    Inkwood Research社が出版した本調査レポートでは、配電変圧器の世界市場について調査・分析し、配電変圧器の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 配合飼料の世界市場予測(~2022年):穀物、ケーキ&ミール、副産物、サプリメント
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、配合飼料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、成分別分析、形状別分析、家畜別分析、地域別分析、配合飼料の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 電気外科用エネルギーデバイスの世界市場予測
    当調査レポートでは、電気外科用エネルギーデバイスの世界市場について調査・分析し、電気外科用エネルギーデバイスの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・電気外科用エネルギーデバイスの世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・電気外科用エネルギーデバイスの世界市場:セグメント別市場分析 ・電気外科用エネルギーデバイスの世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 保険業界向けテレマティクスの世界市場分析・予測(~2020)
    当調査レポートでは、保険業界向けテレマティクスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、導入方式別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用シートの世界市場
    当調査レポートでは、自動車用シートの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用シートの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 電力線搬送の世界市場:スマートグリッド、屋内ネットワーク、照明、M2M通信
    当調査レポートでは、電力線搬送の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電力線搬送の世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • シアヌル酸の世界市場2018-2022
    シアヌル酸は、イソシアヌル酸としても知られており、白色、無臭、結晶性固体として存在する化合物であり、分子式は(CNOH)3です。 殺菌剤、プール用塩素安定剤、漂白剤、除草剤として広く使用されています。 Technavioのアナリストは、2019年から2023年の期間にシアヌル酸の世界市場が3.53%のCAGRで成長すると予測しています。 主な分析対象企業は、Merck、Shandong Daming Science and Technology、Shandong Lantian Disinfection Technology、Shandong Xingda Chemicalなどです。 当調査レポートでは、シアヌル酸の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、シアヌル酸市場規模、用途別(化学合成、水処理、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・シアヌル酸の世界市場概要 ・シアヌル酸の世界市場環境 ・シアヌル酸の世界市場動向 ・シアヌ …
  • ベビー浴用石鹸の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ベビー浴用石鹸の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ベビー浴用石鹸の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 足白癬治療の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、足白癬治療の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、足白癬治療の世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • 鉄道車両の世界市場およびインフラ分析:機関車、高速鉄道車両、貨物車両
    当調査レポートでは、鉄道車両の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • タービン入口冷却システムの世界市場
    当調査レポートでは、タービン入口冷却システムの世界市場について調査・分析し、タービン入口冷却システムの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - タービン入口冷却システムの世界市場:市場動向分析 - タービン入口冷却システムの世界市場:競争要因分析 - タービン入口冷却システムの世界市場:技術別 ・機械的冷却装置 ・入口への噴霧 ・湿り圧縮 ・その他 - タービン入口冷却システムの世界市場:主要地域別分析 - タービン入口冷却システムの北米市場規模(アメリカ市場等) - タービン入口冷却システムのヨーロッパ市場規模 - タービン入口冷却システムのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・タービン入口冷却システムの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 豚の健康管理の世界市場
    当調査レポートでは、豚の健康管理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、豚の健康管理の世界市場規模及び予測、製品別分析、投与経路(ROA)別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の小麦胚芽油(ウィートジャームオイル)市場2015
    本調査レポートでは、世界の小麦胚芽油(ウィートジャームオイル)市場2015について調査・分析し、小麦胚芽油(ウィートジャームオイル)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 植物成長調整剤(PGR)の世界市場:製品別(サイトカイニン、オーキシン)、地域別、供給業者勢力図、セグメント予測
    本調査レポートでは、植物成長調整剤(PGR)の世界市場について調査・分析し、植物成長調整剤(PGR)の世界市場動向、植物成長調整剤(PGR)の世界市場規模、市場予測、セグメント別植物成長調整剤(PGR)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 自動芝刈り機の世界市場:製品別(ロール芝刈り機、スラブ芝刈り機)、用途別(住宅、商業、ゴルフコース、スポーツ/陸上競技)
