"コンパニオン診断の世界市場:免疫組織化学、ポリメラーゼ連鎖反応[PCR]、次世代シーケンシング[NGS]、in situハイブリダイゼーション"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AMR9NV073)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"コンパニオン診断の世界市場:免疫組織化学、ポリメラーゼ連鎖反応[PCR]、次世代シーケンシング[NGS]、in situハイブリダイゼーション"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The global companion diagnostics market generated $1,678 million in 2018, and is projected to reach $6,452 million by 2026, growing at a CAGR of 18.3% from 2019 to 2026.

Companion diagnostic is a medical device, often an in-vitro device that provides information essential for the safe and effective use of a corresponding drug or biological product. These tests help a health care professional to determine patients who can benefit from a particular therapeutic product, identify patients at increased risk of severe side effects as a result of the treatment with a particular therapeutic product as well as achieve improved safety or effectiveness.

The companion diagnostics market is expected to experience significant growth during the forecast period owing to growth in demand for advanced therapies, rise in R&D activities to develop low cost & highly efficient drugs, increase in awareness in personalized medicines and surge in demand for cost effective diagnosis are some factors that majorly drive the market growth.

The global companion diagnostics market is segmented based on technology, indication, and region. Based on technology, the market is categorized as immunohistochemistry, polymerase chain reaction (PCR), next Generation Sequencing (NGS), in situ hybridization, and others. On the basis of indication, it is segmented into oncology, neurology, and others. Oncology is further classified into lung cancer, colorectal cancer, breast cancer, blood cancer, and others. Based on region, the market is studied across North America (U.S., Canada, and Mexico), Europe (Germany, France, the UK, and rest of Europe), Asia-Pacific (China, Japan, Australia, and rest of Asia-Pacific), and LAMEA (Brazil, South Africa and rest of LAMEA).

KEY BENEFITS FOR STAKEHOLDERS
• The study provides an in-depth analysis of the market along with the current trends and future estimations to elucidate the imminent investment pockets.
• It offers a quantitative analysis from 2018 to 2026, which is expected to enable the stakeholders to capitalize on the prevailing market opportunities.
• A comprehensive analysis of all the regions is provided to determine the existing opportunities.
• The profiles and growth strategies of the key players are thoroughly analyzed to understand the competitive outlook of the global market.

KEY MARKET SEGMENTS

By Technology Type
• Immunohistochemistry
• Polymerase chain reaction (PCR)
• Next Generation Sequencing (NGS)
• In situ hybridization
• Others

Indication
• Oncology
o Lung cancer
o Colorectal cancer
o Breast cancer
o Blood cancer
o Others
• Neurology
• Others

By Region
• North America
o U.S.
o Canada
o Mexico
• Europe
o Germany
o France
o UK
o Rest of Europe
• Asia-Pacific
o Japan
o China
o Australia
o Rest of Asia-Pacific
• LAMEA
o Brazil
o South Africa
o Rest of LAMEA
LIST OF KEY PLAYERS PROFILED IN THE REPORT
• Abbott Laboratories Molecular, Inc.
• Agilent (Dako Denmark A/S)
• ARUP Laboratories, Inc.
• BioMerieux SA
• Danaher Corporation (Leica Microsystems)
• Foundation Medicine, Inc.
• Myriad Genetics, Inc.
• Qiagen N.V.
• Roche (Ventana Medical Systems, Inc.)
• Thermo Fisher Scientific (Life Technologies Corporation)

LIST OF OTHER PLAYERS IN THE VALUE CHAIN (These players are not profiled in the report. The same will be included on request.)
• Resonance Health Ltd


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Allied Market Researchが"コンパニオン診断の世界市場:免疫組織化学、ポリメラーゼ連鎖反応[PCR]、次世代シーケンシング[NGS]、in situハイブリダイゼーション"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

CHAPTER 1: INTRODUCTION

1.1. Report description
1.2. Key benefits for stakeholders
1.3. Key market segments

1.3.1. List of key players profiled in the report

1.4. Research methodology

1.4.1. Secondary research
1.4.2. Primary research
1.4.3. Analyst tools and models

CHAPTER 2: EXECUTIVE SUMMARY

2.1. Key findings of the study
2.2. Key findings

2.2.1. Top investment pockets
2.2.2. Top impacting factors

2.3. CXO perspective

CHAPTER 3: MARKET OVERVIEW

3.1. Market definition and scope
3.2. Key forces shaping companion diagnostics industry/market

3.2.1. Moderate power of suppliers
3.2.2. High threat of new entrants
3.2.3. Low threat of substitution
3.2.4. Moderate competitive rivalry
3.2.5. Moderate power of buyers

