"コンパニオン診断の世界市場:免疫組織化学、ポリメラーゼ連鎖反応[PCR]、次世代シーケンシング[NGS]、in situハイブリダイゼーション"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AMR9NV073)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"コンパニオン診断の世界市場:免疫組織化学、ポリメラーゼ連鎖反応[PCR]、次世代シーケンシング[NGS]、in situハイブリダイゼーション"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The global companion diagnostics market generated $1,678 million in 2018, and is projected to reach $6,452 million by 2026, growing at a CAGR of 18.3% from 2019 to 2026.

Companion diagnostic is a medical device, often an in-vitro device that provides information essential for the safe and effective use of a corresponding drug or biological product. These tests help a health care professional to determine patients who can benefit from a particular therapeutic product, identify patients at increased risk of severe side effects as a result of the treatment with a particular therapeutic product as well as achieve improved safety or effectiveness.

The companion diagnostics market is expected to experience significant growth during the forecast period owing to growth in demand for advanced therapies, rise in R&D activities to develop low cost & highly efficient drugs, increase in awareness in personalized medicines and surge in demand for cost effective diagnosis are some factors that majorly drive the market growth.

The global companion diagnostics market is segmented based on technology, indication, and region. Based on technology, the market is categorized as immunohistochemistry, polymerase chain reaction (PCR), next Generation Sequencing (NGS), in situ hybridization, and others. On the basis of indication, it is segmented into oncology, neurology, and others. Oncology is further classified into lung cancer, colorectal cancer, breast cancer, blood cancer, and others. Based on region, the market is studied across North America (U.S., Canada, and Mexico), Europe (Germany, France, the UK, and rest of Europe), Asia-Pacific (China, Japan, Australia, and rest of Asia-Pacific), and LAMEA (Brazil, South Africa and rest of LAMEA).

KEY BENEFITS FOR STAKEHOLDERS
• The study provides an in-depth analysis of the market along with the current trends and future estimations to elucidate the imminent investment pockets.
• It offers a quantitative analysis from 2018 to 2026, which is expected to enable the stakeholders to capitalize on the prevailing market opportunities.
• A comprehensive analysis of all the regions is provided to determine the existing opportunities.
• The profiles and growth strategies of the key players are thoroughly analyzed to understand the competitive outlook of the global market.

KEY MARKET SEGMENTS

By Technology Type
• Immunohistochemistry
• Polymerase chain reaction (PCR)
• Next Generation Sequencing (NGS)
• In situ hybridization
• Others

Indication
• Oncology
o Lung cancer
o Colorectal cancer
o Breast cancer
o Blood cancer
o Others
• Neurology
• Others

By Region
• North America
o U.S.
o Canada
o Mexico
• Europe
o Germany
o France
o UK
o Rest of Europe
• Asia-Pacific
o Japan
o China
o Australia
o Rest of Asia-Pacific
• LAMEA
o Brazil
o South Africa
o Rest of LAMEA
LIST OF KEY PLAYERS PROFILED IN THE REPORT
• Abbott Laboratories Molecular, Inc.
• Agilent (Dako Denmark A/S)
• ARUP Laboratories, Inc.
• BioMerieux SA
• Danaher Corporation (Leica Microsystems)
• Foundation Medicine, Inc.
• Myriad Genetics, Inc.
• Qiagen N.V.
• Roche (Ventana Medical Systems, Inc.)
• Thermo Fisher Scientific (Life Technologies Corporation)

LIST OF OTHER PLAYERS IN THE VALUE CHAIN (These players are not profiled in the report. The same will be included on request.)
• Resonance Health Ltd


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Allied Market Researchが"コンパニオン診断の世界市場:免疫組織化学、ポリメラーゼ連鎖反応[PCR]、次世代シーケンシング[NGS]、in situハイブリダイゼーション"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

