"ペット食品成分の世界市場予測:穀物、肉および肉製品、野菜、果物、脂肪、添加物"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AGI6240)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"ペット食品成分の世界市場予測:穀物、肉および肉製品、野菜、果物、脂肪、添加物"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The pet food ingredients market is projected to grow at a CAGR of 6.6%.”The global pet food ingredients market is estimated to be valued at USD 37.0 billion in 2018 and is projected to reach USD 54.3 billion by 2025, at a CAGR of 6.6% from 2019 to 2025. The market is driven by factors such as the growing pet adoption rate among the urban population with a substantial improvement in pet food expenditure.

“By pet, the cat segment is projected to witness the fastest growth during the forecast period.”
The cat segment is estimated to grow at the highest CAGR as sales of premium cat food are on the rise, and its high cost has not caused any hindrance in the growth of the premium cat food market. The increasing focus of consumers on preventive healthcare is one of the factors driving the demand for expensive and high-quality cat food in the pet food industry. There was a steady rise in the global sales of cat food from 2012 to 2018. The diversification of marketing channels for cat food and increased popularity of organic cat food products are factors that are projected to promote the growth of the cat food market.

“By ingredient, the fats segment in the pet food ingredients market is projected to grow at the highest CAGR during the forecast period”
Several types of fat ingredients that are used in pet food include poultry fat, beef tallow, lard, bacon fat, and fish oils. Fats form an essential element in pet food. According to a research analysis conducted by Petnet on more than 2,300 dog foods and 1,600 cat foods, 73% of dog foods, and 65% of cat foods contain added fat. Additionally, 60% of dog foods and 45% of cat foods contain an oil additive. Among fats, the vegetable oil and fish oil markets are projected to grow at high rates.

“South America is projected to be the fastest-growing region in the pet food ingredients market due to the increase in export-import of pet food ingredients and growing adoption rate”
The South American pet food ingredients market is projected to grow at a steady pace due to the increase in the sale of pet food products in countries such as Brazil. Argentina is the fastest-growing pet food market attributed to increased consumer spending and consumer awareness, despite inflation. The government in the country is also supporting the pet owners and has promoted canine vaccinations and spaying/neutering programs. Nearly 15% of the owners have adopted stray dogs as their pets. Other breeds, such as Poodles, Labradors, and German shepherds are the most popular breeds in the country.

Break-up of Primaries
 By Company Type: Tier 1 – 35%, Tier 2 – 35%, and Tier 3 – 30%
 By Designation: D-level – 37%, C-level – 26%, and Others* – 37%
 By Region: North America – 9%, Europe – 24%, Asia Pacific – 57%, and RoW – 10%
*Others include sales managers, marketing managers, and product managers.

Leading players profiled in this report
• Cargill, Incorporated (US)
• Archer Daniels Midland Company (US)
• BASF SE (Germany)
• DowDuPont Inc. (US)
• Darling Ingredients (US)
• Omega Protein Corporation (US)
• CHr. Hansen (Denmark)
• Roquette Frères (France)
• Sunopta (Germany)
• Lallemand (Canada)
• SARIA Group (Germany)
• Nutreco N.V. (The Netherlands)
• The Scoular Company (US)
• Kemin Industries, Inc. (US)
• Ingredion Incorporated (US)
• DowDuPont (US)

Research Coverage
This report segments the pet food ingredients market based on pet, ingredient, source, form, and region. In terms of insights, this research report focuses on various levels of analysis—competitive landscape, end-use analysis, and company profiles—which together comprise and discuss the basic views on the emerging & high-growth segments of the pet food ingredients market, high-growth regions, countries, industry trends, drivers, restraints, opportunities, and challenges.

