"パワーバンクの世界市場予測:容量別、USBポート単位別、インジケーター別、バッテリー種類別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:SE3634)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"パワーバンクの世界市場予測:容量別、USBポート単位別、インジケーター別、バッテリー種類別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“Growing adoption of wearable devices is propelling the growth of the power bank market”The global power bank market size is expected to grow at a CAGR of 10.8% from 2019 to 2024, reaching USD 17.9 billion by 2024 from USD 9.5 billion in 2018. Most wearable devices are wireless and require power to operate at all times; batteries in these devices are not likely to last long with its increasing functionalities. Hence, wearable devices can be conveniently recharged on-the-go using a power bank, thereby enabling devices to last longer. Wearable devices, such as smartwatches, fitness bands, and smart glasses, are gaining rapid attention from end-users, and power banks are anticipated to have a growing demand in this application.

“Power bank market to be driven by lithium-ion during the forecast period”
The lithium-ion battery segment is expected to hold a significant share of the power bank indsutry during the forecast period. Currently, lithium-ion batteries are the most used batteries by the manufacturers. Lithium-ion batteries have a high energy density, high conversion rate, and high energy capacity, as well as are cheaper to manufacture. They are inexpensive to produce as they have lower production costs and require low maintenance.
The high voltage of Li-ion batteries makes them suitable to recharge large devices such as laptops and tablets. Therefore, the demand for lithium-ion batteries in the power bank market is high and is expected to increase rapidly during the forecast period.

“Digital display indicator segment to grow at significant CAGR during the forecast period”
Power banks with digital displays are expected to witness significant growth during the forecast period. Power banks with digital displays are relatively efficient as they display battery levels in numerals, thus making them easier to read and interpret. The digital display shows an accurate charging status and battery level.

“Power bank market in APAC to witness the highest growth rate in the coming years”
The power bank industry in APAC is expected to grow at the highest CAGR from 2019 to 2024. The market in APAC has the presence of prominent players that offer power banks at a low price, making them affordable for customers. Increasing demand for smartphones and other portable consumer electronic devices in countries such as China, Japan, South Korea, and India is driving the market for power banks in APAC. Also, increasing per capita income in developing countries in the region as well as improving the standard of living have led to the growing demand for smartphones and the rising popularity of wearable devices.
To determine and verify the market size of several segments and subsegments, extensive primary interviews have been conducted with key personalities in the power bank market. Following is the breakup of the primary participants:
• By Company Type: Tier 1 = 35 %, Tier 2 = 45%, and Tier 3 = 20%
• By Designation: C-Level Executives = 35%, Directors = 25%, and Others = 40%
• By Region: North America = 45%, Europe = 20%, APAC = 30%, and RoW = 5%
The report profiles the key players in the power bank market and analyzes their market rankings. A few prominent players profiled in this report include Anker Innovations (China), AUKEY (China), Xiaomi (China), ADATA (Taiwan), RAVPower (US), GRIFFIN (US), Lenovo (China), mophie (US), AMBRANE (India), and INTEX (India).

Research Coverage:
This research report categorizes the power bank market by battery type, capacity, unit of USB port, indicator, application, and region. The report describes the major drivers, restraints, challenges, and opportunities pertaining to this market, as well as the value chain and market ranking analysis.

Reasons to Buy the Report:
The report would help leaders/new entrants in the power bank market in the following ways:
1. The report segments the power bank market comprehensively and provides the market size estimation for all subsegments across different regions.
2. The report helps stakeholders understand the pulse of the market and provides them with information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.