CHAPTER 1: INTRODUCTION

1.1. Report description
1.2. Key benefits for stakeholders
1.3. Key market segments

1.3.1. List of key players profiled in the report

1.4. Research methodology

1.4.1. Secondary research
1.4.2. Primary research
1.4.3. Analyst tools and models

CHAPTER 2: EXECUTIVE SUMMARY

2.1. Key findings of the study
2.2. Key findings

2.2.1. Top investment pockets
2.2.2. Top impacting factors

2.3. CXO perspective

CHAPTER 3: MARKET OVERVIEW

3.1. Market definition and scope
3.2. Key forces shaping companion diagnostics industry/market

3.2.1. Moderate power of suppliers
3.2.2. High threat of new entrants
3.2.3. Low threat of substitution
3.2.4. Moderate competitive rivalry
3.2.5. Moderate power of buyers

3.3. Parent/ peer market overview
3.5. Market evolution/industry roadmap
3.6. Government regulations for companion diagnostics
3.7. Market dynamics

3.7.1. Drivers

3.7.1.1. Increased popularity of personalized medicine
3.7.1.2. Increase in cases of adverse drug reactions (ADRs)
3.7.1.3. Surge in healthcare expenditure worldwide
3.7.1.4. Technological advancements in diagnostic techniques

3.7.2. Restraints

3.7.2.1. Unfavorable reimbursement policies in some countries

3.7.3. Opportunities

3.7.3.1. Growth opportunities in emerging markets
3.7.3.2. Increase in incidence of cancer across the globe

3.7.4. Impact analysis

CHAPTER 4: COMPANION DIAGNOSTICS MARKET, BY TECHNOLOGY

4.1. Overview

4.1.1. Market size and forecast

4.2. Immunohistochemistry

4.2.1. Market size and forecast, by region
4.2.2. Market analysis, by country

4.3. Polymerase chain reaction (PCR)

4.3.1. Market size and forecast, by region
4.3.2. Market analysis, by country

4.4. Next generation sequencing (NGS)

4.4.1. Market size and forecast, by region
4.4.2. Market analysis, by country

4.5. In situ hybridization

4.5.1. Market size and forecast, by region
4.5.2. Market analysis, by country

4.6. Others

4.6.1. Market size and forecast, by region
4.6.2. Market analysis, by country

CHAPTER 5: COMPANION DIAGNOSTICS MARKET, BY INDICATION

5.1. Overview

5.1.1. Market size and forecast

5.2. Oncology

5.2.1. Key market trends and opportunities
5.2.2. Market size and forecast, by type

5.2.2.1. Lung cancer

5.2.2.1.1. Market size and forecast

5.2.2.2. Colorectal cancer

5.2.2.2.1. Market size and forecast

5.2.2.3. Breast cancer

5.2.2.3.1. Market size and forecast

5.2.2.4. Blood cancer

5.2.2.4.1. Market size and forecast

5.2.2.5. Others

5.2.2.5.1. Market size and forecast

5.2.3. Market size and forecast
5.2.4. Market analysis, by country

5.3. Neurology

5.3.1. Market size and forecast
5.3.2. Market analysis, by country

5.4. Others

5.4.1. Market size and forecast
5.4.2. Market analysis, by country

CHAPTER 6: COMPANION DIAGNOSTICS MARKET, BY REGION

6.1. Overview

6.1.1. Market size and forecast

6.2. North America

6.2.1. Key market trends, growth factors, and opportunities
6.2.2. Market size and forecast, by country

6.2.2.1. U.S.

6.2.2.1.1. U.S. companion diagnostics market, by technology
6.2.2.1.2. U.S. companion diagnostics market, by indication

6.2.2.2. Canada

6.2.2.2.1. Canada companion diagnostics market, by technology
6.2.2.2.2. Canada companion diagnostics market, by indication

6.2.2.3. Mexico

6.2.2.3.1. Mexico companion diagnostics market, by technology
6.2.2.3.2. Mexico companion diagnostics market, by indication

6.2.3. North America market size and forecast, by technology
6.2.4. North America Market size and forecast, by indication

6.3. Europe

6.3.1. Key market trends, growth factors, and opportunities
6.3.2. Market size and forecast, by country

6.3.2.1. Germany

6.3.2.1.1. Germany companion diagnostics market, by technology
6.3.2.1.2. Germany companion diagnostics market, by indication

6.3.2.2. France

6.3.2.2.1. France companion diagnostics market, by technology
6.3.2.2.2. France companion diagnostics market, by indication

