"産業用クリーニングの世界市場予測:界面活性剤、溶媒、キレート剤"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:CH4134)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"産業用クリーニングの世界市場予測:界面活性剤、溶媒、キレート剤"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Increasing demand from applications is expected to drive the industrial cleaning chemicals marketThe global industrial cleaning chemicals market size is estimated to grow from USD 46.8 billion in 2019 to USD 58.2 billion by 2024, at a CAGR of 4.5%. The industrial cleaning chemicals industry is mainly driven by the increasing demand from various applications, including manufacturing, healthcare, retail & foodservice, and hospitality, among others.

The manufacturing sector requires regular cleaning to keep the workplace hygienic and safe. Also, machinery cleaning is required regularly to prevent it from early wear & tear and to increase its product life. Similarly, in the healthcare sector, cleaning of surgical, aesthetic, and examining equipment, catheters & tubes, and other instruments is required to keep them hygienic. Hospitality and retail are the sectors where there is direct client interaction, and therefore these industries are very focused on ensuring cleanliness. All these factors contribute to the growth of the industrial cleaning chemicals market.

The rising awareness regarding workplace hygiene will be a major driver for the demand for industrial cleaning chemicals in the future. In developed regions, cleaning regulations are very stringent. Moreover, developing economies are focusing more on cleanliness and hygiene through different initiatives; for instance, “Swachh Bharat” by the government in India. Hence, all these factors are expected to drive the industrial cleaning chemicals market between 2019 and 2024.

Healthcare to be the fastest-growing segment of the industrial cleaning chemicals market, in terms of value, between 2019 and 2024.
The healthcare segment is expected to witness the highest growth in terms of value during the forecast period. Increasing health concerns and heavy investment in the healthcare sector in the recent past are the major reasons for the growth of the healthcare sector in developing economies such as India and China.
The US and Canada are the major contributors to global healthcare expenditure. The awareness regarding hygiene and cleanliness is very high in North America. Additionally, the high disposable income of the population in the US and high standard of living are supporting the growth of the industrial cleaning chemicals market in the healthcare application.

Surfactants is estimated to account for the largest share of the overall industrial cleaning chemicals industry, in terms of value, between 2019 and 2024.
Surfactants is the largest ingredient type of industrial cleaning chemicals due to their increasing demand from various applications. The increased awareness regarding hygiene and demand for germ-free, dirt-free, and clean working space is driving the use of surfactants. North America and Europe are mature markets. On the other hand, the market in APAC and the Middle East & Africa is growing because of the rapid industrial growth in these regions.

General cleaners is the largest product type in the overall industrial cleaning chemicals market in terms of value.
The consumption of general cleaners is very high in the market. This is mainly due to its consumption in almost every industry. General cleaners include sub-types such as floor care and carpet care. Cleaning of floor and carpet is very common in every industry, which drives the consumption of general cleaners in the industrial cleaning chemicals market.

Rapid industrialization in APAC to drive the demand for industrial cleaning chemicals.
APAC industrial cleaning chemicals industry is estimated to be the largest during the forecast period. This is mainly due to the well-established manufacturing industry. The major industrial cleaning chemical markets in APAC are China, Japan, India, Australia, and South Korea. China is the major hub for manufacturing activities globally and is also one of the largest producers of automobiles.
In addition, China is the most populous country in the world, which has resulted in the growth of institutional facilities such as hotels, hospitals, and laundry cleaning, which are also among the largest applications of industrial cleaning chemicals. Moreover, countries such as India and South Korea are also witnessing significant growth rates on account of the growing industrial activities in the region
• By Company Type: Tier 1 – 46%, Tier 2 – 31%, and Tier 3 – 23%
• By Designation: C-Level – 46%, Director Level – 27%, and Others – 27%
• By Region: North America – 33%, Europe – 27%, APAC – 27%, South America – 7%, Middle East & Africa – 6%,

The key players profiled in the report include Diversey Inc. (US), Evonik Industries AG (Germany), The Dow Chemical Company (US), BASF SE (Germany), Clariant (Switzerland), Stepan Company (US), Ecolab (US), Solvay (Belgium), Spartan Chemical Company (US), and Croda International Plc. (UK).

