"水処理用バイオサイド(殺生物剤)の世界市場予測:酸化性殺生物剤、非酸化性殺生物剤"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:CH7407)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"水処理用バイオサイド(殺生物剤)の世界市場予測:酸化性殺生物剤、非酸化性殺生物剤"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“Oxidizing biocides segment is estimated to witness the highest growth rate between 2019 and 2024.” The global water treatment biocides market size is estimated to grow from USD 3.5 billion in 2019 to USD 4.7 billion by 2024, at a CAGR of 6.2%. The oxidizing biocides segment is estimated to witness the higher growth rate between 2019 and 2024, in terms of value. The growth is attributed to the growing demand in applications, such as municipal water treatment, cooling towers of mining, power plants and chemical plants, and swimming pools.

“Growing demand for municipal water treatment is expected to drive the water treatment biocides market.”
The market in the municipal water treatment application is driven mainly by the increasing demand for safe drinking water backed by the growing population and rapid urbanization. In addition, water treatment is necessary in order to overcome water scarcity challenges. Thus, the growing need for treating and reusing water has increased the use of biocides. Municipalities treat water to meet the growing demand for potable water and to comply with regulatory requirements.

“The water treatment biocides market in North America is projected to witness significant growth during the forecast period.”
The North American water treatment biocides market is estimated to witness significant growth in terms of value, during the forecast period. This is due to the presence of key players, such as DuPont, Solenis, and Albemarle, among others in the region. In addition, the growing awareness regarding the scarcity of water is driving the market in the region.
• By Company Type: Tier 1 – 46%, Tier 2 – 31%, and Tier 3 – 23%
• By Designation: C-Level – 46%, Director Level – 27%, and Others – 27%
• By Region: APAC – 40%, North America – 25%, Europe- 15%, South America – 12%, Middle East & Africa – 8%

The key players profiled in the report include Ecolab Inc. (US), Solenis (US), DuPont (US), BWA Water Additives (UK), Innovative Water Care (US), Kemira Oyj (Finland), SUEZ (France), Nouryon (Netherlands), Veolia (France), Albemarle Corporation (US), ICL Group (Israel), and LANXESS Group (Germany).

Research Coverage
This report segments the market for water treatment biocides based on application and region and provides estimations for the overall market size across various regions. A detailed analysis of key industry players has been conducted to provide insights into their business overviews, products & services, key strategies, expansions, new product launches, mergers, acquisitions, joint ventures, and contracts & agreements associated with the water treatment biocides market.

Reasons to Buy this Report
This research report is focused on various levels of analysis — industry analysis (industry trends), market share analysis of top players, and company profiles, which together provide an overall view on the competitive landscape; emerging and high-growth segments of the water treatment biocides market; high-growth regions; and market drivers, restraints, opportunities, and challenges.
The report provides insights on the following pointers:
• Market Penetration: Comprehensive information on water treatment biocides offered by top players in the global water treatment biocides market

• Product Development/Innovation: Detailed insights on upcoming technologies, R&D activities, and innovation in the market

• Market Development: Comprehensive information about lucrative emerging markets — the report analyzes the markets for water treatment biocides across regions

