"海洋テレマティクスの世界市場:コンポーネント別、用途別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AMR9NV024)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"海洋テレマティクスの世界市場:コンポーネント別、用途別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Telematics is the methodology used to monitor the location and movement of a ship through a hardware and software assembly. It also has a combination of Global Positioning System (GPS) and on-board diagnostics systems. With the help of GPS and diagnostics system, it is possible to record the speed and internal behavior of a ship. Telematics systems are mainly adopted by automobile insurance companies, fleet management companies, and others to monitor the location and behavior of fleets. The global marine telematics market refers to the services and solutions that are adopted for monitoring and controlling ships through a telecommunication device. GPS tracking devices and vehicle diagnostics systems help transmit information to and from the ship computer system. Moreover, a Fleet Telematics System (FTS) allows the exchange of information between a ship fleet and the central authority, which enables them to keep a track of vessel diagnostics and location.

These systems normally consist of a user interface, satellite antenna, and a communication link with the vessels electronic systems. This technology can be vital to the user as it provides a satellite link to the outside world when other mode of communications are unavailable.
The marine telematics system is enabled by a hardware and software device that gets installed into the ships. A SIM card and modem in the device enables communication via cellular network. Telematics derive the data like vessel’s GPS position, accelerometer and speed etc.to be later processed at the data center.

These components accesses and communicates the updated facts such as water temperature, pollutants, level of fuel in the tanker, equipment functioning, and several ship related information to the concerned authorities. This ultimately forms a cornerstone for vehicle tracking and stolen vehicle recovery.

The market is segmented on the basis of component type, applications, and region. By component, it is categorized into hardware, software, and service. By service type, it divided into safety & security, information & navigation, entertainment, and diagnostics. By application, it is classified into commercial, passenger, and defense. Region-wise, it is analyzed across North America, Europe, Asia-Pacific, and LAMEA.
The key players analyzed in the marine telematics Market include Technoton, AST MSL., Boat Command, Sentinel Marine solutions, Navis, Cybernetica, ki2 Infotech, Market Spectrum, Traxens, and Metocean.

KEY BENEFITS FOR STAKEHOLDERS
• This study presents the analytical depiction of the marine telematics market along with the current trends and future estimations to depict the imminent investment pockets.
• The overall market potential is determined to understand the profitable trends to enable stakeholders gain a stronger foothold in the market.
• The report presents information related to key drivers, restraints, and opportunities with detailed impact analysis.
• The current market is quantitatively analyzed from 2018 to 2026 to highlight the financial competency of the market.
• Porter’s five forces analysis illustrates the potency of the buyers and suppliers.

KEY MARKET SEGMENTS
By Component
• Hardware
• Software
• Services

By Application
o Commercial
o Passenger
o Defense

By Region
o North America
 U.S.
 Canada
 Mexico
o Europe
 UK
 Germany
 Norway
 France
 Rest of Europe
o Asia-Pacific
 China
 Japan
 India
 South Korea
 Rest of Asia-Pacific
o LAMEA
 Latin America
 Middle East
 Africa


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Allied Market Researchが"海洋テレマティクスの世界市場:コンポーネント別、用途別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

Chapter 1: Introduction

1.1. Report Description
1.2. Key Benefits For Stakeholders
1.3. Key Market Segments
1.4. Research Methodology

1.4.1. Primary Research
1.4.2. Secondary Research
1.4.3. Analyst Tools And Models

Chapter 2: Executive Summary

2.1. Cxo Perspective

Chapter 3: Market Overview

3.1. Market Definition And Scope
3.2. Key Findings

3.2.1. Top Impacting Factors
3.2.2. Top Investment Pockets
3.2.3. Top Winning Strategies

3.3. Porter’S Five Forces Analysis
3.4. Key Player Positioning (2018)
3.5. Market Dynamics

3.5.1. Drivers

3.5.1.1. Enhance Ship Monitoring And Fuel Management
3.5.1.2. Rise In Trend of Connectivity Solutions

3.5.2. Restraint

3.5.2.1. High Integration Cost
3.5.2.2. Lack of Uninterrupted & Seamless Internet Connectivity

3.5.3. Opportunities

3.5.3.1. Anticipated Trend of Automation In Marine Transportation
3.5.3.2. Better Driver And Vessel Safety

Chapter 4: Marine Telematics Market, By Component

4.1. Overview
4.2. Hardware

4.2.1. Key Market Trends, Growth Factors And Opportunities
4.2.2. Market Size And Forecast, By Region
4.2.3. Market Analysis By Country