6.3.2.3. UK

6.3.2.3.1. UK companion diagnostics market, by technology
6.3.2.3.2. UK companion diagnostics market, by indication

6.3.2.4. Rest of Europe

6.3.2.4.1. Rest of Europe companion diagnostics market, by technology
6.3.2.4.2. Rest of Europe companion diagnostics market, by indication

6.3.3. Europe market size and forecast, by technology
6.3.4. Europe Market size and forecast, by indication

6.4. Asia-Pacific

6.4.1. Key market trends, growth factors, and opportunities
6.4.2. Market size and forecast, by country

6.4.2.1. Japan

6.4.2.1.1. Japan companion diagnostics market, by technology
6.4.2.1.2. Japan companion diagnostics market, by indication

6.4.2.2. China

6.4.2.2.1. China companion diagnostics market, by technology
6.4.2.2.2. China companion diagnostics market, by indication

6.4.2.3. Australia

6.4.2.3.1. Australia companion diagnostics market, by technology
6.4.2.3.2. Australia companion diagnostics market, by indication

6.4.2.4. Rest of Asia-Pacific

6.4.2.4.1. Rest of Asia-Pacific companion diagnostics market, by technology
6.4.2.4.2. Rest of Asia-Pacific companion diagnostics market, by indication

6.4.3. Asia-Pacific market size and forecast, by technology
6.4.4. Asia-Pacific Market size and forecast, by indication

6.5. LAMEA

6.5.1. Key market trends, growth factors, and opportunities
6.5.2. Market size and forecast, by country

6.5.2.1. Brazil

6.5.2.1.1. Brazil companion diagnostics market, by technology
6.5.2.1.2. Brazil companion diagnostics market, by indication

6.5.2.2. South Africa

6.5.2.2.1. South Africa companion diagnostics market, by technology
6.5.2.2.2. South Africa companion diagnostics market, by indication

6.5.2.3. Rest of LAMEA

6.5.2.3.1. Rest of LAMEA companion diagnostics market, by technology
6.5.2.3.2. Rest of LAMEA companion diagnostics market, by indication

6.5.3. LAMEA market size and forecast, by technology
6.5.4. LAMEA Market size and forecast, by indication

CHAPTER 7: COMPETITIVE LANDSCAPE

7.1. Introduction

7.1.1. Market player positioning, 2018

7.2. Top winning strategies
7.3. Competitive dashboard
7.4. Competitive heatmap

CHAPTER 8: COMPANY PROFILES

8.1. Abbott Laboratories Molecular, Inc.

8.1.1. Company overview
8.1.2. Company snapshot
8.1.3. Operating business segments
8.1.4. Product portfolio
8.1.5. Business performance
8.1.6. Key strategic moves and developments

8.2. Agilent (Dako Denmark A/S)

8.2.1. Company overview
8.2.2. Company snapshot
8.2.3. Operating business segments
8.2.4. Product portfolio
8.2.5. Business performance
8.2.6. Key strategic moves and developments

8.3. ARUP Laboratories, Inc.

8.3.1. Company overview
8.3.2. Company snapshot
8.3.3. Operating business segments
8.3.4. Service portfolio

8.4. BioMerieux

8.4.1. Company overview
8.4.2. Company snapshot
8.4.3. Operating business segments
8.4.4. Product portfolio
8.4.5. Business performance

8.5. Danaher Corporation (Leica Microsystems)

8.5.1. Company overview
8.5.2. Company snapshot
8.5.3. Operating business segments
8.5.4. Product portfolio
8.5.5. Business performance

8.6. Foundation Medicine, Inc.

8.6.1. Company overview
8.6.2. Company snapshot
8.6.3. Operating business segments
8.6.4. Service portfolio
8.6.5. Key strategic moves and developments

8.7. Myriad Genetics, Inc.

8.7.1. Company overview
8.7.2. Company snapshot
8.7.3. Operating business segments
8.7.4. Product portfolio
8.7.5. Business performance
8.7.6. Key strategic moves and developments

8.8. Roche (Ventana Medical Systems, Inc)

8.8.1. Company overview
8.8.2. Company snapshot
8.8.3. Operating business segments
8.8.4. Product portfolio
8.8.5. Business performance
8.8.6. Key strategic moves and developments

