"コールドプラズマの世界市場予測:産業別、用途別、レジーム別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MD5001)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"コールドプラズマの世界市場予測:産業別、用途別、レジーム別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The global cold plasma market is projected to grow at a CAGR of 15.6%The global cold plasma market size is expected to reach USD 3.1 billion by 2024 from USD 1.5 billion in 2019, at a CAGR of 15.6% during the forecast period. The growth in this market is primarily attributed to the benefits of cold plasma, such as its environment-friendliness, innovations in textile production, growing food safety concerns, innovations in cold plasma technology, and the increasing use of cold plasma in meat and poultry packaging decontamination.

By polymer & plastic industry, the surface treatment segment accounted for the largest market share of the market
Within the polymer & plastic industry, the cold plasma market has been segmented into surface treatment, printability, adhesion, and other applications. The surface treatment segment accounted for the largest share of the cold plasma industry in 2019. Advantages of cold plasma treatment, such as enabling surfaces to be contamination-free from dirt, grease, oils, and fluorine, which allows for better wetting, initial adhesion, and long-term stability drive the growth of this segment.

Atmospheric cold plasma for the polymer & plastic industry is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period
Based on the regime for the polymer & plastic industry, the cold plasma market has been segmented into atmospheric cold plasma and low-pressure cold plasma. The atmospheric cold plasma segment is expected to witness the highest CAGR owing to the profitable, fast, and environment-friendly option.

APAC is projected to witness the highest growth during the forecast period.
Europe is expected to account for the largest share of the global cold plasma market in 2019. On the other hand, the APAC region is expected to witness the highest CAGR during the forecast period due to rising manufacturing activities in Asian countries (particularly electronics, textiles, and polymers) and the increasing demand for decontaminated frozen food.

The breakdown of primary participants was as mentioned below:
• By Company Type: Tier 1–35%, Tier 2–40%, and Tier 3–25%
• By Designation: C-level–35%, Director Level–25%, and Others–40%
• By Region: North America–35%, Europe–30%, Asia Pacific–15%, Latin America–10%, Middle East & Africa – 10%
Research Coverage:
The report analyzes the various cold plasma products and their adoption patterns in different industries such as textile, electronics & semiconductors, polymer & plastic, food & agriculture, and medical. It aims at estimating the market size and future growth potential of the global cold plasma market for different segments such as industries, and their applications, regime, and regions. The report also includes an in-depth competitive analysis of the key players in this market, along with their company profiles, product offerings, and recent developments.

Reasons to Buy the Report
The report will enrich established firms as well as new entrants/smaller firms to gauge the pulse of the market, which, in turn, would help them garner a greater share. Firms purchasing the report could use one or any combination of the below-mentioned five strategies for strengthening the market.

This report provides insights on the following pointers:
• Market Penetration: Comprehensive information on the product portfolios offered by the top players in the global cold plasma market