4.3. Software

4.3.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
4.3.2. Market Size And Forecast, By Region
4.3.3. Market Analysis By Country

Chapter 5: Marine Telematics Market, By Application

5.1. Overview
5.2. Commercial

5.2.1. Key Market Trends, Growth Factors And Opportunities
5.2.2. Market Size And Forecast, By Region
5.2.3. General Cargo
5.2.4. Gas & Oil Tanker
5.2.5. Others
5.2.6. Market Analysis By Country

5.3. Passenger

5.3.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
5.3.2. Market Size And Forecast, By Region
5.3.3. Market Analysis By Country

5.4. Defense

5.4.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
5.4.2. Market Size And Forecast, By Region
5.4.3. Market Analysis By Country

Chapter 6: Marine Telematics Market, By Service

6.1. Overview
6.2. Safety & Security

6.2.1. Key Market Trends, Growth Factors And Opportunities
6.2.2. Market Size And Forecast, By Region
6.2.3. Market Analysis By Country

6.3. Information & Navigation

6.3.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
6.3.2. Market Size And Forecast, By Region
6.3.3. Market Analysis By Country

6.4. Entertainment

6.4.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
6.4.2. Market Size And Forecast, By Region
6.4.3. Market Analysis By Country

6.5. Diagnostics

6.5.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
6.5.2. Market Size And Forecast, By Region
6.5.3. Market Analysis By Country

Chapter 7: Marine Telematics Market, By Region

7.1. Overview
7.2. North America

7.2.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
7.2.2. Market Size And Forecast, By Component
7.2.3. Market Size And Forecast, By Application
7.2.4. Market Size And Forecast, By Service
7.2.5. Market Analysis By Country

7.2.5.1. U.S.

7.2.5.1.1. Market Size And Forecast, By Component
7.2.5.1.2. Market Size And Forecast, By Application
7.2.5.1.3. Market Size And Forecast, By Service

7.2.5.2. Canada

7.2.5.2.1. Market Size And Forecast, By Component
7.2.5.2.2. Market Size And Forecast, By Application
7.2.5.2.3. Market Size And Forecast, By Service

7.2.5.3. Mexico

7.2.5.3.1. Market Size And Forecast, By Component
7.2.5.3.2. Market Size And Forecast, By Application
7.2.5.3.3. Market Size And Forecast, By Service

7.3. Europe

7.3.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
7.3.2. Market Size And Forecast, By Component
7.3.3. Market Size And Forecast, By Application
7.3.4. Market Size And Forecast, By Service
7.3.5. Market Analysis By Country

7.3.5.1. Uk

7.3.5.1.1. Market Size And Forecast, By Component
7.3.5.1.2. Market Size And Forecast, By Application
7.3.5.1.3. Market Size And Forecast, By Service

7.3.5.2. Norway

7.3.5.2.1. Market Size And Forecast, By Component
7.3.5.2.2. Market Size And Forecast, By Application
7.3.5.2.3. Market Size And Forecast, By Service

7.3.5.3. France

7.3.5.3.1. Market Size And Forecast, By Component
7.3.5.3.2. Market Size And Forecast, By Application
7.3.5.3.3. Market Size And Forecast, By Service

7.3.5.4. Germany

7.3.5.4.1. Market Size And Forecast, By Component
7.3.5.4.2. Market Size And Forecast, By Application
7.3.5.4.3. Market Size And Forecast, By Service

7.3.5.5. Rest of Europe

7.3.5.5.1. Market Size And Forecast, By Component
7.3.5.5.2. Market Size And Forecast, By Application
7.3.5.5.3. Market Size And Forecast, By Service

7.4. Asia-Pacific

7.4.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
7.4.2. Market Size And Forecast, By Component
7.4.3. Market Size And Forecast, By Application
7.4.4. Market Size And Forecast, By Service
7.4.5. Market Analysis By Country

7.4.5.1. China

7.4.5.1.1. Market Size And Forecast, By Component
7.4.5.1.2. Market Size And Forecast, By Application
7.4.5.1.3. Market Size And Forecast, By Service