8.9. Thermo Fisher Scientific (Life Technologies Corporation)

8.9.1. Company overview
8.9.2. Company snapshot
8.9.3. Operating business segments
8.9.4. Product portfolio
8.9.5. Business performance
8.9.6. Key strategic moves and developments

8.10. QIAGEN N.V.

8.10.1. Company overview
8.10.2. Company snapshot
8.10.3. Operating business segments
8.10.4. Product portfolio
8.10.5. Business performance
8.10.6. Key strategic moves and developments

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】コンパニオン診断の世界市場:免疫組織化学、ポリメラーゼ連鎖反応[PCR]、次世代シーケンシング[NGS]、in situハイブリダイゼーション
【発行日】2019年7月
【調査会社】Allied Market Research
【コード】AMR9NV073
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】医療
【キーワード】コンパニオン診断、免疫組織化学、ポリメラーゼ連鎖反応[PCR]、次世代シーケンシング[NGS]、in situハイブリダイゼーション、腫瘍学、神経学
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
コンパニオン診断の世界市場:免疫組織化学、ポリメラーゼ連鎖反応[PCR]、次世代シーケンシング[NGS]、in situハイブリダイゼーションについてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 電子設計自動化(EDA)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、電子設計自動化(EDA)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電子設計自動化(EDA)の世界市場規模及び予測、製品別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 工業用無停電電源装置の世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、工業用無停電電源装置の世界市場について調査・分析し、工業用無停電電源装置の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・工業用無停電電源装置の世界市場規模:電力定格別分析 ・工業用無停電電源装置の世界市場規模:エンドユーザー別分析 ・工業用無停電電源装置の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 4-クロロチオフェノールの世界市場予測2019-2024
    「4-クロロチオフェノールの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、純度≥ 98%、純度< 98%など、用途別には、Pharmaceuticals、Dyes、Otherなどに区分してまとめた調査レポートです。4-クロロチオフェノールのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・4-クロロチオフェノールの世界市場概要(サマリー) ・4-クロロチオフェノールの企業別販売量・売上 ・4-クロロチオフェノールの企業別市場シェア ・4-クロロチオフェノールの世界市場規模:種類別(純度≥ 98%、純度< 98%) ・4-クロロチオフェノールの世界市場規模:用途別(Pharmaceuticals、Dyes、Other) ・4-クロロチオフェノールの米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・4-クロロチオフェノールのアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・4-クロロチオフェノールの欧州市場規模(ドイツ、フランス …
  • 商業用温室の世界市場:ガラス温室、プラスチック温室、その他
    当調査レポートでは、商業用温室の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、施設別分析、温室種類別分析、作物種類別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 断熱塗料の世界市場動向・予測(~2021)
    当調査レポートでは、断熱塗料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、産業別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • アルファ-シヌクレイン(alphaSyn又はSNCA)阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるアルファ-シヌクレイン(alphaSyn又はSNCA)阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・アルファ-シヌクレイン(alphaSyn又はSNCA)阻害剤の概要 ・アルファ-シヌクレイン(alphaSyn又はSNCA)阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のアルファ-シヌクレイン(alphaSyn又はSNCA)阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・アルファ-シヌクレイン(alphaSyn又はSNCA)阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・アルファ-シヌクレイン(alphaSyn又はSNCA)阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • コーディング・マーキングの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、コーディング・マーキングの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、コーディング・マーキング市場規模、製品別(消耗品、予備品・アフターマーケット、装置)分析、品目別(プラスチック、紙・ダンボール)分析、色別(白、褐色、その他)分析、技術別(二次・三次パッケージコーディング、一次パッケージコーディング)分析、用途別(製品コーディング、バーコードラベル印刷、ケースコーディング、パレットコーディング)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ コーディング・マーキングの世界市場:市場動向分析 ・ コーディング・マーキングの世界市場:競争要因分析 ・ コーディング・マーキングの世界市場:製品別(消耗品、予備品・アフターマーケット、装置) ・ コーディング・マーキングの世界市場:品目別(プラスチック、紙・ダンボール) ・ コーディング・マーキングの世界市場:色別(白、褐色、その他) ・ コーディング・マーキングの世界市場:技術別(二次・ …