3. The report would help stakeholders understand their competitors better and gain insights to improve their position in the power bank market. The competitive landscape section describes the competitor ecosystem.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"パワーバンクの世界市場予測:容量別、USBポート単位別、インジケーター別、バッテリー種類別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 20)
1.1 Study Objectives
1.2 Definition
1.3 Study Scope
1.3.1 Market Covered
1.3.2 Geographic Scope
1.3.3 Years Considered
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 24)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary and Primary Research
2.1.2 Secondary Data
2.1.2.1 Secondary Sources
2.1.3 Primary Data
2.1.3.1 Primary Sources
2.1.3.2 Key Industry Insights
2.1.3.3 Breakdown of Primaries
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.2 Top-Down Approach
2.3 Data Triangulation
2.4 Research Assumptions
3 Executive Summary (Page No. – 34)
4 Premium Insights (Page No. – 38)
4.1 Attractive Growth Opportunities in Power Bank Market
4.2 Market, By Capacity
4.3 Market, By Battery Type
4.4 Market, By Application
4.5 Market in North America, By Country and Capacity
5 Market Overview (Page No. – 41)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Integration of Advanced Technology in Power Banks
5.2.1.2 Increase in Power Consumption of Smartphones
5.2.1.3 Decline in Price of Power Banks
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Poor Quality of Power Banks
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Growth in the Adoption of Wearable Devices
5.2.3.2 Development of Solar and Hydrogen Fuel Cell-Based Power Banks
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Complex Design Process
5.2.4.2 Highly Competitive Market
5.2.4.3 Li-Ion Batteries’ Recycling Cost
5.3 Value Chain Analysis
6 Energy Sources of Power Banks (Page No. – 47)
6.1 Introduction
6.2 Electric
6.2.1 Key Player are Integrating New Technologies in Electric Power Banks
6.3 Solar
6.3.1 Solar Power Banks: A Disaster Recovery Solution
7 Power Bank Market, By Capacity (Page No. – 49)
7.1 Introduction
7.2 1,000–5,000 mAh
7.2.1 Compact Power Banks for Smartphones
7.3 5,001–10,000 mAh
7.3.1 Power Banks With Capacity Ranging 5,001–10,000 mAh Hold Highest Demand in the Market During Forecast Period
7.4 10,001–15,000 mAh
7.4.1 Power Banks With Capacity Ranging 10,001–15,000 mAh to have High Demand in Coming Years
7.5 15,001–20,000 mAh
7.5.1 Power Banks With Capacity Ranging 15,001–20,000 mAh are Equipped With Advanced Protection Technology and have Longer Battery Life
7.6 Above 20,001 mAh
7.6.1 Super-Fast Charging Power Bank Equipped With High-Quality Battery Cell
8 Power Bank Market, By Battery Type (Page No. – 75)
8.1 Introduction
8.2 Lithium-Ion Battery
8.2.1 High Energy Density Key Advantage of Lithium-Ion Battery
8.3 Lithium-Polymer Battery
8.3.1 Growing Demand for Lightweight Power Banks Increases Demand for Li-Polymer Batteries
9 Power Bank Market, By Indicator (Page No. – 81)
9.1 Introduction
9.2 Led Lighting
9.2.1 Led Indicator Most Adopted Type By Manufacturers
9.3 Digital Display
9.3.1 Power Banks With Digital Display Witness High Growth Opportunity
10 Power Bank Market, By Unit of USB Port (Page No. – 86)
10.1 Introduction
10.2 1 USB Port
10.2.1 Power Banks With 1 USB Port Mostly Feature Low Battery Capacity
10.3 2 USB Ports
10.3.1 Power Banks With Dual USB Ports are Prefered
10.4 More Than 2 USB Ports
10.4.1 Usage of USB Hub Mode for Multi-Port Power Banks
11 Power Bank Market, By Application (Page No. – 92)
11.1 Introduction
11.2 Smartphone
11.2.1 Smartphone Application Holds Largest Share of Market
11.3 Tablet
11.3.1 Power Banks are Used to Proivde Uninterruptable Power Supply for Tablets
11.4 Laptop
11.4.1 Power Banks Ensure Long Usage Without Interruption in Laptops
11.5 Wearable Device
11.5.1 Most Wearable Devices are Wireless and Portable, Requiring Continuous Supply of Power
11.6 Digital Camera
11.6.1 Digital Cameras Use Power Banks as External Power Source
11.7 Portable Media Device
11.7.1 Portable Media Players Require More Battery Life Due to Faster Data Connectivity and Subsequent Increase in Digital Content
