"アロマ成分の世界市場:合成成分、天然成分"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AMR9NV060)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"アロマ成分の世界市場:合成成分、天然成分"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Aroma ingredient is a naturally or synthetically produced compound, which is added to food products or cosmetics to impart the desired fragrance. Natural aroma ingredients are extracted from natural sources such as flowers, fruits, wood, and spices, whereas synthetic aroma ingredients are produced from chemical compounds such as esters, aldehydes, alcohols, musk chemicals, and terpenes. Various methods used for extracting aromatic compounds from raw materials include distillation, expression, solvent extraction, enfleurage, or sieving. The results of the extracts depend upon the amount of waxes present in the extracted product, which is either absolutes, essential oils, concretes, or butters. Aroma ingredients are majorly applicable across the personal care industry.

Improvement in standard of living has necessitated to spend more time for personal care & hygiene, which acts as a key factor that fuels the demand for aroma ingredients, as they are majorly used in personal care, cosmetic, and therapeutic products. In addition, the unique & exotic fragrance of these ingredients attracts consumers and helps in uplifting their mood, thereby boosting the demand for scented personal care & cosmetic products. Moreover, rise in disposable income increases the spending on personal care and cosmetic products, which is expected to drive the market growth. In addition, shift in consumer preference toward natural ingredients such as rosemary essential oils, lavender essential oils, grapefruit essential oils, and orange essential oils for therapies to combat stress, oily, and congested skin as well as to improve digestion, cold, flu, sinus infection, and other respiratory health condition is anticipated to accelerate the growth of the market. Furthermore, aggressive marketing strategies adopted by major market players attract huge customer base, drives the market growth.

However, allergic issues such as headache, sneezing, and itching related to natural or synthetic aroma ingredients hamper the growth of the aroma ingredients market. In addition, enforcement of stringent regulations toward the use of synthetic ingredients extracted from alcohol restrain the market growth. Moreover, the shelf life of natural aroma ingredients is short, which hinders the growth of the market. Conversely, strong innovations and investments in R&D in cosmetics and personal care industry and increase in consumer preferences for natural and bio-based aroma ingredients are anticipated to offer lucrative opportunity for market expansion.

The global aroma ingredients market is segmented based on type, application, and region. Depending on type, the aroma ingredients market is categorized into synthetic ingredients and natural ingredients. The applications covered in the study include homecare, personal care, fine fragrances and perfumes, others. Region wise, the market is analyzed across North America, Europe, Asia-Pacific, and LAMEA.
Some of the major players operating in the aroma ingredients market are BASF SE, Firmenich SA, Givaudan, International Flavors & Fragrances Inc. (IFF), Robertet SA, S H Kelkar and Company Limited., Sensient Technologies Corporation, Symrise, T. Hasegawa Co., Ltd., and Takasago International Corporation.

KEY BENEFITS FOR STAKEHOLDERS
• This report provides a quantitative analysis of the current trends, estimations, and dynamics of the global aroma ingredients market from 2018 to 2026 to identify the prevailing market opportunities.
• The key countries in all the major regions are mapped based on their market share.
• Porter’s five forces analysis highlights the potency of buyers and suppliers to enable stakeholders to make profit-oriented business decisions and strengthen their supplier–buyer network.
• In-depth analysis of the market segmentation assists to determine the prevailing market opportunities.
• Market player positioning segment facilitates benchmarking and provides a clear understanding of the present position of market players.
• The report includes the analysis of the regional as well as global market, key players, market segments, application areas, and growth strategies.

KEY MARKET SEGMENTS
• By Type
o Synthetic Ingredients
o Natural Ingredients
• By Application
o Homecare
o Personal Care
o Fine Fragrances and Perfumes
o Others
• By Region
o North America
 U.S.
 Canada
 Mexico
o Europe
 UK
 Germany
 France
 Italy
 Spain
 Rest of Europe
o Asia-Pacific
 China
 Japan
 India
 South Korea
 Australia
 Rest of Asia-Pacific
o LAMEA
 Brazil
 Saudi Arabia
 South Africa
 Rest of LAMEA


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Allied Market Researchが"アロマ成分の世界市場:合成成分、天然成分"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

