"月経カップの世界市場:使い捨て、再利用可能"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AMR9NV082)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"月経カップの世界市場:使い捨て、再利用可能"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The global menstrual cup market accounted for around $1,213 million in 2018 and is expected to reach $1,894 million by 2026, registering a CAGR of 5.7% from 2019 to 2026. A menstrual cup is a feminine hygiene product that are used during menstruation. It is inserted into the vagina and one can keep it inside for maximum 12 hours. Its purpose is to prevent menstrual blood from leaking onto the clothes. It is made up of either latex, silicone, or thermoplastic elastomer. Silicon and thermoplastic elastomer are hypoallergic which means that the wearer can be safe from unwanted irritation and allergies. The menstrual cups are available in a smaller and a larger size, where smaller size is recommended for women under 30 (who have not given birth vaginally) and the larger size is recommended for women who are over 30 (have given birth vaginally or have a heavy flow).

The menstrual cup market is expected to witness significant growth during the forecast period due to the factors such as rise in demand & increase in awareness for advanced feminine hygiene products. Moreover, menstrual cups also help prevent odor, hold more blood than pads or tampon, and are more hygienic as compared to the pads and tampons. These menstrual cups are made up of the medically graded researched material making them safe to be inserted into the body. However, the menstrual cups can be messier to use, and hard to insert & remove. Sometimes menstrual cups can also cause allergic reaction, which hinders the growth of the menstrual cup market. However, increase in focus on product innovation for feminine hygiene products and emphasizing on production of menstrual cup made from organic and biodegradable materials can help open new avenues for the growth of menstrual cup market.

The global menstrual cup market is segmented based on product type, material type, and end user. Based on product type, the market is bifurcated into disposable and reusable menstrual cup. Based on material type, the market is classified into medical grade silicone, natural gum rubber (latex) and thermoplastic elastomer (TPE). Based on distribution channel, the market is categorized into online stores and pharmacies & retail stores. Based on region, the market is analyzed across North America, Europe, Asia-Pacific, and LAMEA.

Major key players operating in menstrual cup market are Diva International Inc., Lunette, The Keeper, Inc., Femcap, Mooncup Ltd., Fleurcup, MeLuna USA, Lena Cup, Lingroup Co., Ltd., Jaguara, s.r.o, Anigan, Vcup, and Yuuki Company s.r.o.

KEY BENEFITS FOR STAKEHOLDERS

 This report highlights the market dynamics to understand the global Menstrual Cup market and capitalize on the prevailing opportunities.
 Quantitative analysis of the current market and forecasts would assist stakeholders to design business strategies accordingly.
 Porter’s five forces analysis examines the competitive market structure and provides a deeper understanding of the influencing factors for entry and expansion.
 Pin-point analysis of geographical segments offers identification of most profitable segments to capitalize on.

KEY MARKET SEGMENTS
• By Type
o Arthrospira Platensis
o Arthrospira Maxima
• By Application
o Nutraceuticals
o Food and Beverages
o Cosmetics
o Agriculture
o Feed
o Others
• By Drug Formulation
o Powder
o Tablet & Capsule
o Liquid
o Granule & Gelling Agent
• By Region
o North America
• U.S.
• Canada
• Mexico
o Europe
• Germany
• France
• Spain
• Italy
• UK
• Rest of Europe
o Asia-Pacific
• Australia
• Japan
• India
• China
• Rest of Asia-Pacific
o LAMEA
• Brazil
• Saudi Arabia
• South Africa
• Rest of LAMEA

KEY MARKET PLAYERS
• Ligand Pharmaceuticals
• Addrenex Pharmaceuticals
• Shire Plc
• Teva Pharmaceutical Industries Ltd.
• Arena Pharmaceuticals
• Jazz Pharmaceuticals Plc
• Bioprojet
• Graymark Healthcare, Inc.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Allied Market Researchが"月経カップの世界市場:使い捨て、再利用可能"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

CHAPTER 1: INTRODUCTION

1.1. Report description
1.2. Key benefits for stakeholders
1.3. Key market segments
1.4. Research methodology

1.4.1. Secondary research
1.4.2. Primary research
1.4.3. Analyst tools & models

CHAPTER 2: EXECUTIVE SUMMARY

2.1.1. CXO perspective

CHAPTER 3: MARKET OVERVIEW

3.1. Market Definition and Scope
3.2. Key findings

3.2.1. Top investment pockets

3.3. Key forces shaping menstrual cup market
3.4. Top player positioning
3.5. Market dynamics

3.5.1. Drivers

3.5.1.1. Increase in awareness about the available options in feminine hygiene products
3.5.1.2. Availability of different cups and sizes
3.5.1.3. Benefits of Cups Over Pads and Tampons