Reasons to buy this report
• To get a comprehensive overview of the pet food ingredients market
• To gain wide-ranging information about the top players in this industry, their product portfolio details, and the key strategies adopted by them
• To gain insights about the major countries/regions in which the pet food ingredients market is flourishing


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"ペット食品成分の世界市場予測:穀物、肉および肉製品、野菜、果物、脂肪、添加物"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 19)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Study Scope
1.4 Years Considered
1.5 Currency Considered
1.6 Units Considered
1.7 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 24)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.2 Primary Data
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.2 Top-Down Approach
2.3 Data Triangulation
2.4 Research Assumptions
2.5 Limitations
3 Executive Summary (Page No. – 30)
4 Premium Insights (Page No. – 34)
4.1 Attractive Growth Opportunities in the Market
4.2 Pet Food Ingredients Market, By Region
4.3 Market, By Application
4.4 Market, By Key Pet & Country
4.5 Market, By Region
5 Market Overview (Page No. – 38)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Macroindicators
5.2.1.1 Increase in Pet Adoption Among the Urban Population
5.2.2 Drivers
5.2.2.1 Increase in Pet Expenditure With A Substantial Increase in Pet Food Expenditure
5.2.2.2 Switch From Mass Products to Organic Pet Food Ingredients
5.2.2.3 Acceptance of Insect-Based Protein and Oil By Pets
5.2.3 Restraints
5.2.3.1 Non-Uniformity of Regulations Hindering International Trade
5.2.4 Opportunities
5.2.4.1 Use of Cannabis in Pet Food
5.2.4.2 Technological Advancements to Enhance Product Development
5.2.4.3 Shift in Focus Toward Natural and Grain-Free Products
5.2.5 Challenges
5.2.5.1 Capital Investments for Equipment
5.2.5.2 Threat From Counterfeit Products
6 Market for Pet Food Ingredients, By Form (Page No. – 46)
6.1 Introduction
6.2 Dry Pet Food Ingredients
6.3 Wet Pet Food Ingredients
7 Market for Pet Food Ingredients, By Ingredient (Page No. – 50)
7.1 Introduction
7.2 Meat & Meat Products
7.2.1 Deboned Meat
7.2.2 Meat Meal
7.2.3 By-Product Meal
7.2.4 Animal Digest
7.3 Cereals
7.3.1 Corn & Cornmeal
7.3.2 Wheat & Wheatmeal
7.3.3 Barley
7.3.4 Rice
7.3.5 Fruits
7.4 Vegetables
7.4.1 Potatoes
7.4.2 Carrots
7.4.3 Soybean & Soybean Meal
7.5 Fats
7.5.1 Fish Oil
7.5.2 Tallow
7.5.3 Lard
7.5.4 Poultry Fat
7.5.5 Vegetable Oil
7.6 Additives
7.6.1 Vitamins & Minerals
7.6.2 Enzymes
7.6.3 Other Additives
8 Market for Pet Food Ingredients, By Pet (Page No. – 68)
8.1 Introduction
8.2 Dog
8.3 Cat
8.4 Fish
8.5 Others
9 Market for Pet Food Ingredients, By Source (Page No. – 74)
9.1 Introduction
9.2 Animal Derivatives
9.3 Plant Derivatives
9.4 Synthetic
10 Market for Pet Food Ingredients, By Region (Page No. – 78)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.2.1 US
10.2.1.1 The Rise in the Pet Adoption Rate in the Country to Drive the Growth of the Market in the US
10.2.2 Canada