Chapter 1: Introduction

1.1. Report Description
1.2. Key Benefits For Stakeholders
1.3. Key Market Segments
1.4. Research Methodology

1.4.1. Primary Research
1.4.2. Secondary Research
1.4.3. Analyst Tools And Models

Chapter 2: Executive Summary

2.1. Key Findings of The Study
2.2. Cxo Perspective

Chapter 3: Market Overview

3.1. Market Definition And Scope
3.2. Key Findings

3.2.1. Top Investment Pocket
3.2.2. Top Winning Strategies

3.3. Porter’S Five Forces Analysis

3.3.1. Bargaining Power of Suppliers
3.3.2. Bargaining Power of Buyers
3.3.3. Threat of Substitution
3.3.4. Threat of New Entrants
3.3.5. Intensity of Competitive Rivalry

3.5. Market Dynamics

3.5.1. Drivers

3.5.1.1. Growing Demand For Consumer Care And Personal Care Products
3.5.1.2. Increasing Consumer Inclination Towards Therapeutic Uses of Aroma Ingredients

3.5.2. Restraint

3.5.2.1. Strict Government Regulation Related To The Use of Aroma Ingredients
3.5.2.2. High Price & Short Shelf Life of Natural Aroma Ingredients
3.5.2.3. Harmful Effects of Synthetic Aroma Ingredients

3.5.3. Opportunities

3.5.3.1. Product Innovations By The Perfumery Industry And Cosmetics Manufacturers
3.5.3.2. Increasing Consumer Preferences For Natural And Bio-Based Aroma Ingredients

Chapter 4: Global Aroma Ingredients Market, By Type

4.1. Overview

4.1.1. Market Size And Forecast

4.2. Natural Ingredients

4.2.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
4.2.2. Market Size And Forecast
4.2.4. Market Analysis By Country

4.3. Synthetic Ingredients

4.3.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
4.3.2. Market Size And Forecast
4.3.3. Market Analysis By Country

Chapter 5: Global Aroma Ingredients Market, By Application

5.1. Overview

5.1.1. Market Size And Forecast

5.2. Homecare

5.2.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
5.2.2. Market Size And Forecast
5.2.3. Market Analysis By Country

5.3. Personal Care

5.3.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
5.3.2. Market Size And Forecast
5.3.3. Market Analysis By Country

5.4. Fine Fragrances & Perfumes

5.4.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
5.4.2. Market Size And Forecast
5.4.3. Market Analysis By Country

5.5. Others

5.5.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
5.5.2. Market Size And Forecast
5.5.3. Market Analysis By Country

Chapter 6: Global Aroma Ingredients Market, By Region

6.1. Overview

6.1.1. Market Size And Forecast

6.2. North America

6.2.1. Key Market Trends, Growth Factors And Opportunities
6.2.2. Market Size And Forecast By Type
6.2.3. Market Size And Forecast By Application
6.2.4. Market Size And Forecast By Country
6.2.5. U.S.

6.2.5.1. Market Size And Forecast, By Type
6.2.5.2. Market Size And Forecast, By Application

6.2.6. Canada

6.2.6.1. Market Size And Forecast, By Type
6.2.6.2. Market Size And Forecast, By Application

6.2.7. Mexico

6.2.7.1. Market Size And Forecast, By Type
6.2.7.2. Market Size And Forecast, By Application

6.3. Europe

6.3.1. Key Market Trends, Growth Factors And Opportunities
6.3.2. Market Size And Forecast By Type
6.3.3. Market Size And Forecast By Application
6.3.4. Market Size And Forecast By Country
6.3.5. Uk

6.3.5.1. Market Size And Forecast, By Type
6.3.5.2. Market Size And Forecast, By Application

6.3.6. Germany

6.3.6.1. Market Size And Forecast, By Type
6.3.6.2. Market Size And Forecast, By Application

6.3.7. France

6.3.7.1. Market Size And Forecast, By Type
6.3.7.2. Market Size And Forecast, By Application

6.3.8. Italy

6.3.8.1. Market Size And Forecast, By Type
6.3.8.2. Market Size And Forecast, By Application

6.3.9. Spain

6.3.9.1. Market Size And Forecast, By Type
6.3.9.2. Market Size And Forecast, By Application

6.3.10. Rest of Europe

6.3.10.1. Market Size And Forecast, By Type
6.3.10.2. Market Size And Forecast, By Application

6.4. Asia-Pacific

6.4.1. Key Market Trends, Growth Factors And Opportunities
6.4.2. Market Size And Forecast By Type
6.4.3. Market Size And Forecast By Application
6.4.4. Market Size And Forecast By Country
6.4.5. China