• Market Diversification: Exhaustive information about new application areas and recent developments in the global market

• Competitive Assessment: In-depth assessment of market shares, strategies, products, and manufacturing capabilities of leading players in the market


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"水処理用バイオサイド(殺生物剤)の世界市場予測:酸化性殺生物剤、非酸化性殺生物剤"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 19)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Water Treatment Biocides Market Segmentation
1.3.2 Regions Covered
1.3.3 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Units Considered
1.6 Limitations
1.7 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 22)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Breakdown of Primary Interviews
2.1.2.3 Key Industry Insights
2.2 Market Size Estimation s
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.2 Top-Down Approach
2.2.3 Water Treatment Biocides Market Calculation Methodology
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Assumptions
3 Executive Summary (Page No. – 32)
4 Premium Insights (Page No. – 35)
4.1 Attractive Opportunities in the Water Treatment Biocides Market
4.2 Water Treatment Biocides Market, By Region
4.3 APAC Water Treatment Biocides Market, By Application and Country, 2018
4.4 Water Treatment Biocides Market, By Major Countries
4.5 Water Treatment Biocides Market, By Application
5 Market Overview (Page No. – 39)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Stringent Regulatory Environment
5.2.1.2 Increasing Demand From Various Applications
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Lengthy and Expensive Registration Process in the EU
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Rising Population and Rapid Industrialization in the Emerging Economies
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Fluctuating Raw Material Prices
5.3 Porter’s Five Forces Analysis
5.3.1 Threat of Substitutes
5.3.2 Threat of New Entrants
5.3.3 Bargaining Power of Suppliers
5.3.4 Bargaining Power of Buyers
5.3.5 Intensity of Competitive Rivalry
5.4 Macroeconomic Indicators
5.4.1 GDP Trends and Forecast of Major Economies
5.5 Policy & Regulations
5.5.1 Registration, Evaluation, Authorisation and Restriction of Chemicals (REACH)
5.5.2 Environmental Protection Agency (EPA)
5.5.3 The Federal Insecticide, Fungicide, and Rodenticide Act (FIFRA)
5.5.4 Biocidal Products Regulations (BPR)
6 Water Treatment Biocides Market, By Product Type (Page No. – 49)
6.1 Introduction
6.2 Oxidizing Biocides
6.2.1 The Growing Demand for Treated Municipal Water With the Growing Population is Expected to Drive Market
6.3 Non-Oxidizing Biocides
6.3.1 The Increasing Oil & Gas Production is Boosting the Demand for Non-Oxidizing Biocides
7 Water Treatment Biocides Market, By Application (Page No. – 54)
7.1 Introduction
7.2 Municipal Water Treatment
7.2.1 Growing Population, Limited Freshwater Resources, and Increasing Water Scarcity are Propelling the Demand for Water Treatment Biocides in Municipal Water Treatment Application
7.3 Oil & Gas
7.3.1 Need for Microbial Control for Operational Efficiency is the Key Governing Factor for the Market in This Segment
7.4 Power Plants
7.4.1 The Growth in the Power Generation Industry is Expected to Further Drive the Demand in Power Plants Application
7.5 Pulp & Paper
7.5.1 The Use of High Volume of Process Water for Various Processes is Increasing the Demand for Water Treatment Biocides in Pulp & Paper Application
7.6 Swimming Pools
7.6.1 Chlorine is Among the Various Water Treatment Biocides Used in Swimming Pools for Disinfection
7.7 Mining
7.7.1 The Use of Water Treatment Biocides is Extensive in Water-Intensive Mining Applications
7.8 Others
8 Water Treatment Biocides Market, By Region (Page No. – 66)