10.2.2.1 Legalizing Cannabis-Based Ingredients is Projected to Drive the Growth of the Pet Food Business
10.2.3 Mexico
10.2.3.1 Increasing Adoption of A Healthy Diet has Driven the Demand for Nutritious Pet Food Ingredients in Mexico
10.3 Europe
10.3.1 UK
10.3.1.1 Increasing Demand for Premium Products in the Pet Food Market to Drive the Market Growth in the Country
10.3.2 Germany
10.3.2.1 The Rising Demand for Organic Products to Drive the Market in Germany
10.3.3 Italy
10.3.3.1 The Rise in the Number of Pets Creates an Opportunity for Pet Food Manufacturers
10.3.4 Russia
10.3.4.1 The Country Witnesses High Demand for Industrially Prepared Pet Food Products
10.3.5 France
10.3.5.1 Increasing Popularity of Small Breeds of Dogs to Drive the Demand for Premium Products
10.3.6 Rest of Europe
10.3.6.1 High Demand for Full-Fat Soybean Meal in the Belgium Feed Industry to Drive the Market Growth
10.4 Asia Pacific
10.4.1 China
10.4.1.1 Cost-Effectiveness of Rapeseed to Drive the Demand in China’s Vegetable Oil Industry
10.4.2 Australia & New Zealand
10.4.2.1 Exclusive and Nutrient-Based Diet is Gaining Popularity in Australia
10.4.3 India
10.4.3.1 Increasing Shift to Packaged Pet Food Products From Home-Cooked Pet Food in the Country to Drive the Market for Pet Food Ingredients
10.4.4 Japan
10.4.4.1 Increase in Focus on Protein-Rich Pet Food
10.4.5 Rest of Asia Pacific
10.5 South America
10.5.1 Brazil
10.5.2 Argentina
10.5.3 Rest of South America
10.6 Rest of the World (RoW)
10.6.1 Middle East
10.6.2 Africa
11 Competitive Landscape (Page No. – 132)
11.1 Overview
11.2 Competitive Leadership Mapping (Overall Market)
11.2.1 Visionary Leaders
11.2.2 Innovators
11.2.3 Dynamic Differentiators
11.2.4 Emerging Companies
11.3 Strength of Product Portfolio
11.4 Business Strategy Excellence
11.5 Start-Up Micro-Quadrant
11.5.1 Progressive Companies
11.5.2 Starting Blocks
11.5.3 Responsive Companies
11.5.4 Dynamic Companies
11.5.5 New Product Launches
11.5.6 Expansions
11.5.7 Acquisitions
11.5.8 Investments, Agreements, and Partnerships
12 Company Profiles (Page No. – 143)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
12.1 BASF SE
12.2 Bluestar Adisseo Company
12.3 Darling Ingredients Inc.
12.4 Ingredion Incorporated
12.5 Omega Protein Corporation
12.6 Archer Daniels Midland Company
12.7 Cargill
12.8 Dowdupont
12.9 Chr. Hansen
12.10 Roquette Frères
12.11 Sunopta
12.12 Lallemand Inc.
12.13 Lesaffre Group
12.14 Lauridsen Group Inc.
12.15 Saria Group (Daka Denmark A/S)
12.16 Nutreco N.V.
12.17 The Scoular Company
12.18 Kemin Industries, Inc.
12.19 John Pointon & Sons Ltd.
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
13 Appendix (Page No. – 190)
13.1 Discussion Guide
13.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.3 Related Reports
13.4 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】ペット食品成分の世界市場予測:穀物、肉および肉製品、野菜、果物、脂肪、添加物
【発行日】2019年10月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】AGI6240
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】農業
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