7.4.5.2. Japan

7.4.5.2.1. Market Size And Forecast, By Component
7.4.5.2.2. Market Size And Forecast, By Application
7.4.5.2.3. Market Size And Forecast, By Service

7.4.5.3. India

7.4.5.3.1. Market Size And Forecast, By Component
7.4.5.3.2. Market Size And Forecast, By Application
7.4.5.3.3. Market Size And Forecast, By Service

7.4.5.4. South Korea

7.4.5.4.1. Market Size And Forecast, By Component
7.4.5.4.2. Market Size And Forecast, By Application
7.4.5.4.3. Market Size And Forecast, By Service

7.4.5.5. Rest of Asia-Pacific

7.4.5.5.1. Market Size And Forecast, By Component
7.4.5.5.2. Market Size And Forecast, By Application
7.4.5.5.3. Market Size And Forecast, By Service

7.5. Lamea

7.5.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
7.5.2. Market Size And Forecast, By Component
7.5.3. Market Size And Forecast, By Application
7.5.4. Market Size And Forecast, By Service
7.5.5. Market Analysis By Country

7.5.5.1. Latin America

7.5.5.1.1. Market Size And Forecast, By Component
7.5.5.1.2. Market Size And Forecast, By Application
7.5.5.1.3. Market Size And Forecast, By Service

7.5.5.2. Middle East

7.5.5.2.1. Market Size And Forecast, By Component
7.5.5.2.2. Market Size And Forecast, By Application
7.5.5.2.3. Market Size And Forecast, By Service

7.5.5.3. Africa

7.5.5.3.1. Market Size And Forecast, By Component
7.5.5.3.2. Market Size And Forecast, By Application
7.5.5.3.3. Market Size And Forecast, By Service

Chapter 8: Company Profiles

8.1. Ki2 Infotech

8.1.1. Company Overview
8.1.2. Company Snapshot
8.1.3. Operating Business Segments
8.1.4. Product Portfolio

8.2. Navis

8.2.1. Company Overview
8.2.2. Company Snapshot
8.2.3. Operating Business Segments
8.2.4. Product Portfolio
8.2.5. Business Performance
8.2.6. Key Strategic Moves And Developments

8.3. Market Spectrum

8.3.1. Company Overview
8.3.2. Company Snapshot
8.3.3. Product Portfolio

8.4. Cybernetica As

8.4.1. Company Overview
8.4.2. Company Snapshot
8.4.3. Operating Business Segments
8.4.4. Product Portfolio

8.5. Ast Marine Sciences Ltd

8.5.1. Company Overview
8.5.2. Company Snapshot
8.5.3. Operating Business Segments
8.5.4. Product Portfolio
8.5.5. Key Strategic Moves And Developments

8.6. Technoton

8.6.1. Company Overview
8.6.2. Company Snapshot
8.6.3. Product Portfolio
8.6.4. Key Strategic Moves And Developments

8.7. Boat Command Corporation

8.7.1. Company Overview
8.7.2. Company Snapshot
8.7.3. Product Portfolio

8.8. Sentinel Marine Solutions

8.8.1. Company Overview
8.8.2. Company Snapshot
8.8.3. Product Portfolio

8.9. Metocean Telematics

8.9.1. Company Overview
8.9.2. Company Snapshot
8.9.3. Operating Business Segmentsmetocean Telematics Operates Its Business Through Reportable Segments
8.9.4. Product Portfolio
8.9.5. Key Strategic Moves And Developments

8.10. Traxens

8.10.1. Company Overview
8.10.2. Company Snapshot
8.10.3. Operating Business Segments
Traxens Operates Its Business Through Reportable Segments
8.10.4. Product Portfolio
8.10.5. Key Strategic Moves And Developments