8.1 Introduction
8.2 APAC
8.2.1 China
8.2.1.1 The Water Treatment Biocides Market in the Country is Characterized By the Presence of Various Small and Big Players
8.2.2 Japan
8.2.2.1 Rising Need for Water Treatment and High Population Density are Contributing to the Market Growth
8.2.3 India
8.2.3.1 The Presence of A Strong Energy Sector and Diversified Mining Industry are Helpful for the Market Growth
8.2.4 Australia
8.2.4.1 The Country’s Strong Mining Industry is Boosting the Demand for Water Treatment Biocides
8.2.5 Indonesia
8.2.5.1 The Country’s Mining and Crude Oil Sectors are the Main Contributors to Its Economic Growth, Thereby, Driving the Water Treatment Biocides Market
8.2.6 Malaysia
8.2.6.1 The Industrial Sector of the Country is Leading to Market Growth
8.2.7 Rest of APAC
8.3 North America
8.3.1 US
8.3.1.1 The Presence of Major Oil & Gas Industry Players in the Country is Influencing the Market Positively
8.3.2 Canada
8.3.2.1 The Country’s Strong State-Level and National-Level Municipal Regulations are Generating A Positive Impact on the Market
8.3.3 Mexico
8.3.3.1 Growing Industrialization and Population are the Key Drivers for the Market
8.4 Europe
8.4.1 Russia
8.4.1.1 The Country is Home to Major Oil-Producing Companies, Which is Favorable for the Market Growth
8.4.2 Germany
8.4.2.1 Established Water Infrastructure and Industrial Base is Helping in the Market Growth
8.4.3 UK
8.4.3.1 The Presence of A Stringent Regulatory Environment is Leading to the Demand for Water Treatment Biocides
8.4.4 Italy
8.4.4.1 The Rising Demand for Good Quality Water has Increased the Use of Water Treatment Biocides in the Country
8.4.5 Rest of Europe
8.5 Middle East & Africa
8.5.1 Saudi Arabia
8.5.1.1 Water Scarcity and Significant Proven Oil Reserves are Driving the Market
8.5.2 Iran
8.5.2.1 as the Second-Largest Producer of Oil in the Region, Iran Offers High Growth Prospects for the Market
8.5.3 Iraq
8.5.3.1 Increasing Investments in the Power Sector and Growth of the Non-Oil Sectors in the Country are Expected to Drive the Market
8.5.4 UAE
8.5.4.1 Initiatives for Wastewater and Drinking Water Treatment are Likely to Spur the Market Growth
8.5.5 Kuwait
8.5.5.1 Industrialization in the Country is Driving the Demand for Water Treatment Biocides
8.5.6 Rest of Middle East & Africa
8.6 South America
8.6.1 Brazil
8.6.1.1 Rapidly Expanding Economy Stimulated By Increasing Investment is Expected to Drive the Market
8.6.2 Argentina
8.6.2.1 The Pulp & Paper Industry is A Key Driver for the Water Treatment Biocides Market
8.6.3 Rest of South America
9 Competitive Landscape (Page No. – 112)
9.1 Overview
9.2 Competitive Leadership Mapping
9.2.1 Visionary Leaders
9.2.2 Innovators
9.2.3 Dynamic Differentiators
9.2.4 Emerging Companies
9.3 Strength of Product Portfolio
9.4 Business Strategy Excellence
9.5 Market Share Analysis
9.6 Competitive Situation and Trends
9.6.1 Expansion
9.6.2 New Product Launch
9.6.3 Merger and Acquisition
9.6.4 Contract & Agreement
9.6.5 Joint Venture
10 Company Profiles (Page No. – 124)
10.1 Dupont
10.2 Ecolab Inc.
10.3 Suez
10.4 Innovative Water Care
10.5 Solenis
10.6 BWA Water Additives
10.7 Kemira OYJ
10.8 Veolia
10.9 Nouryon
10.10 Albemarle Corporation
10.11 Lanxess Group
10.12 ICL Group
10.13 Additional Market Players
10.13.1 Accepta Water Treatment
10.13.2 Buckman
10.13.3 B&V Chemicals
10.13.4 Industrial Specialty Chemicals, Inc.
10.13.5 Kimberlite Chemicals (India) Pvt. Ltd.
10.13.6 Kurita Water Industries Ltd.
10.13.7 Melzer Chemicals Pvt. Ltd.
10.13.8 Momar, Inc.
10.13.9 Ozone Tech Systems OTS AB
10.13.10 Scotmas Limited
10.13.11 Shandong Taihe Water Treatment Technologies Co. Ltd.
10.13.12 Solvay
10.13.13 Thor Corporation
10.13.14 Uniphos Chemicals
10.13.15 U.S. Steriles