ペット食品成分の世界市場予測:穀物、肉および肉製品、野菜、果物、脂肪、添加物についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • アメリカの整形外科用骨セメントおよび鋳造材料市場動向(~2021)
  • 女性用高級腕時計の世界市場
    本資料は、女性用高級腕時計の世界市場について調べ、女性用高級腕時計の世界規模、市場動向、市場環境、種類別(水晶腕時計、機械式腕時計、その他)分析、用途別(一般使用、コレクション、その他)分析、年齢別(21歳下、21-50歳、50歳上)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはGraduway、eMentorConnect、Mentor ink、sfG Software、Chronus、CiviCore、Frontline Education、Achiiva、LifeSpace、QML24、CleverMemo、eWebLife、Nobscot、Fidelis Education、などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・女性用高級腕時計の世界市場概要 ・女性用高級腕時計の世界市場環境 ・女性用高級腕時計の世界市場動向 ・女性用高級腕時計の世界市場規模 ・女性用高級腕時計の世界市場規模:種類別(水晶腕時計、機械式腕時計、その他) ・女性用高級腕時計の世界市 …
  • 世界の核医学装置市場2015
    本調査レポートでは、世界の核医学装置市場2015について調査・分析し、核医学装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • BRIC(ブラジル・ロシア・インド・中国)の末梢血管用デバイス市場(~2021)
  • アイルランドの外傷固定装置市場見通し
  • ライム病(Lyme Disease):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるライム病(Lyme Disease)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、ライム病(Lyme Disease)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・ライム病(Lyme Disease)の概要 ・ライム病(Lyme Disease)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のライム病(Lyme Disease)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ライム病(Lyme Disease)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤 …
  • リハビリ用ロボットの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、リハビリ用ロボットの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、リハビリ用ロボット市場規模、製品別(上肢用、下肢用、フルボディ外骨格、治療用リハビリロボット)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・リハビリ用ロボットの世界市場概要 ・リハビリ用ロボットの世界市場環境 ・リハビリ用ロボットの世界市場動向 ・リハビリ用ロボットの世界市場規模 ・リハビリ用ロボットの世界市場:業界構造分析 ・リハビリ用ロボットの世界市場:製品別(上肢用、下肢用、フルボディ外骨格、治療用リハビリロボット) ・リハビリ用ロボットの世界市場:地域別市場規模・分析 ・リハビリ用ロボットのアメリカ市場規模・予測 ・リハビリ用ロボットのヨーロッパ市場規模・予測 ・リハビリ用ロボットのアジア市場規模・予測 ・リハビリ用ロボットの主要国分析 ・リハビリ用ロボットの世界市場:意思決定フレームワーク ・リハビリ用ロボットの世界市場:成長要因、課題 ・リハビリ用 …
  • フィリング&トッピングの世界市場予測(~2022):フォンダン、クリーム、ペースト、野菜、フルーツ、ナッツ、スプリンクル
    当調査レポートでは、フィリング&トッピングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、用途別分析、フレーバー別分析、原料別分析、フィリング&トッピングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 坐骨神経痛(Sciatic Pain):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における坐骨神経痛(Sciatic Pain)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、坐骨神経痛(Sciatic Pain)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・坐骨神経痛(Sciatic Pain)の概要 ・坐骨神経痛(Sciatic Pain)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の坐骨神経痛(Sciatic Pain)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・坐骨神経痛(Sciatic Pain)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発 …
  • オンライン映画チケット販売サービスの世界市場2017-2021
    Technavioが発行した当調査レポートでは、オンライン映画チケット販売サービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、オンライン映画チケット販売サービスの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はオンライン映画チケット販売サービスの世界市場が2017-2021年期間中に年平均12.67%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Bigtree、Cinemark Theatres、Cineplex Entertainment、VOX Cinemas等です。