Research Coverage
This report segments the market for industrial cleaning chemicals based on ingredient type, product type, application, and region, and provides estimations for the overall market size across various regions. A detailed analysis of key industry players has been conducted to provide insights into their business overviews, products & services, and key strategies associated with the market for industrial cleaning chemicals.

Reasons to Buy this Report
This research report is focused on various levels of analysis — industry analysis (industry trends), market share analysis of top players, and company profiles, which together provide an overall view of the competitive landscape; emerging and high-growth segments of the industrial cleaning chemicals market; high-growth regions; and market drivers, restraints, and opportunities.
The report provides insights into the following pointers:
• Market Penetration: Comprehensive information on industrial cleaning chemicals offered by top players in the global market

• Market Development: Comprehensive information about lucrative emerging markets — the report analyzes the markets for industrial cleaning chemicals across regions

• Market Diversification: Exhaustive information about new products, untapped regions, and recent developments in the global industrial cleaning chemicals market

• Competitive Assessment: In-depth assessment of market shares, strategies, products, and manufacturing capabilities of leading players in the industrial cleaning chemicals market


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"産業用クリーニングの世界市場予測:界面活性剤、溶媒、キレート剤"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 18)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Unit Considered
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 21)
2.1 Base Number Calculation
2.1.1 Supply-Side Approach
2.1.2 Demand-Side Approach
2.2 Forecast Number Calculation
2.3 Market Engineering Process
2.3.1 Bottom-Up Approach
2.3.2 Top-Down Approach
2.4 Assumptions
2.5 Secondary Data
2.6 Primary Data
2.6.1 Breakdown of Primary Interviews
2.6.2 Key Industry Insights
3 Executive Summary (Page No. – 26)
4 Premium Insights (Page No. – 30)
4.1 Significant Opportunities in the Industrial Cleaning Market
4.2 Industrial Cleaning Market Size, By Region
4.3 APAC: Industrial Cleaning Market, By Application and Country
4.4 Industrial Cleaning Market Size, By Ingredient Type
4.5 Industrial Cleaning Market Size, By Product Type
4.6 Industrial Cleaning Market Attractiveness
4.7 Industrial Cleaning Market Size, By Application and Region
5 Market Overview (Page No. – 34)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Increasing Demand From Applications
5.2.1.2 Workplace Hygiene Initiatives
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Government & Environmental Regulations
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Green & Bio-Based Industrial Cleaning