3.3. Parent/ peer market overview
3.5. Market evolution/industry roadmap
3.6. Government regulations for companion diagnostics
3.7. Market dynamics

3.7.1. Drivers

3.7.1.1. Increased popularity of personalized medicine
3.7.1.2. Increase in cases of adverse drug reactions (ADRs)
3.7.1.3. Surge in healthcare expenditure worldwide
3.7.1.4. Technological advancements in diagnostic techniques

3.7.2. Restraints

3.7.2.1. Unfavorable reimbursement policies in some countries

3.7.3. Opportunities

3.7.3.1. Growth opportunities in emerging markets
3.7.3.2. Increase in incidence of cancer across the globe

3.7.4. Impact analysis

CHAPTER 4: COMPANION DIAGNOSTICS MARKET, BY TECHNOLOGY

4.1. Overview

4.1.1. Market size and forecast

4.2. Immunohistochemistry

4.2.1. Market size and forecast, by region
4.2.2. Market analysis, by country

4.3. Polymerase chain reaction (PCR)

4.3.1. Market size and forecast, by region
4.3.2. Market analysis, by country

4.4. Next generation sequencing (NGS)

4.4.1. Market size and forecast, by region
4.4.2. Market analysis, by country

4.5. In situ hybridization

4.5.1. Market size and forecast, by region
4.5.2. Market analysis, by country

4.6. Others

4.6.1. Market size and forecast, by region
4.6.2. Market analysis, by country

CHAPTER 5: COMPANION DIAGNOSTICS MARKET, BY INDICATION

5.1. Overview

5.1.1. Market size and forecast

5.2. Oncology

5.2.1. Key market trends and opportunities
5.2.2. Market size and forecast, by type

5.2.2.1. Lung cancer

5.2.2.1.1. Market size and forecast

5.2.2.2. Colorectal cancer

5.2.2.2.1. Market size and forecast

5.2.2.3. Breast cancer

5.2.2.3.1. Market size and forecast

5.2.2.4. Blood cancer

5.2.2.4.1. Market size and forecast

5.2.2.5. Others

5.2.2.5.1. Market size and forecast

5.2.3. Market size and forecast
5.2.4. Market analysis, by country

5.3. Neurology

5.3.1. Market size and forecast
5.3.2. Market analysis, by country

5.4. Others

5.4.1. Market size and forecast
5.4.2. Market analysis, by country

CHAPTER 6: COMPANION DIAGNOSTICS MARKET, BY REGION

6.1. Overview

6.1.1. Market size and forecast

6.2. North America

6.2.1. Key market trends, growth factors, and opportunities
6.2.2. Market size and forecast, by country

6.2.2.1. U.S.

6.2.2.1.1. U.S. companion diagnostics market, by technology
6.2.2.1.2. U.S. companion diagnostics market, by indication

6.2.2.2. Canada

6.2.2.2.1. Canada companion diagnostics market, by technology
6.2.2.2.2. Canada companion diagnostics market, by indication

6.2.2.3. Mexico

6.2.2.3.1. Mexico companion diagnostics market, by technology
6.2.2.3.2. Mexico companion diagnostics market, by indication

6.2.3. North America market size and forecast, by technology
6.2.4. North America Market size and forecast, by indication

6.3. Europe

6.3.1. Key market trends, growth factors, and opportunities
6.3.2. Market size and forecast, by country

6.3.2.1. Germany

6.3.2.1.1. Germany companion diagnostics market, by technology
6.3.2.1.2. Germany companion diagnostics market, by indication

6.3.2.2. France

6.3.2.2.1. France companion diagnostics market, by technology
6.3.2.2.2. France companion diagnostics market, by indication

6.3.2.3. UK

6.3.2.3.1. UK companion diagnostics market, by technology
6.3.2.3.2. UK companion diagnostics market, by indication

6.3.2.4. Rest of Europe

6.3.2.4.1. Rest of Europe companion diagnostics market, by technology
6.3.2.4.2. Rest of Europe companion diagnostics market, by indication