• Product Development/Innovation: Detailed insights on the upcoming trends, R&D activities, and product launches in the global cold plasma market
• Market Development: Comprehensive information on the lucrative emerging regions by industry, regime, and region
• Market Diversification: Exhaustive information about new products, growing geographies, and recent developments in the global cold plasma market
• Competitive Assessment: In-depth assessment of market shares, growth strategies, and products of leading players in the global cold plasma market


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"コールドプラズマの世界市場予測:産業別、用途別、レジーム別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 21)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 24)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Breakdown of Primary Sources
2.2 Market Size Estimation
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Market Share Estimation
2.5 Assumptions for the Study
3 Executive Summary (Page No. – 31)
4 Premium Insights (Page No. – 36)
4.1 Cold Plasma Market Overview
4.2 Europe: Market for the Textile Industry, By Application
4.3 Market: Geographic Growth Opportunities
4.4 Market, By Region (2017–2024)
5 Market Overview (Page No. – 40)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Benefits of Cold Plasma Technology
5.2.1.2 Food Safety Concerns
5.2.1.3 Innovations in Textile Production
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 High Capital Investment
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Growing Application of Cold Plasma in the Medical Industry
5.2.3.2 Developing Nations
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Limited Commercialization of Cold Plasma
6 Cold Plasma Market, By Industry (Page No. – 44)
6.1 Introduction
6.2 Textile Industry
6.2.1 Finishing
6.2.1.1 Finishing is the Largest Application of Cold Plasma in the Textile Industry
6.2.2 Dyeing/Printing
6.2.2.1 Cold Plasma is an Effective Alternative Method for Wet Processing in an Environment-Friendly Manner
6.2.3 Sterilization
6.2.3.1 Cold Plasma Provides Significant Advantages in Sterilization Processes
6.2.4 Other Textile Applications
6.3 Polymer & Plastic Industry
6.3.1 Surface Treatment
6.3.1.1 Surface Treatment to Dominate the Polymer & Plastic Industry
6.3.2 Printing
6.3.2.1 Cold Plasma Surface Treatment Changes the Chemical Composition of Surfaces for Promoting Printing and Coating Adhesion
6.3.3 Adhesion
6.3.3.1 Cold Plasma Helps Improve the Adhesion Properties of Polymer Surfaces and Allows Bonding With Adhesives
6.3.4 Other Polymer & Plastic Applications
6.4 Electronics & Semiconductors Industry
6.4.1 Coating
6.4.1.1 Electronics and Semiconductors are Plasma-Coated Mainly to Improve Their Performance, Safety, and Longevity
6.4.2 Etching
6.4.2.1 Plasma Etching Finds Significant Use in the Semiconductor Industry for Printing Integrated Circuit Boards
6.4.3 Thin-Film Deposition
6.4.3.1 Thin-Film Processing of Cold Plasma Allows Its Easy Integration Into Various Types of Electronic Devices
6.5 Food & Agriculture Industry
6.5.1 Packaging Decontamination
6.5.1.1 Packaging Decontamination is the Largest Application of Cold Plasma in the Food & Agriculture Industry
6.5.2 Food Surface Decontamination
6.5.2.1 Growing Demand for Fresh Foods and Vegetables is A Major Factor Driving the Growth of This Market Segment
6.5.3 Wastewater Treatment
6.5.3.1 Cold Plasma Helps Remove and Inactivate Chemical and Microbial Contaminants During Water Treatment
6.5.4 Seed Germination
6.5.4.1 Cold Plasma Increases the Physiological Level of Seeds and Leads to Increased Yield