6.4.5.1. Market Size And Forecast, By Type
6.4.5.2. Market Size And Forecast, By Application

6.4.6. Japan

6.4.6.1. Market Size And Forecast, By Type
6.4.6.2. Market Size And Forecast, By Application

6.4.7. India

6.4.7.1. Market Size And Forecast, By Type
6.4.7.2. Market Size And Forecast, By Application

6.4.8. South Korea

6.4.8.1. Market Size And Forecast, By Type
6.4.8.2. Market Size And Forecast, By Application

6.4.9. Australia

6.4.9.1. Market Size And Forecast, By Type
6.4.9.2. Market Size And Forecast, By Application

6.4.10. Rest of Asia-Pacific

6.4.10.1. Market Size And Forecast, By Type
6.4.10.2. Market Size And Forecast, By Application

6.5. Lamea

6.5.1. Key Market Trends, Growth Factors And Opportunities
6.5.2. Market Size And Forecast By Type
6.5.3. Market Size And Forecast By Application
6.5.4. Market Size And Forecast By Country
6.5.5. Brazil

6.5.5.1. Market Size And Forecast, By Type
6.5.5.2. Market Size And Forecast, By Application

6.5.6. Saudi Arabia

6.5.6.1. Market Size And Forecast, By Type
6.5.6.2. Market Size And Forecast, By Application

6.5.7. South Africa

6.5.7.1. Market Size And Forecast, By Type
6.5.7.2. Market Size And Forecast, By Application

6.5.8. Rest of Lamea

6.5.8.1. Market Size And Forecast, By Type
6.5.8.2. Market Size And Forecast, By Application

Chapter 7: Competitive Landscape

7.1. Top Winning Strategies
7.2. Product Mapping
7.3. Competitive Dashboard
7.4. Competitive Heatmap
7.5. Key Developments

7.5.1. Acquisition
7.5.2. Business Expansion
7.5.3. Collaboration
7.5.4. Merger
7.5.5. Partnership
7.5.6. Product Launch

Chapter 8: Company Profiles

8.1. Basf Se (Basf)

8.1.1. Company Overview
8.1.2. Key Executive
8.1.3. Company Snapshot
8.1.4. Operating Business Segments
8.1.5. Product Portfolio
8.1.6. R&D Expenditure
8.1.7. Business Performance
8.1.8. Key Strategic Moves And Developments

8.2. Firmenich Sa

8.2.1. Company Overview
8.2.2. Key Executive
8.2.3. Company Snapshot
8.2.4. Operating Business Segments
8.2.5. Product Portfolio
8.2.6. Business Performance
8.2.7. Key Strategic Moves And Developments

8.3. Givaudan International Sa

8.3.1. Company Overview
8.3.2. Key Executive
8.3.3. Company Snapshot
8.3.4. Operating Business Segments
8.3.5. Product Portfolio
8.3.6. R&D Expenditure
8.3.7. Business Performance
8.3.8. Key Strategic Moves And Developments

8.4. International Flavors & Fragrances Inc.

8.4.1. Company Overview
8.4.2. Key Executive
8.4.3. Company Snapshot
8.4.4. Operating Business Segments
8.4.5. Product Portfolio
8.4.6. R&D Expenditure
8.4.7. Business Performance
8.4.8. Key Strategic Moves And Developments

8.5. Robertet Sa

8.5.1. Company Overview
8.5.2. Key Executive
8.5.3. Company Snapshot
8.5.4. Operating Business Segments
8.5.5. Product Portfolio
8.5.6. Business Performance

8.6. S H Kelkar And Company Limited.

8.6.1. Company Overview
8.6.2. Key Executive
8.6.3. Company Snapshot
8.6.4. Operating Business Segments
8.6.5. Product Portfolio
8.6.6. R&D Expenditure
8.6.7. Business Performance
8.6.8. Key Strategic Moves And Developments

8.7. Sensient Technologies Corporation

8.7.1. Company Overview
8.7.2. Key Executive
8.7.3. Company Snapshot
8.7.4. Operating Business Segments
8.7.5. Product Portfolio
8.7.6. R&D Expenditure
8.7.7. Business Performance
8.7.8. Key Strategic Moves And Developments

8.8. Symrise Ag

8.8.1. Company Overview
8.8.2. Key Executive
8.8.3. Company Snapshot
8.8.4. Operating Business Segments
8.8.5. Product Portfolio
8.8.6. R&D Expenditure
8.8.7. Business Performance
8.8.8. Key Strategic Moves And Developments

8.9. T. Hasegawa Co., Ltd.

8.9.1. Company Overview
8.9.2. Key Executive
8.9.3. Company Snapshot
8.9.4. Operating Business Segments
8.9.5. Product Portfolio
8.9.6. Business Performance