6.3.3. Europe market size and forecast, by technology
6.3.4. Europe Market size and forecast, by indication

6.4. Asia-Pacific

6.4.1. Key market trends, growth factors, and opportunities
6.4.2. Market size and forecast, by country

6.4.2.1. Japan

6.4.2.1.1. Japan companion diagnostics market, by technology
6.4.2.1.2. Japan companion diagnostics market, by indication

6.4.2.2. China

6.4.2.2.1. China companion diagnostics market, by technology
6.4.2.2.2. China companion diagnostics market, by indication

6.4.2.3. Australia

6.4.2.3.1. Australia companion diagnostics market, by technology
6.4.2.3.2. Australia companion diagnostics market, by indication

6.4.2.4. Rest of Asia-Pacific

6.4.2.4.1. Rest of Asia-Pacific companion diagnostics market, by technology
6.4.2.4.2. Rest of Asia-Pacific companion diagnostics market, by indication

6.4.3. Asia-Pacific market size and forecast, by technology
6.4.4. Asia-Pacific Market size and forecast, by indication

6.5. LAMEA

6.5.1. Key market trends, growth factors, and opportunities
6.5.2. Market size and forecast, by country

6.5.2.1. Brazil

6.5.2.1.1. Brazil companion diagnostics market, by technology
6.5.2.1.2. Brazil companion diagnostics market, by indication

6.5.2.2. South Africa

6.5.2.2.1. South Africa companion diagnostics market, by technology
6.5.2.2.2. South Africa companion diagnostics market, by indication

6.5.2.3. Rest of LAMEA

6.5.2.3.1. Rest of LAMEA companion diagnostics market, by technology
6.5.2.3.2. Rest of LAMEA companion diagnostics market, by indication

6.5.3. LAMEA market size and forecast, by technology
6.5.4. LAMEA Market size and forecast, by indication

CHAPTER 7: COMPETITIVE LANDSCAPE

7.1. Introduction

7.1.1. Market player positioning, 2018

7.2. Top winning strategies
7.3. Competitive dashboard
7.4. Competitive heatmap

CHAPTER 8: COMPANY PROFILES

8.1. Abbott Laboratories Molecular, Inc.

8.1.1. Company overview
8.1.2. Company snapshot
8.1.3. Operating business segments
8.1.4. Product portfolio
8.1.5. Business performance
8.1.6. Key strategic moves and developments

8.2. Agilent (Dako Denmark A/S)

8.2.1. Company overview
8.2.2. Company snapshot
8.2.3. Operating business segments
8.2.4. Product portfolio
8.2.5. Business performance
8.2.6. Key strategic moves and developments

8.3. ARUP Laboratories, Inc.

8.3.1. Company overview
8.3.2. Company snapshot
8.3.3. Operating business segments
8.3.4. Service portfolio

8.4. BioMerieux

8.4.1. Company overview
8.4.2. Company snapshot
8.4.3. Operating business segments
8.4.4. Product portfolio
8.4.5. Business performance

8.5. Danaher Corporation (Leica Microsystems)

8.5.1. Company overview
8.5.2. Company snapshot
8.5.3. Operating business segments
8.5.4. Product portfolio
8.5.5. Business performance

8.6. Foundation Medicine, Inc.

8.6.1. Company overview
8.6.2. Company snapshot
8.6.3. Operating business segments
8.6.4. Service portfolio
8.6.5. Key strategic moves and developments

8.7. Myriad Genetics, Inc.

8.7.1. Company overview
8.7.2. Company snapshot
8.7.3. Operating business segments
8.7.4. Product portfolio
8.7.5. Business performance
8.7.6. Key strategic moves and developments

8.8. Roche (Ventana Medical Systems, Inc)

8.8.1. Company overview
8.8.2. Company snapshot
8.8.3. Operating business segments
8.8.4. Product portfolio
8.8.5. Business performance
8.8.6. Key strategic moves and developments

8.9. Thermo Fisher Scientific (Life Technologies Corporation)

8.9.1. Company overview
8.9.2. Company snapshot
8.9.3. Operating business segments
8.9.4. Product portfolio
8.9.5. Business performance
8.9.6. Key strategic moves and developments

8.10. QIAGEN N.V.

8.10.1. Company overview
8.10.2. Company snapshot
8.10.3. Operating business segments
8.10.4. Product portfolio
8.10.5. Business performance
8.10.6. Key strategic moves and developments