6.6 Medical Industry
6.6.1 Wound Healing
6.6.1.1 Wound Healing is the Major Application of Cold Plasma in the Medical Industry
6.6.2 Blood Coagulation
6.6.2.1 Cold Plasma Helps Accelerate Blood Coagulation Without Causing Tissue Damage
6.6.3 Dentistry
6.6.3.1 Dental Applications of Cold Plasma Include Sterilization, Elimination of Biofilms, and Root Canal Disinfection
6.6.4 Cancer Treatment
6.6.4.1 Cold Atmospheric Plasma Selectively Kills Cancer Cells By Both in Vitro & in Vivo Methods
6.6.5 Other Medical Applications
6.7 Other Industries
7 Cold Plasma Market, By Regime (Page No. – 80)
7.1 Introduction
7.2 Atmospheric Cold Plasma
7.2.1 Cost-Effectiveness has Ensured the High Adoption of Acp
7.3 Low-Pressure Cold Plasma
7.3.1 Bactericidal Activity and Minimal Surface Ablation Advantages Have Driven the Use of Low-Pressure Cold Plasma
8 Cold Plasma Market, By Region (Page No. – 84)
8.1 Introduction
8.2 Europe
8.2.1 Germany
8.2.1.1 Germany Holds the Largest Share of the Market in Europe
8.2.2 France
8.2.2.1 Growth in the Textile Industry is A Key Driver for the Market in France
8.2.3 UK
8.2.3.1 Rising Funding for R&D and Favorable Investment Scenario Will Support Market Growth in the UK
8.2.4 Rest of Europe
8.3 North America
8.3.1 US
8.3.1.1 US Dominates the North American Market
8.3.2 Canada
8.3.2.1 Rising Support for R&D to Drive Market Growth in Canada
8.4 Asia Pacific
8.4.1 Japan
8.4.1.1 Rising Cancer Incidence and Growing Geriatric Population are Driving the Growth of the Japanese Market
8.4.2 China
8.4.2.1 China is Expected to Register the Highest Growth in the Global Market
8.4.3 Rest of Asia Pacific
8.5 Latin America
8.5.1 Growth in the Textiles Sector and Rising Diabetes Incidence Will Drive the Latin American Market
8.6 Middle East & Africa
8.6.1 High Growth in the Industrial Sector Will Support Market Growth in the Mea
9 Competitive Landscape (Page No. – 156)
9.1 Overview
9.2 Growth Strategy Matrix (2016–2019)
9.3 Market Ranking: Market
9.3.1 Competitive Leadership Mapping
9.3.2 Visionary Leaders
9.3.3 Innovators
9.3.4 Dynamic Differentiators
9.3.5 Emerging Companies
9.4 Competitive Situation and Trends
9.4.1 Product Launches
9.4.2 Product Enhancements
9.4.3 Partnerships
9.4.4 Expansions
10 Company Profiles (Page No. – 163)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, MnM View)*
10.1 Nordson Corporation
10.2 Adtec Plasma Technology Co., Ltd.
10.3 Plasmatreat GmbH
10.4 Apyx Medical Corporation
10.5 P2i Limited
10.6 Relyon Plasma GmbH
10.7 Henniker Plasma
10.8 Enercon Industries Corporation
10.9 AcXys Plasma Technologies
10.10 Tantec A/S
10.11 Europlasma Nv
10.12 Thierry Corporation
10.13 Surfx Technologies, LLC
10.14 SOFTAL Corona & Plasma GmbH
10.15 Coating Plasma Innovation
10.16 Ferrarini & Benelli Srl
10.17 Neoplas GmbH
10.18 Terraplasma GmbH
10.19 Molecular Plasma Group
10.20 CINOGY Technologies GmbH
*Business Overview, Products Offered, Recent Developments, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
11 Appendix (Page No. – 191)
11.1 Insights of Industry Experts
11.2 Discussion Guide
11.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
11.4 Available Customizations
11.5 Related Reports
11.6 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】コールドプラズマの世界市場予測:産業別、用途別、レジーム別
【発行日】2019年10月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MD5001
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】医療機器
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
コールドプラズマの世界市場予測:産業別、用途別、レジーム別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 軟体動物駆除剤の世界市場:メタルアルデヒド、メチオカルブ、リン酸鉄