11.8 Others
11.8.1 Gaming Devices, Gps Navigators, and E-Readers Require Power Banks to Reduce Dependency on Fixed Electrical Outlet
12 Geographic Analysis (Page No. – 116)
12.1 Introduction
12.2 North America
12.2.1 US
12.2.1.1 Accounted for Largest Share for Market in North America
12.2.2 Canada
12.2.2.1 Major Applications Such as Smartphones and Tablets Driving Growth of This Market
12.2.3 Mexico
12.2.3.1 Mexico Expected to Be Lucrative Market for Power Banks
12.3 Europe
12.3.1 Germany
12.3.1.1 Germany Invests Extensively in R&D of Battery Production Due to Which It Holds Strong Market Value
12.3.2 UK
12.3.2.1 Increasing Demand for Smart Wearable Electronics and Smartphones in This Country.
12.3.3 France
12.3.3.1 France Depicts Significant Growth in Smartphone, Internet Use, and Internet-Connected Mobile Devices
12.3.4 Rest of Europe
12.4 APAC
12.4.1 China
12.4.1.1 China has Major Presence of Power Bank Manufacturers
12.4.2 Japan
12.4.2.1 Players Based in Japan Focus on Differentiating Their Products From Other Manufacturers
12.4.3 South Korea
12.4.3.1 South Korea has Presence of Major Battery Manufacturers Designing Lithium Batteries for Power Banks
12.4.4 India
12.4.4.1 India Presents Huge Opportunity for Market
12.4.5 Rest of APAC
12.5 RoW
12.5.1 Middle East & Africa
12.5.1.1 Increasing Demand for Wearables and Growing Penetration of Smartphones and Tablets
12.5.2 South America
12.5.2.1 South America is Among Developing Markets for Power Banks
13 Competitive Landscape (Page No. – 148)
13.1 Overview
13.2 Ranking Analysis, 2018
13.3 Competitive Leadership Mapping
13.3.1 Visionary Leaders
13.3.2 Innovators
13.3.3 Dynamic Differentiators
13.3.4 Emerging Companies
13.4 Competitive Situations and Trends
13.4.1 Product Launches and Developments
13.4.2 Others
14 Company Profiles (Page No. – 154)
14.1 Key Players
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View)*
14.1.1 Adata
14.1.2 Anker Innovations
14.1.3 Aukey
14.1.4 Xiaomi
14.1.5 Ravpower
14.1.6 Griffin
14.1.7 Lenovo
14.1.8 Mophie
14.1.9 Ambrane
14.1.10 Intex
* Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
14.2 Other Companies
14.2.1 Mycharge
14.2.2 Omnicharge
14.2.3 Iwalk
14.2.4 Easyacc
14.2.5 Duracell
14.2.6 Sony
14.2.7 Syska
14.2.8 Tp-Link Techologies
14.2.9 UIMI
14.2.10 UNU
14.2.11 Voltaic Systems
14.2.12 PNY
14.2.13 Zendure
14.2.14 Philips
14.2.15 Romoss
15 Appendix (Page No. – 187)
15.1 Insights of Industry Experts
15.2 Discussion Guide
15.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
15.4 Available Customizations
15.5 Related Reports
15.6 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】パワーバンクの世界市場予測:容量別、USBポート単位別、インジケーター別、バッテリー種類別
【発行日】2019年10月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】SE3634
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】半導体及び電子機器
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
パワーバンクの世界市場予測:容量別、USBポート単位別、インジケーター別、バッテリー種類別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 自動車用クランクケース換気システムの世界市場予測・分析2020-2024