5.3 Porter’s Five Forces Analysis
5.3.1 Threat of New Entrants
5.3.2 Threat of Substitutes
5.3.3 Bargaining Power of Suppliers
5.3.4 Bargaining Power of Buyers
5.3.5 Intensity of Competitive Rivalry
5.4 Industry Outlook
6 Industrial Cleaning Market, By Ingredient Type (Page No. – 41)
6.1 Introduction
6.2 Surfactants
6.2.1 Demand From General Cleaners to Drive the Surfactants Market
6.2.2 Anionic Surfactants
6.2.3 Nonionic Surfactants
6.2.4 Cationic Surfactants
6.2.5 Amphoteric Surfactants
6.3 Solvents
6.3.1 Demand From Metal Cleaning to Drive the Solvents Market
6.4 Chelating Agent
6.4.1 High Performance of Chelating Agents in Hard Water to Drive the Market
6.5 pH Regulators
6.5.1 Demand From Commercial Laundry to Drive the Market
6.6 Solubilizers/Hydrotropes
6.6.1 The Demand From High-Temperature Applications to Drive the Market
6.7 Others
7 Industrial Cleaning Market, By Product Type (Page No. – 53)
7.1 Introduction
7.2 General Cleaners
7.2.1 General Cleaners is the Largest Product Type of Industrial Cleaning
7.2.2 Floor Care
7.2.3 Carpet Care
7.3 Metal Cleaners
7.3.1 Metal Cleaners to Be the Fastest-Growing Product Type of Industrial Cleaning
7.4 Disinfectants
7.4.1 Demand From Healthcare Application Will Drive the Market for Disinfectants
7.5 Commercial Laundry
7.5.1 Demand From Healthcare and Hospitality Will Drive the Market
7.6 Dish Washing
7.6.1 Chelating Agent is the Largest Ingredient in Dish Washing
7.7 Oven & Grill Cleaners
7.7.1 pH Regulator is the Largest Ingredient in Oven & Grill Cleaners
7.8 Food Cleaners
7.8.1 Surfactant is the Largest Ingredient in Food Cleaners
7.9 Dairy Cleaners
7.9.1 pH Regulators is the Largest Ingredient in Dairy Cleaners
8 Industrial Cleaning Market, By Application (Page No. – 61)
8.1 Introduction
8.2 Manufacturing & Commercial Offices
8.2.1 Rising Industrialization in Developing Nations is Driving the Market
8.3 Healthcare
8.3.1 Increased Healthcare Expenditure Will Create Favorable Conditions for Market Growth
8.4 Retail & Food Service
8.4.1 APAC Will Drive the Retail & Food Service Application
8.5 Hospitality
8.5.1 Growing Tourism Sector Will Have A Positive Impact on the Market in Western Europe
8.6 Food Processing
8.6.1 Need for Hygiene Will Drive the Market in the Food Processing Segment
8.7 Automotive & Aerospace
8.7.1 Need for Regular Cleaning Will Propel the Market Growth in the Automotive & Aerospace Segment
8.8 Others
9 Industrial Cleaning Market, By Region (Page No. – 74)
9.1 Introduction
9.2 APAC
9.2.1 China
9.2.1.1 The Country’s High Economic Growth is A Major Driver for the Industrial Cleaning Market
9.2.2 Japan
9.2.2.1 Strong Presence of Automobile Producers in the Country Will Drive the Market
9.2.3 India
9.2.3.1 Rising Domestic Demand Will Drive the Industrial Cleaning Market
9.2.4 South Korea
9.2.5 Australia
9.2.5.1 Developments in Medical Technology and Rising Awareness About Hygiene are Influencing the Market Growth
9.3 North America
9.3.1 US
9.3.1.1 Strong Foothold of Key Players in the Country Acts as A Driver of the Market
9.3.2 Canada
9.3.2.1 Advanced Manufacturing Industry Will Have A Significant Impact on the Market Growth
9.3.3 Mexico
9.3.3.1 Rising Foreign Investment is Likely to Propel the Industrial Cleaning Market Growth
9.4 Western Europe
9.4.1 Germany