8.10. Takasago International Corporation

8.10.1. Company Overview
8.10.2. Key Executive
8.10.3. Company Snapshot
8.10.4. Operating Business Segments
8.10.5. Product Portfolio
8.10.6. Business Performance
8.10.7. Key Strategic Moves And Developments

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】アロマ成分の世界市場:合成成分、天然成分
【発行日】2019年8月
【調査会社】Allied Market Research
【コード】AMR9NV060
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】消費財
【キーワード】アロマ成分、合成成分、天然成分、ホームケア、パーソナルケア、ファインフレグランス、香水
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
アロマ成分の世界市場:合成成分、天然成分についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 自動車用シールドの世界市場予測(~2025年):熱、EMI
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、自動車用シールドの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、シールド別(熱、EMI)分析、熱アプリケーション別(エンジン、廃棄装置、ターボチャージャー)分析、EMIアプリケーション別(ACC、ECU、IPA、LDE、FCW、電動モーター)分析、材料別分析、自動車用シールドの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 食品乾燥器の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、食品乾燥器の世界市場について調査・分析し、食品乾燥器の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別食品乾燥器シェア、市場規模推移、市場規模予測、食品乾燥器種類別分析(伝導型、対流式、放熱型)、食品乾燥器用途別分析(加工食品、肥料、飼料、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・食品乾燥器の市場概観 ・食品乾燥器のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・食品乾燥器のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・食品乾燥器の世界市場規模 ・食品乾燥器の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・食品乾燥器のアメリカ市場規模推移 ・食品乾燥器のカナダ市場規模推移 ・食品乾燥器のメキシコ市場規模推移 ・食品乾燥器のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・食品乾燥器のドイツ市場規模推移 ・食品乾燥器のイギリス市場規模推移 ・食品乾燥器のロシア市場規模推移 ・食品乾燥器のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・食品乾燥器の日本市場規 …
  • 焼きセイボリースナックの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、焼きセイボリースナックの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、焼きセイボリースナックの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のポリトリメチレンテレフタレート(PTT)市場2016
    本調査レポートでは、世界のポリトリメチレンテレフタレート(PTT)市場2016について調査・分析し、ポリトリメチレンテレフタレート(PTT)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ハプティック技術の世界市場
    Inkwood Research社が出版した本調査レポートでは、ハプティック技術の世界市場について調査・分析し、ハプティック技術の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 公衆衛生管理(PHM)の世界市場:用途別(ソフトウェア、サービス)、最終用途別(支払人、供給者、労働組合)、セグメント予測
    本調査レポートでは、公衆衛生管理(PHM)の世界市場について調査・分析し、公衆衛生管理(PHM)の世界市場動向、公衆衛生管理(PHM)の世界市場規模、市場予測、セグメント別公衆衛生管理(PHM)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のバイオエタノール市場:企業別、地域別、製品種類・用途別分析
  • カポジ肉腫(Kaposi’s Sarcoma):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるカポジ肉腫(Kaposi's Sarcoma)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、カポジ肉腫(Kaposi's Sarcoma)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・カポジ肉腫(Kaposi's Sarcoma)の概要 ・カポジ肉腫(Kaposi's Sarcoma)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のカポジ肉腫(Kaposi's Sarcoma)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・カポジ肉腫(Kaposi's Sarcoma)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子 …
  • 世界の体形矯正デバイス市場2015
    本調査レポートでは、世界の体形矯正デバイス市場2015について調査・分析し、体形矯正デバイスの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • Kenya Power and Lighting Company Ltd:発電所および企業SWOT分析2015