    Technavio社の本調査レポートでは、自動車用クランクケース換気システムの世界市場について調べ、自動車用クランクケース換気システムの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、自動車用クランクケース換気システムの市場規模をセグメンテーション別(車種別(乗用車、小型商用車、大型商用車、バス&コーチ)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は自動車用クランクケース換気システムの世界市場規模が2020-2024期間中に年平均4%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・自動車用クランクケース換気システムの市場状況 ・自動車用クランクケース換気システムの市場規模 ・自動車用クランクケース換気システムの市場予測 ・自動車用クランクケース換気システムの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:車種別(乗用車、小型商用車、大型商用車、バス&コーチ) ・自動車用クランクケース換気システムの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 …
  • スマート荷物処理ソリューションの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、スマート荷物処理ソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマート荷物処理ソリューションの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 潤滑油粘度グレード向上剤世界市場2017-2021:OCP系、PMA系、スチレン系
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、潤滑油粘度グレード向上剤世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、潤滑油粘度グレード向上剤世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は潤滑油粘度グレード向上剤世界市場が2017-2021年期間中に年平均2.58%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はChevron Oronite、Evonik、Infineum 、Lubrizol、NewMarket等です。
  • コネクテッド自動販売機の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、コネクテッド自動販売機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、コネクテッド自動販売機の世界市場規模及び予測、種類別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • カーダンパーの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、カーダンパーの世界市場について調査・分析し、カーダンパーの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - カーダンパーの世界市場:市場動向分析 - カーダンパーの世界市場:競争要因分析 - カーダンパーの世界市場:エンドユーザー別 鉄鉱石部門 石炭部門 水質保全部門 建設 非金属鉱物部門 その他のエンドユーザー - カーダンパーの世界市場:製品別 二重ブリッジダンプカー 単ブリッジダンプカー その他の製品 - カーダンパーの世界市場:主要地域別分析 - カーダンパーの北米市場規模(アメリカ市場等) - カーダンパーのヨーロッパ市場規模 - カーダンパーのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・カーダンパーの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • スチレン系樹脂の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、スチレン系樹脂の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、スチレン系樹脂の世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • ドライ(萎縮)型黄斑変性(Dry (Atrophic) Macular Degeneration):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるドライ(萎縮)型黄斑変性(Dry (Atrophic) Macular Degeneration)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、ドライ(萎縮)型黄斑変性(Dry (Atrophic) Macular Degeneration)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・ドライ(萎縮)型黄斑変性(Dry (Atrophic) Macular Degeneration)の概要 ・ドライ(萎縮)型黄斑変性(Dry (Atrophic) Macular Degeneration)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のドライ(萎縮)型黄斑変性(Dry (Atrophic) Macular Degeneration)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤 …
  • LED照明モジュールの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、LED照明モジュールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、LED照明モジュールの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • プログレッシブキャビティポンプの世界市場:動力定格(50馬力以下、51~150馬力、150馬力超)、最終用途別(石油・ガス、上下水道管理、食品・飲料、化学・石油化学、その他)、地域別予測
    本資料は、プログレッシブキャビティポンプの世界市場について調べ、プログレッシブキャビティポンプの世界規模、市場動向、市場環境、動力定格(50馬力以下、51~150馬力、150馬力超)分析、最終用途別(石油・ガス、上下水道管理、食品・飲料、化学・石油化学、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・プログレッシブキャビティポンプの世界市場概要 ・プログレッシブキャビティポンプの世界市場環境 ・プログレッシブキャビティポンプの世界市場動向 ・プログレッシブキャビティポンプの世界市場規模 ・プログレッシブキャビティポンプの世界市場規模:動力定格(50馬力以下、51~150馬力、150馬力超) ・プログレッシブキャビティポンプの世界市場規模:最終用途別(石油・ガス、上下水道管理、食品・飲料、化学・石油化学、その他) ・プログレッシブキャビティポンプの世界市場:地域別市場規模・分析 ・プログレッシブキャビティポンプの北米市場規模・予測 ・プログレッシ …