11 Appendix (Page No. – 155)
11.1 Discussion Guide
11.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets Subscription Portal
11.3 Available Customizations
11.4 Related Reports
11.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】水処理用バイオサイド(殺生物剤)の世界市場予測:酸化性殺生物剤、非酸化性殺生物剤
【発行日】2019年10月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】CH7407
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】化学
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
水処理用バイオサイド(殺生物剤)の世界市場予測:酸化性殺生物剤、非酸化性殺生物剤についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • メディアゲートウェイの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、メディアゲートウェイの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、タイプ(アナログ、デジタル)別分析、技術(有線、無線、ハイブリッド)別分析、垂直産業(通信、政府、BFSI、製造、ヘルスケア、輸送)別分析、メディアゲートウェイの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ビタミンD検査の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ビタミンD検査の世界市場について調査・分析し、ビタミンD検査の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ビタミンD検査シェア、市場規模推移、市場規模予測、ビタミンD検査種類別分析(RIA、ELISA、CLIA、POCT、LC-MS/MS)、ビタミンD検査用途別分析(25(OH)検査、1, 25(OH)検査)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ビタミンD検査の市場概観 ・ビタミンD検査のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ビタミンD検査のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ビタミンD検査の世界市場規模 ・ビタミンD検査の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ビタミンD検査のアメリカ市場規模推移 ・ビタミンD検査のカナダ市場規模推移 ・ビタミンD検査のメキシコ市場規模推移 ・ビタミンD検査のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ビタミンD検査のドイツ市場規模推移 ・ビタミンD検査のイギリス市場規模推移 ・ビタミンD検査のロ …
  • 骨髄線維症治療薬の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、骨髄線維症治療薬の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、骨髄線維症治療薬市場規模、治療別(薬物療法、輸血、HSCT、アンドロゲン療法)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・骨髄線維症治療薬の世界市場概要 ・骨髄線維症治療薬の世界市場環境 ・骨髄線維症治療薬の世界市場動向 ・骨髄線維症治療薬の世界市場規模 ・骨髄線維症治療薬の世界市場:業界構造分析 ・骨髄線維症治療薬の世界市場:治療別(薬物療法、輸血、HSCT、アンドロゲン療法) ・骨髄線維症治療薬の世界市場:地域別市場規模・分析 ・骨髄線維症治療薬の北米市場規模・予測 ・骨髄線維症治療薬のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・骨髄線維症治療薬のアジア太平洋市場規模・予測 ・骨髄線維症治療薬の主要国分析 ・骨髄線維症治療薬の世界市場:意思決定フレームワーク ・骨髄線維症治療薬の世界市場:成長要因、課題 ・骨髄線維症治療薬の世界市場:競争環境 ・骨髄線維症治療 …
  • 台湾の心臓血管補綴装置市場見通し
  • 企業用サイバーセキュリティソリューションの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、企業用サイバーセキュリティソリューションの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、企業用サイバーセキュリティソリューション市場規模、エンドユーザー別(政府、BFSI、ヘルスケア、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Akamai Technologies, Check Point Software Technologies, Cisco Systems, IBM, Intel, Symanteなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・企業用サイバーセキュリティソリューションの世界市場概要 ・企業用サイバーセキュリティソリューションの世界市場環境 ・企業用サイバーセキュリティソリューションの世界市場動向 ・企業用サイバーセキュリティソリューションの世界市場規模 ・企業用サイバーセキュリティソリューションの世界市場:業界構造分析 ・企業用サイバーセキュリティソリューションの世界市場:エンドユーザー別(政府、BFSI、ヘルス …
  • インターベンション心臓病学の世界市場2017-2021:冠動脈ステント、PTCAバルーンカテーテル、インターベンションガイドワイヤ、インターベンション心臓画像システム、左心耳(LAA)閉鎖装置、アテレクトミー装置
    当調査レポートでは、インターベンション心臓病学の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、インターベンション心臓病学の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、カテゴリー別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • マイクロLED(発光ダイオード)の世界市場:ディスプレイ、照明
    Technavio社の本調査レポートでは、マイクロLED(発光ダイオード)の世界市場について調べ、マイクロLED(発光ダイオード)の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、マイクロLED(発光ダイオード)の市場規模をセグメンテーション別(製品別(ディスプレイ、照明)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はマイクロLED(発光ダイオード)の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均398%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・マイクロLED(発光ダイオード)の市場状況 ・マイクロLED(発光ダイオード)の市場規模 ・マイクロLED(発光ダイオード)の市場予測 ・マイクロLED(発光ダイオード)の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(ディスプレイ、照明) ・マイクロLED(発光ダイオード)の顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米 ・意思決定フレームワーク ・市場動 …