    当調査レポートでは、自動芝刈り機の世界市場について調査・分析し、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、製品別分析、用途別分析、地域別分析、競合分析、企業概要、などを含め以下の構成でお届けします。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・自動芝刈り機の世界市場:製品別(ロール芝刈り機、スラブ芝刈り機) ・自動芝刈り機の世界市場:用途別(住宅、商業、ゴルフコース、スポーツ/陸上競技) ・自動芝刈り機の世界市場:地域別分析 ・競合分析 ・企業概要
  • 航空母艦の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、航空母艦の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、航空母艦の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • イオン交換クロマトグラフィーの世界市場:装置、試薬
    当調査レポートでは、イオン交換クロマトグラフィーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、イオン交換クロマトグラフィーの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 3Dスキャンの世界市場分析:製品別(レーザースキャナー、構造化ライトスキャナー、光学スキャナー)、範囲別(小範囲、中範囲、広範囲)、用途別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、3Dスキャンの世界市場について調査・分析し、3Dスキャンの世界市場動向、3Dスキャンの世界市場規模、市場予測、セグメント別3Dスキャン市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • タレントマネジメントソフトウェアの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、タレントマネジメントソフトウェアの世界市場について調べ、タレントマネジメントソフトウェアの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、タレントマネジメントソフトウェアの市場規模をセグメンテーション別(展開別(クラウドベース、オンプレミス)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はタレントマネジメントソフトウェアの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均10%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・タレントマネジメントソフトウェアの市場状況 ・タレントマネジメントソフトウェアの市場規模 ・タレントマネジメントソフトウェアの市場予測 ・タレントマネジメントソフトウェアの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:展開別(クラウドベース、オンプレミス) ・タレントマネジメントソフトウェアの顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米 ・意思決定フレー …
  • プロセス安全システムの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、プロセス安全システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、プロセス安全システムの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用風洞試験装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車用風洞試験装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車用風洞試験装置の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は自動車用風洞試験装置の世界市場が2017-2021年期間中に年平均(16.64%)成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• HORIBA MIRA• Mitsubishi Heavy Industries • MAHLE GmbH• FKFS等です。
  • トロンボキサンシンターゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるトロンボキサンシンターゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・トロンボキサンシンターゼ阻害剤の概要 ・トロンボキサンシンターゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のトロンボキサンシンターゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・トロンボキサンシンターゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・トロンボキサンシンターゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ぶどう膜炎(Uveitis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるぶどう膜炎(Uveitis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、ぶどう膜炎(Uveitis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・ぶどう膜炎(Uveitis)の概要 ・ぶどう膜炎(Uveitis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のぶどう膜炎(Uveitis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ぶどう膜炎(Uveitis)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ぶどう膜炎(Uveitis)治療薬開発 …
  • 冷蔵庫の世界市場:シングルドア冷凍庫、ダブルドア冷蔵庫、フレンチドア冷凍庫
    当調査レポートでは、冷蔵庫の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、冷蔵庫の世界市場規模及び予測、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 産業用浄水器の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、産業用浄水器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用浄水器の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ジフテリア(Diphtheria):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるジフテリア(Diphtheria)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、ジフテリア(Diphtheria)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・ジフテリア(Diphtheria)の概要 ・ジフテリア(Diphtheria)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のジフテリア(Diphtheria)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ジフテリア(Diphtheria)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ジ …