3.5.2. Restraints

3.5.2.1. Availability of substitutes and cost of menstrual cups
3.5.2.2. Cultural resistance and limited level of acceptance of the sanitary protections

3.5.3. Opportunity

3.5.3.1. Untapped opportunities in developing countries

3.6. Qualitative Analysis on Manufacturing and Trading Factors

CHAPTER 4: MENSTRUAL CUP MARKET, BY PRODUCT TYPE

4.1. Overview

4.1.1. Market size and forecast

4.2. Disposable

4.2.1. Key market trends and opportunities
4.2.2. Market size and forecast
4.2.3. Market analysis, by country

4.3. Reusable

4.3.1. Key market trends and opportunities
4.3.2. Market size and forecast
4.3.3. Market analysis, by country

CHAPTER 5: MENSTRUAL CUP MARKET, BY MATERIAL TYPE

5.1. Overview

5.1.1. Market size and forecast

5.2. Medical grade silicones

5.2.1. Market size and forecast
5.2.2. Market analysis, by country

5.3. Natural gum rubber

5.3.1. Market size and forecast
5.3.2. Market analysis, by country

5.4. Thermoplastic elastomer (TPE)

5.4.1. Market size and forecast
5.4.2. Market analysis, by country

CHAPTER 6: MENSTRUAL CUP MARKET, BY DISTRIBUTION CHANNEL

6.1. Overview

6.1.1. Market size and forecast

6.2. Online stores

6.2.1. Market size and forecast
6.2.2. Market analysis, by country

6.3. Pharmacies & retail stores

6.3.1. Market size and forecast
6.3.2. Market analysis, by country

CHAPTER 7: MENSTRUAL CUP MARKET, BY REGION

7.1. Overview

7.1.1. Market size and forecast

7.2. North America

7.2.1. Key market trends and opportunities
7.2.2. North America market size and forecast, by product type
7.2.3. North America market size and forecast, by material type
7.2.4. North America market size and forecast, by distribution channel
7.2.5. North America market size and forecast, by country

7.2.5.1. U.S. market size and forecast, by product type
7.2.5.2. U.S. market size and forecast, by material type
7.2.5.3. U.S. market size and forecast, by distribution channel
7.2.5.4. Canada market size and forecast, by product type
7.2.5.5. Canada market size and forecast, by material type
7.2.5.6. Canada market size and forecast, by distribution channel
7.2.5.7. Mexico market size and forecast, by product type
7.2.5.8. Mexico market size and forecast, by material type
7.2.5.9. Mexico market size and forecast, by distribution channel

7.3. Europe

7.3.1. Key market trends and opportunities
7.3.2. Europe market size and forecast, by product type
7.3.3. Europe market size and forecast, by material type
7.3.4. Europe market size and forecast, by distribution channel
7.3.5. Europe market size and forecast, by country

7.3.5.1. Germany market size and forecast, by product type
7.3.5.2. Germany market size and forecast, by material type
7.3.5.3. Germany market size and forecast, by distribution channel
7.3.5.4. France market size and forecast, by product type
7.3.5.5. France market size and forecast, by material type
7.3.5.6. France market size and forecast, by distribution channel
7.3.5.7. UK market size and forecast, by product type
7.3.5.8. UK market size and forecast, by material type
7.3.5.9. UK market size and forecast, by distribution channel
7.3.5.10. Italy market size and forecast, by product type
7.3.5.11. Italy market size and forecast, by material type
7.3.5.12. Italy market size and forecast, by distribution channel
7.3.5.13. Spain market size and forecast, by product type
7.3.5.14. Spain market size and forecast, by material type
7.3.5.15. Spain market size and forecast, by distribution channel
7.3.5.16. Rest of Europe market size and forecast, by product type
7.3.5.17. Rest of Europe market size and forecast, by material type
7.3.5.18. Rest of Europe market size and forecast, by distribution channel

7.4. Asia-Pacific

7.4.1. Key market trends and opportunities
7.4.2. Asia-Pacific size and forecast, by product type
7.4.3. Asia-Pacific size and forecast, by material type
7.4.4. Asia-Pacific size and forecast, by distribution channel
7.4.5. Asia-Pacific size and forecast, by country

7.4.5.1. Japan market size and forecast, by product type
7.4.5.2. Japan market size and forecast, by material type
7.4.5.3. Japan market size and forecast, by distribution channel
7.4.5.4. China market size and forecast, by product type
7.4.5.5. China market size and forecast, by material type
7.4.5.6. China market size and forecast, by distribution channel
7.4.5.7. India market size and forecast, by product type
7.4.5.8. India market size and forecast, by material type
7.4.5.9. India market size and forecast, by distribution channel
7.4.5.10. Australia market size and forecast, by product type
7.4.5.11. Australia market size and forecast, by material type
7.4.5.12. Australia market size and forecast, by distribution channel
7.4.5.13. Rest of Asia-Pacific size and forecast, by product type
7.4.5.14. Rest of Asia-Pacific size and forecast, by material type
7.4.5.15. Rest of Asia-Pacific size and forecast, by distribution channel