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】海洋テレマティクスの世界市場:コンポーネント別、用途別
【発行日】2019年9月
【調査会社】Allied Market Research
【コード】AMR9NV024
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】自動車及び輸送
【キーワード】海洋テレマティクス、ハードウェア、ソフトウェア、サービス(安全性、セキュリティ、情報、ナビゲーション、エンターテイメント、診断)、商業、旅客、防衛
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
海洋テレマティクスの世界市場:コンポーネント別、用途別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 術中医用画像撮影の世界市場2017-2021:術中CT、術中超音波、術中MRI、携帯Cアーム
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、術中医用画像撮影の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、術中医用画像撮影の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は術中医用画像撮影の世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.56%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はBrainlab、GE Healthcare、IMRIS, Deerfield Imaging、Philips Healthcare、Siemens Healthcare等です。
  • 自動車用電磁誘導方式ワイヤレス充電システムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、自動車用電磁誘導方式ワイヤレス充電システムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用電磁誘導方式ワイヤレス充電システム市場規模、用途別(家庭用、公共用)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自動車用電磁誘導方式ワイヤレス充電システムの世界市場概要 ・自動車用電磁誘導方式ワイヤレス充電システムの世界市場環境 ・自動車用電磁誘導方式ワイヤレス充電システムの世界市場動向 ・自動車用電磁誘導方式ワイヤレス充電システムの世界市場規模 ・自動車用電磁誘導方式ワイヤレス充電システムの世界市場:業界構造分析 ・自動車用電磁誘導方式ワイヤレス充電システムの世界市場:用途別(家庭用、公共用) ・自動車用電磁誘導方式ワイヤレス充電システムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動車用電磁誘導方式ワイヤレス充電システムのアメリカ市場規模・予測 ・自動車用電磁誘導方式ワイヤレス充電システムのヨーロッパ市場規模・予測 ・自動車用電磁 …
  • 坐骨神経痛(Sciatic Pain):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における坐骨神経痛(Sciatic Pain)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、坐骨神経痛(Sciatic Pain)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・坐骨神経痛(Sciatic Pain)の概要 ・坐骨神経痛(Sciatic Pain)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の坐骨神経痛(Sciatic Pain)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・坐骨神経痛(Sciatic Pain)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発 …
  • チェコの関節鏡検査装置市場見通し
  • 術中神経機能モニタリング(IONM)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、術中神経機能モニタリング(IONM)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、術中神経機能モニタリング(IONM)の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、医療費償還シナリオ、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 整形外科用医療画像の世界市場2017-2021:X線システム、CTスキャナ、MRIスキャナ、超音波システム、核撮像システム
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、整形外科用医療画像の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、整形外科用医療画像の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は整形外科用医療画像の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.35%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、GE Healthcare、Hitachi、Philips Healthcare、Siemens Healthineers、Toshiba Medical Systems等です。
  • ミネラル化粧品の世界市場:製品種類別(フェイス化粧品、リップ化粧品、アイ化粧品)、流通チャンネル別(小売流通、Eコマース、ビューティーセンター&スパ)
    本資料は、ミネラル化粧品の世界市場について調べ、ミネラル化粧品の世界規模、市場シェア、市場動向、市場環境、製品種類別(フェイス化粧品、リップ化粧品、アイ化粧品)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ミネラル化粧品の世界市場概要 ・ミネラル化粧品の世界市場環境 ・ミネラル化粧品の世界市場動向 ・ミネラル化粧品の世界市場規模 ・ミネラル化粧品の世界市場:市場シェア ・ミネラル化粧品の世界市場:製品種類別(フェイス化粧品、リップ化粧品、アイ化粧品) ・ミネラル化粧品の世界市場:流通チャンネル別(小売流通、Eコマース、ビューティーセンター&スパ) ・ミネラル化粧品の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ミネラル化粧品の北米市場規模・予測 ・ミネラル化粧品のアメリカ市場規模・予測 ・ミネラル化粧品のヨーロッパ市場規模・予測 ・ミネラル化粧品のアジア市場規模・予測 ・ミネラル化粧品の日本市場規模・予測 ・ミネラル化粧品の中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • 船舶用プロペラの世界市場:可変ピッチ式、固定ピッチ式、ダクトプロペラ