  • 自動猫用トイレの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、自動猫用トイレの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動猫用トイレ市場規模、製品別(一匹用、複数匹用)分析、流通経路別(実店舗販売、オンライン販売)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自動猫用トイレの世界市場概要 ・自動猫用トイレの世界市場環境 ・自動猫用トイレの世界市場動向 ・自動猫用トイレの世界市場規模 ・自動猫用トイレの世界市場:業界構造分析 ・自動猫用トイレの世界市場:製品別(一匹用、複数匹用) ・自動猫用トイレの世界市場:流通経路別(実店舗販売、オンライン販売) ・自動猫用トイレの世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動猫用トイレのアメリカ市場規模・予測 ・自動猫用トイレのヨーロッパ市場規模・予測 ・自動猫用トイレのアジア市場規模・予測 ・自動猫用トイレの主要国分析 ・自動猫用トイレの世界市場:意思決定フレームワーク ・自動猫用トイレの世界市場:成長要因、課題 ・自動猫用トイレの世界市場:競争環境 …
  • アイルランドの心臓人工弁市場見通し
  • 世界のビタミンD市場2015
    本調査レポートでは、世界のビタミンD市場2015について調査・分析し、ビタミンDの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 食品用増粘剤の世界市場規模・シェア・動向分析2018-2025
  • クリケット用品の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、クリケット用品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、クリケット用品の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 車両接近通報装置(AVAS)の世界市場予測(~2027年)
    当調査レポートでは、車両接近通報装置(AVAS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、推進タイプ別分析、車両タイプ別分析、電動二輪車別(Eスクーター/モペット、Eモーターサイクル)分析、販売チャンネル別(OEM、アフターマーケット)分析、車両接近通報装置(AVAS)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、車両接近通報装置(AVAS)の世界市場規模が2019年425百万ドルから2027年5615百万ドルまで年平均38.1%成長すると予測しています。
  • 腫瘍壊死因子関連アポトーシス誘導リガンド受容体アゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における腫瘍壊死因子関連アポトーシス誘導リガンド受容体アゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・腫瘍壊死因子関連アポトーシス誘導リガンド受容体アゴニストの概要 ・腫瘍壊死因子関連アポトーシス誘導リガンド受容体アゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中の腫瘍壊死因子関連アポトーシス誘導リガンド受容体アゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・腫瘍壊死因子関連アポトーシス誘導リガンド受容体アゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・腫瘍壊死因子関連アポトーシス誘導リガンド受容体アゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 自動車アクティブロールコントロールシステムの世界市場2018-2022
    自動車アクティブロールコントロールシステム市場は、追加機能と信頼性の向上という形の開発を目の当たりにしています。ベンダーは車体ロールコントロールシステムの自社バージョンを開発に積極的に取り組んできました。 現代の自動車業界は、高度な安全性および制御システムの普及が目覚しいものとなり、現在は互いに協調して使用されています。 例えば、Daimler's Mercedes-Benz は、最近、アクティブカーブティルティング(Active Curve Tilting)などのボディロールコントロールシステムのホストを開発しました。アクティブボディコントロールとMAGIC BODY CONTROLは、道路上で車両を安定して安全に保ちます。このように、自動車アクティブロールコントロールシステムの開発は、予測期間中に自動車アクティブロールコントロールシステムの世界市場の成長を促進することが期待されています。 主な分析対象企業は、Continental、Bosch、Schaeffler、WABCO、BWI Group、HYUNDAI MOBISなどです。 当調査レポートでは、自動車アクティブロールコント …
  • アジピン酸のインド市場:用途別(ナイロン6、ポリウレタン)、最終用途別(建築、家具・内装、自動車、 履物)、セグメント予測
  • GaAsウェーハの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、GaAsウェーハの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、GaAsウェーハ市場規模、用途別(無線通信ネットワーク、モバイルデバイス、航空宇宙・防衛、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Advanced Wireless Semiconductor, AXT, DOWA Electronics Materials, Global Communication Semiconductors, IQE, WIN Semiconductorなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・GaAsウェーハの世界市場概要 ・GaAsウェーハの世界市場環境 ・GaAsウェーハの世界市場動向 ・GaAsウェーハの世界市場規模 ・GaAsウェーハの世界市場:業界構造分析 ・GaAsウェーハの世界市場:用途別(無線通信ネットワーク、モバイルデバイス、航空宇宙・防衛、その他) ・GaAsウェーハの世界市場:地域別市場規模・分析 ・GaAsウェーハ …
  • 家電のドイツ市場
  • レーザーの世界市場2017-2021:O2レーザー、ファイバレーザー、SSL
    当調査レポートでは、レーザーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、レーザーの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 水産養殖および漁業の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、水産養殖および漁業の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、水産養殖および漁業市場規模、タイプ別(食用魚、餌魚、観賞魚、有料釣り、水族館の養殖、湖沼養殖、いけす養殖、曳き網、トラップネット、トロール網)分析、種別(鯉、軟体動物、甲殻類、通し回遊魚、サバ、サバヒー、サーモン、シーバス、マス、鯛、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 水産養殖および漁業の世界市場:市場動向分析 ・ 水産養殖および漁業の世界市場:競争要因分析 ・ 水産養殖および漁業の世界市場:タイプ別(食用魚、餌魚、観賞魚、有料釣り、水族館の養殖、湖沼養殖、いけす養殖、曳き網、トラップネット、トロール網) ・ 水産養殖および漁業の世界市場:種別(鯉、軟体動物、甲殻類、通し回遊魚、サバ、サバヒー、サーモン、シーバス、マス、鯛、その他) ・ 水産養殖および漁業の世界市場:主要地域別分析 ・ 水産養殖および漁業の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 水産養殖 …