7.5. LAMEA

7.5.1. Key market trends and opportunities
7.5.2. LAMEA market size and forecast, by product type
7.5.3. LAMEA market size and forecast, by material type
7.5.4. LAMEA market size and forecast, by distribution channel
7.5.5. LAMEA market size and forecast, by country

7.5.5.1. Brazil market size and forecast, by product type
7.5.5.2. Brazil market size and forecast, by material type
7.5.5.3. Brazil market size and forecast, by distribution channel
7.5.5.4. Saudi Arabia market size and forecast, by product type
7.5.5.5. Saudi Arabia market size and forecast, by material type
7.5.5.6. Saudi Arabia market size and forecast, by distribution channel
7.5.5.7. South Africa market size and forecast, by product type
7.5.5.8. South Africa market size and forecast, by material type
7.5.5.9. South Africa market size and forecast, by distribution channel
7.5.5.10. Rest of LAMEA market size and forecast, by product type
7.5.5.11. Rest of LAMEA market size and forecast, by material type
7.5.5.12. Rest of LAMEA market size and forecast, by distribution channel

CHAPTER 8: COMPANY PROFILES

8.1. ANIGAN

8.1.1. Company overview
8.1.2. Company snapshot
8.1.3. Product portfolio

8.2. DIVA INTERNATIONAL INC.

8.2.1. Company overview
8.2.2. Company snapshot
8.2.3. Operating business segments
8.2.4. Product portfolio

8.3. FLEURCUP

8.3.1. Company overview
8.3.2. Company snapshot
8.3.3. Product portfolio

8.4. FEMCAP, INC.

8.4.1. Company overview
8.4.2. Company snapshot
8.4.3. Product portfolio

8.5. JAGUARA, S.R.O.

8.5.1. Company overview
8.5.2. Company snapshot
8.5.3. Operating business segments
8.5.4. Product portfolio

8.6. LINGROUP CO., LTD.

8.6.1. Company overview
8.6.2. Company snapshot
8.6.3. Operating business segments
8.6.4. Product portfolio
8.6.5. Key strategic moves and developments