9.4.1.1 Expansion of the Manufacturing and Healthcare Industries Will Create Favorable Conditions for the Market Growth
9.4.2 France
9.4.2.1 Growth in Various Industries Will Increase the Demand for Industrial Cleaning
9.4.3 UK
9.4.3.1 Rise in Spending on Healthcare Will Drive the UK Industrial Cleaning Market
9.4.4 Italy
9.4.4.1 Increasing Industrial Activities to Drive the Market
9.4.5 Spain
9.4.5.1 Metal Production & Automotive to Drive the Market
9.5 Central & Eastern Europe
9.5.1 Russia
9.5.1.1 Russia is the Largest Industrial Cleaning Market in Central & Eastern Europe
9.5.2 Poland
9.5.2.1 Demand From Manufacturing to Drive the Market
9.6 Middle East & Africa
9.6.1 Saudi Arabia
9.6.1.1 Saudi Arabia is the Largest Industrial Cleaning Market in the Middle East & Africa
9.6.2 UAE
9.6.2.1 Rapid Urbanization is Expected to Propel the Growth of the UAE Market
9.7 South America
9.7.1 Brazil
9.7.1.1 Brazil is the Largest Industrial Cleaning Market in South America
9.7.2 Argentina
9.7.2.1 Growing Healthcare and Tourism Sectors Will Drive the Market
10 Competitive Landscape (Page No. – 111)
10.1 Introduction
10.2 Competitive Leadership Mapping, Tier 1 Companies
10.2.1 Visionary Leaders
10.2.2 Innovators
10.3 Strength of Product Portfolio
10.4 Business Strategy Excellence
10.5 Competitive Leadership Mapping (Small and Medium-Sized Enterprises)
10.5.1 Progressive Companies
10.5.2 Responsive Companies
10.5.3 Starting Blocks
10.6 Strength of Product Portfolio
10.7 Business Strategy Excellence
10.8 Market Share Analysis
10.9 Competitive Scenario
10.9.1 Expansion
10.9.2 Acquisition
10.9.3 New Product Launch
10.9.4 Partnership
10.9.5 Investment
11 Company Profiles (Page No. – 122)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
11.1 Diversey Inc.
11.2 Evonik Industries AG
11.3 BASF SE
11.4 the Dow Chemical Company
11.5 Stepan Company
11.6 Spartan Chemical Company, Inc.
11.7 Ecolab
11.8 Solvay
11.9 Pilot Chemical Corp
11.10 Croda International PLC
11.11 Dupont De Nemours Inc.
11.12 Clariant
11.13 Huntsman Corporation
11.14 Enaspol A.S.
11.15 Unger Fabrikker A.S
11.16 Aarti Industries
11.17 EOC Group
11.18 Klk Oleo
11.19 Other Market Players
11.19.1 Satol Chemicals
11.19.2 Arrow Solutions
11.19.3 Arcot Manufacturing Corporation
11.19.4 Nyco Products Company
11.19.5 Chela Ltd
11.19.6 Emulso Corporation
11.19.7 Prime Industries Ltd
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
12 Appendix (Page No. – 151)
12.1 Discussion Guide
12.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets Subscription Portal
12.3 Available Customizations
12.4 Related Reports
12.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】産業用クリーニングの世界市場予測:界面活性剤、溶媒、キレート剤
【発行日】2019年10月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】CH4134
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】化学
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
産業用クリーニングの世界市場予測:界面活性剤、溶媒、キレート剤についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 日本の肩関節および小関節再建市場動向(~2021)
  • 世界のレディーミクストコンクリート市場:詳細分析レポート2017-2022