    当調査レポートでは、船舶用プロペラの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、ブレード数別分析、プロペラ種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 次世代サイバーセキュリティの世界市場予測2016-2021
  • 青果用コーティング剤の世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、青果用コーティング剤の世界市場について調べ、青果用コーティング剤の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、青果用コーティング剤の市場規模をセグメンテーション別(製品別(果物コーティング、野菜コーティング)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は青果用コーティング剤の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均7%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・青果用コーティング剤の市場状況 ・青果用コーティング剤の市場規模 ・青果用コーティング剤の市場予測 ・青果用コーティング剤の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(果物コーティング、野菜コーティング) ・青果用コーティング剤の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • フードサービス用消耗品の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、フードサービス用消耗品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、フードサービス用消耗品の世界市場規模及び予測、需要先別分析、原料別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 鼻出血用デバイスの世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、鼻出血用デバイスの世界市場規模が2017年17兆8489.1億ドルから2026年34兆5081.9億ドルまで年平均7.6%成長すると予測しています。当調査レポートでは、鼻出血用デバイスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、鼻出血用デバイス市場規模、製品別(鼻カテーテル、鼻パッキング、鼻タンポン、その他の製品)分析、用途別(前鼻出血、後部鼻出血)分析、エンドユーザー別(病院・診療所、患者、他のエンドユーザー)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 鼻出血用デバイスの世界市場:市場動向分析 ・ 鼻出血用デバイスの世界市場:競争要因分析 ・ 鼻出血用デバイスの世界市場:製品別(鼻カテーテル、鼻パッキング、鼻タンポン、その他の製品) ・ 鼻出血用デバイスの世界市場:用途別(前鼻出血、後部鼻出血) ・ 鼻出血用デバイスの世界市場:エンドユーザー別(病院・診療所、患者、他のエンドユーザー) ・ 鼻出血用デバイスの …
  • ジェット燃料添加剤の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ジェット燃料添加剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ジェット燃料添加剤の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 患者用加温機器の世界市場
    当調査レポートでは、患者用加温機器の世界市場について調査・分析し、患者用加温機器の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 患者用加温機器の世界市場:市場動向分析 - 患者用加温機器の世界市場:競争要因分析 - 患者用加温機器の世界市場:エンドユーザー別 ・クリニック ・病院 ・看護施設 ・その他 - 患者用加温機器の世界市場:用途別 ・救急処置 ・新生児ケア ・周術期ケア ・その他 - 患者用加温機器の世界市場:製品の種類別 ・血管内加温システム ・患者用加温機器の付属品 ・表面加温システム - 患者用加温機器の世界市場:主要地域別分析 - 患者用加温機器の北米市場規模(アメリカ市場等) - 患者用加温機器のヨーロッパ市場規模 - 患者用加温機器のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・患者用加温機器の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 世界の製粉用マグネットセパレーター市場2015
    本調査レポートでは、世界の製粉用マグネットセパレーター市場2015について調査・分析し、製粉用マグネットセパレーターの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の固定翼VTOL UAV市場:業種別(軍事、政府&法執行機関、商業)、推進力別(電気、ハイブリッド、ガソリン)、動作モード別(VLOS、EVLOS、BVLOS)、持久力別、範囲別、MTOW別、地域別
    MarketsandMarkets社は、固定翼VTOL UAVの世界市場規模が2019年498百万ドルから2030年3583百万ドルまで年平均19.7%成長すると予測しています。本書は、世界の固定翼VTOL UAV市場について調査・分析し、市場概要、業種別(軍隊、政府および法執行機関、商業)分析、範囲別(視線固定翼VTOL UAV、拡張視線UAV、視線固定翼VTOL UAV以上)分析、MTOW別( 100キログラム)分析、耐久別( 10時間)分析、動作モード別(リモート型パイロット、オプション型パイロット、完全自律)分析、推進種類別(電気、ハイブリッド、ガソリン)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・業界動向 ・世界の固定翼VTOL UAV市場:業種別(軍隊、政府および法執行機関、商業) ・世界の固定翼VTOL UAV市場:範囲別(視線固定翼VTOL UAV、拡張視線UAV、視線固定翼VTOL UAV以上) ・世界の固定翼VTOL UAV市場:MTOW別( 100キ …
  • ステンレス鋼の鍛造品の世界市場の規模と予測:製品別(冷間/熱間鍛造品、鋳物、焼結部品)、用途別(建築・建設、工業、自動車、航空、消費財)、セグメント予測、2013-2024
    本調査レポートでは、ステンレス鋼の鍛造品の世界市場について調査・分析し、ステンレス鋼の鍛造品の世界市場動向、ステンレス鋼の鍛造品の世界市場規模、市場予測、セグメント別ステンレス鋼の鍛造品市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 電力系統シミュレータの世界市場予測(~2022年):負荷潮流、短絡、デバイス調整、アークフラッシュ