  • ロボット掃除機の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ロボット掃除機の世界市場について調査・分析し、ロボット掃除機の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ロボット掃除機シェア、市場規模推移、市場規模予測、ロボット掃除機種類別分析(150USD未満、150USD-300USD、300USD-500USD、501USD以上)、ロボット掃除機用途別分析(家庭用、商業用、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ロボット掃除機の市場概観 ・ロボット掃除機のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ロボット掃除機のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ロボット掃除機の世界市場規模 ・ロボット掃除機の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ロボット掃除機のアメリカ市場規模推移 ・ロボット掃除機のカナダ市場規模推移 ・ロボット掃除機のメキシコ市場規模推移 ・ロボット掃除機のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ロボット掃除機のドイツ市場規模推移 ・ロボット掃除機のイギリス市場規模推移 ・ロ …
  • ハイブリッド接着剤およびハイブリッドシーラント剤の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、ハイブリッド接着剤およびハイブリッドシーラント剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、樹脂種類別分析、用途別分析、地域別分析、ハイブリッド接着剤およびハイブリッドシーラント剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 作物保護用農薬のアジア市場
    本調査レポートでは、作物保護用農薬のアジア市場について調査・分析し、作物保護用農薬のアジア市場動向、市場予測、セグメント別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 医療用センサーの世界市場分析:製品別(圧力センサー、温度センサー、イメージセンサー、加速度センサー、バイオセンサー、流量センサー、SQUIDセンサー)、使用分野別(手術、診断、治療、モニタリング)、エンドユーザー別(病院、医院、養護施設、在宅医療)、セグメント予測
    本調査レポートでは、医療用センサーの世界市場について調査・分析し、医療用センサーの世界市場動向、医療用センサーの世界市場規模、市場予測、セグメント別医療用センサー市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の超微細水酸化アルミニウム市場2016
    本調査レポートでは、世界の超微細水酸化アルミニウム市場2016について調査・分析し、超微細水酸化アルミニウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動給餌システムの世界市場予測(~2023年)
    自動給餌システムの世界市場は、2018年の約51億米ドルから2023年には約74億米ドルに達し、7.6%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、農場所有者が操業コストや損失を削減するために手作業による給餌を自動化することを選好する傾向にあることが考えられます。一方で、ステークホルダーは、給餌装置および給餌ラインの標準化の欠如という大きな課題に直面しています。さらに、初期の設置における資本金規制が厳しいことから、中小規模の農場は給餌プロセスの自動化を敬遠する可能性があります。当調査レポートでは、自動給餌システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、家畜(反芻動物、ブタ、家禽)分析、機能(管理、調合、充填、スクリーニング)分析、提供分析、技術分析、自動給餌システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 電気生理学装置の世界市場予測2017-2026:モニタリング装置(心エコー検査、診断用カテーテル、ホルター心電計、イベントモニター)および治療装置(ペースメーカー、ICD、アブレーションカテーテル、CRT-Ds、CRT-P)の収益予測
    当調査レポートでは、電気生理学装置の世界市場について調査・分析し、電気生理学装置の世界市場規模、市場動向、市場予測、市場環境分析、専門家の見解、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • たばこのアメリカ市場:製品種類別(巻きたばこ、喫煙用たばこ、無煙たばこ、葉巻・シガリロ)、セグメント予測
  • 有機ライスタンパク質の世界市場分析:製品別(ライスタンパク質分離物、ライスタンパク質濃縮物)、用途別(スポーツ・エネルギー栄養学、製パン・製菓、肉類代用品・増量剤、乳製品代替品)、セグメント予測
    本調査レポートでは、有機ライスタンパク質の世界市場について調査・分析し、有機ライスタンパク質の世界市場動向、有機ライスタンパク質の世界市場規模、市場予測、セグメント別有機ライスタンパク質市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の頭蓋顎顔面固定(CMF)装置市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、頭蓋顎顔面固定(CMF)装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・頭蓋顎顔面固定(CMF)装置の概要 ・頭蓋顎顔面固定(CMF)装置の開発動向:開発段階別分析 ・頭蓋顎顔面固定(CMF)装置の開発動向:セグメント別分析 ・頭蓋顎顔面固定(CMF)装置の開発動向:領域別分析 ・頭蓋顎顔面固定(CMF)装置の開発動向:規制Path別分析 ・頭蓋顎顔面固定(CMF)装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別頭蓋顎顔面固定(CMF)装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・頭蓋顎顔面固定(CMF)装置の最近動向
  • 美容レーザーの世界市場