  • プログラミング言語教育の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、プログラミング言語教育の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、プログラミング言語教育の世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • 電気自動車モータコントローラの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、電気自動車モータコントローラの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電気自動車モータコントローラの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 弓道具の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、弓道具の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、弓道具の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • フィリピンの一次電池市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • ベビーフードの米国市場:製品種類別(ベビーフードの準備、ベビーフードの乾燥、シリアル、その他)、流通経路別(ハイパーマーケットとスーパーマーケット、独立した食料品店、専門店、消費者直販、オンラインストア)
  • 暖房コスト配分器の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、暖房コスト配分器の世界市場について調査・分析し、暖房コスト配分器の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別暖房コスト配分器シェア、市場規模推移、市場規模予測、暖房コスト配分器種類別分析()、暖房コスト配分器用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・暖房コスト配分器の市場概観 ・暖房コスト配分器のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・暖房コスト配分器のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・暖房コスト配分器の世界市場規模 ・暖房コスト配分器の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・暖房コスト配分器のアメリカ市場規模推移 ・暖房コスト配分器のカナダ市場規模推移 ・暖房コスト配分器のメキシコ市場規模推移 ・暖房コスト配分器のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・暖房コスト配分器のドイツ市場規模推移 ・暖房コスト配分器のイギリス市場規模推移 ・暖房コスト配分器のロシア市場規模推移 ・暖房コスト配分器のアジア市場分析(日本、中 …
  • 世界の堅牢型携帯端末市場2015
    本調査レポートでは、世界の堅牢型携帯端末市場2015について調査・分析し、堅牢型携帯端末の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の正立顕微鏡市場2015
    本調査レポートでは、世界の正立顕微鏡市場2015について調査・分析し、正立顕微鏡の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、地域別生産規模分析、販売チャネル分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • スリランカのプラスチック製バスルーム用製品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 世界の潤滑油粘度指数向上剤市場2015
    本調査レポートでは、世界の潤滑油粘度指数向上剤市場2015について調査・分析し、潤滑油粘度指数向上剤の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のボールベアリング(玉軸受)市場2016
    本調査レポートでは、世界のボールベアリング(玉軸受)市場2016について調査・分析し、ボールベアリング(玉軸受)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • フォトレジストの世界市場2015-2019
    当調査レポートでは、フォトレジストの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、フォトレジストの世界市場規模及び予測、種類別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の酸性ふっ化アンモニウム市場2016
    本調査レポートでは、世界の酸性ふっ化アンモニウム市場2016について調査・分析し、酸性ふっ化アンモニウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ノニルフェノールエトキシレートの世界市場:清掃用、塗料、農薬、革、織物、油田化学薬品
    当調査レポートでは、ノニルフェノールエトキシレートの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、用途別分析、地域別分析、ノニルフェノールエトキシレートの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • インベルターゼの世界市場:産業別(食品・飲料、医薬品、パーソナルケア用品、その他)、ソース別(植物、微生物)、地域別予測
    本資料は、インベルターゼの世界市場について調べ、インベルターゼの世界規模、市場動向、市場環境、産業別(食品・飲料、医薬品、パーソナルケア用品、その他)分析、ソース別(植物、微生物)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはSigma-Aldrich Co. LLC、Koninklijke DSM N.V.、Parchem Fine & Speciality Chemicals、SternEnzym GmbH & Co. KG、Kerry Inc.、Meteoric Exim Private Ltd.、MP Biomedicals LLC、BIO-CAT、Megazyme Inc.などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・インベルターゼの世界市場概要 ・インベルターゼの世界市場環境 ・インベルターゼの世界市場動向 ・インベルターゼの世界市場規模 ・インベルターゼの世界市場規模:産業別(食品・飲料、医薬品、パーソナルケア用品、その他) ・インベルターゼの世界 …
  • 高尿酸血症(Hyperuricemia):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、高尿酸血症(Hyperuricemia)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・高尿酸血症(Hyperuricemia):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・高尿酸血症(Hyperuricemia)のフェーズ3治験薬の状況 ・高尿酸血症(Hyperuricemia)治療薬の市場規模(販売予測) ・高尿酸血症(Hyperuricemia)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・高尿酸血症(Hyperuricemia)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の高尿酸血症(Hyperuricemia)治療薬剤