  • インソール(中敷)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、インソール(中敷)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、インソール(中敷)の世界市場規模及び予測、用途別分析、材料別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • AMPA受容体アンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるAMPA受容体アンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・AMPA受容体アンタゴニストの概要 ・AMPA受容体アンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のAMPA受容体アンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・AMPA受容体アンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・AMPA受容体アンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 水溶性肥料の世界市場2015-2022
  • フレキシブルパッケージングのヨーロッパ市場
    本調査レポートでは、フレキシブルパッケージングのヨーロッパ市場について調査・分析し、フレキシブルパッケージングのヨーロッパ市場動向、市場予測、セグメント別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • メタボロミクス(メタボローム解析)の世界市場予測(~2021年):ガスクロマトグラフィー、HPLC、UPLC、NMR、マススペクトロメトリー、表面ベース質量分析、バイオインフォマティクス
    当調査レポートでは、メタボロミクス(メタボローム解析)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、製品別分析、用途別分析、疾患別分析、地域別分析、メタボロミクス(メタボローム解析)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 産業用接着剤の世界市場予測(~2021年):水性接着剤、溶剤形接着剤、ホットメルト接着剤、感圧接着剤
    当調査レポートでは、産業用接着剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、材料別分析、需要先別分析、地域別分析、産業用接着剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 鉛電池の東南アジア市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、鉛電池の東南アジア市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、鉛電池の東南アジア市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は鉛電池の東南アジア市場が2017-2021年期間中に年平均8.52%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はEast Penn Manufacturing、EnerSys、Exide Technologies、Yuasa、C&D Technologies等です。
  • 世界のピストン型アキュムレータ市場2015
    本調査レポートでは、世界のピストン型アキュムレータ市場2015について調査・分析し、ピストン型アキュムレータの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 耐食コーティング(CPC)&耐酸ライニング(APL)の中東および北アフリ市場ー産業および機会分析ー2016-2026
  • シーフード加工機器の世界市場:シーフード種類別(フィンフィッシュ、甲殻類、軟体動物、その他)、機器の種類別(ガッティング、スケーリング、スキニング、脱骨、切り身、その他)
    当調査レポートでは、シーフード加工機器の世界市場について調査・分析し、イントロダクション、エグゼクティブサマリ-、市場概要、シーフード種類別分析、機器の種類別分析、地域別分析、競合分析、企業概要などを含め以下の構成でお届けします。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・シーフード加工機器の世界市場:シーフード種類別(フィンフィッシュ、甲殻類、軟体動物、その他) ・シーフード加工機器の世界市場:機器の種類別(ガッティング、スケーリング、スキニング、脱骨、切り身、その他) ・シーフード加工機器の世界市場:地域別 ・競合分析 ・企業概要
  • パーソナルケア包装の世界市場分析:製品別(フレキシブル、硬質プラスチック、紙、金属、ガラス)、包装タイプ別(ボトル、瓶、缶、カートン、チューブ、パウチ)、用途別(スキンケア、ヘアケア、バス・シャワー、香水)、セグメント予測
    本調査レポートでは、パーソナルケア包装の世界市場について調査・分析し、パーソナルケア包装の世界市場動向、パーソナルケア包装の世界市場規模、市場予測、セグメント別パーソナルケア包装市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のアクリル酸メチル市場2015
    本調査レポートでは、世界のアクリル酸メチル市場2015について調査・分析し、アクリル酸メチルの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • インフルエンザ迅速診断検査の世界市場2017-2021:A型インフルエンザ、B型インフルエンザ
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、インフルエンザ迅速診断検査の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、インフルエンザ迅速診断検査の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はインフルエンザ迅速診断検査の世界市場が2017-2021年期間中に年平均9.06%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はAlere、BD、Quidel等です。
  • パーキンソン病治療の世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、パーキンソン病治療の世界市場について調査・分析し、パーキンソン病治療の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・パーキンソン病治療の世界市場規模:薬効分類別分析 ・パーキンソン病治療の世界市場規模:医療機器別分析 ・パーキンソン病治療の世界市場規模:患者ケア設定別分析 ・パーキンソン病治療の世界市場規模:流通チャンネル別分析 ・パーキンソン病治療の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 自動車用カーボンモノコック製シャーシの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車用カーボンモノコック製シャーシの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車用カーボンモノコック製シャーシの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • バルーンカテーテルの世界市場ー産業および機会分析ー2016-2026:通常型バルーンカテーテル、カッティングバルーンカテーテル、スコアリングバルーンカテーテル、薬剤溶出型バルーンカテーテル、ステントグラフトバルーンカテーテル
  • 口腔咽頭カンジダ症(Oropharyngeal Candidiasis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における口腔咽頭カンジダ症(Oropharyngeal Candidiasis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、口腔咽頭カンジダ症(Oropharyngeal Candidiasis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・口腔咽頭カンジダ症(Oropharyngeal Candidiasis)の概要 ・口腔咽頭カンジダ症(Oropharyngeal Candidiasis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の口腔咽頭カンジダ症(Oropharyngeal Candidiasis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・口腔咽頭カンジダ症 …