    当調査レポートでは、美容レーザーの世界市場について調査・分析し、美容レーザーの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 美容レーザーの世界市場:市場動向分析 - 美容レーザーの世界市場:競争要因分析 - 美容レーザーの世界市場:レーザーの種類別 ・マルチプラットフォームのレーザー ・標準的なレーザー - 美容レーザーの世界市場:用途別 ・レーザーを用いた脂肪吸引 ・レーザー脱毛 ・超短パルス光によるレーザー治療 ・非侵襲的な引締め ・レーザーによる肌のリサーフェシング ・その他 - 美容レーザーの世界市場:エンドユーザー別 ・民間の外科医院/クリニック ・病院 ・湯治 ・多様な専門科の医院 - 美容レーザーの世界市場:主要地域別分析 - 美容レーザーの北米市場規模(アメリカ市場等) - 美容レーザーのヨーロッパ市場規模 - 美容レーザーのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・美容レーザーの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 避妊スポンジの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、避妊スポンジの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、避妊スポンジの世界市場規模及び予測、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ポリオレフィンの世界市場
    本調査レポートでは、ポリオレフィンの世界市場について調査・分析し、ポリオレフィンの世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 世界のフィットネスアプリ市場:性別、用途別、地域別
    本調査レポートはフィットネスアプリの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、用途別(ライフスタイルモニタリング、ヘルスモニタリング、その他)分析、顧客状況、地域別状況、性別(女性、男性)分析、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・フィットネスアプリの世界市場:用途別(ライフスタイルモニタリング、ヘルスモニタリング、その他) ・顧客状況 ・地域別状況 ・フィットネスアプリの世界市場:性別(女性、男性) ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 自立型バイクの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、自立型バイクの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自立型バイクの世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は自立型バイクの世界市場が2017-2021年期間中に年平均199.1%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、BMW Motorrad、Honda Motor Company等です。
  • 毛包摘出(FUE)システムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、毛包摘出(FUE)システムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、毛包摘出(FUE)システム市場規模、製品別(非ロボット型、ロボット型)分析、最終用途別(移植、皮膚科、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・毛包摘出(FUE)システムの世界市場概要 ・毛包摘出(FUE)システムの世界市場環境 ・毛包摘出(FUE)システムの世界市場動向 ・毛包摘出(FUE)システムの世界市場規模 ・毛包摘出(FUE)システムの世界市場:業界構造分析 ・毛包摘出(FUE)システムの世界市場:製品別(非ロボット型、ロボット型) ・毛包摘出(FUE)システムの世界市場:最終用途別(移植、皮膚科、その他) ・毛包摘出(FUE)システムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・毛包摘出(FUE)システムのアメリカ市場規模・予測 ・毛包摘出(FUE)システムのヨーロッパ市場規模・予測 ・毛包摘出(FUE)システムのアジア市場規模・予測 ・ …
  • BRIC(ブラジル/ロシア/インド/中国)の関節鏡検査機器市場動向(~2021)
  • 世界の血液銀行用冷蔵庫 市場2015
    本調査レポートでは、世界の血液銀行用冷蔵庫 市場2015について調査・分析し、血液銀行用冷蔵庫 の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 医療用医薬品開発受託機関(CRO)の世界市場:種類別(創薬、前臨床、臨床)、サービス別、地域別、セグメント予測
    本調査レポートでは、医療用医薬品開発受託機関(CRO)の世界市場について調査・分析し、医療用医薬品開発受託機関(CRO)の世界市場動向、医療用医薬品開発受託機関(CRO)の世界市場規模、市場予測、セグメント別医療用医薬品開発受託機関(CRO)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 台湾の外傷固定装置市場見通し
  • 電動式コントロールバルブ(調節弁)の世界市場
    当調査レポートでは、電動式コントロールバルブ(調節弁)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電動式コントロールバルブ(調節弁)の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • てんかん薬の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、てんかん薬の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、てんかん薬市場規模、薬物活性スペクトル別(狭いスペクトル、広いスペクトル)分析、病因別分析、発症年齢別分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Eisai, GlaxoSmithKline, Novartis, Pfizerなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・てんかん薬の世界市場概要 ・てんかん薬の世界市場環境 ・てんかん薬の世界市場動向 ・てんかん薬の世界市場規模 ・てんかん薬の世界市場:業界構造分析 ・てんかん薬の世界市場:薬物活性スペクトル別(狭いスペクトル、広いスペクトル) ・てんかん薬の世界市場:病因別 ・てんかん薬の世界市場:発症年齢別 ・てんかん薬の世界市場:地域別市場規模・分析 ・てんかん薬の北米市場規模・予測 ・てんかん薬のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・てんかん薬のアジア太平洋市場規模・予測 ・てんかん薬の主要国分析 ・てんかん薬の世界市場: …