  • オンラインビデオプラットフォームの世界市場:エンドユーザー別(メディア・エンターテイメント、eラーニング、その他)、用途別(ビデオ共有、コマーシャルビデオプラットフォーム、その他)、タイプ別(ビデオアナリティクス、ビデオホスティング、ビデオコンテンツ管理、モバイルビデオ、ライブストリーミング、その他)、地域別予測
    本資料は、オンラインビデオプラットフォームの世界市場について調べ、オンラインビデオプラットフォームの世界規模、市場動向、市場環境、エンドユーザー別(メディア・エンターテイメント、eラーニング、その他)分析、用途別(ビデオ共有、コマーシャルビデオプラットフォーム、その他)分析、タイプ別(ビデオアナリティクス、ビデオホスティング、ビデオコンテンツ管理、モバイルビデオ、ライブストリーミング、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・オンラインビデオプラットフォームの世界市場概要 ・オンラインビデオプラットフォームの世界市場環境 ・オンラインビデオプラットフォームの世界市場動向 ・オンラインビデオプラットフォームの世界市場規模 ・オンラインビデオプラットフォームの世界市場規模:エンドユーザー別(メディア・エンターテイメント、eラーニング、その他) ・オンラインビデオプラットフォームの世界市場規模:用途別(ビデオ共有、コマーシャルビデオプラットフォ …
  • 移植診断の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、移植診断の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、移植診断の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、医療費償還シナリオ、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のやし油市場2016
    本調査レポートでは、世界のやし油市場2016について調査・分析し、やし油の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 肝性浮腫(Hepatic Edema):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、肝性浮腫(Hepatic Edema)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・肝性浮腫(Hepatic Edema):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・肝性浮腫(Hepatic Edema)のフェーズ3治験薬の状況 ・肝性浮腫(Hepatic Edema)治療薬の市場規模(販売予測) ・肝性浮腫(Hepatic Edema)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・肝性浮腫(Hepatic Edema)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の肝性浮腫(Hepatic Edema)治療薬剤
  • ディープ・パケット・インスペクション(DPI)及びプロセッシングの世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、ディープ・パケット・インスペクション(DPI)及びプロセッシングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、用途別分析、サービス別分析、産業別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 圧電性スマート材料の世界市場:圧電性高分子、圧電性複合材
    当調査レポートでは、圧電性スマート材料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、圧電性スマート材料の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ワークフロー管理システムの世界市場予測(~2021):構成要素別(ソフトウェア、サービス)、ソフトウェア別、サービス別、導入種類別、産業別、地域別
    当調査レポートでは、ワークフロー管理システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、構成要素別分析、ソフトウェア別分析、サービス別分析、導入種類別分析、ワークフロー管理システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 腎透析装置の世界市場分析・予測
    当調査レポートでは、腎透析装置の世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・イントロダクション ・腎透析装置産業概観 ・アンメットニーズ分析 ・腎透析装置の市場機会分析 ・市場の成長要因および阻害要因 ・競争分析 ・腎透析装置の製品パイプライン分析 ・腎透析装置の治験動向 ・主要企業分析 ・腎透析装置の世界市場規模予測 ・腎透析装置の地域別市場規模予測
  • 医療用カメラの世界市場予測(~2021年):内視鏡カメラ、手術用顕微鏡カメラ、皮膚科用カメラ、眼科用カメラ、歯科用カメラ
    当調査レポートでは、医療用カメラの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、カメラ種類別分析、センサ別分析、需要先別分析、地域別分析、医療用カメラの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • タブレットの世界市場ー産業および機会分析ー2016-2026
  • 細胞分析の世界市場:プロセス別(単一細胞分析、細胞増殖、細胞計測・品質管理、細胞相互作用)、製品別(装置、消耗品)、エンドユーザー別(医薬品、病院、CRO、バイオテクノロジ)、地域別予測