  • ホスピタリティ産業向けVOD(ビデオ・オン・デマンド)ソリューションの世界市場:ペイテレビ、IPテレビ、OTT
    当調査レポートでは、ホスピタリティ産業向けVOD(ビデオ・オン・デマンド)ソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、ソリューション別分析、サービス別分析、収益モデル別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 化学指示インクの世界市場:製品別(溶剤系、水系、UV硬化)、滅菌処理別、印刷処理別(フレキソ印刷、グラビア印刷、スクリーン)、用途別(滅菌バッグ、タグとラベル、テープ)、セグメント予測、2013 – 2024
    本調査レポートでは、化学指示インクの世界市場について調査・分析し、化学指示インクの世界市場動向、化学指示インクの世界市場規模、市場予測、セグメント別化学指示インク市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 建築・建設用プラスチック固定具の世界市場2014-2025:製品別(ケーブルタイ、クリップ、鋲、グロメット)、機能別、流通経路別、最終用途別
    本調査レポートでは、建築・建設用プラスチック固定具の世界市場について調査・分析し、建築・建設用プラスチック固定具の世界市場動向、建築・建設用プラスチック固定具の世界市場規模、市場予測、セグメント別建築・建設用プラスチック固定具市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • オーストリアのインターベンショナル心臓装置市場見通し
  • 世界の組織拡張器市場2016
    本調査レポートでは、世界の組織拡張器市場2016について調査・分析し、組織拡張器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のタンク水位モニタリング装置市場2015
    本調査レポートでは、世界のタンク水位モニタリング装置市場2015について調査・分析し、タンク水位モニタリング装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 青果パッケージングの世界市場
    当調査レポートでは、青果パッケージングの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・青果パッケージングの世界市場:製品種類別分析/市場規模 ・青果パッケージングの世界市場:用途別分析/市場規模 ・青果パッケージングの世界市場:需要先別分析/市場規模 ・青果パッケージングの世界市場:地域別分析/市場規模 ・青果パッケージングのアメリカ市場規模予測 ・青果パッケージングのヨーロッパ市場規模予測 ・青果パッケージングのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • グレインミル製品の世界市場:製品種類別(小麦、米、その他)、流通経路別(スーパーマーケット/ハイパーマーケット、食料品店、オンラインストア)
    本市場調査レポートではグレインミル製品について、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、製品種類別(小麦、米、その他)分析、流通経路別(スーパーマーケット/ハイパーマーケット、食料品店、オンラインストア)分析、地域別分析、競争状況、企業概要に区分して収録しています。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・グレインミル製品の世界市場:製品種類別(小麦、米、その他) ・グレインミル製品の世界市場:流通経路別(スーパーマーケット/ハイパーマーケット、食料品店、オンラインストア) ・グレインミル製品の世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業概要
  • 抵抗性高血圧症(Resistant Hypertension):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における抵抗性高血圧症(Resistant Hypertension)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、抵抗性高血圧症(Resistant Hypertension)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・抵抗性高血圧症(Resistant Hypertension)の概要 ・抵抗性高血圧症(Resistant Hypertension)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の抵抗性高血圧症(Resistant Hypertension)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・抵抗性高血圧症(Resistant Hypertension)治療薬 …
  • 世界の3Dスキャニング市場:レーザースキャナ、マシンビジョン、座標測定機
  • 仮想イベントの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、仮想イベントの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、仮想イベントの世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • パッチ管理の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、パッチ管理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、コンポーネント別(パッチ管理ソフトウェアおよびサービス)分析、サービス別(コンサルティング、サポート、統合)分析、展開別(クラウドおよびオンプレミス)分析、業種別(金融、政府および防衛、ITおよび通信)分析、パッチ管理の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、パッチ管理の世界市場規模が2019年589百万ドルから2024年979百万ドルまで年平均10.7%成長すると予測しています。