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】コンパニオン診断の世界市場:免疫組織化学、ポリメラーゼ連鎖反応[PCR]、次世代シーケンシング[NGS]、in situハイブリダイゼーション
【発行日】2019年7月
【調査会社】Allied Market Research
【コード】AMR9NV073
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】医療
【キーワード】コンパニオン診断、免疫組織化学、ポリメラーゼ連鎖反応[PCR]、次世代シーケンシング[NGS]、in situハイブリダイゼーション、腫瘍学、神経学
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
コンパニオン診断の世界市場:免疫組織化学、ポリメラーゼ連鎖反応[PCR]、次世代シーケンシング[NGS]、in situハイブリダイゼーションについてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • セルフクリーニング衣類市場
  • 無人搬送車(AGV)の世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、無人搬送車(AGV)の世界市場について調査・分析し、無人搬送車(AGV)の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 無人搬送車(AGV)の世界市場:市場動向分析 - 無人搬送車(AGV)の世界市場:競争要因分析 - 無人搬送車の世界市場:産業別 ・医療 ・化学薬品・プラスチック ・航空宇宙 ・自動車 ・食品・飲料 ・製造 ・小売 ・流通 ・倉庫・流通センター ・その他 - 無人搬送車の世界市場:種類別 ・ユニットロードキャリア ・バレット輸送用トラック ・牽引車 ・組立ライン車両 ・フォークリフト ・クランプ車 ・軽量輸送車 ・その他 - 無人搬送車の世界市場:用途別 ・輸送 ・包装 ・組立 ・流通 ・保管 ・その他 - 無人搬送車の世界市場:電池タイプ別 ・リチウムイオン ・鉛 ・ニッケルベース ・その他 - 無人搬送車の世界市場:誘導技術別 ・レーザー誘導 ・磁気誘導 ・ナチュラル・ナビゲーション ・視覚制御 ・インダクティブ式誘導 ・光学式テープ誘導 ・赤外線誘導 ・有線誘導 ・慣 …
  • アメリカの整形外科用骨セメントおよび鋳造材料市場動向(~2021)
  • シアン化ナトリウム の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、シアン化ナトリウム の世界市場について調査・分析し、シアン化ナトリウム の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別シアン化ナトリウム シェア、市場規模推移、市場規模予測、シアン化ナトリウム 種類別分析()、シアン化ナトリウム 用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・シアン化ナトリウム の市場概観 ・シアン化ナトリウム のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・シアン化ナトリウム のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・シアン化ナトリウム の世界市場規模 ・シアン化ナトリウム の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・シアン化ナトリウム のアメリカ市場規模推移 ・シアン化ナトリウム のカナダ市場規模推移 ・シアン化ナトリウム のメキシコ市場規模推移 ・シアン化ナトリウム のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・シアン化ナトリウム のドイツ市場規模推移 ・シアン化ナトリウム のイギリス市場規模推移 ・シアン化ナトリウム …
  • IoTフリート管理の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、IoTフリート管理の世界市場について調査・分析し、IoTフリート管理の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - IoTフリート管理の世界市場:市場動向分析 - IoTフリート管理の世界市場:競争要因分析 - IoTフリート管理の世界市場:用途別 ・ドライバ情報システム ・燃料管理 ・ルート管理 ・車両メンテナンス ・走行時間分析 ・フリート管理 ・遠隔診断 ・追跡・モニタリング ・その他 - IoTフリート管理の世界市場:プラットフォーム別 ・ ネットワーク管理 ・装置管理 ・アプリケーション対応platform(AEP) - IoTフリート管理の世界市場:クラウド導入形態別 ・パブリック ・ハイブリッド ・プライベート - IoTフリート管理の世界市場:サービス別 ・マネージドサービス ・専門サービス - IoTフリート管理の世界市場::フリートタイプ別 ・公共用バス ・商用車 ・乗用車 - IoTフリート管理の世界市場:主要地域別分析 - IoTフリート管理の北米市場規模(アメリカ市 …
  • 世界の砕氷機市場2016
    本調査レポートでは、世界の砕氷機市場2016について調査・分析し、砕氷機の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • スウェーデンの頭蓋顎顔面固定(CMF)装置市場見通し
  • スマートミラーの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、スマートミラーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、用途別(自動車、ホスピタリティ・小売)分析、自動車用スマートミラー別(タイプ、機能)分析、ホスピタリティ・小売用スマートミラー別(コンポーネント、技術、拡張現実)分析、スマートミラーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の硫黄被覆尿素市場2016