  • 透明バリア性包装フィルムの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、透明バリア性包装フィルムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、透明バリア性包装フィルムの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のテイルパイプ市場2016
    本調査レポートでは、世界のテイルパイプ市場2016について調査・分析し、テイルパイプの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 止血剤の世界市場:製品別(トロンビンベース、酸化再生セルロースベース、併用止血剤、ゼラチンベース、コラーゲンベース)、形態別(マトリックス材・ゲル、シート・パッド、スポンジ、粉体)、用途別(整形外科手術、一般外科手術、神経外科手術、心血管手術、再建手術、婦人科手術、その他)、地域別予測
    本資料は、止血剤の世界市場について調べ、止血剤の世界規模、市場動向、市場環境、製品別(トロンビンベース、酸化再生セルロースベース、併用止血剤、ゼラチンベース、コラーゲンベース)分析、形態別(マトリックス材・ゲル、シート・パッド、スポンジ、粉体)分析、用途別(整形外科手術、一般外科手術、神経外科手術、心血管手術、再建手術、婦人科手術、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはC. R. Bard、B.Braun、Baxter、Integra Lifesciences、Marine Polymer Technologies、Pfizer、Gelita Medical GmbH、Z-Medica, LLC、Ethicon (Subsidiary of Johnson & Johnson)、Teleflex Incorporated、CSL Behring、Cryolife, INC.、B Braun Melsungen AGなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティ …
  • 自動車用内装材の世界市場予測(~2023年):合成皮革、本革、ポリマー、ファブリック
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、自動車用内装材の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、タイプ別(合成皮革、本革、ポリマー、ファブリック)分析、車両タイプ別(乗用車、小型商用車、大型商用車)分析、自動車用内装材の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • カナダの関節鏡検査機器市場動向(~2021)
  • 民間航空機用インタフェース装置の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、民間航空機用インタフェース装置の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、民間航空機用インタフェース装置市場規模、用途別(ナローボディ機、ワイドボディ機、リージョナルジェット機)分析、航空機フィットメント別(レトロフィット、ラインフィット)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・民間航空機用インタフェース装置の世界市場概要 ・民間航空機用インタフェース装置の世界市場環境 ・民間航空機用インタフェース装置の世界市場動向 ・民間航空機用インタフェース装置の世界市場規模 ・民間航空機用インタフェース装置の世界市場:業界構造分析 ・民間航空機用インタフェース装置の世界市場:用途別(ナローボディ機、ワイドボディ機、リージョナルジェット機) ・民間航空機用インタフェース装置の世界市場:航空機フィットメント別(レトロフィット、ラインフィット) ・民間航空機用インタフェース装置の世界市場:地域別市場規模・分析 ・民間航空機用インタフェ …
  • 文房具・カードの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、文房具・カードの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、文房具・カードの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 生物製剤の世界市場分析:由来別(微生物、哺乳類)、製品別(モノクローナル抗体、ワクチン、組換えタンパク質、アンチセンス、RNAi、分子治療)、病気の種類別、製造法別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、生物製剤の世界市場について調査・分析し、生物製剤の世界市場動向、生物製剤の世界市場規模、市場予測、セグメント別生物製剤市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 垂直農法の世界市場分析:構造別(出荷コンテナ、建物ベース)、提供別(照明、水耕性成分、気候制御)、栽培方法別(空中栽培、水耕栽培)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、垂直農法の世界市場について調査・分析し、垂直農法の世界市場動向、垂直農法の世界市場規模、市場予測、セグメント別垂直農法市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 菌状息肉症(Mycosis Fungoides):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、菌状息肉症(Mycosis Fungoides)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・菌状息肉症(Mycosis Fungoides):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・菌状息肉症(Mycosis Fungoides)のフェーズ3治験薬の状況 ・菌状息肉症(Mycosis Fungoides)治療薬の市場規模(販売予測) ・菌状息肉症(Mycosis Fungoides)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・菌状息肉症(Mycosis Fungoides)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の菌状息肉症(Mycosis Fungoides)治療薬剤
  • 皮膚炎(Dermatitis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、皮膚炎(Dermatitis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・皮膚炎(Dermatitis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・皮膚炎(Dermatitis)のフェーズ3治験薬の状況 ・皮膚炎(Dermatitis)治療薬の市場規模(販売予測) ・皮膚炎(Dermatitis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・皮膚炎(Dermatitis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の皮膚炎(Dermatitis)治療薬剤
  • 世界のCCクリーム市場2016
    本調査レポートでは、世界のCCクリーム市場2016について調査・分析し、CCクリームの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ストレッチ・シュリンクフィルムの世界市場