    当調査レポートでは、軟体動物駆除剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、ソース別分析、種類別分析、使用方式別分析、用途別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 頭頚部がん(Head And Neck Cancer):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、頭頚部がん(Head And Neck Cancer)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・頭頚部がん(Head And Neck Cancer):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・頭頚部がん(Head And Neck Cancer)のフェーズ3治験薬の状況 ・頭頚部がん(Head And Neck Cancer)治療薬の市場規模(販売予測) ・頭頚部がん(Head And Neck Cancer)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・頭頚部がん(Head And Neck Cancer)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の頭頚部がん(Head And Neck Cancer)治療薬剤
  • データセンター冷却ソリューションの世界市場:エアコン、チラー、クーリングタワー、エコノマイザー
    当調査レポートでは、データセンター冷却ソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、データセンター冷却ソリューションの世界市場規模及び予測、冷却装置別分析、冷却方式別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 安全針の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、安全針の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、安全針の世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • 世界の経皮的血管形成術(PTA)経皮的薬剤溶出性バルーン(DEB)市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、経皮的血管形成術(PTA)経皮的薬剤溶出性バルーン(DEB)のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・経皮的血管形成術(PTA)経皮的薬剤溶出性バルーン(DEB)の概要 ・経皮的血管形成術(PTA)経皮的薬剤溶出性バルーン(DEB)の開発動向:開発段階別分析 ・経皮的血管形成術(PTA)経皮的薬剤溶出性バルーン(DEB)の開発動向:セグメント別分析 ・経皮的血管形成術(PTA)経皮的薬剤溶出性バルーン(DEB)の開発動向:領域別分析 ・経皮的血管形成術(PTA)経皮的薬剤溶出性バルーン(DEB)の開発動向:規制Path別分析 ・経皮的血管形成術(PTA)経皮的薬剤溶出性バルーン(DEB)の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別経皮的血管形成術(PTA)経皮的薬剤溶出性バルーン(DEB)の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・経皮的血管形成術(PTA)経皮的薬剤溶出性バルーン(DEB)の最近動向
  • 湿気硬化型接着剤の世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、湿気硬化型接着剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、化学成分別分析、用途別分析、地域別分析、湿気硬化型接着剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 椎弓根スクリューシステムの世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、椎弓根スクリューシステムの世界市場規模が2017年5029.3億ドルから2026年9324.2億ドルまで年平均7.1%成長すると予測しています。当調査レポートでは、椎弓根スクリューシステムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、椎弓根スクリューシステム市場規模、種類別(二重芯椎弓根スクリュー、円筒形椎弓根スクリュー、円錐椎弓根スクリュー)分析、製品別(多軸椎弓根スクリューシステム、単軸椎弓根スクリューシステム、その他のペディクルスクリューシステム)分析、手術別(開腹手術、低侵襲手術)分析、疾患別(脊髄外傷、脊髄変性、脊柱変形)分析、用途別(胸腰椎固定術、脊椎すべり症、脊髄腫瘍、脊椎頸部固定術、脊柱側弯症)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 椎弓根スクリューシステムの世界市場:市場動向分析 ・ 椎弓根スクリューシステムの世界市場:競争要因分析 ・ 椎弓根スクリューシステムの世界市場:種類別(二重芯椎弓 …
  • 廃炉の世界市場:PWR原子炉、BWR原子炉、PHWR原子炉、LWGR原子炉、GCR原子炉
    当調査レポートでは、廃炉の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、廃炉の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 医療用契約管理ソフトウェアの世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、医療用契約管理ソフトウェアの世界市場規模が2017年5287.0億ドルから2026年2兆6273.7億ドルまで年平均19.5 %成長すると予測しています。当調査レポートでは、医療用契約管理ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、医療用契約管理ソフトウェア市場規模、サービス別(実装・統合サービス、トレーニング・教育サービス、サポート&メンテナンスサービス)分析、製品別(ソフトウェア)分析、エンドユーザー別(医療機器メーカー・製薬会社・バイオテクノロジー会社、研究機関、医療提供者、ヘルスケア支払者)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 医療用契約管理ソフトウェアの世界市場:市場動向分析 ・ 医療用契約管理ソフトウェアの世界市場:競争要因分析 ・ 医療用契約管理ソフトウェアの世界市場:サービス別(実装・統合サービス、トレーニング・教育サービス、サポート&メンテナンスサービス) ・ 医療用契約管理 …
  • 薬物乱用検査の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、薬物乱用検査の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、薬物乱用検査市場規模、製品別(分析装置、免疫分析装置、クロマトグラフ装置、酒気検知器、即時検査装置、尿検査装置、口腔液検査装置、消耗品、液貯留装置、その他)分析、サンプル別(唾液、呼気、尿、血液、毛髪・汗)分析、検査種類別(職場スクリーニング、疼痛管理検査、刑事司法用検査、医療スクリーニング)分析、エンドユーザー別(臨床検査室、法医学研究所、病院、現場検査)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 薬物乱用検査の世界市場:市場動向分析 ・ 薬物乱用検査の世界市場:競争要因分析 ・ 薬物乱用検査の世界市場:製品別(分析装置、免疫分析装置、クロマトグラフ装置、酒気検知器、即時検査装置、尿検査装置、口腔液検査装置、消耗品、液貯留装置、その他) ・ 薬物乱用検査の世界市場:サンプル別(唾液、呼気、尿、血液、毛髪・汗) ・ 薬物乱用検査の世界市場:検査種類別(職場スクリーニング、 …