    本調査レポートでは、世界の硫黄被覆尿素市場2016について調査・分析し、硫黄被覆尿素の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • サシェ包装の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、サシェ包装の世界市場について調査・分析し、サシェ包装の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - サシェ包装の世界市場:市場動向分析 - サシェ包装の世界市場:競争要因分析 - サシェ包装の世界市場:パックサイズ別 ・1 ml -10 ml ・11 ml – 20 ml ・21 ml – 30 ml ・その他 - サシェ包装の世界市場:材料タイプ別 ・アルミホイル ・紙 ・プラスチック ・その他 - サシェ包装の世界市場:用途別 ・医薬品 ・パーソナルケア・化粧品 ・食品 ・産業用 - サシェ包装の世界市場:主要地域別分析 - サシェ包装の北米市場規模(アメリカ市場等) - サシェ包装のヨーロッパ市場規模 - サシェ包装のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・サシェ包装の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 企業向け情報アーカイビングの世界市場:Eメール、ソーシャルメディア、インスタントメッセージング、ウェブ、モバイル通信、ファイル&EFSS
    当調査レポートでは、企業向け情報アーカイビングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、コンテンツ種類別分析、サービス別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 屋上太陽光発電の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、屋上太陽光発電の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、屋上太陽光発電市場規模、技術別(薄膜、結晶シリコン)分析、用途別(オフグリッド、グリッド接続)分析、エンドユーザー別(住宅、非住宅)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 屋上太陽光発電の世界市場:市場動向分析 ・ 屋上太陽光発電の世界市場:競争要因分析 ・ 屋上太陽光発電の世界市場:技術別(薄膜、結晶シリコン) ・ 屋上太陽光発電の世界市場:用途別(オフグリッド、グリッド接続) ・ 屋上太陽光発電の世界市場:エンドユーザー別(住宅、非住宅) ・ 屋上太陽光発電の世界市場:主要地域別分析 ・ 屋上太陽光発電の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 屋上太陽光発電のヨーロッパ市場規模 ・ 屋上太陽光発電のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・屋上太陽光発電の世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • 水溶性ビタミン・ミネラル飼料サプリメントの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、水溶性ビタミン・ミネラル飼料サプリメントの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、ビタミン種類別分析、ミネラル種類別分析、家畜別分析、地域別分析、水溶性ビタミン・ミネラル飼料サプリメントの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • バイオプラスチック&バイオポリマーの世界市場:バイオPE、バイオPET、ポリ乳酸、でんぷん配合物、生分解性ポリエステル、再生セルロース、PHA
    当調査レポートでは、バイオプラスチック&バイオポリマーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • タイのプラスチック製包装製品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 垂直農法の世界市場分析:構造別(出荷コンテナ、建物ベース)、提供別(照明、水耕性成分、気候制御)、栽培方法別(空中栽培、水耕栽培)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、垂直農法の世界市場について調査・分析し、垂直農法の世界市場動向、垂直農法の世界市場規模、市場予測、セグメント別垂直農法市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 家庭用電化製品の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、家庭用電化製品の世界市場について調査・分析し、家庭用電化製品の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別家庭用電化製品シェア、市場規模推移、市場規模予測、家庭用電化製品種類別分析()、家庭用電化製品用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・家庭用電化製品の市場概観 ・家庭用電化製品のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・家庭用電化製品のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・家庭用電化製品の世界市場規模 ・家庭用電化製品の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・家庭用電化製品のアメリカ市場規模推移 ・家庭用電化製品のカナダ市場規模推移 ・家庭用電化製品のメキシコ市場規模推移 ・家庭用電化製品のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・家庭用電化製品のドイツ市場規模推移 ・家庭用電化製品のイギリス市場規模推移 ・家庭用電化製品のロシア市場規模推移 ・家庭用電化製品のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・ …
  • 非受容型チロシンキナーゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における非受容型チロシンキナーゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・非受容型チロシンキナーゼ阻害剤の概要 ・非受容型チロシンキナーゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の非受容型チロシンキナーゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・非受容型チロシンキナーゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・非受容型チロシンキナーゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 特殊油脂の世界市場2017-2021:製菓、製パン、乳製品、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、特殊油脂の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、特殊油脂の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。Technavio社は特殊油脂の世界市場が2017-2021年期間中に年平均9.37%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Bunge、Cargill、IFFCO、IOI Loders Croklaan、Wilmar International等です。