  • 植物成長調整剤(PGR)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、植物成長調整剤(PGR)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、植物成長調整剤(PGR)の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 胃潰瘍(Gastric Ulcers):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における胃潰瘍(Gastric Ulcers)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、胃潰瘍(Gastric Ulcers)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・胃潰瘍(Gastric Ulcers)の概要 ・胃潰瘍(Gastric Ulcers)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の胃潰瘍(Gastric Ulcers)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・胃潰瘍(Gastric Ulcers)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発 …
  • 栄養補助成分の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、栄養補助成分の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、栄養補助成分市場規模、形態別(半固体、錠剤・カプセル、粉末、液体)分析、健康上のメリット別(脳・記憶補助、腸の健康、心臓の健康、栄養、最適な健康、その他)分析、原料別(プロバイオティクス、アミノ酸・ペプチド・タンパク質、ミネラル、コラーゲン、繊維・特殊炭水化物、その他)分析、用途別(健康補助食品、機能性飲料、動物飼料、機能性食品、ベビー用品)分析、エンドユーザー別(動物飼料産業、食品・飲料産業、製薬業界、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 栄養補助成分の世界市場:市場動向分析 ・ 栄養補助成分の世界市場:競争要因分析 ・ 栄養補助成分の世界市場:形態別(半固体、錠剤・カプセル、粉末、液体) ・ 栄養補助成分の世界市場:健康上のメリット別(脳・記憶補助、腸の健康、心臓の健康、栄養、最適な健康、その他) ・ 栄養補助成分の世界市場:原料別(プロバイオティクス、 …
  • 単回使用包装の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、単回使用包装の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、単回使用包装市場規模、素材種類別(軟質プラスチック、紙・ボール紙、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・単回使用包装の世界市場概要 ・単回使用包装の世界市場環境 ・単回使用包装の世界市場動向 ・単回使用包装の世界市場規模 ・単回使用包装の世界市場:業界構造分析 ・単回使用包装の世界市場:素材種類別(軟質プラスチック、紙・ボール紙、その他) ・単回使用包装の世界市場:地域別市場規模・分析 ・単回使用包装の北米市場規模・予測 ・単回使用包装のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・単回使用包装のアジア太平洋市場規模・予測 ・単回使用包装の主要国分析 ・単回使用包装の世界市場:意思決定フレームワーク ・単回使用包装の世界市場:成長要因、課題 ・単回使用包装の世界市場:競争環境 ・単回使用包装の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析) 主な分析対象企業は、Am …
  • GFRP(ガラス繊維強化プラスチック)複合材の世界市場予測:ポリエステル、ビニルエステル、ポリウレタン、エポキシ
    当調査レポートでは、GFRP(ガラス繊維強化プラスチック)複合材の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、樹脂種類別分析、プロセス別分析、用途別分析、地域別分析、GFRP(ガラス繊維強化プラスチック)複合材の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 塗料&コーティング剤の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、塗料&コーティング剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、樹脂別(アクリル、アルキド、エポキシ、ポリウレタン、ポリエステル)分析、技術別(水系、溶剤系、粉体)分析、用途別(建築[住宅、非住宅]、工業用)分析、塗料&コーティング剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、塗料&コーティング剤の世界市場規模が2019年1539億万ドルから2024年1999億万ドルまで年平均5.4%成長すると予測しています。
  • 皮脂腺腫(Adenomas):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における皮脂腺腫(Adenomas)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、皮脂腺腫(Adenomas)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・皮脂腺腫(Adenomas)の概要 ・皮脂腺腫(Adenomas)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の皮脂腺腫(Adenomas)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・皮脂腺腫(Adenomas)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・皮脂腺腫(Adenomas)治療薬開発 …
  • 魚粉の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、魚粉の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、魚粉市場規模、製品種類別(脱脂魚粉、全魚粉、半脱脂魚粉)分析、用途別(肥料、飼料)分析、エンドユーザー別(水産養殖、豚、家禽、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 魚粉の世界市場:市場動向分析 ・ 魚粉の世界市場:競争要因分析 ・ 魚粉の世界市場:製品種類別(脱脂魚粉、全魚粉、半脱脂魚粉) ・ 魚粉の世界市場:用途別(肥料、飼料) ・ 魚粉の世界市場:エンドユーザー別(水産養殖、豚、家禽、その他) ・ 魚粉の世界市場:主要地域別分析 ・ 魚粉の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 魚粉のヨーロッパ市場規模 ・ 魚粉のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・魚粉の世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • 世界のベヘントリモニウムメトスルフェート市場2016