  • 消費者向け文房具小売の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、消費者向け文房具小売の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、消費者向け文房具小売市場規模、製品別(紙製文房具、筆記用具、マーキング・修正用文房具)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・消費者向け文房具小売の世界市場概要 ・消費者向け文房具小売の世界市場環境 ・消費者向け文房具小売の世界市場動向 ・消費者向け文房具小売の世界市場規模 ・消費者向け文房具小売の世界市場:業界構造分析 ・消費者向け文房具小売の世界市場:製品別(紙製文房具、筆記用具、マーキング・修正用文房具) ・消費者向け文房具小売の世界市場:地域別市場規模・分析 ・消費者向け文房具小売の北米市場規模・予測 ・消費者向け文房具小売のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・消費者向け文房具小売のアジア太平洋市場規模・予測 ・消費者向け文房具小売の主要国分析 ・消費者向け文房具小売の世界市場:意思決定フレームワーク ・消費者向け文房具小売の世界市場:成長 …
  • 民間航空機用アビオニクスの世界市場:FMS、FCS、CNS、HMS、電気・非常システム
    当調査レポートでは、民間航空機用アビオニクスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、装置別分析、プラットフォーム別分析、種類別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • モバイル端末用アクセサリーの世界市場:保護ケース、ヘッドセット、充電器、電池、メモリカード、パワーバンク、ポータブルスピーカー
    当調査レポートでは、モバイル端末用アクセサリーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、モバイル端末用アクセサリーの世界市場規模及び予測、種類別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 家庭用洗浄用具・消耗品の世界市場:ソーシングパッド・スクラバー・スポンジ、モップ・箒、クリーニングブラシ、ワイプ、手袋、石鹸ディスペンサー、バケツ・ちりとり
    当調査レポートでは、家庭用洗浄用具・消耗品の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、家庭用洗浄用具・消耗品市場規模、製品別(ソーシングパッド・スクラバー・スポンジ、モップ・箒、クリーニングブラシ、ワイプ、手袋、石鹸ディスペンサー、バケツ・ちりとり)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、3M, Bradshaw Home, Freudenberg, Greenwood Mop and Broom, Libmanなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・家庭用洗浄用具・消耗品の世界市場概要 ・家庭用洗浄用具・消耗品の世界市場環境 ・家庭用洗浄用具・消耗品の世界市場動向 ・家庭用洗浄用具・消耗品の世界市場規模 ・家庭用洗浄用具・消耗品の世界市場:業界構造分析 ・家庭用洗浄用具・消耗品の世界市場:製品別(ソーシングパッド・スクラバー・スポンジ、モップ・箒、クリーニングブラシ、ワイプ、手袋、石鹸ディスペンサー、バケツ・ちりとり) ・家庭用洗浄用具・消耗品の …
  • 爆発物の世界市場分析:製品別(発破剤、噴霧剤、火工品)、用途別、花火製造術の世界市場分析:用途別(近接花火、消費者用花火、ディスプレイ用花火)、セグメント予測、2013 – 2024
    本調査レポートでは、爆発物の世界市場について調査・分析し、爆発物の世界市場動向、爆発物の世界市場規模、市場予測、セグメント別爆発物市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • DDIソリューション(DNS/DHCP/IPアドレス管理)の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、DDIソリューション(DNS/DHCP/IPアドレス管理)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、構成要素別分析、用途別分析、導入方式別分析、産業別分析、DDIソリューション(DNS/DHCP/IPアドレス管理)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用グリーンタイヤ(生タイヤ)の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、自動車用グリーンタイヤ(生タイヤ)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用グリーンタイヤ(生タイヤ)市場規模、用途別(乗用車、商業車)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自動車用グリーンタイヤ(生タイヤ)の世界市場概要 ・自動車用グリーンタイヤ(生タイヤ)の世界市場環境 ・自動車用グリーンタイヤ(生タイヤ)の世界市場動向 ・自動車用グリーンタイヤ(生タイヤ)の世界市場規模 ・自動車用グリーンタイヤ(生タイヤ)の世界市場:業界構造分析 ・自動車用グリーンタイヤ(生タイヤ)の世界市場:用途別(乗用車、商業車) ・自動車用グリーンタイヤ(生タイヤ)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動車用グリーンタイヤ(生タイヤ)の北米市場規模・予測 ・自動車用グリーンタイヤ(生タイヤ)のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・自動車用グリーンタイヤ(生タイヤ)のアジア太平洋市場規模・予測 ・自動車用グリーンタイヤ(生 …
  • ホワイトバイオテクノロジーの世界市場分析:製品別(バイオ燃料、バイオマテリアル、生化学、工業用酵素)、用途別(バイオエネルギー、食品・飼料添加物、医薬品原料、パーソナルケア・家庭用品)、セグメント予測
    本調査レポートでは、ホワイトバイオテクノロジーの世界市場について調査・分析し、ホワイトバイオテクノロジーの世界市場動向、ホワイトバイオテクノロジーの世界市場規模、市場予測、セグメント別ホワイトバイオテクノロジー市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 自動車用スタート・ストップシステムの世界市場
    当調査レポートでは、自動車用スタート・ストップシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用スタート・ストップシステムの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のマイクロプレートリーダー市場2015