  • アルミニウムの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、アルミニウムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、アルミニウム市場規模、エンドユーザー別(輸送、建設、包装、電気工学、その他)分析、製造工程別(一次アルミニウム、二次アルミニウム)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・アルミニウムの世界市場概要 ・アルミニウムの世界市場環境 ・アルミニウムの世界市場動向 ・アルミニウムの世界市場規模 ・アルミニウムの世界市場:業界構造分析 ・アルミニウムの世界市場:エンドユーザー別(輸送、建設、包装、電気工学、その他) ・アルミニウムの世界市場:製造工程別(一次アルミニウム、二次アルミニウム) ・アルミニウムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・アルミニウムの北米市場規模・予測 ・アルミニウムのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・アルミニウムのアジア太平洋市場規模・予測 ・アルミニウムの主要国分析 ・アルミニウムの世界市場:意思決定フレームワーク ・アルミニウムの世界市場 …
  • 北米の体外式除細動器市場(~2021)
  • 世界のたら肝油市場2015
    本調査レポートでは、世界のたら肝油市場2015について調査・分析し、たら肝油の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のn-ブタン市場2016
    本調査レポートでは、世界のn-ブタン市場2016について調査・分析し、n-ブタンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の超音波溶接装置市場:用途別、地域別
    本調査レポートは超音波溶接装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、用途別(モビリティ、電気及び電子、代替エネルギー)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・超音波溶接装置の世界市場:用途別(モビリティ、電気及び電子、代替エネルギー) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 世界のワイヤレス・マルチルーム・システム市場2015
    本調査レポートでは、世界のワイヤレス・マルチルーム・システム市場2015について調査・分析し、ワイヤレス・マルチルーム・システムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 口腔ケア/口腔衛生の世界市場予測(~2025年)
    当調査レポートでは、口腔ケア/口腔衛生の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別(歯ブラシ(手動、電動、バッテリー駆動)、歯磨き粉、うがい薬、デンタルフロス、歯用ホワイトニング)分析、流通チャネル別(消費者ストア、小売薬局、電子商取引)分析、口腔ケア/口腔衛生の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、口腔ケア/口腔衛生の世界市場規模が2019年445億ドルから2025年533億ドルまで年平均3.0%成長すると予測しています。
  • 第Ⅱa因子阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における第Ⅱa因子阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・第Ⅱa因子阻害剤の概要 ・第Ⅱa因子阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の第Ⅱa因子阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・第Ⅱa因子阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・第Ⅱa因子阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • パラキシレンの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、パラキシレンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、パラキシレンの世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はパラキシレンの世界市場が2017-2021年期間中に年平均9.71%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Braskem、BP、Chevron Phillips Chemical、Exxon Mobil、Reliance Industries等です。
  • 防護服の世界市場:材料種類別(アラミド&ブレンド、ポリオレフィン&ブレンド、ポリベンズイミダゾール、綿繊維、積層ポリエステル、その他)、用途別(熱、機械、化学、放射線、その他)、エンドユーザー産業別(石油&ガス、建設&製造、医薬品、法執行&軍事、消防、その他)
    本調査レポートでは、防護服の世界市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、材料種類別(アラミド&ブレンド、ポリオレフィン&ブレンド、ポリベンズイミダゾール、綿繊維、積層ポリエステル、その他)分析、用途別(熱、機械、化学、放射線、その他)分析、エンドユーザー産業別(石油&ガス、建設&製造、医薬品、法執行&軍事、消防、その他)分析、地域別分析、企業概要などを総合的、多面的にまとめております。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・防護服の世界市場:材料種類別(アラミド&ブレンド、ポリオレフィン&ブレンド、ポリベンズイミダゾール、綿繊維、積層ポリエステル、その他) ・防護服の世界市場:用途別(熱、機械、化学、放射線、その他) ・防護服の世界市場:エンドユーザー産業別(石油&ガス、建設&製造、医薬品、法執行&軍事、消防、その他) ・防護服の世界市場:地域別 ・企業概要