  • 薄壁パッケージングの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、薄壁パッケージングの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、薄壁パッケージング市場規模、製品別(カップ、ジャー、タブ、ポット、クラムシェル、その他)分析、材料別(ポリスチレン(PS)、ポリエチレン(PE)、ポリエチレン・テレフタレート(PET)、ポリ塩化ビニル(PVC)、ポリプロピレン(PP))分析、製造工程別(熱成形、射出成型)分析、用途別(飲料、食品、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 薄壁パッケージングの世界市場:市場動向分析 ・ 薄壁パッケージングの世界市場:競争要因分析 ・ 薄壁パッケージングの世界市場:製品別(カップ、ジャー、タブ、ポット、クラムシェル、その他) ・ 薄壁パッケージングの世界市場:材料別(ポリスチレン(PS)、ポリエチレン(PE)、ポリエチレン・テレフタレート(PET)、ポリ塩化ビニル(PVC)、ポリプロピレン(PP)) ・ 薄壁パッケージングの世界市場:製造工程別(熱成形、射出成 …
  • オートバイ用トランスミッションコントロールユニットの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、オートバイ用トランスミッションコントロールユニットの世界市場について調べ、オートバイ用トランスミッションコントロールユニットの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、オートバイ用トランスミッションコントロールユニットの市場規模をセグメンテーション別(用途別(シングルクラッチトランスミッション、デュアルクラッチトランスミッション)、)と地域別(アジア太平洋、EMEA、米州)に分けて算出しました。Technavio社はオートバイ用トランスミッションコントロールユニットの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均29%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・オートバイ用トランスミッションコントロールユニットの市場状況 ・オートバイ用トランスミッションコントロールユニットの市場規模 ・オートバイ用トランスミッションコントロールユニットの市場予測 ・オートバイ用トランスミッションコントロールユニットの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(シングル …
  • サングラスの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、サングラスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、サングラスの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はサングラスの世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.20%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、LUXOTTICA GROUP、Safilo Group、Essilor、LVMH、MAUI JIM等です。
  • オーガニック乳製食品及び飲料の世界市場:有機牛乳、有機ヨーグルト、有機チーズ、その他の有機乳製品
    当調査レポートでは、オーガニック乳製食品及び飲料の世界市場について調査・分析し、市場概要、種類別(オーガニックミルク、オーガニックヨーグルト、オーガニックチーズ、およびその他のオーガニックデイリーフードアンドドリンク)分析、地域別分析、競争状況、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・オーガニック乳製食品及び飲料の世界市場:種類別(オーガニックミルク、オーガニックヨーグルト、オーガニックチーズ、およびその他のオーガニックデイリーフードアンドドリンク) ・オーガニック乳製食品及び飲料の世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業動向
  • 電位依存性カルシウムチャンネルアルファ-2/デルタ遮断剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における電位依存性カルシウムチャンネルアルファ-2/デルタ遮断剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・電位依存性カルシウムチャンネルアルファ-2/デルタ遮断剤の概要 ・電位依存性カルシウムチャンネルアルファ-2/デルタ遮断剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の電位依存性カルシウムチャンネルアルファ-2/デルタ遮断剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・電位依存性カルシウムチャンネルアルファ-2/デルタ遮断剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・電位依存性カルシウムチャンネルアルファ-2/デルタ遮断剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 香味料と香料の世界市場分析:製品別(ナチュラル、アロマ)、用途別(香味料、香料)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、アフリカ、中南米)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、香味料と香料の世界市場について調査・分析し、香味料と香料の世界市場動向、香味料と香料の世界市場規模、市場予測、セグメント別香味料と香料市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の鉄道産業における発電機市場2016-2020
    当調査レポートでは、世界の鉄道産業における発電機市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、世界の鉄道産業における発電機市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • カザフスタンのプラスチック製包装製品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 超音波金属溶接機の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、超音波金属溶接機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、超音波金属溶接機の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国の信号機市場2015
    本調査レポートでは、中国の信号機市場2015について調査・分析し、信号機の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 航空機シート作動システムの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、航空機シート作動システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、航空機シート作動システムの世界市場規模及び予測、製品別分析、航空機種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ケモインフォマティックスの世界市場分析:製品別(全血算定、HGB / HCT検査、基本代謝パネル、BUNクレアチニン検査、電解質検査、HbA1c検査、包括的代謝パネル、肝臓パネル、腎パネル、脂質パネル)、セグメント予測、-2020