    本調査レポートでは、世界のベヘントリモニウムメトスルフェート市場2016について調査・分析し、ベヘントリモニウムメトスルフェートの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ビークルトゥグリッド(V2G)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ビークルトゥグリッド(V2G)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ビークルトゥグリッド(V2G)の世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のニードルフリードラッグデリバリーデバイス市場2015
    本調査レポートでは、世界のニードルフリードラッグデリバリーデバイス市場2015について調査・分析し、ニードルフリードラッグデリバリーデバイスの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 消費者ヘルスケアの世界市場:市販薬、ダイエットサプリメント
    当調査レポートでは、消費者ヘルスケアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、消費者ヘルスケアの世界市場規模及び予測、製品別分析、治療クラス別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 医療用使い捨て不織布の世界市場分析:製品別(衛生用品、失禁パッド・人工肛門袋、パンティーシールド、使い捨ておむつ、使い捨ておむつ、不織布医療用品、使い捨て外科用マスク、手術用被布、外科用キャップ、手術用ガウン、無菌不織布綿棒)、セグメント予測、- 2020
    本調査レポートでは、医療用使い捨て不織布の世界市場について調査・分析し、医療用使い捨て不織布の世界市場動向、医療用使い捨て不織布の世界市場規模、市場予測、セグメント別医療用使い捨て不織布市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の点眼薬市場規模・予測2017-2025:病気別(ドライアイ、網膜疾患、抗アレルギー/炎症/感染薬、抗緑内障薬)、剤形別(カプセル・タブレット、ゲル、目薬、点眼薬眼用ソリューション)、商品タイプ別(処方薬・ドラッグストア)、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の点眼薬市場について調査・分析し、世界の点眼薬市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の点眼薬関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 医用画像解析ソフトウェアの世界市場:タイプ別(スタンドアロン)、画像タイプ別(2D、3D、4D)、モダリティ別(CT、MRI、PET、超音波)、用途別(整形外科、歯科、腫瘍、腎臓疾患)、エンドユーザー別(病院、診断センター、研究)、地域別予測
    本資料は、医用画像解析ソフトウェアの世界市場について調べ、医用画像解析ソフトウェアの世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(スタンドアロン)分析、画像タイプ別(2D、3D、4D)分析、モダリティ別(CT、MRI、PET、超音波)分析、用途別(整形外科、歯科、腫瘍、腎臓疾患)分析、エンドユーザー別(病院、診断センター、研究)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・医用画像解析ソフトウェアの世界市場概要 ・医用画像解析ソフトウェアの世界市場環境 ・医用画像解析ソフトウェアの世界市場動向 ・医用画像解析ソフトウェアの世界市場規模 ・医用画像解析ソフトウェアの世界市場規模:タイプ別(スタンドアロン) ・医用画像解析ソフトウェアの世界市場規模:画像タイプ別(2D、3D、4D) ・医用画像解析ソフトウェアの世界市場規模:モダリティ別(CT、MRI、PET、超音波) ・医用画像解析ソフトウェアの世界市場規模:用途別(整形外科、歯科、腫瘍、腎臓疾患) ・医用画 …
  • 世界の木材カテゴリー:購買市場インテリジェンス
    当調査レポートでは、木材の購買市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、木材市場インサイト(支出動向など)、価格動向、コスト削減機会、事例分析、エコシステム、戦略、木材のサプライヤー情報、サプライヤー選定など、購買意思決定に必要な情報をお届けいたします。
  • 坑井介入 (ウェルインターベンション) サービスの世界市場2017-2027
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、坑井介入 (ウェルインターベンション) サービスの世界市場について調査・分析し、坑井介入 (ウェルインターベンション) サービスの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・坑井介入 (ウェルインターベンション) サービスの世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・坑井介入 (ウェルインターベンション) サービスの世界市場:セグメント別市場分析 ・坑井介入 (ウェルインターベンション) サービスの世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • クラミジア感染症(Chlamydia Infections):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるクラミジア感染症(Chlamydia Infections)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、クラミジア感染症(Chlamydia Infections)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・クラミジア感染症(Chlamydia Infections)の概要 ・クラミジア感染症(Chlamydia Infections)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のクラミジア感染症(Chlamydia Infections)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・クラミジア感染症(Chlamydia Infections)治療薬の評価    …
  • ビルオートメーション&制御システムの世界市場2015-2022