  • 産業用冷凍の世界市場:提供品別(産業用冷却装置&構成要素)、構成要素別(コンプレッサー、コンデンサー、エバポレーター、コントロール、その他)、冷媒種類別(アンモニア、二酸化炭素、ハイドロフルオロカーボン(HFC)、その他)、用途別(フレッシュフルーツ&野菜、肉、家禽、魚、乳製品、アイスクリーム、飲料、化学薬品、医薬品、その他)、種類別(定置式冷凍&輸送用冷凍)
    本調査レポートでは、産業用冷凍の世界市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、提供品別(産業用冷却装置&構成要素)分析、構成要素別(コンプレッサー、コンデンサー、エバポレーター、コントロール、その他)分析、冷媒種類別(アンモニア、二酸化炭素、ハイドロフルオロカーボン(HFC)、その他)分析、用途別(フレッシュフルーツ&野菜、肉、家禽、魚、乳製品、アイスクリーム、飲料、化学薬品、医薬品、その他)分析、種類別(定置式冷凍&輸送用冷凍)分析、地域別分析、企業概要などを総合的、多面的にまとめております。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・産業用冷凍の世界市場:提供品別(産業用冷却装置&構成要素) ・産業用冷凍の世界市場:構成要素別(コンプレッサー、コンデンサー、エバポレーター、コントロール、その他) ・産業用冷凍の世界市場:冷媒種類別(アンモニア、二酸化炭素、ハイドロフルオロカーボン(HFC)、その他) ・産業用冷凍の世界市場:用途別(フレッシュフルーツ&野菜、肉、家禽、魚、乳製品、アイスクリーム、飲料、化学薬品、医薬品、その他) ・産 …
  • 圧電材料の世界市場分析:製品別(セラミックス、ポリマー、複合材料)、用途別(アクチュエータ、センサー、モータ、音響デバイス、発電機、ソナー、トランスデューサ)、エンドユーザー別(消費財、自動車)、セグメント予測
    本調査レポートでは、圧電材料の世界市場について調査・分析し、圧電材料の世界市場動向、圧電材料の世界市場規模、市場予測、セグメント別圧電材料市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 農業用フィルムの世界市場
    当調査レポートでは、農業用フィルムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、農業用フィルムの世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • インドのプラスチックシート/プレート/フィルム市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 水処理用化学薬品(WTC)の世界市場:腐食防止剤、スケール防止剤、凝固剤、凝集剤、殺生物剤、消毒剤
    当調査レポートでは、水処理用化学薬品(WTC)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 全身性強皮症治療薬の世界市場機会分析
    当調査レポートでは、全身性強皮症治療薬の世界市場機会について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・イントロダクション ・全身性強皮症の概要:病因、病態生理、症状 ・疫学:リスク要因、併存症、グローバル動向、予測方法、疫学的予測結果 ・全身性強皮症治療薬市場の現状:診断、治療概要、臨床診療、主要な医薬品 ・アンメット・ニーズ及び市場機会分析 ・研究開発戦略 ・パイプライン分析 ・パイプラインの価値分析
  • 塗料用樹脂の世界市場:アクリル樹脂、アルキド樹脂、ビニル樹脂、PU樹脂、エポキシ樹脂、アミノ樹脂、UPR、SPR
    当調査レポートでは、塗料用樹脂の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、技術別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 組織アブレーションの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、組織アブレーションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、組織アブレーションの世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、製品別分析、需要先別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、コスト分析、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • フランスの脊椎手術処置動向(~2021)
  • 鉄道車両用ワイヤーハーネスの世界市場2019-2023
    鉄道車両用ワイヤーハーネスとは、鉄道用途において信号および電力を伝送するために使用されるワイヤーハーネスまたは配線アセンブリを指します。鉄道車両用ワイヤーハーネスの世界市場は、2019~2023年の間、年平均成長率6.43%で成長すると予測されています。 主な分析対象企業は、FURUKAWA ELECTRIC、Hitachi Metals、LEONI、Nexans、Prysmian Groupなどです。 当調査レポートでは、鉄道車両用ワイヤーハーネスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、鉄道車両用ワイヤーハーネス市場規模、用途別(HVAC、照明、ブレーキシステム、トラクションシステム、エンジンハーネス、インフォテイメント)分析、製品別分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・鉄道車両用ワイヤーハーネスの世界市場概要 ・鉄道車両用ワイヤーハーネスの世界市場環境 ・鉄道車両用ワイヤーハーネスの世界市場動向 ・鉄道車両用ワイヤーハーネスの世 …