    本調査レポートでは、ケモインフォマティックスの世界市場について調査・分析し、ケモインフォマティックスの世界市場動向、ケモインフォマティックスの世界市場規模、市場予測、セグメント別ケモインフォマティックス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の魚類タンパク質市場2015
    本調査レポートでは、世界の魚類タンパク質市場2015について調査・分析し、魚類タンパク質の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ワイヤレスギガビット(WiGig)の世界市場:ディスプレイ機器、ネットワークインフラ機器
    当調査レポートでは、ワイヤレスギガビット(WiGig)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、製品別分析、技術別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 遠隔点火装置の世界市場予測(~2022年):点火装置、起爆装置
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、遠隔点火装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、点火機器別分析、用途別分析、地域別分析、遠隔点火装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ロシアの脊椎手術処置動向(~2021)
  • 巻線の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、巻線の世界市場について調べ、巻線の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、巻線の市場規模をセグメンテーション別(製品別(銅、アルミニウム)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社は巻線の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均5%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・巻線の市場状況 ・巻線の市場規模 ・巻線の市場予測 ・巻線の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(銅、アルミニウム) ・巻線の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • ハンドセット用パワーアンプの世界市場
    当調査レポートでは、ハンドセット用パワーアンプの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ハンドセット用パワーアンプの世界市場規模及び予測、技術別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 旅行サービスのインド市場2017-2021
    当調査レポートでは、旅行サービスのインド市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、旅行サービスのインド市場規模及び予測、サービス別分析、方式別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の水検査市場:TOC、PH、伝導率、溶存酸素、濁り
  • 洋上風力発電の世界市場予測(~2022年):風力タービン、土台、電気インフラ
    当調査レポートでは、洋上風力発電の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、構成品別分析、地域別分析、洋上風力発電の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • サンドボックスの世界市場予測(~2022年):ソリューション、サービス
    当調査レポートでは、サンドボックスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、構成要素別分析、導入形式別分析、企業規模別分析、産業別分析、サンドボックスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のマイクロカー市場2015
    本調査レポートでは、世界のマイクロカー市場2015について調査・分析し、マイクロカーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 電気ヒーターの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、電気ヒーターの世界市場について調査・分析し、電気ヒーターの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別電気ヒーターシェア、市場規模推移、市場規模予測、電気ヒーター種類別分析(投込みヒーター、管状ヒーター、循環ヒーター、バンドヒーター、ストリップヒーター)、電気ヒーター用途別分析(化学・プラスティック産業、製薬産業、運送、電気製品、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・電気ヒーターの市場概観 ・電気ヒーターのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・電気ヒーターのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・電気ヒーターの世界市場規模 ・電気ヒーターの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・電気ヒーターのアメリカ市場規模推移 ・電気ヒーターのカナダ市場規模推移 ・電気ヒーターのメキシコ市場規模推移 ・電気ヒーターのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・電気ヒーターのドイツ市場規模推移 ・電気ヒーターのイギリス市場規模推移 ・電気ヒータ …
  • 食品オートメーションの世界市場予測(~2022年):モータ制御、ディスクリート・コントローラ、視覚化、ロータリー&リニア製品
    当調査レポートでは、食品オートメーションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、種類別分析、機能別分析、用途別分析、地域別分析、食品オートメーションの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の安息香酸ナトリウム市場2016
    本調査レポートでは、世界の安息香酸ナトリウム市場2016について調査・分析し、安息香酸ナトリウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 豆粉の世界市場予測(~2022年):エンドウ、ビーン、ヒヨコマメ、レンズ豆