  • テレビインターホン装置の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、テレビインターホン装置の世界市場について調査・分析し、テレビインターホン装置の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別テレビインターホン装置シェア、市場規模推移、市場規模予測、テレビインターホン装置種類別分析(アナログ型、IP型)、テレビインターホン装置用途別分析(住居用、商業用、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・テレビインターホン装置の市場概観 ・テレビインターホン装置のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・テレビインターホン装置のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・テレビインターホン装置の世界市場規模 ・テレビインターホン装置の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・テレビインターホン装置のアメリカ市場規模推移 ・テレビインターホン装置のカナダ市場規模推移 ・テレビインターホン装置のメキシコ市場規模推移 ・テレビインターホン装置のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・テレビインターホン装置のドイツ市場規模推 …
  • 世界の血液銀行用冷蔵庫 市場2015
    本調査レポートでは、世界の血液銀行用冷蔵庫 市場2015について調査・分析し、血液銀行用冷蔵庫 の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のS-メトラクロール市場2015
    本調査レポートでは、世界のS-メトラクロール市場2015について調査・分析し、S-メトラクロールの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の装飾用コーティング剤市場:樹脂種類別(アクリル、アルキド)、技術別(水系、溶剤系、粉末)、ユーザー種類別(DIY、プロフェッショナル)、コーティング種類別(内装、外装)、用途別(住宅、非住宅)、地域別
    MarketsandMarkets社は、装飾用コーティング剤の世界市場規模が2019年670億ドルから2024年824億ドルまで年平均4.2%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界の装飾用コーティング剤市場を広く調査・分析し、市場概要、樹脂種類別(アクリル樹脂、アルキド樹脂、ビニル樹脂、ポリウレタン樹脂、その他)分析、技術別(水系塗料、溶剤系塗料、粉体塗料)分析、コーティング種類別(インテリア、エクステリア、その他)分析、ユーザー種類別(DIY、プロ)分析、製品別(エマルジョン、ウッドコーティング、エナメル、その他)分析、地域別分析、競合動向、企業概要などで取りまとめております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界の装飾用コーティング剤市場:樹脂種類別(アクリル樹脂、アルキド樹脂、ビニル樹脂、ポリウレタン樹脂、その他) ・世界の装飾用コーティング剤市場:技術別(水系塗料、溶剤系塗料、粉体塗料) ・世界の装飾用コーティング剤市場:コーティング種類別(インテリア、エクステリア、その他) ・世界の装飾用コーティン …
  • オーファンドラッグ(希少疾患治療薬)の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、オーファンドラッグ(希少疾患治療薬)の世界市場について調べ、オーファンドラッグ(希少疾患治療薬)の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、オーファンドラッグ(希少疾患治療薬)の市場規模をセグメンテーション別(製品別(生物製剤、非生物学的製剤)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他)に分けて算出しました。Technavio社はオーファンドラッグ(希少疾患治療薬)の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均12%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・オーファンドラッグ(希少疾患治療薬)の市場状況 ・オーファンドラッグ(希少疾患治療薬)の市場規模 ・オーファンドラッグ(希少疾患治療薬)の市場予測 ・オーファンドラッグ(希少疾患治療薬)の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(生物製剤、非生物学的製剤) ・オーファンドラッグ(希少疾患治療薬)の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、 …
  • インドの外傷固定処置動向(~2021)
  • ミリ波技術の世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、ミリ波技術の世界市場について調査・分析し、ミリ波技術の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - ミリ波技術の世界市場:市場動向分析 - ミリ波技術の世界市場:競争要因分析 - ミリ波技術の世界市場:製品別 ・MMレーダー・衛星通信システム ・MM通信機器 ・MMスキャナーシステム ・その他 - ミリ波技術の世界市場:用途別 ・自動車 ・消費財 ・防衛 ・保安 ・医療 ・映像 ・工業 ・携帯電話・通信 - ミリ波技術の世界市場:機器別 ・アンプ ・アンテナ・トランシーバー ・通信・ネットワーク機器 ・制御機器 ・フェライト素子 ・周波電源・関連機器 ・映像機器 ・インターフェース機器 ・発振器 ・電源・電池部品 ・RF・ラジオ部品 ・センサー ・その他 - ミリ波技術の世界市場:周波数帯別 ・8GHz~57GHz ・57GHz~86GHz ・86GHz~300GHz - ミリ波技術の世界市場:ライセンス別 ・ライトライセンス周波数MM波 ・フルライセンス周波数MM波 ・ライセンスなし周波数 …
  • B細胞慢性リンパ性白血病(B-Cell Chronic Lymphocytic Leukemia):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、B細胞慢性リンパ性白血病(B-Cell Chronic Lymphocytic Leukemia)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・B細胞慢性リンパ性白血病(B-Cell Chronic Lymphocytic Leukemia):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・B細胞慢性リンパ性白血病(B-Cell Chronic Lymphocytic Leukemia)のフェーズ3治験薬の状況 ・B細胞慢性リンパ性白血病(B-Cell Chronic Lymphocytic Leukemia)治療薬の市場規模(販売予測) ・B細胞慢性リンパ性白血病(B-Cell Chronic Lymphocytic Leukemia)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・B細胞慢性リンパ性白血病(B-Cell Chronic Lymphocytic Leukemia)のフェーズ3治験薬分析 ・ …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"