  • 自動車用ヘッドアップディスプレイ(HUD)の世界市場予測(~2025年)
    自動車用ヘッドアップディスプレイ(HUD)の世界市場は、2019年の11億米ドルから2025年には43億米ドルに達し、この期間中25.28%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、高度な自動車安全機能に対する需要の増加と自動車の安全性を支える政府規制が考えられます。高度な自動車安全機能や技術は、消費者が車の購入を決定する上での重要な検討事項です。当調査レポートでは、自動車用ヘッドアップディスプレイ(HUD)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、技術(AR-HUD、従来型HUD)分析、HUDタイプ(コンバイナ、フロントガラス)分析、車両クラス(エコノミー、ミッドレンジ、高級車)分析、次元(2D、3D)分析、自動車用ヘッドアップディスプレイ(HUD)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 大気汚染マスクの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、大気汚染マスクの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、大気汚染マスク市場規模、流通経路別(オンライン、オフライン)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、3M, Honeywell International, Kimberly-Clark, MSA, Reckitt Benckiser Group, RESPROなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・大気汚染マスクの世界市場概要 ・大気汚染マスクの世界市場環境 ・大気汚染マスクの世界市場動向 ・大気汚染マスクの世界市場規模 ・大気汚染マスクの世界市場:業界構造分析 ・大気汚染マスクの世界市場:流通経路別(オンライン、オフライン) ・大気汚染マスクの世界市場:地域別市場規模・分析 ・大気汚染マスクの北米市場規模・予測 ・大気汚染マスクのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・大気汚染マスクのアジア太平洋市場規模・予測 ・大気汚染マスクの主要国分析 ・大気汚染マスクの世界 …
  • 軍用機アビオニクスの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、軍用機アビオニクスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、軍用機アビオニクスの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • オフショア係留システムの世界市場分析:タイプ別(スプレッド、SPM、ダイナミック・ポジショニング、テンドン)、用途別(TLP、半潜水艦、SPAR、FPSO、ドリル船)、足場別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、オフショア係留システムの世界市場について調査・分析し、オフショア係留システムの世界市場動向、オフショア係留システムの世界市場規模、市場予測、セグメント別オフショア係留システム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 可食包装の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、可食包装の世界市場について調査・分析し、可食包装の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 可食包装の世界市場:市場動向分析 - 可食包装の世界市場:競争要因分析 - 可食包装の世界市場:材料別 合成フィルム 液体 ポリサッカライド タンパクフィルム 界面活性剤 - 可食包装の世界市場:エンドユーザー別 製薬業 F&B 製造業 その他のエンドユーザー - 可食包装の世界市場:主要地域別分析 - 可食包装の北米市場規模(アメリカ市場等) - 可食包装のヨーロッパ市場規模 - 可食包装のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・可食包装の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 世界の紙幣識別機市場2015
    本調査レポートでは、世界の紙幣識別機市場2015について調査・分析し、紙幣識別機の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 慢性閉塞性肺疾患治療の世界市場
    Transparency Market Researchが調査・発行した当レポートは、慢性閉塞性肺疾患治療の世界市場について調べ、慢性閉塞性肺疾患治療の世界規模、市場動向、市場環境、薬剤クラス別(併用剤、気管支拡張剤、コルチコステロイド、ホスホジエステラーゼ4阻害剤、ムコキネティクス、その他)分析、流通経路別(院内薬局、小売薬局、オンライン薬局)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめました。 ・序文・調査範囲・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・慢性閉塞性肺疾患治療の世界市場動向 ・慢性閉塞性肺疾患治療の世界市場環境 ・慢性閉塞性肺疾患治療の世界市場規模 ・慢性閉塞性肺疾患治療の世界市場規模:薬剤クラス別(併用剤、気管支拡張剤、コルチコステロイド、ホスホジエステラーゼ4阻害剤、ムコキネティクス、その他) ・慢性閉塞性肺疾患治療の世界市場規模:流通経路別(院内薬局、小売薬局、オンライン薬局) ・慢性閉塞性肺疾患治療の世界市場:地域別市場規模・分析 ・慢性閉塞性肺疾患治療の北米市場規模・予測 ・慢性閉塞性肺疾患治療 …
  • アルギン酸塩の世界市場2014-2025:タイプ別(高G、高M)、製品別(アルギン酸ナトリウム、アルギン酸カルシウム、アルギン酸カリウム、アルギン酸プロピレングリコール)、用途別
    本調査レポートでは、アルギン酸塩の世界市場について調査・分析し、アルギン酸塩の世界市場動向、アルギン酸塩の世界市場規模、市場予測、セグメント別アルギン酸塩市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • レーザー加工の世界市場見通し2016-2022:ガスレーザー、固体レーザー、ファイバレーザー、液体レーザー