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、豆粉の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、用途別分析、地域別分析、豆粉の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • EVリチウムイオン電池の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、EVリチウムイオン電池の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、EVリチウムイオン電池市場規模、用途別(BEV、PHEV)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Automotive Energy Supply Corporation, GS Yuasa International, LG Chem, Panasonic, SAMSUNG SDIなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・EVリチウムイオン電池の世界市場概要 ・EVリチウムイオン電池の世界市場環境 ・EVリチウムイオン電池の世界市場動向 ・EVリチウムイオン電池の世界市場規模 ・EVリチウムイオン電池の世界市場:業界構造分析 ・EVリチウムイオン電池の世界市場:用途別(BEV、PHEV) ・EVリチウムイオン電池の世界市場:地域別市場規模・分析 ・EVリチウムイオン電池の北米市場規模・予測 ・EVリチウムイオン電池のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・EV …
  • バイオリアクターの世界市場2017-2027
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、バイオリアクターの世界市場について調査・分析し、バイオリアクターの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・バイオリアクターの世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・バイオリアクターの世界市場:セグメント別市場分析 ・バイオリアクターの世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • アルゼンチンのPVC(ポリ塩化ビニル)市場(~2019)
  • 非小細胞性肺癌治療の世界市場
    当調査レポートでは、非小細胞性肺癌治療の世界市場について調査・分析し、非小細胞性肺癌治療の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • ウイルス性結膜炎(Viral Conjunctivitis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるウイルス性結膜炎(Viral Conjunctivitis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、ウイルス性結膜炎(Viral Conjunctivitis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・ウイルス性結膜炎(Viral Conjunctivitis)の概要 ・ウイルス性結膜炎(Viral Conjunctivitis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のウイルス性結膜炎(Viral Conjunctivitis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ウイルス性結膜炎(Viral Conjunctivitis)治療薬の評価    …
  • 液晶ポリマー(LCP)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、液晶ポリマー(LCP)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、液晶ポリマー(LCP)の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 液晶ポリマー(LCP)は、固晶および液晶相において高度な異方性を示す芳香族熱可塑性プラスチックの分類です。一般的に用いられるLCPは、ポリエチレンテレフタレ—ト(PET)、共ポリエステル、コポリアミドとポリエステルアミドです。Technavio社は液晶ポリマー(LCP)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.98%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Celanese Corporation• Solvay• Sumitomo Chemical• TORAY INDUSTRIES• UENO FINE CHEMICALS INDUSTRY等です。
  • 超音波式吸入器の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、超音波式吸入器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、超音波式吸入器の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • メキシコの心臓人工弁市場(~2021)
  • トラック搭載型コンクリートポンプの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、トラック搭載型コンクリートポンプの世界市場について調査・分析し、トラック搭載型コンクリートポンプの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別トラック搭載型コンクリートポンプシェア、市場規模推移、市場規模予測、トラック搭載型コンクリートポンプ種類別分析()、トラック搭載型コンクリートポンプ用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・トラック搭載型コンクリートポンプの市場概観 ・トラック搭載型コンクリートポンプのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・トラック搭載型コンクリートポンプのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・トラック搭載型コンクリートポンプの世界市場規模 ・トラック搭載型コンクリートポンプの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・トラック搭載型コンクリートポンプのアメリカ市場規模推移 ・トラック搭載型コンクリートポンプのカナダ市場規模推移 ・トラック搭載型コンクリートポンプのメキシコ市場規模推移 ・トラック搭載型コンクリートポンプのヨーロッパ市 …
  • データセンターラック用PDU(電力分配ユニット)の世界市場
    当調査レポートでは、データセンターラック用PDU(電力分配ユニット)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、データセンターラック用PDU(電力分配ユニット)の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 実験室用ガラス製器具およびプラスチック製器具の世界市場:ピペット、フラスコ、容器、ペトリ皿、スライド、ビーカー、ラック、収納箱
    当調査レポートでは、実験室用ガラス製器具およびプラスチック製器具の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、製品種類別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の保護継電器市場2015
    本調査レポートでは、世界の保護継電器市場2015について調査・分析し、保護継電器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のRO膜市場2015
    本調査レポートでは、世界のRO膜市場2015について調査・分析し、RO膜の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"