8.7. LUNE GROUP OY LTD.

8.7.1. Company overview
8.7.2. Company snapshot
8.7.3. Product portfolio
8.7.4. Key strategic moves and developments

8.8. LENA CUP

8.8.1. Company overview
8.8.2. Company snapshot
8.8.3. Product portfolio

8.9. MELUNA USA

8.9.1. Company overview
8.9.2. Company snapshot
8.9.3. Operating business segments
8.9.4. Product portfolio

8.10. ME LUNA GmbH

8.10.1. Company overview
8.10.2. Product portfolio

8.11. MOONCUP LTD.

8.11.1. Company overview
8.11.2. Company snapshot
8.11.3. Product portfolio

8.12. OVA VIETNAM COMPANY LIMITED

8.12.1. Company overview
8.12.2. Company snapshot
8.12.3. Product portfolio

8.13. STERNE (SI-LINE)

8.13.1. Company overview
8.13.2. Company snapshot
8.13.3. Product portfolio

8.14. THE KEEPER, INC.

8.14.1. Company overview
8.14.2. Company snapshot
8.14.3. Product portfolio

8.15. YUUKI COMPANY S.R.O.

8.15.1. Company overview
8.15.2. Company snapshot
8.15.3. Product portfolio

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】月経カップの世界市場:使い捨て、再利用可能
【発行日】2019年7月
【調査会社】Allied Market Research
【コード】AMR9NV082
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】医療
【キーワード】月経カップ、使い捨て、再利用可能、医療用シリコーン、天然ゴム、熱可塑性エラストマー、オンラインストア、薬局、小売店
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
月経カップの世界市場:使い捨て、再利用可能についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • オーストラリアの原油精製市場(~2021)
  • 世界の女性健康管理市場:薬物別(プロリア、デノスマブ、エビスタ、ミレーナ、ゾメタ、リクラスト、ヌバリング、プレマリン、アクトン)、用途別(女性不妊、閉経後骨粗鬆症、子宮内膜症、避妊、PCOS、閉経)
    MarketsandMarkets社は、女性健康管理の世界市場規模が2019年96億ドルから2024年178憶ドルまで年平均13.2%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界の女性健康管理市場を広く調査・分析し、市場概要、用途別(閉経後骨粗鬆症、避妊薬、閉経期、ホルモン不妊症、多嚢胞性卵巣症候群、子宮内膜症、その他の用途)分析、地域別分析、競合動向、企業概要などで取りまとめております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界の女性健康管理市場:用途別(閉経後骨粗鬆症、避妊薬、閉経期、ホルモン不妊症、多嚢胞性卵巣症候群、子宮内膜症、その他の用途) ・世界の女性健康管理市場:地域別 ・競合動向 ・企業概要
  • ボールバルブの世界市場予測(~2024年)
    ボールバルブの世界市場は、2019年の126億米ドルから2024年には152億米ドルに達し、この期間中3.75%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、ボールバルブの交換、エネルギー消費の増加、工業化・都市化・スマートシティへの取り組みの強化、予想外のダウンタイムを回避するためのIIoT対応ボールバルブの統合、製造ラインでの3Dプリンターの使用、製油所・石油化学製品と化学製品工場の数の増加などが考えられます。一方で、認証やポリシーの標準化が進まないことにより、この市場の成長は妨げられる可能性があります。当調査レポートでは、ボールバルブの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、サイズ(1 インチ未満、1~6インチ、6~25インチ、25~50インチ、50インチ以上)分析、種類(トラニオン型、フローティング型、ライジングステム型)分析、材質(ステンレス鋼、鋳鉄、合金、低温用)分析、産業分析、ボールバルブの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 外科器具追跡システムの世界市場:RFID、バーコード
    当調査レポートでは、外科器具追跡システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、技術別分析、構成要素別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 電子設計自動化(EDA)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、電子設計自動化(EDA)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電子設計自動化(EDA)の世界市場規模及び予測、製品別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ラベルフリー検出の世界市場予測(~2022年):技術(表面プラズモン共鳴法、バイオレイヤー干渉法)、製品、用途、エンドユーザー
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ラベルフリー検出の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、技術別分析、製品別分析、用途別分析、需要先別分析、ラベルフリー検出の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 石油・ガス産業における交流電動機の世界市場予測(~2023年)
    石油・ガス産業における交流電動機の世界市場は、2018年の推定105億米ドルから2023年には132億米ドルに達し、4.62%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、石油・ガス産業における技術開発の進展、自動化の増加、およびアフリカ地域における埋蔵量の新たな発見が考えれられます。一方で、石油・ガス産業の成長の鈍化は、交流電動機の販売を妨げる要因となる可能性があります。当調査レポートでは、石油・ガス産業における交流電動機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、タイプ(誘導、同期)分析、電圧(1KV未満、1~6.6kV、6.6kV超)分析、出力定格・HP(1HP未満、1HP超)分析、出力定格・kW(0.12~7.5kW、7.5~110kW, 110~1000kW、1000kW超)分析、石油・ガス産業における交流電動機の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 電気式 ホットプレートの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、電気式 ホットプレートの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電気式 ホットプレートの世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 企業パフォーマンス管理の世界市場:コンポーネント別(ソフトウェア、サービス)、導入別(オンプレミス、クラウド)、ファンクション別(会計、人事、サプライチェーン、その他)、業種別(BFSI、IT・テレコム、小売、製造、ヘルスケア、エネルギー・ユーティリティ、その他)