  • マトリックス・メタルプロテイナーゼ14阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるマトリックス・メタルプロテイナーゼ14阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・マトリックス・メタルプロテイナーゼ14阻害剤の概要 ・マトリックス・メタルプロテイナーゼ14阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のマトリックス・メタルプロテイナーゼ14阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・マトリックス・メタルプロテイナーゼ14阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・マトリックス・メタルプロテイナーゼ14阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 心臓移植(Heart Transplantation):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における心臓移植(Heart Transplantation)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、心臓移植(Heart Transplantation)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・心臓移植(Heart Transplantation)の概要 ・心臓移植(Heart Transplantation)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の心臓移植(Heart Transplantation)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・心臓移植(Heart Transplantation)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治 …
  • ガソリン計量機の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ガソリン計量機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ガソリン計量機の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • IoTマネタイゼーション(収益化)の世界市場見通し2016-2022:エネルギー、小売り、ビル&ホームオートメーション、産業、ヘルスケア、農業、自動車&輸送、家電、その他用途
    当調査レポートでは、IoTマネタイゼーション(収益化)の世界市場について調査・分析し、IoTマネタイゼーション(収益化)の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・IoTマネタイゼーション(収益化)の世界市場:市場動向分析 ・IoTマネタイゼーション(収益化)の世界市場:競争要因分析 ・IoTマネタイゼーション(収益化)の世界市場:用途別分析/市場規模 ・IoTマネタイゼーション(収益化)の世界市場:地域別分析/市場規模 ・IoTマネタイゼーション(収益化)の北米市場規模 ・IoTマネタイゼーション(収益化)の欧州市場規模 ・IoTマネタイゼーション(収益化)のアジア市場規模 ・IoTマネタイゼーション(収益化)の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • パーソナルケア用品受託製造の世界市場:サービス別(製造、Custom Formulation・R&D、包装)、地域別(APAC、北米、欧州)
    本調査レポートでは、パーソナルケア用品受託製造の世界市場について調査・分析し、パーソナルケア用品受託製造の世界市場動向、パーソナルケア用品受託製造の世界市場規模、市場予測、セグメント別パーソナルケア用品受託製造市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 圧力軽減マットレスの世界市場2017-2021:空気充填、液体充填、固形物充填
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、圧力軽減マットレスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、圧力軽減マットレスの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は圧力軽減マットレスの世界市場が2016-2020年期間中に年平均4.63% Technavio’s analysts forecast the global pressure relief mattress market to grow at a CAGR of 4.63%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はHill-Rom、Invacare、PARAMOUNT BED、Stryker 等です。
  • 世界のレフルノミド市場2016
    本調査レポートでは、世界のレフルノミド市場2016について調査・分析し、レフルノミドの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 動力工具用バッテリの世界市場2017-2021:リチウムイオン電池、ニッケル電池
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、動力工具用バッテリの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、動力工具用バッテリの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は動力工具用バッテリの世界市場が2017-2021年期間中に年平均8.12%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、A123 Systems、LG Chem、Panasonic Industrial Devices & Solutions、SAMSUNG SDI、Sony等です。
  • ウイルス性結膜炎(Viral Conjunctivitis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるウイルス性結膜炎(Viral Conjunctivitis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、ウイルス性結膜炎(Viral Conjunctivitis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・ウイルス性結膜炎(Viral Conjunctivitis)の概要 ・ウイルス性結膜炎(Viral Conjunctivitis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のウイルス性結膜炎(Viral Conjunctivitis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ウイルス性結膜炎(Viral Conjunctivitis)治療薬の評価    …
  • CRISPR技術の世界市場予測(~2023年)