    本調査レポートでは、世界のマイクロプレートリーダー市場2015について調査・分析し、マイクロプレートリーダーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • スマート呼び鈴(ドアベル)の世界市場
    当調査レポートでは、スマート呼び鈴(ドアベル)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマート呼び鈴(ドアベル)の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 乳酸の世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、乳酸の世界市場について調査・分析し、乳酸の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 乳酸の世界市場:市場動向分析 - 乳酸の世界市場:競争要因分析 - 乳酸の世界市場:用途別 ・食品・飲料 ・パーソナルケア ・調剤 ・生分解性プラスチック ・その他 - 乳酸の世界市場:主要地域別分析 - 乳酸の北米市場規模(アメリカ市場等) - 乳酸のヨーロッパ市場規模 - 乳酸のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・乳酸の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 世界の半透過性フィルム市場2015
    本調査レポートでは、世界の半透過性フィルム市場2015について調査・分析し、半透過性フィルムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • マイクロフォンの世界市場
    当調査レポートでは、マイクロフォンの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・マイクロフォンの世界市場:種類別分析/市場規模 ・マイクロフォンの世界市場:用途別分析/市場規模 ・マイクロフォンの世界市場:地域別分析/市場規模 ・マイクロフォンのアメリカ市場規模予測 ・マイクロフォンのヨーロッパ市場規模予測 ・マイクロフォンのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • ろう付け用合金の世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、ろう付け用合金の世界市場について調べ、ろう付け用合金の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ろう付け用合金の市場規模をセグメンテーション別(用途別(自動車、電気および電子機器、航空宇宙、その他)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社はろう付け用合金の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均5%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・ろう付け用合金の市場状況 ・ろう付け用合金の市場規模 ・ろう付け用合金の市場予測 ・ろう付け用合金の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(自動車、電気および電子機器、航空宇宙、その他) ・ろう付け用合金の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 転移性卵巣がん(Metastatic Ovarian Cancer):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における転移性卵巣がん(Metastatic Ovarian Cancer)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、転移性卵巣がん(Metastatic Ovarian Cancer)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・転移性卵巣がん(Metastatic Ovarian Cancer)の概要 ・転移性卵巣がん(Metastatic Ovarian Cancer)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の転移性卵巣がん(Metastatic Ovarian Cancer)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・転移性卵巣がん(Metastatic …
  • リアルタイム位置情報システムの世界市場:製品タイプ別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)、技術別、用途別、垂直産業別、地域別予測
    本資料は、リアルタイム位置情報システムの世界市場について調べ、リアルタイム位置情報システムの世界規模、市場動向、市場環境、製品タイプ別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)分析、技術別分析、用途別分析、垂直産業別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・リアルタイム位置情報システムの世界市場概要 ・リアルタイム位置情報システムの世界市場環境 ・リアルタイム位置情報システムの世界市場動向 ・リアルタイム位置情報システムの世界市場規模 ・リアルタイム位置情報システムの世界市場規模:製品タイプ別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス) ・リアルタイム位置情報システムの世界市場規模:技術別 ・リアルタイム位置情報システムの世界市場規模:用途別 ・リアルタイム位置情報システムの世界市場規模:垂直産業別 ・リアルタイム位置情報システムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・リアルタイム位置情報システムの北米市場規模・予測 ・リアルタイム位置情報システムのアメリ …
  • 消化器疾患治療薬の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、消化器疾患治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、消化器疾患治療薬の世界市場規模及び予測、疾患種類別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"