    当調査レポートでは、ストレッチ・シュリンクフィルムの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・ストレッチ・シュリンクフィルムの世界市場:用途別分析/市場規模 ・ストレッチ・シュリンクフィルムの世界市場:地域別分析/市場規模 ・ストレッチ・シュリンクフィルムのアメリカ市場規模予測 ・ストレッチ・シュリンクフィルムのヨーロッパ市場規模予測 ・ストレッチ・シュリンクフィルムのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 世界のペット用アクセサリー市場2015
    本調査レポートでは、世界のペット用アクセサリー市場2015について調査・分析し、ペット用アクセサリーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • エンジニアリングサービスの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、エンジニアリングサービスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、エンジニアリングサービス市場規模、最終用途別(通信、自動車、医療、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・エンジニアリングサービスの世界市場概要 ・エンジニアリングサービスの世界市場環境 ・エンジニアリングサービスの世界市場動向 ・エンジニアリングサービスの世界市場規模 ・エンジニアリングサービスの世界市場:業界構造分析 ・エンジニアリングサービスの世界市場:最終用途別(通信、自動車、医療、その他) ・エンジニアリングサービスの世界市場:地域別市場規模・分析 ・エンジニアリングサービスのアメリカ市場規模・予測 ・エンジニアリングサービスのヨーロッパ市場規模・予測 ・エンジニアリングサービスのアジア市場規模・予測 ・エンジニアリングサービスの主要国分析 ・エンジニアリングサービスの世界市場:意思決定フレームワーク ・エンジニアリングサービスの …
  • 自動車用ペアレンタルコントロールシステム(PCS)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、自動車用ペアレンタルコントロールシステム(PCS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用ペアレンタルコントロールシステム(PCS)の世界市場規模及び予測、地域別分析・市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • DRaaS(ディザスタリカバリサービス)の世界市場
    当調査レポートでは、DRaaS(ディザスタリカバリサービス)の世界市場について調査・分析し、DRaaS(ディザスタリカバリサービス)の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 世界の大豆食物繊維市場2015
    本調査レポートでは、世界の大豆食物繊維市場2015について調査・分析し、大豆食物繊維の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、地域別生産規模分析、販売チャネル分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • オピオイド受容体アンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるオピオイド受容体アンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・オピオイド受容体アンタゴニストの概要 ・オピオイド受容体アンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のオピオイド受容体アンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・オピオイド受容体アンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・オピオイド受容体アンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 冷媒の世界市場予測(~2023年)
    冷媒の世界市場は、2018年の229億米ドルから2024年には310億米ドルに達し、この期間中6.2%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、家電製品の需要の増加やコールドチェーン市場の成長などが考えられます。一方で、市場に対する主な制約は、北米やヨーロッパでのHCFCやHFCといったフルオロカーボンの使用に対して課される規制です。しかし、天然冷媒に対する需要の高まりは、市場にとって好機となるでしょう。当調査レポートでは、冷媒の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、種類(HCFC、HFC、HFO、イソブタン、プロパン、アンモニア、二酸化炭素、空気、水、プロパン、イソペンタン)分析、用途(家庭用、業務用、工業用、チラー、AC、VRF、窓型エアコン、MAC)分析、冷媒の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 食用油脂の世界市場予測
    Market Research Future社が発行した当調査レポートでは、食用油脂の世界市場について調査・分析し、食用油脂の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 連鎖球菌検査の世界市場:市場機会および成長戦略
  • アジア太平洋の水性エポキシ塗料市場
  • 真性多血症(Polycythemia Vera):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、真性多血症(Polycythemia Vera)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・真性多血症(Polycythemia Vera):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・真性多血症(Polycythemia Vera)のフェーズ3治験薬の状況 ・真性多血症(Polycythemia Vera)治療薬の市場規模(販売予測) ・真性多血症(Polycythemia Vera)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・真性多血症(Polycythemia Vera)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の真性多血症(Polycythemia Vera)治療薬剤
  • デプスフィルター(深層濾過)の世界市場予測(~2022年):けいそう土、活性炭素、セルロース
    当調査レポートでは、デプスフィルター(深層濾過)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、濾過材別分析、製品別分析、用途別分析、地域別分析、デプスフィルター(深層濾過)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • リモートセンシング衛星の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、リモートセンシング衛星の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、リモートセンシング衛星の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はリモートセンシング衛星の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.59%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Airbus Defence and Space• Ball Aerospace• Boeing• Lockheed Martin• Thales Alenia Space等です。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"