    CRISPR技術の世界市場は、2018年の5億6200万米ドルから2023年には17億1500万米ドルに達し、この期間中25%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、資金調達および個人投資の増加、CRISPR術の採用の拡大などが考えれられます。一方で、代替技術も存在することから、市場の成長は抑制される可能性があります。当調査レポートでは、CRISPR技術の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品(酵素、キット、gRNA、ライブラリ、デザインツール)分析、サービス(gRNAデザイン、細胞株エンジニアリング)分析、用途(バイオメディカル、農業)分析、エンドユーザー(製薬・バイオ医薬品企業、学術機関、CRO)分析、CRISPR技術の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 半導体シリコンウェハーの世界市場
    当調査レポートでは、半導体シリコンウェハーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、半導体シリコンウェハーの世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • アクティブ防護システムの世界市場予測(~2022)
    当調査レポートでは、アクティブ防護システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、エンドユーザー別分析、システム別分析、地域別分析、アクティブ防護システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 無給油コンプレッサーの世界市場分析:製品別(固定式、ポータブル)、技術別(往復、ロータリー、遠心)、用途別(製造業、石油・ガス、エネルギー、F&B、ヘルスケア、半導体・電子)、セグメント予測、2014-2024
    本調査レポートでは、無給油コンプレッサーの世界市場について調査・分析し、無給油コンプレッサーの世界市場動向、無給油コンプレッサーの世界市場規模、市場予測、セグメント別無給油コンプレッサー市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • BRIC(ブラジル/ロシア/インド/中国)の整形外科用電動器具市場動向(~2021)
  • ヒト・マイクロバイオームの世界市場:プロバイオティクス、食品、プレバイオティクス、医療食品、診断デバイス、医薬品、サプリメント
    当調査レポートでは、ヒト・マイクロバイオームの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、疾患別分析、用途別分析、製品別分析、技術別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の合成ガス&誘導体市場:生産技術別、ガス化装置種類別、原料別(石炭、天然ガス、石油副産物、バイオマス/廃棄物)、用途別(化学、燃料、電気)、地域別
    MarketsandMarkets社は、合成ガス&誘導体世界市場規模が2019年277,507MWthから2024年501,932MWthまで年平均12.6%成長すると予測しています。本書は、世界の合成ガス&誘導体市場について調査・分析し、市場概要、生産技術別(水蒸気改質、部分酸化、オートサーマル改質、バイオマスガス化、その他)分析、ガス化装置種類別(固定(移動)床ガス化装置、噴流ガス化装置、流動床ガス化装置、その他)分析、原材料別(石炭、天然ガス、石油副産物、バイオマス/廃棄物、その他)分析、用途別(化学薬品、燃料、電気)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界の合成ガス&誘導体市場:生産技術別(水蒸気改質、部分酸化、オートサーマル改質、バイオマスガス化、その他) ・世界の合成ガス&誘導体市場:ガス化装置種類別(固定(移動)床ガス化装置、噴流ガス化装置、流動床ガス化装置、その他) ・世界の合成ガス&誘導体市場:原材料別(石炭、天然ガス、石油副産物、バイオマス/廃 …
  • 調味料・ドレッシング・ソースのイタリア市場
  • エトキシレートの世界市場予測(~2021年):アルコール、脂肪アミン、脂肪酸、メチル・エステル、グリセリド
    当調査レポートでは、エトキシレートの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、エトキシレートの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • レンタル発電機の世界市場予測(~2023年)
    レンタル発電機の世界市場は、2018年の推定145億米ドルから2023年には212億米ドルに達し、7.89%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、地方における老朽化したインフラや電力へのアクセス制限による電力損失が増加したことが考えれられます。一方で、世界経済の減速と原材料価格の不確実性により、市場の成長は抑制される可能性があります。当調査レポートでは、レンタル発電機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、燃料(ディーゼル、ガス)分析、出力定格分析、装置分析、エンドユーザー(公共事業、石油・ガス、イベント、建設、鉱業、製造、船舶輸送、データセンター)分析、レンタル発電機の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 吹付コンクリートの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、吹付コンクリートの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、吹付コンクリートの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 石油化学製品の世界市場:製品別(ベンゼン、キシレン、エチレン、ポリプロピレン、スチレン)、地域別(CSA、北米、欧州、アジア太平洋、MEA)
    本調査レポートでは、石油化学製品の世界市場について調査・分析し、石油化学製品の世界市場動向、石油化学製品の世界市場規模、市場予測、セグメント別石油化学製品市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ハンドブレンダーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ハンドブレンダーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ハンドブレンダーの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 近赤外線分光法の世界市場
    当調査レポートでは、近赤外線分光法の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、近赤外線分光法の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"