    本資料は、細胞分析の世界市場について調べ、細胞分析の世界規模、市場動向、市場環境、プロセス別(単一細胞分析、細胞増殖、細胞計測・品質管理、細胞相互作用)分析、製品別(装置、消耗品)分析、エンドユーザー別(医薬品、病院、CRO、バイオテクノロジ)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはAgilent Technologies, Inc.、Becton, Dickinson and Company、Danaher Corporation、GE Healthcare、Merck KGAA、Olympus Corporation、PerkinElmer, Inc.、Promega Corporation、Tecan Group Ltd.、Thermo Fisher Scientific, Inc.などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・細胞分析の世界市場概要 ・細胞分析の世界市場環境 ・細胞分析の世界市場動向 ・細胞分析の世界市場規模 ・細胞分析の世界市場規 …
  • 発酵成分の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、発酵成分の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、発酵成分市場規模、種類別(有機酸、工業用酵素、アルコール、ポリマー(多糖類/キサンタン)、アミノ酸、抗生物質、ビタミン、その他)分析、流通経路別(オンラインストア、スーパーマーケット/ハイパーマーケット、その他)分析、用途別(紙、動物用飼料、医薬品、パーソナルケア、飲食料品、バイオ燃料、繊維・革、ワイン・スピリッツ、農業、、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 発酵成分の世界市場:市場動向分析 ・ 発酵成分の世界市場:競争要因分析 ・ 発酵成分の世界市場:種類別(有機酸、工業用酵素、アルコール、ポリマー(多糖類/キサンタン)、アミノ酸、抗生物質、ビタミン、その他) ・ 発酵成分の世界市場:流通経路別(オンラインストア、スーパーマーケット/ハイパーマーケット、その他) ・ 発酵成分の世界市場:用途別(紙、動物用飼料、医薬品、パーソナルケア、飲食料品、バイオ燃料、繊 …
  • 梱包用バイオ接着剤の世界市場2017-2021:植物性、動物性
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、梱包用バイオ接着剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、梱包用バイオ接着剤の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は梱包用バイオ接着剤の世界市場が2017-2021年期間中に年平均13.67%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はDanimer Scientific、H.B. Fuller、Henkel、Ingredion、The Dow Chemical Company等です。
  • 世界のスチレン市場2015
    本調査レポートでは、世界のスチレン市場2015について調査・分析し、スチレンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の創傷閉鎖ストリップ市場:製品別、地域別
    本調査レポートは創傷閉鎖ストリップの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、製品別(弾性創傷閉鎖ストリップ、強化創傷閉鎖ストリップ、その他の創傷閉鎖ストリップ)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・創傷閉鎖ストリップの世界市場:製品別(弾性創傷閉鎖ストリップ、強化創傷閉鎖ストリップ、その他の創傷閉鎖ストリップ) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 生検装置の世界市場:企業動向
  • 臭素の世界市場:有機臭素、臭化水素酸、清澄塩水
    当調査レポートでは、臭素の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、誘導体別分析、用途別分析、地域別分析、臭素の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • チャットボットの世界市場予測(~2024年)
    MarketsandMarkets社は、チャットボットの世界市場規模が2019年26億ドルから2024年94億ドルまで年平均29.7%成長すると予測しています。当調査レポートでは、チャットボットの世界市場について調査・分析し、市場概要&業界動向、コンポーネント別(ソリューション、サービス)分析、技術別(機械学習&深層学習、自然言語処理、自動音声認識)分析、展開モデル別(オンプレミス、クラウド)分析、使用法別(ウェブサイト、コンタクトセンター、ソーシャルメディア、モバイルプラットフォーム)分析、組織規模別(大企業、中小企業)分析、用途別(カスタマーサポート、パーソナルアシスタント、ブランディング&広告、顧客エンゲージメント&リテンション、データプライバシー&コンプライアンス、オンボード&従業員エンゲージメント、その他)分析、業種別(BFSI、小売&eコマース、ヘルスケア、旅行&ホスピタリティ、メディア&エンターテイメント、通信、その他)分析、地域別(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋など)分析、競合環境、企業概要、付録などを含め次の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・調査手法 ・ …
  • リアアクスルの世界市場
    当調査レポートでは、リアアクスルの世界市場について調査・分析し、リアアクスルの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 世界の圧縮骨ねじ市場2016
    本調査レポートでは、世界の圧縮骨ねじ市場2016について調査・分析し、圧縮骨ねじの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 漂白剤の世界市場予測(~2023年):アゾジカルボンアミド、過酸化水素、アスコルビン酸、過酸化アセトン、二酸化塩素
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、漂白剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類(アゾジカルボンアミド、過酸化水素、アスコルビン酸、過酸化アセトン、二酸化塩素)別分析、形状(粉末、液体)別分析、用途別分析、地域別分析、漂白剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 欧州のEラーニング市場2016-2020