  • PPAR-ベータ/デルタアゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるPPAR-ベータ/デルタアゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・PPAR-ベータ/デルタアゴニストの概要 ・PPAR-ベータ/デルタアゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のPPAR-ベータ/デルタアゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・PPAR-ベータ/デルタアゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・PPAR-ベータ/デルタアゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界の婦人科用診察椅子市場2016
    本調査レポートでは、世界の婦人科用診察椅子市場2016について調査・分析し、婦人科用診察椅子の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 金融産業(BFSI)セキュリティの世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、金融産業(BFSI)セキュリティの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、情報セキュリティ別分析、物理セキュリティ別分析、地域別分析、金融産業(BFSI)セキュリティの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • IoNT(ナノモノのインターネット)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、IoNT(ナノモノのインターネット)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、IoNT(ナノモノのインターネット)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の石油コークス市場2015
    本調査レポートでは、世界の石油コークス市場2015について調査・分析し、石油コークスの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • マウスウォッシュ(洗口液)の北米市場:市場規模、成長、予測分析
  • 医療用包装の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、医療用包装の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、医療用包装市場規模、包装別(一次、二次)分析、製品別(ペットボトル、キャップ・クロージャー、ブリスターパック、プレフィラブルシリンジ、非経口用コンテナ、プレフィラブル吸入器、ポーチ、投薬チューブ、その他)分析、材料別(硬質プラスチック、フレキシブルプラスチック、ガラス、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・医療用包装の世界市場概要 ・医療用包装の世界市場環境 ・医療用包装の世界市場動向 ・医療用包装の世界市場規模 ・医療用包装の世界市場:業界構造分析 ・医療用包装の世界市場:包装別(一次、二次) ・医療用包装の世界市場:製品別(ペットボトル、キャップ・クロージャー、ブリスターパック、プレフィラブルシリンジ、非経口用コンテナ、プレフィラブル吸入器、ポーチ、投薬チューブ、その他) ・医療用包装の世界市場:材料別(硬質プラスチック、フレキシブルプラスチック、ガラ …
  • コイルドチュービングサービスの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、コイルドチュービングサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、コイルドチュービングサービスの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はコイルドチュービングサービスの世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.00%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Archer、Baker Hughes、Halliburton、Schlumberger、Superior Energy Services等です。
  • 世界のSBC及び誘導体市場2015
    本調査レポートでは、世界のSBC及び誘導体市場2015について調査・分析し、SBC及び誘導体の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • シリコンフォトニクスの世界市場予測
    Inkwood Research社が出版した本調査レポートでは、シリコンフォトニクスの世界市場について調査・分析し、シリコンフォトニクスの世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 中国のマイカ紙市場2015
    本調査レポートでは、中国のマイカ紙市場2015について調査・分析し、マイカ紙の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 落書き防止用コーティング剤の世界市場予測(~2023年)
    落書き防止用コーティング剤の調査対象は、落書き防止用コーティング剤および落書き防止用フィルムの両方です。落書き防止用コーティング剤の世界市場は、2018年の7,200万米ドルから2023年には8,700万米ドルに達し、この期間中3.8%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、落書きまたは破壊行為に対する保護の必要性の高まり、ならびに建設および輸送業界の成長が考えられます。一方で、落書き防止コーティング剤やフィルムは高価なことから、市場の成長が制約されています。当調査レポートでは、落書き防止用コーティング剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、タイプ(水性、その他)分析、最終用途産業(建設、運輸)分析、落書き防止用コーティング剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • トップ10ケアケミカルの世界市場予測(~2021):カラー化粧品、パーソナルケア成分、活性成分、香料成分、業務用I&I洗浄剤、界面活性剤、軟化エステル、化粧用顔料、化粧品防腐剤、エトキシレート