    本資料は、企業パフォーマンス管理の世界市場について調べ、企業パフォーマンス管理の世界規模、市場動向、市場環境、コンポーネント別(ソフトウェア、サービス)分析、ファンクション別(会計、人事、サプライチェーン、その他)分析、業種別(BFSI、IT・テレコム、小売、製造、ヘルスケア、エネルギー・ユーティリティ、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・企業パフォーマンス管理の世界市場概要 ・企業パフォーマンス管理の世界市場環境 ・企業パフォーマンス管理の世界市場動向 ・企業パフォーマンス管理の世界市場規模 ・企業パフォーマンス管理の世界市場:コンポーネント別(ソフトウェア、サービス) ・企業パフォーマンス管理の世界市場:導入別(オンプレミス、クラウド) ・企業パフォーマンス管理の世界市場:ファンクション別(会計、人事、サプライチェーン、その他) ・企業パフォーマンス管理の世界市場:業種別(BFSI、IT・テレコム、小売、製造、ヘルスケア、エネル …
  • 気管支拡張症(Bronchiectasis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における気管支拡張症(Bronchiectasis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、気管支拡張症(Bronchiectasis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・気管支拡張症(Bronchiectasis)の概要 ・気管支拡張症(Bronchiectasis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の気管支拡張症(Bronchiectasis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・気管支拡張症(Bronchiectasis)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 …
  • 対話型ディスプレーの世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、対話型ディスプレーの世界市場について調査・分析し、対話型ディスプレーの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 対話型ディスプレーの世界市場:市場動向分析 - 対話型ディスプレーの世界市場:競争要因分析 - 対話型ディスプレーの世界市場:パネルサイズ別 ・パネルサイズ17"~32" ・パネルサイズ32"~65" ・パネルサイズ65"以上 - 対話型ディスプレーの世界市場:製品別 ・対話型テーブル ・対話型モニター ・対話型キオスク ・対話型フラットパネルディスプレイ ・対話型ホワイトボード ・対話型ビデオウォール - 対話型ディスプレーの世界市場:種類別 ・透明ディスプレイ ・従来型ディスプレイ ・フレキシブルディスプレイ ・3Dディスプレイ - 対話型ディスプレーの世界市場:用途別 ・自動化 ・接客 ・医療 ・産業用 ・娯楽 ・教育 ・行政・教育 ・情報 ・輸送 ・軍用・防衛 ・小売 ・金融 ・ゲーム ・その他 - 対話型ディスプレーの世界市場:技術別 ・液晶ディスプレイ(LCD) ・ …
  • 皮膚科用装置の世界市場:最終用途別(診療所、病院)、製品・用途別(診断、治療)、セグメント予測
    皮膚科用装置の世界市場は2025年には257億米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率13.5%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、エステに対する関心の高まりが考えられます。毛髪および皮膚関連のさまざまなエステ施術についての認識が高まっています。特に女性は皮膚やヘアケアの施術により多く投資するため、市場の主要な収益源とみなされます。本調査レポートでは、皮膚科用装置の世界市場について調査・分析し、皮膚科用装置の世界市場動向、皮膚科用装置の世界市場規模、市場予測、セグメント別皮膚科用装置市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 不妊治療の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、不妊治療の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、不妊治療市場規模、用途別(男性不妊、女性不妊)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・不妊治療の世界市場概要 ・不妊治療の世界市場環境 ・不妊治療の世界市場動向 ・不妊治療の世界市場規模 ・不妊治療の世界市場:業界構造分析 ・不妊治療の世界市場:用途別(男性不妊、女性不妊) ・不妊治療の世界市場:地域別市場規模・分析 ・不妊治療のアメリカ市場規模・予測 ・不妊治療のヨーロッパ市場規模・予測 ・不妊治療のアジア市場規模・予測 ・不妊治療の主要国分析 ・不妊治療の世界市場:意思決定フレームワーク ・不妊治療の世界市場:成長要因、課題 ・不妊治療の世界市場:競争環境 ・不妊治療の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • ブロックチェーン技術の世界市場規模・予測2017-2025
    本資料は、ブロックチェーン技術の世界市場について調べ、ブロックチェーン技術の世界規模、市場動向、市場環境、プロバイダー別分析、応用分野別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、企業別市場シェア(入手可能な場合)、バリューチェーン分析、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ブロックチェーン技術の世界市場概要 ・ブロックチェーン技術の世界市場環境 ・ブロックチェーン技術の世界市場動向 ・ブロックチェーン技術の世界市場規模 ・ブロックチェーン技術の世界市場:企業別市場シェア(入手可能な場合) ・ブロックチェーン技術の世界市場規模:プロバイダー別 ・ブロックチェーン技術の世界市場規模:応用分野別 ・ブロックチェーン技術の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ブロックチェーン技術の北米市場規模・予測 ・ブロックチェーン技術のアメリカ市場規模・予測 ・ブロックチェーン技術のヨーロッパ市場規模・予測 ・ブロックチェーン技術のアジア市場規模・予測 ・ブロックチェーン技術の日本市場規模・予測 ・ブロック …
  • バイオシミラーの世界市場見通し2022:エリスロポエチン(EPO)、ヒト成長ホルモン(HGH)、顆粒球コロニー刺激因子(G-CSF)、モノクローナル抗体(mAb)、インスリン、インターフェロン(IFN)