    当調査レポートでは、欧州のEラーニング市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、欧州のEラーニング市場規模及び予測、需要先別分析、構成要素別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用エアサスペンションの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車用エアサスペンションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用エアサスペンションの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 光アイソレーターの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、光アイソレーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、光アイソレーターの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 無人地上センサー(UGS)の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、無人地上センサー(UGS)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、無人地上センサー(UGS)市場規模、展開方法別(手置き型、空中投下型)分析、センサー種類別(赤外線、地震、磁気、音響)分析、エンドユーザー別(重要インフラ、セキュリティ)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 無人地上センサー(UGS)の世界市場:市場動向分析 ・ 無人地上センサー(UGS)の世界市場:競争要因分析 ・ 無人地上センサー(UGS)の世界市場:展開方法別(手置き型、空中投下型) ・ 無人地上センサー(UGS)の世界市場:センサー種類別(赤外線、地震、磁気、音響) ・ 無人地上センサー(UGS)の世界市場:エンドユーザー別(重要インフラ、セキュリティ) ・ 無人地上センサー(UGS)の世界市場:主要地域別分析 ・ 無人地上センサー(UGS)の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 無人地上センサー(UGS)のヨーロッパ市場規模 ・ 無人地上センサ …
  • ディジタイザーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ディジタイザーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ディジタイザーの世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のマイニングトラック市場2015
    本調査レポートでは、世界のマイニングトラック市場2015について調査・分析し、マイニングトラックの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • MRIシステムの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、MRIシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、MRIシステムの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 乾癬性関節炎治療の世界市場:医薬品予測・市場分析(~2025)
  • 収益サイクル管理(RCM)の世界市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、収益サイクル管理(RCM)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、製品種類別分析、構成要素別分析、導入形態別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ベビー口腔ケア製品の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ベビー口腔ケア製品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ベビー口腔ケア製品の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • オーストラリアの脊椎手術市場動向(~2021)
  • B型インフルエンザウイルス感染症(Influenza B Infections):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるB型インフルエンザウイルス感染症(Influenza B Infections)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、B型インフルエンザウイルス感染症(Influenza B Infections)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・B型インフルエンザウイルス感染症(Influenza B Infections)の概要 ・B型インフルエンザウイルス感染症(Influenza B Infections)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のB型インフルエンザウイルス感染症(Influenza B Infections)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤 …
  • 工作機械の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、工作機械の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、工作機械市場規模、最終用途別(自動車、産業機械、精密工学、輸送、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・工作機械の世界市場概要 ・工作機械の世界市場環境 ・工作機械の世界市場動向 ・工作機械の世界市場規模 ・工作機械の世界市場:業界構造分析 ・工作機械の世界市場:最終用途別(自動車、産業機械、精密工学、輸送、その他) ・工作機械の世界市場:地域別市場規模・分析 ・工作機械のアメリカ市場規模・予測 ・工作機械のヨーロッパ市場規模・予測 ・工作機械のアジア市場規模・予測 ・工作機械の主要国分析 ・工作機械の世界市場:意思決定フレームワーク ・工作機械の世界市場:成長要因、課題 ・工作機械の世界市場:競争環境 ・工作機械の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 冷凍加工食品の世界市場