  • オートバイ用バッテリーの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、オートバイ用バッテリーの世界市場について調査・分析し、オートバイ用バッテリーの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別オートバイ用バッテリーシェア、市場規模推移、市場規模予測、オートバイ用バッテリー種類別分析(SLI、AGM、リチウム)、オートバイ用バッテリー用途別分析(ガスエンジン/SLI、電動式電車)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・オートバイ用バッテリーの市場概観 ・オートバイ用バッテリーのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・オートバイ用バッテリーのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・オートバイ用バッテリーの世界市場規模 ・オートバイ用バッテリーの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・オートバイ用バッテリーのアメリカ市場規模推移 ・オートバイ用バッテリーのカナダ市場規模推移 ・オートバイ用バッテリーのメキシコ市場規模推移 ・オートバイ用バッテリーのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・オートバイ用バッテリーの …
  • 世界のステビオシド市場2015
    本調査レポートでは、世界のステビオシド市場2015について調査・分析し、ステビオシドの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、地域別生産規模分析、販売チャネル分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 軟性・半硬性尿管鏡検査の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、軟性・半硬性尿管鏡検査の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品(軟性尿道鏡、半硬性尿道鏡)分析、用途(尿路結石症、尿道狭窄症、腎臓がん)分析、用途(ASCS、病院)分析、軟性・半硬性尿管鏡検査の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用ガスケット・シールの世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、自動車用ガスケット・シールの世界市場規模が2017年650.7億ドルから2026年1237.2億ドルまで年平均7.4%成長すると予測しています。当調査レポートでは、自動車用ガスケット・シールの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用ガスケット・シール市場規模、製品種類別(シール、ガスケット)分析、種類別(部品シーリングシステム、ボディシーリングシステム)分析、車種別(乗用車、小型商用車、大型商用車、オフハイウェイ車、コンパクトカー)分析、用途別(冷却アプリケーション、送信、エンジン、ブレーキ、燃料供給)分析、材料別(金属、プラスチックポリマー、ファイバ、シリコーン、ゴム)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 自動車用ガスケット・シールの世界市場:市場動向分析 ・ 自動車用ガスケット・シールの世界市場:競争要因分析 ・ 自動車用ガスケット・シールの世界市場:製品種類別(シール、ガスケット) ・ 自 …
  • 世界の水溶性包装市場:原料別(ポリマー、界面活性剤、繊維)、エンドユーズ別(産業および住宅)、溶解度種類別(冷水可溶性および熱水可溶性)、包装タイプ別、地域別
    MarketsandMarkets社は、水溶性包装の世界市場規模が2019年28億ドルから2025年37億ドルまで年平均5.0%成長すると予測しています。当資料では、世界の水溶性包装市場を統合的に調査・分析し、市場概要、材料別(ポリマー、界面活性剤、繊維)分析、溶解度種類別(冷水可溶性、温水可溶性)分析、包装種類別(バッグ、ポーチ、ポッド&カプセル)分析、エンドユーズ別(産業、住宅/国内)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などで構成されております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界の水溶性包装市場:材料別(ポリマー、界面活性剤、繊維) ・世界の水溶性包装市場:溶解度種類別(冷水可溶性、温水可溶性) ・世界の水溶性包装市場:包装種類別(バッグ、ポーチ、ポッド&カプセル) ・世界の水溶性包装市場:エンドユーズ別(産業、住宅/国内) ・世界の水溶性包装市場:地域別 ・競合環境 ・企業概要
  • バイオガス精製の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、バイオガス精製の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、バイオガス精製市場規模、技術別(圧力スイング吸着システム、化学吸収、メンブレンシステム、物理吸収、ウォータースクラバー、低温技術、低温分離、化学洗浄)分析、用途別(地方自治体・下水道、農業廃棄物、産業排水、廃棄物、食品廃棄物、エネルギー作物バイオガスプロジェクト)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ バイオガス精製の世界市場:市場動向分析 ・ バイオガス精製の世界市場:競争要因分析 ・ バイオガス精製の世界市場:技術別(圧力スイング吸着システム、化学吸収、メンブレンシステム、物理吸収、ウォータースクラバー、低温技術、低温分離、化学洗浄) ・ バイオガス精製の世界市場:用途別(地方自治体・下水道、農業廃棄物、産業排水、廃棄物、食品廃棄物、エネルギー作物バイオガスプロジェクト) ・ バイオガス精製の世界市場:主要地域別分析 ・ バイオガス精製の北米市場規模(アメリカ市 …