    当調査レポートはバイオシミラーの世界市場について調査・分析し、バイオシミラーの世界市場規模、バイオシミラーの世界市場動向、関連企業分析などを含め以下の構成でお届けします。1. アナリストの見解 2. 調査方法 3. バイオシミラーの世界市場見通し2022 4. 市場動態(市場成長要因、市場課題、市場機会) 5. 製品種類別市場セグメンテーション 6. 地域別市場セグメンテーション 7. 用途別市場セグメンテーション 8. 市場動向 9. M&A動向 10. 市場環境分析 11. 競争状況(企業分析) 12. 未来展望
  • 世界のイソブチレン市場2016
    本調査レポートでは、世界のイソブチレン市場2016について調査・分析し、イソブチレンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • イムノアッセイの世界市場:製品・サービス別(試薬・キット、分析装置、ソフトウェア)、技術別(ELISA、迅速試験)、プラットフォーム別(放射免疫測定)、用途別(感染症、がん、心臓疾患)、エンドユーザー別(病院)、地域別予測
    本資料は、イムノアッセイの世界市場について調べ、イムノアッセイの世界規模、市場動向、市場環境、製品・サービス別(試薬・キット、分析装置、ソフトウェア)分析、技術別(ELISA、迅速試験)分析、プラットフォーム別(放射免疫測定)分析、用途別(感染症、がん、心臓疾患)分析、エンドユーザー別(病院)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・イムノアッセイの世界市場概要 ・イムノアッセイの世界市場環境 ・イムノアッセイの世界市場動向 ・イムノアッセイの世界市場規模 ・イムノアッセイの世界市場規模:製品・サービス別(試薬・キット、分析装置、ソフトウェア) ・イムノアッセイの世界市場規模:技術別(ELISA、迅速試験) ・イムノアッセイの世界市場規模:プラットフォーム別(放射免疫測定) ・イムノアッセイの世界市場規模:用途別(感染症、がん、心臓疾患) ・イムノアッセイの世界市場規模:エンドユーザー別(病院) ・イムノアッセイの世界市場:地域別市場規模・分析 …
  • 軍事用ARヘッドギアの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、軍事用ARヘッドギアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、軍事用ARヘッドギアの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は軍事用ARヘッドギアの世界市場が2017-2021年期間中に年平均11.35%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Applied Research Associates (ARA)• BAE Systems• Elbit Systems• Rockwell Collins• Thales Group等です。
  • スプレーポリウレタンフォームの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、スプレーポリウレタンフォームの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、スプレーポリウレタンフォーム市場規模、用途別(住宅用、商業用、その他)分析、種類別(オープンタイプ、クローズドタイプ、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・スプレーポリウレタンフォームの世界市場概要 ・スプレーポリウレタンフォームの世界市場環境 ・スプレーポリウレタンフォームの世界市場動向 ・スプレーポリウレタンフォームの世界市場規模 ・スプレーポリウレタンフォームの世界市場:業界構造分析 ・スプレーポリウレタンフォームの世界市場:用途別(住宅用、商業用、その他) ・スプレーポリウレタンフォームの世界市場:種類別(オープンタイプ、クローズドタイプ、その他) ・スプレーポリウレタンフォームの世界市場:地域別市場規模・分析 ・スプレーポリウレタンフォームの北米市場規模・予測 ・スプレーポリウレタンフォームのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・ …
  • ハンガリーの整形外科手術用動力機器市場見通し
  • 幹細胞バンクの世界市場:用途別(サンプル採取・運搬、サンプル加工、サンプル解析、サンプル保存・保管)、地域別予測
    本資料は、幹細胞バンクの世界市場について調べ、幹細胞バンクの世界規模、市場動向、市場環境、用途別(サンプル採取・運搬、サンプル加工、サンプル解析、サンプル保存・保管)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・幹細胞バンクの世界市場概要 ・幹細胞バンクの世界市場環境 ・幹細胞バンクの世界市場動向 ・幹細胞バンクの世界市場規模 ・幹細胞バンクの世界市場規模:用途別(サンプル採取・運搬、サンプル加工、サンプル解析、サンプル保存・保管) ・幹細胞バンクの世界市場:地域別市場規模・分析 ・幹細胞バンクの北米市場規模・予測 ・幹細胞バンクのアメリカ市場規模・予測 ・幹細胞バンクのヨーロッパ市場規模・予測 ・幹細胞バンクのアジア市場規模・予測 ・幹細胞バンクの日本市場規模・予測 ・幹細胞バンクの中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • オランダの心臓律動管理装置市場見通し
  • γ-オリザノールの世界市場分析:用途別(スポーツサプリメント、化粧品、医薬品、動物飼料)、セグメント予測
    本調査レポートでは、γ-オリザノールの世界市場について調査・分析し、γ-オリザノールの世界市場動向、γ-オリザノールの世界市場規模、市場予測、セグメント別γ-オリザノール市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 煙感知器の世界市場:光電式、二重センサ式、イオン化式煙感知器
    当調査レポートでは、煙感知器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、煙感知器の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 肉腫治療薬の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、肉腫治療薬の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、肉腫治療薬市場規模、種類別(軟部組織肉腫、骨肉種)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・肉腫治療薬の世界市場概要 ・肉腫治療薬の世界市場環境 ・肉腫治療薬の世界市場動向 ・肉腫治療薬の世界市場規模 ・肉腫治療薬の世界市場:業界構造分析 ・肉腫治療薬の世界市場:種類別(軟部組織肉腫、骨肉種) ・肉腫治療薬の世界市場:地域別市場規模・分析 ・肉腫治療薬の北米市場規模・予測 ・肉腫治療薬のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・肉腫治療薬のアジア太平洋市場規模・予測 ・肉腫治療薬の主要国分析 ・肉腫治療薬の世界市場:意思決定フレームワーク ・肉腫治療薬の世界市場:成長要因、課題 ・肉腫治療薬の世界市場:競争環境 ・肉腫治療薬の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析) 主な分析対象企業は、Bayer、Eisai、Eli Lilly、Johnson & Johnson、N …
  • 北米の電気生理学装置市場(~2021)
  • アメリカの体外診断(IVD)市場:免疫測定法、臨床化学、分子診断、微生物
  • オランダの脊椎手術装置市場見通し