    当調査レポートでは、レーザー加工の世界市場について調査・分析し、レーザー加工の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・レーザー加工の世界市場:市場動向分析 ・レーザー加工の世界市場:競争要因分析 ・レーザー加工の世界市場:製品種類別分析/市場規模 ・レーザー加工の世界市場:機械構成別分析/市場規模 ・レーザー加工の世界市場:用途別分析/市場規模 ・レーザー加工の世界市場:需要先別分析/市場規模 ・レーザー加工の世界市場:地域別分析/市場規模 ・レーザー加工の北米市場規模 ・レーザー加工の欧州市場規模 ・レーザー加工のアジア市場規模 ・レーザー加工の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • ニトロベンゼンの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ニトロベンゼンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、ニトロベンゼンの世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • 床研削機の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、床研削機の世界市場について調査・分析し、床研削機の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別床研削機シェア、市場規模推移、市場規模予測、床研削機種類別分析()、床研削機用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・床研削機の市場概観 ・床研削機のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・床研削機のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・床研削機の世界市場規模 ・床研削機の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・床研削機のアメリカ市場規模推移 ・床研削機のカナダ市場規模推移 ・床研削機のメキシコ市場規模推移 ・床研削機のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・床研削機のドイツ市場規模推移 ・床研削機のイギリス市場規模推移 ・床研削機のロシア市場規模推移 ・床研削機のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・床研削機の日本市場規模推移 ・床研削機の中国市場規模推移 ・床研削機の韓国市場規模推移 ・床研削機のインド市 …
  • 世界及び欧州の炭素繊維テープ市場-分析及び展望(~2022年)
  • インク溶媒の世界市場2017-2021:従来型、環境配慮型・バイオベース
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、インク溶媒の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、インク溶媒の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はインク溶媒の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.04%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Arkema、Ashland、BASF、Celanese、The Dow Chemical Company等です。
  • 食品加工機械の世界市場予測(~2022年):熱処理装置、切断・剥離装置、抽出装置、ミキサー・破砕機
    当調査レポートでは、食品加工機械の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、種類別分析、用途別分析、作動方式別分析、地域別分析、食品加工機械の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • エコ繊維(エコファイバー)の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、エコ繊維(エコファイバー)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、エコ繊維(エコファイバー)市場規模、製品別分析、用途別(繊維、家庭・家具、工業、医療、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・エコ繊維(エコファイバー)の世界市場概要 ・エコ繊維(エコファイバー)の世界市場環境 ・エコ繊維(エコファイバー)の世界市場動向 ・エコ繊維(エコファイバー)の世界市場規模 ・エコ繊維(エコファイバー)の世界市場:業界構造分析 ・エコ繊維(エコファイバー)の世界市場:製品別 ・エコ繊維(エコファイバー)の世界市場:用途別(繊維、家庭・家具、工業、医療、その他) ・エコ繊維(エコファイバー)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・エコ繊維(エコファイバー)のアメリカ市場規模・予測 ・エコ繊維(エコファイバー)のヨーロッパ市場規模・予測 ・エコ繊維(エコファイバー)のアジア市場規模・予測 ・エコ繊維(エコファイバー)の主要 …
  • 垂直農法の世界市場予測(~2022):栽培方法別(水耕栽培、空中栽培、アクアポニックス)、構造別、提供方法別、作物種類別、地域別
    当調査レポートでは、垂直農法の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、栽培方法別分析、構造別分析、提供方法別分析、作物種類別分析、垂直農法の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 紫外線LED(UV-LED)技術の世界市場2018-2022
    紫外線LEDにおける継続的な技術革新により、大きな牽引力を得ることが期待されています。紫外線LEDが従来のCFLよりも70%も少ないエネルギー消費で済むので、ベンダーがLEDの特徴である小型、高耐久性、高耐振動性、低廃棄物、低維持費という点を生かして、革新的な技術を開発することが期待されています。 紫外線LED技術の世界市場は2022年までに37%以上のCAGRで成長する見込みです。 主な分析対象企業は、Asahi Kasei、LG INNOTEK、NICHIA、SEMILEDS、Seoulviosysなどです。 当調査レポートでは、紫外線LED(UV-LED)技術の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、紫外線LED(UV-LED)技術市場規模、アプリケーション別(UV硬化、計装・センシング、偽造分析、医療光線療法、水・空気浄化、その他)分析、技術別(UV-A、UV-B、UV-C)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・紫外線LED( …