    当調査レポートでは、ビルオートメーション&制御システムの世界市場について調査・分析し、ビルオートメーション&制御システムの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・ビルオートメーション&制御システムの世界市場:市場動向分析 ・ビルオートメーション&制御システムの世界市場:競争要因分析 ・ビルオートメーション&制御システムの世界市場:製品別分析/市場規模 ・ビルオートメーション&制御システムの世界市場:用途別分析/市場規模 ・ビルオートメーション&制御システムの世界市場:地域別分析/市場規模 ・ビルオートメーション&制御システムの北米市場規模・分析 ・ビルオートメーション&制御システムの欧州市場・分析 ・ビルオートメーション&制御システムのアジア市場・分析 ・ビルオートメーション&制御システムの世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • ボーリング用品の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ボーリング用品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ボーリング用品の世界市場規模及び予測、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用ポンプの世界市場予測(~2027年)
    当調査レポートでは、自動車用ポンプの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別(燃料ポンプ、ウォーターポンプ、真空ポンプ、燃料噴射ポンプ、ステアリングポンプ、ヘッドライトウォッシャーポンプ)分析、技術別分析、排水量別分析、車種別(PC、LCV、HCV)分析、自動車用ポンプの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、自動車用ポンプの世界市場規模が2019年163億ドルから2027年265億ドルまで年平均6.3%成長すると予測しています。
  • クラフトビールの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、クラフトビールの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、クラフトビール市場規模、製品別(インディアペールエール、季節クラフトビール、ペールエール、アンバーエール、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・クラフトビールの世界市場概要 ・クラフトビールの世界市場環境 ・クラフトビールの世界市場動向 ・クラフトビールの世界市場規模 ・クラフトビールの世界市場:業界構造分析 ・クラフトビールの世界市場:製品別(インディアペールエール、季節クラフトビール、ペールエール、アンバーエール、その他) ・クラフトビールの世界市場:地域別市場規模・分析 ・クラフトビールの北米市場規模・予測 ・クラフトビールのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・クラフトビールのアジア太平洋市場規模・予測 ・クラフトビールの主要国分析 ・クラフトビールの世界市場:意思決定フレームワーク ・クラフトビールの世界市場:成長要因、課題 ・クラフト …
  • カナダの股関節置換処置動向(~2021)
  • 気管支鏡の世界市場:使用別(再利用可能、使い捨て)、タイプ別(軟質、硬質)、セグメント予測
    気管支鏡の世界市場は2025年には296億米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率8.3%で成長すると予測されています。呼吸器疾患の蔓延、市場に有利な医療費償還制度、技術的な進歩により、気管支鏡の需要は増加しています。本調査レポートでは、気管支鏡の世界市場について調査・分析し、気管支鏡の世界市場動向、気管支鏡の世界市場規模、市場予測、セグメント別気管支鏡市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 強化ガラスの世界市場分析:用途別(自動車、建設)、セグメント予測
    本調査レポートでは、強化ガラスの世界市場について調査・分析し、強化ガラスの世界市場動向、強化ガラスの世界市場規模、市場予測、セグメント別強化ガラス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 疼痛管理薬とデバイスの世界市場の見通し2017-2023
    当調査レポートでは、疼痛管理薬とデバイスの世界市場について調査・分析し、疼痛管理薬とデバイスの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・疼痛管理薬とデバイスの世界市場規模:デバイス種類別分析 ・疼痛管理薬とデバイスの世界市場規模:薬物クラス別分析 ・疼痛管理薬とデバイスの世界市場規模:用途別分析 ・疼痛管理薬とデバイスの世界市場規模:症状別分析 ・疼痛管理薬とデバイスの世界市場規模:購入モード別分析 ・疼痛管理薬とデバイスの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 脂質栄養の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、脂質栄養の世界市場について調査・分析し、脂質栄養の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 脂質栄養の世界市場:市場動向分析 - 脂質栄養の世界市場:競争要因分析 - 脂質栄養の世界市場:形状別 ・液状 ・粉末 - 脂質栄養の世界市場:由来別 ・植物性 ・動物性 - 脂質栄養の世界市場:種類別 ・中鎖脂肪酸トリグリセリド (MCTs) ・オメガ6 ・オメガ3 ・大鎖脂肪酸トリグリセリド (LCTs) ・その他 - 脂質栄養の世界市場:販売チャネル別 ・ 間接チャネル ・ 直接チャネル - 脂質栄養の世界市場:用途別 ・動物栄養 ・乳児用調製粉乳 ・医薬品 ・食物栄養価の強化 ・栄養補助食品・機能性食品 ・飲料・食品 ・ペットフード ・その他 - 脂質栄養の世界市場:主要地域別分析 - 脂質栄養の北米市場規模(アメリカ市場等) - 脂質栄養のヨーロッパ市場規模 - 脂質栄養のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・脂質栄養の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 鉄鉱石鉱業の世界市場(~2020)
  • カナダの頭蓋顎顔面固定(CMF)処置動向(~2021)
  • 世界の気管支内チューブ市場2015
    本調査レポートでは、世界の気管支内チューブ市場2015について調査・分析し、気管支内チューブの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • HVAC(空調)絶縁の世界市場:グラスウール、ストーンウール、フェノール・フォーム、エラストマ—・フォ—ム
    当調査レポートでは、HVAC(空調)絶縁の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • トレーンローダーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、トレーンローダーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、トレーンローダーの世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"