  • LEDバックライトDDIC(ディスプレイ用ドライバーIC)の世界市場
    当調査レポートでは、LEDバックライトDDIC(ディスプレイ用ドライバーIC)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、LEDバックライトDDIC(ディスプレイ用ドライバーIC)の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ブラシ付DCモーターの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ブラシ付DCモーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ブラシ付DCモーターの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・調査手法 ・イントロダクション ・市場の状況 ・定格別市場分類 ・エンドユーザ―別市場分類 ・地域別分析 ・ディシジョンフレームワーク ・成長要因・課題 ・市場動向 ・競争状況 ・付録
  • 廃棄物系バイオマスの世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、廃棄物系バイオマスの世界市場について調査・分析し、廃棄物系バイオマスの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 廃棄物系バイオマスの世界市場:市場動向分析 - 廃棄物系バイオマスの世界市場:競争要因分析 - 廃棄物系バイオマスの世界市場:エンドユーザー別 ・自治体による発電 ・輸送燃料 ・オンサイト発電 - 廃棄物系バイオマスの世界市場:種類別 ・工業廃水 ・農業廃水 ・埋立ガス ・下水 - 廃棄物系バイオマスの世界市場:主要地域別分析 - 廃棄物系バイオマスの北米市場規模(アメリカ市場等) - 廃棄物系バイオマスのヨーロッパ市場規模 - 廃棄物系バイオマスのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・廃棄物系バイオマスの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • マレーシアのPVC(ポリ塩化ビニル)市場(~2019)
  • ロードセルの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、ロードセルの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ロードセル市場規模、技術別(デジタルロードセル、アナログロードセル)分析、形状別(ビーム型、Sビーム型、ボタン型、リング型、インライン型、キャニスター型、パンケーキ型)分析、種類別(ねじりロードセル、デュアル剪断型、剪断ビーム型、引張型、S字型、デジタル・スマートロードセル、シングルポイント型、ベンディングビーム型)分析、エンドユーザー別(自動車・輸送、建設、小売、航空・防衛、工業生産・バルク材荷役、医療、石油・ガス、農業用機械、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ ロードセルの世界市場:市場動向分析 ・ ロードセルの世界市場:競争要因分析 ・ ロードセルの世界市場:技術別(デジタルロードセル、アナログロードセル) ・ ロードセルの世界市場:形状別(ビーム型、Sビーム型、ボタン型、リング型、インライン型、キャニスター型、パンケーキ型) ・ ロードセルの世界市場 …
  • ディープ・パケット・インスペクション(DPI)及びプロセッシングの世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、ディープ・パケット・インスペクション(DPI)及びプロセッシングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、用途別分析、サービス別分析、産業別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 天然繊維複合体の世界市場2017-2021:木質繊維、非木材繊維
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、天然繊維複合体の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、天然繊維複合体の世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は天然繊維複合体の世界市場が2017-2021年期間中に年平均11.33%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、FlexForm Technologies、PolyOne、TECNARO、UPM、Weyerhaeuser Company等です。
  • 実験ろ過の世界市場分析:製品別(フィルター濾紙、石英濾紙、セルロース濾紙、ガラスマイクロファイバー濾紙、シリンジフィルタ、ろ過アクセサリー、フィルターホルダー、フィルターディスペンサーフィルターフラスコ、カートリッジフィルター、フィルター漏斗、フィルターハウジング、密閉真空ポンプ)、技術別(マイクロフィルトレーション、ナノろ過、真空ろ過、限外ろ過、逆浸透)、セグメント予測
    本調査レポートでは、実験ろ過の世界市場について調査・分析し、実験ろ過の世界市場動向、実験ろ過の世界市場規模、市場予測、セグメント別実験ろ過市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • オーストラリアの頭蓋顎顔面固定(CMF)処置動向(~2021)
  • フィールドフォースオートメーション(FFA)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、フィールドフォースオートメーション(FFA)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、フィールドフォースオートメーション(FFA)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • クラウド型Wi-Fiサービス(Wi-Fi as a Service)の世界市場見通し2016-2022:ネットワーク設計&計画、クラウドアクセスポイント、メンテナンス&サポート、その他サービス
    当調査レポートでは、クラウド型Wi-Fiサービス(Wi-Fi as a Service)の世界市場について調査・分析し、クラウド型Wi-Fiサービス(Wi-Fi as a Service)の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・クラウド型Wi-Fiサービス(Wi-Fi as a Service)の世界市場:市場動向分析 ・クラウド型Wi-Fiサービス(Wi-Fi as a Service)の世界市場:競争要因分析 ・クラウド型Wi-Fiサービス(Wi-Fi as a Service)の世界市場:サービス別分析/市場規模 ・クラウド型Wi-Fiサービス(Wi-Fi as a Service)の世界市場:企業規模別分析/市場規模 ・クラウド型Wi-Fiサービス(Wi-Fi as a Service)の世界市場:場所別分析/市場規模 ・クラウド型Wi-Fiサービス(Wi-Fi as a Service)の世界市場:需要先別分析/市場規模 ・クラウド型Wi-Fiサービス(Wi-Fi as a Service)の世界市 …