  • 機能性織物仕上げ剤の世界市場分析:製品別(抗菌剤、難燃剤、防虫剤および放出剤、温度調節剤、耐久性プレス/しわ防止剤)、地域別、競争戦略、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、機能性織物仕上げ剤の世界市場について調査・分析し、機能性織物仕上げ剤の世界市場動向、機能性織物仕上げ剤の世界市場規模、市場予測、セグメント別機能性織物仕上げ剤市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • スマート鉄道の世界市場予測(~2021):乗客情報、貨物情報、鉄道通信、先進セキュリティモニタリング、鉄道分析
    当調査レポートでは、スマート鉄道の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、ソリューション別分析、構成要素別分析、サービス別分析、地域別分析、スマート鉄道の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 甲板の世界市場2016-2020:木製甲板、プラスチック製甲板、複合材性甲板、アルミニウム製甲板
    当調査レポートでは、甲板の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、甲板の世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のLNG産業見通し
  • フィンランドの装具市場見通し
  • 加工用金製品の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、加工用金製品の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、加工用金製品市場規模、用途別(ジュエリー 、エレクトロニクス、公式コイン、医療、その他)分析、原材料(鉱山生産、スクラップ供給)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、AngloGold Ashanti, Barrick Gold, Goldcorp, Kinross Gold, Newmont Miningなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・加工用金製品の世界市場概要 ・加工用金製品の世界市場環境 ・加工用金製品の世界市場動向 ・加工用金製品の世界市場規模 ・加工用金製品の世界市場:業界構造分析 ・加工用金製品の世界市場:用途別(ジュエリー 、エレクトロニクス、公式コイン、医療、その他) ・加工用金製品の世界市場:原材料(鉱山生産、スクラップ供給) ・加工用金製品の世界市場:地域別市場規模・分析 ・加工用金製品の北米市場規模・予測 ・加工用金製品のヨーロッパ・中東・ア …
  • ノイズ検出およびモニタリングの世界市場
    当調査レポートでは、ノイズ検出およびモニタリングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ノイズ検出およびモニタリングの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • システムインフラ収益の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、システムインフラ収益の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、システムインフラ収益の世界市場規模及び予測、サービス別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • リン酸肥料の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、リン酸肥料の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、リン酸肥料市場規模、用途別(穀類向け、油料種子、果物・野菜、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・リン酸肥料の世界市場概要 ・リン酸肥料の世界市場環境 ・リン酸肥料の世界市場動向 ・リン酸肥料の世界市場規模 ・リン酸肥料の世界市場:業界構造分析 ・リン酸肥料の世界市場:用途別(穀類向け、油料種子、果物・野菜、その他) ・リン酸肥料の世界市場:地域別市場規模・分析 ・リン酸肥料の北米市場規模・予測 ・リン酸肥料のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・リン酸肥料のアジア太平洋市場規模・予測 ・リン酸肥料の主要国分析 ・リン酸肥料の世界市場:成長要因、課題 ・リン酸肥料の世界市場:競争環境 ・リン酸肥料の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析) 主な分析対象企業は、Coromandel international、ICL、Maaden、OCP、PhosAgr …
  • 航空機用タイヤの世界市場:民間機タイヤ、軍用機タイヤ、ラジアルタイヤ、バイアスタイヤ
    当調査レポートでは、航空機用タイヤの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、用途別分析、航空機種類別分析、タイヤ種類別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用慣性計測装置(IMU)センサーの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、自動車用慣性計測装置(IMU)センサーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用慣性計測装置(IMU)センサー市場規模、用途別(乗用車、商用車)分析、製品別(MEMSジャイロスコープベース、FOGベース)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自動車用慣性計測装置(IMU)センサーの世界市場概要 ・自動車用慣性計測装置(IMU)センサーの世界市場環境 ・自動車用慣性計測装置(IMU)センサーの世界市場動向 ・自動車用慣性計測装置(IMU)センサーの世界市場規模 ・自動車用慣性計測装置(IMU)センサーの世界市場:業界構造分析 ・自動車用慣性計測装置(IMU)センサーの世界市場:用途別(乗用車、商用車) ・自動車用慣性計測装置(IMU)センサーの世界市場:製品別(MEMSジャイロスコープベース、FOGベース) ・自動車用慣性計測装置(IMU)センサーの世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動車用慣性計測装置( …
  • 世界のポリアミド46(ナイロン46)市場2015
    本調査レポートでは、世界のポリアミド46(ナイロン46)市場2015について調査・分析し、ポリアミド46(ナイロン46)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"