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、電力系統シミュレータの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、モジュール別分析、提供方式別分析、需要先別分析、地域別分析、電力系統シミュレータの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 実験室情報システムの世界市場予測
    Inkwood Research社が出版した本調査レポートでは、実験室情報システムの世界市場について調査・分析し、実験室情報システムの世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 世界の冷媒市場:詳細分析レポート2017-2022
  • 航空貨物管理システムの世界市場
    当調査レポートでは、航空貨物管理システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、航空貨物管理システムの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • インドの心臓律動管理(CRM)装置市場見通し
  • スマートグリッドの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、スマートグリッドの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、ソフトウェア別分析、装置別分析、サービス別分析、地域別分析、スマートグリッドの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のメタ重亜硫酸カリウム市場2015
    本調査レポートでは、世界のメタ重亜硫酸カリウム市場2015について調査・分析し、メタ重亜硫酸カリウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ポリ塩化ビニル (PVC) パイプの世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、ポリ塩化ビニル (PVC) パイプの世界市場について調べ、ポリ塩化ビニル (PVC) パイプの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ポリ塩化ビニル (PVC) パイプの市場規模をセグメンテーション別(製品別(非可塑化PVC、可塑化PVC、塩素化PVC)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社はポリ塩化ビニル (PVC) パイプの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均4%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・ポリ塩化ビニル (PVC) パイプの市場状況 ・ポリ塩化ビニル (PVC) パイプの市場規模 ・ポリ塩化ビニル (PVC) パイプの市場予測 ・ポリ塩化ビニル (PVC) パイプの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(非可塑化PVC、可塑化PVC、塩素化PVC) ・ポリ塩化ビニル (PVC) パイプの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・ …
  • 電気自動車(EV)用プラスチックの世界市場見通し2016-2022:ポリ塩化ビニル(PVC)、ポリアミド(PA)、ポリプロピレン(PP)、ポリウレタン(PU)、ポリエチレン(PE)、ポリカーボネート(PC)、アクリロニトリル−ブタジエン−スチレン(ABS)、ポリビニルブチラール(PVB)、その他材料
    当調査レポートでは、電気自動車(EV)用プラスチックの世界市場について調査・分析し、電気自動車(EV)用プラスチックの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・電気自動車(EV)用プラスチックの世界市場:市場動向分析 ・電気自動車(EV)用プラスチックの世界市場:競争要因分析 ・電気自動車(EV)用プラスチックの世界市場:材料別分析/市場規模 ・電気自動車(EV)用プラスチックの世界市場:用途別分析/市場規模 ・電気自動車(EV)用プラスチックの世界市場:車両種類別分析/市場規模 ・電気自動車(EV)用プラスチックの世界市場:地域別分析/市場規模 ・電気自動車(EV)用プラスチックの北米市場規模 ・電気自動車(EV)用プラスチックの欧州市場規模 ・電気自動車(EV)用プラスチックのアジア市場規模 ・電気自動車(EV)用プラスチックの世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • クリルオイルの世界市場分析:製品別(液体、錠剤(ソフトゲル、カプセル))、エンドユーザー別(食物サプリメント、機能性食品および飲料、医薬品、動物用食品およびペットフード)、地域別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、クリルオイルの世界市場について調査・分析し、クリルオイルの世界市場動向、クリルオイルの世界市場規模、市場予測、セグメント別クリルオイル市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • トゥレット障害(Tourette Syndrome):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるトゥレット障害(Tourette Syndrome)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、トゥレット障害(Tourette Syndrome)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・トゥレット障害(Tourette Syndrome)の概要 ・トゥレット障害(Tourette Syndrome)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のトゥレット障害(Tourette Syndrome)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・トゥレット障害(Tourette Syndrome)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価 …