  • 産業用ガスタービン点火システムの世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、産業用ガスタービン点火システムの世界市場について調べ、産業用ガスタービン点火システムの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、産業用ガスタービン点火システムの市場規模をセグメンテーション別(用途別(発電、機械駆動)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は産業用ガスタービン点火システムの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均8%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・産業用ガスタービン点火システムの市場状況 ・産業用ガスタービン点火システムの市場規模 ・産業用ガスタービン点火システムの市場予測 ・産業用ガスタービン点火システムの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(発電、機械駆動) ・産業用ガスタービン点火システムの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 航空イメージングの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、航空イメージングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、航空イメージングの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のカリウムメタバナジン市場2015
    本調査レポートでは、世界のカリウムメタバナジン市場2015について調査・分析し、カリウムメタバナジンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • レーザー干渉計の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、レーザー干渉計の世界市場について調査・分析し、レーザー干渉計の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別レーザー干渉計シェア、市場規模推移、市場規模予測、レーザー干渉計種類別分析()、レーザー干渉計用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・レーザー干渉計の市場概観 ・レーザー干渉計のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・レーザー干渉計のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・レーザー干渉計の世界市場規模 ・レーザー干渉計の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・レーザー干渉計のアメリカ市場規模推移 ・レーザー干渉計のカナダ市場規模推移 ・レーザー干渉計のメキシコ市場規模推移 ・レーザー干渉計のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・レーザー干渉計のドイツ市場規模推移 ・レーザー干渉計のイギリス市場規模推移 ・レーザー干渉計のロシア市場規模推移 ・レーザー干渉計のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・ …
  • 世界の金属表面処理用化学製品市場2016
    本調査レポートでは、世界の金属表面処理用化学製品市場2015について調査・分析し、金属表面処理用化学製品の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国の三相リクローザ市場2015
    本調査レポートでは、中国の三相リクローザ市場2015について調査・分析し、三相リクローザの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 原発性胆汁性肝硬変(Primary Biliary Cirrhosis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における原発性胆汁性肝硬変(Primary Biliary Cirrhosis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、原発性胆汁性肝硬変(Primary Biliary Cirrhosis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・原発性胆汁性肝硬変(Primary Biliary Cirrhosis)の概要 ・原発性胆汁性肝硬変(Primary Biliary Cirrhosis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の原発性胆汁性肝硬変(Primary Biliary Cirrhosis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・原発性胆汁性肝硬変 …
  • 北米のPMR(プライベートモバイル無線)市場2016-2020
    当調査レポートでは、北米のPMR(プライベートモバイル無線)市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、北米のPMR(プライベートモバイル無線)市場規模及び予測、技術別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 転倒検知システムの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、転倒検知システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、構成品別分析、アルゴリズム別分析、システム別分析、需要先別分析、転倒検知システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • DTC(消費者直接)遺伝子検査の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、DTC(消費者直接)遺伝子検査の世界市場について調べ、DTC(消費者直接)遺伝子検査の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、DTC(消費者直接)遺伝子検査の市場規模をセグメンテーション別(流通チャンネル別(直販、小売)、サービス別、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他)に分けて算出しました。Technavio社はDTC(消費者直接)遺伝子検査の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均16%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・DTC(消費者直接)遺伝子検査の市場状況 ・DTC(消費者直接)遺伝子検査の市場規模 ・DTC(消費者直接)遺伝子検査の市場予測 ・DTC(消費者直接)遺伝子検査の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:流通チャンネル別(直販、小売) ・市場セグメンテーション:サービス別 ・DTC(消費者直接)遺伝子検査の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他 ・市 …
  • 胚培養培地の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、胚培養培地の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、胚培養培地の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"