  • 急性気管支炎(Acute Bronchitis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、急性気管支炎(Acute Bronchitis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・急性気管支炎(Acute Bronchitis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・急性気管支炎(Acute Bronchitis)のフェーズ3治験薬の状況 ・急性気管支炎(Acute Bronchitis)治療薬の市場規模(販売予測) ・急性気管支炎(Acute Bronchitis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・急性気管支炎(Acute Bronchitis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の急性気管支炎(Acute Bronchitis)治療薬剤
  • アジア太平洋の生鮮食品市場2015-2019
    当調査レポートでは、アジア太平洋の生鮮食品市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アジア太平洋の生鮮食品市場規模及び予測、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • インターベンショナルラジオロジー(IVR)の世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、インターベンショナルラジオロジー(IVR)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、製品別分析、処置別分析、用途別分析、地域別分析、インターベンショナルラジオロジー(IVR)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ベルギーのインターベンショナル心臓装置市場見通し
  • 工業用コーヒーグラインダーの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、工業用コーヒーグラインダーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、工業用コーヒーグラインダー市場規模、製品別(ローラー型、バー型)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・工業用コーヒーグラインダーの世界市場概要 ・工業用コーヒーグラインダーの世界市場環境 ・工業用コーヒーグラインダーの世界市場動向 ・工業用コーヒーグラインダーの世界市場規模 ・工業用コーヒーグラインダーの世界市場:業界構造分析 ・工業用コーヒーグラインダーの世界市場:製品別(ローラー型、バー型) ・工業用コーヒーグラインダーの世界市場:地域別市場規模・分析 ・工業用コーヒーグラインダーのアメリカ市場規模・予測 ・工業用コーヒーグラインダーのヨーロッパ市場規模・予測 ・工業用コーヒーグラインダーのアジア市場規模・予測 ・工業用コーヒーグラインダーの主要国分析 ・工業用コーヒーグラインダーの世界市場:意思決定フレームワーク ・工業用コーヒーグライン …
  • 自己修復材料の世界市場予測(~2021年):コンクリート、塗料、高分子、アスファルト、セラミック、金属
    当調査レポートでは、自己修復材料(自己治癒材料)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、形状別分析、材料種類別分析、需要先別分析、地域別分析、自己修復材料の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 疼痛治療薬の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、疼痛治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、疼痛治療薬の世界市場規模及び予測、種類別分析、薬剤種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 季節性アレルギー性鼻炎(Seasonal Allergic Rhinitis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における季節性アレルギー性鼻炎(Seasonal Allergic Rhinitis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、季節性アレルギー性鼻炎(Seasonal Allergic Rhinitis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・季節性アレルギー性鼻炎(Seasonal Allergic Rhinitis)の概要 ・季節性アレルギー性鼻炎(Seasonal Allergic Rhinitis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の季節性アレルギー性鼻炎(Seasonal Allergic Rhinitis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロ …
  • プラスチック用酸化防止剤の世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、プラスチック用酸化防止剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、プリマー樹脂別分析、酸化防止剤種類別分析、地域別分析、プラスチック用酸化防止剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のベースオイル市場:グループ別(グループI、グループII、グループIII、グループIV、グループV)、用途別(自動車用オイル、工業用オイル、油圧オイル、グリース、金属加工液)、地域別(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、南アメリカ、MEA)
    MarketsandMarkets社は、ベースオイルの世界市場規模が2019年337億ドルから2024年396億ドルまで年平均3.3%成長すると予測しています。本書は、世界のベースオイル市場について調査・分析し、市場概要、種類別(グループI、グループII、グループIII、グループIV、グループV)分析、用途別(自動車用オイル、工業用オイル、金属加工液、油圧オイル、グリース、その他)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界のベースオイル市場:種類別(グループI、グループII、グループIII、グループIV、グループV) ・世界のベースオイル市場:用途別(自動車用オイル、工業用オイル、金属加工液、油圧オイル、グリース、その他) ・世界のベースオイル市場:地域別 ・競合環境 ・企業概要 ・付録
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"