  • 業務用炭火焼物器の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、業務用炭火焼物器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、業務用炭火焼物器の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • パンおよびロールの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、パンおよびロールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、パンおよびロールの世界市場規模及び予測、種類別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 青色ダイオードレーザーの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、青色ダイオードレーザーの世界市場について調査・分析し、青色ダイオードレーザーの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別青色ダイオードレーザーシェア、市場規模推移、市場規模予測、青色ダイオードレーザー種類別分析(シングルモード、マルチモード)、青色ダイオードレーザー用途別分析(バイオ/医療、レーザープロジェクタ・スキャナー、ブルーレイ機器、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・青色ダイオードレーザーの市場概観 ・青色ダイオードレーザーのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・青色ダイオードレーザーのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・青色ダイオードレーザーの世界市場規模 ・青色ダイオードレーザーの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・青色ダイオードレーザーのアメリカ市場規模推移 ・青色ダイオードレーザーのカナダ市場規模推移 ・青色ダイオードレーザーのメキシコ市場規模推移 ・青色ダイオードレーザーのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス …
  • 世界の迷走神経刺激装置市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、迷走神経刺激装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・迷走神経刺激装置の概要 ・迷走神経刺激装置の開発動向:開発段階別分析 ・迷走神経刺激装置の開発動向:セグメント別分析 ・迷走神経刺激装置の開発動向:領域別分析 ・迷走神経刺激装置の開発動向:規制Path別分析 ・迷走神経刺激装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別迷走神経刺激装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・迷走神経刺激装置の最近動向
  • 生物学的分析試験サービスの世界市場:分子類型別(低分子、高分子)テストタイプ別(吸収・分布・代謝・排泄(ADME)、PK、PD、生物学的入手性、生物学的同等性)
    本調査レポートでは、生物学的分析試験サービスの世界市場について調査・分析し、生物学的分析試験サービスの世界市場動向、生物学的分析試験サービスの世界市場規模、市場予測、セグメント別生物学的分析試験サービス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • サイクリン依存性キナーゼ9阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるサイクリン依存性キナーゼ9阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・サイクリン依存性キナーゼ9阻害剤の概要 ・サイクリン依存性キナーゼ9阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のサイクリン依存性キナーゼ9阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・サイクリン依存性キナーゼ9阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・サイクリン依存性キナーゼ9阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • オランダの心臓血管疾患用装置市場見通し
  • 生鮮食品輸送の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、生鮮食品輸送の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、生鮮食品輸送市場規模、エンドユーザー別(肉・鶏肉・シーフード、乳製品、青果、ベーカリー製品・菓子)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、C. H. Robinson, DB Schenker, DHL, Kuehne + Nagel, XPO Logisticsなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・生鮮食品輸送の世界市場概要 ・生鮮食品輸送の世界市場環境 ・生鮮食品輸送の世界市場動向 ・生鮮食品輸送の世界市場規模 ・生鮮食品輸送の世界市場:業界構造分析 ・生鮮食品輸送の世界市場:エンドユーザー別(肉・鶏肉・シーフード、乳製品、青果、ベーカリー製品・菓子) ・生鮮食品輸送の世界市場:地域別市場規模・分析 ・生鮮食品輸送の北米市場規模・予測 ・生鮮食品輸送のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・生鮮食品輸送のアジア太平洋市場規模・予測 ・生鮮食品輸送の主要国分析 ・生 …
  • 軍用機用補助電力装置(APU)の世界市場2017-2021:固定翼、回転翼、UAV
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、軍用機用補助電力装置(APU)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、軍用機用補助電力装置(APU)の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は軍用機用補助電力装置(APU)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.71%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はHoneywell International、Safran、United Technologies等です。
  • 嫌気性接着剤の世界市場予測2019-2024
    「嫌気性接着剤の世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、低強度、中強度、高強度、高温など、用途別には、Threadlockers、Thread Sealants、Retaining Materials、Flange Sealantsなどに区分してまとめた調査レポートです。嫌気性接着剤のグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・嫌気性接着剤の世界市場概要(サマリー) ・嫌気性接着剤の企業別販売量・売上 ・嫌気性接着剤の企業別市場シェア ・嫌気性接着剤の世界市場規模:種類別(低強度、中強度、高強度、高温) ・嫌気性接着剤の世界市場規模:用途別(Threadlockers、Thread Sealants、Retaining Materials、Flange Sealants) ・嫌気性接着剤の米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・嫌気性接着剤のアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・嫌気性接着剤 …