    当調査レポートでは、冷凍加工食品の世界市場について調査・分析し、冷凍加工食品の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • アメリカンフットボールグローブの世界市場予測2019-2024
    「アメリカンフットボールグローブの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、ハーフフィンガー、フルフィンガー など、用途別には、Team Sport、Ball Gameなどに区分してまとめた調査レポートです。アメリカンフットボールグローブのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・アメリカンフットボールグローブの世界市場概要(サマリー) ・アメリカンフットボールグローブの企業別販売量・売上 ・アメリカンフットボールグローブの企業別市場シェア ・アメリカンフットボールグローブの世界市場規模:種類別(ハーフフィンガー、フルフィンガー ) ・アメリカンフットボールグローブの世界市場規模:用途別(Team Sport、Ball Game) ・アメリカンフットボールグローブの米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・アメリカンフットボールグローブのアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・アメリカンフットボ …
  • 粒子線治療の世界市場予測(~2023年)
    粒子線治療の世界市場は、2018年の8億6500万米ドルから2023年には13億4900万米ドルに達し、9.3%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、粒子線治療が光子療法よりも優れていること、世界中でがんの罹患率が拡大していること、臨床試験において粒子線治療の採用が増加していること、世界中で粒子線治療センターが増加していることなどが考えれられます。当調査レポートでは、粒子線治療の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、タイプ(重粒子イオン、陽子線治療)分析、製品(サイクロトロン、シンクロトロン、シンクロサイクロトロン)分析、サービス分析、システム(シングルルーム、マルチルーム)分析、粒子線治療の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動液体処理(ALH)技術の世界市場:製品別(ワークステーション、試薬、消耗品)、用途別、エンドユーザー別、セグメント予測
    自動液体処理技術の世界市場は2025年には20億7,000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率9.4%で成長すると予測されています。医薬品・バイオテクノロジー企業の研究開発施設の大幅な再構築を実現して、自動液体処理技術はウェットラボの研究工程に変革をもたらしました。従来のウェットラボベンチ作業領域に置き換わるように液体処理ロボットが急速に採用されることで、この市場の成長はさらに進むと考えられています。本調査レポートでは、自動液体処理(ALH)技術の世界市場について調査・分析し、自動液体処理(ALH)技術の世界市場動向、自動液体処理(ALH)技術の世界市場規模、市場予測、セグメント別自動液体処理(ALH)技術市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 手動モータースタータの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、手動モータースタータの世界市場について調査・分析し、手動モータースタータの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別手動モータースタータシェア、市場規模推移、市場規模予測、手動モータースタータ種類別分析(DC型、AC型)、手動モータースタータ用途別分析(石油・ガス、水・排水処理、工業生産、鉱業、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・手動モータースタータの市場概観 ・手動モータースタータのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・手動モータースタータのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・手動モータースタータの世界市場規模 ・手動モータースタータの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・手動モータースタータのアメリカ市場規模推移 ・手動モータースタータのカナダ市場規模推移 ・手動モータースタータのメキシコ市場規模推移 ・手動モータースタータのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・手動モータースタータのドイツ市場規模推移 ・手 …
  • 脂質栄養の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、脂質栄養の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、脂質栄養市場規模、製品別(脂肪酸、トリグリセリド)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・脂質栄養の世界市場概要 ・脂質栄養の世界市場環境 ・脂質栄養の世界市場動向 ・脂質栄養の世界市場規模 ・脂質栄養の世界市場:業界構造分析 ・脂質栄養の世界市場:製品別(脂肪酸、トリグリセリド) ・脂質栄養の世界市場:地域別市場規模・分析 ・脂質栄養のアメリカ市場規模・予測 ・脂質栄養のヨーロッパ市場規模・予測 ・脂質栄養のアジア市場規模・予測 ・脂質栄養の主要国分析 ・脂質栄養の世界市場:意思決定フレームワーク ・脂質栄養の世界市場:成長要因、課題 ・脂質栄養の世界市場:競争環境 ・脂質栄養の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 実験室オートメーションの世界市場予測
    当調査レポートでは、実験室オートメーションの世界市場について調査・分析し、実験室オートメーションの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・実験室オートメーションの世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・実験室オートメーションの世界市場:セグメント別市場分析 ・実験室オートメーションの世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"