  • 世界の種もみ市場2016
    本調査レポートでは、世界の種もみ市場2016について調査・分析し、種もみの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • バイオメトリクス(生体認証)システムの世界市場:インサイト、市場機会、市場シェア、市場予測
    本調査レポートでは、バイオメトリクス(生体認証)システムの世界市場について調査・分析し、市場インサイト、市場機会、市場シェア、市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・バイオメトリクス(生体認証)システムの世界市場:イントロダクション ・バイオメトリクス(生体認証)システムの世界市場:市場概観 ・バイオメトリクス(生体認証)システムの世界市場:市場動向(促進要因、阻害要因、市場機会) ・バイオメトリクス(生体認証)システムの世界市場:セグメント別市場分析 ・バイオメトリクス(生体認証)システムの世界市場:用途別分析/市場規模 ・バイオメトリクス(生体認証)システムの世界市場:需要先別分析/市場規模 ・バイオメトリクス(生体認証)システムの世界市場:主要地域別市場分析 ・バイオメトリクス(生体認証)システムの世界市場:関連企業分析
  • 世界のジオクチルアジペート(DOA)市場2015
    本調査レポートでは、世界のジオクチルアジペート(DOA)市場2015について調査・分析し、ジオクチルアジペート(DOA)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のリップクリーム市場2015
    本調査レポートでは、世界のリップクリーム市場2015について調査・分析し、リップクリームの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • エアバッグの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、エアバッグの世界市場について調査・分析し、エアバッグの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別エアバッグシェア、市場規模推移、市場規模予測、エアバッグ種類別分析(運転席用エアバッグ、助手席用エアバッグ、サイドエアバック、膝用エアバック、その他)、エアバッグ用途別分析(乗用車、商用車)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エアバッグの市場概観 ・エアバッグのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・エアバッグのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・エアバッグの世界市場規模 ・エアバッグの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・エアバッグのアメリカ市場規模推移 ・エアバッグのカナダ市場規模推移 ・エアバッグのメキシコ市場規模推移 ・エアバッグのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・エアバッグのドイツ市場規模推移 ・エアバッグのイギリス市場規模推移 ・エアバッグのロシア市場規模推移 ・エアバッグのアジア市場分析(日本、中国、韓国、イン …
  • 中国の模型玩具市場2015
    本調査レポートでは、中国の模型玩具市場2015について調査・分析し、模型玩具の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • スマートサーモスタットの世界市場分析:技術別(Wi-Fi、ZigBee、その他)、セグメント予測
    本調査レポートでは、スマートサーモスタットの世界市場について調査・分析し、スマートサーモスタットの世界市場動向、スマートサーモスタットの世界市場規模、市場予測、セグメント別スマートサーモスタット市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • セレン化亜鉛の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、セレン化亜鉛の世界市場について調査・分析し、セレン化亜鉛の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別セレン化亜鉛シェア、市場規模推移、市場規模予測、セレン化亜鉛種類別分析()、セレン化亜鉛用途別分析(レーザー用光学素子、医療分野、熱画像化システム、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・セレン化亜鉛の市場概観 ・セレン化亜鉛のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・セレン化亜鉛のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・セレン化亜鉛の世界市場規模 ・セレン化亜鉛の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・セレン化亜鉛のアメリカ市場規模推移 ・セレン化亜鉛のカナダ市場規模推移 ・セレン化亜鉛のメキシコ市場規模推移 ・セレン化亜鉛のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・セレン化亜鉛のドイツ市場規模推移 ・セレン化亜鉛のイギリス市場規模推移 ・セレン化亜鉛のロシア市場規模推移 ・セレン化亜鉛のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、 …
  • 脳・組織用酸素測定機器の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、脳・組織用酸素測定機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、脳・組織用酸素測定機器の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、医療費償還シナリオ、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 難燃ケーブルの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、難燃ケーブルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、需要先(産業)別分析、地域別分析、難燃ケーブルの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のレゼクトスコープ市場2015
    本調査レポートでは、世界のレゼクトスコープ市場2015について調査・分析し、レゼクトスコープの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 半導体ステッパー(縮小投影型露光装置)の世界市場
    当調査レポートでは、半導体ステッパー(縮小投影型露光装置)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、半導体ステッパー(縮小投影型露光装置)の世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"